カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

1人の医師がティラピアを食べるのをやめた14の理由とさらに2つの質問すべての種類の魚

1人の医師がティラピアを食べるのをやめた14の理由とさらに2つの質問すべての種類の魚


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

シーフードの世界では何か怪しいことが起こっていますが、それをどのように処理するかはよくわかりません。マグロの缶詰のように一見単純そうに見える食品の健康への懸念が提起されている人もいれば、これを改善するために最善を尽くしている人もいます。 シーフード産業に純粋さを取り戻す。マグロ、サーモン、ティラピアのいずれであっても、食品業界全体が一歩後退し、魚の飼育、加工、提供の方法を再評価することが重要です。

医師がティラピアや他の魚を食べるのをやめた14の理由を見るにはここをクリックしてください。

特に寿司業界では、 誤ったラベル付けの問題 過去数年にわたり。 Oceanaの調査によると、2012年には、ニューヨーク市の寿司レストランの約58%が適切にラベル付けされていない魚を販売しており、最悪の原因は真鯛を含むことを宣伝するロールと大皿でした。真鯛と表示された魚の種類は最大13種類あり、実際にはまったく異なる種でした。さらに、同じ年に販売された白マグロの約94%は、まったく白マグロではありませんでした。この「白いマグロ」は実際にはアブラソコムツで、下剤効果のあるクロタチカマスの一種でした。

しかし、この問題を解決するための努力がなされており、より古典的な訓練を受けた寿司職人を指定された場所に設置する計画が進行中です。 日本級の寿司屋 ここアメリカと世界中の他の場所で。寿司の問題は、この国のシーフード消費に影響を与える問題の1つにすぎません。誤ったラベル付け、大ざっぱな調達、および一部の魚が体に及ぼす可能性のある悪影響(下剤効果にさえ近いものを持っている魚を食べたくない)に加えて、すべてが透明なラベル付けに対する現在のアメリカの欲求に完全に反対しています。調達、および食品の純度。

マイケル・S・フェンスター博士、MD、FACC、FSCA&I、PEMBA、モンタナ大学保健専門学校および生物医学科学部の教員は、シーフード、寿司などの消費に関して強い信念を持っています。具体的には、彼は今日アメリカで最も広く利用可能な種類のシーフードの1つであるティラピアと一緒に選ぶ魚の骨をいくつか持っています。

「健康の専門家は絶えず私たちを怒らせています もっと魚を食べるフェンスター博士は次のように述べています。「魚やシーフードが重要な役割を果たす文化で観察された健康上の利点は否定できません。どんな味覚にも合う味と食感の海が文字通りあるという事実は、どんな議論の論理、またはどんな抵抗も無駄にするように思われるでしょう。しかし、私たちが選んだ種類、性格、品質に関係なく、より多くの魚を消費するという使命を帯びたタテゴトアザラシのように頭上で単に棍棒を打つことは、食事の義務を怠るだけでなく、まったく危険です。私は海産、魚、時には猥褻なものを熱心に消費していますが(ユニ刺身のプレート全体を飲み込んだときに、まだ何人かの友人が猥褻になっています)、私には超えてはならない限界と線があります。砂の中の紅藻の線で、そこから水に戻します。」

そのことを念頭に置いて、ここにフェンスター博士がティラピアを食べない理由と、魚全般に関する他の2人の医師からの洞察と彼らがティラピアを食べない理由を示します。


すべての医師の受付係が知っている16の秘密

米国の15の主要都市で医師の診察を受けるまでの平均待機時間は18。5日です。ボストンでGPが必要ですか?それは(平均して)66日になるでしょう。フィラデルフィアで皮膚科医を探しているなら、49日試してみてください。

医師へのアクセスは、医療に関する厄介なことの1つにすぎませんが、すべてをナビゲートする秘訣は、あなたと一緒に待合室にある受付係です。オフィスのゲートキーパーとして、彼らはすべてのトリックを知っています。それで私たちは彼らにこぼすように頼みました。ここでは、迅速で質の高いヘルスケアをどこでも受けるためのヒントを紹介します。

1.それ 当日予約が可能です。 1日の訪問が必要な場合は、午前10時から午前11時の間に電話してください。これは、ほとんどのオフィスが午後のキャンセルについて知っている時間だからです。ニューヨークの皮膚科医DinaStrachanと協力しているAngelicaRuizは、メッセージを残さないようにアドバイスしています。 「コールバック番号を残すのを忘れたり、何を言っているのかわからなくなったりしたので、常に誰かを捕まえるようにしてください」と彼女は言います。また、外で雨や雪が降っている場合は、別の患者が悪天候に直面したくなかった可能性があります。

アリゾナ州スコッツデールの産婦人科医GinoTuteraの受付係であるJulieUllman氏は、「土壇場でのリクエストが緊急の問題によるものである場合は、受付係にそのことを明確にしてください」と付け加えます。そして、1つのルールが他のすべてを支配します:柔軟であること。オフィスがあなたを押し込むことができるなら、彼らがあなたに与えることができるどんな時間でも取ってください。

2.看護師を信頼します。 あなたが考えるのは、医者だけが答えることができる質問であり、実際には看護師が扱う資格があるものかもしれません。しかし、オレゴン州ポートランドのストライドストロングフィジカルセラピーの受付係であるリサオグルツリーは、「もっと複雑なことがあれば、看護師が電話を医者の手に渡してくれる」と安心してください。

3.早朝または昼食直後の予定を立てます。 ドキュメントが時間どおりに作成される可能性が最も高いのはそのときなので、待つ時間が少なくなります。これらのスロットがスケジュールに合わない場合は、水曜日の予約をしてください。それはほとんどのオフィスで最も遅い日です。

4.期限を設定します。 忙しいオフィスタイムを避けられない場合は、電話をかけるときに受付係に、特定の時間までに出発する必要があることを伝えてください。 「手続きや年に一度の訪問の隣であなたを予約しないことを知っています。それはもっと時間がかかります」とOgletreeは言います。

5.春の終わりまたは夏の年次健康診断を保存します。 5月から8月まで、ほとんどの人は比較的健康で休暇中なので、あらゆる種類の診療所は静かです。 9月も新学期なのでいいです。

6。12月は近づかないでください。 風邪やインフルエンザの季節は冬を最も忙しい時期にし、12月は特にナッツです。 「人々は、年末までに保険給付や柔軟な支出勘定を使い果たしたいと考えています」と、シンシナティのTotalDentistryのオペレーションディレクターであるRobinOmeltschenko氏は説明します。

7.電話して確認します。 深夜の予約がある場合は、1時間前にオフィスに電話して、医師が予定どおりかどうかを確認してください。そうでない場合は、いつ現れるか尋ねてください。

8.事前に書類を要求します。 新規の患者で、予約の10〜15分前に到着できない場合は、事前に必要なフォームを送信するようにオフィスに依頼してください。 (一部のオフィスでは、オンラインまたは電子メールで利用できるようにしています。)

9.すべてを再確認します。 遅延や帰国を余儀なくされるような混乱を避けるために、予約の前日にオフィスに確認して、必要なラボとテストの結果がすべて揃っていることを確認してください。保険会社に連絡して、補償範囲と自己負担を再確認してください。そしてもちろん、保険証と身分証明書を忘れないでください。

10.質問することで、オフィスを完全に回避できます。 受付係これ: 医師は電子メールやテキストメッセージを受信することを受け入れていますか?医師は、患者との緊急でない電話での会話のためにいつでも取っておきますか?もしそうなら、あなたは入っています!

