9記録破りの料理


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

これらのシェフやレストランは、ガロン(およびトンと足)で歴史を作っています

世界最大のパスタ丼

感謝祭に向けて角を曲がると、今年の昼寝を誘発する特大のスプレッドの計画が始まります。しかし、七面鳥がこれまでで最大であっても、詰め物が途方もなく贅沢であっても、ごちそうは記録を破ることはありません。記録破りの料理はオンスではなくトン単位の食材を使用する傾向があるため、これはおそらく良いことです。

ここをクリックして、9つの記録破りの料理のスライドショーをご覧ください。

記録破りの料理は、最終的には参加者や目撃者に飲み込まれますが、すべての人の注文を満たす方法ではなく、衝撃と畏怖の念を起こさせることを目的としています。たとえば、現在カナダで開催されている世界最大のハンバーガーを例にとってみましょう。それはクールな4,500ドルの費用がかかり、実行可能な590ポンドの重さがあります。チャリティーのための資金を集めたり、機会を祝ったり、問題への意識を高めたりするスタントである場合もあります。これらは常に、コミュニティをまとめる楽しい方法です。世界最大のフムスプレートがベイルートのシェフの一団を集め、23,520ポンドのフムスを作り上げてレバノンに記録を戻しました。

これらの記録的なごちそうは、1つの料理に使用するものよりも、レストランの大量注文のように聞こえる記録的な量の食材を使用しています。たとえば、世界最大のフィッシュアンドチップスの注文には、57ポンド以上のフライドポテト(または「チップス」)と200リットルの植物油が添えられ、最終的には101ポンドの重さがあり、これまでの記録を上回りました。ボストンのブラックローズレストラン。だから、だまされてはいけません。特大で大げさなものすべてに対するアメリカの評判にもかかわらず、これらの途方もない記録の多くは、ボカラトンからベイルートまで、世界中の都市で作られています。


&#x27It&#x27s自分自身を見つけることについて&#x27:コーニッシュのヘッジャーは記録破りの迷宮を計画しています

コーニッシュ湿原の高いところに、何千年も続くように設計された生き生きとした呼吸するアートワークが形作られつつあります。

ケルドロヤと呼ばれるこの作品は迷路であり、世界最大と言われ、石と植物のユニークな組み合わせであるコーニッシュの生け垣から作られています。

馬とそりによって近くのコリフォード湖の浅瀬から運び出された、ヘッジの足場、基礎の岩、または「グラウンダー」が設置されています。

Covidが許可するとすぐに、学童、地元の人々、ボランティアを含む何百人もの人々が生け垣の建設と植え付けを手伝い、直径56メートルの古典的な迷路を作ります。

春には、このサイトが「コーニッシュヘッジの屋外大学」になり、古くからの芸術を次世代に引き継ぐコーニッシュヘッジャーギルドが支援するトレーニングプログラムが提供されることを願っています。 60人以上の見習いコーニッシュヘッジャーが専門家から学び、迷宮に取り組むことになっています。

プロジェクトディレクターのウィル・コールマン氏は、コーニッシュの生け垣は「不思議」だと語った。彼は、迷宮は観光名所ではなく、静かな熟考の場を提供する「ランドアートの一部」になるだろうと述べました。

「これはこれらの時代にとって理想的なプロジェクトだと本当に思います」と彼は言いました。 「私たちはそれを作り、それを植え、その後、私たちは立ち去り、それがどのようになるかを自然に伝えます。「あなたが行って、それを楽しんでください。」

基礎の岩は馬とそりで運ばれました。写真:Kerdoyaプロジェクト

下地の空中ショット。写真:Kerdoyaプロジェクト

ヘッジワークショップ。写真:Kerdoyaプロジェクト

一部のコーニッシュの生け垣は4、000年前のものと考えられており、本来の目的で現在も使用されている最も古い人工建造物の1つとなっています。

それらは生け垣でも乾いた石の壁でもありません。郡の東では、彼らは吹きさらしの、天候に打たれたはるか西の上部に低木を持っている可能性が高く、それらは土と重い石で構成されている可能性があります。

しかし、すべての種類のコーニッシュ生け垣は動植物が豊富で、春と夏には600種類の顕花植物が生息する色の暴動がよく見られます。

Kerdroya(大まかに曲がりくねった城として翻訳できるコーンウォール語)の作成者も、それが迷路ではなく迷路であることを明らかにしています。 「迷路は道に迷うことです」とコールマンは言いました。 「この迷宮は自分自身を見つけることについてです。」

コールマン氏は、もっと大きな迷路があると言いますが、A30近くの使われなくなった駐車場で作成されているケルドロヤは世界最大の古典的な迷路になると信じています。 「少なくとも、もっと大きなものについては誰も私に言わなかった」と彼は言った。

訪問者は、迷路を通る単一の曲がりくねった道をたどります。原材料のほとんどはボドミンムーアからのものですが、コーンウォールの他の部分からの石のセクションがあり、その特定の石を扱うことに慣れているヘッジャーの監督の下で配置されます。生け垣は、ホワイトソーンを含む植物で覆われます。

