カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

ニュージャージー州のハリケーンサンディ救済基金を支援する全国外食デー

ニュージャージー州のハリケーンサンディ救済基金を支援する全国外食デー



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

嵐の影響を受けたニュージャージーのコミュニティを支援するための食事をお楽しみください

6月19日、正当な理由で食事に参加します。ニュージャージー州のファーストレディであるメアリーパットクリスティーは、ハリケーンサンディニュージャージー救済基金を支援するために参加レストランで食事をすることを人々に奨励する全国外食デーを主導しています。

参加するレストランは、昨年10月に上陸したときに14万を超える中小企業に影響を与えたハリケーンサンディの影響を受けたニュージャージーのコミュニティを支援する組織に売り上げの一部を提供します。これまでのところ、この基金は3,400万ドル以上の寄付を集め、コミュニティや企業の再建を支援するために1,100万ドルの助成金を提供しています。

Red Lobster、Olive Garden、Long Horn Steakhouse、Benihana、Haru、RA、Firebirds Wood Fired Grill、Auntie Anne'sなどの全国チェーンレストランがこのイベントに参加し、20州の一部のレストランがより多くの資金を提供します。 。などの地元の飲食店 カフェデマルコ フロリダにて、 ロンバルディのピザ ニューヨークで、そして カルロズベーカリー ニュージャージーでも基金を支援しています。

その日のために外食するのにこれ以上の理由はありません。参加していない人でも、 救援基金のウェブサイト.

National Dine Out Dayに関するビデオについては、ここをクリックしてください。


スターシェフからフードトラックまで、料理のニューヨークは砂浜の犠牲者に手を貸します

•ハリケーンサンディの停電ゾーンの現場に駆けつけたのは、消防車、救急車、ConEd携帯電話だけではありませんでした。ニューヨークにはフードトラックのエリート戦隊もあり、先週の金曜日から、マンハッタンのロウアーマンハッタン、スタテンアイランド、レッドフック、ブルックリン、ロッカウェイズ、クイーンズ、ニュージャージーに食料を配給するために一斉に配備されました。これまでになんと2万食。 JetBlueと市長室からの資金提供、およびオンライン募金ドライブからの52,000ドルの資金提供により、Cupcake Crew、Wafels&Dinges、Coolhaus、Milk Truck、Toum、Mike'n Willie's、Frites n'Meatsなどのトラックが嵐の救済を調理します。 Unfilteredが今日CupcakeCrewに電話をかけたとき、彼らは台所で一生懸命働いて、唇をなめる子供たちと国家警備隊員を同様に元気づけるために影響を受けた沿岸地域へのさらに別の旅行の準備をしました。

•嵐が去ったわずか数日後、ニューヨークのレストランも被災者の手にお金を渡すために働くようになりました。大きな男の子の間で、 デビッド・チャンのモモフク帝国は金曜日に、控えめなものから豪華なものまで、3つの特典イベントを開始しました。これにより、あらゆる手段で食事をすると同時に赤十字に寄付することができました。 Changは、MáPêcheアウトレットでランチとディナーの収益をすべてフォークし、ブルックリンのNoodleBarとMilkBarの間にポップアップコラボレーションを設定し、チームを組みました。 ダニエル・ブールーのCaféBoulud(モモフクのダウンタウンのジョイントにはまだ電力がなかったため)は、災害救援のために、1人あたり495ドルで6コースの食事を提供しました。別の高ワットのレストラン経営者、 デビッドバークは、1,000ポンドのスクナベイサーモンを拾い上げ、今週ニュージャージーの援助活動に配布しました。彼は、ニューヨークの4つのレストランで販売されたすべてのスクナベイサーモン料理の収益の一部を継続的な救援活動に寄付します。

しかし、ニューヨークのレストランの池にいる小さな魚でさえ、サンディをきっかけにステップアップしました。ブルックリンのグリーンポイント地区にあるファイブリーブスは、先週の金曜日からの利益の100%を地元の救援機関に寄付しました。シアサッカーは「ポークを食べ、ニューヨークを助ける」ラリーを主催し、175ポンドのバークシャー豚をローストし、その結果得られた千個のプルドポークスライダーを10ドルで販売しました。 AldeaはNYCFoodFloodの特典ディナーを主催し、B。Smith'sRestaurantは選挙観戦パーティーからSandyチャリティーに資金を寄付しました。

ディアジオは80,000本以上の水と2台のバックアップ発電機を落としました。

•世界的なスピ​​リッツ、ワイン、ビールの会社であるディアジオは、非営利の人道支援団体であるブリッジファウンデーションと提携し、ニュージャージー州ニューアークでの救援活動に発電機と2.5台のセミトラック(84,960本)を満たすのに十分なボトル入り飲料水を寄付しました。 ■ジジ・フーシーの引退した家。嵐の後、住民は3日間電力が供給されていませんでした。供給は、不可欠なHVACシステム、ライト、換気装置、酸素濃縮器、およびエレベーターに電力を供給しました。立ち往生した市民を救助するために不可欠な3隻の消防船の本拠地であるエンジンカンパニー16消防署は、別の発電機を受け取りました。寄付は、ディアジオの「南北アメリカの精神」プログラムを通じて行われました。

ワインとスピリッツのもう1つの大ヒット作であるConstellationBrandsは、嵐の援助のために、赤十字への従業員の寄付を2対1で最大$ 100,000にすることを約束しました。従業員はまた、献血に出向き、腐りにくい食品、衣類、水、その他の必需品をロチェスター総合病院のInterVolサービスとSea Breeze Volunteer Fire Departmentに寄付するよう奨励されています。これらの救援グループは、商品をブルックリンとスタテンに輸送します。小島。

•GoyaFoodsは、City Harvest、NewJerseyのCommunityFoodBank、United Way of Hudson Valleyなどの地元の組織と協力して、缶詰や温かい食事を地域の避難所や炊き出しに寄付しました。これまでに、彼らは30万ポンド以上の食糧を寄付しました。寄付は、昨年開始された「GoyaGives」と呼ばれるより大きな進行中の慈善プログラムの一部です。

•そして、ニューヨークの料理界はハリケーンの犠牲者のために戦い続けているので、食事をしたり寄付したりする機会はもっとたくさんあります。 アレックスラプラット、ジャン・ジョルジュのシェフソムリエは、アメリカのソムリエ&シェフと名付けられたオンラインの資金調達者を介して資金を増やすために、ソムリエ、シェフ、およびその仲間を結集しています。アイデアは、東海岸でのサンディの荒廃に苦しむ人々のために、口コミと業界のつながりによってホスピタリティ業界内にサポートグループを形成することです。ソムリエや輸入業者などの業界リーダー ダニエル・ジョンヌ、ジェームズビアード財団、そしてシェフ マーク・フォルジョーネ ホスピタリティ業界の独自のネットワークに手を差し伸べ、慈善団体の目標である25,000ドルを達成するために個人に寄付を依頼することで、ラプラットの懸命な努力に加わりました。しかし、赤十字に行くことで、誰でも寄付することができます。インセンティブ:深夜までに少なくとも25ドルを与える場合 11月9日、RN74での2名様分のディナーの抽選会に参加し、ワインのペアリングを行います。 ラジャット・パー.

