カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

チックフィレイはビッグアップルと他のいくつかの都市に向かっています

チックフィレイはビッグアップルと他のいくつかの都市に向かっています


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ジョージアを拠点とするチェーンは、ニューヨーク市のいくつかを含む、2014年に108の新しい場所をオープンします

チックフィレイは2014年に108の新しい場所をオープンし、KFCはテキサスでチキンサンドイッチレストランをテストしています。

アトランタを拠点とする人気のある政治的に保守的なファーストフードレストランであるChick-Fil-Aは、2014年に積極的な拡張計画を発表しました。同社は今年だけでさらに108の店舗をオープンする予定です。ニューヨーク市で」と同社はUSAトゥデイに語った。

2012年、チックフィレイのCEOであるダンキャシーは同性結婚に反対する一連の公式声明を発表し、反同性愛者の社会的および政治的信念を持つ組織に数百万ドルを寄付しました。

キャシーは比較的進歩的な方向に向かって、より健康的な食材とメニューの多様性に焦点を合わせる計画を発表しました。

「私はそれを政治家や他の人々に任せて社会問題について話し合うつもりです」とキャシーは言いました。

Chick-Fil-Aはすでにグリニッチビレッジに1か所ありますが、ニューヨーク大学の学生のみが利用できます。この発表はすでにソーシャルメディアでかなりの注目と複雑な感情をかき立てています。

それらのおいしい同性愛嫌悪のチックフィレイサンドイッチは、これほど多くの内部NYC Angstbを引き起こそうとしています。

— desus(@desusnice)2014年4月8日

チクフィルが開いたとき、人々はニューヨークで正しく行動するつもりはありません笑

— Zeke(@ZSoloDolo)2014年4月8日

何てことだ。 CHICK-FIL-Aがニューヨーク市にやってくる。私は喜びの涙を泣いています。甘い赤ちゃんイエスに感謝します。

— Brittnee Anderson(@_ iambrittnee)2014年4月9日

一方、KFCは、テキサス州アーリントンでスーパーチックスを使った最愛のフライドチキンサンドイッチに対する独自の反応をテストしているようです。 KFC親会社ヤムのスポークスマンですが!ブランドによると、スーパーチックスは米国内の同様のレストランと戦う準備ができていなかったとのことです。スーパーチックスがゴッサムが必要とするチキンサンドイッチレストランであることが明らかになるかどうかは、時が経てばわかります。

Karen Loは、The DailyMealの副編集長です。 Twitter @ appleplexyで彼女をフォローしてください。


ハート、ソウル、チキンサラダ

チキンサラダチックへようこそ。ここでは、心から提供される、おいしい、スクラッチで作られた、南部スタイルの、切望されるお気に入りを提供しています。私たちは見知らぬ人を信じていません。まだ会ったことのない友達だけがやって来て楽しんでいます!チキンサラダレストランでは、新鮮でヘルシーな料理と優雅なおもてなしをお楽しみいただけます。完璧なチキンサラダのレシピを作るものについては、誰もが異なる考えを持っていることを私たちは知っているので、私たちはいくつかのオプションを作成しました。あなたがチキンサラダ愛好家なら、あなたはあなたの好みを満たすためにここで何かを発見するでしょう。シンプルなものからおいしいもの、フルーティーでナッツのようなもの、少しスパイシーなものまで、気分に合ったひよこを選ぶことができます。ピメントチーズやエッグサラダと一緒に、スクープ、サンドイッチ、またはボウルで提供される、12種類以上のチキンサラダがあります。すべてを始めたチキンサラダのスクープに加えて、おいしいおかず、スープ、デザートもあります。あなたの小さなひよこを連れてきますか?素晴らしいキッズメニューがあります。迅速で素晴らしい食事のために、私たちは便利な持ち運びも提供しています。

今日立ち寄るか、オンラインで注文して、新鮮で心から提供されるチキンサラダを注文してください。

常に新鮮に

チキンサラダチックでは、新鮮な食材と昔ながらの伝統を使用しています。プレミアムチキンテンダーロインのみを使用し、甘くておいしい食材を特別に組み合わせて、毎朝手作業で味を作ることに大きな誇りを持っています。

真の南部のお気に入り

南部の家庭では、チキンサラダは小麦粉や砂糖と同じくらい主食です。それは満足感と親しみやすさをもたらします。チキンサラダチックでは、優雅な友人の家で食事を楽しむのと同じ暖かさと快適さを感じることができます。

フレンドリーなサービス

あなたがここにいる間、あなた自身を名誉のひよこと考えてください!料理は人と人をつなぐものだと信じており、常に笑顔でサービスを提供し、チキンサラダレストランでの食事に満足し、過ごした時間からリフレッシュできることを目指しています。

急いで 準備完了
クイックチックス

渇望 クレジット プログラム

食欲をフォローして報酬を獲得

AppStoreまたはGooglePlayからChickenSalad Chickアプリをダウンロードしてください!新鮮なスクラッチメイドのチキンサラダ、ピメントチーズ、その他のお気に入りの食欲をそそるメニューを楽しむたびに、1ドルのご利用ごとに1ポイントを獲得できます。それらを特別割引、無料の食料品、そして楽しいひよこギアと交換してください。チキンサラダチックでは、愛を分かち合うのが大好きです。アプリを入手し、バーコードをスキャンして、今日からポイントを獲得しましょう!


それで、キャッチは何ですか?

Chick-fil-Aのフランチャイズ料金は低いですが、継続的な料金は多くのライバルが請求する料金よりも高く、1日目に合計され始めます。

FDDによると、新しいChick-fil-Aフランチャイズへの初期投資の合計は582,360ドルから200万ドルの間であり、競合するブランドとの整合性がいくらか向上し始めています。

総売上高の4%に相当する継続的な月額サービス料金を請求するマクドナルドとは対照的に、Chick-fil-Aフランチャイジーは売上高の15%の「基本運用サービス料金」と純利益の50%の追加料金を支払います。 。

マクドナルドとチックフィレイの両方が家賃を請求し、ゴールデンアーチの所有者は家賃の平均10.7%を支払いますが、チックフィレイは家賃を売上の6%に制限します。

Chick-fil-Aの前払い費用は少なくなりますが、時間の経過とともに、フランチャイジーは事業を運営するために会社に多くの費用を支払うことになります。そして、それだけではありません。

珍しい料金体系を超えて、将来のフランチャイジーに一時停止を与えるかもしれない他のいくつかの項目があります。

まず、Chick-fil-Aは、フランチャイジーのほとんどが複数のユニットを開くことを禁止しているため、潜在的な利益が制限される可能性があり、フランチャイジーはフルタイムで実際のビジネスの運営に注意を払う必要があります。

フランチャイジーは、チックフィレイの場所から5マイル以内にある他のファーストフード事業を所有または勤務することも禁じられています。

同社によれば、この制限はフランチャイジーがレストランの日常業務に密接に関与できるようにすることを目的としており、フランチャイジーが住み、働くコミュニティに積極的に関与することを奨励しています。

「チックフィレイのオペレーターは、ダイニングルームで握手するのと同じくらい快適にキッチンで袖をまくり上げる必要があります」とスポークスマンは言いました。

懸念される可能性のあるもう1つの問題は、フランチャイジーのビジネスに対する実際の管理に関するものです。

フランチャイジーは定義上事業主ですが、Chick-fil-AのFDDは、フランチャイジーが所有権の重要な利点である事業の売却を行使することを妨げています。

Chick-fil-A事業の譲渡または売却は許可されておらず、死亡または障害が発生した場合の家族の相続も許可されていません。

一方、Chick-fil-Aは、30日前に通知することなく、またはブランドを「スキャンダル」にさらす、破産を申請する、レストランを開店するなどの違反を理由として、フランチャイジーの契約を終了する権利を留保します。日曜日またはクリスマスの日、またはあなたの業務が労働組合の活動によって「不満」になっている場合。


ブリーフィング

2016年5月10日火曜日です。私はアルバートモーラーです。これは ブリーフィング、キリスト教の世界観からのニュースやイベントの毎日の分析。

市民の言説の消失:共和党のフロントランナーが福音派の指導者ラッセル・ムーアを侮辱する

2016年の米国大統領選挙のこの重要な時点で、アメリカの政治システムが悪化していることは明らかです。最新の証拠は、アメリカの未来にとって非常に重要なこの人種が私たちの周りに形成されているにもかかわらず、市民の言説自体がアメリカ社会の真っ只中に消えているように見えるという事実です。これの最新の証拠は、共和党の推定候補者ドナルド・トランプによってなされた声明にあります。ドナルド・トランプが、著名な福音派指導者を含む多くのアメリカの福音派の支持を獲得するのに非常に困難を伴うことは明らかです。日曜日の版では ニューヨーク・タイムズ、南部バプテスト連盟の倫理および宗教的自由委員会の委員長であるラッセル・ムーアは、トランプ候補のかなり鋭い批判を提供しました、そして彼は少なくとも部分的に国の注目を集めた意見記事でそうしましたドナルド・トランプ自身によるものです。

意見記事が掲載された翌朝 ニューヨーク・タイムズ、ドナルド・トランプはツイッターに駆け寄り、彼が言った声明を発表した、

「ラッセル・ムーアは、福音派の本当にひどい代表であり、彼らが代表するすべての善です。心のない嫌な男!」

それについての興味深いことは、ドナルド・トランプが再び彼が市民の言説と議論にぶつからないことを示したということです、むしろ彼は侮辱にぶつかります、それは本能でありそしてまた市民の言説の否定にぶつかります。彼が思慮深い応答の機会を得たとき、ドナルド・トランプは代わりに応答を却下し、メッセージとメッセンジャーの両方を拒否しました。これを本当に興味深いものにしているのは、この2016年のレースで、最近のアメリカの大統領サイクルでは、単なる予想外ではなく、想像もできなかった何かが出現したことです。ここに、共和党の推定候補者が、アメリカの主要な福音派指導者を公然と批判しています。

最近のアメリカ大統領選挙を見ると、多くの問題、特に差し迫った社会問題に関するアメリカの福音派の世界観と共和党の間で一致が見られます。しかし今、ドナルド・トランプは本質的に、アメリカの福音派に、プログラム、彼のプログラムに参加するか、彼の反対に会うか、この場合、彼の完全な公的解雇を命じています。もちろん、これについて興味深いのは、2016年の選挙での福音派の投票の問題が未解決の問題であるということです。明らかなことは、私たちがアメリカの政治、特にアメリカの福音主義者のために完全に未知の領域に入っているということです。私がよく言っているように、そしてもう一度言わなければならないように、福音派は今、私たちが最近のアメリカ大統領選挙で考えることに慣れているか訓練されているよりもはるかに複雑な政治的方程式に直面しています。非常に慎重に考える必要があります。これまで必要とされていなかった問題を検討する必要があります。これは、2016年のレースでまだ数か月前の5月10日であることに注意する必要があります。つまり、間違いなくまだ発見されていない啓示であり、議論はまだなされていない-そして侮辱はまだ取引されていない。

現時点では、2016年のレースの複雑さと不確実性を過大評価することはかなり不可能です。確かに、民主党の候補者が元国務長官のヒラリー・クリントンと、現在は共和党の候補者と推定されるドナルド・トランプであることになれば、米国の政治情勢の真っ只中にいることになります。そのようなものが見られていないことを述べます。そしてこの場合、私たちが見たことがないと言うとき、私たちは近年話していません、私たちは過去数十年でさえ話していません私たちはアメリカの実験全体について話している、そしてそれは非常に素晴らしいことを言っています対処。

創設の時代に戻ると、政治、選挙政治、大統領選挙がアメリカ国民の最高と最悪の両方をもたらしたことは明らかです。アメリカの選挙の歴史の観点から、2016年がどこにランク付けされるのかを調べようとしています。しかし、この時点で、最近の進展は、巨大で非常に重要なアイデアの交換、世界の観点からの提案と政策と展望の対比と対立が、名前を呼ぶこと、交換に過ぎないかもしれないことを明らかにしています。侮辱、そして米国を弱体化させるだけでなく、代表的な民主主義であるというプロジェクト全体を脅かす可能性のある混乱の政治的混乱。率直に言って、最近のアメリカの大統領候補、確かにこの国の2つの主要政党のいずれかの旗手が、Twitterにアクセスしたり、何らかの意味で私たちのような声明を発表したりすることを想像するのは難しいです。今ではドナルド・トランプから聞いたり読んだりすることに慣れています。しかし、2016年のレースはほとんど終わっていません。さらに言えば、今週はまだ終わっていません。

司法省は、ノースカロライナ州に対する反訴で、バスルーム法案をめぐる強制を倍加する

次に、昨日、ノースカロライナと国の関心事に移ります。 ブリーフィング オバマ政権の司法省が、ノースカロライナ州が道徳的革命の観点から降伏し、ハウスビル2として知られる州によって最近採択された法律を撤回することを要求したという事実について話し合いました。 、彼らが生まれた性別のために指定されたバスルーム。司法省が議論を引き締めています。昨日、ノースカロライナ州知事が、州に対して脅迫された訴訟に関して、オバマ政権と司法省に対して訴訟を起こすと発表したことがわかりました。ノースカロライナ州が提起した訴訟は、司法省が1964年の公民権法のタイトルVIIを誤解していると主張しています。訴訟は、連邦政府が現在、その権限を乱用しているだけでなく、 1964年に書き戻された法律は、ノースカロライナ州にバスルームと性別の割り当てに関係する法律を改正するよう命じるという点で、トランスジェンダーの問題とは明らかに関係がありませんでした。

ここで私たちが目にしているのは、ノースカロライナ州と現在の司法省の両方によって確立された、反対の反対の訴訟の形をとっている世界観の巨大な戦いです。月曜日に、ロレッタ・リンチ司法長官は、知事の訴訟(ノースカロライナ州の立法者によって提起された他の訴訟が加わった訴訟)に照らして、司法省がノースカロライナに対するその訴訟。同省は昨日まで州に連邦の要求に州がどのように対応するかについて決定を下すように与えていた。ご想像のとおり、この物語にはいくつかの興味深いねじれがあります。

司法長官のロレッタ・リンチは自分自身がノースカロライナ州出身であり、第二に、予想されるように、司法省、オバマ政権、彼らはここノースカロライナ州のLGBT問題に関連する状況が正確に平行していると主張しています1960年代の公民権問題、したがって1964年公民権法。昨日言ったように、これは連邦政府とノースカロライナ州の間だけでなく、米国司法省とノースカロライナ大学の間だけでなく、米国に関して非常に反対の2つの世界観の間でも避けられない対立を引き起こします。 、バスルームの問題になります。これは、道徳的革命家が、この革命がもたらす必然的な結果に対する国民の反対の感覚に立ち向かい、誰がどのバスルームを使うべきかということです。

ノースカロライナ州知事がこの訴訟を提起する際に指摘した重要な点の1つは、議会だけが1964年の公民権法を改正または改正する権限を持っているということです。ノースカロライナ州は、それが非常に異なる状況になるだろうと認めています。しかし、ノースカロライナ州知事は、バスルームだけでなく、権力分立と憲法上の政府の境界にも関係しなければならないという重要なポイントをここで迫っています。ノースカロライナ州は、米国大統領、その政権、特に司法省が、明確な議会の承認または議会の意図なしに法律を再定義する権利を持っていないという非常に重要な点を指摘しています。よくあることですが、現在の問題、この場合は浴室に関する法律は、米国憲法の解釈と行政府とその権限の制限であるはるかに大きな問題に埋め込まれていることが判明しました。議会自体が憲法に従ってそのような法律を採用する権限を持っていると私たちが実際に信頼するかどうか。

ニューヨーク市長は、聖書の結婚に関する所有者の信念をめぐってチックフィレイのボイコットを要求する

しかし次に、シーンをニューヨーク市に移すと、道徳的革命家は、特にLGBTの問題に関して、彼らが迫っている道徳的革命的信条に対して、意見や信念の点でさえ、いかなる反対も許さないことは明らかです。この性的および道徳的革命の中心です。として ウォールストリートジャーナル 編集委員会は昨日、この種の道徳的強制の最新の例の1つが、ニューヨーク市長のビル・デブラシオによってもたらされたと述べました。彼らが書いたように、

「プログレッシブは、チキンサンドイッチも含め、すべてを政治化したいと考えています。ニューヨーク市のビルデブラシオ市長が、ビッグアップル周辺にオープンしているチックフィレイレストランを仲間の市民にボイコットさせるキャンペーンを目撃してください。」

この背景は実際には数年前のものです。この国全体の道徳的革命家、特にシカゴや現在のニューヨーク市などのよりリベラルな都市が会社に反対していることが明らかになったときに、チックフィレイに関係して浮上した論争です。その背後にある創設者の家族が結婚の伝統的な理解を保持しているという理由だけで。 Chick-fil-Aがいかなる意味でも顧客を差別したという告発はありません。しかし先週、デブラシオ市長は言った、

「チックフィレイは反LGBTです。私は確かに彼らをひいきにするつもりはありませんし、他のニューヨーカーに彼らをひいきにするように促したりもしません。しかし、彼らには法的権利があります。」

の編集者として ジャーナル いう、

「彼がビジネスを禁止しようとしているのではないことを知っておくのは良いことですが、[彼らが指摘しているように]彼に時間を与えます。」

チックフィレイのスポークスマンは、次のように答えました。

「チックフィレイ-私たちのレストランの文化とサービスの伝統は、信念、人種、信条、性的指向、性別に関係なく、すべての人を名誉、尊厳、敬意を持って扱うことです。」

しかし、編集者がこの重要な段落を書くときは絶対に正しいです、そして私は引用します、

"氏。デブラシオの本当の異議は、会社の所有者が彼の政治的見解に従わないということです。最高裁判所は、同性結婚は憲法上の権利であり、トランスジェンダーのバスルームが急増していると述べていますが、それは進歩派にとっては十分ではありません。彼らはまた、彼らに同意しない人を汚名を着せて罰したいと思っています。」

それは編集者が行う重要な議論であり、それは非常に重要でタイムリーです。この社会で私たちの周りで起こっている変化に関して私たちが今目撃しているのは、この道徳的革命の勝者側にいると信じている人々は、単に法の勝利を勝ち取るだけでなく、反対する人々を沈黙させたいということです。法廷で、しかし実際にはあらゆる種類の反対を沈黙させるために。そして、それには、キリスト教の信念に根ざしたあらゆる反対が含まれていることに注意する必要があります。ニューヨーク市長は、チックフィレイを差別であると非難しているわけではありません。ビジネスの背後にいる家族である所有者が、伝統的な聖書の結婚の理解を保持しているという事実だけです。そして、それ自体は、ニューヨーク市長によると、明らかに受け入れられません。

ここにはもう1つの非常に重要な皮肉があることに注意する必要があります。事実、ほぼすべてのオブザーバーが、マンハッタンのチックフィレイの場所は非常に混雑しているため、線がブロック全体を包み込む傾向があると言うでしょう。結局のところ、ニューヨーカーは必ずしも議論を買っているわけではありません。しかし、これが私たちに伝えていることは、ニューヨーク市長は、彼が定義する差別だけでなく、彼の道徳的革命の邪魔になるあらゆる種類の信念に対してさえ、歴史的記録の観点から自分自身を置くつもりであることを明確に示していますチャンピオンになり、彼自身のオフィスに関しては、リードするつもりです。

繰り返しになりますが、ここで何が起こっているかに注意してください。ニューヨーク市長は、チックフィレイが差別的な行動をとったとして非難しませんでした。彼はその製品やサービスに関して何の不満もありませんでした。彼の唯一の不満、彼が先週一般に公開した中心的な不満は、チックフィレイの所有家族が結婚についての聖書の理解を保持しているということでした。ニューヨーク市長は、それ自体は単に容認できないと述べています。

ハーバード・ロー教授は、司法活動を通じてリベラルな勝利を公然と提唱している

しかし、これらすべてが、ハーバードロースクールのウィリアムネルソンクロムウェル法学教授として特定された男性によって書かれた非常に重要な記事の準備を整えています。マーク・タシュネットは、確かに米国で、さらには世界で最も影響力のあるロースクールで教えています。彼のエッセイでは、

「防御的なしゃがみ自由主義立憲主義を放棄する」

—確かに一口で、タシュネット教授は、この道徳的革命がどこに向かっているのか、そして誰が革命家のまさに銃の視界にいるのかについての非常に明確な合図を送ります。彼が「防御的しゃがみ自由主義立憲主義」と呼ぶものを放棄することについて話すとき、彼は自由主義立憲主義者に新たな熱意で公の争いに参加すること、そしてさらに言えば、保守的な立憲主義の議論に反対するだけでなく、基本的にそれらを排除します。記事の中で彼は、彼がこれを「防御的なしゃがみ自由主義」と呼ぶものを放棄することを述べています-そしてそれは彼の見解では自由主義者が彼らの主張を公然とすることを非常に嫌がっていることを意味します-彼は最初にこれは彼が呼ぶものを意味すると言います、

「…「決定された日が間違っている」という法学。」

今、憲法に従う人々は彼が話していることを正確に知っています。彼は、合衆国最高裁判所に新たなリベラルな過半数が加わったことで、裁判所がより保守的な過半数を代表したと主張する数年前に解決された多くの事件を再検討すべきだと示唆している。そして彼らの議論の中で、彼は今、裁判官は単に言うべきであり、リベラルな裁判官はここでも彼自身に言及しているが、決定された日に決定が間違っていたと単に言うべきであると公然と主張している。さて、それはどういう意味ですか?彼が意味するのは、状況に何らかの変化があったと主張する必要はなく、合衆国憲法の読み方に何らかの変化があったことを認める必要さえないということです。むしろ彼は、リベラルな立憲主義者、この場合はリベラルな法学者、米国最高裁判所のリベラルな裁判官は、彼らが少数派であった事件を逆転させるために単に迅速に動くべきであると主張している。

興味深いことに、非常に有益なことに、彼がリベラルな裁判官が逆転すべきものとして引用しているケースの1つは、 ケーシー 多数意見がアンソニー・ケネディ判事によって書かれた決定。その決定において、米国最高裁判所は基本的に支持したので、それは非常に多くのプロライフ活動家を失望させたケースでした ロー対ウェイド事件。しかし、この場合、裁判所は、中絶を求める女性に「過度の負担」と呼ばれるものを課さない限り、州は中絶を法的に制限するように動くことができると述べました。この特定のケースでは、タシュネット教授は、裁判所は最初から間違っていたと言って自分自身を逆転させるべきであり、単に中絶をアメリカでさらに利用しやすくするために過度の負担を証明する必要を排除するべきだと言います。

タシュネット教授の2つ目のポイントは、

「文化戦争は終わった。彼らは負けた、我々は勝った。」

それがこのエッセイをとても重要にしている理由です。ここにあなたはアメリカで最も影響力のある憲法上の自由主義者の一人がいて、彼がここで文化戦争と定義していることは終わったと主張しています。そして保守派は敗北し、リベラル派は勝利した。ここで法学教授はリベラル派にはるかに攻撃的な立場をとるように呼びかけています、そして彼が文化戦争の敗者と定義する人に対して非常に特に攻撃的です。彼はこれを書いています、

「リベラル派にとって、今の問題は文化戦争で敗者にどう対処するかです。それは主に戦術の問題です。」

「私自身の判断では、リベラル派が規範的なプルをまったく持っていないと見なしている立場を擁護し、擁護している敗者に対応しようとするよりも、強硬な態度を取る(「あなたは負けた、それと一緒に暮らす」)方が良いと思います。 。」

「敗者に親切になろうとしても、南北戦争後もブラウン後もうまくいきませんでした。」

そして、あたかもそれらの文章が彼が書いたほど魅力的ではないかのように、

「そして、1945年以降、ドイツと日本では強硬路線をとることがかなりうまくいったように見えました。」

ここで、その文の意味に注意してください。ここでは、ハーバードロースクールで憲法の教授が教えており、アメリカの文化紛争、道徳的保守派と道徳的自由主義者の間の紛争、道徳的自由主義者が勝ち、保守派が失われ、自由主義者は単に何も受け入れないはずだと主張しています負ける側の観点から。そして、ここで非常に素晴らしいのは、この法学教授が負けた側を定義するとき、彼のエッセイの括弧で囲まれたこの文に彼の歴史的な例が入れられていることです。彼の例はドイツと日本です。これは、左翼がアメリカでますます道徳的な保守派を見る方法であり、これには保守派のキリスト教徒が含まれます。私たちは、第二次世界大戦を終わらせるために究極の無条件降伏を出さなければならなかったドイツと日本と同じように、敗北した敵です。

ハーバードロースクールの教授が、この国の道徳的保守派を強制するべきだと言っています。無条件降伏です。例としては、1945年のドイツと日本の降伏があります。教授は続けて次のように書いています。

「特にLGBTの活動家は強硬なアプローチに落ち着いたようですが、一部のリベラルな学者はより寛容なアプローチを擁護していることに注意する必要があります。文化戦争の特定の戦いが戦われていたとき、他の関連する戦いが続いていたので、地元の勝利の後に適応しようとすることは理にかなっているかもしれません、そして強硬な線はそれらの戦いの反対を固めたかもしれません。

しかし、彼はこれらの言葉で段落を締めくくります、

「しかし、戦争は終わり、私たちは勝ちました。」

タシュネット教授の記事を離れる前に、彼が他のいくつかの議論も提供したことに注意することが重要です。それらの1つは彼がこれらの言葉で述べています:

「却下する価値のない不利な判例(つまり、裁判所の判例)の曖昧さと抜け穴を積極的に悪用します。」

そして彼はいくつかの例を挙げています。彼の主張は非常に単純です。裁判所、特に最高裁判所から、リベラルな議題に影響を与えない決定が下された場合、リベラルは「曖昧さと抜け穴を利用する」方法を見つける必要があります。

教授がする他の議論があります、そして、それらの1つはもちろん私が繰り返さない猥褻さを含みます。しかし、この記事の重要性、主要な憲法理論家とハーバードロースクールの法学教授によって発行されたこのエッセイ、主な重要性は、この文化大革命が今、自由主義者が彼らの呼び出し、完全に彼らの呼び出し。そして、あなたは彼らの議論の観点から道徳的な勝利の感覚を見ます。この教授がこのエッセイの複数の方法と複数の場所で言ったように、リベラル派に関しては、彼らは勝ち、保守派は負けました。彼の議論は非常に明確である:リベラル派は、保守的な議論や保守的な信念にある程度対応しようとさえすべきではない。信教の自由と道徳的革命の間の避けられない衝突を考えるとき、私たちは今、議論の観点からだけでなく、私たちが直面する可能性のあることについて、米国の少なくとも1人の非常に影響力のある法学教授から通知を受けています。態度の面で。

同性結婚を合法化する努力があったとき、そしてそれらの事件が構築され、伝えられた避けられない最高裁判所の決定に向かっていたとき、あなたはそれが Obergefell 2015年に同性結婚を合法化する決定は、そこに向かう途中で、同性結婚の支持者は、勝利した場合、同性結婚に反対する人々にどのように対処するかを決定しなければならないことを認識しました。同性結婚が現実よりもアイデアであった当時、同性結婚の支持者は、少なくとも宗教的信念、特にキリスト教の信念によって可能である人々に対応する方法を見つけなければならないと言っていました。同性結婚を肯定しない。しかし、このターンが現在どのように行われているのか、この国の2つの非常に重要な道徳当局によって合図された非常に具体的なターンに気付くでしょう。道徳的革命に、そして彼はそれを次のチキンサンドに適用します、あなたはハーバードロースクールに非常に影響力のある憲法教授を持っています。道徳的革命を肯定しない人々に対応するためのあらゆる試みまたはふり。彼の言葉では、今私たちの耳に響くはずの言葉は、

ですから、クリスチャンの世界観を実践し、聖書が教えるすべてに忠実であると決心しているクリスチャンは、2016年の大統領選挙でいくつかの非常に新しい課題に直面することになります。それが私たちが始めた方法です。しかし、全体像は次のとおりです。21世紀のアメリカでの生活に関して、いくつかの非常に現実的な課題、いくつかの非常に新しい課題に直面することになります。それはより大きな問題であり、私たちが今知っているこれらの問題は、2016年の大統領選挙で何が起こってもはるかに長持ちします。しかし一方で、これはまた、この選挙がすべての大統領選挙と同様に非常に重要である理由を示しています。それも信号を送信します。難しさは今、その信号が何であるかを想像することです。

聞いてくれてありがとう ブリーフィング.

詳細については、AlbertMohler.comの私のWebサイトにアクセスしてください。 twitter.com/albertmohlerにアクセスすると、Twitterで私をフォローできます。南部バプテスト神学セミナーの詳細については、sbts.eduにアクセスしてください。ボイスカレッジの詳細については、boycecollege.comにアクセスしてください。

ワシントンD.C.からお話しします。明日またお会いしましょう。 ブリーフィング.

R.アルバートモーラージュニア

読者の皆様からのご意見をお待ちしております。お問い合わせフォームを使用して私に書いてください。 Twitterの@albertmohlerで定期的な更新をフォローしてください。

毎日のブリーフィングなどを電子メールで購読します(いつでも購読を解除します)。


「神を賛美するために」

もちろん、ほんの数年前に正反対のことをしたことで有名です。

Dan Cathy, the son of the late Chick-fil-A founder S. Truett Cathy, set off a fury among gay rights supporters in 2012 when he told the Baptist Press in 2012 that the company was "guilty as charged" for backing "the biblical definition of a family." Following Cathy's remarks, reports emerged detailing Chick-fil-A's many charitable donations to anti-gay marriage organizations.

These days, Chick-fil-A is warning all of its franchisees against speaking out publicly or getting involved in anything that could blur the line between their private beliefs and their public roles as extensions of the Chick-fil-A brand.

In an election year, that message extends to politics, in part to keep the brand from being exploited by candidates. In fact, the company has turned down several candidates who have tried to use Chick-fil-A to bolster their campaigns.

"There are several candidates who would like to use us as a platform," Farmer said.

"We are not engaging," he adds. "Chick-fil-A is about food, and that's it."

And the company's corporate purpose still reflects its founder's Christian faith: "To glorify God by being a faithful steward of all that is entrusted to us and to have a positive influence on all who come into contact with Chick-fil-A."

But Chick-fil-A is now pushing a more inclusive message, and telling operators not to let their activities in the community alienate or exclude any particular faiths or religious organizations.

"We want Chick-fil-A to be for everyone. That's your filter when deciding what to engage in," Farmer says.


Chick-fil-A gay fallout: Chicago ban, Facebook gaffe, Malkin blog

Strike another city from Chick-fil-A’s fan club as a Chicago official has pledged to block the fast-food chain from opening in his district amid a heated national debate over the place of the gay marriage debate in corporate America.

Proco “Joe” Moreno, one of 50 Windy City aldermen who make up the City Council, told the Chicago Tribune that he plans to prevent Chick-fil-A from building its second Chicago restaurant in his trendy, hipster-filled ward.

The company’s offense? President Dan Cathy’s comments last week that he is “guilty as charged” of defining marriage as the union of a man and a woman. In other words, he’s not in favor of gay marriage.

“If you are discriminating against a segment of the community, I don’t want you in the 1st Ward,” Moreno told the Tribune this week. “Because of this man’s ignorance, I will now be denying Chick-fil-A’s permit to open a restaurant in the 1stWard.”

He also added that Cathy’s comments were “bigoted, homophobic.”

Chicago’s mayor, Rahm Emanuel, followed suit with his own statement: “Chick-fil-A values are not Chicago values. They disrespect our fellow neighbors and residents. This would be a bad investment, since it would be empty.”

So far, San Francisco Mayor Edwin M. Lee and Los Angeles Mayor Antonio Villaraigosa, both of whom preside over substantial LGBT populations, have not responded to requests for their take on the issue.

Last week, Chick-fil-A issued a statement saying it would “leave leave the policy debate over same-sex marriage to the government and political arena.” The company added that it has always aimed to “treat every person with honor, dignity and respect -- regardless of their belief, race, creed, sexual orientation or gender.”

The reaction has been intense. Boston Mayor Thomas Menino told the Boston Herald that he no longer wanted Chick-fil-A in his city. Muppets creator Jim Henson Co. backed out of a partnership with the chain to make kids meals toys. Protestors are planning to congregate outside locations tonight participating same-sex couples will publicly embrace.

Former presidential candidate Mike Huckabee began marshaling supporters to swarm into Chick-fil-A restaurants on Aug. 1. Conservative commentator Michelle Malkin blogged that Menino’s “beef with the beloved chicken sandwich supplier is as full of holes as Chick-fil-A’s trademark waffle fires.”

“When an elected public official wields the club of government against a Christian business in the name of “tolerance,” it’s not harmless kid stuff,” Malkin wrote. “It’s chilling.”

Meanwhile, Gizmodo says that Chick-fil-A created a fake Facebook account to raise sympathy on social media, using a stock image of a teenage girl to invent a persona named “Abby Farle” to defend the chain in comments sections. The company denied the accusations to BuzzFeed.

Actress Roseanne Barr directed a pretty-much unprintable tweet at people who eat “antibiotic filled tortured chickens 4Christ,” saying that the group “deserves to get the cancer that is sure to come.”


Copycat Chick-fil-A Nuggets

I have always been somewhat of a late adopter in almost all aspects of life. I was one of the last people on earth to start wearing converse “chucks”. Or make the switch to skinny jeans. I was also very late on the iPhone adoption. And now I’m one of the last people to finally try Chick-fil-A.

The funny thing is, we didn’t even mean to go there. I was craving pancakes so we made our way to a popular waffle house just to find out that there was a 30-min wait on a Tuesday afternoon. So we drove back to our house and on the way home, we passed a Chick-Fil-A when Jason looked at me and said, “It’s time. We have to try this place at some point.”

So we pull up to the drive-thru and ordered 2 chicken sandwiches, chicken nuggets and all of their dipping sauces. And boy, was I in for a treat. It was ah-mazing. All of it. The sandwich. The nuggets. Oh, the nuggets. We almost went back because there wasn’t enough nuggets to go around!

But as amazing as that was, I couldn’t help but recreate this at home. I was a bit skeptical because I was unsure if the homemade version could actually top the original but surely enough, it tasted a million times better. Not to mention the epic homemade honey mustard sauce. I’m not even a mustard fan but this – this I could slurp, drink, and gulp down in my sleep. And once you dip those crisp nuggets, you’ll never want to go to Chick-fil-A again!


The history of photography is the recount of inventions, scientific discoveries and technical improvements that allowed human beings to capture an image on a photosensitive surface for the first time, using light and certain chemical elements that react with it.

The history of photography is the recount of inventions, scientific discoveries and technical improvements that allowed human beings to capture an image on a photosensitive surface for the first time, using light and certain chemical elements that react with it.

The news of 1839 announcing the existence of a procedure to fix the images by chemical means caused a sensation: the daguerreotype was perceived as a prodigy. Other procedures soon appeared. The invention of the visiting card format and the standardization of practices opened the way to important photography studios specializing in portraiture.

The photography was used for documentary purposes: inventory missions, topographic surveys, identification cliches, scientific investigations and reports. Spread by books and the first illustrated magazines with photographic evidence, it accompanied industrial progress in the second half of the nineteenth century.

Quentin Bajac invites us to explore the limits and advances of photography's first fifty years and shows how some of the photographers of the time wanted it to be recognized as an art.

First photographic experiments

Around 1800, in England, Thomas Wedgwood managed to produce a negative black and white photograph in a darkroom on white paper or leather treated with silver nitrate, a white chemical that was known to darken when exposed to light. 。

However, the image was not permanent, as it ended up completely darkening after a few minutes.

The first photograph

Photography, as we know it, was born in France in 1826 when Joseph Nicephore Niepce achieved the first photograph, "Point of view from the window at Le Gras". This image was made on a pewter sheet covered with bitumen diluted in lavender oil and recorded after 8 hours of exposure.

Daguerreotypes, emulsion plates, and wet plates occurred almost simultaneously in the mid-19th century after Niepce's discovery. These next three techniques were the ones that gave rise to the origin of modern photography.

The first color photograph

During the nineteenth century many chemists began to experiment to move from black and white photography to color photography. The first color photograph in history was baptized as "Tartan Ribbon" or "The Tartan Ribbon". This was taken in 1861 by photographer Thomas Sutton following the guidelines of British physicist James Clerk Maxwell.

The first color photograph was made with three negatives, which were obtained with blue, red and green filters. During development, these negatives were superimposed on a projection to create a single image.

This is how the first permanent color photograph was born in Great Britain, taken using a new 3-color additive system known as trichromacy.

However, this method did not fix the colors to the photo and, therefore, the first color photographic plate was patented in 1903 by the Lumiere brothers, which was brought to commercial markets in 1907 under the name Autochrome.

Years later, in 1935, the photographic plate was replaced by the first color photographic film invented by the Eastman Kodak Company and marketed as Kodachrome. But, in 1936 Agfa's version, called Agfa color, was here to stay.


Technology companies

Many of the large tech companies in the US have donated substantial sums to the cause. Google has committed $12 million, while both Facebook and Amazon are donating $10 million to various groups that fight against racial injustice. Apple is pledging a whopping $100 million for a new Racial Equity and Justice Initiative that will "challenge the systemic barriers to opportunity and dignity that exist for communities of color, and particularly for the black community," according to Apple CEO Tim Cook. Check out CNET's guide to learn more about how tech companies are supporting the Black Lives Matter movement.


These 21 booming restaurant chains are expanding in N.J.

While many casual-dining restaurant chains like Applebee's, TGI Friday's and Chili's continue to slump, shuttering locations state and nationwide, other restaurant chains have been expanding throughout New Jersey and the U.S.

Many, though not all, of the chains expanding in New Jersey are fast-casual restaurants, which have been booming in recent years by focusing on convenience, quality ingredients, the ability to customize meals, and online and mobile ordering options.

However, some experts believe the fast-casual trend has hit a plateau and will see a decline in sales growth this year, according to a recent report by Bloomberg.com.

Here's the chains with big New Jersey plans:

Blaze Pizza, one of the fastest-growing, fast-casual chains in the country, is about to open its sixth location in New Jersey soon as it continues its aggressive expansion throughout the state and country.

Inside the chain's trendy, modern-looking shops, customers move down an assembly line (similar to other fast-casual joints like Chipotle), offering customizable, artisanal pizzas dishes made with fresh ingredients and within just three minutes. The millennial-geared chain — which uses recycled materials and energy-efficient lighting — also promotes its community ties at each location, hosting local and fundraising events.

The Maryland-based sports bar chain the Greene Turtle recently opened it first New Jersey location in North Brunswick earlier this year as part of a major expansion into the Northeast.

The sports bar chain — which prides itself on being a "neighborhood hangout" with comfort food and a casual atmosphere — plans to open 15 locations in the Garden State in the coming years as part of its expansion plan.

The restaurant — which has all the linkings of a traditional sports bar and grill, offering hamburgers, french fries and sandwiches — also brings some flavor from its hometown of Maryland, including its crab cakes and crab cake soup as well as funnel cake fries.

Panera Bread is one the fast-casual-restaurant chains booming in recent years, focusing on only using "clean" ingredients, offering meals that can be customized, and giving customers the ability to order online or through its mobile app, which is linked to Apple Pay. The chain is also continuing to expand its Panera Delivery service with plans to roll out a new order tracking system that allows customers follow their delivery orders to their home or office.

There are currently 60 Panera Bread locations in New Jersey and roughly 2,000 in the U.S. and Canada.

The Tilted Kilt, a growing Celtic-themed restaurant chain where female servers wear revealing kilt uniforms, has been rapidly growing over the years, becoming a major competitor of Hooters.


ビデオを見る: 35作品+本家比較Big Brother (六月 2022).


コメント:

  1. Oratun

    それは私が今話せないのは残念です - 私は立ち去ることを余儀なくされています。私は解放されます - 私は間違いなくこの問題について私の意見を述べます。

  2. Murthuile

    申し訳ありませんが、私の意見ではあなたは間違っています。私はそれを証明することができます。 PMで私に手紙を書いてください、私たちは話し合います。

  3. Rowson

    どんな言葉...想像上

  4. Neran

    私の意見では、あなたは正しくありません。私はその立場を守ることができます。午後に私に手紙を書いてください。



メッセージを書く