カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

カリフォルニアはソーダ税を考慮している

カリフォルニアはソーダ税を考慮している



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

税金は、甘いソーダ1オンスごとに1セントを追加します

昨年11月にカリフォルニアの2つの都市で炭酸飲料税が通過しなかった後、炭酸飲料税は州に直接渡される可能性があります。

KTLAは、新しいソーダ税の提案が水曜日の最初のハードル(税務委員会のクリア)をすでに通過し、現在、州議会を通過していると報告しています。

法案が可決された場合、法案SB-622は、25カロリーを超える甘い飲料にオンスあたり0.01ドルの追加税を追加します。 SFistレポート。砂糖を含まないレッドブルとダイエットコークはカウントされませんが、ビタミンウォーター、スポーツドリンク、そしてこれらの強烈なフラペチーノはすべて、0.08ドルほどの追加料金がかかると思います。

明るい面では、これらの余分なペニーはすべて、州およびコミュニティの肥満予防プログラムに加えて、カリフォルニアの学校の公衆衛生プログラムに資金を分配する新しい子供の健康増進基金に向けられます。

カリフォルニア州エルモンテの76%、カリフォルニア州リッチモンドの67%が、砂糖税に反対票を投じました。 昨年11月の市選挙では、 最近の世論調査では、カリフォルニア州の有権者の68%が、栄養および体育プログラムに支払われたお金を考えると、砂糖税に賛成票を投じることがわかりました。


社説:ソーダ税はカリフォルニア州民の健康を改善し、コストを削減します

これを共有:

カリフォルニア州議会議員は、ビッグソーダとの不健康な関係を終わらせる必要があります。

ソーダ業界は毎年数百万人を立法者のキャンペーンに注ぎ込んでいますが、州の納税者は砂糖飲料の消費のために肥満関連の医療費を数十億ドル支払っています。

ビッグソーダは火曜日に再びその場に立ち、カリフォルニア州民のソーダ消費量を削減することを目的とした2つの法案を立法者に棚上げさせました。しかし、リチャード・ブルーム議員のソーダ税提案、AB 138は、議会健康委員会を8-5票で可決しました。この法案は、1液量オンスあたり2セント、または12オンスの缶の場合は24セントの炭酸飲料の料金を追加します。この税は、ヘルスケアプログラムのために年間推定20億ドルを調達するでしょう。州議会はビッグソーダに立ち向かい、砂糖飲料に対する税金を通過させる必要があり、ギャビンニューサム知事はそれに署名する必要があります。

ソーダ業界は、ソーダ税は逆進税であり、働く家族や近所の店に不当な負担をかけていると主張しています。甘い飲み物を飲むことの壊滅的な影響がそれほど説得力がなかったならば、それは勝利の議論になるでしょう。

甘味飲料を飲むことと肥満、糖尿病、心臓病との関連は圧倒的です。アメリカ心臓協会の報告によると、1日に1杯以上の炭酸飲料を飲む成人は、経済状態、人種、民族に関係なく、太りすぎや肥満になる可能性が27%高くなります。

糖尿病関連の医学的問題を治療する費用は天文学的なものです。米国糖尿病学会によると、糖尿病の人の医療費は、糖尿病のない人の約2.3倍です。糖尿病を患うカリフォルニア州民の総医療費は年間200億ドル以上と推定されています。

これらの費用は、州の小児肥満の上昇傾向を考えると増加するだけです。 12〜17歳のカリフォルニアの子供たちの約60%が毎日ソーダを飲んでおり、同じ若者の40%が太りすぎまたは肥満です。

カリフォルニア州議会議員がこれらの数字を知っているが、ソーダ業界に立ち向かわないことは恐ろしいことです。

ビッグソーダは今年、簡単に勝てません。これは、昨年の夏にカリフォルニアのイニシアチブルールを活用して、より多くの都市が炭酸飲料に課税することを禁止する法律を勝ち取った業界です。カリフォルニアの4つの都市&#8212アルバニー、バークレー、オークランド、サンフランシスコ&#8212はすでにソーダ税を通過していました。

より多くの都市がこの例に従うことを恐れて、業界は、単純な過半数ではなく、3分の2の有権者の承認を条件としてより多くの地方税を作成するイニシアチブの署名を収集するために700万ドルを費やしました。この計画は、地方および州の立法者を怖がらせて取引を成立させました。ソーダ業界はイニシアチブを撤回し、州は2031年まで新しい地方のソーダ税にモラトリアムを置きました。

同様の圧力により、火曜日に、D-サンフランシスコのデビッド・チウ議員は、カリフォルニアでの「ビッグガルプ」の飲み物を禁止する努力を断念せざるを得なくなりました。この法案は、16オンスを超えるカップで密封されていない甘い飲み物を販売することを店やレストランに禁止することになるでしょう。ロビー活動はまた、D-オークランドのAssemblywoman Buffy Wicksに、スーパーマーケットや他の店のチェックアウトカウンターの近くでの甘い飲み物の陳列を禁止する法案を撤回することを余儀なくさせました。

幸いなことに、これまでのソーダ税法案は存続しています。カリフォルニアの増大する医療費とソーダの消費との関係は否定できません。ソーダ税は理想的ではありませんが、カリフォルニア州民の健康にとって最善の利益となることは明らかです。そして彼らの手帳。


ビッグソーダがカリフォルニア州議会議事堂に大金を注ぐ

(EyeEm /ゲッティイメージズ)

インサイトについて

Insightは、カリフォルニア州で発生し、カリフォルニア州に影響を及ぼしているヘルスケアの問題について詳細に説明しています。

海の景色を望むマウイ島の高価なレストランでのディナー。プロスポーツゲームのチケット。サクラメントIMAXシアターでの「ブラックパンサー」の無料上映。そして、知事の旅行に資金を提供するグループへの25万ドルの寄付。

これは、ソフトドリンク会社とそのロビイストが過去2年間にカリフォルニアで州および地方レベルで、甘い飲み物への課税や飲み物の健康警告の平手打ちなどの提案を阻止するために費やした1,180万ドルのほんの一例です。 。

「彼らはこの建物で並外れた影響力を行使している」とビル・モニング上院議員(D-カーメル)は業界について述べた。 「私たちは反対派の力を過小評価していません。」

モニングはソーダ業界のお金を受け入れていません。カリフォルニアで砂糖飲料に課税し、パッケージに警告ラベルを貼ろうと繰り返し試みてきました。彼は昨年、業界が市や郡に炭酸飲料税を課すことを阻止したとき、最も声高な批評家の1人でした。これは、一部の議員が「恐喝」と表現した策略です。

業界の戦術に腹を立てて、モニングと他の議員は現在、肥満と糖尿病の増加率に寄与すると彼らが言う飲み物を制限するために法案のパッケージを推進しています。火曜日に公聴会を開く委員会では、砂糖飲料の販売業者に1オンス2セントで課税するものを含め、いくつかの措置が予定されています。

コネチカット州、マサチューセッツ州、ニューヨーク州、ロードアイランド州、バーモント州でも、砂糖入り飲料に対する州全体の税金を検討しています。全米州議会議員会議によると、アーカンソー州とウェストバージニア州を含む少なくとも4つの州が、液量オンスまたは総収入のいずれかによって、すでに炭酸飲料に税金を課しています。