11.自分の予定を予約します。 ZocDoc.comは、受付係を時代遅れにする可能性があります。無料のオンラインデータベースを都市や専門分野で検索して、評価と可用性を見つけてください。医師の性別、訪問の理由、および受け入れられた保険によって検索を絞り込みます。次に、数回クリックするだけで予約できます。簡単なことではありませんが、コンピュータに甘い話をする方法もありません。

12.あなたの日を賢く選んでください。 ほとんどのオフィスで最も忙しい月曜日と金曜日の予約は避けてください。

13.病気の長いリストを持って来ないでください。 カリフォルニア州ビバリーヒルズにあるランドルフシュニットマン医師の受付係であるレイチェルウィルコックス氏は、一部の受付係は、患者の苦情を「医師に尋ねるために貯蓄してきたすべてのもののバケットリスト」と呼んでいます。小さな病気が1つでもそれほど重要ではないように思われるか、訪問にお金を払いたくないため、患者は医師の診察を待つことがあります。実際には、話し合うことが多すぎると到着すると、予定が損なわれます。 「10種類のアイテムがある場合、医師はそれぞれに集中するのに十分な時間がありません」とWilcox氏は言います。各訪問を2つの問題に制限するようにしてください。

14.遅れないでください。 遅刻した患者や準備ができていない患者が、医師が遅れをとる主な理由です。ニューヨークの形成外科医であるマシュー・シュルマンの受付係であるレイチェル・マッツァは、次のように述べています。とは言うものの、受付係は物事が起こることを理解しており、あなたができる最善のことは連絡を取ることだと言っています。 「キャンセルする場合でも遅れる場合でも、電話は大いに役立ちますので、事前に改造することができます」とルイス氏は言います。遅刻を絶対に避けられない場合は、後の予約のためにあなたの後に到着した患者が時間どおりに到着する可能性が高いことを知っておいてください。

15.ドアであなたの態度を確認してください。 多くの患者に欠けていることが1つあるとすれば、それはまあ、忍耐です。受付係はあなたが忙しくて待ちたくないことを知っています、しかし彼らはあなたがあなた自身に不満を保つことを感謝します。 「私たちは笑顔でサービスを提供するために最善を尽くします、そして患者が失礼であるとき、それは私たちの仕事を難しくします」とルイスは言います。ウィルコックス氏は次のように述べています。「患者が遅れてもかまいませんが、患者が強引になり、すぐに診察を受けたいと思うと、本当に気になります。」

16.慢性的に遅れている場合は、医者を捨てます。
医師があなたに会う準備ができるまで、常に数分待たなければならない可能性があります。しかし、訪問するたびに発生する場合は、他の場所を探すことをお勧めします。 「早く入って、まだ30分か1時間待っているのなら、私はいくつか質問をし始めます」とウィルコックスは言います。


すべての医師の受付係が知っている16の秘密

米国の15の主要都市で医師の診察を受けるまでの平均待機時間は18。5日です。ボストンでGPが必要ですか?それは(平均して)66日になるでしょう。フィラデルフィアで皮膚科医を探しているなら、49日試してみてください。

医師へのアクセスは、医療に関する厄介なことの1つにすぎませんが、すべてをナビゲートする秘訣は、あなたと一緒に待合室にある受付係です。オフィスのゲートキーパーとして、彼らはすべてのトリックを知っています。それで私たちは彼らにこぼすように頼みました。ここでは、迅速で質の高いヘルスケアをどこでも受けるためのヒントを紹介します。

1.それ 当日予約が可能です。 1日の訪問が必要な場合は、午前10時から午前11時の間に電話してください。これは、ほとんどのオフィスが午後のキャンセルについて知っている時間だからです。ニューヨークの皮膚科医DinaStrachanと協力しているAngelicaRuizは、メッセージを残さないようにアドバイスしています。 「コールバック番号を残すのを忘れたり、何を言っているのかわからなくなったりしたので、常に誰かを捕まえるようにしてください」と彼女は言います。また、外で雨や雪が降っている場合は、別の患者が悪天候に直面したくなかった可能性があります。

アリゾナ州スコッツデールの産婦人科医GinoTuteraの受付係であるJulieUllman氏は、「土壇場でのリクエストが緊急の問題によるものである場合は、受付係にそのことを明確にしてください」と付け加えます。そして、1つのルールが他のすべてを支配します:柔軟であること。オフィスがあなたを押し込むことができるなら、彼らがあなたに与えることができるどんな時間でも取ってください。

2.看護師を信頼します。 あなたが考えるのは、医者だけが答えることができる質問であり、実際には看護師が扱う資格があるものかもしれません。しかし、オレゴン州ポートランドのストライドストロングフィジカルセラピーの受付係であるリサオグルツリーは、「もっと複雑なことがあれば、看護師が電話を医者の手に渡してくれる」と安心してください。

3.早朝または昼食直後の予定を立てます。 ドキュメントが時間どおりに作成される可能性が最も高いのはそのときなので、待つ時間が少なくなります。これらのスロットがスケジュールに合わない場合は、水曜日の予約をしてください。それはほとんどのオフィスで最も遅い日です。

4.期限を設定します。 忙しいオフィスタイムを避けられない場合は、電話をかけるときに受付係に、特定の時間までに出発する必要があることを伝えてください。 「手続きや年に一度の訪問の隣であなたを予約しないことを知っています。それはもっと時間がかかります」とOgletreeは言います。

5.春の終わりまたは夏の年次健康診断を保存します。 5月から8月まで、ほとんどの人は比較的健康で休暇中なので、あらゆる種類の診療所は静かです。 9月も新学期なのでいいです。

6。12月は近づかないでください。 風邪やインフルエンザの季節は冬を最も忙しい時期にし、12月は特にナッツです。 「人々は、年末までに保険給付や柔軟な支出勘定を使い果たしたいと考えています」と、シンシナティのTotalDentistryのオペレーションディレクターであるRobinOmeltschenko氏は説明します。

7.電話して確認します。 深夜の予約がある場合は、1時間前にオフィスに電話して、医師が予定どおりかどうかを確認してください。そうでない場合は、いつ現れるか尋ねてください。

8.事前に書類を要求します。 新規の患者で、予約の10〜15分前に到着できない場合は、事前に必要なフォームを送信するようにオフィスに依頼してください。 (一部のオフィスでは、オンラインまたは電子メールで利用できるようにしています。)

9.すべてを再確認します。 遅延や帰国を余儀なくされるような混乱を避けるために、予約の前日にオフィスに確認して、必要なラボとテストの結果がすべて揃っていることを確認してください。保険会社に連絡して、補償範囲と自己負担を再確認してください。そしてもちろん、保険証と身分証明書を忘れないでください。

10.質問することで、オフィスを完全に回避できます。 受付係これ: 医師は電子メールやテキストメッセージを受信することを受け入れていますか?医師は、患者との緊急でない電話での会話のためにいつでも取っておきますか?もしそうなら、あなたは入っています!

11.自分の予定を予約します。 ZocDoc.comは、受付係を時代遅れにする可能性があります。無料のオンラインデータベースを都市や専門分野で検索して、評価と可用性を見つけてください。医師の性別、訪問の理由、および受け入れられた保険によって検索を絞り込みます。次に、数回クリックするだけで予約できます。簡単なことではありませんが、コンピュータに甘い話をする方法もありません。

12.あなたの日を賢く選んでください。 ほとんどのオフィスで最も忙しい月曜日と金曜日の予約は避けてください。

13.病気の長いリストを持って来ないでください。 カリフォルニア州ビバリーヒルズにあるランドルフシュニットマン医師の受付係であるレイチェルウィルコックス氏は、一部の受付係は、患者の苦情を「医師に尋ねるために貯蓄してきたすべてのもののバケットリスト」と呼んでいます。小さな病気が1つでもそれほど重要ではないように思われるか、訪問にお金を払いたくないため、患者は医師の診察を待つことがあります。実際には、話し合うことが多すぎると到着すると、予定が損なわれます。 「10種類のアイテムがある場合、医師はそれぞれに集中するのに十分な時間がありません」とWilcox氏は言います。各訪問を2つの問題に制限するようにしてください。

