カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

オーストラリアの25のベストレストラン2015スライドショー

オーストラリアの25のベストレストラン2015スライドショー


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

オーストラリアは世界クラスの食事の目的地です。これが提供しなければならない最高の中から私たちが選んだものです

2015年オーストラリアのベストレストラン25

オーストラリアはLandDown Underとして知られているかもしれませんが、高級ダイニングに関しては確かに弱者ではありません。オーストラリアの料理はヨーロッパから引き出され、 アジア人、そして先住民の影響、そしてこれらすべての文化からの味は、このリストのレストランの多様性と多様性に反映されています。それらは、西オーストラリアからオーストラリア首都特別地域まで、国全体に広がっています。その中には、キャンベラに独自の都市農業を備えた施設があり、アルゼンチン風のレストランが シドニー 食べ物がパンパを連想させる場所であり、コミュニティの定番となっているメルボルンの広東の場所です。ベン・シェウリーやニール・ペリーなどの有名シェフが登場しますが、あまり知られていないシェフも登場し、小さなキッチンで苦労し、主に顧客の喜ばしいコメントを通じて認知を得ています。

私たちは、オーストラリアの最高のレストランのリストを絞り込むプロセスを開始しました。 グルメトラベラートリップアドバイザー。次に、料理の専門家の品揃えから追加の推奨事項を求め、70以上の飲食店の候補リストになりました。デイリーミールカウンシルのメンバー、オーストラリアのフードライターと編集者の厳選されたグループ、そして私たち自身の旅慣れた編集スタッフを調査することにより、これらを25に絞り込みました。

デイリーミールの25の最高のレストランの史上初のまとめを発表できることを嬉しく思います。 オーストラリア。リストを読んで、どの施設がナンバーワンの座を獲得したかを見つけてください。

#25 Leeuwin Estate Restaurant(西オーストラリア州マーガレットリバー)

このレストラン は、西オーストラリア州のマーガレットリバー地区にある家族経営のワイナリーであるLeeuwinEstateの一部です。 1972年、ナパバレーのワインメーカーであるロバートモンダヴィと同じくらい権威がこの場所をブドウ園の大きな可能性があると特定し、それ以来、レーウィンは高品質のオーストラリアワインの最も信頼できる生産者の1人になりました。 NS ワイナリー シェフのダニー・アンゴベの「シンプルで贅沢な料理」を提供するレストランでは、新鮮なカキから生姜とグリーンパパイヤのシャークベイイカ、ジュニパーソルトのベニソンカルパッチョ、マロン(巨大な塩水クレイフィッシュ)まで、地元や地域の食材をうまく利用しています。豚バラ肉と核果。

#24セージレストラン(キャンベラ、オーストラリア首都特別地域)

から5マイル強 セージレストラン キャンベラにあるのは、飲食店独自のセージファームで、周辺のコミュニティにとって都市農業と食品の持続可能性の重要性を強調することを目的としています。農場は有機ハーブと野菜を栽培し、羊と牛を飼育しており、まもなく珍しい品種の豚と在来種の家になります。 。 Sage Restaurantのディナーメニューには、ジェムレタスとディルを添えたタイガーエビ、イカ、ナス、レモングラスを添えた鶏胸肉などの料理が含まれます。

#23オラナ(南オーストラリア州アデレード)

この高級でモダンなレストラン はテイスティングメニューのみで、火曜日から土曜日のディナーに料理とワインを注文すると、1人あたり$ 295AUS($ 213)に戻ります。メニューのハイライトには、ビート、草、野生の焦げたカンガルーが含まれます ニンニク ネイティブグリーンスグリ、スモークポテト、ネギを添えたショートホーンビーフ。レストランのワインリストは非常に豊富で、章に分かれています。

#22ペイモダン(ビクトリア州メルボルン)

創設者のマークベストは、25歳のときに料理の分野で働き始める前は、西オーストラリアの金鉱で電気技師を務めていました。フランスと英国で学んだ後、ベストはオープンしました。 ペイモダン 2012年に地元で栽培された季節の食材を紹介することを目的としています(現在は 2番目の場所 シドニーで)。メニューには、厳選された特製牡蠣、ブリオッシュとレモンバターを添えた燻製と硬化の海鱒、ズッキーニの花と松の実を添えたリコッタ餃子があります。

#21 Nu Nu Restaurant(クイーンズランド州パームコーブ)

このレストラン クイーンズランド州北部では、パームコーブで唯一の海辺の飲食店であると言われています。クイーンズランド州北部のマッドクラブのジャスミンライスと生姜のスープ添え、四川のナスと黄色い豆のソースとゴマ、バターをまぶしたエビとベーコンとリンゴの砂糖漬けなどのメニューアイテムを試しながら、コーラルシーの景色をお楽しみください。デザート用のスペースを確保することを忘れないでください— 1つのオプションは、熱帯雨林のハニカム、ヨーグルトです マシュマロ、レモンセモリナケーキ、塩キャラメルアイスクリーム。

#20ロングチム(西オーストラリア州パース)

このレストラン シェフのデビッド・トンプソンの成功の前哨基地です シンガポールのタイの屋台の食べ物のレストラン。そのタイの名前は大まかに「来て味わう」を意味します。多くのメニュー項目は、ギャップカオ(ご飯と一緒に出される盛り合わせ料理)のように、家族のスタイルを共有することを意図していますが、メニューのaaharn jarndtiawセクションは主に個人で構成されています 麺料理。 Long Chimのワインリストには、メニューに合うように厳選された地域および世界のワインが含まれています。

#19タウンマウス(カールトン、メルボルン、ビクトリア)