このプロジェクトは、コーンウォール評議会、英国芸術評議会、国立宝くじ遺産基金など、さまざまな組織から資金提供を受けており、2019年にコーンウォール地域の優れた自然美の60周年を祝うために開始されました。

すぐには完成しません。しかし、コールマンはその方が良いと主張し、ウェストカントリーの表現「ドレックリー」は文字通り「直接」と解釈されますが、実際には将来の不特定の時期を意味しますが、使用するのに適した言葉であると述べました。 「4、000年続くものを構築しているときは、すべてを巧みに行うほうがよいでしょう。」

この記事は2021年1月15日に修正されました。以前のバージョンでは、「ホワイトソーンとサンザシを含む」植物が生け垣に植えられていると言及されていましたが、これらは同じ植物の異なる名前です。


&#x27It&#x27s自分自身を見つけることについて&#x27:コーニッシュのヘッジャーは記録破りの迷宮を計画しています

コーニッシュ湿原の高いところに、何千年も続くように設計された生き生きとした呼吸するアートワークが形作られつつあります。

ケルドロヤと呼ばれるこの作品は迷路であり、世界最大と言われ、石と植物のユニークな組み合わせであるコーニッシュの生け垣から作られています。

馬とそりによって近くのコリフォード湖の浅瀬から運び出された、ヘッジの足場、基礎の岩、または「グラウンダー」が設置されています。

Covidが許可するとすぐに、学童、地元の人々、ボランティアを含む何百人もの人々が生け垣の建設と植え付けを手伝い、直径56メートルの古典的な迷路を作ります。

春には、このサイトが「コーニッシュヘッジの屋外大学」になり、古くからの芸術を次世代に引き継ぐコーニッシュヘッジャーギルドが支援するトレーニングプログラムが提供されることを願っています。 60人以上の見習いコーニッシュヘッジャーが専門家から学び、迷宮に取り組むことになっています。

プロジェクトディレクターのウィル・コールマン氏は、コーニッシュの生け垣は「不思議」だと語った。彼は、迷宮は観光名所ではなく、静かな熟考の場を提供する「ランドアートの一部」になるだろうと述べました。

「これはこれらの時代にとって理想的なプロジェクトだと本当に思います」と彼は言いました。 「私たちはそれを作り、それを植え、その後、私たちは立ち去り、それがどのようになるかを自然に伝えます。「あなたが行って、それを楽しんでください。」

基礎の岩は馬とそりで運ばれました。写真:Kerdoyaプロジェクト

下地の空中ショット。写真:Kerdoyaプロジェクト

ヘッジワークショップ。写真:Kerdoyaプロジェクト

一部のコーニッシュの生け垣は4、000年前のものと考えられており、本来の目的で現在も使用されている最も古い人工建造物の1つとなっています。

それらは生け垣でも乾いた石の壁でもありません。郡の東では、彼らは吹きさらしの、天候に打たれたはるか西の上部に低木を持っている可能性が高く、それらは土と重い石で構成されている可能性があります。

しかし、すべての種類のコーニッシュ生け垣は動植物が豊富で、春と夏には600種類の顕花植物が生息する色の暴動がよく見られます。

Kerdroya(大まかに曲がりくねった城として翻訳できるコーンウォール語)の作成者も、それが迷路ではなく迷路であることを明らかにしています。 「迷路は道に迷うことです」とコールマンは言いました。 「この迷宮は自分自身を見つけることについてです。」

コールマン氏は、もっと大きな迷路があると言いますが、A30近くの使われなくなった駐車場で作成されているケルドロヤは世界最大の古典的な迷路になると信じています。 「少なくとも、もっと大きなものについては誰も私に言わなかった」と彼は言った。

訪問者は、迷路を通る単一の曲がりくねった道をたどります。原材料のほとんどはボドミンムーアからのものですが、コーンウォールの他の部分からの石のセクションがあり、その特定の石を扱うことに慣れているヘッジャーの監督の下で配置されます。生け垣は、ホワイトソーンを含む植物で覆われます。

このプロジェクトは、コーンウォール評議会、英国芸術評議会、国立宝くじ遺産基金など、さまざまな組織から資金提供を受けており、2019年にコーンウォール地域の優れた自然美の60周年を祝うために開始されました。

すぐには完成しません。しかし、コールマンはその方が良いと主張し、ウェストカントリーの表現「ドレックリー」は文字通り「直接」と解釈されますが、実際には将来の不特定の時期を意味しますが、使用するのに適した言葉であると述べました。 「4、000年続くものを構築しているときは、すべてを巧みに行うほうがよいでしょう。」

この記事は2021年1月15日に修正されました。以前のバージョンでは、「ホワイトソーンとサンザシを含む」植物が生け垣に植えられていると言及されていましたが、これらは同じ植物の異なる名前です。


