カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

サマーサラダグリーンを必要になるまで保存する正確な方法は次のとおりです

サマーサラダグリーンを必要になるまで保存する正確な方法は次のとおりです


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

クリスパーの底にあるぬるぬるした苦い混乱を見るのが好きな人は誰もいません。

葉物野菜を購入するという決定は、常に最も楽観的な意図で行われます。ただ、あなたがそれを知る前に、それは一週間後、あなたはあなたのクリスパードロワーの底から悲しい、ぬるぬるした葉の袋を釣ります。そのサラダはこれだけです。はぁ。

心配しないでください、それは私たちの最善のことです。では、なぜ彼らはそんなに早く悪くなるのでしょうか? 「葉物野菜には、すべての生物と同様に、自然に老化する酵素が含まれています」と、アリゾナ州の管理栄養士兼助教授であるテイラーアーノルド博士は述べています。しかし、グリーンは他のほとんどの野菜よりも繊細で、より薄く、より広い構造を持っているため、攻撃を受けやすくなっています。 「表面積が大きいほど、バクテリアやカビなどの微生物の標的になりやすくなります」とアーノルド氏は説明します。

健康的な食事はまだおいしいはずです。

より素晴らしい記事とおいしくて健康的なレシピのために私たちの毎日のニュースレターにサインアップしてください。

デリケートなグリーンが気付かないうちに悪くなるのは、このワンツーパンチです。

しかし、少しの計画と適切なツールを自由に使えば、サラダグリーンの貯蔵寿命を延ばし、その食品廃棄物の罪悪感(そしてお金の損失)を取り除くことができます。結果?土曜日のディナーに作るつもりだった(ただし火曜日まで延期する)ゴージャスでおいしいフレッシュでクリスピーなサラダは、今でも現実のものです。

いくつかの簡単な手順

野菜を束で購入する場合でも、パッケージ済みの品種で購入する場合でも、最初のステップは常に同じです。 それを整理し、悪くなった(または危機に瀕している)緑を取り除きます。農産物が成熟するにつれて、それは周囲の緑の老化プロセスをスピードアップすることができるエチレンガスを放出します、と登録栄養士のエイミーシャピロは言います、RDしおれた、変色した、またはぬるぬるした緑を投げることはそれらが残りの部分を片手で台無しにするのを防ぎます束。

また、 使用する準備ができるまで、グリーンを洗ったり準備したりしないでください。これにより、湿気の蓄積を最小限に抑えます。

袋に野菜を保管しないように操縦する—レタスが集まって十分な空気循環がない場合、水分が移動できず、バクテリアの究極のたまり場ができます、と登録栄養士のキース・アユブ、RDプラスは言います、あなたの緑は他の食品によって傷つけられたり押しつぶされたりする可能性が高くなります仕方。

あなたの緑の寿命を保護し、延長するための最良の方法は、 湿った(乾いていないが、すすり泣いていない)ペーパータオルで裏打ちされた大きな容器にそれらを保管する。 「完全に乾いたペーパータオルで葉を包むと、葉からの水分がより早く吸収され、葉が乾きます」とAyoob氏は言います。それらはまだ食用であると彼は説明しますが、それらのサクサク感は失われます。湿ったペーパータオルは、腐敗やカビの原因となる余分な水分を絶えず吸い上げながら、グリーンにサクサク感を保つために必要な湿度を与えます。

コンテナの底(またはグリーンが入ったコンテナ)を湿ったペーパータオルで裏打ちし、その上にグリーンを重ねることから始めます。ゆるく詰めて、葉が触れすぎないように最善を尽くしてください。しっかりと詰めると、あざや腐敗しやすくなります。

葉の上に別の湿ったペーパータオルを置き、薄い層を使い続け、蓋を開ける前にペーパータオルでシーケンスを終了します。ペーパータオルは余分な水分を吸収し、コンテナはグリーンが過度の空気にさらされるのを防ぎます、とサイトの消費者安全の健康と安全の調査員であるモーガン・スタットは言います。

最後に、葉物野菜をどこに保管するかは、どのように保管するかと同じくらい重要です、とスタットは言います。 常にあなたのより鮮明な引き出しにあなたの緑を保管してください しおれプロセスをスピードアップする可能性のある過剰な水分からそれを保護し、ひいては鮮度を最大化します。

定期点検を行う

冷蔵庫に野菜を入れるたびに、次の習慣をつけましょう。 ペーパータオルがまだ湿っていることを確認するためのチェック そして、見栄えの悪いグリーンは処分されます。どのくらいの頻度で野菜に依存しますか:ケール、コラード、カラシナなどのより丈夫なものが最も長持ちします。 「生のときはそれほど柔らかくないかもしれませんが、それが長持ちする理由でもあります」とAyoob氏は言います。 「それらの丈夫で繊維状の細胞壁は、水分の損失を防ぐのに役立ちます。」

一方、ほうれん草、ルッコラ、クレソンなど、より柔らかく水分を多く含む葉物野菜は、簡単に損傷し、しおれやすくなるとシャピロ氏は言います。

疑わしいときは、フリーズします

有効期限が切れる前に残りのグリーンを使い切ることができないことがわかっている場合は、試してみてください それらを水(またはココナッツ水)とブレンドして凍結します アーノルドは、角氷トレイで言います。それらからサラダを作ることはできませんが、お気に入りのスムージーに追加できるおいしいキューブがあります。


それが悪くなる前にあなたの農産物を使用する方法

手持ちの果物や野菜を使う最良の方法。

Food NetworkKitchenアプリのプレミアムサブスクリプションを取得する

Food Network Kitchenをダウンロードして登録し、ライブおよびオンデマンドの料理教室、アプリ内食料品の注文、食事の計画、すべてのレシピを保存するための整理された場所などにアクセスしてください。

フードネットワークキッチンのリーガンカフィソ

あなたは冷蔵庫にたくさんの新鮮な果物や野菜を忠実にストックしました。しかし今、あなたはそれが悪くなり始める前にあなたが今までに食べることができたよりはるかに多くの農産物を持っています。家庭料理人は何をしますか?無駄にしない、したくない!少しの準備で、あなたがそれらを作る準備ができているときはいつでも、あなたはたくさんのおいしい食事のために生鮮食品の寿命を延ばすことができます。

葉物野菜

ほうれん草、ケール、スイスフダンソウなどの葉物野菜にはたくさんの魅力がありますが、すぐにぐったりします。あなたの緑が少し悲しそうに見え始めているならば、それらは救われることができます。洗浄後、スープに入れてかき混ぜるか、オリーブオイルとニンニクで炒めます。長期保存の場合は、沸騰した塩水で短時間グリーンを湯通ししてから、氷浴に浸します。絞って乾かし、刻みます。調理された野菜は、密閉容器で最大3日間冷蔵するか、最大1か月間冷凍することができます。

