カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

シンガポールの空港は屋台の食べ物の運賃を調理します

シンガポールの空港は屋台の食べ物の運賃を調理します



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

シンガポールの屋台の食べ物や屋台が好きですか?これで、最後の空港ベースの修正を取得できます

その国がとても有名なシンガポールの屋台の食べ物が好きでしたか?悲しいことに、出発する前に、ナシレマッをもう1つ手伝ったり、最も完璧な風味の麺でいっぱいの箸をもう1つ手に入れたりすることができませんでしたか?

さて、今あなたはできます。

チャンギエアポートグループ(CAG)は、シンガポールのチャンギ空港にシンガポールフードストリート、またはあらゆる屋台の食べ物のスモーガスボードを導入しました。

ターミナル3に位置するシンガポールフードストリートは、13の人気の地元の露店からのホーカー料理を誇っています。フードストリートには、イーストコーストラグーンバーベキューシーフード、オーディーンビーフヌードル、チャンギビレッジナシレマッなど、家庭の行商人の名前による200以上の料理があります。

ダイニングエリアは、国内で最も人気のある屋台の食べ物や料理を提供するだけでなく、シンガポールを有名になった独特のおいしい目的地にする雰囲気を呼び起こします。

シンガポールフードストリートは、ペラナカンスタイルの装飾が施され、ノスタルジックな手押し車で運営されます。

「[シンガポールフードストリート]は、シンガポールのカラフルなホーカーフードカルチャーを空港にもたらします。これは、平均的なシンガポール人のライフスタイルの大部分を占めています。旅行者はチャンギ空港で最高の地元料理を味わうことができるだけでなく、シンガポールならではの環境で食事をすることもできます」と、CAGのエアサイドコンセッション担当シニアバイスプレジデントであるアイビーウォンは述べています。

現在空港で紹介される13の有名なホーカースタンドは次のとおりです。

Tiong Bahru MengKeeローストダック

Sin Ming Road Rong Cheng Bak Kut Teh

ジャラントゥアコンミンチポークヌードル

ブギスストリート海南チキンライス

オールドエアポートロードフライドクウェイティーオ&キャロットケーキ

イーストコーストラグーン揚げビーフン

イーストコーストラグーンバーベキューシーフード

オディーンビーフヌードル

ニュートンサーカスサテ/サテビーフーン

チャンギヴィレッジナシレマッ

E-Sarnタイコーナー

カンポンカフェ

シンガポールフードストリートビバレッジストール

Alexandra E. Petriは、The DailyMealの旅行編集者です。 Twitterで彼女をフォロー@writewayaround


Krista Simmonsのレシピを使用して、自宅で屋台の食べ物に触発された食事を提供します

LAist.comの旅行作家兼フードエディターであるKristaSimmonsは、Fresh Cooks Live:TODAYのSpring Cookalongシリーズの一環として、家を出ることなく世界中の味覚を味わう方法を教えてくれました。

「私は間違いなく別の種類の子供だった」とクリスタはTODAY.comに語った。 「漫画を見る代わりに、「Great Chefs、GreatCities」やJuliaChildなどのPBS料理番組に夢中になりました。旅行中の料理人は彼女の冒険について書き、旅行に触発されたおいしい料理を作ります。これを読者やフォロワーと共有します。 TwitterとInstagram。

「私は世界中をさまよって、露店やファーマーズマーケットの光景、匂い、音からインスピレーションを集めるのが大好きです」と彼女は言いました。 「これらの料理はすべて、家庭料理に合うように調整されています。親しみやすく、もう少し健康的で、テラファームにいるときにバランスを保つのに役立ちます。」

サイゴン スリング

  • 1つの若いココナッツ
  • 1オンスのココナッツウォーター
  • 1オンスジン
  • 1オンスレモングラスジンジャーシンプルシロップ(下記のレシピを参照)
  • 1スティックレモングラス、4分の1
  • 1/2ライムのジュース
  • 砂糖漬けの生姜
  • ライムウェッジ
  • 付け合わせ用の竹カクテルつまようじ、オプション
  • 砂糖1カップ
  • 水1/2カップ
  • 2スティックレモングラス、四分の一にカットし、バッシング
  • 生姜2個、皮をむき、粗く刻んで大きなサイコロにする

小さな鍋にシンプルなシロップの材料を組み合わせます。とろ火で煮て、砂糖が溶けるまでかき混ぜます。鍋に入れたまま冷やし、生姜とレモングラスを急勾配にします。冷めたら、レモングラスと生姜を濾し、スクイズボトルに入れます。冷蔵庫で最長1週間保管してください。

四分の一レモングラススティックをシェーカーに入れて混ぜ合わせ、芳香剤を開きます。次に、氷、ココナッツウォーター、ジン、レモングラスのシンプルなシロップ、ライムジュースを追加します。激しく振ってから、クーペグラスに濾し、1/4ライムウェッジと砂糖漬けの生姜を飾ります。飲んでお楽しみください!

インド人 カレー カリフラワーのローストとココナッツライタ

  • ココナッツオイル大さじ3
  • マスタードシード小さじ1
  • クミンシード小さじ1
  • フェンネルシード小さじ1
  • カレー粉大さじ1
  • 海塩小さじ1
  • 小花にカットされた1頭のカリフラワー
  • クッキングスプレー
  • レーズン(付け合わせ)
  • トーストしたココナッツフレーク(付け合わせ)
  • コリアンダー(付​​け合わせ)
  • 1/2カップの無脂肪ヨーグルト
  • 1つの若いココナッツからの肉、さいの目に切った
  • みじん切りにした新鮮なコリアンダー大さじ2
  • ねぎみじん切り小さじ2
  • 小さじ1/4のコリアンダー
  • 小さじ1/4のクミン

大きな鍋を強火にかけ、ココナッツオイル大さじ2を加えて、熱くなるまで溶かします。カリフラワーの小花を入れ、カラメル状にし、1〜2回かき混ぜて、焦げないようにします。カリフラワーがカラメル状になっている間に、マスタードシード、クミンシード、マスタードシード、フェンネルシード、カレー粉を小さなフライパンでトーストします。カリフラワーがカラメルになったら、残りの大さじ1杯のココナッツオイルを加えてコーティングします。次に、トーストしたスパイスをカリフラワーに約3回に分けてかき混ぜながら加え、均一にコーティングするようにします。コーティングしたら、火を弱くし、塩を加え、蓋をして弱火で約10〜15分間、またはフォークが柔らかくなるまで調理します。カリフラワーを焙煎しながら、ライタを作ります。フォークを使用して、中型のミキシングボウルですべての材料を組み合わせてから、新鮮なコリアンダーの小枝をいくつか飾ります。完成したカリフラワーにココナッツフレークとレーズンを飾り、ライタのボウルと一緒に出します。

サテ シラチャピーナッツサンバルの串焼き

  • グリルをコーティングするココナッツオイル
  • 1.5〜2ポンドの鶏の胸肉の入札(10 1/2インチのストリップ)
  • 1/2カップの無脂肪ヨーグルト
  • ココナッツウォーター1/2カップ
  • 小さじ1杯のすりおろした生姜
  • にんにくみじん切り小さじ1
  • 小さじ1/2の魚醤
  • 醤油小さじ1/2
  • 小さじ1/2のサンバルオエレク、できればフイフォン
  • カレー粉大さじ1
  • タイバジル、砕いたピーナッツ、ライムウェッジ(付け合わせ)
  • ローストした塩味のピーナッツ1/2カップ
  • にんにく2片
  • 大さじ2サンバルオエレク、できればフイフォン
  • ココナッツウォーター1/4カップ
  • 大さじ1のすりおろした生姜
  • 蜂蜜大さじ2
  • ライム1個、ジュース
  • 醤油大さじ1
  • 大さじ1の魚醤
  • ココナッツオイル大さじ1

マリネを作るには、ヨーグルト、ココナッツウォーター、生姜、にんにく、魚醤、醤油、サンバル、カレー粉を混ぜます。チキンテンダーを一度に1つずつ追加し、均一にコーティングされていることを確認します。ボウルをラップで覆い、冷蔵庫に入れて少なくとも2時間マリネします。

竹の串10本を浅い鍋に入れて30分以上浸し、焦げないようにします。鶏肉を取り出してスティックに通し、大皿にのせてグリルまたはグリルパンに移します。

グリルの電源を入れて中火から強火にします。焼き付きを防ぐために、グリルにココナッツオイルを塗ります。串をグリルの上に置き、完全に火が通るまで、両側で約3〜4分間調理します。

