カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

パルスの力(いいえ、そのパルスではありません。もう1つです。)

パルスの力(いいえ、そのパルスではありません。もう1つです。)


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

クイック–定義 。指先で感じるハートビートを言いましたか?もちろんその通りですが、それは1つの定義にすぎません。

、料理と農業の世界では、マメ科のサブセット、具体的には乾燥豆、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆を指します。

健康的な食事はまだおいしいはずです。

より素晴らしい記事とおいしくて健康的なレシピのために私たちの毎日のニュースレターにサインアップしてください。

定義をさらに深く掘り下げたいですか?パルスは、これらの植物の低脂肪、高繊維およびタンパク質、食用種子部分であるため、高脂肪のピーナッツまたは大豆(マメ科植物も)は含まれていません。

原則として、私はスーパーフードという言葉を避けますが、豆類である発電所は例外とします。それらは栄養が豊富でキッチンで用途が広いだけでなく、乾燥豆、エンドウ豆、ひよこ豆、レンズ豆は持続可能であり、二酸化炭素排出量が少ないため地球上で簡単に育ちます。

豆類はまた、特に他のタンパク質や野菜と比較して、信じられないほど保存安定性があり、輸送が簡単になります。そして、私が提唱している栄養価の高い食品へのアクセスの真のキッカー:パルスは手頃な価格であり、世界のほぼすべての場所で利用できます。朝食から砂漠まで、そしてその間のすべての食事と軽食まで、豆類は本当に炉床の鼓動です。

国連が2016年を国際マメ年と宣言したと聞いたのは当然のことでした。読者や生徒に脈拍という言葉を学んで使用するよう説得するのは少し緊張していますが、10年前にキノアを使って料理する方法、さらには発音する方法を知っていましたか? (2013年はキノアの国際年でした。)真剣に、パルスが地球上のほぼすべての料理に影響を与えるのはどれほどクールですか?

クッキングライト レシピ開発者と クッキングライト 読者は乾燥豆の見知らぬ人ではありません、ええと、 パルス、そしてその中にある料理と健康の力。 Beanを多用するレシピローテーションの利点について以前に書いたことがあります。 MyRecipesでフムスを検索すると、165件以上の結果が表示されます(私のお気に入りはローストビートバージョンです)。誓約者に週に1回10週間豆類を食べるように求める#PULSEPLEDGEを服用しても問題ありません。缶詰の豆はもちろん数えられますが、私はあなたにそれをさらに一歩進めて、それらの10週間の少なくとも半分の間乾燥豆を調理するようにあなたに挑戦します。週末または一晩だけ浸すか、必要に応じて、クイックソーク方法を使用してプロセスをスピードアップします。

クラシックな料理でも、ブラジルのスロークッカーシチューをバストアウトする場合でも、#PULSEPLEDGEによって、家族、農家、そして私たちが故郷と呼ぶこの大きくて美しく、脈を愛する惑星。

読み続けます:


ネルソンのハードウェアプロパティの隠された歴史

ホームセンターは、開拓時代からアメリカの日曜大工の精神に貢献してきました。ベイリーズハーバーの町に販売しているネルソンショッピングセンターの建物内でのゲイリーネルソンとのツアーでは、父親のゴーディがDIYの熱意をどれだけ祝ったかを垣間見ることができました。

ビジネスや家族向けに行われた追加や変更は、ゴードンネルソンが1950年頃に取得した旧ブランブラザーズストアの建物を完全に包み込みます。彼は「固い岩」にぶつかるまで地下室の床を掘り出し、元の顧客が思い出すような斜面を作りました。元の建物の後部が前部よりも高いことは、トラックをバックアップして仕事に出かけたゴードンを揺さぶることはありませんでした。

「彼はそれを手、ピックアップトラック、そしてシャベルで掘り出しました」とゲイリーは言いました。

ある時点で、ゴードンネルソンは、町が2台の古い消防車を地下室に端から端まで駐車することを許可しました。ゲイリー氏によると、町は、現在マリーナの建物があるジーンのガソリンスタンドや酒屋など、場所から場所へとトラックを移動する傾向がありました。しかし、1950年代に、2人の町の理事会メンバーは、現在ブルーオックスにある1936年の車両を含め、後部ガレージのドアが消防車に押し込めるほど高いように見えることに気づきました。

ゲイリーは、父親が建物内のトラックを許可することに同意したため、消防署長に指名されたと述べました。数年後、検査官が地下室に消防車を見つけ、店と車両とその燃料を隔てる防火壁がないことにショックを表明したとき、町はネルソン長官に防火壁の追加費用を補うために2年間の昇給を行いました。天井と地下の内壁に。

ゴードンが金物店の活発なビジネスのためのスペースを必要とし、町の指導者に消防署を建設する必要があると言った1965年頃まで、消防車はそこにありました、とゲイリーは思い出しました。

「ここから2ベイステーションに移動することは大きな改善でした」とゲイリーは言いました。 「消防士は鍵を持っていました。彼らは消防車を手に入れるために私邸に来ていませんでした。」

ゲイリーネルソンは、閉鎖されたベイリーズハーバー店の記念品をいくつか持っていますが、野心的で飽きのこないビジネス志向の父親、ゴードンのこの肖像画など、特定の特別なアイテムを手放すことはありません。クレイグステレットによる写真。

買い物客はおそらくこの店を住居とは考えていませんでしたが、ゲイリーと彼の家族は、キッチンと店の前の部屋をつなぐドアから毎日ビジネスに参入しました。 、帽子、ブーツ、靴下、キャンプ用品、ピクニック用品。