ハーブ

新鮮なハーブが料理に輝きと輝きを与えます。ペストは、豊富さを使い果たす古典的な方法です。ハーブを包んで冷凍バッグに保管する前に、シートトレイで平らに冷凍することもできます。バジル、パセリ、タラゴン、コリアンダーなどの柔らかいハーブをオリーブオイルと一緒にペースト状にブレンドし、角氷トレイで冷凍することができます。キューブをフリーザーバッグに移して、ソースやマリネに使用します。あなたがそれらを新鮮に使うために窓を逃したならば、あなた自身の乾燥したハーブを作るためにそれらを電子レンジにかけてみてください。

ブロッコリー

ブロッコリーを小花に切り、葉物野菜のように湯通ししてショックを与えます。保管時間を長くするために、よく乾かしてください。調理したブロッコリーは冷蔵庫で最大5日間保存できます。または、調理した小花をベーキングシート上で固まるまで単層で冷凍します。冷凍庫にしっかりと包んで最長1ヶ月間保管してください。アスパラガスとインゲンにも同じ手法を使用します。

トマト

プライムを過ぎたローマやチェリートマトに新しい命を吹き込みましょう。半分にして、裏地付きの天板に均等に広げます。塩と新鮮なハーブをふりかけ、しわが寄ってジューシーになるまで、低くゆっくりと(華氏250度)ローストします。オリーブオイルをまぶしたスローローストトマトは、密閉容器に入れて最長2週間保管してください。

バナナ

皮をむいた熟したバナナを砕くかスライスして塊にし、固まるまで単層で凍らせます。冷凍品は密閉容器に入れて最長1ヶ月間保管してください。冷凍バナナをスムージーまたは「アイスクリーム」に使用するか、解凍してバナナブレッドまたはマフィンに使用します。

アボカド

アボカド全体を冷凍することはできませんが、マッシュして冷凍してスムージーに追加したり、その場でワカモレを作ったりすることができます。それらを単に穴をあけて、ボウルに肉をすくってください。すぐに新鮮なレモンジュースを絞り、よくつぶします。混合物を再封可能なプラスチック製のフリーザーバッグにすくい取り、均一な層に軽くたたきます。余分な空気を押し出し、密封して最大1か月間凍結します。 *ワカモレの凍結は避けてください。玉ねぎやトマトは解凍すると水っぽくなることがあります。

ベリー

ベリーの恵みが少し悲しそうに見える場合は、ベーキングシートに広げて固く凍らせてから、冷凍バッグに移します。冷凍ベリーはスムージーや焼き菓子に使用してください。また、コンロで新鮮なベリーやメープルシロップを調理することで、パンケーキ、ワッフル、ヨーグルトのトッピングをすばやく作ることもできます。これは最大1週間冷蔵庫に保管されます。

柑橘類

新鮮な柑橘系の果物のジュースは、必要になるまで冷凍できます。絞った後、レモン汁を角氷トレイで凍らせて、皿にちょうどいい量の酸味を加えます。マルガリータのバッチに十分になるまで、新鮮なライムジュースを保存してください!

コショウ

ピーマンが多すぎますか?よかったです!ガスストーブバーナーの炎で焼くか、全体が黒くなるまで焼きます。紙袋または蓋付きのボウルに密封して冷まし、焦げた皮、種、膜を取り除きます。ローストしたピーマンをスライスし、少量のオリーブオイルとみじん切りにんにくと混ぜます。マリネしたピーマンを密閉容器で最大5日間冷蔵します。季節のないローストピーマンは、密閉容器に入れて最長1か月間冷凍することもできます。

玉ねぎ

タマネギは貯蔵野菜です。つまり、適切に保管すれば、室温で、換気の良い暗い場所で長期間保存できます。生タマネギはよく凍りません。ただし、玉ねぎが豊富にある場合は、キャラメル化してみてください。冷蔵庫で最大5日間保存するか、最大2か月間冷凍します。また、ニンジンやセロリなどの他の芳香野菜と一緒にフレーバーベースに調理するために余分な玉ねぎを切り刻むのが大好きです。これらのベースはよく凍り、将来のスープ、シチュー、トマトソースまたは豆の鍋の完璧なスターターです。


夏の最後の恵みのためのサラダ

写真:デイトナ・ストロング
このサラダは、食事を引き立てたり、お気に入りの新鮮な野菜でドレスアップしたりできます。

デイトナ・ストロング
ノルウェーの味編集者

夏が終わりに近づくと、秋の心のこもった食材に取って代わられる前に、できるだけ最後の季節の食材を楽しむようにしています。料理をほとんどまたはまったくせずに野菜を食べることができるのは、とても素晴らしいことです。そのことを念頭に置いて、季節の移り変わりの前のこの瞬間を祝うために数年前に作成したサラダを今日あなたと共有します。

そのままフォローすることもできますが、このサラダはインスピレーションだと思います。確かに、あなたはレシピに正確に従い、食料品店で見つけたどんな材料でも自由に使うことができます。しかし、市場にアクセスでき、ゴージャスなグリーンを見つけることができ、それらを使って何か刺激的なものが必要な場合、このサラダはあなたが探しているインスピレーションにすぎないかもしれません。

きゅうりとアーモンドの季節の野菜

このレシピは、2013年9月3日号の私の記事「北西部の北欧」に最初に掲載されました。 オレゴニアン。

ドレッシング:
大さじ2。白ワインビネガー
小さじ1/2。コーシャーソルト
大さじ4。植物油
大さじ1。みじん切りの新鮮なディル

サラダ:
5オンス混合グリーン
13インチきゅうり(皮をむいていない)、非常に薄くスライスしたもの
¼カップのスライバーアーモンド
付け合わせ用の新鮮なディル

ドレッシングを作るには、小さなボウルで酢と塩を一緒に泡だて器で混ぜます。泡だて器で泡立て続け、混ぜ合わせるまで徐々に油を注ぎます。刻んだディルを加え、すばやくかき混ぜます。

ミディアムボウルで、ドレッシングとミックスグリーンを投げます。 4つのプレートに分け、それぞれの上にきゅうりのスライスを魅力的に配置し、その上にアーモンドを振りかけます。ディルを飾り、すぐに召し上がれ。

シンプルなサイドサラダから、食事を作るのに十分なボリュームのあるサラダまで、さまざまなサラダレシピを ノルウェー系アメリカ人 長年にわたって。これが私たちのウェブサイトにあるもののサンプルです。ただ www.norwegianamerican.com 「サラダ」を検索して、これらやその他のおいしいレシピを見つけてください。

ノルウェー産サーモンサラダとレモンディルビネグレットソース、Christy Olsen Fieldにより、2015年8月21日に公開されました:www.norwegianamerican.com/food/salad-for-dinner-nordic-flavors-in-a-refreshing-salad

アンズタケ、イチジク、ブルーチーズのサラダ、デイトナストロングによって、2017年9月22日に公開されました:www.norwegianamerican.com/food/salad-changing-season

大根と酢のきゅうりのサバのスモークサラダ、デイトナストロングによって、2018年6月29日に公開されました:www.norwegianamerican.com/food/salad-satisfying-enough-meal

レモン、アーモンド、北欧チーズのケールサラダ デイトナストロングによって、2013年2月15日に公開されました:www.norwegianamerican.com/featured/a-salad-with-a-taste-of-history