タウンマウス は、誰もがすぐ近くにオープンしたいと願うような場所になるよう努めている近所のレストランです。それは友情、コミュニティ、そして日常を祝うものです—会場には実際のネズミはいないのですが、ウェブサイトは述べています。メニューには、アーモンドとソラマメの味噌を添えたカリフラワーのローストなどの料理があります。酸っぱいキノコ、焦げたネギ、西洋わさび、バターレタスを添えた鯛。と チキン エンドウ豆のグリル、カブ、ゴマの胸肉。

#18モンスターキッチンアンドバー(キャンベラ、オーストラリア首都特別地域)

キャンベラのホテルホテルの1階には モンスターキッチン&バー、午前6時30分から午前1時まで営業している季節の地元の食材を専門とする会場。ホテルホテルのハイブに蜂蜜入りの自家製クランペットや揚げ物付きの豚バラ肉などの朝食アイテムを注文してみてください 、グリーンマンゴー、チリジャム。共有プレートは正午から午後10時までご利用いただけます。ヤギの燻製豆腐、鰹節、ゴマを添えたナスが含まれます。甘草で硬化させた鴨胸肉の燻製ビート、スイバ、ヘーゼルナッツ。アスパラガスと味噌バター、やわらかい卵、ふりかけ調味料。

#17 Grossi Florentino(メルボルン、ビクトリア)

このスプリットレベルのレストラン 2階、グリル、セラーバーのさまざまなメニューを提供しています。卵黄、スモークリコッタ、アマレッティ、熟成バルサミコ酢を使ったラビオリオールウオボなどのメニューオプションで、ルネッサンス様式の壁画の中でお食事をお楽しみください。フレイザーアイルスパナークラブ アボカド と大根;ポレンタクリームとエンドウ豆を添えたソマーラッドチキン。デザートには、パラダイスアイスクリームの粒が入ったチョコレートスフレのスペースを確保してください。

#16Porteño(サリーヒルズ、シドニー、ニューサウスウェールズ州)

アルゼンチン料理店 ポルテニョ シェフのオーナーであるベン・ミルゲートとエルビス・アブラハノヴィッチが経営しており、その使命は本物です。幼い頃からバーベキューをしているアブラハノヴィッチの父、アダンは、伝統的なパリラ(バーベキュー)とアサード(火の穴)でゲストの前で肉を準備します。メニュー項目は、アルゼンチンスタイルで共有することを目的としており、牛肉のエンパナーダ、保存されたビートとヨーグルトを添えたバーベキュータコ、焼きトウモロコシを含みます。 バター とマンチェゴチーズ。そしてもちろん、自家製のチョリソから8時間の薪焼きラムまで、たくさんの肉があり、途中で数カットのステーキがあります。

#15ウォン氏(ニューサウスウェールズ州シドニー)

モダンな広東料理レストラン ウォンさん座席数240の、シドニー北部で最も大きなレストランの1つですが、竹で縁取られた椅子、大きな壁画が飾られた風化したレンガの壁、壁を飾る金のファンのセットなど、植民地時代の家具が居心地の良い空間になっています。オプションが含まれます 点心、豚肉とエビのチャーハン、フェンネルとクミンの塩とコショウの子羊のカツレツ、塩とコショウのイカ。

#14フランクリン(タスマニア州ホバート)

成長する屋内庭園 タスマニア 料理に使用する植物、小さな牛を入れるのに十分な大きさの10トンのスコッチオーブン、かつてのホバート新聞社と駐車場の間の特異な場所 フランクリン 個性的。ビクトリア出身のシェフDavidMoyleは、完全に露出したキッチンでチームと一緒にレストランの中心で料理をします。メニューは毎日変わります。ウェブサイトはそれをアドバイスします 予約 必須ですが、訪問者は歩いて運を試すことができます。

#13エスター(チッペンデール、シドニー、ニューサウスウェールズ州)

エステルのモダンなインテリアは、塗装されたレンガと高いアーチによって相殺されています。レストランではランチ、ディナー、ドリンクを提供しており、カキとカラシナの葉を添えたビーフタルタル、アーモンドソースとミントを添えたカリフラワー、焦げたダックのローストなどのメニューを用意しています。 蜂蜜 ソース。デザートは、塩キャラメルセミフレッドまたは甘草タルトをお試しください。

#12 MoVida(ビクトリア州メルボルン)

MoVida にぎやかなメルボルンのタパスバーです( 新しいシドニーの場所)、伝統と現代の両方の素晴らしい料理のメニューがあります。松の実のガスパチョシャーベットを添えた、冷燻製のスペインサバのカバラアフマダをお試しください。パタタスブラバス、スパイシートマトとマヨネーズを添えたフライドポテト。またはチェーチナ、ポーチド有機卵とトリュフの泡で風乾した和牛。で食事を終えることを検討してください チュロス と濃厚なチョコレートを飲みます。

#11ロックプール(ニューサウスウェールズ州シドニー)

彼の有名な ロックプール、シドニーとメルボルンに他のレストランを所有するシェフのニール・ペリーは、25年以上にわたってアジア風のモダンなオーストラリア料理を試してきました。このレストランは、この国の高級レストランシーンの旗手であり続けています。メニューに?アーモンド豆腐とスターアニスのロブスターコンジーのようなものを探してください ピーナッツ;はちみつとスペルト小麦のパンに昆布バターと新鮮なリコッタチーズを添えました。チャーシューで焼いたヤマウズラに椎茸、ネギ、エンドウ豆の花を添えました。

#10フラワードラム(ビクトリア州メルボルン)

