カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

チリペッパー軍拡競争が激怒

チリペッパー軍拡競争が激怒


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

過去数年間、世界中のチリ生産者が最もホットなチリペッパーを育てるために戦ってきました。今、競争はこれまで以上に致命的であり、14を超える熱が上がっています 百万 過去3年間のスコヴィル値、 ウォールストリートジャーナル レポート。

2010年、Gerald Fowler’s ナーガヴァイパーペッパー 13億8200万のスコヴィル熱単位で測定され、ギネス世界記録で栽培された最も辛い唐辛子と名付けられました。ナーガヴァイパーの戴冠式からわずか4か月後、唐辛子の栽培者であるアレックスデウィットと彼の兄弟は、1464万のスコヴィル値でトリニダードスコーピオンブッチTを作成し、最終的にタイトルを盗みました。

ブッチT.は現在のタイトルを最もホットなペッパーとして保持していますが、さらに強力な品種が作成されています。オーストラリアのモリセットにチリファクトリーを所有しているアレックスとマルセルデウィットは、より強力な形のブッチT.ペッパーをギネスに提出することを計画しています。ニューメキシコ州立大学のチリペッパーインスティテュートの所長であるポールボスランドは、新しいトリニダードモルガスコーピオンで200万のスコヴィル値を破ったと主張しました。バーノリウム博士のホットソースエンポリアムのニックムーアは、640万のスコヴィル値を持つ彼のサイコセラムを発表しようとしています。ニュージャージーの起業家ブレア・ラザールは、ブレアの1,600万リザーブを、純粋なカプサイシン結晶でリリースしました。 最も辛いホットソースのリスト この年。

非常に強力なピーマンやソースが世の中に出回っていることを考えると、これらのソースを摂取することは非常に危険である可能性があることは当然のことです。

「800,000スコヴィル値の後、注意する必要があります」とアレックス・デ・ウィットはジャーナルに語った。人々に病院に行ってもらいました。」

まれですが、唐辛子は人々を病院に入れました。 2012年、 シェフのアリフ・アリ 彼がレストランの「究極の燃えるような手羽先」をゴーストチリペッパーソースで試したときに倒れ、 100人以上のFedExワーカー 唐辛子抽出物(カプサイシン)のバレルがパンクした後、入院しました。唐辛子抽出物は皮膚を火傷する可能性があるため、唐辛子の栽培者は必ずピーマンを保護して取り扱ってください。

「一度それらを開けたら、あなたは非常に、非常に注意しなければならない」とポール・ボスランドはウォールストリートジャーナルに語った。 「私たちはほぼ危険物のスーツを着ました。全身のつなぎ服、呼吸装置、帽子です。」

一部の人にとっては危険であり、処理するには保護が必要ですが、唐辛子はどんどん熱くなります。現在、1600万スコヴィル値を過ぎた後も、次の灼熱のコショウが脚光を浴びるのを待つ間、競争は激しさを増しています。

Skyler Bouchardは、デイリーミールのジュニアライターです。 Twitterで彼女をフォローしてください @skylerbouchard。


チリペッパーシンプルシロップ&#8211カクテルに甘くてスパイシーな追加

この素早く、簡単で、スパイシーなシンプルなシロップはあなたのカクテルへの素晴らしい追加です!私は食べ物に少なくとも1ダッシュのホットソースが好きなので、飲み物を少し蹴ると何が問題になる可能性がありますか?ソースがそれだと言ったときにあなたが期待していたものではありませんか?

私の飲み物には技術的にはピーマンが含まれているので、ソースは技術的には私の思考の流れが始まった私の野菜とヘリです。 2013年にケンタッキーダービーに行くことができたのは幸運だったとき、ちょっとしたキックのある飲み物を探していました。

ダービーにいます!私の帽子をチェックしてください![/ caption]

私の(非常に役立つと思う)ヒントやコツ、基本的な料理情報、および同様のレシピのアイデアをスキップして、このおいしいレシピに直接アクセスしてください。 印刷可能なレシピカードが見つかるページの一番下までスクロールするだけです。

唐辛子のシンプルなシロップはどのようにして生まれたのですか?

私はまだウォッカクランベリーを飲んでいますが、最近、クランベリーの調合に加えているハバネロとライムのシロップを見つけました。ケンタッキーダービーで、私はバーテンダーにそのようなシロップが手元にあるかどうか尋ねました。

彼はノーと言ったが、バーの後ろにタバスコがあると言った。特に、私が失うものは何もないので、私が気に入らなければ新しいものを作ると彼が約束したので、それを試してみませんか。

彼はライムを絞って私のグラスにダッシュを数回投げ込み、私は去りました。これらの数滴がその日を作り(私がダービーにいて、馬から数フィート離れていたという事実を除いて)、それは私の新しいお気に入りの飲み物であることがわかりました。

オークスリリーカクテルは別として、私はそこにいる間に少し投げ返しました。それ以来、私はすべての飲み物にキックを投げています。それぞれの具材の味わいが広がります。それは少しスヌーピーでフードライターに聞こえましたが、それは本当です。

また、辛い食べ物はあなたの新陳代謝に最適だと聞いているので、私が数杯の飲み物を投げ返す場合は、代謝を時間外に働かせてそれらのカロリーを絶滅させたいと思います。そうしないと、マリネする前に新年の決議が終わります。

この投稿にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があります。アマゾンアソシエイトとして、私は対象となる購入から稼ぎます。私の開示​​方針を読むここ.

唐辛子をシンプルなシロップにするにはどうすればよいですか?

シンプルなシロップの基本的なレシピは、砂糖1部と水1部です。水を沸騰させ、砂糖を溶かします。とても簡単ですよね?それが私がそれを買うのが嫌いな理由です、しかし私がそのハバネロのものを見たとき、私はそれのためにお金を払いました。それをたくさん経験した後、私は自分で作り始めることを学ばなければなりませんでした。

フレーバー、ハーブ、柑橘類をシンプルなシロップに注入するのも簡単で、少し余分な時間がかかります。

私はコンタクトを着用しているので、ハバネロペッパーを持ち込むつもりはありませんでした。目の痛みは言うまでもなく、多くの唐辛子ジュースを指につけてコンタクトレンズを台無しにしてしまいました。

私は少し調子の良いものを選び、セラーノペッパーとハラペーニョペッパーの混合物を使用して、チリペッパーをシンプルなシロップにしました。チョップしてシンプルなシロップに加えるだけです。熱いシロップに10〜15分間浸してから、取り出します。

より多くのインサイダーのヒントとトリック、そして舞台裏の率直な見た目については、ソーシャルメディアで私に従ってください! Pinterest、Facebook、Instagram、Twitterで使用を確認してください(はい、人々はまだTwitterを使用しています、LOL!)