14.遅れないでください。 遅刻した患者や準備ができていない患者が、医師が遅れをとる主な理由です。ニューヨークの形成外科医であるマシュー・シュルマンの受付係であるレイチェル・マッツァは、次のように述べています。とは言うものの、受付係は物事が起こることを理解しており、あなたができる最善のことは連絡を取ることだと言っています。 「キャンセルする場合でも遅れる場合でも、電話は大いに役立ちますので、事前に改造することができます」とルイス氏は言います。遅刻を絶対に避けられない場合は、後の予約のためにあなたの後に到着した患者が時間どおりに到着する可能性が高いことを知っておいてください。

15.ドアであなたの態度を確認してください。 多くの患者に欠けていることが1つあるとすれば、それはまあ、忍耐です。受付係はあなたが忙しくて待ちたくないことを知っています、しかし彼らはあなたがあなた自身に不満を保つことを感謝します。 「私たちは笑顔でサービスを提供するために最善を尽くします、そして患者が失礼であるとき、それは私たちの仕事を難しくします」とルイスは言います。ウィルコックス氏は次のように述べています。「患者が遅れてもかまいませんが、患者が強引になり、すぐに診察を受けたいと思うと、本当に気になります。」

16.慢性的に遅れている場合は、医者を捨てます。
医師があなたに会う準備ができるまで、常に数分待たなければならない可能性があります。しかし、訪問するたびに発生する場合は、他の場所を探すことをお勧めします。 「早く入って、まだ30分か1時間待っているのなら、私はいくつか質問をし始めます」とウィルコックスは言います。


すべての医師の受付係が知っている16の秘密

米国の15の主要都市で医師の診察を受けるまでの平均待機時間は18。5日です。ボストンでGPが必要ですか?それは(平均して)66日になるでしょう。フィラデルフィアで皮膚科医を探しているなら、49日試してみてください。

医師へのアクセスは、医療に関する厄介なことの1つにすぎませんが、すべてをナビゲートする秘訣は、あなたと一緒に待合室にある受付係です。オフィスのゲートキーパーとして、彼らはすべてのトリックを知っています。それで私たちは彼らにこぼすように頼みました。ここでは、迅速で質の高いヘルスケアをどこでも受けるためのヒントを紹介します。

1.それ 当日予約が可能です。 1日の訪問が必要な場合は、午前10時から午前11時の間に電話してください。これは、ほとんどのオフィスが午後のキャンセルについて知っている時間だからです。ニューヨークの皮膚科医DinaStrachanと協力しているAngelicaRuizは、メッセージを残さないようにアドバイスしています。 「コールバック番号を残すのを忘れたり、何を言っているのかわからなくなったりしたので、常に誰かを捕まえるようにしてください」と彼女は言います。また、外で雨や雪が降っている場合は、別の患者が悪天候に直面したくなかった可能性があります。

アリゾナ州スコッツデールの産婦人科医GinoTuteraの受付係であるJulieUllman氏は、「土壇場でのリクエストが緊急の問題によるものである場合は、受付係にそのことを明確にしてください」と付け加えます。そして、1つのルールが他のすべてを支配します:柔軟であること。オフィスがあなたを押し込むことができるなら、彼らがあなたに与えることができるどんな時間でも取ってください。

2.看護師を信頼します。 あなたが考えるのは、医者だけが答えることができる質問であり、実際には看護師が扱う資格があるものかもしれません。しかし、オレゴン州ポートランドのストライドストロングフィジカルセラピーの受付係であるリサオグルツリーは、「もっと複雑なことがあれば、看護師が電話を医者の手に渡してくれる」と安心してください。

3.早朝または昼食直後の予定を立てます。 ドキュメントが時間どおりに作成される可能性が最も高いのはそのときなので、待つ時間が少なくなります。これらのスロットがスケジュールに合わない場合は、水曜日の予約をしてください。それはほとんどのオフィスで最も遅い日です。

4.期限を設定します。 忙しいオフィスタイムを避けられない場合は、電話をかけるときに受付係に、特定の時間までに出発する必要があることを伝えてください。 「手続きや年に一度の訪問の隣であなたを予約しないことを知っています。それはもっと時間がかかります」とOgletreeは言います。

5.春の終わりまたは夏の年次健康診断を保存します。 5月から8月まで、ほとんどの人は比較的健康で休暇中なので、あらゆる種類の診療所は静かです。 9月も新学期なのでいいです。

6。12月は近づかないでください。 風邪やインフルエンザの季節は冬を最も忙しい時期にし、12月は特にナッツです。 「人々は、年末までに保険給付や柔軟な支出勘定を使い果たしたいと考えています」と、シンシナティのTotalDentistryのオペレーションディレクターであるRobinOmeltschenko氏は説明します。

7.電話して確認します。 深夜の予約がある場合は、1時間前にオフィスに電話して、医師が予定どおりかどうかを確認してください。そうでない場合は、いつ現れるか尋ねてください。

8.事前に書類を要求します。 新規の患者で、予約の10〜15分前に到着できない場合は、事前に必要なフォームを送信するようにオフィスに依頼してください。 (一部のオフィスでは、オンラインまたは電子メールで利用できるようにしています。)

9.すべてを再確認します。 遅延や帰国を余儀なくされるような混乱を避けるために、予約の前日にオフィスに確認して、必要なラボとテストの結果がすべて揃っていることを確認してください。保険会社に連絡して、補償範囲と自己負担を再確認してください。そしてもちろん、保険証と身分証明書を忘れないでください。

10.質問することで、オフィスを完全に回避できます。 受付係これ: 医師は電子メールやテキストメッセージを受信することを受け入れていますか?医師は、患者との緊急でない電話での会話のためにいつでも取っておきますか?もしそうなら、あなたは入っています!

11.自分の予定を予約します。 ZocDoc.comは、受付係を時代遅れにする可能性があります。無料のオンラインデータベースを都市や専門分野で検索して、評価と可用性を見つけてください。医師の性別、訪問の理由、および受け入れられた保険によって検索を絞り込みます。次に、数回クリックするだけで予約できます。簡単なことではありませんが、コンピュータに甘い話をする方法もありません。

12.あなたの日を賢く選んでください。 ほとんどのオフィスで最も忙しい月曜日と金曜日の予約は避けてください。

13.病気の長いリストを持って来ないでください。 カリフォルニア州ビバリーヒルズにあるランドルフシュニットマン医師の受付係であるレイチェルウィルコックス氏は、一部の受付係は、患者の苦情を「医師に尋ねるために貯蓄してきたすべてのもののバケットリスト」と呼んでいます。小さな病気が1つでもそれほど重要ではないように思われるか、訪問にお金を払いたくないため、患者は医師の診察を待つことがあります。実際には、話し合うことが多すぎると到着すると、予定が損なわれます。 「10種類のアイテムがある場合、医師はそれぞれに集中するのに十分な時間がありません」とWilcox氏は言います。各訪問を2つの問題に制限するようにしてください。

14.遅れないでください。 遅刻した患者や準備ができていない患者が、医師が遅れをとる主な理由です。ニューヨークの形成外科医であるマシュー・シュルマンの受付係であるレイチェル・マッツァは、次のように述べています。とは言うものの、受付係は物事が起こることを理解しており、あなたができる最善のことは連絡を取ることだと言っています。 「キャンセルする場合でも遅れる場合でも、電話は大いに役立ちますので、事前に改造することができます」とルイス氏は言います。遅刻を絶対に避けられない場合は、後の予約のためにあなたの後に到着した患者が時間どおりに到着する可能性が高いことを知っておいてください。

15.ドアであなたの態度を確認してください。 多くの患者に欠けていることが1つあるとすれば、それはまあ、忍耐です。受付係はあなたが忙しくて待ちたくないことを知っています、しかし彼らはあなたがあなた自身に不満を保つことを感謝します。 「私たちは笑顔でサービスを提供するために最善を尽くします、そして患者が失礼であるとき、それは私たちの仕事を難しくします」とルイスは言います。ウィルコックス氏は次のように述べています。「患者が遅れてもかまいませんが、患者が強引になり、すぐに診察を受けたいと思うと、本当に気になります。」