&#x27It&#x27s自分自身を見つけることについて&#x27:コーニッシュのヘッジャーは記録破りの迷宮を計画しています

コーニッシュ湿原の高いところに、何千年も続くように設計された生き生きとした息を呑むようなアートワークが形作られつつあります。

ケルドロヤと呼ばれるこの作品は迷路であり、世界最大と言われ、石と植物のユニークな組み合わせであるコーニッシュの生け垣から作られています。

馬とそりによって近くのコリフォード湖の浅瀬から運び出された、ヘッジの足場、基礎の岩、または「グラウンダー」が設置されています。

Covidが許可するとすぐに、学童、地元の人々、ボランティアを含む何百人もの人々が生け垣の建設と植え付けを手伝い、直径56メートルの古典的な迷路を作ります。

春には、このサイトが「コーニッシュヘッジの屋外大学」になり、古くからの芸術を次世代に引き継ぐコーニッシュヘッジャーギルドが支援するトレーニングプログラムが提供されることを願っています。 60人以上の見習いコーニッシュヘッジャーが専門家から学び、迷宮に取り組むことになっています。

プロジェクトディレクターのウィル・コールマン氏は、コーニッシュの生け垣は「不思議」だと語った。彼は、迷宮は観光名所ではなく、静かな熟考の場を提供する「ランドアートの一部」になるだろうと述べました。

「これはこれらの時代にとって理想的なプロジェクトだと本当に思います」と彼は言いました。 「私たちはそれを作り、それを植え、その後、私たちは立ち去り、それがどのようになるかを自然に伝えます。「あなたが行って、それを楽しんでください。」

基礎の岩は馬とそりで運ばれました。写真:Kerdoyaプロジェクト

下地の空中ショット。写真:Kerdoyaプロジェクト

ヘッジワークショップ。写真:Kerdoyaプロジェクト

一部のコーニッシュの生け垣は4、000年前のものと考えられており、本来の目的で現在も使用されている最も古い人工建造物の1つとなっています。

それらは生け垣でも乾いた石の壁でもありません。郡の東では、彼らは吹きさらしの、天候に打たれたはるか西の上部に低木を持っている可能性が高く、それらは土と重い石で構成されている可能性があります。

しかし、すべての種類のコーニッシュ生け垣は動植物が豊富で、春と夏には600種類の顕花植物が生息する色の暴動がよく見られます。

Kerdroya(大まかに曲がりくねった城として翻訳できるコーンウォール語)の作成者も、それが迷路ではなく迷路であることを明らかにしています。 「迷路は道に迷うことです」とコールマンは言いました。 「この迷宮は自分自身を見つけることについてです。」

コールマン氏は、もっと大きな迷路があると言いますが、A30近くの使われなくなった駐車場で作成されているケルドロヤは世界最大の古典的な迷路になると信じています。 「少なくとも、もっと大きなものについては誰も私に言わなかった」と彼は言った。

訪問者は、迷路を通る単一の曲がりくねった道をたどります。原材料のほとんどはボドミンムーアからのものですが、コーンウォールの他の部分からの石のセクションがあり、その特定の石を扱うことに慣れているヘッジャーの監督の下で配置されます。生け垣は、ホワイトソーンを含む植物で覆われます。

このプロジェクトは、コーンウォール評議会、英国芸術評議会、国立宝くじ遺産基金など、さまざまな組織から資金提供を受けており、2019年にコーンウォール地域の優れた自然美の60周年を祝うために開始されました。

すぐには完成しません。しかし、コールマンはその方が良いと主張し、ウェストカントリーの表現「ドレックリー」は文字通り「直接」と解釈されますが、実際には将来の不特定の時期を意味しますが、使用するのに適した言葉であると述べました。 「4、000年続くものを構築しているときは、すべてを巧みに行うほうがよいでしょう。」

この記事は2021年1月15日に修正されました。以前のバージョンでは、「ホワイトソーンとサンザシを含む」植物が生け垣に植えられていると言及されていましたが、これらは同じ植物の異なる名前です。


&#x27It&#x27s自分自身を見つけることについて&#x27:コーニッシュのヘッジャーは記録破りの迷宮を計画しています

コーニッシュ湿原の高いところに、何千年も続くように設計された生き生きとした息を呑むようなアートワークが形作られつつあります。

ケルドロヤと呼ばれるこの作品は迷路であり、世界最大と言われ、石と植物のユニークな組み合わせであるコーニッシュの生け垣から作られています。

馬とそりによって近くのコリフォード湖の浅瀬から運び出された、ヘッジの足場、基礎の岩、または「グラウンダー」が設置されています。

Covidが許可するとすぐに、学童、地元の人々、ボランティアを含む何百人もの人々が生け垣の建設と植え付けを手伝い、直径56メートルの古典的な迷路を作ります。

春には、このサイトが「コーニッシュヘッジの屋外大学」になり、古くからの芸術を次世代に引き継ぐコーニッシュヘッジャーギルドが支援するトレーニングプログラムが提供されることを願っています。 60人以上の見習いコーニッシュヘッジャーが専門家から学び、迷宮に取り組むことになっています。