ニュースレターのレシピ、ヒント、コツ、舞台裏の情報への早期アクセスにサインアップしてください!それは無料であり、私たちはあなたをスパムしないことを約束します。ここをクリックして参加してください!

コショウを取り除くとシロップに少し熱が残りますが、少し強くしたいので、コショウをシロップに入れて全体をピューレにしました。コショウの種を濾した後、シロップを食品安全な容器に数週間保管できます。

コショウをピューレにすることでシロップは薄緑色になりますが、コショウを取り除くと透明なシロップに少し熱が残ります。ピューレにしたピーマンは、カクテルに少しパルプのような食感を与えるので、それが好きなら、すべて一緒にブレンドすることをお勧めします。大きくなるか、家に帰りましょう!

お酒に別のレベルを追加しようとしている場合は、この唐辛子のシンプルなシロップがまさにそれを行います。


食べ物について話しましょう:それはすべて唐辛子についてです

写真提供:AUDREYWILSON赤唐辛子を詰めた唐辛子の木。

唐辛子は、世界中の多くの食品の不可欠な部分です。

広告

ポルトガル語とスペイン語の探検家と船乗りは、旅行中に唐辛子を持ってきて、旅行した多くの国にそれらを紹介したことで有名です。クリストファー・コロンブスがスペインからアジアへの新しいルートを探して黒コショウを探すために出発したのは1492年でした。黒コショウは非常に高価で、家賃や税金の支払いに使用されていました。しかし、代わりに彼は、インド料理、中国料理、タイ料理で燃えるような味になる唐辛子を見つけました。

世界中の多くの貧しい人々にとって、唐辛子は多くの気候で育ったスパイスを育てる手頃な価格の簡単な方法であり、アジアと西アフリカのスラム街ではフレーバーの小さなバーストが歓迎されました。唐辛子のもう1つの側面は、一度食べたら、インド料理人のマドハールジャフリーによれば、それは高値を提供し、後戻りはできないということです。それは渇望に変わります。唐辛子は、征服者として、あるいはもっと良いことに、マスター誘惑者として、それほど変化の種ではありません。&rdquo

コロンバスの最初の旅から30年以内に、少なくとも3種類の唐辛子がインドのゴアのポルトガル人入植地で育ちました。これらの唐辛子はおそらくブラジルからポルトガルのリスボンを経由して来ており、黒コショウの代わりに使用されていました。

ポルトガル人はタイで短期間過ごし、タイの人々をキリスト教に改宗させることができませんでしたが、彼らはタイの料理の仕方を永遠に変えることに成功しました。唐辛子は山火事のようにタイ、インドネシア、チベット、中国、その他のアジアに広がったと言うかもしれません。

私が面白いと思うのは、日本料理について考えるとき、あなたは本当に唐辛子については考えませんが、代わりに醤油や味噌で味付けされた食べ物について考えます。しかし、日本人は調味料、七味唐辛子を持っています。これは、麺がメニューにあるときに調味料のテーブルによくある7色の唐辛子です。

コーネル大学で生物学者のポール・シャーマンと同僚のジェニファー・ビリングスが行った研究では、コショウに含まれるカプサイシンが、サルモネラ菌、大腸菌、リステリア菌などの食中毒の原因となる細菌や、ブドウ球菌感染症の原因となる細菌の増殖を阻害することがわかりました。彼らがチリペッパーを使用した世界中の何千ものレシピを調べたとき、彼らは、食べ物が涼しい気候よりも悪くなる可能性が高いので、暑い気候でより一般的に使用されるチリペッパーを見つけました。

ShermanとGeoffreyHashによる別の研究では、肉のレシピと野菜のレシピを比較したところ、&ldquomeatは細菌の増殖を促進するための適切なpHと適切な栄養素を持っていることがわかりました。野菜は、セルロースの細胞壁や含まれている化学物質によって腐敗から保護される傾向があります。したがって、仮説が正しければ、スパイスは野菜のレシピよりも肉のレシピで多く使用される傾向があります。&rdquo

潰瘍は、胃の内壁を刺激する可能性のある温かい食べ物ではなく、 ヘリコバクター・ピロリ。このバクテリアは胃の内壁の炎症を引き起こし、1997年にトロント大学が行った研究では、カプサイシンが実際に胃の成長を阻害することがわかりました。 ピロリ菌。他の研究は、唐辛子が胃の内壁を覆う余分な粘液の放出を引き起こすことによって胃を保護できることを示しています。

チリペッパーは抗酸化物質であり、ビタミンAとCが豊富であるため、ウェストバージニア大学のピーターガネットは、カプサイシンがニトロソアミンや多環式芳香化合物などの食品に一般的に見られる発ガン性物質を中和できることを実験が示したと述べています。

韓国のハンヤン大学の研究者による別の研究では、キャベツから作られたバイエチュキムチの摂取量が増えると、胃がんのリスクが低下することがわかりました。しかし、キムチが塩漬けの大根でできているとリスクが高まり、おそらくそれが原因である可能性があるのは唐辛子ではなく塩であることが示唆されました。

7月初旬、陪審員は、有名なシラチャホットソースのメーカーであるHuy Fong FoodsInc。にハラペーニョペッパーを供給していたUnderwoodRanchesに、30年近くのパートナーシップの後、激しい論争で2,330万ドルを授与しました。 2016年にHuyFongがUnderwoodRanchesに100万ドル以上の返還を要求したとき、事態は崩壊しました。ベンチュラ郡で1867年以来営業しているアンダーウッド牧場には、フイフォンのためのコショウの栽培に専念する1,700エーカーがありました。彼らがフイフォンにピーマンを供給するのをやめたとき、彼らは45人の労働者を解雇しなければならず、タマネギ、コリアンダー、バジル、およびフイフォンペッパーがかつて育った他の作物を育て始めました。

アンダーウッドランチには、シラチャソースを含む一連のソースがあります。

ニューメキシコ州には、ハッチバレー地域で栽培および収穫されているハッチと呼ばれる唐辛子があります。それらは実際には1920年代にニューメキシコ大学のチリ研究所で開発された一般的なニューメキシコグリーンチリの栽培品種です。レイバーデーの週末には、2,000人の小さな町に30,000人が集まるハッチチリフェスティバルもあります。