16.慢性的に遅れている場合は、医者を捨てます。
医師があなたに会う準備ができるまで、常に数分待たなければならない可能性があります。しかし、訪問するたびに発生する場合は、他の場所を探すことをお勧めします。 「早く入って、まだ30分か1時間待っているのなら、私はいくつか質問をし始めます」とウィルコックスは言います。


すべての医師の受付係が知っている16の秘密

米国の15の主要都市で医師の診察を受けるまでの平均待機時間は18。5日です。ボストンでGPが必要ですか?それは(平均して)66日になるでしょう。フィラデルフィアで皮膚科医を探しているなら、49日試してみてください。

医師へのアクセスは、医療に関する厄介なことの1つにすぎませんが、すべてをナビゲートする秘訣は、あなたと一緒に待合室にある受付係です。オフィスのゲートキーパーとして、彼らはすべてのトリックを知っています。それで私たちは彼らにこぼすように頼みました。ここでは、迅速で質の高いヘルスケアをどこでも受けるためのヒントを紹介します。

1.それ 当日予約が可能です。 1日の訪問が必要な場合は、午前10時から午前11時の間に電話してください。これは、ほとんどのオフィスが午後のキャンセルについて知っている時間だからです。ニューヨークの皮膚科医DinaStrachanと協力しているAngelicaRuizは、メッセージを残さないようにアドバイスしています。 「コールバック番号を残すのを忘れたり、何を言っているのかわからなくなったりしたので、常に誰かを捕まえるようにしてください」と彼女は言います。また、外で雨や雪が降っている場合は、別の患者が悪天候に直面したくなかった可能性があります。

アリゾナ州スコッツデールの産婦人科医GinoTuteraの受付係であるJulieUllman氏は、「土壇場でのリクエストが緊急の問題によるものである場合は、受付係にそのことを明確にしてください」と付け加えます。そして、1つのルールが他のすべてを支配します:柔軟であること。オフィスがあなたを押し込むことができるなら、彼らがあなたに与えることができるどんな時間でも取ってください。

2.看護師を信頼します。 あなたが考えるのは、医者だけが答えることができる質問であり、実際には看護師が扱う資格があるものかもしれません。しかし、オレゴン州ポートランドのストライドストロングフィジカルセラピーの受付係であるリサオグルツリーは、「もっと複雑なことがあれば、看護師が電話を医者の手に渡してくれる」と安心してください。

3.早朝または昼食直後の予定を立てます。 ドキュメントが時間どおりに作成される可能性が最も高いのはそのときなので、待つ時間が少なくなります。これらのスロットがスケジュールに合わない場合は、水曜日の予約をしてください。それはほとんどのオフィスで最も遅い日です。

4.期限を設定します。 忙しいオフィスタイムを避けられない場合は、電話をかけるときに受付係に、特定の時間までに出発する必要があることを伝えてください。 「手続きや年に一度の訪問の隣であなたを予約しないことを知っています。それはもっと時間がかかります」とOgletreeは言います。

5.春の終わりまたは夏の年次健康診断を保存します。 5月から8月まで、ほとんどの人は比較的健康で休暇中なので、あらゆる種類の診療所は静かです。 9月も新学期なのでいいです。

6。12月は近づかないでください。 風邪やインフルエンザの季節は冬を最も忙しい時期にし、12月は特にナッツです。 「人々は、年末までに保険給付や柔軟な支出勘定を使い果たしたいと考えています」と、シンシナティのTotalDentistryのオペレーションディレクターであるRobinOmeltschenko氏は説明します。

7.電話して確認します。 深夜の予約がある場合は、1時間前にオフィスに電話して、医師が予定どおりかどうかを確認してください。そうでない場合は、いつ現れるか尋ねてください。

8.事前に書類を要求します。 新規の患者で、予約の10〜15分前に到着できない場合は、事前に必要なフォームを送信するようにオフィスに依頼してください。 (一部のオフィスでは、オンラインまたは電子メールで利用できるようにしています。)

9.すべてを再確認します。 遅延や帰国を余儀なくされるような混乱を避けるために、予約の前日にオフィスに確認して、必要なラボとテストの結果がすべて揃っていることを確認してください。保険会社に連絡して、補償範囲と自己負担を再確認してください。そしてもちろん、保険証と身分証明書を忘れないでください。

10.質問することで、オフィスを完全に回避できます。 受付係これ: 医師は電子メールやテキストメッセージを受信することを受け入れていますか?医師は、患者との緊急でない電話での会話のためにいつでも取っておきますか?もしそうなら、あなたは入っています!

11.自分の予定を予約します。 ZocDoc.comは、受付係を時代遅れにする可能性があります。無料のオンラインデータベースを都市や専門分野で検索して、評価と可用性を見つけてください。医師の性別、訪問の理由、および受け入れられた保険によって検索を絞り込みます。次に、数回クリックするだけで予約できます。簡単なことではありませんが、コンピュータに甘い話をする方法もありません。

12.あなたの日を賢く選んでください。 ほとんどのオフィスで最も忙しい月曜日と金曜日の予約は避けてください。

13.病気の長いリストを持って来ないでください。 カリフォルニア州ビバリーヒルズにあるランドルフシュニットマン医師の受付係であるレイチェルウィルコックス氏は、一部の受付係は、患者の苦情を「医師に尋ねるために貯蓄してきたすべてのもののバケットリスト」と呼んでいます。小さな病気が1つでもそれほど重要ではないように思われるか、訪問にお金を払いたくないため、患者は医師の診察を待つことがあります。実際には、話し合うことが多すぎると到着すると、予定が損なわれます。 「10種類のアイテムがある場合、医師はそれぞれに集中するのに十分な時間がありません」とWilcox氏は言います。各訪問を2つの問題に制限するようにしてください。

14.遅れないでください。 遅刻した患者や準備ができていない患者が、医師が遅れをとる主な理由です。ニューヨークの形成外科医であるマシュー・シュルマンの受付係であるレイチェル・マッツァは、次のように述べています。とは言うものの、受付係は物事が起こることを理解しており、あなたができる最善のことは連絡を取ることだと言っています。 「キャンセルする場合でも遅れる場合でも、電話は大いに役立ちますので、事前に改造することができます」とルイス氏は言います。遅刻を絶対に避けられない場合は、後の予約のためにあなたの後に到着した患者が時間どおりに到着する可能性が高いことを知っておいてください。

15.ドアであなたの態度を確認してください。 多くの患者に欠けていることが1つあるとすれば、それはまあ、忍耐です。受付係はあなたが忙しくて待ちたくないことを知っています、しかし彼らはあなたがあなた自身に不満を保つことを感謝します。 「私たちは笑顔でサービスを提供するために最善を尽くします、そして患者が失礼であるとき、それは私たちの仕事を難しくします」とルイスは言います。ウィルコックス氏は次のように述べています。「患者が遅れてもかまいませんが、患者が強引になり、すぐに診察を受けたいと思うと、本当に気になります。」

16.慢性的に遅れている場合は、医者を捨てます。
医師があなたに会う準備ができるまで、常に数分待たなければならない可能性があります。しかし、訪問するたびに発生する場合は、他の場所を探すことをお勧めします。 「早く入って、まだ30分か1時間待っているのなら、私はいくつか質問をし始めます」とウィルコックスは言います。


すべての医師の受付係が知っている16の秘密

米国の15の主要都市で医師の診察を受けるまでの平均待機時間は18。5日です。ボストンでGPが必要ですか?それは(平均して)66日になるでしょう。フィラデルフィアで皮膚科医を探しているなら、49日試してみてください。

医師へのアクセスは、医療に関する厄介なことの1つにすぎませんが、すべてをナビゲートする秘訣は、あなたと一緒に待合室にある受付係です。オフィスのゲートキーパーとして、彼らはすべてのトリックを知っています。それで私たちは彼らにこぼすように頼みました。ここでは、迅速で質の高いヘルスケアをどこでも受けるためのヒントを紹介します。

