カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

数百万ドルを寄付する11の大手食品会社(スライドショー)

数百万ドルを寄付する11の大手食品会社(スライドショー)


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

あなたが思っているよりも多くの大企業が慈善団体に寄付しています

キャンベルの

NS キャンベルスープファンデーション 1953年以来、「キャンベルスープカンパニーの従業員が住み、働く米国中のコミュニティに前向きな変化をもたらす地元のチャンピオンに財政的支援」を提供してきました。毎年、約100万ドルを「コミュニティの幸福に焦点を当てたさまざまな組織」に寄付しています。 、健全なコミュニティの発展を支援する若者のエンパワーメントと経済的持続可能性プログラミング」、ニュージャージー州カムデンの故郷に重点を置いています。

ベン&ジェリーズ

1985年、ベン&ジェリーズの取締役会は取り置きに合意しました 7.5パーセント 慈善活動に対する会社の税引前利益の一部であり、ユニリーバによる2000年の買収後も、彼らは依然としてその約束を守っています。 2013年には、これはベン&ジェリーズ財団から寄付された250万ドルに相当します。

ホーメル

ホーメル財団 オースティン公立学校やYMCAを含むオースティン地域の非営利団体や機関に寄付し、2014年には28の異なる組織に寄付するために610万ドルが確保されました。

In-N-Out

1984年以来、In-N-Out Burgerは、虐待や放置された子供たちを静かに支援してきました。 児童虐待財団。 彼らは寄付者の寄付を通じてかなりの金額を集めますが、財団を運営する費用も負担し、集められたすべてのペニーが子供たちに向けられるようにします。彼らは毎年100万ドル以上を寄付し、過去11年間で1520万ドルを集めました。

マクドナルド

NS ロナルドマクドナルドハウス、「病気の子供とその家族のための家から離れた家」は1974年に設立され、2011年にファーストフードチェーンが寄付しました 3,400万ドル 組織や他の慈善団体へのハンバーガーやフライドポテトなどの現金や現物での寄付と、組織が募金箱を通じて集めた5,000万ドル以上の寄付。

タイソンフーズ

タイソン コミュニティプロジェクトに投資する 助成金プロセスを通じて非営利団体を支援し、2009年以降、コミュニティの慈善団体に4460万ドルの食糧を寄付し、1340万ドルの現金を寄付しました。

チックフィレイ

Chick-Fil-Aが寄付しました 過去3年間で700以上の教育的および慈善寄付に、なんと6,800万ドルの資金を提供しました。また、全国で数百万ドル相当の食料を寄付しました。

カーギル

この食品加工の巨大企業には、 実質的な慈善寄付アーム、2013年だけで「私たちが住み、働く活気に満ちた安定したコミュニティ」の構築に向けて6,900万ドルを寄付しました。彼らの寄付は、食料安全保障、教育、環境管理、そして彼らが事業を展開している地域の学校に焦点を当てています。

コカコーラ

1984年以来、コカ・コーラはそのを通じて数億ドルを寄付してきました。 コカ・コーラ財団 そして世界中の19の地方および地域の財団。彼らの目標は「世界中の人々の生活水準を向上させるために、毎年営業利益の少なくとも1%を還元する」ことであり、2011年だけでも、2010年より21%多い1億2,350万ドルを寄付しました。2002年から2011年の合計慈善寄付は合計8億1,200万ドルを超えています。

ゼネラルミルズ

から60年になります ゼネラルミルズ財団 は1954年に設立され、それ以来、地元の非営利団体に5億ドル以上を寄付してきました。彼らのチャリティープログラムには、人気のあるBox Tops for Educationから、Champions for Healthy KidsやFeedingAmericaへの製品寄付などのウェルネスイニシアチブまで、あらゆるものが含まれ、2013年には1億5300万ドル以上を慈善団体に寄付しました。

ペプシ

2005年以降、 ペプシコ財団 環境、教育、市民、芸術、健康および福祉サービスの分野の非営利団体に6億ドル以上の現金と製品を寄付しました。現在の卒業証書(市内の学生が卒業に必要なリソースを取得するのに役立ちます)、ロサンゼルスの「食用教育庭園」、サービスの行き届いていない人々が安全な水を手に入れるのに役立つ地球研究所のコロンビア水センターを含むように寄付されたイニシアチブ。


この写真家の特徴的なフードアートはしばしば盗まれます。彼女が自分自身のために立ち上がって前向きでいる方法は次のとおりです。

他の子供たちがバービーと遊んでいて、お互いに話をしている間、ブルターニュライトは人形と靴をスタイルと色で整理していました。彼女は芸術品や工芸品を愛するように育ち、11歳で最初のカメラを手に入れたとき、彼女は創造的な呼びかけを見つけました。

&ldquoそれは私の世界を完全に爆破しました&rdquoは今26歳のライトを言います。&ldquo私の想像力、私の人生は、たむろするのに最も好きな場所の1つであり、カメラは私が実際に作ることができなければならなかった最初の機会でした私が想像できるものの永続的なバージョン。&rdquo

彼女はファッションフォトグラファーになりたいと思い、大学で写真を専攻し始めました。しかし、さまざまなスタイルや照明などの技術的な側面について学ぶことは彼女に興味がなかったので、彼女は脱落し、情熱を捨て、次の数年間はコンピューターを修理して請求書を支払いました。

&ldquoLifeは一種の灰色でした。私はロボットのようでした:&lsquo起きて、仕事に行き、起きて、仕事に行きます&hellip&rsquo&rdquoライトは言います。 &ldquo私は趣味が必要でした。私はラリーカースクールに通い、ラリーカーのレース方法を学び、ラリーカーのドライバーになろうとするか、料理の仕方を自分で学ぶつもりでした。&rdquo

彼女は後者を選び、2つのうちより実用的で、できるだけ早く料理本を学び、読むことを試みて、それに恋をしました。しかし、多くの料理が視覚的に表現された方法は彼女を失望させました。彼女は、溶けやすいアイスクリームの代わりにマッシュポテトを使用するタイプにはなりたくありませんでした。彼女はあらゆる種類の食品の自然の美しさを表現したかったのです。

2013年1月、ライトはWright Kitchenという料理ブログを立ち上げました。このブログもInstagram(@wrightkitchen)に翻訳されています。アカウントは、段階的なレシピから、色、形、質感のパターンでグループ化された食品の単一の芸術的な写真に進化しました。彼女の2つの仕事(コンピューターの修理と食べ物のパターン)に共通するテーマは、どちらもパズルを組み立てる要素を含むということです。

&ldquo私は野菜のブランドを変更しようとしていると人々に伝えます&rdquoライトは言います。 &ldquoDon&#39t誤解して、チーズバーガーは私の好きな食べ物のようなものです。しかし、&hellipはニンジンにチャンスを与えてみませんか、またはブロッコリーを今まで見た中で最もクールなもののように見せてみませんか?&rdquo

今日、ライトには198,000人以上のInstagramフォロワーがおり、プラットフォームはライトの露出と成功に大きく貢献しています。先月、彼女は最初の本の編集物を出版しました。 あなたの目をごちそう。しかし、何千ものケースで、彼女の写真は彼女の許可なしに使用されています。彼女の本の表紙は、最も頻繁に盗まれる彼女の画像の1つです。

&ldquo私はそれが私の本の表紙になりました。それがおそらくもう少しだけ私にそれを結び付けることを願っています&rdquoライトは言います。 &ldquoThat image-私は&rsquomがもう一度見ても大丈夫だと取り組んでいます。それは私の気持ちをとても傷つけました。&rdquo