ハッチペッパーには多くの種類があります:NuMex BigJim、NuMex Sandia、NuMex Joe E. Parker、ニューメキシコ6-4、NuMex Heritage 6-4、NuMex Heritage Big Jim Barker Extra Hot、NeMex RNaky。これらすべての種類で、スコヴィル熱ユニットは1,000〜8,000SHUの範囲です。

これらの唐辛子は、味が素朴で、もう少し噛み付きます。それらを赤に熟すと熱がまろやかになります。


局所カプサイシンの利点

多くの予備研究は、局所カプサイシンがさまざまな健康上の利益をもたらす可能性があることを示唆しています。利用可能な調査の結果を見てみましょう。

慢性神経因性疼痛

2017年のレビューでは、研究者は以前に公開された8つの臨床試験のサイズを決定しました。これらには2,488人の参加者が参加しました)以下の条件による慢性神経障害性疼痛(傷害または疾患のいずれかによる神経の損傷によって引き起こされる疼痛)のある人々における高濃度カプサイシンパッチの有効性を調べました:

報告書は、パッチを持っていた少数の参加者が、カプサイシンパッチを使用した後に「非常に」または「非常に」改善したと報告したことを明らかにしました。

以前のレビューでは、低濃度のカプサイシンパッチ(1%未満のカプサイシンを含む)に関するデータは、治療の推奨を行うには不十分であり、効果がないことが示唆されたと結論付けました。 。

高濃度(8%)のカプサイシンパッチは、帯状疱疹後神経痛の痛みの管理のために米国食品医薬品局(FDA)によって承認されています。初期の痛みと灼熱感のために、パッチは診療所または病院の設定で医療専門家によって局所麻酔下で適用されます。

変形性関節症の痛み

で公開されたレポートで 変形性関節症と軟骨 2014年、医療専門家は、変形性関節症に対する薬物療法と非薬物療法の使用に関する証拠を評価し、膝の変形性関節症の痛みの管理に関するガイドラインを提供しました。 。

報告書では、カプサイシンは、他の関連する健康状態を持たない変形性膝関節症(多関節変形性関節症ではなく)の人々に適切であると見なされました。

腰痛

で公開されたレポートの場合 脊椎 2016年に、研究者は腰痛のある人々におけるハーブ療法(カプサイシンクリームまたは石膏を含む)の有効性を評価する以前に発表された試験の規模を拡大し、カプサイシンがプラセボよりも痛みを軽減することを発見しました。 。

しかし、著者らは、治療法を標準治療と比較するために追加の試験が必要であると述べました。

その他の条件

局所カプサイシンも調査されています:

  • かゆみ(大麻の長期使用に起因する可能性のある状態)
  • 骨盤痛
  • 外陰部痛の二次治療として

牛ひき肉のチリレシピ

唐辛子とご飯は手をつないで行きます。そのコンセプトを新しいレベルに引き上げ、すべてを1つの鍋で一緒に調理します。

はい、ご飯と唐辛子はちょうどワンポットレシピになり、あなたの一日が忙しいときにとても簡単に作ることができます。

1時間足らずで、ピーマン、玉ねぎ、とうもろこし、トマト、豆、ご飯がたっぷり入った牛ひき肉の唐辛子ができあがります。そして何よりも、ご飯はその美味しさと一緒に炊き上がります!

ワンポットで完了!今、それは私が好きな種類の夕食です!

ワンポット調理のしやすさが好きですか?次に、あなたは間違いなく私たちのワンポットレシピのすべてをチェックする必要があります。レシピには、フライパンのレシピ、シートパンのレシピ、キャセロールなどが含まれます。


潰瘍性大腸炎の多くの人はグルテン不耐性です

グルテン過敏症または不耐性は、潰瘍性大腸炎の人々の間でますます大きな問題となっています。近年、より多くの人々が、グルテン、または小麦、大麦、ライ麦、および一部のオート麦に含まれるタンパク質を食べることに対する反応を引き起こすセリアック病の証拠なしに、胃腸の症状およびグルテンに対する感受性を報告しています。血液検査、生検、およびグルテンフリーダイエットへの反応により、セリアック病が、けいれん、下痢、またはUC症状と間違えられる可能性のある痛みなどの腹部症状の原因であるかどうかを判断できます。グルテンを排除すると、セリアック病にかかっていることが検査で示された場合に、追加の症状が緩和されます。


ヒスタミン不耐性:あなたの典型的な食物アレルギーではありません!

腸粘膜に見られるDAO酵素系の欠損は、ヒスタミン不耐性の最も可能性の高い原因として示唆されています。 (2)個々の酵素機能には遺伝的変異がある可能性がありますが、これらの酵素のいずれかの活性が不十分な場合、結果として生じる過剰なヒスタミンはアレルギー反応に似た多くの症状を引き起こす可能性があります。ヒスタミン不耐性の一般的な症状は次のとおりです。(3)

  • かゆみ(特に皮膚、目、耳、鼻のかゆみ)
  • 蕁麻疹(じんましん)(「特発性蕁麻疹」と診断されることもあります)
  • 特に顔や口腔組織、時には喉の組織の腫れ(血管浮腫)、後者は「喉の引き締め」の感覚を引き起こします
  • 低血圧(血圧の低下)
  • 頻脈(脈拍数の増加、「ハートレーシング」)
  • 不安やパニック発作に似た症状
  • 胸痛
  • 鼻づまり、鼻水、季節性アレルギー
  • 結膜炎(炎症を起こした、水っぽい、赤くなった目)
  • 片頭痛の頭痛とは異なるいくつかの種類の頭痛
  • 倦怠感、混乱、過敏性
  • 非常にまれに、意識の喪失は通常1〜2秒間しか続きません
  • 消化器系の不調、特に胸焼け、&#8220消化不良&#8221、逆流症

ヒスタミン不耐性は、反応が即時ではなく累積的であるという点で、他の食物アレルギーや過敏症とは異なります。一杯の水のように想像してみてください。カップが非常にいっぱいになると(食事に大量のヒスタミンが含まれる)、水を一滴加えてもカップがオーバーフローします(症状が活性化されます)。しかし、カップがいっぱいになっていないと、反応を引き起こすためにより多くの水(ヒスタミン)が必要になります。これにより、ヒスタミン不耐性を認識するのが難しくなります。

