カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

アフリカキネ:アフリカキネ:116番街にあるセネガルの踏み台

アフリカキネ:アフリカキネ:116番街にあるセネガルの踏み台


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ヨンカーズのマイクは、彼の「古い踏み台」から場所を選びたいとメールで私たちのグループに通知しました。ヨンカーズの古い踏み台のマイクが、リトルセネガルとして知られる116番街と8番街周辺のエリアであることを誰が知っていましたか?私たちが知っていることは、ヨンカーズのマイクはアフリカ料理に何らかの執着や親族関係を持っているということです。過去に、彼は私たちを故、Treichville Treichville Tasting Menu、ブロンクスのアフリカ系アメリカ人Marayway、リトルセネガルのギニアプレイスでのSalimata Eating GuineaFowlに案内してくれました。 アフリカキネ。そして、116番目が彼の古い踏み台であるように、この執着は説明されていません。

私は古い踏み台と同じ地域を主張したことはありませんでしたが、そこからほんの数ブロックのところに住んでいたので、そうすることは正当化できたでしょう。 2008年の経済崩壊直後、私はアフリカキネの隣にあるコミュニティフードバンクで数か月間ボランティア活動をしました。

私は炊き出しで鍋やフライパンを洗ったり、ゴミを袋に入れたり、食べ物を準備したり、さらにはフードトラックがキッチンに入ることができるように氷や雪をかき集めたりしました。私が作家であることに気付いたキッチンのシェフが彼の自伝的小説の冒頭を読んでくれた直後に立ち止まり、地元のモルモン宣教師があなたよりもキッチンの人口を増やすのを手伝うために殺到し始めました。 4つ星のレストランで見つけてください。

フードバンクでの仕事以来、ハーレムタバーンと呼ばれる騒々しく忙しいビアガーデンが通りの向かいにオープンしました。地元のオーガニックビーフを専門とする肉市場があり、肉屋は仕事中にポークパイの帽子をかぶっています。非常に優れた非常に大きなクッキーであるにもかかわらず、最も安いクッキーの場所は4ドルです。

これらの新しい施設は、とりわけグループにとって駐車を困難にしましたが、ジオと私は、正面の足場と暗い網に覆われていて区別が難しいアフリカキネに問題なく到着しました。途中、車椅子で足のない乞食を通り過ぎ、2階のダイニングエリアに入ると、女性が顔を伏せて、祈りのマットの上に腕を組んでいるのに気づきました。

「彼女の写真を撮らないでください」とジオは私にささやきました。 「それは失礼だろう。事件は望んでいません。」

アフリカキネはおそらくリトルセネガルで最も有名なセネガルのレストランです。ダイニングエリアは広々としてモダンで、高い天井、快適なブース、大きなテーブル、多数のフラットスクリーンテレビがあり、レストランの精巧なウェブサイトであるアフリカキネでは「豪華」と評されています。いずれにせよ、それは私たちがサリマタ、トレイクビル、またはアフリカ系アメリカ人のマレイウェイで経験したこととはかけ離れたものでした。

他の人たちは、「豪華な」ダイニングルームの後ろにある大きなテーブルですぐに私たちに加わりました。スパイシーな自家製ジンジャービールを飲みながら、ヨンカーズのマイクの好意で私たちに与えられたアフリカ料理の教育のおかげで、今ではおなじみのメニューであったものを熟読しました。ホロホロチョウ、チキン、ラム、ヤギ、魚、グリルまたはフライ、ステーキがありました。すべてのメインディッシュには、さまざまな種類のでんぷんのいずれかを選択できました。クスクス、ご飯、オオバコ、山芋、みじん切りのアイスバーグサラダ。各料理には玉ねぎが添えられ、スライスされ、マスタードベースのソースで軽くグリルされ、肉や魚の上に散らばっていました。ほとんどのメインディッシュには、半熟卵も含まれていました。

私はホロホロチョウの専門家ではありませんが、思い出すと、サリマタのホロホロチョウは、アフリカキネで経験したものよりも優れていたか、おそらくより識別可能でした。魚と子羊もすべてしっかりしていましたが、今では非常にうるさいセネガルの愛好家からの絶賛はありませんでした。ですから、周囲は快適で、確かに豪華に隣接していましたが、食べ物は私たちが訪れたより謙虚なアフリカの場所の多くほど記憶に残るものではありませんでした。

しかし、アフリカキネにあったのはたくさんの食べ物でした。寛大な部分以上。

ブライアンシルバーマンは、安い食事、コンジー、カチャパ、牛の足、牛の脳、奇妙な食べ物、バッカラ、悪い詩、ファズール、魚の胃、ハッピーアワー、唐辛子、ホットポット、ププサ、パスタ、ラムパンチ、ロティなどを記録しています彼のサイトにあるもの フライドネックボーンズ...そしていくつかのホームフライ。 ツイッター: ネックボーン@fried_neckbones.


リトルセネガル、ニューヨーク市のフードシーンに影響を与えている西アフリカのコミュニティ

ニューヨーク市は、世界で最も文化的に多様な場所の1つです。多くの異なる国からの人々が都市に移住し、彼ら自身のユニークな文化を持ってきました。街の一部の地域は、人々が多くのイタリアのショップやレストランに出くわすリトルイタリーのように、特定の文化に専念するようになりました。同様に、ハーレムの一部は西アフリカ人の文化の中心地に変わりました。


NYC&#8217sマイクロネイバーフッド:ニューヨーク市ハーレムのリトルセネガル

リトルセネガル、または多くのフランコフォンの地元の人々にとっては「プチセネガル」は、セネガル、コートジボワール、ガーナ、ギニアなどからのアフリカ移民の故郷です。ハーレムの真ん中にある116番街とレノックスアベニューを中心にしています。過去30年間で、西アフリカ諸国からの移民の人口はゆっくりと増加し、この地域でその影響力を表明してきました。

街のこのセクションには、ハーレムルネッサンスの温床のひとつから、公民権運動とブラックアーツムーブメントの主要な場所としての役割まで、長い歴史があります。活気に満ちたアフリカ系アメリカ人の文化がまだ存在し、繁栄している間、アフリカの移民の流入はそれ自体を発揮しました。 LeBaobabやAfricaKineなどのアフリカ料理店は、シルビアなどの定番料理を中心に生まれました。エチオピア生まれ/スウェーデン出身の有名なシェフ、マーカスサミュエルソンのレッドルースターは、伝統的な魂とアフリカ料理をシームレスにブレンドしています。このエリアには、&#8220Malcolm Shabazz&#8221と呼ばれる常設の屋外マーケットもあります。

