カクテルレシピ、スピリッツ、ローカルバー

シャンパンフルートが泡立ちに最適でないことが多い理由

シャンパンフルートが泡立ちに最適でないことが多い理由


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

何世代にもわたるシャンパーニュフルートは優雅さを放ち、泡だらけのフルートを振るう人には誰もがクラスの線量、おそらくは線量を与えられました。フルートはその魅力を完全に失っていませんが、まだ広く使用されており、一般にセクシーで時々賢明な選択と見なされています。より多くのワインメーカー、ソムリエ、日常のスパークリングワイン愛好家は、かつてタブーと考えられていた概念に啓発されています:アイデアフルートは上質なシャンパンを鑑賞するのに最適な器ではありません。

フルートとシャンパーニュがそんなに速い友人になった理由を考えるために最初に少し時間をとる価値があります。 Moët&Chandonシェフの洞窟BenoîtGouezによると, フルートの狭いデザインは、扱いにくい堆積物をラングリングする手段として最初に義務付けられました。シャンパンは一般的にデザートと一緒に、またはデザートとして提供され、夕食時にグラスが満たされた場合、飲酒者が参加する準備ができるまでに、堆積物は薄いグラスの底にきれいにきれいに集まっていました。

それでもフルートは、200年以上前に解体(シャンパンのボトルからの粕の除去)が始まったという事実にもかかわらず、主に時の試練に耐えてきました。現代の飲酒者にとっての結果は、私たちがきらめきを窒息させ、その最高の表現の私たち自身の完全な楽しみを妨げているということです。

シャンパンはワインである—そのように扱う

「薄いフルートではなく、より広いグラスからシャンパンを飲むと、より多くの芳香スペクトルを体験できます」とカウアイ島のプリンスビルワインマーケットのオーナーであるソムリエ、ダニエルブラウンは言います。

シャンパーニュ自体をカテゴリーと見なすのは簡単です。しかし、それが実際に一種のワインであることを覚えておくことは賢明です。飲酒者がそれを無視する傾向は、それが常に理想的なガラスであるとは限らないという業界全体の認識にもかかわらず、フルートを流行に保つための主な原因です。

「シャンパーニュではなく、シャンパーニュのワインです」とグエズは語ります。 「このタイプのワインは、そのすべての層を呼吸して明らかにする必要があるワインです。」

シャンパーニュで最も素晴らしい家の多くをのぞいてみてください。フルートの反対者を見つけるでしょう。彼の家族のガラス製品会社の第11世代のCEO、マクシミリアンリーデルは、タイティンガーがフルートを決して使用していないことを見て、闘いを始め、シャンパン用の新しいガラスをデザインすることに刺激を受けたと言います。 「それが私がそれを始めた理由であり、立ち上がって人々がシャンパンを飲む方法を変えることへのやる気になりました」とリーデルは言います。その結果、グラスはリップがより広くなったものの、まだ拘束されていますが、ボウルの途中まで広がり、再びスリムなボトムに収縮しました。

Besserat de Bellefonの責任者であるGodefroy Baijotは、シャンパーニュ地方の地元の人々が使用する小さな茎のないガラスであるブリダを使用することを提唱しています。塗装されているか、スタイルが異なる場合でも、公園やビーチ用のバッグに簡単に入れられ、お茶を飲むことで広く知られるようになったアルジェリアの都市にちなんで名付けられました。

ブラウンが好むガラス製品の種類については、彼は特に白ワインの世界に目を向けています。 「私は主に、グラスのベースより少し小さい半径の唇を持つ白ワイングラスからシャンパンを飲むことを好みます」と彼は言います。 「ガラスのボウルが多すぎると、二酸化炭素自体が著しくなりすぎます。多くのガラス製品会社は、薄いフルートとボウルの両方の形状の特徴を組み込んだシャンパングラスを製造しており、これらは大きな妥協点となります。」

しかし、まだフルートを殺さないでください

リーデルは、シャンパンはフルートで提供されるべきではないという個人的な信念に固執していますが、他の人は少し柔軟です。

フルートはまだお祝いの合図を送るだけでなく、そのようなソワレの設定では、泡のグラスが注がれ、回される前にしばらく座ったままにされる場合、それらは実際には別の方法で役立ちます。 「フルートを必要とする機会はたくさんあります。シャンパーニュが炭酸ガスを失いすぎてしまうのではないかと思うような環境で使用するのが好きです」とブラウンは言います。細いフルートは、グラスのスパークリングがより満足のいく泡立ちを長期間維持するのに役立ちます。逆に、まだ一般的なクーペガラスは、泡の損失をさらに迅速に助長します。これは最も望ましくない結果です。

楽しむシャンパンの種類やスパークリングワインの問題もあります。たとえば、ブラウンは常にブランドブランシャンパーニュに白ワイングラスを選んでいますが、ロゼシャンパーニュにそのタイプのガラス製品を使用することはありません。

結果に自信がある場合は、ワインの芳香族がより十分に自分自身を表現できるようにするのが最も効果的です。 「伝統的なフルートは、ほとんどの場合、私たちの最良の選択肢である可能性があります。すべてのスパークリングワインが精査のテストに耐えることを意図しているわけではないためです」とブラウンは言います。 「私はほとんどのカバ、プロセッコ、クレマンのために通常のフルートに固執します。」


ビデオを見る: 椰子の実お部屋でフルートコンサートwith チェロMISAO FLUTE 波戸崎 操 チェロ 三枝慎子作詞 島崎藤村 作曲 大中寅二 (六月 2022).


コメント:

  1. Fearghus

    彼女は賢いことを言った)

  2. Mordehai

    ありがとう、私もあなたが助けることができるものが欲しいですか?

  3. Riggs

    彼らは間違ってる。議論する必要があります。



メッセージを書く