カリフォルニア州上院議員ビルモニング(D-カーメル)は、20オンスのコカコーラのボトルに入っている砂糖の量を表示します。モニングは、甘い飲み物に健康警告ラベルを貼る法案を推進しています。彼は、炭酸飲料業界をカリフォルニアの政治に大きな影響を与えていると説明しています。 &#40サマンサヤング/カリフォルニアヘルスライン&#41

今年、業界がカリフォルニア州議会議員を動揺させるためにいくら費やすかは誰もが推測しますが、以前の大規模なものは、ほぼすべての国会議事堂の役員に資金が流れることを示しています。

カリフォルニアヘルスラインの分析によると、州上院議員と議会のメンバーの10人に9人、またはそのスタッフのメンバーが、2017年と2018年にアメリカ飲料協会(またはその政治行動委員会)からの選挙献金、贈答品、慈善寄付を受け入れました。コカ・コーラカンパニーまたはペプシコ—業界で最大の3つの寄付者。

飲料業界は、他の利害関係者グループと同様に、いくつかの方法で議員に影響を与えるためにお金を費やしています。また、議員の名前で慈善団体に寄付します。

「彼らは、製品を批判から保護し、科学に疑問を投げかけ、ロビー活動を行い、舞台裏で働き、フロントグループに資金を提供し、潜在的に有害な製品を製造する業界が行うすべてのことを行うという点で、タバコ産業の手引きに従います」とマリオンネスルは述べています。 、「Soda Politics」の著者であり、ニューヨーク大学の食品栄養学の名誉教授。

飲料協会とコカ-コカは、彼らの政治献金に関する具体的な質問には答えず、ペプシコはまったく答えませんでした。 ABAの副社長であるWilliamDermody Jr.は、飲み物に対する「過剰な」税金は経済に悪影響を与えると主張しました。

「私たちの製品が地域経済にもたらす貢献について、州のために生み出す何百万もの税収だけでなく、何十万人ものカリフォルニアの労働者のために私たちが強化する賃金について、議員に知らせることが重要です」とダーモディは電子メールで述べました。

甘い飲み物の問題について議員に影響を与えようとしているのは、ビッグソーダだけではありません。

医師と歯科医を代表するカリフォルニア医師会とカリフォルニア歯科医師会は、砂糖飲料に課税するための投票イニシアチブを計画しています。彼らは一緒になって、過去2年間に幅広い健康関連の法律に影響を与えるために、ロビー活動と選挙献金に約1,060万ドルを費やしました。

ソーダ業界にとって、2017-18年は特に高額でした。

どうして?より多くのカリフォルニアの都市が通過し、砂糖飲料に対する地方税を提案するにつれて、ソーダ会社は昨年、州全体の投票法案に890万ドルを注ぎ込み、都市が飲料だけでなく新しい税金を課すことをより困難にしました。資金は、主にコカコーラ、ペプシ、ドクターペッパースナップルグループによって資金提供されたアメリカ飲料協会PACからのものでした。

カリフォルニア州の有権者がすべての地方税のより高い投票基準を承認することを懸念して、議員は、業界が投票提案を取り下げた場合、2031年1月1日まで地方ソーダ税をしぶしぶ禁止しました。

「彼らが議会で友人を獲得したとは思わない」と議員ロレナゴンザレス(D-サンディエゴ)は言った。彼女は過去2年間に業界から11,000ドルの選挙献金を受け取り、砂糖飲料にラベルを付けて課税する法案に反対票を投じました。これは、ソーダ税が逆進税であり、貧しい少数派のコミュニティに害を及ぼすという懸念を理由にしています。

面白い議員とそのスタッフ

カリフォルニア州務長官事務所に提出されたフォームによると、2017年と2018年に、米国飲料協会はカリフォルニア州の政策立案者にロビー活動を行うために100万ドル強を費やし、ペプシコは371,482ドル、コカコーラは352,469ドルを費やしました。これは、過去2年間に費やした金額よりも70%近く多くなっています。

資金の大部分は、元公務員が配置されたロビー活動会社、つまり立法に影響を与える方法を知っている国会議事堂の関係者に送られました。

ABAは、2017年11月にマウイ島の高級なHumble Market Kitchinレストランでの813ドルのディナータブの一部として、8人の議員の食事に379ドルを費やしました。ステーキは65ドル、魚のフライは57ドルです。議員たちは立法府の撤退に出席していた。

協会は11人の立法職員にサクラメントキングスのバスケットボールの試合のチケットを渡し、職員1人あたり163ドルから326ドルの範囲の費用で彼らの食べ物と飲み物の代金を支払いました。また、2018年3月の「ブラックパンサー」のショーに出席するために、少なくとも92人の議員、スタッフ、およびそのゲストに少なくとも3,747ドルを支払いました。

サブリナ・セルバンテス議員(D-リバーサイド)が映画に参加した理由を尋ねられた彼女のスポークスウーマンは、「芸術を支持し、映画の多様性を祝う」と述べました。

ABAの最大のロビー活動費用は、カリフォルニア州議定書財団への25万ドルの支払いでした。この財団は、ジェリーブラウンが知事を務めていたときの旅費に資金を提供しました。

慈善の名において

議員が贈答品として受け取ることができる量には制限がありますが、企業はまた、議員に代わって無制限の慈善寄付を行うことで影響力を獲得しようとしています。これらの寄付は「寄付金」として知られており、業界は2017年と2018年に10万ドル近くを寄付しました。

州議会議員のロレナゴンザレス(D-サンディエゴ)は、ソーダ税とそれが低所得者やマイノリティのコミュニティに与える影響に懐疑的です。しかし、彼女は、昨年、地元のソーダ税を禁止する投票を行ったとき、ソーダ業界は友達を獲得しなかったと言います。 &#40サマンサヤング/カリフォルニアヘルスライン&#41

昨年、ゴンザレス地区のコカコーラディストリビューターは、彼女の名前でサンディエゴフードバンクに10,000ドルを寄付しました。これは、この記事について連絡を受けるまで気づかなかったと彼女が言った寄付です。

時々、議員は貢献を求めます。州議会議員のアダムグレイ(D-マーセド)が全米州議会議員会議の年次総会を後援するよう飲料協会に要請したとき、協会は彼の名前で25,000ドルを与えました。会議でカリフォルニアの代表を務めたグレイは、スポンサーを確保するのは彼の責任であり、いくつかの企業に貢献を求めたと述べた。

それらの貢献は彼の投票に影響を与えないと彼は言った。たとえば、彼はグーグルが10万ドルを与えたが、彼は会社が反対したプライバシー法に投票したと言った。

「私の議題、投票記録、そして私が支持するものを支持したいのであれば、私はその支持を喜んで受けます」とグレイは言いました。 「しかし、それは私が自分の地区をどのように代表するか、または私が公共政策についてどのように決定するかについては何の役割も果たしません。」

議員のキャンペーンへの資金提供

利害関係者グループが政治プロセスに影響を与えるために使用する最も直接的な方法は、キャンペーン、政党、および立法府に資金を提供することです。

アメリカ飲料協会PAC、ペプシコ、コカコーラは、州全体の投票用紙に890万ドルを費やしたほか、過去2年間に州全体および地方の他の政治活動に約110万ドルを寄付しました。

