カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

アメリカ人は今ソーダより多くの水を飲んでいます(ついに)

アメリカ人は今ソーダより多くの水を飲んでいます(ついに)


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

新しいレポートによると、水はすぐに好まれる飲み物になりつつあります(もう一度)

| iStockphoto

アメリカ人は、ボトル入り飲料水の急増のおかげで、ソーダよりも多くの水を飲んでいます。

最新の研究は、 ブルームバーグ市長:30年ぶりに、水はソーダよりもアメリカ人にとってナンバーワンの飲料としての地位を取り戻しました。

AP通信 ビバレッジダイジェストからの研究からのレポート。ソーダは20年以上の間飲み物の支配的なチャンピオンでした。一人当たりの炭酸飲料の最大消費量は、アメリカ人が年間54ガロンの炭酸飲料を飲んだ1998年にピークに達しました。 (想像してみてください シュガー。)しかし、水が復活したことは明らかです。現在、一人当たりの水の消費量は、年間44ガロンのソーダと比較して、年間58ガロンでピークに達しています。これは、水の消費量の38パーセントの増加です。なぜ上昇傾向にあるのですか?健康コミュニティ(およびブルームバーグ市長を含む)からのソーダに対する反発の高まり。大西洋が指摘しているように、私たちはすでに私たちの食事から炭酸飲料を禁止しています。

大西洋は数字をさらに分解します。 作家のジェームズ・ハンブリンは次のように述べています。それをはるかに下回っていますが、生きていて機能しています。」だから、8杯の誇大宣伝にもかかわらず、私たちは良いです。

水の消費量の増加のもう一つの大きな要因は?ボトル入り飲料水の人気の高まり。ボトル入り飲料水の一人当たりの消費量は、アメリカ人にとって年間21ガロンに増加しています。 (他の37ガロンは、水道水だけでなく、フレーバーウォーター、スパークリングウォーター、強化ウォーターも含まれます。もちろん、ビタミンウォーターも含まれます。)もちろん、多くの人がボトル入り飲料水市場が成長し続けると予測していますが、他の環境問題の高まりのおかげで、反発が起こり始めると思います。詳細については、こちらをご覧ください ここであなたのボトル入りの水に何が入っていますか。


セルツァーウォーター:それはあなたにとって良いですか?

セルツァーウォーターは、ソーダのさわやかで健康的な代替品として、過去数年にわたって人気を博しています。 「スパークリングウォーター」または「炭酸水」とも呼ばれるセルツァー水は、二酸化炭素ガスが注入されて泡立つ水です。

セルツァー水は、鉱泉からのミネラルと硫黄化合物を含むミネラルウォーター、または砂糖または高フルクトースコーンシロップと一緒にキニーネ(マラリアの一般的な治療法)を含むトニックウォーターと混同しないでください。


ダイエットと栄養の最新

オメガ3について知っておくべきことすべて

ビーガンチーズ:それがどのように作られるか、そして試すのに最適なブランドへの簡単なガイド

マメ科植物とは何ですか?タイプ、健康上の利点、栄養成分、調理方法など

登録栄養士からの10の健康的なブランチのヒント


予防と7日間の水分補給チャレンジで新年にもっと水を飲みましょう!

1日に8杯必要であるという考えを捨て、代わりにこの科学に裏打ちされたガイドを使用してください。

適切な水分補給が体に何ができるか、そして何ができるかについてはたくさんの理論があります。人々はそれが皮膚をよりふっくらまたはより輝くように見せることができ、それが癌を予防することができ、そしてそれがCOVID-19から保護することができるとさえ主張しました。これらすべての影響の科学的証拠はまちまちですが、1つ明らかなことがあります。それは、人体が水不足を好まないということです。

&ldquo私たちが水分補給されていない場合、私たちの体はストレス状態にあります&rdquoは、エモリー大学病院の栄養士であり、栄養と栄養学アカデミーのスポークスマンであるメリッサ・マジュムダール医学博士は言います。 &ldquoそして私たちはストレスの状態が慢性疾患につながる可能性があることを知っています。&rdquo慢性的に脱水状態になると、あなたの体はストレスホルモンのコルチゾールを放出し、それは体重、血糖、さらには心機能にさえ影響を与える可能性があります。画期的なストレスの年を迎えて、飲むのにこれほど良い時期はなかったと主張する人もいるかもしれません。

