カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

エシャロットとハーブのビネグレットソースでソテーしたチキン

エシャロットとハーブのビネグレットソースでソテーしたチキン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

材料

  • 6皮なし骨なし鶏胸肉半分
  • 2/3カップのすりおろしたエシャロット(約5)
  • 小さじ4杯と大さじ7杯(またはそれ以上)のオリーブオイル
  • みじん切りにしたエシャロット2カップ(約10個)
  • 1/4カップシェリーワインビネガー
  • みじん切りの新鮮なパセリ1/2カップ
  • みじん切りにした新鮮なコリアンダー大さじ2

レシピの準備

  • 鶏肉、すりおろしたエシャロット、小さじ4杯の油を大きなボウルに入れます。投げ捨てる。少なくとも3時間から最大8時間冷蔵してください。

  • みじん切りにしたエシャロット、酢、大さじ2の水を1/3カップ入れ、中火で中鍋で沸騰させます。 1分煮る。熱を中程度に下げます。エシャロットが柔らかくなるまで約1分煮ます。暑さから削除。油大さじ5、パセリ、コリアンダー、蜂蜜、水大さじ2を入れて泡だて器で混ぜます。ソースを塩こしょうで味付けします。取っておきます。

  • 重い大きなフライパンに大さじ1の油を中火から強火にかけます。残りのミンチエシャロットを追加します。約3分炒めます。小さなボウルに移します。同じフライパンに大さじ1の油を熱します。鶏肉に塩こしょうをふりかける。 2つのバッチで作業し、フライパンに鶏肉を追加します。火が通るまで炒め、必要に応じて油を追加します。片面約6分です。

  • 鶏肉をまな板に移します。対角線上で1/2インチの厚さのスライスにカットします。鶏肉を6枚の皿に分けます。エシャロットのソテーをふりかけます。ソースを持ってきて煮ます。鶏肉をスプーンでかけ、サーブします。

レビューセクション

エシャロットとチキンのソテー-ハーブビネグレットソース-レシピ

ローレンディマッテオの写真提供

日曜日の夜は、家族や友人とリラックスし、在庫を取り、1週間自分を鍛える時間です。日曜日の午後と夜に特別な定食メニューを提供するロサンゼルスの9つのレストランについて学びます。多くの場合、将来の食事のゲートウェイドラッグを提供するために、価値を高めます。 [ローレン・ディ・マッテオのベルカンポ写真提供]

マップ上の番号は以下のリストに対応しており、優先順位ではなくアルファベット順に表示されます。

アーニャフェルナルドとトッドロビンソンの垂直統合肉会社であるベルカンポのサンタモニカ支店では、毎週3コースの定食ホームクックドサンデーサッパーメニューを1人あたり35ドルで提供しています。ヘッドシェフのカレブオースは、コースごとに少なくとも3つの選択肢を提供し、8ドルの追加料金でステーキフリット(肉屋の選択肢)にアップグレードするオプションがあります。

スターター&#82111つの選択
•ビーフタルタル:コーニコン、エシャロット、シトラスグリーン、ベルカンポ卵黄、焼きパン
•フレンチディップエクレア:ローストビーフ、パテシュー、西洋わさび、ボーンブロスジュース
•フリルマスタードグリーンサラダ:きゅうり、にんじんのパイパン、シェリービネグレットソース

メインディッシュ&#82111つの選択
•グリルドハーフチキン:クリスピーファッロ、ザクロ、ブドウのピクルス、サンゴールドトマト、マイヤーレモンビネグレットソース
•リングイネボロネーゼ:ハウスパスタ、グアンチャーレ、パルメザンチーズ、パセリ
•ベルカンポバーガー:1/2ポンドの牧草飼育ビーフパティ、カラメル玉ねぎ、バターレタス、ハウスソース、フライドポテト

デザート&#82111つの選択
•CITRUSOLIVE OIL CAKE:柑橘系の釉薬、砂糖漬けの柑橘類、バニラビーンズアイスクリーム
•ゴートチーズケーキ:グラハムクラッカーのクランブル、クレームフレッシュ、イチゴ、ピスタチオ
•ダークチョコレートブディーノ:塩キャラメル、シャンティリークリーム、ヘーゼルナッツ、オリーブオイル


シェフのオーナーであるティム・キャリーとビジネスパートナーのサントス・ウイは、オールドパサデナにワインに優しいシーフードレストランを作りました。 3コースの35ドルの定食メニューは、午後5時30分からご利用いただけます。最近のメニューは次の料理で構成されていました。

•初秋のサラダ:リンゴ、ザクロ、マスタードフリル、ピスタチオ、ペコリーノ、ゴールデンバルサミコ酢
•ニュージーランドのキングサーモン、ズッキーニ、トマト、スカッシュ、サルサアマリラ また
バラマンディ、デリカタスカッシュ、ケール、タンポポグリーン、タラゴンフメット、生ハム
•ポットデクリーム、バタースコッチ、カヘタ

マット・ダガンの写真提供

スザンヌ・ゴイン​​は文字通り日曜日の夕食に本を書いた。テリ・ゲルバーとの彼女の本&#8211 Lucquesでの日曜日の夕食:市場から食卓までの季節のレシピ &#8211は、メルローズでの家族向けの食事からいくつかのお気に入りのレシピをキャプチャしました。これは現在、1人あたり52ドルです。季節のメニューは毎週変わり、通常、前菜とデザートのセット、メインディッシュの選択が含まれます。彼らの12月10日のメニューは次のもので構成されていました。

•タレッジョ、魚雷玉ねぎのグリル、ヘーゼルナッツを添えた野生のキノコのトースト

•コンの発芽カリフラワー、アンチョビバター、マイヤーレモンを添えたパンローストスケート また
冬カボチャのプリン、山羊のチーズ、西洋わさびのグレモラータを添えたハンガーステーキのグリル

•カシスシャーベットとシャンパンのスプラッシュを添えたキールロワイヤルヴァシュラン

エグゼクティブシェフ兼共同所有者のD.Brandon Walker、Jill Davie、Jorge Rivasは現在、マービスタで最も野心的なレストランを経営しています。彼らの日曜日の夕食メニューは毎週変わり、1人あたり35ドルかかります。

最新の日曜日の夕食メニューは次のとおりです。

•エアルームトマトビスク:ブッラータ、カリカリオリーブ、揚げサンチョーク
•ホープランチムール貝:パールパスタ、サフランキャロットジンジャーソース
•ピーカンパイ:バニラアイスクリーム、スパイスの効いたシャンティクリーム

ボーナス:12歳以下の子供は、キッズメニューから日曜日の夜に無料で食事をします。

青と白の矢印は、ロサンゼルス西部のストリップモールの裏隅にあるヌークビストロへの道を示しています。シェフのAndyZavalaは、25ドルで3つのコースを&#8220アメージングダイナー&#8221することを目指しています。メニューは毎週変更され、12月10日に以下が含まれます。

•最初:フェタチーズ、ニンジン、ローストエシャロット、ハーブビネグレットソースのレンズ豆サラダ
•その後:赤ワインで煮込んだビーフショルダー、サツマイモのピューレ、ケール、マスタードクレマ
•AND:分解されたチーズケーキ、グラハムクラッカークラム、マセレーションベリー

オーシャンプライムの写真提供

キャメロンミッチェルのシーフードとステーキを中心としたレストラン、オーシャンプライムでは、シェフのジェフバウンバーガーがサーフ&#038ターフサンデーを紹介します。 3コースの食事はそれぞれ60ドルで、スターター、サイド、サーフ、8オンスのフィレミニョンの選択肢が含まれています。

最初のコースオプション:
• フレンチオニオンスープ
• シーザーサラダ
• グリーンサラダ

サーフセレクション:
•エビ手長海老と白ワインガーリックソース
•サコタッシュとコーンエマルジョンのクラブケーキ
•ほうれん草とカベルネ・ソーヴィヨンのホタテ貝の炒め物

おかずの選択:
•ハラペーニョグラタン
•クリーミーなホイップポテト
•トリュフマック&#038チーズ
•蒸しブロッコリー
•チョップハウスコーン
• ホウレンソウのクリーム煮

ThePikeyの写真提供

JaredMeislerとSeanMacPhersonによる英国風のハリウッドレストランThePikeyでは、エグゼクティブシェフのJackHotchkinが午後3時30分からサンデーローストを提供しています。 22ドルの各プレートには、スタッフィング、ローストポテト、ヨークシャープディング、グレービーが含まれています。