鶏肉が調理されている間に、サンバルを作ります。すべての材料をブレンダーに入れ、utilをスムーズにパルスします。

ライムのくさびと浸すためのサンバルの小さなボウルを備えたタイバジルの葉のベッドでサテを提供します。


シンガポールの空港が屋台の食べ物の運賃を調理-レシピ

TrisMarlis著-2013年6月25日火曜日

NS ワールドストリートフードアワード、ワールドストリートフードコングレスの表彰プログラムコンポーネントは、シンガポールを ベストストリートフードシティ。ライオンシティは、快適なストリートフード文化を維持、促進、祝うために、政府、ストリートフードベンダー、業界関係者の間で魅力的な関係を築くなど、このカテゴリの基準を満たしています。

シンガポールの屋台の食文化は、移民が遺産のレシピを持ってシンガポールにやってきた1950年代にさかのぼります。当時、シンガポールの路上には約24,000人の違法な移動式行商人がいたと推定されていました。健康と環境への懸念から、政府は60年代に、屋台の食料品店が移転した最大150の小さなキッチンスペースを備えた「ホーカーセンター」を設立しました。彼らはきれいな水、電気、そして適切な設定を備えています。今日、島全体に107のそのようなホーカーセンターがあり、ホーカーはこれらの場所で象徴的な料理を出し続けています。飾り気がなく、安くておいしいです。


ベストストリートソーシャルエンタープライズフードアソシエーション(Dignity Kitchen)

今日のニューヨークのシンガポール人は、月額21ドルからの屋台に入札できます。彼女の政府はまた、承認された屋台の食べ物アカデミーで勉強しようとしている市民の最大90%に資金を提供します。彼らはまた、屋台の食べ物が路上にあった古き良き時代を追体験するために、移動式フードトラックとポップアップストリートキッチンのライセンスを発行し始めました。

シンガポールは、ベストストリートフードシティを獲得したほか、ベストストリートフードホーカーセンター(オールドエアポートロード)、ベストストリートフードカフェ(移民ガストロバー)、ベストストリートソーシャルエンタープライズフードアソシエーション(ディグニティキッチン)、ストリートフードアントレプレナーなどのカテゴリーでも勝利を収めています。 of the Year(BreadTalkのGeorge Quek)。シンガポールの3人の行商人は、Wee Nam Kee、Hill Street Char Koay Teow、JB Ah Mengなど、今年のトップ20ストリートフードマスターの1つです。

(左上から時計回りに)Lian He Ben Ji Claypot Rice、JB Ah Mengホワイトペッパークラブ、Hill Street Char KoayTeow…

ワールドストリートフードアワードは、ストリートフードの卓越性を評価し、スキル開発を刺激し、教育を刺激し、雇用と自営業の機会を創出することを目的としたこの種の最初のものです。この会議は、イベントクリエーターのマカンストラを含む国際的な研究者や仲間のチームとともに、世界的なアドバイザーのチーム(ワールドストリートフードカウンシルのメンバーを含む)で構成されています。過去17年間、この分野で信頼できるプレーヤーのリストを国際的に特定するために取り組んできました。この賞は、この業界のさまざまな側面をカバーする10のカテゴリーに分けられます。


世界中から50のお気に入りの屋台の食べ物

以下は、アルファベット順の屋台の食べ物の氷山の一角にすぎないので、どちらが優れているかについては議論しません。いくつかの伝統的な料理といくつかの珍しい容疑者が含まれています。

病気になることを恐れて屋台の食べ物を食べることを心配している場合は、地元で食べて健康を維持するためのヒントを読んでください。

アルゼンチンの屋台の食べ物: エンパナダス

それでも エンパナダス (ぬいぐるみのペストリー、通常はおいしい)はアルゼンチン全土で見つけることができ、最高のものは国の北西部のサルタ地方からのものです。ホットソースが一般的な唯一の地域でもあります。フラ!!

アルメニアの屋台の食べ物:ケバブ

ケバブ&#8212串焼きの肉のグリル&#8212はアルメニアだけのものではありませんが、すばやく簡単なスナックが必要な場合は、ケバブを包んでいることがわかりました。 ラヴァッシュ (フラットブレッド)は、選択された屋台の食べ物でした。

オーストラリアの屋台の食べ物:ミートパイ

心のこもった、おいしい、美味しくて安い。オーストラリアのミートパイ(そして心配しないでください、菜食主義の品種もあります)は、国中の私たちの旅行中の定番の軽食または食事でした。オーストラリアではよくあることですが、ガソリンスタンドから小さなカフェまで、どこにいても見つけることができます。

パイの中身を忘れた場合の視覚的なプロンプト。

バリ(インドネシア)屋台の食べ物: ナシチャンプル

ナシチャンプル 本質的にはご飯と一緒に出されるバリの混合プレートです。ほとんどのレストランがあなたのために選択をしますが、 ワルン、バリ島の地元の食料品店、 ナシチャンプル 選択はあなた次第です。あなたは次のようなおいしいものから選ぶことができます サテリリット、スパイシーなテンペ、みじん切り野菜、スパイスでこすった肉、鶏肉、豆腐。

バングラデシュの屋台の食べ物: シンガラ

シンガラ スパイスの効いたジャガイモと野菜のミックスポケットを薄い生地で包んで揚げたものです。良いものを区別するもの シンガラ テクスチャがいかに薄片状であるかです。いくつかは、まるでおいしいパイの皮で作られているかのように、とても薄片状です。 シンガラ どこにでもあり、安価です(1ドルで24と同じくらい安い)。

ボリビアの屋台の食べ物: サルテーニャ

サルテーニャ 鶏肉や肉で満たされたエンパナーダのようなポケットで、独特のわずかに甘い焼きたての皮で仕上げられています。 NS サルテーニャ 下の写真は、鶏肉と牛ひき肉の両方、ゆで卵、ハーブ、オリーブで満たされていました。スパイスのオプションには、燃えるような、熱い、普通の、そして甘いものがあります。みんなのための何か。

ボスニア・ヘルツェゴビナの屋台の食べ物: チェヴァプチ

サラエボのダウンタウンを歩くと、のにおいにとらわれずにはいられません。 チェヴァプチ、ボスニアの焼き肉の郷土料理。 チェヴァプチ 多くの場合、平らなパンのラウンドに押し込まれた5〜10個のミンチ肉の丸太の分割払いで提供されます。私たちの好みは玉ねぎと カイマク (生クリーム)。これらの食事のいずれかの後、何日も食べる必要はありません。

ブラジル(バイーア)の屋台の食べ物: アカラジェ

アカラジェ はバイア地方のアフリカ系ブラジル料理ですが、他の地域の市場や露店でも見つけることができます。それは、通常はエビのひき肉を使った、スパイスを効かせたマッシュポテトの混合物から作られ、ボールまたはパテにされ、揚げられて揚げられます デンデ オイル(パーム油)。その後、通常は塩辛いエビで覆われます(またはサンドイッチのように満たされます)camarãodosal)、ハーブ、野菜、そしてある種のソース。発見できる アカラジェ サルバドールのメイン広場に立っていますが、私たちのお気に入りは近くのビーチでした。

バイアのビーチにあるアカラジェの心のこもった部分。

カンボジアの屋台の食べ物:朝食用スープ

シェムリアップ近くのバンテアイ・スレイの寺院を出ると、トゥクトゥクの運転手が他の運転手と朝食をとっているのを見つけました。彼は私たちを彼に招待し、素晴らしい朝のスープを紹介してくれました。それは、新鮮な米麺、紙のように細かく刻んだバナナの花、きゅうり、キャベツを添えた微妙なイエローカレーの魚のスープで構成されていました。苦いハーブと長い豆のボウルが最後の仕上げのために私たちのテーブルを循環しました。

チリの屋台の食べ物: コンプリートイタリアーノ

チリに到着したとき、私たちは適切なものを食べる使命を帯びていました コンプリート (ホットドッグ)。私たちは通常、ホットドッグの回避を実践していますが、これらの美しさは抵抗するのが困難でした。ここに描かれているのは、アボカド、トマト、マヨネーズを旗のように融合させたものです コンプリートイタリア語.