この記事は、もともとノルウェー系アメリカ人の2018年9月7日号に掲載されました。購読するには、にアクセスしてください 申し込む または、(206)784-4617までお電話ください。


間違い:ナイフで野菜を切る

シカゴのポーレットのパブリックマーケットのエグゼクティブシェフであるアマンダトーレスは、ナイフで野菜を切ると、傷つく危険があると言います。

それを修正する方法: 「グリーンを準備するときは、ナイフで切るのではなく、グリーンを引き離します」とトーレスは言います。この戦略を使用することは、あなたがグリーンを傷つけず、それらがより長く持ちこたえることを意味します。

何をするにしても、サラダに絶対に加えてはいけないこれらの10種類の食品は避けてください。


史上最高のレンズ豆サラダ

このレシピをこれまで投稿したことがないなんて信じられません。ここでピクニックシーズンが本格化する中、私はこの信じられないほどのサラダレシピをすべて自分自身に留めていることに突然気づきました!この料理はおそらく私の家庭で最も調理された食事の1つであり、私の意見では、あなたが必要とする唯一のレンズ豆のサラダレシピです。実はとても気に入っています。8月の結婚式で出されます。十分に言った。
この料理は、それ自体が驚異的な料理人である私の素晴らしい友人ミアによって最初に私に提供されました、そして彼女が健康的な食べ物を素晴らしい味にする方法をとても美しく理解しているので、私は彼女の家に食べに行くのが大好きです。彼女はまた、非常に高品質の食材を購入しており、キッチンで実験することを恐れていません。私が非常に尊敬している2つの品質です。

このレンズ豆のサラダレシピも例外ではありません。この料理の味は完全に優れていますが、予想外です。材料リストは少し長いように見えるかもしれませんが、詳しく調べると、ほとんどがスパイスであり、正確には10個であることがわかります。この特別なフレーバーの組み合わせが、唇をくすぐるほど美味しく、完全に中毒性のある本当に素晴らしいサラダを生み出します。
また、このサラダは、持ち運びに便利で、翌日の10倍の美味しさで、素晴らしい先取り料理であるため、完璧なピクニックフードであることにも言及する必要があります。冷蔵庫で2〜3日保存できます。

ショーの主役は、「貧乏人のキャビア」と呼ばれることもある、おいしい「デュピュイ」レンズ豆です。デュピュイレンズ豆は、緑や茶色のレンズ豆よりもかなり小さく、調理後も形を保つことができることで高く評価されています。緑、茶色、赤のレンズ豆は柔らかく、粘り気があり、バラバラになる傾向があるため、スープに最適ですが、洗練されたサラダには完璧とは言えません。 Du Puyレンズ豆は、スープやシチューよりもサラダに適しています。これは、レンズ豆が少し丈夫になる傾向があり、適切に調理すると、ほんの少しの歯を保持するためです。これらの素敵なマメ科植物は、高品質の食料品店、自然食品、健康食品店で見つけることができます。DuPuyと言っていることを確認してください。そうでない場合は、フランスのレンズ豆の模造品です。サクレブルー!

葉酸をいっぱいにする
レンズ豆は葉酸(葉酸としても知られています)の最もおいしい供給源の1つです-調理されたレンズ豆のたった1カップであなたの毎日の推奨摂取量のほぼ90%を提供します!そして、なぜ葉酸はそれほど重要なのでしょうか?先天性欠損症の予防に重要であるため、妊娠に関してこの重要なビタミンについて聞いたことがあると思います。葉酸はまた、赤血球産生をサポートし、貧血を予防し、神経が適切に機能することを可能にし、骨粗鬆症関連の骨折を予防し、アルツハイマー病を含む認知症を予防するのに役立ちます。

葉酸はラテン語で「葉」を意味する葉酸からその名前が付けられたので、他の優れた葉酸源が濃い葉物野菜(うーん、あなたのお気に入りです!)–ケール、ロメインレタス、ほうれん草、アスパラガス、カラシナ、ビートであることは不思議ではありませんいくつか例を挙げると、グリーン、マスタードグリーン、パセリ、コラード。これは、葉酸が新鮮な未加工の食品から入手できるため、このビタミンB群に関して、北米の食事が物事の不十分な終わりにあるように見える理由を説明するかもしれません。良いニュースは、それが体によって簡単に吸収され、使用され、そして保存されるということです。葉酸も腸内細菌によって製造されているので(これらのプロバイオティクスを覚えていますか?)、結腸の植物相が健康であれば、葉酸のもう1つの優れた供給源があります。

史上最高のレンズ豆サラダ
材料:
2¼カップ(1ポンド)DuPuyレンズ豆
中赤玉ねぎ1個、さいの目に切った
1カップの乾燥スグリ(レーズンや他のドライフルーツも使用できます)
1/3カップケーパー

ヴィネグレット:
1/3カップのコールドプレス、エクストラバージンオリーブオイル
1/4カップアップルサイダービネガー
大さじ1メープルシロップ
大さじ1強いマスタード
小さじ2塩
小さじ2コショウ
小さじ1地上クミン
小さじ1/2ターメリック
小さじ1/2グランドコリアンダー
小さじ1/2の地上カルダモン
小さじ1/4カイエンペッパー
小さじ¼地上のクローブ
小さじ1/4すりおろしたてのナツメグ
小さじ¼挽いたシナモン

オプションのアドイン:
ルッコラ
クルミ
ヤギ乳チーズ
フレッシュハーブ:フラットリーフパセリ、コリアンダー、バジル
スプラウト
シャキッとした季節の野菜

方向:
1.レンズ豆をよくすすぎ、水気を切る。鍋に入れ、3〜4インチの水で覆い、沸騰させ、弱火にします。 15分後にレンズ豆の出来具合をチェックしますが、合計で約20分かかります。彼らがまだわずかな歯を保持している場合、あなたは彼らが調理されていることを知るでしょう–アルデンテ!レンズ豆を過度に調理することは、この料理の死です。気をつけて!
2.レンズ豆がとろとろになっている間に、すべての材料をしっかりとふたが付いた瓶に入れてドレッシングを作り、激しく振って混ぜ合わせます。
3.赤玉ねぎを細かくさいの目に切る&#8211すべての材料がほぼ同じサイズの場合はサラダが最適です。レーズンを使用する場合は、大まかに切り刻んで少し小さくし、大きい場合はケーパーでも同じようにします。
4.レンズ豆が調理されたら、火から下ろし、水気を切り、冷たい流水の下に置いて調理プロセスを停止します。少し冷やしてから少し温めたら、レンズ豆を大きなサービングボウルに入れ、ドレッシングをかけます。他のタマネギ、ケーパー、スグリを追加します。ハーブ、グリーン、チーズなどの他のアドインを使用する場合は、提供する直前まで待ちます。そうでなければ、このサラダは冷蔵庫で数日間たむろすることができます。


中毒に影響を与える要因は何ですか?

  • 摂取した植物の部分、
  • 植物の成熟、
  • 摂取した植物の量、
  • 影響を受ける個人の体調と年齢。

特定のグループはより危険にさらされていますか?