議員の大多数は、飲料協会、コーラまたはペプシからキャンペーンの現金を受け取りました—3つすべてではないにしても。

コカ・コーラのスポークスマンは、委員会の割り当て、党員集会のメンバーシップ、指導的地位、およびコカ・コーラの施設がある地域を代表しているかどうかに基づいて、受信者を選択すると述べました。

「万能のアプローチはありません」と同社のスポークスマン、マックス・デイビス氏は述べています。 「時には、私たちがサポートする候補者の個々の見解は、私たち自身の見解とは異なる場合があります。」

モニング氏は、ソフトドリンク業界は手ごわい敵だと語った。多くの同僚は、地区に販売代理店があるため、売り上げを削減する法案に投票することはできないと彼に言います。

州全体のソーダ税に加えて、今年検討中の法案は砂糖に関する警告ラベルを要求し、ソーダ会社が小売業者に飲み物を販売するインセンティブを提供することを防ぎます。また、小売業者が超大型ソーダを販売することを禁止し、チェックアウトレーンでの販売を禁止します。

議員がこれらの法案を検討するとき、モニング氏は、同僚への彼の質問は単純になるだろうと述べた。

「あなたはソーダ業界を代表していますか?」彼は言った。 「それとも、あなたの地区で健康状態が着実に増加している子供たちを代表していますか?」

CaliforniaHealthlineのデジタルレポーターであるHarrietBlairRowanがこのレポートに寄稿しました。

CaliforniaHealthlineがソーダ会社の政治的支出に関するデータをどのように編集したか

ソーダ会社が政治プロセスに影響を与えようとする方法の中には、ロビイストを雇うキャンペーンにお金を寄付し、選出された役人に飲み物、食事、イベントチケットを提供し、議員に代わって慈善寄付を行うことがあります。

カリフォルニア州務長官のウェブサイトを使用して、California Healthlineは、2017-18年に米国飲料協会PAC、コカコーラカンパニー、ペプシコ、ドクターペッパースナッププルグループが行った選挙献金をダウンロードしました。これには、金銭以外の寄付も含まれます。

ロビー活動を追跡するために、ロビー活動の開示フォームで報告された経費のスプレッドシートを作成しました。これは、米国飲料協会、コカコーラ、ペプシが国務長官のウェブサイトでも入手できます。業界がロビー活動会社に支払った金額と、どの議員またはそのスタッフが贈り物を受け取ったかについての詳細を見つけました。

これらの事業体が慈善寄付にどれだけ貢献したかを知るために、California Healthlineは、California Fair Political PracticesCommissionのWebサイトから「behestedpayments」と呼ばれるデータを引き出しました。これらは、特別利益が議員に代わって慈善団体または組織に支払うことができる支払いです。場合によっては、これらの支払いのいくつかがロビー活動フォームにも表示されます。私たちは、お金を二重に数えないことを確認するために、懇願された支払いをロビー活動の報告と比較しました。


税金のジャンクフード:一度に1ペニーの肥満と戦う

カリフォルニア州の議員は、砂糖やコーンシロップで甘くした飲み物に1オンスの課税を課す税金で肥満の蔓延を狙っています。

食品業界は、当然のことながら、税法案は個人の選択に対する懲罰的な攻撃であると主張して、この考えに反対しました。

「政府にはソーシャルエンジニアリングの権利がありません」と、業界が支援する消費者の自由センターの上級研究アナリスト、J。ジャスティンウィルソンは述べています。 「私たちを自分たちから守る権利はありません。」

番号?食品関係者は、これが不健康な行動で人々を罰する方法であるということは正しいです。しかし、政府は人々にもっと良いことをするように促す役割を果たさないと彼らが言うとき、彼らは間違っています。

たばことアルコールに対する他の著名な悪行税は、健康と教育プログラムのために資金を調達します、そしてそれは良いことです。しかし、それらの主な目的は、これらの製品をより高価にし、したがって潜在的なユーザーにとって魅力的でないようにすることです。

アメリカの成人の約3分の2と私たちの子供たちの3分の1が現在太りすぎまたは肥満であることを考えると、同じ考え方を甘い飲み物に拡張することは合理的であるように思われます。

とはいえ、原因はソーダだけではありません。余分な体重をすべて減らすことを真剣に考えているのであれば、コーラとペプシをより高価にするだけでは不十分です。これについては、すぐに詳しく説明します。

まず、先週、ウィリアム・モニング議員(D-カーメル)によって導入された法律であるAB669を詳しく見てみましょう。彼は議会健康委員会の委員長を務めています。

この法案は、砂糖や高果糖コーンシロップなどのカロリー甘味料を含む飲料に1オンスあたり1セントの物品税を課します。これらの飲料には、ソーダ、エナジードリンク、スポーツドリンクが含まれます。

税によって毎年調達される推定17億ドルは、カリフォルニアの継続的な予算の問題のために現在削減に直面している州全体の体力と小児肥満プログラムへの資金提供に専念することになります。

お金は、子供たちを彼らのカイスターから降ろすことを目的とした学校や非営利団体での活動や装備に使われます—スポーツ、ゲーム、遊具。それは、より健康的な昼食の選択肢を提供し、子供たちに正しい食事について教育するための努力を提供することに向けられます。

もちろん、それですべての仕事ができるわけではありません。両親はまた、食料品店とドライブスルーウィンドウで賢い選択をすることによってやらなければならないいくつかの重労働を持っています。しかし、子供たちがジャンクフードをスカーフしてテレビの前でしゃがむので、何もしないよりはましです。

「これらの飲料は栄養価がゼロであり、子供を対象とした広告は膨大です」とモニングは私に言いました。

彼は、政府は人々の行動に影響を与える役割を果たさないという食品業界の主張を拒否した。

「私たちが対応しようとしているのは、企業広告が毎日行うソーシャルエンジニアリングです」とMonning氏は述べています。 「それが本当のソーシャルエンジニアリングです。」

彼は、飲料のマーケティングの影響は、ソーダが日常的に、そして食事の日常的な一部として頻繁に消費されることを研究が示している低所得およびマイノリティのコミュニティで最も深刻であると述べました。

最近のある研究によると、黒人とラテン系アメリカ人の成人の肥満率は、ほぼすべての州で白人よりも高いことがわかりました。

Trust for America’sHealthとRobertWood Johnson Foundationによると、黒人の成人の肥満率は、43の州とコロンビア特別区で少なくとも30%です。ラテン系アメリカ人の成人の肥満率は、19の州で少なくとも30%です。ウェストバージニア州だけが、白人の成人肥満率が30%を超えています。

「これは公衆衛生の流行に対する公衆衛生の対応です」とモニングは彼の法案について述べました。

主に食品産業によって資金提供されている消費者の自由センターのウィルソンは、それが彼らの選択であるならば、人々は不健康な飲み物を飲む権利を持っていると反論しました。 「ソーダは問題ではありません」と彼は言いました。 「それは単純な喜びです。」

ウィルソン氏によると、本当の問題は「カロリーの過剰消費」であり、ソーダは平均的な人の1日のカロリー摂取量の10%未満しか占めていません。

それは本当かもしれない、とカリフォルニア公衆衛生擁護センターの事務局長であるハロルド・ゴールドスタインは答えた、しかしソーダからのカロリーは人々を太らせる余分な、不必要な量のかなりの部分を構成する。

