カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

研究者はビールゴーグルの科学的説明を理解する

研究者はビールゴーグルの科学的説明を理解する


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

科学者たちは、アルコールが私たちの幸せな顔を認識する能力を高め、性行動への嫌悪感を減らすことを発見しました

次の夜の堕落の後、神経科学のせいにします。

1つのテキーラ、2つのテキーラ、3つのテキーラ…もっと悪い決断。科学者たちは、大量のアルコールを飲んだ後の抑制の低下としても知られる「ビールゴーグル」の背後にある神経化学的説明を発見しました。

欧州神経精神薬理学会の最近の研究によると、飲酒は他の人の感情を知覚する能力に影響を及ぼし、特に女性にとって、性的に露骨な内容をより肯定的に見ることができました。言い換えれば、カクテルを数回飲んだ後は、幸せそうな顔に気づいて反応し、性的抑制を弱める可能性が高くなります。

「社会的認知に対するアルコールのこれらの影響は、社会性を高める可能性があります」 主任研究員のマティアス・リーチティ教授は説明した。

この研究では、18歳から50歳までの60人の男性と女性を募集しました。グループの半分はビールの半分を受け取り、残りはビール全体を受け取りました。その後、研究者たちは顔認識、共感、性的興奮を記録しました。オキシトシンと覚醒レベルは驚くほど停滞していましたが、顔認識レベルが最も変化しました。ビールを丸ごと飲んだ被験者は幸せそうな顔をより早く認識でき、女性の被験者は性的に露骨な内容をより簡単に見ることができました。

結論は、私たちがずっと疑っていたものです。「アルコールは社会的な潤滑剤であり、適度な使用は人々を幸せにします」とLiechtiの同僚であるWim van denBrink教授は言いました。


意見:これは海軍によってリリースされたそれらのUFOビデオの信頼できる説明です

9月に確認された、未確認飛行物体(UAP)の米海軍のビデオからのフレーム。

  • メールアイコン
  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • Linkedinアイコン
  • Flipboardアイコン
  • 印刷アイコン
  • アイコンのサイズ変更

「X-ファイル」の音楽をキューに入れて、ティンホイルハットをかぶってください。乗車します。

先月、米海軍は、数年前に飛行機のパイロットが撮影した未確認飛行物体(UAP)の3つのビデオが実際に本物であることを確認しました。 (「未確認飛行物体」またはUFOとは言っていないことに注意してください。)これは、ビデオが米軍を通過したことを意味するため、コンピューターで生成または変更されていないものと見なすことができます。

「FLIR1」、「ジンバル」、「ゴーファスト」と吹き替えられた3つのクリップは、海軍の航空機とUAPの2つの遭遇を示しています。このオブジェクトは、航空機のレイセオンUS:RTN AN / ASQ-228 Advanced Targeting Forward-Looking Infrared(ATFLIR)ポッドによって追跡され、3つのビデオすべてで、現在の航空技術では実行できない操作を実行しました。

ビデオ(「ジンバル」)で戦闘機の1つを飛ばした司令官デビッド・フレーバーは、オブジェクトを「ティックタック」型、長さ40フィート、翼、排気、または識別可能な推進力がないものとして説明しています。いくつかの操作の後、オブジェクトは水面上に浮かんでしまいました。しばらくして、それは急速に12,000フィートまで上昇し、最終的には「超音速をはるかに超える」と指揮官が提案した速度で加速しました。

持続不可能なG力

人間のパイロットが現代の航空機でそのような加速に耐えることができるかどうか尋ねられたとき、フレーバーははっきりとした「いいえ」で答えました。その大きさの加速は人体に大混乱をもたらします:骨折、臓器の移動、血管の破裂、そして体が耐えられないG力で押しつぶされると死さえも起こります。

しかし、問題の謎の物体が人間のパイロットによって配置されたと少し考えてみましょう。その場合、車両は、加速中のG力を低減するために重力波を生成することにより、物体の慣性質量を低減できる技術を備えている必要があります。

海軍特許

おそらくこれは、航空機の外殻がガスで満たされた空洞壁に変えられた場合に達成される可能性があり、それはマイクロ波エミッターのおかげで振動するでしょう。この説明は、2016年に米国海軍が申請した特許から引用したもので、このような特殊な航空機は、真空プラズマの泡またはシースに封入することで、空気、空間、または水の中を非常に簡単に移動できるとされています。

それは、フレーバーが文書化された飛行中に見たUAPである可能性があります。重力操作技術は、FLIR1ビデオで高度を失うことなく突然横に曲がる(ナイフエッジフライトとも呼ばれる)、または目に見える慣性なしに飛行中の方向を急速に変えるなど、クラフトが特定の操作を簡単に実行できた方法を説明できます。

謎の工芸品の特許は昨年承認されましたが、それが製造またはテストされたという兆候はありません。繰り返しになりますが、この種の技術を搭載した軍用機が宣伝されるとは想像しがたいです。

偶発的な解放

それが実際にビデオでこの工芸品であった場合、それは特許出願の前に構築され、テストされました。しかし、猫が鞄から出た可能性があります。海軍がしぶしぶ映像の信憑性を認めたのはそのためかもしれませんが、公開は許可されていなかったとも説明しています。

これまでのところ、パズルのピースは所定の位置に落ちているようです。次に、上のビデオの約1:17の時点で、あるパイロットは次のように述べています。 ASAを見てください。」 ASAはおそらくAESAであり、APG-79レーダーの「追跡中の検索」機能であり、検索機能を低下させることなく複数のターゲットを追跡できます。ミッション中に1つの実験的な航空機を公開することはありそうなイベントですが、艦隊全体はどうでしょうか?

2つの説明

2つの可能性があります。1つは、その場所に複数の不思議な航空機があったことですが、それらのいずれかが当社の特許取得済みの車両であった可能性は低いです。

別の説明は、真空シースまたはUAPを取り巻く別のタイプのステルス技術のために、レーダーが誤って複数の台車を報告したが、実際には1台しかなかったということである可能性があります。

それはまた、パイロットが「FLIR1」と「GoFast」のビデオでターゲットにロックするのに苦労した理由を説明します。スピードも一役買ったに違いない。臨床医は次のことわざを持っています:一般的なことは一般的です。それがアヒルのように見え、アヒルのように泳ぎ、アヒルのように鳴くなら、それはおそらく アヒル。

では、何が起こりやすいと思いますか?パイロットによってうっかり発見された海軍の実験用航空機、またはエイリアンのUFO?私の賭けは最新の海軍特許にありますが、私は提案を受け入れています。以下のコメントセクションでそれらを共有してください。あなたは今あなたのティンホイルハットを脱ぐことができます。


意見:これは海軍によってリリースされたそれらのUFOビデオの信頼できる説明です

9月に確認された、未確認飛行物体(UAP)の米海軍のビデオからのフレーム。

  • メールアイコン
  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • Linkedinアイコン
  • Flipboardアイコン
  • 印刷アイコン
  • アイコンのサイズ変更

「X-ファイル」の音楽をキューに入れて、ティンホイルハットをかぶってください。乗車します。

先月、米海軍は、数年前に飛行機のパイロットが撮影した未確認飛行物体(UAP)の3つのビデオが実際に本物であることを確認しました。 (「未確認飛行物体」またはUFOとは言っていないことに注意してください。)これは、ビデオが米軍を通過したことを意味するため、コンピューターで生成または変更されていないものと見なすことができます。

「FLIR1」、「ジンバル」、「ゴーファスト」と吹き替えられた3つのクリップは、海軍の航空機とUAPの2つの遭遇を示しています。このオブジェクトは、航空機のレイセオンUS:RTN AN / ASQ-228 Advanced Targeting Forward-Looking Infrared(ATFLIR)ポッドによって追跡され、3つのビデオすべてで、現在の航空技術では実行できない操作を実行しました。

ビデオ(「ジンバル」)で戦闘機の1つを飛ばした司令官デビッド・フレーバーは、オブジェクトを「ティックタック」型、長さ40フィート、翼、排気、または識別可能な推進力がないものとして説明しています。いくつかの操作の後、オブジェクトは水面上に浮かんでしまいました。しばらくして、それは急速に12,000フィートまで上昇し、最終的には「超音速をはるかに超える」と指揮官が提案した速度で加速しました。

持続不可能なG力

人間のパイロットが現代の航空機でそのような加速に耐えることができるかどうか尋ねられたとき、フレーバーははっきりとした「いいえ」で答えました。その大きさの加速は人体に大混乱をもたらします:骨折、臓器の移動、血管の破裂、そして体が耐えられないG力で押しつぶされると死さえも起こります。

しかし、問題の謎の物体が人間のパイロットによって配置されたと少し考えてみましょう。その場合、車両は、加速中のG力を低減するために重力波を生成することにより、物体の慣性質量を低減できる技術を備えている必要があります。

海軍特許

おそらくこれは、航空機の外殻がガスで満たされた空洞壁に変えられた場合に達成される可能性があり、それはマイクロ波エミッターのおかげで振動するでしょう。この説明は、2016年に米国海軍が申請した特許から引用したもので、このような特殊な航空機は、真空プラズマの泡またはシースに封入することで、空気、空間、または水の中を非常に簡単に移動できるとされています。

それは、フレーバーが文書化された飛行中に見たUAPである可能性があります。重力操作技術は、FLIR1ビデオで高度を失うことなく突然横向きに曲がる(ナイフエッジフライトとも呼ばれる)、または目に見える慣性なしに飛行中の方向を急速に変えるなど、クラフトが特定の操作を簡単に実行できた方法を説明できます。

謎の工芸品の特許は昨年承認されましたが、それが製造またはテストされたという兆候はありません。繰り返しになりますが、この種の技術を搭載した軍用機が宣伝されるとは想像しがたいです。

偶発的な解放

それが実際にビデオでこの工芸品であった場合、それは特許出願の前に構築され、テストされました。しかし、猫が鞄から出た可能性があります。海軍がしぶしぶ映像の信憑性を認めたのはそのためかもしれませんが、公開は許可されていなかったとも説明しています。

これまでのところ、パズルのピースは所定の位置に落ちているようです。次に、上のビデオの約1:17の時点で、あるパイロットは次のように述べています。 ASAを見てください。」 ASAはおそらくAESAであり、APG-79レーダーの「追跡中の検索」機能であり、検索機能を低下させることなく複数のターゲットを追跡できます。ミッション中に1つの実験的な航空機を公開することはありそうなイベントですが、艦隊全体はどうでしょうか?

2つの説明

2つの可能性があります。1つは、その場所に複数の不思議な航空機があったことですが、それらのいずれかが当社の特許取得済みの車両であった可能性は低いです。

別の説明は、真空シースまたはUAPを取り巻く別のタイプのステルス技術のために、レーダーが誤って複数の台車を報告したが、実際には1台しかなかったということである可能性があります。

それはまた、パイロットが「FLIR1」と「GoFast」のビデオでターゲットにロックするのに苦労した理由を説明します。スピードも一役買ったに違いない。臨床医は次のことわざを持っています:一般的なことは一般的です。それがアヒルのように見え、アヒルのように泳ぎ、アヒルのように鳴くなら、それはおそらく アヒル。

では、何が起こりやすいと思いますか?パイロットによってうっかり発見された海軍の実験用航空機、またはエイリアンのUFO?私の賭けは最新の海軍特許にありますが、私は提案を受け入れています。以下のコメントセクションでそれらを共有してください。あなたは今あなたのティンホイルハットを脱ぐことができます。


意見:これは海軍によってリリースされたそれらのUFOビデオの信頼できる説明です

9月に確認された、未確認飛行物体(UAP)の米海軍のビデオからのフレーム。

  • メールアイコン
  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • Linkedinアイコン
  • Flipboardアイコン
  • 印刷アイコン
  • アイコンのサイズ変更

「X-ファイル」の音楽をキューに入れて、ティンホイルハットをかぶってください。乗車します。

先月、米海軍は、数年前に飛行機のパイロットが撮影した未確認飛行物体(UAP)の3つのビデオが実際に本物であることを確認しました。 (「未確認飛行物体」またはUFOとは言っていないことに注意してください。)これは、ビデオが米軍を通過したことを意味するため、コンピューターで生成または変更されていないものと見なすことができます。

「FLIR1」、「ジンバル」、「ゴーファスト」と吹き替えられた3つのクリップは、海軍の航空機とUAPの2つの遭遇を示しています。このオブジェクトは、航空機のレイセオンUS:RTN AN / ASQ-228 Advanced Targeting Forward-Looking Infrared(ATFLIR)ポッドによって追跡され、3つのビデオすべてで、現在の航空技術では実行できない操作を実行しました。

ビデオ(「ジンバル」)で戦闘機の1つを飛ばした司令官デビッド・フレーバーは、オブジェクトを「ティックタック」型、長さ40フィート、翼、排気、または識別可能な推進力がないものとして説明しています。いくつかの操作の後、オブジェクトは水面上に浮かんでしまいました。しばらくして、それは急速に12,000フィートまで上昇し、最終的には「超音速をはるかに超える」と指揮官が提案した速度で加速しました。

持続不可能なG力

人間のパイロットが現代の航空機でそのような加速に耐えることができるかどうか尋ねられたとき、フレーバーははっきりとした「いいえ」で答えました。その大きさの加速は人体に大混乱をもたらします:骨折、臓器の移動、血管の破裂、そして体が耐えられないG力で押しつぶされると死さえも起こります。

しかし、問題の謎の物体が人間のパイロットによって配置されたと少し考えてみましょう。その場合、車両は、加速中のG力を低減するために重力波を生成することにより、物体の慣性質量を低減できる技術を備えている必要があります。

海軍特許

おそらくこれは、航空機の外殻がガスで満たされた空洞壁に変えられた場合に達成される可能性があり、それはマイクロ波エミッターのおかげで振動するでしょう。この説明は、2016年に米国海軍が申請した特許から引用したもので、このような特殊な航空機は、真空プラズマの泡またはシースに封入することで、空気、空間、または水の中を非常に簡単に移動できるとされています。

それは、フレーバーが文書化された飛行中に見たUAPである可能性があります。重力操作技術は、FLIR1ビデオで高度を失うことなく突然横に曲がる(ナイフエッジフライトとも呼ばれる)、または目に見える慣性なしに飛行中の方向を急速に変えるなど、クラフトが特定の操作を簡単に実行できた方法を説明できます。

謎の工芸品の特許は昨年承認されましたが、それが製造またはテストされたという兆候はありません。繰り返しになりますが、この種の技術を搭載した軍用機が宣伝されるとは想像しがたいです。

偶発的な解放

それが実際にビデオでこの工芸品であった場合、それは特許出願の前に構築され、テストされました。しかし、猫が鞄から出た可能性があります。海軍がしぶしぶ映像の信憑性を認めたのはそのためかもしれませんが、公開は許可されていなかったとも説明しています。

これまでのところ、パズルのピースは所定の位置に落ちているようです。次に、上のビデオの約1:17の時点で、あるパイロットは次のように述べています。 ASAを見てください。」 ASAはおそらくAESAであり、APG-79レーダーの「追跡中の検索」機能であり、検索機能を低下させることなく複数のターゲットを追跡できます。ミッション中に1つの実験的な航空機を公開することはありそうなイベントですが、艦隊全体はどうでしょうか?

2つの説明

2つの可能性があります。1つは、その場所に複数の不思議な航空機があったことですが、それらのいずれかが当社の特許取得済みの車両であった可能性は低いです。

別の説明は、真空シースまたはUAPを取り巻く別のタイプのステルス技術のために、レーダーが誤って複数の台車を報告したが、実際には1台しかなかったということである可能性があります。

それはまた、パイロットが「FLIR1」と「GoFast」のビデオでターゲットにロックするのに苦労した理由を説明します。スピードも一役買ったに違いない。臨床医は次のことわざを持っています:一般的なことは一般的です。それがアヒルのように見え、アヒルのように泳ぎ、アヒルのように鳴くなら、それはおそらく アヒル。

では、何が起こりやすいと思いますか?パイロットによってうっかり発見された海軍の実験用航空機、またはエイリアンのUFO?私の賭けは最新の海軍特許にありますが、私は提案を受け入れています。以下のコメントセクションでそれらを共有してください。あなたは今あなたのティンホイルハットを脱ぐことができます。


意見:これは海軍によってリリースされたそれらのUFOビデオの信頼できる説明です

9月に確認された、未確認飛行物体(UAP)の米海軍のビデオからのフレーム。

  • メールアイコン
  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • Linkedinアイコン
  • Flipboardアイコン
  • 印刷アイコン
  • アイコンのサイズ変更

「X-ファイル」の音楽をキューに入れて、ティンホイルハットをかぶってください。乗車します。

先月、米海軍は、数年前に飛行機のパイロットが撮影した未確認飛行物体(UAP)の3つのビデオが実際に本物であることを確認しました。 (「未確認飛行物体」またはUFOとは言っていないことに注意してください。)これは、ビデオが米軍を通過したことを意味するため、コンピューターで生成または変更されていないものと見なすことができます。

「FLIR1」、「ジンバル」、「ゴーファスト」と吹き替えられた3つのクリップは、海軍の航空機とUAPの2つの遭遇を示しています。このオブジェクトは、航空機のレイセオンUS:RTN AN / ASQ-228 Advanced Targeting Forward-Looking Infrared(ATFLIR)ポッドによって追跡され、3つのビデオすべてで、現在の航空技術では実行できない操作を実行しました。

ビデオの戦闘機の1つ(「ジンバル」)を飛ばした司令官デビッドフレーバーは、オブジェクトを「ティックタック」型、長さ40フィート、翼、排気、または識別可能な推進力がないことを説明しています。いくつかの操作の後、オブジェクトは水面上に浮かんでしまいました。しばらくして、それは急速に12,000フィートまで上昇し、最終的には「超音速をはるかに超える」と指揮官が提案した速度で加速しました。

持続不可能なG力

人間のパイロットが現代の航空機でそのような加速に耐えることができるかどうか尋ねられたとき、フレーバーははっきりとした「いいえ」で答えました。その大きさの加速は人体に大混乱をもたらします:骨折、臓器の移動、血管の破裂、そして体が耐えられないG力で押しつぶされると死さえも起こります。

しかし、問題の謎の物体が人間のパイロットによって配置されたと少し考えてみましょう。その場合、車両は、加速中のG力を低減するために重力波を生成することにより、物体の慣性質量を低減できる技術を備えている必要があります。

海軍特許

おそらくこれは、航空機の外殻がガスで満たされた空洞壁に変えられた場合に達成される可能性があり、それはマイクロ波エミッターのおかげで振動するでしょう。この説明は、2016年に米国海軍が申請した特許から引用したもので、このような特殊な航空機は、真空プラズマの泡またはシースに封入することで、空気、空間、または水の中を非常に簡単に移動できるとされています。

それは、フレーバーが文書化された飛行中に見たUAPである可能性があります。重力操作技術は、FLIR1ビデオで高度を失うことなく突然横に曲がる(ナイフエッジフライトとも呼ばれる)、または目に見える慣性なしに飛行中の方向を急速に変えるなど、クラフトが特定の操作を簡単に実行できた方法を説明できます。

謎の工芸品の特許は昨年承認されましたが、それが製造またはテストされたという兆候はありません。繰り返しになりますが、この種の技術を搭載した軍用機が宣伝されるとは想像しがたいです。

偶発的なリリース

それが実際にビデオでこの工芸品であった場合、それは特許出願の前に構築され、テストされました。しかし、猫が鞄から出た可能性があります。海軍がしぶしぶ映像の信憑性を認めたのはそのためかもしれませんが、公開は許可されていなかったとも説明しています。

これまでのところ、パズルのピースは所定の位置に落ちているようです。次に、上のビデオの約1:17の時点で、あるパイロットは次のように述べています。 ASAを見てください。」 ASAはおそらくAESAであり、APG-79レーダーの「追跡中の検索」機能であり、検索機能を低下させることなく複数のターゲットを追跡できます。ミッション中に1つの実験的な航空機を公開することはありそうなイベントですが、艦隊全体はどうでしょうか?

2つの説明

2つの可能性があります。1つは、その場所に複数の不思議な航空機があったことですが、それらのいずれかが当社の特許取得済みの車両であった可能性は低いです。

別の説明は、真空シースまたはUAPを取り巻く別のタイプのステルス技術のために、レーダーが誤って複数の台車を報告したが、実際には1台しかなかったということである可能性があります。

それはまた、パイロットが「FLIR1」と「GoFast」のビデオでターゲットにロックするのに苦労した理由を説明します。スピードも一役買ったに違いない。臨床医は次のことわざを持っています:一般的なことは一般的です。それがアヒルのように見え、アヒルのように泳ぎ、アヒルのように鳴くなら、それはおそらく アヒル。

では、何が起こりやすいと思いますか?パイロットによってうっかり発見された海軍の実験用航空機、またはエイリアンのUFO?私の賭けは最新の海軍特許にありますが、私は提案を受け入れています。以下のコメントセクションでそれらを共有してください。あなたは今あなたのティンホイルハットを脱ぐことができます。


意見:これは海軍によってリリースされたそれらのUFOビデオの信頼できる説明です

9月に確認された、未確認飛行物体(UAP)の米海軍のビデオからのフレーム。

  • メールアイコン
  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • Linkedinアイコン
  • Flipboardアイコン
  • 印刷アイコン
  • アイコンのサイズ変更

「X-ファイル」の音楽をキューに入れて、ティンホイルハットをかぶってください。乗車します。

先月、米海軍は、数年前に飛行機のパイロットが撮影した未確認飛行物体(UAP)の3つのビデオが実際に本物であることを確認しました。 (「未確認飛行物体」またはUFOとは言っていないことに注意してください。)これは、ビデオが米軍を通過したことを意味するため、コンピューターで生成または変更されていないものと見なすことができます。

「FLIR1」、「ジンバル」、「ゴーファスト」と吹き替えられた3つのクリップは、海軍の航空機とUAPの2つの遭遇を示しています。このオブジェクトは、航空機のレイセオンUS:RTN AN / ASQ-228 Advanced Targeting Forward-Looking Infrared(ATFLIR)ポッドによって追跡され、3つのビデオすべてで、現在の航空技術では実行できない操作を実行しました。

ビデオ(「ジンバル」)で戦闘機の1つを飛ばした司令官デビッド・フレーバーは、オブジェクトを「ティックタック」型、長さ40フィート、翼、排気、または識別可能な推進力がないものとして説明しています。いくつかの操作の後、オブジェクトは水面上に浮かんでしまいました。しばらくして、それは急速に12,000フィートまで上昇し、最終的には「超音速をはるかに超える」と指揮官が提案した速度で加速しました。

持続不可能なG力

人間のパイロットが現代の航空機でそのような加速に耐えることができるかどうか尋ねられたとき、フレーバーははっきりとした「いいえ」で答えました。その大きさの加速は人体に大混乱をもたらします:骨折、臓器の移動、血管の破裂、そして体が耐えられないG力で押しつぶされると死さえも起こります。

しかし、問題の謎の物体が人間のパイロットによって配置されたと少し考えてみましょう。その場合、車両は、加速中のG力を低減するために重力波を生成することにより、物体の慣性質量を低減できる技術を備えている必要があります。

海軍特許

おそらくこれは、航空機の外殻がガスで満たされた空洞壁に変えられた場合に達成される可能性があり、それはマイクロ波エミッターのおかげで振動するでしょう。この説明は、2016年に米国海軍が申請した特許から引用したもので、このような特殊な航空機は、真空プラズマの泡またはシースに封入することで、空気、空間、または水の中を非常に簡単に移動できるとされています。

それは、フレーバーが文書化された飛行中に見たUAPである可能性があります。重力操作技術は、FLIR1ビデオで高度を失うことなく突然横向きに曲がる(ナイフエッジフライトとも呼ばれる)、または目に見える慣性なしに飛行中の方向を急速に変えるなど、クラフトが特定の操作を簡単に実行できた方法を説明できます。

謎の工芸品の特許は昨年承認されましたが、それが製造またはテストされたという兆候はありません。繰り返しになりますが、この種の技術を搭載した軍用機が宣伝されるとは想像しがたいです。

偶発的なリリース

それが実際にビデオでこの工芸品であった場合、それは特許出願の前に構築され、テストされました。しかし、猫が鞄から出た可能性があります。海軍がしぶしぶ映像の信憑性を認めたのはそのためかもしれませんが、公開は許可されていなかったとも説明しています。

これまでのところ、パズルのピースは所定の位置に落ちているようです。次に、上のビデオの約1:17の時点で、あるパイロットは次のように述べています。 ASAを見てください。」 ASAはおそらくAESAであり、APG-79レーダーの「追跡中の検索」機能であり、検索機能を低下させることなく複数のターゲットを追跡できます。ミッション中に1つの実験的な航空機を公開することはありそうなイベントですが、艦隊全体はどうでしょうか?

2つの説明

2つの可能性があります。1つは、その場所に複数の不思議な航空機があったことですが、それらのいずれかが当社の特許取得済みの車両であった可能性は低いです。

別の説明は、真空シースまたはUAPを取り巻く別のタイプのステルス技術のために、レーダーが誤って複数の台車を報告したが、実際には1台しかなかったということである可能性があります。

それはまた、パイロットが「FLIR1」と「GoFast」のビデオでターゲットにロックするのに苦労した理由を説明します。スピードも一役買ったに違いない。臨床医は次のことわざを持っています:一般的なことは一般的です。それがアヒルのように見え、アヒルのように泳ぎ、アヒルのように鳴くなら、それはおそらく アヒル。

では、何が起こりやすいと思いますか?パイロットによってうっかり発見された海軍の実験用航空機、またはエイリアンのUFO?私の賭けは最新の海軍特許にありますが、私は提案を受け入れています。以下のコメントセクションでそれらを共有してください。あなたは今あなたのティンホイルハットを脱ぐことができます。


意見:これは海軍によってリリースされたそれらのUFOビデオの信頼できる説明です

9月に確認された、未確認飛行物体(UAP)の米海軍のビデオからのフレーム。

  • メールアイコン
  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • Linkedinアイコン
  • Flipboardアイコン
  • 印刷アイコン
  • アイコンのサイズ変更

「X-ファイル」の音楽をキューに入れて、ティンホイルハットをかぶってください。乗車します。

先月、米海軍は、数年前に飛行機のパイロットが撮影した未確認飛行物体(UAP)の3つのビデオが実際に本物であることを確認しました。 (「未確認飛行物体」またはUFOとは言っていないことに注意してください。)これは、ビデオが米軍を通過したことを意味するため、コンピューターで生成または変更されていないものと見なすことができます。

「FLIR1」、「ジンバル」、「ゴーファスト」と吹き替えられた3つのクリップは、海軍の航空機とUAPの2つの遭遇を示しています。このオブジェクトは、航空機のレイセオンUS:RTN AN / ASQ-228 Advanced Targeting Forward-Looking Infrared(ATFLIR)ポッドによって追跡され、3つのビデオすべてで、現在の航空技術では実行できない操作を実行しました。

ビデオの戦闘機の1つ(「ジンバル」)を飛ばした司令官デビッドフレーバーは、オブジェクトを「ティックタック」型、長さ40フィート、翼、排気、または識別可能な推進力がないことを説明しています。いくつかの操作の後、オブジェクトは水面上に浮かんでしまいました。しばらくして、それは急速に12,000フィートまで上昇し、最終的には「超音速をはるかに超える」と指揮官が提案した速度で加速しました。

持続不可能なG力

人間のパイロットが現代の航空機でそのような加速に耐えることができるかどうか尋ねられたとき、フレーバーははっきりとした「いいえ」で答えました。その大きさの加速は人体に大混乱をもたらします:骨折、臓器の移動、血管の破裂、そして体が耐えられないG力で押しつぶされると死さえも起こります。

しかし、問題の謎の物体が人間のパイロットによって配置されたと少し考えてみましょう。その場合、車両は、加速中のG力を低減するために重力波を生成することにより、物体の慣性質量を低減できる技術を備えている必要があります。

海軍特許

おそらくこれは、航空機の外殻がガスで満たされた空洞壁に変えられた場合に達成される可能性があり、それはマイクロ波エミッターのおかげで振動するでしょう。この説明は、2016年に米国海軍が申請した特許から引用したもので、このような特殊な航空機は、真空プラズマの泡またはシースに封入することで、空気、空間、または水の中を非常に簡単に移動できるとされています。

それは、フレーバーが文書化された飛行中に見たUAPである可能性があります。重力操作技術は、FLIR1ビデオで高度を失うことなく突然横に曲がる(ナイフエッジフライトとも呼ばれる)、または目に見える慣性なしに飛行中の方向を急速に変えるなど、クラフトが特定の操作を簡単に実行できた方法を説明できます。

謎の工芸品の特許は昨年承認されましたが、それが製造またはテストされたという兆候はありません。繰り返しになりますが、この種の技術を搭載した軍用機が宣伝されるとは想像しがたいです。

偶発的なリリース

それが実際にビデオでこの工芸品であった場合、それは特許出願の前に構築され、テストされました。しかし、猫が鞄から出た可能性があります。海軍がしぶしぶ映像の信憑性を認めたのはそのためかもしれませんが、公開は許可されていなかったとも説明しています。

これまでのところ、パズルのピースは所定の位置に落ちているようです。次に、上のビデオの約1:17の時点で、あるパイロットは次のように述べています。 ASAを見てください。」 ASAはおそらくAESAであり、APG-79レーダーの「追跡中の検索」機能であり、検索機能を低下させることなく複数のターゲットを追跡できます。ミッション中に1つの実験用クラフトを公開することはありそうなイベントですが、艦隊全体はどうでしょうか?

2つの説明

2つの可能性があります。1つは、その場所に複数の不思議な航空機があったことですが、それらのいずれかが当社の特許取得済みの車両であった可能性は低いです。

別の説明は、真空シースまたはUAPを取り巻く別のタイプのステルス技術のために、レーダーが誤って複数の台車を報告したが、実際には1台しかなかったということである可能性があります。

それはまた、パイロットが「FLIR1」と「GoFast」のビデオでターゲットにロックするのに苦労した理由を説明します。スピードも一役買ったに違いない。臨床医は次のことわざを持っています:一般的なことは一般的です。それがアヒルのように見え、アヒルのように泳ぎ、アヒルのように鳴くなら、それはおそらく アヒル。

So what do you think is more likely? A Navy experimental aircraft, inadvertently uncovered by pilots, or an alien UFO? My bet is on the latest Navy patent, but I’m open to suggestions. Please share them in the comment section below. You can take your tinfoil hat off now.


Opinion: Here’s a believable explanation of those UFO videos released by the Navy

A frame from the U.S. Navy’s video of an unidentified aerial phenomena (UAP), confirmed in September.

  • Email icon
  • Facebook icon
  • Twitter icon
  • Linkedin icon
  • Flipboard icon
  • Print icon
  • Resize icon

Cue “The X-Files” music and put on your tinfoil hats. We’re going for a ride.

Last month the U.S. Navy confirmed that three videos of unidentified aerial phenomena (UAP) taken by airplane pilots a few years ago are indeed authentic. (Notice we’re not saying “unidentified flying object,” or UFO.) This means the videos went through the U.S. military, so it can be assumed they have not been computer-generated or altered.

Three clips dubbed “FLIR1,” “Gimbal” and “Go Fast” show two encounters between Navy aircraft and UAP. The object was tracked by the aircraft’s Raytheon US:RTN AN/ASQ-228 Advanced Targeting Forward-Looking Infrared (ATFLIR) Pod, and in all three videos, it performed maneuvers that cannot be executed using current aviation technology.

Commander David Fravor, who flew one of the fighters in the video (“Gimbal”), describes the object as “Tic Tac”-shaped, 40-feet long, with no wings, exhaust or discernible propulsion. After some maneuvering, the object ended up hovering above the water. Moments later, it rapidly ascended to 12,000 feet and finally accelerated away at a speed the commander suggested was “well above supersonic.”

Unsustainable G-forces

When asked if a human pilot could survive such an acceleration in a modern aircraft, Fravor responded with a resounding “no.” Acceleration of that magnitude would wreak havoc on the human body: broken bones, shifting of organs, burst blood vessels and even death would occur as the body was crushed with G-forces it could not withstand.

But let’s consider for a second that the mysterious object in question was manned by a human pilot. In that case, the vehicle would have to be equipped with the technology capable of reducing the inertial mass of the object by generating gravity waves to reduce G-forces during acceleration.

Navy patent

Perhaps this could be achieved if the outer shell of the craft were turned into a cavity wall filled with gas, which would vibrate thanks to microwave emitters. This description was taken from a patent the U.S. Navy applied for in 2016, which says such a peculiar craft could move with great ease through air, space or water by being enclosed in a vacuum plasma bubble or sheath.

That could be the UAP that Fravor saw during his documented flight. Gravity manipulating tech at play could explain how the craft was able to effortlessly perform certain maneuvers such as suddenly turning sideways without losing altitude (aka knife-edge flight) in the FLIR1 video, or rapidly changing in-flight direction without visible inertia.

While the patent for the mysterious craft was approved last year, there is no indication that it was built or tested. Then again, it’s hard to imagine that a military aircraft equipped with this kind of technology would get any publicity.

Accidental release

If it indeed was this craft in the video, it was built and tested prior to the patent application. However, it could be that the cat got out of the bag. That could be why the Navy reluctantly acknowledged the authenticity of the footage, while also outlining that it wasn’t cleared for public release.

So far, the pieces of the puzzle seem to be falling into place. Then again, at about the 1:17 mark in the video above, one pilot says: “There’s a whole fleet of them. Look on the ASA.” ASA is most likely AESA, the APG-79 radar’s “search while track” feature that enables it to follow multiple targets without degradation to its search capability. Having one experimental craft exposed during a mission is a likely event, but what about a whole fleet?

Two explanations

We have two possibilities: First, there was more than one mysterious aircraft at the location, but it’s unlikely any of them was our patented vehicle.

Another explanation could be that because of the vacuum sheath or another type of stealth technology surrounding the UAP, radar erroneously reported multiple bogies, where in fact there was only one.

That would also explain why the pilot had a hard time locking on to the target in “FLIR1” and “Go Fast” videos. The speed must have played a role as well. Clinicians have a saying: Common things are common. If it looks like a duck, swims like a duck and quacks like a duck, then it probably a duck.

So what do you think is more likely? A Navy experimental aircraft, inadvertently uncovered by pilots, or an alien UFO? My bet is on the latest Navy patent, but I’m open to suggestions. Please share them in the comment section below. You can take your tinfoil hat off now.


Opinion: Here’s a believable explanation of those UFO videos released by the Navy

A frame from the U.S. Navy’s video of an unidentified aerial phenomena (UAP), confirmed in September.

  • Email icon
  • Facebook icon
  • Twitter icon
  • Linkedin icon
  • Flipboard icon
  • Print icon
  • Resize icon

Cue “The X-Files” music and put on your tinfoil hats. We’re going for a ride.

Last month the U.S. Navy confirmed that three videos of unidentified aerial phenomena (UAP) taken by airplane pilots a few years ago are indeed authentic. (Notice we’re not saying “unidentified flying object,” or UFO.) This means the videos went through the U.S. military, so it can be assumed they have not been computer-generated or altered.

Three clips dubbed “FLIR1,” “Gimbal” and “Go Fast” show two encounters between Navy aircraft and UAP. The object was tracked by the aircraft’s Raytheon US:RTN AN/ASQ-228 Advanced Targeting Forward-Looking Infrared (ATFLIR) Pod, and in all three videos, it performed maneuvers that cannot be executed using current aviation technology.

Commander David Fravor, who flew one of the fighters in the video (“Gimbal”), describes the object as “Tic Tac”-shaped, 40-feet long, with no wings, exhaust or discernible propulsion. After some maneuvering, the object ended up hovering above the water. Moments later, it rapidly ascended to 12,000 feet and finally accelerated away at a speed the commander suggested was “well above supersonic.”

Unsustainable G-forces

When asked if a human pilot could survive such an acceleration in a modern aircraft, Fravor responded with a resounding “no.” Acceleration of that magnitude would wreak havoc on the human body: broken bones, shifting of organs, burst blood vessels and even death would occur as the body was crushed with G-forces it could not withstand.

But let’s consider for a second that the mysterious object in question was manned by a human pilot. In that case, the vehicle would have to be equipped with the technology capable of reducing the inertial mass of the object by generating gravity waves to reduce G-forces during acceleration.

Navy patent

Perhaps this could be achieved if the outer shell of the craft were turned into a cavity wall filled with gas, which would vibrate thanks to microwave emitters. This description was taken from a patent the U.S. Navy applied for in 2016, which says such a peculiar craft could move with great ease through air, space or water by being enclosed in a vacuum plasma bubble or sheath.

That could be the UAP that Fravor saw during his documented flight. Gravity manipulating tech at play could explain how the craft was able to effortlessly perform certain maneuvers such as suddenly turning sideways without losing altitude (aka knife-edge flight) in the FLIR1 video, or rapidly changing in-flight direction without visible inertia.

While the patent for the mysterious craft was approved last year, there is no indication that it was built or tested. Then again, it’s hard to imagine that a military aircraft equipped with this kind of technology would get any publicity.

Accidental release

If it indeed was this craft in the video, it was built and tested prior to the patent application. However, it could be that the cat got out of the bag. That could be why the Navy reluctantly acknowledged the authenticity of the footage, while also outlining that it wasn’t cleared for public release.

So far, the pieces of the puzzle seem to be falling into place. Then again, at about the 1:17 mark in the video above, one pilot says: “There’s a whole fleet of them. Look on the ASA.” ASA is most likely AESA, the APG-79 radar’s “search while track” feature that enables it to follow multiple targets without degradation to its search capability. Having one experimental craft exposed during a mission is a likely event, but what about a whole fleet?

Two explanations

We have two possibilities: First, there was more than one mysterious aircraft at the location, but it’s unlikely any of them was our patented vehicle.

Another explanation could be that because of the vacuum sheath or another type of stealth technology surrounding the UAP, radar erroneously reported multiple bogies, where in fact there was only one.

That would also explain why the pilot had a hard time locking on to the target in “FLIR1” and “Go Fast” videos. The speed must have played a role as well. Clinicians have a saying: Common things are common. If it looks like a duck, swims like a duck and quacks like a duck, then it probably a duck.

So what do you think is more likely? A Navy experimental aircraft, inadvertently uncovered by pilots, or an alien UFO? My bet is on the latest Navy patent, but I’m open to suggestions. Please share them in the comment section below. You can take your tinfoil hat off now.


Opinion: Here’s a believable explanation of those UFO videos released by the Navy

A frame from the U.S. Navy’s video of an unidentified aerial phenomena (UAP), confirmed in September.

  • Email icon
  • Facebook icon
  • Twitter icon
  • Linkedin icon
  • Flipboard icon
  • Print icon
  • Resize icon

Cue “The X-Files” music and put on your tinfoil hats. We’re going for a ride.

Last month the U.S. Navy confirmed that three videos of unidentified aerial phenomena (UAP) taken by airplane pilots a few years ago are indeed authentic. (Notice we’re not saying “unidentified flying object,” or UFO.) This means the videos went through the U.S. military, so it can be assumed they have not been computer-generated or altered.

Three clips dubbed “FLIR1,” “Gimbal” and “Go Fast” show two encounters between Navy aircraft and UAP. The object was tracked by the aircraft’s Raytheon US:RTN AN/ASQ-228 Advanced Targeting Forward-Looking Infrared (ATFLIR) Pod, and in all three videos, it performed maneuvers that cannot be executed using current aviation technology.

Commander David Fravor, who flew one of the fighters in the video (“Gimbal”), describes the object as “Tic Tac”-shaped, 40-feet long, with no wings, exhaust or discernible propulsion. After some maneuvering, the object ended up hovering above the water. Moments later, it rapidly ascended to 12,000 feet and finally accelerated away at a speed the commander suggested was “well above supersonic.”

Unsustainable G-forces

When asked if a human pilot could survive such an acceleration in a modern aircraft, Fravor responded with a resounding “no.” Acceleration of that magnitude would wreak havoc on the human body: broken bones, shifting of organs, burst blood vessels and even death would occur as the body was crushed with G-forces it could not withstand.

But let’s consider for a second that the mysterious object in question was manned by a human pilot. In that case, the vehicle would have to be equipped with the technology capable of reducing the inertial mass of the object by generating gravity waves to reduce G-forces during acceleration.

Navy patent

Perhaps this could be achieved if the outer shell of the craft were turned into a cavity wall filled with gas, which would vibrate thanks to microwave emitters. This description was taken from a patent the U.S. Navy applied for in 2016, which says such a peculiar craft could move with great ease through air, space or water by being enclosed in a vacuum plasma bubble or sheath.

That could be the UAP that Fravor saw during his documented flight. Gravity manipulating tech at play could explain how the craft was able to effortlessly perform certain maneuvers such as suddenly turning sideways without losing altitude (aka knife-edge flight) in the FLIR1 video, or rapidly changing in-flight direction without visible inertia.

While the patent for the mysterious craft was approved last year, there is no indication that it was built or tested. Then again, it’s hard to imagine that a military aircraft equipped with this kind of technology would get any publicity.

Accidental release

If it indeed was this craft in the video, it was built and tested prior to the patent application. However, it could be that the cat got out of the bag. That could be why the Navy reluctantly acknowledged the authenticity of the footage, while also outlining that it wasn’t cleared for public release.

So far, the pieces of the puzzle seem to be falling into place. Then again, at about the 1:17 mark in the video above, one pilot says: “There’s a whole fleet of them. Look on the ASA.” ASA is most likely AESA, the APG-79 radar’s “search while track” feature that enables it to follow multiple targets without degradation to its search capability. Having one experimental craft exposed during a mission is a likely event, but what about a whole fleet?

Two explanations

We have two possibilities: First, there was more than one mysterious aircraft at the location, but it’s unlikely any of them was our patented vehicle.

Another explanation could be that because of the vacuum sheath or another type of stealth technology surrounding the UAP, radar erroneously reported multiple bogies, where in fact there was only one.

That would also explain why the pilot had a hard time locking on to the target in “FLIR1” and “Go Fast” videos. The speed must have played a role as well. Clinicians have a saying: Common things are common. If it looks like a duck, swims like a duck and quacks like a duck, then it probably a duck.

So what do you think is more likely? A Navy experimental aircraft, inadvertently uncovered by pilots, or an alien UFO? My bet is on the latest Navy patent, but I’m open to suggestions. Please share them in the comment section below. You can take your tinfoil hat off now.


Opinion: Here’s a believable explanation of those UFO videos released by the Navy

A frame from the U.S. Navy’s video of an unidentified aerial phenomena (UAP), confirmed in September.

  • Email icon
  • Facebook icon
  • Twitter icon
  • Linkedin icon
  • Flipboard icon
  • Print icon
  • Resize icon

Cue “The X-Files” music and put on your tinfoil hats. We’re going for a ride.

Last month the U.S. Navy confirmed that three videos of unidentified aerial phenomena (UAP) taken by airplane pilots a few years ago are indeed authentic. (Notice we’re not saying “unidentified flying object,” or UFO.) This means the videos went through the U.S. military, so it can be assumed they have not been computer-generated or altered.

Three clips dubbed “FLIR1,” “Gimbal” and “Go Fast” show two encounters between Navy aircraft and UAP. The object was tracked by the aircraft’s Raytheon US:RTN AN/ASQ-228 Advanced Targeting Forward-Looking Infrared (ATFLIR) Pod, and in all three videos, it performed maneuvers that cannot be executed using current aviation technology.

Commander David Fravor, who flew one of the fighters in the video (“Gimbal”), describes the object as “Tic Tac”-shaped, 40-feet long, with no wings, exhaust or discernible propulsion. After some maneuvering, the object ended up hovering above the water. Moments later, it rapidly ascended to 12,000 feet and finally accelerated away at a speed the commander suggested was “well above supersonic.”

Unsustainable G-forces

When asked if a human pilot could survive such an acceleration in a modern aircraft, Fravor responded with a resounding “no.” Acceleration of that magnitude would wreak havoc on the human body: broken bones, shifting of organs, burst blood vessels and even death would occur as the body was crushed with G-forces it could not withstand.

But let’s consider for a second that the mysterious object in question was manned by a human pilot. In that case, the vehicle would have to be equipped with the technology capable of reducing the inertial mass of the object by generating gravity waves to reduce G-forces during acceleration.

Navy patent

Perhaps this could be achieved if the outer shell of the craft were turned into a cavity wall filled with gas, which would vibrate thanks to microwave emitters. This description was taken from a patent the U.S. Navy applied for in 2016, which says such a peculiar craft could move with great ease through air, space or water by being enclosed in a vacuum plasma bubble or sheath.

That could be the UAP that Fravor saw during his documented flight. Gravity manipulating tech at play could explain how the craft was able to effortlessly perform certain maneuvers such as suddenly turning sideways without losing altitude (aka knife-edge flight) in the FLIR1 video, or rapidly changing in-flight direction without visible inertia.

While the patent for the mysterious craft was approved last year, there is no indication that it was built or tested. Then again, it’s hard to imagine that a military aircraft equipped with this kind of technology would get any publicity.

Accidental release

If it indeed was this craft in the video, it was built and tested prior to the patent application. However, it could be that the cat got out of the bag. That could be why the Navy reluctantly acknowledged the authenticity of the footage, while also outlining that it wasn’t cleared for public release.

So far, the pieces of the puzzle seem to be falling into place. Then again, at about the 1:17 mark in the video above, one pilot says: “There’s a whole fleet of them. Look on the ASA.” ASA is most likely AESA, the APG-79 radar’s “search while track” feature that enables it to follow multiple targets without degradation to its search capability. Having one experimental craft exposed during a mission is a likely event, but what about a whole fleet?

Two explanations

We have two possibilities: First, there was more than one mysterious aircraft at the location, but it’s unlikely any of them was our patented vehicle.

Another explanation could be that because of the vacuum sheath or another type of stealth technology surrounding the UAP, radar erroneously reported multiple bogies, where in fact there was only one.

That would also explain why the pilot had a hard time locking on to the target in “FLIR1” and “Go Fast” videos. The speed must have played a role as well. Clinicians have a saying: Common things are common. If it looks like a duck, swims like a duck and quacks like a duck, then it probably a duck.

So what do you think is more likely? A Navy experimental aircraft, inadvertently uncovered by pilots, or an alien UFO? My bet is on the latest Navy patent, but I’m open to suggestions. Please share them in the comment section below. You can take your tinfoil hat off now.


ビデオを見る: אופטיקנה - התשוקה למשקפיים (六月 2022).


コメント:

  1. Benes

    よくやった、あなたは単に壮大なアイデアによって訪問されました

  2. Altair

    同意する、この驚くべき意見

  3. Hadwyn

    私はあなたに思い出させるのを忘れました。

  4. Penn

    有能な視点、それは好奇心が強いです。

  5. Dira

    なんて驚くべき質問でしょう

  6. Burley

    遠隔学習はまったく機能しますか?採用されていますか?

  7. Trip

    あなたは間違っていると思います。私は自分の立場を守ることができます。 PMで私に書いてください。



メッセージを書く