潜在的に有害であるほとんどすべてのものと同様に、非常に老いも若きも、免疫システムや臓器の問題が損なわれている人は、ヨウシュヤマゴボウへの曝露から最も顕著な悪影響を与える可能性が高くなります。これは、たとえば寿司など、他の多くの食品にも当てはまります。

あなたが妊娠しているなら、この植物はあなたが単に取り扱ったり、何らかの方法、形、形で消費したりしないものの長いリストに間違いなく追加されるべきです。ヨウシュヤマゴボウの毒素は子宮に浸透し、先天性欠損症を含む多くの問題を引き起こす可能性があると考えられています。多くのローフードを食べたり扱ったりする妊婦にも同じことが言えます。

ヨウシュヤマゴボウ中毒はどのように見えますか?

軽い中毒からの回復は1〜2日で期待でき、症状は胃のけいれんや下痢のような軽度の場合があります。そうは言っても、他の中毒と同様に、知覚される症状の重症度に関係なく、医療援助を求める必要があります。

ヨウシュヤマゴボウ中毒のより重症の症例は、摂取後わずか2時間で催吐(嘔吐)反応を示します。中毒の他の兆候には、口の灼熱感、嘔吐物の血、影響を受けた人の下痢などがあります。

ヨウシュヤマゴボウ関連の死の場合、呼吸器系と臓器は単に麻痺し、機能を停止します。

触ってヨウシュヤマゴボウ中毒になりませんか?

除草であろうと収穫であろうと、ヨウシュヤマゴボウ、特に成熟したヨウシュヤマゴボウは、接触すると皮膚に浸透する可能性があることにも注意してください。さらに、雑草との接触が発がん性である可能性があるといういくつかの証拠があります。このため、ヨウシュヤマゴボウを扱うときは常に手袋を使用する必要があります。

あなたがそれを調理した後、毒素は完全になくなっていますか?

アルコールや寿司、牛肉のように、扱い方や調理方法に関係なく、微量の毒素が存在する可能性がありますが、健康な体はそれらを簡単に扱うことができるはずです。

あなたはもうきちんとおびえていますか?

これらの可能性のある副作用が聞こえる可能性がある限り、これらの脅威のいずれも、私たちのほとんどが日常的に準備して消費する多くのもので珍しいことではないことを覚えておいてください。

適切な予防策を講じれば、ヨウシュヤマゴボウによる病気は起こりそうにありません。それに比べて、旋毛虫症の特に悪い株をたまたま含んでいる豚肉を扱うことは、間違いなくより危険です。

I&aposmReady。このものを収穫して準備するにはどうすればよいですか?


刻んだ野菜サラダ

新鮮な夏野菜とピリッとした唇を鳴らすレモンガーリックドレッシングを使ったこの刻んだ野菜サラダで、軽くて健康に保ちましょう!すばやく簡単にカスタマイズできます。

  • 著者:ジュリー|シンプルなビーガニスタ
  • 準備時間: 15分
  • 合計時間: 15分
  • 収率: 3 1xを提供します
  • カテゴリー: サラダ
  • 料理: ビーガン

材料

  • 1 イングリッシュキュウリ (約2カップ)、みじん切り
  • 1媒体 黄色ピーマン、 みじん切り
  • 1媒体 オレンジピーマン、 みじん切り
  • 一握り グレープトマト、半分または4分の1
  • &frac14 赤タマネギ、さいの目に切った(または2〜3個のネギ、スライスした)
  • 2 – 3 ニンニク クローブ、みじん切り
  • 1媒体 レモン、のジュース
  • 大さじ1 エクストラバージンオリーブオイル
  • 大さじ1杯 ディジョン または石挽きマスタード
  • 大さじ1〜2
  • ヒマラヤ 、 味わう
  • 新鮮なひび割れ コショウ またはレモンコショウ、味わう

手順

ドレッシング: 小さなボウルにドレッシングの材料を合わせてよく混ぜ、取っておきます。

サラダを組み立てる: 大きめのボウルに、きゅうり、ピーマン、トマト、玉ねぎを入れます。野菜の上にドレッシングをかけ、軽くトスしてコーティングします。

チル: 冷蔵庫で数時間冷やすか、室温でお楽しみください。

仕える: サラダはそのまま、または葉物野菜や全粒粉パスタのベッドでお召し上がりいただけます。

店: 残り物は、密閉容器に入れて冷蔵庫で最大5〜6日間保管できます。

ノート

これを100%アルカリ性のサラダにするには、レモンを絞ってクミンを振りかけるか、すりおろした生姜とオレンジ1個のジュースを組み合わせます。とても新鮮でおいしいです。

このサラダは、ヒマワリの種やペピータ(カボチャの種)を振りかけるのに最適な場所です。

栄養価は推定値です。ここで私たちの完全な栄養開示を参照してください。

このレシピを作りましたか?

更新しました: みじん切り野菜サラダは、もともと2012年9月に発行されました。再テストされ、2021年1月に新しい写真と役立つヒントで更新されました。

TSVをフォローする Facebook、Instagram、Pinterest、またはRSSで、最新情報やインスピレーションを入手してください。

レシピを見逃すことはありません!


37健康的なドレッシング、スプレッド、マリネであなたの人生を盛り上げましょう

ドレッシング、調味料、マリネがお皿にキックを加えます。しかし、ボトルからそれらを注ぐのが非常に簡単な場合、栄養表示は、店で購入したオプションが最善のアイデアではないいくつかの理由を示している可能性があります。空のカロリー、砂糖、 ナトリウム。

それは、3人の招待されていないディナーパーティーのゲストがドアに背を向けます。代わりに、自分で作成してください。非常に簡単で、はるかに優れています。

サラダのドレッシングを少し健康にし、ハンバーガーのパンをもう少し健康的にし、その肉をもう少し自然にマリネするための37のレシピを次に示します。

サラダにファンキーなシルクハットを付けましょう。

1.オリーブオイル

時々サラダに必要なのはいくつかの小雨だけです 本当 おいしいオリーブオイル。少し脂肪があります 一度もない 悪いこと。

実際、研究によると、全脂肪サラダドレッシングは、体が特定の栄養素(特にカロテノイド)をよりよく吸収するのに役立つ可能性があることがわかっています。 Goltz SR、etal。 (2012)。食事中のトリアシルグリセロールプロファイルは、ヒトにおけるカロテノイドの食後吸収を調節します。 https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/mnfr.201100687

エクストラバージンオリーブオイル(別名EVOO、オリーブオイルの最も純粋な形)は、通常、最高の風味を持ち、生の形で使用すると一流です。

さらに、オレイン酸を含むオメガ3が豊富です。これらは、脳細胞を健康に保つ上で重要な役割を果たします。また、ある種の癌の予防に役立つ可能性のある植物化学物質や抗酸化物質も豊富に含まれています。 Ranjan A、etal。 (2019)。癌予防における植物化学物質の役割。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6834187/

2.フルーツとナッツの喜び

ホールフーズを詰め込んだドレッシングを作ることほど良いことはありません!ソースを介して栄養を追加するようなものです。

全果実のすべての利点を得る ドレッシングにそれらを混ぜることによってナッツ。ナッツを加えると、心臓に健康的な脂肪と繊維を加えながらクリーミーさも生み出します。

  • 刻んだナッツ1/3カップ
  • みじん切りの新鮮な果物1/2カップ
  • 無糖大豆またはアーモンドミルク1/4カップ
  • レモンまたはライムジュース大さじ1