チャイナストリートフード: 餃子 (餃子)

中国からの屋台の料理を1つだけ選ぶことは不可能ですが、私たちは群衆のお気に入りの中国の餃子と一緒に行きます。私たちが中国でサンプリングした数百の餃子のうち、青島の第6入浴エリア近くのDa Yu餃子ジョイントでこれらの豚肉、エビ、ニラの餃子が突き出ています。新鮮で美味しく、完璧に蒸しました。

コロンビアの屋台の食べ物: アレパ

最高の状態でコロンビアのグルテンフリーのコンフォートフード。 NS アレパ コーンミール生地の揚げ物です。それらは、食事の副澱粉として、またはチーズを詰めて、プレーンで提供することができます(アレパデケソ)、卵または他の詰め物。ぬいぐるみはもっと面白くて美味しいです。コロンビアの各地域には独自の地域があります アレパ 特産品なので、国中を歩き回るときに、いくつかの異なる品種を試す価値があります。

ボゴタの市場のグリルでチーズを詰めたアレパ。

エクアドルの屋台の食べ物:セビチェ

ラテンアメリカの各国は独自のスタイルを提供しているようです セビーチェ、訪問した各国で試してみる必要があると感じました。私たちはそのペルー人を認めなければなりませんが セビーチェ 私たちのお気に入り(下記参照)、このエビのボウルです セビーチェ キトのセントラルマーケットから、新鮮なエビ、豊富なハーブ、そしてトマトのかけらですぐに走りました。ああ、私たちはポップコーンの大ファンでした。

エジプトの屋台の食べ物:サトウキビジュース

私たちが初めてカイロを訪れたのは2011年12月で、まだタハリール広場でデモが行われており、世界中のニュースチャンネルが暴力と抗議のシーンでライトアップされていました。しかし、ほぼ800万人の都市での私たちの経験は、オールドカイロのフレンドリーなサトウキビジュースの達人とのこのような出会いでいっぱいでした。そして、あなたが不思議に思っているのであれば、私たちは病気になりませんでした。

エルサルバドルの屋台の食べ物: ププサ

ププサ (コーントルティーヤの詰め物)は、エルサルバドル全体で人気の屋台の食べ物です。揚げた小豆、チーズ、そしてほんの少しの チチャロン (塩辛い豚皮)、 ププサ フアユアのセントラルパークの東にあるシンプルな通りのスタンドから下にあるのは、私たちがどこでも食べた中で最高でした。野菜のピクルスと唐辛子をのせます。美味しい!

エチオピアの屋台の食べ物:ストリートサイドコーヒーセレモニー

伝統的なエチオピアのコーヒーセレモニーは、最初の一杯のコーヒーの開始から終了まで少なくとも20分かかる可能性がありますが、待つ価値は十分にあります。いくつか試してみる必要があります。そうして初めて、コーヒーの発祥の地であるエチオピアにとってコーヒーがいかに重要であるかを完全に理解できるようになります。

ジョージア(共和国)屋台の食べ物: ハチャプリ

ハチャプリ、どこにでもあるグルジアのチーズを詰めたパンは、ねばねばした美味しさを漂わせています。朝食、ランチ、ディナーにジョージアン様式のテーブルにある一般的な場所。中のチーズはやや塩漬けになっているので、塩味の良さはダイエットを解体するサイレンの鳴き声のようです。

ドイツ(ベルリン)屋台の食べ物: ドネルケバブ ケバブ

ベルリンのドネルケバブについては誰もが知っています。しかし、クロイツベルクのメーリングダム通りにあるムスタファは、あなたの典型的なドネルケバブではありません。牛肉や子牛肉のフレークではなく、ロースト野菜でプレスされた鶏肉の削りくずがムスタファの紡錘体から落ち、ジャガイモ、サツマイモ、サラダ、フェタのようなチーズ、絞りたてのレモン、ミステリーソースの素晴らしいメランジュが添えられます。

あなたが菜食主義者であるならば、あなたは純粋な野菜を選ぶこともできます。長い列が通りを蛇行しているのを見ると、ムスタファに到着したことがわかります。

ギリシャ(クレタ島)の屋台の食べ物: ブガツァ

ギリシャのクレタ島では、私たちがしたのは食べることだけのように見えることがありました。島の主要都市であるイラクリオンでは、出発直前に試してみることをお勧めしました バガツァ、クリームやチーズを詰め、粉砂糖をまぶしたペストリー。一番有名な バガツァ は、1922年にアルメニアの移民によって設立されたパン屋であるKipkopで提供されています。このパン屋の子孫は、今日まで同じオリジナルレシピを提供しています。

グアテマラの屋台の食べ物: ちゅちと

グアテマラは、中央アメリカでの最初の立ち寄り場所として機能しました。私たちはほとんどすぐにアンティグアの屋台の食べ物に行きました。これ、 ちゅちと (メキシコのタマレ&#8211シュレッドビーフに、ゆでたとうもろこしを詰めたものに似ています)、新鮮なワカモレ、サルサ、キャベツをまぶしました。

ハイチの屋台の食べ物: Mayi Moulen Kole ak Legim

ハイチではたくさんの屋台の食べ物が揚げられています&#8212オオバコ、豚肉、その他の肉片、ジャガイモなど。しかし、たった数ドルでボリュームたっぷりの食事を探しているなら、このコーンミール、豆、野菜のシチュー(mayi moulen kole ak legim)はそれがどこにあるかです。コーンミールの一貫性は、ポレンタとクリーム・オブ・ホイート(またはクリーム・オブ・コーンミール)の間のどこかにあります。

ホンジュラスの屋台の食べ物: バレアダ

中央アメリカの他の地域はすべてトウモロコシに関するものですが、ホンジュラスの定番の屋台の食べ物&#8212 バレアダ &#8212は小麦粉で作られています。そして正直なところ、これは3か月のトウモロコシの後の安堵でした。チーズ、豆、卵、そして様々な肉の組み合わせを詰めて、 バレアダス すぐにホンジュラスのコンフォートフードになりました。

ハンガリーの屋台の食べ物: ラーンゴシュ

サワークリームをまぶした揚げパンに誰もが抵抗できるでしょうか。だからハンガリー人 ラーンゴシュ 簡単なお気に入りです。ハンガリーのほぼすべての市場に足を踏み入れれば、きっと見つかります ラーンゴシュ、それの特徴的な香りが最初にあなたを見つけられない場合。にんにくをお試しください ラーンゴシュ 吸血鬼がいない&#8212で、おそらく数時間は友だちがいないでしょう。

インドの屋台の食べ物: Aloo Tikki

インドには屋台の食べ物がたくさんありますが、これを使わなければなりません aloo tikki (スパイスポテトスナック)私たちのお気に入りの1つとしてバラナシに立っています。 NS aloo tikki 良かったのですが、彼のために料理をするために私をロープで縛ったカリスマ的なベンダーがその経験をしました。 ノート: インドで屋台の食べ物を食べることに挑戦する場合は、調理済みの製品に固執し、汚れた水で洗われた可能性のある新鮮なハーブや野菜のトッピングに注意してください。

イランの屋台の食べ物:スパイスの効いたソラマメ

イランのすべてのケバブと肉の後で、このベンダーがケルマーンシャーの近くの山で蒸したスパイスの効いたソラマメの大きな山を販売しているのを見つけて感謝しました。酢と赤唐辛子を少し加えて美味しいです。私たちが追加のサービングのために戻ってきたので、彼は私たちの野菜を奪われたグループを少し奇妙に感じたと思います。

イタリア(ナポリ)屋台の食べ物:シーフード フリットミスト

イタリア料理は食材の鮮度がすべてです。このため、最もシンプルな料理でも美味しいです。そしてこれは、国の南部にある食通の楽園であるナポリで特にそうです。この街は、揚げ物を含むすべてのものを愛することで知られています ピザフリッタ (はい、それは揚げピザです)しかし、ナポリで私たちのお気に入りの屋台の食べ物のスナックはシンプルでした クオッポナポリ語 で満たす フリットミスト (揚げ物を混ぜたもの)。このシンプルな紙のコーンには、ピグナセッカ市場の魚屋から直送された新鮮な魚やシーフード(エビ、アサリ、イカ、タコなど)が軽く揚げられています。菜食主義者、あなたも見つけることができるので、絶望しないでください フリットミスト 揚げたズッキーニの花、ズッキーニ、ナスなどで作られています。おいしいだけでなく、充填。

日本の屋台の食べ物: たこ焼き

タコのボール?はい、お願いします。 たこ焼き ハーブ生地に刻んだタコのふわふわの熱いラウンドです。経験のすべての部分:マスターがすぐに彼らを回すのを見る たこ焼き カップケーキパンのように見えるものに長いつまようじを入れて、ボールがすべての面で均等に調理されるようにします。 たこ焼き 多くの場合、甘いソースがトッピングされています、 アオノリ (粉末海藻)、そしての十分な援助 はなかつお (かつお節の干物)。

ジョーダンストリートフード: クナーファ

屋台の食べ物は必ずしもおいしいとは限りません。 クナーファ は、セモリナ粉を上に焼き、甘いシロップで覆った、ねばねばした白いチーズベースから作られた退廃的な中東のデザートです。私たちはあらゆる機会を利用して食べ物を食べますが、まだ見つけていません クナーファ ヨルダンのアンマンのダウンタウンにあるハビベ(ハビバ)で提供されるものよりも優れています。アンマンを訪れた人と話をしたすべての人がこれに言及しています クナーファ 憧れの溜息で。