•ビーツとショートリブのロースト&#038ホースラディッシュクリーム
•キャラメリゼしたリンゴを添えたスローローストポークベリー&#038パースニップ

SOCA、世界的にインスピレーションを得た NSハーマン Oaks、 CABoneyardBistroのシェフオーナーであるAaronRobinsのliforniaは、午後5時30分から3コースの36ドルのメニューを提供しています。 &#8211午後10時一部のワインは半額です。メニューは毎週変更され、ハーブでローストしたハーフチキンまたはプチニューヨークステーキに、ソテーした野生のキノコのデミグラスソースを添える場合があります。こちらが最近のエディションで、コースごとに2つの選択肢があります。

始める
•アビエイターシーザー:ロメインレタスのハート、自家製クルトン、生卵ガーリックアンチョビドレッシング
•ランドリーサラダ:ルッコラ&#038フリゼ、フェンネル、タマネギ、ヤギのチーズ、梨、クルミ、タラゴンビネグレット、オレンジの皮

前菜
•アルパストールチキンブレスト:スパニッシュライス、アボカドサラダ、ワヒーヨソース
•プチニューヨーク:野生のキノコのソテー、マッシュポテト、エアルームニンジン

デザート
•トリプルチョコレートケーキ:ヴァローナチョコレートムース、チョコレートデビルズフード、チョコレートグレーズ
•P.O.G。パブロバ:パッションフルーツのパテドフリュイ、オレンジカード、メレンゲ、グアバシャーベット

ウィルシャーレストランの写真提供

ブレンダン・コリンズがバーチを閉店した後、エグゼクティブシェフになった今、彼はサンタモニカのウィルシャーレストランに英国スタイルのサンデーローストをもたらしました。午後12時から–午後4時、彼は3つのメインコースに、芽キャベツ、ニンジン、エンドウ豆、ローストポテト、カリフラワー&#038チーズ、グレービー、ヨークシャープディングの7つのトリミングを提供しています。

•ローストビーフ、西洋わさびクリーム($ 27 /人)
•ローストハーフチキン、セージ、タマネギの詰め物($ 24 /人)
•穴の中の英国風野菜($ 16 /人)


夕食は何? 7月にぴったりの24の平日のディナーレシピ

夏は農産物が本当に輝く時期です。 7月4日のパーティー、卒業式、裏庭でのバーベキュー、週末の休暇の間、7月はおいしい料理を楽しむのに最適な月の1つです。夏の週末のほとんどは、グリルした肉の盛り合わせと素晴らしいシートケーキでいっぱいになるはずですが、平日は少し軽いもの、間違いなく速いものが必要な場合があります。ここでは、24のディナーのアイデアを共有しています(今月は毎週夜に1つ!)。すべては、ここに描かれているタリアテッレを添えたチキンボロネーゼから始まります。

肉のない月曜日は菜食主義者だけのものではありません。少し健康的なもの(それでも完全においしいもの)を提供したい場合、または週のある夜に別の何かを試してみたい場合は、参加してください。焼きなすのパルメザンチーズや圧力鍋のコーンリゾットなど、旬の野菜を生かしたレシピをご紹介します。

シーフードのように夏を言うものはありません。エシャロットのホタテ貝-ハーブパスタは、魚とパスタを一緒に提供する天才的で群衆に優しい方法です。さらに、見た目も美しくても問題ありません。たまたまたまたま25分で調理されるもう1つの季節のスターは、レモンとタイムを添えた丸ごとグリルした魚です。このカラフルなトマトビートサラダと一緒に、見事でカラフルなディナーをお楽しみください。

あなたが快適な食べ物の夕食のレシピが欲しい夜のために、インスピレーションを得たパスタ料理を作ってください。エンドウ豆と卵のニョッキ、またはローストトマトとフレッシュトマトのブカティーニは、マリナーラソースで覆われたスパゲッティよりもはるかに優れています。どちらも非常に簡単に作ることができます。ボーナス:どちらの料理も準備に1時間もかからないので、忙しい夜に最適です。

私たちのレシピスケジュールに固執するか、あなたが渇望していてパントリーにある材料に基づいてそれを混ぜ合わせてください。これらの家族向けのディナーレシピは、いつどこで提供するかに関係なく、きっと喜ばれることでしょう。


娯楽のための素晴らしいオプションであるシーフードレシピ

空腹の友人や家族が集まる次の食事でシーフードを提供し、それを共有テーブルの魅力的な焦点にします。ここに描かれている炒めたシーバスのふっくらとした切り身や、淡水と塩の両方の甲殻類のように、新鮮な魚を提供する必要があるのはなぜですか? 2つの説得力のある理由があります:それらはおいしいです、そしてそれらは私たちにとって良いです。

しかし、これらのタンパク質を楽しむ理由は他にもたくさんあります。魚介類は、タンパク質が消化されやすく、魚介類のテーブルから軽く上がるため、陸上の放牧兄弟よりもお腹の中で軽く座る傾向があります。野生で捕獲された軟体動物や魚は季節限定である傾向があり、地元で持続可能な方法で買い物をしたい場合は特にそうです。季節が一瞬の食べ物を楽しんでいることを知ることには、本質的に満足のいくお祝いの何かがあります。そして、養殖料理(サーモンやブランジーノなど)の場合、それらを準備するあなたの好きな方法が時期によって影響を受けないことを知っていることは心強いです。

地元のシーフードやファーマーズマーケットを訪れることは、常に地元で何が(いつ)利用できるかについての教育であり、瞬時に接続することで、特定の漁獲物やブライニー作物の持続可能性を簡単にチェックできます。それが選択肢にない場合は、モンテレーベイ水族館のシーフードウォッチをお勧めします。地元の食料品店で最も持続可能なシーフードの選択肢を確認してください。

柑橘類のジュースで簡単に「調理した」生のホッキョクイワナのさわやかなサラダと、茶色のバターに浸したカキのグリルから、最もシンプルで焼きたてのソールの切り身と満足のいく十分なサーモンのポットパイから、群衆を美味しく養うための私たちのトップペスカタリアンピックがあります。


Jonathan&#39s Worldly Eats:Confessions of a Foodie-Sticks&Stones-ノースカロライナ州グリーンズボロ

ピザは神々の本質です。もともとはサボイのマルゲリータ女王に敬意を表して謙虚なパン屋によって作成され、後にフランクペペピザによって完成されたものは、地球上で最も食欲をそそる、したがって不可欠な食品の1つです。年齢、人種、性別、宗教を問わず、世界中で愛されている最小公分母です。しかし、その人気にもかかわらず、人々は一般的に忌まわしいピザパイを食べます。地殻から染み出る16種類のチーズ製品があるか、トマトに似ていたものから作られたソースの赤いシェラックのような言い訳に溺れているかどうか:おいしいピザはとらえどころのない喜びになっています。適切なピザの鍵は地殻にあります。噛んだときにガラスのように割れて、歯ごたえのある枕のような中心に到達するという特徴がなければなりません。そのようなクラストは、高品質の穀物、発酵プロセスの忍耐、そして最も重要なことに、本当に熱くて本当に乾燥した、木材または石炭を燃料とするオーブンから来ています。ピザハットなどの大きなピッツェリアチェーンや、テイトストリートのニューヨークピザなどの地元の人たちでさえ、電気オーブンやガスオーブンを使用して、歩行者、脂っこい、生地のパイを作ります。ペペとローマのピッツェリアバフェットのトマトパイにうんざりして、私はゲートシティで天国のスライスを探しに行き、奇跡的に堅実な料理のピッツェリアを見つけました。

Sticks and Stones Clay Oven Pizzaは、他の多くの飲食店が失敗したところで成功します。彼らはイタリアの伝統的な農民料理を巧みに取り入れ、決まり文句や過剰な表現をすることなく、モダンなフレアとエレガンスを吹き込みました。さらに、地元の農場や乳製品からの天然成分への強い献身と、可能な限り最高の料理を生み出すための真の献身が、WalkerAvenueレストランでの食事を贅沢なものにしています。 Sticks and Stonesの季節のメニューを一目見ただけで、各料理には食材にインスパイアされた名前があることに気付くでしょう。美味しくてユニークなオプションは、「ゴールド」(これまでに食べた中で最もリッチでクリーミーなモッツァレラチーズのマリネと自家製ペストを添えて揚げたもの)などのクラシックなスターターから、「レスキューブルース」(ローズマリーガーリックフライ)などのよりエキゾチックなオプションまでさまざまです。 「バーライト」(地元の野菜のローストとオリーブ、塩漬け肉、チーズのマリネ)。 「ピースフルバレー」サラダ(地元の有機野菜、もやし、トマト、にんじん、大根、トーストしたカボチャと亜麻の種子、自家製のローストシャロットとハーブビネグレットを添えて)は、私のような肉食動物でも洞窟に入れて生で楽しむのに十分なほどエキサイティングです野菜。