レッドルースターで地元の人々とおしゃべりした後、この一連のブロックは必ずしも最高の評判を得たわけではありません。しかし、セネガルの人々の流入は確かに住宅の要素を導入しました&#8211アメリカのセネガル協会の副会長(116番街にあります)El Hadji FeyはCNNに、「ハーレムを建てたのは私たちです」と語った。

企業は、伝統的なアフリカの衣類から、セネガルやガーナへの割引料金付きの携帯電話プランまで、あらゆるものを提供しています。

リトルセネガルは、すべてが良いレストランや美しい衣服だけではありません&#8212によると 人類の行動、 家への憧れは、この近所での多くの会話のテーマです。セネガル経済の停滞に直面して、ニューヨーク移民の話に典型的なほとんどの西アフリカ移民は、ニューヨークの経済が際限なく活況を呈していると伝えられている彼らのシェアを奪うことを期待して街に到着します。残念ながら、しかし、いくつかの移民は、ペースの速い事務処理で満たされたニューヨークのライフスタイルと伝統的な西アフリカの家族のライフスタイルの間の緊張に直面しています。

リトルセネガルは西アフリカの移民に故郷の味を提供しますが、ニューヨークの西アフリカ人にとっては隔たりの壁と見なされることもあり、セネガルとニューヨークの文化を融合させるというすでに面倒な作業をより困難にします。これは、ニューヨークにおける統合のほぼ普遍的な問題を物語っています:文化的伝統を尊重するか、それとも喧騒に溶け込むか?

全体として、リトルセネガルは、ハーレムの信じられないほどの文化的過去のスライスだけでなく、移民文化の統合と受容の信じられないほどの例も提供しています。


新しいハラールタイスポットでの予期せぬ楽しみ—そして他の安い食事

Three Great Cheapは、批評家のRobert Sietsemaによる毎週のシリーズで、5つの行政区とそれ以降で、ニューヨーク市で最も興味深く安価な料理を見つけて普及させようとしています。 「安い食事」という用語は相対的なものであるため、価格はさまざまですが、ここでは20ドル未満で食事を入手できます。ここでバックカタログを見つけてください。また相談してください大きい安い食事ガイド、地図、ウォーキングツアー、その他のリソースがあります。

タイ奈良

独特の青い日よけを探してください。

赤チキンカレーのバミー

ナラティワートの南部州にちなんで名付けられました。 タイ奈良 タイのイスラム教徒の少数派の料理と近くのマレーシアとのつながりを反映しています。それは、近所のタイのスポットでよりユビキタスである古典に加えて、いくつかの驚くべきメニューの選択を意味します。この新しいカフェは、ウッドサイドの北東の四分円のブロードウェイのすぐそばにあり、明るい青色の日よけがあり、テーブルが並んだ日当たりの良い窓がたくさんあり、快適な予備の壁にモダンなモスクとメッカの写真が飾られています。

マレーシアのロティチャナイは、ここではより分厚い野菜を多用した表現でレンダリングされており、通常の鶏肉に加えて、ほぼ完全な食事のいずれかである牛肉バージョンが利用可能です。スープの名簿には、ガランガル、マクルトライムの葉で味付けされたタイのスープと呼ばれるものが含まれています。 サンバルoelek、タルトチリソース。カレーの中には、ご飯ではなく卵麺を入れた大きなボウルで提供されるものもあれば、ピーナッツでとろみをつけたココナッツソースを取り入れたものもあります。ベジタリアン向けには、カレー、チャーハン、複数の炒め物が付いたモックダックまたは豆腐が用意されています。そのうちの2つは、通常の新鮮なバジルと新鮮な生姜に加えて、カシューパイナップルとガーリックブラックペッパーです。ほとんどのメインディッシュは8ドルから12ドルの間で、街のタイの地方レストランの名簿にこの素晴らしい追加で食べ物はハラールです。 64-02 35th Ave.、ブロードウェイと35thアベニューの間、ウッドサイド

パニーノムチョジュスト

パニーノギストのベンチはリラックスするのに人気のスポットです。

値段が高す​​ぎる地域でも、隠れた宝石はまだ残っています—食べ物が手頃な価格で、地元の人々が集まる場所です。一例は パニーノムチョジュスト、ウェストビレッジの地元の人々がぶら下がっている、ほとんど知られていないコーヒーバーとサンドイッチショップであり、地下にプライベートラッププールがあるタウンハウスに住んでいるものでもありません。天気の良い日には、外にいくつかの居心地の良いベンチがあり、中は不規則な間取りで快適です。地元の作家による料理本が棚に並んでおり、朝食のペストリー、クッキー、パニーニ、スープ、サラダ、卵の朝食、最近追加されたハンバーガーまで運賃がかかります。はい、食べ物は予測可能で、おいしいですが、壮観ではありません。あまり注目されていない近所のクラブハウスに欲しいものだけ。 551ハドソンストリート、ペリーストリートとウェスト11ストリートの間、ウェストビレッジ

アフリカキネ

数年前に家賃を上げてウェスト116thストリートから追い出され、 アフリカキネ 135thストリートのすぐ南にある新しい店先に移転することができましたが、それでもハーレムにありました。敷地は現在は小さくなっていますが、アフリカの壁画の大きな地図やほんの一握りのテーブルなど、細心の注意を払って装飾されています。料理は素晴らしく、メニューはシェフ経由 キネマール と共同所有者 サンバニアンは、ニューヨークの西アフリカの飲食店としては大きいです。の通常のセネガル基準 mafe (ラムまたはチキンとピーナッツソース)、 ヤッサ (玉ねぎとマスタードをまぶした魚や鶏肉)、cheb(赤米に魚と野菜を乗せた国の料理)が利用できますが、めったに見られないアプリも多数あります。 ネムス (ベトナム人駐在員がダカールに持ってきた春巻き)と ファタヤ (肉や魚のターンオーバーはエンパナーダのようなものです)。 2267アダム・クレイトン・パウエル・ジュニア・ブルバード、ハーレムの33番街と34番街の間