ライトは、自分の時間の20%をアート自体の作成に費やし、残りをその背後にあるビジネスに費やしていると推定しています。彼女は、ライトキッチンを設立する前にコンピューターを修理していた人々から得た洞察に感謝し、特に1つの教訓を覚えています。&ldquo常に前向きな意図を持っている&rdquo

ライトはと話しました 起業家 彼女がどのようにインスピレーションとポジティブを維持するかについて、それでも彼女の仕事のネガティブな側面を隠さず、それを所有します。

このインタビューは、長さと明確さのために編集されています。

1. Instagramを始めたきっかけは?
私は当初、Wright Kitchenをフードブログとして始めました。そこでは、料理の仕方を自分で教える過程でレシピを投稿していました。私は永遠に20の異なるショットを撮り、レシピの各ステップが見えるようにそれらをすべて整理することに費やしていました。しかし、それぞれの写真は、なんでもいいものでした。特別なことではありませんでした。

それから絞り込みを始めました。OK、今度は各レシピの写真を10枚撮り、それらに焦点を合わせます。それから私は5つをします。そして毎回、私の意見では、より少ない写真に入れるほど、セットはどんどん良くなっていきました。量より質。

そしてある日、私はすべてを1つの写真にまとめたいと思っていました。 20枚の写真の私のエネルギーのすべてが1つになりました。それを始めてみると、その時に偶然見つけた友人、家族、またはただのランダムな人々から私が得ていた反応は本当にポジティブでした。誰かがあなたが本当にあなたの芸術で彼らの日を作っているとあなたに言うとき、私の心-それは私がちょうど抱擁をしたように感じます。それは私にとって最も意味があります。私がその方向に進み始め、パターンで遊んだり、より鮮やかな色の背景を追加したりすると、人々は本当に感動しました。それは単なる食べ物の写真よりも芸術的なものになりました。今の私の焦点は芸術作品を作ることです。

2.他にどのようなプラットフォームを使用しており、Instagramと比較してそれらに費やす時間の割合は何パーセントですか?
私がしていることや私が伝えたいメッセージについての情報を共有することになると、それは間違いなくInstagramにあります。それは私の唯一のチャンネルです。しかし、それはまるで別の芸術作品を出すようなものです、私は彼らが今それに対して何をするつもりなのだろうかと思います。私はそれが切り刻まれ、ひっくり返され、宣伝され、そして他のすべての方法で見られました。

私は逆画像検索をあきらめました。それは私の日と週を台無しにするだけだったからです。 Instagramのすべての画像を逆検索するPixyというこのウェブサイトを勧めてもらいましたが、すべてを読み込むのに長い時間がかかりました。しかし、一度実行すると、18,000のリンクを通過する必要がありました。そして、私はちょうど好きです、私は自分の椅子に沈んでいるように感じた瞬間がありました。どうやって始めたの?誰かが私の写真をたくさんアップロードし、背景を削除して、フリーフォントであるかのようにダウンロード可能なベクター画像にしました。あなたが想像できるものなら何でも。ですから、今私には少し恐れがあります。それはすべての力だけです。

しかし、私に連絡を取り、私が家族をよりよく養うように促したと言う人の数は、最も驚くべき方法で、非常識です。そして、私に連絡を取り、私の写真を保存すると言う重度のOCDを持っている人の数。なぜなら、彼らが本当にひどく神経質なダニを持っているとき、それは彼らが彼らを和らげるのを助けるために見るものだからです。私はそれを想像もしなかったでしょう。何百人もの人々が何年にもわたって私に電子メールを送り、コメントし、またはメッセージを送ってきました。それらは私が大切にしている人々であり、それが本当に難しいとき、私は彼らのためにそれをします。

私は現在、他の共有方法を考えようとしています。そして、私は現在、デジタル画像の扱い方についての情報を広めるために現在取り組んでいるさまざまな方法を持っています。なぜなら、それは西部開拓時代だからです。私はただそれをひっくり返してポジティブなものを見つけようとし、声になろうとしています。変更する声がない場合は、私が声にサインアップします。しかし、非常に多くの意見があります-あなたはあなたが良い議論をすることを知っています。

3. Instagramにどのくらいの時間を費やしていますか?
誰もがインターネットから少し離れて、電話なしでその余分な時間を過ごすことが重要だと思います。ですから、私はその瞬間にもっと生きて、私にインスピレーションを与えるもの、つまり人生に戻ろうとしています。時々、家が描かれているのと同じように、または私が好きな看板の色が、それらの色が一緒に素晴らしく見えるのです。そして、そのような食べ物や背景を見つけて、それで遊ぶ方法を見つけたいと思います。

私はInstagramで、ただ座って物事を見るよりも質の高い時間を過ごしています。実際に投稿する前に考えています。私はInstagramをしようとしているだけでなく、私がしていることすべてを物語っています。これは共有する価値があるのでしょうか?これは夕食時に私の電話を取り出して、ビデオを撮るために瞬間と会話を一時停止する価値がありますか?それとも、しばらく見たことのない友達と一緒にいるこの瞬間を楽しみ続けるべきでしょうか。

毎日Instagramを一周しますか?もちろん。何が起こっているのかをチェックします。いくつかのクールな写真を見てください。 20分ごととは異なります。もうそれはできません。今、私は文字通り自分の電話を別の部屋に置いておきます、そしてそれは素晴らしいです。

4.アカウントをどのように宣伝しますか?フォロワーを獲得するための一番の方法は何ですか?
特定のハッシュタグを追加します。 Instagramコミュニティの一員になるためだけに、私が本当に楽しんでいることがあれば。私はそれを、考えられるすべてのものにハッシュタグを付けるのではなく、昔ながらの方法で参加して実行する方法だと考えています。たとえば、#marthafood、私はマーサスチュワートを崇拝しているだけなので、もちろん、いくつかの写真の下に#marthafoodを配置します。彼らが私の写真の1つを再投稿するたびに、それは私の世界を明るくするだけです。

私は自分の版画をプレゼントします。それは、ありがとうと人々に還元するという私の言い方です。

金銭的なことは何もありません。私はそのようなものに屈服しません。たむろして、I&rsquomが何をしているのかを見たいのなら、すごい。私はあなたがここにいるのにお金を払うつもりはありません。この金額を支払うと、突然1,000人以上のフォロワーが増えることを好むボットなどがあります。または、あなたがあなたの写真を後援してもらい、人々のフィードにもっと表示するためにお金を払うなら。私がしたことはすべて本物です。

5.コンテンツ戦略は何ですか?
コンテンツ戦略は、プロデュースに関して言えば、シーズン中に何かを使用することだけだと思います。私はそれに固執します。私は自分の本の戦略を考えなければなりませんでしたが、それ以外は、&ldquo私はこの芸術作品を作りました&rdquoとタイミング以外はあまり努力していません。 &ldquo多分私は午後4時のようにそれを投稿する必要があります。 [太平洋時間]東海岸が目を覚ましている間もそれを見ることができるように。

6. Instagramでどのように自分を際立たせていますか?
クリエイティビティやアート作りについて何かアドバイスがないかと聞かれると、同じように答えます。そして、それはあなた自身であるだけです。私のアートを完全にやり直そうとする人々がいます。あなたが何をしても、私たちにはインスピレーションがあり、それらはすでに存在しています。私達はことを知っています。あなたはそれに触発されました。あなたはそれを見ました。何があなたを違うものにし、何があなたを際立たせ、何があなた自身の名前、あなた自身のスタイルを作るのかを理解してください。自分以外のことをやりすぎないように、常に新しいものを作ることに取り組んでください。