キルギスタンの屋台の食べ物: サムサ

サムサ 肉、玉ねぎ、スパイスが入った生地のポケットです。これらは、キルギスタン全土の屋台、生鮮市場、丘の中腹の動物市場の主食です。しかし、最善のために サムサ 田舎では、「オシュスキ・サムサ」が粘土のタンドールオーブンで焼かれる南部のオシュに向かいます。

ラオスの屋台の食べ物: またはラム

多くのレストランがラオス料理と同じようにタイのカレーをポンと鳴らしているので、ルアンパバーンを訪れて、あなたがラオス料理を食べていると思わせることができます。周りに尋ねた後、私たちはついに見つけました またはラム、きのこ、なす、肉、レモングラス、唐辛子のスパイシーなシチュー。後ろには カイペン (スパイスを効かせた乾燥した川の雑草)と ボーン語 (ラオスのディップソース)。これらはすべて、冷たいビールラオスと完璧に調和します。

マダガスカルの屋台の食べ物: モフォアナナ

マダガスカルで私たちのお気に入りのスナックの1つは mofo、国の代表的なおいしいスパイスの効いたベニエのフリッターまたはパコラ。私たちのお気に入りは mofoアナナ (文字通り、葉物野菜のパン)葉物野菜のストリップとスパイスで満たされた揚げフリッターです。これらは、市場や通り(最近揚げたものであることを確認してください)、レストランやホテルのメニューで見つけることができます。

新鮮 mofoアナナ 私たちの村のホームステイでアフタヌーンティーを楽しみます。

マレーシアの屋台の食べ物: サンバルソトン

料理のためだけなら、マレーシアに旅行する価値があります。マレーシアの屋台の食べ物は楽しいメランジであり、中国や東南アジア全体から影響を受けています。そして、それは国のインド料理シーンにも影響を与えません。多くの屋台の屋台はたった1つの料理を専門としており、複数の世代が協力してレシピを完成させていることも珍しくありません。

マルタの屋台の食べ物: カサタット

カサタット 伝統的なマルタのおいしいペストリー(または pastizzi)あなたは島中に見つけることができます。丸みを帯びて全体が上になっているので、中身が見えます。伝統的な詰め物にはエンドウ豆またはリコッタチーズが含まれますが、私たちのお気に入りはほうれん草でいっぱいのチョックでした。大きくは見えないかもしれませんが、かなりの風味のあるフィリングがあるので、かなりボリュームがあります。私たちはいくつかを拾いました qassatat の1つで パスタッツィ バレッタのバス停に立っており、海岸沿いの日帰りハイキングでピクニックランチを楽しむことができます。

マルタの心のこもったカッサタは、海岸沿いのハイキングでのピクニックランチとして機能します。

メキシコ(オアハカ)屋台の食べ物: トラユーダ

メキシコで2か月間過ごす場所を決めたとき、主に料理と屋台の食べ物のシーンからオアハカを選びました。私たちのお気に入りの屋台の食べ物や市場の軽食の1つは トラユーダ、大きな半乾燥トルティーヤ、時には未精製のポークラードの薄層で艶をかけられた アシエント、そしてリフライドビーンズをトッピング(インゲンマメ)、トマト、アボカド、および肉のいくつかのバリエーション(チョリソ、タサホまたはセンシラ、または細切りチキンティンガ)。開いた状態で提供することも、半分に折りたたんで炭火焼きで調理することもできます。多くの場合、2人を養うには1つで十分です。

ミャンマー(ビルマ)屋台の食べ物: モヒンガ

地理的には、ミャンマーは南アジア(インド)、東アジア(中国)、東南アジア(タイ)の交差点に位置しています。料理的には、それもそうです。これは私たちにとって嬉しい驚きであり、ビルマ料理は私たちの期待を上回りました。そして私たちのお気に入りのビルマ料理の1つは モヒンガー (また モヒンカ)、玉ねぎ、にんにく、生姜、レモングラスの魚ベースのスープにビーフンを含むスープ。通常、スライスしたバナナの花、ゆで卵、フリッターをトッピングしました(akyaw)。これは通常朝食に提供されますが、一日中いつでもそれを探すようにしてください。

ネパールの屋台の食べ物: モモ

どこでも餃子に抵抗するのは難しいです、そしてネパールの モモ 例外ではありませんでした。蒸したり、時々揚げたりしてお召し上がりいただけます。 モモ ネパール全土を含むチベット高原の周辺地域の定番です。

パラグアイの屋台の食べ物: テレレ

ひどく蒸し暑くてバスを何時間も待っているとき、 テレレ、パラグアイの国技(いや、国技)は間違いなく役立ちます。 テレレ のように見えます マテ茶、しかしそれは冷たく提供され、何時間も楽しむことができます。

ペルーの屋台の食べ物: セビーチェ

ペルーは、ラテンアメリカを旅する私たちの料理のハイライトでした。 NS セビケリア リマのスルキリョ市場では、特に週末は人でにぎわいます。ミックスシーフードセビチェの巨大なプレートは約4ドルから​​5ドルです。ペルーの家庭生活と政治についての議論は無料です。

ポルトガルの屋台の食べ物: パステルデナタ

リスボンの通りに並ぶこれらのユニークなフレーク状の皮をむいた、クリーミーなカスタードで満たされたおやつは中毒性があります。オリジナル パステルデナタ 近くのベレンの修道女が、残った卵黄を使ってペストリーの特徴的なカスタードフィリングを作ったと考えられています。ポルトガルのすべてのパン屋に立ち寄って、これらの美しさを窓に展示し、1つ(または2つ)を試食するのは難しいことです。 ビカ (地元のエスプレッソ)。

の美しいトレイ パステルデナタ リスボンの路上で。

シンガポールの屋台の食べ物:海南チキン

海南鶏飯はシンガポールならではの名物料理です。説明は目立たないように聞こえるかもしれませんが、その味は喜ばれます。料理は、チキンブロス、ロースト(または蒸し)チキンのスライスにキュウリとハーブを添えて、ホットソース、甘い醤油、野菜を添えた軽いチキンストックスープで構成されています。その繊細さでおいしい。

南アフリカの屋台の食べ物: バニーチョウ

バニーチャウは基本的に、カレー(または マサラ、 もし良かったら)。プランテーション労働者が昼食を畑に持っていくのを簡単にするためにこのように設計されたという噂があります。バニーチャウは、南アフリカ、より具体的にはダーバン市における南アジアの影響力の料理の証拠として機能します。

スリランカの屋台の食べ物: ホッパー

ホッパーは典型的なスリランカ料理で、米粉とココナッツミルクから作られた薄いボウル型のパンケーキで、多くの場合、目玉焼きが入っています。それは通常、おいしい、おいしいスナックのためにシンプルなカレーと一緒に出されます。彼らは、特別なホッパーパンと笑顔で通りで仕事をしているマスターによって作られているのを見るのと同じくらい食べるのが楽しいです。

ホッパーズ、チャンピオンのスリランカの朝食。

セントマーチン/セントマーチンストリートフード:ジョニーケーキ

セントマーチン島/セントマーチン島では地元の食べ物を見つけることができますが、よく見ると確かに見つかります。その際は、カリブ海で人気のコーンミールを使った揚げスナック、ジョニーケーキを試すことをお勧めします。そのままでも、スープの横でも食べられますが、サンドイッチに使うためにロールのように半分に切ることもよくあります。セントマーチンで私たちのお気に入りは、塩魚のジョニーケーキでした。

セントマーチンのおいしい塩魚のジョニーケーキ。

タイの屋台の食べ物:ストリートサイドのレッドカレー

タイは、屋台の食べ物に対する私たちの恋愛が本当に始まった場所です。タイは、屋台の食べ物だけなら、訪れる価値のある場所の1つです。だから私たちはタイの屋台の食べ物が行くことを知っている間 良い カレー以外にも、新鮮なタイバジルで覆われたエビのレッドカレーの美しいプレートは、バンコクへの最初の訪問で何年も前に始められた料理でした。

トルコストリートフード: Borek

悪くてねっとりしたものがたくさんあります ボレク (薄いペストリーの詰め物)世界で。イランに向かう途中のイスタンブールへの訪問中に、私たちはこの男のクリスピーなチーズ詰めの常連になりました ボレク。彼の店はベイオールの私たちのアパートの真向かいにあったので、便利でもあります。

ウガンダの屋台の食べ物: キコマンド

ウガンダのカンパラでお腹が空いたら、メンゴマーケットに行ってみてください。 キコマンド. キコマンド のスライスを混ぜた豆で作った詰め物です チャパティ。たくさん食べると映画「コマンドー」のアーノルド・シュワルツェネッガーのように強くなると言われています。それについてはよくわかりませんが、そのプレートは一日の残りの間あなたを詰め込みます。