•ダッチキルズ、デス&カンパニー、クローバークラブ、フラットアイアンラウンジなど、ニューヨークの最もシックなスポットのミクソロジストのクラックチームが、ソーホーのペグクラブに集結します。 11月11日、各ミックスマスターがその機会に特別なカクテルを提供しています。利益の半分は赤十字に、残りの半分は心臓病と闘うベテランのバーテンダーに支払われます。確かに、良い人を見つけた人なら誰でも知っているように、バーテンダーは一般的に寛大です:米国のバーテンダーギルドのメンバーは、ニューヨーク支部の多くが最も被害を受けたゾーンの塹壕に入って、大義のために全国でパーティーを開催していますボランティアすること。

•ブルックリンに戻って、金の心とラム酒への渇望があるなら、バウアーヒルソサエティは、地元で栽培されたものに焦点を当てたノーブルエクスペリメントの蒸留所であるブリジットファートルを連れてきたので、一緒に過ごす群衆です。その精神の天然成分。彼女はイベントで彼女のOwneyのNYCラム酒を注ぐでしょう 11月13日 ダンボビジネス改善地区基金の利益のために、ハリケーンの影響を受けたダンボ地区のレストラン、ショップ、文化施設を支援するために設立された慈善団体。さらに資金を調達するためのサイレントオークションもあります。

•最後に、テイスティングテーブルのテストキッチンでの募金ディナーを検討してください。 11月14日、豚足の煮込みシチュー、チキンパルメザンスライダー、魚の燻製サラダなどのメニューがあります。テイスティングテーブルのエグゼクティブシェフ ブレンダン・マクヘイル カスタムカクテルとペアになるメニューを作成しました。チケットは100ドルで、収益はニューヨーク市のハリケーンサンディ救援活動のためにフードバンクに利益をもたらします。テイスティングテーブルは寄付と一致します。また、生鮮食品、電池、毛布、冬用コートも持参することをお勧めします。

•無関係なニュースでは、キッチンマエストロ チャーリー・トロッター 彼の名を冠したシカゴのレストランを8月に閉店しましたが、多くの人が彼の大学院への滞在がグルメ界からの短いサバティカルに過ぎないことを望んでいました。たとえそうだとしても、トロッターのアコライトは、新しいトロッターが大賞を受賞したワインリストをすぐに開くことに息を呑むべきではありません。クリスティーズは、トロッターの7,000本のセラーのクリームを競売にかけると発表しました。 11月16日。予想される運搬量は100万ドルを超えており、これはTrotterを大学院に通わせるのに十分なはずです。当然のことながら、このカタログは、ドンペリニヨンからラフィット、ガジャ、ハーラン、ペンフォールズグランジに至るまで、すべての古くからの名前に勝っています。しかし、明らかな輝く星の中で、好奇心の要因、ボトルのサイズ、または成層圏の価格で例外的ないくつかの特別な傑出したものがあります。 L)オーストリア後期のボトリチスマスター($ 1,000〜 $ 1,500)のKracherGrandCuvéeTrockenbeerenausleseNo。7 Nouvelle Vague 2005とDRCLaTâche1996($ 14,000〜 $ 20,000)のメトセラ(6 L)で、おそらくその約半分を保持しています。 クルセードヴィンテージの利回り。

•チャーリー・トロッターのレストランのワインセラーを売却する計画は、今週、シカゴのトロッターからニューヨークのオークションハウスのクリスティーズに向かう途中でパレット全体(60ケースのワイン)が盗まれたことが明らかになり、迂回しました。 。クリスティーズの当局者は、調査が進行中であることを説明して、この問題についてのコメントを拒否した。 Christie’sは、残りのTrotterコレクションの予定された販売を進めています。これは当初4,000本でした。 11月16日にクリスティーズでライブオークションが開催され、11月20日から12月4日までの間に入札を招待するオンラインのみのセールが追加されます。コレクション全体の推定値は約100万ドルです。どのボトルが不足しているかは明確ではありませんが、8月に彼の名を冠したレストランを閉店したシェフのチャーリートロッターが集めたコレクションは、中西部で最高の1つであると言われています。


サンディ後のサバイバルガイド:選挙、緊急時の水の緊急事態、電力の更新など

今日は選挙の日です。投票する場所がわからない場合は、WHEREに877877とテキストを送信するか、www.elections.nj.govにアクセスして投票所を確認してください。

水の緊急事態

沸騰水勧告は、月曜日の夜、カーテレット、エジソン、ハイランドパーク、メアチェン、サウスアンボイ、サウスプレインフィールド、ウッドブリッジの工場が再び停電した後、ミドルセックスウォーター社から住民に発行されました。

国務省の環境保護局は、水質に対する潜在的または実際の脅威が存在すると判断しました。したがって、勧告は、追って通知があるまで、水道水を1分間沸騰させ、冷ましてから、飲用、角氷、野菜や果物の洗浄、歯磨きに使用すると述べています。

次の手順もお勧めします。

•この勧告の発行後に作られた水道水で作られた場合は、未調理の食品、飲料、または角氷を捨ててください。
•沸騰したお湯は冷蔵庫に入れて飲んでください。
•手洗いした皿を希釈した漂白剤(水道水1ガロンあたり大さじ1杯の家庭用漂白剤)で1分間すすぐか、ホットウォッシュとドライサイクルを使用して食器洗い機で皿をきれいにします。
•シャワーや入浴中は水を飲み込まないでください。
•冷却後、ペットに沸騰したお湯を提供します。
•沸騰したり、ボトル入りの水を使用する代わりに、家庭用ろ過装置を使用しないでください。
•軽傷の治療には、沸騰したお湯のみを使用してください。
•免疫力が低下している人、乳児、または高齢者はリスクが高い可能性があるため、医療提供者に飲料水についてのアドバイスを求める必要があります。

