カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

ニューヨークバーは女性のために弱い飲み物を提供します、それはうまくいきません

ニューヨークバーは女性のために弱い飲み物を提供します、それはうまくいきません



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ブルックリンのレストランは、女性に弱い飲み物を提供しています。誰もがそれをどれだけ嫌っていると思いますか?

他の場所で飲むことに決めたこれらすべての女性を見てください!

ブルックリンでは、Los Pollitos IIIと呼ばれるクリントンヒルのレストランが「彼と彼女の」ドリンクメニューを導入しました。このメニューでは、男性用ドリンクのアルコール含有量が高く、「女性用」オプションの含有量が少なくなっています。

新しいメニューをデザインしたレストランマネージャーのマルコスメリノ氏によると、女性の飲み物を水で濡らすという決定は「人々を笑わせる」ことを意味し、顧客は「それを楽しむ」ことになっていました。

バーテンダーのレオ・バスケスはDNA Infoに、「誰でも何でも注文できますが、多くの場合、女性は強いものを好まないので、このメニューは彼らのためです」と明言しました。

ですから、楽しくて楽しい性別の不均衡が起こっているので、私はこれをやめ、自分自身を過度に行使して蒸気を浴びないようにしようと思います。

メニューの変更がどのように行われるかを示すために、Twitterにお任せします。

「女性向け」の軽い飲み物?いいえ、結構です。 「@MegRobertson:ブルックリンのレストランでは、女性向けに「弱い飲み物」を提供しています。http://t.co/rTdKTst19B」

—アレクサンドラ・ファリントン(@trampabroad)2014年6月5日

1.これは愚かです。 2.これは、男性がさらに愚かな酔っぱらいになることを奨励します。コンセンサス?愚か。 http://t.co/RZ1NsZm3wd via @NYDailyNews

— Gina Rizzo(@ GinaRizzo1)2014年6月5日

クリントンヒルのレストランでは、女性向けの飲み物のメニューが弱いです。レディースメニュー:ワイン、ベイリーズ、「レモネードをトッピングした半ルフィー」

— Ser Janet Manley(@janetmanley)2014年6月5日

これは非常に多くのレベルで個人的に不快です:「彼」と「彼女」の酒メニューを提供するロスポリトスIII(@DNAinfo経由)http://t.co/eYgeGe66Er

—アンドラ(@pandramonium)2014年6月5日

#clintonhill #brooklyn #mexican #food#sexist#dontmesswithmymargsのLospollitosIIIには行きません

— GRETE(@AllOfThePizza)2014年6月4日

#Brooklyn Restaurant Has #WeakDrinks 4Ladies http://t.co/engW83uy9n via @EaterNY#LadiesBeware#MethinksTheyDothProtect2Much #LosPollitosIII

— didi(@didinyc)2014年6月4日

-馬鹿の束-| #NYの「LosPollitosIII」というレストランは、男性用と女性用に別々のカクテルメニューを作成しました:http://t.co/96gZajL5y6

—KasbrikaVelásquez(@kasbrika)2014年6月4日

Karen Loは、The DailyMealの副編集長です。 Twitter @ appleplexyで彼女をフォローしてください。


ノルウェーの飲み物リスト

ノルウェー人はノルウェーのドリンクメニューで本当に勝っています。彼らは大きな船で非常に多くの異なるメニューを持っているので、どれがあなたのお気に入りのバーであるかを決めるのに苦労するでしょう。ノルウェーの飲み物での私の個人的な経験はかなり残念でした、私が注文した飲み物のほとんどは弱く、彼らは彼らの家の飲み物に非常に安価な酒を使用していました。それは私が他のどのクルーズラインでも経験したことのないことです。とはいえ、ノルウェーのドリンクリストは非常に優れており、誰もが体験できる多種多様なドリンクを提供しています。このページを見た後、ノルウェーのドリンクパッケージがあなたに適しているかどうかを知ることができます。

ノルウェーのノンアルコール飲料とその特製コーヒー。

ノルウェードリンクパッケージの価格。

ノルウェーのクルーズラインの究極の飲料パッケージには何が含まれていますか? 2014年の情報です。


強い飲み物は男性だけのものではありません

実際、それは何年も続いています。私が大学にいて、特大のフットボール選手のボーイフレンドと一緒に出かけたとき、私たちは飲み物を注文しました、そして私が彼が注文したピンクの紙の傘で冷ややかなピニャコラーダを提供されるたびに、彼は提供されました私のものだったタフガイスコッチロック。

早送りして、これらの数世紀後、私たちはカクテル革命の真っ只中にいると言われています。 1970年代の飲酒のサウンドトラックの一部であったすべてのバーにある滴るダイキリブレンダーを忘れてください。今、貧しいバーテンダーは、乳鉢でミントの葉を乳棒で混ぜながら、注文伝票が積み重なるのを見て、誰かが陥没して芽を注文するように祈っています。メニュー全体は、「The Silver Palate Cookbook」のレシピと液体で同等のように見える、非常に多くのコンポーネントで構成された飲み物に捧げられています。ほとんどの材料から3つの材料を省くと、同じようにおいしいでしょう。

私は今でも定期的にスコッチを飲んでいますが、ある時点でメーカーズマークバーボンに切り替えました。最近は、酒とソーダの比率が椅子から落ちずに前菜にたどり着くチャンスを確実に与えるために、背の高いグラスで注文しています。しかし、一部の男性バーテンダーの中には、この種の女性がグレナデンや酸化性パイナップルの塊で飾られていない硬い酒を飲むことができるという考えに対する抵抗が少し残っていることに気づきました。

数週間前、私はロンバルディのバーに腰を下ろし、必然的なテーブルでそれらの崇高なピザの1つを待って、飲み物を注文しました。私の夫も同じことを注文しました。バーテンダーが2つの背の高いグラスに氷を入れているのを見ました。彼は最初のグラスに健康的な量のバーボンを注ぎ、その上にソーダを吹きかけました。 2番目のグラスにバーボンとソーダを同時に注ぎ、弱いジンジャーエールの色にしました。どちらが私のものだったと思いますか?