プロジェクトディレクターのウィル・コールマン氏は、コーニッシュの生け垣は「不思議」だと語った。彼は、迷宮は観光名所ではなく、静かな熟考の場を提供する「ランドアートの一部」になるだろうと述べました。

「これはこれらの時代にとって理想的なプロジェクトだと本当に思います」と彼は言いました。 「私たちはそれを作り、それを植え、その後、私たちは立ち去り、それがどのようになるかを自然に伝えます。「あなたが行って、それを楽しんでください。」

基礎の岩は馬とそりで運ばれました。写真:Kerdoyaプロジェクト

下地の空中ショット。写真:Kerdoyaプロジェクト

ヘッジワークショップ。写真:Kerdoyaプロジェクト

一部のコーニッシュの生け垣は4、000年前のものと考えられており、本来の目的で現在も使用されている最も古い人工建造物の1つとなっています。

それらは生け垣でも乾いた石の壁でもありません。郡の東では、彼らは吹きさらしの、天候に打たれたはるか西の上部に低木を持っている可能性が高く、それらは土と重い石で構成されている可能性があります。

しかし、すべての種類のコーニッシュ生け垣は動植物が豊富で、春と夏には600種類の顕花植物が生息する色の暴動がよく見られます。

Kerdroya(大まかに曲がりくねった城として翻訳できるコーンウォール語)の作成者も、それが迷路ではなく迷路であることを明らかにしています。 「迷路は道に迷うことです」とコールマンは言いました。 「この迷宮は自分自身を見つけることについてです。」

コールマン氏は、もっと大きな迷路があると言いますが、A30近くの使われなくなった駐車場で作成されているケルドロヤは、世界最大の古典的な迷路になると信じています。 「少なくとも、もっと大きなものについては誰も私に言わなかった」と彼は言った。

訪問者は、迷路を通る単一の曲がりくねった道をたどります。原材料のほとんどはボドミンムーアからのものですが、コーンウォールの他の部分からの石のセクションがあり、その特定の石を扱うことに慣れているヘッジャーの監督の下で配置されます。生け垣は、ホワイトソーンを含む植物で覆われます。

このプロジェクトは、コーンウォール評議会、英国芸術評議会、国立宝くじ遺産基金など、さまざまな組織から資金提供を受けており、2019年にコーンウォール地域の優れた自然美の60周年を祝うために開始されました。

すぐには完成しません。しかし、コールマンはその方が良いと主張し、ウェストカントリーの表現「ドレックリー」は文字通り「直接」と解釈されますが、実際には将来の不特定の時期を意味しますが、使用するのに適した言葉であると述べました。 「4、000年続くものを構築しているときは、すべてを巧みに行うほうがよいでしょう。」

この記事は2021年1月15日に修正されました。以前のバージョンでは、「ホワイトソーンとサンザシを含む」植物が生け垣に植えられていると言及されていましたが、これらは同じ植物の異なる名前です。


&#x27It&#x27s自分自身を見つけることについて&#x27:コーニッシュのヘッジャーは記録破りの迷宮を計画しています

コーニッシュ湿原の高いところに、何千年も続くように設計された生き生きとした息を呑むようなアートワークが形作られつつあります。

ケルドロヤと呼ばれるこの作品は迷路であり、世界最大と言われ、石と植物のユニークな組み合わせであるコーニッシュの生け垣から作られています。

馬とそりによって近くのコリフォード湖の浅瀬から運び出された、ヘッジの足場、基礎の岩、または「グラウンダー」が設置されています。

Covidが許可するとすぐに、学童、地元の人々、ボランティアを含む何百人もの人々が生け垣の建設と植え付けを手伝い、直径56メートルの古典的な迷路を作ります。

春には、このサイトが「コーニッシュヘッジの屋外大学」になり、古くからの芸術を次世代に引き継ぐコーニッシュヘッジャーギルドが支援するトレーニングプログラムが提供されることを願っています。 60人以上の見習いコーニッシュヘッジャーが専門家から学び、迷宮に取り組むことになっています。

プロジェクトディレクターのウィル・コールマン氏は、コーニッシュの生け垣は「不思議」だと語った。彼は、迷宮は観光名所ではなく、静かな熟考の場を提供する「ランドアートの一部」になるだろうと述べました。

「これはこれらの時代にとって理想的なプロジェクトだと本当に思います」と彼は言いました。 「私たちはそれを作り、それを植え、その後、私たちは立ち去り、それがどのようになるかを自然に伝えます。「あなたが行って、それを楽しんでください。」

基礎の岩は馬とそりで運ばれました。写真:Kerdoyaプロジェクト

下地の空中ショット。写真:Kerdoyaプロジェクト

ヘッジワークショップ。写真:Kerdoyaプロジェクト

一部のコーニッシュの生け垣は4、000年前のものと考えられており、本来の目的で現在も使用されている最も古い人工建造物の1つとなっています。

それらは生け垣でも乾いた石の壁でもありません。郡の東では、彼らは吹きさらしの、天候に打たれたはるか西の上部に低木を持っている可能性が高く、それらは土と重い石で構成されている可能性があります。