さらに、ヒスタミン不耐性は、SIBOおよび腸内毒素症と密接に関連しており、後者を治癒することで前者が軽減される可能性があることを示唆しています。私を含む多くの統合開業医は、ヒスタミン不耐性の主な原因は、消化されていない食物からヒスタミンを作る特定の種類の細菌の異常増殖であり、腸内にヒスタミンが蓄積し、過剰なヒスタミンを異化する身体の能力を圧倒すると信じています。これにより、ヒスタミンを含む食品に対する感受性が高まり、一般的にアレルギーに関連する症状が増加します。

原因、症状、治療など、ヒスタミン不耐性の詳細については、博士号を取得したJaniceJoneja博士によるこの記事をご覧ください。医療微生物学および免疫学の博士号を取得し、バンクーバー病院および健康科学センターでアレルギー栄養プログラムの元責任者を務めました。


3.ウスターシャーを超えて全世界があります。

良いブラッディはまた、深みのある味わいを示します。トマトの味がします。著者アーネストヘミングウェイの有名なレシピの信者にとって、その余分な味は、ウスターシャー、ライム、塩、黒コショウ、カイエンなどの非常に単純な成分から来ています。現代のブラッディメーカーにとって、それはあらゆる種類のことを意味する可能性があります。たとえば、ウスターシャーの代わりに、シーベリーはバルサミコ酢を使うのが好きです。 &#8220それはそれに素晴らしい魅力を加えると思います&#8221彼女は言います。シーベリーは、コリアンダーやパセリからタイバジルまで、新鮮なハーブの大ファンでもあります。

彼女自身の勝利のブラッディのために、ブルックリンの勝利者マリサ・カデナは、特定の子供の頃の味の記憶からインスピレーションを求めました:彼女の祖母のエンチラーダ。彼女のレシピには、ローストトマト、トーストしたクミン、タマリンド、ライム、4種類の唐辛子などが含まれていました。彼女は実際にトマトよりもタマリンドを多く使用していました。カデナは、人々はトマトに焦点を合わせすぎて、風味の複雑さに十分ではないと言います。 &#8220ブラッディの楽しい部分は、それがあなたの味覚のすべての部分に当たることができるということです—あなたの甘い、あなたのおいしい、あなたの辛い、あなたのピリッとした。それはすべて1つの飲み物に含まれています」と彼女は言います。 &#8220It&#8217sはそれ自体が食事になることを意図していました。&#8221


火の道:チリペッパーの物語

ヨハンナ・シニサロのシュールな小説のオープニングシーンでは、 太陽のコア、ヴァンナという絶望的な若い女性は、夜、墓地の暗い隅で違法な物質のディーラーに会います。強力な麻薬を彼女の地獄の地域に投与すると、ヴァンナは崇高な熱が彼女の体全体に急速に広がるのを感じ、その後の喜びと痛みのラッシュで彼女の悩みは消えたようです。問題の物質はカプサイシンと呼ばれ、唐辛子の中にあるアルカロイド化合物で、唐辛子に特徴的な熱を与えます。近い将来、フィンランド政府がすべての市民の健康と安全を管理することに熱心であるこの奇妙なジストピア小説では、ヴァンナの唐辛子中毒は、最終的に彼女を長いウサギの穴から奇妙な地下世界に導く転覆行為です。 「太陽の核」と呼ばれる別世界の唐辛子の標本を発見します。この異世界のコショウは、単なる肉体的な火傷以上のものを約束し、ヴァンナに彼女自身と外の世界との間の境界が薄れ始める超越的な精神的な経験を提供します。

ヨハンナ・シニサロの唐辛子をテーマにした小説の初版の表紙、 太陽のコア

もちろん、中毒性のある植物や、イエス・キリストが生まれ変わったと複数の人に信じ込ませた植物はたくさんありますが、唐辛子をこの種の経験と関連付ける人はほとんどいません。それにもかかわらず、シニサロの素晴らしく奇妙なフィクションの作品は、そこにいるどんなチリヘッドにも否定できない真実の誇張であり、しばしば非常にスパイスの効いた食べ物を通して提供される精神を変えるプロセスの何かがあります。それは私たちの焦点を鋭くし、現在の瞬間の完全な認識に私たちを引き寄せることができる経験です。それは痛みと呼ばれています。それでも、ヴァンナのように、私たちの多くはもっと多くのことを求めて戻ってきます。おそらく、唐辛子の準神秘的な特性をすぐに却下するべきではありません。

常に新しいホットソースを試食し、唐辛子を多く含んだ料理を摂取し、ますます強力になる唐辛子の新種をテストするために実験室に進んで足を踏み入れることに熱心な私たちの人々は、単に口の中の火の感覚をシミュレートしようとしているのではありません。私は持久力の限界をテストしたいという永続的な願望を自由に認めますが、辛い食べ物を食べた経験には、単に私の痛みの閾値をテストするだけではありません。口の周りや頭全体にうずくようなおいしいカレーやサルサによってもたらされる心地よい暖かさと、皮膚のすべての毛穴が内部の燃焼から解放されるために叫び始めるときの完全なパニックの間に存在する感覚のスペクトルがあります。前者は、私たちの脳が、スパイシーな料理の良い風味を超越した喜びを体験に与える快楽を誘発するエンドルフィンとドーパミンを放出することによって、唐辛子のカプサイシンによって生成される&#8220burn&#8221に反応するという事実によって支えられています。逆に、スペクトルのもう一方の端を示すYoutubeビデオの無限の供給があるように見えます。彼らは、市場で最も熱い唐辛子を食べようと冒険し、通常は涙とおそらく少しの嘔吐で終わる人々を特徴としています。ゴーストペッパーと呼ばれる非常にスパイシーな品種を摂取した結果として食道を引き裂いた男性や、さらにスパイシーなカロライナを食べてから数日後に脳損傷の検査を受けた男性の場合のように、一部の唐辛子の搾取は深刻な怪我をもたらすことさえあります刈取。私たちのほとんどは、これら2つのタイプの経験の間にスイートスポットがあることに同意すると思います。私たちがその気持ちを追いかけ、その完璧なレベルの熱を求めて不快感を抱くことをいとわない程度に、私たちの多くは、唐辛子へのヴァンナ中毒や彼らの噛みつきを促進するカプサイシンのようなものを共有しています。

私たちが唐辛子によって生成される熱について話すとき、私たちは実際には少し幻想である何かについて話している。カプサイシンも唐辛子のどの部分も実際の熱を発生せず、口の中の組織は実際には高温にさらされていません。しかし、アルカロイド化合物は、私たちの口や消化管の痛みの受容器と相互作用します。これは、沸騰したお湯を喉に捨てた場合に反応するものと同じです。カプサイシンは私たちの神経系をだまして、私たちの内部の何かが燃えていると信じさせます。これは幻触であり、ペッパーの異世界的な品質にさらなる信頼を与えます。

個々のコショウの熱レベルは、1912年にWilburScovilleという薬剤師によって開発されたスケールに基づいたScoville単位と呼ばれるものによって測定されます。これは主観的な測定ですが、特定の種類のペッパーのカプサシノイドを砂糖水で希釈した後、熱を記録できなくなった場合、訓練を受けたテスターが報告します。これは、唐辛子の熱レベルを決定する標準的な手段です。明らかにコショウの自然の熱シールドによって妨げられていない人間は、実際にそれらの防御を料理のマゾヒズムのポイントまで指数関数的に増加させるように働きました。私たちのお気に入りの辛い食べ物のカプサイシンレベルを実際に武器にすることは軍拡競争になっています。現在、Pepper Xは、スコヴィルスケールで300万を登録し(比較すると、ハラペーニョは約8000で最大になります)、Dragon&#8217s Breath(前のチャンピオンであるCarolina Reaperからタイトルを取得したのはごく最近)を解放しました。おそらくいつの日か、唐辛子スプレーのタコスや純粋なカプサイシンのタイ麺が見られるでしょう。医療専門家と一緒に食べるのが最善の食品は監視しなければなりませんでした。

さまざまな種類のピーマンのスコヴィル値を表示するグラフ。注:サウスカロライナ州ロックヒルのエド・カリーによって開発された新株、ペッパーX。伝えられるところによると、2018年には300万のスコヴィル熱ユニットを超えました。

唐辛子の熱は、植物が生命の最も基本的な生物学的機能の1つである自己防衛に従事している結果です。カプサイシンは、唐辛子にコロニーを形成する試みが最も不快な経験であることがわかったであろう侵入性真菌から保護するために進化した可能性があります。すべての哺乳類は、人間が持っているのと同じカプサイシン感受性受容体を共有しており、これは、種子を噛み砕いて生殖能力を破壊することを好む齧歯動物からの保護の別の層を提供します。ただし、鳥はカプサイシンの影響を受けず、歯がないため、食べる種子に損傷を与えません。その結果、唐辛子は鳥に食べられることで恩恵を受けます。鳥は飛んでいくときに種子を広げ、種子で満たされた糞を離れた場所に残します。社会学者、哲学者、生物学者、そして私の妻がまだ答えることができないという理由で、人間はその痛みの反応を無効にし、実際にその効力を高める方法を追求し続けることを選択しました。進化論の観点から、これは唐辛子にとって良いことでした。鳥は唐辛子の遺伝子を遠く離れた地域に広め始めたかもしれませんが、他の哺乳類が本能的に避けていることを体験したいというのは人類の不可解な欲求であり、それが唐辛子を世界中にもたらしました。

カプサイシンは、一般的に信じられているように、その種子ではなく、主に唐辛子の白脾髄に存在します。

私たちの種のマゾヒスティックな美食は、現代世界の退屈の別の例と見なすのは簡単です。そこでは、進化論的に危険な世界に住むように配線されているが、現代性の贅沢によって和らげられている人間は、制御された、そしてしばしば冒険を求めていますbanalは、アイスクリームを数回噛むだけで悪影響を治すことができる怠け者のための低コストのビジョンクエストを形成します。それでも、唐辛子は人間の欲望と私たちの民俗学の特徴の両方の対象として非常に長い歴史を持っています。超越的な唐辛子についての現代の空想科学小説の前提は、何千年も前にこれらの素晴らしい食べ物を発見した人間には、おそらくそれほど遠いものではないように思われるでしょう。

唐辛子がどこから来たのかを正確に特定することは困難ですが、それは今日の熱帯雨林、人間が約8000年前にそれらを食べ始めたボリビアで最初に進化した可能性があります。時間が経つにつれて、彼らは鳥やおそらく遊牧民の人間の助けを借りて広がり、野生の植物を選んで新しい土地への旅に運びました。栽培の最も初期の証拠は、6000年以上前にメキシコ中部から来ています。 トウガラシ ハラペーニョ、カイエン、ポブラノなどの人気のある種類を含む属は、人間が食べ物を保管していた複数の洞窟で発見されました。

乾燥唐辛子は、メキシコのオアハカバレーにあるシルビアの洞窟から残っています。これらの唐辛子は、7世紀から16世紀の間に収穫されました。 PNASからの写真。

最初に唐辛子を試食した人のビデオと、それが促した会話を見ることができたらいいのにと思います。彼らの口に何が起こったのかについてのさまざまな考え。彼らはおびえていましたか、それとも夢中になりましたか?それとも、2つの組み合わせですか?この経験から生まれた最初の話は何でしたか?

彼らはどうやら二度目の噛みつきを刺激するのに十分な良い印象を与えたようです。チリは、今日のラテンアメリカとカリブ海に住む人々の料理の中心的な部分でした。メソアメリカの食べ物は地域によって異なりますが、全体として、平均的な人が利用できる植物とタンパク質源は、ユーラシアの人口の大部分の羨望の的でした。他の文化と同様に、食べ物は毎日の儀式の一部として、また重要な祭りや神聖な日のために役立ちました。宗教的な断食はしばしば唐辛子を食べることを控えることを含み、それは毎日の食事におけるそれらの重要性を強調する事実です。ステープルは、北のトウモロコシ(トウモロコシ)、南のジャガイモ、たくさんの種類のスカッシュ、豆、トマト、そして七面鳥や魚からさまざまな昆虫や無毛の犬に至るまでのタンパク質に及び、通常はすべて唐辛子で味付けされていました。いくつかの儀式用の食べ物、特にアステカとマヤの夕食のチョコレートドリンクは、しばしば唐辛子で味付けされていたため、16世紀のスペインの民族学者はこの古代のホットチョコレートを「チリウォーター」と呼んでいました。アステカの文化では、儀式の共食いは、通常、犠牲にされて解体された捕虜の肉を煮込むことを含みました。一般的に、これらのシチューは季節がありませんでしたが、飢饉の時期に、これらの犠牲が大幅に増加し、人間の肉がより広く利用できるようになると、唐辛子でスパイスが効く可能性があります。

アステカの男性のごちそう、16世紀のフィレンツェコーデックスからのイラスト

コロンビア以前のアメリカの神話と民間伝承の歴史的な痕跡は、これらの奇妙なスパイシーな唐辛子が最初にそれらに遭遇した人々によって異世界として見られたことを示唆しています。インカは唐辛子の熱を稲妻の力と関連付けました。彼らの創造物語は、伝説的な帝国の最初の王、マンコ・カパックと彼の3人の兄弟が世界を征服し、帝国を築いたことを物語っています。 Ayar Uchuという名前の兄弟は、唐辛子を神聖な植物と見なしていました(彼の名前は&#8220Brother Chili&#8221に変換されます)。マヤの民話では、太陽は地球の少女と恋に落ちましたが、彼女の過保護な父親は、娘の求婚者になる星を空から撃ち殺そうとしました。太陽はそれが来るのを見て、怒った父親の吹き矢に乾燥したチリパウダーを入れて身を守ろうとしました。 When he took a breath to shoot he inhaled the spicy pepper and died, but not before the dart was fired and hit its mark. The theretofore temperate star was “spiced up” by the chili-covered dart and that is how the sun got its heat. In a tale of the Zuni heroes, Ahaiyuta and Matsailema, the chili was born in the spot where the pair buried their grandmother. The plant grew fruits that, like a loving but cranky elder was wholesome, but could deliver a sharp bite.

Mayan shamans used the pepper in a concoction that included tobacco and other wild growing plants to help them on mystical journeys to higher states of consciousness. The spicy peppers were used in Olmec, Mayan, and Aztec cultures for medicinal purposes often as an anti-inflammatory and antibiotic used to treat ailments like respiratory infections and bowel discomfort. There was a potion in Aztec medicinal lore that mixed ground chilies with cacao and vanilla, not for use as a high end caffeinated beverage, but as an aphrodisiac. In other native cultures, men rubbed raw chilies on their genitals to cause a numbing affect that prolonged sexual pleasure.

When burned chilies give off a harsh, stinging smoke and this was seen to be a protective force from evil spirits during burial rites. It also kept vermin out of food stores, two acts that were probably seen as equally practical. The Mixe and Zoque peoples of Central America filled tombs of the departed with pots full of chilies, presumably to either protect or sustain the spirits of the dead, or maybe both. The Inca, however banned the presence of chilies at a funeral, likely due to the high value of the crop. In Central America, newborn babies had their feet rubbed by chilies, presumably as an antiseptic of sorts to ensure good health and protection from evil. In the Caribbean, long strands of chilies were tied to the back of boats to ward off sharks. After the Spanish conquests, chili peppers maintained their protective qualities even amidst the newfound devotion to Christianity. Late seventeenth century historian, Francisco Antonio de Fuentes y Guzmán, one the first historians of the new world, recommended to all who listen to eat chilies as a form of protection against poison.

In Mexico, a home that had been the target of maleficio, or black magic could be exorcised by walking from room to room with a pot of smoking chilies mixed with other herbs and spices. The inside of an ancho chili could be used to rub the skin of a child who had fallen victim to the evil eye. The vampiric luban oko, or red demon of the Amazon could be held at bay either by burning chilies or by making sure all food is spiced heavily with them so the fiend will not eat, thereby ensuring that it dies of either asphyxiation or starvation. To this day entryways to homes, stores, and churches can be seen with hanging ristras, strings of dried chilies meant to keep the home healthy and to discourage witches and malevolent spirits from entering. Chilies could also be used for evil purposes. In Cuba it is a sure sign that you’ve been bewitched or cursed with “hot foot” if you wake to find chili pods outside of your door. In Mexican lore, there is a potion that can be used to kill that mixes various types of peppers with dried scorpions and other types of venomous bugs. One can be forgiven for wondering if the removal of the peppers would reduce the lethality of this concoction.

Ristras – strings of dried chili hanging outside of windows in New Mexico.

Among Pueblo peoples of what today is the southwestern United States, particularly the Hopi and Zuni there are supernatural beings called the kachina who are physical manifestations of spirits that represent important aspects of life and culture. They serve ceremonial and spiritual functions and also, by way of elaborate dances enacted in their name, are the actors in dramas both cosmic and local in scope. The Tsil Kachina, or chili pepper spirit is one of the more popular characters in this body of lore. He belongs to a class of kachinas, called runners who may show up to challenge children to a foot race. If the child wins, he or she can expect elaborate gifts, but if the kachina wins, he will stuff the child’s face with scalding chili peppers. Hopi artists have long depicted various kachinas in doll form and the tsil kachina appears holding a ristra or a bundle of peppers and wearing a crown of chilies on his head.

The pain-causing potential of capsaicin made it inevitable that human beings would figure out ways to turn chilies into weapons. Early Europeans learned this lesson rather quickly. After months of abuse at the hands of settlers who’d arrived with Columbus, the Taino people of Hispanola raided Fort La Isabela. They could not match the steel swords of the Spaniards, but by hurling gourds filled with ash and dried chilies over the walls that upon explosion, filled the air with clouds of eye and throat-stinging flakes they managed to kill a few of them. Later Spanish and Portuguese conquerors would contend with these and other forms of chili-based chemical warfare. Aztecs and Mayans filled gourds with chili peppers and water that caused the peppers to ferment and serve as an a rotted organic grenade full of crippling fumes and eye-scorching liquid. In Mexico, a group of rebels fighting against Aztec political domination, sealed quarters being used by emissaries of Montezuma and filled the room with burning chili smoke until the officials died of suffocation. Spanish viceroy Don Antonio de Mendoza commissioned a history of the Aztec people that became known as The Codex Mendoza. A section on daily life in an Aztec village shows a scene that depicts the use of chili in domestic discipline. One panel shows a boy held by his father over a pile of burning chilies, the noxious smoke filling his eyes and causing black tears to stream down his face. In another panel a mother holds her daughter near a similar smoky pile, apparently the threat was enough to deter her from misbehaving. I once inadvertently rubbed my eye after chopping jalapeños and I can vouch for the crippling power of capsaicin.

Top: Carved Tsil Kachina doll. Bottom: Section from the Codex Mendoza showing the disciplinary power of chili smoke.

With the arrival of Columbus on the island of Hispanola in October of 1492, life for American natives was about to change drastically. His coming ushered in centuries of misery for the natives as Europeans who followed showed an insatiable appetite for slaves and precious metals. But Columbus did not sail to the Americas primarily in search of these treasures. He was looking for a passage to the the East Indies, islands legendary as the place of origin for such exotic spices as ginger, clove, cinnamon, and most especially, pepper.

For millennia, wealthy Europeans had developed a taste for the spices of Asia, faraway lands that they often viewed in the same way children imagine the exotic worlds of their fairy tales. Eastern spices journeyed through complex trade networks that involved sea-faring Chinese ships, Indian entrepôts and overland Arab caravans, and wealthy Europeans spent great resources to obtain pepper from the Malabar Coast of India, Cinnamon, nutmeg, and cloves from the Moluccas of the South Pacific, Ginger from China, Persian saffron and many other valuable spices from the places not well documented on their maps. These exotic flavors arrived in European ports dried, or preserved in oil and little, if any information could be easily discerned about their origins. As always seems to be the case, gaps in knowledge were filled in with the most wild imagery. Herotodus the great Greek father of history opined that cinnamon grew on tall mountains far to the East and it was retrieved by gigantic birds and ancient Minoan ruins depict carvings of saffron being cultivated by trained monkeys. Spices were imagined to have been born in Edenic paradises where strange creatures lurked. The mythic land of Cockaygne, popular in medieval European poetry and ballads imagined a Utopia where luxuries and pleasures were the norm and “…ginger and…nutmeg, Are what they use to pave the street”. Even in recent centuries, spices were thought to have amazing powers for healing and the manipulation of elemental forces. A peppercorn-like seed from Africa, known as melegueta pepper (Aframomum melegueta) is sometimes called grains of paradise, a magical name that reflected the belief that the spice could help sorcerers divine the future. Columbus was not just searching for an economic score, but also items of miraculous power.

Top: 17th century map of spice islands from Kerry Stokes Collection, Perth Australia. Bottom: 12th century depiction of pepper trees being guarded by magical serpents. Oxford University collection.

Columbus returned from his first trans-Atlantic journey a bit short of any of these mythic spices, though brought a few pieces of bark that he hoped might be cinnamon. In this sense, Columbus’ journey was a failure and it would take Portuguese explorers beginning with Vasco de Gama to open up the spice markets of Asia to direct trade with Europe. Columbus, did return to Spain with a handful of chilies, or as the natives called them, アジ, that he found growing all over the island of Hispanola. He’d never seen anything like the chili, but decided because of its piquancy (and perhaps with a bit of wishful thinking) that it must be some kind of peppercorn, so he decided to call it pimienta, the Spanish word for “pepper”. We continue to live with this confusing name to this day, even though there is no botanical relationship between the chili and the peppercorn. Though the introduction of the chili to the Spanish court won Columbus little favor, the new plant quickly caught on and traveled across the globe.

It’s nearly impossible to imagine Italian cuisine without tomatoes, English holidays without mashed potatoes, and French desserts without chocolate and vanilla. But no one in these lands had even a hint that such foods existed before Columbus set foot in the Western hemisphere. Nor were there Indian vindaloos, fiery Thai curries (which also lacked peanuts and pineapples), and the infamously spicy Sizchuan and Hunan cuisine of China was made so by a relatively mild local spice that has also been confused for peppercorns. There was no Hungarian paprika and Korean kimchi was made without gochugaru, the bright red chili powder that gives it the bright red color we all know. All of these foods are what they are because of the chili that became part of these cuisines after the fifteenth century. The so-called Columbian Exchange that brought the human beings from the Eastern and Western hemispheres together for the first time since the Bering Strait land bridge disappeared more than thirteen thousand years earlier resulted in a massive exchange in resources and culture The West was introduced to coffee and the East, tobacco. Americans got smallpox, Africans and Eurasians got syphilis, African slaves were carried across the globe in perhaps the most brutal economic exchange in human history, and wealth traveled generally in the direction of western Europe. A great deal of human misery occurred but so did the seeds of cultural evolution and through it all, the chili went along for the ride.

Top: Indian vindaloo. Bottom: Korean cabbage kimchi

As the chili journeyed across the globe it slid smoothly into different world cuisines, complimenting or sometimes replacing native roots and herbs as the major source of piquancy. The Portuguese arrived in Africa in the early 1500s to buy slaves, paid for in part with chili peppers. The new peppers took almost immediately to West African cuisines, often as a stand in for the native spice, melegueta pepper (a plant related to ginger that, like chilies, is yet another spice inaccurately called “pepper”). These new peppers so immediately ingrained in local food preparation, that when slaves brought recipes for chili pastes to the new world they often believed they had introduced the spicy peppers to the new world.

In India and Southeast Asia dishes spiced with peppercorns, mustard seeds and ginger found new levels of heat with the introduction of chilies. Again, the Portuguese are responsible for spreading the pepper across, the Indian subcontinent, today the world’s largest grower and consumer of these spicy peppers. Vasco de Gama had chilies with him when he arrived on the famed spice kingdom of the Malabar Coast in 1498 and Portuguese traders cultivated them when they established the outpost of Goa in 1510. A year later, a Portuguese diplomatic delegation introduced chilies to the kingdom of Ayutthaya (in what is today, Thailand). They arrived on the coast of China, establishing a trading post in 1513 at Macao. From these spots, the chili spread like (pardon the pun) fire and caused many local cuisines to evolve into a hotter direction.

Wherever it went, the chili brought not only its heat, but also its mystique. In India chilies began to replace other spices in both medicinal uses and for spiritual protection.インド人 Ayurvedic medicine incorporated the new food into its system of well-being. Indians continue to hang wreaths of chilies that are reminiscent of Mexican ristras around their doors and windows for protection against supernatural threats. Similarly, there is a ritual in parts of India in which new born babies are blessed with a mix of lemon, ash, and chili peppers, burnt to ward off evil spirits. In Bhutanese homes where more than two pounds of chilies are consumed on average every week, peppers are still burned to ward off invisible demons, especially if someone in the home is sick. A chili pepper can also be dropped into a bottle of liquor to help keep the demon of drunkenness at bay. Chilies are burnt at Basque weddings as well, though not to ward off evil spirits as much as to invite those associated with fertility. NS cornicello, or Italian horn is a talisman meant to protect against witches, vampires, and other nasty spirits is shaped like a chili pepper, perhaps as an attempt to call forth the pepper’s mystical properties.

Italian cornicello pendants

Chilies left the Americas and spread around the world quickly, but the Europeans whose colonial activities spread them adopted the peppers less uniformly. Spanish and Portuguese cuisine readily pulled them into their cuisines to spice native foods like chorizospaellas。 Every July where I live in southeastern Massachusetts there is a short window of time in which shepherd peppers are in season and the large local Portuguese population grabs them up to make pimenta moida, a crushed red pepper mash that gives Portuguese food much of its flair. To a lesser extent Italy also adopted the chili. Though it plays much less of a dominant role than it does in many other food traditions, I can’t imagine my pasta dishes without a sprinkling of crushed red pepper flakes or salads without the addition of a bit of giardiniera, a spicy relish of pickled vegetables and chili peppers. In Eastern Europe paprika, a dried and crushed chili powder is an ingredient of central importance, but chilies took the scenic route in arriving there. In the bordering lands of central Europe traditional cuisine is historically bland and, in fact, has more readily embraced the the bell pepper, the only strand of pepper that doesn’t contain capsaicin. This is in large part because the early days of the chili’s global journey coincided with the Protestant Reformation and central European converts to the new faith were uninterested in dealing with Catholic enemies, cutting off Iberian and Italian peppers from the more moderate appetites of Northern Europe. Instead, the chili made its way into the Balkans and the goulashes of Hungary by migrating across Asia and into Eastern Europe by way of the Ottoman Empire.

Here in the United States we are a few days away from Cinco de Mayo, a holiday that commemorates the Mexican victory over France at the Battle of Puebla on May 5, 1862. The day actually holds more importance for Americans eager to eat delicious Mexican food than it does for most Mexicans. Chilies were certainly present in English-speaking North America relatively early, however one does not think of old Yankee cuisine as having a great deal of spice. The peppers hardly became a feature of life for most Anglo-Americans until the nineteenth century when pioneers heading west came into closer contact with Mexicans and Native Americans who controlled much of the frontier. Cowboy cuisine sprang up around camps and settler towns, especially in places like Texas where English, Spanish, and Native American influences melded into a sort of creole culture and the foods of each began to intermingle. Though meat stewed in chilies was an ancient American tradition, the modern version known as chili con carne (or just “chili”) descends from dishes made in the sixteenth century when Spanish settlers introduced Eurasian spices to the mix, including cumin a North African seasoning that has since become synonymous with Mexican-American flavors. Chili con carne was popularized in nineteenth century Texas, when a group of laundry ladies turned their wash tubs into cooking pots and began stewing goat meat or beef with ground ancho chilies, becoming known in San Antonio as “Chili Queens“. Tex-Mex cuisine introduced the world to nachos and enchiladas and saw traditional Mexican flavors lumped with lots of melted cheese.

“Chili Queens” selling bowls of chili con carne from outdoor food stands for hungry laborers in San Antonio, Texas circa 1880s

Chilies are one of the earliest symbols of globalization, riding on a fifteenth century expansion of the ancient silk road spice trade that has left few places on Earth free of its touch. Wherever it took root, it brought with it distinctive properties of flavor, look, and of course, of its characteristic tendency to bite back those anyone who ate them. This last attribute struck those who tried them as otherworldly and often magical. Even today, peppers are often named for poisonous animals (Naga Viper, Trinidad Scorpion) or given associations with death (Ghost Pepper, Carolina Reaper). Given its history as a charm to ward off evil, its ironic how hot sauces often dare eaters to sample them with demonic names like Satan’s Blood, Hellfire, and even that purveyor of cardboard Mexican food, Taco Bell calls their hottest offering, El Diablo. In a world where our food is increasingly watered down and processed, the chili and its human allies seem prepared to walk in a different direction. These ominously named foods invite us to step into an experience not just of flavor and pain and pleasure, but also a glimpse into the long story of this little but potent fruit.

Next month I’ll journey into the shadows in a quest to unlock the history and legend of the elusive ninja.


ボビーフレイを倒す

The chips are all in when world-traveled chef Philippe Haddad meets New York's Chef Melissa O'Donnell. It's up to Scott Conant and Geoffrey Zakarian to place their bets on the chef who they think can beat Bobby Flay.

Seeing Stars

Food Network Star alums Alex McCoy and Jay Ducote are in the house to outshine Bobby Flay. Food Network Star winner Damaris Phillips teams up with Chef Richard Blais to ensure that Bobby's star burns out.

Snaked Out

The kitchen gets steamy when Derek Simcik, named Sexiest Chef, goes up against Philadelphia's haute chef, Sylva Senat. Chopped's Chris Santos and Marc Murphy choose which chef will burn Bobby Flay.

A Taste of Summer

It's a roller coaster of a battle when Carnival Eats' Noah Cappe teams up with Worst Cooks in America's Anne Burrell to choose between Los Angeles' acclaimed chef Mark Peel and Brooklyn's Nick Williams. At the end of the night, all they want is to see Bobby Flay throw his arms up in defeat.

It's a Date

Things get shrewd when Iron Chef's Alex Guarnaschelli and Alton Brown join forces. It's up to partners in business and in life, chefs Lisa Carlson and Carrie Summer, to outsmart the one and only Bobby Flay!

Knocked Out

Bobby Flay won't know what hit him when Chicago's Ian Davis and one of food's finest, Chef Joseph Keller, enter the arena. Chopped's Ted Allen and Worst Cook in America's Anne Burrell team up to ensure the knockout.

Finding Stars

Food Network's Giada De Laurentiis and People Magazine's Jess Cagle reach for the stars when they match up Atlanta's dynamic Greek chef Pano Karatassos and New York City's Mimi Weissenborn to take down Bobby Flay.

Clear the Deck

It's all hands on deck when Napa Valley's Daniel Gomez Sanchez competes against Atlanta's Matthew Ridgway. TV host Daphne Oz and Food Network's Eddie Jackson hold nothing back when it comes to slaying Bobby Flay.

Funny or Fried

Food Network's Alton Brown and Amanda Freitag ensure there's no funny business when Napa Valley's Gregory Wiener and comedian Daphne Brogdon compete to boo Bobby Flay out of his kitchen.


ビデオを見る: チャンネル桜林千勝外国勢の日本買収の結末アメリカ中国外資による日本のマネーや土地の買収人の浸透が進んでいる政府の後押しによって植民地になってしまうのか #shorts (六月 2022).


コメント:

  1. Faulkree

    もちろん、他の何かを追加しますが、実際には、ほとんどすべてが言われています。

  2. Kapono

    あなたは間違っている。私はそれを証明することができます。 PMで私に書いてください、私たちは議論します。

  3. Zuzilkree

    それはまさにです

  4. Nikinos

    申し訳ありませんが、何も助けられません。あなたは正しい解決策を見つけると思います。

  5. Standa

    他にも不足があります



メッセージを書く