私はそれを返しました。 「これにもう少しバーボンを入れてくれませんか?」私は礼儀正しいままでいるのに苦労して尋ねました。苦労して、彼はまさにそれをしました。

数週間前、私はブルースモークで食事をしました。バーベキューレストランでは、ブルボンの印象的なリストと、それらを補完するさらに印象的な前菜、デビルドエッグ、自家製ポテトを添えたクリーミーなブルーチーズとベーコンのディップを提供しています。チップはそのうちの2つにすぎません。私はテーブルに座って、バーテンダーに関する限り、性別を問わない顧客でした。しかし、飲み物のトレイが到着したとき、テーブルにいる2人の男性が、私と同じように、ソーダを入れた背の高いグラスに入ったメーカーズマークを注文したことに気付きました。ウェイターは男性でした、そして確かに、最も明るい色の飲み物が私に出されました。

私はマネージャーを召喚し、矛盾を指摘しました。彼は深く謝罪し、飲み物は直され、みんなで楽しい時間を過ごしました。しかし、それは私が注意を払い始めました。明らかに、レストランはあなたが飲み続けることに大きな利害関係を持っています。すぐに圧倒されると、請求が発生します。わかった。しかし、飲み物が弱すぎると、夕食は発火しません。次のテーブルでとても見栄えのする、その素晴らしいワインのボトルや、芳香がありながら非常に高額な2名分のステーキを欲しがる人は誰もいません。最初の飲み物が飲まなかったので、ウェイターを振り下ろして2番目の飲み物を手に入れようとして忙しすぎます。

しかし、自分の飲み物が女性によって作られているのを見たとき、その違いは明白でした。ガブリエルハミルトンが所有するイーストビレッジのレストラン、プルーンでは、スタッフは主に女性です。私はバーボンと氷のグラスを4分の3いっぱい、側面にクラブソーダの小瓶を添えて出されたので、自分がどれだけ欲しいかを自分で決めることができました。その特定の夜、その飲み物はメインディッシュまでまっすぐ続きました。しかし、心配はありません。私たちはまだワインを注文しました。法案は無事でした。

コロンブスアベニューのウェスト86番地にある居心地の良いフレンチビストロ、ラミラベルでは、かつてはフォーシェットやラグリレードのように、西40年代と50年代を埋めていた旧世界の場所に戻っています。ダニエルルペルティの駅。彼女は何十年もそこでウェイトレスをしていて、壁にすべての絵を描きました。そして、あなたが彼女を正しい夜に迎えれば、彼女はあなたのテーブルに来て、「La VieenRose」のノックアウト演出を歌います。そして、この女の子が飲み物を注ぐとき、人生は確かにバラ色です。

だから団結して、ニューヨークの女性たち!けちな男性、クレーム・ド・カシス、ピンクの傘、何よりも。サルード!


ドルだけが強かったら

コスタリカのトスカーナの別荘や海辺の家に引退するという夢は、ほとんどの場合、その支払い方法にかかっていますが、灰色の駐在員が別の手帳の問題、つまり米ドルの価値をうまく計画することはめったにありません。

その衰退により、海外に住むアメリカ人の退職者は、そもそも海外に惹きつけられた多くの贅沢をあきらめました。同時に、恒久的に海外への移転を検討している団塊の世代は、単に為替レートのために彼らの最高の選択肢を排除しないとしても、考え直している。

「人々は休日に好きな場所に基づいて退職する場所を選ぶことがよくあります」と、海外に住む退職者にサービスを提供する金融サービス会社であるEntrustAdministrationの最高経営責任者であるHughBromma氏は述べています。 「しかし、マリオットに住むことはそこに住むことと同じではありません。」

ブロンマ氏は最近、アトランタで、海外への転居を検討している退職予定者のグループに講演を行いました。 「私は彼ら全員にどこにも行かないように話しかけたと思う」と彼は言った。アメリカ経済の状況とドルの価値を考えると、「今すぐ他の国に引退するやむを得ない理由が必要です」。

米国政府は、アメリカ人が海外で引退する場所や、何人が引退するかさえ追跡していません。しかし、世界のほぼすべての地域で、米国からの退職者がつままれています。特に、ユーロに対するドルの下落が続いているため、ヨーロッパは退職者の立ち入りがますます禁止されています。年初以来、ドルの価値はユーロに対して7%下落しています。

クレア・ラーソンは痛みを感じ始めています。ラーソン夫人と彼女の夫が1989年にファロ近くのポルトガルで土地を購入したとき、彼らは為替レートについてほとんど考えていませんでした。 「私たちは大西洋の反対側に行きたかっただけです」と彼女は言いました。

数年後、彼らはその土地に家を建て、1996年にニューヨーク市から引退しました。「ドルがいたるところに行き渡っているのを見ましたが、これは史上最悪です」とラーソン夫人、56歳、 言った。

彼女は支出を削減し、主にヨーロッパの他の場所を旅行しました。これは、最初に彼女をポルトガルに惹きつけた1つの活動です。彼女はまた、運転が少なく、ガスは1ガロン7ドルにほぼ相当します。 「私はもっと家にいますが、少なくとも家はお金を払っています」と彼女は言いました。

ラーソン夫人はお金を節約するために彼女の邪魔をすることさえしている。 (夫はその後亡くなりました。)彼女は膝の手術を受けるためにドイツに旅行しました。そこで手続きを行うと、医師の費用が安くなったため、費用が半分になったと彼女は言いました。

ヘルスケアは、海外の退職者に大きな打撃を与える項目の1つです。一般的に、彼らは自分でそのような費用を支払わなければなりません。メディケアは通常、米国外の患者には適用されません。また、米国の保険会社は通常、海外に適用範囲を拡大しません。

「アメリカ人は、米国以外の場所でのヘルスケアは安いと考えています」と、海外での生活に焦点を当てた月刊誌InternationalLivingの発行者であるDanielPrescherは述べています。 「はい、安価ですが、外国の居住者として頻繁に必要な場合は、予算の一部として計画する必要があります。」

ただし、数年で通貨が大きく変動する可能性があるため、海外での退職を計画することは困難です。海外を旅行する観光客は、ドルの下落のバランスをとるために旅程を調整できることがよくありますが、残りの人生を海外で過ごすことを期待している人々にとってはそれほど簡単ではありません。

「私は人々に彼らの退職の場所を約5年前に計画することを勧めます」とブロンマ氏は言いました。ドルの価値だけです。」

レオとリンダケラーはそのような状況にあります。ボストン出身の夫婦は、6年前の休暇中にスペイン南部の土地を購入し、来年引退したときに家を建てることを目的としていました。しかし今、ケラー氏は考え直し、中央アメリカの土地を探しています。