それはクリエイターにとっても大きなことであり、その声でノーと言うことです。クライアントがあなたに連絡を取り、特定の何かを求めているとき、あなたは言うことができます、&ldquo私のことを考えてくれてありがとう。しかし、それは私ではありません。これができる人たちです。&rdquo私は自分が興味を持っていると思うもののセットリストを持っています。しかし、そうは言っても、私は常に何にでもオープンです。だから私は自分が何をしているのかよくわかっています。ご存知のとおり、自分が得意なことをよく理解し、それと話すことができ、非常に明確で、一緒に仕事をしている人と多くのコミュニケーションをとることができます。自分が何をしようとしているのかを明確に理解しておくと、ぎこちなく感じる準備ができなくなります。

7.あなたの最高のストーリーテリングトリックは何ですか?
時には少ないほうが多いです。多くの人々は彼らの物語を共有するために長い間アプローチをしてきました、そして時々短くて甘いものがポイントを伝えます。私にとって、それは本物であることに戻ります。人々はB.S.の匂いを嗅ぐことができ、あなたが何をしようとも、それをそこに出す価値すらありません。私が何をしようとも、私はそれが何であるかを誇りに思っているかどうか自問します。はいと言えば、完了していません。

自分のやることに心を込めて、自分のやることに本当にワクワクしているだけで、ストーリーも一緒にやってくると思います。あなたがそれが何であったかを手に入れた経験。あなたがファッションブロガーか何かで、一週間中靴を探していたなら、明らかにあなたはそのくそったれの靴を手に入れるプロセスについての話をするでしょう。だから、それはすべてあなたの電話を置くことに戻ります。それらの物語を集めるためにさえあなた自身が感情的に利用可能であることを可能にします。そして、歩き回っているときに人の目を見てください。

8. Instagramをどのように活用し、どの程度収益化していますか?
人々が私に連絡をとる時間の90%は、「私たちが何を望んでいるのかわからない」と言うだけです。私たちはあなたのスタイルが欲しいだけです。」私はクリエイティブディレクターになり、引き戻して「だから私はさまざまなことをします。これが私の写真の一部です。どれが好きか教えてください。そこから行きます。 OK、あなたはこれが好きです、さて、あなたはこれについて何が好きですか?これの何が気に入らないのですか?なぜあなたはこれらの他の写真が好きではなかったのですか?&rdquoそれから私は彼らが望むものを正確に絞り込むことができます、私は私が多くの時間をどのように考えているかを説明します、&ldquoOK、これは完全に右?&rdquoコミュニケーションがすべてです。

いつも一握りのブランドから連絡があり、本当に感謝しています。しかし、私は今、私が全体的に上手くなっているその時点に到達し、ノーと言わなければなりません。しかし、「いいえ」と言うと、「はい」と「いいえ」と言うようなものです。現在はできますが、将来的には可能性があります。完全にシャットダウンしないでください。なぜなら、それが私次第だとしたら、私は100万の手を持っており、私はすべてを行うからです。私は1ギャルのショーです。何かをするように設定し、最も自信のある&ldquoyes以外のものを決して与えないようにすることが重要です。&rdquo私は本当に本当に一緒に働きたいブランドに手を差し伸べることさえできませんでした。 。私は本当に感謝していると感じています、そして私は流れに沿って進み、それをすべて展開させています。

私のプリントショップはまだただのプリントであり、コンフォーターから靴、壁紙に至るまで、私のアートを爆破するのを手伝ってくれる適切な人が私に近づくのを待っています。質の悪い商品は出したくない。私は自分のアートを、みんなをかゆくさせるような快適なものに置きたくありません。しかし、プリントショップを宣伝すると、誰かが「それは良いヨガマットになるだろう」と言うでしょう。&rdquo私はパズル会社に連絡してもらいました、そしてそれらはすぐに出てくるでしょう。私の本が出て、カレンダーがあります。しかし、ノートブック、ビーチタオル、プレートとカップ、そしてそれはまるで、神聖なたわごとのようです。その間、私はここでアートを作ろうとしていて、それが至る所で盗まれるのを見て、それを一度に処理しようとしています。あなたはどこにでも付箋を貼ってこのビジネスウーマンになります。私たちは皆、私たちのアイデアを急いでしようとしていると思います。さらに1週間かけて、あなたの成功につながる可能性のあるすべてのことについて考えます。

9. Instagramでブランドを作りたいと思っている他の人たちに何かアドバイスはありますか?
独自のコンテンツを作成します。あなたの声とあなたが共有したいこと、そしてあなたが伝えたいことについて考えてみてください。

または、コンテンツを適切に尊重していることを確認してください。 Instagramは人々のコミュニティであり、画像を適切に処理する方法の構造があります。コミュニティに適切に参加していることを示します。あなたがそれを再投稿するとき、写真の人々にタグを付けてください。作成者がその過程で迷子になるように、500の他のアカウントやあなた自身や他のものではありません。コミュニティを尊重して扱います。飛び込む前に、Instagramの使い方を理解してください。

私のバナナのいたるところに数字を書いた男は、数字を書いたので彼は信用に値すると思ったと私に言った。それは本当に私を台無しにしました。ええ、私たちはこのプラットフォームで私たちの仕事を共有していますが、それは私たちが敬意を払う方法を知ることに無知である可能性があることを意味しません。

成功するには、本物であること。心を開いてください。あなたの成功だけに集中するためにとても速くしないでください。他の人と一緒に成長します。それは、他の誰かに対するあなたの利益についてではありません。

10.多くの人がInstagramについて持っている誤解は何ですか?
すべてが完璧だということ。すべてがこの素晴らしいプールサイドの夕日で、クールなカクテルが楽しめます。人々はそれが最もロマンチックで素晴らしいものだと考えています。しかし、多くの傷と多くの辛い感情があります。 Instagramでそれらを共有しようとしても、あなたが得る反発の量と現れる意見の量はあなたが時々否定を示すことを怖がらせることができます。それは私自身でさえ、私が取り組んでいることです。自信が持てるところにたどり着くだけ。

これはビジネスの非常にワイルドな西であり、まったく新しいものであり、規則や規制はまだ構築されているという事実を私は思います。それは誤解ではないかもしれない多くの誤解を生み出す可能性があり、人々はこれを行う方法を理解しようとしているだけです。これを実行する方法はたくさんありますが、基本的には1つです。あなたがあなたになることができる非常に多くの異なる方法があります。それは本当に悪質なプラットフォームになる可能性がありますが、とても暖かくて居心地の良い場所になることもあります。

スライドショーをクリックして、@ wrightkitchen&rsquosのお気に入りの投稿を5つご覧ください。


コーラとペプシは公衆衛生に何百万ドルも与え、それに対してロビー活動をします

公衆衛生研究者によると、飲料大手のコカコーラとペプシコは、近年、100近くの著名な健康グループに数百万ドルを寄付し、同時に、アメリカ人の炭酸飲料の摂取量を減らす公衆衛生法を打ち負かすために数百万ドルを費やしています。

月曜日にAmericanJournal of Preventive Medicineに発表された調査結果は、健康批評家を沈黙させ、ソーダ規制に対してありそうもない同盟国を獲得する戦略の一環として、過去5年間の飲料業界の健康コミュニティとの深い財政的関係を文書化しています。

研究の著者であるボストン大学公衆衛生学部のマイケル・シーゲル教授とボストン大学医学部の学生ダニエル・アーロンは、ニュースリリース、新聞データベース、ロビー活動レポート、医学文献、飲料の巨人自身。調査で引用された事件のいくつかはすでに報道機関によって報告されていますが、医学雑誌の報告書は、公衆衛生対策に反対すると同時に、保健機関に寄付するという業界の戦略を包括的に調べた最初のものです。この調査では、多くの都市が肥満と闘うために砂糖税やその他の規制を検討していた2011年から2015年まで、業界の寄付とロビー活動の支出を追跡しました。