この広東料理店1975年にメルボルンのチャイナタウンにオープンした、は、国内で最高の中華料理のいくつかを提供することで、長年にわたって評判を得ています。今日では、エグゼクティブシェフのアンソニー・リウの指導の下、カブの甘い大豆、シーフードスープなど、おなじみの料理とそれ以外の料理の長いメニューを提供しています。 団子、野生のバラマンディヌードルからネギとコリアンダーの蒸しコーラルトラウト、煮込みクレイポットラムブリスケット、クラシックな北京ダック。

#9セピア(ニューサウスウェールズ州シドニー)

2009年、シドニーの食品コミュニティの著名な2人のメンバーであるシェフのマーティンベンとシーフード卸売業者のジョージコスティのパートナーシップは、次の形で実現しました。 セピア。ソファ席を並べたラウンジのような雰囲気のレストランでは、5コースと9コースのテイスティングメニューを提供しており、1人あたりそれぞれ170AUSドル(122ドル)と200AUSドル(144ドル)で提供されます。料理は現代的で、アジア風にアレンジされています(ハモンイベリコクリームとポークパチパチの黄色いマグロの刺身、和牛の きのこ、など)、そして料理は正確で素晴らしいです。

#8桃福青房(ニューサウスウェールズ州シドニー)

ニューヨーク市外にあるデビッド・チャンの最初のレストラン、 桃福青房は、アジア風の料理が一般的であるが、とにかくチャンの独特の料理の感性が際立っているシドニーでヒットしています。バルバドス生まれのエグゼクティブシェフPaulCarmichaelは、頻繁に変更されるテイスティングメニューを決定します。このメニューの料金は1人あたり$ 185AUS($ 133)です。批評家は、焦げたマトウダイのような運賃について絶賛します アップル とajwainの種子、ぎくしゃくした黒豚のポークチョップ、ひよこ豆の粉で揚げたハバネロで揚げた鶏の胸肉。

#7 CUMULUS INC。イーティングハウスアンドバー(ビクトリア州メルボルン)

2008年以降、 この飲食店 メルボルンのファッションとアート地区であるフリンダースレーンでは、シェフのアンドリュー・マコーネルの創作料理を提供しています。アラカルトの朝食メニューには、カキ、ズッキーニの花、スモークモッツァレラチーズ、キッチンシャルキュトリーのセレクション、ズッキーニと松の実を添えたリコッタの餃子などがあります。ランチとディナーは共有することを目的としています。オプションが含まれます サラダ、殻付きの新鮮な牡蠣、子羊のローストショルダー。

#6コーダ(ビクトリア州メルボルン)

コーダ リラックスした雰囲気と質の高さを誇り、アニバーサリーディナーやサッカー前のランチの会場としてもご利用いただけます。メニューの料理は、リンゴのサラダと松の実を添えたキハダマグロ、ナス、 豆腐 レタスはにんにくと黒酢、そしてローストした黄色い鴨のカレーでお楽しみいただけます。

#5ショーンのパナロマ(ボンディビーチ、シドニー、ニューサウスウェールズ州)

一見、カリフォルニアのビーチタウンのハンバーガー店と間違われるかもしれない本格的なレストラン、 ショーンのパナロマ 小さくて超カジュアルで(伝説のボンダイビーチの向かいの場所にふさわしい)、とても良いです。メニューは、天井から吊るされた一握りの個別の黒板パネルに並べられています。説明は簡潔で要領を得ています(カワセミ/フィンガーライム/イクラ;ウサギ/オリーブ/トースト;マンゴー/パッションフルーツ/生姜)。提供される野菜の多くは、所有者のショーンモラン自身の農場から来ています。他の食品は、地元のトップの生産者または流通業者から調達されています。雰囲気のように、食べ物はカリフォルニアの新鮮さを持っています。チョリソとアサリのミニチュア入りコーンスープ、自家製 パスタ ズッキーニとズッキーニの花、そして農場で育てられたニンジンとほうれん草を添えたローストチョック(チキン)は、ここでの典型的な料理です。派手なものはなく、すべてがおいしいです。

#4 Firedoor(サリーヒルズ、シドニー、ニューサウスウェールズ州)

私たちはバスク山脈でレノックス・ハスティに最初に出会いました。彼は有名なエチェバリでビトール・アルギンゾニズの2位でした。そこでは、アルギンゾニズが自分で設計および製造したグリルで自家製の木炭を使ってほぼすべてが調理されています。 Hastieはコンセプトを彼のネイティブに戻しました オーストラリア そしてそれに彼自身のひねりを与えた。ここでは、リンゴ、チェリー、栗、オレンジ、オリーブ、ピーカンなどの馴染みのある木材だけでなく、古いオークのワイン樽、ブドウの木、鉄樹皮などの在来種を含む燃料で、すべてが火の上または前で調理されます。マリーの根、さらには干し草—正確には木ではありませんが、可燃性でバニラのような風味を提供します。ハスティは、サバ、スイートブレッド、カタツムリに特に適していると考えています。メニューは毎日変わりますが、薪で焼いたパンからジンジャーブレッドのアイスクリームを添えたベリーのグリルまで、あらゆるものが含まれる可能性があります。また、あらゆる種類のシーフード(キングエビ、イカ、マトウダイなど)だけでなく、レンジャーズバレーの和牛のリブ、鴨の串焼き、サラダの葉のグリルなども提供されます。 Hastieのパートナー 防火扉 Quay(No。1を参照)と他のいくつかのシドニーのトップレストランも所有しているグループであり、場所は通常の鋭敏さで運営されています。

#3 Billy Kwong(エリザベスベイ、シドニー、ニューサウスウェールズ州)