マンハッタン

ハーレム

マンハッタンの黒人文化の中心地であるハーレムには、ソウルフードからセネガル、ナイジェリアまで、あらゆるものを代表する少なくとも50の黒人所有の飲食店があります。ハーレムは1800年代にユダヤ人とイタリア人の地域として発展しましたが、20世紀初頭の大移動の後、南部からの多くのアフリカ系アメリカ人がより良い仕事と教育を求めてハーレムの周りに定住しました。ハーレムは、その名を冠した文化的ルネッサンスを経験した直後に、ラングストンヒューズ、アランロック、デュークエリントンなどの人物が有名になりました。しかし、ハーレムは大恐慌で大きな打撃を受け、ハーレムの直後に住宅を改善するための家賃ストライキが行われました。モデル都市プログラムのような努力にもかかわらず、ハーレムは学生のための教育を改善するために20世紀を通して苦労し、実りある雇用を見つけた多くのハーレム住民は近所を去りました。

それにもかかわらず、ハーレムには、市内で最高の黒人所有のレストランがいくつかあります。おそらく最も有名なのは、1962年にシルビアウッズによって設立されたソウルフードレストランで、ネルソンマンデラ、ビルクリントン、バラクオバマなどが食事をしているシルビアです。フライドチキン、リブ、シュリンプアンドグリッツなどのソウルフードは、創設者のカールS.レディングの才能ある祖母にちなんで1999年にオープンしたもう1つの有名なスポットであるエイミールースのメニューに登場します。ハーレムの他のソウルフードレストランには、メルバ&#8217s、BLVDビストロ、ミスマミー&#8217sスプーンブレッドトゥー、ハーレムのチャールズカントリーパンフライドチキンがあり、創設者のチャールズガブリエルはジェームズビアード賞の数々のノミネートを受けています。読者はまた、ロンデル、ツィオン、リバレンス、ジェイコブ、ルビー、チョコレート、レアンバサド、リーリー、ロロ、67オレンジをお勧めします。さらに、マンハッタンで唯一の黒人所有のクラフトビールバーであるハーレムホップがあります。

ウェストハーレムには、西アフリカのレストランやショップで知られるリトルセネガルと呼ばれる小さな民族の飛び地があります。セネガルのレストランPikineでは、魚のグリル、砕いた米、トマトソース、キャベツからなるセネガルの郷土料理、Thiéboudienneなどの料理を提供しています。もう少しアップタウンは、チキンヤッサなどのセネガル料理で知られるアフリカキネです。近くのシェアランでは、ピーナッツバターシチューや魚、ジョロフライスなどの西アフリカ料理を提供しています。また、この地域には、市内で唯一のソマリア料理レストランの1つであるSafariレストランがあります。

Room 623 Speakeasyは、黒人経営のカリブ海レストランB2ハーレムの下にあります。

ハーレムはまた、古いレシピと料理のトレンドを融合させた現代的な料理へのアプローチにも誇りを持っています。 Lee Lee&#8217s Baked Goodsは、ポーランド発祥のユダヤ料理であるrugellachで最もよく知られています。また、Ponty Bistroは、フランス料理、アメリカ料理、西アフリカ料理を組み合わせた料理を提供しています。テランガでは、自分で作った西アフリカのグレインボウルでファーストフードを楽しめます。アップタウンベジアンドジュースバーでは、カレーひよこ豆やコラードグリーンなどのビーガンオプションを提供しています。シーフードとカリブ海料理への現代的なアプローチは、B2ハーレムやLoLo&#8217sシーフードシャックなどのレストランで見つけることができます。

ロウアーマンハッタン

ハーレム以外では、マンハッタンは黒人経営のレストランで特に知られていませんが、ロウアーマンハッタンには、ナイジェリア料理、ベルベル料理、南部料理など、さまざまな料理を提供するレストランが少なくとも12軒あります。解放後、アフリカ系アメリカ人は、現代のセントラルパークのセネカビレッジやスタテンアイランドのサンディグラウンドなどのコミュニティに定住しましたが、大移動により、ヘルズキッチン(現在はハイチとエチオピアのレストランがあります)の黒人人口が急激に増加しました。とグリニッチビレッジ。ロウアーマンハッタンがより高価になるにつれて、多くの黒人居住者はアップタ​​ウンをハーレムに移動するか、ベッドフォードスタイベサントやクラウンハイツのブルックリンのような周辺の自治区に移動しました。ロウアーマンハッタンでは、ローワーイーストサイドなどの地域へのカリブ海の移民も最近増加しています。

ローワーイーストサイドには、パンノキのタコスやカレーオックステールなどの料理を提供する「カリブ海のヌーボー」レストラン、オマーズキッチン&ラムバーなど、黒人が経営するレストランがいくつかあります。ホイップ&#8211アーバンデザートラボは、チョコレートやスイートクリームなどのベースを使ったオーツ麦ミルクのソフトクリームを誇りにしています。また、po&#8217の男の子やその他のニューオーリンズ風のサンドイッチを提供するCheeky Sandwiches、LasLapバーも注目に値します。

ウェストビレッジでは、Berber Street Foodがケニアからタンザニア、モザンビークまで、さまざまな料理を提供しています。人気の料理は、ザンジバル野菜カレーからジョロフチャーハン、ハバネロマンゴーサルサを添えたカリプソグリルジャークウィングまで多岐にわたります。また、ウェストビレッジには、ベジーバーガー、ナチョス、サンドイッチで知られるアーバンビーガンキッチンがあります。近くのグリニッチビレッジにはネグリルビレッジがあり、グアババーベキューウィングやコラードグリーンの春巻きなどの&#8220ニューヨークに精通したカリブ料理&#8221を提供しています。

イーストビレッジには、アイスクリーム店のMikey Likes It、南部のコンフォートフードレストランSweet Chick、エチオピアの飲食店Haileなど、黒人が所有する飲食店も数多くあります。また、Hell&#8217s Kitchenでは、オアハカ料理店のCasa Del Toroで、エビやステーキのタコスやトラユーダなどの郷土料理のほか、特製カクテルやワインを提供しています。飲食店は、近くのフランスのビストロLePrivéも所有しているSanjayLaforestが所有しています。


リトルセネガルのギニアの場所でホロホロチョウを食べる

合格したに違いない サリマタ、ヨンカーズからマイクが選んだレストランは、何百回もありましたが、私が住んでいる場所からそれほど遠くない場所で、実際には気づきませんでした。おそらくそれは、リトルセネガルとして知られる地域に住み、常に活動で賑わう西アフリカのイスラム教徒の地域のコミュニティセンターのようなマスジッドアクサモスクの影に位置していたためです。あるいは、その地域にある多くの小さな家族経営のアフリカ料理レストランに溶け込んでいたので、その存在に気づかなかったのかもしれません。

