カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

Lidia Bastianichには、次世代のシェフやレストラン経営者のためのヒントがいくつかあります

Lidia Bastianichには、次世代のシェフやレストラン経営者のためのヒントがいくつかあります

ニューヨーク市で食事をしている間 フェリディア リディアバスティアニッチ自身と一緒に、サーバーがレストランの有名なパスタ料理の1つを紹介するためにやって来ました。

「これは新鮮なペコリーノと洋ナシのピューレが入ったパスタのラビオリです…」と彼は始めました。

「それはすりおろした洋ナシのピューレです」とバスティアニッチは穏やかに割り込んで、彼女のレストランのメニューについての彼女の親密な知識を示しました。

「はい、すりおろした洋ナシ—申し訳ありませんが—そしてそれは黒胡椒で仕上げられています」とウェイターは顔を赤らめ、おそらく穴に這い入りたいと思った。

「梨をすりおろすことが非常に重要である理由は、事前に調理されていないためです」とバスティアニッチは説明しました。 「彼らは生ですりおろし、ラビオリで調理しているので、どろどろにならないようにしています。それは彼らがいくらかのかみ傷を保持するのを助けます。」

アメリカで養子縁組されたイタリア人の祖母であり、元の有名シェフの1人であるリディアバスティアニッチは、おそらく次のメニューの内容を正確に知る必要はありません。 フェリディア。結局のところ、レストランには独自のエグゼクティブシェフがいて、彼女は独自の料理帝国を運営するのに忙しいのです。彼女の顔は、料理本、レストラン、テレビ番組、そしてイタリアで乾燥されたソースやパスタのラインで見つけることができます。彼女もリリースしたばかり 彼女の最新の子供向け料理本、 Nonna Tell Me A Story: リディアの卵を引用する農場の冒険、リコッタフリッタータやかき卵スープなどの子供向け料理を特集した料理本とストーリーブックの組み合わせ。この本は、彼女の孫に触発された一連の半自伝的な児童書の3番目です。

シェフのバスティアニッチのプレートはいっぱいであるだけでなく、溢れています。しかし、彼女のプロジェクトのすべてに密接に関与することで、一貫した品質が保証されると彼女は言います。

「1つやらなければならないことは、毎回配達することです」とバスティアニッチは言います。 「あなたは彼らに最善を尽くしたほうがいいです。あなたが約束したものを彼らに与えてください。私のパスタのように:それらは私に会うことは決してないかもしれない誰かに出かけるリディアの断片です。彼らはリディアの味を手に入れています、そしてそれは完璧でなければなりません。」

これは彼女自身の個人的な方法論であるだけでなく、特にニューヨーク市でレストランを開店したいシェフに彼女が与えるアドバイスでもあります。ニューヨーク市では、家賃が驚くほど高く、ニューヨーカーやレビュアーの注目を集めるための競争が激しくなっています。 。

ニューヨーカーに遅れずについていき、Felidia’sで完璧に近づくには、複数の側面があります。シェフのバスティアニッチは、旬の食材を中心にメニューを作り上げており、レストランでは常にメニューを更新しています。彼女はまた、顧客が何を望んでいるかにも鋭敏に目を光らせており(Felidiaは現在、グルテンフリーやベジタリアンのオプションを数多く備えています)、シェフや顧客にイタリア料理に関する幅広い知識を伝えたいと常に熱心に取り組んでいます。たとえば、フェリディアを訪れたとき、パスタを乾かす適切なプロセスを学びました(裏返しが最適です)。スパゲッティチタラは、イタリアのアブルッツォ地方の伝統的なパスタの品種で、生地を丸めて作ったものです。ギターのように見えるデバイス。


リディア・バスティアニッチへのインタビュー&#8211パート1とライスとズッキーニのクロスタッタ(トルタ・ディ・リソ・エ・ズッキーニ)のレシピ

リディアのテレビキャリアに関するジュリアのインスピレーションは明白でした。 &ldquo私は生き方、情熱、メッセージを伝えるのが大好きです。それはジュリアがとてもうまくやったことです。それは決して彼女のことではありませんでした。テレビに出ている何人かのシェフ、それはすべて彼らについてです。だからジュリアはとても素晴らしかった。彼女は視聴者に興味を持っていて、キッチンで何かを始めていました。彼女が間違えた場合、彼女はそれを手放しました。パスタに穴が開いている場合は、パッチを当てます。構いませんよ。それは起こります。私はそれで快適です。&rdquo

彼女は当時のジェームズ・ビアードをどのように覚えていますか? &ldquo彼は確かに時代をはるかに超えていました。彼は大きな男で、重くてとても陽気でした。彼はいつもとても適切で、蝶ネクタイをしていました。&rdquo

リディアが彼女の広大なキャリアの中で所有してきたさまざまなビジネスの中で、最も挑戦的なものは何でしたか?レストラン。彼女はためらうことなくこれを言った。 &ldquo失敗する方法はたくさんあります。あなたは最高のシェフを持つことができますが、人を管理する能力はなく、失敗します。&rdquo

彼女の旅の中で、あるビジネスチャンスが別のビジネスチャンスにつながったので、彼女は言います。才能のある、&lsquo私はそれを行うことができます&rsquo人々。私はあなたの袖を巻き上げてそれを実現するための情熱と意欲を探しています。何かを信じる人は、仕事に来る人に十分な準備と装備を整え、自分のやり方で設定するよりも重要です。私は私のために働く人々にコミットしています。人々の信頼を築くと、理解もあります。あなたは彼らの才能を刺激します。あなたはビジョンを持ち、メンターでなければなりません。彼らはあなたを尊重する必要があります。&rdquo

パートII リディア・バスティアニッチとの私の話し合いの中で、彼女の食の哲学、家族の重要性、そして私たちが料理と料理に向かっているところについて詳しく説明します。

フェリディアでシェフのフォルトゥナート・ニコトラとリディア・バスティアニッチと

リディアに会う前にフェリディアで昼食をとり、1995年からフェリディアにいるエグゼクティブシェフのフォルトゥナートニコトラに紹介されました。ニコトラは23歳のときにシチリア島ミラッツォのヴィラマルケーゼレストランでミシュランスターを獲得しました。フェリディアに到着して以来、シェフのニコトラが到着してからわずか3か月後に、ニューヨークタイムズのルース・ライチェルから3つ星を獲得するなど、数々の称賛を受けています。フェリディアはによって名付けられました ワインスペクテイター 1998年に&ldquo米国のトップ10イタリアンレストラン&rdquoの1つとして。In 2008、USAトゥデイ&rsquos ジェリー・シュライバー氏は、フェリディアは年末に世界で最高のレストランを集めた中で2位だったと語った。

フェリディアでの昼食は、ニューヨーク市を訪れたときのハイライトの1つでした。私が持っていた美しいホタテの前菜(写真なし)は並外れたものでした。ナンタケットのホタテは完全に焼かれ、信じられないほど甘いものでした。シェフのニコトラは、ホタテを常に手に入れることができるとは限らないと言いましたが、手に入れると非常に特別です。トンノ、キハダマグロ&ldquoPalermitana&rdquoもありました。魚は片面だけでグリルされ、ローストフェンネルとアグロドシソースが添えられて珍しく提供されました。

Felidiaでのランチからのいくつかの料理

B氏は、ホタテ、ロブスター、イカ、エビ、アサリを使った豪華なシーフード料理、グリリアタディペッセを食べました。すべてが美しく完璧に調理されて提示されました。材料の品質はすべてのコースで明白でした。他の食事の邪魔にならないように、iPhoneで数枚の写真を撮っただけでしたが、到着した各料理は前の料理よりも優れていました。

私は自宅でいくつかのLidia&rsquosレシピを作成しましたが、それらは優れています。ここであなたと共有したいのは、トルタ・ディ・リソ・エ・ズッキーニ(ライスとズッキーニ・クロスタタ)です。この料理にはいくつかのステップがありましたが、結果は素晴らしいものでした。とても満足のいくものだったので、メインディッシュとしてサラダと一緒に食べました。最初のコースや前菜としても最適です。レシピに関する以下のメモはリディアからのものです:

これは、私のいとこが50年近く前にジェノバを初めて訪れたときに用意した、おいしいご飯とズッキーニのクロスタタ(タルト)のたっぷりとしたプロポーションバージョンです。彼女は小さなパンで彼女を作りました、そして私のものは同じです、ただ大きいだけです!膨張剤がなく、作りやすく、巻くのが素晴らしいオリーブオイルベースの生地で裏打ちされたハーフシートのベーキングパン(ゼリーロールパンも使用できます)を使用します。クロスタタはすぐに消えるので、このクロスタタの大きなサイズが必要だと私は思います。

一口サイズのパーティーピースでビュッフェに入れたり、ピクニックに持って行ったり、メッキの前菜やサラダ付きのメインコースとして提供したりする場合でも、誰もがそれを愛し、別のピースを用意する必要があります。そして、ありそうもないことに 残り物がある場合は、焼きたてのときと同じように冷凍して再加熱することができます。

手順は簡単で迅速ですが、時間を残さなければならない重要な(そして興味深い)ステップが1つあります。それは、生米を細かく刻んだズッキーニで浸すことです。スカッシュは水っぽい野菜で、ご飯は乾燥してでんぷん質なので、この浸漬により、ご飯はズッキーニからほとんどの野菜の水を抽出することができます。このようにして、リコッタチーズとミルクからすべての液体を吸収することなく、ベーキング時間中に調理するのに十分なほど穀物が柔らかくなります。その結果、しっとりとしたクリーミーで風味豊かなフィリングが得られます。

ブオンアペティート!


なんて素晴らしい月でした。

National Women’s History Projectは、プラットフォームを使用して女性の業績が私たち全員にとってどのように重要であるかを示すことにより、このWomen&#8217s HistoryMonthの女性の業績を強調するという別の素晴らしい仕事をしました。

ワードクラウド:2016年大統領宣言&#8212女性&#8217s歴史月間

気づかないかもしれませんが、全国の女性史月間は大したことです。とても大きいので、毎年3月に大統領の布告があります。これは、オバマ大統領の任期の最終的な女性史月間宣言の抜粋です。

「歴史を通じて、女性は人類をより平等で公正な社会への道へと導き、私たちの性格と人々としての進歩に無数の方法で貢献してきました。差別と過度の困難に直面して、彼らはアメリカの約束を決してあきらめませんでした:努力と決意で、何も手の届かないものはありません。 Women&#8217s History Monthの期間中、私たちは歴史書に記録されていない女性を含む過去の先駆者を思い出し、彼らが設定した強力な例から学んだ貴重な教訓を引き継ぐことによって、彼らの遺産を尊重します。」

非常に認識に値する過去と現在の女性の先駆者がたくさんいます。それらは、私たちがたどることができるさまざまな道を照らしている私たちの間の明るい光です。

フードジャーナリストとして、私は確かに、伝統的に男性が支配する料理の世界でパンを壊し、皿を粉々にした女性についての話に心からの欲求を持っています。彼らは弾力性があり、誠実に料理し、決意と決意を持って煮る、ごちゃごちゃしたロットです。

料理界の女性については、確かにもっと多くのことが書かれています。彼らは最新の料理のロックスターとして急速に台頭しており、メディアの注目を集めている男性のスターと同じくらい明るく輝いています。そして、もっとあります。次世代の新しい女性シェフがシニアシェフ、スーシェフ、エグゼクティブスーシェフとしてランクを上げているため、「翼」はそれらでいっぱいです。彼らの多くはエリート料理研究所からやって来て、国内で最高のレストランのいくつかで働いています。彼らは準備ができており、揺るがす準備ができています。

先駆的な女性

しかし、次世代の女性シェフへの道を開いた女性は誰ですか?かなりの数があります。そして、すべての「先駆的な女性シェフのリスト」を検索すると、私が見つけたすべてのリストにほぼ一貫して表示されている6人の女性がいます。それらは(順不同):

    &#8211アメリカ人シェフ、PBSテレビのパーソナリティ、著者 フランス料理の芸術をマスターする。ジュリアは、アメリカの家庭料理人のための謎めいたフランス料理で有名です。 &#8211アメリカ人シェフ、作家、レストラン経営者、テレビパーソナリティ、調理器具の大物、料理とライフスタイルの専門家。彼女の地に足の着いた、費用効果の高い料理スタイルは、彼女を一般的な名前にしました。 &#8211アメリカ人シェフ、作家、エミー賞を受賞したPBSテレビ番組のホスト リディアの家族の表。彼女の得意分野はイタリア料理とイタリア系アメリカ料理です。 &#8211アメリカのレストラン経営者、作家、ライフコーチの第一人者、全国的にシンジケートされたテレビ番組のホスト B.スミスウィズスタイル。彼女の専門は南部料理です。 B.は現在、アルツハイマー病に苦しんでおり、勇敢に戦っています。 &#8211アメリカ人のシェフ、作家、レストラン経営者、そして食品活動家。彼女の専門は季節の農場から食卓までの生鮮食品です。彼女のカリフォルニア州バークレーのレストランは、一貫して世界最高のレストランの1つにランクされています。 &#8211ホワイトハウスのエグゼクティブシェフ。フィリピン系アメリカ人のシェフは1995年にスーシェフとしてクリントン政権に加わりました。彼女は2005年にファーストレディローラブッシュによってホワイトハウスエグゼクティブシェフに任命されました。2011年に彼女はファーストレディミシェルオバマによってホワイトハウスエグゼクティブシェフとして再任されました。

ホワイトハウスの星

クリステタコマーフォードは確かにこのリストの中で輝かしいスターです。料理界が女性の歴史月間とその分野の女性の業績を祝うとしたら、彼女は模範的な選択となるでしょう。

クリステタコマーフォード、ホワイトハウスエグゼクティブシェフ。写真提供者:whitehouse.gov

シェフのコマーフォードがファーストファミリーのために用意する料理の多くは、ミシェルオバマ大統領夫人の野菜畑から着想を得ています。ファーストレディは2009年にサウスローンに庭を植え、国がより健康的な食品を選択し、子供たちの健康的な食習慣を発達させ、肥満の蔓延を減らすように促しました。

これが、シェフのコマーフォードの庭のインスピレーションの1つです。ブロッコリーのスープで、これ以上簡単なものはありません。栄養価が高く、美味しく、落ち着きがあり、満腹で、予算にやさしいです。それを試して、あなたの「内部ホワイトハウスエグゼクティブシェフ」をチャネリングしてください。私はそれを作り、愛し、私のメモのいくつかを共有したいと思いました:

  1. 8個ではなく6〜7カップのチキンストックを使用します。
  2. 20分ではなく30分煮ます。ブロッコリーの茎が柔らかくなるまでもう少し時間がかかりました。
  3. より濃厚なコンシステンシーが必要な場合は、スープに負担をかけないでください。すべてのクリーミーな良さを保ちます。スープを濃くするのに役立ちます。
  4. 少し砕いた赤唐辛子。それはそれに素晴らしいキックを与えます。ブロッコリーの茎のスープの混合物をブレンドした後、味にそれを追加します。
  5. 少しクリーミーにしたい場合は、メキシカンサワークリームを少し入れてかき混ぜます。

シェフコマーフォードクリーミーブロッコリースープ

ホワイトハウスのブロッコリースープ、私のキッチンからあなたのキッチンまで

バター大さじ1
にんにく6片、スライス
エシャロット4個、スライス
ネギ1本、白い部分のみ、スライス
小枝タイム1個
スライスした小さな玉ねぎ1個
2頭のブロッコリー、スライスした茎、ピューレ用に予約された緑色の先端
チキンストック8カップ
1ベイリーフ
塩と挽きたての黒コショウ