ピザメニューは、型にはまらない食材を組み合わせたときに料理のリスクを克服するシェフの芸術性と才能をさらに示しています。 「スウィートカロライナ」はポーク愛好家の夢です。ケインクリークファームのすべて天然の甘いイタリアンソーセージに、ローストチリペッパー、ほうれん草、モッツァレラチーズ、新鮮なリコッタ、パルメザンチーズ、地元のトマトのソースを添えています。 「モッキンバードシング」は、ローストしたアシュリーファームチキンとソテーしたフェンネルと組み合わせた食材のもう1つの素晴らしい例で、フレッシュトマト、ほうれん草、モッツァレラチーズ、ゴルゴンゾーラでさらに強化されています。もう少し落ち着いたパイをお探しの方には、Sticks andStoneの「Tobethe One」は、新鮮なバジルをトッピングしたゴージャスなチーズピザです。シンプルで新鮮、そして忘れられないものです。

Sticks and Stonesのスターター、サラダ、ピザ、デザートは、素晴らしいイタリア料理を体現しています。持続可能な地元の有機食品を食べたり購入したりすることの重要性に対する彼らの認識は、この隠されたグリーンズボロの宝石をさらに飾ります。ブートするために、彼らはまた、すべてリーズナブルな価格で、豊富なビールとワインのメニューを誇っています。ドミノの3層構造のタコス愛好家、ホットドッグとチーズを詰めたクラスト、クッキー生地をトッピングしたピザを置き、スティックとストーンに向かい、ピザの罪を贖う。

スティック&ストーン
2200ウォーカーアベニュー
ノースカロライナ州グリーンズボロ27403
336.275.0220


エシャロットとチキンのソテー-ハーブビネグレットソース-レシピ

レストランの営業時間:
晩ごはん:
水曜日-日曜日4:30-9pm
ハッピーアワー:
水曜日から金曜日の午後3時30分から午後5時30分
月曜日と火曜日は休業

増加するコストをカバーし、専任のチームメンバーの最低賃金と手当の最近の増加をサポートするために、すべてのゲストチェックに4%の追加料金が追加されます。

主要
$ 4セレクトドラフトビール$ 5ハウスワイン$ 5サングリア(白または赤)$ 6バーテンダーズチョイスカクテル
シャキッとした芽キャベツ
パンチェッタ、パルメザンチーズ、バルサミコ酢
$6.95
サラダメゾン
ルッコラ、ブルーチーズ、トーストしたクルミ、エアルームトマト、キュウリ、赤玉ねぎ、シャンパンビネグレット
$6.95
カプレーゼフラットブレッド1/2
フレッシュモッツァレラチーズ、チェリートマト、ペストオイル、レモンルッコラ、バルサミコ酢
$6.95
イカ
パン粉をまぶしたイカのストリップ、レモンケーパーのアイオリ
$6.95
和牛スライダー
ガーリックアイオリ、オニオンベーコンジャム、レタス、トマト、ブリオッシュ、フライドポテト
$6.95
フラットアイアン
チミチュリ、フライドポテト
$16.95

増加するコストをカバーし、専任のチームメンバーの最低賃金と手当の最近の増加をサポートするために、すべてのゲストチェックに4%の追加料金が追加されます。

キッズメニュー(12歳以下)
マカロニアンドチーズ $8.95
チキンテンダー $8.95
チーズバーガー $8.95
チーズフラットブレッド

増加するコストをカバーし、専任のチームメンバーの最低賃金と手当の最近の引き上げをサポートするために、すべてのゲストチェックに4%の追加料金が追加されます

デザート
ココナッツクレームブリュレ
フライドポテトベリー
$10.95
ツイストエルビス
焼きたてのバナナブレッド、キャラメリゼしたバナナ、バターを塗ったラム酒、バニラビーンズアイスクリーム
$10.95
泥のパイ
コーヒーアイスクリーム、オレオクラスト、アーモンド脆性、チョコレートガナッシュ
$10.95
ティラミス
レディーフィンガー、マスカルポーネ、トーストしたヘーゼルナッツ、塩キャラメル
$10.95
シェフによるシャーベットのセレクション
季節のフルーツ、ワッフルの巣
$10.95

増加するコストをカバーし、専任のチームメンバーの最低賃金と手当の最近の増加をサポートするために、すべてのゲストチェックに4%の追加料金が追加されます。 // gf =グルテンフリーv =ベジタリアンgf *、v * =リクエストに応じて、グルテンフリーまたはベジタリアンで調理できます。

スープ&サラダ
フレンチオニオンスープ
グラタングリュイエール、チャバタ
$10.95
アイランドプライムのロブスタービスク
ブリオッシュクルトン
$15.95
サラダメゾン
ルッコラ、ブルーチーズ、トーストしたクルミ、エアルームトマト、キュウリ、赤玉ねぎ、シャンパンビネグレット
$10.95
BOボービート
パン粉ハーブ山羊チーズ、クレソン、ほうれん草、ルッコラ、スパイシーなピスタチオ、白いバルサミコ酢
$12.95
シーザー
ロメインレタス、削ったパルメザンチーズ、ブリオッシュクルトンのハート
$11.95
共有可能
イカ
パン粉をまぶしたイカのストリップ、レモンケーパーのアイオリ
$15.95
シャキッとした芽キャベツ
パンチェッタ、パルメザンチーズ、バルサミコ酢
$14.95
ガーリックシュリンプ
新鮮なハーブ、エシャロット、トーストしたチャバタ
$14.95
エスカルゴ
エシャロットハーブバター、パイ生地
$14.95
フラットブレッド
カプレーゼ
フレッシュモッツァレラチーズ、チェリートマト、ペストオイル、レモンルッコラ、バルサミコ酢
$11.95
パンチェッタ
ハーブゴートチーズ、キャラメリゼした玉ねぎ、トマトジャム、フレッシュハーブ
$13.95
スモークサーモン
ハーブクリーム、ケーパー、赤玉ねぎ、にんにくチップス
$13.95
ビストロクラシック
メアリーのスモークチキン
砕いたサヤインゲン、インゲンマメ、西洋わさびのビネグレットソース
$26.95
ポークシャンク
ロメスコ、キャラメリゼした玉ねぎ-ベーコンマッシュ
$31.95
チーズとバーガーロワイヤル
和牛、グリュイエール、オニオンベーコンジャム、フライドポテト、レタス、トマト、ガーリックアイオリ、ブリオッシュ
$17.95
プライムステーキフリット
フラットアイアン、ブルーチーズバター、フライドポテト
$32.95
プライムニューヨーク
ハラペーニョ-フレズノチリチミチュリ、ハーブポテト、焦げたアスパラガス
$37.95
ムール貝
マリニエール
白ワイン、エシャロット、ニンニク、チャバタ
$16.95
ジンジャー-レモングラス
タケノコ、ネギ、ココナッツクリーム、チャバタ
$17.95
チポトレクリーム
パンチェッタ、トマト、コリアンダー、チャバタ
$17.95
パスタ
アーティチョークブカティーニ
ケッパー、サンドライトマト、松の実のトースト、バジル、エシャロット、ガーリックバター、チャバタ
$22.95
エビのパッパルデッレ
ペストクリーム、焦げたアスパラガス、ローストチェリートマト、チャバタ
$27.95
ほうれん草のニョッキ
春のエンドウ豆、生ハム、ハーブクリーム、チャバタ
$24.95
シーフード
シェフのデブのゴマアヒ
禁断のご飯、マンゴーパイナップルサルサ、大豆生姜、わさび
$32.95
ローストサーモン
パースニップのピューレ、パティパンスカッシュのソテー、チェリートマト
$29.95
丸ごとクリスピーな白身魚
海豆、ローストパールオニオン、サフランライス、赤唐辛子ビネグレット
$34.95
スペインのパエリア
ムール貝、エビ、イカ、ホワイトフィッシュ、パンチェッタ、スペインエンドウ豆、チポトレアイオリ、バスマティライス
$32.95

e-Cuisine Clubにサインアップして、最新情報を入手してください
Cohn FamilyofRestaurantsの「what'scook'n」。


Jonathan&#39s Worldly Eats:Confessions of a Foodie-Sticks&Stones-ノースカロライナ州グリーンズボロ