微生物による感染のリスクを軽減する方法に関する一般的なガイドラインは、EPAの安全な飲料水ホットライン(800)426-4791から入手できます。

Middlesex Waterは、メディアソース、地方自治体および保健部門、www.middlesexwater.comのWebサイトのホームページ、およびFacebookとTwitterのサイトを通じて最新情報を発行します。詳細については、(732)634-1500までお電話ください。

ガス配給

大統領命令により、クリス・クリスティ知事はエネルギー緊急事態の限定状態を宣言し、12の郡でガソリン購入の奇数-偶数配給を実施しました。

•奇妙な燃料の販売は、ベルゲン、エセックス、ハドソン、ハンタードン、ミドルセックス、モリス、モンマス、パセーイク、サマセット、サセックス、ユニオン、ウォーレンの各郡に存在します。

•ナンバープレートの最後の数字は、それが奇数と見なされるか偶数と見なされるかを決定します。したがって、プレートに「XYZ 12C」と表示されている場合は、最終的な番号が「2」であっても考慮されます。番号のない特殊なナンバープレートをお持ちの場合は、奇数日に記入する必要があります。この規則は、州外のプレートにも適用されます。


NYCレストラン労働者のための地元の救援基金のリスト

ニューヨーク市のレストランやバーは、アンドリュークオモ知事がニューヨーク、ニュージャージー、コネチカットで州が義務付けた食事サービスの停止から数週間経った今でも動揺しています。ニュースの翌日には、多くのレストランが配達とテイクアウトに軸足を移しましたが、他のレストランは食糧救援活動から資金を受け取っていますが、現在のスタッフのレベルを維持するには十分とは言えず、一部のレストランは数を90%も削減しています。

市内のレストランの大多数にとって、利用可能な唯一の選択肢は、スタッフ全員を(時には数千人、時には大量の電子メールで)解雇し、労働者に州の失業保険の申請を促すことでした。仕事を失ったほとんどの労働者はまた、彼らの主要な収入源と彼らの雇用主が後援するヘルスケアを失い、終わりは見えません。

ニューヨーク市のレストランやバーは、2008年9月11日の金融危機、ハリケーンサンディなどの主要なイベント以来、現在、ホスピタリティ業界にとって最大の混乱に直面しています。以下に、この不確実な時期にスタッフへの支払いを継続するために資金をクラウドソーシングするために一般に公開されたレストランの最新リストを示します。全国救援組織のリストについては、関連する報道をご覧ください。


ジャージーマイク&#x27s&quotMonth of Giving&quotキャンペーン2013が議会宣言で表彰されました

ニュージャージー州マナスクアン–ジャージーマイクのモンマス郡とオーシャン郡の潜水艦は、ジャージーマイクの「月の
3月19日にマナスクアンの本社で「ギビング」キャンペーン2013。共和党会議リーダーのデイブ・ライブル議員(R-30th)が、参謀長のライアン・シャープによるプレゼンテーションを手配しました。

3月の海岸から海岸へ、
顧客は地元のジャージーマイクのレストランに来て、その場所の指定されたチャリティーパートナーに寄付をするように招待されています。キャンペーンは、3月27日水曜日に開催される全国的なイベントであるジャージーマイクの「Dayof Giving」で最高潮に達し、その日の売り上げの100%が地元のパートナーチャリティーに寄付されます。

モンマス郡とオーシャン郡では、資金はハリケーンサンディニュージャージー救済基金に利益をもたらします。

「ショアに住んでいる私の何年もの間、ジャージーマイクスはコミュニティの確固たる地位を築いてきました。
ウォールの居住者であり、ジャージーショアの生涯の原住民であるデビッド・リブル・リブは、「今日、この宣言を通じて、
私たちは、この組織によって設定された素晴らしい慈善の例に敬意を表し、海岸を再建するための彼らの努力を認めます。」

「私たちはこの栄誉を受けたことを非常に誇りに思っており、フランチャイズオーナー、チームメンバー、
「ジャージーマイクの寄付月間」をこれほどまでに成功させたコミュニティパートナーと顧客。すべてのお客様がこれをサポートし続けることを願っています
3月の残りの期間中、特に3月27日に、モンマス郡とオーシャン郡のジャージーマイクスサブの場所での売り上げの100%がハリケーンサンディニュージャージー救済基金に送られることになります。」
ジャージーマイクスの創設者兼最高経営責任者であるピーターカンクロは述べています。

2010年以来、ジャージーマイクのフランチャイズ加盟店と全国のチームメンバーは、寛大な顧客に支えられて、500万ドル以上を調達しました。
価値のある地元の慈善団体であり、多くの目的を支援するために500,000以上の無料のサブサンドイッチを配布しました。最も成功した募金活動の1つは、ジャージーマイクの寄付月間です。昨年、ジャージーマイクスは858,000ドル近くを調達しました
全国の子供たちのための74の異なる慈善団体のために。今年で3年目になりますが、プログラムをこれまで以上に大きくすることを楽しみにしています。

ハリケーンサンディニュージャージー救済基金Inc.は、501(c)3の独立した非営利団体であり、昨年10月の壊滅的な嵐の後のニュージャージーの再建を支援するために設立されました。設立以来、基金
Sandyの影響を受けた個人、家族、企業を支援するために、世界中の22,000を超えるドナーから3,200万ドル以上を集めました。


少なくとも 10 で検索する場合の以下のWebサイトリスト ニュージャージー州の砂浜のハリケーン 検索エンジンで

ハリケーンサンディの事実と情報

ハリケーンサンディ 事実と情報シーサイドハイツの家、 ニュージャージー によって破壊された後、大西洋のウォーターフロントの廃墟に座る ハリケーンサンディ

スーパーストームサンディは海面のために37億ドル悪化しました

2日前&#0183&#32国立気象局が格下げされました 砂のそれが失われたのでそれがニュージャージー海岸にぶつかる前のの状態 ハリケーン 冷たい海にぶつかって…と混ぜた後の特徴

ハリケーンサンディ:事実、被害、経済的影響

Thebalance.com DA: 18 PA: 37 MOZランク: 57

  • ハリケーンサンディ 2012年10月29日にニュージャージーを襲った
  • 748億ドルの経済的損害をもたらしました
  • この数字はインフレ調整済み​​です
  • それは米国で4番目に悪い嵐でした

ハリケーンサンディ:統計にスポットライトを当てる:米国局

Bls.gov DA: 11 PA: 22 MOZランク: 36

  • ハリケーンサンディは、ニュージャージー州アトランティックシティの近くで10月29日の夜に米国に上陸しました。
  • 強風と洪水は、多くの州、特にニュージャージー州とニューヨーク大都市圏で、家、企業、電力システム、輸送システム、およびその他の資産に数十人の死者と甚大な被害をもたらしました。