ある場所にたどり着くまでにかかる時間に基づいて選択するジェリーや、食用かどうかに関係なく、未熟なものを探すユージーンのように(を参照) アルズ)、ヨンカーズのマイクはアフリカのことを最後の2つに選んでいます Treichvilleアフリカ系アメリカ人のマレイウェイ どちらも西アフリカの国々の料理を特集しました。サリマタはギニアを代表していましたが、私たち全員がギニアの食べ物と、たとえばガーナやギニアビサウの食べ物との微妙な違いを区別するのは難しいでしょう。しかし、サリマタに行くのは私にとってこれ以上簡単なことではなかったので、私は確かに彼の選択について不平を言っていませんでした。

レストランの外で私たちに挨拶したのは、伝統的なアフリカのスウェットスーツバージョンのように見える服を着たたくましい男でした ブバ。彼は大きな袋を開けて、彼が売っていた無計画な靴の品揃えでいっぱいでした。 「私の靴を見てください」と彼はバッグを開いたまま尋ねた。 「あなたは何サイズですか?」

私たちは今サリマタで食事をするつもりだと彼に言いました。たぶん後で、誰かが私たちが終わるまでに彼がいなくなったかもしれないと思って賢明に言いませんでした。彼は私たちの食事の選択に賛成してうなずきました。それはすぐにわかりましたが、彼の活動の拠点としても機能していました。

6人のグループを処理するのに十分な大きさの唯一のテーブルは正面玄関の近くにあり、テイクアウトの顧客とタクシーやタクシーの運転手が出入りするという絶え間ない騒ぎで、私たちはジャケットを暖かく保つことができました。私たち全員は、2回の不在の後、リックが再び私たちに加わり、メニューを一瞥して、迷わず、アプローチ方法に応じて、ホロホロチョウのバリエーションであるホロホロチョウを決定したことを喜んでいました。 。

ホロホロチョウ:前の写真。

メニューは豊富でしたが、アフリカの小さなレストランの多くがそうであるように、たまたまそのレストランにいるときに何が利用できるかについては、当たり前のことです。私たちの場合、次のような西アフリカの古典のいくつか トゥジュン (魚の煮込み)、鶏肉 ヤッサ、 と ラフィディ (山羊のローストライス)は当日行われました。

テーブルの注文を受けてからスリムなレストランの裏にあるテイクアウトカウンターに戻るまでの間を行き来していたウェイトレスは、代わりに、グリルチキン、グリルフィッシュ、ステーキなど、残っているいくつかのアイテムを引用しました。それは固執したジェリーもジオも満足せず、他のメニュー項目のいくつかで彼女を押して、メニューに目を細めさせました。

ジオは「ブイヨンアベックフォニオ」は牛の足のスープとしても知られていますが、ジェリーは「suppa kandja」オクラソースにラムと魚を混ぜたもの。慌ただしいウェイトレスのためにシンプルに保つために、ユージンと私は魚のグリルを選び、ヨンカーズのマイクはチキンのグリルを注文しました。

レストランの両端には2台のテレビモニターがあり、装飾は「大統領のためのブーバカールバー」を支持するポスターだけでした。テレビはCNNに合わせて調整され、私たちの巨大な大皿が私たちのテーブルに到着した後、オバマ大統領がスピーチをしているのが示されました。テレビの音量が上がり、鶏の脚をかじる壁にもたれかかっていた靴のセールスマンを含め、すべてのアフリカ人がテイクアウトの注文を食べたり待ったりして、激しく見守っていました。

ホロホロチョウ:後の写真

一方、私たちはそれほど敬意を表さず、リックのホロホロチョウがヨンカーズのグリルチキンのマイクとほとんど同じように見え、どちらも同じくらい乾燥しているのに対し、ユージンと私が注文した魚は後で学びました。ティラピアは、おそらくブロンクス農場のタンクで、ステロイドが豊富な食事を食べて、幼い頃を泳いでいたように見えました。どちらもとても大きかったです。巨大なサイズにもかかわらず、魚は鶏肉とは異なり、しっとりとしていて、軽いトマトソースで窒息させ、クスクスとマスタード風味の焼き玉ねぎの盛り合わせを添えました。ジェリーの濃い緑色のマッシュポテトオクラの調合は、ゲーム性のある過度に塩味のある味で、鑑賞するには間違いなく習得する必要があります。ジオのスープに固定された硬いゼラチン状の牛の足は、彼に手を投げさせました。 「私はそれを食べることができません」と彼は敗北で首を振って言った。

浸透できない牛の足のスープ。

消費されたすべての食べ物の途方もなく安価なチェックは、いくつかのミスを和らげ、私たちの大皿が片付けられてレストランを出るまでに、靴のセールスマンは彼の位置に戻っていました。彼はうまくいけば私たちを見て、片方の手で半分食べた鶏の脚をもう一方の手で持って靴の袋に身振りで示しました。 「それで、あなたは今いくつかの靴を買う準備ができていますか?」


コリアタウン

ニューヨーク市は韓国の人口が非常に多いので、コレアタウンは失望しません。そして実際には少数の人が 住む ここの近所には、スパから店まで、そしてバーから韓国のバーベキュー店まで、ビジネスが密集しています。 Ktownはエンパイアステートビルの陰に隠れており、日没後は明るいネオンサインで点灯し、ほぼすべてのビジネスが24時間年中無休で営業しています。ニューヨーク市のソウルを味わうためにいつでもスイングしてください!

コリアタウンの見どころには、Gagopa Karaoke(BYOBポリシーと30,000曲以上のレパートリー)、近隣に点在する豪華なスパ、Gaonnori(マンハッタンのパノラマの景色を望む豪華な韓国バーベキューレストラン)などがあります。

カミーユダニエルリッチによる写真 カミーユダニエルリッチによる写真 カミーユダニエルリッチによる写真

コレアタウンは5番街とブロードウェイの間にあり、32丁目が中央を走っています。最も便利な地下鉄の停車駅は、B、D、F、M、N、Q、R、Wの電車の34ストリート&#8211ヘラルドスクエアです。


アフリカキネ:アフリカキネ:116番街にあるセネガルの踏み台-レシピ

ニューヨーク市で最初の黒人経営のバーの1つである19世紀のアルマックの住所にちなんで名付けられたこのスタイリッシュなラウンジは、ハーレムカクテルを定義しています。そのシグネチャーであるルグランのオールドファッションドまたは知識を落とす解放をお試しください。かなり邪悪なバーフードもあります!