ピザは神々の本質です。もともとはサボイのマルゲリータ女王に敬意を表して謙虚なパン屋によって作成され、後にフランクペペピザによって完成されたものは、地球上で最も食欲をそそる、したがって不可欠な食品の1つです。年齢、人種、性別、宗教を問わず、世界中で愛されている最小公分母です。しかし、その人気にもかかわらず、人々は一般的に忌まわしいピザパイを食べます。地殻から染み出る16種類のチーズ製品があるか、トマトに似ていたものから作られたソースの赤いシェラックのような言い訳に溺れているかどうか:おいしいピザはとらえどころのない喜びになっています。適切なピザの鍵は地殻にあります。噛んだときにガラスのように割れて、歯ごたえのある枕のような中心に到達するという特徴がなければなりません。そのようなクラストは、高品質の穀物、発酵プロセスの忍耐、そして最も重要なことに、本当に熱くて本当に乾燥した、木材または石炭を燃料とするオーブンから来ています。ピザハットなどの大きなピッツェリアチェーンや、テイトストリートのニューヨークピザなどの地元の人たちでさえ、電気オーブンやガスオーブンを使用して、歩行者、脂っこい、生地のパイを作ります。ペペとローマのピッツェリアバフェットのトマトパイにうんざりして、私はゲートシティで天国のスライスを探しに行き、奇跡的に堅実な料理のピッツェリアを見つけました。

Sticks and Stones Clay Oven Pizzaは、他の多くの飲食店が失敗したところで成功します。彼らはイタリアの伝統的な農民料理を巧みに取り入れ、決まり文句や過剰な表現をすることなく、モダンなフレアとエレガンスを吹き込みました。さらに、地元の農場や乳製品からの天然成分への強い献身と、可能な限り最高の料理を生み出すための真の献身が、WalkerAvenueレストランでの食事を贅沢なものにしています。 Sticks and Stonesの季節のメニューを一目見ただけで、各料理には食材にインスパイアされた名前があることに気付くでしょう。美味しくてユニークなオプションは、「ゴールド」(これまでに食べた中で最もリッチでクリーミーなモッツァレラチーズのマリネと自家製ペストを添えて揚げたもの)などのクラシックなスターターから、「レスキューブルース」(ローズマリーガーリックフライ)などのよりエキゾチックなオプションまで多岐にわたります。 「バーライト」(地元の野菜のローストとオリーブ、塩漬け肉、チーズのマリネ)。 「ピースフルバレー」サラダ(地元の有機野菜、もやし、トマト、にんじん、大根、トーストしたカボチャと亜麻の種子、自家製のローストシャロットとハーブビネグレットを添えて)は、私のような肉食動物でも洞窟に入れて生で楽しむのに十分なほどエキサイティングです野菜。

ピザメニューは、型にはまらない食材を組み合わせたときに料理のリスクを克服するシェフの芸術性と才能をさらに示しています。 「スウィートカロライナ」はポーク愛好家の夢です。ケインクリークファームのすべて天然の甘いイタリアンソーセージに、ローストチリペッパー、ほうれん草、モッツァレラチーズ、新鮮なリコッタ、パルメザンチーズ、地元のトマトのソースを添えています。 「モッキンバードシング」は、ローストしたアシュリーファームチキンとソテーしたフェンネルと組み合わせた食材のもう1つの素晴らしい例で、フレッシュトマト、ほうれん草、モッツァレラチーズ、ゴルゴンゾーラでさらに強化されています。もう少し落ち着いたパイをお探しの方には、Sticks andStoneの「Tobethe One」は、新鮮なバジルをトッピングしたゴージャスなチーズピザです。シンプルで新鮮、そして忘れられないものです。

Sticks and Stonesのスターター、サラダ、ピザ、デザートは、素晴らしいイタリア料理を体現しています。持続可能な地元の有機食品を食べたり購入したりすることの重要性に対する彼らの認識は、この隠されたグリーンズボロの宝石をさらに飾ります。ブートするために、彼らはまた、すべてリーズナブルな価格で、豊富なビールとワインのメニューを誇っています。ドミノの3層構造のタコス愛好家、ホットドッグとチーズを詰めたクラスト、クッキー生地をトッピングしたピザを置き、スティックとストーンに向かい、ピザの罪を贖う。

スティック&ストーン
2200ウォーカーアベニュー
ノースカロライナ州グリーンズボロ27403
336.275.0220


ディナーメニュー

毎日午後5時30分から午後10時までお召し上がりいただけます

シェフのスープデュジュール$ 7

コモドールシーフードチャウダー$ 9

サラダ

ブルーチーズとベーコンのサラダ$ 12
ほうれん草、トマト、玉ねぎ、砕いたチーズ。

ボースンのベイビーリーフレタスサラダ$ 14
ルッコラ、グリーンアップル、ハートオブパーム、赤玉ねぎのピクルス、トーストアーモンド、マンゴーと
シトラスマンゴードレッシング。

テーブルサイドシーザーサラダ$ 15
ベビーロメイン、アンチョビ、ガーリッククルトン、すりおろしたパルミジャーノレッジャーノ、調理済み卵。
鶏肉$ 5魚$ 7エビ$ 9を追加

シェフのサラダ$ 15
ケール、ミックスグリーン、ローストスカッシュ、アボカド、熟したバナナ、ギリシャのヨーグルトドレッシングを添えたゴールデンレーズン。

コモドールデュオシーフードサラダ$ 16
ポーチドシュリンプ、イカの炭火焼き、ベイビーリーフレタスのスモークサーモン、クリスピーワンタン
パッションフルーツドレッシング付き。

キャプテンのロブスターサラダ$ 20
アボカド、玉ねぎのピクルス、柑橘類のセグメント、軽いドレッシングの海藻。

前菜

シップメイトのシーフードセビチェ$ 12
カリブ海で人気の新鮮な魚の特産品。

クリスピーイカ$ 12
スコッチボンネットとダークラムレムラード。

知事の焼きブリーチーズ$ 14
ポートワインは洋ナシ、スイバのチャツネ、ラズベリーをポーチしました。

ケイマンひびの入った巻き貝$ 14
パイパンフェンネル、千切りりんご、マイクログリーン、シトラスクーリ。

ソルトウォーターフレッシュブラックムール貝$ 16
ライトホワイトワインサフランガーリックブロスとガーリッククルトンで蒸しました。

シーフード

提督のサーフ&ターフ$ 45
6オンスロブスターと6オンス。フィレミニョンを完璧に焼き上げました。

カリブ海のロブスターテール$ 45
16オンスのロブスターテールは、シェフの特別なシトラスハーブバターと一緒に出されます。

コモドアのシーフードメドレー$ 38
ブイヤベースソースの新鮮なロブスター、エビ、マヒマヒ、アサリ。

ヒントと手長海老$ 38
エビ手長海老をトッピングしたマルサラソースのテンダーロインチップのソテー。

鯛の切り身の詰め物$ 32
カニを詰め、ココナッツシーフードソースを添えて。

ジャンボタイガーシュリンプ$ 32
スプリット&グリル、ガーリックパセリバターとミニグリーンでお召し上がりいただけます。

クリスピースキンアトランティックサーモン$ 30
完璧に焼き上げ、シトラスビュールブランを添えて。

フィッシャーマンズキャッチオブザデイ$ 28
地元で獲れた魚、お好みに合わせて調理。

パスタ

ジャークペンネパスタ$ 15
アスパラガス、キャラメリゼした玉ねぎ、きのこ、クリーム
チキン$ 5エビ$ 8ロブスター$ 12を追加

野菜のタリアテッレパスタ$ 20
サンドライトマト、ローストガーリック、ほうれん草、カラマタオリーブ、枝豆のバジルペストソース添え。

自分だけのパスタをデザインする
リングイネまたはペンネの選択
ソースを追加:アルフレド、マリナーラ、ペスト$ 15
チキン$ 5エビ$ 8ロブスター$ 12を追加