1.それ 当日予約が可能です。 1日の訪問が必要な場合は、午前10時から午前11時の間に電話してください。これは、ほとんどのオフィスが午後のキャンセルについて知っている時間だからです。ニューヨークの皮膚科医DinaStrachanと協力しているAngelicaRuizは、メッセージを残さないようにアドバイスしています。 「コールバック番号を残すのを忘れたり、何を言っているのかわからなくなったりしたので、常に誰かを捕まえるようにしてください」と彼女は言います。また、外で雨や雪が降っている場合は、別の患者が悪天候に直面したくなかった可能性があります。

アリゾナ州スコッツデールの産婦人科医GinoTuteraの受付係であるJulieUllman氏は、「土壇場でのリクエストが緊急の問題によるものである場合は、受付係にそのことを明確にしてください」と付け加えます。そして、1つのルールが他のすべてを支配します:柔軟であること。オフィスがあなたを押し込むことができるなら、彼らがあなたに与えることができるどんな時間でも取ってください。

2.看護師を信頼します。 あなたが考えるのは、医者だけが答えることができる質問であり、実際には看護師が扱う資格があるものかもしれません。しかし、オレゴン州ポートランドのストライドストロングフィジカルセラピーの受付係であるリサオグルツリー氏は、「もっと複雑なことがあれば、看護師が電話を医者の手に渡してくれる」と安心してください。

3.早朝または昼食直後の予定を立てます。 That's when docs are most likely to be on time, so you'll wait less. If these slots don't fit your schedule, make a Wednesday appointment. That's the slowest day in most offices.

4. Give a deadline. If you can't avoid busy office times, tell the receptionist when you call that you need to leave by a certain time. "I'll know not to book you next to a procedure or an annual visit, which takes longer," says Ogletree.

5. Save your annual checkup for late spring or summer. From May through August, most people are relatively healthy and on vacation, so doctors' offices of all kinds are quieter. September is good, too, because it's back-to-school time.

6. Stay away in December. Cold and flu season makes winter the busiest time, with December being especially nuts. "People want to use up their insurance benefits or flexible spending accounts before year's end," explains Robin Omeltschenko, director of operations at Cincinnati's Total Dentistry.

7. Call to check on things. If you have a late-day appointment, call the office an hour ahead of time to see if the doctor is on schedule. If not, ask when to show up.

8. Request any paperwork ahead of time. If you're a new patient and you can't arrive 10 to 15 minutes before your appointment, ask the office to send the required forms beforehand. (Some offices also make them available online or via e-mail.)

9. Double-check everything. To avoid screwups that'll cause delays or force a return trip, check with the office the day before your appointment to be sure all necessary lab and test results are in. Call your insurance provider to double-check coverage and co-pay. And, of course, don't forget your insurance card and ID.

10. You can avoid the office entirely by asking the receptionist this: Is the doctor open to receiving e-mails and text messages? Does the doctor set aside any time for non-emergency phone conversations with patients? If so, you're in!

11. Book your own appointment. ZocDoc.com could make receptionists obsolete. Search the free online database by city and specialty to find ratings and availability. Refine your search by doctor gender, reason for visit, and accepted insurance. Then book with just a few clicks. Couldn't be easier&mdashbut there's also no way to sweet-talk the computer.

12. Choose your day wisely. Avoid appointments on Mondays and Fridays they're the busiest days in most offices.

13. Don't come with a long list of ailments. Some receptionists refer to a patient's complaints as a "bucket list of all the things they've been saving up to ask the doctor," says Rachel Wilcox, a receptionist for Randolph Schnitman, MD, in Beverly Hills, CA. Patients may wait to see the doctor because one small ailment doesn't seem that important or they don't want to pay for a visit. In reality, arriving with too many things to discuss will detract from your appointment. "If you have 10 different items, the doctor won't have enough time to focus on each one," says Wilcox. Try to limit each visit to two issues.

14. Don't be late. Tardy or unprepared patients are the main reasons doctors fall behind. "Showing up on time is hugely important because you're able to get your full consultation without being rushed," says Rachel Mazza, a receptionist for Matthew Schulman, a plastic surgeon in New York. That said, receptionists understand that stuff happens&mdashand they say the best thing you can do is get in touch. "Whether you're canceling or running late, a phone call helps a lot so we can reshuffle in advance," Ruiz says. If you absolutely can't avoid being late, know that a patient who arrives after you for a later appointment&mdashbut is on time&mdashwill likely be seen first.

15. Check your attitude at the door. If there's one thing many patients lack, it's, well, patience. Receptionists know you're busy and don't want to wait, but they'd appreciate you keeping the complaints to yourself. "We try our best to give service with a smile, and when patients are rude it makes our jobs harder," says Ruiz. As Wilcox puts it: "I don't mind if patients are late, but it really bothers me when they get pushy and want to be seen right away."

16. Ditch the doctor if he's chronically late.
Chances are good you'll always have to wait a few minutes before the doctor is ready to see you. But if it happens every single time you visit, you may want to look elsewhere. "If you get in early and you're still waiting 30 minutes or an hour to be seen, then I'd start asking some questions," Wilcox says.


16 Secrets Every Doctor's Receptionist Knows

The average wait time to see a physician in 15 major US cities is 18.5 days. Need a GP in Boston? That'll be 66 days (on average). If you're hunting for a dermatologist in Philadelphia, try 49 days.

Accessing doctors is just one of the maddening things about medical care, but the secret to navigating it all is right there in the waiting room with you: the receptionist. As the office gatekeepers, they know all the tricks. so we asked them to spill. Here, their top tips for getting prompt, quality health care&mdashanywhere.

1. It possible to get a same-day appointment. If you need a day-of visit, call between 10 and 11 AM, because that's when most offices will know about afternoon cancellations. Angelica Ruiz, who works with New York dermatologist Dina Strachan, advises against leaving a message. "I've had people forget to leave a call-back number or I can't understand what they're saying, so always try to get ahold of somebody," she says. And if it's raining or snowing outside, chances are another patient didn't want to face the bad weather, leaving an open time slot for you to snatch up.

Adds Julie Ullman, a receptionist at the Scottsdale, AZ, office of obstetrician-gynecologist Gino Tutera, "If your last-minute request is due to an urgent matter, make that clear to the receptionist." And one rule reigns over all others: Be flexible. If the office can squeeze you in, take whatever time they can give you.

2. Trust the nurses. What you think is a question only a doctor can answer may actually be something a nurse is qualified to handle. But rest assured, "if it's something more involved, the nurse will put the phone in the doctor's hands," says Lisa Ogletree, a receptionist at Stride Strong Physical Therapy in Portland, OR.

3. Schedule appointments for the early morning or right after lunch. That's when docs are most likely to be on time, so you'll wait less. If these slots don't fit your schedule, make a Wednesday appointment. That's the slowest day in most offices.

4. Give a deadline. If you can't avoid busy office times, tell the receptionist when you call that you need to leave by a certain time. "I'll know not to book you next to a procedure or an annual visit, which takes longer," says Ogletree.

5. Save your annual checkup for late spring or summer. From May through August, most people are relatively healthy and on vacation, so doctors' offices of all kinds are quieter. September is good, too, because it's back-to-school time.

6. Stay away in December. Cold and flu season makes winter the busiest time, with December being especially nuts. "People want to use up their insurance benefits or flexible spending accounts before year's end," explains Robin Omeltschenko, director of operations at Cincinnati's Total Dentistry.

7. Call to check on things. If you have a late-day appointment, call the office an hour ahead of time to see if the doctor is on schedule. If not, ask when to show up.

8. Request any paperwork ahead of time. If you're a new patient and you can't arrive 10 to 15 minutes before your appointment, ask the office to send the required forms beforehand. (Some offices also make them available online or via e-mail.)

9. Double-check everything. To avoid screwups that'll cause delays or force a return trip, check with the office the day before your appointment to be sure all necessary lab and test results are in. Call your insurance provider to double-check coverage and co-pay. And, of course, don't forget your insurance card and ID.