中国系オーストラリア人の3代目カイリー・クォンがオープン ビリー・クォン —ビリーは、シドニーのレストラン経営者であり、もはや関与していないフードライターのビル・グレンジャーとして知られていました— 15年前。昨年、彼女はそれを元の控えめな店先から、少し大きく、より劇的に装飾されているが、それでも快適にカジュアルな美しい新しいスペースに移しました。主に広東風の料理は、海鱒、太平洋のエビ、アサヒガニ、青い爪のヤビー(ザリガニの一種)から、ワリガルグリーン(ニュージーランドのほうれん草とも呼ばれます)、ソルトブッシュの葉、野生まで、オーストラリアの恵みを最大限に活用していますブッシュトマト。また、赤で煮込んだキャラメリゼしたワラビーテール(そして、プラムソースを添えたクリスピーなワラビーケーキのランチタイムスペシャル)も見逃せません。蒸しミニを含むより従来の準備 豚肉 パン、蒸し豆腐、サクサクの皮のアヒルは、単に素晴らしいです。ビリー・クォンは真のオーストラリアのオリジナルです。

#2アッティカ(ビクトリア州メルボルン)

ニュージーランド生まれのシェフ、ベン・シェウリーが このエレガントなレストラン、暗い壁のダイニングルームと豪華な場所の設定で、2005年に、オーストラリアで最も創造的でエネルギッシュなシェフの1人としてすぐに名を馳せました。今年の1月に、彼は所有者のヘレンとデビッド・マッコーラからその場所の100%の所有権を購入し、どちらかといえば、創造的なアンティを引き上げました。オーストラリアの高級食品雑誌GourmetTravelerが2015年の年間最優秀レストランと名付けたこのレストランでは、毎晩$ 220AUS($ 158)で1つの拡張テイスティングメニューを提供するか、シェフのテーブルで新しいアイデアのテストに参加する機会を提供しています。毎週火曜日の夜、$ 140AUS($ 100)で。頻繁に進化する料理は間違いなくオーストラリア料理で、伝統的な料理(「ガザのラムパイ」)を現代風にアレンジしたものも含まれます。塩漬けのアカカンガルーとブーニャブーニャ(オーストラリアの松)の穀粒やワトルシードパンなどの土着の食べ物の想像力豊かな使用。そして、ピケレット(一種の パンケーキ)ワラビーの血で作られました。これは、地球上のどこにも出会うことのない食べ物です。オーストラリアの他の場所でも出会うことはありません。

#1埠頭(ニューサウスウェールズ州シドニー)

Yelp /キャロラインA

ピーター・ギルモア、 このまばゆいばかりのレストラン シドニーハーバーを見下ろす彼の料理スタイルは、「オーストラリアの料理人であることを祝う」、「自然の多様性を受け入れ、農産物、技術、食感、風味、構成を通じてバランス感覚と純粋さを実現しようとしている」と述べています。それは野心的な取り組みですが、ギルモアは、彼の国の最高の原材料を調達し、テクスチャの違い、対照的な色、そして風味の豊かな対位法を劇的に表現する方法でそれらを組み合わせるという点で、他のほとんどの仲間よりもさらに進んでいます。彼の生のタスマニアの縞模様のトランペッター(大きくて肉の多い魚)とスモークオイスタークリームと海などの料理 野菜;パチパチ、モロコシ、燻製ウズラジュースを添えたゆっくりと煮込んだウズラ。黒レンズ豆の味噌、黒にんにく、森のキノコの鶏肉を添えたブラックモア和牛。ココナッツ、バニラ、フェイジョアと呼ばれるトロピカルフルーツを使ったグリーンペアーは、複雑さと素直な良さの魔法のブレンドで運ばれています。 2016年のシドニーモーニングヘラルドグッドフードガイドは、「Quayは、オーストラリアで最も精巧で明瞭な食品のいくつかのベンチマークを設定している」と書いていますが、これ以上同意することはできませんでした。


50のベストレストラン

世界のベストレストラン50、後援 サンペレグリノ、は 料理の基準点として機能する一流で世界的に認められたレストランリスト。このリストは、1,000人を超える国際的なレストラン業界の専門家の意見と経験のスナップショットを提供し、「ユニークな料理体験の最良の目的地であり、世界的な美食のトレンドのバロメーターとして機能します」。

レストランのリストは、業界のリーダー、レストラン経営者、メディアが出席する毎年恒例のレッドカーペット授賞式で明らかにされ、切望されたタイトルの発表へのエキサイティングなカウントダウンが行われます。 世界で最高のレストラン.

この賞は2003年にロンドンで最初に開始され、2015年まで毎年開催されました。それ以来、授賞式はグローバルツアーに着手し、ニューヨーク2016、メルボルン2017、ビルバオ2018、シンガポール2019に停車します。

メインレストランのランキングに加えて、組織はまた、個人やレストランのための一連の特別賞を授与します。 ワン・トゥ・ウォッチ賞、 NS 生涯功労賞 そしてその シェフズチョイスアワード、後者は、前年のリストにあるレストランの50人のヘッドシェフからの投票に基づいています。

世界のベストレストラン50の授賞式はライブストリーミングされ、結果は、集まったシェフ、スポンサー、参加メディアに発表されるとすぐに、オンラインおよびソーシャルメディアを介して公開されます。

このイベントは世界中のシェフの緊密なコミュニティを生み出し、2019年からは ベストオブザベストグループ、または殿堂が作成されました。かつてのNo.1レストランとシェフで構成されたエリートグループは、現在は年間ランキングの対象外であり、名誉ある場所に住むことになります。

世界のベスト50リストは、1000人を超える国際的なレストラン業界の専門家の意見と経験からまとめられています。審査員は事前に決められたチェックリストに従わず、豊富な経験に基づいて何が「最良」であるかを判断するのに十分な自由を与えられます。ただし、厳格な投票プロセスがあり、結果も独立した裁定の対象となります。

その後閉店したフェランアドリアのレストラン、エルブジとコペンハーゲンのノマが最も多くの受賞者であり、リストがオープンして以来、どちらも世界のベストレストランの切望されたタイトルを2回獲得しています。ボトゥーラの オステリアフランチェスカナ、タイトルも2回取得しています エルセラーデカンロカ ジローナで。

世界のベストレストラン50のリストに加えて、2つの有名な地域のリストがあります アジアのベストレストラン50ラテンアメリカのベストレストラン50.