ベジタリアン

赤唐辛子の詰め物$ 18
地中海野菜のペストソースとフェタチーズのソテー。

肉とステーキ

コモドールはすべてのステーキに認定アンガスビーフを使用しています

キャプテンのポーターハウスステーキ$ 16オンス$ 45
焦がしてローストし、タマネギのソテーとマッシュルームソースを添えて。

提督のリブアイステーキ$ 16オンス$ 45
骨なしプライムリブアイステーキのポンド、エシャロットハーブバターを添えて。

役員のフィレミニョン$ 8オンス$ 45
ビーフテンダーロインのセンターカットフィレ、ベアルネーズソース添え。

Shipmateのニューヨークサーロインステーキ$ 16オンス$ 45
ジュースを密封するために焼いて、完全に焼いた。

ステーキ用の自家製ソースのセレクションからお選びください
ペッパーコーンベアルネーズブルーチーズクリーム

オスカー$ 10を追加

メルローのラムシャンクの煮込み$ 30
ローズマリーパンジュースを添えて。

骨付きポークチョップ$ 25
アップルソースとイチジクデミを添えてグリル。

放し飼いの鶏の胸肉のグリル$ 20
ローストガーリック、ローズマリー、サンドライトマトのレリッシュを添えて。

側面

すべてのメインディッシュには、ハウスサラダまたは新鮮な庭の野菜が添えられています

マッシュポテトまたは公爵夫人のポテト、島のサツマイモのスタッフィング、ライス、またはユッカフライの選択
すべての価格はケイマン島ドルです。 CI $ 0.80 = US $ 1.00
あなたの便宜のために、15%のチップが請求書に追加されます。

タパス

マグロのタルタル$ 10
アボカドサルサと。

フムスとタプナードの盛り合わせ$ 10
ピタパン付き。

エビフライ$ 10
スパイシーなスウィートチリと。

チョリソとエビの串焼き$ 10
マンゴーサルサ付き。

カプレーゼ$ 10
ガーリックトーストについて。

プールパーティーディップ$ 10
コーントルティーヤと。

ピザ

パンチェッタ$ 10
パンチェッタ、ブルーチーズ、ポーチペアー、アスパラガス、ペッパージャックチーズ。

スモークサーモン$ 10
ケッパー、クリームチーズ、オーブンドライトマト、ハラペーニョ、黒胡椒、
モツァレラチーズ。

黒エビ$ 12
キャラメリゼした玉ねぎ、アボカド、ポーチペアー、ルッコラ、モッツァレラチーズ。

バーベキューチキン$ 10
きのこ、ほうれん草、ローストした赤唐辛子、黄色いスカッシュ、チェダーチーズ。

ペパロニ$ 10
モッツァレラチーズ、パセリ。

5チーズ$ 10
フェタチーズ、モッツァレラチーズ、ホワイトチェダーチーズ、パルミジャーノレッジャーノ、ペッパージャックチーズ。

野菜$ 10
ズッキーニ、ローストガーリック、サンドライトマト、赤玉ねぎ、
黄ピーマン、ワイルドリーフ、ミックスチェダーチーズ。

ジャークプルドポーク$ 10
パイナップル、モッツァレラチーズ、アスパラガス、ネギ。

ベーコン$ 10
ピーマン、チェリートマト。

ウィークリースペシャル

アーリーバードスペシャル
毎晩午後5時30分から午後7時の間に、ボロネーゼソースまたはチキンアルフレドとデザートのいずれかを使ったパスタの3コースの今日のスープまたはコモドールハウスサラダをお楽しみください。
$19.95

ロブスターナイト
毎週金曜日の夜にアカザエビが食べ放題!
午後5時30分から午後9時まで
$44.95

プライムリブナイト
認定アンガスプライムリブと無料のハウスワインをお楽しみください
毎週土曜日の夜5:30から9:00 pm
8オンス。 24.95ドル10オンス27.95ドル


2011年のトップ25レストラン

言うまでもなく、&#8220best&#8221または&#8220top&#8221レストランを選ぶことは主観的な練習です。 2人のダイナーがまったく同じ好みや好みを持っているわけではないため、お気に入りの飲食店の万能リストを編集することは科学的な取り組みではありません。しかし、それは非常に労働集約的であり、時には論争があり、しばしばやりがいがあり、常に挑戦的です。

味やスパイスに対するダイナーの好みに関係なく、私たちは読者が良いレストランと素晴らしいレストランを区別するいくつかの機能と設備に同意できると信じています。これらは、ジャクソンビルマガジンが毎年恒例のリストで強調するために飲食店に落ち着くときに探すものです。たとえば、施設の清潔さへの配慮は常に高く評価されています。さらに、心地よい装飾と雰囲気、知覚される価値(メインディッシュの価格に関係なく)、一貫した料理の質、創造性と革新性、プロフェッショナルで行き届いたサービスなどの側面が、他のサービスよりも優れています。次に、スタッフが顧客からの間違いや苦情をどのように処理するか、バーテンダーがあなたの好きな飲​​み物を覚えているかどうか、バスボーイが皿、銀、グラスを静かに回収するかどうか、マネージャーまたはシェフがテーブルに立ち寄るかどうかなど、他の無形のものがありますゲストと会話します。

今年のトップ25リストとそれに付随するさまざまなおかずを確認して要約すると、近所の古いお気に入りのほか、まだ訪れていないレストランがいくつかあると思います。私たちは、私たちの選択に普遍的な合意がないことを知っています。そしてそれは大丈夫ですこの話は、フロリダ北東部で提供される高級ダイニングとおいしい食事について、間違いなく最も徹底的に調査された有益な記事であることに同意していただけると思います。

アクアグリル
950 Sawgrass Village Dr.、ポンテベドラビーチ、285-3017

Aqua Grillがオープンしてから20年以上、多くのポンテベドラレストランが出入りしています。気取らない雰囲気と、ひねりを加えたシーフードと肉とジャガイモの主食への一貫した焦点は、その長寿の一部を説明するかもしれません。ポークオッソブーコから牛カルビの煮込み、ハーブをまぶした豆腐まで、メニューはたくさんの地面をカバーしています。一部の常連客は、パン粉をまぶした魚の揚げ魚料理の盛り合わせ、クラブケーキの塊、ホタテ、エビ、フライドポテト、コールスローなどの定番料理にこだわっています。

最も高価なメインディッシュ: ワイルドマッシュルームは、西洋わさびのホイップポテト、アスパラガスのグリル、タマネギの炒め物を添えたフィレミニョンのグリル、34ドル
最も安価なメインディッシュ: Eggplant parmesan “To Die For” with plum tomato sauce, three cheeses, and sautéed angel hair pasta, $17
Jax Mag Recommends: Day’s catch prepared First Coast Hemingway-style coated in parmesan, herbs, sesame seeds, sautéed crispy, with a sun-dried tomato mornay sauce and rosemary red potatoes, $22. Aqua Grill knows fish.


bb’s

1019 Hendricks Ave., San Marco, 306-0100

A few of bb’s dishes have been on the menu since day one, including the Mediterranean chicken salad and mozzarella bruschetta. The grilled pizzas—white truffle, marinated artichoke, Thai bbq and jambalaya—are perennial favorites. However, arguably the best way to go when ordering are the daily chef specials, a collection of dishes that really allow the chefs to stretch their creativity. Seating in the bistro is snug and it can get loud. Arrive late for lunch and the only seat available may be one at the short bar near the door. Sit and enjoy, though don’t leave before checking out the dessert case near the back.

Most Expensive Entrée: Black Angus filet of beef with bacon and shallot potato gratin, asparagus, boursin cheese, red onion marmalade, toasted hazelnuts and sauce bordelaise, $31
Least Expensive Entrée: Orecchiette pasta with spicy Italian sausage, Swiss chard, roasted baby carrots, sundried tomatoes, shaved parmesan and herbs, $21
Jax Mag Recommends: White truffle pizza with wild mushrooms, shaved parmigiano, mozzarella, prosciutto and arugula, $12 And the dessert case. Just pick one of anything here. The slice will be big enough to share.

Biscottis
3556 St. Johns Ave., Avondale, 387-2060

Upon entering Biscottis, check out the big blackboard above the bar to see what the week’s specials are. The dessert case will be a distraction, so be sure to peek inside it before the bill comes. The Avondale favorite offers all items one expects from an exemplary cafe, including terrific soups, salads and sandwiches (try the ancho honey glazed salmon BLT or open-faced meatloaf sandwich). Back to the dessert case—triple chocolate cake, red velvet cake, white chocolate raspberry cheesecake… oh, where does one begin?
Most Expensive Entrée: Tortilla-crusted cod sandwich, $12 (daily blackboard specials are pricier)
Least Expensive Entrée: 8-inch free range chicken pizza with tomatoes, mozzarella and basil, $10
Jax Mag Recommends: The mozzarella bruschetta, $10, is a tiny loaf filled with fresh cheese, baked with olive oil and lots of garlic, plum tomatoes, basil, pine nuts and cracked pepper. Two, please!