「私は歩くことができたときから建物で働き、ポップマシンを満たし、ゴミ箱を空にし、床を掃除しました」とゲイリーは言いました。

彼はミネソタ州のベセル大学で経済学を学んでいた2年生で、父親が郡の建設が厳しくなっていることを知らせたとき、家族は競争力を維持するために店のサイズを2倍にするために急いで増築を行う必要があります。ゲイリーは3年生の半ばでしたが、追加を手伝うために喜んで脱落しました。

ゲイリーは次のように回想しました。「父と話をしたとき、彼は言った。今からやろうと思ったので、湖まで建物を建て直し、建物の裏側まで車で移動するのに十分なスペースを残しました。郡のゾーニングが来ていました。ゾーニングでは、湖から75フィートか何か離れている必要がありました。春まで待っていたら、元に戻すことはできなかったでしょう。」

育ったネルソン家の7人は、店に併設された3ベッドルーム、1バスの1階建ての家に住んでいました。ゲイリーの祖母は、家に3ベッドルーム、1バスのセカンドストーリーを建てるためにお金を払いました。彼女が2年後に亡くなったとき、それは1つの賃貸ユニットになり、次に2つの湖を望むモーテルの部屋になりました。

「家族が育ったとき、私たちは寝室の1つを切り落とし、それをモーテルの部屋にしました。それから私の人々はここに住んでいました」とゲイリーは店の狭い仮設の休憩室の壁を東に向けて言いました。 「私たちはそれをもう一度切り刻み、私の民家を小さくし、別のユニットを借りました。そして私の人々が亡くなると、彼らのキッチンとリビングルームは別のユニットになりました。」

町で必要が生じたとき、ゴードンネルソンは、子供のプレイルームであった家の下にWe Wash’Emコインランドリーを作成しました。

1990年代に顧客がシャベルと熊手を選んだ地下室では、ネルソンの子供たちと従業員が1950年代に洗濯機、水抽出器、3台の乾燥機を操作しました。

ランドリー事業と並行して、ゴードンはクローゼットの壁と天井を岩とコンクリートで厚くし、古い金庫のドアを取り付けることで金庫室を作りました。リーダーが金物店の建物を取り壊すことを決定した場合、ベイリーズハーバーの町はその金庫室や他の石の障害物に遭遇する可能性があります。元のブランブラザーズストアの建物の3フィートの厚さの足場は、確かにいくつかの場所で地上に立っています。

20世紀半ばから後半にかけて、店の建物とネルソンのガレージ、機器のレンタル、およびベッチャーフォードのガレージとパットハスビーのスノーモービルショップを収容したショップの建物には、貴重な小さな記念品が残っています。しかし、ゲイリーにはいくつかの宝物があります。マリーナで壊れた記念ベンチの一部があります。大きな非売品のフォードは、父親の肖像画と、写真を撮るのが嫌いな地元のビジネスマンのスケッチに署名しています。

ゲイリー・ネルソンは、銀行がそうしないときに父親のゴードンにお金を貸した、カメラに恥ずかしがり屋のジョン・ピーターソン(右)の絵を大切にしています。クレイグステレットによる写真。

「私の父はお金を借りるために銀行に行きました」とゲイリーは回想しました。それで彼は行きました、彼のニックネームは「10パーセントジョン」だったと思います。[ジョン]は彼らが好きならビジネスマンにお金を貸しますが、彼は10%の利子を請求しました。彼は人々が彼をだまして返済できないと思ったので裕福になりました、しかし彼は彼のカードを正しくプレイしそして彼は彼らの家にリーエンを置きました、そしてその財産が売りに出されるとき、彼はすぐそこにいました。私の父は彼にすべてのニッケルを返済しました、そして[ジョン]は他の誰もそうしないときに彼にお金を与えました。」

ネルソンはガレージの建物で、いくつかの獣のような古いチェーンソー、いくつかの政治的看板、1つのアンティークの芝刈り機、そして廃れたテキサスの会社がまだ彼にお金を借りている電話ブースなど、ほんの少しの記念品を持っています。建物には、ガレージを加熱する大規模な古いボイラーがまだありますが、労働者が購入または借りた部品がいくつか欠けています。

店とガレージを閉めた後、ゲイリーは彼が貿易に取り入れて部品に使用した76台の芝刈り機を取り除きました。彼は、屋根裏部屋から取り外されたすべての芝刈り機には、車輪、キャブレター、またはその他の部品が欠けていると述べました。

ゲイリー・ネルソンは、父親の創意工夫と創造的なビジネスセンスを店とともに受け継いでいるようです。

ネルソンの壁画

建物が取り壊された場合、ポータブルアートは保存されます

アート愛好家、恐れることはありません。ベイリーズハーバーの町がかつてのネルソンのハードウェアの建物を取り壊すことを決定した場合、構造の北側にあるラムロハスの巨大な壁画が保存されます。

これは、壁画が持ち運び可能であるためです。建物にねじ込まれたアルミニウムパネルに描かれています。

「技術的には、ベイリーズハーバータウンの一部であるベイリーズハーバー歴史協会の一部である壁画委員会に属しています」と、建物の所有者であるゲイリーネルソンは述べています。

壁画はネルソンの所有物ではありませんが、彼にはそれを気にする理由があります。湖のシーン、リッジスサンクチュアリとドアカウンティーの野草の光に加えて、ロハスの壁画にはネルソンの家族の描写が含まれています:アダム(右上)、ネルソンの息子で家族のフィッシュクリークストアのアシスタント、ゲイリーの両親、ゴードンとフィリス、ゴーディの最初の事業では、ノースポートドックにハンバーガー、果物と野菜、ボートのレンタルスタンドがあります。スタンドは現在、シスターベイの北にあるリバティグローブヒストリカルソサイエティーの土地にあります。