ケラー氏(62)は、「ユーロが下落することはないようだ」と述べた。

ドルの下落を補うために、インターナショナルリビングのプレッシャー氏は、米国よりも生活費の安い場所を選ぶことを提案しています。 「生活費が米国で慣れているものよりもはるかに低い場合、本当の違いを生むには本当にドルの大幅な下落が必要です」と彼は言いました。

ダン・ノイシュワンガー(63歳)と彼の妻のキャロル(62歳)は、生活費が安いため、ラテンアメリカのリタイヤメントホームを探すことに集中しました。今のところ、彼らはコスタリカに家を借りています。彼らは昨年の初めをニカラグアで過ごし、来年はパナマに引っ越す予定です。

「私たちはスーツケースの外に住んでいます」とNeuschwanger氏は言いました。 「私たちはまだ解決したい場所を見つけていません。」

コスタリカの結腸に引っ越して以来、ドルは4%下落しましたが、ノイシュワンガー氏は「日常生活ではそれほど目立たない」と述べました。そして、コロラドの最後の家と比較して、「すべてがとても安い」。例外はディーゼルのコストで、コスタリカに移転してから20%増加しています。

それでも、ドルの侵食は、どこで引退するかを決定する際に、通貨の価値を方程式の一部にするようにノイシュワンガーを説得しました。 「決定が為替レートにかかっているとは思ってもみませんでした」とNeuschwanger氏は言いました。

彼らがパナマに定住した場合、その通貨であるバルボアの為替レートは固定されており、米ドルと同等に取引されているため、ドルの価値に違いはありません。それがパナマがアメリカの退職者にとって一番の目的地になった主な理由だとプレスチャー氏は語った。

ジョン・マッキャン(56歳)は、4年前にパナマに定住する前に、コスタリカやメキシコを含む他のいくつかのラテンアメリカ諸国への引退を検討しました。 「国の調査に何年も費やす準備ができていなければ、海外で引退する準備ができていません」と、そこで新しい家の建設を終えているマッキャン氏は言いました。


バーではなく、歴史書のカクテル

ロバートサイモンソンデールデグロフとオードリーサンダース

毎年恒例のニューヨークドリンクコンベンションであるマンハッタンカクテルクラシックに土曜日に並んだカクテルの世界の人物のコレクションは、いくつかの神聖な牛を撃墜しました。

カクテルのデミモンドがDaysGone Byの飲み物を復活させ、ライオン化するようになったため、近年、禁酒法以前の多くの献酒が称賛されています。すべての飲み物が名誉に値するわけではありません。それが、アンダーズフィフスアベニューホテルに集まったパネリストが、ピエールフェランコニャックが主催するセミナー「蘇生禁止」のために集まったポイントでした。スピーカーには、ペグクラブのオーナーである伝説的なバーテンダーのデールデグロフ、フォートデファイアンスのオーナーである混合ドリンクの歴史家デビッドワンドリッチ、テキーラとメスカルの権威であるセントジョンフリゼル、スティーブオルソン、放浪カクテルジェネラリストのロバートヘス、フィリップが含まれていましたダフとアンガスウィンチェスター。

カクテルルネッサンスの最愛の人のいくつかは、パネルから激しい打撃を受けました。その中にはブルックリンカクテルがありました。 10年前はまったくわかりませんでしたが、ライ、ドライベルモット、マラスキーノリキュール、アメルピコン(フランスのアマーロ)のこのミックスは、現在、全米のバーメニューで見つけることができます。 &#x201Cこれは良い飲み物ではありません&#x201Dフリゼル氏は躊躇なく決定的に言った。ブルックリンバーのオーナーとして、フリゼル氏はブルックリンカクテルの彼のシェアを見てきました。上記の調合品のほとんどは、アメリカで飲み物の主要成分の1つであるAmer Piconを購入できなくなったという事実を補うために、後ろ向きに曲がっています。 &#x201CDブルックリンを飲むと、&#x2018マンハッタンを飲まないのはなぜですか?&#x2019&#x2014材料がすぐに手に入る飲み物&#x201Dと彼は言いました。

デグロフ氏は、20世紀初頭のジン、レモンジュース、マラスキーノリキュールで作られたカクテルである航空を狙いました。 2000年代初頭に再発見されたこのプロジェクトは、ミクソロジストコミュニティで最も早く最も有名な埋め立てプロジェクトの1つでした。 &#x201Cそれはインターネットの最愛の人でした&#x201Dデグロフ氏は言いました。しかし、&#x201Cそれはハンドソープのような味がします。&#x201Dそして、いくつかのレシピで要求されている青い色のクリームドバイオレットを使用すると、&#x201Cit&#x2019sはハンドソープのようになります。&#x201D

Papa Doble&#x2014は、アーネストヘミングウェイの名を冠した有名な作品で、ラム酒、ライムジュースが多く、甘味料はほとんど含まれていません。&#x2014もデグロフ氏から愛されていません。 &#x201Cヘミングウェイの糖尿病の問題によって飲酒習慣を決定する必要があるのはなぜですか?&#x201D彼は尋ねました。彼は、カクテルを混ぜる小説家の方法について、次のように付け加えました。&#x201CHemingwayは常に間違っていました。&#x201D

ヴェスパーの中で、架空のスパイ、ジェームズ・ボンドによって有名になったウォッカジンのマティーニのバリエーションは、「この飲み物が消えても悲しいことではないだろう」と語った。その成分の1つであるキナリレは、何年も生産されていません。一方、サンダースさんはフレンチマティーニを殴りました。彼女は主に、ウォッカ、パイナップルジュース、シャンボールのブレンドが人々の行動を左右することを嫌っていました。つまり、ひどく。

テーブルのレジデントであるリュウゼツランのエースとして、オルソン氏は、テキーラ、クレームドカシス、ジンジャーエールで作られた1940年代から新しく人気のある飲み物であるエルディアブロに目を向けました。 「テキーラカクテルに関して、バーがマルガリータの外で考え始めているのは素晴らしいことです」とオルソン氏は言いました。 &#x201CBしかし、メニューに別のテキーラカクテルを入れることにしたとき、彼らはエルディアブロに移動します。テキーラにジンジャーエールを加えると、リュウゼツランを殺します。さらに悪いことに、そのジンジャーエールの多くがソーダガンから出てきています。&#x201D