「私たちは、これらの企業が実際に何を表しているのかを見たかったのです」と、研究の共著者であるアーロン氏は述べています。 「そして、彼らは公衆衛生をまったく助けていないようです。実際、彼らはほぼ全面的に反対しており、これらのスポンサーシップに疑問を投げかけています。」

アーロン氏は、業界からの寄付は、それを受け入れた保健グループに「明確な利益相反」をもたらしたと述べました。

報告書は、影響力のある健康グループが飲料業界の寄付を受け入れた後、ソーダ税の支援をやめたり、イニシアチブについて著しく沈黙したりした多くの事例を発見しました。

調査で引用された1つの例では、いくつかの州でソーダ税キャンペーンを積極的に支援していた非営利グループSave the Childrenが、2010年に顔を合わせて支援を撤回しました。このグループは、ペプシから500万ドルの助成金を受け取り、求めていました。子供のための健康と教育プログラムの支払いを支援するためのコーラからの主要な助成金。

セーブ・ザ・チルドレンは声明のなかで、新しい調査に応えて、2010年にグループは幼児教育に焦点を当てることを決定し、ソーダ税のサポートを停止するという決定は「セーブ・ザ・チルドレンが受けた企業のサポートとは無関係である」と述べました。 。」

ニューヨークが2012年に特大ソーダの禁止を提案したとき、栄養と栄養学のアカデミーは「矛盾する研究」を引用し、その努力を支持しませんでした。アカデミーは2012年にCokeから525,000ドルの寄付を受け入れました。翌年、会社から350,000ドルの寄付がありました。

アカデミーは、もはや飲料会社とのスポンサー関係はないと述べた。

N.A.A.C.P.ヒスパニック連盟は、黒人とヒスパニックのコミュニティでの肥満率が不釣り合いに高いにもかかわらず、反ソーダイニシアチブに公然と反対しています。コーラはN.A.A.C.Pに100万ドル以上の寄付をしました。 2010年から2015年の間に、そして2012年から2015年の間にヒスパニック連盟に60万ドル以上。グループはコメントの要求に応じなかった。

「飲料業界は、企業の慈善活動を利用して公衆衛生対策を弱体化させています」と、デューク大学のサンフォード公共政策大学院の学部長であるケリーD.ブラウネルは述べています。

米国糖尿病学会は、2012年から2014年の間に会社から140,000ドルを受け取りました。米国心臓協会は2010年から2015年の間にコークから40万ドル以上を受け取りました。また、国立衛生研究所は2010年から2014年の間にコークから約200万ドルを受け取りました。

声明の中で、心臓協会は、グループが「甘い飲み物の消費を減らすための努力をリードしている」と言い、グループは甘い飲み物に対する増税を提唱しました。

「私たちの目標を達成するために、私たちはソリューションの一部となるために多種多様な食品および飲料会社を関与させる必要があります」と声明は述べました。ソーダのスポンサーシップは、「私たちの科学と私たちが提唱する公共政策の立場に影響を与えることはありません」。

コーラは、研究に関する質問を彼らの業界団体であるアメリカ飲料協会に紹介しました。

「私たちは、地域社会や市場での私たちの行動が、肥満という複雑な課題への取り組みに貢献していると信じています」と飲料協会は述べています。 「私たちは、コミュニティを強化する組織と提携する必要性と権利を強く支持しています。」

飲料協会は、「当社の製品に対する差別的で逆進的な税金と政策について」公衆衛生の擁護者に同意しなかったと述べた。

ペプシコは声明のなかで、「世界の収益の4分の1だけが炭酸飲料からのものであるのに、「ソーダ会社」として誤って描かれている」と述べています。

「肥満は複雑で多面的な問題であり、私たちの会社はそれに対処する上で重要な役割を果たしていると信じています。これには、公衆衛生組織との関わりや、より健康的な製品に対する消費者の需要への対応が含まれます」と声明は述べています。

昨年のニューヨークタイムズ紙は、コーラが甘い飲み物と肥満の関係を軽視した科学的研究にお金を払ったと報じた。その記事が公開された後、飲料の巨人は、2010年以来、肥満の抑制に関与する学術研究と医療機関とのパートナーシップに1億2000万ドル以上を費やしたことを示すデータベースをリリースしました。

無党派のCentrefor Responsive Politicsのデータによると、2011年から2015年まで、コーラはソーダの消費を抑えることを目的とした公衆衛生対策に反対するロビー活動に年間平均600万ドル以上を費やしました。ペプシはその期間中に年間約300万ドルを費やし、アメリカ飲料協会は毎年100万ドル以上を費やしたことが研究でわかった。

2009年だけでも、政府が医療改革の資金調達に役立つ肥満を抑制するために連邦ソーダ税を提案したとき、コーラ、ペプシ、および米国飲料協会は、この法案に対して合計3,800万ドルのロビー活動を行いましたが、最終的に失敗しました。

2010年にフィラデルフィアの市長がソーダ税を提案したとき、税の提案が取り下げられた場合、飲料業界はフィラデルフィアの子供病院に1,000万ドルを提供しました。市議会はこの法案に反対票を投じ、飲料協会は後に寄付を行いました。

フィラデルフィアは、今年、最終的にソーダ税を課しました。飲料業界は9月に、税金を違法と呼び、訴訟を起こした。業界はまた、今年11月に少なくとも4つの都市(北カリフォルニアに3つ、コロラド州ボルダーに1つ)で投票用紙に含まれる砂糖税に対する広告キャンペーンに数百万ドルを費やしています。

ニューヨーク大学の栄養学、食品研究、公衆衛生の教授であるマリオン・ネスル氏は、ソーダ企業は「両方の方法でそれを望んでいる-社会的責任のある企業市民のように見え、あらゆる機会に公衆衛生対策に反対するよう働きかける」と述べた。 」


企業は人種平等に向けて350億ドルを約束しています。お金はどこに行きますか?

ローレンウェバー

米国企業は、2020年に人種平等の取り組みに向けて数百億ドルを誓約しました。2021年以降の課題:ドルがどこに行き、誓約が何を変えるかを追跡すること。

ウォールストリートジャーナルの発表のレビューによると、5月にミネアポリス警察に逮捕されたジョージフロイドの殺害後の組織的人種差別に関する全国的な議論に応えて、大企業は過去6か月で累積350億ドルの約束をしました。 25.企業は、そのお金は、黒人家族の純価値を高め、少数派のための専門的な機会を創出し、他の結果の中でもとりわけ、彼ら自身のランクを多様化することに向けられると言います。

350億ドルの大部分は、JPモルガンチェースアンドカンパニーが10月に、手頃な価格の住宅への融資や金融サービスが不足している地域への支店開設などの取り組みに、今後5年間で300億ドルを投資することを約束したことによるものです。

大手銀行は、バンクオブアメリカコーポレーションからの10億ドル、シティグループインクによる11.5億ドルなど、他のいくつかの最大の公約に遅れをとっています。

他の場所では、ウォルマート社は人種平等のセンターを設立することを約束しました。それを通じて、5年間で1億ドルを非営利団体に寄付します。 Alphabet Inc.のGoogleは、黒人のアーティストやクリエイター向けの1億ドルのYouTubeファンドに加えて、黒人のビジネスオーナー、スタートアップファウンダー、求職者、開発者のサポートに1億7500万ドルを投じています。


何百万もの人々を生み出した6つの驚くほどシンプルなアイデア

成功するビジネスアイデアは、成功するために複雑または技術的である必要はありません。実際、困難なビジネス戦略と長い実行時間は、商業発明者にとって最悪の敵となる可能性があります。あなたの目の前で機会を見ることは大きな利益を得ることができます。