レポートは、スーパーストームサンディは「大きなものではなかった」と警告しています

Huffpost.com DA: 16 PA: 42 MOZランク: 62

  • 砂の 初期の段階ではカテゴリー3の嵐と見なされていましたが、ニュージャージーを襲うまでに、熱帯低気圧に格下げされていました。砂の その非常に大きな高潮と広い寝台で珍しい
  • しかし、再保険会社のスイス・リーが木曜日に発表したレポートは、過去の記録を掘り下げて、別の嵐、1821年を調べています。 ハリケーン ミッドを襲った…

ニュージャージー州マントロキング、ハリケーンサンディ破壊空中

Youtube.com DA: 15 PA: 6 MOZランク: 26

  • ハリケーンサンディ 1927年に祖母のヘレナトムソンによって設計および建設された家族の85年前の家を完全に破壊しました

スーパーストームサンディパス&ファクトブリタニカ

Britannica.com DA: 18 PA: 23 MOZランク: 47

  • ハリケーンサンディまたはポストトロピカルサイクロンサンディとも呼ばれるスーパーストームサンディは、ジャマイカ、キューバ、ハイチ、ドミニカ共和国、バハマ、および米国に重大な風と洪水の被害をもたらした大規模な嵐です。
  • 2012年10月下旬の中部大西洋岸および北東部の州。

NJDEP-ハリケーンサンディリソースページ

Nj.gov DA: 6 PA: 29 MOZランク: 42

  • 2014年11月19日:住宅標高請負業者を雇おうとしているニュージャージーの消費者は、詐欺や危険な仕事を防ぐことを目的とした新しい登録要件に注意する必要があります
  • グアダグノ知事はポストの1,000回目の承認をマークします-砂の 家の高さの助成金
  • 過去の投稿とプレスリリース
  • ビーチの修復と地役権。

ハリケーンサンディニュージャージーの写真とプレミアム高解像度

Gettyimages.com DA: 19 PA: 34 MOZランク: 61

  • 3,922を閲覧する ハリケーンサンディ ニュージャージーのストックフォトと画像が利用可能、または検索 ハリケーンサンディ ニューヨークまたは ハリケーン より素晴らしいストックフォトや写真を見つけるためのダメージ
  • 破壊された遊園地の前で波が砕ける ハリケーンサンディ オン …

ハリケーンサンディは5年間住民を悩ませ続けています

Nj.com DA: 10 PA: 50 MOZランク: 69

5年後 ハリケーンサンディ 東海岸を砲撃し、上陸した ニュージャージー、何千人もの人々がまだ戻ってくるのに苦労しています…

ハリケーンサンディ:事実とデータライブサイエンス

Livescience.com DA: 19 PA: 39 MOZランク: 68

  • 砂の スラム ジャージー 海岸 ハリケーンサンディ 午後8時頃に米国に上陸した
  • 29、アトランティックシティの近くで印象的、 N.J.、 時速80マイルの風で

2012年のハリケーンサンディ:事実、FAQ、および世界を支援する方法

Worldvision.org DA: 19 PA: 50 MOZランク: 80

  • ハリケーンサンディ 2012年10月24日にカテゴリー1のハリケーンとしてジャマイカに最初に上陸しました
  • 翌日、それはキューバ、ハイチ、ドミニカ共和国、そしてバハマを通る破壊の道を切り開いた
  • 2012年29日、サンディは米国に上陸しました
  • ニュージャージー州アトランティックシティの近くで、時速90マイルのハリケーンの強風があります。

ニュージャージーグラントメーカーのハリケーンサンディ評議会

Cnjg.org DA: 12 PA: 16 MOZランク: 40

  • スーパーストーム 砂の 慈善投資スキャン
  • 慈善活動と ハリケーンサンディ:財団と企業の対応に関するレポートは、CNJGとパートナーが2014年10月に発表したレポートであり、財団、企業、その他の機関のドナーがもたらした荒廃に対する対応を調査しています。 ハリケーンサンディ 2012年10月
  • 600近くにのぼるこれらの資金提供者はこれまでに…

調査:気候変動により、サンディの被害額は80億ドル増加しました

Nypost.com DA: 10 PA: 50 MOZランク: 73

2日前&#0183&#32中 砂の —晩秋のフリークの組み合わせ ハリケーン ニューヨークとその周辺地域を襲ったその他の嵐—海はほぼ4…

ハリケーンサンディによって暴露されたジャージーショア開発の失敗

Huffpost.com DA: 16 PA: 41 MOZランク: 71

  • ジャージーショア開発の失敗 ハリケーンサンディ
  • クリス・カーカムとジョン・ルドルフ
  • —ジャージーショアのこの狭い砂嘴を通る2車線の高速道路に沿って、ドリフトウッドカバナクラブは記念碑として際立っています。 ハリケーンサンディの破壊
  • 嵐によって引き起こされた波は、1つの建物を半分に裂きました。

ハリケーンサンディの後:学習して実装する時間

Heritage.org DA: 16 PA: 50 MOZランク: 81

しかし、事件の性質と、ニューヨークとニュージャージーからの明らかに強力な州軍の対応により、60,000人の警備員のうち12,000人だけが ハリケーンサンディ.

ジャージーショアを襲う5つの最悪の嵐

App.com DA: 11 PA: 50 MOZランク: 77

  • ロビンソン氏によると、サンディの最中に亡くなり、その半数以上がニュージャージー州に住んでいたという。
  • サンディフックでは、高潮は約9フィートでした。

ハリケーンサンディ:水位の追跡

Usgs.gov DA: 12 PA: 50 MOZランク: 79

  • カテゴリ3としてのピーク ハリケーンサンディ カリブ海と24米国に影響を与えた
  • 10月からの東部および中央部の州(ニュージャージー州とニューヨーク州の人口の多い沿岸地域を含む)
  • 2012年2月、700億ドル近くの損害を引き起こしました。

NWSは、サンディが上陸時にハリケーンではなかったことを確認します

火曜日に発表されたテクニカルレポートで、米国海洋大気庁(NOAA)は、ハリケーンサンディが…であるという最初の結論を再確認しました。

ハリケーンサンディの記録と水文学的分析

  • 2012年10月28日までに ハリケーンサンディ 最大に強化されていた ハリケーン これまでに北大西洋で記録され、ニュージャージーに向かって、米国の東海岸と平行に追跡していました
  • 2012年10月29日、嵐は西北西に向きを変え、アトランティックシティの近くに上陸しました。 N.J.

