カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

レディー・ガガがエナジードリンク訴訟で敗訴

レディー・ガガがエナジードリンク訴訟で敗訴


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

エナジードリンクは自分自身をGaGaと呼び続けることができます

レディー・ガガは、ガガと呼ばれるエナジードリンクを販売しているオーストリアのビジネスマンに対する訴訟で敗訴しました。

レディー・ガガは今週、オーストリアのビジネスマンがガガと呼ばれる飲み物を販売しているという特許訴訟に敗れたときに、いくつかの悪いニュースを受け取りました。

The Localによると、Adam Galirowと彼の妻がプロバイオティクスとステビアを含むカフェイン入りエナジードリンクのレシピを思いついたとき、彼らはそれを彼らの名前、Galirow-Galirowの略語としてGaGaと名付けました。しかし、GaGaの名前は、Lady Gagaのモニカとまったく同じように見え、発音されるため、彼女の弁護士は、Galirowに飲み物の名前を変更するか、訴訟に直面するように指示する手紙を送りました。

しかし、ガリロウは2011年にガガという名前で特許を取得していたため、特許庁がガリロウの飲み物はそのままで問題ないと宣言したため、ガリロウは明確です。レディーガガは当時すでに非常に有名でしたが、彼女はソフトドリンク、ビール、ミネラルウォーターのカテゴリーで使用するための彼女の芸名の特許を取得していません。ガリロウはそのカテゴリーで彼の飲み物の特許を取得し、特許庁は、歌手のレディー・ガガをガガのエナジードリンクの缶と混同する可能性は誰もいないと述べました。


ガスモンキーバーは創設者でテレビスターのリチャードローリングスに対して600万ドルの名誉毀損訴訟を起こす

2018年6月15日午後5時22分CDT

午後8時50分に更新金曜日: リチャード・ローリングスの弁護士からの声明を含むように改訂されました。

訴訟によると、人気のあるダラスのレストラン兼音楽会場のガスモンキーバーアンドグリルは、その創設者であるリチャードローリングスを名誉毀損と契約から抜け出すための「故意で欺瞞的な試み」で訴えています。

600万ドルの損害賠償を求めている訴訟は、バーとその管理メンバーであるダニエル・フラハティを代表して、ディスカバリーチャンネルのリアリティカーショーの制作会社であるローリングスに対して提起された。 高速Nは大声で、およびガスモンキーホールディングス。

ローリングスの弁護士は声明の中で、この主張にはメリットがないと述べた。

「GasMonkeyBarは、1日目からライセンス契約に違反しており、過去5年間これらの問題の解決を試みてきました。契約上の義務を履行する意思がなく、履行できないことが明らかになった時点で、関係を終了しました。これがライセンスを取り戻そうとする最後の努力としての偽造された主張にすぎないことは明らかです」とローリングスを代表する弁護士であるオースティンチャンピオンは言いました。

制作会社のピルグリムフィルムズアンドテレビジョン、およびダラス北西部のバーとフラハティを代表する弁護士にコメントを求めることはできませんでした。

ローリングスの問題は、彼のガスモンキーガレージ近くのバーが5年前に営業を開始する前に始まったと訴訟は述べています。

訴訟によると、建設中、バーの従業員であるティム・ヒンクハウスは2013年5月の電子メールで、「リチャードは非常に破壊的でした。建設労働者に対する彼の扱いは容認できないものでした。彼の行動は甘やかされて育った13歳の行動です」と書いています。

ローリングスが建設を中断および停止した数回の事例の後、訴訟は、フラハティが仕事を完了することができるように彼を建設現場から禁止したと言います。

訴訟によると、2013年9月にバーと音楽会場がオープンして以来、「ローリングスは一貫して彼らの事業に身を投じ、支配権を奪おうとしている」とのことです。

訴訟はまた、ローリングスがバーについて怠惰であり、コッペルに住むフラハティが彼から盗んでいたという「根拠のない非難」をしたと主張している。

訴訟によると、2015年にローリングスは財務記録が不完全または欠落していることについてフラハティに電子メールを書いた。フラハティはローリングスに座って自分でレコードを見るのは大歓迎だと言ったが、ローリングスはレコードが存在するとは思わなかったと言った。

訴訟では、ローリングスがフラハティとバーについて他の人々に中傷的な発言をし、フラハティが2016年7月21日に送信したメールでローリングスと対峙したと述べています。過去2年間、いつでも本を監査することができます。」

訴訟によると、ローリングスは「飲酒と感情を混ぜ合わせた私の間違い。ごめんなさい」と答えた。

サードパーティのバイヤーが2017年にガスモンキーバーアンドグリルとガスモンキーライブの権利を取得するための取引を締結しようとしたとき、訴訟はローリングスがフラハティとバーを不正直で彼のお金を盗んだと非難し、それが合意を引き起こしたと述べています通り抜ける。

これは、ローリングスが2016年にバーと音楽会場の権利を自分で購入しようとしたが、資金不足のために購入できなかった後に発生したと訴訟は述べています。

訴訟はまた、ローリングスとピルグリムフィルムズアンドテレビジョンがコネチカットにガスモンキーをテーマにした独自の娯楽施設を開くことを検討しており、そうすることでバーのレストランのコンセプトを「悪用」していると主張している。


バドライト醸造所のアンハイザーブッシュは、ミラークアーズがビールのレシピを盗んだと非難している

Anheuser-Busch InBevとMillerCoorsの間の法廷闘争の最近のエスカレーションで、Bud Light醸造業者は、MichelobUltraやBudLightなどのビールの秘密のレシピを盗んだライバルを非難しています。

モルソンクアーズの米国子会社であるミラークアーズは、ライバルがコーンシロップを使用したことでミラーライトとクアーズライトを恥じたスーパーボウルコマーシャルを放映した後、3月にアンハイザーブッシュに対して最初に訴訟を起こした。 9月、連邦裁判官はアンハイザーブッシュに対して仮差し止め命令を出し、ビールの巨人が「コーンシロップなし」と書かれたバドライトパッケージを使用できないようにしました。アンハイザーブッシュはこの決定に異議を唱えています。

木曜日に提出された編集された反訴で、Bud Light醸造所は、現在コロラド州のMillerCoors醸造所で働いている元従業員が、スーパーボウルの前後に機密保持契約に違反していた現在のAnheuser-Busch従業員から情報を入手していたと主張しています。彼の質問のいくつかは、醸造プロセスでのコーンシロップの使用に関するものでした、とアンハイザーブッシュはファイリングで主張しています。

MillerCoorsの上級管理職が情報を求めており、CEOのGavin Hattersleyは、調査結果についての電子メールチェーンに含まれていたと主張しています。

MillerCoorsはまた、Anheuser-Buschに対する進行中の訴訟の一環として、BudLightとMichelobUltraのレシピを示す文書を作成したとされています。 Anheuser-Buschは、これらのレシピは、折りたたまれ、醸造所から取り出され、テキストで送信されたスクリーンショットのプリントアウトであると考えています。

アンハイザーブッシュのファイリングでは、これらのレシピを「非常に価値のある」と呼び、バドライトのステータスを米国で最も売れているビールとして、ミケロブウルトラのステータスを最も急成長していると述べています。

アンハイザー・ブッシュは声明のなかで、「ミラークアーズの組織でこれがどれだけ高くなる可能性があるかを明らかにする権利を行使する」と述べた。 「私たちは企業秘密を真剣に受け止め、法律の最大限の範囲でそれらを保護します。」