3.強大なアボカドドレッシング

ここグレーティストで私たちがいることは秘密ではありません 巨大な 強大なアボカドのファン。

アボカドのクリーミーさは、油をあまり加えずに素晴らしい食感を生み出し、風味はどんなサラダにも豊かさと深みを加えます。

次の組み合わせで、カリカリのサラダにリッチでピリッとしたタッチを加えることができます。

  • 1アボカド
  • プレーンヨーグルト1カップ(ギリシャヨーグルトを選びます!)
  • 1/4さいの目に切った赤玉ねぎ
  • 小さじ1ディル
  • 他のいくつかのスパイス

4.ローストトマトのビネグレットソース

野菜全体をもう一杯食べるドレッシングは、私たちの本でA +を取得します。

このドレッシングレシピに丸ごとローストトマトを加えると、たくさんの素晴らしい栄養素が追加されるだけでなく、素晴らしいボリュームのある食感も実現します。

さらに、トマトは、前立腺がんのリスクの低下からすべてに関連しているカロテノイド(抗酸化物質)であるリコピンの優れた供給源であるFraserGEです。 (2020)。前立腺癌の発生率の予測因子としてのトマトの消費とリコピンの摂取:アドベンティスト健康研究-2。 https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10552-020-01279-z心血管疾患の予防に至るまで。 Mozos I、etal。 (2020)。リコピンと血管の健康。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5974099/

  • 12オンスのプラムトマト
  • にんにく大さじ1
  • 大さじ1EVOO
  • イタリアの調味料小さじ1
  • 赤ワインビネガー大さじ2

グリーンサラダにぴったりのトッパーです また ロースト野菜や肉。

5.チートシートバターミルクランチ

ランチドレッシングは、子供時代の定番のお気に入りの1つ(または深夜の大学のピザフレーバー?)で、たまに私たちの楽しみを刺激します。

しかし、通常はバターミルク、オイル、卵黄が詰められ、場合によっては砂糖、増粘剤、防腐剤が加えられたボトルの種類は、必ずしも日常的なおやつではありません。

  • 1/2カップと大さじ1の無脂肪バターミルク
  • 白ワインビネガー大さじ3
  • 新鮮なバジル大さじ1
  • 小さじ11/2カップチャイブ
  • にんにく小さじ1/4

あなたはその古典的な味を週のいつでも置き換えることができます(罪悪感なし)。

6.クラシックなレモンビネグレット

エメリル・ラガッセはこれにぴったりです。彼の無塩レシピは、あなたの毎日のナトリウム摂取量を最大にすることなく、その古典的なフランスのビネグレットフレーバーを再現します。

トリックは何ですか?なにもない。ブレンダーで次の材料を混ぜ合わせるだけです。

  • パセリ、タラゴン、チャイブ、オレガノを含む新鮮なハーブ大さじ2
  • みじん切りにしたエシャロット大さじ1
  • にんにく小さじ1、みじん切り
  • レモン ライムの皮
  • ディジョンマスタード大さじ1
  • レモンジュース大さじ2
  • 1/4カップグレープシードオイル

7.甘い蜂蜜ドレッシング

時々果物も少しドレッシングが必要ですよね?

次の材料をブレンドしてみてください。

  • プレーンギリシャヨーグルト1カップ
  • はちみつ(またはリュウゼツラン)大さじ2
  • おろしオレンジの皮大さじ1
  • レモン1/2個のジュース

ヨーグルトの甘さと柑橘系のキック、そしてコクがあります。

8.緑の女神

この古典的なアボカドドレッシングは夏にぴったりです(まあ、いつでも完璧ですが、ミントとコリアンダーはそれに夏らしい味を与えます)。

  • 1アボカドの肉
  • 11/2カップの無脂肪バターミルク
  • 1/4カップの新鮮なハーブ(タラゴン、ミント、パセリ、コリアンダーがうまく機能します)
  • 滑らかになるまで米酢大さじ2。

9.メープルマスタードドレッシング

酸味がある。甘い。誰 しません メープルとマスタードの組み合わせが好きですか?

このドレッシングは完璧な組み合わせで、ボリュームたっぷりのサラダ、特に山羊のチーズ、ピーカンナッツ、ビートとミックスしたグリーンによく合います。

さらに、一緒に投げるのも簡単です。ただブレンドする:

  • 粗粒マスタード大さじ2
  • 1/4カップメープルシロップ
  • クルミまたは菜種油1/2カップ
  • 1/4カップアップルサイダービネガー
  • 醤油大さじ2
  • 塩こしょうをふりかける

(はい、これは個人的なお気に入りです!)

10.簡単なアプリコット

新鮮な果物を使って強力な効果を出す別のレシピを次に示します。

みじん切りのアプリコット全体が、大さじ1杯のアップルサイダービネガーと小さじ1杯のディジョンマスタードとともにこのドレッシングのベースを形成し、このサラダドレッシングを甘くておいしいの完璧なマッシュアップにします。

また、次のものを投入する必要があります。

  • レモン大さじ1
  • ステビア7滴
  • 1/4カップのオリーブオイル
  • 小さじ1/4の塩

また、新鮮な果物を使用することで、砂糖を追加する必要がなくなり、多くのボトル入りドレッシングの上に頭と肩が置かれます。

11.生姜にんじんドレッシング

日本風のレストランのグリーンサラダを覆うおいしいオレンジ色の果肉のドレッシングには秘密があります。

あなたは〜を用意する?白味噌です!

  • にんじんスライス1カップ
  • 小さなエシャロット1個
  • 生姜1個(約2インチ)
  • 白味噌1/4カップ
  • 米酢大さじ2
  • 小さじ3/4ごま油
  • 1/3カップの菜種油

12.クラシックハニーマスタード

浸します なんでも ハニーマスタードドレッシングで。チキンフィンガー?終わり。フライドポテト?絶対。リンゴのスライス?ねえ、判断しないでください!