14.2。基本クラス¶

上記のセクションのクラスは、一連の基本クラスから派生しており、その一部は事実上抽象的です。クラスは、以下のグラフに表示される(部分的な)階層を形成します(抽象クラ​​スは具体的なクラスよりも明るい色で表示されます)。

次のセクションでは、独自のデバイス用のクラスを作成したい上級ユーザー向けのこれらの基本クラスについて説明します。

14.2.1。 DigitalOutputDevice¶

典型的なオン/オフ動作を備えた一般的な出力デバイスを表します。

このクラスは、オプションのバックグラウンドスレッドを使用して、それ以上の対話なしでデバイス状態の切り替えを処理するblink()メソッドでOutputDeviceを拡張します。

  • ピン (intまたstr)–デバイスが接続されているGPIOピン。有効なピン番号については、ピン番号を参照してください。これがNoneの場合、GPIODeviceErrorが発生します。
  • active_high (ブール)– True(デフォルト)の場合、on()メソッドはGPIOをHIGHに設定します。 Falseの場合、on()メソッドはGPIOをLOWに設定します(off()メソッドは常に反対のことを行います)。
  • 初期値 (ブールまたなし)– False(デフォルト)の場合、デバイスは最初はオフになります。 Noneの場合、デバイスは、出力用に構成されたときにピンが検出された状態のままになります(警告:これはオンになる可能性があります)。 Trueの場合、デバイスは最初にオンになります。
  • pin_factory (工場またなし)–詳細については、API-ピンを参照してください(これは、ほとんどのユーザーが無視できる高度な機能です)。

デバイスの電源を繰り返しオン/オフにします。

  • 定刻 (浮く)–オンの秒数。デフォルトは1秒です。
  • off_time (浮く)–オフの秒数。デフォルトは1秒です。
  • NS (intまたなし)–点滅する回数なし(デフォルト)は永久を意味します。
  • バックグラウンド (ブール)– True(デフォルト)の場合、バックグラウンドスレッドを開始して点滅を続け、すぐに戻ります。 Falseの場合、まばたきが終了したときにのみ戻ります(警告:デフォルト値の NS このメソッドは返されません)。

デバイスが現在アクティブな場合は1を返し、それ以外の場合は0を返します。このプロパティを設定すると、デバイスの状態が変更されます。

14.2.2。 PWMOutputDevice¶

パルス幅変調(PWM)用に構成された汎用出力デバイス。

  • ピン (intまたstr)–デバイスが接続されているGPIOピン。有効なピン番号については、ピン番号を参照してください。これがNoneの場合、GPIODeviceErrorが発生します。
  • active_high (ブール)– True(デフォルト)の場合、on()メソッドはGPIOをHIGHに設定します。 Falseの場合、on()メソッドはGPIOをLOWに設定します(off()メソッドは常に反対のことをします)。
  • 初期値 (浮く)– 0(デフォルト)の場合、デバイスのデューティサイクルは最初は0になります。 0〜1の他の値は、初期デューティサイクルとして指定できます。ピンの状態を変更しないようにPWMに指示する方法がないため、(親クラスとは異なり)Noneを指定できないことに注意してください。
  • 周波数 (int)–デバイスを駆動するために放出されるパルスの周波数(Hz)。デフォルトは100Hzです。
  • pin_factory (工場またなし)–詳細については、API-ピンを参照してください(これは、ほとんどのユーザーが無視できる高度な機能です)。

デバイスの電源を繰り返しオン/オフにします。

  • 定刻 (浮く)–オンの秒数。デフォルトは1秒です。
  • off_time (浮く)–オフの秒数。デフォルトは1秒です。
  • fade_in_time (浮く)–フェードインに費やす秒数。デフォルトは0です。
  • fade_out_time (浮く)–フェードアウトに費やす秒数。デフォルトは0です。
  • NS (intまたなし)–点滅する回数なし(デフォルト)は永久を意味します。
  • バックグラウンド (ブール)– True(デフォルト)の場合、バックグラウンドスレッドを開始して点滅を続け、すぐに戻ります。 Falseの場合、まばたきが終了したときにのみ戻ります(警告:デフォルト値の NS このメソッドは返されません)。

脈 ( fade_in_time = 1, fade_out_time = 1, n =なし, background = True ) [ソース] ¶

デバイスをフェードインとフェードアウトを繰り返します。

  • fade_in_time (浮く)–フェードインに費やす秒数。デフォルトは1です。
  • fade_out_time (浮く)–フェードアウトに費やす秒数。デフォルトは1です。
  • NS (intまたなし)–パルスする回数なし(デフォルト)は永久を意味します。
  • バックグラウンド (ブール)– True(デフォルト)の場合、バックグラウンドスレッドを開始してパルスを継続し、すぐに戻ります。 Falseの場合、パルスが終了したときにのみ戻ります(警告:デフォルト値の NS このメソッドは返されません)。

デバイスの状態を切り替えます。デバイスが現在オフ(値が0.0)の場合、これにより「完全に」オン(値は1.0)に変更されます。デバイスのデューティサイクル(値)が0.1の場合、0.9に切り替わります。