カリフォルニア大学バークレー校の体重と健康センターによる2009年のレポートによると、1970年代から2000年にかけて、平均的な人の1日の食物消費量は300カロリー増加しました。その量のうち、「甘味飲料によるカロリー消費量の増加は、総カロリー消費量の増加の43%に相当します」と報告書は発見しました。

「喉が渇いたときにチョコレートケーキを飲むのと同じです」とゴールドスタイン氏は言います。

したがって、ソーダをより高価にし、追加の収入を抗肥満の取り組みに充てることは、タバコやアルコールで見たように、社会的にも経済的にも非常に理にかなっています。しかし、それがすべての答えではありません。

食品業界と健康擁護派は、必要なのは人々の行動の大幅な変化であることに同意しています。簡単に言えば、私たちは食べる量を減らし、運動量を増やす必要があります。

個人的な責任は重要です。しかし、それだけで私たちの体調を整えるのに十分であるとすれば、私たちはポーカーや待機中のポーカーの国にはなりません。

だから私はモニングのソーダ税を取り、それをファーストフードに拡大しました。たとえば、500カロリーごとに1ペニーです。

マクドナルドの540カロリーのビッグマックは余分なペニーを稼ぐでしょう。 500カロリーの大量のフライドポテトもそうでしょう。 32オンスのチョコレートトリプルシックシェイクは、1,160カロリーで、2セントをもたらします。

すべてのファーストフードチェーンで毎日購入される他のすべてのものを考慮に入れると、私たちがいくつかの深刻なお金について話していることがわかります。そのお金は、自転車道、バスケットボールコート、その他のフィットネス関連のリソースの作成に使用されます。

また、ジムのメンバーシップへの助成にも使用できます(長期的なコストを本当に削減したい場合は、健康保険会社も同様に行う必要があります)。

食品業界は正しいです:ソーダ税は肥満の流行を解決しません。一般的に、悪行税は問題を解決することにはなりません。


カリフォルニアがソーダ警告ラベルの重さを量るとき、バークレーの税金は売り上げを薄めるために示されました

オークランドのラクリニカヘルスセンターの健康教育者であるエリザベスバウティスタは、甘味飲料にどのくらいの砂糖が入っているかを示す看板を持っています。 (Ana B. Ibarra / California Healthline)

カリフォルニア州バークレーでのソーダ税に関する新しい調査によると、住民は公衆衛生の専門家が望んでいたことを行っています。彼らは砂糖飲料を捨て、より健康的な飲料を選んでいます。

バークレーのソーダ税のこれまでで最大の調査は、カリフォルニア州議会議員が今週、甘味飲料に警告ラベルを貼る法案を再び検討していることから始まります。この法案は、委員会で3年間に3回死亡しました。

火曜日にジャーナルPLOSMedicineに発表されたこの調査によると、バークレーのソーダ税が2015年に発効してから1年後、市では砂糖飲料の購入が10%近く減少し、ボトル入り飲料水の販売が16%近く増加しました。

この調査では、市内の1,550万件のスーパーマーケットのチェックアウトを調査し、26店舗の価格を評価し、957人の成人居住者を電話で調査しました。

研究の筆頭著者であり、カリフォルニア州オークランドにある公衆衛生研究所の上級顧問であるリン・シルバー博士は、水の販売が大幅に増加しているのを見て、研究者たちは喜んで驚いたと述べた。

シルバー氏によると、2014年に有権者が1液量オンスあたり1セントの税金を通過する前は、研究者たちはソーダを購入するためのわずかな追加費用でバークレーのような繁栄した都市に違いをもたらすのに十分かどうか確信が持てなかった。しかし、調査結果は、それが「本塁打であった」ことを示しています、と彼女は言いました。

しかし、バークレーでは甘い飲み物の購入が減少しましたが、周辺のベイエリアの都市では6%増加しました。これは、住民が単にソーダ税なしでソーダの購入を他の都市に移したのかどうかという疑問を引き起こしました。シルバー氏によると、調査対象の住民は、税が発効した後、飲料を購入した場所に大きな変化は報告されていません。

シルバー氏によると、この調査では、バークレーで全体的な飲料の売上が増加したことも示されました。もし人々が他の場所で飲み物を買っていたら、その総数はおそらく減少したでしょう、と彼女は説明しました。

昨年、有権者は、サンフランシスコ、オークランド、カリフォルニア州アルバニー、コロラド州ボールダー、イリノイ州クック郡、フィラデルフィアで同様のソーダ税を承認しました。サンタフェ、ニューメキシコ州、シアトルはソーダ税を検討しています。

シルバー氏によると、バークレーでは甘味飲料の一人当たりの消費量が国全体の約3分の1であるため、これらのコミュニティのソーダ税はバークレーよりも大きな影響を与える可能性があると研究者たちは考えています。

一方、カリフォルニア州議会では、ビル・モニング上院議員(D-カーメル)によって再導入された法案では、12オンスあたり75カロリー以上の砂糖入り飲料に次のメッセージを表示する必要があります。

カリフォルニア州の安全上の警告:砂糖を加えた飲料を飲むと、肥満、2型糖尿病、虫歯の原因になります。

「消費者はこれらの潜在的な健康への有害な影響について知る権利があり、[この法案]はカリフォルニア州民が健康的な飲料を選択できるようにするでしょう」とモニングは記者会見で述べた。

この法案はまた、甘い飲み物を販売する自動販売機の所有者に、機械の外部に安全上の警告を出すことを要求するでしょう。

業界団体であるAmericanBeverage Associationの広報担当者は、電子メールでの声明の中で、消費者は情報に基づいた食品や飲料の選択を行うためにこれまで以上に多くの情報を持っていると述べました。

「誤解を招く警告ラベルのために1つの一般的な食料品を選び出すことは、複数の危険因子を持っている肥満や糖尿病のような実際の公衆衛生上の課題には何の役にも立ちません」とスポークスウーマンは書いています。

法案が可決された場合、2018年7月1日からラベル付けが必要になります。法案は水曜日に上院保健委員会で公聴会が開かれる予定です。

この記事は、California Health CareFoundationの編集上独立したサービスであるCaliforniaHealthlineを発行しているKaiserHealthNewsによって作成されました。


教育を目的とした

木曜日に導入された法律の支持者は、警告ラベルは、健康的で情報に基づいた選択をするために必要な情報を消費者に提供するだけだと述べた。

カリフォルニア医師会とともに法案を支持するカリフォルニアブラックヘルスネットワークの事務局長である医師のダーセルリーは、次のように述べています。 、California Center for Public HealthAdvocacyおよびその他のグループ。

法案では、12オンスあたり75カロリー以上の甘味料が追加されたすべての飲料容器には、次のようなラベルを付ける必要があります。カリフォルニア州安全警告:砂糖を追加した飲料を飲むと、肥満、糖尿病、虫歯の原因になります。減衰。"

ラベルのテキストは、栄養と公衆衛生の専門家の全国パネルによって開発されました。

支持者は、この要件は、砂糖で甘くしたソーダ、エナジードリンク、スポーツドリンク、ビタミンウォーター、アイスティーに効果的に適用されると述べました。これらはすべて、近年、飲料メーカーによってより積極的に販売されていると彼は言いました。