大胆で力強いアフリカ料理の味を体験してください。何を注文すればよいかわからない場合は、フレンドリーなスタッフがいつでも完璧なものを見つけるお手伝いをします。私たちのビュッフェスタイルでは、さまざまなオプションを試すことができるため、さまざまなフレーバーを楽しむことができます。

質の高い本格的なアフリカ料理を提供することに誇りを持っています。私たちのルーツはガーナにあり、私たちの文化の楽しい味をあなたと共有することを楽しんでいます。ランチまたはディナーにご参加ください。また、遅くまで営業していることを忘れないでください。

この飲食店はセネガルにあなたを歓迎します。ハーレムの西アフリカ共同体のハブである116番街にあるオリジナルのレストランの1つであるキネは、より広いスペースを求めてさらにアップタウンに移転しました。あなたの最初の一口?郷土料理のティエボジュン「魚とご飯」をお試しください。食べる準備をしてください!

Ajoyは、簿記の処理と税金の申告が必要な中小企業の経営者や起業家を支援します。彼らは個人的に、体系的に、そしてスケジュール通りに働き、クライアントが成長を計画し、税金の問題を回避するのを助けることに大きな成功を収めています。 It&#8217s Ajoy&#8230 To Get itDone。

1912年に映画界の大御所ウィリアムフォックスによって大規模なイベントのために建てられたオーデュボン舞踏場は、アフリカ系アメリカ人統一機構にスピーチをしているときに黒人イスラム教徒の指導者マルコムXが暗殺された場所として最もよく知られるようになりました。今日、彼に敬意を表して、建物にはマルコムXとベティシャバズ博士記念教育センターがあります。ロビーには等身大のマルコムXの像が立っています。

シーフードレストランとして再現されたかつてのBillie’s Blackは、今でもカジュアルで陽気な近所の体験を提供しています。スピークイージー風のバーエリアで東海岸と西海岸の牡蠣とクラフトカクテルを楽しんだり、新しいメニューでお食事をお楽しみください。

タラシモーネは、CBS、CNN、そして今あなたのような企業の巨人のうらやましいクライアントリストを彼女に勝ち取った壮大な花のデザインとイベント体験を作成します。

タラシモーネは、CBS、CNN、そして今あなたのような企業の巨人のうらやましいクライアントリストを彼女に勝ち取った壮大な花のデザインとイベント体験を作成します。

ベンジャミンオプティカルは、模範的な検眼ケアとアイウェアで男性と女性にサービスを提供してきました。彼らは手頃な価格のソフトとハードのコンタクトレンズだけでなく、さまざまなデザイナーサングラスとフレームを提供しています。あなたの予算に関係なく、ベンジャミンオプティカルはファッショナブルなフレームのうらやましい選択を提供します。

練習は目の健康問題の広大な配列を扱います。専門分野には、ドライアイ、感染症、緑内障、視野検査、角膜障害などがあります。専門的に訓練されたチームはまた、糖尿病と高血圧から生じる状態を治療します。


ピーナッツソースのチキン

東アフリカは限られた製品セットが特徴であり、インド人(米とお茶の消費)とヨーロッパの植民者(冷たい軽食のビュッフェ)の影響が追跡されています。一方、ハム・カリバ・ハムの詰め物など、地元の名物料理が各国料理に取り入れられています。インド産のスパイスとマサラの非常に人気のある混合物で、乾燥したものとペーストの形の両方があります。細かく刻んだ肉を玉ねぎと油で揚げ、濃厚なスパイシーソースを添えて。最も一般的なおかずは、カレースパイスとモロコシ、タピオカ、キャッサバ、またはキャッサバを添えたご飯です。すりおろしたココナッツと玉ねぎで調理したキャッサバの根も、独立した料理として提供されています。

お粥はほうれん草、レタス、その他の野菜と一緒に食べられます。地元の人々は肉料理、まず第一に牛肉と山羊肉が大好きです。先住民はガゼルや他の4本足のゲームを調理する方法を知っています。海岸では人気があり、ココナッツミルクとたくさんのタラゴンで煮込んだ魚に卵をまとっています。この食べ物はギラムと呼ばれ、ヨーロッパ人にも人気があります。ナイジェリアと東アフリカの沿岸部はチリを好みます。沿岸のレシピには、生姜、トマト、カイエンペッパーでマリネした魚をピーナッツバターで調理したものが含まれます。セネガル料理はフランスの影響を強く受けており、ライムジュース、細かく刻んだ野菜、玉ねぎ、にんにく、マリネなどが広く使われています。人気のピーナッツ、パーム、ココナッツオイル。オクラはグーラッシュやスープの濃厚化に使用されます。トロピカルフルーツ、特にバナナとココナッツは重要な成分です。


村の声

作家のセンベーヌ・ウスマンは、1960年代に自転車で映画のキャリアをスタートさせ、35 mmフィルム缶を村から村へと駆け巡り、生まれ故郷のセネガルでその場しのぎの上映を行いました。現在82歳の「アフリカ映画の父」は今週、カンヌで監督のレッスンを行った最初のアフリカの監督になりました。ベルトラン・タヴェルニエ、ミロス・フォアマン、ヴィム・ヴェンダースの足跡をたどるセンベーンは称賛に値しますが、アフリカの観客に触れる能力によって、映画製作者としての自分の価値を評価しています。 「ヨーロッパは私の基準ではありません」と彼は言います。

1950年代半ばにフィクションに転向する前は、漁師、兵士、マルセイユの港湾労働者、共産主義の労働組合員であったセンベネは、主にフランス語で10冊の本を出版しています。ほとんどが英語に翻訳されています。 1960年に彼の名前を作った壮大な小説、Les Bouts de bois de Dieu(神の森の木々)は、1947年から48年にかけてフランス領西アフリカで行われた画期的な鉄道労働者のストライキで、アフリカ大陸全体で古典として教えられています。ハイネマンアフリカの作家シリーズでまだ印刷されています。

彼は1960年にセネガルがフランスから独立した後、植民地時代の言語の文学が他のアフリカ人に与える影響がいかに少なかったかに愕然とし、映画製作に目を向けました。今日でも、セネガル人の40%しか読み書きができません。脚本家、プロデューサー、監督、カメオ俳優として、しばしば彼自身のフィクションを適応させて、彼はダースの機能とより多くのドキュメンタリーを作りました。没収された人々の生活を記録し、植民地化後のアフリカにおける富と権力の不平等を、しばしば哀愁を帯びた喜劇で明らかにします。彼は、教訓主義よりも芸術性と自由度を好むが、芸術家は「彼の民の口と耳」でなければならない、と彼は言う。「私はポスター映画を作ることに反対している」。