パネルによって実行された飲み物のいくつかはまだほとんど知られていないので、彼らの死はほとんど気づかれません。ロバート・ヘスは、有名なサボイカクテルブックから取ったスノーボールカクテルを非難しました。 &#x201Cカクテルのレシピに同じ量の材料が含まれているのを見ると、疑わしくなります&#x201Dヘス氏は言いました。 &#x201Cそれはあまりにも便利です。&#x201D雪だるまのための胃をかき回すジンベースの処方は、クレームドバイオレット、クレームドメンテ、アニゼット、クリームの同じ用量を誇っています。 &#x201Cこれはサボイカクテルブックの唯一の悪いカクテルかもしれません&#x201Dヘス氏は提案しました。

ワンドリッチ氏は、シカゴの有名なポンプハウスでのハウスドリンクであるバスクレスに身を投じました。ロングアイランドアイスティーの初期の祖先に似ており、6種類の酒が必要で、合計で8.5オンスの酒になりました。 &#x201Cこの飲み物は作られるだけでなく、考えられるべきでもありません&#x201Dワンドリッチ氏は言いました。

20世紀半ばのカクテル作家兼ミクソロジストであるチャールズH.ベイカージュニアは、話者たちに血まみれにされ、虐待されました。 BakerのHollandRazor Bladeについて&#x2014 Holland gin、レモンジュース、カイエンペッパーのブレンド&#x2014 Duff氏は、&#x201C Holland Razor Bladeがお気に入りのベイカーカクテルだと言うのは、Tに乗ると言っているようなものです。 。レックスが機能する&#x2014それは不可能であり、それは&#x2019快適ではありません。&#x201D

ダフ氏はさらに、仲間だったヘミングウェイとベイカーが、元の「悪の軸」をカクテルのように表現したのではないかと示唆しました。


材料

角氷で満たされた昔ながらのグラスに、ジン、ベルモット、カンパリを注ぎます。

オレンジ色のひねりをそっと絞るか、ガラスの上にスライスしてから、付け合わせとして追加します。サーブしてお楽しみください。

  • ジンはあなたのネグローニを作ったり壊したりします。マティーニに混ぜるような高級ジンを必ず選んでください。ヘンドリック、ボンベイ、ビーフィーターはすべて優れた選択肢です。
  • ジンやカンパリと同等の品質の甘いベルモットを選択してください。 Carpano Antica、Cocchi、およびDolinはすべて良い選択です。
  • ベルモットのボトルをほこりで払う必要がある場合は、交換する時期が来ている可能性があります。酒精強化ワインの貯蔵寿命は、ボトルを開けてからわずか3か月です。

レシピのバリエーション

必要に応じてカンパリを調整します。これは、苦い食前酒に慣れていない場合に特に重要です。これは、誰もが、特にアメリカ人に慣れている味ではないためです。私たちは甘い飲み物と時折のドライカクテルを楽しむことを学びましたが、ビターズはまったく別の領域にあります。

  • 全力のネグローニを注いで、それがあなたにとって多すぎることに気づいたら、苦い味を楽しむために「あなたの味覚を訓練する」ことを試みてください。カンパリを半分に切り、次にジンを混ぜるときにジンを2倍にします。しばらくすると、味蕾が独特の味に慣れ、元のレシピに戻ることができます。
  • ジンのファンではありませんか?代わりにウォッカを注ぐ。ベルモットは素晴らしい追加ですが、飲み物はカンパリカクテルに似ています。

WORLD CUP USA ’94:モデルの失敗:NASLの崩壊は、新しいリーグがすべきでないことを痛烈に思い出させるものとして機能します

ニューヨークコスモスはすべてを大々的に行いました。フランチャイズの崩壊も例外ではありませんでした。

1975年から1980年代初頭まで、コスモスは、アメリカで最初で最後の主要な屋外プロサッカーリーグである北米サッカーリーグの旗艦フランチャイズでした。

コスモスが失敗したとき、リーグは彼らと共に失敗し、リーグとともに、世界最大のエンターテインメント市場である米国での市場性のあるエンターテインメントとしてのサッカーの信頼性がすべて失われました。

全盛期、コスモスはニュージャージー州イーストラザフォードのメドウランドで70,000人以上の観客の前でプレーしました。彼らは国際的なスターパワーを持っていました。かつて、コスモスは14の国籍を名簿に載せていました。そして、彼らはペレを持っていました。

彼らはニューヨークで、巨大でした。

そして、チームにリンクしている人は誰でも、アメリカでサッカーを台無しにしたことでまだ非難されています。

ニューヨークのスポーツプロモーション会社であるSportslinkの社長であるMarkBrickleyは、Cosmosの放送および広報担当副社長であり、彼は今でもチームを守っています。

「私たちは、タルサやタンパベイ(のNASLフランチャイズ)と競合しているとは考えていませんでした」とブリックリー氏は述べています。 「私たちはヤンキースとメッツとリンカーンセンターと競争していました。」

コスモスは、ニューヨークに到着したときにスキルが低下したが、描画力が低下していなかった元ワールドカップのスターであるペレ、フランツベッケンバウアー、ジョルジョキナリアに署名することで、ゲームに70,000人を引き付けました。

「私たちがそれをするつもりなら、私たちは大物を手に入れなければならないと感じました」とブリックリーは言いました。 「(NASL)がマイナーリーグレベルでは機能しないことはわかっていました。私たちのエスニックファンベースは、有名な名前を要求しました。」

コスモスはワーナーコミュニケーションズが所有していたため、高額な国際的な才能を手に入れることができました。リーグの残りの部分は、主に個人または適度な給与を埋めるために苦労している小規模なパートナーシップによって所有されていましたが、クラスを超えていました。

ブリックリー氏は次のように述べています。「彼らは、「私たちはNFLになることはできませんが、私の子供はサッカーをしているので、ヒューストンまたはメンフィスのNASLチームになることができます」と言います。 。

「私たちは彼らが必要だとは思いませんでした。王朝がその中に悪いことをしたリーグはこれまでありませんでした。すべてのリーグには、全盛期のヤンキースやグリーンベイのように嫌いな人が必要です。」

ワーナーが名簿に資金を投入したことで、コスモスは6年間で4つのチャンピオンシップを獲得し、残りのリーグは24チームのピークから5チームの最低値まで変動しました。 なにか .