PWMデバイスで使用されるパルスの周波数(Hz単位)。デフォルトは100Hzです。

デバイスが現在アクティブ(値がゼロ以外)の場合はTrueを返し、それ以外の場合はFalseを返します。

PWMデバイスのデューティサイクル。 0.0はオフ、1.0は完全にオンです。中間の値は、デバイスのさまざまなレベルの電力に対して指定できます。

14.2.3。出力機器¶

汎用GPIO出力デバイスを表します。

このクラスは、GPIODeviceを拡張して、GPIO出力デバイスに共通の機能を追加します。デバイスをオンに切り替えるon()メソッド、対応するoff()メソッド、およびtoggle()メソッドです。

  • ピン (intまたstr)–デバイスが接続されているGPIOピン。有効なピン番号については、ピン番号を参照してください。これがNoneの場合、GPIODeviceErrorが発生します。
  • active_high (ブール)– True(デフォルト)の場合、on()メソッドはGPIOをHIGHに設定します。 Falseの場合、on()メソッドはGPIOをLOWに設定します(off()メソッドは常に反対のことを行います)。
  • 初期値 (ブールまたなし)– False(デフォルト)の場合、デバイスは最初はオフになります。 Noneの場合、デバイスは、出力用に構成されたときにピンが検出された状態のままになります(警告:これはオンになる可能性があります)。 Trueの場合、デバイスは最初にオンになります。
  • pin_factory (工場またなし)–詳細については、API-ピンを参照してください(これは、ほとんどのユーザーが無視できる高度な機能です)。

デバイスの状態を逆にします。オンの場合はオフにし、オフの場合はオフにします。

Trueの場合、デバイスのピンがハイのとき、valueプロパティはTrueです。 Falseの場合、デバイスのピンがローのとき(つまり、値が反転しているとき)、valueプロパティはTrueになります。

このプロパティは、変更すると値が反転することを警告するように構築後に設定できます(つまり、このプロパティを変更しても、デバイスのピンの状態は変更されません。その状態の解釈方法が変更されるだけです)。

デバイスが現在アクティブな場合は1を返し、それ以外の場合は0を返します。このプロパティを設定すると、デバイスの状態が変更されます。

14.2.4。 GPIODevice¶

デバイスを拡張します。汎用GPIOデバイスを表し、すべてのシングルピンGPIOデバイスに共通のサービスを提供します(2つのGPIOデバイスがピンを共有しないようにするなど)。

パラメーター:ピン (int また str)–デバイスが接続されているGPIOピン。有効なピン番号については、ピン番号を参照してください。これがNoneの場合、GPIODeviceErrorが発生します。ピンがすでに別のデバイスで使用されている場合、GPIOPinInUseが発生します。
close()[ソース]

デバイスをシャットダウンし、関連するすべてのリソース(GPIOピンなど)を解放します。

このメソッドはべき等です(副作用なしにすでに閉じられているデバイスで呼び出すことができます)。これは主に、コマンドラインでのインタラクティブな使用を目的としています。デバイスを無効にし、別のデバイスで使用できるようにピンを解放します。

オブジェクトを削除するだけでこれを試みることができますが、オブジェクトへのすべての参照をクリーンアップしない限り、これは機能しない可能性があります(すべての参照をクリーンアップしたとしても、ガベージコレクターが実際にその時点でのオブジェクト)。対照的に、closeメソッドは、オブジェクトが確実にシャットダウンされるようにする手段を提供します。

たとえば、ピン16にブザーが接続されたブレッドボードがあり、代わりにLEDを取り付けたい場合:

デバイスの子孫は、withステートメントを使用してコンテキストマネージャーとして使用することもできます。例えば:

デバイスが閉じている場合はTrueを返します(close()メソッドを参照)。デバイスが閉じられると、他のメソッドやプロパティを使用してデバイスを制御またはクエリすることはできなくなります。


ダークチョコレートに浸したバナナ

シャッターストック

植物ベースのデザートは、実際には非常にシンプルです。バナナの半分をチョコレートに浸すのと同じくらい簡単です。チョコレートに浸したバナナポップに必要なトッピングをふりかけ、冷凍庫に入れて、甘いものが欲しければいつでもこの植物ベースのデザートをお楽しみください。

ダークチョコレートディップバナナのレシピを入手してください。


パーソナルブレンダーに関するFAQ

パーソナルブレンダーは忙しいホームシェフにとって便利な器具です。フルサイズのブレンダーを持っている人でも、パーソナルブレンダーをうまく利用できます。便利なトラベルカップと組み立てて掃除する部品が少ないので、キッチンに置くのにとても便利です。新しいパーソナルブレンダーを購入して使用する際に考慮すべきいくつかの質問があります。

Q.ブレンダーの利点は何ですか?

ブレンダーはあなたが栄養価の高い食品をより速くそしてより簡単にすることを可能にする台所の必需品です。ブレンダーは、スムージー、ミルクセーキ、スープ、ソースなどのピューレ食品を作るのに最適です。

Q.スムージーに最適な小型ブレンダーは何ですか?

最適な小型ブレンダーは、目的、容量、電力、アクセサリなどの好みによって異なります。 Ninja Nutri Proコンパクトパーソナルブレンダーは最も人気のある選択肢の1つであり、予算にやさしいマジックブレットブレンダー、スモール、シルバー、11ピースセットは、よくブレンドされたスムージーを作成するための優れたオプションです。

Q.パーソナルブレンダーを選択するにはどうすればよいですか?

ブレンダーのサイズ、パワー、スタイル、携帯性、そしてニーズに最適なカップとアクセサリーがあるかどうかを検討してください。

Q.パーソナルブレンダーには何ワットが適していますか?