入力: 防止&rsquos7日間の水分補給チャレンジ。あなたは水分補給の背後にある科学をあなたの利益のために使う方法を学び、それが必要なものを合図するのであなた自身の体に注意を払います。 新しいタスクについては、毎朝午前9時30分にここに戻って確認してください。 そして今からわずか1週間で、あなたはあなたがあなたの最高の、最も水分補給された自己になるために必要なすべてを手に入れるでしょう。

1日目:360度の水分補給を練習します。

あなたの最初の目標は、飲むことによって水分補給することです 注意深く食べる。卵は安くて健康的で、調理する前に液体として始まるので、始めるのに最適な場所です。

しかし、待ってください、しばらくの間バックアップしましょう。 1日にどれだけの水を飲むかという私たちの魅力はどこから生まれたのでしょうか。また、なぜそれほど混乱しているのでしょうか。

正確には神話ではありませんが、1日にコップ8杯の水を飲むことを推奨することは、厳密な科学によって裏付けられていません。研究者は、それが非常に頻繁に繰り返された75年前の報告に由来すると信じており、それは単に正典になっています。 1945年に、米国科学アカデミーの食品栄養委員会は、摂取するカロリーごとに1ミリリットルの水分を摂取することを推奨しました。約2,000カロリーの食事を摂ると、1日8杯半の水になります。

それを超えて、専門家はそれがあなたがどれだけ活発であるか、あなたが住んでいる場所がどれほど暑いか、そしてあなたがどれだけ&ldquosalty&rdquoであるかに依存すると言うでしょう(それについては後で詳しく説明します)。

良いニュースは、それです 同じ Food and Nutrition Board Bulletinは、食事用水のかなりの部分が食べ物や飲み物から来る可能性があり、そうあるべきであると述べています。 &ldquo果物や野菜、ヨーグルト、さらにはホットシリアル、米、パスタなどの液体で作られた食品でさえ、調理時に液体を吸収するため、重要です」とMajumdar氏は言います。

水分補給に関する最新の政府の勧告、国立アカデミー医学研究所の11人の研究者が支持する2004年の報告によると、水分補給の良い男性は1日に約3.7リットルの水分を消費する傾向があり、水分補給の良い女性は約2.7リットルを消費します。リットル(または11.4カップ)。しかし、あなたはその金額を必要としません 純水.

この課題を開始するために、1日に飲む正確な量の水を提供できれば満足のいくものになると確信しています。しかし、それはあなたに不利益をもたらすでしょう。むしろ、今日の課題は、毎日消費される純粋な水のグラスから罪悪感を切り離し、水に加えて、果物や野菜、コーヒー、お茶、ジュース、さらにはソーダなど、さまざまなソースから液体を確実に摂取することです。

1日を通してより多くのガイダンスが必要な場合は、前述のレポートを作成した専門家が同意します。自分でチェックインしてください。喉が渇いていますか?はいの場合、おそらく少し脱水状態になっているので、飲んでください。今すぐ水を落とすという考えが正しくないと感じた場合は、近くにコップ1杯の水を置いてください。準備ができたら、何も考えずに水を拾う可能性があります。

2日目:濃縮よりも多くの&ldquodilute&rdquo飲料を飲みます。

今日の課題は、甘い飲み物に頼らずに水分補給することです。また、浸透圧と呼ばれる概念を理解していれば、砂糖自体だけでなく、何を飲むかについて適切な選択を行う方が簡単です。水分補給について考えるのは興味深い方法です(そしてボーナスは、言うのがとても楽しいです)。

すべての人間の細胞は、適切に機能するために、内部と外部の両方で適切な濃度の水、カリウム、およびナトリウムを必要とします。これらの比率を測定する1つの方法は、体内の水分がどの程度濃縮されているかを判断することです。科学者は、血清または尿を採取し、すべての固形物(塩、糖、ミネラルなど)を分離してから、それらの固形物の総量を水分の総量で割ることができます。結果の数値は浸透圧の尺度です。

はい、ノンアルコール飲料は水分補給を提供しますが、水分が細胞に入る速さは、選択した飲み物の濃度に影響する可能性があります。 &ldquo血液の浸透圧は約290または300であり、店舗で販売されている飲み物の多くはそれを超えています。クランベリージュースの1,200のように、それらのいくつかは本当に高いです。これらのものが吸収されるためには、水が体から腸に出て、勾配が正しくなるまでそれを希釈する必要があります」とアリゾナ州立大学の栄養疫学者であるジョディ・ストゥーキーは言います。