米国の炭酸飲料の消費量は、甘い飲み物の健康上のリスクがよりよく理解されるようになったにもかかわらず、ここ数十年で急激に増加しました。

研究によると、1日に1杯の炭酸飲料を飲むと、大人の太りすぎの可能性が27%増加し、子供の55%増加します。一方、1日1〜2杯の炭酸飲料は、糖尿病のリスクを26%増加させます。

現在の傾向が逆転しない限り、健康擁護派は、2000年以降に生まれた米国の子供たちの3人に1人、そしてラテンアメリカ人とアフリカ系アメリカ人の子供たちのほぼ半分が生涯で2型糖尿病を発症すると言います。

肥満に関連する他の健康上のリスクには、心臓病、癌、喘息が含まれます。

カリフォルニア州の経済の規模が非常に大きいため、そこで販売されるソーダに安全ラベルを要求することは、他の州や連邦政府に追随するように影響を与える可能性があります。

Journal of Health Economicsの2012年のレポートによると、肥満は米国の医療費で年間2,000億ドル近くを占めており、国の医療費の20%以上を占めています。また、労働者の生産性の低下や生活の質の低下にもつながります。

SharonBernsteinによる報告SteveGormanとLisaBaertleinによる追加の報告SophieHaresとAndreGrenonによる編集


ジュディー・ウッドラフ:

現在:公衆衛生の名の下に炭酸飲料と甘い飲み物に反対するキャンペーンは、最近の最も顕著な例であり、ニューヨーク市長のマイケルブルームバーグは、多くの場所で16オンスを超える甘い飲み物の販売を禁止することを提案しました。そして今日、全国の保健当局と研究者がここワシントンD.C.で集まり、戦略を比較しています。

カリフォルニアのある都市は、新しい税金で、これまで誰よりも遠くまで行く準備ができているかもしれません。

NewsHour特派員SpencerMichelsが報告します。

スペンサーミシェル:

サンフランシスコ近郊のカリフォルニア州リッチモンドの労働者階級の町の家族市場で、所有者のモハメッド・エルゾフリは、砂糖入り飲料に1オンスあたり1ペニーの税金を課すという市議会が支援する新しい措置について深く懸念しています。

砂糖の消費を削減するために設計された物議を醸す計画は、11月に有権者の前に行きます。 Elzofri氏によると、顧客の約80%が何らかの甘い飲み物を購入しており、税金は人気のある2リットルの飲み物に約68セント追加されるとのことです。

MOHAMMED ELZOFRI、店主:これは貧しい人々を傷つけ、私のようなこれらの事業主を傷つけるでしょう。炭酸飲料を飲みたい人は飲みます。パームスプリングスとビバリーヒルズは、すべてソーダを飲みます。つまり、それを得たのはリッチモンドだけの問題ではありません。つまり、どこにでもいる誰もがあなたに行くことを知っています、ある程度の体重を増やします。

スペンサーミシェル:

実際、糖尿病やその他の体重関連の病気の増加率は、現在リッチモンドで提案されている税金をめぐって激怒している議論の中心にあります。

DR。 JEFF RITTERMAN、カリフォルニア州リッチモンド、市議会:ご存知かもしれませんが、リッチモンドでは小児肥満に大きな問題があります。そして、それは私たちにとって健康格差の問題です。ラテン系の5年生と7年生の3分の1、アフリカ系アメリカ人の5年生と7年生の3分の1は肥満です。

スペンサーミシェル:

City Councilman Jeff Ritterman, a cardiologist, proposed the tax, which would be the first of its kind in the country. He wants people to reduce their consumption of sodas, what he calls the biggest culprit of the obesity epidemic.

DR. JEFF RITTERMAN:

If you look at where most of our added sugar is coming, it's coming from the sugar-sweetened beverages. And they're different from solid foods. Solid foods produce satiety. You get full. You get full when you eat a piece of cake. You don't get full when you drink the soda, even though they have the same amount of calories.

It's actually a poison for you, because your liver can't handle that huge amount of fructose.

SPENCER MICHELS:

Ritterman says money from the tax, which exempts diet drinks and fruit juices, would raise an estimated $3 million for local sports fields, diabetes treatment for low-income children, and school-based nutrition classes.

That's what Richmond needs, says Doria Robinson, a third-generation Richmond resident who runs a program that supports school and community gardens.

DORIA ROBINSON, community activist: Richmond isn't so much a food desert. It's actually a cornucopia of junk food. It basically translates into pretty much everyone knowing somebody with diabetes, whether they're a child or an adult, and really struggling with it.

SPENCER MICHELS:

The tax, she says, could break the addiction to soda so common in Richmond.

DORIA ROBINSON:

At least half the kids start their day with a Coke and a pack of hot fries. Like, that's breakfast, and then throughout the day drinking soda like it's water. Those empty calories have an enormous cumulative effect on our society. We are paying the price in the medical bills and all of the kind of health outcomes in the community.

SPENCER MICHELS:

Richmond is the latest in a recent string of cities and states considering special taxes on sugary beverages. So far, all have been defeated.

City Councilman Corky Booze, a former auto racer, took us for a drive around his community to show why he opposes the tax.

CORKY BOOZE, Richmond, Calif., city council: Richmond is a real diverse city. I would say it's a working, low, economically suppressed community. Most of the people don't have cars. Kids can't get out of here. The kids are basically stuck purchasing from this corner store. And the tax is definitely going to affect them.

SPENCER MICHELS:

Booze says some residents will shop elsewhere to avoid the tax, but poor people won't be able to.

CORKY BOOZE:

It's unfair to people who basically don't have the means of getting out of their neighborhood store to go into the neighboring communities to be able to avoid that tax.

If we were going to spend our time worrying about something within the city of Richmond that we can fix, we should be working on our streets and we should be working on our job situation.

SPENCER MICHELS:

And Booze says he doesn't think the government should be in the business of dictating what people should drink or eat.

CORKY BOOZE:

I think that when we get into the point of being a dictator to people, I think it's wrong. People are heavy for all kinds of reasons. It could be health. It could be the style of food that they eat at home. I just don't think the sodas are going to change that.

SPENCER MICHELS:

That's also the position of the American Beverage Association, the industry trade group representing companies like Coke, Pepsi, Red Bull, and Gatorade. It has lobbied hard against similar efforts around the country.

An affiliate group, Americans Against Food Taxes, ran this TV spot during the Super Bowl last year.

They want to put new taxes on a lot of groceries I buy, like soft drinks, juice drinks, sports drinks, even flavored waters. Give me a break. I can decide what to buy without government help.

SPENCER MICHELS:

In a statement provided to the NewsHour, the Beverage Association called the proposed Richmond tax regressive, and added: "It disproportionately hurts the most those who can least afford it. People don't support soda taxes, don't believe they will reduce obesity, and don't trust these taxes will go to pay for childhood obesity programs. They see these new taxes for what they are, a money grab to help pay for more government."

But for many in the medical community, sugary beverages are a health issue.

Dr. Kirsten Bibbins-Domingo, an internist at the University of California, San Francisco, co-authored a recent study which found a nationwide penny-per-ounce soda tax would reduce consumption by 15 percent and would, over a 10-year period, prevent several million diabetes cases and nearly 100,000 heart disease cases, as well as saving $17 billion in medical costs.

Dr. Bibbins-Domingo says similar taxes on cigarettes have had a dramatic affect on public health.

DR. KIRSTEN BIBBINS-DOMINGO, University of California, San Francisco: It was a few decades ago when we had high rates of tobacco and we had high rates of tobacco-related illnesses. Those measures really turned the tide and really led to lower rates of tobacco across the country.

I think the same has the potential to happen in this case. Richmond in isolation is unlikely to achieve a big effect, and Richmond has taken bold measures to really be at the forefront of this. But many other &mdash many other communities are talking about this very issue.

SPENCER MICHELS:

The campaign to oppose Richmond's soda tax is already under way. A local group with encouragement from the American Beverage Association and the local Teamsters union is going door to door to fight the tax.

For his part, Councilman Ritterman says he'd prefer to have a national or even a state tax passed. But, for now, he's trying to encourage Bay Area governments, including Oakland, Berkeley, and San Francisco, to join him in the fight against sugary beverages.

JUDY WOODRUFF:

In Europe, the French are already paying higher taxes on Cokes and Pepsis, and the Danes are paying a tax on butter. You can find that on our website.

And our next broadcast report looks at American junk food as the source of tooth decay among children in El Salvador.


Sugary beverages are the leading source of added sugar consumption in America according to the CDC, and consuming sugar in excess can lead to obesity, chronic diseases, and tooth decay, among other issues. Though the bill does not specify the amount of the tax, the Chronicle reported that previous proposals of a similar bill had advocated taxing two cents per fluid ounce. This would override the current ban by being a statewide, versus a citywide tax.

Berkeley was the first US city to tax soda, and saw a 10 percent decrease in consumption in the first year. Three other cities in California also have a soda tax, and were protected from last year’s ban on local soda taxes because the taxes had already been instituted.

Cities in other states have also enacted soda taxes, and a study of Philadelphia’s efforts in particular, found a 40 percent decrease in soda consumption in the first two months. While soda taxes only span eight cities in the US, others may follow suit if California finds success with one or more of these bills.


Regulation 1602.5. Reporting Methods for Grocers.

Reference: Sections 6359 and 6373, Revenue and Taxation Code.

(a) Food Products Exemption—In General. Tax does not apply to sales of food products for human consumption. Accurate and complete records of all purchases and sales of tangible personal property must be kept to verify all exemptions claimed as sales of exempt food products.

In preparing returns, grocers may use any method of determining the amount of their sales of exempt food products which does not result in an overstatement of the exemption. Grocers must be prepared to demonstrate by records which can be verified by audit that the method used properly reflects their sales of exempt food products.

(1) Purchase-ratio Method. One method which may be used is the purchase-ratio method sometimes referred to as the "grocer's formula". Under this method, grocers may claim as sales of exempt food products that proportion of their total gross receipts from the sale of "grocery items" that the amount of their purchases of exempt food products bears to their total purchases of grocery items.

If the grocer elects to use the purchase-ratio method of reporting, the following criteria should be followed:

(A) The purchase-ratio method may be used only by grocers and only with respect to sales of "grocery items".

(B) Grocers selling clothes, furniture, hardware, farm implements, distilled spirits, drug sundries, cosmetics, body deodorants, sporting goods, auto parts, cameras, electrical supplies, appliances, books, pottery, dishes, film, flower and garden seeds, nursery stock, fertilizers, flowers, fuel and lubricants, glassware, stationery supplies, pet supplies (other than pet food), school supplies, silverware, sun glasses, toys and other similar property should not include the purchases and sales of such items in the purchase-ratio method. These items are referred to as "nongrocery taxable" items.

When the purchase-ratio method is used for reporting purchases and sales of nongrocery taxable items are computed by the retail extension or markup method, the computation of nongrocery taxable sales should include adjustments for beginning and ending inventories of these items and may include adjustments for shrinkage as specified in (d) below.

(C) Grocers selling gasoline, feed for farm animals, farm fertilizers or who operate a snack bar or restaurant, or sell hot prepared food should not include the purchases and sales of such items or operations in the purchase-ratio method.

(D) The purchases and sales of meat, fruit, produce, delicatessen (except hot prepared food or food sold for immediate consumption at facilities provided by the grocer), beverage (except distilled spirits in the liquor department) and bakery departments must be included in the purchase-ratio method if these departments are operated by the grocer.

(E) The records should be complete and adequate and all sales and purchases should be properly accounted for in the records. All purchases of exempt food products, grocery taxable items and nongrocery taxable items should be segregated into their respective classifications.

(F) The following definitions apply to the purchase-ratio method:

1. "Exempt food products" means those items generally described as food products in Section 6359 and Regulation 1602. If grocers are uncertain as to the classification of any product, they should contact the nearest board office.

2. "Total gross receipts from the sale of grocery items" means the total amount of the sales price of all exempt food products and taxable grocery items, including sales tax reimbursement, amounts receivable from manufacturers, or others, for coupons (excluding any handling allowances) redeemed by customers, and the face value of federal food stamps. The term does not include receipts from sales of those items described in (b)(1)(B), above, which are commonly referred to as "nongrocery taxable items", or from those sales described in (b)(1)(C), above (gasoline, snack bar, etc.). It does not include amounts which represent "deposits", as defined in Regulation 1589, e.g., bottle deposits. When deposits are not segregated, it will be presumed, in the absence of evidence to the contrary, that the total deposits received are equal to the deposits refunded.

3. "Grocery items" means exempt food products and taxable items other than those generally classified under (b)(1)(B) and (b)(1)(C), above.

4. "Purchases" means the actual amount which a grocer is required to pay to the suppliers of merchandise, net of any cash discounts, volume rebates or quantity discounts and promotional allowances. The term does not include the cost of transportation, processing, manufacturing, warehousing, and other costs, if these operations are self-performed. It does not include the cost of operating supplies such as wrapping materials, paper bags, string, or similar items. It does not include amounts which represent "deposits", as defined in Regulation 1589, e.g., bottle deposits (see (b)(1)(F)2., above). If deposits are not segregated, it will be presumed, in the absence of evidence to the contrary, that the amount deposited with the supplier is equal to the credit received for bottles returned by the grocer.

A. As used herein, the term "cash discount" means a reduction from the invoice price which is allowed the grocer for prompt payment.

B. As used herein, the term "volume rebate or quantity discount" means an allowance or reduction of the price for volume purchases based on the number of units purchased or sold. Such rebates or discounts normally are obtained without any specific contractual obligation upon the part of the grocer to advertise or otherwise promote sales of the products purchased. The term does not include patronage dividends distributed to members by nonprofit cooperatives pursuant to Section 12805 of the Corporations Code, or rebates which constitute a distribution of profits to members or stockholders.

C. As used herein, the term "promotional allowance" means an allowance in the nature of a reduction of the price to the grocer, based on the number of units sold or purchased during a promotional period. The allowance is directly related to units sold or purchased although some additional promotional expense may be incurred by the grocer. Normally, grocers would feature the product in their advertising, although they may or may not be contractually obligated to do so. The retail price of the product may or may not be lowered during a promotional period.

The term does not include display or other merchandising plan allowances or payments which are based on agreements to provide shelf space for a price not related to volume of purchases, or cooperative advertising allowances which are based on a national line rate for advertising and are not directly related to volume of purchases and sales. Cooperative advertising allowances are intended to reimburse grocers for a portion of their advertising costs for a particular product or products.

(G) Sales tax reimbursement collected in accordance with Regulation 1700 which is included in total sales is an allowable deduction. An example of the computation of the purchase-ratio method which provides for an adjustment for sales tax included follows:

1. Taxable grocery purchases

2. Add sales tax adjustment (8.25%* × Item 1)

3. Adjusted taxable grocery purchases (Item 1 + Item 2)

4. Exempt food products purchases

5. Total grocery purchases including sales tax (Item 3 + Item 4)

6. Exempt food products ratio (Item 4 divided by Item 5)

7. Total sales including sales tax

8. Nongrocery taxable sales including sales tax (if such sales are not accurately segregated, mark up nongrocery taxable cost of goods sold

to compute sales—add 8.25% * sales tax to total)**

9. Grocery sales including sales tax (Item 7 – Item 8)

10. Exempt food products sales (Item 6 × Item 9)

11. Sales of taxable items including sales tax (Item 7 – Item 10)

12. Less taxable items purchased with food stamps (2% of total

food stamps redeemed for period, e.g., 2% × $100,000)

13. Taxable measure including sales tax (Item 11 – Item 12)

14. Sales tax included (8.25/108.25 × Item 13)

15. Measure of tax (Item 13 – Item 14)

16. Sales tax payable (8.25% * × Item 15)

* Use applicable tax rate—tax rate of 8.25% used for illustration purposes.

** Adjust for shrinkage if applicable—see paragraph (d).

(2) Modified Purchase-Ratio Method. Any grocer who does not follow the procedure outlined in (b)(1), above, but reports on a purchase-ratio basis of some type is using a modified version of the purchase-ratio method. For example, grocers who include self-performed processing, manufacturing, warehousing or transportation costs in the purchase-ratio formula are using a modified version. Grocers using such a modified version must establish that their modified version does not result in an overstatement of their food products exemption. They may demonstrate the adequacy of their modified method by extending taxable purchases, adjusted for inventories, to retail for a representative period or computing taxable sales by marking up taxable purchases, adjusted for inventories, for a representative period. Grocers must retain adequate records which may be verified by audit, documenting the modified purchase-ratio method used.

(3) Retail Inventory Method and Markup Method. Grocers who engage in manufacturing, processing, warehousing or transporting their own products may prefer to use a retail or markup method of reporting. These methods are described below:

(A) Retail Inventory Method.

1. The opening inventory is extended to retail and segregated as to exempt food products and taxable merchandise.

2. As invoices for merchandise are received, they are extended to retail and segregated as to exempt food products and taxable merchandise.

3. The ending inventory at retail is segregated as to exempt food products and taxable merchandise.

4. The total of segregated amounts determined in 1 and 2 less 3 represent anticipated exempt and taxable sales.

5. The segregated amounts determined in 4 are adjusted for net markons, net markdowns, and shrinkage to determine realized exempt and taxable sales.

6. Physical inventories are taken periodically to adjust book inventories.

(B) Cost Plus Markup Method—Taxable Merchandise.

1. The cost of all taxable merchandise is marked up to anticipated selling prices at the time of purchase. Records are kept of net markons, net markdowns, and shrinkage for all taxable merchandise. Such records are used to adjust the anticipated selling price to the realized price. Inventory adjustments are required unless the inventory of taxable merchandise at the beginning and ending of reporting periods is substantially constant. Returns should reflect as taxable sales the realized selling price of all taxable merchandise during a reporting period (anticipated sales price on purchases adjusted for inventory changes and other adjustments of the types mentioned).

2. If the grocer elects to use the cost plus markup method of reporting, the following criteria should be followed:

A. Markup factor percentages*** applicable to taxable merchandise should be determined by a shelf test sample of representative purchases, covering a minimum purchasing cycle of one month within a three-year period, segregated by commodity groupings, i.e., beer, wine, carbonated beverages, tobacco and related products, paper products, pet food, soap, detergents, etc. The markup factor percentages determined for commodity groupings should be applied to the cost of sales of the respective commodities for the reporting period to determine taxable sales.

In order to insure that markup factor percentages typical of the total business are determined, grocers who conduct multistore operations should include purchases from several representative stores in the shelf test sample of markup factor percentages.

*** Markup factor percentage is the markup + 100%. When applied to cost, it computes the selling price. For example, an item costing $1.00 and selling at a 25% markup will have a markup factor of 125%. The markup factor (125%) when applied to $1.00 cost results in a $1.25 selling price.

B. As an alternate procedure to A., above, the overall average markup factor percentage for all taxable commodity groupings may be used to determine taxable sales for the reporting period. This markup factor percentage is applied to the overall cost of taxable sales for the reporting period.

The overall average markup factor percentage should be determined as follows:

NS。 Determine markup factor percentages by commodity groupings based on shelf tests covering a minimum purchasing cycle of one month within a three-year period.

NS。 Determine cost of sales, segregated by commodity groupings, for a representative one-year period.

c. Apply markup factor percentages (Step a) to the cost of sales of the respective commodity groupings (Step b) to determine anticipated sales by commodity groupings and in total.

NS。 Divide total anticipated sales (Step c) by the respective total cost of sales to determine the overall average markup factor percentage.

C. In calculating markup factor percentages, appropriate consideration should be given to markon and markdown price adjustments, quantity price adjustments such as on cigarettes sold by the carton, liquor sold by the case and other selling price adjustments. Quantity and other price adjustments may be determined by a limited test of sales of a representative period or by sales experience of a representative store within the operating entity.

D. The computation of taxable sales for the reporting period should be based on cost of sales for the period. If for any particular reporting period or periods, cost of sales is not determinable because actual physical inventories are unknown and inventories remain substantially constant, the computation of taxable sales may be based on purchases for the period. However, if inventories are not substantially constant, adjustments for physical inventories should be taken into consideration in one of the reporting periods occurring within the accounting year.

E. Shrinkage should be adjusted as specified in (d) below.

F. Taxable markup factor percentages based on shelf test samples will generally be considered valid for reporting purposes for a period of three years, provided business operations remain substantially the same. A substantial change in business operations will be considered as having occurred when there is a significant change in pricing practices, commodities handled, commodity mix, locations operated, sources of supply, or other circumstances affecting the nature of the business.

(4) Electronic Scanning Systems. The use of a scanning system is another acceptable reporting method for grocers. Electronic scanning systems utilize electronic scanners and central computers to automatically compile and record taxable and nontaxable sales, sales tax, and related data from scanning of products imprinted with the Universal Product Code. It is the grocer's responsibility to establish the propriety of reported amounts. Grocers must ensure that proper controls are maintained for monitoring and verifying the accuracy of the scanning results and tax returns. Adequate documentation must be retained which may be verified by audit, including all scanning programs relating to product identity, price, sales tax code, program changes and corrections to the programs. Records which clearly show a segregation of taxable and nontaxable merchandise purchases would provide an additional source from which the scanning accuracy may be monitored or verified.