中型の鍋に中火にかけ、にんにく、エシャロット、ネギ、玉ねぎ、タイムを加えます。香りが出るまでバターで汗をかきます。

ブロッコリーの茎のスライスを追加し、柔らかくなるまで炒めます。

鶏肉と月桂樹の葉を注ぎ、20分ほど煮ます。

その間に、ブロッコリーの先端を沸騰したお湯の鍋で中火にかけ、明るい緑色になるまで湯通しします。水からチップを取り除き、氷水を入れたボウルに&#8220ショック&#8221します。

緑色のチップを排出し、ブレンダーでピューレにします。取っておきます。

ベイリーとタイムの小枝を取り除きます。ブロッコリーの茎のスープの混合物をブレンダーでピューレにし、細かいチノワーズを通して大きなサービングボウルに濾します。 (私は浸漬ブレンダーを使用して鍋でスープをブレンドしましたが、スープの内容と厚みが多いため、ひずみを与えないことにしました。)


NOIAWの30年。リディアバスティアニッチと家族とのマイルストーンを祝う

2010年6月10日、イタリア系アメリカ人女性の全国組織(NOIAW)は、ウォルドルフ=アストリアで30周年記念ガラを開催し、バスティアニッチの家族であるリディアバスティアニッチ、ジョセフバスティアニッチ、ターニャバスティアニッチマニュアリ、ノンナエルミニア、孫たちの傑出した功績を称えます。アメリカのイタリア文化への貢献。&#160
 

NOIAWは、その分野で卓越した業績を上げ、地域社会に積極的に貢献し、次世代のイタリア系アメリカ人女性の強力な役割モデルでもあるイタリア系アメリカ人女性を表彰するというNOIAWの使命に続いて、バスティアニッチ家のメンバーを表彰しています。 &#160NOIAWはまた、そのような注目に値する女性の努力に不可欠であった男性を認識する機会を楽しんでいます。 &#160
 
NOIAWの会長兼創設者であるDr.Aileen Riotto Sireyは、受賞者について次のように述べています。 #160女将ノンナ・エルミニアの遺産への献身に触発され、娘のリディア・バスティアニッチと彼女の子供たち、ジョーとターニャは、家族経営をエピキュリアン帝国に築き上げ、本物のイタリア文化の味を全米に広め続けています。&#160We私たちの遺産を促進することに成功したこと、そしてイタリアの家族のそのような傑出した例であることを彼らに敬意を表します。」
 

Bastianich家は協力して、9冊の本を執筆し、19のレストラン、4つのブドウ園、旅行ツアー会社、テレビ制作会社、およびいくつかの製品ラインを設立しました。これらはすべて、最高のイタリア料理と家族文化を米国にもたらすことに基づいています。
 
ガラからの収益は、次のようなNOIAWプログラムをサポートするのに役立ちます。 メンタープログラム これは、若いイタリア系アメリカ人女性と、メンターとしての確立された専門家を組み合わせたものです。 奨学金プログラム 学生が自分の夢と 文化交流プログラム イタリアへの教育グループ旅行に若いイタリア系アメリカ人女性を送ります。&#160NOIAWメンバーのために、組織は継続的な文化的、社会的、ネットワーキングプログラムやイベントを提供しています。

このイベントは、2010年6月10日の夜、ニューヨーク市のウォルドルフ=アストリアのスターライトルーフボールルームで開催され、バスティアニッチのブドウ園からのワインを含むリディアのメニューが特徴です。チケットの価格は300ドルからです。 。詳細またはチケットの注文については、NOIAW((212)642-2003)に電話するか、NOIAWのイベントページにアクセスしてください。
_______
 
リディア・バスティアニッチ は、テレビで最も愛されているシェフの1人であり、料理本のベストセラー作家であり、レストラン経営者であり、繁栄している食品およびエンターテインメントビジネスのオーナーです。彼女の料理本には、リディア・クック・フロム・ザ・ハート・オブ・イタリーとリディアのイタリアが含まれます。どちらもエミー賞にノミネートされたテレビシリーズのコンパニオンブック、リディアのイタリア、リディアのファミリーテーブル、リディアのイタリアンアメリカンキッチン、リディアのイタリアンテーブル、ラクチーナディリディアです。 &#160リディアは、フェリディア、ベッコ、エスカ、デルポストのほか、ピッツバーグとカンザスシティにあるリディアの4つの評価の高いニューヨークシティレストランのシェフ/オーナーです。
彼女はまた、リディアのイタリアを含む高品質の放送作品を制作するエンターテインメント会社であるTavolaProductionsの創設者兼社長でもあります。彼女は息子のジョセフと一緒に、フリウリのバスティアニッチブドウ園で受賞歴のあるワインを生産しています。
 
2007年は、リディアがニューヨークへの旅行中に法王ベネディクト16世のために料理をすることを尊敬していたため、リディアのキャリアにおける真のベンチマークを意味しました。 2010年の秋に向けて、リディアは彼女の最初の子供向けの本をリリースします。まもなくホリデークラシックになります。「NonnaTell Me a Story:Lidia’sChristmasKitchen」。おそらく、リディアが共有する最も重要な品質は、食事を作るのはテーブルの上の食べ物だけではなく、食事を生き生きとさせるのはテーブルの周りに参加する人々であるという彼女の信念です。彼女の署名欄:「Tuttia tavola&#160a mangiare!」 「みんなでテーブルに食べに行こう!」という意味です。この一般的なフレーズは、その単純さにおいて、おそらくリディアの成功の真のレシピである可能性があります。
 
ジョー・バスティアニッチの人生は、この素敵なイタリア人の少年がアメリカの最高のレストラン経営者およびワインメーカーの1人になることで終わる料理の冒険を表しています。

ウォール街で1年間財務に携わった後、ジョーは1年間イタリアを旅行し、レストランやブドウ園で働き、彼の豊かな遺産を深く掘り下げました。ニューヨークに戻ると、彼は母親のリディア・バスティアニッチと提携してベッコをオープンしました。ベッコはすぐにニューヨーク市のお気に入りになりました。 &#160その後すぐに、ジョーはマリオバターリのパートナーになり、伝説的なバボリストランテエノテカ、ルパオステリアロマーナ、エスカ、カサモノ、バージャムン、オットーエノテカピッツェリア、有名なデルなど、ニューヨークで最高のレストランをいくつか設立しました。 Posto。&#160その過程で、彼はエノテカサンマルコ、B&ampBリストランテとカルネヴィーノでラスベガスを征服し、ピッツェリアとオステリアモッツァでロサンゼルスを征服しました。 &#160家の近くで、ジョーとマリオはニューヨーク州ポートチェスターにタリーロッジをオープンしました。 &#160

ジョーはまた、次のようなブドウ園を設立しました。先祖代々のフリウリにあるアジエンダ・アグリコラ・バスティアニッチ-トスカーナのマレンマにリディアとマリオ・トリトーノと共同で設立され、カリフォルニアのワインメーカーであるスティーブ・クリフトンとアルゼンチンのワイン醸造学者マティアス・マヨールがマルベックで栽培しているラモラのバロロにあるメンドーサとアグリコラブランディーニの地域。&#160ジョーバスティアニッチのイタリアワインに関する本、ヴィーノイタリアーノと、ソムリエでジャーナリストのデイヴィッドリンチが書いたそのコンパニオン購入ガイドは、このジャンルのネプラスウルトラとして認識されています。 &#160彼は受け取った 優秀なワインとスピリッツの専門家賞ボナペティ誌とジェームズビアード財団からのs、そして2008年にジェームズビアード財団は彼とマリオに非常に尊敬されているものを提示することによって彼を再び称えました 優秀レストラン経営者賞。 &#160Joeは、Today Showの常連客でもあり、彼の現実​​的な専門知識を共有しています。

ほぼロマネスク様式の飲食生活を送った後、ジョーはニューヨークマラソンの運営に挑戦し、かなりの体重を減らし、その過程で自分自身を変革しました。ジョーが多くのレストランの1つでダイニングルームで働いていないとき、またはイタリアでブドウの木の世話をしているとき、彼はコネチカット州グリニッジの自宅でギターを弾き、妻のディアナと3人の子供たちと時間を過ごしています。彼はこれまでの彼の最大の業績として数えられます。&#160&#160

 
ターニャバスティアニッチマニュアル、PhD、&#160はリディアの娘であり、彼女の生涯を通じてイタリア文化に没頭してきました。&#160ターニャは美術史の芸術学士号を取得してジョージタウン大学を優秀な成績で卒業しました。&#160&#160彼女の3年生は海外で過ごしました。イタリアのフィレンツェで、彼女の情熱となるイタリア・ルネサンスの美術史を学びました。&#160彼女は、イタリア・ルネサンスの美術史を専門とするシラキュース大学の修士課程の全学奨学金で勉強を続けました。&#160この2年間のプログラム、イタリアのフィレンツェで行われたのは、ターニャのイタリアでの6年間の滞在の始まりであり、特にルネサンスの発祥地であるフィレンツェの街に住んでいました。 )、再びイタリア・ルネサンスの美術史に焦点を当てています。&#160彼女は2000年に博士号を取得しました。
 
1996年、ターニャは母親のリディアとパートナーのシェリーバージェスニコトラとともに、イタリア料理、ワイン、アートに焦点を当てた小さな高級ツアー会社、エスペリエンツェイタリアーネを立ち上げました。&#160&#160彼女はまた、リディアのようなリディアの製品ラインの開発を監督しています。イタリアの味と共著の「リディアのイタリア」、そして最近では、イタリアの中心部からのリディアクック:175の地域レシピの饗宴、両方ともアルフレッドA.クノフによって出版されました。
 
ターニャはローマ人のコラード・マニュアリと結婚し、ロレンツォとジュリアの2人の子供とニューヨークに住んでいます。

_______
 
1980年に設立されたNOIAWは、イタリア系アメリカ人の女性の教育的および専門的進歩を主導および支援することに特に重点を置いて、イタリア系女性の文化と業績の促進に取り組む女性のネットワークです。 NOIAWは、イタリアの伝統を持つ女性のための最高の組織として、文化プログラムやネットワーキングの機会を通じて会員にサービスを提供し、全国的に高く評価されている奨学金、メンタリング、文化交流プログラムを通じて若い女性にサービスを提供しています。 &#160
 
NOIAW、そのメンバーおよびプログラムの詳細について、またはメンバーになるには、NOIAWのWebページにアクセスするか、(212)642-2003に電話してください。用語をクリックし、「ファンになる」をクリックします。
 
連絡先:&#160

Maria Tamburri、エグゼクティブディレクター、[email&#160protected]、212-642-2003

 
イタリア系アメリカ人女性の全国組織
25 West 43rd Street、Room 1005、New York、NY 10036
T:&#160212.642.2003•F:&#160212.642.2006•メール:[メール&#160保護]


賞と栄誉

  • (1987)フード&ホテルマネジメントセンター女性研究所、レストラン部門、ウーマンオブザイヤー/イノベーションアワードの受賞者
  • (1993)ジェームズ・ビアード財団フェリディアにより「ニューヨークのベストシェフ」にノミネートされました
  • (1994)ジェームズ・ビアード財団フェリディアにより「ニューヨークのベストシェフ」にノミネートされました
  • (1996)ジェームズ・ビアード財団フェリディアにより「ニューヨークのベストシェフ」にノミネートされました
  • (1996)「アメリカの食品および飲料の誰が」の受賞者ジェームズビアード賞[34]
  • (1997)ジェームズ・ビアード財団フェリディアにより「ニューヨークのベストシェフ」にノミネートされました
  • (1998)ジェームズ・ビアード財団フェリディアにより「ニューヨークのベストシェフ」にノミネートされました
  • (1999)ジェームズ・ビアード財団によって「ニューヨークのベストシェフ」に選ばれました[35]
  • (2001)LidiaのItalian-American Kitchenは、「シェフとレストラン」カテゴリーで国際協会料理専門家(IACP)クックブック賞を受賞しました[36]。
  • (2002)リディアのイタリアンアメリカンキッチンが「ベストナショナルテレビクッキングショーまたはスペシャル」カテゴリーでジェームズビアード賞にノミネートされました
  • (2002)ジェームズビアード財団によって「最高の優秀なシェフ」に選ばれました[37]
  • (2002)ジョージ・オノラート上院議員により「アメリカのイタリア料理とレストランのファーストレディ」に選ばれる
  • (2007)「全国テレビフードショー」部門でジェームズビアード賞にノミネートされたリディアのファミリーテーブル
  • (2008)リディアのイタリア:イタリアの10か所からの140のシンプルでおいしいレシピリディアは「インターナショナルブック」カテゴリーでジェームズビアード賞に最もノミネートされました
  • (2008)リディアのイタリアがエミー賞にノミネートされた[38]
  • (2009)ジェームズ・ビアード財団によって「ベスト・クッキング・ショー」に選ばれたリディアのイタリア[39]
  • (2010)リディア・クック・フロム・ザ・ハート・オブ・イタリーが「インターナショナル・ブック」部門でジェームズ・ビアード賞にノミネートされました
  • (2011)Lidia Celebrates Americaは、第32回テリー賞の映画/ビデオ銀賞受賞者部門で銀賞の最高の栄誉を受賞しました
  • (2012)Lidia Celebrates America:James BeardFoundationによって「OutstandingDocumentary」にノミネートされたホリデーテーブルと伝統[40]
  • (2013)「優れた料理のホスト」でエミー賞を受賞[41]
  • (2013)料理の殿堂入り[42]
  • (2013)Lidia Celebrates America:Something Borrowed SomethingNewがニューヨークフェスティバル賞を受賞[43]
  • (2014)3つのタボラプロダクション-ジェームズビアード賞にノミネートされたフードネットワークのリディアズキッチン、リディアセレブレイツアメリカ、エイミーティーレンのハートランドテーブル
  • (2014)Lidia Celebrates America:Freedom andIndependenceがテリー賞を受賞
  • (2014)リディアは、バンフワールドメディアフェスティバルの「ライフスタイル」カテゴリーでロッキー賞にノミネートされたアメリカを祝います[44]。
  • (2016)Lidia Celebrates America:Home for the Holidaysが、ジェームズビアード財団の「ベストスペシャル」を受賞[45]
  • (2016)Lidia Celebrates America:Home for the Holidays、TasteAwardsで「BestFoodProgram」に選ばれました
  • (2017)「優れた料理のホスト」カテゴリーでデイタイムエミー賞にノミネートされました[46]
  • (2017)Lidia Celebrates America:Holiday forHeroesが「BestSpecial」でJamesBeardAwardを受賞[47]
  • (2017)Sandretto Re RebaudengoFoundationによるStellaRe賞の受賞者[48]
  • (2018)「優れた料理のホスト」カテゴリーでデイタイムエミー賞を受賞[49]
  • (2018)Lidia'sKitchenが「BestCulinaryProgram」カテゴリーでデイタイムエミー賞にノミネートされました
  • (2018)Lidia Celebrates America:HomegrownHeroesが「BestSpecial」でJamesBeardAwardを受賞[50]
  • (2018)Lidia Celebrates America:Home Grown Heroesが「GeneralDocumentary:Individual」カテゴリーでゴールドテリー賞を受賞[51]
  • (2019)Lidia'sKitchenが「OutstandingCulinaryProgram」カテゴリーでデイタイムエミー賞にノミネートされました[52]
  • (2019)カリナリーインスティテュートオブアメリカから美食のマスター賞を受賞[53]
  • (2019)CasaArtusiの科学委員会からPremioArtusiを受賞[54]

その他の賞と栄誉

  • (1996)Distinguished Service Awardを受賞し、イタリア政府から「イタリア系アメリカ人コミュニティへの卓越した貢献と献身的なサービス」が認められました。
  • (1999)イタリア共和国の「Commendatore」として表彰
  • (2000)女性シェフとレストラン経営者によるゴールデンウィスク賞[55]
  • (2002)イタリア系アメリカ人博物館からの「LaBellisimaAmerica」賞[56]
  • (2007)料理芸術プログラム(C-CAP)を通じたキャリアからの優等賞
  • (2007)ニューヨーク市のコロンバスデイパレードのグランドマーシャル
  • (2008)ニューヨーク市訪問中の教皇ベネディクト16世のシェフ[57]
  • (2008)Bpeaceの史上初の経済的影響賞の受賞者[58]
  • (2008)当時のイタリア大統領、ジョルジョ・ナポリターノから司令官(「コメンダトーレ」)として表彰される
  • (2008)ホワイトハウスワシントンでイタリア首相を称える夕食会のゲスト
  • (2009)グリニッジ病院でグリニッジの健康に利益をもたらすグレートシェフイベントでのオノリー
  • (2009)人道奉仕に対する全米イタリア系アメリカ人財団(NIAF)特別業績賞[59]
  • (2010)バスティアニッチ家は、アメリカのイタリア文化への卓越した貢献に対して、イタリア系アメリカ人女性の全国組織(NOIAW)から表彰されました。 [60]
  • (2012)Healthcare Chaplaincy Wholeness of LifeAwardsディナーでLifetimeAchievementAwardを受賞[61]
  • (2013)フィリップスコレクションアニュアルガラで表彰[62]
  • (2015)ニューヨーク市訪問中の教皇祝賀教皇フランシスコのシェフ[63]
  • (2015)イタリアタレント協会によるイタリアタレント賞[64]
  • (2015)年次カリナリーインスティテュートオブアメリカリーダーシップアワードでのオージー賞[65]
  • (2016)翼と知恵を持った女性からの生涯功労賞[66]
  • (2016)カンザスシティの映画とテレビの女性からの精神賞[67]
  • (2016)Les Dames d'Escoffier Fundraiser GalaVancouverで表彰されました[68]
  • (2017)Community NewsGroupからのQueensAmbassador Awards [69]
  • (2017)Les Dames D'EscoffierInternationalによるGrandDameAwardの受賞者[70]
  • (2017)Sandretto Re RebaudengoFoundationによるStellaRe賞の受賞者[71]
  • (2018)UNA-USA /国連難民高等弁務官事務所による「Adopt-A-Future」キャンペーンのセレブリティチャンピオン[72]
  • (2018)Bastianich FamilyがニューヨークのItalianHeritage&Culture Committee(IHCC-NY、Inc。)から賞を受賞
  • (2018)毎年恒例の枢機卿のクリスマスランチで表彰され、クリスマスエンジェルアワードを受賞[73]
  • (2018)NIAFによる起業家精神のためのワンアメリカ賞の受賞者[74]
  • (2019)ヒストリア女性協会30周年記念ディナーで表彰
  • (2019)サミュエルワックスマン癌研究財団による第15回ハンプトンズハプニングイベントで表彰されました[75]
  • (2019)ストーニーブルックサウサンプトンでの第5回フードラボ会議での基調講演者[76]
  • (2019)シカゴのロヨラ大学からSpirit ofArrupe賞を受賞
  • (2019)JRS / USA39周年記念ディナーで表彰[77]
  • (2019) Guest of honor at Luncheon honoring women in culinary world hosted by Les Dames d' Escoffier, Austin Chapter & Austin Food & Wine Alliance [78]
  • (2020) Hosted fundraising event at Our Lady of the Blessed Sacrament Catholic Academy [79]
  • (2020) Honored by The Stamford Museum & Nature Center at Annual charity Event 'An Evening with Lidia Bastianich' [80]
  • (2020) Special guest at Long Island 'Taste the Greats' event [81]

Chefs of la cucina Italiana

Massimiliano Alajmo comes from a long line of successful chefs and restaurateurs. In 1993, Alajmo began to work with his mother, chef Rita Chimetto, at Le Calandre in Veneto, Italy. He was appointed head chef a year later. When the restaurant received its third Michelin star, Alajmo became the youngest chef to obtain the achievement at 28 years old. His culinary work is a combination of inspiration, creativity and a dash of madness. Alajmo heads three gastronomic restaurants, three café-bistros and a food product line – all originating from Le Calandre, his dynamic culinary workshop. In 2006, he worked with his brother to publish an award winning cookbook titled In.gredienti.

Bruno Barbieri‘s professional career started out differently than many other chefs. His began on the sea in 1979 where he was a cook on Oceanica, a cruise ship with over one hundred cooks on board. After spending a few more years mastering his craft, he opened up Locanda Solarola in Bologna, which received two Michelin stars in back to back years. Barbieri has a passion for writing, as well – in 2005 he authored a book titled Pans, which offers cooking tips for his readers. He has continued to write and now has a collection of nine books to his name. Barbieri is also well-known for appearing as a judge on MasterChef Italia alongside Joe Bastianich and Carlo Cracco.

Enrico Bartolini has seen much success in his career, even at the young at of 36. He has worked in the kitchen of Massimiliano Alajmo, with Mark Page in London and in Paris as a sous chef for Paolo Petrini. He received his first Michelin star at 29 and his second at 33. Bartolini blends old habits with cutting edge modernization to create original flavors that are balanced and significant. Bartolini believes the kitchen must have an innovative personality. He joined Devero in 2010 and came up with the phrase “Be Contemporary Classic” to add to the persona of the restaurant. The internationally renowned chef continues to impress the world of Italian cuisine.

Joe Bastianich grew up surrounded by the food industry. His mother, Lidia Bastianich, provided many opportunities for him to master his craft in the kitchen from an early age. Joe is a multitalented restaurateur, focused on the business side of the culinary world. Joe teamed up with Mario Batali to create B&B Hospitality Group which brought Eataly to NYC, a still-growing phenomenon that doubles as a restaurant and marketplace full of Italian cuisine. He is also well known for his role on the television show MasterChef Italy as one of the three judges. In 2012, Bastianich became a ニューヨーク・タイムズ Best Seller for his memoir, Restaurant Man.

Lidia Matticchio Bastianich is one of the most well-known Italian chefs in the food industry. This world famous personality got her start by opening Bunavia, a small restaurant in Forest Hills, Queens. In 1998, Lidia made her debut for Public Television. Her television program titled Lidia’s Italian Table brought her charm and cooking skills to a large audience. She has since been a prominent member of the celebrity chef ensemble. Lidia is also seen as one of the most successful authors in the culinary world she has authored over a dozen cookbooks giving many at-home instructions for her delicious meals.

Mario Batali has the personality to match his expertise in the restaurant world. Batali is a well-known chef involved in ownership of many of the top restaurants across the country. His career began flourishing when his Food Network Show Molto Mario aired in 1996. Since then, Batali has been known for his personality and even his distinct clothing style marked by his famous Orange Crocs. Working with Joe Bastianich at B&B Hospitality Group, Batali has helped to open several top restaurants (Babbo, Otto, Lupa) in New York City, where he currently resides. In 2008 he founded the Mario Batali Foundation to “ensure all children are well read, well fed and well cared for.”

Matteo Bergamini knew from an early age that the restaurant industry was where he would end up. At age 10, Bergamini worked with his father in the family butcher shop. He attended Caterina De Medici Hotel School where he learned much of what he knows today about Italian cuisine. After school, Bergamini worked in the United States, France, and Italy before finally settling down in New York City. In 2009, he partnered with Chef Odette Fada to open SD26 in Madison Square Park. Bergamini adds a unique modern approach to Italian cuisine, he was awarded Best Emerging Chef of Italian Cuisine in New York in 2013.

A surprise visit from a famous chef lead to the discovery of マッシモ・ボトゥーラ。 Alan Ducasse happened to pass by Bottura’s tiny restaurant Trattoria del Campazzo, right outside of Modena. Ducasse fell in love with Bottura’s style and menu and asked if he wanted to come and work together in Monte Carlo. Bottura was able to continue developing the style which he learned from his grandmother under the tutelage of Ducasse. In 1995, Bottura opened Osteria Francesca, located in the center of Modena. This restaurant has remained at the top of many lists as far as ranking Best Restaurant on both the national and global level. Bottura has also written four books, his most recent in 2014 titled Never Trust a Skinny Italian Chef.

Enrico Cerea is a chef that uses a bit of everything in the kitchen. Cerea follows in the footsteps of his parents Bruna and Vittorio, he would spend all of his time as a child learning their recipes. He uses his family recipes in combination with his attention to detail to make cuisine that is direct but not simple. Cerea is the executive chef at Da Vittorio near Lombary, Italy. He is constantly searching for new ingredients from all over the world to incorporate into his meals. Cerea has been known to create many types of Latin American or South East Asian cuisine.

Lorenzo Cogo is a young emerging star in the Italy’s cuisine culture. At just 25 years old he won his first Michelin star after opening El Coq in Marano Vincentino. He has experience in countries such as Australia, Japan, Spain, Singapore, and Denmark. His cuisine blends East and West in an unusual but pleasant mix of flavors, it allows people to live a real and unique sensory experience. Cogo has already accomplished so much at such a young age, he has a lot left to give to the culinary world.

Carlo Cracco got his start at the IPC in Recoaro Terme. Cracco began his professional career when he worked in the kitchen of Gualtiero Marchiesi in Milan, the first Italian restaurant to be awarded 3 Michelin stars. After working in France, he returned to Italy he now runs Cracco di Milano which has received 2 Michelin stars. His success in the restaurant world is matched by his strong opinions and charm. His personality is what has lead him to success on television. He is a judge on MasterChef Italy as well as Hell’s Kitchen Italia. Cracco was appointed Ambassador of the Lombardy Region for Expo2015.

Enrico Crippa is a well-traveled chef with strong attention to detail. He began working at age 16 in Milan. He has had the opportunity to work in many parts of France, including Cannes and Paris, and even spent some time in Japan. In 2005 Crippa made his way back to Italy and opened Piazza Duomo in Piedmont. He is attentive and perfectionistic, and seeks to use seasonal ingredients while giving dishes a creative twist. It is difficult to find a flaw in Crippa’s work, as it is so personal and energetic. After many years of excellence, Crippa received his third Michelin star in 2012.

What separates D.C restaurateur マイク・イザベラ from the rest is his diverse range of culinary styles. He owns Graffiato, an Italian-inspired restaurant he also owns two Greek restaurants (Kapnos TavernaKapnos Kouzina), a Mexican cantina (Pepita), and a Japanese noodle bar (Yona)。 Isabella gathered experience in New York City, Philadelphia, and Atlanta before settling in the American capitol. Chef Isabella was named FOOD & WINE Magazine’s “People’s Best New Chef in the Mid-Atlantic” in 2012 and was nominated for Restaurateur of the Year in 2015. As a television personality, he has competed in Top Chef, Top Chef Duels, and Top Chef All-Stars he is currently a judge on Man vs Child: Chef Showdown.

Davide Olandi opened his first restaurant, D’O, in his hometown of Cornaredo, Italy in 2003. D’O was soon labeled a “pop kitchen” (meaning that it is a high quality restaurant with accessible prices), a category which earned him instant praise food guides around the country started mentioning him to tours as one of the top chefs of contemporary Italian culture. In 2008, Davide Oldani was awarded the Ambrogino d’Oro by the City of Milan。 He is best known as a chef who values design just as much as food whether it is presentation of a meal or the structure of a restaurant, Oldani is always a step ahead in culinary composition.

Giancarlo Perbellini was raised in a traditional rural area in Bovolone and grew up with a passion for making pastries. The earth and its spoils are vital resources for this artisan chef. In 1992 he was awarded the Chef Europeen du Poisson。 Since 2010, Perbellini has been the President of the Italian Commission for the Bocus D’or. Along with his success as a restaurateur, he also is the author of Casa Perbellini: Arte Nella Classicita which examines his roots and how it shaped him to become the chef he is today.

Nadia Santini is the heart and soul of cuisine in Po Valley. The care she takes to capture the Po Valley territory using local ingredients and hand crafted dishes at her restaurant Dal Pescatore earned her the accomplishment of being the first Italian woman to be awarded three Michelin stars (2013). She was named Veuve Clicquot World’s “Best Female Chef” that same year. Dal Pescatore is a restaurant that has been with the Santini family for generations Nadia believes in a “refined but not overdone kitchen,” and it has served her well through the success of her traditional cuisine.

Davide Scabin is a revolutionary chef with a continuous desire to experiment combining distant flavors for a harmonious outcome. At age 16, Scabin left his hometown in Turin to work at a restaurant in Sardiana his talents were noticed, as he quickly moved up the ranks. Now Scabin is a Michelin-starred chef who does not stop studying and evolving. It is evident through his dishes at Combat.zero in Rivoli that he is a perfectionist. The presentation is just as important as the taste for this chef. Along with owning a prestigious restaurant, Scabin has made frequent appearances on Italian cooking shows as judges and guests.

Bruno Serato came to the United States 30 years ago from Verona, Italy. He has been a successful owner of the White House restaurant in Anaheim, California which has earned him fame. It his charitable efforts though, that make Serato such an impactful figure. Serato and his mother Caterina were inspired to try to feed as many hungry children as possible after a visit to the Boys and Girls club in 2005. Bruno started an organization called Caterina’s Club (named after his mother) in an attempt to make sure no child goes to sleep without having dinner. “I can’t go to sleep unless I’ve done everything I can to feed a hungry child for the day.” He puts in the work to accomplish his goals he was named one of CNN’s 10 Heroes of the year in 2011 and has been featured in multiple media outlets for his good deeds. Serato serves nearly 1,400 underprivileged children dinner every night.

Mauro Uliassi learned the tricks and trades of the restaurant industry from working at a bar owned by his parents, Franco and Biana Maria. After completing school, Uliassi worked various jobs in restaurants throughout Italy, but he found that he wasn’t enjoying the stress that came with working under another person. He currently runs Ristroante Senigallia in Northern Italy. Uliassi prefers to treat cooking like a game, a testament to his fun and easy going personality, while having a simultaneous awareness of the quality and freshness of his ingredients.

ファビオ・ヴィヴィアーニ spent his childhood working in the restaurant industry growing up in Florence, Italy. Vivani began working at a local bakery at just 11 years old and became a sous chef by age 16. From there, he continued his trend of early age success by the time he was 27, Viviani owned five restaurants in Florence. He is perhaps best known for his infectious on-screen personality, which began on season 5 of Top Chef. He was considered a fan favorite of the program and has since been involved in many other television shows. He expanded his platform in 2013 when he opened up Siena Tavern in Chicago, IL. Viviani has added more restaurants in Chicago and one in California.


コンテンツ

ジョセフ・バスティアニッチは1968年にクイーンズのアストリアで[3]、イタリア移民のフェリーチェとリディア・バスティアニッチに生まれました。 [4]彼の両親はイストリア半島(現在はクロアチア)で生まれ、1958年にイストリア難民の大規模な脱出の際に米国に移住した。全国的にイタリア人であるが、公的なDNA検査は、彼の母親側のジョーの家族は、イストリアの多民族性のために、主に東ヨーロッパの子孫であることを示した。 [5]彼の母親は、彼女はとてもイタリア人だと感じているが、彼女はスラブ人のルーツにも関係していると述べた。 [6]マンハッタンにある両親のイタリアンレストラン、フェリディアで育ち、ボストン大学に通う前にフォードハム予備校に通い、そこで神学と哲学を学びました。

債券トレーダーとしてウォール街で1年間過ごした後、彼は新たに立ち上げられたキャリアをあきらめ、食品業界に参入しました。 [7]彼はイタリアへの長期旅行をした。 1993年、彼は母親のリディア・バスティアニッチと一緒にイタリアンレストランのベッコ(イタリア語で「ペック、ニブル、セイバー」)をオープンしました。その後、マリオ・バターリと提携して、イタリアンレストラン「バボリストランテエノテカ」をオープンしました。 ニューヨークタイムズ、[8] 40年ぶりに受賞したイタリアンレストラン。バボもミシュランスターを1つ獲得しています。 [ 要出典 ]一緒に、彼らはニューヨークにさらに7つのレストランをオープンしました:Lupa、Esca、Casa Mono、Bar Jamon、Otto、Del Posto、Eataly(イタリアのマーケットプレイス)。 2010年、DelPostoはから4つ星のレビューを受けました The New York Times, [9]その賞を受賞したニューヨークで5つしかないレストランの1つ。 [10]彼らの料理帝国は、ニューヨークに10店舗、ラスベガスに4店舗、ロサンゼルスに3店舗、シンガポールに2店舗、シカゴに1店舗、ボストンに1店舗、香港に2店舗に拡大しました。 。 [ 要出典 ]

バスティアニッチは、イタリアワインに関する受賞歴のある2冊の本と彼の回想録を共著しています。 レストランマン、になりました ニューヨーク・タイムズ 2012年5月のリリースから1週間以内のベストセラー。[11]

テレビ編集

バスティアニッチはアメリカ人の裁判官でした MasterChef フォックスが放送したシリーズ[12]は、時間がかかりすぎるまで[13]そして マスターシェフジュニア 2014年11月にフランチャイズを終了した後、2015年春に両方のシリーズでクリスティーナトシに交代するまで。しかし、彼は最終的にシーズン6の一時的な審査に戻りました。 マスターシェフジュニア 2018年3月2日[14]に、常勤の裁判官として審査委員会に戻ってきました。 MasterChef 2018年6月にデビューしたシーズン9以降. 彼はまた、プログラムのイタリア語版の審査員でもありました。 MasterChef Italia 最初の8シーズンはスカイウノで上映されました。 [15] 2019年5月、バスティアニッチは音楽への情熱に専念するためにMasterChefItaliaを離れることを発表しました。同年9月中旬、バスティアニッチはファーストアルバム「AkaJoe」をリリースした。 2020年1月下旬に、彼は彼の「ニューヨークストーリー」アルバムをフィーチャーしたイタリア周辺のミュージカルコンサートツアーに出演します。 [16] [17] [18]

彼はまた、ゲスト審査員としてゲスト出演しています MasterChef Canada シーズン1、エピソード14。

彼はアメリカのリアリティ番組でティム・ラブと共演しました レストランのスタートアップ CNBCで、彼はシャインアメリカと共にエグゼクティブプロデューサーを務めています。 [ 要出典 ]

バスティアニッチはまた、2015年のテレビ映画に特別出演しました アメリカの女の子:グレースは成功をかき立てる の架空の季節の裁判官として マスターシェフジュニア。 [19] 2016年3月22日から、彼はGuidoMedaとDavideValsecchiと共に、Top GearItaliaの初版を発表しました。彼はまた、2020年春にスカイウノで放映されるイタリアのガットタレントとファミリーフードファイトイタリアの審査委員会の審査員を務めます。[20]

論争編集

のエピソードで MasterChef Italia 2018年1月に米国のメディアの注目を集めたバスティアニッチは、ミラノのチャイナタウンにある美容院でマニキュアとペディキュアを与える女性に性的な示唆を与えるコメントをしながら、中国人男性についていくつかの発言をしています。彼は女性にイタリア人のボーイフレンドがいたことがあるかどうかを尋ね、中国人の男性は特定の状況では「不十分」であると述べています。ブログGrubStreetからコメントを求められたとき、Bastianichは謝罪しました。

これは私が定期的に行っているミラノのネイルサロンで撮影されたスクリプトセグメントでした。私は女性を知っています、そして私達は前もって議論するために質問を与えられました。そうは言っても、私が言ったことのいくつかは味が悪く、私の見解を反映していないことは明らかです。そんなこと言ってごめんなさい。 [21]

バスティアニッチは、妻のディアナとその子供たちのオリビア、イーサン、マイルズとともにニューヨーク市に住んでいます。彼はイタリア語に堪能です。

バターリとバスティアニッチホスピタリティグループが所有または運営するレストラン:


10 Cooking Shows That Changed the Way We Eat

One moment you marvel at a chef deftly dicing vegetables – the next you despair over ever mastering the technique yourself. Competitive cooking shows such as "Top Chef" and "Iron Chef" dazzle and amaze, sure, but can leave you feeling decidedly inferior. But not everything's a competition, and instructional cooking shows encourage home chefs to adopt new methods, experiment with recipes and hone basic skills.

Some of these programs are as entertaining as they are educational. Viewers tune in to enjoy the host's personality, expertise, humor and to see appetizing images of foods. Certain shows, however, have inspired people to look at food prep in a whole new light. Thanks to the television shows listed in this article, the kitchen is no longer just the place to house the refrigerator it's a center of nourishment, competence, innovation, science and knowledge. Oh, and food. Definitely food.

Boeuf bourguignon, French onion soup gratinée, duck à l'orange, coq au vin, mousse au chocolat: The recipes sound daunting, but the woman who brought them into viewers' homes was down to earth. Julia Child began teaching America to prepare French cuisine without fear in 1963 on WGBH in Boston. "The French Chef," syndicated to almost 100 stations, taped lived and aired without changes. Whatever Julia did, viewers saw. The series showed a real working kitchen with, sometimes, real mistakes. (That potato pancake that got flipped onto the stovetop? Just place it right back in the pan. Only the viewers will know.)

Dishes were prepared in real time there were no magical transformations from counter to stove to serving dish. Child shared her enthusiasm for cooking, making difficult dishes seem possible through practice, practice, practice. In 1966, she won an Emmy for "The French Chef," though the show's many viewers had already validated her accomplishments. Still, some detractors were horrified by the apparently relaxed sanitation in the TV kitchen. Julia's reaction: "I can't stand those over-sanitary people" [source: Bio -- Julia Child].

Chef Graham Kerr didn't get his nickname from globetrotting and exploring foods around the world. The truth is much more literal. At the start of each episode, he ran onto the set and leaped over a chair. Amazingly, the glass of wine he carried never spilled. (Maybe it was the plastic wrap stretched over the top?) This stunt set the tone for the series. Although Kerr cooked complex, rich dishes, with plenty of butter, cream and brandy, his energetic personality made cooking seem fun. He taught viewers to appreciate fine foods, even while they were grinning at his antics.

Taped in Ottawa, Canada, the series was seen on stations around the world from 1969 to 1971. Kerr's wife Treena worked behind the scenes to help produce its 195 episodes. "The Galloping Gourmet" came to an abrupt end when a truck smashed into the family car [source: Padman]. Kerr suffered temporary paralysis, and surgeons had to remove part of his wife's lung. In 1975, the recovered chef brought his humor back to the air with "Take Kerr," a cooking show that addressed viewers' time and money issues.

Exquisite food doesn't have to cost and arm and a leg. That was the assumption of Jeff Smith, better known as "The Frugal Gourmet." The series began in 1983, and aired on PBS for 14 years, where the show spread throughout the public television world. In 1990, "The Frugal Gourmet" switched from public to private production. An animated cook, Smith was also not afraid to make a mistake on camera and move on. Even though the show was taped, its chef wanted to convey the excitement of a live broadcast. At the time, "The Frugal Gourmet" was the top-rated cooking show in the U.S., and Smith's cookbooks became bestsellers.

The series ended on a negative note in 1997 after seven men filed suits against Smith, claiming he had sexually abused them years before. Smith was never indicted and maintained his innocence the lawsuits were settled out of court, and Smith returned to the Seattle area, where he died in 2004 [source: Today].

Spicy, exotic Creole and Cajun recipes were part of the draw of this Food Network show hosted by Emeril Lagasse. Another part was the enthusiastic and energetic chef himself as he ran the fast-paced show. Born near Boston to a French Canadian father and Portuguese mother, Lagasse brought his working-class background and unusual heritage to the series. It debuted in 1995 and ran on and off for 12 years. In 1996, 時間 named "The Essence of Emeril" as one of the best 10 cooking shows on television [source: Bio -- Emeril].

Emeril's recipes often defied categorization. Some were elegant, like surf-and-turf or sweet and savory crepes. Others were suitable for more casual occasions, including summer entertaining and football parties. Pure comfort foods made appearances, as well, when Lagasse presented his "kicked-up" meatloaf, 5-bean chili and beef stew – often with his trademark exclamation "Bam!" whenever he added seasoning.

Successful cooking is not magic, unknowable and unattainable to all but a select few. That was the emphasis in the Food Network show "Good Eats," which kicked off in 1999 and ran for 16 seasons. Cooking is an art, but one that uses science, and best results are achieved by knowing why something happens and what technology is needed to make it so. Providing background knowledge was essential within episodes, like showing how to prevent a roasted turkey from drying out unusual ways to use salt how to best sear a steak what leavener makes the best biscuits and how to make a smooth roux.

Alton Brown, the creator and host of "Good Eats," brought a mixture of goofy fun and approachability as he investigated origins of ingredients and explained techniques. He used skits to teach food science. Where else on television can you see a giant onion or life-sized gingerbread man? This mixture of fun and information made "Good Eats" one of Food Network's top shows, averaging 20 million viewers monthly. That's not a surprise. After all, who wouldn't want to see "real" elves sitting in trees explaining the process of cracker production?

Your cake ended up flat as a pancake. The new soup recipe is 仕方 too salty. And how did that steak get so tough? The staff at "America's Test Kitchen" is dedicated to preventing those calamities. Their goal is to offer foolproof recipes by using the science of cooking. As of 2014, this PBS series has aired for 14 years, teaching viewers how brining affects food the difference between baking soda and baking powder how cornstarch works in sauces why fish sticks to the grill and how bacteria affects different types of cutting boards.

"America's Test Kitchen" comes out of a 2,500-square-foot working kitchen in the Boston area. Over 30 full-time employees develop recipes, testing them dozens of times [source: America's Test Kitchen. The kitchen crew strives to reach the perfect combination of ingredients, technique, temperature, cooking time and equipment. Not limited to television, the kitchen's materials are also available in cookbooks, in magazines and online.

School, work, household chores, family moments: Who has time to cook? Food author Michael Pollan maintains that the average household in the U.S. spends about 27 minutes each day on food prep [source: Wilson]. Rachael Ray to the rescue! On the Food Network's "30 Minute Meals," the energetic and confident Ray demonstrated recipes for busy viewers with limited budgets. The food was prepared in real time, so the 30-minute time limit couldn't be faked.

The series, which ran from 2000 to 2012, focused on simple recipes, common ingredients, and, occasionally (gasp!), store-bought shortcuts. Sure, you could make cornbread from scratch, but you can also use a decent mix from a box while you concentrate on the rest of the meal. Ray had recipes to cover all your food needs. Need reduced-calorie ideas? She had 'em. Want something the kids will like? Maybe homemade versions of takeout food! Planning on hosting a tailgate party? Look no further. Ray even offered variations of the classic American burger.

If you become stressed out at the thought of entertaining, the Barefoot Contessa, Ina Garten, should be your fairy godmother. Her Emmy Award-winning show specializes in simplifying entertaining to reduce anxiety and increase the chance of success. It has been a staple on the Food Network since 2002.

Garten took an unusual path to her cooking show. In a former life, she was a nuclear energy budget analyst for the Carter presidential administration (rather untraditional credentials for a food television show host). In 1978, Garten switched gears and opened a specialty food store called The Barefoot Contessa [source: Food Network]. Three cookbooks later, the television show came along. Now Garten offers pointers for how to host a cocktail party for a crowd how to throw a housewarming party how to make French cooking simpler and how to plan a potluck dinner. Relax, she says – it's all doable.

Inadequate ingredients can make a pasta dish bland or a fish recipe, well, fishy. That's why Lidia Bastianich of PBS's "Lidia's Italy" teaches viewers how to select the best ingredients as well as how to prepare them. Lidia presents a practical, sensible and unflappable demeanor, which she comes by honestly as owner of four New York City restaurants. She's also written cookbooks and hosted other cooking shows, so she's prepared for whatever happens.

Since the show debuted in 2007, Bastianich has featured recipes from multiple areas in Italy. Topics include using wine and chocolate, featuring fontina cheese in recipes, stirring up simple sauces and making fresh pasta. Before cooking, Bastianich might pay a visit to the source of her ingredients, seeking out wine or prosciutto makers. The food prep part of the show is designed so viewers are able to cook the dish right along with Bastianich -- she might as well be in your kitchen.

1: 'Martha Stewart's Cooking School'

Martha Stewart's Cooking School is appropriately named. This PBS series is more like a culinary class than a television show. Stewart prepares food in a simple, calm and direct manner that lets viewers concentrate on techniques. The show is more about information than entertainment, unlike some of Stewart's past productions[i]. In addition to making suggestions based on her kitchen experiences, Stewart discusses scientific principles that affect recipes.

The fourth year of the show began in October 2014. It covers everything you need to know, from basic skills to classic techniques. Stewart walks her audience through procedures such as roasting, poaching, braising and blanching.多くの are done in real time so viewers get a true sense of how long a process takes. With her straightforward approach, Stewart brings the idea of a cooking show back to the actual cooking.


Lidia's Celebrate Like an Italian

Lidia's Celebrate Like an Italian by Lidia Matticchio Bastianich,Tanya Bastianich Manuali Summary

The beloved TV chef offers the only cookbook you'll need to give any gathering--from a dinner for two to a wedding--a delectable, welcoming Italian flavor. No one throws a party like Lidia Bastianich! And now, in this delightful new cookbook, she gives us 220 fantastic recipes for entertaining with that distinctly Bastianich flare. From Pear Bellinis to Carrot and Chickpea Dip, from Campanelle with Fennel and Shrimp to Berry Tiramisu--these are dishes your guests will love, no matter the occasion. Here, too, are Lidia's suggestions for hosting a BBQ, making pizza for a group, choosing the perfect wine, setting an inviting table, and much more. Beautifully illustrated throughout with full-color photographs and filled with her trademark warmth and enthusiasm, this is Lidia's most festive book. Whether you're planning a romantic picnic for two, a child's birthday party, a holiday gathering, or a simple weeknight family dinner, Lidia's flavorful, easy-to-follow recipes and advice will have you calling to your guests: "Tutti a tavola a mangiare!"


結論


In this review, we have given you brief explanations of each book in order to help you understand what makes the best Italian cookbook. If you think about the background of all these authors, you’ll see that each of them began their journey from their first taste of Italian food, whether it was from their childhood or during their college years. So, as you continue to dig deep into your Italian roots and recall those homemade or restaurant cooked Italian meals, remember that nothing beats an original taste.

Things to Consider

Here is a short list of other factors you could think about as you read more on these items online before purchasing.

    • Material – You can generally get these books in either kindle or hardcover form. Kindle refers to an electronic copy, so if you don’t have the space to collect books, then this option is ideal. A hardcover refers to having a solid cover. This version is obviously the heavier version, as well as the more expensive one. This is ideal for those who love to have a collection on their bookshelf.

    There are two other book covers that you might see available, which are paperback and spiral-bound. Paperback is similar to the hardcover, but as the name suggests, the cover is made with paper compared with the hardcover’s leather and plastic covering. This is usually cheaper, although not as cheap as the kindle version. The Spiral-bound tends to be a little more expensive than the hardcover, but that will depend on the book’s size as spiraling a book can be a little bit of intricate work.

    • Pages – It may not seem much, but the number of pages in books does make a difference to the reader. Not everyone has the time to read about the author’s life or have an interest in their passion. Some just really want a recipe based cookbook. This is why we’ve included the number of pages at the title of each book for your convenience.

    Searching for or choosing the best Italian cookbook for you might seem difficult, especially at first, but we hope that this review can act as your guide and help you know what to look for. Don’t forget, despite how good the book or the author is, what makes a good cook is ultimately dependent on how good the student is.


    ビデオを見る: Its all About Family and Italian Food - Interview with Lidia Bastianich (1月 2022).