場所の問題:Sandy’sTidesが新しい部分にヒット

Usgs.gov DA: 12 PA: 50 MOZランク: 82

その間 ハリケーンサンディ ニュージャージー州の海岸沿いのほとんどの地域で記録的な洪水と被害をもたらし、ニュージャージー州北部の多くの場所で高潮レベルがニュージャージー州南部よりも高かっただけでなく、連邦洪水保険プログラムの最新の「基地洪水」よりも大幅に高かった–ある年に100分の1の確率で発生する洪水。

ハリケーンサンディ回復NJOEM

State.nj.us DA: 15 PA: 46 MOZランク: 82

  • の法律サービス NJハリケーンサンディ 法律扶助ホットライン1-888-222-5765月曜日から金曜日の午前8時
  • LSNJLAWSMホットラインWebサイトでオンラインで申し込む

ハリケーンサンディ(ニュージャージー州):

  • 目的:後の死亡率の変化を説明する ハリケーンサンディ 上陸した 2012年10月29日のニュージャージー
  • 方法:電子死亡記録を使用して、76歳以上の人、および3歳までのすべての原因および原因別の死亡率の全体的な変化を説明しました。 砂の 次の月と四半期の影響レベル ハリケーンサンディ 前年同期と比較して

5年後のハリケーンサンディ: '誰も準備ができていませんでした

Theguardian.com DA: 19 PA: 50 MOZランク: 92

  • 砂の その後、2012年10月29日の夕方、アトランティックシティ近くのニュージャージーに向かう前に、米国東海岸と平行に北に曲がりました。
  • 今では ハリケーン もうありません 砂の

ハリケーン後のジャージーショアでのメンタルヘルスの結果

  • ニュージャージー州では、数千の家族が家を失い、州史上最悪の災害でコミュニティ全体が破壊されました。
  • の経済的影響 砂の 巨大で、に匹敵します ハリケーン カトリーナ
  • 最も被害を受けた地域は、ニュージャージーの大西洋岸に沿った中小規模のビーチコミュニティでした。

ハリケーンサンディニュージャージーからのライブレポート

Facebook.com DA: 16 PA: 33 MOZランク: 74

  • からのライブレポート ハリケーンサンディニュージャージー
  • 4,375いいね&#1831これについて話している
  • 私たちは、エイボン、ベルマースプリングレイク、シャークリバーから私が見ることができ、正確な直接のレポートを得ることができる領域に集中します

州兵はハリケーンサンディ後の苦しみを和らげる

Army.mil DA: 12 PA: 50 MOZランク: 88

  • 州兵はに応答します ハリケーンサンディ、津波を監視します
  • 州兵は州知事を支援します 砂ののパス
  • 7,400人以上の州兵メンバーが ハリケーンサンディ

ハリケーンと熱帯低気圧NJOEM

Ready.nj.gov DA: 12 PA: 30 MOZランク: 69

  • NS ハリケーン は最大600マイルの強風があり、時速75〜200マイルの速度で内向きおよび上向きに強風が渦巻く巨大な嵐です。
  • それらは生命を脅かすだけでなく、洪水、高潮、強風、竜巻などの深刻な財産を脅かす危険を引き起こす可能性があります
  • アトランティック ハリケーン シーズンは6月1日から11月30日まで続きます。

ハリケーンサンディ:ニュージャージーは準備を早期に共有

Nj.com DA: 10 PA: 49 MOZランク: 87

  • ハリケーンサンディ 日曜日の夜から火曜日までニュージャージーでの打撃を開始する予定です
  • 嵐の高さは、重大な高潮と強風をもたらす可能性があります
  • によって保存 NJ.com &#183 10月(日)

ハリケーンサンディニュージャージーのビデオとHD映像

Gettyimages.com DA: 19 PA: 34 MOZランク: 82

  • 専門家を探す ハリケーンサンディ ニュージャージーのビデオとストック映像は、映画、テレビ、広告、企業でのライセンスに利用できます
  • ゲッティイメージズは、最高品質の独占的な権利対応およびプレミアムロイヤリティフリーのアナログ、HD、および4Kビデオを提供します。

ハリケーンサンディ:スーパーストーム

Boston.com DA: 14 PA: 50 MOZランク: 94

  • カリブ海を破壊的な道を切り開いた後、 ハリケーンサンディ 今週、東海岸に沿って甚大な被害をもたらしました
  • 砂の ニュージャージー州南部に上陸し、それを主要なものにした

ハリケーンサンディ:養浜はニュージャージーを救ったか

  • いつ ハリケーンサンディ 2012年10月29日にニュージャージーに激突し、天文学的な満潮の時期近くに上陸が発生したという事実もあり、ニュージャージー海岸の大部分に沿って記録的な高潮を引き起こしました。
  • 数日のうちに、栄養のあるビーチの背後にある物的損害が減少したという事例報告は、広範なメディアを集めました

ハリケーンサンディの破壊の道のタイムライン

  • 午後8時: 砂ののセンターはニュージャージー州アトランティックシティの近くに上陸します
  • 嵐はもはや考慮されていません ハリケーン しかし、現在は熱帯後のノーイースターとして分類されています
  • しかし、南東からの嵐の異常な経路は、ニュージャージーとニューヨークの高潮をさらに悪化させます。

ハリケーンサンディの回復と

Transit.dot.gov DA: 19 PA: 50 MOZランク: 17

ニュージャージートランジットコーポレーション:ニュージャージートランジットコーポレーション:86,774,558ドル: NJ:ニュージャージートランジットコーポレーション:ニュージャージートランジット- ハリケーンサンディ 回復#4:$ 102,831,982: NJ:ニューヨークおよびニュージャージー港湾公社:PATH Trans Hudson Corp- 砂の 救済:159,720,171ドル:小計(複数のトランジットプロジェクト-ニュージャージー)604,542,910ドル:ニューヨーク


ニューヨーク市

マイケル・R・ブルームバーグ市長は、11月9日金曜日の午前6時にガソリンとディーゼルの購入のための奇数偶数ナンバープレートシステムを確立する緊急命令に署名しました。ナンバープレートが偶数または数字「0」で終わると、モーターを購入できます。偶数日での燃料ナンバープレートが奇数で終わる場合、文字または他の文字は奇数日で購入できます。

ブルームバーグ市長のオフィスからの最新ニュースについては、nyc.govを確認してください。アンドリュー・クオモ知事は、市と州の新しい発表で彼のウェブサイトを定期的に更新しています。

これは、夜通しの暖かい都市の避難所の最新のリストと、人々を避難所に運ぶための対応するバスのピックアップ場所です。昼間の温暖化センターは約8時間開いており、人々は寒さから抜け出すことができます。