ミラークアーズのスポークスマン、アダム・コリンズは声明の中で、アンハイザー・ブッシュはこの事件で3つの判決を失い、彼らがアメリカの消費者を惑わしたという事実から注意をそらそうとしていると述べた。

&quotMillerCoorsは機密情報を尊重し、反対の主張を真剣に受け止めていますが、成分が秘密である場合、なぜ彼らは世界中にバドライトで何を伝えるために数千万ドルを費やしたのですか?そして、なぜバドライトのパッケージに巨大な文字で成分が印刷されているのですか?」とコリンズ氏は語った。


2,500万ドルの訴訟がエネルギーを非難し、ボート会社が致命的な転覆を起こしている

ニューオーリンズ(AP)—先週のメキシコ湾の致命的な災害で転覆したオフショア石油産業のボートは、「安全にお金をかける」エネルギー会社から危険な状態で海に出るように命じられた、と2500万ドルの訴訟が主張している。

訴訟は、ルイジアナ州のハンナ・ダスピットとクリスタ・バーチャーの弁護士によってヒューストンのテキサス州裁判所に提起されました。 4月13日の荒天でボートが転覆したとき、ダスピットの夫であるディラン・ダスピットとバーチャーの婚約者であるジェイ・ゲバラは、ボートで働いていた19人の中にいました。金曜日の午後。ディラン・ダスピットとゲバラは7人の行方不明者のうち、死亡したと推定された。

ハスピットは水曜日にヒューストンのテキサス州裁判所に訴訟を起こした。 Vercherは、自分自身とGuevaraの子供を代表して訴訟を起こし、金曜日に訴訟を起こしました。弁護士のフランシス・スパニョレッティが提訴した両方の訴訟は、タロス・エナジーとリフトボートのオペレーターであるシーコー・マリンLLCとその関連会社であるシーコー・リフトボートLLCが致命的な事故で起訴した。

これらは、長さ234フィート(長さ71メートル)のリフトボートであるSeacorPowerの転覆をめぐって多数の訴訟が提起されると予想される最初のものです。船は転覆したとき、ルイジアナ州ポートフォーチョンからタロスプラットフォームに向かう途中でした。

「ディラン・ダスピットは、これらの被告が彼の人生にお金をかけるという決定のために、船の悲劇的な転覆で彼の命を失った」とダスピット訴訟は言った。

金曜日に提起された同様の言葉の訴訟は、「クリスタ・ヴェルチャーは彼女のより良い半分を失った」と述べており、ゲバラの子供は父親を失ったと付け加えています。

訴訟には、2年もかかると予想される国家運輸安全委員会の調査および訴訟において重大となる可能性のある問題が含まれています。それらには、転覆における天候の役割、嵐の予測にもかかわらず船が海に出るべきかどうか、そして誰が責任を負うべきかが含まれます。

訴訟には、気象条件を適切に評価できなかったことや緊急時の計画を立てられなかったことなど、企業に対する多数の申し立てが記載されています。訴訟は、タロスが「用船者として危険な状況で海に船を命じた」と特に非難している。

Seacorは、金曜日にコメントの要求にすぐに応答しませんでした。タロスのスポークスマンは、同社は訴訟についてコメントしていないと述べた。しかし、同社は訴訟が提起される前に、港を離れるという決定にすでに取り組んでいた。

「SeacorPowerは出発前の数日間、サービスと検査のために港にいました」と同社は土曜日にタイムズピカユーン/ニューオーリンズアドボケイトの質問に答えて言った。 「船はタロスの施設にいなかったので、港をいつ出発するかを含め、船長とシーコールマリンの完全な指揮下にありました。」この声明は金曜日、スポークスマンのブライアングローブによって確認された。

船の船長であるデビッド・レデット(63歳)は死者の中にいました。彼は訴訟で言及されていません。

アイオワ州立大学によってアーカイブされた国立気象局の予報と勧告は、4月13日の正午直後にポートフォーチョン沖の海域に対する特別な海洋警告を示しています。 / h)、これは熱帯の嵐の力の風であり、「突然より高い波」です。

「ボートは損傷や転覆を被る可能性があります。機内の全員がライフジャケットを着用していることを確認してください。可能であればセーフハーバーに戻る」と警告は述べた。

それでも、午後1時30分にボートが出発する前に兆候はありませんでした。ハリケーンの強さをはるかに超える80mph(129 km / h)を超える風と、沿岸警備隊が4日後に転覆した頃にボートが遭遇したと述べた高さ7〜9フィート(2.1〜2.7メートル)の波午後

Seacorの社長であるJohnGellertは、この予報はボートが扱えない天候を予感させるものではないと述べた。

「彼らが遭遇すると予測された天候は、船の範囲内でした。彼らが遭遇した天気は、私たちが知る限り、現時点では予測をはるかに超えていました」と彼は月曜日の記者会見で述べました。

ゲラートは、行くかどうかの決定は船長次第だと言った。彼はまた、レデットが会社の全面的な支援を受けたと述べた。

マリコパ郡のGOPレコーダー:監査の正当な理由はありません

マリコパ郡の記録者スティーブン・リッチャー氏は月曜日、11月の大統領選挙で郡内で投じられた210万票の監査に反対することについて声を上げるしかない、と述べた。アリゾナ州の共和党主導の州議会は、召喚状を使用して投票用紙、投票機、有権者の個人情報を入手し、フロリダを拠点とするサイバーセキュリティ会社であるサイバー忍者を雇って監査を実施しました。共和党のリチャー氏は、ABC NewsLiveのTheBreakdownに、「この監査を促したであろう正当な理由はない」と語った。証拠がそれに値するからではなく、起こっているのです。すべてのテストが正常に戻りました。両党自身が47,000票以上の手数監査を監督した。」サイバー忍者は選挙の経験がなく、そのCEOは、ドナルド・トランプ前大統領がバイデン大統領ではなくアリゾナで本当に勝ったという誤った主張を支持してツイートした。アリゾナ州のケイティ・ホッブズ国務長官が次のように述べたように、「一部の専門的で合法的な企業がこの作業を行うためにアリゾナ上院に入札したことは「苛立たしい」ことであり、私たちはそれを歓迎しただろう」と述べた。投票機で壊れており、選挙当局はサイバー忍者が投票機に何をしたのかわからないため、将来の選挙で使用することはできません。リチャー氏は、監査中は沈黙を守るつもりだったとブレイクダウンに語ったが、匿名のツイッターアカウントがマリコパ郡が有権者ファイルを削除したと誤って非難したとき(トランプはすぐに増幅したと主張)、それは一線を越えた。私はこれを避けたかったのですが、マリコパ郡の善良な労働者、つまり私の友人、チームメート、スタッフが私の監視下で証拠を不法に破壊したと非難されたとき、私は何かを言わなければなりませんでした。」マリコパ郡、彼加えて、現在、名誉毀損の罪を追及できるかどうかを判断しています。 1月6日の委員会に対する共和党の抵抗についてのtheweek.com5のとてつもなく面白い漫画からのより多くの物語超党派の神話新しいフロリダの法律の下で、ソーシャルメディア会社は政治的候補者を禁止するために罰金を科されることができます