3Mのユビキタスなポストイットノートの作成者であるArthurFryとSpencerSilverについて考えてみましょう。。 1980年に店頭に並ぶ、ほぼ何にでも貼り付けることができるメモ用紙に関する彼らのアイデアは、2012年の同社の純売上高299億ドルに貢献しました(FryとSilverはその後引退しました)。 またはスパンクスのサラブレイクリーを取る、1998年に新しいタイプの女性用シェイプウェアに対するビジョンが下着業界に革命をもたらし、彼女を億万長者にしました。これらは、ありふれたビジネスアイデアがどのように消費者の心に響き、莫大な売上を生み出すことができるかの例です。

ここで紹介されている6つの飾り気のない概念はすべて、発明者が数百万ドルを稼ぐのに役立ちました。見てください。

ドライバー

Michael Landau and Alli Webb (Courtesy of Drybar)

  • What it is: A women’s salon that specializes in blowout hairstyling for less
  • Created by: Alli Webb and Michael Landau
  • 発売: 2010
  • Estimated annual retail sales (2014): $60 million

Webb, a Los Angeles hairstylist, quit working full-time in 2008 and was a stay-at-home mom when she came up with an idea to earn some extra cash: Why not focus exclusively on blowouts, a salon service she could take to her clients’ homes? Her services were soon so in demand that she approached her older brother, Michael, about starting a brick-and-mortar salon. They would offer a blowout for just $40 (versus up to $100 at more upscale establishments) and offer some of the fancy extras that clients might expect from pricier salons: a swanky bar layout with champagne and trendy music playing. Landau was working at Yahoo at the time and admits he wasn’t too keen on the idea. “I’m a man and I’m bald, so I didn’t get it,” he says. “But Alli felt very strongly about it and convinced me to give her [$250,000] to start the business.”

The brother and sister opened their first location in Brentwood, Cal., in 2010 and generated $1 million in sales that year. Today, there are 35 Drybar locations nationwide the shops serve 100,000 clients a month on average, according to Landau. He attributes their rapid growth over the past year to a new line of hairstyling products and tools that are sold at Sephora and on the QVC channel, as well as at Drybar locations.

Even Landau is amazed: “It was something that was never meant to be a huge business,” he says.

Snuggie

Scott Boilen (Courtesy of Allstar Product Group)

  • What it is: A fleece blanket with sleeves
  • Created by: Allstar Products Group
  • 発売: 2009
  • Annual retail sales: The company declines to disclose exact sales revenue, but says 30 million blankets have been sold to date.

You’ve probably seen the TV commercials for the Snuggie, which retails for $14.99. “It’s definitely one of those ideas that’s so simple that a lot of people might say to themselves, Why didn’t I think of that?” says Scott Boilen, founding member and president and CEO of Allstar Products Group, a Hawthorne, N.Y.-based consumer products company.

Allstar, which is privately-held, also produces other “as seen on TV” products, such as the Bacon Bowl and Magic Mesh, but none has the name recognition of the Snuggie. “It had actually been around in various forms for a few years with similar products available in the backs of catalogs, but nobody really knew about them,” Boilen says. His company decided to create its own version, marketing it with those infamous infomercials. The campaign was so over the top that people started posting parody videos on YouTube, which attracted millions more views, boosting viral marketing. Boilen says sales have remained steady after the first-year spike.

“I think what clicked for consumers is that the Snuggie appealed to everyone,” Boilen adds. “Doesn’t matter if you’re a kid, a senior citizen, a mom, a guy -- everyone can wear one. The market potential was limitless.”

Michael Araten (Courtesy of K'Nex)

  • What it is: Creative construction/building toys
  • Created by: Joel Glickman
  • 発売: 1992
  • Annual retail sales (2013): $200 million

Glickman, who had worked in his family’s plastic business, was fiddling around with some drinking straws at a wedding reception in 1990 when the idea for a building toy hit him, and he spent two years developing the concept. Glickman’s construction set added an extra dimension of wheels, pulleys and gears to more traditional concepts pioneered by Lego and Lincoln Logs. Several companies, including Hasbro and Mattel, turned him down. But his idea clicked with Toys ‘R’ Us, which began carrying his line in 1993.

K’Nex quickly became a household name. Children could build miniature roller coasters and awesome mini vehicles. “No other construction-toy company at that time had a product like ours,” says Michael Araten, president and CEO of K’Nex and Glickman’s son-in-law.

Araten says that toys like K’Nex engender a feeling in kids “unlike anything they get from playing with a video game or prefinished product.” The company’s products are available in more than 35 countries worldwide.

Doggles

Roni Di Lullo (Courtesy of Doggles)

  • What it is: Protective goggles for dogs
  • Created by: Roni Di Lullo
  • 発売: 1997
  • Estimated annual retail sales (2014): $4 million

Sunglasses for dogs? It all happened by chance one sunny afternoon when Di Lullo was in a park playing Frisbee with her border collie, Midnight. She noticed that her pooch was squinting and having trouble catching the toy because of the glare. That sent her to the drawing board to develop a prototype based on a pair of human goggles. Midnight took to the goggles and was able to frolic outside with no issue.

Other pet owners Di Lullo would meet while out with Midnight took an interest in the invention, which persuaded her to start selling the specs online. Initially, she devoted just a couple of hours a week to product development and marketing while working full-time as a software developer in Silicon Valley. It wasn’t until 2001 that she finally realized she was on to something. That year, Doggles received its first big order from PetSmart, the pet-supply store chain.

“Back then, I didn’t understand all of the various eye diseases dogs suffer from, so I didn’t have a grand plan,” she says. With some research, she discovered that there was no other company offering protective dog glasses. Di Lullo now has a patent for Doggles, which made $3 million in retail sales last year. Her company also distributes through Amazon, Petco and 3,500 mom-and-pop pet stores and outlets worldwide. Retail cost: $13.99-$20.99. Di Lullo also now offers a line of cat products, which includes toys and catnip.

1-800-GOT-JUNK

Brian Scudamore (Courtesy of 1-800-GOT-JUNK)

  • What it is: A trash removal service
  • Created by: Brian Scudamore
  • 発売: 1992
  • Estimated annual retail sales (2014): $148 million

Scudamore was a struggling college student looking to make some extra cash when he bought his first truck for $700. The Vancouver, Canada, native saw a golden opportunity in hauling away the big stuff, such as furniture and appliances. Service calls picked up, so he decided to drop out of Concordia University in Montreal to run the company full-time. “I was learning more about business by actually working than being in school. My father thought I was out of my mind,” says Scudamore, 44.

By 1995, he had branched out to nearby Victoria, Canada. A move to the U.S. with a Seattle operation followed in 1997. Two years later, the company became a franchisor, making its first million in profits nearly eight years after 1-800-GOT-JUNK was founded, “There’s that old saying that it takes a while before you become an overnight success, and that’s how it happened for us. Once we made our first million, the business really began to take off,” he says. Today, there are 173 1-800-GOT-JUNK franchises, and the company posted revenues of $137 million last year.

Scudamore says that there’s really no “secret sauce” when it comes to refuse disposal: “We’re all consumers and we like to buy stuff. At some point, you need to get rid of that stuff.” His company now also offers services such as WOW 1 Day Painting, a same-day painting service, and You Move Me, a home moving service. Both are also franchisors.

Kara Goldin (Courtesy of Hint)

  • What it is: Fruit flavored H2O
  • Created by: Kara Goldin
  • 発売: 2005
  • Estimated annual retail sales (2014): $50 million

After leaving her job at AOL in 2001, Goldin, a wife and mother of three, developed an interest in healthy foods and beverages. A longtime diet-soda drinker, she found it difficult to give up artificially sweetened drinks. “I aspired to drink plain water but found it boring,” Goldin says. So she started adding fresh fruit to her water, giving it a flavor that she, her husband and her kids enjoyed.