ペースを維持しようとして、チームは次々と燃え尽きました。

ピーターウォールは、NASLで簡単に遊んだ後、現在は廃止されたカリフォルニアサーフとL.A.レイザーズのコーチになりました。

「NASLは私がイギリスから来た理由の1つでした」とウォールは言いました。 「コスモスが星をもたらしたとき、それは平均給与を押し上げました。 (コスモスの)給与は、他のスポーツと同じように比較として使用されました。」

NASL以来、アメリカのファンはあらゆる形や大きさのリーグが行き交うのを見てきました。主に行きます。 NASLが試みたように、サッカーを国民の意識に、あるいはネットワークTVにさえもたらしたものはありません。

「私たちはいくつかの重大なミスを犯しました。その中の主なものは、所有権グループを調査して慎重に計画することなく、12チームから24チームに拡大しました」とBrickley氏は述べています。 「その後(フランチャイズが失敗したとき)、彼らの口に悪い味を残したので、あなたはそれらの都市に戻ることができませんでした。」

NASL以来、注目を集めるプロリーグでの最初の試みであるメジャーリーグサッカーが登場します。

MLSはすでにいくつかの点でNASLより進んでいます。

NASLTVの広告は地元で販売されました。 MLSは全国的なスポンサーを募集しています。 NBA、NFL、メジャーリーグの野球により、将来の拡張所有者が無限のフープを飛び越えて乗り込むようになったため、MLSはNASLが破壊的に無頓着だった選択性を示しています。 12のフランチャイズのうち7つだけが授与されており、最後の5つから抜け出すための明白な急ぎはありません。

そしてウォールは、NASLにはなかったMLSの大きな魅力、つまり自家製の才能を見ています。

「NASLでは、2人のアメリカ生まれの選手をプレーするだけで済みました。アメリカには十分な才能があると正直に信じています。そして、ファンは明らかにアメリカ人をフォローしたいと思っています。」

さらに重要なのは、サッカーのキャリアが長い間続いているアメリカ人の世代であるとブリックリーは主張します。

「NASLは22歳をファンとして投影しました」と彼は言いました。 「実際には、35に近いです。これは12〜14年のギャップであり、NASLが崩壊してからの経過時間です。」


&#x27陽気な女性の会社で&#x27:弱いセックス

アレグザンダーマッコールスミスによる陽気な女性の会社で。 233pp。パンテオンブックス。 19.95ドル。

アレグザンダーマッコールスミスのNo.1レディーズ探偵社シリーズの多くの奇妙な点の中には、恥ずかしがらない性差別があります。マッコール・スミスは、弱い性別(男性)を哀れな思いやりで扱います。 「男の子、男性、彼らはすべて同じです」と、ある女性の日曜学校の先生は、男の子が隣の席で女の子に自分自身をさらしていることを知ったときに言います。 「彼らはこれが特別なことだと思っており、みんなとても誇りに思っています。彼らはそれがどれほどばかげているかを知りません。」別の文脈で、別の女性キャラクターが乾いて観察します:「私たちはすべて人間です。特に男性。」彼女は貴重なラモツウェ(Mma Ramotsweとして知られています)であり、ボツワナの若い共和国を舞台にしたシリーズが中心となっている、非常に太く、見事に賢明で、超自然的に善良で親切な私立探偵です。 「ボツワナのミス・マープル」は、ブックカバーの引用で彼女について語っています。しかし、これは間違っています。 Mma Ramotsweは、本がChristieの謎に似ているのと同じくらい、Christieのキャラクターに似ています。 No.1レディーズ探偵社の本は本当に謎ではありません。彼らには殺人はなく、サスペンスもほとんどありません。エージェンシーが何をしているのか尋ねられたとき、MmaRamotsweのアシスタントであるMmaMakutsiは、(精神分析医のように)「ほとんどの場合、私たちは人々がすでに知っていることを見つけるのを助けているだけです。」

日曜学校の先生は、ペニスを見せている少年に、後ろに忍び寄り、聖書で頭を殴るのを勧めます。マッコールスミスも同様に聖書を使って読者の注意を修正します。旧約聖書の簡潔でペースの速い物語は、Mma Ramotsweのクリーンエッジの事件のur-textであり、その解決策には神話的な必然性の空気があります。彼の古典的な研究「聖書の物語の芸術」で、ロバート・アルターはヘブライ語聖書の「タイプシーン」、特に井戸で行われる婚約者と「いいえ」を特定しています。 1レディース&#x27探偵事務所&quotシリーズは、セットピースの同様のレパートリーによって注文されます。

これらの中で最も充電されているものの1つは、田舎の孤児院で発生し、フルーツケーキが関係しています。孤児院の偉そうな頭であるMmaPotokWaneは、彼女が抽出したい人々にケーキを提供し、ケーキを食べる人は誰も彼女を拒否することはできません。シリーズの5冊目の本「TheFullCupboard of Life」では、マッコールスミスが、シーン上にはっきりと浮かんでいる参照を詳しく説明しています。「イブがリンゴを使ってアダムを捕まえたのと同じように、MmaPotokWaneはフルーツケーキを使いました。フルーツケーキ、りんごそれは本当に違いはありませんでした。ばかげた、弱い男たち!」

しかし、マッコール・スミス自身が愚かで弱い作家であり、手に負えない寓話を書いているように見えないように、彼はシーンを極端に押し上げて、おそらくこれらの本の魅力の主な理由である品質を示しています:彼の遊び心。 6冊目の最新の本「IntheCompany of Cheerful Ladies」では、マッコールスミスがケーキのシーンを、MmaPotokwaneが予約なしでクラブフットを持った孤児を連れてきた有名なヨハネスブルグの外科医の待合室に移動します。外科医が現れると、Mma Potokwaneはバッグから主要なフルーツケーキを泡だて器で取り出し、「驚いた男の手」に押し込みます。もちろん、彼は2番目のスライスを受け入れた後、孤児を手術することに無力に同意する以外に何もできません。 。ほら話の終わりに、Mma Potokwaneは、&quotheも何も請求しなかったと報告しています。彼はフルーツケーキは十分な支払いだったと言った。」

良いコメディには悪役が必要です-彼らはゲームに高い賭け金を与えます-そしてマッコールスミスは彼のフェミニストコメディに、非常に若い女性としてのMmaRamotsweがひどいものにする社会的トランペット奏者であるNoteMokotiの形で特に冷たいものを提供します結婚の間違い。この男は弱くて愚かではなく、強くて邪悪です。彼は定期的にMmaRamotsweを殴りますが、時には非常に激しく、彼女はステッチのために病院に行かなければなりません。彼は生まれたばかりの赤ちゃんの死後彼女を捨て、彼女の人生から、そしてシリーズから姿を消しました。しかし、彼は不吉な背景の存在であり、男性が女性を原始的な恐怖と無力感に減らすための能力の試金石です。新しい本では、彼は再び現れ、MmaRamotsweの成功したキャリアと幸せな二度目の結婚を破壊すると脅迫しています。