ハッシュタグに続くすべてのニュースとアップデートをお楽しみに #Worlds50Best#fdlinsider.


50のベストレストラン

世界のベストレストラン50、後援 サンペレグリノ、は 料理の基準点として機能する一流で世界的に認められたレストランリスト。このリストは、1,000人を超える国際的なレストラン業界の専門家の意見と経験のスナップショットを提供し、「ユニークな料理体験の最良の目的地であり、世界的な美食のトレンドのバロメーターとして機能します」。

レストランのリストは、業界のリーダー、レストラン経営者、メディアが出席する毎年恒例のレッドカーペット授賞式で明らかにされ、切望されたタイトルの発表へのエキサイティングなカウントダウンで 世界で最高のレストラン.

この賞は2003年にロンドンで最初に開始され、2015年まで毎年開催されました。それ以来、授賞式はグローバルツアーに着手し、ニューヨーク2016、メルボルン2017、ビルバオ2018、シンガポール2019に停車します。

メインレストランのランキングに加えて、組織はまた、個人やレストランのための一連の特別賞を授与します。 ワン・トゥ・ウォッチ賞、 NS 生涯功労賞 そしてその シェフズチョイスアワード、後者は、前年のリストにあるレストランの50人のヘッドシェフからの投票に基づいています。

世界のベストレストラン50の授賞式はライブストリーミングされ、結果は、集まったシェフ、スポンサー、参加メディアに発表されるとすぐに、オンラインおよびソーシャルメディアを介して公開されます。

このイベントは世界中のシェフの緊密なコミュニティを生み出し、2019年からは ベストオブザベストグループ、または殿堂が作成されました。かつてのNo.1レストランとシェフで構成されたエリートグループは、現在は年間ランキングの対象外であり、名誉ある場所に住むことになります。

世界のベスト50リストは、1000人を超える国際的なレストラン業界の専門家の意見と経験からまとめられています。審査員は事前に決められたチェックリストに従わず、豊富な経験に基づいて何が「最良」であるかを判断するのに十分な自由を与えられます。ただし、厳格な投票プロセスがあり、結果も独立した裁定の対象となります。

その後閉店したフェランアドリアのレストラン、エルブジとコペンハーゲンのノマが最も多くの受賞者であり、リストがオープンして以来、どちらも世界のベストレストランの切望されたタイトルを2回獲得しています。ボトゥーラの オステリアフランチェスカナ、タイトルも2回取得しています エルセラーデカンロカ ジローナで。

世界のベストレストラン50のリストに加えて、2つの有名な地域のリストがあります アジアのベストレストラン50ラテンアメリカのベストレストラン50.

ハッシュタグに続くすべてのニュースとアップデートをお楽しみに #Worlds50Best#fdlinsider.


50のベストレストラン

世界のベストレストラン50、後援 サンペレグリノ、は 料理の基準点として機能する一流で世界的に認められたレストランリスト。このリストは、1,000人を超える国際的なレストラン業界の専門家の意見と経験のスナップショットを提供し、「ユニークな料理体験の最良の目的地であり、世界的な美食のトレンドのバロメーターとして機能します」。

レストランのリストは、業界のリーダー、レストラン経営者、メディアが出席する毎年恒例のレッドカーペット授賞式で明らかにされ、切望されたタイトルの発表へのエキサイティングなカウントダウンが行われます。 世界で最高のレストラン.

この賞は2003年にロンドンで最初に開始され、2015年まで毎年開催されました。それ以来、授賞式はグローバルツアーに着手し、ニューヨーク2016、メルボルン2017、ビルバオ2018、シンガポール2019に停車します。

メインレストランのランキングに加えて、組織はまた、個人やレストランのための一連の特別賞を授与します。 ワン・トゥ・ウォッチ賞、 NS 生涯功労賞 そしてその シェフズチョイスアワード、後者は、前年のリストにあるレストランの50人のヘッドシェフからの投票に基づいています。

世界のベストレストラン50の授賞式はライブストリーミングされ、結果は、集まったシェフ、スポンサー、参加メディアに発表されるとすぐに、オンラインおよびソーシャルメディアを介して公開されます。

このイベントは世界中のシェフの緊密なコミュニティを生み出し、2019年からは ベストオブザベストグループ、または殿堂が作成されました。かつてのNo.1レストランとシェフで構成されたエリートグループは、現在は年間ランキングの対象外であり、名誉ある場所に住むことになります。

世界のベスト50リストは、1000人を超える国際的なレストラン業界の専門家の意見と経験からまとめられています。審査員は事前に決められたチェックリストに従わず、豊富な経験に基づいて何が「最良」であるかを判断するのに十分な自由を与えられます。ただし、厳格な投票プロセスがあり、結果も独立した裁定の対象となります。

その後閉店したフェランアドリアのレストラン、エルブジとコペンハーゲンのノマが最も多くの受賞者であり、リストがオープンして以来、どちらも世界のベストレストランの切望されたタイトルを2回獲得しています。ボトゥーラの オステリアフランチェスカナ、タイトルも2回取得しています エルセラーデカンロカ ジローナで。

世界のベストレストラン50のリストに加えて、2つの有名な地域のリストがあります アジアのベストレストラン50ラテンアメリカのベストレストラン50.