Goldin researched to see if there were similar beverages on the market and found none. So she invested $50,000 of her savings to launch a drink company. Her big break: A local Whole Foods store in San Francisco agreed to distribute the product a year later. By 2007, Whole Foods started distributing Hint water in all its grocery stores nationwide.

Over the years, Goldin has also developed beverage-dispensing partnerships with some of Silicon Valley’s biggest tech companies, including Google, Twitter, Facebook and Square. Hint has become a popular choice among their health-conscious millennial employees, she says. The company is privately-held, and Goldin declined to disclose specific financial information pertaining to 2013 sales. However, in a recent Wall Street Journal article the company projects retail sales for 2014 at $50 million.

So, how did a sugar-free water beverage become so popular -- and profitable? Most big drink companies focus on products that are sweet, Goldin says, while Hint’s pitch has always been about health. “There are lots of consumers who have to drink water for health reasons -- they absolutely cannot have drinks loaded with sugar. We’re one of the very few options they have.” In May, Hint is set to launch an e-commerce platform, which will allow consumers to order and ship the beverage (in large quantities) directly to their homes.


6 of the worst product failures in the food and beverage industry's history

Big corporations are not immune to product mistakes. Just think of Coca-Cola's infamous formula change for its classic soda and toothpaste maker Colgate's unsuccessful introduction of frozen lasagna.

編集者注: This article is part of a series focused on innovation in the food industry。 To view other posts in the series, check out the spotlight page.

In the ultra-competitive food industry, companies are under immense pressure to develop the next big thing — products that wow consumers while bringing in millions or even billions of dollars in revenue to the manufacturer’s bottom line.

But throughout the annals of product development, there are thousands of examples of food products that weren't the next big thing and were unceremoniously pulled from the market — most without even so much as a public mention. There are a host of reasons why new products don't last: the public didn't want it, the item didn't resonate with the brand, the company was too early or late in the product cycle, or it just didn’t taste good.

“The established company has a mandate to innovate. It’s a very, very complex task to innovate when you are have very core products like ketchup, or ice cream or pasta,” Sophie Ann Terrisse, senior adviser with brand management firm 26FIVE, told Food Dive. “By expanding their line with ideas, recipes, marketing moves that are not authentic and true to the customer culture that they have created, [the product] will ultimately fail.”

To be sure, the pressure to innovate and create products that not only hit the market but resonate with consumers' pocketbooks is immense. New food and beverage product introductions in retail outlets have trended up since 2009, with 21,435 items debuting last year — the highest number in nearly a decade, according to the U.S. Agriculture Department's Economic Research Service.

With so many products making their way to the marketplace, failure is inevitable. Data analytics company Nielsen estimates only 15% of consumer packaged goods launched in the U.S. are still around two years later.

Jonah Berger, a professor at the Wharton School of the University of Pennsylvania who studies how products, ideas and behaviors catch on, told Food Dive companies in most cases should let failed products go quietly without drawing much attention to them. But internally, executives should review why the mistake happened and find ways to make sure it doesn't happen again.

“Some sort of failure is inevitable," Berger said. "The question is how large those failures are and how much you learn from them. Better companies still fail but they fail small and quickly and learn from it."

There are hundreds of thousands of products that have met their demise during the last few decades. Here are six of the most memorable . or should we say unmemorable?

1. New Coke

In 1985, PepsiCo's share of the U.S. cola market was nearly 30% and the beverage maker was threatening to top its bitter rival Coca-Cola. Desperate to end the slide, the Atlanta-based beverage maker replaced its iconic, closely guarded 99-year-old formula with New Coke — which the company claimed had a smoother, sweeter taste — in April of that year.

But just 77 days later, the company brought back old Coke under the guise of Classic Coke. The reason for the decision was clear: Only 13% of soda drinkers liked New Coke. Angry fans launched campaigns, collected signatures and started hotlines to force the company to bring back the original soft drink. ABC news anchor Peter Jennings even broke into daytime soap opera General Hospital to tell viewers Coca-Cola was giving into public outrage and slumping sales to bring the original soft drink back to store shelves.

Initially, PepsiCo benefited from the disaster, but those gains soon faded after consumer enthusiasm was restored with the return of Coca-Cola's familiar drink. More than 30 years after the product's debut, Coca-Cola has downplayed the launch not as a disaster but as one of the best things that ever happened to beverage maker.

"Thirty years ago, we introduced New Coke with no shortage of hype and fanfare. And it did succeed in shaking up the market. But not in the way it was intended," a Coca-Cola spokesperson told CBS News in 2015. "When we look back, this was the pivotal moment when we learned that fiercely loyal consumers — not the company — own Coca-Cola and all of our brands. It is a lesson that we take seriously and one that becomes clearer and more obvious with each passing anniversary."

26FIVE's Terrisse agreed that New Coke wasn't a complete failure for the soda manufacturer.

“That was a total unintended perfect creation coup. They got more mileage of the pure consumer adoration of the product than they would have with a new product anyway,” she said, while adding that it's difficult for companies to do this. “How do you transform disaster into a huge opportunity?”

The marketing blunder is widely cited today in business schools as an example of how not to introduce a new product to the marketplace.

2. Tropicana Orange Juice

When an attempt at changing a favorite consumer brand like Coke fails, many companies have no choice but to acknowledge the mistake publicly. PepsiCo learned that the hard way, too.

In early 2009, PepsiCo rolled out a new carton design for its popular Tropicana orange juice as part of a broader effort to improve the marketing for some of its biggest brands. The company ditched its recognizable orange with a straw sticking out of it on the package in favor of a design with a large glass of juice and the words “100% Orange.”

Just six weeks after its debut, PepsiCo scrapped the redesign and went back to the classic look. Consumers were complaining it made the product look generic and made it hard for them to differentiate the kind of juice that was inside the package. Another likely reason for the abrupt change: Tropicana sales plunged by 20% after the packaging overhaul, costing the company millions of dollars, according to AdAge. Minute Made, Florida’s Natural and other orange juice brands all recorded double-digit unit sales growth during the same period.

“We heard our customers and we listened,” a Tropicana spokeswoman told the Wall Street Journal in 2009.

3. Life Savers Soda

Sometimes new products succeed because they fill a void with consumers. The Life Savers Candy was developed in 1912 by chocolate maker Clarence Crane who wanted to find a sweet summer snack that wouldn't melt in the sweltering heat. The candy was a hit. But the same cannot be said for the Life Savers Soda that hit the market seven decades later.

While the drink — served in a cylindrical bottle decorated with the same red, yellow, green and orange stripes as the candy wrapper — fared well in taste tests, it failed to catch on with consumers in th 1980s who thought it would be too sweet and was like drinking candy from a bottle.

4. Sun Chips

PepsiCo found itself with yet another marketing disaster on its hands when its Frito-Lay division introduced a biodegradeable bag made from plants instead of plastics for its Sun Chips line. The environmentally friendly product was introduced in March 2010 after four years of research, but sales soon began to tumble. While the company’s mission was well-received, the loud, grumbling noise of the new packaging was a major distraction for consumers who said it reminded them of a jet engine or a lawnmower.

Disgruntled consumers posted videos making fun of and lodging complaints about the new bag. It even spawned a Facebook group called “Sorry but I can't hear you over this Sun Chips bag." Sun Chips later discontinued the packaging, but with its image pegged to environmental sustainability, the snack maker went to work developing quieter sustainable packaging that debuted in 2011. The new bag received a more favorable response from the public.

5. Colgate Lasagna

Colgate introduced its infamous toothpaste in a tube in 1896 and the popular dental product became synonymous with teeth brushing ever since. But not everyone remembers the company behind the toothpaste introduced a line of frozen meals in the 1980s in the hopes that people would eat the company’s Colgate Beef Lasagna before with brushing their teeth with Colgate toothpaste. Unsurprisingly, the frozen entree concoction failed miserably with the public.