飲料の浸透圧は水分補給に大きな影響を与えませんが、液体がシステムに入る速度に影響を与える可能性があり、高カロリーの優れた代用手段にもなります。 &ldquo私はそれを&lsquothisは濃縮飲料&rsquoであり、&lsquothatは希薄飲料であると考えています&rsquo&rdquoStookeyは言います。 &ldquoそして、甘い飲み物は濃縮された飲み物とグループになっています。&rdquo

だから今日、はい、あなたはソーダや他の液体から水分補給を得ることができますが、飲むことを目指してください 大きい 好みに応じて、平らな水または炭酸水と柑橘類のジュースを絞ります。

3日目:おしっこを見てください。はい、そうです。

今日のあなたの目標は、一日中あなたの尿を観察することです。水と塩のバランスは生存に不可欠であるため、あなたの体はそれを維持するための浸透圧調節システムと呼ばれる強力なシステムを持っています。このシステムのパート1は、脳内の特殊なニューロンであり、体内の水分がいつ減少したかを知ることができます。

&ldquoLet&rsquosは、忙しい1日で、十分に飲む機会がないと言います。そのような状況では、血液から水分子を失い、塩分を残してしまうため、血液の塩分レベルが上昇します。そして、あなたは血液から水分を失ったので、あなたの血液量は減少します。これらは喉の渇きを増す2つの非常に強力な要因です」と、Gatorade Sports Science Instituteの元所長であり、Dogfish Head&rsquosSeaQuenchエールの開発を支援したSportsScienceInsightsの創設者であるBobMurray博士は述べています。低血液量と高血液塩分を検出できるニューロンは、H20が少ないと感じると、節水ホルモンを放出します。また、喉が渇いたように感じさせます。

体の水分補給システムのパート2は腎臓です。腎臓は、脳から放出されるホルモンに反応し、独自のセンサーを使用します。腎臓は、尿の量と濃度を変えることによって、水分と塩分を節約または放出します。これが、医師がおしっこの色に注意を払い、適切に水分補給されていることを確認することを推奨する理由です。尿の色は、水分補給状態の信頼できる個別の尺度です。尿が黄色または濃い場合、体は水を使用する可能性があります。麦わら色またはそれより軽いものである限り、あなたは素晴らしいことをしています。

4日目:コーヒーとお茶を数えます。

今日のあなたの目標は、コーヒーかお茶のどちらかを選び、360度の水分補給の一部としてそれを楽しむことです。コーヒーとお茶が脱水状態になっているという考えは神話だからです。 &ldquo私たちは絶対にコーヒーと紅茶を流動性として数えることができます&rdquoMajumdarは言います。 &ldquoカウントしたくない唯一の水分はアルコールです。&rdquo

コーヒーとお茶が体を脱水するという神話は、カフェインをウサギに注射することを含む1928年の研究にまでさかのぼることができます。これは、ほとんどの人がコーヒーを楽しむために使用するものとは大きく異なる消費方法です。カフェインは利尿剤ですが、これは体が尿を生成するのを促進することを意味しますが、カフェインと一緒に水を飲む限り、体の浸透圧調節システムはおしっこをする前に必要なすべての水を吸収します。実際、1920年代以降、男性が27オンスのコーヒーまたは同量の水を飲み、水分補給の尿と血液のマーカーを3日間にわたって測定した、2014年の研究を含むいくつかの研究では、コーヒーとお茶が水と同じくらいの水分補給。

ただし、コーヒーを飲み、Excelに何時間も埋もれるような人には注意してください。&ldquo忙しい、または気が散ることで、[自然な喉の渇きのメカニズム]を無効にすることができます。&rdquoMajumdar氏は言います。ウォーターボトルを近くに置いておくと、Hydromateのモデルのように、ゴールラインとやる気を起こさせるスローガンが付いてくるので便利です。炭酸水やスパークリングウォーターなどの楽しい飲み物は、どちらも普通のものと同じように水分を補給するので、より頻繁に飲むように促します。 Waterminderなどの水分補給リマインダーアプリもあり、喉の渇きのメッセージを受信トレイの上部に表示するのに役立ちます。

5日目:気分はどうですか?