ハッシュタグに続くすべてのニュースとアップデートをお楽しみに #Worlds50Best#fdlinsider.


50のベストレストラン

世界のベストレストラン50、後援 サンペレグリノ、は 料理の基準点として機能する一流で世界的に認められたレストランリスト。このリストは、1,000人を超える国際的なレストラン業界の専門家の意見と経験のスナップショットを提供し、「ユニークな料理体験の最良の目的地であり、世界的な美食のトレンドのバロメーターとして機能します」。

レストランのリストは、業界のリーダー、レストラン経営者、メディアが出席する毎年恒例のレッドカーペット授賞式で明らかにされ、切望されたタイトルの発表へのエキサイティングなカウントダウンが行われます。 世界で最高のレストラン.

この賞は2003年にロンドンで最初に開始され、2015年まで毎年開催されました。それ以来、授賞式はグローバルツアーに着手し、ニューヨーク2016、メルボルン2017、ビルバオ2018、シンガポール2019に停車します。

メインレストランのランキングに加えて、組織はまた、個人やレストランのための一連の特別賞を授与します。 ワン・トゥ・ウォッチ賞、 NS 生涯功労賞 そしてその シェフズチョイスアワード、後者は、前年のリストにあるレストランの50人のヘッドシェフからの投票に基づいています。

世界のベストレストラン50の授賞式はライブストリーミングされ、結果は、集まったシェフ、スポンサー、参加メディアに発表されるとすぐに、オンラインおよびソーシャルメディアを介して公開されます。

このイベントは世界中のシェフの緊密なコミュニティを生み出し、2019年からは ベストオブザベストグループ、または殿堂が作成されました。かつてのNo.1レストランとシェフで構成されたエリートグループは、現在は年間ランキングの対象外であり、名誉ある場所に住むことになります。

世界のベスト50リストは、1000人を超える国際的なレストラン業界の専門家の意見と経験からまとめられています。審査員は事前に決められたチェックリストに従わず、豊富な経験に基づいて何が「最良」であるかを判断するのに十分な自由を与えられます。ただし、厳格な投票プロセスがあり、結果も独立した裁定の対象となります。

その後閉店したフェランアドリアのレストラン、エルブジとコペンハーゲンのノマが最も多くの受賞者であり、リストがオープンして以来、どちらも世界のベストレストランの切望されたタイトルを2回獲得しています。ボトゥーラの オステリアフランチェスカナ、タイトルも2回取得しています エルセラーデカンロカ ジローナで。

世界のベストレストラン50のリストに加えて、2つの有名な地域のリストがあります アジアのベストレストラン50ラテンアメリカのベストレストラン50.

ハッシュタグに続くすべてのニュースとアップデートをお楽しみに #Worlds50Best#fdlinsider.


50のベストレストラン

世界のベストレストラン50、後援 サンペレグリノ、は 料理の基準点として機能する一流で世界的に認められたレストランリスト。このリストは、1,000人を超える国際的なレストラン業界の専門家の意見と経験のスナップショットを提供し、「ユニークな料理体験の最良の目的地であり、世界的な美食のトレンドのバロメーターとして機能します」。

レストランのリストは、業界のリーダー、レストラン経営者、メディアが出席する毎年恒例のレッドカーペット授賞式で明らかにされ、切望されたタイトルの発表へのエキサイティングなカウントダウンで 世界で最高のレストラン.

この賞は2003年にロンドンで最初に開始され、2015年まで毎年開催されました。それ以来、授賞式はグローバルツアーに着手し、ニューヨーク2016、メルボルン2017、ビルバオ2018、シンガポール2019に停車します。

メインレストランのランキングに加えて、組織はまた、個人やレストランのための一連の特別賞を授与します。 ワン・トゥ・ウォッチ賞、 NS 生涯功労賞 そしてその シェフズチョイスアワード、後者は、前年のリストにあるレストランの50人のヘッドシェフからの投票に基づいています。

世界のベストレストラン50の授賞式はライブストリーミングされ、結果は、集まったシェフ、スポンサー、参加メディアに発表されるとすぐに、オンラインおよびソーシャルメディアを介して公開されます。

このイベントは世界中のシェフの緊密なコミュニティを生み出し、2019年からは ベストオブザベストグループ、または殿堂が作成されました。かつてのNo.1レストランとシェフで構成されたエリートグループは、現在は年間ランキングの対象ではなくなり、名誉ある場所に住むことになります。

世界のベスト50リストは、1000人を超える国際的なレストラン業界の専門家の意見と経験からまとめられています。審査員は事前に決められたチェックリストに従わず、豊富な経験に基づいて何が「最良」であるかを判断するのに十分な自由を与えられます。ただし、厳格な投票プロセスがあり、結果も独立した裁定の対象となります。

その後閉店したフェランアドリアのレストラン、エルブジとコペンハーゲンのノマが最も多くの受賞者であり、リストがオープンして以来、どちらも世界のベストレストランの切望されたタイトルを2回獲得しています。ボトゥーラの オステリアフランチェスカナ, has also taken the title twice as has El Celler de Can Roca in Girona.

In addition to the World’s 50 Best Restaurant list there are two prestigious regional lists Asia’s 50 Best RestaurantsLatin America’s 50 Best Restaurants.

Stay tuned for all the news and updates following the hashtags #Worlds50Best#fdlinsider.