交換は簡単で、4つの材料だけが含まれています。

  • アップルサイダービネガー大さじ2
  • ディジョンマスタード大さじ2
  • 蜂蜜大さじ1
  • オリーブオイル1/2カップ

13.単に柑橘類

フレッシュシトラスジュースは 完全 緑の伴奏。それはただそれらをポップにします。ジュースのミックス(オレンジ、グレープフルーツ、レモン、 ライム)は、このドレッシングをあなたの平均よりもさらに特別なものにしているものです。

各柑橘類のジュース大さじ3とオリーブオイル11/2カップを組み合わせ、塩とコショウを加えて味を整えます。シバン全体をよく混ぜるまで振るか、泡だて器で混ぜます。

サラダにナッツがたっぷり入っている場合は、このピリッとした調合を上から振りかけるのが大好きです。

14.レモンシーザー

おそらくサラダドレッシングの中で最も普及している、古典的なシーザーは確かに健康的な食事に損害を与える可能性があります(結局のところ、それは危険な食べ物です)。

古典的な卵黄ベースのドレッシングの代わりに、健康的な代替品としてこのコンボを試してください:

  • レモンの皮小さじ1
  • レモンジュース大さじ3
  • ディジョンマスタード小さじ1
  • ウスターシャー小さじ1
  • にんにく2片
  • オリーブオイル1/2カップ
  • プレーンギリシャヨーグルト大さじ1
  • コショウのダッシュ

これで2〜3人前になるので、シーザーの愛を分かち合ってみませんか。

15.ヨーグルトハーブディジョンスプレッド

無脂肪ギリシャヨーグルトは、余分な脂肪なしでクリーミーなドレッシングを得るのに最適な方法です(そしてそれは起動するために余分な量のタンパク質を追加します)。

  • プレーンギリシャヨーグルト1/2カップ
  • ディジョンマスタード大さじ2
  • 1/4カップ刻んだ新鮮なハーブ

これを野菜スティックまたはトーストしたピタと一緒に出し、mmmmsがロールインするのを見てください。

16.ケチャップ

常温保存食品の品種は いいえ このような健康的な選択(ほとんどが砂糖/高果糖コーンシロップなどが詰め込まれています)であるため、この人気のトマトベースの調味料は実際にはかなり健康的です。

トマトペースト、アップルサイダービネガー、そして一握りのスパイスをベースにしたこの簡単なレシピを試してみてください。

17.西洋わさびソース

ブラッディマリー愛好家は喜ぶ!西洋わさびには、アブラナ科の野菜(カリフラワーなど)でも横行する化合物であるグルコシノレートが豊富に含まれています。

それらは、発がん物質による肺と胃へのがん関連の損傷の減少に関連しています。 Maina S、etal。 (2020)。グルコシノレートの人間、動物、植物の健康上の利点と生物活性を高めるための戦略:系統的レビュー。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7464879/これらは、一部の癌に対する身体の保護を強化する可能性があります。

そのソースは、例えば生の西洋わさびをむさぼり食うよりも栄養価の高いキックは少ないですが、はるかに楽しい経験です。自分で作るには、わさびの根、水、酢、塩が必要です。

18.ホットソース

この悪い男の子はボトルから出ても大丈夫です。

カプサイシンはこのスパイシーソースの主役です。それが唐辛子に熱を与え、新陳代謝を高めることができるものです。

さらに、いくつかの研究は、この化合物が体がより効果的に脂肪を燃料として使用するのを助けることができることを示唆しています。 Rogers J、etal。 (2018)。カプサイシノイドの補給は、体脂肪と脂肪量の割合を減少させます:事後分析で共変量を使用して調整します。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6088424/

だから、もしあなたが熱いものを扱うことができるなら、なぜですか?

19. Avocado spread

This might be the simplest “spread” out there.手順は次のとおりです。

That’s it. Job done. Put your feet up, weary traveller, for you have nailed the avocado spread.

プロのヒント: Adding a few drops of lemon or lime juice keeps the color bright.

Because of its high (healthy) fat content, mashed avocado makes a great substitute for creamy sandwich spreads, like mayonnaise. Plus, it’s a great source of omega-3s.

20. Hummus

Hummus is another great alternative to mayo. It’s just as creamy, even もっと flavorful, and offers a little extra protein and fiber.

Just be careful not to overdo it! More than 1 tablespoon or 2 and this spread can get a little calorie-heavy.

21. Vanilla almond butter

When you want a high fiber, protein-packed snack, try using this vanilla almond butter on the classic PB&J instead of the standard peanut butter.

This recipe uses only five ingredients:

  • 2 cups raw almonds
  • 2 cups roasted, unsalted cashews
  • ココナッツオイル大さじ2
  • バニラエッセンス小さじ1
  • 1 or 2 tablespoons honey

Take all that with a pinch of salt (literally) and blend it.

22. Pesto

Basic pesto can turn どれか panini or grilled cheese into something a bit fancier

  • 2 bunches fresh basil
  • 2 sun-dried tomatoes
  • 5 cloves garlic
  • 3/4 cup of EVOO

Blend them until smooth and… hey presto! Pesto.

If you’re not so crazy about the pungent garlic flavor, roast it first.

23. Green mayo

Ewwww, what? Don’t run away just yet, though.

We’re not so crazy about mayonnaise by itself, but throwing in a dose of greens makes anything a 少し healthier (for those who really can’t get enough mayo) (there’s definitely such a thing as enough mayo, by the way).

Check out this recipe, which takes the classic base for homemade mayonnaise and adds:

  • 75 grams spinach
  • 40 grams watercress
  • 40 grams parsley
  • タラゴン大さじ2
  • 1 tablespoon chives

Throw in a splash of lemon juice and a dash of salt and pepper, and this one comes with the Greatist seal of approval.

24. Cranberry orange thyme sauce

When it’s thyme to relive Thanksgiving with one of those turkey cranberry sauce sandwiches (or make use of the leftovers), reach for this fresh cranberry classic.

Flavored with thyme (hence the pun in the opening sentence) and sweetened with orange juice and honey, this cranberry sauce goes great with poultry any time of the year.


TEST KITCHEN

RECIPES

*Emily's Purloined Beet and Lentil Salad

WHEN DOMENICA AND I WERE TALKING about some of our favorite salads, I realized that even though I love cool, refreshing leafy green salads any time of the year and any time of day, when it gets a little colder I start to unconsciously focus on salads with no lettuce at all. I hadn’t noticed that my body is still attuned to the plan the planet and its seasons made for us. Which is not to say that I’m not going to stuff myself with as much green salad as possible this winter. But if leafy salad is like a drug, or one of those SAD lamps, my super-easy beet and lentil salad is like a heavy Irish wool sweater and a rocking chair on a breezy porch in the fall: both cozy and bracing. I’ve been making this dish since I lived in NYC in the 90s.私 考える I found it in a copy of the sadly defunct Metropolitan Home magazine (I am pretty sure?), but I didn’t write it down and this recipe is what I cobbled together. So it’s purloined. Every time I have a recipe whose provenance I can’t recall, I credit it to Metropolitan Home, because the food coverage was excellent. I am certain, though, that it was served by an extremely attractive young couple at their homespun, outdoor, boho wedding. If you do not like beets, like my friend Mary Norris (whose Greek Salad was in Issue #2 of DOS), possibly because your mother served you canned ones and called them “nice beets” (also like my friend Mary Norris), try this recipe, please. Canned and oven-roasted are not even in the same universe.

6 medium beets, unpeeled, scrubbed, trimmed

1 medium onion (red or yellow), quartered lengthwise, sliced into 1/3 inch slices

20 basil leaves, 18 or so torn, 2 or so thinly sliced (chiffonade) for serving

挽きたての黒コショウ

2 cups lentils (I like a mix of belugas and French greens), picked over and rinsed (you can use more if you like a higher lentil-to-beet ratio, but increase the stock by another cup to start)

My Usual Mustard Vinaigrette (below)*

Preheat oven to 425. Place whole beets into a 13x9x2-inch baking dish strew with onion slices, basil leaves, crushed garlic. Drizzle with olive oil salt, pepper. Add water to pan.