10. You can avoid the office entirely by asking the receptionist this: Is the doctor open to receiving e-mails and text messages? Does the doctor set aside any time for non-emergency phone conversations with patients? If so, you're in!

11. Book your own appointment. ZocDoc.com could make receptionists obsolete. Search the free online database by city and specialty to find ratings and availability. Refine your search by doctor gender, reason for visit, and accepted insurance. Then book with just a few clicks. Couldn't be easier&mdashbut there's also no way to sweet-talk the computer.

12. Choose your day wisely. Avoid appointments on Mondays and Fridays they're the busiest days in most offices.

13. Don't come with a long list of ailments. Some receptionists refer to a patient's complaints as a "bucket list of all the things they've been saving up to ask the doctor," says Rachel Wilcox, a receptionist for Randolph Schnitman, MD, in Beverly Hills, CA. Patients may wait to see the doctor because one small ailment doesn't seem that important or they don't want to pay for a visit. In reality, arriving with too many things to discuss will detract from your appointment. "If you have 10 different items, the doctor won't have enough time to focus on each one," says Wilcox. Try to limit each visit to two issues.

14. Don't be late. Tardy or unprepared patients are the main reasons doctors fall behind. "Showing up on time is hugely important because you're able to get your full consultation without being rushed," says Rachel Mazza, a receptionist for Matthew Schulman, a plastic surgeon in New York. That said, receptionists understand that stuff happens&mdashand they say the best thing you can do is get in touch. "Whether you're canceling or running late, a phone call helps a lot so we can reshuffle in advance," Ruiz says. If you absolutely can't avoid being late, know that a patient who arrives after you for a later appointment&mdashbut is on time&mdashwill likely be seen first.

15. Check your attitude at the door. If there's one thing many patients lack, it's, well, patience. Receptionists know you're busy and don't want to wait, but they'd appreciate you keeping the complaints to yourself. "We try our best to give service with a smile, and when patients are rude it makes our jobs harder," says Ruiz. As Wilcox puts it: "I don't mind if patients are late, but it really bothers me when they get pushy and want to be seen right away."

16. Ditch the doctor if he's chronically late.
Chances are good you'll always have to wait a few minutes before the doctor is ready to see you. But if it happens every single time you visit, you may want to look elsewhere. "If you get in early and you're still waiting 30 minutes or an hour to be seen, then I'd start asking some questions," Wilcox says.


16 Secrets Every Doctor's Receptionist Knows

The average wait time to see a physician in 15 major US cities is 18.5 days. Need a GP in Boston? That'll be 66 days (on average). If you're hunting for a dermatologist in Philadelphia, try 49 days.

Accessing doctors is just one of the maddening things about medical care, but the secret to navigating it all is right there in the waiting room with you: the receptionist. As the office gatekeepers, they know all the tricks. so we asked them to spill. Here, their top tips for getting prompt, quality health care&mdashanywhere.

1. It possible to get a same-day appointment. If you need a day-of visit, call between 10 and 11 AM, because that's when most offices will know about afternoon cancellations. Angelica Ruiz, who works with New York dermatologist Dina Strachan, advises against leaving a message. "I've had people forget to leave a call-back number or I can't understand what they're saying, so always try to get ahold of somebody," she says. And if it's raining or snowing outside, chances are another patient didn't want to face the bad weather, leaving an open time slot for you to snatch up.

Adds Julie Ullman, a receptionist at the Scottsdale, AZ, office of obstetrician-gynecologist Gino Tutera, "If your last-minute request is due to an urgent matter, make that clear to the receptionist." And one rule reigns over all others: Be flexible. If the office can squeeze you in, take whatever time they can give you.

2. Trust the nurses. What you think is a question only a doctor can answer may actually be something a nurse is qualified to handle. But rest assured, "if it's something more involved, the nurse will put the phone in the doctor's hands," says Lisa Ogletree, a receptionist at Stride Strong Physical Therapy in Portland, OR.

3. Schedule appointments for the early morning or right after lunch. That's when docs are most likely to be on time, so you'll wait less. If these slots don't fit your schedule, make a Wednesday appointment. That's the slowest day in most offices.

4. Give a deadline. If you can't avoid busy office times, tell the receptionist when you call that you need to leave by a certain time. "I'll know not to book you next to a procedure or an annual visit, which takes longer," says Ogletree.

5. Save your annual checkup for late spring or summer. From May through August, most people are relatively healthy and on vacation, so doctors' offices of all kinds are quieter. September is good, too, because it's back-to-school time.

6. Stay away in December. Cold and flu season makes winter the busiest time, with December being especially nuts. "People want to use up their insurance benefits or flexible spending accounts before year's end," explains Robin Omeltschenko, director of operations at Cincinnati's Total Dentistry.

7. Call to check on things. If you have a late-day appointment, call the office an hour ahead of time to see if the doctor is on schedule. If not, ask when to show up.

8. Request any paperwork ahead of time. If you're a new patient and you can't arrive 10 to 15 minutes before your appointment, ask the office to send the required forms beforehand. (Some offices also make them available online or via e-mail.)

9. Double-check everything. To avoid screwups that'll cause delays or force a return trip, check with the office the day before your appointment to be sure all necessary lab and test results are in. Call your insurance provider to double-check coverage and co-pay. And, of course, don't forget your insurance card and ID.

10. You can avoid the office entirely by asking the receptionist this: Is the doctor open to receiving e-mails and text messages? Does the doctor set aside any time for non-emergency phone conversations with patients? If so, you're in!

11. Book your own appointment. ZocDoc.com could make receptionists obsolete. Search the free online database by city and specialty to find ratings and availability. Refine your search by doctor gender, reason for visit, and accepted insurance. Then book with just a few clicks. Couldn't be easier&mdashbut there's also no way to sweet-talk the computer.

12. Choose your day wisely. Avoid appointments on Mondays and Fridays they're the busiest days in most offices.

13. Don't come with a long list of ailments. Some receptionists refer to a patient's complaints as a "bucket list of all the things they've been saving up to ask the doctor," says Rachel Wilcox, a receptionist for Randolph Schnitman, MD, in Beverly Hills, CA. Patients may wait to see the doctor because one small ailment doesn't seem that important or they don't want to pay for a visit. In reality, arriving with too many things to discuss will detract from your appointment. "If you have 10 different items, the doctor won't have enough time to focus on each one," says Wilcox. Try to limit each visit to two issues.

14. Don't be late. Tardy or unprepared patients are the main reasons doctors fall behind. "Showing up on time is hugely important because you're able to get your full consultation without being rushed," says Rachel Mazza, a receptionist for Matthew Schulman, a plastic surgeon in New York. That said, receptionists understand that stuff happens&mdashand they say the best thing you can do is get in touch. "Whether you're canceling or running late, a phone call helps a lot so we can reshuffle in advance," Ruiz says. If you absolutely can't avoid being late, know that a patient who arrives after you for a later appointment&mdashbut is on time&mdashwill likely be seen first.

15. Check your attitude at the door. If there's one thing many patients lack, it's, well, patience. Receptionists know you're busy and don't want to wait, but they'd appreciate you keeping the complaints to yourself. "We try our best to give service with a smile, and when patients are rude it makes our jobs harder," says Ruiz. As Wilcox puts it: "I don't mind if patients are late, but it really bothers me when they get pushy and want to be seen right away."

16. Ditch the doctor if he's chronically late.
Chances are good you'll always have to wait a few minutes before the doctor is ready to see you. But if it happens every single time you visit, you may want to look elsewhere. "If you get in early and you're still waiting 30 minutes or an hour to be seen, then I'd start asking some questions," Wilcox says.


16 Secrets Every Doctor's Receptionist Knows

The average wait time to see a physician in 15 major US cities is 18.5 days. Need a GP in Boston? That'll be 66 days (on average). If you're hunting for a dermatologist in Philadelphia, try 49 days.

Accessing doctors is just one of the maddening things about medical care, but the secret to navigating it all is right there in the waiting room with you: the receptionist. As the office gatekeepers, they know all the tricks. so we asked them to spill. Here, their top tips for getting prompt, quality health care&mdashanywhere.