タタ・スチールがインドのCovid被害者の家族の給与を継続する

この発表は、インドのコロナウイルスに関連する死亡者が30万人を超えたときに行われました。


関連記事

「私はかつて悲鳴を上げて壁にぶつかりましたが、それが気分を悪くするので、切り取って壁にぶつけて自傷行為をするのが良くない理由を知っています。」

彼女はまた、彼女の感情的な旅の中で、最近、自傷行為への衝動に対処しなければならなかったと言い、その背後にある理論的根拠を説明しました。

彼女は次のように述べています。そして、私が気分が悪いと言うとき、私は切りたいという意味です。

'死ぬことについて考えなさい。私がそれをするつもりかどうか疑問に思います。私はそれから自分自身を引き出すためのすべての方法を学びました。

衝撃的:ガガは、2019年に彼女のベストオリジナルソングオスカーを受け入れたとき、彼女は完全な精神病の休憩を取り、まだ彼女の崩壊に取り組んでいることを明らかにしました

「なぜ切るのが良くないのか知っていますか?」彼女は言いました。 「壁にぶつかるのが良くない理由を知っていますか?自傷行為が良くない理由を知っていますか?気分が悪くなるからです。

「あなたは誰かに「見て、私は苦しんでいる」と見せているので、気分が良くなると思います。それは役に立たない。」

回復までのプロセスは長く、ガガは2019年に「アリー/スター誕生の浅瀬」で最優秀オリジナルソングオスカーを受賞したとき、まだ崩壊に取り組んでいると告白しました。

「それはすべてゆっくりと変化し始めました、それから自分自身を引き抜くのに2年半かかりました」と彼女は説明しました。 「その時、私はオスカーを受賞しました-そして誰も知りませんでした!」

トラウマ:本名がステファニー・ジャーマノッタであるガガは、メンタルヘルスに関しては簡単な解決策はない、と彼女はまだ自分で取り組む必要があると説明しました

苦労しているかもしれない同様の状況の誰にでもアドバイスを提供して、彼女は言いました: 'あなたを確認する少なくとも1人の人であなた自身を囲むことはとても重要です。自分を調整する方法があります。」

彼女が自分自身をどのように助けているかを明らかにし、ガガは次のように説明しました。私の体のために。私がこれらのステップを続けて十分に行うならば、私は続けます。

「私は「ステファニーは勇敢になりなさい、あなたは勇敢にならなければならない」に行きます。そして、それを知る前に、私は裏庭に立っていて、「OKI'mback」に行きます。

率直:ガガは、彼女の感情的な旅の中で、最近、自傷行為への衝動に対処しなければならなかったと言い、その背後にある理論的根拠を説明しました

今はもっといい場所にいるとはいえ、ガガはまだ毎日自分で努力しなければならず、彼女は次のように説明しました。 。

「誰もがそれが直線のようになるだろうと思っています、それは他のすべてのウイルスのようであり、あなたは病気になり、そしてあなたは治癒します、あなたは知っていますか?そうではありません。

「実際、私はあなたが自分自身に不満を感じているので、人々を罠にかけていると思います。「なぜ私は良くならないのですか、私は何が悪いのですか?」

'そして、あなたは何を知っていますか?あなたには何も悪いことはありません。しかし、正しく発火しないものがあり、それは簡単ではありません」。

悲痛なこと:ガガは、音楽プロデューサーにレイプされ、19歳で妊娠したときに「完全な精神病の休憩」があったと述べました(2005年に19歳で撮影)

ドキュメンタリーの中で、ガガは音楽のキャリアを始めようとしているときに虐待され暴行されたという悲惨な話を共有しました。

ガガは次のように回想しました。「私は19歳で、ビジネスで働いていました。プロデューサーが「服を脱いで」と言ってくれました。」

'そして私は「いいえ」と言いました。そして私は去りました、そして彼らは彼らが私の音楽のすべてを燃やすつもりであると私に言いました。そして彼らは止まらなかった。彼らは私に尋ねるのをやめませんでした、そして私はただ凍ってしまった。覚えていません。」

詳細:歌手は、あなたに見えない、私の見えない、ハリー王子とオプラのメンタルヘルスを探る新しいショーに出演しているときに、トラウマ的な出来事について話しました

二度と会うことを恐れてプロデューサーの名前を口にしたことのないガガは、暴行の最中に真っ暗になり、痛みに対処する方法として長期間体調を崩して身を清めたと語った。

「私は数週間、数週間、数週間、数週間後に病気になり、レイプした人が私を妊娠中の隅に降ろしたときに感じたのと同じ痛みだと気づきました」と彼女は言いました。

彼女は、「虐待されて」「何ヶ月もスタジオに閉じ込められていた」ので、病気の最中に「両親の家にいた」と述べた。

ガガは、事件が彼女の傷を肉体的および感情的に残し、それが今日まで残っていると言いました。

苦痛:チャットで、スーパースターの歌手は、トラウマに対処するための攻撃の結果として身体的なしびれを感じたと言いました

歌手は、医師が彼女の慢性的な痛みのために精神科医に診てもらうようにアドバイスし、心的外傷後ストレス障害の診断につながったと言いました。

彼女は続けた: '数年後、私は病院に行き、彼らは精神科医を連れてきて、私は「私に本当の医者を連れてきてください、なぜ私は私の体を感じることができない精神がここにあるのですか?」と言いました。

「最初は完全な痛みを感じ、次にしびれ、その後数週間から数週間病気になり、私をレイプした人が私を隅に妊娠させたときに感じたのと同じ痛みであることに気づきました、私の両親家、私が嘔吐していたので。

「私は虐待され、何ヶ月もスタジオに閉じ込められていました。

内面の混乱:ガガは、攻撃後の数年間にトラウマに対処するのに苦労したため、心的外傷後ストレス障害と診断されたと述べました(2009年の写真)

「今、涙を乾かして先に進むことを、見ているすべての人に伝えたいのですが、そういうことから戻ってくることができます。

「しかし、それがあなたに激しくぶつかると、それはあなたを変えることができます。私は何も感じることができませんでした、私は関連付けを解除しました、私の脳はオフラインになりました、しかしあなたはパラノイアの超状態にあります。

彼女は続けた: '私は完全に精神病の休憩を取りました、そして数年の間、私は同じ女の子ではありませんでした。痛みを感じたときの気持ちは、レイプされた後の気持ちでした。何も見つからないMRIやスキャンがたくさんありました。しかし、あなたの体は覚えています。」

進行中の戦い:ガガは、事件が彼女の傷を肉体的および感情的にどのように残したかについてオープンにしました。

ガガは、同情を求めているのではなく、他の人を助けるために自分の話をしたいと主張しました。

彼女は次のように述べています。「正直に言うとわかりにくいので、私は自分のセルフサービスのためにこの話をしません。とても恥ずかしいです。私には特権があり、お金があり、力があり、惨めであることを人々に説明するにはどうすればよいですか?どうやってそれをしますか?