“Most people don’t want their lasagna to taste like toothpaste. It doesn’t mean that Colgate couldn't make a really tasty lasagna that’s delicious but most people don't see it that way," Berger said. “There is a great phrase — don’t sell what you can make, make what you can sell — and I think that really frames it well.”

Today, the lasagna lives on as part of an exhibit in Sweden called the Museum of Failures — a collection of about 80 products, some of them food and beverage items, that never took off. Colgate didn't want the product featured in the museum so the founder had to create a replica of the original packaging to display.

" When the Museum of Failure was written about in the international press, a legal representative from Colgate called and sternly informed us that nobody at the company recognized the lasagna," according to the museum. "Either Colgate has a bad memory, or the Museum of Failure got pranked by some branding consultant who started an urban legend years ago."

6. Purple and green ketchup

Tomatoes are sold in seemingly every color: green, purple, yellow, orange and the famous red, with consumers not afraid to experiment and try new varieties at the store or their local farmers market. But shoppers have come to expect ketchup made predominately out of tomatoes to come in one color — red — with one company, H.J. Heinz, selling more than 650 million bottles of the condiment each year.

heinz ez squirt colored ketchup

-I hate ketchup but I remember wanting to like it so bad when these came out
-so weird pic.twitter.com/IP66lfeRcP

— kait (@flashlightstan) March 7, 2017

In 2000, Heinz introduced EZ Squirt with a kid-friendly nozzle in “Blastin Green,” “Funky Purple” and even a mystery color. Unlike some other product failures, this one initially appeared to be a success for the Pittsburgh-based ketchup icon.

Each new color the company rolled out resulted in incremental sales volume, according to a story by Fast Company, with the new products especially popular with children. Overall, more than 25 million bottles of colored ketchup were sold, pushing Heinz’s market share for ketchup to an all-time high of 60%. But sales later softened as kids grew bored with the product and parents, tired of seeing half-consumed bottles sitting in their fridge at home, were reluctant to buy another one. After sales continued to fall, EZ Squirt was pulled from the shelves by January 2006.

Learning from failure

Analysts who follow the food industry say successful companies often benefit from knowing when to reward failure. Take Google, which pays employees to give up on projects that just aren't working rather than waste time and money hoping they'll turn around.

But w ith the huge number of products hitting the market each year and the pressure on food and beverage companies to innovate, this can be hard to do — making further big-name failures inevitable.

Samuel West, director of the Museum of Failure, said none of the companies contacted by the museum wanted to be associated with the endeavor.

"The companies cannot hide these failures," West told Food Dive in an email. "I thought the most innovative companies would take the opportunity to show off how progressive and transparent they are and collaborate by donating items to the exhibit. Wrong. Failure is much more sensitive than I originally thought."


BASF is a German chemical company and the largest chemical producer in the world to boot. It had revenues of $9.2 billion in 2019, a significant increase of 27% over 2018, though the total revenue for the company was nearly $70 billion.

CNH is an Italian American, and is only 8 years old but derived nearly $11 billion in agricultural revenue in 2019, out of a total of $28 billion. And even this was less than 2018, when they managed to earn $11.7 billion. It has several agricultural brands and manufactures combines and tractors, harvesters, seeders and sprayers among various other equipment.


So Can You Really Win A Fast Food Sweepstakes?

In a post-McDonald's Monopoly world, the odds have actually gotten better.

It was the 1990s, when Wendy's Stuffed Pitas, Taco Bell's BLT Taco, and Pizza Hut's Big New Yorker reigned supreme. They were the glory days of fast food&mdashyou know, before a million-dollar Monopoly scam sullied them. That scam, executed by former police officer turned fraudster Jerome Jacobsen, is the focus of McMillions, HBO's new 6-part docuseries by executive producer Mark Wahlberg about how one man epically rigged McDonald's famous Monopoly contest. It's a sordid tale that served as a turning point for fast food joints everywhere.

The new doc delivers a follow-up to Daily Beast's account of the mess, which the site blasted to its readers nearly three years ago. TLDR: Jacobsen, at the time the head of security for the third-party marketing firm that printed McDonald's winning Monopoly pieces, stole said winning pieces, disseminating them to a network of people who'd give him a cut of the cash prize.

But how did we get here&mdasha place where an ex-cop could, over the course of 12 years, hand friends and neighbors million dollar winning tickets from a hamburger joint? And how did we, and McDonald's, bounce back?

The goal of McDonald&rsquos, and restaurants like it, has always been to get more customers into their stores.

To get to a million dollars, you first have to go to an even more innovative promotion: the combo meal. The goal of McDonald&rsquos, and restaurants like it, has always been to get more customers into their stores. &ldquoFor companies to really stay profitable, they need their base to turn out,&rdquo says Adam Chandler, author of Drive-Thru Dreams。 One of the first efforts was the &ldquoTriple Threat,&rdquo a burger, fry, and drink sold together as the first combo meal by Burger Chef, a now defunct Indianapolis-based burger joint that also pioneered the kid&rsquos meal. The idea was to get customers out by &ldquogiving you the sense that you were getting a deal,&rdquo says Chandler. But while it started with food, it wasn&rsquot long before companies realized that prizes, and even cash, could generate the same kind of buzz.

And as completion grew, so too did the give-outs and consumer cash-ins&mdashbut this didn&rsquot always happen without incident. Ahead of the 1984 Olympics, McDonald&rsquos launched a promotion promising free Big Macs, fries, and drinks when American Olympians medaled. There was only one issue: When the Soviets pulled out of the games that year in political protest, far more Americans medaled than the company anticipated, which meant they had to give away far more burgers. Some Mickey D's locations reportedly even ran out of the classic hamburger. &ldquoThere have historically been times when companies took a huge bath on these huge promotions when they backfire spectacularly&rdquo says Chandler. And yet, companies often deemed that the buzz the promotions caused and the consumers they brought into stores were worth the continued risk. That's, in part, why McDonald's began their popular Monopoly game, where customers collected board game pieces for prizes like burgers, fries, cars, and even $1,000,000 in 1987.

When companies like McDonald's set out to create such promotions, they looked for things that could reach, and interest, the greatest number of their consumers. &ldquoSomething like Monopoly&mdashwhere its familiar to a consumer, they know what it is&mdashthere is a certain level of excitement, you know how it&rsquos played, and it's fun,&rdquo says Chandler. Monopoly didn&rsquot need any explaining, the game pieces were familiar, and in many ways, it was the perfect game for the era. According to Chandler, &ldquoIt really is a reflection of the mainstream.&rdquo

In the '90s, with Wall Street soaring, Zubaz pants walking down the street, and the dot com craze making the whole country buzz, the idea that buying a carton of fries could earn you a Dodge Viper or a million bucks, well, that seemed right. The idea that Rich Uncle Pennybags, or more realistically, a massive multi-national corporation, could make you ultra-rich at random was more palatable. &ldquoIt was sort of fun, we weren&rsquot as critical,&rdquo says Chandler.

But we weren&rsquot as primed to appreciate the irony of a massive company giving away a million dollars through an early twentieth century game with the premise of illuminating the pitfalls of greed and capitalism.

And sometimes, when you roll the dice, you land on &ldquoGo to Jail,&rdquo which is exactly what happened to Jerome Jacobson when his fraud ring was discovered by the FBI with help from McDonald's. When asked about the Monopoly scandal, a McDonald&rsquos spokesperson said, &ldquoNearly 20 years ago, the head of security at a third-party agency and a highly sophisticated criminal ring deceived and betrayed McDonald&rsquos and its customers by stealing high-level game prizes in connection with various McDonald&rsquos sweepstakes promotions. Our commitment then and still today is to our valued guests and maintaining their trust.&rdquo

Whether it was the chicken or the egg, the Monopoly scandal came at a time of transition for the fast food industry and the country as a whole.