しかし、すべての種類のコーニッシュ生け垣は動植物が豊富で、春と夏には600種類の顕花植物が生息する色の暴動がよく見られます。

Kerdroya(大まかに曲がりくねった城として翻訳できるコーンウォール語)の作成者も、それが迷路ではなく迷路であることを明らかにしています。 「迷路は道に迷うことです」とコールマンは言いました。 「この迷宮は自分自身を見つけることについてです。」

コールマン氏は、もっと大きな迷路があると言いますが、A30近くの使われなくなった駐車場で作成されているケルドロヤは世界最大の古典的な迷路になると信じています。 「少なくとも、もっと大きなものについては誰も私に言わなかった」と彼は言った。

訪問者は、迷路を通る単一の曲がりくねった道をたどります。原材料のほとんどはボドミンムーアからのものですが、コーンウォールの他の部分からの石のセクションがあり、その特定の石を扱うことに慣れているヘッジャーの監督の下で配置されます。生け垣は、ホワイトソーンを含む植物で覆われます。

このプロジェクトは、コーンウォール評議会、英国芸術評議会、国立宝くじ遺産基金など、さまざまな組織から資金提供を受けており、2019年にコーンウォール地域の優れた自然美の60周年を祝うために開始されました。

すぐには完成しません。しかし、コールマンはその方が良いと主張し、ウェストカントリーの表現「ドレックリー」は文字通り「直接」と解釈されますが、実際には将来の不特定の時期を意味しますが、使用するのに適した言葉であると述べました。 「4、000年続くものを構築しているときは、すべてを巧みに行うほうがよいでしょう。」

この記事は2021年1月15日に修正されました。以前のバージョンでは、「ホワイトソーンとサンザシを含む」植物が生け垣に植えられていると言及されていましたが、これらは同じ植物の異なる名前です。


&#x27It&#x27s自分自身を見つけることについて&#x27:コーニッシュのヘッジャーは記録破りの迷宮を計画しています

コーニッシュ湿原の高いところに、何千年も続くように設計された生き生きとした息を呑むようなアートワークが形作られつつあります。

ケルドロヤと呼ばれるこの作品は迷路であり、世界最大と言われ、石と植物のユニークな組み合わせであるコーニッシュの生け垣から作られています。

馬とそりによって近くのコリフォード湖の浅瀬から運び出された、ヘッジの足場、基礎の岩、または「グラウンダー」が設置されています。

Covidが許可するとすぐに、学童、地元の人々、ボランティアを含む何百人もの人々が生け垣の建設と植え付けを手伝い、直径56メートルの古典的な迷路を作ります。

春には、このサイトが「コーニッシュヘッジの屋外大学」になり、古くからの芸術を次世代に引き継ぐコーニッシュヘッジャーギルドが支援するトレーニングプログラムが提供されることを願っています。 60人以上の見習いコーニッシュヘッジャーが専門家から学び、迷宮に取り組むことになっています。

プロジェクトディレクターのウィル・コールマン氏は、コーニッシュの生け垣は「不思議」だと語った。彼は、迷宮は観光名所ではなく、静かな熟考の場を提供する「ランドアートの一部」になるだろうと述べました。

「これはこれらの時代にとって理想的なプロジェクトだと本当に思います」と彼は言いました。 「私たちはそれを作り、それを植え、その後、私たちは立ち去り、それがどのようになるかを自然に伝えます。「あなたが行って、それを楽しんでください。」

基礎の岩は馬とそりで運ばれました。写真:Kerdoyaプロジェクト

下地の空中ショット。写真:Kerdoyaプロジェクト

ヘッジワークショップ。写真:Kerdoyaプロジェクト

一部のコーニッシュの生け垣は4、000年前のものと考えられており、本来の目的で現在も使用されている最も古い人工建造物の1つとなっています。

それらは生け垣でも乾いた石の壁でもありません。郡の東では、彼らは吹きさらしの、天候に打たれたはるか西の上部に低木を持っている可能性が高く、それらは土と重い石で構成されている可能性があります。

しかし、すべての種類のコーニッシュ生け垣は動植物が豊富で、春と夏には600種類の顕花植物が生息する色の暴動がよく見られます。

Kerdroya(大まかに曲がりくねった城として翻訳できるコーンウォール語)の作成者も、それが迷路ではなく迷路であることを明らかにしています。 「迷路は道に迷うことです」とコールマンは言いました。 「この迷宮は自分自身を見つけることについてです。」

コールマン氏は、もっと大きな迷路があると言いますが、A30近くの使われなくなった駐車場で作成されているケルドロヤは世界最大の古典的な迷路になると信じています。 「少なくとも、もっと大きなものについては誰も私に言わなかった」と彼は言った。