バスサービスは午後4時から9時まで提供されています。彼らが自分自身を得ることができないならば、人々を暖かい避難所に連れて行くこと。バスピックアップはここにリストされています。

11月7日水曜日、マイケルR.ブルームバーグ市長は前例のないことを発表しました 仮設住宅のウェブサイトAirbnbとのパートナーシップ、 宿泊先を探している人と、家に余裕のある人をつなぐ会社。市とAirbnbの間で成立した取引は、人々が仮設住宅を寄付できること、ハリケーンサンディに追われた人々がオンラインで無料で住宅を検索できることを意味します。 Airbnbはいつものようにホストに保険をかけます。避難所を探している人の唯一の要件は、身元を確認するためのクレジットカードを持っていることです。すでに179人のAirbnbメンバーがすでに無料で家を開いています。

自宅にスペースを提供したい場合は、ここをクリックしてください。

避難所が必要な場合は、ここをクリックしてください。

食料と水:

コニーアイランドの食料と水の流通サイトでのボランティアは、ニューヨークのユナイテッドウェイによって組織されました。 MetroFocusは、2012年11月8日に、非営利団体の社長兼CEOであるSheenaWrightに救援活動についてインタビューしました。MetroFocus/ ChristinaKnight

ニューヨークのフードバンクは移動式配送センターを介して食品を配送し、ミールズオンホイールは引き続き高齢者に食品を配送し、シティハーベストは炊き出しやフードパントリーに食品を配送しています。

市の環境保護局は、午前9時から午後5時まで開いている、市内全域に無料の外出先での給水所を設置しました。

ブリージーポイント、クイーンズ
マンハッタンの23丁目と8番街
マンハッタンの23丁目と2丁目
マンハッタンの14番街と8番街
ヒューストンストリートと6番街、マンハッタン
マンハッタンの運河とセンター通り
マンハッタンのモンローストリート

11月11日 ベテランの日パレード 嵐の犠牲者のための集会になります。 New York Caresのコートドライブが開催され、コートはパレードルートに沿って行進者によって収集され、パレードのトラックに預けられます。コートはまた、ニューヨーク市立図書館、クイーンズ図書館、ブルックリン公立図書館システムのすべてのNYPD警察署と図書館の分館を含む、5つの区全体の数百の場所で収集されます。 Starting Nov. 15, drop-off locations will open at New York Penn Station, Grand Central Terminal (December only) and many other sites.

On Staten Island, one of the worst hit areas in the city, many businesses, community centers and places of worship are accepting donations for those who have lost homes or are without power.

A volunteer group from Congregation Beth Elohim in Park Slope, Brooklyn makes sandwiches for people staying in the shelter at the Park Slope Armory. Photo by Cindy Greenberg.

The New York Blood Center is in great need of blood. Locations: in Midtown at 601 Lexington (the Citigroup building), in the Upper East Side on 67th Street between First and Second Avenue, at the Elmsford Center in Westchester County and the East Fishkill and Kingston Center, both located in the Hudson Valley.

Medical Services:

Mobile medical vans that will provide medical care and distribute commonly prescribed drugs are now at several of the city’s Disaster Assistance Service Centers in the Rockaways and Coney Island, as well as two additional high-need locations in the Rockaways. The vans will also be on Staten Island on Tuesday.

– Queens Locations

Redfern Houses Playground 1462 Beach Channel Drive Redfern and Beach 12th Street
Hours: 10 a.m. – 5 p.m.

*Walbaums Parking Lot 112-15 Beach Channel Drive between Beach 112th/Beach 113th Streets
Hours: 10 a.m. – 5 p.m.

St. Frances de Sales 129-16 Rockaway Beach Boulevard
Hours: 9 a.m. – 6 p.m.

– Coney Island Locations

*Coney Island – MCU Parking Lot 1904 Surf Avenue
Hours: 8 a.m. – 5 p.m.

* Far Rockaway – Fort Tilden Park Fort Tilden Park (closest end to Breezy Point) Beach Channel Boulevard
Hours: 10 a.m. -5 p.m.

*The city’s Federal Disaster Service Center are located in the same locations.

他の Federal Disaster Service Center locations:

Edgewater Firehouse Parking Lot, 1 Adee Place between 9th Avenue and Edge Street, Bronx: 10 a.m. – 5 p.m.
Mount Loretto at 6581 Hylan Blvd. at Sharrotts Road, Staten Island: 10 a.m. – 5 p.m.
Miller Field at 600 New Dorp. Lane at Weed Avenue, Staten Island: 10 a.m. – 5 p.m.

Also see locations under Shelter, below, to inquire about volunteering there.

New York Cares or 212-402-1101
New York City Service
The United Way of New York City is coordinating volunteers through its Hurricane Sandy Recovery Page.

Coney Island is relatively accessible by public transportation and has need of volunteers and services as of Sunday evening. Ilma Joyner, president of NYCHA O’Dywer Gardens‘ tenants association, told MetroFocus the complex needed volunteer services and donations of warm clothing items, blankets, flashlights and batteries. Residents on Neptune Avenue in nearby Sea Gate were desperate for news of city support services, and whether generators would be made available. Cell phone reception is spotty in Sea Gate, but Gothamist reports that volunteers or donations for Sea Gate can contact community manager Tami Maldonado at (917) 549-9658.

The New York City’s Office of Emergency Management Animal Planning Task Force has set up a 24-hour hotline for evacuees who were unable to bring their pets with them to a shelter. Call 347-573-1561 for help. Also check #sandypets on Twitter.

NYC Parks suffered a lot of damage in Hurricane Sandy. See the links below to volunteer in the city’s parks.

Click here to volunteer in the Bronx
Click here to volunteer in Brooklyn
Click here to volunteer in Manhattan
Click here to volunteer in Queens


Hurricane Sandy Recovery: How to Help and Volunteer

NEW JERSEY - In the aftermath of Hurricane Sandy, many residents have been asking how they can help and/or volunteer to assist residents throughout New Jersey who are in need of power, shelter and food.

Governor Christie and First Lady Mary Pat Christie today announced the formation of the Hurricane Sandy New Jersey Relief Fund to help residents impacted by the recent superstorm that wrought damage and destruction in New Jersey and along the Jersey Shore earlier this week.

&ldquoAs recovery efforts continue, we know that even greater needs will become apparent for our families who have been impacted so deeply and extensively by this disaster,&rdquo Governor Christie said. &ldquoNew Jerseyans are not only tough and resilient &ndash as we&rsquove already seen powerfully through the storm and initial recovery period &ndash they are caring, generous and kind. Above all, we are a community and we take care of each other. As the recovery proceeds over the weeks and months, this fund will give us an avenue to collect and distribute those resources to our neighbors and communities and assist as many of our families as possible.&rdquo

A website for the Hurricane Sandy New Jersey Relief Fund is expected to be launched soon.