Bistro Aix
1440 San Marco Blvd., San Marco, 398-1949

For a decade now Bistro Aix has been among the city’s most popular fine dining establishments. Stylish without being stuffy, the restaurant earns raves for consistently delicious food, including innovative seasonal specials and classic menu favorites. Creamy French onion soup, house-made bacon and brie pizza, lamb short ribs, roast chicken and fresh pasta dishes—the menu is diverse, but all the while pays homage to the Southern French cooking roots favored by executive chef Tom Gray.
Most Expensive Entrée: Angus beef filet mignon with green beans, shallots, Stilton bleu cheese and au gratin potatoes, $36
Least Expensive Entrée: Three-cheese wood-fired pizza with tomatoes and basil, $12
Jax Mag Recommends: Steak frites bistro “onglet” steak with green beans, red wine shallot sauce and French fries, $23. The next-door Onyx Bar is a chic spot in which to enjoy a pre-dinner cocktail.

Blackstone Grille
112 Bartram Oaks Walk, Julington Creek, 287-0766

The River City has too few white tablecloth dining spots. Count Blackstone among those few. Chef Charles Wang characterizes his cuisine as “modern American fusion.” Diners who frequent the attractive Bartram Oaks restaurant just call it good. Blackstone features an impressive collection of wines, capped by bottles of Opus One Meritage, $240. From grilled quesadillas to flambéed quail and vegetable dumplings to lobster ravioli, deciding upon what to eat can be a challenge.
Most Expensive Entrée: Grilled rack of lamb with dill sour cream sauce, roasted garlic mashed potatoes, spinach and asparagus, $32.95
Least Expensive Entrée: Grilled vegetables on a bed of linguine pasta with tomatoes, basil garlic and olive oil, $17.95
Jax Mag Recommends: Tea-smoked duck breast topped with apricot shallot demi glaze and served with roasted garlic mashed potatoes, spinach and asparagus, $20.95. Unusually delicious.

Blue Bamboo
3820 Southside Blvd., Southside, 646-1478

They don’t come any nicer in the restaurant biz than chef/owner Dennis Chan, a UF and CIA grad and author of Hip Asian Comfort Food. The title of his first book jibes perfectly with his popular Southside eatery and his preference for accessible Asian fare like peanut lime chicken salad, fried soft-shell crab, chile mango salmon and shrimp pad Thai. For something new, try a lycheetini cocktail from the bar.
Most Expensive Entrée: Javin dusted lamb rack with samosa potato patties, grilled bok choy, $38.95
Least Expensive Entrée: Singapore street noodles, $9.95 (add chicken, tofu or shimp, $3.50)
Jax Mag Recommends: Red curry shrimp and grits with peppers and onions, $21.95, is a fun Asian twist on a Southern classic. And Friday and Saturday nights the kitchen goes Deep South with dishes such as peachy chicken and waffles and chicken pot pie, $17.95

The Blue Fish
3551 St. Johns Ave., Avondale, 387-0700

Florida is prime seafood country, and nowhere is that captured better than Blue Fish. The casually hip eatery satisfies meat-and-potatoes patrons, but the menu really shines with its fruits of the sea. Peel-and-eat shrimp, seafood gumbo, seared diver scallops, crab cakes, pan-steamed mussels, fried clam strips, stone crab claws—we could go on and on. The bright blue color scheme is fitting and fun. Check out the bar upstairs for a nightcap.
Most Expensive Entrée: Roasted New Zealand rack of lamb with garlic, herbs and red wine demi, $32
Least Expensive Entrée: Chicken picatta sautéed with lemon, capers, garlic and white wine, $19
Jax Mag Recommends: When Apalachicola oysters are in season, there’s nothing better. Raw, stuffed, whatever—just order them. The fried calamari is tasty, too.

Dwight’s Bistro
1527 Penman Rd., Jacksonville Beach, 241-4496

Dwight’s is a shining example that a Beaches restaurant need not be anywhere near the sand and surf to attract a loyal following. Offering perhaps the shortest menu in the city, chef Delude doesn’t look to impress with countless variety and gargantuan portions. No, he prefers outstanding ingredients and tried-and-true preparation. Lamb chops with mint jelly, escargots with garlic and shallot butter, spinach greens with bleu cheese and pancetta—what’s not to like? The restaurant itself is charming and kind of funky with splashes of tile and color everywhere.
Most Expensive Entrée: Mixed grill of lamb, quail, fish and tenderloin of beef, $40
Least Expensive Entrée: Angel hair Putanesca with Calamata olives, capers, tomatoes, garlic, anchovies and hot pepper, $25
Jax Mag Recommends: The fresh mozzarella with vine ripe tomatoes and olive oil is a simple delight, $18 the chef is a pasta-lover at heart so the ravioli of the day, $27, is never a bad choice.

Eleven South
216 11th Ave., S., Jacksonville Beach, 241-1112

How about a plate of grilled bone-in pork chops with potato and pumpkin smash, sautéed spinach, pomegranate onion jam and port wine jus? Or perhaps the grilled North Atlantic salmon with sweet potato, mushroom and cippolini hash, broccolini, white wine butter sauce and crispy parsnips? Both dishes give one an insight to the creativity being churned out of Eleven South, a Beaches restaurant with a decidedly upscale aura. Crisp linens, soft earth tones throughout and bright white plates ensure that nothing distracts from the presentation of the night’s meal.
Most Expensive Entrée: Mesquite grilled Angus 18-oz. ribeye with locally grown greens and cara-melized cippolini and bleu cheese crumbles, $37
Least Expensive Entrée: Parmesan pappardelle, hand-cut pasta with portobello mushrooms, roasted roma tomatoes, asparagus and cippolini in a parmesan cream sauce with grilled chicken, $24
Jax Mag Recommends: The seafood martini with Ahi tuna tartare, lump blue crab, Mayport shrimp, avocado, mango salsa and citrus aioli, $17, is an Eleven South classic for good reason. The lobster mac and cheese…yum!

J.J.’s Liberty Bistro
330 A1A N., Ponte Vedra Beach, 273-7980

The enormous Eiffel Tower replica informs diners at J.J.’s of two things. First, you have arrived. Second, all things French is the order of the day here. Vichyssoise, jambon fromage, croque monsieur—you get the idea. The French countryside mural on the wall continues the theme. Part-restaurant and part-marketplace offering baked goods, coffee, bottles of wine, cheeses and gourmet to-go eats, the chef-owned establishment (yes, there is a real J.J.) has been a Ponte Vedra landmark for more than 15 years. A second J.J.’s operates in the Shops at Village Walk, 7643 Gate Pkwy. (996-7557).
Most Expensive Entrée: Grilled veal tenderloin topped with a lobster medallion and finished with crevette sauce, $34
Least Expensive Entrée: Vegetarian trio with mushroom risotto, chef’s daily ravioli and pesto grilled vegetables, $18
Jax Mag Recommends: The daily soups are sure bets. For an entrée, fish is always a good choice, in particular, the rainbow trout à l’oscar with crab and asparagus and hollandaise sauce, $27

Marker 32
14549 Beach Blvd., Intracoastal West, 223-1534

This waterside favorite earns high praise from fans for truly professional service and an ever-changing menu that leans slightly toward seafood with dishes including cracked conch with spicy red pepper aioli, blue crab cakes with crushed new potatoes and shrimp and andouille fettucine with smoked pepper tomato sauce. It’s not all fish and crustaceans, however. Molasses glazed pork short
ribs with sweet corn slaw and seared sirloin with shoestring potatoes and brandy peppercorn demi sauce highlight the meat offerings.
Most Expensive Entrée: Wood-grilled beef tenderloin with truffled mascarpone grits, greens and brown butter Hollandaise, $26
Least Expensive Entrée: Farmer’s risotto featuring a daily selection of local produce, $13
Jax Mag Recommends: Unusual desserts such as warm almond and olive oil cake with cracked pepper goat cheese ice cream and strawberry jam, $8, and brioche doughnut with honey five spice ice cream, $8

Matthew’s
2107 Hendricks Ave., San Marco, 396-9922

The high-backed booths near the rear of the restaurant provide the best vantage point to enjoy the chic sophistication that is Matthew’s. A seat at the small counter in front of the kitchen is the ideal spot at which to take in the culinary magic happening in the kitchen. Some 2,000 bottles of wine are kept close at hand in the cellar, ensuring that every dish is paired with an appropriate glass. The bar bites menu in the lounge is an inexpensive alternative (all plates are $6) to a meal in the main dining room.
Most Expensive Entrée: New York strip with roasted portobello mushroom, braised arugula and cauliflower purée, $36
Least Expensive Entrée: Fairytale eggplant Napoleon with sautéed spinach, goat’s cheese and tomato coulees, $18
Jax Mag Recommends: First, don’t be timid. The ever-changing menu at Matthew’s is all about exploring new flavors, so dive into dishes such
as Francaise grouper with lemon braised spinach, mint and shallot herb broth, $26, or diver
scallops with butternut squash purée and celery
truffle apple salad, $29. You’ll thank us later.