「私は誰かに私のために泣いてもらいたいので、あなたに私の話をするためにここにいるのではありません。私は大丈夫です。しかし、他の誰かのためにあなたの心を開いてください。私があなたに言っているので、私はそれを経験しました、そして人々は助けを必要としています。ですから、それは私の癒しの一部であり、あなたと話すことができます。」

ガガはオプラと緊密な関係を築いており、歌手は昨年のテレビパーソナリティの2020ビジョン:ユアライフインフォーカスツアーのインタビューで彼女のメンタルヘルスについて話しました。

発言:ガガはオプラと緊密な関係を築いており、歌手は昨年のオプラの2020ビジョン:あなたの人生に焦点を当てたインタビューで彼女のメンタルヘルスについて話しました(写真)

歌姫は、PTSDと診断されただけでなく、線維筋痛症の診断を受けたと述べました。線維筋痛症は、広範囲にわたる痛みと極度の倦怠感を引き起こす状態です。

彼女は次のように述べています。「私は19歳のときに繰り返しレイプされました。また、レイプされた結果としてPTSDを発症し、そのトラウマを処理しませんでした。

「私には誰も助けてくれなかったし、セラピストもいなかったし、精神科医もいなかったし、医者も助けてくれなかった」と彼女は言った。

「私は突然スターになり、ホテルの部屋からガレージ、リムジン、ステージへと世界中を旅していましたが、それに対処することはありませんでした。そして突然、全身にこの信じられないほどの激しい痛みを経験し始めました。それは私がレイプされた後に感じた病気を模倣しました。

ガガは、助けを求めた後、薬が彼女を助けたことをどのように見つけたかを言いました。

ブレイブ:彼女は言った:「私は19歳のときに繰り返しレイプされました、そしてレイプされた結果としてPTSDも発症し、そのトラウマを処理しませんでした」

彼女はオプラに次のように語った。私は抗精神病薬を服用しています。 [服用しなかった場合]私は頻繁にらせん状になり、睡眠中にけいれんを起こしました。」

ニューヨーク市出身の彼女は、2014年にハワードスターンとのインタビューで彼女の経験について語り、それが彼女の曲「スウィング」に影響を与えたと述べました。

彼女は言った: '私は何年にもわたって癒すために多くの精神的および肉体的療法と感情的療法を経験したので、私は今笑うことができるいくつかの恐ろしいことを経験しました。

「私の音楽は私にとって素晴らしいものでした。しかし、ご存知のように、私はある時点で以前の自分の殻でした。私は自分ではありませんでした。

「公平を期すために、私は約19歳でした。私はカトリック学校に通いました、そしてそれからこのすべてのクレイジーなことが起こりました、そして私は「ああ、これは大人のようですか?」と行きました。私はとても素朴でした。」

彼女の声を使って:ガガは彼女が同情を探しているのではなく、他の人を助けるために彼女の話をしたいだけだと主張しました

心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは何ですか?

心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、非常にストレスの多い、恐ろしい、または苦痛を伴う出来事によって引き起こされる不安障害です。

PTSDの人はしばしば悪夢や外傷性イベントへのフラッシュバックに苦しみ、不眠症や集中力の欠如を経験する可能性があります。

症状は多くの場合、その人の日常生活に深刻な影響を与えるほど深刻であり、外傷性イベントの直後または数年後に現れる可能性があります。

PTSDは、トラウマ体験をした人の3人に1人に影響を与えると考えられており、第一次世界大戦でシェルショックの兵士で最初に記録されました。

NHSによると、PTSDを心配している人は、心理療法や抗うつ薬のコースを勧めることができるかかりつけ医を訪ねる必要があります。

彼女より20歳年上のレイプ犯と対峙したことがあるかと尋ねられた彼女は、次のように述べた。それは私を麻痺させるでしょう。

「私は店で彼に一度会いました、そして私は恐怖によってとても麻痺しました。私が行ったのは少し年をとった後だったので、「うわー、それは本当にめちゃくちゃだった」。

バッドロマンスの歌手はスターンに、暴行が起こったときは彼女は暴行について話さなかったと語った。

彼女は次のように付け加えました。とても大変でした。」

ガガは、最初は「何かが起こったことさえ認めようとはしなかった」と述べました。彼女はそれによって定義されることを望んでいなかったからです。

「私がこれまでに行ったすべての創造的に知的なことは、すべて1つのdに要約されていると誰かが言うとしたら、私は気が滅入るでしょう。私は自分のすべての痛みが美しく見えることに責任を負うつもりです…私はそれをしました。」

昨年のインスタイルとのインタビューで、ガガは彼女の悲惨な話を共有してから6年後の彼女のメンタルヘルスについて話しました。

「私に起こったことについて悲しむのに少し時間がかかったと思います、そして私はそれがどれくらいの時間かかったかについて自分自身に腹を立てることができませんでした」と彼女は言いました。

「私は落ち込んで食料品店に行き、自分の写真を見て、「まあ、すべてが良いように見えます」と行ってしまいました。しかし、私はひそかにびっくりしていて、世界は何も知りませんでした。または世界の何人かの人々。

歌手は次のように付け加えました。「私は「世界」というフレーズを使うのが嫌いです。全世界が私のことを考えている、または知っていると考えるのはとても自己中心的です。そうではありません。」

タフ:彼の新しいショーでのオプラとのインタビューで、ハリー王子は、メーガンが自殺を感じていると主張したときに家族に助けを求めようとしたときに、「沈黙に会った」と明らかにしました

一方、新しいショーでのオプラウィンフリーとの率直なインタビューで、ハリー王子は、母親の突然の死後、そして最近、メーガンが家族に助けを求めようとしたときに、子供の頃のメンタルヘルスについて話し合うことを思いとどまらせていることを明らかにしました。彼女は自殺を感じていると主張しました—彼は「完全な沈黙に会いました」そして怠慢でした。

彼は言った: '私は私の家族が助けになると思ったが、それが何であれ、すべての質問、要求、警告は、完全な沈黙、完全な怠慢に遭遇した。

「私たちはそれを機能させるために4年を費やしました。私たちはそこにとどまり、その役割と仕事を続けるためにできる限りのことをしました。しかし、メーガンは苦労していました。」

ハリーは、メーガンが感じていた方法が彼自身の母親の最後の日を思い出させたと言いました。

主張:ハリーは、彼女が自殺念慮を持っていたときに彼の家族が彼とミーガンが去ることを防ごうとしたと言いました

「歴史は繰り返されていた」とハリーはオプラに語った。 「私の母は、白人ではない誰かとの関係にあったときに、彼女の死に追いかけられました。そして今、何が起こったのか見てみましょう。

「私の人生で別の女性を失う可能性があることは、信じられないほどのきっかけになります。同様に、リストは増え続けています。そして、それはすべて同じ人々、同じビジネスモデル、同じ業界に帰ってきます」と彼は言いました。

王子は、母親の死からの悲しみを処理できなかったことについて、母親を薬物とアルコールへの依存を保護するために感じた無力感について話しました。サイクル。'

涙を流しながら:オプラは感情的なインタビューの中でハリーに話しかけたときに泣きました

「私にとって、治療は私に何でも引き受けることができるように備えさせました」と彼は言いました。

後悔していないかと尋ねられたとき、彼はメーガンとの関係の早い段階でそれが支持されていないと言います。

「結局、私が家族のためにその決定をしたとき、私はまだ「あなたはこれをすることはできません」と言われました」とハリーはオプラに語りました。 「そしてそれは、「私がこれをすることを許可されるまで、それはどれほど悪くなる必要があるのか​​?」のようなものです。彼女[マークル]は彼女の人生を終わらせようとしていました。それに到達する必要はありません。」

トラウマ:ハリーは、ミーガンが自殺を感じたとき、歴史が繰り返されているように感じ、母親の死を思い出させたと言いました。彼は、1997年にダイアナ妃の葬式で弟のウィリアムと一緒に描かれています。

ショーの際立った特徴は、13歳のハリーが1997年のロンドンでの葬式中に母親の棺(ウェールズの王女ダイアナの棺)が彼を追い越しているのを見ているところです。

チャールズ皇太子は、女性のナレーションがドラマチックな音楽について次のように語っているときに、心が痛む息子に話しかけているのを見ることができます。

ハリーはオプラにこう言います: '助けを受けるというその決定をすることは弱さの兆候ではありません。今日の世界では、これまで以上に、それは強さのしるしです。」

ショーには、女優のグレン・クローズと米国のトークショーの女王オプラ自身へのインタビューや、プログラムのヒーローとして説明されているシリア難民のフォージという特集もありました。