1. It possible to get a same-day appointment. If you need a day-of visit, call between 10 and 11 AM, because that's when most offices will know about afternoon cancellations. Angelica Ruiz, who works with New York dermatologist Dina Strachan, advises against leaving a message. "I've had people forget to leave a call-back number or I can't understand what they're saying, so always try to get ahold of somebody," she says. And if it's raining or snowing outside, chances are another patient didn't want to face the bad weather, leaving an open time slot for you to snatch up.

Adds Julie Ullman, a receptionist at the Scottsdale, AZ, office of obstetrician-gynecologist Gino Tutera, "If your last-minute request is due to an urgent matter, make that clear to the receptionist." And one rule reigns over all others: Be flexible. If the office can squeeze you in, take whatever time they can give you.

2. Trust the nurses. What you think is a question only a doctor can answer may actually be something a nurse is qualified to handle. But rest assured, "if it's something more involved, the nurse will put the phone in the doctor's hands," says Lisa Ogletree, a receptionist at Stride Strong Physical Therapy in Portland, OR.

3. Schedule appointments for the early morning or right after lunch. That's when docs are most likely to be on time, so you'll wait less. If these slots don't fit your schedule, make a Wednesday appointment. That's the slowest day in most offices.

4. Give a deadline. If you can't avoid busy office times, tell the receptionist when you call that you need to leave by a certain time. "I'll know not to book you next to a procedure or an annual visit, which takes longer," says Ogletree.

5. Save your annual checkup for late spring or summer. From May through August, most people are relatively healthy and on vacation, so doctors' offices of all kinds are quieter. September is good, too, because it's back-to-school time.

6. Stay away in December. Cold and flu season makes winter the busiest time, with December being especially nuts. "People want to use up their insurance benefits or flexible spending accounts before year's end," explains Robin Omeltschenko, director of operations at Cincinnati's Total Dentistry.

7. Call to check on things. If you have a late-day appointment, call the office an hour ahead of time to see if the doctor is on schedule. If not, ask when to show up.

8. Request any paperwork ahead of time. If you're a new patient and you can't arrive 10 to 15 minutes before your appointment, ask the office to send the required forms beforehand. (Some offices also make them available online or via e-mail.)

9. Double-check everything. To avoid screwups that'll cause delays or force a return trip, check with the office the day before your appointment to be sure all necessary lab and test results are in. Call your insurance provider to double-check coverage and co-pay. And, of course, don't forget your insurance card and ID.

10. You can avoid the office entirely by asking the receptionist this: Is the doctor open to receiving e-mails and text messages? Does the doctor set aside any time for non-emergency phone conversations with patients? If so, you're in!

11. Book your own appointment. ZocDoc.com could make receptionists obsolete. Search the free online database by city and specialty to find ratings and availability. Refine your search by doctor gender, reason for visit, and accepted insurance. Then book with just a few clicks. Couldn't be easier&mdashbut there's also no way to sweet-talk the computer.

12. Choose your day wisely. Avoid appointments on Mondays and Fridays they're the busiest days in most offices.

13. Don't come with a long list of ailments. Some receptionists refer to a patient's complaints as a "bucket list of all the things they've been saving up to ask the doctor," says Rachel Wilcox, a receptionist for Randolph Schnitman, MD, in Beverly Hills, CA. Patients may wait to see the doctor because one small ailment doesn't seem that important or they don't want to pay for a visit. In reality, arriving with too many things to discuss will detract from your appointment. "If you have 10 different items, the doctor won't have enough time to focus on each one," says Wilcox. Try to limit each visit to two issues.

14. Don't be late. Tardy or unprepared patients are the main reasons doctors fall behind. "Showing up on time is hugely important because you're able to get your full consultation without being rushed," says Rachel Mazza, a receptionist for Matthew Schulman, a plastic surgeon in New York. That said, receptionists understand that stuff happens&mdashand they say the best thing you can do is get in touch. "Whether you're canceling or running late, a phone call helps a lot so we can reshuffle in advance," Ruiz says. If you absolutely can't avoid being late, know that a patient who arrives after you for a later appointment&mdashbut is on time&mdashwill likely be seen first.

15. Check your attitude at the door. If there's one thing many patients lack, it's, well, patience. Receptionists know you're busy and don't want to wait, but they'd appreciate you keeping the complaints to yourself. "We try our best to give service with a smile, and when patients are rude it makes our jobs harder," says Ruiz. As Wilcox puts it: "I don't mind if patients are late, but it really bothers me when they get pushy and want to be seen right away."

16. Ditch the doctor if he's chronically late.
Chances are good you'll always have to wait a few minutes before the doctor is ready to see you. But if it happens every single time you visit, you may want to look elsewhere. "If you get in early and you're still waiting 30 minutes or an hour to be seen, then I'd start asking some questions," Wilcox says.


16 Secrets Every Doctor's Receptionist Knows

The average wait time to see a physician in 15 major US cities is 18.5 days. Need a GP in Boston? That'll be 66 days (on average). If you're hunting for a dermatologist in Philadelphia, try 49 days.

Accessing doctors is just one of the maddening things about medical care, but the secret to navigating it all is right there in the waiting room with you: the receptionist. As the office gatekeepers, they know all the tricks. so we asked them to spill. Here, their top tips for getting prompt, quality health care&mdashanywhere.

1. It possible to get a same-day appointment. If you need a day-of visit, call between 10 and 11 AM, because that's when most offices will know about afternoon cancellations. Angelica Ruiz, who works with New York dermatologist Dina Strachan, advises against leaving a message. "I've had people forget to leave a call-back number or I can't understand what they're saying, so always try to get ahold of somebody," she says. And if it's raining or snowing outside, chances are another patient didn't want to face the bad weather, leaving an open time slot for you to snatch up.

Adds Julie Ullman, a receptionist at the Scottsdale, AZ, office of obstetrician-gynecologist Gino Tutera, "If your last-minute request is due to an urgent matter, make that clear to the receptionist." And one rule reigns over all others: Be flexible. If the office can squeeze you in, take whatever time they can give you.

2. Trust the nurses. What you think is a question only a doctor can answer may actually be something a nurse is qualified to handle. But rest assured, "if it's something more involved, the nurse will put the phone in the doctor's hands," says Lisa Ogletree, a receptionist at Stride Strong Physical Therapy in Portland, OR.

3. Schedule appointments for the early morning or right after lunch. That's when docs are most likely to be on time, so you'll wait less. If these slots don't fit your schedule, make a Wednesday appointment. That's the slowest day in most offices.

4. Give a deadline. If you can't avoid busy office times, tell the receptionist when you call that you need to leave by a certain time. "I'll know not to book you next to a procedure or an annual visit, which takes longer," says Ogletree.

5. Save your annual checkup for late spring or summer. From May through August, most people are relatively healthy and on vacation, so doctors' offices of all kinds are quieter. September is good, too, because it's back-to-school time.

6. Stay away in December. Cold and flu season makes winter the busiest time, with December being especially nuts. "People want to use up their insurance benefits or flexible spending accounts before year's end," explains Robin Omeltschenko, director of operations at Cincinnati's Total Dentistry.

7. Call to check on things. If you have a late-day appointment, call the office an hour ahead of time to see if the doctor is on schedule. If not, ask when to show up.

8. Request any paperwork ahead of time. If you're a new patient and you can't arrive 10 to 15 minutes before your appointment, ask the office to send the required forms beforehand. (Some offices also make them available online or via e-mail.)

9. Double-check everything. To avoid screwups that'll cause delays or force a return trip, check with the office the day before your appointment to be sure all necessary lab and test results are in. Call your insurance provider to double-check coverage and co-pay. And, of course, don't forget your insurance card and ID.

10. You can avoid the office entirely by asking the receptionist this: Is the doctor open to receiving e-mails and text messages? Does the doctor set aside any time for non-emergency phone conversations with patients? If so, you're in!