「彼の作品をとても面白くしているのは、彼の逍遙生活と折衷的な学習です」と、ケープタウンを拠点とする友人であるソマリアの小説家ヌルディン・ファラーは言います。彼のフィクションは「表面的には非常に単純ですが、彼が政治的および社会的目的のために小説を使用する深さはあります」。ドキュメンタリーSembène:The Making of African Cinema(1994)を共同監督したケニアの作家Ngugi wa Thiong'oにとって、彼の主な関心事は「社会的および精神的解放の必要性、そしてアフリカが生き残るためには脱植民地化すること」です。 。

センベーンの「夜学」としての映画の考えと、1960年代後半にフランス語ではなく先住民の言語で映画を作るという彼の決定は、アフリカの映画製作に革命を引き起こしました。マリのスレイマン・シセやエチオピアのハイレ・ゲリマなどの映画製作者は、彼をインスピレーションとして引用しています。ワシントンDCのハワード大学のフランス語教授であるフランソワーズファフは、「彼のリアリストスタイルと政治志向のストーリーは、彼自身のスタイルは進化したものの、3世代の映画製作者に痕跡を残しました」と述べています。

マサチューセッツ州マウントホリオーク大学のフランス語教授で、センベネの伝記を完成させているサンバガジゴにとって、彼の目的は「アフリカの目を通してアフリカを見る」だけでなく、修復的なイメージと、それに根ざした新しい映画の言語を作成することです。 his knowledge of African cultures - not in an African past. We're neither Westerners nor Arabs. His work makes people understand that we need bread and shelter, but without culture there can be no development."

His latest feature, Moolaadé, which won last year's Un Certain Regard award at the Cannes film festival and was reviewed in the New York Times as Sembène's "autumnal masterpiece", will be released in the UK next month. It coincides with a June retrospective of his work at the National Film Theatre in London, as part of Africa 05. "For an 82-year-old to continue to make films, particularly in the African environment, is phenomenal," says Keith Shiri, director of Africa at the Pictures, a UK promoter. "His films express shortcomings in African society he hasn't lost his focus or his passion."

Filmed in a remote village in the west African state of Burkina Faso, Moolaadé traces the ripples of one woman's rebellion against ritual "purification" - genital mutilation that is yet to be outlawed in some African countries and, according to the UN, still threatens two million girls each year.

"I was born in a milieu where excision is practised daily and accepted," says Sembène. "But I was also born into an evolving culture, one, like all African cultures, that's acquiring new knowledge."

Partly from seeing mothers die in childbirth, and Aids infection from dirty knives used in excisions, "I came to understand that excision was outdated and outmoded".

He chose the village of Djerisso for its unique mosque, which rises like a spiky anthill. Though he says the procedure itself, aimed at subjugating women, predates Islam and is "as old as humanity", the film partly satirises elders who trumpet tradition but speak French and worship Allah. New ideas do arrive from outside - men make a bonfire of the rebellious women's radios. But the main force for change is the local tradition of moolaadé, or sanctuary for the weak. As four little girls seek refuge from the matriarchs' knives in the heroine Collé's compound, a traditional cord keeps out both masked women in blood-red cloaks, and male elders in white Islamic robes. "At a moral level, I don't think we have any lesson to learn from Europe," says Sembène, who believes tradition is merely a "set of habits", and that "conservative forces are carried by both men and women". But there can be no progress in Africa, he has said, "if women are left out of account".

"This isn't just entertainment: I call it 'movie school'," says Sembène, for whom cinema is a "mirror - so my people can take reponsibility and solve their own problems". When he showed Moolaadé in Burkina Faso, Gabon and Cameroon, "the debate afterwards was longer than the movie. The taboo is fading." Yet the lead actress from Mali, Fatoumata Coulibaly, has had death threats, only partly because of nude scenes deemed contrary to Islam.

Though the film was shot in a present-day village of pink mud walls and thatched roofs, with "no running water or electricity, just mosquitoes", there is nothing timeless in Sembène's view of Africa, as the film hints at underlying social change. "When one fruit ripens, others follow suit," he says. "Collé refuses to have her daughter excised but doesn't beat a drum about it. In her silent reaction, like an ocean wave, she carries others with her."

Sembène lives alone in the Senegalese capital Dakar in a house overlooking the Atlantic that has, he says with satisfaction, no phone. He does business in the city centre offices of his production company, Domirev. According to Breyten Breytenbach, the South African writer who lives on Senegal's Gorée Island, he has "remained unconditionally on the left, and is known to be impervious to patronage". He travels incessantly, fundraising, scouting for locations, shooting, editing in Tunisia or Morocco and screening. Recently in Manhattan, he had an ovation for Moolaadé at the Lincoln Center. In Harlem's "Little Senegal" he is recognisable to the francophone clientele of the bistro Les Ambassades with his trademark cap, scarf and pipe. Relaxing over seafood and wine in a friend's apartment, he tunes in religiously to French radio bulletins about Togo's presidential poll.

"He keeps up with everything," says Daniel Talbot, president of New Yorker Films, his longtime distributor in the US. "He's wonderfully well read and very smart." In Pfaff's view, he has a "caustic sense of humour and tremendous vitality: he appears so youthful in body and soul" - a sprightliness he puts down to yoga. He speaks little English, but Senegalese-accented French, as well as Wolof, Diola, Fulani, Bambara and some Russian. "Whatever you say, he'll contradict you, even if he agrees," says Mahen Bonetti, founding director of New York's African Film Festival. "He's sly, cunning, playful, witty - he pushes you to think."

He was born in 1923 in Ziguinchor, on the Casamance river in southern Senegal - then part of French West Africa. His father, Mousse, a fisherman, had migrated from Dakar. His maternal uncle was an Islamic scholar literate in Arabic and French, but he spent most time with his two grandmothers, one a midwife, who "wielded great authority". He says, "I benefited from a synthesis of values - in the house, the compound, the country and Koranic and French schools. We conserved our own culture we had nightly gatherings with tales. Now I call it my own theatre."

Aged 13, he was expelled from a colonial school in Casamance for retaliating against a French teacher who had hit him. "After I slapped the school director on the face, my father said, 'Did you make sure he bled?'" His father, who vowed never to work for a white man but sold them fish, took him canoe fishing. "I learned a lot about silence. And the images were important: dawn, and how the river birds make their nests, so you can predict the tides." He loved to read. "Bread came wrapped in French newspapers. Each time my father unwrapped a bagette, he asked me to read to him."