理想的なワット数は、ブレンドする予定の成分によって異なります。ほとんどの家庭用ブレンダーは柔らかい材料を扱います。氷を砕き、冷凍フルーツをブレンドする場合は、ワット数が高いほど電力が増えるため、少なくとも300ワットの電力を備えたブレンダーを検討してください。

Q.ポータブルブレンダーに氷を入れることはできますか?

ポータブルブレンダーは一般的にコード付きブレンダーよりも強力ではありませんが、一部のモデルは氷を処理できます。

Q.ポータブルブレンダーを飛行機に乗せることはできますか?

ポータブルブレンダーは、ブレードが取り外されている限り、機内持ち込み手荷物に入れることができます。


VitamixAscent™シリーズブレンダーの17のユニークな機能

Vitamix Ascent Seriesマシンは、最高のエクスペリエンスを徹底的に提供するために革新されました。ユーザーが最初に気付くのは、あらゆる角度から洗練されたモダンに見える最先端の製品デザインです。 A2300およびA2500で標準色の黒、白、赤、およびスレートから選択するか、A3300およびA3500でブラッシュドステンレスまたはメタリックペイント仕上げにアップグレードします。

モダンで洗練されたA3300およびA3500は、傷がつきにくいタッチスクリーンを備えており、簡単に拭き取ることができます。

もう1つの新機能は、現在のVitamix所有者からの提案に触発された組み込みのデジタルタイマーです。デジタルタイマーは、ブレンドの処理時間を表示することで、毎回完璧なテクスチャを作成するのに役立ちます。プログラム可能なタイマーはA3300とA3500でも利用でき、入力した時間にレシピをブレンドして、マシンを自動的に停止します。

全国のトップスムージーチェーンから信頼されている同じブレンダーブランドで、あなただけのおいしいスムージーを作りましょう。さわやかなトロピカルスムージーでも、栄養素がたっぷり入ったグリーンスムージーでも、ヘルシーなレシピがたくさんあります。

64オンスの薄型コンテナは、すべてのVitamixブレンダーと同様にセルフクリーニング式です。容器に食器用洗剤を一滴加え、温水を半分ほど入れ、マシンの最高速度で30〜60秒間ブレンドします。 A3500は、利便性を高めるためのセルフクリーニングプログラム設定を備えています。

防腐剤を含まない天然のナッツバターを作るのはとても簡単です。サンドイッチ、フルーツディップ、ヘルシースナック、ピーナッツバターのスムージーなど、さまざまなフレーバーをお試しください。また、各Ascent Seriesブレンダーには、新しいマシンを最大限に活用し、友人や家族を驚かせるレシピを作成するのに役立つさまざまなテクニックを備えたハードバウンドクックブックが付属しています。

タンパーを使用して、濃厚な混合物または凍結した混合物を処理し、すべての成分をブレンドに完全に組み込みます。機械を停止して容器の側面をこすり落とす必要はありません。

当社のパルス機能は、可変速度コントロールと連携して動作することにより、さまざまな完璧なテクスチャを実現するのに役立ちます。速度設定が高いほど、パルスで達成されるパワーのバーストが大きくなります。

放課後のおやつのアイデアを探している場合でも、食品雑誌から直接パーティーを計画している場合でも、Vitamixブレンダーを使用して、手の込んだ味だけの簡単なディップやスプレッドを作ることができます。

フルサイズのコンテナに加えて、Ascentシリーズのマシンを追加のコンテナサイズで使用して、フルサイズのブレンダーで個々のサービングを作成できます。外出先での個人的なスムージーやランチに最適です。フリップトップリッドまたはストレージリッド付きの20オンスカップ、およびストレージリッド付きの8オンスボウルが2017年春に発売されます。

Vitamix Ascentシリーズブレンダーは新しいSELF-DETECT®テクノロジーで設計されているため、マシンはベースに配置されているコンテナーを正確に認識し、それに応じてブレンド設定を調整します。コンテナがモーターベースに正しく装着されるまでマシンの電源はオンになりません。また、64オンス以外のコンテナでの温かいスープなど、間違ったコンテナが使用されると、特定のプログラムが自動的に無効になります。容器。

すべてのAscentシリーズマシンに付属する新しく設計された64オンスのコンテナは、透明な蓋を備えているため、ユーザーはマシンを停止することなくブレンドを監視できます。更新された蓋プラグは、利便性を高めるための計量カップとしても機能します。

Vitamixで作成した食事を楽しむ時間を増やし、掃除の心配を減らすことができます。すべてのVitamixのセルフクリーニング機能を使用できます。または、すべての新しいAscent Seriesコンテナーは、ナッツバターなどの厳しいクリーンアップに対して食器洗い機で安全です。

Vitamixブレードの速度は、7分未満で原材料を温かいスープやソースに変えるのに十分な摩擦を生み出します。

プログラム設定でワンタッチでお気に入りのレシピを自動的に処理します。 A3300はスムージー、ホットスープ、冷菓のプログラム設定を提供し、A3500はスムージー、ホットスープ、冷菓、ディップ&スプレッド、セルフクリーニングを提供します。

シリアルに注ぐ、スムージーレシピ、一晩オーツ麦、ビーガンマックとチーズを作るなど、さまざまな用途に使用できる、乳糖を含まないおいしいミルクを作成します。これらはすべて、市販の乳糖以外のミルクに含まれる添加物を使用しません。

Vitamix Ascentシリーズのマシンには10年間の完全保証が付いており、新しいVitamixブレンダーが今後何年にもわたって機能することを保証します。


アプリコットシードレシピ

すべての食事について、アプリコットシードのレシピや料理のヒントなど、さまざまな種類のおいしい簡単なレシピを見つけてください。

マジパン

材料:
11 / 4C。 漂白されていないアーモンド、ローストされていない
2トン。 すりおろしたアプリコットの種
21 / 4C。 ダークブラウンシュガー
3 小さな卵白