Cover pan tightly with foil, bake without uncovering, for 1 hour and 15 minutes.

While beets are roasting, place lentils in another 13x9x2-inch pan with 5 cups of the stock, tightly covered with foil. After the beets have cooked for 45 minutes, place lentils in oven. Check lentils after 30 minutes. (Be careful! Hot stock may slosh out). If stock has been absorbed and lentils are tender, remove with beets. Otherwise, continue to cook another 15 minutes or so, adding more stock if necessary to prevent lentils from burning.

Meanwhile, make My Usual Mustard Vinaigrette (below)*

Allow beets and lentils to cool, uncovered. (Drain any excess broth from lentils if necessary.) Remove beets from pan, reserving remaining beet-juice-onion-basil mixture. Peel, cut into 1-inch chunks combine with lentils and juice-onion-basil mixture in a large bowl. Toss with about half jar of My Usual Mustard Vinaigrette,* more or less to taste. Adjust salt and pepper. I go とても easy on extra salt. Serve at room temperature, topped with fresh basil chiffonade.

*レシピ: My Usual Mustard Vinaigrette

1. In a jar, stir together 8 tablespoons olive oil, 1 tablespoon Dijon mustard, 3 tablespoons of red wine vinegar, 1/2 teaspoon salt, freshly ground black pepper. Place the lid on the jar, and shake vigorously, until emulsified.

*RECIPE: A Green Salad with Grapefruit and Avocado

HERE’S ANOTHER SALAD I’VE BEEN MAKING FOREVER from my book “The Comfort Food Diaries.” (You haven’t read it? Why not?) I give it to you here not just because it’s absolutely freaking delicious, but because I know that some of you don’t think you’ve been given salad ideas unless leaves are involved. Plus: when are you いいえ hankering for something green and tonic? Which is exactly what this is.

ヒント: if you’ve never “supremed” citrus fruit, learning to do so will change your life. This Williams-Sonoma video will teach you exactly the way I learned. Do this over a bowl to catch the juice, which is good mixed with seltzer.

Serves 2-4 depending on how much everyone likes salad

1 cup or so torn herbs (a combination of mint and basil is my favorite), washed and dried, tough stems removed

1 or 2 pink grapefruits, depending on size, peeled and sectioned (or supremed)

1/3 small red onion, cut into very thin slivers, or finely chopped (reserve 1 tablespoon)

Several big handfuls of thoroughly washed and dried greens—I use an assortment of mostly bitter (choose from watercress, arugula, radicchio, endive, even slivers of kale) but also soft (Boston, Bibb, or even tender red leaf lettuce)

1 or 2 avocados (alligator, not the giant shiny ones), peeled and cubed (do this last)

My Usual Mustard Vinaigrette (above)*

Place the grapefruit sections and onion in a small bowl, and pour a good bit of the dressing (My Usual Mustard Vinaigrette, above*) over it toss gently and let it sit at room temperature while you tear the greens into bite-size pieces if they need it and make a chiffonade of the herbs reserve a few shreds for garnish.

Once you’re ready to serve, place the greens and herbs in a large serving bowl, arrange the fruit mixture attractively in the middle, sprinkle on the freshly cut avocado, and decorate it all with the reserved herbs and a little of the red onion. When you get it to the table, and everyone has seen how pretty it looks, fold it all together gently.

NOTE: The dressing on the grapefruit and onions should be enough, but taste it after tossing and adjust. You can always bring extra dressing to the table in a little crystal cruet. Or in the drippy jar.

TASTE TEST: Pre-mades and Kits

BEING THE SELF-PROCLAIMED DIRECTOR OF THE DEPARTMENT OF SALAD is a huge responsibility.どういたしまして。

I just want people to eat more salad, even if it means buying them pre-made or in a kit at the grocery store—or getting them at the drive-through window of a fast-food restaurant. Not everything can be homemade. And aside from ordering take-out (which I hope those of you who can afford it will do as often as possible in order to help save restaurants), buying some of these is a decent option. We all do what we can when it comes to feeding ourselves on this soul-annihilating planet. And who am I to object to anything someone else eats? (I do this all the time, but I’m not proud of it.)

So, this week we begin testing some of these convenience versions, in an occasional but ongoing attempt to help you weed through the good and the bad and get more salad into your pie hole.

The first grocery store salad kit I tried was by a company called Eat Smart, and had the words “100 % Clean” stamped on the front. This, of course, is the same kind of ridiculous gobbledygook as “immune boosting” foods. I mean: how can you assert something that is nonsensical to begin with? This company get points for their concern about saving me from “dirty” food. But I took points off when I discovered that Eat Smart is subsidiary of a company called Curation that also distributes guacamole that you squeeze from a tube.

Eat Smart Strawberry Harvest salad kit: very sad.

I should just go right ahead and say that I’m never buying this particular salad, which contained 10 ounces of salad and cost $3.34, again. I should have just said that right off the bat, but it feels unfair not to explain why. First, it was called “Strawberry Harvest,” which implies that someone somewhere picked a few strawberries. And perhaps someone did—but this bag was filled, perversely, with zero strawberries and a shredded jumble of tired but crunchy vegetable shavings (kale, broccoli stems, carrots, cabbages), packets of wan feta, slivered almonds, and crisp quinoa—all to be tossed and topped with a “strawberry” “vinaigrette” that was viscous and super sweet, with a long Lucky Charms finish. I’m assuming the dressing, whose second ingredient was sugar, was supposed to be a stand-in for fruit. I’m fine with sweet dressings, but this bad one was doing most of the work here as far as flavor goes. I’d eat this again only if I had been trapped in the elevator of a high-rise office building over a long weekend and it was the only thing my rescuers thought to bring. Rating: 1 star out of 5, but mainly just for showing up.

Next Week, I’ll tell you about a couple of pretty dang good Trader Joe’s salads I tried, which was a bit of a treat for me. I live an hour and a half from a Trader Joe’s. I love Trader Joe’s. Denigrate it all you want, food snobs. I don’t care. I LOVE it.

Favorite Things

A FEW DAYS AGO on social media, I mentioned the mustard I use for my vinaigrettes, and people seemed to be glad to have that information. So now I’m telling you:

My everyday mustard is Trader Joe Dijon with White Wine. It’s really made in Dijon, France, but I don’t care about that. I care about the fact that for everyday use it is just right: mellow, with the sharpness of a touch of horseradish but no truly sharp edges, if that makes sense. I’ll take it over Grey Poupon and not just because it cost $1.69 for 13 ounces. But that helps.

私の everyday olive oil is California Olive Ranch Extra Virgin Everyday Blend. It tastes great—nice and grassy, slightly floral— but not so great that I don’t want to use it for cooking. You can get it at the grocery store or order it. This is the olive oil that a lot of “foodies” like. But some of you are not “foodies”—I hope. (The California Olive Ranch website has a private sale of limited reserve coming up on November 16, and I may splurge on a bottle.) Someone recently asked me if I use imported olive oil from France or Italy or Greece, and my answer was: absolutely, if someone brings me back a fancy bottle from France or Italy or Greece. And then I treat it like Gold, Frankincense and Myrrh. I’d love to upgrade, but until then this is my happy go-to.