He left French school in Dakar at 14, and as an apprentice mechanic and bricklayer he indulged his love of cinema. "When we had a good catch, my father would reward me with change for the movies. I saw and memorised the silent classics - all the films of Charlos [Chaplin]." Films critical of the colonial presence were banned, says Pfaff, "but Chaplin was considered harmless". Yet as Sembène realised, "Charlos lets no one get away with anything he returns blow for blow." It was Leni Riefenstahl's Olympia, about the 1936 Berlin Olympics, that inspired him with Jesse Owens' track victories and the power of cinema. "Riefenstahl always fascinated me - not the content but the frames," he says.

Cinemas were segregated. "Whites sat at the back in armchairs, and natives at the front some came with their own stools." Yet he had no idea of colonialism till the second world war. "The humiliations had been there on a daily basis. I saw elders with white hair having to doff their hats to white men. I saw it all as a child, but didn't understand."

Then in 1944 he was called up to serve in the Free French army, as a truck driver in Niger, and in a colonial infantry unit. With his generation, he discovered the irony of helping Nazi-occupied France fight for liberation when that freedom was denied his own people. "In the army we saw those who considered themselves our masters naked, in tears, some cowardly or ignorant. When a white soldier asked me to write a letter for him, it was a revelation - I thought all Europeans knew how to write. The war demystified the coloniser the veil fell."

Demobbed in 1946, he joined a construction union in Dakar, and witnessed the general strike that paralysed the colonial economy for a month and ushered in the fight for independence. "I learned everything from that human experience," he says, noting that "African strikers sometimes got help from European unions".

Unemployed, he stowed away to Marseilles in 1947, where he worked at the docks and joined France's General Workers' Union. As a French Communist party member from 1950, he travelled widely, and protested against the war in Indochina and French rule in Algeria. He sought to improve the appalling conditions of black workers in Marseilles, but also recalls the warmth of Sunday lunches with French families. His party membership lapsed in 1960, though he claims an affiliation to Marxism "until my last breath".

After fracturing his spine unloading a ship, and getting a less arduous post, he spent more time in the union library, discovering writers such as Richard Wright, Jack London, Claude McKay of Jamaica and Jacques Roumain of Haiti. Marseilles was then the gateway to France, and like-minded intellectuals would contact him - among them WEB DuBois, James Baldwin, Kwame Nkrumah and George Padmore. "There weren't disagreements because the only thing that mattered was struggling for independence," he says.

He wrote poetry for French workers' periodicals. "It was then mostly Europeans writing about their Africa," he recalls. "It was time for Africa to speak for itself." His first novel, Black Docker (1956), about an African dock worker convicted of killing a Frenchwoman after she has passed off his novel manuscript as her own, was partly an allegory of exploitation. But it met with rejections. According to Gadjigo, "he paid to have it published his communist friends helped him." There were also moves to sideline him, says Gadjigo, "because he wasn't a typical African writer - he hadn't been to university. There was snobbery, but he never talks about it. He says, 'I don't look back.'"

God's Bits of Wood was his breakthrough. In a strike the French bosses try to starve the railwaymen back to work but women lead a decisive march. It was adapted for the stage in Dakar in 2002, and the Hollywood actor and producer Danny Glover is negotiating for film rights. Sembène returned to independent Senegal in 1960 and sailed up the Congo. "I wanted to know my continent," he says. It was then that he decided to make films, at a time when cold war adversaries were competing with scholarships. He studied at the Gorky Studios in Moscow, returning to Senegal a year later with an old Soviet camera.

His short black-and-white film Borom Sarret (1963), the first film made in the region by a sub-Saharan African, followed a day in the life of a Dakar cart driver. Niaye (1964), based on a short story, broached the taboo of incest, while La Noire de . (Black Girl, 1966), the region's first full-length feature, was sparked by a news story about a Senegalese maid brought to the French Riviera who kills herself. Her voiceover reveals that, though her country is supposedly free, she remains a possession.

Talbot, who met Sembène in Paris in the late 1960s, says, "I was devastated -I'd never seen that kind of cinema before. The stories are simple but artistic and powerful, and suffused with humanity. They're classics." They coincided with independence, says Shiri, "showing there were still problems that needed to be addressed, and that cinema was the best medium for it."

Sembène admits influences ranging from Italian 1940s neo-realism - notably Vittorio De Sica's Bicycle Thieves - and Eisenstein, to the French 1950s Nouvelle Vague and cinéma vérité. He also drew on African oral tales, and used folkloric types, such as tricksters. He sees the African artist as a modern-day griot, a bard who is also a licensed fool. "The griot was an honest eye witness and messenger the only one able to speak the truth and to humiliate the leader. He was immune to power. But now we have a new breed of griot who's a mouthpiece for the powerful he's just there to sing their praises and get paid."

Sembène co-founded Kaddu, a news­paper in Wolof in the 1970s, and began to make films in Wolof or Diola. "No language is better than any other," he says. In Mandabi (1968), based on his 1966 novel Le Mandat (The Money Order), an illiterate Dakar resident receives a windfall from his nephew, a street-sweeper in Paris, but in trying to cash the order becomes entangled with the callous bureaucracy of Senegal's new elite. Another of his best-known films, Xala (1974), satirises a new bourgeoisie who wash their Mercedes in Evian, through the tale of a polygamous businessman struck down by impotence, and the procession of beggars who spit on him to end the curse. No African director, the Guardian's film critic Derek Malcolm wrote, "has criticised the pretensions and corruption of its rulers more severely, or with such quiet hilarity".

His films put him at loggerheads with Senegal's government. One actor in Xala was chosen for his resemblance to President Léopold Senghor, a poet and exponent of Negritude, the francophone-led movement for black cultural pride, with which Sembène took issue. For Sembène, says Gadjigo, "the main issue was not skin colour but class. He thinks cultural alienation is a problem only for African intellectuals, and that the real problem is Africa's economic exploitation." For Sembène, Negritude was a "stage in the history of Africa, but all the fuss was a fuss between intellectuals." When the author­ities made a dozen cuts to Xala before it was screened in Dakar, he distributed leaflets in protest. "All ideologies practise censorship one way or another," he says. "But I don't know how to be oblique - I say things the way I see them."