もちろん、ノートは最終的にルーティングされますが(方法はわかりません)、彼の再登場は、これらの軽い本の深刻さの感覚を深め、ヒロインとの絆を強めました。彼女は、絶妙な美徳の男であるObed Ramotsweの唯一の娘であり、善と悪の両方で弱くて愚かな大多数からの逸脱者がいます-彼女はそこから彼女自身の道徳的な落ち着きと手段を継承しています彼女の探偵事務所を設立した。マッコールスミスは彼女を現実的に表現していません。彼は彼女の太さ(伝統的な体格、彼はそれを呼んでいます)と彼女が運転する小さな白いバンと彼女が飲むブッシュティーを繰り返し引用していますが、私たちは親密な小説家のクローズアップではなく、聖書のキャラクターを見る壮大な距離で彼女をより多く見ます。しかし、聖書のかなり血に飢えたフェミニストのヒロイン(たとえば、ジュディスとヤエル)とは対照的に、MmaRamotsweは完全に良性の正義の道具です。彼女は、彼女が捕まえた誤った男性(そして時折誤った女性)からの復讐を強要しません。彼女の衝動は常に罪人を惜しまず、報復を厳しくする心のこもった方法を見つけることです。

「彼女は良い探偵であり、良い女性でした」とマッコール・スミスは最初の本で彼のヒロインについて書き、「良い国の良い女性」と付け加えています。ボツワナの良さはマッコール・スミスの企業にとって非常に重要です。そのコミックのインスピレーションの多くの源。マッコール・スミスは、「原始的」文化が西洋社会の笑える後進性を示すために持ちこたえられるという風刺的な文学の伝統に従います。 But, as McCall Smith is aware, the goodness of Botswana, a former British protectorate that gained its independence in 1966, has a hybrid character. The country's unspoiled natural beauty and the unhurried, kindly ways of its people are only a part of what makes Botswana the paradise of Africa. After independence, Botswana rapidly became one of the most prosperous and progressive -- and Westernized -- countries in Africa. (The prosperity is a result largely of the discovery of diamonds.)

McCall Smith gamely takes on the task of distinguishing between the good and the bad things that have come to Botswana from the West. Among the unarguably good things, for example, are the antidepressants that rescue Mr. J. L. B. Matekoni, a gifted automobile mechanic and the transcendently kind husband-to-be of Mma Ramotswe, from incapacitating clinical depression and among the unarguably bad things is the fashion for thinness that is telling ladies of traditional build that a slice of Mma Potokwane's fruitcake has 700 calories. To illustrate the brilliant evenhandedness with which McCall Smith plays the two cultures against each other, here is a conversation between Mma Potokwane and Mr. J. L. B. Matekoni that takes place in "Tears of the Giraffe," the second book of the series. Mma Potokwane has been on the telephone with a grocer who took an irritatingly long time to agree to donate some cooking oil to the orphanage.

"Some people are slow to give," she observes, and continues, "It is something to do with how their mothers brought them up. I have read all about this problem in a book. There is a doctor called Dr. Freud who is very famous and has written many books about such people."

" 'Is he in Johannesburg?' asked Mr. J. L. B. Matekoni.

" 'I do not think so,' said Mma Potokwane. 'It is a book from London. But it is very interesting. He says that all boys are in love with their mother.'

" 'That is natural,' said Mr. J. L. B. Matekoni. 'Of course boys love their mothers. Why should they not do so?'

"Mma Potokwane shrugged. 'I agree with you. I cannot see what is wrong with a boy loving his mother.'

" 'Then why is Dr. Freud worried about this?' went on Mr. J. L. B. Matekoni. " 'Surely he should be worried if they did not love their mothers.'

"Mma Potokwane looked thoughtful. 'Yes. But he was still very worried about these boys and I think he tried to stop them.'

" 'That is ridiculous,' said Mr. J. L. B. Matekoni. 'Surely he had better things to do with his time.' "

The passage is a tour de force of double-edged irony. McCall Smith's gentle mockery falls equally on African innocence and Western knowingness. Mma Potokwane's "I do not think so" is worthy of Twain.

In the new book, Arcadia is showing signs of decline. In the opening scene, Mma Ramotswe sits in an outdoor cafe in the capital city of Gaborone and witnesses, in rapid succession, three instances of flagrant antisocial behavior. First she sees a woman who is parking her car scrape another car and drive away. Next she sees a woman steal a bangle from an outdoor peddler while his back is turned. And finally she herself is ripped off: as she runs out of the cafe to try to stop the jewelry thief, she is stopped by a waitress, who accuses her of trying to leave without paying her check and demands money as a bribe for not calling the police. Gaborone as Gomorrah.

After the incident of the scraped car, Mma Ramotswe reflects that "it was not true that such a thing could not have happened in the old Botswana -- it could -- but it was undoubtedly true that this was much more likely to happen today." Her reverie continues: "This was what happened when towns became bigger and people became strangers to one another she knew, too, that this was a consequence of increasing prosperity, which, curiously enough, just seemed to bring out greed and selfishness." A few pages later, in a scene in a church, we are recalled to another threat to the African paradise. The minister speaks of "this cruel sickness that stalks Africa" -- that, in fact, stalks Botswana more cruelly than almost any other country: Botswana has one of the highest H.I.V. infection rates in the world, roughly 40 percent of the adult population.

I get this statistic not from McCall Smith's series but from an article by Helen Epstein in the February 2004 issue of Discover magazine. The "cruel sickness" is not an overt theme of the "No. 1 Ladies' Detective Agency" books. McCall Smith does not even give the scourge its name. On some subterranean level, however, his sexual comedy and the tragedy of AIDS intersect. The sexual activity by which the H.I.V. infection is spread is the activity by which the books themselves are driven. Sex is everywhere in them.

A large percentage of the clients of the No. 1 Ladies' Detective Agency are women who want to know if their husbands are cheating on them. (They invariably are.) When Mma Ramotswe interviews one such client "there flowed between them a brief current of understanding. All women in Botswana were the victims of the fecklessness of men. There were virtually no men these days who would marry a woman and settle down to look after her children men like that seemed to be a thing of the past." The case takes a characteristically comic turn. After Mma Ramotswe personally entraps the husband and presents the client with the conclusive evidence of a photograph in which he is kissing the detective on her sofa, the client is beside herself. "You fat tart! You think you're a detective! You're just man hungry, like all those bar girls!" But the comedy only underscores the unfunniness of the priapism by which McCall Smith's Botswana is gripped.