ウクライナの屋台の食べ物: ヴァレーニキ

私はすべての種類の餃子とウクライナ語に弱点があります ヴァレーニキ 例外ではありません。これらの小さめの餃子は通常、ひき肉、ジャガイモ、キャベツ、きのこ、またはチーズのいずれかが詰められています。通常、蒸したり揚げたりするオプションが提供され、揚げ玉ねぎをトッピングして添えます スメタナ (サワークリーム)。あなたは見つけるでしょう ヴァレーニキ すべての地元のお祭りで提供され、ウクライナのカフェテリアやレストランの定番です。

キエフでキャベツとキノコを詰めたバレニーキーのボリュームたっぷりのサービング。

ウズベキスタンの屋台の食べ物: Plov

Plov ウズベキスタンの郷土料理です。千切りにんじん、赤唐辛子、キャラウェイシード、肉の塊を揚げたライスピラフを考えてみてください。プロフは地域全体に非常に遍在しているため、自称地元の愛好家は、アメリカ人とピザや唐辛子との関係のように、外国人には気付かない違いを識別できます。中央アジアで最初のplovクックオフに向けてレーダーを調整し続けます。

ベトナムの屋台の食べ物: チャカ

ベトナムは、屋台の食べ物を愛する人にとってもう1つの素晴らしい目的地です。冬のハノイ訪問中に、私たちは試しました チャカ これは、魚、ターメリック、ディル、コリアンダー、その他の野菜に麺、ピーナッツ、酢、唐辛子を添えた独特の鍋料理です。ベトナムの多くの食事と同様に、あなたはあなたが求める正確な味のプロファイルにあなたの料理を調整するために、緑、麺、スパイス、および他のおいしい小片の山を提供されます。

新疆(中国)の屋台の食べ物: ラグマン

新疆ウイグル自治区はチュルク語とモンゴル語の​​独特の民族的ブレンドであるため、私たちは新疆ウイグル自治区の屋台の食べ物を独自のカテゴリーに分類しています。そのため、ウイグル料理は「伝統的な」中国の影響と呼ばれるもののいくつかのヒントを示していますが、その料理は主流の中華料理とはかなり異なることがよくあります。私たちのお気に入りの1つは、プルヌードル、または ラグマン味だけでなく、その調理のセンスも楽しんでいました。引っ張られた麺は、スープに浸される前に、適切な一貫性を確保するために投げられ、叩かれ、引っ張られます。 スオマン、麺、野菜、肉のブレンド。


モバイルフードカートビジネスを始める方法は?ステップバイステップガイド

First Step: Market Research

Market research involves finding out the “who, what, where, why and when” of your business, and while it’s not the most exciting part of your endeavour, it’s certainly an essential one.

It can be risky and even silly to assume that you already know the answers to these questions and then get caught out later on.

Here’s what you need to address at this stage:

  • Where will you set up your food cart business?
  • When will you open to ensure the best business?
  • How will the weather affect your trade?

Locations & Business Opportunities

Finding a couple of great locations will play a major factor in your success and it depends on several key factors:

  • Where you’re allowed to park by law
  • Where the customers are
  • The prime hours for each location
  • コンペ

Some great places and opportunities to consider for trading are:

  • Office parks
  • The business district
  • Empty lots
  • Shopping districts or malls
  • Popular tourist locations
  • Sports venues
  • Parks and beaches
  • Bus and train stations
  • College campuses
  • Festivals and events
  • Conferences and conventions
  • Private events (weddings, birthdays, etc)
  • Corporate events

Most of these locations will require permits and/or owner agreements, so make sure to check with your local authorities & institutions beforehand.

When it comes to festivals, events, conferences and conventions the best thing to do is to get in touch with organizers and lease your space well in advance.


関連記事

Chef’s Favorite Piada at Piada Italian Street Food ($8): This Ohio outfit continues to add Twin Cities locations. It specializes in Italian flatbread wraps and assembling orders in front of customers, which is half the fun. A tasty bet — not just a clever name — is the Chef’s Favorite Piada, served with toasty flatbread, lettuce, mozzarella, sweet and spicy peppers, parmesan and a spicy diavolo sauce. A protein can be added to the wrap, which ranges in price from 99 cents to $1.99. Several locations including Woodbury, 345 Radio Drive 651-363.3529 Mall of America Culinary on North, 952-303-5458 and Chanhassen (190 Lake Drive E. 952-934-6581 also coming soon to Eagan, 3333 Pilot Knob Road, according to the restaurant’s website mypiada.com

Chipotle Chicken Arepa at Hola Arepa. (Pioneer Press: Nancy Ngo)

Slow-roasted pork arepa at Hola Arepa ($12): Hola Arepa’s food truck quickly gained a following with downtown St. Paul and Minneapolis lunch crowds for its arepas, the popular Venezuelan street food. The food truck was such a hit that the owners opened a bricks-and-mortar location so fans could nab arepas year-round. At the Twin Cities restaurant, cornmeal cakes are made fresh on the griddle and topped with meats, vegetables, cheese and sauces. You really can’t go wrong with any of the topping choices, but the front-runner for us was the slow-roasted pork with black beans, cotija cheese and a house-made special sauce. You can’t go wrong with the chipotle chicken arepa, either, a dish as tasty as it is pretty. The yuca fries served with orders are also a treat. And good news for St. Paulites: In case you haven’t heard, Hola Arepa plans to open a second location, this one in the keg and case building of the former Schmidt Brewery site on West Seventh Street. Hola Arepa: 3501 Nicollet Ave., Minneapolis 612-345-5583 holaarepa.com

Jibarito Sandwich at El Jibarito Food Truck ($8): On warm weather days, make a beeline for this bright-yellow food truck. Everything we’ve tried from this truck that dishes up Puerto Rican street fare has been aces. The best of the bunch: the Jibarito sandwich with thin, fried plantains that hold together flavorfully seasoned steak topped with lettuce, tomato, onions and cheese. A creamy-tangy “mayo ketchup” pulls it all together. El Jibarito Food Truck: downtown St. Paul area Eljibaritofoodtruck.com

Pork gyro at the Naughty Greek ($8.20): Athenian Street food wouldn’t be complete without a pork gyro. And this fast-casual spot in St. Paul specializing in Athenian street fare shows us how it’s done. Shavings of slow-cooked pork comes off the rotisserie tender in the middle and crisp on the edges. Toppings include a tasty house-made tzatziki sauce and decadent Greek fries. The Naughty Greek: 181 N. Snelling Ave., St. Paul 651-219-4438 thenaughtygreek.com

Brazilian Corn Cake at Ziggy’s Street Food & Cocktails. (Pioneer Press: Nancy Ngo)

Caribbean corn cake at Ziggy’s Street Food & Cocktails ($8.50): A local restaurateur opened this year-round food truck in downtown Stillwater last summer and dishes up street foods from different parts of the globe. The standout here is the Caribbean corn cake with pork belly, pico, pineapple salsa and cilantro that hit savory, salty, spicy and citrus notes all in the same bite. Brazilian corn cakes with chicken, a tomato-coconut sauce, lettuce and pico are a close runner-up. Ziggy’s Street Food & Cocktails: 132 Main St. S., Stillwater 651-342-1773 ziggysmn.com

(Top left– clockwise:) Shrimp, Salmon and Spicy Tuna on Crispy Rice at PinKU Japanese Street food. (Pioneer Press: Nancy Ngo)

Singapore’s Airport Cooks Up Street Food Fare - Recipes

1 Season, 6 Episodes | IMDb: 7.6/10

This is Netflix’s second swing at a cannabis cooking show and it hits more often than not. The conceit is simple, cannabis chefs step into the studio kitchen and make the best THC or CBD infused plates they can. It’s fairly fast-paced and the food is legitimately repeatable in your own kitchen (for the most part).

Each episode is just over half-an-hour and there are only six total, so this is a really easy binge if you’re stoned and couch-locked.

Can’t Miss Episode:

With only six episodes, just start at the beginning. Though, episode five, High Holidays, is a particularly fun episode with a “Danksgiving” theme.

15. Million Pound Menu

2 Seasons, 12 Episodes | IMDb: 6.5/10

This British show is equal parts fascinating and entertaining. Burgeoning cooks gather to do a pop up for the public and a group of judges, who are also restaurant investors. Meaning there’s are some serious stakes at play here. Pop up chefs, home cooks, and food truck chefs are cooking for their professional futures.

The show doesn’t flinch as it takes you into what it’s really like to create a fully realized concept for a restaurant and then actually make that business function in the real world, in front of people willing to give you sometimes millions of dollars (well, millions of pounds in this case).

Can’t Miss Episode:

Episode five from season one is a great place to start. The episode covers two concepts: A small plate Korean restaurant and a reimagining of the British dish bubble & squeak into a whole menu. While it’s clear early on which of these two will get funded, it’s still a fun and hunger-inducing watch.