(c) Food Stamps. Tangible personal property eligible to be purchased with federal food stamps and so purchased is exempt from the tax. Grocers who receive gross receipts in the form of federal food stamp coupons in payment for such tangible personal property which normally is subject to the tax, e.g., nonalcoholic carbonated beverages, may deduct on each sales tax return an amount equal to two percent (2%) of the total amount of food stamps redeemed during the period for which the return is filed. Effective January 1, 1993, grocers may claim amounts in excess of two percent whenever the following computation results in a greater percentage: total purchases of taxable items eligible to be purchased with federal food stamps divided by an amount equal to the total of the exempt food product purchases as defined in subdivision (b)(1)(F)1 plus the purchase of taxable items eligible to be purchased with federal food stamps. For example, for a reporting period, if the total purchases of carbonated beverages equals $5,000 and the total purchases of exempt food products equals $130,000, a percentage of 3.7% ($5,000 ÷ $135,000) may be used in computing the allowable food stamp deduction for that period. This deduction may be taken in lieu of accounting separately for such sales.

(d) Shrinkage. As used herein, the term "shrinkage" means unaccounted for losses due to spoilage, breakage, pilferage, etc. Grocers who incur such losses, may, for reporting purposes, adjust for such losses as follows:

(1) An adjustment of up to 1 percent of the cost of taxable merchandise may be taken into consideration when the retail inventory or markup method is used for reporting purposes.

(2) An adjustment of up to 3 percent of the cost of nongrocery taxable items may be taken into consideration when the purchase-ratio method is used for reporting purposes and sales of nongrocery taxable items are computed by the retail extension or markup method. The adjustment is limited to an overall 1 percent of taxable purchases when other than the purchase-ratio method is used for reporting purposes.

Losses in excess of the above are allowable when supported by records which show that a greater loss is sustained.

(e) List of Methods Not Exhaustive. The methods by which grocers may determine their sales of exempt food products are not limited to the methods described above. Grocers may use any method which they can support as properly reflecting their exempt food sales. As is the case for all exemptions, it is the grocer's responsibility to establish the propriety of the amount of the claimed exemption.

(f) Audits. Taxpayers using one of the approved methods of reporting described in this regulation will normally be audited by application of the same approved procedure in the audit to verify the accuracy of claimed deductions. However, determinations may be imposed or refunds granted if the board, upon audit of the retailer's accounts and records, determines that the returns did not accurately disclose the amount of tax due.

History—Adopted May 10, 1973, effective June 23, 1973. Amended August 24, 1988, effective, November 17, 1988. In subdivision (c) amended to provide that certain items purchased with food stamps coupons are exempt from sales and use taxes.

Amended July 28, 1993, effective October 21, 1993.

Amended subdivision (c) to provide an alternative method which grocers may use to compute the allowance deduction for the total amount of food stamp coupons redeemed during the return period.

Amended February 8, 1995, effective July 19, 1995. Added subparagraph (b)(4) to recognize electronic scanning systems as an acceptable means of reporting and to specify documentation to be retained for audit verification amended subparagraphs (a), (b)(1)(F)1. and 4.C., (b)(2), and (e) to delete gender-based language.

Amended October 1, 2008, effective December 31, 2008. Deleted second paragraph in subdivision (b)(4) to eliminate the obsolete requirement that grocers get Board approval before using an electronic scanning method to determine the amount of their sales of exempt food products. Also deleted last two sentences in subdivision (b)(2) and deleted subdivision (b)(3)(B)2.G. to remove language urging grocers to seek Board approval prior to using the modified purchase-ratio and the cost plus markup methods for reporting tax.

Amended March 25, 2010, effective May 13, 2010. Amended subdivision (b)(1)(G) and corresponding footnote to utilize current tax rate of 8.25 percent in purchase ratio method calculation with tax included deduction.


California bill would require warning labels on sugary drinks

Sodas and most other sugar-sweetened drinks sold in California would be required to carry warning labels for obesity, diabetes and tooth decay under a bill introduced in Sacramento on Thursday and backed by several public-health advocacy groups.

California would be the first state to require such warning labels if SB1000 is approved. It would require the warning to be on the front of all beverage containers with added sweeteners that have 75 or more calories in a 12-ounce serving.

The label would read: "State of California safety warning: Drinking beverages with added sugar(s) contributes to obesity, diabetes and tooth decay."

Sen. William Monning, D-Carmel, who proposed the bill, said that there is significant research indicating a link between sugary drinks and those health problems, adding that the wording was developed by a national panel of nutrition and public-health experts. The bill has the backing of the California Medical Association and the California Center for Public Health Advocacy.

"The goal of the warning quite simply is to give consumers the right to know what are well-established medical impacts from consuming these beverages," Monning told The Associated Press in a telephone interview. "We're talking about a public-health epidemic that will take more lives than gun violence."

The Latino Coalition for a Healthy California and the California Black Health Network also are sponsoring the legislation, citing the heavy consumption of sugary drinks and associated health problems among minorities.

A bill similar to Monning's was introduced last year in Vermont, but it has been held in the Committee on Human Services since April. The Vermont bill would require manufacturers to put warning labels on beverages that "contain sugar or other artificial additives."

A growing body of research has identified sugary drinks as the biggest contributors to added empty calories in the American diet and as a major culprit in a range of costly health problems associated with being overweight.

More than a third of U.S. adults and nearly 17 percent of children ages 2 to 19 are obese, according to the Centers for Disease Control and Prevention.

Efforts to curtail consumption of sugary drinks through taxes and other efforts have met fierce resistance from the U.S. food and beverage industry, which came out against the California labeling bill on Thursday.

CalBev, the California arm of the American Beverage Association, released a statement Thursday outlining its opposition to the measure.

"We agree that obesity is a serious and complex issue," the statement read, adding that most calories are consumed in the form of fats, oils and starches in food. "It is misleading to suggest that soft drink consumption is uniquely responsible for weight gain. In fact, only 4.0 percent of calories in the average American diet are derived directly from soda.”

The group would not put a price tag on complying with the proposed legislation but said the measure would increase the cost of doing business in California.

The medical groups backing Monning's bill countered with their own data, saying sugary drinks have been the largest source of added calories in the average American's diet in the past three decades. They also said one soda a day boosts an adult's chances of being overweight by 27 percent and a child's by 55 percent and can increase the risk of diabetes by 26 percent.

Monning equated the warning labels to similar efforts to control alcohol and tobacco and dismissed suggestions that the labeling would be another example of nanny-state government.

"It is not the responsibility of industry to protect the public health. It is the responsibility of government," he said, adding that consumers could still choose to drink the beverages. "We believe it's an appropriate role for government to play."

The warning labels would mesh, he said, with health campaigns and proposed ordinances in several California cities and elsewhere to discourage sugar consumption. San Francisco, for instance, is considering asking voters to approve a tax on soda and other sweetened drinks.

In New York City in 2012, then-Mayor Michael Bloomberg spearheaded a ban on sales of large sugary drinks, but the move was declared illegal by a state judge after a legal challenge by soft drink makers and a restaurant group.

New York's highest court has agreed to hear an appeal.

Strong industry opposition helped kill soda tax proposals in two other California cities, as well as in the ski resort town of Telluride, Colo. The cities of San Francisco and Berkeley are both considering soda tax measures this year.

Monning said warning labels can make a difference in consumers' choices, particularly when paired with other public-health campaigns warning of the dangers of obesity.

"We don't underestimate what we're up against," he said. "We're up against $100 million advertising campaigns."