方向:
アーモンド、シード、砂糖をブレンダーで非常に細かく砕きます。卵白を指で一度に1つずつブレンドします。滑らかでプラスチックになるまでこねます。型にプレスするか、ロールに成形し、冷却し、スライスすることができます。 11/2カップ。

シャロンのエッグノッグ

材料:
2C。 生乳、冷蔵
2
1 バナナ
2T。 ソルガムサトウキビシロップ
2T。 イナゴマメ粉末
1トン。 不活性酵母粉末、一次または醸造業者
2T。 生小麦胚芽、新鮮
2T。 粉ミルク、ノンインスタント
2トン。 アプリコットの種、地面

方向:
ブレンダーですべての材料を高速でブレンドします。一度に飲む。約35グラムの完全なタンパク質が含まれています。

アプリコットシードペスト

材料:
2 新鮮なバジルの葉を詰めたカップ
2 にんにく
1/4 苦い生のアプリコットの種とカシューナッツまたはクルミのカップ混合物
2/3 カップエクストラバージンオリーブオイル、分割
コーシャソルトと挽きたての黒胡椒で味わう
1/2 すりおろしたてのペコリーノチーズカップ

方向:
バジル、ニンニク、アプリコットの種子の混合物をフードプロセッサーで混ぜ合わせ、粗く刻むまでパルスします。オイルの1/2カップを追加し、完全に組み込まれて滑らかになるまで処理します。塩こしょうで味を調える。すぐに使用する場合は、残りのすべてのオイルを追加し、滑らかになるまでパルスします。ペストを大きなサービングボウルに移し、チーズを混ぜます。 1カップになります。

アップルバイツ

材料:
8オンス。 パッケージクリームチーズ
16 リンゴの種
16 レーズン
1 リンゴ、すりおろした
3T。 アプリコットの種、地面
メイスのピンチ

方向:
リンゴとクリームチーズを混ぜます。レーズンの中にリンゴの種を置きます。真ん中にレーズンを入れたリンゴとクリームチーズの小さなボールを作ります。アプリコットの種を巻き込みます。数時間冷やす。

アーモンドバイエルンクリーム

材料:
2 で柔らかくなった封筒ゼラチン
1 / 2C。 ブレンダーの冷たいミルク
1 / 3Cを追加 沸騰したお湯とスタートブレンダー
1 / 2Cを追加 はちみつ
4 有機卵
1T。 バニラ
2T。すりおろしたアプリコットの種
1 / 2C。 生クリームと4℃の液体を作るのに十分なミルク

方向:
型に流し込み、4時間または一晩冷やします。型の外側をホットタオルで少し温め、サービングプレートに逆さまに置きます。未焙煎のアーモンドで飾ります。 4人分です。

グリルしたPB&J

材料:
2 小さじバター
2 白パンをスライス
1-3 小さじ1ピーナッツバター
2 小さじ1杯のフレーバーフルーツゼリー
1 挽いたアプリコットシード小さじ1杯

方向:
グリドルまたはフライパンを華氏350度(摂氏175度)に加熱します。パンの各スライスの片側にバターを広げます。片方のパンのバターのない側にピーナッツバターを広げ、もう一方のスライスにゼリーを広げ、ピーナッツバターの側に小さじ1杯のアプリコットの挽いた種子を振りかけます。ピーナッツバターのスライスを、バターを塗った面を下にしてグリドルに置きます。ピーナッツバターとゼリーが真ん中にくるように、ゼリースライスをのせます。両側で2〜4分間、または黄金色になるまで調理し、温めます。

あなたの休日のおやつに少し健康を追加します。

方向:
お気に入りのホリデーケーキやクッキーに挽いた種や刻んだ種をふりかけましょう!いつものようにクッキーやケーキを焼きます。アイシングを追加するか、お気に入りのチョコレートに浸してから、刻んだシードまたは挽いたシードを振りかけます。

ミルクまたはダークチョコレートチップを浸す場合:

方向:
ソースパンに、1-1 / 2tspのオイルまたはショートニングを12オンスのミルクチョコレートまたはダークチョコレートチップに追加します。チョコレートがスプーンから濃厚な流れで注がれるまで、頻繁にかき混ぜながら中火で加熱します。 (チョコレートは形を保ちますが、非常に熱くなる可能性があることに注意してください。そのため、電子レンジを使用する場合は非常に短時間加熱してから、かき混ぜて繰り返す必要があります。チョコレートを分離させないことが重要です。 。)ホワイトチョコレートとバタースコッチチップを浸す場合:ホワイトチョコレートとバタースコッチチップは、12オンスあたり1tspのオイルまたはショートニングのみが必要でした。バッグ。次に、上記の指示に従います。チョコレートが溶けたら、クッキーを好きなように浸します。半分全体にするか、底または上だけにします。パラフィン紙に浸したクッキーを置き、ナッツやキャンディーを振りかけ、冷蔵庫に入れて固めます。溶かしたチョコレートを時々かき混ぜながら浸し、全体を均一な温度に保つことを忘れないでください。チョコレートを数回再加熱することができます。何度もチョコレートを分離し、白い肌を形成します。それが起こったとき、チョコレートはもはや浸すのに適していません。


パルス2000バーベキュー 黒

容量のデモンストレーションのみを目的とした画像。
実際の製品モデルと機能は異なる場合があります。

容量のデモンストレーションのみを目的とした画像。
実際の製品モデルと機能は異なる場合があります。

容量のデモンストレーションのみを目的とした画像。
実際の製品モデルと機能は異なる場合があります。

容量のデモンストレーションのみを目的とした画像。
実際の製品モデルと機能は異なる場合があります。

容量のデモンストレーションのみを目的とした画像。
実際の製品モデルと機能は異なる場合があります。


電磁パルスの脅威!