ハリー王子はシリーズへの参加に対して報酬が支払われていないと報告されており、Hello!によると、プログラムへの参加と引き換えにメンタルヘルスの慈善団体に寄付をすることを選択したと言われています。

サセックス公爵は、ウィンフリーとともに、金曜日にApple TV +で初公開されたTheMe You Ca n'tSeeのエグゼクティブプロデューサーです。

彼らはそれを解決できますか?専門家は、ハリーが彼の家族と彼と彼の妻が次のドキュメンタリーで最前線の王族として辞めるという決定について再び話すことを期待していると言いました

「私は心理的にトラウマを抱えています」:グレン・クローズ(74歳)は、カルトで育ったために、ハリー王子のApple TV +ドキュメントに感情的に登場したため、すべての人間関係が失敗したと言います。

グレン・クローズは、カルトで育ったことの「壊滅的な」影響を明らかにしました。

ハリー王子とオプラの新しいAppleTV +メンタルヘルスドキュメンタリー「あなたに見えない、私の心」に感動的な出演をした74歳の女優は、彼女の子供の心的外傷について率直に話しました。

彼女がまだ子供だったとき、グレンの亡き父ウィリアム・タリアフェロ・クローズ博士は保守的な新宗教グループの道徳再武装に夢中になりました。

最終的に彼は家族をスイスの組織本部に移し、グレンをかつて知っていた生活から事実上切り離しました。

率直:グレン・クローズは、ハリー王子とオプラの新しいApple TV +メンタルヘルスのドキュメンタリーで、カルトで育ったことの「壊滅的な」影響を感情的な外観で明らかにしました

ショーでの彼女のトラウマ体験について、グレンは次のように述べています。

「私たちがどのように育てられたかのせいで、あなたが自分でやろうと思ったことはすべて利己的だと考えられました。私たちは休暇をとったり、経験したこと以外のことをまとめて思い出したりしたことは一度もありませんでした。それは本当にひどいことでした。」

これが彼女のメンタルヘルスに与えた影響を詳しく説明し、グレンは次のように説明しました。あなたの人生のこのような若い段階であなたが経験する何かがまだ破壊的であるような可能性を持っていることは驚くべきことです。

「それは、カルトの感情的および心理的な荒廃のために、子供時代のトラウマだと思います。」

Emotional: Glenn, who has been married three times, stated, 'I have not been successful in my relationships and finding a permanent partner and I'm sorry about that'

Childhood: When Glenn was seven, her parents entered the controversial international spiritual movement Moral Re-Armament (pictured centre with sister Tina and her parents)

Glenn, who has been married three times, added: 'I have not been successful in my relationships and finding a permanent partner and I'm sorry about that.

'I think it's our natural state to be connected like that. I don't think you ever change your trigger points but at least you can be aware of them and at least you can maybe avoid situations that might make you vulnerable, especially in relationships'.

Laughing, she added: 'It's probably why we all have our dogs!'

Second marriage: Glenn was married to businessman James Marlas from 1984 to 1987 (pictured in 1984) after leaving the cult

When Glenn was seven, her parents entered the controversial international spiritual movement Moral Re-Armament – revolving around the idea that changing the world begins with change in the individual – founded in 1938 by the Rev Frank Buchman, an evangelical fundamentalist from Pennsylvania.

Glenn and her siblings were sent to live at the group's headquarters in Switzerland for two years while their father was in Africa, and the family would remain part of MRA for 15 years.

Glenn was left having nightmares about her time with MRA and has spoken openly of the time she's spent in therapy, while her sister Jessie grew up with mental health issues and had several disastrous marriages before being diagnosed as bipolar in her 50s.

Third marriage: In 2015, Glenn divorced her third husband David Shaw in 2015 after nine years of marriage

It was while she was in the movement that Glenn sang with the ultra-clean-cut group Up With People, and it was there too that she met her first two husbands.

The first marriage, which she has called 'a kind of arranged marriage', ended before she even left MRA. She wed Cabot Wade, a guitarist and songwriter in 1969, with the couple divorcing three years later.

She finally broke with MRA – she's never spoken of how – to enter the prestigious College of William and Mary in Virginia to study drama at the age of 22.

During this time she was married to businessman James Marlas from 1984 to 1987.

Former flame: Glenn has also been in relationships with actor Len Cariou and producer John Starke (pictured) with whom she has a daughter Annie, 27

Proud mother: Glenn's daughter Annie Starke, 33, is also an actress and the pair have a strong bond with one another

In 2015, Glenn divorced her third husband David Shaw in 2015 after nine years of marriage.

WHO ARE THE MORAL RE-ARMAMENT GROUP?

Glenn's family joined the Moral Re-Armament (MRA) when she was seven.

In 2001, the movement was renamed Initiatives of Change,

The group is an international moral and spiritual movement developed from American minister Frank Buchman's Oxford Group - a Christian organisation.

Initiatives of Change has spiritual roots but no religious affiliation, and invites 'those with a faith. both to explore the roots of their own tradition, and to discover and respect the beliefs of others.'

Initiatives of Change has programs in over 60 countries including the US, India, UK and Switzerland.

They describe themselves as 'a world-wide movement of people of diverse cultures and backgrounds, who are committed to the transformation of society through changes in human motives and behaviour, starting with their own.'

Glenn has also been in relationships with actor Len Cariou and producer John Starke, with whom she has a daughter Annie, 27.

She was also engaged for four years to carpenter Steve Beer whom she met while starring in Sunset Boulevard on Broadway in the mid-1990s.

The actress was also romantically linked to actor Robert Pastorelli who found fame as Candice Bergen's house painter in the TV series Murpy Brown.

The pair met in 1999 and Pastorelli went on to star opposite Close in a TV version of the musical South Pacific in 2001 and on stage opposite her in a 2002 production of A Streetcar Named Desire.

Pastorelli was found dead in his Hollywood Hills home in 2004 at the age of 49.

Elsewhere in the interview, Glenn spoke about the mental health problems that have plagued her family, including her sister's battle with bipolar and her nephew's schizophrenia diagnosis.

Reflecting on her decision to stay separate from Hollywood and return to Montana to be along her family, she said: 'H ere I am at this point in my life after 45 years that I've been an actress, getting comfort and companionship on a regular basis from my family. I've come home to them'.

Glenn grew up alongside elder sisters Tina and younger sibling Jessie, who battled with her own mental health demons throughout her life.

Glenn said being around her sisters has kept her 'psychologically grounded', but grew emotional as she spoke about Jessie's struggles.

Jessie was diagnosed with bipolar at the age of 50 after a lifetime of struggling with suicidal thoughts.

Glenn recalled: 'Jessie was always considered the wild one, the rebel, but when she came up to me one summer at my parents house in Wyoming, her kids were already in the car, and she came up to me and said "I need help, I can't stop thinking about killing myself", and for me it was a shock.

'She ended up in hospital I took her there. She was finally at age 50 properly diagnosed with bipolar one with psychotic tendencies.'

Speaking out: Elsewhere in the interview, Glenn spoke about the mental health problems that have plagued her family, including her sister's battle with bipolar

Welling up, Glenn continued: 'Jessie told me that she was afraid if parents found out that she had bipolar,they wouldn't let their children play with her daughter '.