11. Book your own appointment. ZocDoc.com could make receptionists obsolete. Search the free online database by city and specialty to find ratings and availability. Refine your search by doctor gender, reason for visit, and accepted insurance. Then book with just a few clicks. Couldn't be easier&mdashbut there's also no way to sweet-talk the computer.

12. Choose your day wisely. Avoid appointments on Mondays and Fridays they're the busiest days in most offices.

13. Don't come with a long list of ailments. Some receptionists refer to a patient's complaints as a "bucket list of all the things they've been saving up to ask the doctor," says Rachel Wilcox, a receptionist for Randolph Schnitman, MD, in Beverly Hills, CA. Patients may wait to see the doctor because one small ailment doesn't seem that important or they don't want to pay for a visit. In reality, arriving with too many things to discuss will detract from your appointment. "If you have 10 different items, the doctor won't have enough time to focus on each one," says Wilcox. Try to limit each visit to two issues.

14. Don't be late. Tardy or unprepared patients are the main reasons doctors fall behind. "Showing up on time is hugely important because you're able to get your full consultation without being rushed," says Rachel Mazza, a receptionist for Matthew Schulman, a plastic surgeon in New York. That said, receptionists understand that stuff happens&mdashand they say the best thing you can do is get in touch. "Whether you're canceling or running late, a phone call helps a lot so we can reshuffle in advance," Ruiz says. If you absolutely can't avoid being late, know that a patient who arrives after you for a later appointment&mdashbut is on time&mdashwill likely be seen first.

15. Check your attitude at the door. If there's one thing many patients lack, it's, well, patience. Receptionists know you're busy and don't want to wait, but they'd appreciate you keeping the complaints to yourself. "We try our best to give service with a smile, and when patients are rude it makes our jobs harder," says Ruiz. As Wilcox puts it: "I don't mind if patients are late, but it really bothers me when they get pushy and want to be seen right away."

16. Ditch the doctor if he's chronically late.
Chances are good you'll always have to wait a few minutes before the doctor is ready to see you. But if it happens every single time you visit, you may want to look elsewhere. "If you get in early and you're still waiting 30 minutes or an hour to be seen, then I'd start asking some questions," Wilcox says.


16 Secrets Every Doctor's Receptionist Knows

The average wait time to see a physician in 15 major US cities is 18.5 days. Need a GP in Boston? That'll be 66 days (on average). If you're hunting for a dermatologist in Philadelphia, try 49 days.

Accessing doctors is just one of the maddening things about medical care, but the secret to navigating it all is right there in the waiting room with you: the receptionist. As the office gatekeepers, they know all the tricks. so we asked them to spill. Here, their top tips for getting prompt, quality health care&mdashanywhere.

1. It possible to get a same-day appointment. If you need a day-of visit, call between 10 and 11 AM, because that's when most offices will know about afternoon cancellations. Angelica Ruiz, who works with New York dermatologist Dina Strachan, advises against leaving a message. "I've had people forget to leave a call-back number or I can't understand what they're saying, so always try to get ahold of somebody," she says. And if it's raining or snowing outside, chances are another patient didn't want to face the bad weather, leaving an open time slot for you to snatch up.

Adds Julie Ullman, a receptionist at the Scottsdale, AZ, office of obstetrician-gynecologist Gino Tutera, "If your last-minute request is due to an urgent matter, make that clear to the receptionist." And one rule reigns over all others: Be flexible. If the office can squeeze you in, take whatever time they can give you.

2. Trust the nurses. What you think is a question only a doctor can answer may actually be something a nurse is qualified to handle. But rest assured, "if it's something more involved, the nurse will put the phone in the doctor's hands," says Lisa Ogletree, a receptionist at Stride Strong Physical Therapy in Portland, OR.

3. Schedule appointments for the early morning or right after lunch. That's when docs are most likely to be on time, so you'll wait less. If these slots don't fit your schedule, make a Wednesday appointment. That's the slowest day in most offices.

4. Give a deadline. If you can't avoid busy office times, tell the receptionist when you call that you need to leave by a certain time. "I'll know not to book you next to a procedure or an annual visit, which takes longer," says Ogletree.

5. Save your annual checkup for late spring or summer. From May through August, most people are relatively healthy and on vacation, so doctors' offices of all kinds are quieter. September is good, too, because it's back-to-school time.

6. Stay away in December. Cold and flu season makes winter the busiest time, with December being especially nuts. "People want to use up their insurance benefits or flexible spending accounts before year's end," explains Robin Omeltschenko, director of operations at Cincinnati's Total Dentistry.

7. Call to check on things. If you have a late-day appointment, call the office an hour ahead of time to see if the doctor is on schedule. If not, ask when to show up.

8. Request any paperwork ahead of time. If you're a new patient and you can't arrive 10 to 15 minutes before your appointment, ask the office to send the required forms beforehand. (Some offices also make them available online or via e-mail.)

9. Double-check everything. To avoid screwups that'll cause delays or force a return trip, check with the office the day before your appointment to be sure all necessary lab and test results are in. Call your insurance provider to double-check coverage and co-pay. And, of course, don't forget your insurance card and ID.

10. You can avoid the office entirely by asking the receptionist this: Is the doctor open to receiving e-mails and text messages? Does the doctor set aside any time for non-emergency phone conversations with patients? If so, you're in!

11. Book your own appointment. ZocDoc.com could make receptionists obsolete. Search the free online database by city and specialty to find ratings and availability. Refine your search by doctor gender, reason for visit, and accepted insurance. Then book with just a few clicks. Couldn't be easier&mdashbut there's also no way to sweet-talk the computer.

12. Choose your day wisely. Avoid appointments on Mondays and Fridays they're the busiest days in most offices.

13. Don't come with a long list of ailments. Some receptionists refer to a patient's complaints as a "bucket list of all the things they've been saving up to ask the doctor," says Rachel Wilcox, a receptionist for Randolph Schnitman, MD, in Beverly Hills, CA. Patients may wait to see the doctor because one small ailment doesn't seem that important or they don't want to pay for a visit. In reality, arriving with too many things to discuss will detract from your appointment. "If you have 10 different items, the doctor won't have enough time to focus on each one," says Wilcox. Try to limit each visit to two issues.

14. Don't be late. Tardy or unprepared patients are the main reasons doctors fall behind. "Showing up on time is hugely important because you're able to get your full consultation without being rushed," says Rachel Mazza, a receptionist for Matthew Schulman, a plastic surgeon in New York. That said, receptionists understand that stuff happens&mdashand they say the best thing you can do is get in touch. "Whether you're canceling or running late, a phone call helps a lot so we can reshuffle in advance," Ruiz says. If you absolutely can't avoid being late, know that a patient who arrives after you for a later appointment&mdashbut is on time&mdashwill likely be seen first.

15. Check your attitude at the door. If there's one thing many patients lack, it's, well, patience. Receptionists know you're busy and don't want to wait, but they'd appreciate you keeping the complaints to yourself. "We try our best to give service with a smile, and when patients are rude it makes our jobs harder," says Ruiz. As Wilcox puts it: "I don't mind if patients are late, but it really bothers me when they get pushy and want to be seen right away."

16. Ditch the doctor if he's chronically late.
Chances are good you'll always have to wait a few minutes before the doctor is ready to see you. But if it happens every single time you visit, you may want to look elsewhere. "If you get in early and you're still waiting 30 minutes or an hour to be seen, then I'd start asking some questions," Wilcox says.


ビデオを見る: אורן לוי חליבת ציקלידים (七月 2022).


コメント:

  1. Litton

    The topic is just very interesting, respect to the author.

  2. Aibne

    何を考えていますか?

  3. Raanan

    これは注目に値する文章だと私には思えます

  4. Hilario

    この問題は議論されていません。

  5. Arasida

    あなたは正しくないと思います。私は確信しています。私はあなたに話し合うことを勧めます。 PMに書くと、通信します。

  6. Kareem

    It still that?

  7. Gardakinos

    これはとてもo​​ck笑ですよね?



メッセージを書く