50 Best Restaurants

The World’s 50 Best Restaurants, sponsored by S.Pellegrino, is a prestigious and globally recognised restaurant list that serves as a culinary reference point。 The list provides a snapshot of the opinions and experiences of over 1,000 international restaurant industry experts listing the “best destinations for unique culinary experiences as well as serving as a barometer for global gastronomic trends.”

The list of restaurants is revealed during an annual red-carpet award ceremony with industry leaders, restaurateurs and media in attendance, in an exciting countdown to the announcement of the coveted title of Best Restaurant in the World.

The awards were first launched in London in 2003 where they were held each consecutive year until 2015. Since then the awards ceremony has embarked on a global tour, with stops in New York 2016, Melbourne 2017, Bilbao 2018 and Singapore 2019.

In addition to the main restaurant ranking, the organisation also awards a series of special prizes for individuals and restaurants, including the One To Watch Award、 NS Lifetime Achievement Award そしてその Chefs' Choice Award, the latter is based on votes from the fifty head chefs from the restaurants on the previous year's list.

The World’s 50 Best Restaurants Awards ceremony is live-streamed, and the results are published online and via social media as soon as they have been announced to the assembled chefs, sponsors and attending media.

The event has generated a close-knit community of chefs around the world, and from 2019, a Best of the Best group, or hall of fame, was created. An elite group made up of former No.1 restaurants and chefs who are now no longer eligible for the annual ranking and will reside in a place of honour.

The World’s 50 Best List is compiled from the opinions and experiences of over 1000 international restaurant industry experts. The judges don’t work to a pre-determined checklist and are given sufficient freedom to judge what is “best” based on their vast experience. However, there are strict voting processes and results are also subject to independent adjudication.

El Bulli, Ferran Adria’s restaurant which has since closed, and Noma in Copenhagen have been the most prolific winners, both winning the coveted title of Best Restaurant in the World twice since the list opened. Bottura’s Osteria Francescana, has also taken the title twice as has El Celler de Can Roca in Girona.

In addition to the World’s 50 Best Restaurant list there are two prestigious regional lists Asia’s 50 Best RestaurantsLatin America’s 50 Best Restaurants.

Stay tuned for all the news and updates following the hashtags #Worlds50Best#fdlinsider.


50 Best Restaurants

The World’s 50 Best Restaurants, sponsored by S.Pellegrino, is a prestigious and globally recognised restaurant list that serves as a culinary reference point。 The list provides a snapshot of the opinions and experiences of over 1,000 international restaurant industry experts listing the “best destinations for unique culinary experiences as well as serving as a barometer for global gastronomic trends.”

The list of restaurants is revealed during an annual red-carpet award ceremony with industry leaders, restaurateurs and media in attendance, in an exciting countdown to the announcement of the coveted title of Best Restaurant in the World.

The awards were first launched in London in 2003 where they were held each consecutive year until 2015. Since then the awards ceremony has embarked on a global tour, with stops in New York 2016, Melbourne 2017, Bilbao 2018 and Singapore 2019.

In addition to the main restaurant ranking, the organisation also awards a series of special prizes for individuals and restaurants, including the One To Watch Award、 NS Lifetime Achievement Award そしてその Chefs' Choice Award, the latter is based on votes from the fifty head chefs from the restaurants on the previous year's list.

The World’s 50 Best Restaurants Awards ceremony is live-streamed, and the results are published online and via social media as soon as they have been announced to the assembled chefs, sponsors and attending media.

The event has generated a close-knit community of chefs around the world, and from 2019, a Best of the Best group, or hall of fame, was created. An elite group made up of former No.1 restaurants and chefs who are now no longer eligible for the annual ranking and will reside in a place of honour.

The World’s 50 Best List is compiled from the opinions and experiences of over 1000 international restaurant industry experts. The judges don’t work to a pre-determined checklist and are given sufficient freedom to judge what is “best” based on their vast experience. However, there are strict voting processes and results are also subject to independent adjudication.

El Bulli, Ferran Adria’s restaurant which has since closed, and Noma in Copenhagen have been the most prolific winners, both winning the coveted title of Best Restaurant in the World twice since the list opened. Bottura’s Osteria Francescana, has also taken the title twice as has El Celler de Can Roca in Girona.

In addition to the World’s 50 Best Restaurant list there are two prestigious regional lists Asia’s 50 Best RestaurantsLatin America’s 50 Best Restaurants.

Stay tuned for all the news and updates following the hashtags #Worlds50Best#fdlinsider.


50 Best Restaurants

The World’s 50 Best Restaurants, sponsored by S.Pellegrino, is a prestigious and globally recognised restaurant list that serves as a culinary reference point。 The list provides a snapshot of the opinions and experiences of over 1,000 international restaurant industry experts listing the “best destinations for unique culinary experiences as well as serving as a barometer for global gastronomic trends.”

The list of restaurants is revealed during an annual red-carpet award ceremony with industry leaders, restaurateurs and media in attendance, in an exciting countdown to the announcement of the coveted title of Best Restaurant in the World.

The awards were first launched in London in 2003 where they were held each consecutive year until 2015. Since then the awards ceremony has embarked on a global tour, with stops in New York 2016, Melbourne 2017, Bilbao 2018 and Singapore 2019.

In addition to the main restaurant ranking, the organisation also awards a series of special prizes for individuals and restaurants, including the One To Watch Award、 NS Lifetime Achievement Award そしてその Chefs' Choice Award, the latter is based on votes from the fifty head chefs from the restaurants on the previous year's list.

The World’s 50 Best Restaurants Awards ceremony is live-streamed, and the results are published online and via social media as soon as they have been announced to the assembled chefs, sponsors and attending media.