Donations to the fund can be sent to the address below:

Hurricane Sandy New Jersey Relief Fund

New Jersey is recovering from the worst natural disaster in more than a century, and the Community FoodBank of New Jersey (CFBNJ) is critical to helping state residents affected by the devastation. The CFBNJ is currently distributing over 100,000 pounds of food daily to families displaced by Hurricane Sandy.

Whether you&rsquore in the area or not, there are many ways people can directly help those in their greatest time of need:

To donate funds:
o Visit www.cfbnj.org and click on the &ldquoHurricane Relief&rdquo tab on the homepage
o Make a $10 donation by texting FEEDNJ to 80888
o Call (908) 355-3663 ext. 253
o Financial donations have the greatest impact on our ability to help New Jersey recover by allowing us to respond to specific needs.

To donate items:
o If you&rsquore in the area, you can donate food/grocery items, such as meals in a can, canned tuna, peanut butter, canned fruits, canned vegetables, canned soup, shelf-stable milk, cereal, baby food (no glass jars), and diapers to the Community FoodBank locations at 31 Evans Terminal, Hillside, NJ 07205 6735 Black Horse Pike, Egg Harbor Twp, NJ 08234
o You can donate items at MetLife Stadium between 2:30 &ndash 5:30 p.m. during this Sunday&rsquos New York Giants game

To volunteer:
o Visit www.cfbnj.org for information

The food bank is working closely with New Jersey Voluntary Organizations Active in Disaster (VOAD), Red Cross and Salvation Army since last week's Hurricane Sandy warnings to prepare for and meet the needs of New Jersey residents affected by its devastation. CFBNJ is currently providing thousands of meals per day to displaced individuals and families.

Despite being without power for several days, the CBFNJ has sent truckloads of ready-to-eat meals and water to the Office of Emergency Management and shelters in Atlantic, Ocean, Somerset, Passaic, Essex, Middlesex, Hudson, Burlington, Monmouth, Bergen and Cape May counties. Blankets have been provided to those displaced by flooding in Moonachie and Little Ferry.

In light of the gas shortages, United Way advises residents to stay local and help neighbors in our northern New Jersey communities by sharing a warm meal or an outlet to charge a cell phone. Or register with the United Way Volunteer Link website at www.unitedwaynnj.org/Volunteering for formal volunteer opportunities with a local relief organization.

For those wishing to make a financial donation, there is the United Way Hurricane Sandy Recovery Fund (#sandyfund). Contributions to the fund will be used by local United Ways in 12 states, including New Jersey, to address hurricane recovery needs in communities that FEMA has declared disaster areas.

To make a donation online visit www.UWSandyRecovery.org or you can make a $10 donation by texting the word RECOVERY to 52000.

Tips for interested volunteers:

·Do not self-deploy or begin a collection without registering or consulting with a reputable disaster relief agency.


Homeowners Hit By Sandy Get More Time To Appeal Settlements

Sandy survivors still battling over their flood insurance claims will now have more time to appeal their settlements.

In a bulletin issued yesterday FEMA announced it will extend for another six months the period for Sandy-impacted homeowners to file Proof of Loss forms, which are the first step in appealing a flood insurance settlement. The window after previous natural disasters has never been longer than a year, so this extension is an unprecedented move. It comes after pressure from lawmakers on both sides of the aisle.

Late last week, nearly two dozen Senators and members of Congress from New York and New Jersey -- including Senators Robert Menendez and Jeff Chiesa and Representatives Jon Runyan, Frank LoBiondo, Rob Andrews, Bill Pascrell and Rodney Frelinghuysen -- signed on to a letter to FEMA Administrator Craig Fugate. In it, they argued that many of their constituents have been mired in bureaucratic red tape and are only just starting the recovery process, so they need more time to complete the paperwork.

&ldquoWhile we are aware that FEMA has the authority to approve on a case-by-case basis claims submitted after the one-year deadline,&rdquo the letter stated, &ldquowe believe that a blanket extension for every homeowner should be in place to ensure a fair and proper process for everyone. To deny these claims based purely on the timing of their paperwork pulls the rug out from underneath homeowners who are relying on their flood insurance policies to repair and rebuild their homes.&rdquo

According to FEMA &ndash which runs the National Flood Insurance Program -- 99 percent of all Sandy-related claims are now closed.

But the private insurance companies that manage the policies typically consider cases &ldquoclosed&rdquo after they&rsquove issued their payouts, even though policyholders often continue to file appeals. Indeed, a recent NJ Spotlight survey of people&rsquos experiences dealing with their flood insurance companies has so far yielded dozens of negative responses, with complaints ranging from lost paperwork to adjuster errors to insurance companies claiming that damage pre-existed the storm. While the results of the survey are in no way scientific, they offer compelling anecdotal evidence that even a year after Sandy, many problems persist.

New Jersey lawmakers contacted yesterday by NJ Spotlight applauded FEMA&rsquos move, with Senator Chiesa calling it a &ldquocommonsense extension&rdquo that will &ldquohelp New Jerseyans still struggling with the lengthy process of rebuilding.&rdquo

Senator Menendez issued a statement that he was pleased with the decision. &ldquoThis will give the victims hit the hardest by the storm enough time to provide the necessary documentation to prove their claim and get the money they&rsquore entitled to,&rdquo he wrote.

And Congressman Pascrell noted that "Many homeowners that were devastated by Sandy were only made aware of additional expenses once the rebuilding process started. This extension will provide families with the additional time needed to ensure a fair process in filing their flood insurance claims and receiving the full benefits they are entitled to," he said.

The memorandum applies to Sandy-impacted homeowners in all the affected states who suffered losses between October 25th and November 6th, 2012. FEMA is now giving them until the end of April and says it will monitor claim activity to determine whether further extensions may be warranted.


Glover EMTs help New Jersey victims of Sandy

The ruins of a house stand in stark contrast to the devastation that swept away entire communities along the Jersey Shore. "Scenes like that went on for miles and miles and miles," Mr. Gibson said. "I've never seen anything like it." Photo Courtesy of Chance Griffin The ruins of a house stand in stark contrast to the devastation that swept away entire communities along the Jersey Shore. “Scenes like that went on for miles and miles and miles,” Mr. Gibson said. “I’ve never seen anything like it.” Photo Courtesy of Chance Griffin

by Richard Creaser

copyright the Chronicle 11-14-2012

GLOVER — It was not the sort of homecoming that Dennis Gibson would have chosen as he returned to New Jersey last week, but the importance of that trip outweighed any concerns he may have had.