訪問者は、迷路を通る単一の曲がりくねった道をたどります。原材料のほとんどはボドミンムーアからのものですが、コーンウォールの他の部分からの石のセクションがあり、その特定の石を扱うことに慣れているヘッジャーの監督の下で配置されます。生け垣は、ホワイトソーンを含む植物で覆われます。

このプロジェクトは、コーンウォール評議会、英国芸術評議会、国立宝くじ遺産基金など、さまざまな組織から資金提供を受けており、2019年にコーンウォール地域の優れた自然美の60周年を祝うために開始されました。

すぐには完成しません。しかし、コールマンはその方が良いと主張し、ウェストカントリーの表現「ドレックリー」は文字通り「直接」と解釈されますが、実際には将来の不特定の時期を意味しますが、使用するのに適した言葉であると述べました。 「4、000年続くものを構築しているときは、すべてを巧みに行うほうがよいでしょう。」

この記事は2021年1月15日に修正されました。以前のバージョンでは、「ホワイトソーンとサンザシを含む」植物が生け垣に植えられていると言及されていましたが、これらは同じ植物の異なる名前です。


&#x27It&#x27s自分自身を見つけることについて&#x27:コーニッシュのヘッジャーは記録破りの迷宮を計画しています

コーニッシュ湿原の高いところに、何千年も続くように設計された生き生きとした呼吸するアートワークが形作られつつあります。

ケルドロヤと呼ばれるこの作品は迷路であり、世界最大と言われ、石と植物のユニークな組み合わせであるコーニッシュの生け垣から作られています。

馬とそりによって近くのコリフォード湖の浅瀬から運び出された、ヘッジの足場、基礎の岩、または「グラウンダー」が設置されています。

Covidが許可するとすぐに、学童、地元の人々、ボランティアを含む何百人もの人々が生け垣の建設と植え付けを手伝い、直径56メートルの古典的な迷路を作ります。

春には、このサイトが「コーニッシュヘッジの屋外大学」になり、古くからの芸術を次世代に引き継ぐコーニッシュヘッジャーギルドが支援するトレーニングプログラムが提供されることを願っています。 60人以上の見習いコーニッシュヘッジャーが専門家から学び、迷宮に取り組むことになっています。

プロジェクトディレクターのウィル・コールマン氏は、コーニッシュの生け垣は「不思議」だと語った。彼は、迷宮は観光名所ではなく、静かな熟考の場を提供する「ランドアートの一部」になるだろうと述べました。

「これはこれらの時代にとって理想的なプロジェクトだと本当に思います」と彼は言いました。 「私たちはそれを作り、それを植え、その後、私たちは立ち去り、それがどのようになるかを自然に伝えます。「あなたが行って、それを楽しんでください。」

基礎の岩は馬とそりで運ばれました。写真:Kerdoyaプロジェクト

下地の空中ショット。写真:Kerdoyaプロジェクト

ヘッジワークショップ。写真:Kerdoyaプロジェクト

一部のコーニッシュの生け垣は4、000年前のものと考えられており、本来の目的で現在も使用されている最も古い人工建造物の1つとなっています。

それらは生け垣でも乾いた石の壁でもありません。郡の東では、彼らは吹きさらしの、天候に打たれたはるか西の上部に低木を持っている可能性が高く、それらは土と重い石で構成されている可能性があります。

しかし、すべての種類のコーニッシュ生け垣は動植物が豊富で、春と夏には600種類の顕花植物が生息する色の暴動がよく見られます。

Kerdroya(大まかに曲がりくねった城として翻訳できるコーンウォール語)の作成者も、それが迷路ではなく迷路であることを明らかにしています。 「迷路は道に迷うことです」とコールマンは言いました。 「この迷宮は自分自身を見つけることについてです。」

コールマン氏は、もっと大きな迷路があると言いますが、A30近くの使われなくなった駐車場で作成されているケルドロヤは、世界最大の古典的な迷路になると信じています。 「少なくとも、もっと大きなものについては誰も私に言わなかった」と彼は言った。

訪問者は、迷路を通る単一の曲がりくねった道をたどります。原材料のほとんどはボドミンムーアからのものですが、コーンウォールの他の部分からの石のセクションがあり、その特定の石を扱うことに慣れているヘッジャーの監督の下で配置されます。生け垣は、ホワイトソーンを含む植物で覆われます。

このプロジェクトは、コーンウォール評議会、英国芸術評議会、国立宝くじ遺産基金など、さまざまな組織から資金提供を受けており、2019年にコーンウォール地域の優れた自然美の60周年を祝うために開始されました。

すぐには完成しません。しかし、コールマンはその方が良いと主張し、ウェストカントリーの表現「ドレックリー」は文字通り「直接」と解釈されますが、実際には将来の不特定の時期を意味しますが、使用するのに適した言葉であると述べました。 「4、000年続くものを構築しているときは、すべてを巧みに行うほうがよいでしょう。」

この記事は2021年1月15日に修正されました。以前のバージョンでは、「ホワイトソーンとサンザシを含む」植物が生け垣に植えられていると言及されていましたが、これらは同じ植物の異なる名前です。


&#x27It&#x27s自分自身を見つけることについて&#x27:コーニッシュのヘッジャーは記録破りの迷宮を計画しています

コーニッシュ湿原の高いところに、何千年も続くように設計された生き生きとした息を呑むようなアートワークが形作られつつあります。

ケルドロヤと呼ばれるこの作品は迷路であり、世界最大と言われ、石と植物のユニークな組み合わせであるコーニッシュの生け垣から作られています。

馬とそりによって近くのコリフォード湖の浅瀬から運び出された、ヘッジの足場、基礎の岩、または「グラウンダー」が設置されています。

Covidが許可するとすぐに、学童、地元の人々、ボランティアを含む何百人もの人々が生け垣の建設と植え付けを手伝い、直径56メートルの古典的な迷路を作ります。

春には、このサイトが「コーニッシュヘッジの屋外大学」になり、古くからの芸術を次世代に引き継ぐコーニッシュヘッジャーギルドが支援するトレーニングプログラムが提供されることを願っています。 60人以上の見習いコーニッシュヘッジャーが専門家から学び、迷宮に取り組むことになっています。

プロジェクトディレクターのウィル・コールマン氏は、コーニッシュの生け垣は「不思議」だと語った。彼は、迷宮は観光名所ではなく、静かな熟考の場を提供する「ランドアートの一部」になるだろうと述べました。

「これはこれらの時代にとって理想的なプロジェクトだと本当に思います」と彼は言いました。 「私たちはそれを作り、それを植え、その後、私たちは立ち去り、それがどのようになるかを自然に伝えます。「あなたが行って、それを楽しんでください。」

基礎の岩は馬とそりで運ばれました。写真:Kerdoyaプロジェクト

下地の空中ショット。写真:Kerdoyaプロジェクト

A hedging workshop. Photograph: Kerdoya project

Some Cornish hedges are believed to be 4,000 years old, making them one of the oldest human-made structures still used for their original purpose.

They are neither a hedgerow nor a dry stone wall. In the east of the county they are more likely to have shrubs on the top in the windswept, weather-battered far west, they may consist of earth and hefty stones.

But all types of Cornish hedge are rich in plant and animal life and in the spring and summer often a riot of colour, home to 600 types of flowering plants.

The makers of Kerdroya (a Cornish word that could be roughly translated as castle of turnings) also make it clear it is a labyrinth, not a maze. “A maze is about getting lost,” said Coleman. “This labyrinth will be about finding yourself.”

Coleman says there are bigger mazes but he believes Kerdroya, which is being created on a disused car park close to the A30, will be the largest classical labyrinth in the world. “At least nobody has told me of a bigger one,” he said.

Visitors will follow a single meandering path through the labyrinth. While most of the raw material will be from Bodmin Moor, there will be sections of stone from other parts of Cornwall, put into place under the supervision of hedgers used to working with that particular stone. The hedges will be topped with plants including whitethorn.

The project, which has received funding from a wide range of organisations including Cornwall council, Arts Council England and the National Lottery Heritage Fund, was launched to celebrate the 60th anniversary of the Cornwall Area of Outstanding Natural Beauty in 2019.

It will not be completed any time soon. But Coleman argued it was better that way and said the West Country expression “dreckly” – which literally translates as “directly” but in fact means at some unspecified time in the future – was a good word to use. “When you are building something to last 4,000 years, everything is better off done dreckly.”

This article was amended on 15 January 2021. A previous version referred to the hedges being topped with plants “including whitethorn and hawthorn”, but these are different names for the same plant.


'It's about finding yourself': Cornish hedgers plan record-breaking labyrinth

High on a Cornish moor, a living, breathing piece of artwork that is designed to last thousands of years is taking shape.

Called Kerdroya, the piece is a labyrinth – billed as the largest of its kind in the world and constructed out of Cornish hedges, which are a unique combination of stone and vegetation.

The footings of the hedges, the foundation boulders, or “grounders”, are in place, having been hauled out of the shallows of the nearby Colliford Lake by horse and sledge.

As soon as Covid allows, hundreds of people, including schoolchildren, local people and volunteers, will help build and plant up the hedges, creating a classical labyrinth 56 metres across.

In the spring, the site will hopefully be turned into an “outdoor university of Cornish hedging” with a training programme supported by the Guild of Cornish Hedgers passing on the age-old art to the next generation. More than 60 apprentice Cornish hedgers are to work on the labyrinth, learning from experts.

The project director, Will Coleman, said Cornish hedges were an “unsung wonder.” He said the labyrinth would not be a tourist attraction but a “piece of land art” that would provide a place of quiet contemplation.

“I really think this is the ideal project for these times,” he said. “We will build it, then plant it and after that, we walk away, let it become what it becomes, tell nature: ‘Off you go, have some fun with that.’”