14. Flavorful Origins

3 Seasons, 40 Episodes | IMDb: 7.6/10

More than anything, this show is beautiful to look at. NS Chef’s Table aesthetic is on full display as the camera and narrator takes us around two Chinese provinces with a laser focus on the food.

Farms, markets, hawker stalls, family dinner tables, and professional kitchens blend to create a clear sense of the place through the food the people grow, prepare, and eat. The episodes are also about 12 minutes each, making this a really easy binge.

Can’t Miss Episode:

Season two (Chaoshan Cuisine) episode two about Hu Tieu is a great place to start. The thick rice noodle takes on many forms over the 13-minute runtime and will have your craving noodles immediately.

13. The Final Table

1 Season, 10 Episodes | IMDb: 7.7/10

This was a huge step up for Netflix when it came to fast-paced cooking competitions. Real-deal chefs gather in-studio to cook food based around a different nation’s food culture each week, creating a truly global feel.

While the show punts on their American episode, the rest of the series moves at a break-neck pace and features some truly inspired cooking.

Can’t Miss Episode:

Start with episode one based around Mexican cuisine. It’s an hour-long episode but will give you a great introduction to the show overall.

12. Ugly Delicious

2 Seasons, 12 Episodes | IMDb: 7.8/10

Chef David Chang’s first Netflix show has a lot to offer. The show follows the chef around as he does his best to fill the shoes of Anthony Bourdain. There’s a clear travel element that’s focused on a food theme for each place. The second season focuses even more with Chang taking you into his family’s home as he has his first child and ponders food for kids before heading off to India and Australia.

Once you get through Ugly Delicious, check out Chang’s other food and travel show, Breakfast, Lunch, & Dinner, especially the episode in Cambodia with Kate McKinnon.

Can’t Miss Episode:

Season one, episode six (about fried chicken) is really when Chang hits a stride. The episode travels from Nashville’s hot chicken scene to a Chinese KFC to a Japanese home kitchen by the end. Plus, it’s all about fried chicken. That’s an easy subject to watch for an hour.

11. Somebody Feed Phil

4 Seasons, 22 Episodes | IMDb: 8.1/10

There’s something very infectious about Phil Rosenthal’s wide-eyed wonder at all the beautiful food in the world. While this show is just as much about travel as it is food, it’s really Rosenthal’s affability that carries the hour-long episodes. You really want to be at the table with him as he dives into amazing looking dishes found all over the world.

Can’t Miss Episode:

Episode five of season one, New Orleans, is a great place to start. From there, jump around to whatever episode piques your interest. Don’t skip Tel Aviv or Saigon though.

10. The Chef’s Line

1 Season, 30 Episodes | IMDb: 6.9/10

This cooking competition from Australia is incredibly addictive. Home cooks are brought into a studio kitchen to make the cuisine they love for chefs from a restaurant specializing in that food (essentially, it’s a show extrapolated around this famous Gordon Ramsay moment). Imagine loving Italian cooking and having to cook for the head chef of your favorite Italian spot.

While it’s only one season, there are mini-seasons within. The first mini-season covers Vietnamese cuisine, then African, Turkish, Italian, and Chinese foodways. There are eliminations, personal stories, and legitimately great food from home cooks. Plus, each episode is 25 minutes — making this a very easy binge.

Can’t Miss Episode:

Start from the beginning. The first mini-season is five episodes, focused on Vietnamese cuisine, and drops you right into the action.

9. Taco Chronicles

2 Seasons, 13 Episodes | IMDb: 7.8/10

Taco Chronicles comes from Netflix’s Latin American division but feels like a spiritual successor to Chef’s Table。 The look and feel of the show are outstanding. Each 30-minute episode takes you into a sub-culture of tacos across Mexico.

This is taco culture at every level from the farms to the streets and everywhere in between. Just make sure to have taco plans before you finish your binge. You’re going to want to feed a serious taco fix.私たちを信じて。

Can’t Miss Episode:

This is a really easy six-episode binge from the beginning. Still, if we had to pick just one episode, it’d probably be barbacoa. The episode covers how the ancient traditions of this dish are still used today.

8. MeatEater

3 Seasons, 29 Episodes | IMDb: 7.9/10

Steven Rinella has devoted his life to conservation, the celebration of wild foods, and educating the public on those subjects. MeatEater follows Rinella and other hunters as they travel the Americas to hunt, fish, and cook.

This show is unflinching and deeply informational, especially if you’re looking into sourcing your own foods. Each episode ends with a cook, often in nature, of what the crew has recently hunted.

Can’t Miss Episode:

Start with season seven, episode 16. This 22-minute episode takes Rinella out of the field and into his kitchen to demonstrate various techniques for cooking game, fish, and foraged foods. It’s a great entry-level episode.

7. The Great British Baking Show

8 Collections, 10 Episodes | IMDb: 8.6/10

There’s probably little left to be said about this massive hit from the U.K. Home bakers assemble to, well, bake. The show has it all — from catty judges to ridiculous recipes to all the drama as the ovens heat up and flour flies. All in all, this is a very easy and fun watch, especially if you have the time to binge.

Can’t Miss Episode:

Collection One is the place to start. Ten episodes ensue as 12 home bakers fight for the championship.

6. 調理済み

1 Season, 4 Episodes | IMDb: 8.1/10

Journalist and author Michael Pollan’s 調理済み takes a look at food from a scientific and often personal POV. Each episode looks at how fire, water, air, and the earth help us create the food and flavors we know and love. This is the sort of show for food lovers who want to have a better understanding of what it is that makes food cultures worldwide/ through history so incredibly unique.

Can’t Miss Episode:

Episode one, Fire, is a great place to start. The episode looks at how cooking the food we eat changed us a species and what we owe the animals we choose to eat. It’s heady stuff but worthwhile.

5. 塩脂肪酸熱

1 Season, 4 Episodes | IMDb: 7.7/10

Chef Samin Nosrat travels the world, digging into how salt, fat, acid, and heat change food and all the ways those elements differ across cultures. Nosrat’s infectious love of all things food really draws you in, with the beautiful dishes and locales adding a layer of wanderlust to the whole affair. It’ll be really hard not to binge this series in one sitting, is what we’re saying.

Can’t Miss Episode:

The first episode, Fat, is a great place to start. Again, just binge this one. It’s only four hours of beautiful TV at the end of the day.

4. Nailed It!

6 Seasons, 42 Episodes | IMDb: 7.4/10

Comedian Nicole Byer and star baker Jacques Torres come together to offer home bakers the chance at winning $10,000 for recreating a ridiculous cake or confectionary. Celebrity guest judges drop in for judging (and zinger) duties. The 30-minute format and one-and-out nature of the competition make this a very addictive show that feels new with every episode.

Can’t Miss Episode:

Pop over to the “Holiday” version of the show. Season one, episode six has Jason Mantzoukas guest judging a New Year’s Eve bake-off and it’s an absolute blast.

3. Rotten

2 Seasons, 12 Episodes | IMDb: 7.1/10

This is a crucial watch. The series is a journalist-forward documentary series covering our food supply chains. There are some harrowing aspects to how we get the food we eat every day and they’re revealed here in sobering detail. Over two seasons, the show covers everything from chocolate and big chicken to bottled water and French wine.

Can’t Miss Episode:

The season two opener, The Avocado Wars, is an eye-opening look at how Mexican cartels are shifting to avocados to fill in the gap left by losing part of the cannabis market.

2. The Chef Show

4 Volumes, 25 Episodes | IMDb: 8.2/10

Jon Favreau and chef Roy Choi created a great cooking show based around Favreau’s hit movie, シェフ。 The show takes elements from food and travel TV and stand-and-stir cooking shows and blends them into a micro-talk show format with big-name guests.

This show has it all but still feels small and personal. Plus, the easy back-and-forth between Favreau and Choi as they cook is wonderfully familiar.

Can’t Miss Episode:

The fourth episode of Volume Two where Choi and Favreau head to Hog Island Oysters is a great place to start, especially if you’re looking for a little bit more of a travel element. The episode ends with a massive oyster cook right on the beach that’ll leave you salivating.

1. Chef’s Table

7 Seasons, 31 Episodes | IMDb: 8.6/10

Chef’s Table is the gold standard of the Netflix food series. The show has even spun off into a Street Food series that we’d highly recommend watching after this one.

The thrust of the series is a look at a chef, baker, butcher, or cook who has devoted their lives to food. There’s a travel element at play here, but it’s really the single personality at the center of each story that drives this series. From a visual standpoint, this show is also just amazing to look at.

Can’t Miss Episode:

The Volume Six opener with The Grey’s chef Mashama Bailey is the perfect place to start. The show goes deep into Georgia and Savannah’s food scene with one of the region’s most important chefs. It’s a part history lesson, part culinary education, and 100 percent entertaining.