Mr. Gibson, along with fellow Glover Ambulance squad member Chance Griffin, traveled to the Jersey Shore to provide aid to communities battered by the passage of Hurricane Sandy. The two emergency medical technicians (EMTs) were part of the seven-ambulance Vermont Strike Team that deployed on the evening of November 6 to some of the worst damaged New Jersey communities.

The primary role of the squad was to provide relief to emergency crews that had been operating flat-out since Hurricane Sandy made landfall on October 30. The professionalism of their fellow EMTs left a powerful impression on Mr. Griffin.

“They acted as if nothing had happened,” Mr. Griffin told the Chronicle on Tuesday. “They went in and did their jobs as if their houses weren’t destroyed. Some of them were living in the fire station because they didn’t have a home to go back to.”

Even amidst the destruction the Glover EMTs were shown every conceivable courtesy and kindness. The level of appreciation extended by fellow emergency service providers and patients alike had a profound effect on both men.

“It’s not every day that you have people come up to you and say thank you for what you’re doing,” Mr. Gibson said. “Everyone there was just so grateful and appreciative of us.”

The Glover squad traveled to New Jersey and arrived first at the Meadowlands complex. The Meadowlands served as the main staging area for arriving emergency service crews. From there crews were assigned to various communities that required their assistance. During the five-day mission the Glover squad operated out of Keansburg and Atlantic Highlands, both located along the famed Jersey Shore.

The extent of the devastation that greeted them was both shocking and saddening. During their stay, the men toured affected areas including a brief visit to nearby Seabright.

“It’s just amazing the amount of damage a 12-hour storm can do,” Mr. Gibson said. “It will take Seabright probably five to ten years to get back to what it was. It was just incredible.”

Though fears of looting immediately followed the passage of Hurricane Sandy, the establishment of law and order in its wake helped prevent a repeat of the chaos that followed Hurricane Katrina, Mr. Gibson said. There was a strong police presence in every community. Deployments of National Guardsmen added to the sense of security in the affected areas.

“When we pulled up to the school where we were staying there were National Guardsmen and an armored car parked in the driveway,” Mr. Gibson said. “They wanted to know who you were and what you were doing there before they let anyone through. They learned from Katrina.”

The Meadowlands MetLife Stadium in New Jersey became the staging ground for ambulance services that rushed to respond to the disaster that followed Hurricane Sandy. Photo courtesy of EMS Task Force State of New Jersey

During their deployment, the Glover crew handled the kinds of 911 calls they might expect to handle back home in Glover. The major difference lay in the sheer volume of calls.

“One town we went into was maybe a square mile and that volunteer department handles 2,600 calls a year,” Mr. Griffin said.

“With Glover you handle 300 to 400 calls and you don’t see too many members riding on all of them,” Mr. Gibson said. “A crew we met out of Baltimore said they handled 8,000 calls a year. You just don’t see that kind of volume here.”

What took some getting used to was navigating traffic as the crew transported patients to and from the hospital. Though the physical distances were not as great as those the crew is used to, the time necessary to travel those distances remained comparable, Mr. Griffin said.

“The amount of juking and jiving you need to do getting around in traffic was unlike anything we do back here,” Mr. Gibson said. “The worse thing we have to do here is get through that one light at Sias Avenue in Newport.”

Another big difference was how the visiting ambulance teams communicated with one another. Because there were so many ambulances from so many squads, reconfiguring radios to ensure continued coverage was impractical. Instead, units relied on cell phones and texting to communicate with one another and their respective headquarters.

“Chance really stepped up on this because I’m a bit of an old-timer when it comes to this kind of stuff,” Mr. Gibson said. “I had never sent a single text before April of this year and now I’ve sent hundreds. I really learned a new appreciation for how well that can work in an emergency situation.”

Both men also spoke of the overwhelming feeling of pride when the departing ambulance squads formed up to leave the Jersey Shore. The departing ambulances were accompanied by dozens of emergency service vehicles from multiple departments with their lights flashing.

“It’s not something you’ll ever forget,” Mr. Griffin said.

“Everywhere we went people came out to stand by the road and wave and holler their thanks,” Mr. Gibson said. “You don’t normally get that kind of response for doing the job you’ve been trained to do.”

Chance Griffin (left) and Dennis Gibson of Glover Ambulance provided relief for New Jersey EMTs, many of whom have worked non-stop since the hurricane struck on October 30. Photo Courtesy of Chance Griffin

What made the entire trip possible was the strong sense of cooperation and fellowship both within the Glover Ambulance Squad and between the state of Vermont and the state of New Jersey. The first request for assistance came out of New Jersey at 11 a.m. on November 6 requesting up to 25 ambulances and crews. By 5 p.m. New Jersey had adjusted the request to include as many ambulances as could be ready to roll as quickly as possible, Glover Ambulance Chief Adam Heuslein said.

“By 6 o’clock we had the bus packed and rolling,” Mr. Heuslein said. “It was the first big test for our new ambulance.”

Mr. Heuslein extended a warm thanks to Northeast Kingdom Balsam and Windshield World for permitting Mr. Gibson and Mr. Griffin time off to deploy to the Jersey Shore. The cooperation of employers is a critical component to the smooth operation of a volunteer service like Glover Ambulance, he said.

“I would also like to thank the other members of Glover Ambulance for stepping up and covering the shifts for Chance and Dennis allowing them to go,” Mr. Heuslein said. “It was because of their efforts that we were able to maintain coverage and let Chance and Dennis go down to New Jersey. At no point was the town of Glover without ambulance coverage. It really was a team effort.”

The dedication of their fellow EMTs and the bonds Mr. Gibson and Mr. Griffin formed with them has left the men with an urge to provide as much help as they can. As a result the Glover Ambulance Squad is exploring the possibility of hosting a fund-raising effort to benefit the EMTs and communities hit by the storm.

“A lot of these guys and their families lost everything,” Mr. Heuslein said. “So we want to try and help them out even as they help the other people in their community.”

The experience that the two men are bringing home is an invaluable one for both the squad and Vermont’s emergency responders, Mr. Heuslein said. It was the first real test of Vermont’s Strike Team system developed by the Vermont Department of Health and Vermont Emergency Management.

“For something that sat on a back shelf since Katrina and with changes in administration in between, the system worked really well,” Mr. Heuslein said. “This experience makes the Strike Team system better and our own squad better for being a part of it.”

For more free articles from the Chronicle like this one, see our Featuring pages. For all the Chronicle’s stories, pick up a print copy or subscribe, either for print or digital editions.