この課題の半分以上を経て、今日、水分補給の優先順位付けがどのように機能しているか(または機能していないか)について考え、書き留めてください。あなたはより多くのエネルギーを感じ、霧が少なくなりますか?あるいは、ココナッツのラクロワがお気に入りではないと判断した場合は、ブンタンに戻ります。

正しい答えも間違った答えもありません。なぜなら、「水から恩恵を受けない私たちの体の部分はないからです」と、BZニュートリションの実践を通じてクライアントにカウンセリングを行う登録栄養士のブリジット・ツァイトリンは言います。 &ldquoWaterは私たちの消化器系に影響を与えます。それは私たちの脳の機能に影響を与えます。それは私たちの筋肉がどのように収縮してリラックスするかに影響します。それは私達の関節を滑らかに保ちます。それは私たちの体温を調節するのに役立ちます。&rdquo

適切に水分補給することで、体重を減らすこともできます。喉の渇きを空腹と間違え、体が必要としないカロリーを食べることはよくあることです。その上、研究では、食べる前に水を飲んだダイエット者と飲まなかったダイエット者の間でさらに体重が減少することがわかっています。

この課題が終わった後でも、ジャーナリングエクササイズの一部であるか、カレンダーのリマインダーを設定するかどうかにかかわらず、セルフケアルーチンの一部として水分補給についてチェックインすることを検討してください。

6日目:スポーツドリンクの見方を変えます。

今日のあなたの目標は、アスリートにふさわしいイベントをカレンダーに載せることです(5Kやハーフマラソンなど、あなたにとって実行可能なもの)。 それから ゲータレードに手を伸ばすことを検討してください。それまでは、気分が悪くならない限り、水分補給にスポーツドリンクは必要ありません。

スポーツドリンク会社は、オールスターのランニングバックのように実行する必要があるのは電解質でいっぱいのネオン飲料であると私たちに信じさせました。しかし、真実は逆です。アスリートはスポーツドリンクを必要とし、私たちの残りの人々は、まあ、そうしません。 &ldquoあなたがアスリートではない場合&mdashand byアスリート、つまり、マラソンのトレーニングをしている、1日5〜6マイル以上走っている、トライアスロンのトレーニングをしている、オリンピックのメダリストである&mdashsportsドリンクは、糖分やその他の添加物が多く含まれている可能性があります。あなたの全体的な健康目標&rdquoZeitlinは言います。

あなたが補充を必要とするのに十分なことをしているのかどうかをどうやって知るのですか? &ldquo最も簡単なアプローチは、練習前に体重を測定し、練習またはあらゆる種類のトレーニングセッション後に体重を測定することです」とMurray氏は言います。あなたが始めた場所にかなり近いなら、あなたは水分補給の良い仕事をしました。かなり体重が減った場合は、脱水症状になります。水と、バナナやピーナッツバターなどの補給食を摂取するか、電解質を含むスポーツ飲料を飲む必要があります。服の塩の指輪を探すこともできます。 &ldquo運動中に帽子やシャツを着ていて、白い残留物が残っている場合、それはあなたが塩辛いセーターであることを示しています&rdquo Murrayは言います、そしてそれは水よりもスポーツドリンクを選ぶ追加のインセンティブです。

スポーツドリンクが理にかなっているもう1つの理由は、病気のときや高熱で運動しているときなど、継続的に水分を体内に取り込む必要があるときです。 &ldquoスポーツドリンクの科学は、バーテンダーが何世紀にもわたって知っていた科学とほぼ同じです。バーに塩味のスナックを置くと、人々はもっと飲むようになります」とマレー氏は言います。スポーツドリンクが非常にうまく機能する理由は、彼らが飲み続けたいという塩主導の欲求を維持しているからです。 &ldquoSoスポーツドリンクは、喉の渇きを維持するのと同じくらい、実際には喉の渇きを癒すものではありません」とマレー氏は言います。 &ldquoそしてそれはまさに私たちが望んでいることです。&rdquo

7日目:Thangryはあなたの新しい空腹です。

おめでとう!あなたはこのチャレンジの7日目で最後の日に到達しました。今日の目標は、水分補給の状態と一緒に気分を追跡することです。これは、自分の体のニーズに耳を傾ける最後の最も微妙なステップです。

疲れやイライラ(またはその両方)を感じたとき、水を使ってもらえますか?私たちの体が水を飲むように動機付ける方法の1つは、脱水症状を不快に感じることです。軽度の脱水症状でも、倦怠感や脳の霧を感じることがあります。スポーツでは、集中力が低下したり、筋肉がけいれんしたり、頭がおかしくなったり、パフォーマンスが低下したりすることがあります。そして、あなたはおそらく不機嫌になるでしょう。 「空腹と怒り」のかばん語と同じように「ハングリー」という用語は使われていませんが、それは喉の渇きが本物ではないことを意味しません。 &ldquo脱水状態になると、不機嫌になります&rdquoはStookeyと言いますが、申し訳ありませんが、&ldquothat&rsquosは特に女性に当てはまります。&rdquo