McCall Smith does not connect the dots. He never talks explicitly about how "the cruel sickness" is transmitted. But one has only to look at the real Botswana (where McCall Smith has lived) to see what he must be gesturing toward. In a second article on the subject in The New York Times Magazine, Epstein writes chillingly about the promiscuity that is the agent of the AIDS epidemic in Africa. She attributes Botswana's especially high H.I.V. rate to a special sort of promiscuity: the concurrent long-term sexual relationships with more than one partner, largely male-orchestrated, that are a fixture of the country's life. She notes that a program of "partner reduction" or "increased faithfulness" in Uganda, where such relationships had also been commonplace, brought about a marked change in the H.I.V. infection rate so far Botswana has not established such a program.

McCall Smith's major characters -- Mma Ramotswe, Obed Ramotswe, J. L. B. Matekoni, Mma Makutsi, Mma Potokwane -- are hardly in need of partner reduction. McCall Smith writes so compellingly of their goodness that we don't immediately notice their sexlessness. But there is a sort of chastity enveloping them that is in conspicuous contrast to the hypersexuality of the society at large. In the first book of the series, Mma Ramotswe articulates what is to become implicit. She has refused the first proposal of J. L. B. Matekoni, and worries about losing him as a good friend. "Why did love -- and sex -- complicate life so much? It would be far simpler for us not to have to worry about them. Sex played no part in her life now and she found that a great relief. 。 。 。 How terrible to be a man, and to have sex on one's mind all the time, as men are supposed to do. She had read in one of her magazines that the average man thought about sex over 60 times a day!" Mma Ramotswe later accepts the transcendently kind mechanic, and eventually marries him, but we don't get the feeling that sex has much to do with it. The sexual magnetism of the sociopathic trumpeter brought her nothing but suffering. Matekoni, clearly not a man who thinks about sex 60 times a day, if at all, brings her fatherly companionship. She is satisfied with it.

In a reprise of the cake scene, Mma Ramotswe and Mma Potokwane give the allegory of transgression yet another comedic tweak. As they sit in Mma Potokwane's office eating the magical confection, Mma Ramotswe asks her friend if she eats too much cake, and Mma Potokwane responds:

" 'No, I do not. I do not eat too much cake.' She paused and looked wistfully at her now emptying plate. 'Sometimes I would like to eat too much cake. That is certainly true. Sometimes I am tempted.'

"Mma Ramotswe sighed. 'We are all tempted, Mma. We are all tempted when it comes to cake.'

" 'That is true,' said Mma Potokwane sadly. 'There are many temptations in this life, but cake is probably one of the biggest of them.' "

The "No. 1 Ladies' Detective Agency" series is a literary confection of such gossamer deliciousness that one feels it can only be good for one. Fortunately, since texts aren't cakes, there is no end to the pleasure that may be extracted from these six books.

Janet Malcolm's latest books are "Reading Chekhov" and "The Crime of Sheila McGough."


Fed’s Reversal on Bank Capital Requirements Serves No Purpose

The Fed reimposed a requirement that big banks hold capital against Treasury bonds and reserves on their balance sheets.

Greg Ip

Since the financial crisis more than a decade ago, the general attitude about bank capital has been that there is no such thing as too much.

It was in that spirit that on Friday the Federal Reserve reimposed a requirement that big banks hold capital against Treasury bonds and reserves (cash kept on deposit at the Fed) on their balance sheets.

The case for that requirement is flawed. The purpose of holding capital, usually shareholders’ equity, is to absorb potential losses. But Treasurys and reserves are risk-free. With that capital requirement back in place, the Fed achieves nothing toward making the financial system safer while potentially raising headwinds to its other goal: stoking an economic recovery with easy credit conditions.

The Fed exempted Treasurys and reserves from capital requirements a year ago in the midst of the market turmoil triggered by the initial pandemic-related economic shutdown. The central bank didn’t want banks to avoid holding or trading Treasurys because of the capital requirement. The exemption also in theory freed up capital that banks could use to make loans to businesses and households.

The decision announced Friday means the exemption is now due to expire March 31. Banks wanted it to continue but ran into a buzz saw of opposition from progressive Democrats. “The banks’ requests for an extension of this relief appear to be an attempt to use the pandemic as an excuse to weaken one of the most important postcrisis regulatory reforms,” Sens. Sherrod Brown of Ohio and Elizabeth Warren of Massachusetts said earlier this month.


コミュニティレビュー

I first read these stories when I was about 10 or 11 years old, then loaned the book to someone and never saw it again. As I was passing the sci-fi section in a well-stocked used bookstore recently, I thought I&aposd take a chance and, there it was, another compilation of my youth.

How to prepare TALES FROM GAVAGAN&aposS BAR:
Take 2 jiggers of Lord Dunsany&aposs Mr. Jorkens club tales, add a snifter of the rare essence (in 1950) of what we now call "urban fantasy", grate some Damon Runyon to taste (alternati I first read these stories when I was about 10 or 11 years old, then loaned the book to someone and never saw it again. As I was passing the sci-fi section in a well-stocked used bookstore recently, I thought I'd take a chance and, there it was, another compilation of my youth.

How to prepare TALES FROM GAVAGAN'S BAR:
Take 2 jiggers of Lord Dunsany's Mr. Jorkens club tales, add a snifter of the rare essence (in 1950) of what we now call "urban fantasy", grate some Damon Runyon to taste (alternatively, O. Henry can be substituted for a more surprising variant), add a small dusting of The Travels and Surprising Adventures of Baron Munchausen, charge with nitrous oxide and serve in a tall glass - chilled or neat, preferably in an old-style, big city, neighborhood saloon while listening to "Duffy's Tavern" on an old Philco radio. (If decanted and served in the United Kingdom, substitute essence of "pulp science fiction" for the urban fantasy (being careful to strain most of the the pulp), and grate a fine dusting of P.G. Wodehouse to taste to create a Tales From The White Hart). Also note, alternate mixes created later from this basic recipe include the Callahan's Crosstime Saloon and the Curious Quests of Brigadier Ffellowes.

Many of these stories stayed with me through the years. One even inspired a story idea of my own (sadly, yet unwritten - too much time spent in bars, I'd wager). These are charming, light-hearted, low-key tales of the "would you believe what happened to me?" sort, the British "club story" moved down-class to the neighborhood bar ("pub story", perhaps?). The bar setting serves as a wonderful frame - not just for natural raconteurs and plot timing involving comedic side comments, interruptions from the bartender and dramatic punctuations like a dropped glass - but also as a suitable bed for what is commonly called, nowadays, "flash fiction" - wonderful because it allows for some of the stories to end unresolved (although, conversely, this also means that a number of the tales are barely stories at all, just showcases of a cute idea, and so a few are rather weak). Although these stories were written in - and are set in - the 1950s (with a full compliment of businessmen, salesmen, academics and Cold War characters) - they actual feel of a slightly earlier period (1920s-1930s) and are in no way part of the "Rat Pack" culture gaining footholds in a few years. There are some similarities between Gavagan's Bar and Duffy's Tavern - the owners are never present and so the premises are run by the bartenders (Mr. Cohan and Archie, respectively)

I'm not going to go into detail (and thus possibly ruin the fun) on every story, just some teasers (including the main alcoholic libations consumed therein):

"Elephas Frumenti" - the square cube law limits the selective breeding of giants, but what happens if you turn it around and attempt to breed the perfect bar pet? (one of my favorite stories here - only a scientific justification for a rosetae coloring in the creature is neglected - and a bit of an oddity as it all happens in Gavagan's) - Presidente cocktail, 1/8th of a shot of whiskey.

"The Ancestral Amethyst" - a drinking contest between an unreasonably self-assured Dane and a reformed Irish pickpocket is undone by some magical (and human) cheating ("up Erin!"). (another oddity, again all happening at Gavagan's) - cherry brandy, schnapps, shots of Irish whiskey, a Manhattan, a shot of vodka - it was a drinking contest, after all!

"Here Putzi!" - the trails and tribulations of being married to one of the lesser tribes of were-creatures (features some wonderful interaction between Mrs. Vacarescu and Mrs. Jonas over the use of the term "bitch") - Tokay.

"More Than Skin Deep" - the secrets of snaring a husband can be found in a special treatment at a very special boutique. - Presidente cocktail, whiskey sour.

"Beasts of Bourbon" - Asian metaphysics, despondency and bender don't mix, as a man finds his DT figments manifesting in the real world (most witty title of any here!) - Yellow Rattler cocktail, Daiquiri, rye & soda.

"The Gift of God" - a composer of religious poetry for the radio finds her prayers being answered - without heed to the actual intent behind the wording. (a weak story) - double Martini.

"The Better Mousetrap" - A man borrows an unearthly pet to solve a vermin problem, then loses it. - Boilermaker and a long shot, double Zombie, Vin sable wine, Tom Collins.

"No Forwarding Address" - an impossibly old research librarian, who seems to possess personal knowledge of ancient history, gets in dutch for teaching a simple trick. - Martini, Sazerac cocktail.

"The Untimely Toper" - an unruly bar fly is cursed to an imaginative fate until he sobers up. - Martini, Tom Collins, scotch & soda, Lonacoming whiskey, bottle of bourbon, Prairie Oyster cocktail, deluxe Boilermaker.

"The Eve. of St. John" - you can only push a fairy curse of automatic bad luck so far before the backfires backfire on you! - Angel's Tit cocktail, rye & water.

"The Love Nest" - a young woman evidences an interesting mutation (pretty weak story) - scotch & soda, Boilermaker.

"The Stone of the Sages" - an item found in the Florida surf may be the stuff of legend (kinda weak) - rum & Coke, scotch & soda.

"Corpus Delectable" - a mans discovers his visage is an undertaker's advertising dream - Boilermaker, Martini, double scotch.

"The Palimpsest of St. Augustine" - an accidental discovery solves an historical, religious mystery - or perhaps not (weak story) - whiskey, Martini.

"Where To, Please?" - Two friends' disagreement over whether the past or the future is more palatable leads to a bet and accidental time travel (enjoyable story) - Martini, double brandy, Brandy Smash.

"Methought I Heard A Voice" - a popular religious orater may be too popular (weak story) - double Manhattan.

"One Man's Meat" - a spy mission in soviet Czechoslovakia runs afoul of Communist spies, but a mysterious old man and a sausage save the day. (another story that stayed with me - the final image is wonderfully absurd!) rye & soda, Slivovitz, Tom Collins.

"My Brother's Keeper" - Twin brothers, one pious and one less so, share a link - of the "Corsican" variety. (pretty weak story) double whiskey, Manhattan, Boilermaker.

"A Dime Brings You Success" - a mail-order course imbues strength of personality but also bad luck (another pretty weak story). Boilermaker, whiskey sour, rye & soda.

"Oh, Say! Can You See" - a man falls for a mysterious girl who seems to live on the roof of an office building (another favorite of mine from years ago) - Boilermaker, dry Martini, double Stinger, Hennessey.

"The Rape of the Lock" - A man is given a good luck charm that will open any door, but it leads to unforeseeable problems (excellent story with a truly marvelous, unresolved ending) - rye & water, Martini, Rob Roy.

"Bell, Book & Candle" - the minutia of religious ritual cocks up the attempted exorcism of a poltergeist (again, a pretty weak story). scotch, Manhattan, Stinger cocktail.

"All That Glitters" - the bar's ancient spittoon hides a secret of Leprechaun gold and local politics (enjoyable, very "Oirish" story) - Irish whiskey (of course!).

"Gin Comes In Bottles" - a cocktail party gets lively after a misunderstood request unleashes an atypical "spirit". - Appetizer #3 (very dry whiskey cocktail), Boilermaker, double scotch, Martini, Gin, dry-ice Martini.

"There'd Be Thousands In It" - the invention of an automatic "dressing machine" causes unforeseen problems (a weak bit of slapstick, really, and no fantastic element) - Boilermaker, neat vodka.

"The Black Ball" - a fully functioning crystal ball unbalances the local criminal numbers racket, leading a lawyer to intervene. - Rob Roy.

"The Green Thumb" - an aboriginal magic gift "curses" a tomboyish woman to be unable to cook a non-fancy meal. - rum & Coke, Alexander cocktail, Angel's Kiss cocktail.

"Caveat Emptor" - some trickery involving sub-leasing of souls in a classic deal with the Devil. - Martini, Boilermaker.

"The Weissenbroch Spectacles" - glasses made from Kobald Quartz (that function like X-Ray Specs) assist a man with a specific, if common, fetish. - Boilermaker, (Hollands) gin & bitters, Stinger cocktail.