カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

両方のソーダ税イニシアチブはカリフォルニアで失敗しました

両方のソーダ税イニシアチブはカリフォルニアで失敗しました


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

投票用紙にかかる2つの炭酸飲料税は通過しませんでした

カリフォルニア州の投票用紙に対する2つのソーダ税イニシアチブが通過しなかったため、ニューヨーク市はそれ自体でソーダに対する孤独な戦争を続けているようです。

ハフィントンポストと ロサンゼルスタイムズ、 人口のなんと76パーセントがソーダ税に反対票を投じました カリフォルニア州エルモンテ。 カリフォルニア州リッチモンドでは、投票の67%が禁止に反対しました。飲料業界が法案との戦いにどれだけのお金を費やしたかを考えると、投票は完全なショックではないかもしれません。 HuffPoは、ニューヨーク市の炭酸飲料禁止と提案された税金の率直な敵であるAmerican Beverage Association(ABA)がカリフォルニア州リッチモンドで250万ドルを費やしたと報告しています。 130万ドル カリフォルニア州エルモンテで(カリフォルニア州エルモンテでこれまでで最も高額なキャンペーンでした)

2つの都市の肥満率の上昇を考えると、ソーダ税が発効しないことに多くの人が失望しています。彼らはカリフォルニア全体で最も高いものの1つです。それでも、もちろん、彼らがブルームバーグに到着するまで、ABAがソーダとの戦争を支配し続けるように見えます。


市がソーダ税を通過したとき、誰が支払うのですか?

サンフランシスコ湾の両側で激しく争われたキャンペーンの2年後、地方自治体のソーダ税イニシアチブがベイエリアで再び政治的議論を引き起こしています。 2014年、カリフォルニア州バークレーは税金を可決し、サンフランシスコでは対策がわずかに失敗しました。サンフランシスコでは、クラスの問題と市の高い生活費が、業界が支援する連立によって組織された「ノー」キャンペーンの中心でした。手ごろな価格の都市。

現在、バークレーの税が完全に実施され、フィラデルフィアの市議会が6月に市の法案を可決したことで、オークランドの砂糖税の提案をめぐる争いが激化しており、議論の中心的な問題が変わりました。業界団体であるAmericanBeverage Associationは、法案が可決された場合に中小企業が直面する負担に焦点を当てたキャンペーンに747,267ドルを費やし、誰に課税されるかについて疑問を投げかけました。

「支持者はこれをソーダ税と呼んでいますが、実際には地域の食料品店を含む食品販売業者とその顧客に対する税金です」と、ABAが支援するNo Oakland GroceryTax連合から送られたメーラーは読みます。地元のテレビとHuluのようなストリーミングサービスの両方で放映された広告は、ハラール市場の所有者であるTemur Kwajhaのような店の所有者を示し、顧客のためにクルミをすくい取り、オーブンから平らなパンの長い膨らんだシートを引き出します。法案が通過した場合、課税されません。 「オークランドが最後に必要とするのは食料品への課税です」と彼は言います。ソーダや砂糖入り飲料は、その場で表示も言及もされていません。広告と、この法案を食料品税と呼ぶことへの主張により、先月、この法案を支持する多くのオークランド市議会のメンバーが、連邦通信委員会に虚偽の広告請求を提出し、市。 (どちらの請求もまだ提出されていません。)

では、誰が税金を払うのでしょうか。簡単な答えは、近隣のバークレーの場合と同様に、飲料販売業者は市に税金を送金するということです。しかし、バークレーとメキシコでの税金に関する調査が示しているように、その追加費用は転嫁され、消費者はコーラやスプライトの缶に高い価格を支払うことになります。しかし、配給会社に課税する「ビッグソーダ」は、有権者自身が支払う税金よりも政治的に販売しやすい一方で、バークレー校やオークランドで検討されているような税金の設計は、コストが消費者—それはそれに依存します。アイオワ州コーネル大学がバークレー税の価格への影響を分析したところ、ソーダのコストが予想の半分に増加したことが判明したとき、 コーネルクロニクル 「これまでの対策は失敗した」と報告した。その後の研究では、パススルー率が70%にもなることがわかっています。

高価格だけで阻害要因となるタバコの悪行税とは異なり(米国疾病予防管理センターによる2012年の調査によると、収益の約3%が禁煙プログラムに費やされています)、コストの増加による消費の減少が見られます。公衆衛生プログラムの二次的なものとして、収入はバークレーのような都市で支払われるでしょう。 (フィラデルフィアの税金は、何よりも収入を生み出すためのツールであり、市の普遍的なプレキンダープログラムに資金を提供するために割り当てられています。)ソーダ税からの推定年間収入150万ドルは、バークレー統一学校の栄養プログラムと公衆衛生問題に取り組んでいる地元の組織。


ビッグソーダはベイエリアの税の提案と戦う

私はここにいない、どこ?火曜日に、カリフォルニアの進歩的な都市バークレーとサンフランシスコの有権者は、ソーダのような砂糖の多い飲料に課税するかどうかを決定します。同様の措置は、確実に青いニューヨークを含む他の数十の都市で失敗し、コカコーラやペプシコなどの飲料大手を代表する協会は、ベイエリアの課税を打ち負かすために1,000万ドル以上を寄付しました。戦いの両側のプレーヤーは、課税ソーダがこれらのリベラルな飛び地で十分な支持を獲得できない場合、それが国内の他のどこで成功することができるか想像するのは難しいと言います。

「それは最初の一歩であるため、重要です」と、バークレー市議会議員のローリー・カピテッリ氏は、11月4日の投票用紙に税金を課すことに賛成する全会一致の投票の1つであると述べています。 &#8220対処する必要のある深刻な公衆衛生問題があります。&#8221

砂糖の消費を肥満や2型糖尿病などの状態に関連付ける研究を宣伝する税金の支持者。いくつかの研究では、砂糖飲料の価格を上げると売上が減少することが示されています。 2013年の研究で、ハーバード大学の研究者は20オンスの価格を上げることを発見しました。ソーダが20セント増えると、売上が16%減少しました。

カリフォルニア大学バークレー校の教授で、市の措置を承認した食品政策作家のマイケルポーラン氏は、バークレー校を一種のパイロットプログラムにしたいと考えています。 &#8220I&#8217mこの実験の実行を熱望しています。業界がこれほど激しく戦ってきたため、炭酸飲料に課税することで消費量が削減されるかどうかを確認する機会はありませんでした」と彼は言います。 &#8220すべてを試す必要があります&#8230ソーダがあなたに悪いというメッセージを受け取っていない人はまだたくさんいると思います。&#8221

バークレーでは、メジャーDは1オンスあたり1セントを課します。甘い飲み物の販売業者への課税。その税金が消費者に渡された場合、反対派がほぼ確実にそうなると主張しているように、バークレーのウォルグリーンのコーラの1.99ドルのボトルは2.19ドルの費用がかかります。サンフランシスコでは、提案Eは1オンスあたり2セントを設定することができます。税。対策の省略形はソーダを強調していますが、税金はすべての高カロリーで甘い飲み物に適用されます。サンフランシスコの提案では、これは、砂糖が追加され、12オンスあたり25カロリー以上の飲料を意味します。

炭酸飲料を多く飲み、肥満になりやすい低所得の消費者が議論の中心になっています。税を支持するサンフランシスコの監督者スコット・ウィーナーは、過剰な砂糖消費の潜在的な危険性についての教育は抑止力として十分ではなかったと言います。彼と他の支持者は、課税が消費者に健康的な飲料を選択するように促し、ソーダの消費を減らし、そしてうまくいけば人々の健康を改善するのに役立つことを望んでいます。

措置の批評家は、税金を個人の行動への政府の侵入の別の形として見ています。 &#8220政府があなたが何を食べるべきか、そして何を食べるべきでないかをあなたに伝えたいと決定したとき、それはどこで終わりますか?&#8221は両方のソーダ税に反対するキャンペーンのスポークスマンであるロジャーサラザールに尋ねます。 &#8220ある時点で、ハンバーガーを食べすぎると悪いと判断したので、すべてのハンバーガーに課税されますか?&#8221

サンフランシスコ税に反対するキャンペーンは910万ドルを調達し、バークレーの同等物は240万ドルを調達しました。どちらの場合も、ほとんどすべてのお金はアメリカ飲料協会の政治行動委員会から来ています。

米国の自治体はソーダ税を採用していないため、それが飲料の販売にどのように影響するかは不明です。税金に反対する広告は、この措置がコンビニエンスストアのような中小企業の収入の減少につながると主張している。ウィーナーはその恐れを偽りと呼びます。 &#8220人々がより糖分の少ない飲み物を飲む場合、彼らは飲み物を飲んだり購入したりするのをやめるつもりはありません」と彼は言います。 &#8220彼らは別の飲み物を買うつもりです。&#8221証拠として、彼はメキシコを指摘します。メキシコでは、1月に同様の税が課された後、高カロリー飲料の売上が減少しましたが、低カロリー飲料の売上と消費量は水が増えました。

税金は、投票の過半数しか必要としないこともあり、バークレーを通過する可能性が高くなる可能性があります。飲料協会のサラザールでさえ、誇り高い活動家の歴史を持つ大学の町の政治的現実を認めています。 &#8220バークレーは折衷的な街です。カリフォルニアの他の都市とは異なり、それは異なります」と彼は言います。

サンフランシスコではオッズはより厳しいです。法案の目印は、市の一般財源に入るのではなく、健康と栄養のプログラムのために進行するため、有権者の3分の2は、法案を通過させるために法案を支持する必要があります。ウィーナー氏は、ポーリング後に高い基準を設定することを決定したと述べ、課税の背後にある同じ原因、つまりより良い習慣を促進することに専念する収入で、ソーダ税に対するより強い支持を示しました。

一部の税務支持者にとって、この問題に関する議論でさえ勝利です。ソーダの消費量は2005年以降わずかに減少しており、ポーランはこのような投票用紙を使って、意識を高め、人々が飲み始める前によく考えさせたと考えています。 &#8220 [税の提案]が失敗した場合、少なくともしばらくの間、これらの取り組みの中心に関与する可能性があると彼は言います。 &#8220しかし、これらの戦いが負けたとしても、問題としてソーダに指を向けることに成功します。&#8221


ソーダウォーズが全国でバブルアップ

非常に予期しないことが起こらない限り、サンフランシスコの有権者は、11月の選挙日にこのような質問に答えることを期待できます。健康、栄養、身体活動プログラムに充てられる資金で、砂糖入り飲料の税金をサポートしますか?彼らはまた、この措置を支持する保健機関やそれに反対する強力な飲料業界からの議論や広告の旋風の中で自分自身を見つけることを期待することができます。

議員が特定の飲料のアメリカの消費を抑制しようとしているので、ソーダと他の甘い飲み物は全国の都市と州のドックに現れています。サンフランシスコと同様に、カリフォルニア州バークレーとイリノイ州は砂糖入り飲料に税金を課すことを検討していますが、メリーランド州とロサンゼルスの議員はレッドブルのようなエナジードリンクの購入に年齢制限を課す可能性があります。これらは、ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ元市長を含め、近年、本に載ることのなかった飲用の提案の着実な流れに従っており、彼の街で利用できるソーダのサイズを制限する試みに失敗しました。

大きな問題は、ディストリビューターに1オンスあたり2セントの税金を課すサンフランシスコのような提案が成功し、他の都市が従うべき例になるかどうか、または飲料業界が主張する提案が死にかけている品種の一部であるかどうかです。 &ldquo&rsquosは、導入される数が急激に減少しました&rdquoは、米国飲料協会のスポークスマンであるChrisGindlesperger氏は述べています。 &ldquoIt&rsquos肥満の包括的な解決策に従事したい真面目な医療専門家や議員が、炭酸飲料の税金や禁止から移行する時です。&rdquo

多くの州や都市の立法会議の初期段階です。これらの提案が今年どれほど人気が​​あるかは時が経てばわかるでしょうが、肥満に対するアメリカ人の懸念が爆発していることは間違いありません。最近のギャラップの調査では、肥満は、癌と喫煙を超えて、国の最も差し迫った健康問題として、コストとアクセスのみを追跡しました。肥満率は増加しており、研究により、スポーツドリンク、フルーツドリンク、お茶などの砂糖入り飲料の摂取が、体重増加や糖尿病などの慢性疾患のリスクに関連付けられています。いくつかの研究は、特定の価格帯で、ソーダへの税金が消費を減らすかもしれないことを示しましたが、他の研究は、ソーダ税が消費者の体重にほとんど影響を与えないことを発見しました。

サンフランシスコの法案はまだ技術的には市の監督委員会によって承認される必要がありますが、彼らの大多数はすでに法案を共催しており、有効になるために投票用紙にあることを効果的に保証しています。税は承認が必要です。有権者の3分の2の。支持者は、木曜日にフィールドリサーチが発表したような世論調査を指摘し、サンフランシスコのように、収益が健全なイニシアチブに割り当てられた場合、カリフォルニア州の有権者の約67%が砂糖飲料税を支持することを発見しました。今週、市商工会議所は別の世論調査を発表し、投票者の51%だけが税金を支持することを示しましたが、法案の支持者は質問の文言に問題を抱えています。

「私たちはあなたがソーダを飲むことができないと言っているのではありません」とウィーナーは言います。 「私たちは、タバコの場合と同じように、それに直接関連する健康への影響があると言っています。そして、それらの影響に対処する必要があります。」

アメリカ飲料協会は、高カロリー食品やアメリカ人の運動不足など、他の要因が肥満の一因となっていることを強調しています。 Gindlespergerは、ソーダ税は、全体像を見るのではなく、コカ・コーラやペプシコなどのメンバー企業によって製造された不当に「単一のアウト」製品である「一般的な食料品に対する差別的な方針」であると主張しています。フルカロリーのソーダの摂取を制限することが肥満と戦うのに役立つかどうかを尋ねられたとき、たとえそれが問題を解決しなくても、Gindlespergerは質問をそらし、ソフトドリンクは他のどのカロリー食品よりも肥満の原因ではないと言いました。

炭酸飲料税に関しては、論点は経済的かつ哲学的です。先週、ソーダ税が労働市場にどのように影響するかについての最初の主要な研究が発表されました。ロバートウッドジョンソン財団によって資金提供された研究は、 American Journal of Public Health、 イリノイ州またはカリフォルニア州のソーダに課される20%の税金は、ソーダを運搬していたトラック運転手が他の飲料を運搬し、税金によって生み出された収益が他の雇用を創出するために使用されたため、正味の増加をもたらすことがわかりました。 &ldquoPeopleはまだお金を使うつもりです&rdquoは、法案の主要スポンサーの1人であるサンフランシスコのスーパーバイザーScottWienerは言います。 &ldquoThey&#8217reはそれを他の何かに使うつもりです。&rdquoABAは、少なくともメンバー企業の間では、ソーダ税は失業を意味すると主張しています。

サンフランシスコでは、最近のストリートフェスティバルの支持者が、提案された税金に反対するチラシを配りました。1つの箇条書きは、そのような税金は消費者の選択を制限するというものでした。メリーランド州のエナジードリンク法案の批評家は、18歳未満の人がモンスターエナジードリンクを購入することを禁止することは政府の行き過ぎであると言って、同様の議論をしました。 &ldquoWe&#8217reはあなたがソーダを飲むことができないと言っているのではありません&rdquoWienerは言います。 &ldquoWe&#8217reは、タバコの場合と同じように、それに直接関連する健康への影響があると言っています。これらの影響に対処する必要があります。&rdquo

カリフォルニア州の州議会議員は最近、すべての甘い飲み物に警告ラベルを付けることを提案しました。ゴールデンステートは今年、砂糖をめぐる戦場になる準備ができているようです。 2012年、エルモンテ市とリッチモンド市の投票用紙に対する2つの砂糖飲料税が大幅に失敗しました。関連する州法案が委員会で死亡した。

サンフランシスコは、進歩的な犠牲を払うことで誇りを持っており、たとえば、ここで健康擁護者に異なる結果をもたらすのに役立つ可能性のある、ビニール袋を禁止する国内初の犠牲を払っています。 &ldquo私たちはこの種の公衆衛生対策を支援してきた歴史があります&rdquoはWiener氏は言います。 &ldquoPolicyのトレンドは、多くの場合、サンフランシスコで始まり、その後、他の場所に広がります。私たちは都市としてそれを誇りに思っています。&rdquoABAは、他の場所と同じように、ここでの措置に反対する取り組みを主導し、広告を掲載し、地元企業に求愛し、おそらく数千万ドルを費やすと述べています。


有権者はカリフォルニアの2つの都市で砂糖飲料に対する税金を拒否します

飲料業界の勢力は火曜日に再び政治的勢力を曲げ、ゴールデンステートでの2つの異なる砂糖飲料税法案に破滅的な敗北をもたらしました。

エルモンテでは、有権者の77%近くが、販売された砂糖飲料1オンスごとに1セントの企業に課税するという提案を拒否しました。同様の計画がベイエリアの都市リッチモンドでも起こり、有権者の約67%が反対しました。

どちらの措置も、税金が家族や中小企業を傷つけると主張するために幅広い戦術を使用した飲料業界からの激しいキャンペーンを引き起こしました。合わせて、リッチモンドとエルモンテの野党委員会は350万ドル以上を費やしました。

エルモンテの野党委員会のスポークスマンであるフレッドミュアは、次のように述べています。 「彼らは、[市政府]が自分たちの行動を法制化しようとする考えを嫌い、中小企業への影響も嫌いです。」

リッチモンド野党キャンペーンのスポークスマンであるチャック・フィニー氏は、この勝利は、肥満問題と闘うために収入を利用したいソフトドリンク会社と健康擁護派の間の「米国でのより大きな戦争」の一部であると述べた。リッチモンドは「税制上の町」としての評判にもかかわらず、この法案はほとんどの有権者の支持を得ることができなかったと彼は付け加えた。

「これからの教訓は、税金が意味をなさないということです」とフィニーは言いました。有権者は「この種の税金で肥満と戦うことができるという考えを本当に拒否した」。

火曜日の勝利は、American BeverageAssnによる一連の成功した努力に続くものです。全国の砂糖飲料税の提案を阻止するため。昨年、カリフォルニア州議会の飲料税法案は、議会のフロア投票のために委員会から外れることすらできませんでした。

エルモンテの税の主要な支持者であるアンドレキンテロ市長は、レースの結果が地元の政治家に恐ろしい影響を与える可能性があると述べました。合計10,845人の有権者がこの法案を拒否しましたが、賛成はわずか3,279人でした。

「このようなレースで競争力をつけるには、150万ドルから200万ドルを調達する必要があります」と彼は言いました。 「そして地元の役人にとって、それは非現実的です。」

キンテロ氏はまた、火曜日にアーテジア、ラミラダ、カルバーシティなどの都市でのさまざまな種類の増税を有権者が承認したことを指摘しました。

それでも、キンテロ氏は、「歴史は、非常に重要な運動の初期段階としての私たちの努力を最終的には親切に見るだろう」と述べ、飲料税の戦いは終わっていないことを示唆した。

その感情は、甘い飲み物に課税する彼らのプッシュが消えることはないと言った健康擁護者によって繰り返されました。

「ビッグソーダはこの措置をやめたかもしれませんが、キンテロ市長とエルモンテの子供の健康の擁護者は新しいアイデアを開拓しました…そして飲料業界に責任を負わせる将来の政策への道を開きました」とカリフォルニア公衆衛生アドボカシーセンター。


あなたの近くの投票所に来るソーダ税をめぐる戦争

健康擁護派は、2016年に米国の12の都市で有権者の国民投票と法律を砂糖飲料に持ち込むことを計画しています。

草の根レベルでは、炭酸飲料税を支持する健康擁護派は、ようやく勢いを増しているように感じ始めています。 |ゲッティ

アメリカが子守国家になりつつあることを心配している政府の善意者と保守派は、2016年に戦うべきもう1つのことを持っています:ソーダ税。

メキシコとカリフォルニア州バークレーでの勝利に拍車をかけた公衆衛生の擁護者たちは、2016年に米国の12の都市で有権者の国民投票と砂糖飲料を導入することを計画しています。これはすべてニューヨークと元ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグを含むテキサス州は、急増する肥満、糖尿病、その他の食事関連疾患との闘いにおいて、ソーダ、ジュース、その他の砂糖飲料の消費を減らすために。

BloombergPhilanthropiesの公衆衛生プログラムのディレクターであるKellyHenningは、次のように述べています。 「バークレー税とメキシコ税は本当に議論を進めていると思います。」

その議論が発火した場合、それは共和党員への意図しない贈り物であることが判明する可能性があります。すでに反政府ビトリオールで溢れかえっている大統領選挙と一致するイニシアチブのタイミングは、超大型のスルピーでさえ自由の象徴に変えることができる白熱した議論を保証します。

悪行税や行動を変えることを目的とした他の措置は、そのような政府の干渉が父性的で懲罰的であり、アメリカ人の自由を侵害していると主張する人々にとって長い間赤身でした-アメリカ人が健康保険を購入することがオバマケアの義務であるかどうか、公共の場所での喫煙を禁止する条例または、ファーストレディのミシェルオバマが学校の子供たちに野菜を食べさせようとする動き。

リベラルなニューヨーク市でさえ、ブルームバーグの反ソーダ十字軍への反応は猛烈でした。ニューヨークタイムズ紙は、16オンスを超える炭酸飲料の販売を「禁止しすぎ」として禁止しようとする彼の努力を非難した。ニューヨーカーの表紙を飾ったのは、恐怖でプラスチック製の飲料カップを握っている壁に背を向けた都市住民のイラストです。炭酸飲料業界は、ニューヨークタイムズの日曜日に、「自由の国に住んでいると思っただけだ」という見出しの下で、市長を乳母として風刺した全ページ広告を掲載しました。

もちろん、悪行税は目新しいものではありません。アルコール、タバコ、ギャンブルに課せられるものは、すでに州や地方自治体に安定した収入の流れを提供しており、税金が十分に高い場合は購入行動を変えています。甘い飲み物をリストに追加することで有権者の反発を刺激するかどうかは未解決の問題ですが、子守国家の問題は、大衆の怒りによって活気づけられるキャンペーンシーズンにうまく機能する傾向があります。

共和党員で元コロラド州務長官のスコット・ゲスラーは、次のように述べています。

少なくとも1人の共和党大統領候補であるテッドクルーズ上院議員は、そのような努力に反対してすでに記録に残っており、ブルームバーグの2012年の禁止を軽視し、後に裁判所によって取り下げられました。クルスは2013年3月に予算の修正を導入しました。これは、食べ物や飲み物のサイズや量に関する連邦規制を禁止するものでした。これは、そのような動きを考慮していなかった連邦政府に対する純粋に象徴的な立場です。

そして、その民間財団がメキシコとバークレーでのソーダ税の取り組みに数百万ドルを注ぎ込んだブルームバーグは、公職に立候補していなくても、保守的な目標であり続けています。 8月の共和党大統領選挙討論会で全米ライフル協会が後援したテレビ広告は、ビリオネアの反ソーダと反銃の姿勢を有権者が直面する決定に結び付けました。

「彼が大統領に立候補しなくても、ブルームバーグは大統領を選ぼうとします」と広告は警告しています。 「ブルームバーグは、あなたの権利を奪い、あなたの自由を制限したい政治家を支援するために何十億ドルも費やしています。」

お近くの投票所に来る

しかし、草の根レベルでは、炭酸飲料税を支持する健康擁護派は、ようやく勢いを増しているように感じ始めています。彼らは、どの都市が次にソーダ税の旗を掲げるかについては名前を挙げません—ビッグソーダが駆け出しの努力を打ち砕くのを恐れています—しかし、可能性には、シアトル、サンフランシスコ、オークランド、テキサス州オースティンのような進歩的なコミュニティが含まれます。

昨年のバークレーイニシアチブが成功する前、つまりメキシコ議会が幅広い収入パッケージの一部として10%のソーダ税を可決したわずか数か月後、飲料業界はフィラデルフィアからコロラド州テルライドまで、約30の税案を破りました。

バークレーは、そのすべての奇抜さのために、ビッグソーダの鎧の亀裂として広く見られていました。特に、業界がイニシアチブを打ち砕こうとして有権者1人あたり約30ドルを費やした後、4票のうち3票を失いました。この次の選挙サイクルは、支持者が彼らの画期的な勝利に基づいて構築できるかどうかの最初の実際のテストになります。

さらに重要なのは、メキシコでの飲料業界の損失でした。そこでは、議員がソーダに10%の税金を、チップスやペストリーなどのジャンクフードに8%の税金を渡しました。

「ビッグソーダのスクリプトは現在予測可能であるため、グループは業界の戦術をより適切に処理できると感じています」と、ワシントン州キング郡の元保健当局者であり、新たに結成された501(c)であるAction for HealthyFoodを率いるジムクリーガーは述べています。 (4)シアトルでは、ソーダ税を提唱しています。

毎回、支持者は、飲料業界からのメッセージは同じであると言います:ソーダ税は逆進的であり、貧しい人々に最も重くなります。彼らは抜け穴でいっぱいで(たとえば、ミルクセーキはカバーされていません)、食料品の請求書を上げます—その間、肥満と戦うために何もしていません。

支持者によると、このプレイブックはBig Tobaccoが使用したものを彷彿とさせ、同様の戦略を使用して反撃しています。健康グループは連邦レベルで飲料業界と競争するための資金が不足しているため、地元のキャンペーンに焦点を当てることが重要です。支持者はまた、彼らの反ソーダメッセージを鋭くしているので、彼らが地元の戦いに負けたときでさえ、彼らはより広いPRの戦いに勝っています。

「彼らは強力ですが、それは彼らが無敵であることを意味しません」とブルームバーグの試みられたビッグガルプ禁止の結果としてニューヨーク市の保健委員を務めたトムファーリーは言います。 「たばこ会社も無敵と見なされていた日がありました。」

砂糖飲料メーカーは、健康擁護派が2016年に向けて勢いを増しているという考えに異議を唱えていますが、業界は依然として積極的に働きかけ、2人の共同スポンサーしかいないロサデラウロ議員によるソーダ税法案が暖かいよりも早く消えることを確認していますコークのカン。

コネチカット民主党が2014年と今年も導入した連邦法は、50州すべてで、甘味飲料に小さじ1杯の砂糖1ペニーの税金を課します。ソーダ税の提唱者である公益科学センター。

ロビー活動の数字は、法案が事実上通過する可能性がないにもかかわらず、他の問題の中でもとりわけ、アメリカ飲料協会が四半期に35万ドル以上をロビー活動に費やしたことを示しています。コカ・コーラは四半期ごとに約200万ドルから300万ドルを費やしており、ペプシコは税金を含めて四半期ごとに100万ドル以上のロビー活動を行っています。

業界は、地元のコミュニティグループに多額の資金を注ぎ込み、居心地の良いものにすることで知られています。フィラデルフィアでは、1,000万ドルが小児病院に寄付されました。サンフランシスコでは、プログレッシブハーヴェイミルクLGBT民主クラブに45,000ドル。ニューヨークでは、業界はNAACPおよびヒスパニック連盟と協力して、ブルームバーグの炭酸飲料のサイズ制限に反対しました。

業界の資金を追跡することは困難ですが、NAACPは2011年と2012年にコカコーラ財団から少なくとも235,000ドルの助成金を受け取り、連盟はその資金提供者の1つとしてコカコーラを挙げています。

「選出された多くの指導者は、それが行き止まりだと考えていると思います」と、米国飲料協会の政策担当副社長であるウィリアム・ダーモディ氏は、ソーダ税のアイデアについて述べました。 「人々は、自分の食料品に課税したり、差別的な方法で単一の食料品に課税したりすることを望んでいません。」

コカ・コーラ、ペプシコ、スナップルグループ、その他の甘味飲料メーカーを代表するダーモディのグループは、カロリーと運動および多様な食事のバランスをとる必要性を強調するキャンペーンに力を注いでいます。そのために、ABAはMixifyと呼ばれる若者向けのソーシャルメディアWebサイトを作成しました。このウェブサイトでは、ヒップGIFやミームを使用してabトレーニングやその他の体操を行う方法に関する飲み物のレシピとガイダンスを提供しています。

「私たちは、バランスからメッセージを引き出すためにそこに行くつもりです」とダーモディは言いました。 「来年は増加傾向にあると思います。業界と一般市民が協力して、すべての食品と飲料の食事のバランスを維持する方法を見つける傾向があります。」

億万長者の要因

変更されたもう1つの重要な原動力は、以前は大部分がまとまりのなかったブートストラップの取り組みを拡大するために、健康擁護者が今や多大な財政的支援を得ていることです。

ブルームバーグは、彼の失敗したビッグガルプ禁止をめぐるすべての報道で、反ソーダ十字軍の顔になりました。しかし、よく知られていないのは、彼の財団が昨年発効したソーダとジャンクフードの税金を可決するためにメキシコで成功したキャンペーンに1800万ドル以上を注ぎ込んだことです。

メキシコのエンリケ・ペ&ンティルデア・ニエト大統領によって推進されたその努力は、健康と予算の両方の義務によって推進されました。メキシコの保健当局によると、平均的なメキシコ人は年間43ガロンの甘い飲み物を飲んでおり、人口の約70%が太りすぎで、3分の1近くが肥満であることが示されています。世界で最も太った国の。

肥満の蔓延に直面しているブラジル、コロンビア、ペルーも同様の税金を検討している、とヘニング氏は語った。チリは最近、ジャンクフードのマーケティングの取り締まりとともに、ソーダ税を課しました。

一方、エネルギー取引で大金を稼いだヒューストンの億万長者のローラとジョンアーノルドは、連邦政府の食事療法の推奨の科学的根拠を強化するための研究に4,000万ドルを注ぎ込み、2014年後半に170万ドルの予算と唯一の人々に砂糖を少なく食べさせることを目的としています。

7月、グループはカリフォルニア州オークランドで会議を開催し、全国の支持者とソーダ税戦略を策定しました。

別の非営利団体であるアーノルドのアクションナウイニシアチブは、カップルが別荘を所有している小さなスキーの町テルライドで失敗したソーダ税のプッシュのほぼ唯一の資金提供者として55,000ドルを費やしました。アーノルドはまた、バークレーの取り組みに70,000ドルを寄付し、657,000ドルを落としたブルームバーグに次ぐ2番目に高い寄付者になりました。

さらに、アーノルドは現在、保守的な政治コンサルタントのアンソニー・ホルムと協力しています。アンソニー・ホルムは、元共和党の主要な貢献者であり、元上院議員ジョン・ケリーに対する「スウィフトボート」攻撃の資金提供を支援したテキサスの住宅建設業者ボブ・ペリーの元スポークスマンです。 Advocates say Holm attended the July strategy meeting. Neither Holm nor the Arnolds responded to POLITICO inquiries.

The Berkeley experiment

It’s too soon to know whether the tax Berkeley voters passed in 2014 will reduce soda consumption, but a study in October suggests the bulk of the tax is being passed on to consumers, which could affect choices in the grocery aisle. The city is on its way to making its first million dollars from the measure, with at least $600,000 raised so far.

The soda industry, however, is quick to dismiss the liberal enclave as a political outlier that doesn’t represent the views of mainstream America — and some tax advocates agree.

Michael Jacobson, president of the Center for Science in the Public Interest and a longtime supporter of soda taxes, said he was more impressed with the effort in San Francisco, which, while ending up shy of the two-thirds majority needed for approval, did win 55 percent of the vote despite more than $9 million in opposition spending.

“I think San Francisco is more important,” Jacobson said. “People don’t even really drink soda in Berkeley. They drink kombucha.”

Health arguments aside, many advocates are hopeful soda taxes might take hold more broadly as financially pressed public officials look for new revenues to close budget deficits and to help pay for rising health care costs.

“Berkeley certainly whetted the appetite,” Jacobson said. If lawmakers in a less-progressive state like Illinois, where soda tax proposals have languished for years, approved a tax, “that would be huge,” he said. “That would make it OK for other states to say, ‘OK, that’s a legitimate source of revenue.’”

Proponents say the tax could raise up to $600 million a year in Illinois. In California, a sugary drink tax — which will likely be reintroduced next year in the Legislature — could bring in more than $2.5 billion a year.

The Mexico proof of concept

Mexico, meanwhile, has become test case not just because it proves that such a tax can be imposed, but because it is changing purchasing behavior, which advocates hope will improve health.

Preliminary data indicate purchases of sugary drinks dropped about 6 percent over the first year and that trend appears to be accelerating. The measure also put 18 billion pesos, or more than a $1 billion into the Mexican government’s coffers last year.

“Industry is now reluctantly recognizing that the tax is working,” said Juan Rivera, director of the Center for Nutrition and Health Research at the National Public Health Institute in Mexico and a leading proponent of the tax. “Some of the people in academia and also people in NGOs and the government, we are now really thinking about the correct amount of a tax.”

If a 10 percent tax on sugary drinks appears to have caused a modest drop in consumption, Rivera said, “maybe you will start to have effects that may be very meaningful” with a 20 percent tax rate. Advocates have since called on the Mexican government to double the tax.

U.S. universities, nongovernmental organizations, and public health and nutrition advocacy groups are paying close attention, Rivera said. “They are very, very interested,” he said. “We have a lot of invitations to present, more than we can attend.”

Rivera said he’s optimistic other countries will follow Mexico's lead in the foreseeable future.

“In Latin America … awareness about the effects of obesity, the costs of obesity to society and to the health systems, is something that worries a lot of politicians these days.”


Even though a dangerous and carcinogenic ingredient, 4-MEI, has been identified in soda products, certain major manufacturers have failed to make the necessary adjustments.

Studies have shown that one of the ingredients in Pepsi, 4-methylimidazole (4-MEI), a byproduct of the caramel colouring that is used to give Pepsi its rich hue can contribute to the development of certain cancers.

Although this ingredient was discovered last year, and Pepsi agreed to remove it completely from their products, it has been determined that certain Pepsi plants may still be using the carcinogenic ingredient.

Only in California has the ingredient been removed entirely from Pepsi products, those products that are marketed and sold outside of California may still contain dangerous levels of 4-MEI. California&rsquos strict laws regarding food labels and warnings caused Pepsi to take action.

California enacted legislation in 2012, deeming any ammonia-caramel artificial colourings to be carcinogenic, according to Proposition 65. This ruling helped to protect soda lovers from being exposed to this harmful ingredient.

The rest of the country has not yet enacted this type of legislation, allowing Pepsi products containing 4-MEI to continue to be sold. Pepsi products have been found to four to eight times more dangerous than other sodas, because of this ingredient. Sodas that do not contain caramel colour did not test positive for the 4-MEI ingredient.

The California laws set a level of 29 micrograms of 4-MEI as the highest end of the range allowed to be sold. Testing on products around the country indicated that some Pepsi and Coke products contained up to 150 micrograms of the substance in each can.

Both soda companies publicly promised to reduce the ingredient to safe levels, yet only Coke has fully complied with this. Michael Green, of the Centre for Environmental Health, states, &ldquoWe applaud Coke for taking this health protective action for consumers nationwide. Pepsi&rsquos delay is inexplicable. We urge the company to take swift action to provide all Americans with the same safer product they&rsquore selling in California.&rdquo

Officials at Pepsi have vowed to remedy the situation, and were expected to complete the modifications to the formulas by February 2014.

It is important for consumers to realize that this ingredient is not only found in Coke and Pepsi, or other soda products, and it can be present in many other foods, too, including breads, beer, meat, soy sauce, Worcestershire sauce and gravy.

Knowing the ingredients that are in the foods you eat is important, and avoiding foods with carcinogenic ingredients is a good way to start eating healthier.


Is Big Soda winning the soft drink wars?

Without most of the nation noticing, the beverage industry has found a way to snuff out local sugar taxes—by squashing them at the state level.

When the mayor of Philadelphia unveiled his battle plan against sugary sodas, it looked like he was riding a national wave. The year was 2016, and one city after another was trying to fight obesity by nudging their citizens away from cheap, high-calorie drinks. In a speech to the City Council unveiling his first budget, Mayor Jim Kenney declared his plan to pay for a host of city initiatives with a new tax on every ounce of soda.

“This was a fight we thought was worth having,” said James Engler, Kenney’s chief of staff.

For a decade, concern had been rising in the public health world that soda’s superfluous calories were fueling an epidemic of obesity and diabetes, and supporters in Philadelphia and elsewhere embraced local taxes as a win-win—a way to encourage healthier choices while also generating some new money to help communities with high obesity rates. In California, Berkeley had passed a soda tax in 2014. Oakland, Boulder and Chicago would soon take up their own laws.

In Philadelphia, the soda industry poured more than $9 million into fighting the new tax, to no avail. The City Council passed the law in June 2016, and Philadelphia began collecting 1½ cents for every ounce of soda sold—boosting the price of a 12-ounce drink by 18 cents, and far more on big convenience-store cups. Soda companies, represented by the American Beverage Association, appealed the law, and the case went all the way to Pennsylvania Supreme Court—where the city won.

Opponents of Philadelphia’s proposed soda tax demonstrate outside City Hall in May 2016. The beverage industry has discovered that it’s far more expensive to fight soda taxes at the city level and has refocused its efforts to block soda taxes in state legislatures. | Matt Rourke/AP Photo

That might have seemed like the end. But it was only the start of a whole new fight. Starting in 2017, the beverage industry changed tactics and opened a new front at the state capital in Harrisburg, spending considerably less money—less than $2 million—on an influence campaign to get the state’s business community to put pressure on their legislators. The goal was no longer just to quash Philadelphia’s tax: It was to pass a new state law that would prohibit どれか city in Pennsylvania from passing a local soda tax.

And that fight is still very much alive. One version of the bill failed in 2017, and a similar measure is before legislators this year, with the lobbying effort led by a major grocery chain allied with beverage manufacturers who spearheaded the earlier version.

“They don’t want to just stop us from doing it now,” Engler said in an interview. “They want to make sure it wouldn’t happen anywhere else, either.”

Pennsylvania has found itself the latest battleground for a national strategy by soda producers aimed at stopping local taxes on their products—not by fighting the cities directly, but by pushing pliant state legislatures to ban any such tax increases statewide. Called “preemption” laws, they’re designed to limit cities from imposing taxes of their own. Legislatures in Arizona and Michigan have already passed state laws forbidding local soda taxes. In Washington state, the industry backed a voter initiative barring local soda taxes it passed in 2018.

Perhaps the industry’s most remarkable success has been California, a progressive state in which multiple cities passed their own soda taxes in the wake of Berkeley’s first-in-the-nation law and additional cities were ramping up campaigns. There, the industry used the statewide initiative system as leverage over lawmakers: It collected enough signatures to put a measure on the state ballot that would prevent any city or locality from imposing どれか tax on residents, no matter what the reason, unless approved directly by two-thirds of voters. The lobby then offered to withdraw the measure from the ballot if legislators simply passed a law stopping local governments from taxing soda. Faced with a potential new law that could have crippled budgets statewide, they complied. California’s preemption law went into effect in 2018—ensuring that, until 2030, the only cities in the state with extra beverage taxes are the handful, like Berkeley, that have already adopted them.

Signs in supermarkets in Seattle, top, and Philadelphia, bottom, inform consumers that city soda taxes have been applied to the sugary beverages on sale. | Lisa Baumann/AP Photo Matt Rourke/AP Photo

In its nationwide push against soda taxes, the beverage industry makes two main arguments: One, the health benefits of taxing soda are overstated and two, the taxes put an unfair burden on small businesses and shoppers. “We are definitely solidly behind preemption efforts because this is a very damaging tax to consumers, working families and small businesses,” ABA spokesman William Dermody said in an interview.

Beyond that, however, its campaign trades on a basic insight about modern American politics: Although the liberal leadership of American cities might be a hard nut for a pro-business lobby to crack, state legislators are often far more friendly to business, and they often have the power to overrule city laws. And it’s often much cheaper to lobby in capitals like Harrisburg, Sacramento and Springfield than to wage a fight in expensive cities.

A study published earlier this year found that at least 12 states have enacted preemption laws aimed at squashing local anti-obesity measures including soda taxes four states have specifically outlawed soda taxes and three other states have considered preemption laws in the past year.

“When you have a conservative state and a progressive city within that state, it becomes challenging,” said Pennsylvania Rep. Donna Bullock, a Democrat who supports Philadelphia’s tax, “because the conservative lawmakers use preemption to control progressive cities.”

THE SODA INDUSTRY'S preemption strategy largely has gone unnoticed on the national level, in part because state legislatures tend to draw less attention than policy fights in Washington and in big cities, and in part because beverage companies often obscure the real focus of the laws by framing them as opposition to “grocery” taxes. They also enlist grocers associations, local farm bureaus and retailers as allies to make it appear that the opposition is local, even though the campaigns draw significant funding from the national association.

Public health groups, which are often local, find themselves outgunned against an organized national strategy, and tend not to have the resources to play defense in multiple state capitals at the same time.

There are a few exceptions, including the American Heart Association, which has been actively pushing for soda taxes nationwide. But even with a national network of lobbyists, it has been outspent and outmaneuvered in state after state. “[H]aving to defend against preemption has become part of our strategy,” the AHA’s Jill Birnbaum told POLITICO. She said this approach is playing out in virtually every state where her organization is pursuing soda taxes.

Another national player is former New York Mayor Michael Bloomberg, the billionaire who became the face of anti-soda policy with a failed 2012 attempt to ban large sodas in New York. His organization now goes head-to-head with the beverage lobby in state and local campaigns, pouring more than $17 million into a trio of California ballot initiative campaigns, including the Oakland soda tax fight. He also put millions toward trying to defend a tax in Cook County, Illinois, that includes much of greater Chicago (unsuccessfully) and Philadelphia’s tax (successfully, so far). His money also helped beat back a preemption ballot initiative in Oregon. In Washington state, where the industry-backed preemption initiative prevailed, Bloomberg didn’t get involved.

Public health activists, top, hold signs in favor of San Francisco’s soda tax during a rally in 2014. Former New York Mayor Michael Bloomberg, bottom, has helped fund some campaigns for anti-obesity measures including soda taxes, but spending by him and other advocates has been dwarfed by lobbying by the beverage industry. | Justin Sullivan/Getty Images Eric Risberg, File/AP Photo

Dermody, the spokesman for the American Beverage Association, said in an interview that the preemption push has gained urgency in the past few years. He pointed to an ultimately unsuccessful 2017 Santa Fe soda tax proposal that drew the support of the city’s political establishment as “one of those turning points” in the larger debate.

“I think a lot of folks in other cities and towns started to pay attention to it,” Dermody said, because the New Mexico effort underscored the idea that “my gosh, this could happen anywhere.”

In its push against soda tax, the beverage industry is acting in concert with business owners and in some cases labor groups, like truck drivers, that worry about the impact if taxes start to cut down on soda sales. “We back all of these measures, but they’re backed by many other folks in the states at the same time,” Dermody said.

In Harrisburg, the preemption push has been driven by both the ABA and the Wakefern Food Corporation, which operates grocery stores in Pennsylvania. Anthony Campisi, who has lobbied on the chain’s behalf, said there’s a natural alignment of interests between the beverage manufacturers and the stores that sell their products carbonated beverages are an important source of revenue, particularly for convenience stores.

“What the beverage tax has done is essentially made it very hard for those stores, particularly in poor urban neighborhoods, to succeed,” Campisi said. “It really does it make it difficult to keep stores open in poor urban neighborhoods when there’s a massive tax on a core area of the business.”

While public health experts say the efficacy of soda taxes is well-established, the beverage industry points to contradictory evidence. Despite adopting a national soda tax in 2014, Mexico’s adult obesity rate rose from 2012 to 2016, Dermody noted, and research has shown that while consumption declines in areas with soda taxes, the reduction is at least partially offset by augmented sales in nearby jurisdictions. A recent editorial in the Journal of the American Medical Association said it is “still unclear if these taxes improve health outcomes,” given the multiple factors causing obesity.

Proponents of soda taxes point to studies showing they help reduce consumption of sugary drinks. Proponents of San Francisco’s soda tax emphasize the connection between sugary drinks and diabetes, top, and a display outside New York City Hall, bottom, illustrates how much sugar is in soft drinks of various sizes. | Jeff Chiu, File/AP Photo Richard Drew, File/AP Photo

“If you tax beverages at an extremely high rate, do sales go down?うん。 We’ve seen that happen. Do they improve public health, and does overall consumption of sugar go down? No,” Dermody said.

Despite the murkiness, the industry is worried. Both Coke and Pepsi identified soda taxes as “risk factors” in recent reports to investors. Pepsi’s filing described a global phenomenon, encompassing not just Seattle but Saudi Arabia and France, in which soda taxes would reduce demand and amplify the public perception “that our products do not meet their health and wellness needs.”

THE LOBBY HAS reason to be concerned: Whether because of taxes or health concerns, sugary beverage consumption has begun declining in the United States. The American Medical Association endorsed soda taxes in 2017. This spring, the American Academy of Pediatrics also threw its weight behind taxing soda to bolster public health.

Given the challenges of campaigning in liberal cities, it may have been inevitable the beverage industry switched to statehouses. It is certainly more economical.

Campaign finance numbers from California neatly illustrate the calculus. The American Beverage Association spent more than $30 million combined on failed attempts to beat back local soda taxes in San Francisco, Oakland, Berkeley and Albany, California. It cost a fraction of that to qualify the statewide initiative it used as leverage to push Sacramento into a deal that ended local soda taxes for more than a decade. The ABA channeled $8.9 million to the committee managing the initiative.

“What they did in California last year,” said Harold Goldstein, executive director of Public Health Advocates, “was a sign to me that this is part of a much more intentional national strategy.”

The shift to state preemption has alarmed public health advocates and their political supporters, who had spent years mounting a city-by-city effort to build a track record—and momentum—for public health policies designed to slow the obesity rate.

“The mindset of prevention folks on sugary beverages was, ‘We’re not going to win at the state level until we win a constituency and get some momentum at the local level’,” said Victor Colman, director of the Childhood Obesity Prevention Coalition.

Industries hoping to avoid regulation often find it easier to fight a single battle in a state capital than a series of skirmishes in cities, said Jennifer Pomeranz, a public health professor at New York University who has researched preemption. Distance works to their advantage, she argued.

“Local legislators are pretty attuned to the needs of their community members, so the industry has a harder time,” Pomeranz said, “but once you’re at the state level, legislators are a little more disconnected.”

The Philadelphia experience figured into the calculus in Michigan, one of several states in which preemption efforts have themselves been preemptive strikes. Rather than wait for local soda tax proposals to bubble up, opponents moved to eliminate the option before anything could be proposed.

In 2017, before any jurisdiction had floated a soda tax in his state, Michigan state Sen. Peter MacGregor introduced a preemption bill, saying soda taxes were “creating controversy in other locations, Cook County (Chicago) and Philadelphia for example.”

Birnbaum of the American Heart Association also said there were exploratory soda tax efforts underway in Detroit when the Michigan Legislature passed its preemption bill and crushed the possibility. Senators representing Detroit were among the few legislators who voted no.

In Arizona, state Rep. T.J. Shope introduced a preemption bill that was signed into law in 2018. As in Michigan, no city in Arizona had yet proposed a sugary beverage tax. But a November 2017 poll found broad public support for a statewide soda tax, and he suspected some Arizona cities were inclined to consider them.

A third-generation grocer, Shope said he was approached about sponsoring the preemption bill by soda industry representatives who were keeping an eye on the national landscape.

“I think they were probably looking for a state to take a stand,” he said.

IN 2018, California became the soda industry’s Rubicon. Because the state is both the nation’s largest economy and its biggest consumer market, economic and regulatory decisions there can have an outsize impact—particularly given California’s function as a liberal bellwether in which ambitious progressive policies are tested and then exported to other states.

Moreover, California offered the beverage industry some tools of direct democracy not available in other states, specifically the state’s ballot measure system. For a few million dollars, a sum that amounts to a rounding error for major corporations, interest groups can place a measure on the state ballot and then offer to pull it if Sacramento authorizes an alternative deal. As a result, it’s not uncommon in California for groups to launch a ballot measure that’s unpalatable to lawmakers or to an ideological rival, then forge a legislative deal that averts a costly campaign.

California has become the soda industry’s Rubicon, with the tide swinging for and against soda taxes in a legislative battle that’s been waged for several years. Top, a California state assemblyman drinks a soda on the floor of the capital in Sacramento. Bottom left, a soft drink machine in the basement of the California state capital building and bottom right, a convenience store owner rings up a soft drink purchase in San Francisco. | Rich Pedroncelli/AP Photo Rich Pedroncelli/AP Photo Jeff Chiu/AP Photo

A committee launched by another business group but ultimately funded largely by soda giants got a measure on the ballot that would have set a two-thirds popular vote threshold for local governments to pass new taxes—a change that Democratic lawmakers and allies like organized labor warned would be ruinous for local finances. Though the group’s name didn’t exactly trumpet the soda industry’s involvement—“Californians for Accountability and Transparency in Government Spending, a Coalition of California Businesses, Taxpayer Groups, Business Property Owners, and Beverage Companies”—the effort was universally understood as a beverage industry power play after the ABA kicked in nearly $9 million.

With a deadline to remove measures from the ballot closing in, organized labor and business groups struck a deal to remove the vote threshold measure from the ballot. The new language barring soda taxes was swiftly inserted into a budget bill, which lawmakers passed after railing against what they called industry extortion. Nascent soda tax campaigns in cities including Stockton and Santa Cruz evaporated.

Optimistic health advocates had hoped that California would become a cautionary tale of industry overreach, in part because lawmakers resented having their hands forced. Instead, it appears that the pendulum is still swinging in favor of the beverage industry. This year, every one of a batch of bills intended to combat obesity has collapsed, from taxing soda to slapping health warnings on cans to limiting portion sizes.

The medical groups backing the bills say they aren’t defeated yet: They plan to put a statewide soda tax measure on the 2020 state ballot, which could give them leverage to negotiate a deal with the soda industry.

But the legislative wreckage attests to the beverage industry’s favorable odds when it’s focused on statehouses. “You kind of feel like if it could happen in California,” Birnbaum said, “it could happen anywhere.”


Time for Tax Tasks

May 1: Happy May Day!
Or is it mayday?

via GIPHY
May Day globally is a time for celebrating workers' contributions. Mayday, as one word, is a universal distress signal. With the coronavirus pandemic not quite under total control, both meanings continue to apply as we head into 2021's fifth month.

More people are being vaccinated, and some businesses are open again. But many workers are still out of jobs and dealing with continuing COVID-19 financial stress.

The third COVID economic impact payment provides some relief. And President Joe Biden, just wrapping up the first 100 days of his administration, is proposing some tax law changes that could help. Those, however, are down the road a-ways. So let's look at tax tasks that are on the books and need attention this month, like the delayed Tax Day 2021 coming up on May 17. Don't worry. I'll remind you when we get even closer to the filing deadline.

2021 definitely is a year when we can use a little celebration, even if it's a Mexican holiday that tends to spur more festivities here north of the border. So raise that margarita during your fiesta, either at a still COVID-conscious real-life party or virtually. Your state tax collector will thank you, since during the pandemic, sin taxes were a lone revenue bright spot for many states.

May 9: Happy Mother's Day!

/>
Now that you and your mom both have been vaccinated, make up for last year's missed Mother's Day. All the love and best to every mom, from the new ones just discovering the joys, tax and otherwise, of new parenthood to those gracefully maneuvering their Golden Years while getting some tax-advantaged help from their families.

May 10: More restaurants across the country are opening up table service. Folks who are so done with coronavirus take-out and deliver are happy to be served in person again. And those servers are especially thrilled to see the diners, especially the ones who are good tippers. If you're comfortable going out to eat, be sure to reward your server. The same tipping reminder applies for food delivery people if you're still self-isolating.


If a tip isn't included in your restaurant check or food delivery charge, click the image above to calculate how much to tip.

Those of you getting the tips, remember that your tips are taxable income. If you got such added financial thanks that came to a total of at least $20 last month, whether as a waiter/waitress or hair stylist or valet or whatever job where gratuities are common, you need to account for them today. Report your tips to your employer on Form 4070.

May 10: The deadline to file your tax return is just a week away. If you're still working on or finishing up your 2020 Form 1040, check out the filing pieces of advice in the ol blog's monthly tax tips pages. You'll find links near the top of this column, right under the Tax Tip yellow No. 2 pencil tip image.

May 14: The last weekend before Tax Day 2021 is here. Time to finally finish that return. If you haven't already, find all those tax documents that you shoved in a drawer when you learned nothing would be due in April. For most of us, claiming the standard deduction is the way to go. You'll need just your W-2 and possibly some 1099 forms. If you still itemize, this checklist details the additional data you'll need to file.

May 17: Tax Day 2021 is finally here. Stop cheering (or crying), finish your return and get it on its way to the Internal Revenue Service.

.
You've got until midnight tonight (your local time) to electronically file your 1040. You can do that possibly save some money by using Free File, the online no-cost tax preparation and e-filing partnership between the IRS and Free File Alliance.
The official Free File site at IRS.gov this season offers nine participating tax software options if your adjusted gross income is $72,000 or less, regardless of filing status. If you make too much to use the online software, look into using Free File's fillable forms.

And if you just can't finish your 1040 by today, send the IRS instead Form 4868 to get until Oct. 15 to file your return. Remember though, you must pay any due tax with your extension request.

May 21: Whew! Now that filing is done (except for us procrastinators on extension) and you've had a few days to get settled, it's time to take care of your tax records. You need to hang onto some filing paperwork just in case the IRS has follow-up questions.

May 25: Part of the emergence from COVID-19 lockdown is the return of summer camps. If you were able to get your kiddos into a day camp, be sure to hang on to the receipts. The Child and Dependent Care Tax Credit has been expanded for the 2021 tax year, making it even more valuable when you file your taxes next year.

May 29-31: Happy Memorial Day long weekend! If you and yours are vaccinated and taking advantage of that to welcome the unofficial beginning of summer with a road trip, enjoy. After months of lockdown, a change of scenery definitely will be nice. And if you have a second home that you're leasing to other gotta-get-away travelers, stay on top of all the short-term rental rules, at both the possibly tax-free federal income and more-local occupancy tax levels.

Small Business Tax Calendar: Important filing, deposit and record keeping dates throughout the year that your company needs to know. You can get more tax calendar information at the IRS' online calendar page and view the full year's important business and individual tax dates in IRS Pub. 509.