Mezza Luna
110 N. 1st St., Neptune Beach, 249-5573

The wood-fired pizza oven and tasty selection of pasta entrées lend a decidedly Italian vibe to Mezza Luna. But don’t expect checked tablecloths and candles stuffed in chianti bottles. Instead, look for crispy calamari with lemon basil and marinara, sea scallops with truffle cauliflower purée, roasted mushrooms and baby carrots and grilled Ahi tuna and fingerling potatoes with smashed basil and lemon oil. The interior is cozy with aged red bricks, mustard walls and lots of stone and wood.
Most Expensive Entrée: Filet mignon with slow roasted tomatoes, spinach and sweet garlic herb butter, $29
Least Expensive Entrée: Spaghetti pomodoro with tomatoes, sweet garlic, olive oil, basil and parmesan, $15
Jax Mag Recommends: The selection of pasta dishes is top-notch. The black pepper fettuccine with pancetta, parsnips and black garlic is hearty and ideal for a cool winter evening. Also, the wood-fired pizzas are longtime faves. Try the four-cheese white or the spicy Mayport shrimp.

Nineteen
TPC Sawgrass, Ponte Vedra Beach, 273-3238

Club members and PGA Tour players are treated to exclusive dining spaces. The rest of us, however, are welcome to enjoy the impressive TPC Sawgrass clubhouse and its signature restaurant, Nineteen. The entire building is a showplace to the prestige of the Tour and pro golf—literally. Volunteer docents will give you a tour, if you wish. The menu continues the golfing theme with
dishes named in honor of champion players. Phil Mickelson’s lobster ravioli comes with sautéed spinach, corn and tomato basil cream sauce.
Most Expensive Entrée: Pan-seared grouper with julienne vegetables, soba noodles, lobster, lemon grass, miso broth, $33
Least Expensive Entrée: Tim Clark’s lamb T-bone, with mint demi-glaze, eggplant and white bean salad, spinach, tomato and pesto, two chops, $19
Jax Mag Recommends: The house burger, $15, a 10-oz. patty served with a toasted brioche bun, all the fixings and a tangy sweet barbecued Vidalia onion jam. It’s a toss-up which is better as a side, the French fries or the housemade kettle chips.

North Beach Bistro
725 Atlantic Blvd., Atlantic Beach, 372-4105

Back in 2008, the idea behind the launch of North Beach was to build something of a small, neighborhood hangout but one with top-shelf food and cocktails. The live music acts, seasonal parties and events, and drink specials account for some of the “where everybody knows your name” spirit. A menu laden with lump blue crab cakes, nightly pasta creations and bacon-wrapped pork tenderloin takes care of the really good food part.
Most Expensive Entrée: Char-grilled prime ribeye with ditalini mac and cheese, shallot jus and onion straws, $32
Least Expensive Entrée: Chef’s nightly vegetarian plate prepared with seasonal vegetable sautéed or steamed, $16
Jax Mag Recommends: The seafood bouillabaisse is
a rich melange of Mayport shrimp, sea scallops,
mussels, calamari and fish in a white wine broth, $22

Ocean 60
60 Ocean Blvd., Atlantic Beach, 247-0060

The interior of this 11-year-old Atlantic Beach gathering spot is clean, warm and welcoming, the kind of place where diners feel comfortable dressing up or going casual. The adjoining Martini Room features live music and flowing cocktails. The menu changes frequently and is often spiced with subtle Asian accents. Flavorful nods to island cuisine come through in items such as plantain chicken nachos with chorizo black bean chili and cilantro-lime creme fraiche and whole fried pompano with citrus greens and seasonal vegetables.
Most Expensive Entrée: Grilled filet mignon topped with a garlic and port wine cheese fondant served over parmesan potato dauphinoise and finished with caramelized onion demi glace, $31
Least Expensive Entrée: Crisp fried eggplant layered with a black olive, sun-dried tomato and feta tapenade, served over tomato romesco,
drizzled with herb oil, $14
Jax Mag Recommends: Can’t go wrong with the nightly specials, particularly the seafood choices (such as Asian style soft shell crab). The artisan cheese plate with cured meats, house-made dips and sun-dried tomato tortilla chips is terrific.

Orsay
3630 Park St., Avondale, 381-0909

Sophisticated without being pretentious is a suitable way to describe the general vibe at Orsay. The restaurant is a Slow Food proponent and a big supporter of local purveyors and sustainable farming operations (Black Hog Farm, Twinn Bridges, and others). We’ll raise a glass of IPA to that. The menu hits a home run from the roasted oysters to the yellowfin tuna nicoise to the homemade s’mores dessert. Enjoy a French pear martini on the small patio or in the lounge.
Most Expensive Entrée: Lobster pot pie with Maine lobster, mushrooms, peas and carrots,
biscuit crust, and roasted lobster reduction, $38
Least Expensive Entrée: Quiche, prepared with Black Hog Farm eggs, roasted mushrooms, spinach and gruyere with a small salad, $12
Jax Mag Recommends: Prince Edward Island mussels prepared with white wine, garlic butter and thyme, pommes frites on the side, $20. The French green bean salad with roasted hazelnuts, and creme fraiche vinaigrette, $8, is terrific. And the lobster pot pie… oh, stop…

Ragtime Tavern
207 Atlantic Blvd., Atlantic Beach, 241-7877

Long before most of us had ever heard the term “craft brewer,” the folks at Ragtime were pouring draughts of Dolphin’s Breath Lager and Red Brick Ale from the tanks of their in-house brewery. In addition, the restaurant was far ahead of the curve pushing Cajun and Creole eats. And we’re all better for it. With an open-air patio, live music, late night menu and jumping bar, the establishment is as much a nightspot as restaurant, albeit one that serves Key lime shrimp and lobster, blackened fish and po’ boy sandwiches.
Most Expensive Entrée: Grilled 8-oz. New York strip steak and crab cakes combo with mashed potatoes and vegetables, $24.95
Least Expensive Entrée: Ragtime shrimp, rolled in flaked coconut and fried, with honey mustard sauce, red beans and rice and veggies, $13.95
Jax Mag Recommends: When in season, the Louisiana crawfish boil (market price) is a spicy, buttery, messy treat the beer flight is a nice way to sample all the house beers without having to consume a full pint.

Restaurant Medure
818 A1A N., Ponte Vedra Beach, 543-379

Many who visit Restaurant Medure are happy to skip the dining room and settle in at the lounge. The dining room is contemporary and stylish, as is the lounge. The all-around chic space entices with an expansive and frequently changing menu. Starters such as tuna tartare on marinated cucumbers with seaweed salad and fried wontons and entrées such as pistachio basil crusted salmon with cous cous and stuffed olives demonstrate the chef’s desire to step outside the box.
Most Expensive Entrée: Domestic lamb rack with whole grain mustard crust and red wine mushroom glaze, $37
Least Expensive Entrée: Gnocchi with marinara and grated parmesan, $14
Jax Mag Recommends: Meat-and-potato lovers will appreciate innovative dishes like braised Painted Hills short ribs with sweet potato cake and roasted turnip glaze, $27. For dessert, just ask for the night’s souffle, $8. It takes time to prepare but is well worth the wait.