私の everyday salts (yes, I have everyday salts) are also food-folk favorites. Truly everyday is Morton’s Coarse Kosher Salt: it tastes good. Just buy it. And my fancier everyday, which I have to buy in a giant 3 1/2 pound bucket because my grocery store out here in the sticks doesn’t carry it, is Maldon Sea Salt. It is softly crunchy and flaky and tastes so gentle, like the ocean, that I could eat it right out of the box.

This bucket has a handle and makes a cool purse after you finish with the salt.

It’s exactly what you want when salt is more of an actual ingredient in a dish—sprinkled on sliced summer tomatoes or to finish just about anything. I use it as if it’s not expensive when I have it, in and on everything. And, of course, it’s great with sweets, like dark chocolate cookies or anything caramel—a few flakes on top. You don’t have to buy the bucket (which has a strap in case you want to carry it around like a purse). Most urban grocers sell it in small boxes. Since I buy so much at one time, I take a cupful to friends when I visit, in a jar or ziplock bag.

YOUR LETTERS! Thanks to everyone for your comments here, and also for the incredibly kind e-mails, all of which I love and plan to answer. I’ll figure out how to do forums/community threads, so you can request specific salad recipes—I’m open to suggestions of all kinds— and chat amongst yourselves. I have other ideas in this arena.よりすぐ。

NEXT WEEK: Our Chef Salad will be from American food expert Gabrielle Langholtz. And isn’t it time we talked about: Green Goddess Dressing? Plus, a bitter green salad with bacon and pecans that will be perfect for America’s Loneliest Thanksgiving Ever. You may have noticed I’ve skipped the BOOKS section again this week, so expect that next week but don’t get your hopes up. I get carried away in the kitchen. See you soon.


Related Article

Buster Bucks (author) from Sonoma County, California on February 26, 2018:

Use a slotted spoon or strainer ladle, and you won&apost need to use a salad spinner.

Thanks for writing, Connie. And good luck with your greens!

connie on February 26, 2018:

Once the greens are blanched and at room temp do you have to run them through a salad spinner to get out excess moisture to prevent freezer burn?

Bruce & Janna on September 23, 2016:

try adding bacon to your greens mmmm we love it. spinach, collards, and even our green beans when cooking them from frozen or canned.

Buster Bucks (author) from Sonoma County, California on June 21, 2012:

Yes, it&aposs the easiest -- and most effective -- method I know.

Thanks for taking the time to comment!

Rhonda on June 21, 2012:

Thank you SO much for this alternative to the wash/blanch/ice water bath way. This takes hardly anytime at all and the greens look way better too.再度、感謝します。

Woody on May 31, 2012:

I like to fry in bacon greese with ounion. then dont forget the cornbread. yum

Buster Bucks (author) from Sonoma County, California on May 26, 2012:

I&aposm picking greens in the morning -- some will go in the freezer and some will be a part of our dinner.

I&aposm glad to,hear you&aposre going to try this technique for preserving greens. It&aposs easy, and the greens taste fresh, even many months after you&aposve frozen them.

Cindi on May 26, 2012:

Our family loves greens! They are so nutritious and yummy. We just joined a CSA so this week we&aposll have a lot on hand and I&aposll freeze a lot of them as you described.共有していただきありがとうございます。 :-)

Buster Bucks (author) from Sonoma County, California on May 16, 2012:

Yes, that&aposs right. I&aposve tried the method you&aposre writing about, and my approach is SO much easier and faster. The greens taste great out of the freezer using the method I&aposve described above. You&aposll love it.

Jenny on May 15, 2012:

Are you saying you cover them with water, set them on the stove and DON&aposT boil them? Just cook them until they are no longer stiff? Then let them cool in the pot you cooked them in with the water?

I just started doing this last week and did the whole boiling, ice water thing so I just want to make sure I understand exactly what you are saying before doin this.

linda dry on May 01, 2012:

I have always blanched my turnip greens,cooled them down . then bagged them in freezer bags. they have always been wonderful. But stacking them was a problem i might try your wilting process

Buster Bucks (author) from Sonoma County, California on April 01, 2012:

Yes, I always use the stems for chard. They freeze beautifuly.最高のは? They taste fresh when defrosted.

AKM on April 01, 2012:

For chard, can you leave the stems on? I usually use the whole leaf with the stem when fresh, and I hate to waste. Thanks for sharing this method. It sounds so much easier than the boil then flash chill in ice water method.ありがとうございました。

Buster Bucks (author) from Sonoma County, California on March 21, 2012:

I put a little of the liquid into the freezer bag with the greens. It adds flavor and provides cooking liquid for when I defrost them later for a meal.

Good luck with your greens!

Girty on March 21, 2012:

Do you drain the water from the greens before bagging?

Hilda on December 09, 2011:

Add salt to the water when washing them, this will kill any insects on them. I used to freeze greens all the time, until I started canning. this is the best way to keep greens.美味しい

meryl steinberg on November 20, 2011:

Thanks Buster. Now I can buy more from my farmer&aposs market. One farmer brings his stuff in very fresh. I always hate wasting. Just prepared a batch for Thanksgiving so it will be "fresh" on Thursday.

Buster Bucks (author) from Sonoma County, California on November 02, 2011:

I usually don&apost. It doesn&apost take long to wilt the greens, then I take the pot off of the heat.

big mama on November 01, 2011:

do you put a lid on the pot during the wilting process?

Buster Bucks (author) from Sonoma County, California on October 06, 2011:

I think it&aposs fantastic that more and more people are discovering the pleasure (and health benefits) of growing their own food.

You&aposre going to be surprised at how fresh-tasting your greens will be out of the freezer this winter. It&aposs like opening up a li&aposl bit of summer in the midst of the cold.

Thanks for taking the time to write.

AKGardener on October 05, 2011:

This is my first year growing collard greens in Alaska. It&aposs vitally important that we grow things we can preserve, and I&aposm so glad this site showed me how! I had a bumper crop and I couldn&apost possibly have eaten it fast enough. It&aposll be a God send in the dead of winter to have nice fresh greens to eat, rather than wilty vegetables from the store. thanks!

Eloise Hope from Portland, Oregon, USA on August 09, 2011:

Thank you for this article. I appreciated the specific instructions flattening the bags seems obvious, but I&aposve frozen the lumpy, unstackable bags, too! Great idea to simply flatten in an open freezer area, then stack somewhere once flat.

Buster Bucks (author) from Sonoma County, California on August 05, 2011:

Yes, I think the method described here works best, and you get to keep more of the vitamins and nutrients in the process.

Thanks so much for taking the time to write to me.

Eva on August 05, 2011:

Thanks for the tips. I wish I came across your page couple weeks earlier before I started to freeze my greens. I was always unhappy with the amount of water for blanching and the loss of all the nutrients. Your suggestion is great. I have a lot of greens still to freeze, so will use your suggestions.再度、感謝します。 :)

Buster Bucks (author) from Sonoma County, California on June 17, 2011: