カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

シカゴの調香師がタマレの香りを生み出す

シカゴの調香師がタマレの香りを生み出す

食べ物のようなにおいが今の目標です

ウィキメディア/ゴンザロリベロ

脂っこい食べ物のようなにおいが2013年の最大のトレンドかもしれません。ピザハットはすでにその名の由来の製品のような香りの着用可能な香りを作りました、そしてもちろんベーコンシェービングクリームを忘れることはできません。そして、クレイジーなアイデアは常に3つに分かれるので、シカゴの調香師はオードタマレで彼女の手を試すことにしました。

Zoil'sOilsのZorayadaOrtizは、シカゴのピルゼン地区に敬意を表して香水をデザインしました。彼女はその地域の文化と歴史をとらえることを目指しており、その料理の香りを再現するよりも、それをどのように行うのが良いかを考えています。

「私はワイルドになって、「ポロ」または「アルパスター」を作成しようとすることができました」と彼女はDNAinfoに語った。

タマレは、オルティスが取り組んだ最初の食品の香りではありません。彼女は以前、昨年のディアデロスムエルトスコレクションで、死者の日パンのような香りの「パンデムエルト」香水を製造していました。それをやってのけるのは特にトリッキーでした。

「どうやってパンの匂いを嗅ぐの?」彼女は言いました。

私たちのほとんどのように、彼女はレシピから始めました。アニスとオレンジを含むものを見つけた後、彼女はそれらと一緒に走ることに決めました。

香水は春に発売される予定ですが、この話のすべてが突然の渇望を引き起こした場合は、私たちの最高のタマレレシピのいくつかをチェックしてください。ボーナスとして、それらを作った後、あなたはおそらく無料でタマーレのようなにおいがするでしょう。


シカゴの調香師がタマレの香りを作り出す-レシピ

お気に入りのフレグランス(無料ギフトセール!)

*現在、追加のローションまたは1オンスのトラベルサイズの無料ギフトプロモーションを無料で行っています。順調に進んでいるので拡張してきましたが、いつでも終了する可能性があります。

このウェブサイトでは、廃止されたフレグランスを再度購入することができます。

私たちは、製造中止になった香水やケルンとほぼ同じ香りの香りを巧みに作り出すことを専門としています。だから、あなたの好きなフレグランスが市場から引き出されたなら、私たちは助けることができます。私たちは、ほぼ同じ香りを作り出すための専門知識と技術とともに、長年の経験を持っています。

私たちのビジネスのほとんどはリピートビジネスですが、限定的に新規顧客を受け入れています。

このプロセスとその回答に関する一般的な質問をいくつか示します。

マッチさせて作りたい香りがありますが、これはどのように機能しますか?

上記の情報を入力するだけです。私たちがあなたの香りを試すことができないと感じた場合、私たちはあなたに電子メールを送り、即座に全額返金します。 2000種類以上のフレグランスを再現したので、廃止されたフレグランスのほとんどを完成させました。

いくらですか?

3.4オンスのボトルで69.99ドル。 3.4オンス。ボトルは、フレグランス業界では大型ボトルとして知られています。送料は、UPSGroundを介して米国内のどこにでも12.00ドルの定額料金です。

私の香水/ケルンと一致してもよろしいですか?

いいえ、それは正直な真実です。素晴らしい試合をしたと感じる場合も多く、同意する人もいますが、嫌いな人もいます。香りはそのようにトリッキーなものです。だから私たちがしていることは 返品は即時の返金ポリシーは必要ありません。 誰がそれをしますか?します。 10年以上事業を行った後、私たちはそれがこの事業を成功裏に倫理的に運営する唯一の方法であると考えました。

いつでも再注文できますか?

はい、私たちはあなたの注文情報を永久にファイルに保存しますので、私たちは常にあなたにまったく同じ香りを提供することができます。 「これは繰り返し注文ですか」という上のボックスの横にある[はい]をオンにするだけです。

どんな材料を使っていますか?

私たちの哲学は、素晴らしい香りを作るために最小限の成分を提供することです。また、ボトルに何を入れるかを明確にするのも良いことだと思います。現代のフレグランスには300以上の成分が含まれています!どうして?化学のトリックを通して、高価なストレート香油を使用するよりも、これらの化学物質でフレグランスを作る方が安価です。私たちは別のルートを取りました。

私たちの唯一の成分は、フレグランス、調香師のアルコール、ミリスチン酸イソプロピルです。それでおしまい。それらはすべて人間にとって完全に安全であると見なされています。各成分とそれが含まれている理由について知りたい場合は、ここをクリックしてください。

香りはいつまで続きますか?

正確な成分とあなたの体の化学的性質に応じて12-16時間。電子メールで弱い強度を要求しない限り、すべてのフレグランスはオードパルファムです。

香りをコピーすることは違法ですか?

いいえ、絶対にありません!すべてのフレグランスはパブリックドメインであり、誰も香りやフレグランスを所有することはできません(たとえば、会社がバニラの香りを所有していると想像してください)。とはいえ、メーカーの商標は価値があると認識しているため、販売を希望し、販売を中止しないフレグランスは絶対に販売しないようにしています。また、お客様がオリジナルのフレグランスを購入しているのではなく、ほぼ同じであるが完全に異なるボトルに入っている香りを購入していることをお客様に認識させるためにあらゆる努力をしています。

それはどのくらいかかりますか?

フレグランスの99%は、注文してから5営業日以内に発送されます。注文したフレグランスの約1%は非常に難しいマッチングであり、その場合、香りをマッチングするのに最大3週間かかる場合があります。特定の期日までにフレグランスが必要な場合は、ご注文後にご連絡いただければ、適切な対応が可能です。


あなたの庭の香りを素晴らしいものにする15の香りのよい植物

これらの素敵な香りの植物はあなたの庭に別のレベルの楽しみを追加します。

あなたが庭を計画しているときに考慮すべきことがたくさんあります。どんな種類の花をフィーチャーしたいですか?さまざまな色やテクスチャ、葉を考慮して、適切な組み合わせを決定する必要があります。そして、あなたは毎年最高の多年生植物や花を楽しむことにもっと興味がありますか、それとも最高の一年生植物の即時の利益を楽しみたいですか?あなたはおそらく、さまざまな種類のバラについて自分自身を教育し、1つまたは2つの種類を選択する必要があります。そして、ハチドリを魅了する花や蝶を魅了する花があります。両方の種類の空飛ぶ美しさはあなたの屋外スペースに素敵な別の層を追加します。

しかし、ご存知のように、庭は見た目だけではありません。 「テクスチャ、色、季節性はすべて重要な概念ですが、庭を設計するときに香りが見落とされることがよくあります」と、シカゴ植物園の生きている植物のドキュメンテーションのディレクターであるボイスタンカーズリーは言います。 「フレグランスは、風景に豊かさの層を追加します。」何エーカーもの広さの庭がなくても、香りのよい植物の贅沢を満喫できます。鉢や容器を玄関のドアのそば、ブラシをかけて甘さを放つ通路に沿って、または風にそよぐ香りを拾うことができる窓の近くに置いてください。

この写真で証明されているように、この多年生植物は多くの明るく美しい色で提供され、USDAハーディネスゾーン4〜8で最もよく機能します。香り豊かな花は春に咲き、約2週間続きますが、大きすぎるため、フロップを防ぐためにサポートが必要な場合があります。

試す:

デルフトブルー: この受賞歴のあるスポーツライトブルーの花は、明るい緑の茎の上にそびえ立っています

ピンクのサプライズ:
甘い香りと心地よい柔らかなピンクの花びらの両方が庭に多くを追加します

品種にもよりますが、春夏に咲くこれらの大きな花の香りほど甘いものはありません。太陽黒点の水はけのよい豊かな土壌に木を植えます。拡張するための十分なスペースを確保してください。幅が40フィートまで拡大する可能性があります。

タイサンボク: 短所:成長が遅い(種子から最大10年)長所:常緑樹

ビッグリーフマグノリア: その名前は、すべてのリーブが最大32インチの長さに成長する可能性があることを示しています

春の終わりから初夏に、そして夏の終わりと初秋に再び咲く香りのよい花のおかげで、この低木であなたはあなたのお金のためにたくさんの価値を得る。湿った、水はけの良い土壌クチナシの植物は、ゾーン6〜11で繁栄します。

このビニング植物をパーゴラまたは格子壁で育てて声明を出します。青と紫の色合いの花が春と夏の終わりに咲きます。藤は完全な太陽が好きですが、品種によっては部分的に日陰になります。香りはかすかになり、圧倒されます。

管状の花は、夏に咲く白、オレンジ、赤、青、黄色、ラベンダーなど、さまざまな色合いがあります。彼らはゾーン9-10で冬に強いです、そして彼らがあなたの屋外のオアシスに加える甘い、甘い香りで知られています。

花粉交配者へのこの繊細な毎年の手招きに小さな花が咲きます。アリッサムは、コンテナ、ウィンドウボックス、ハンギングバスケットからカスケードしたり、花のグランドカバーとしてロックガーデンに押し込んだりして、素敵に見えます。この植物は完全に太陽を分けて好きです。

スノープリンセス:一年中、行き詰まりのない大量の白い花が咲きます

ダークナイト:濃い紫色の花は、コンテナ内の他の一年生植物とよく合います

この派手で力強い多年生のつる植物は、トレリスや柵のラインの上に美しくこぼれ、花粉交配者はそれを愛しています、とタンカーズリーは言います。日本のスイカズラが完全な太陽を好むように侵略的ではないネイティブまたは新しいタイプを探してください。

黄色いスイカズラ:さまざまな土壌に耐える在来種

香り:春の半ばから夏の終わりにかけて花が咲き、真っ赤なベリーが続きます

「すべての庭には少なくとも1本のバラが必要です」とタンカーズリーは言います。 「彼らは多くの人々が信じているほどうるさくはなく、多くの新しいバラも昆虫や病気への耐性のために厳選されています。」植物を選ぶときは、タグを読んで、香りよりも形を重視して育てられているタイプもあるので、香りがすることを具体的に示しているものを探してください。完全な太陽の下で最もよく咲きます。

リンカーンさん:信じられないほどの香りの印象的な緋色の赤い色の古いお気に入り

シャルレーヌ・ド・モナコ王女:淡いアプリコットからピンクの八重咲きの新しい香りのバラ

フロックスには、ピンク、白、サーモン、紫、赤、2色の色合いがあります。混合境界の一部として、または衝撃のために大きな帯状に植えることは、タンカーズリーを示唆しています。多くの種類が自生しているので、来年は自力で戻ってきます。うどんこ病にならないように、十分な空気循環を与えてください。ほとんどの人は完全な太陽を好みますが、より暑い気候ではある程度の日陰を許容します。

デビッド:特に香りのよい真っ白な背の高い品種

フレイムピンク:開花時間が非常に長いコンパクトなホットピンクタイプ

夏のライラックと呼ばれることもある、白、ピンク、または紫の色合いのこの頑丈な小さな低木は、干ばつに耐え、一年中咲き、花粉症者を引き付けます。それは今や矮性の品種で利用可能であるため、あなたの庭を追い越すことはなく、新しいタイプは侵略的ではありません。国境や大量植栽として設定します。完全な太陽が好きです。

Lo&amp Behold Blue Chip Jr.:狭いスペースに収まるように高さがわずか18〜30インチ成長します

アジアンムーン:喉がオレンジ色の濃い紫色の花を持つ大きなサイズ

この春に咲く木は、小さなクラブアップルと魅力的な秋の色で風景に華やかな追加です。新しいタイプはより耐病性があります。完全な太陽が好きです。

プレーリーファイア:ピンクがかった赤のつぼみと優れた耐病性を備えた密集した丸い形

ロイヤルレインドロップス:マゼンタの花と印象的な濃い紫色の葉は一年中

光沢のある濃い緑色の葉を持つこのずんぐりした多年生植物は、その重い花が垂れるのを防ぐためにステーキングを必要とするかもしれませんが、それらの青々とした、あふれんばかりの花は少し余分な作業の価値があります。深く植えすぎないでください。そうしないと開花しません。花を訪れるアリは、単に蜜をすすっている害虫ではない、とタンカーズリーは言います。完全な太陽を好む。

フェスティバマキシマ:何世代にもわたってクラシックな真っ白な花と深紅色の斑点

サラ・ベルナール:ゴージャスなミディアムピンクのダブルブルームの家宝

ナデシコは、スパイシーまたはバニラのような香りを持つ低成長の多年草です。ナデシコの鋏で切り取られたように見えるフリンジの花びらから、「ピンク」と呼ばれることがよくあります。エッジングやコンテナ内でうまく機能します。完全な太陽が好きです。

試す:

フルーツポンチスウィーティーパイ:ピンクの花が草のような葉の銀色の青い山の上で踊る

イサウルホワイト:フリンジがたくさんあるきれいな白い八重咲き

ピンク、紫、白の色合いのこのスパイシーで甘い香りは、涼しい気温で繁栄するので、春の天候が崩れたらすぐに植えてください。美しい花束を作ります。部分的な日陰よりも太陽を好む。

カルテットピンク: ピンクのエッジとクローブの香りのクリーミーな黄色のセンター

カッツルビー: 切り取るための素敵な長い茎に印象的なワインレッドの花が咲く

ガマズミ属の木は釘のように丈夫で、これらの春に咲く低木は、独特のスパイシーな香りのあるかなりピンクがかった白い花を提供します。一般的に鹿にも強い。太陽から太陽への部分が好きです。

スパイスガール:紅葉の良い丈夫な低木にピンクがかった花


におい? 12食品の香りの香水とケルン

あなたの人生の男性(または女性)が十分なバーベキューを得ることができない場合(そして誰が本当にそうすることができますか?)、ポークバレルBBQの「Que」は完璧な香りです。スモーキーでスパイシー、そして少し甘いこの独特のケルンは、南部で最も象徴的な食べ物の1つについてあなたが愛するすべてのものを組み合わせており、いつでもどこでも楽しむことができます。

シカゴを拠点とする調香師ZoraydaOrtizは、タマレに着想を得た香水の全ラインを測定し、他のさまざまな食欲をそそる香りを作ります。彼女のエッセンシャルオイルと香水は主にアルコールを含まず、完全にユニークな香りを探している真に目の肥えた顧客のためにカスタムブレンドを作成することもできます。彼女のタマルとタマルフレスカの香りは、シカゴの近所で最も愛されている料理の伝統の1つを呼び起こし、着用者がこの快適な食べ物の香りを毎日楽しむことを可能にします。

詳細については、Ajna OilsのFacebookページもご覧ください:www.facebook.com/ajna.oils

フレグランスブランドFargginayのおかげで、お気に入りの塩漬け肉&mdashベーコンの香りを簡単に楽しむことができます!毎日。動脈がこの濃厚で美味しく脂肪の多い肉で非常に重い食事に反抗したとしても、ブランドのベーコンクラシックとベーコンゴールドの香りの形でどこに行っても香りをとることができます。 Fargginayの創設者であるJohnLeydonによると、これらのベーコンベースのケルンは複雑で着用可能です。ベーコンは一番下のノートであり、確かに目立ちますが、香りには、フローラルやハーブなど、香りを締めくくる他のより一般的なフレグランスノートも含まれています。男性と女性の両方にとって楽しいものにします。

熱心なピザ愛好家からのFacebookの投稿により実現しましたが、Pizza Hut Canadaのシグネチャーフレグランスは、すぐに国際的なピザチェーンのファンの間で人気の商品になりました。もともとは一般には公開されていませんでしたが、幸運なFacebookファン100人がこの独特の香りのボトルを獲得することができました。また、「オードピザハット」の発売に圧倒的な反響を呼んだことから、今年のバレンタインデープロモーションの一環として、独特の香りのボトルも同店に登場しました。 2013年2月11日から13日まで、ファンはハッシュタグ#LastMinuteLoversを使用して@PizzaHutをツイートし、ピザハットの香りと20ドルのギフトカードを含む限定版パッケージを受け取るように促されました。

デメテルは、食品のフレグランスだけでなく、他のさまざまな香り(全部で約300)を豊富に取り揃えています。そして、これらは甘い香りの焼き菓子を模倣するだけの香りではありません(それらもそれらを作りますが)。デメテルは、私たちの周りの世界で毎日見られる香りを呼び起こそうとするフレグランスを作ります。これは、不思議なことに、寿司ケルンのように、世の中で最も独創的で珍しい香りの一部でもあります。シーフード好きなら誰でも寿司の香りに慣れているかもしれませんが、それを身に着けていません。軽くてジンジャーの香りが驚くほどさわやかで一日中楽しめます。

寿司はデメーターの最もユニークなケルン製品の1つかもしれませんが、同社はエンジェルフード(甘くてバニラベース)、パンプキンパイ(家での休暇にすぐに戻るクラシックなスパイスブレンド)など、さらに多くのフードフレグランスを製造しています。ピンクグレープフルーツ(さわやかで純粋な柑橘類)。デメテルのフレグランス製品の完全なリストは、同社のWebサイトにあります。デメテルは現在、全国のデュエインリードとウォルグリーンのドラッグストアに展示されており、それぞれ約100のフレグランスオプションが提供されているため、お気に入りの1つを簡単に選ぶことができます。

Honor&eacute des Pr&eacutesはパリの香水会社ですが、米国からインスピレーションを得ています。ニューヨーク市のような大都市圏の市民に少し素朴でオープンな地球を届けようとしています。その使命は、「長い都市の人々のために」フレグランスを作ることです。シンプルさと自然のために。」同社のラブココナッツフレグランスは、純粋なココナッツウォーターの香りに基づいており、軽くてフレッシュでほんの少し甘いです。

文字通り「FlourWood」を意味するBoisFarineは、小麦粉の香りと焼きたてのパンを思わせる複雑で頭のいい香りです。調香師ジャン=クロードエレナがラルティザンパルフミュールのために作成したこの香りは、レユニオン諸島を訪れた後に作成されたと言われています。そこでは、エレナはこれらの島に自生する珍しい木に遭遇しました。木は小麦粉の独特のにおいがしました。そして、それはこの豊かで新鮮な香りに影響を与えました。

インディゴフレグランスの香水オイルは、ノスタルジックで心地よい香りを使って、よりシンプルで幸せな時代にあなたを連れ戻します。クリーミーで昔ながらの御馳走のような香りのストロベリーミルクセーキの香りで、子供の頃に戻ってみましょう。桃とオレンジのヒントが新鮮なイチゴの香りを締めくくります。アーミッシュシナモンパンと焼きたてのパンは同じように快適です。 3つの香りすべて(およびインディゴの他のフーディーフレグランスオイル)は、自家製のキャンドルで、またはバスやボディ製品で、独自のカスタム香水を作るために使用するのに最適です。

エッセンスのナチュラルでオーガニックなスキンケアとフレグランス製品は、環境にやさしくホリスティックな製品の購入にも関心のある香水愛好家に最適です。エッセンスのバニラベースとフルーツベースの綿菓子ロールオン香水のような甘くてノスタルジックな香りでさえ、パラベン、石油、人工染料や色、その他の刺激的または危険な化学物質が含まれておらず、多くの化粧品に含まれる可能性があります。同社はカスタムの香りのリクエストも受け付けているので、綿菓子が気に入らない場合は、エッセンスに連絡して、自分の好きな食べ物を身につけられる香りに変えるよう依頼することができます。

あなたが本当に豪華な食品ベースの香りを探しているなら、AftelierPerfumesはまさにそれを持っています。同社はハイエンドの多様なコレクションを出している オードパルファム、そのほとんどは、特定の食品のようなにおいをすることを意図したものではありません。ココア、イチジク、シソ(写真)のフレグランスは、名前の由来となった食べ物からインスピレーションを得た複雑な香りですが、強い食べ物の匂いで頭を悩ませることはありません。日本料理で使用される食用紫蘇の葉を想起させることを意図した紫蘇は、ゼラニウムやパチョリなどのより伝統的な香水ノートと、ピーマンやアンティーククローブなどの透明な食べ物のノートが付いた香りです。その結果、緑色でありながらわずかにスパイシーな香りが得られ、それ自体でうまく機能するか、図のような他の食用の香りと重ねて使用できます。

食品の香りのウェアラブルフレグランスは比較的簡単に見つけることができますが、あなたの食品の香りはどうですか? Aftelier Perfumeのシェフのエッセンススプレーは、軽いスプリッツで実際の食品の風味を高めるように設計されています。フレグランスエッセンスは純粋なコーンアルコールに拡散しているため、摂取しても安全で使いやすいです(測定は不要です)。 Aftelierは、シャンパンからアイスクリームまですべてにスプレーして、お気に入りの食べ物の風味と香りを高めるか、季節外れの新鮮なハーブや入手困難なスパイスの代わりに使用することをお勧めします。


香りのクラフト

Saskia Wilson-Brownは、楽しみのために、Zoomミーティングを想起させる香水を作成する方法を想像しようとしています。

ロサンゼルスの実験的な香りのアーティストであり、非営利の芸術と嗅覚研究所(IAO)の創設者は、彼女はワードクラウドから始めると言います。 「私はおそらく選択します デジタル, 一時的、そして他のいくつかの言葉」と彼女は言います。 「それから、私がそれらの形容詞にどのような資料を関連付けるかを理解します。」次に、彼女は匂いのパレットを収集します。これは、エッセンシャルオイル、芳香族分子、およびその他の材料の派生物としてオンラインで購入できます。 「それから、絵をスケッチするのと非常によく似て、組み合わせを試し、レシピのように式を書き留め、結果を評価します。これはうまくいきますが、うまくいきません。そして調整を行います。」

↑SaskiaWilson-Brown、Institute for Art andOlfactionの創設者。
写真: 芸術と嗅覚研究所の礼儀

彼女は香りのストリップ、ピペット、ビーカーを使用して、香りを組み合わせてから、嗅ぎます。 「私は裁判の後に裁判を行っています」と彼女は言います。「そして、その過程で、私が誰であるかを見つけます。」

デジタル体験に触発されたフレグランスのアイデアが少し壁から外れているように見える場合、それはウィルソンブラウンが21世紀に独立した、通常は独学のクラフト調香師として革新的な香り作りがどのようになったかを示すための単なる方法です–調香師、パン職人、その他の職人を作るためのいとこ–ゲランやシャネルのような素晴らしいフランスの家の古典的な香りを超えて、嗅覚の視野を広げます。

香りの創造があなたが誰であるかについて何かを教えてくれるという考えは、新しい調香師の個性を強調しています。たとえば、シカゴの香りのアーティスト、メアリー・リチャードソン-ローリーは、アフリカ南部の旅行の思い出やミュージシャンに基づいて香りを作ることができます。 -調香師のDavidSeth Moltzは、ニューヨークで働いており、香り作りをレコーディングスタジオでのマイク、フィルター、イコライゼーションの調整に例えることができます。

メアリー・リチャードソン-ローリー・オブ・アイデンティティ・ナラティブによるジェンダーニュートラルなフレグランスの1つであるシュルレアリスムå11には、イタリアのベルガモット、ナツメグ、オレンジ、茶葉のノートがあります。
写真: メアリーリチャードソンの礼儀-ローリー

John Biebelは、ロードアイランドのスタジオで香水を作成しています。彼はまた、Fragranticaのウェブサイトの香水をレビューする作家でもあります。 「長い間、平均的な人が実際に原材料にアクセスする方法はありませんでした」と彼は言います。それはソースからラボ、香水屋に直接行きました。しかしその後、インターネットは十分なニーズを認識し、世界中の一部の販売業者は大量に購入し、それを少量に分解して職人に販売し始めました。」

もちろん、ポイントは嗅覚の美しさと喜びです。香りの力は、シンプルで微妙、または複雑で強力であり、記憶を呼び起こし、知覚を活性化し、瞬間に私たちを落ち着かせ、新しい世界に連れて行ってくれます。

1月の香りプロジェクトの創設者であるジョン・ビーベルは、香りの芸術への関心が彼を香りの科学に導いた画家です。
写真: ジョンビーベルの礼儀

Wilson-BrownのIAOは、これらの経験と、それらを生み出すことができる複雑な技術に専念しています。香水の教育とともに、香水の実験をサポートします。彼女は、香水に敏感な人は、香水に含まれる可能性のある多くの要素のどれがトリガーされ、どれがトリガーされないかを知っていれば、香水を完全に拒否する必要はないかもしれないと指摘します。そして、それは芸術と生活における香りの役割を強調するイベントを作成します。 IAOの最初の香りウィーク(この号の印刷時点で2020年9月に予定)は、香りのブレンド、スタジオ訪問、香料の歴史に関するプレゼンテーション、ロサンゼルス近郊の香りの散歩など、豊富な嗅覚の出来事を約束します。

香りの週は、ウィルソンブラウンが、私たちの鼻に宿る感覚が視覚、聴覚、触覚と同じ権利を主張するにつれて発展している一種の嗅覚のルネッサンスと見なしているものの一部です。

ナチュラル、シンセティックス、ノート
嗅覚芸術の画期的なイベントは、ニューヨークのミュージアムオブアーツアンドデザインで開催された「TheArt of Scent 1889 –2012」でした。当時博物館で初めて嗅覚芸術の学芸員を務めたジャーナリスト兼作家であるチャンドラーバーによってキュレーションされ、12の洗練されたキオスクを美術館の来館者に提供しました。各キオスクは、バーが高級嗅覚芸術の開発において重要であると考える香水のスプリッツを提供します。

↑インスティテュートフォーアートアンドオルファクションの毎週のオープンセッションへの訪問者は、香水の処方に取り組んでいます。
写真: 芸術と嗅覚研究所の礼儀

ショーのBurrのカタログは、これらの香りを厳密に芸術史的用語で扱い、芸術の動きでラベル付けしています。AiméGuerlainによる1889年の香水Jickyはロマン主義、Olivier Cresp(1992)によるAngelフレグランスはシュールレアリズム、L'Eaud'Issey香水メーカーのジャック・カヴァリエがファッションデザイナーのイッセイミヤケのために作成した、ミニマリズムです。

これらの素晴らしい香水の多くは、時間の経過とともにさまざまなフレグランス分子を放出するときに物語を語ります。しかし、三宅はキャヴァリエに水の香りを作り出すことを望んでいた、とバーは言います。 「それは合成香水で行われ、それは最初の本物の線形香水でした–時間とともに進化しなかったものです。」

このやや不可解なコメントを解くには、香水の作成の基本と、イノベーションがその範囲をどのように拡大したかを理解する必要があります。

まず第一に、天然と合成の違いがあります。香水は、葉、果皮、木材、動物の体からの分泌物など、天然の植物や動物の材料から長い間作られてきました。材料は、プレス、蒸留、二酸化炭素での処理、またはその他の方法で圧搾されます。その結果、分子が複雑に混ざり合ったアロマエッセンスが生まれます。

一方、合成の香りは単一分子であり、ほとんどの場合、石油に由来し、化学反応によって実験室で作成されます。彼らは19世紀後半に香水に登場しました。

自然界の化学的複雑さは、それらが「進化」し、時間の経過とともに嗅覚効果を微妙に変化させることを意味します。複数のナチュラルを組み合わせて洗練された香りを作ると、鼻の物語や音楽と同じように複雑なシーケンスのセットが得られます。

伝統的な香水は、実際には香水の構造を3つの「音符」の相互作用として説明しています。香水を最初に嗅ぐときに通常拾うトップノートは、柑橘系、新緑、またはスパイシーであることが多く、最初に消えていく傾向があります。長く続くミドルノートは、コリアンダー、イランイラン、ローズ、レモングラス、ジャスミンなど、より重いスパイスまたは軽いフローラルアロマになる傾向があります。ベースノートは肌に最も長く留まります。ヘビーフローラル、ムスク、ウッディフレグランスなどが最も頻繁にベースになります。

化学構造が単純な合成物は、「一般的に、天然物よりも制御が容易です」とバー氏は言います。彼らは、物語ではなく単一のムードを作り出すために、時間の経過とともに変わらない香水を望んでいる香りの職人に恩恵をもたらしてきました。同時に、今日、合成物は定期的に天然物と混合されて、銀河全体の効果を得ています。

キャヴァリエに関しては、バーのカタログは、合成と天然の両方のいくつかの花の香りを「膨大な嗅覚量を持っているが、識別できない」香りに融合することによって、三宅の公案のような挑戦に応えたと説明しています。水のように、香りは純粋ですが、それでも…L’Eau d’Isseyは、まるで1つの音符のように開き、音色に変化がなく、沈黙するまでその音符を保持し続けます。」

メーカー
今日の独立した香りの職人が何をしているのかを理解するには、香りの大まかな分類法とその関連性も把握する必要があります。 IAOのBasicPerfume Primerは、香水に利用できるアロマを整理する1つの方法として、12の「フレグランスファミリー」をレイアウトしています。より興味深いのは、フゼア(ファーニーグリーン:ラベンダー、ゼラニウム、ベティバー、ベルガモット、オークモス)グルマン(甘くておいしい:タフィー、コニャック、チョコレート、アーモンド、バニラ)とオゾニック(雷雨の後の空気:水っぽい、きらめく、明るい)。

これらの家族の多くには協会があります。花の家族の香りは長い間女性に販売される香水の主要な要素でした。男性を想起させるのは、柑橘系の新鮮な香り、スパイシーなオリエンタルな香り(オールドスパイスのアフターシェーブのように)、そしていくつかの素朴なフージェールです。しかし、Identity Narrativeというブランドで香水を作成しているMaryRichardson-Lowryは、ジェンダーニュートラルなフレグランスを作る新しい香りのアーティストの1人です。 「それが本当に完全な香りであるなら、それは彼らがどんな発音を使っても、個人を受け入れるべきです」と彼女は言います。彼女の戦略は、性別マーカー(花、スパイス、柑橘類)を混ぜ合わせ、香りのバランスを取り、誰も支配しないようにすることです。

顧問弁護士であり、シカゴ教育委員会の前会長であり、多くの企業委員会のメンバーでもあるリチャードソン-ローリーは、常に香りに魅了されていたと彼女は言います。彼女自身の香りを作成します。 「旅行中に拾ったさまざまなハーブ、木、葉、花のすべての香りについて考え、それらのテーマを組み合わせて芸術的な表現を考えました。」アートは彼女にとって重要であり、Identity Narrativeは、ファブリックやセラミックのクリエイターを含む選ばれたアーティストや職人が会社のウェブサイトや販促資料で紹介されるユニークなアーティストインレジデンスプログラムを提供しています。

↑D.S。&amp Durgaは、調香師のDavid SethMoltzとデザイナーのKaviAhuja Moltz(別名Durga)の夫婦チームによって運営されています。デュオは彼らの作品を「音楽と文学の空間を香りに変える」と見ています。
肖像画: マーティンスコットパウエル

D.S.&ampDurgaの香水やその他のアロマラインの妻であるKaviとの共同制作者であるDavidSeth Moltzにとって、音楽は情熱であるため、彼は香水の物語と音楽の可能性を完全に受け入れています。 「学び始めて、音楽で考えていたアイデアのすべてが実際に香りに込めることに気づきました」と彼は言います。 「私がもっと学ぶにつれて、私は音楽で試したであろう方法で非常に大きな物語を伝えることができました。」

音楽やその他の工芸品や芸術の場合と同様に、香りに過負荷がかかりすぎると泥だらけになる可能性があるかどうかを判断する必要がありますが、モルツ氏は、「シンプル」な香りの自然な香りや人工の香りの多くは非常に複雑であると指摘しています。ブレンド。彼自身の香水の1つには70の要素があります。 「今日、限られた数の成分である「ショートフォーミュラ」への動きがあります」と彼は言います。「しかし、私はフレグランスのクレイジーでバロックのような華やかな効果も大好きです。それは正しく行われなければなりません。」

写真: D.S.&ampDurgaの礼儀

それを正しく行うには、鼻を教育するだけでなく、多くの化学を理解する必要があります。 1月の香りプロジェクトのラベルの下で香水を作成するジョンビーベルは、画家として始まり、その後、香りの芸術が彼を香りの科学に導いたことを発見しました。 「これは創造的な分野でよく起こると思います」と彼は言います。 「友人が織り始めてから、染料の調査を始めました。私は彼女に言った、「あなたは今有機化学の教育を受けています。」彼女は言った、「はい、そして私は学校で科学が嫌いでした!」あなたが実際にあなたが取り組んでいる何かに科学を適用し始めたら、あなたの欲望何が起こっているのかを理解することは成長します。これらの香りの分子が実際にどのように機能するかを本当に知りたいのです。」

ビーベル自身のプロセスに関しては、ウィルソンブラウンが説明したのは非常に試行錯誤です。 「私は仕事中に遭遇した非常に興味深い匂いから始めます」と彼は言います。 「私はこれを他のものと組み合わせると、それはより複雑なアイデアになります。それからそれはそれ自身の人生を進化させ始めます。私はそれを横に置いて、「これは実際にはどこにも行きません」と言うか、「ちょっと待ってください、これは本当に足を伸ばし始めています」と言います。

Biebel likens the process to how he develops a painting: taking a step at a time into the unknown, bolstered by knowledge, but unsure of the result. Scent as art indeed.

Creating a Beautiful Scent Environment

You can perfume yourself, and you can also perfume your world – that is, create an indoor environment that brings beauty to the nose and peace to the soul. Here are a few ideas.

1) Bring the outdoors in. Collect garden herbs and flowers that give you pleasure and scatter them around the house. “Affluent Romans used to sprinkle rose petals on the floor,” says Saskia Wilson-Brown.

2) Wash or wipe down surfaces with essential oils. Another tip from ancient cultures: They would wash their floors with aromatics, especially lavender oils. You can also wipe down counter or dresser tops with aromatic oils.

3) Let perfume settle on fabrics. Mary Richardson-Lowry suggests misting perfume from an atomizer onto bedsheets. “Don’t spray it directly on them spray a little above and let it settle,” she suggests. As the weather cools, you can do the same with a lap blanket, a sweater, or a jacket – waft some scent above the fabric and allow it to settle, and it will be subtle and longer-lasting than aiming only to scent the air.

4) Simmer herbs and fruit on the stove. In a small saucepan, bring water to a simmer and add citrus slices and herbs of your choice, such as lavender or mint. The heat will spread the scent.

5) Craft your own room spray. John Biebel suggests combining three parts grapefruit essential oil, two parts pink pepper essential oil, two parts lavender essential oil, and one part patchouli or cedar oil. Mix the oils together and add the mixture to distilled water (about one part oil to five parts water). Put it in a small spray bottle, then spritz for a refreshing alpine scent. Stored in the refrigerator, the mixture will last for about three weeks, Biebel says.

6) Burn a high-quality scented candle. “If you walk into someone’s beautiful mansion and there’s a Glade PlugIns, it just ruins the effect,” says David Moltz. “And then again, if you walk into someone’s very modest apartment and they’re burning a really beautiful frankincense candle, it feels holy and beautiful.”

Do you have a story about an evocative scent?

We'd love to hear from you. Send your reactions, reflections, questions, and concerns to [email protected] .

Help us share impactful stories like this one

Become an American Craft Council member and support nonprofit craft publishing. You will not only receive our magazine but also help grow the number of lives craft has touched.


“Beauty is an ecstasy it is as simple as hunger. There is really nothing to be said about it. It is like the perfume of a rose: you can smell it and that is all.”

Click the link below for the latest awesome video of Chicago Master Perfumis, Zorayda Ortiz doing her thing at Love Zoil’s debut of La Dieciocho Collection. La Dieciocho is Love Zoil’s new spring line of perfume dedicated to the life and culture of Chicago’s Pilsen neighborhood.

A big and beautiful thank you to Alan Diego for creating a masterpiece video that captures the heart and energy of Love Zoils. Pleas visit and like his Facebook page, Improving Pilsen 60608:

Another big and beautiful thank you to Pilsen & Vintage Thrift store for hosting Love Zoils’ debut of La Dieciocho Collection. Thank you for your continuing love and support. Please visit both the Pilsen & Vintage Thrift store website and Facebook page. Just follow the links below.

Pilsen Vintage & Thrift website: http://www.pilsen-vintage.com/location


Roja Dove, The Master Perfumer of Exquisite Scents

Roja Dove has one of the most highly regarded noses in the world. He makes some of the world’s most refined and sought-after fragrances as well as exquisitely scented and highly-priced candles.

One of his 300g, 60-hour minimum burn candles costs around $150. The lids are dipped in 18ct gold. Roja Parfums is known as the world’s most luxurious fragrance house due to its use of the finest quality ingredients as well as its packaging and 24-carat gold coated caps.

When I started traveling internationally, the very first store I visited was Bergdorf Goodman. When creating Bergdorf and Goodman’s, I thought of the clients I meet here. When I think of Bergdorf, the women that shop here are some of the smartest women in the world, they are very, very feminine, and self-confident, and for that creation, I used gardenia around a lot of very soft and warm materials. For Goodman’s, I thought brisk, bright, dynamic, and self-assured, so I mixed spices and citrus materials in a bed of woods. I think both scents embody everything Bergdorf Goodman stands for.”

Says Dove about his New York Chypeie scented candle: “Perfume is all about dreaming and nowhere captures the imagination as much as the city that never sleeps. This is my homage to the New York rhythm of life – the heartbeat within the world’s most iconic skyline. Encased by the glamour of Art Deco designs and the buzzing electricity of a fast-paced world – an escape can be found within Central Park, where dynamic woods mingle with a sweet floral – a refreshing oasis from the madness.”

Created exclusively for Manhattan’s leading luxury destination, on 5th Avenue, Bergdorf Goodman Dove says it is “ascent of unapologetic elegance where a rich bouquet, with notes of gardenia and mayflower, nestle on a base of oakmoss and vanilla.” –

According to the famous British “Nose” – “A fresh burst of citrus bergamot is sublimated by a rich bouquet of orange blossom, jasmine, tuberose, heliotrope, and violet, warmed by patchouli, sandalwood, and cedarwood, on a soft, sensual base of benzoin, styrax, frankincense, and musk and the whole made lively by the inclusion of pink pepper. He is equally lyrical about his “Oceania.”

Roja Dove – born Roger Bird in Sussex, south England – worked twenty years for “Guerlain.” becoming the in-house “Professor du Parfum.” The childhood smells of his mother baking with cinnamon, and the smell of her face powder plus a visit to Guerlain’s boutique in the Champs-Elysee led him to drop out of Cambridge University where he was studying medicine. To pursue the education of his nose.

“It takes eight years for a surgeon to qualify. Much longer for a perfumer,” says 63-year-old Roja, who claims he can identify over eight hundred scents blindfolded. Roja has a vast collection of perfume bottles, including Lalique’s first and Jean Palou’s “Normandie.” He describes himself as a “fragrance historian” and lectures regularly around the world.

He takes his nose very seriously. And one nostril especially. He thinks the left one the more hyper-sensitive of the two. “The sense of smell is so animalistic. I cannot travel on the Underground. Or Metro. The Tube is horrible for me. It is like listening to 10,000 pieces of music at one time!”

In 2004 the “Roja Dove Haute Parfumerie” opened on the fifth floor of Harrod’s department store in London. Inspired by great perfumes like Dior’s “Diorama,” “Ombre Rose” from Jean-Charles Brosseau, and “Quelques Fleurs” by Houblagant, he started making his own. It offers odor profiling services to help you find or even build the rights cent for you.

In 2010 he created “Diaghilev” for the Victoria & Albert Museum’s exhibition. Subsequently, he created perfumes for Downing Street, Chatsworth House, Buckingham Palace, and the Kremlin. Facing competition by what he calls “the detergent manufactures,” his eponymous line now has nearly forty perfumes, including “Enslaved” and “Unspoken.”

He has been responsible for much “Danger,” “Mischief,” and “Scandal.” He says he always starts with a word. Like “Innuendo.” Or “Risque.” And then defines it with scents.

Roja believes Perfume makes people “infinitely happier.” And that “fragrance is kind to everybody.” The UAE-inspired “Amber Aoud” is a best-seller.

My Imperial Collection doesn’t celebrate Empires. It celebrates the creativity found within them. Sometimes this can be in the form of creative figures such as the Russian genius Diaghilev or the Chinese mythological goddess NüWa who created civilization and taught the arts.”

He believes that when people buy scent, they are purchasing a reflection of a lifestyle.

“If most people are trying to find a scent for their ego, I’m trying to make a scent for the id. I want to make them think about things—memories of people and places—that they smell will recall and evoke.”

Every Perfume is made in his home and then sent for compounding to Grasse in the south of France. The silk used in the packaging comes from China. As well as a unique perfume for “Harrod’s,” he created “Brittania.”

“As a nation, we have always been explorers and so have always discovered things from all around the world and brought them back. That is what is interesting about my culture. If you look at our history, we have always embraced things from other worlds. This gives Britain its great diversity. With “Britannia,” I chose materials that personify ‘Britishness’ and composed a perfume using the materials that make up the fabric of my country.”

“I’ve have chosen materials from the four corners of the Earth and worked them into something new, and to me, that is precisely what defines the British way. Britain has always embraced things from the outside and looked at how we can use fresh discoveries to create something new. Something which is ours. The Perfume, I hope, is the celebration and acceptance of international influence.

“The Perfume is an ode to British gardens using champaca, jasmine, and heliotrope. But Britain also has a huge love of chocolate, son I have added vanilla and cacao. Ambergris is a legendary symbol of wealth and status. Beloved by the aristocracy, it would never have been available to us had we not become a seafaring nation. Smells reveal associations.”

Dove believes that there is a true scent for everyone. Like, true love. “Many of us are never lucky enough to find it. But isn’t it fun to flirt, though? Scents are like love affairs. You only know whether it works when you have spent the night together!”

Distilling a unique, tailor-made scent for a client can take anything from six months to two years and costs around £25,000 for a 500ml bottle. “It’s the ultimate luxury,” adds Dove. “It is like having a famous author create a novel just for you. You are distilling a personality into a bottle.”

Dove loves Dior Eau Sauvage, and the discontinued the Balenciaga Eau de Lavande. “Elysium Pour Homme” is a new fragrance. “In Greek mythology, Elysium was the paradise for heroes. I wanted to play on the idea of pulling your nose up somewhere very high to remove you from Earth. There are traditionally masculine materials – vetiver, cedarwood, and leather – but also a lovely lime note, a grapefruit note, lavender, and musk, which has been specially designed to work as a top note.

Dove is proud of his candle range. These include Essence of Fortnum and Mason and New York which he deconstructs as “Lime and litsea cubeba add their dynamic freshness to a bouquet of cyclamen, rose, jasmine, lilac, and cherry blossom, further sweetened by an almond accord, sublimated by the warmth of Casimir and other wood notes, vetiver, linden, cinnamon, and clove, with whispers of sensual musk.”

He believes one should be found somewhere in every house. He also has ideas where people should put his perfumes. “I think a bicep is also an excellent place for it and the last place to put a little bit is in the clavicle.

“When when you bend forward and come back up, you’ll get a little puff of air up your nose. Every time your head will be an occasion for you and everyone around you! The carotid artery is there, so the warmth of being near a vein gives the scent a lift. Traditionally men would never put scent on the body, just on their handkerchiefs. I say anywhere but the back of the neck or behind the ear. Sebum adversely affects Perfume!”


Maya cuisine tamales

First of all, we learned that you cannot use Maseca Flour to make authentic tamales, which was an eye-opener. Many of us had tried in the past with very little success.

Apparently, you need masa de maiz pura or raw corn dough that you can buy here in Mexico from any tortilleria or even grocery stores. This &ldquodough&rdquo is simply the nixtamaled corn ground with a little water to form very stiff corn dough. This dough is placed in a bowl and then you add a liquid which can be water or stock, salt, Manteca or pork fat and if you want to you can add Recado Rojo which flavours the dough with herbs, spices and annatto or achiote, chaya or X&rsquopelóns which are fresh beans can also be added depending on the type of tamale you want to make.

Here in the Yucatan, they use banana leaves to wrap and steam their tamales in and the first job is to clean the leaves. Mexican tamales here in the Yucatan use banana leaves and in mainland Mexico, they use corn husks.

Next, we learned what to add to the dough and how to press it out for the different tamales. We also added chaya to one dough, Recado Rojo to another dough and to a third dough we added the X&rsquopelóns.

Masa dough with chaya added.

Recado rojo dough

X&rsquoPelons for tamale dough


26TH STREET !SASS!

Chicago`s Little Village is an eclectic, colorful and delicious chunk of Mexico plunked down on a two-mile stretch of 26th Street on the Southwest Side.

Well, okay, so maybe the neighborhood lacks the cliff divers of Acapulco, the palm trees of Puerto Vallarta and all those other picture-postcard images. What it lacks in dramatic scenery, though, it more than makes up for with an ambiente that`s at once pure Chicago, a little border town honky-tonk and a whole lot of main street Mexico.

At Coral`s Bakery, fruit-filled Czech kolachy line up alongside plump sugar-topped Mexican conchas. Music dances from loudspeakers anchored to storefronts that are plastered with kung-fu and Vicente Fernandez movie posters. Frothy dresses for brides and little girls fill display windows. Murals transform brick buildings into street art. There`s even one bordering the McDonald`s at 26th Street and Kedzie Avenue with Ronald McDonald sporting a sombrero.

With a generous amount of energy, the markets, street vendors, restaurants and bakeries contribute their tastes, fragrances and colors to the street`s gastronomic mosaic. There`s the perfume of tortillas baking at El Milagro, the sizzle of spicy chorizo at Carniceria Atotonilco and the fragrance of juicy ripe pineapples, mangos, bananas and papayas at La Justicia. Bakery windows at El Nopal boast crusty bolillos, sugar-sprinkled cookies and ginger-cookie pigs. Powerful blenders whir up frothy, fruity licuados at Taqueria Atotonilco, a snack shop owned by Raul Munoz, also the owner of the carniceria, or meat shop, of the same name across the street. Jingling bells signal the arrival of the refrigerated carts selling frozen fruit-juice bars called paletas.

Little Village-or La Villita to the Hispanics who have worked to revitalize the neighborhood-stretches west along 26th Street from Western Avenue to the city`s edge just beyond Pulaski Avenue. The embankment of the Burlington Northern Railroad borders the northern edge of Little Village while the Stevenson Expressway skirts it along the south. On either side of the bustling 26th Street business district, brick homes fronted with tiny lawns sit along shaded streets.

Traveling by car from the Loop, down the Stevenson Expressway to an exit at Kedzie Avenue headed north, the trip to 26th Street takes no more than 30 minutes.

You could eat or shop your way to culinary heaven along 26th Street. Indeed, we tried and came up with some favorites worth a visit, whether just to enjoy the fiesta atmosphere, to sample the food or to stock up on ingredients for cooking your favorite dishes at home.

And while you could visit the neighborhood almost any day of the week, during the day on Saturday and Sunday the area takes on the added energy of a fiesta. That`s when families stroll the streets as much to do shopping as to soak up the neighborhood and indulge their tastebuds in the flavors of their homeland. Which may make Little Village the most delicious way to enjoy Mexico this side of the Rio Grande.

Known for a long time as ''South Lawndale,'' the area was built up by Czechs and Poles in the early part of this century. As the neighborhood began to change, a group of men decided to give the neighborhood its own identity, according to Anita Villarreal, president of the Little Village Community Council.

''They met in the early `60s and decided that in every country there is a little village, whether it`s Mexico, Italy or Czechoslovakia, where friendliness and family are important,'' she explains. ''They wanted the neighborhood to have that feel so they called the area Little Village.''

More than the moniker contributes to the neighborhood`s character, of course. ''The majority of residents today are Mexicans,'' says Villarreal, who moved to the area in 1962. ''But there are also Puerto Ricans, Cubans, Czechs, Poles, Greeks, Koreans. 。 。 if you wanted to call this a melting pot, well it`s really a melting pot.''

The residents of Mexican heritage most strongly influence Little Village today, adding their spice and sass to the neighborhood`s central European beginnings. Zemsky Brothers Department Store is just down the street from the La Justicia supermarket. Eateries serving Chinese food sit next to tiny stands selling those roasted pork bits called carnitas. At Woolworth`s, you can buy T-shirts emblazoned with the Mexican flag.

A Spanish-style arch spans 26th at Troy Street, a sort of welcome mat for Little Village. The inauguration of the arch coincided with a parade and the celebration of Mexico`s Independence Day on Sept. 16.

Several retailers are rehabbing their storefronts to complement the arch`s Spanish colonial look. Also in the works is a visitor guidebook listing restaurants, stores and entertainment, including restaurants which feature mariachi music.

The following list of eateries, bakeries and groceries is by no means comprehensive, but it does give you a good sampling of what the street has to offer.

A relative newcomer to the area sits at the eastern edge of Little Village at 24th Street and Western Avenue. At Caramba!, 2411 S. Western Ave., owners Javier and Imelda Navarro have brought in chef Chela Cardenas from Mexico City to handle the preparation of the nicely flavored tacos al pastor, pozole and milanesa, a breaded meat cutlet.

If you need a pinata for a party, candies or ingredients in bulk, pottery, a plaster Kewpie doll or even a planter glittered up with pieces of mirror, then stop in at Herrera Mercantile, 2602 W. 26th St., the first stop on 26th Street at the easternmost end of the village.

A few blocks later, you can pick up a supply of flour or corn tortillas at El Milagro, 3050 W. 26th St. Raul Lopez`s family has been making tortillas in this city for more than 35 years. Today, he has several stores, including this combination tortilleria and restaurant.

To see tortilla-making in action on a large scale, consider visiting Del Rey Tortilleria, 2701 S. Trumbull Ave., early in the morning when the machines churn out the circular breads.

Little Village boasts several fine supermarkets. One of the largest spice and chile displays is at Armando`s Finer Foods, 2627-39 S. Kedzie Ave., just a few blocks south of 26th Street. To stock up on staples or load up on fresh produce and cheeses, visit La Justicia at 3644 W. 26th St. If you can`t find an ingredient here, you probably won`t find it in Chicago. In season, they carry sugarcane and cactus leaves (nopales). There are soft drinks from Mexico and all sorts of offbeat fruit juices-okay, go ahead and give guava a try-plus lots of herbal teas, packaged foods, canned sauces and chiles. The meat counter is anchored at one end with mountains of the crispy pork rind called chicharron which Mexican cooks stew up in spicy sauce or munch on as a crunchy snack, drizzled with limon juice.

At Carniceria Atotonilco, 3917 W. 26th St., you`ll find one of the most flavorful, yet mildest chorizo sausages in the city. Made on the premises, the sausage can be prepared at home by first removing the casing, then frying it in a skillet. ''It doesn`t spatter and spit when cooked,'' says one aficionado approvingly. In addition to those long links hanging behind the meat counter next to the sombrero, pinatas and shrine, the butchers can ready almost any cut of meat you might need for a stew or menudo, a hearty tripe soup. Do not leave Little Village without a visit to La Guadalupana, 3215 W. 26th St. Pass under the bright orange sign with the image of the Virgin of Guadalupe and enter a market where Lucy Castro has developed an ardent following of tamale lovers in the last 20 years. Her son Rogelio oversees the business of the market, while Lucy, a native of the state of Guanajuato, handles the team of five who work at a long table to prepare several thousand tamales a day in kitchens behind the store. It is there that huge grinders prepare the masa, kettles bubble with sauces and steamers stand ready to cook the cornhusk-wrapped packets. Mama Castro`s tamale recipes include two savory tamales, a mild red mole sauce with pork and a hotter green sauce with pork, plus a pink sweet tamale with raisins (all are $4.35 a dozen). ''We`re developing recipes now for chicken and beef tamales,'' says Rogelio. What cooks also will appreciate is the array of ground ingredients for cooking, including pumpkin seeds for pipian sauce, garlic, spices, as well as Mama`s mole.

If the day is cool and you start off early, you may want to stop in for a cup of coffee and a concha at El Charrito Panaderia, 3424 W. 26th St. Or you may want to make this a mid-morning (merenda) snack stop. This tiny bakery has only one vinyl-covered table and a coffeemaker perking away, but there`s a nice variety of pan dulce (sweet, go-with-coffee breads): the barely-sweet sugar-topped conchas (the shell-pattern of sugars gives them their name), cinnamon-sugared pastry rounds called orejas (ears) and plate-size circles of dough called bunuelos. Of course, this bakery-as well as every other one along the street-specializes in massive, ornately decorated cakes for weddings, birthdays and name days.

Down the street at the large El Nopal Bakery, 3648 W. 26th St., Francisco Bonilla and his wife, Celia Cardenas, turn out thousands of those sugared conchas daily and 70 dozen of the French-type rolls called bolillos. Bonilla was born in San Antonio, Tex., but lived for many years in Monterrey in the Mexican state of Nuevo Leon.

''The recipes we prepare here are those I learned to love while growing up,'' says Bonilla. The family has had a bakery in Chicago for more than 34 years but have been on 26th Street only since 1974. These days, Sundays are so busy they have seven girls working the counters and go through mountains of gingerbread pigs, pan de huevos (egg bread) and orejas.

If you want to start the day on a more substantial note, visit La Posada, 2601 S. Ridgeway Ave., or Nuevo Leon, 3657 W. 26th St., a larger version of the 18th Street establishment. Both are full-menu restaurants, but open early for breakfast (8 a.m.), making them good places to opt for eggs scrambled with chorizo or machacado (dried beef), then served up with lots of tortillas.

Plan to stop for a refreshing licuado break at Taqueria Atotonilco, 3916 W. 26th St. Licuados are basically fresh fruit and milk shakes, beaten until frothy, then served in tall glasses with a sprinkling of cinnamon. Fruit choices are seasonal but you can almost always find banana and strawberry on the line-up, which also includes papaya, mango and pineapple. The popular accompaniment here is tacos al pastor. The meat for the tacos is layered on a spit into a huge gyros-type assembly, then sliced off and layered atop several tortillas for taco-making to taste.


Authentic Mexican Tamales &ndash Ingredients

Tamale ingredients

Before you make tamales there is a lot you need to know. Those of us from north of the border (well some of us) have only had tamales made with Maseca the cornflour we think of as traditional Mexican. Well, the best tamales are made from masa de maiz or put simply the raw corn dough that is a result of grinding the nixtamaled corn before it is dried into flour known as maseca.

Most Mexicans would not be caught using maseca for their tamales as it is just not the right consistency. masa de maiz (Pura) can be purchased here in Mexico in any tortilleria as this is the dough they use to make tortillas. In North America, some specialized Latin American shops might carry the dough fresh or frozen, or see if you can find a tortilla producer locally to purchase the dough from. If this is not available to you there is a way to make the dough yourself from dried corn but that is a whole other blog post.

The dough itself is quite tough and dry and needs some working and additions to make it pliable enough to use either for tamales or for tortillas. Added to the dough is a variety of ingredients that should include a source of moisture (either water or stock), fat (preferably Manteca or pork fat) in addition you can add a recado (spice mixture or blend), chaya or X&rsquopelóns.

s are a traditional Mayan fresh bean. The beans can be purchased in Mexico between the months of November to April and are sold fresh. The beans should be cooked in boiling water for around 2 minutes (parboiling) they will turn a sort of greyish black colour. X&rsquopelóns are similar to a fresh black-eyed pea, raw they taste kind of like grass and cooked they are a little sweeter and tender.

Chaya is spinach-like green that goes back thousands of years in Maya cuisine. You have to be very careful with Chaya as it has a milky substance when the leaves and stems are squeezed that can sting if you get it in your eyes. The plant also has a hair-thin layer and cannot be eaten raw it must be cooked for at least 20 minutes before eating. The plant itself is very high in vitamins and protein, in fact, it is almost three times greater than other leafy vegetables. Here in Mexico, you can ask for your chaya to be cleaned before purchasing.

Chile X&rsquokatic (Sh-kah- teek) This Chili is long and narrow and sort of a triangular shape and will be a light yellow or light green it can be as spicy as a jalapeno. Used in many Yucatecan Mayan dishes it can also be called a guero chilli. It is apparently related to the banana or yellow wax chilli.

Chile Dulce/Sweet Pepper This appears to be a very small green pepper, it is sweet, not hot and used exactly as the bell pepper.

Epazote (eh-pah-SOH-teh) Is a well-loved Mexican herb, preferably used fresh in North America it can be purchased dried in some Latin American stores. It has quite a strong smell and it gives a distinct flavour to Mexican dishes. It is also known as a digestive type of herb and used to cook many bean dishes and is said to relieve the gastrointestinal effects of beans. It has a distinct perfume smell but the taste is quite different and very herbaceous.

Recados are considered the backbone of Yucatecan cuisine and there are three different kinds Recado Rojo, Recado Negro and Recado Blanco.

Recado Rojo&rsquos bases are annatto or achiote seeds that are ground and mixed with garlic, oregano, cumin, cloves and coriander, black pepper, allspice and salt. The combined are formed into a brick so to speak that is wrapped and then used in various dishes by adding liquids.

You take a chunk of the paste and mix it with sour orange, or white vinegar to form the paste used for Maya dishes such as conchinita pibil or Chicken Rojo. In the case of the tamales, we used a chunk of the achiote recado and mixed it with water until it formed a thin paste and this was used both in the tamale dough and in the meat mixture to flavour the chicken and pork for the tamale filling.

Chilemole /Recado Negro &ndash it is made with fire-blackened Ancho chiles, white vinegar, a few ground annatto seeds, allspice, cinnamon, black pepper, cloves, garlic, onion, oregano, epazote and salt.

Recado Blanco/de bistec This spice blend is not only used for a wide variety of meats, pork, seafood, chicken and vegetables. It has distinct cumin, coriander fragrance.

Pepita Molida these are toasted and ground pumpkin seeds. Used to make a traditional Mayan dip or sauce when mixed with roasted tomatoes and cilantro called T&rsquoSikil Pak.

Rick Bayless did a whole TV series about cooking and food in the Yucatan, here is one of his best recipes for Mexican tamales.


ビデオを見る: Pantheon Parfum (1月 2022).