River City Brewing Co.
835 Museum Cir., Southbank, 398-2299

Perched tight against the St. Johns River, River City’s proximity to Downtown and its many concert and special event venues makes it a go-to spot for pre- and post-concert meals and cocktails. It’s a big place, with some 320 seats, nearly all of which come with terrific views of a small marina and the St. Johns River. The menu covers lots of ground but with a focus on local seafood, steaks and pasta. Not surprising given its name, the house specialty is beer—Jackson Pale Ale, Jag Light, Red Rooster Ale and Riptide Porter—courtesy of the giant brew kettles adjacent to the lounge.
Most Expensive Entrée: 18-oz. garlic and herb grilled Angus ribeye served with roasted garlic mashed potatoes and grilled asparagus, $31.95
Least Expensive Entrée: Jerk chicken penne pasta with sherry, sweet onions, sun-dried tomatoes, cream and green onion, $17.95
Jax Mag Recommends: The house gumbo is made with Andouille sausage, seafood, okra and rice and is a top-seller. Also, the day boat seafood choice of the day is literally fresh off a local dock.

Sorrento Italian Restaurant
6943 St. Augustine Rd., 636-9196

This Jax Italian food mainstay represents a family run restaurant in the true classic sense. The interior is pleasing, not fancy. The moderate prices make it a family-friendly establishment with plenty of buttered noodles ready and waiting. All the traditional Italian favorites are represented, including roasted peppers, fried calamari, baked manicotti, spaghetti and meatballs. A dozen pasta dishes are offered and the day’s catch may be ordered with seven different preparations.
Most Expensive Entrée: Zuppa di pesce, fish, shrimp, calamari, clams and scallops in a light tomato broth, $23.95
Least Expensive Entrée: Ravioli, stuffed with meat or cheese in red sauce, $10.95
Jax Mag Recommends: The chicken parmigiana, $15.95, is tender, topped in melted mozzarella and drenched in red sauce. Don’t pass on the tiramisu for dessert.

Taverna
1986 San Marco Blvd., San Marco, 398-3005

There’s not a bad seat in the house at this San Marco Square gathering spot. The seats out front on the patio are pretty nice, too. The cuisine is laced with Spanish and Italian influences. Butternut squash risotto, marinated olives, skirt steak with chimichurri, olive oil-poached artichokes—menu selections flow with the seasons however, regulars know to expect consistently delish fare and picture-perfect presentations. The upper level provides a birds-eye view of the restaurant, including the long bar and pizza oven. The patio is great for people-watching.
Most Expensive Entrée: Pork shank osso buco with parmesan and herb polenta, Eden Farms bacon and braising greens, $27
Least Expensive Entrée: House-made fettuccine in a tomato cream sauce with basil, $18 add chicken ($6), shrimp ($7) or scallops ($8)
Jax Mag Recommends: Paella with chorizo, chicken, shrimp, clams, mussels, calamari, artichokes and peas, $27. Also, the Neapolitan style pizzas, $15-$17, are a house specialty.

‘Town (closed in May 2012)
3611 St. Johns Ave., Avondale, 345-2596

A local leader in the farm-to-table food movement, ‘Town excels with innovative cuisine and a dedication to the freshest seasonal ingredients. And no restaurant in Jax packs more flavor onto a small plate, whether it be an entree of hanger steak with parmesan-herb fries or a side of brussel sprouts with cherry smoked bacon. A seat at the counter overlooking the open kitchen puts diners at arms-length from all the action. Enjoy the show—and a bowl of rosemary potato soup.
Most Expensive Entrée: Bouillabaise with Florida lobster, local shrimp, fish and mussels in a fennel butter broth, $30 ($17 for a half-plate)
Least Expensive Entrée: 7-oz. ’Town burger with wild mushroom spread and gruyere, $16
Jax Mag Recommends: Black truffle tater tots with caramelized onion fondue and white truffle oil, $8 duck confit with lentils and house-smoked bacon, $22 and the sugar doughnuts with milk chocolate fondue for dessert.

Tree Steak House
11362 San Jose Blvd., Mandarin, 262-0006

A lot of traditions can develop over four decades. And Tree Steak House, open since the late 1960s, is one Jax restaurant that holds fast to its traditions, including its hearty salad bar and rib-eye steaks cut to order tableside. Red meat is the house specialty, of course. Prime rib, New York strip and filet kabobs are top-sellers. Grilled pork tenderloin, blackened salmon, rack of lamb and fried fish and chips round out the entrée menu. Veggie sides like steamed broccoli, sautéed spinach and sliced tomatoes are served à la carte.
Most Expensive Entrée: Two, 5-6-oz. lobster tails with choice of baked potato, steak fries, garlic mashed or rice pilaf, and salad bar, $38
Least Expensive Entrée: 10-oz. marinated and grilled double chicken breast, $18
Jax Mag Recommends: The filet mignon melts in the mouth like butter and can be ordered in portions ranging from six- to 10-ounce, $25-$33. For dessert, the Key lime pie, $7, and the crème brulée, $9, are longtime Tree favorites.

Wine Cellar
1314 Prudential Dr., San Marco, 398-8989

Thirty-eight years in operation is an eternity in River City restaurant circles. That’s the track record the Wine Cellar boasts. Apparently customers thoroughly enjoy dishes such as Creole style crab and lobster bisque, crispy roast duckling with orange liqueur peppercorn sauce, and almond encrusted halibut. The three-course prix fixe menu, $36, is a popular option during the work week. And the enclosed garden area is in demand for both lunch and dinner. Not surprisingly, the wine list is second to none in Jacksonville.
Most Expensive Entrée: Grilled filet mignon and fried or grilled cold water lobster tail, $57
Least Expensive Entrée: Sautéed grape tomatoes, baby spinach, mushrooms, garlic and white wine served over angel hair pasta, $17
Jax Mag Recommends: Wine Cellar has been grilling lamb for decades and they are darn good at it. Try the Moroccan dry rubbed New Zealand lamb chops with fresh mint and basil pesto,
potato mash, and vegetable du jour, $29

Editor’s Note: Menu items were selected and verified in late November and early December. Restaurant menus and prices are prone to change, so the listings posted here are merely representative of the food offered at each location, and specific dishes may or may not be offered on your next visit. Restaurants must be in business for at least a year to have been considered for the 2012 Top 25 list. All phone numbers are in the 904 area code.


レシピのまとめ

  • 2 beef tenderloin steaks (1 1/2 inches thick)
  • ¼ teaspoon kosher salt
  • ½ teaspoon coarsely ground pepper
  • 植物油大さじ2
  • 無塩バター大さじ1
  • 2 tablespoons finely diced shallots
  • 1 tablespoon deli-style brown mustard
  • 1 cup Swanson® Beef Stock
  • ウスターソース大さじ1
  • 2 tablespoons heavy cream
  • 2 teaspoons chopped fresh parsley
  • みじん切りにした新鮮なチャイブ小さじ1
  • 1 teaspoon chopped fresh thyme
  • 1 teaspoon chopped fresh oregano

オーブンを華氏425度(摂氏220度)に予熱します。 Pat the steaks very dry with paper towels season both sides with salt and pepper. Allow steaks to rest at room temperature for about 30 minutes while the oven pre-heats.

Heat a 10-inch cast iron pan over medium-high heat for about one minute. Add the oil to pan and swirl to evenly distribute the oil. Place the steaks in the pan, allowing room between steaks. Cook without moving steaks for 2 minutes. Using tongs, lift the steaks and flip them over. If properly seared the steaks should release easily, without sticking to the pan. Immediately place cast iron pan into the hot oven.

Cook steaks until firm and reddish-pink and juicy in the center, about 7 minutes. An instant-read thermometer inserted into the center should read 130 degrees F (54 degrees C). Remove skillet from oven and transfer steaks to a warm plate lightly tented with foil. (The internal temperature of the steaks will increase by about 5 degrees while resting.)

Melt unsalted butter in the same skillet over low heat add diced shallots. Cook and stir, releasing the browned bits from the bottom of the pan, about 1 minute. Stir in the deli mustard.

Increase the heat to medium-high. Whisk in Swanson® Beef Stock and Worcestershire sauce, continuing to scrape up browned bits from the pan. Bring to a boil and cook until slightly reduced, about 5 minutes.

Reduce the heat to medium. Whisk in the cream simmer until sauce clings to the back of a spoon, about 2 minutes. Stir in the parsley, chives, thyme, and oregano.



コメント:

  1. Bendision

    なんて珍しい幸運!なんて幸​​せ!

  2. Fecage

    素晴らしい投稿をしてくれたAfurに感謝します。私はそれを非常に注意深く読み、自分にとって有用なものをたくさん見つけました。

  3. Dagami

    私の意見では、それはすでに議論されています、検索を利用してください。

  4. Iccauhtli

    奇妙なことはありません。



メッセージを書く