The event has generated a close-knit community of chefs around the world, and from 2019, a Best of the Best group, or hall of fame, was created. An elite group made up of former No.1 restaurants and chefs who are now no longer eligible for the annual ranking and will reside in a place of honour.

The World’s 50 Best List is compiled from the opinions and experiences of over 1000 international restaurant industry experts. The judges don’t work to a pre-determined checklist and are given sufficient freedom to judge what is “best” based on their vast experience. However, there are strict voting processes and results are also subject to independent adjudication.

El Bulli, Ferran Adria’s restaurant which has since closed, and Noma in Copenhagen have been the most prolific winners, both winning the coveted title of Best Restaurant in the World twice since the list opened. Bottura’s Osteria Francescana, has also taken the title twice as has El Celler de Can Roca in Girona.

In addition to the World’s 50 Best Restaurant list there are two prestigious regional lists Asia’s 50 Best RestaurantsLatin America’s 50 Best Restaurants.

Stay tuned for all the news and updates following the hashtags #Worlds50Best#fdlinsider.


50 Best Restaurants

The World’s 50 Best Restaurants, sponsored by S.Pellegrino, is a prestigious and globally recognised restaurant list that serves as a culinary reference point。 The list provides a snapshot of the opinions and experiences of over 1,000 international restaurant industry experts listing the “best destinations for unique culinary experiences as well as serving as a barometer for global gastronomic trends.”

The list of restaurants is revealed during an annual red-carpet award ceremony with industry leaders, restaurateurs and media in attendance, in an exciting countdown to the announcement of the coveted title of Best Restaurant in the World.

The awards were first launched in London in 2003 where they were held each consecutive year until 2015. Since then the awards ceremony has embarked on a global tour, with stops in New York 2016, Melbourne 2017, Bilbao 2018 and Singapore 2019.

In addition to the main restaurant ranking, the organisation also awards a series of special prizes for individuals and restaurants, including the One To Watch Award、 NS Lifetime Achievement Award そしてその Chefs' Choice Award, the latter is based on votes from the fifty head chefs from the restaurants on the previous year's list.

The World’s 50 Best Restaurants Awards ceremony is live-streamed, and the results are published online and via social media as soon as they have been announced to the assembled chefs, sponsors and attending media.

The event has generated a close-knit community of chefs around the world, and from 2019, a Best of the Best group, or hall of fame, was created. An elite group made up of former No.1 restaurants and chefs who are now no longer eligible for the annual ranking and will reside in a place of honour.

The World’s 50 Best List is compiled from the opinions and experiences of over 1000 international restaurant industry experts. The judges don’t work to a pre-determined checklist and are given sufficient freedom to judge what is “best” based on their vast experience. However, there are strict voting processes and results are also subject to independent adjudication.

El Bulli, Ferran Adria’s restaurant which has since closed, and Noma in Copenhagen have been the most prolific winners, both winning the coveted title of Best Restaurant in the World twice since the list opened. Bottura’s Osteria Francescana, has also taken the title twice as has El Celler de Can Roca in Girona.

In addition to the World’s 50 Best Restaurant list there are two prestigious regional lists Asia’s 50 Best RestaurantsLatin America’s 50 Best Restaurants.

Stay tuned for all the news and updates following the hashtags #Worlds50Best#fdlinsider.


50 Best Restaurants

The World’s 50 Best Restaurants, sponsored by S.Pellegrino, is a prestigious and globally recognised restaurant list that serves as a culinary reference point。 The list provides a snapshot of the opinions and experiences of over 1,000 international restaurant industry experts listing the “best destinations for unique culinary experiences as well as serving as a barometer for global gastronomic trends.”

The list of restaurants is revealed during an annual red-carpet award ceremony with industry leaders, restaurateurs and media in attendance, in an exciting countdown to the announcement of the coveted title of Best Restaurant in the World.

The awards were first launched in London in 2003 where they were held each consecutive year until 2015. Since then the awards ceremony has embarked on a global tour, with stops in New York 2016, Melbourne 2017, Bilbao 2018 and Singapore 2019.

In addition to the main restaurant ranking, the organisation also awards a series of special prizes for individuals and restaurants, including the One To Watch Award、 NS Lifetime Achievement Award そしてその Chefs' Choice Award, the latter is based on votes from the fifty head chefs from the restaurants on the previous year's list.

The World’s 50 Best Restaurants Awards ceremony is live-streamed, and the results are published online and via social media as soon as they have been announced to the assembled chefs, sponsors and attending media.

The event has generated a close-knit community of chefs around the world, and from 2019, a Best of the Best group, or hall of fame, was created. An elite group made up of former No.1 restaurants and chefs who are now no longer eligible for the annual ranking and will reside in a place of honour.

The World’s 50 Best List is compiled from the opinions and experiences of over 1000 international restaurant industry experts. The judges don’t work to a pre-determined checklist and are given sufficient freedom to judge what is “best” based on their vast experience. However, there are strict voting processes and results are also subject to independent adjudication.

El Bulli, Ferran Adria’s restaurant which has since closed, and Noma in Copenhagen have been the most prolific winners, both winning the coveted title of Best Restaurant in the World twice since the list opened. Bottura’s Osteria Francescana, has also taken the title twice as has El Celler de Can Roca in Girona.

In addition to the World’s 50 Best Restaurant list there are two prestigious regional lists Asia’s 50 Best RestaurantsLatin America’s 50 Best Restaurants.

Stay tuned for all the news and updates following the hashtags #Worlds50Best#fdlinsider.


ビデオを見る: オーストラリアの暮らしシティへ買い物購入品紹介作業海辺のピクニックなど私の普段の数日を撮ってみました (かもしれません 2022).