Taiwan, home to the best street food markets in the world

The air is filled with the aromatic mix of soy, rice wine, sesame, spices, frying oil, grilling meat and the high-pitched shouts of hawkers. Clouds of smoke waft above the dozens of small stalls that make up Taipei's Ningxia night market, all brightly lit, sitting under coloured signs, beckoning customers to tables loaded with glossy, roasted duck heads and necks, intestines and hearts of every conceivable nature, piping hot bowls of noodles and freshly made dumplings.

Stepping deeper into the elbow-jostling crowd, my nose leads my eyes towards frying chicken (often lushly marinated in soya milk then spiced and floured), coal-roasted squid, poached quail eggs, pig's blood rice cake, even frog spawn and skewered and grilled crickets. I try gooey omelette of sweet potato studded with small, fat salty oysters and covered in sweet, vinegary, ketchupy sauce. And gelatinous mochi rice balls, topped with peanut and sesame shavings. Above it all is the unmistakeable stench of stinky tofu. This Taiwanese staple begins as regular tofu which is fermented in basins of brine until it reaches a malodorous ripeness - it is then deep fried to render the outside crispy. I muster one biteful and the taste is, well, fine, but the putrid smell lingers on your clothes and in your hair and, for me, hangs on in the memory for just a little too long.

Taiwan probably has the best night market scene in the world and some of the most exciting street food in Asia. With little space at home to cook, the Taiwanese prefer to head out almost every night to the heaving markets for the cheap snacks - or xiaochi - that are found across the island - on corners, in clusters of food-devoted streets or at one of over 100 night markets. Those with no language skills simply stand in front of the stall, point to what they want and use their digits to say how many. Stallholders then write the price down, with dishes generally costing between 60p and £1.20.

"A melting pot of cuisines" is an oft-used cliche - but the food of Taiwan really is. Inhabited first by aborigines, the island sitting between the South and East China Seas was settled by Fujianese then Hakka people from mainland China before being "discovered" by the Portuguese in the 16th century, colonised by the Dutch in the 17th century, followed by the Spanish and then, between 1895 and 1945, the Japanese. At the end of the Chinese civil war, Chiang Kai-shek and the defeated Kuomintang army retreated to Taiwan with more than two million people, including many of the mainland's best chefs.

I am being guided through Taiwan, its culinary history and the wondrous world of xiaochi by the team of street food vendors who last year won the Young British Foodie award and two British Street Food awards for Bao, a London-based bar and market stall championing Taiwanese dishes and ingredients. Er Chen Chang was born in Taiwan but came to boarding school in the UK in 2005 and stayed. She met Shing Tat Chung at Slade School of Fine Art and, together with Shing's sister Wai-Ting (Ting for short), decided to make something of their gastronomic passion.

"When we travelled around Taiwan, we loved the baos (buns) - they had this combination of flavours that just blew us away," says Shing. "It was the first time we'd tried peanut shavings, then there was the soft bun, the salty pork, the sour pickles. There was a great challenge for us to see how far we could go to make that better."

Demand for Bao's baos means the threesome is now looking for premises in central London. They're leading a vanguard of what seems to be a burgeoning love for buns in the UK, a new craving that was gestated at the New York restaurant (now group) Momofuku, whose founding chef David Chang has been dubbed "the king of pork buns".

For this trip to Taiwan, the Bao group has gathered a bunch of like-minded food lovers via the crowd-sourcing travel site Open Trips. But it is a foray that similarly greedy adventurers can replicate with the help of Er Chen's guide to the foodie nooks and crannies of her home city (see below).

"You can come and do this yourself as Taipei is an easy city to negotiate, the public transport system, called the MRT, is great and cheap."

We travel to Ningxia by taxi (dirt cheap if there's a few of you) and the Bao group heads straight for the deep-fried taro stall with its biscuity smell. The queue snakes along the pavement and there is a 20-minute wait for crispy balls of tuber. "I love that people do one thing really well, adapting and perfecting their recipes. If there's a queue, it means they make the best. If you see a queue for food in Taiwan, get in it," Er Chen advises.

So we do, waiting half an hour for a spring onion omelette inside a sweet-glazed hot sesame flatbread at Fu Hang Dou Jiang at Huashan Market (Zhongxiào East Road, Zhongzheng), a famous breakfast joint which shuts at 10am, where Er Chen would come with her family to eat curdled milk with breadsticks and at Din Tai Fung Dumpling House, Taiwan's most famous restaurant, where we debate how to eat our xiaolongbao - soup dumplings (with roots in Shanghai) encased in translucent skin and holding a puddle of broth and a ball of pork.

At Nanmen indoor produce market, stallholders proffer sour cherries, peanuts that are almost black when you pop them from the shell, and samples of Jinhua-style ham. Tables are piled with the remarkable fruit of this island - pineapples, mangoes, guavas. In the basement, people are hand-rolling dumplings, smiling. Hanging on one stall is the famous black chicken, known as a Silkie, with blue-ish black flesh and bones and a deep, gamey flavour.

"I remember when I was young my grandmother would make 'healthy soup' from black chicken and said it would make me tall. It definitely worked," laughs Er Chen. "I am much taller than my parents."

We buy ingredients for a cookery class at Teacher Yong's Cookery School where Er Chen, Ting and Shing reveal some (but not all) of the secrets of making their bun of unfathomable fluffiness (you can book something similar at kitchenivy.com) and when we exit down seven flights of stairs, we are thrust into the busy Ximending area which is packed with young people. Beyond its fashion shops, little sides alleys with stalls selling cheap tat and gay bars (where you can drink outside) is a city that's unfairly under-rated as a tourist destination.

We visit Buddhist and Taoist temples, watch the highly choreographed changing of the guard at the elaborately grand Chiang Kai-Shek Memorial Hall, take the fastest lift in the world to the top of the Taipei 101 tower (at 508 metres it was once the world's tallest building), watch early morning tai chi in the park and ponder the world's greatest collection of Chinese artefacts at the National Palace Museum. The city's low-rise architecture makes it seem less dense than many Asian cities and, in recent years, it has cleaned up its smoggy act and cleared green spaces. Taipei is working on showing visitors that what it lacks in architecture, it makes up for with relaxed and friendly people, a rich natural larder and some of the best Chinese food in the world.

From the capital, we take the high-speed train 180 miles south to Tainan, the oldest city in Taiwan, and certainly more beautiful than the capital. We watch the landscape change, passing trees in blossom and beginning to fruit, until we reach the station on the outskirts of the city. Our first stop is a pavement cafe where we have breakfast bowls of turkey rice for less than a pound and "little sausage wrapped in big sausage" at the country's biggest night market, Hua Yuan. There's more space here, enough to sit on pop-up tables and chairs, which means we can really savour our next find - pancakes filled with milky ice-cream, peanut shavings and coriander. They are divine. On the train back to Taipei, the Bao group concedes that stinky tofu won't be making it on to the list of new dishes they want to add to their London menu. But that ice-cream pancake? Shing smiles: "That was just amazing. We'll definitely be trying our own version of that when we get back."

Taipei food tips by Er Chen Chang of Bao

Pull your own noodles
Take a taxi into the mountains to Hsu Ren Ping's noodle factory where you see noodles being pulled by hand then hung in the wind like stringy hammocks - and then try to do it yourself. Book in advance.
• No 3 Si Fen Zi, Wu Tu Village, Shi-Ding District

Visit Yongkang Street
Filled with street stalls, cafes and restaurants, this is a funky place. There's the small but famous cong zhua bing stall selling circular flaky pancakes filled with egg. Across the narrow street (at number 15) is the home of the shaved ice mountain, a sweet frozen granita pile, topped with mango and condensed milk, various beans and even taro.

Eat fresh seafood
Take your pick at the Addiction Aquatic Development market and have the chefs cook it for you on the spot. You can also try sushi or hotpot.
addiction.com.tw

Sip bubble milk tea
This mix of brewed tea, milk and balls of tapioca, known as boba, is everywhere. Taiwanese love springy or bouncy food, something with bite or texture - that's why they adore bubble tea.