Jessie then addressed the camera to add: 'I still have a little hesitation and embarrassment when I say I'm depressive bipolar one.

'I'm quite steady now, I no longer have psychotic thoughts. I had a swirl going round my brain telling me to kill myself until I was on the proper medication. It's not fun having a voice in your head telling you to commit suicide all the time, and if it wasn't for my children I probably would have.'

Jessie then spoke about more mental illness in their family, revealing that her eldest son Calen had been hospitalised for two years with schizophrenia and her battle to ensure he was cared for.

Family unit: Glenn (centre) grew up alongside elder sisters Tina (left) and younger sibling Jessie (right) who battled with her own mental health demons throughout her life.

'It was a generational issue': Robin Williams' son Zak, 38, says his battle with addiction mirrored his late fathers and vows to 'break the cycle' with his own son on Prince Harry's Apple TV+ doc

Robin Williams' son has claimed his struggle with drink and drugs was 'generational' as he noted the similarities with his father's addiction battle.

Appearing on Prince Harry and Oprah's new Apple TV+ mental health docuseries, The Me You Can't See, Zak Williams, 38, also vowed to 'break the cycle' now that he is a father himself.

Zak's late father Robin had a widely documented battle with addiction before he was found dead in his home in 2014 from suicide aged 63 .

Robin had publicly acknowledged his issues and even managed a 20-year stint of sobriety before relapsing.

Mirrored: Robin Williams' son has claimed his struggle with drink and drugs was 'generational' as he noted the similarities with his father's battle (pictured in 2008)

However, Zak revealed that he too struggled with his own demons, and continued to use abusive substances throughout his father's life.

He explained: 'There's a generational issue going on. I've experienced mental health issues my entire life.

'I had obsessive compulsive disorder - having to count out certain actions before I went to bed at night, obsessing over things. I didn't sleep very much as a kid.

'I had really bad insomnia, a lot of energy and a racing mind and I inherited that to some degree.'

New man: Appearing on Prince Harry and Oprah's new Apple TV+ mental health docuseries, The Me You Can't See, Zak Williams, 38, also vowed to 'break the cycle' now that he is a father

Explaining how that lead to drug abuse, he continued: 'As an adolescent I found using alcohol and drugs helped me calm my mind.

'It became a very normal experience to rely on them and things like that to manage the racing mind.

'I started to realise elements of myself that were like him [Robin]. My anxiety, my bouts of depression, OCD, drugs, drinking like him.

'When I wasn't self-medicating, things felt completely overwhelming for me. And it just became part of my identity to get through the day.'

Heartbreaking: Zak's late father Robin had a widely documented battle with addiction before he was found dead in his home in 2014 from suicide (pictured in 2008)

Noting yet more similarities with his father, Zak continued: 'The weird thing for me is I would use uppers, cocaine and the like to calm down. I talked to my dad about it, he was similar.

'He would use uppers as a way of focusing, relaxing. We began to have a deeper, more profound understanding of one another is when he decided to stop drinking, which is around the time that I first realised I had a problem.

'So we engaged around that. I wanted to be able to get to know him better, I didn't understand what he had been through.'

Zak went on to note that he noticed the 'frustration' in his father after he was diagnosed with Parkinson's, saying the comedian was 'slowly drifting', while Zak continued to drink and became 'overwhelmed and exasperated'.

Struggles: Zak's late father Robin had a widely documented battle with addiction before he was found dead in his home in 2014 from suicide

Zak was Robin's only child with ex-wife Valerie Velardi. The comedian was also father to daughter Zelda, 31, and son Cody, 29, from his marriage to Marsha Garces.

Robin's drug and alcohol problems first arose while he was still appearing in Mork & Mindy- right at the start of his fame.

He had acknowledged drug and alcohol problems in the 1970s and `80s and was among the last to see John Belushi before the Saturday Night Live star died of a drug overdose in 1982.

He would later call the death of his good friend Belushi from cocaine and heroin overdose part of why he chose to go sober for the next 20 years.

'Was it a wake-up call? Oh yeah, on a huge level,' he once said.

Struggles: Zak's journey to sobriety was challenging, as he explained how he went off the rails following his father's death

His struggle would continue for decades.

In 2006, Williams relapsed and described his family's reaction to the news in a September 2013 Parade Magazine interview:

'It was not an intervention so much as an ultimatum. Everyone kind of said, "You’ve got to do this." And I went, "Yeah, you’re right."'

His divorce from his wife of 19 years and mother of two of his three children, film producer Marsha Garces, came a couple of years later and many outside his family's inner circle opening suspected his substance abuse struggles were to blame.

Zak's journey to sobriety was equally as challenging, as he explained how he went off the rails following his father's death.

Detailing the challenges of grieving in public, Zak spoke about the challenges of grieving publicly and being unable to speak through issues with his father before his untimely death.

Cute couple: After turning his life around, Zak married his girlfriend of two years, Olivia June, on World Mental Health Day in October last year

Zak explained: 'My life became unmanageable as part of that. I was just angry and sad and didn't want to feel anything so it just created wreckage.

'I was drinking to excess, damaging my relationship with my family I was experiencing psychosis. It was difficult for me to have just normal engagements with people, because I felt so broken and so isolated. I needed help.

'I was diagnosed with post traumatic stress disorder and that was a wake-up call. I needed to change my life. I had to cut out the self medicating and experience the things that I needed to experience and just feel despite how painful it all felt.'

It was through his healing journey that Zak wanted to help others, and began working with mental health organisations.

Mickey: Olivia and Zak named their son McLaurin after Robin's middle name. 'Mickey' for short, the pair welcomed him into the world in May 2019

After turning his life around, Zak married his girlfriend of two years, Olivia June, on World Mental Health Day in October last year, and the couple share two-year-old son McLaurin aka Mickey, named after Robin's middle name.

Revealing that his son spurs him on to stay on the right path, Zak added: 'I'm committed to being sober and continuing to treat the underlying symptoms that lead me to addictive behaviour.

'It's only in hindsight that you see "wow there's a generational issue going on".

'I love being a parent, it's the best thing ever. Do I see it as an opportunity to break a generational cycle? Yeah, there's a major opportunity to show up for my son clear eyed and focused. To be there for him.'

Determined: Revealing that his son spurs him on to stay on the right path, Zak added he was 'determined' to break the depressive and addictive 'generational' cycle in his family


'A Star Is Born' Actress Lady Gaga Spills the Hidden Meaning Behind &ldquoShallow&rdquo Song Lyrics

The Oscar-nominated duet with Bradley Cooper has such a beautiful message.

If you've bawled your eyes out listening to the songs from the 2018 remake of NS Star Is Born, rest assured, you're definitely not alone.

Particularly, "Shallow," the duet between Lady Gaga Bradley Cooper, seems to be resonating with so many. On Youtube, the Oscar-nominated song, which Gaga co-wrote, has over 300 million views so far. Apart from that, it became the "Born This Way" singer's longest-leading number one on ビルボード's Digital Song Sales chart ever.

But what is it about this song that makes people get such a big lump in their throats whenever they hear it? While the lyrics of the tune probably mean something different to each person who listens to it, Lady Gaga told バラエティ that the song doesn't just connect Ally (Gaga) and Jackson's (Cooper) romance. That's the "shallow," if you will. What's actually happening in "the deep end" is something much more profound, she says.

The Best Actress nominee sees the lyrics having special meaning, especially in light of the #MeToo movement:

And so, with "Shallow," she says the words signify a time when men and women are having an open dialogue with each other.

"That conversation is what makes the song successful and beautiful and why people cry when they hear it," Gaga said. "It&rsquos because that man and woman connect, and they are listening to each other."

It's a message that Gaga is hoping to get across when she performs the song next with Bradley at the 2019 Oscars. Apart from the awards show, you can also catch them belting out the moving hymn in the below video from one of Gaga's recent Vegas residency shows. It goes without saying, but make sure the tissues aren't too far out of reach when you do.


11 Cymbalta Side Effects You Should Know About

Depression. Anxiety. Obsessive compulsive disorder. Fibromyalgia. These are just a few of the reasons why you might be prescribed Cymbalta.

Cymbalta (generic name duloxetine) is a serotonin and norepinephrine reuptake inhibitor&mdasha.k.a. SNRI&mdashwhich makes it a bit different from other antidepressants like Prozac, says Gail Saltz, M.D., is a psychiatrist and the author of The Power of Different: The Link Between Disorder and Genius. That's because Prozac is an SSRI (selective-serotonin reuptake inhibitor), and only affects serotonin.

Because Cymbalta also affects norepinephrine, it&rsquos used to treat diabetic peripheral neuropathic pain, fibromyalgia, and chronic musculosckeletal pain in addition to depression and a variety of anxiety disorders. It&rsquos additionally used off-label (meaning the FDA does not endorse but allows) for OCd and picking or habit disorders like pulling out hair (trichotillomania) or severe nail biting.

Antidepressants like Cymbalta can be life-changing for the many people who use them, but like any drugs, they pose risks. &ldquoSome people be more sensitive to side effects, and some people will have none at all,&rdquo says Saltz. &ldquoUsually it will go away within about two weeks, once you&rsquore used to the dose.&rdquo

Here are 11 Cymbalta side effects that you should know about.

The goal with antidepressants is to reduce major symptoms and then taper off after about nine months, Saltz says.

But it can be hard to quit Cymbalta when the time comes, in large part due to withdrawal symptoms. One study found that dizziness, nausea, headaches, and paresthesia (commonly called &ldquobrain zaps,&rdquo or a sensation of electric shock in the brain) were common when going off the drug. Withdrawal symptoms lasted about two weeks on average.

The longer you&rsquore on Cymbalta, the more likely it is to be an issue. And the risks of staying on the drug for the long-term are unknown. &ldquoWhat we do know is it is always important for everyone to taper off slowly [and under doctor supervision]. Abruptly stopping is much more likely to produce symptoms,&rdquo she says.

People 24 and younger may experience thoughts of suicide on Cymbalta. According to the FDA, the risk is greatest in those under the age of 18 and elevated in people ages 18 to 24.

This may be because Cymbalta can worse or cause symptoms including anxiety, agitation, panic attacks, insomnia, irritability, hostility, aggressiveness, impulsivity, hypomania, and mania.

At the same time, suicide risk actually decreases in people 25 and over, particularly among people over the age of 65.

&ldquoAny of these drugs may increase suicidal thoughts in periods of time when there&rsquos a big shift&mdashwhen you&rsquore starting or raising a dose,&rdquo says Saltz. &ldquoThe numbers aren&rsquot big, so we don&rsquot know who will be affected.&rdquo

No getting around this one: Pretty much all antidepressants have the potential to zap your sex drive. In fact, low libido is one of the most common side effects of drugs like Cymbalta&mdashalthough it doesn&rsquot affect everyone.

If it does, your doctor might try decreasing your dose and/or your therapist may offer behavioral tricks to get around it. &ldquoSometimes it goes away. Other times it may be intolerable, in which case it might not be a drug that&rsquos good for you,&rdquo says Saltz.

If you find that you feel super-fatigued on Cymbalta, your doctor may suggest taking it at night before bed, when drowsiness isn&rsquot a problem, or taking a divided dose, says Saltz.

While drugs like antihistamines don&rsquot interact with SNRIs, your doctor will also advise you to skip them because, in combination, these two drugs can make you extra-drowsy.

With both SSRIs and SNRIs, increased blood pressure is possible. &ldquoThink of when you get a big adrenaline rush. You get basal restriction, which causes your blood pressure to go up,&rdquo says Saltz. A similar reaction can happen when you&rsquore taking Cymbalta.

For most people, especially younger people, it&rsquos not an issue. But if you already have borderline or high blood pressure, your doctor will want to keep an extra close eye on you.

Some people experience light-headedness or dizziness, especially when they first start Cymbalta. &ldquoIt has to do with a shift in blood pressure. You&rsquoll want to get up slowly from lying positions,&rdquo says Saltz. If it continues, or really bothers you, definitely check in with your doctor.

Both medications and alcohol are metabolized&mdashi.e. processed&mdashby your liver, and consuming either in high levels can cause jaundice and other more serious liver problems. &ldquoLiver problems are pretty rare but bad,&rdquo says Saltz.

The risk rises if you drink alcohol while taking Cymbalta: One drink is more like two. Certain other drugs, including some OTC ones, can also potentially interact with Cymbalta and be hard on your liver. &ldquoThat&rsquos why it&rsquos very important to discuss all other medications you&rsquore taking with your doctor,&rdquo Saltz says.

In very rare instances, taking aspirin, nonsteroidal anti-inflammatory drugs, warfarin, and other anti-coagulants while on Cymbalta can cause excessive bleeding. &ldquoTalk to doctor before you take those meds,&rdquo says Saltz.

One very rare but serious side effect of Cymbalta and other antidepressants is serotonin syndrome. &ldquoRaising serotonin levels a certain amount can be helpful, but a lot can cause toxicity and even kill you,&rdquo explains Saltz. If you experience fast heartbeat, loss of coordination, extremely restlessness, agitation, and/or hallucinations, tell your doctor right away, who will likely take you off of the medication immediately.

Overdose can also be a problem. &ldquoSomeone who purposely took a bottle might say they&rsquore only antidepressants, but it&rsquos very dangerous. And if your kid gets a hold of a bottle, call poison control and head to the ER right away,&rdquo says Saltz.

Gastrointestinal symptoms like nausea, diarrhea, constipation, and heartburn are not as rare as overdose or death, but they&rsquore obviously not as serious, either. Other milder symptoms include headaches, dry mouth, loss of appetite, and night sweats. &ldquoWe try to figure out if they can be managed over time. They can go away, but they don&rsquot always,&rdquo says Saltz.

One last word of warning: Be sure to let your doctor know if you have a family or personal history of bipolar disorder, because antidepressants may increase your likelihood of becoming manic. &ldquoIf you experience periods of time of where you feel highly agitated and irritable or overly confident and sped up, ask your doctor,&rdquo says Saltz. &ldquoIt&rsquos not that you wouldn&rsquot be prescribed an antidepressant, but you really want to be cautious. You&rsquod be checked more frequently and might be put on a mood stabilizer instead.&rdquo


Why Amazon Will Gain From Loss On Lady Gaga's Born This Way

Lady Gaga's new album: Amazon's best million-dollar loss.

The more copies Lady Gaga's Born This Way sells, the more money Amazon loses. At face value, that sounds like a terrible situation for an online retail giant hawking the most anticipated record of the year. On closer inspection, though, Amazon's decision to sell the album for .99 per copy--at a significant loss--amounts to more of a shrewd advertising outlay than a pricey publicity stunt.

Lady Gaga's manager has denied any involvement with the promotion, leading some outlets to speculate that Amazon paid a wholesale price of $8.39 for Born This Way (based on the fact that Apple's iTunes is selling the album for $11.99 per album and keeps 30% of sticker price). But a source informs me that Amazon negotiated with Interscope/Universal to pay a wholesale price of $7. That means the retailer is taking a somewhat smaller hit of about $6 per album sold. Numbers haven't been released, but the deal's first-day traffic "definitely melted some servers," according to an Amazon spokesperson.

So how many copies will actually be sold? Though the promotion was initially billed as a one-day event, Amazon brought back its .99 offer today. The company has never moved more than 100,000 copies of an album in a week, but with prognosticators projecting total sales of 800,000 copies in Born This Way's first week, Amazon will likely shatter that mark with ease. Some insiders believe Amazon will sell 200,000 copies of Gaga's album, meaning the retailer would be taking a loss of about $1.2 million.

Even so, it's a big win for Amazon, as the promotion amounts to a massive advertisement. Stars of Gaga's magnitude generally charge exorbitant rates to dish out product endorsements, if they're willing to do so at all. Toby Keith, for example, gets about $5 million annually for his relationship with Ford. Gaga herself reportedly received $1 million from a Russian billionaire who wanted to make a cameo in the video for her song "Alejandro."

"Amazon would have had to pay millions to get a [traditional] endorsement from Lady Gaga," says John Branca, an entertainment attorney who's represented Michael Jackson, Aerosmith, The Rolling Stones and others. "The promotion is great for Amazon because they get new customers and they advertise their new service. It's great for Lady Gaga as well because she moves some copies and her fans get the record for a buck."

Indeed, paying $1.2 million for a Gaga-related promotion during the week of her album launch seems like a bargain, especially considering that Amazon recently rolled out its much-anticipated Cloud Drive music service. Even if the .99 deal doesn't translate directly into a seven-figure sales boost for Amazon, the word-of-mouth alone would appear to be worth the cost.

"It definitely grabs mind space," says entertainment attorney Donald David, whose client list includes Tupac Shakur. "I'm 63 yrs old. I'm not your ideal candidate for cloud computing for storing music. But even I, from all the news coverage, know about this. And the people who buy the album are the ideal demographic."

As for Gaga, the Amazon boost will likely pale in comparison to what she makes on the road--she's been grossing $1.3 million per concert. And in any case, it's just a drop in her ever-growing earnings bucket: Gaga topped FORBES' annual Celeb 100 list with earnings of $90 million over the past 12 months.

UPDATE: ビルボード is reporting that Amazon sold 430,000 copies of the .99 version of Lady Gaga's Born This Way during its two promotion days (a deluxe version with three more songs sold an estimated 10,000 additional copies). That would bring Amazon's loss to about $2.6 million over two days, by my math. It'd also mean Amazon sold four times as many units of the album as Apple's iTunes--another reason why the promotion was worthwhile.

For more on the business of music, check out my Jay-Z biography, Empire State of Mind: How Jay-Z Went From Street Corner to Corner Office. You can also follow me on Twitter @zogblog.


Lady Gaga and Ariana Grande are storming the pop charts this week with “Rain On Me”

Courtesy of Youtube

The weather forecast for his week calls for rain. Before Lady Gaga released her new album “Chromatica,” she let us have a taste of what is to come with a second single. “Rain On Me” featuring Ariana Grande was teased for weeks, with album art that resembled cover art from an old-school PlayStation 1 game. Then on the evening of Thursday, May 21, the song was released with the music video coming out the following day.

In an interview with Zane Lowe for Apple Music , Lady Gaga commented that this song, as well as her new album, “Chromatica,” works as her return to pop and the reclaiming of her dancefloor. Fans of Gaga, as well as fans of Grande, are left with no other choice but to dance.

“Rain On Me” is a combination of dance-pop, electropop, disco and house. The song was produced by Bloodpop, who has worked with Gaga previously, but Grande was also present in the production of the song, even receiving writer’s credit.

It was refreshing to see the deep involvement of Ariana Grande, as artists all around have not taken this level of involvement in collaborations. This allowed for the song to feel as if it belonged to both artists. Grande also talked to Apple Music, where she mentioned that the friendship she has with Gaga allowed for trust during the recording process, and thus pushed both artists to try new things and get out of their comfort zones.

Lady Gaga describes the lyrics as multidimensional. The concept of “Rain On Me” touches on her past with alcohol. “I’d rather be dry, but at least I’m alive. Rain on me” is a lyric about how she would rather not have to drink, but at least she is still alive and she is in a position in which she can only rise. This may not be super clear to casual listeners, but the song does have an uplifting vibe.

From the first few chords, the song sounds like a pop banger with high energy in the tempo and a powerful baseline. After the first bridge, Grande comes into the song very swiftly, with a higher tempo than what we have been used to. Grande’s style in “Rain On Me” aligns more with her dance roots on her album “My Everything.” Her vocals are soft yet powerful, which worked really well with Gaga’s strong vocals. The harmonies between the two are very particular in a good way, but they could be polarizing. It seems as if Gaga let Grande put an air of gracefulness with her voice while Gaga focused on using her vocals to add more of an edge. This helped to make the song sound more like collaboration rather than just a song with a feature. Overall the song has a new and fresh feel while still feeling familiar among Gaga’s discography and even Grande’s.

The music video carries a similar aesthetic as Gaga’s previous music video for “Stupid Love,” as well as Grande’s music video for “Break Free” featuring Zedd. A collaboration between Gaga and Grande was not something that I expected out of 2020, but it makes sense when it is wrapped in a package like this. The music video is filled with splashes of pink and purple, which seems to now be a trademark of “Chromatica.” The music video also has fun dancing that has been copied left and right around TikTok and other forms of social media, confirming Gaga’s claim that this is her reclaiming of a dancefloor.

With great production, a fun beat and two of the greatest figures of pop at the moment, it is simple to see why people all around are calling “Rain On Me” a highlight in pop music for 2020. The success of the song left fans of Lady Gaga as well as fans of pop music with great excitement to see how the rest of “Chromatica” will sound like.

Verdict: “Rain On Me” is a fun dance song that is bound to be a highlight in Gaga’s career. It is a sure way for Gaga to reclaim her dancefloor, and I am definitely looking forward to being able to dance on it.


Pumpkin Spice

Eat This, Not That!

Unlike the pumpkin spice lattes you love, this drink has actual pumpkin in it. One-third cup of pumpkin provides protein, fiber, omega-3 fatty acids, and 16% of your recommended daily intake of vitamin C — a nutrient researchers say is directly related to the body's ability to burn through fat. In fact, one study by researchers from Arizona State University showed deficiencies of vitamin C were strongly correlated with increased body fat and waist measurements.

  • ½ frozen banana
  • ⅓ cup pumpkin puree
  • 1 teaspoon flax seeds
  • ¼ tsp pumpkin spice
  • 1 cup unsweetened almond milk
  • ⅛ teaspoon vanilla extract
  • 1 scoop plant-based plain protein powder

NUTRITION: 292 calories / 5 g fat / 33 g carbs / 7 g fiber / 14 g sugar / 29 g protein


ビデオを見る: טועמים את כל הסוגים של קולה פאנטה ודר פפר!!! (七月 2022).


コメント:

  1. Ormond

    はい、誰もがそうすることができます

  2. Kolinkar

    エラーを犯したと思います。議論することをお勧めします。

  3. Caiseal

    この壮大なアイデアはちょうど約です

  4. Aodhhan

    申し訳ありませんが、あなたは間違っていると思います。私は確信しています。話し合いましょう。午後に私にメールしてください、私たちは話します。



メッセージを書く