私は&#8220doomsday&#8221シナリオが好きです。たとえば、2012年のマヤ暦の予言や、2000年までの2000年問題の予言など、ばかげたシナリオも好きです。もちろん、心配すべき本物の終末の脅威がいくつかあります。たとえば、1918年から1919年のような別のインフルエンザの流行や、保健当局が懸念している他のパンデミックの可能性は、世界中で数億人とまではいかなくても数千万人を殺す可能性のある薬剤耐性の「スーパーバグ」によって引き起こされる可能性があります。

また、世界の超火山の1つが噴火したり、大きな小惑星が衝突したり、別の氷河期が始まったりするなど、私が考えたがる可能性は低いがもっともらしい大災害もあります。これらはすべて発生します—最終的に—そして、もしそれらの1つが今起こった場合、それは人類の90%を一掃する可能性があり、私たちはそれらを止める力がありません。

しかし、十分に文書化されているが予防可能な脅威があり、それがこの国をひざまずかせ、25億人ものアメリカ人を殺す可能性があるとしたらどうでしょうか。それでも、私たちはそれを防ぐために何もしていませんでした。実際、結果を軽減するために今すぐ実施できる修正がありますが、メディアと私たちの国の指導者はそれを無視するだけでなく、議会はそれに対処する手段を提供できる予算からお金を削減しました。

The threat is called electromagnetic pulse (EMP) and it could come about as the result of detonating one well-placed nuclear device high over the United States. In fact, it could happen even without a nuclear attack as a result of a naturally-occurring solar flare from our own sun.

What is EMP?

According to a government website, an EMP is: “The electromagnetic radiation from a nuclear explosion caused by Compton-recoil electrons and photoelectrons from photons scattered in the materials of the nuclear device or in a surrounding medium. The resulting electric and magnetic fields may couple with electrical/electronic systems to produce damaging current and voltage surges.”

All you really need to pay attention to is the last sentence. EMP is an electromagnetic surge that would follow the high-altitude detonation of a nuclear bomb. It could turn the United States into a Third World country.

Without going deep into physics, an EMP caused by a nuclear bomb has three components. The first, designated E1, is the result of electrons being stripped from atoms in the upper atmosphere in the aftermath of a high-altitude detonation. As they travel downward through the earth’s magnetic field at near-relativistic speeds, they produce a massive, though momentary, electromagnet pulse. You won’t feel it, but the electronic equipment all around you will. In the old days of vacuum tubes and relay switches, most equipment would likely have escaped damage from the E1 component of the pulse. But today’s microchips and delicate electronic devices, though incredibly convenient and efficient, will be fried by the pulse. Things like modern automobiles and trucks, computers, radios, televisions, cell phones, pacemakers, and anything else dependent on computer chips, whether plugged into the power grid or not, will short out and simply stop working. Kaput!

This also includes aircraft in the sky. Unless their avionics are “hardened” (and commercial aircraft and most military aircraft are not hardened against EMP), they will simply cease operation and the thousands that are in the air at any moment are going to simply fly into the ground with everyone onboard. Almost all microelectronic components damaged by the E1 component of an EMP will be unrepairable.

The E2 component resembles the surges caused by lightning and are less likely to be damaging to most equipment. But if protective equipment such as surge protectors are damaged by the E1 pulse, it may now allow the E2 pulse to cause further damage.

The E3 component may be the worst. It is caused when a nuclear explosion distorts the earth’s magnetic field. As the field distorts, then tries to regain its original shape, it induces currents into long metal conductors — like the power lines and such that crisscross the country. The longer the conductors, the more current will be produced. It is this component of EMP that will overload the nation’s power grid and fry everything connected to it, from your laptop, which is plugged into the wall recharging, to the transformers at the power stations.

The 370 or so largest transformers connected to nuclear, hydro, and fossil fuel-burning power plants around the country are what make the electricity these plants generate usable, but they will be destroyed by the pulse. Without these transformers, the country will go dark. And they cannot be easily replaced. The size of a building, they are no longer produced in the United States and current procurement time is three years.

What will happen?

Without electric power, radio and TV stations and phone services won’t work, so there’ll be almost no communication. Water systems will cease to function, gas stations won’t be able to pump fuel, banking transactions (including ATMs) will fail, and the network for distributing food will collapse. Perishable foods and medications that require refrigeration or freezing will spoil in a day. Emergency services will be unavailable, including those necessary to fight the tens of thousands of fires that will start from short circuits on the grid.

The inability to produce or distribute proper medications would doom many needing cancer treatments or suffering from heart disease, Type I diabetes, and other ailments.

Most farmers won’t be able to plant, fertilize, irrigate, or harvest, but even if they could, they won’t be able to get their products to market because there will no longer be transportation. What is harvested won’t be preserved since there will be no power to run refrigeration and none to run the factories that ordinarily can our food.

Supermarkets typically have just a few days’ supply of food and are being resupplied continuously every 1-3 days. Once the power goes out, the supermarkets will quickly be emptied and it could be months before they’re resupplied.