Whether it was the chicken or the egg, the Monopoly scandal came at a time of transition for the fast food industry and the country as a whole. &ldquoFast food was coming under fire culturally,&rdquo says Chandler. In addition to the scandal, films like Supersize MeFast Food Nation raised questions about the industry, popular opinion on the brands began to waiver, and a stacked deck against consumers in a promotion didn&rsquot help. &ldquoThe sense that everything is rigged against the consumer, there is an erosion of trust in large companies,&rdquo says Chandler.

McDonald&rsquos did its part to try to alleviate the scandal, &ldquoFollowing an extensive FBI investigation and prosecution of the individuals responsible for the deception and crimes, McDonald&rsquos took several actions including terminating the third-party vendor connected to the individuals responsible and giving customers the opportunity to win back every dollar that had been stolen through two subsequent giveaway promotions. We also created an independent promotions task force to develop and implement a new blue ribbon protocol for promotions that is still used today. Since this time, McDonald&rsquos has successfully brought back numerous new promotions offering customers the chance to win millions of dollars in prizes,&rdquo said a spokesperson.

While some of those nationwide promotions and big prizes do still exist, many companies turned to more regional, smaller advertising, going back to prizes of burgers and Cokes rather than sports cars. It was harder to get burned. &ldquoThe legacy of the Monopoly scandal is looking at how risk averse these companies have become&mdashno one wants to be embarrassed,&rdquo says Chandler. And as the '90s ushered in the 2000s, great odds of winning a free burger became far more appealing than slim odds of a million-dollar dream. Localized promotions appeared at sporting events where a certain number of points or a strikeout led to a free taco or fries. Though, these did invite their own, far smaller, controversies, like fans booing their own team for failing to earn them a taco.

But even without the Monopoly scandal, it&rsquos likely the fast food promotion world would still have undergone some of the same massive changes. Just like all other industries, fast food has had to figure out how to deal with changing media. The goal of their promotions has always been to reach the largest audience and get as many people into stores as possible, but large nationwide campaigns don&rsquot grab the same number of eyes they once did. &ldquoIt's inefficient to have a national campaign the way they used to. People aren&rsquot consuming anything like they used to,&rdquo says Chandler. Going local helped accomplish more targeted advertising, but as the world has moved into the digital age, so too have our free burgers and fries.

As the '90s ushered in the 2000s, great odds of winning a free burger became far more appealing than slim odds of a million-dollar dream.

It's far easier and more efficient for companies to target you on social media or convince you to use their app by promising a free sandwich, much like Chick-fil-A did a few months ago. But Chandler says the greatest reflection of the time we are in, and how companies promote themselves, was a teenager from Nevada named Carter Wilkerson who tweeted at Wendy&rsquos "How many retweets for a year of free chicken nuggets?"

"They said 18 million, which was impossible," Chandler says. "It wasn&rsquot a giveaway, it was a challenge. And it was stroke of genius." The post eventually went viral, and while Wilkerson didn&rsquot get his 18 million retweets, he did get more than 3 million retweets, appearances on The Ellen Show, and untold free advertising for Wendy&rsquos. And in the end, he got that year of free nuggets.

So fear not: The landscape has changed. but life-changing prizes are still out there.


Meal planning is the single-most powerful thing you can do to save money and reduce your household’s ecological “food-print.”

People who meal plan make fewer trips to the grocery store, spend less money on food, waste far less food, eat healthier, and enjoy the peace of mind of knowing what’s for dinner after a long, busy day.

When you plan your meals, you’re essentially creating a food waste reduction strategy. You buy only the foods you need for the week, all accounted for in the corresponding recipes, and then you eat them according to the plan you’ve created. When you stick to your meal plan, everything gets used up, with little to no waste!

As an added bonus, one of the greatest benefits of meal planning is that it can help you be healthier. Whether you are trying to lose weight, manage allergies, or control a health condition, a meal plan allows you to easily prepare the right kinds of food to meet your goals.

A meal plan can be as simple as writing down exactly what you are going to eat every day for a week, and then buying only those foods that will cover your plan.

But if you are like me, maybe you find hand writing a meal plan with the same old dishes every week to be a bit tedious. Or maybe you find creating a shopping list with exactly how much food you need for the whole week to be a bit of a logic puzzle, too. Fortunately, technology has made meal planning easier than ever!

My favorite whole food meal planning apps include:

RealPlans

RealPlans is the meal planner I use the most because it has some unique features not found on any other meal planners out there.

RealPlans is a totally customizable app that allows you to choose recipes from a 巨大な library of over 1500, kitchen-tested Paleo, Primal, Keto, AIP, Traditional, Vegetarian, Whole30, Gluten-Free また Dairy-Free recipes AND you can also import your own favorite recipes into the planner, if you like. You can choose recipes by season, meal, ingredient and more.

If you need to adjust serving sizes or modify ingredients to suit your needs, it’s as easy as clicking a button. So if you have friends with food allergies coming for dinner one night, and the kids eating at grandma’s on another night, the app allows you to customize your plan and adjust your recipes to accommodate!

Once you’ve selected your recipes, your plan is neatly laid out day by day (with one main cooking day and minimal time in the kitchen). From there, the app generates a detailed shopping list that loads directly into your smartphone to save you time and money.

No other meal planning app I’ve found offers all of this in one package. There’s a short learning curve to customize things just the way you like, but RealPlans will revolutionize your kitchen.

RealPlans offers a 30-day money back guarantee.

20Dishes

20 Dishes has five different meal plans to choose from: Paleo, Gluten-Free, Paleo Autoimmune, Classic and Vegetarian. You can change your meal plans or mix and match recipes from different meal plans anytime you want. You cannot import your own recipes, however.

Once you’ve selected the meal plan of your choice, 20 Dishes then offers you over 200 recipes to choose from. They are continually adding to these recipes on a weekly basis to give you more options and variety.

Once you’ve picked your meals, then you’ll automatically be given the appropriate grocery list so you’ll know exactly what you’ll need. All meal plans and shopping lists are fully customizable based on dietary needs, allergens, etc.

Once you’ve chosen your meal plan, picked out the meals you want to eat for the week, and gathered all your items from the grocery store, they also give you a clear food preparation plan with videos that show you how to prepare a week’s worth of meals in under an hour. Then, on your meal day, you simply reheat your prepared meals or cook your dishes in under 30 minutes.

I love the 20 Dishes meal planning app because it makes batch cooking so simple that, even on really busy days where you might be tempted to eat out, you can easily enjoy a home-cooked meal instead. If you’re new to whole food cooking or batch cooking, the tips, videos and support in this program can really help you out!

All 20 Dishes memberships come with free meal planning support and a 7-day free trial.

Plan to Eat

Plan to Eat is an online recipe organizer that takes all of your recipes and puts them into one place where you can plan, cook, and share them anywhere on any device. You can bookmark favorite recipes from the web, build meal plans, create shopping lists, and more.

Plan to Eat is my favorite basic meal planning app. It doesn’t come with any recipes, recipe substitutions, batch cooking plans or other bells and whistles you have to do it all yourself. But it is the least costly of all the meal planning apps out there.

You get a 30-day free trial for signing up.

Now you’ve got four powerful tools to help you fight food waste, save money and get healthier!

Thanks for doing your part to keep your good food out of the landfill, so we can all breathe a little bit easier.


ビデオを見る: הנערה שהדמימה את העולם - נאום באום - ועידת הסביבה (かもしれません 2022).