Foundation boulders were carried by horse and sledge. Photograph: Kerdoya project

An aerial shot of the groundworks. Photograph: Kerdoya project

A hedging workshop. Photograph: Kerdoya project

Some Cornish hedges are believed to be 4,000 years old, making them one of the oldest human-made structures still used for their original purpose.

They are neither a hedgerow nor a dry stone wall. In the east of the county they are more likely to have shrubs on the top in the windswept, weather-battered far west, they may consist of earth and hefty stones.

But all types of Cornish hedge are rich in plant and animal life and in the spring and summer often a riot of colour, home to 600 types of flowering plants.

The makers of Kerdroya (a Cornish word that could be roughly translated as castle of turnings) also make it clear it is a labyrinth, not a maze. “A maze is about getting lost,” said Coleman. “This labyrinth will be about finding yourself.”

Coleman says there are bigger mazes but he believes Kerdroya, which is being created on a disused car park close to the A30, will be the largest classical labyrinth in the world. “At least nobody has told me of a bigger one,” he said.

Visitors will follow a single meandering path through the labyrinth. While most of the raw material will be from Bodmin Moor, there will be sections of stone from other parts of Cornwall, put into place under the supervision of hedgers used to working with that particular stone. The hedges will be topped with plants including whitethorn.

The project, which has received funding from a wide range of organisations including Cornwall council, Arts Council England and the National Lottery Heritage Fund, was launched to celebrate the 60th anniversary of the Cornwall Area of Outstanding Natural Beauty in 2019.

It will not be completed any time soon. But Coleman argued it was better that way and said the West Country expression “dreckly” – which literally translates as “directly” but in fact means at some unspecified time in the future – was a good word to use. “When you are building something to last 4,000 years, everything is better off done dreckly.”

This article was amended on 15 January 2021. A previous version referred to the hedges being topped with plants “including whitethorn and hawthorn”, but these are different names for the same plant.


'It's about finding yourself': Cornish hedgers plan record-breaking labyrinth

High on a Cornish moor, a living, breathing piece of artwork that is designed to last thousands of years is taking shape.

Called Kerdroya, the piece is a labyrinth – billed as the largest of its kind in the world and constructed out of Cornish hedges, which are a unique combination of stone and vegetation.

The footings of the hedges, the foundation boulders, or “grounders”, are in place, having been hauled out of the shallows of the nearby Colliford Lake by horse and sledge.

As soon as Covid allows, hundreds of people, including schoolchildren, local people and volunteers, will help build and plant up the hedges, creating a classical labyrinth 56 metres across.

In the spring, the site will hopefully be turned into an “outdoor university of Cornish hedging” with a training programme supported by the Guild of Cornish Hedgers passing on the age-old art to the next generation. More than 60 apprentice Cornish hedgers are to work on the labyrinth, learning from experts.

The project director, Will Coleman, said Cornish hedges were an “unsung wonder.” He said the labyrinth would not be a tourist attraction but a “piece of land art” that would provide a place of quiet contemplation.

“I really think this is the ideal project for these times,” he said. “We will build it, then plant it and after that, we walk away, let it become what it becomes, tell nature: ‘Off you go, have some fun with that.’”

Foundation boulders were carried by horse and sledge. Photograph: Kerdoya project

An aerial shot of the groundworks. Photograph: Kerdoya project

A hedging workshop. Photograph: Kerdoya project

Some Cornish hedges are believed to be 4,000 years old, making them one of the oldest human-made structures still used for their original purpose.

They are neither a hedgerow nor a dry stone wall. In the east of the county they are more likely to have shrubs on the top in the windswept, weather-battered far west, they may consist of earth and hefty stones.

But all types of Cornish hedge are rich in plant and animal life and in the spring and summer often a riot of colour, home to 600 types of flowering plants.

The makers of Kerdroya (a Cornish word that could be roughly translated as castle of turnings) also make it clear it is a labyrinth, not a maze. “A maze is about getting lost,” said Coleman. “This labyrinth will be about finding yourself.”

Coleman says there are bigger mazes but he believes Kerdroya, which is being created on a disused car park close to the A30, will be the largest classical labyrinth in the world. “At least nobody has told me of a bigger one,” he said.

Visitors will follow a single meandering path through the labyrinth. While most of the raw material will be from Bodmin Moor, there will be sections of stone from other parts of Cornwall, put into place under the supervision of hedgers used to working with that particular stone. The hedges will be topped with plants including whitethorn.

The project, which has received funding from a wide range of organisations including Cornwall council, Arts Council England and the National Lottery Heritage Fund, was launched to celebrate the 60th anniversary of the Cornwall Area of Outstanding Natural Beauty in 2019.

It will not be completed any time soon. But Coleman argued it was better that way and said the West Country expression “dreckly” – which literally translates as “directly” but in fact means at some unspecified time in the future – was a good word to use. “When you are building something to last 4,000 years, everything is better off done dreckly.”

This article was amended on 15 January 2021. A previous version referred to the hedges being topped with plants “including whitethorn and hawthorn”, but these are different names for the same plant.