Dine on fancy Taiwanese food
In vintage surroundings, Si-Zhi-Tang offers daily changing dishes, including pig's trotters cooked in aged hua diao (a type of shao xia wine) with soy beans. Quite pricey at around £25pp but a good example of high-end local food with a twist.
• No 18, Sec 3, Jinan Road, +886 2 8771 9191

Tuck into beef noodles
Try Lin Dong Fang beef noodle shop - the noodles here have bite and the broth is slightly mediciney, made all the better by sticking a spoon in one of the jars of unctuous lard and chilli mix on the tables and melting it into the soup.
• Badé Road 274

Try pineapple cake
Pineapple cake, or fengli su, is a small cube of cake filled with candied pineapple and a mix of winter melon. The best place to get it is at Chia Te.
chiate88.com

Get a taste of history
The menu at James Kitchen recalls Taiwan under Japanese rule, with traditional, old-fashioned dishes using local ingredients and methods the owner, James Tseng, learned from his mother, such as oyster and deep-fried dough stick in a seafood broth. £10-12pp for a selection of around six dishes.
• 65 Yongkang Street, Da'an District, +886 2 2343 2275

Advice for tourists

Leaflets and detailed maps about Taiwan's street markets and food can be found at tourist offices and at Taipei airport. Dedicated food tours can be booked via Golden Foundation Tours

Getting there
The trip was provided by the Taiwanese Tourism Bureau and Open Trips . Flights to Taipei were provided by Eva Air, which flies from Heathrow from £670 return

Where to get a taste of Taiwan in the UK

Bubble tea purveyors have popped up all over the place. Tea shops dedicated to the chewy drink include Cafe de Pearl in Liverpool (cafedepearl.com), Bobo Tea in Manchester (lovebobotea.co.uk) and Hing Kee Bubble Tea in Nottingham (facebook.com/HingKeeBubbleTea). Visit taiwanfestival.co.uk for the top 30 around the UK.

Most of the country's Taiwanese restaurants are in London. Taiwan Village in Fulham (taiwanvillage.com) serves stinky tofu Leong's Legends in Soho (leongslegends.co.uk) has oyster omelettes and spicy beef noodles the Old Tree Bakery in Golders Green and Soho specialises in Taiwanese street food and desserts (oldtreebakeryuk.wordpress.com) the confusingly named 湖南 in Pimlico (hunanlondon.com) serves a Taiwanese tasting menu and Formosa in Fulham (1 Walham Grove, no website) will produce a Taiwanese menu on request.

In Edinburgh, try Meadowood Cafe (meadowood.co.uk) or Jade Garden takeaway (12 Canon Street). Elsewhere, your best bet is a Chinese restaurant that offers regional cuisines, which may include a few Taiwanese dishes. Sample the Taiwan-style frogs legs at Blue Moon in Newcastle (thebluemoonrestaurant.com), for example, or the congee, pig's stomach or pig intestines at the Mayflower in Bristol (mayflower-bristol.co.uk). in Cambridge (facebook.com/lovein.cambridge) is a home bakery selling Taiwanese pineapple cake and other snacks.

Find out if your local university has a Taiwanese student society - such groups often organise Taiwanese food festivals. Failing that, make it yourself: Taipec.com has a UK directory of Asian supermarkets stocking Taiwanese products.

Bao can be found at east London's Netil Market on Saturdays and at pop-up street food events
UK section by Rachel Dixon

Night shift . a food stall at Shilin night market, one of more than 100 in Taipei. Photograph: Alamy

A cook prepares for the evening rush at one of Taipei's ever-popular street food markets. Photograph: Lap-Fai Lee
A tea ceremony. Photograph: Lap-Fai Lee

Dishes from Audrey's cooking class. Photograph: Lap-Fai Lee

Hsu Ren Ping's noodle factory. Photograph: Lap-fai Lee


A step up for street food

Back when I lived in New York City, I was always a sucker for outdoor street fairs: the experience of wandering around the neighborhood, marveling at bizarre products and the tourists who bought them, and then piecing together a "meal" of various fried goodies, bubble tea and ice cream. Looking back on it now, I'm not quite sure why I devoted so many weekends to the street fair, especially as a source of snacking -- junk food served outdoors, after all, is still junk.
But leave it to Portland, a town where food carts gain a more loyal following than multistar restaurants, to set my street-food experience straight.

Since moving here a few months ago, I've been spending a lot of time at the local version of the street fair -- the Portland Saturday Market. And though the run-of-the-mill corn dogs, pizza and funnel cakes are still options, I'm loving the fact that Portland's market features food booths with original recipes and local ingredients.

Several of them serve up ethnic cuisine that Iɽ never tried before, despite N.Y.C.'s diverse foodie scene. And the best of them completely break the stereotype that outdoor market food is nothing but a deep-fried guilty pleasure.

To get the most of your day at the market, head to its new spot in Tom McCall Waterfront Park and check out these favorites, most of which are recession-friendly to boot.

But after a couple of visits, new tastes and some newsworthy finds, feel free to treat yourself to that corn dog wrapped in bacon -- it'll remind you that compared to what others consider summer staples, here, you've got it good.

My Brother's Bar-B-Q Stand

The intoxicating smell of barbecue sauce probably helped, but I was instantly charmed by the grandmother-and-grandson team manning the kitchen at My Brother's Bar-B-Q, a 34-year veteran of the Portland Saturday Market.

Skip the disappointingly mild Creole chicken-and-rice dish and go straight for the sprawling, charcoal-and-smoked section of the menu.

A giant portion of ribs ($6) features three thick, extra-smoky ribs swimming in a tangy barbecue sauce (prepare to get messy), while the more manageable barbecue pork sandwich ($6) piles juicy, peppery shredded pork into a standard hamburger bun.

Side options include a mountain of hot curly fries (sprinkle on some of the stand's homemade Creole spice mix for an extra kick), baked beans and corn on the cob, but be sure to save room for dessert -- My Brother's mini sweet potato pie ($4) is one of the market's culinary highlights, with a moist, creamy, not-too-sweet filling in a crisp, cookielike crust. As we were waiting for our order, another customer stopped by to give her compliments on the pie. Five minutes and a few bites later, I did the same.

Jalisco's Natural Foods
Healthy Mexican food? It may sound like an oxymoron, but Jalisco's Natural Foods -- in business since 1974, the year the market opened -- stuffs healthy ingredients into your Mexican favorites, for surprisingly delicious results.

Even if you're a confirmed carnivore, try the fresh tofu quesadilla ($5.50), which features springy tofu, jack cheese, lettuce and a pinch of nutritional yeast in a grease-free, grilled wheat tortilla, dressed with a sweet-and-spicy chili sauce (extra points for the meal's portability -- no utensils required).

Meat eaters can add chicken to their burritos, quesadillas or "quesaritos" for an extra 50 cents I highly recommend shelling out the same price for a generous dollop of creamy avocado. And for healthy dessert options, both Jalisco's hefty fruit salads ($4.50 for cups of fresh strawberries, cantaloupe, watermelon and bananas) and sweet fresh-squeezed apple-berry juice ($2.50) are perfect for sating sugar cravings -- the stand's popular vegetarian chili, however, is "on vacation" until the weather cools down.

Horn of Africa
Iɽ never had East African food before, but Horn of Africa's extensive Kenyan, Somalian and Ethiopian menu (with 10 dishes and three varieties of tropical drinks) reminded me of a more familiar ethnic cuisine -- Indian. Light, flaky sambusas ($2), similar to Indian samosas, house a warm combination of chicken, organic lentils and assorted spices deep-fried bajiya bean patties ($1), while similar to falafel, taste heartier and are perfect for sopping up an addictive sweet white dipping sauce that hinted of tapioca and citrus.

For voracious eaters (like my dining companion, a Portland native who had written off the market years ago), the cart's Safari Plate ($9) features tandoori-style garlic lemon chicken, a mild, braised yellow cabbage served warm and misira diima, a vegetarian red lentil stew, all layered on top of a flatbread called injera that reminded us of a spongy sourdough crepe.

Taste of Poland
Sausages (on a stick, naturally) were one of my old street-fair guilty pleasures. At Taste of Poland, five different house-made varieties are on the menu, with one notable difference: Here, they fill you up without weighing you down. A traditional pork kielbasa ($6), served on a large roll with your choice of fixings, is surprisingly mild and grease-free the sausage's casing is just glossed with a sweet hint of oil. But the standout here is the homemade, plump pierogi, traditional Polish dumplings available as part of three dinner-sized combination plates. My potato-enthusiast boyfriend actually proclaimed them the best heɽ ever had -- and for good reason. The whipped-smooth potato-and-cheese filling contrasted perfectly with a doughy wrapper, and a topping of crumbled bacon and sauteed onions added a terrific saltiness. We combined the best of both worlds with the hearty sausage and pierogi plate (a steal at $8), which included one sausage, three pierogi, potatoes, sour cream, and a refreshing cucumber and tomato side salad.


Cook your heart out

The blessing and the curse of street food venues is that they live and die by the quality of their food alone. While a restaurant might have atmosphere, service, promotions, drinks and a certain reputation working for it, a street food pop-up restaurant is instantly judged by how well the customers around the place receive it. For this reason, your menu should be the bible of your project. If you&rsquore getting into this it&rsquos unlikely you have a middling opinion of the food you made, but even then taking all steps necessary to improve through taste-testing and seeing what hits will always work wonders.