His work often lampoons polygamists, and he says his own father was "never polygamous he divorced and remarried". Though reticent about his own relationships with women, Sembène is twice divorced. According to his biographer, he was married in 1962 to a cousin, a midwife, and divorced in 1974. That year he began a 12-year marriage to an African-American doctoral student who had come to interview him. Though Gadjigo says Sembène has no children from his marriages, he has a son Alain, aged 48, a civil engineer in Marseilles, from a relationship in France in the 1950s, and two younger sons: Moussa, aged 32, a department store worker and aspiring DJ in New Orleans and Matar, aged 16, who is still at school in Dakar. He has one granddaughter. Breytenbach describes him as a "very good father, with a very natural relationship with his sons". Sembène says they all visit during holidays, though none has followed in his footsteps: "They're not crazy."

Sembène turned to history, making Emitaï (1971), about a Senegalese rebellion against forced conscription in the second world war. Ceddo (1976), set partly in the 19th century, shows a people trying to preserve its culture from the onslaught of Islam, Christianity and the slave trade - in which Africans are seen to be complicit. Sembène, says Gadjigo, was "not attacking Islam but the way it was used by the ruling powers". Senghor banned the film on the pretext that the title misspelled the word for commoners. It was not screened in Senegal until after his resignation in 1980. Now Senegalese rap musicians sample the Cameroonian Manu Dibango's music from the film, "and they're even more stinging in their criticisms of the ruling powers than me", Sembène says approvingly.

Camp de Thiaroye (1988) exposed a French massacre of African soldiers, who were returning from the second world war, to quell a 1944 mutiny sparked by attempts to cheat veterans out of severance pay. "Months before the end of the war, the French army was killing people who'd participated in France's liberation," says Sembène. "That's part of my legacy I shouldn't forget. I have to erect a monument to it." But in Gadjigo's view, "it's a hidden page of history the French would rather bury. Camp de Thiaroye wasn't seen in France till the late 1990s."

Sembène has always been uncomfortable with French sponsorship and patronage, though what is known as African cinema, Shiri points out, "was born out of France's desire to retain cultural influence in the continent", through subsidies to officially approved films. Sembène increasingly taps EU coffers. "I go everywhere, knock on all doors," he says.

According to Talbot, he has "always been in total financial control of his work he has all his negatives." For Sembène, "Africa is my audience the west and the rest are markets." But he feels the chronic distribution problem in Africa (where many commercial cinemas offer a diet of Bollywood and kung fu) has "gone backwards not forwards, especially in francophone countries". Outside festivals, Gadjigo says, "it is hard to see African films in Africa. African leaderships don't see the role cinema can play in development," and 90% of Senegalese cinemas have closed in the past 10 years. Shiri notes that under IMF belt-tightening in the 1980s and 90s, "governments weren't given any leeway to support culture".

Though Sembène tries to premiere his films in Senegal through private screenings, he rejects the fleapit urban cinemas. Mamadou Niang, a Senegalese friend and producer for France Television in New York, says "his refusal to have his movies shown in towns since the nineties is a slap in the face of the political elite, who he thinks don't care about culture". He has rarely allowed his films to be released on video. But next month New Yorker Films releases his first DVDs, Xala and Mandabi, with the rest to follow. "I'm confident one day we'll be able to see our films in Africa," he says.

Sembène is proud that Moolaadé was "born on the continent and from the continent". In Gadjigo's view, "by making films with Senegal, Mali, Burkina Faso, Benin, Côte D'Ivoire, he's symbolically creating a unity that political leaders haven't been able to achieve".

The pernicious effect of dependence on outside aid is a theme of Guelwaar (1992), a film based on a true story, in which a Christian leader's erroneous burial in a Muslim cemetery creates chaos as fellow Christians try to recover the corpse. Faat Kiné (2000), the first of a trilogy on "daily heroism" of which Moolaadé forms the second part, follows the life of a single mother running a petrol station in Dakar. He tries to alternate rural with urban settings. "I see people surviving from day to day in my country in a very honest way that inspires me," Sembène says.

Senghor died in 2001, and Sembène pronounces him a "great poet in the French language, but a poor politician". In 2000 presidential elections, Abdoulaye Wade finally ended the 20-year rule of Senghor's successor, Abdou Diouf. Yet for Sembène, "I don't think liberalism is a way to govern Africa, because we're going to continue being the beggars of Europe." Last year's screening at Cannes was attended by Senegal's first lady, Viviane Wade. "It would be a very courageous act for this government to participate in the development of cinema," says Sembène with a sigh. He had hoped to shoot the last film of his trilogy, Brotherhood of Rats, in the presidential palace, but the authorities were rumoured to have refused after learning that its target is corruption.

Many of his screenplays are based on anecdotes of everyday life. "I'm almost a patriarch: I have a lot of nephews and nieces, who serve me as an observatory, telling me lots of stories." Now, he adds, "There's a new Africa being born that will only materialise through struggle. That will depend on Africans taking responsibility."

According to Farah, Sembène has a "long view of history, and the patience to wait for things to mature". He has aspirations to make a film on Samori, the 19th-century leader who resisted French rule and was portrayed by the colonisers as a barbarian. "Every country creates its images," he has said. "We don't have to erase them. History will do it for us."

Ousmane Sembène

生まれ: January 1 1923 Casamance, Senegal, French West Africa.

Education: Koranic and French schools in Ziguinchor and Dakar trade union adult education in Marseilles.

Some fiction in English: 1956 Black Docker '60 God's Bits of Wood '62 Tribal Scars (stories) '66 The Money Order, with White Genesis '73 Xala '81 The Last of the Empire '87Niiwam, with Taaw '96 Guelwaar.

Some films: 1963 Borrom Sarret '64 Niaye '66 Black Girl '68 Mandabi '70 Tauw '71 Emitaï '74 Xala '76 Ceddo '89 Camp de Thiaroye '92 Guelwaar 2000 Faat Kiné '04 Moolaadé.

Some awards: 1968 Special jury prize, Venice film festival for Mandabi 2004 Cannes, Un Certain Regard best film.

· Moolaadé is released on June 3. The NFT retrospective runs throughout June. There is a NFT Guardian interview with Sembène on Sunday June 5 at 3.50.



コメント:

  1. Faum

    私はあなたに非常に義務があります。

  2. Kagazilkree

    情報を正しく構成すれば、読者にとってより明確になります。

  3. Mizragore

    ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、別の方法をお勧めします。

  4. Cassian

    情報についてはとても感謝しています。私はこれを使用しました。



メッセージを書く