Imagine the great metropolitan areas of this country: the corridor from Boston to Washington, DC, which includes the great cities of New York and Philadelphia among them, and has a population of about 50 million people, the Chicago area with its millions, the Los Angeles to San Diego corridor, Seattle, Portland, etc., and suddenly there’s no food coming in, the water is turned off, and sewage facilities no longer carry away and treat our daily waste.

In no time at all cities will become quagmires of hungry, thirsty people living amid filth, squalor, and disease.

From an enemy’s point of view, a single large device exploded 250 to 300 miles above Iowa would disrupt the entire United States. But getting a missile that far inland could be a problem for them. On the other hand, because the radius of destruction of one high-altitude explosion is very large (as much as 1400 miles), three missiles, launched almost straight up, from freighters off the Pacific, Atlantic, and Gulf coasts, should just about cover the lower 48 states with EMP surges that would all but incapacitate our nation.

Recovery time, if it happened, would take years but more likely a decade or more. In the meantime, deaths in this country would be at least in the low millions.

All of this would seem to be the fodder for fiction and, in fact, a scenario involving an EMP attack is played out in a book by William Forstchen titled One Second After. Though he’s populated the book with rather two-dimensional characters, the events described in the book are credible and thought-provoking and make it worth a read.

The problem with an EMP event is not news. We’ve known about nuclear weapon-induced EMP since 1945. Enrico Fermi anticipated it prior to the detonation of the first atomic bomb, called Gadget, at the Trinity test site in New Mexico. The media and the American people briefly became aware of it after a high-altitude detonation of a hydrogen bomb during the Starfish Prime Test of 1952 when effects of it were felt in Hawaii (900 miles away from the test), where the resulting voltage surges blew out 300 street lights and damaged a microwave link. This was with a weapon that wasn’t even designed to maximize EMP and it was detonated back in the day of vacuum tubes when electronic equipment was more robust than today’s highly efficient but sensitive computer chips which can be fried by even modest current surges.

Solar flares

Even if someone were able to convince me no one would ever launch a nuclear weapon over the United States, I would not rest easy. Nuclear weapons are not the only things that cause an E3 pulse. A giant solar flare caused such a pulse on September 1, 1859. Back then, there was no electronic infrastructure, but telegraph lines acted like antennas and transmitted the energy along their wires, causing shocks to many telegraph operators and, in some cases, causing fires. A large solar flare of this sort is now called a Carrington Event, named after the British astronomer, Richard Carrington, who first described it.

Solar astronomers and many engineers feel that with the United States (and most of the rest of the industrial world) now crisscrossed with power and communication lines, a solar flare with the magnitude of the one that occurred in 1859 would blow out power station transformers and plunge this country and much of the rest of the world into the dark for years. (Imagine trying to build transformers if there’s no electricity at all!) It could also cause fires across the continents as circuits overload, overheat, and arc.

The 1859 event is not the only time solar flares have wreaked havoc. It’s happened many times since, only on smaller scales because the flares were much smaller. The 1859 solar flare happened at the dawn of the electric age. Had it happened a few decades later when the world was more electrified, we’d probably now take the threat seriously and we’d have been “hardening” the grid to EMP all along. But it didn’t, and we haven’t.

Solar astronomers are positive it’s only a matter of time before there will be another Carrington Event. They just don’t know when. However, next year is one of the prime times it may happen. NASA says the solar cycle we’re entering now is about the same size as the one that produced the original Carrington Event.

With a major Carrington Event, all the things that could follow a nuclear weapon-induced E3 strike may happen, except it won’t be just a local event but one that affects the entire world.

The solution

The lowest estimate I’ve seen for the projected cost of a recovery for just the solar disruptions is $1 trillion, but most estimates run into the many trillions of dollars. However, the FBI projects the cost of hardening transformers that service major metropolitan centers at about $200 million. That’s 1/5000th of the smallest estimate of the cost of damage. In fact, it’s less than 1/2000th of the job package President Obama recently proposed. And hardening the grid wouldn’t just make the country more secure, it would provide meaningful jobs, unlike the kinds government spending usually create.

There are voices trying to call attention to the problem. The Heritage Foundation has been calling for a national EMP recognition day to raise awareness of the threat.

An EMP attack will be the most catastrophic event to happen to our nation in its history — more devastating than 9/11, more devastating than Pearl Harbor, in fact, more devastating than all of the wars this country has ever fought.

It’s about time for the mass media to talk about it, and for Congress and the President to address it. This is a real-world problem with a relatively inexpensive fix.


Blenders

Hamilton Beach® Blenders are known worldwide for making smooth and delicious blended drinks. Over the years, people have relied on the Hamilton Beach blender for perfect icy drinks, shakes, smoothies, and the innovation that this historic brand is famous for.

With intelligent features like the patented Wave

Action® system, these blenders offer you the performance you need for smooth drinks every time. For easy serving, try a dispensing blender &ndash it pours smooth refreshment right into your cup and the spout removes for easy cleanup.

Built to last, every Hamilton Beach® Blender is backed by a limited warranty. Details are available in your included Use & Care Manual.

Powerful, attractive blenders for every kitchen.

Hamilton Beach® Blenders are known worldwide for making smooth and delicious blended drinks. Over the years, people have relied on the Hamilton Beach blender for perfect icy drinks, shakes, smoothies, and the innovation that this historic brand is famous for.

With intelligent features like the patented Wave

Action® system, these blenders offer you the performance you need for smooth drinks every time. For easy serving, try a dispensing blender &ndash it pours smooth refreshment right into your cup and the spout removes for easy cleanup.

Built to last, every Hamilton Beach® Blender is backed by a limited warranty. Details are available in your included Use & Care Manual.