2015年、ウェールズのスウォンジー大学の2人の研究者が、気分と認知に対する水分補給の影響に関する30の研究をレビューする記事を発表しました。それらの研究の21は、人々の気分を明確に測定し、それらのすべての研究は、脱水症が気分を悪化させることを発見しました。エストロゲンは体の水分バランスと腎臓機能に影響を及ぼし、喉の渇きを引き起こすニューロンの感受性に影響を与える可能性があるため、この効果は卵巣を持つ人々でより顕著になる可能性があります。

&ldquo多くの場合、あなたが少しイライラしていると感じている場合、あなたが渇望を感じている場合、あなたが脳の霧を感じている場合、あなたが低エネルギーを感じている場合、それは水分補給です&rdquoは彼女がクライアントに注意を払うように勧めようとしていると述べています砂糖やカフェインに自動的に到達するのではなく、彼らの内面の感情。 &ldquoI&rsquomは、マインドフルネスが2021年のトレンドであることを望んでいます&rdquoと彼女は言います。 &ldquoそしてそれはあなたの水分補給に気を配ることに引き継がれます。&rdquo

予防プレミアムに参加するには、ここをクリックしてください (私たちの最高の価値、オールアクセスプラン)、雑誌を購読する、またはデジタルのみのアクセスを取得します。


あなたの片頭痛は悪化しているようです。

シャッターストック

コーラとダイエットコーラの砂糖と人工甘味料は頭痛を引き起こす可能性があります。または、甘味料の組み合わせとコーラのカフェインの脱水効果により、頭が痛くなることがあります。頭痛の引き金のレビュー 痛みの臨床ジャーナル 2009年には、片頭痛の影響を受けやすい人々が5つ以上のダイエットソーダに含まれるアスパルテームを摂取すると、アスパルテーム、ダイエットコークの甘味料、その他のダイエットソーダが頭痛を悪化させる可能性があることが示唆されています。 (関連:あなたの頭痛を引き起こしているかもしれない10の食品。)


スケールバック

このシリーズの記事では、アメリカ人の食生活の変化について考察します。

ゆっくりと、メッセージは一般の人々に浸透しているように見えます。 Gallupによれば、2003年までにアメリカ人の60%が体重を減らしたいと言っており、1990年の52%から1950年代の35%に増加しました。

オバマ政権は圧力を高めています。 2010年に可決されたアフォーダブルケア法は、チェーンレストランに食事のカロリー内容を公表することを義務付けました。連邦政府も要件を変更し、学校給食をより健康的にしましたが、その努力は反発を引き起こしました。

いくつかの都市はさらに進んでいます。フィラデルフィアは貧しい人々のために農産物の購入を助成しています。ニューヨークでは、デイケアセンターで利用できる食品の種類が制限されています。カリフォルニア州バークレーは、昨年、砂糖入り飲料に課税する米国で最初の都市になりました。これらの介入の有効性の証拠はまちまちですが、それらの人気は、公衆衛生当局が食事と肥満に重点を置いていることを反映しています。

それでも、カロリー低下のタイムラインは、政策立案者が関与する前に人々が少し食べ始めたことを示唆しています。これは、1964年の外科医総長の報告の頃にピークに達したタバコ使用のパターンに従います。広告の禁止、警告ラベル、税金、公共の場での喫煙の制限など、国の喫煙の急激な減少に対する多くの信用が後になって、態度がすでに変化し始めた後、変化を加速させたという方針の変更。

抗肥満公衆衛生キャンペーンは、他のどの主題よりも1つの主題に焦点を合わせてきました:飲料。

アンチソーダメッセージは彼らの目標を達成しました。 Center for Science in the Public Interestが分析した業界誌BeverageDigestの販売データによると、アメリカ人は1998年に平均して年間約40ガロンのフルカロリーソーダを購入しました。それは、肥満率が上昇する前に、アメリカ人が1980年に購入したレベルとほぼ同じ2014年に30ガロンに低下しました。

「この国では、ソーダをたくさん飲むのは良い考えではないという態度がますます高まっていると思います」と、現在アトランタのモアハウス医学部の教授であるサッチャー博士は述べています。

飲料会社は、ダイエットドリンクを販売し、アイスティーやフレーバーウォーターなどの新製品に多額の投資を行うことで対応してきました。 「私たちが目にしている変化の多くは消費者主導です」と、BeverageDigestの発行者であるJohnSicherは述べています。

飲料以外では、明確な傾向はほとんどありません。データを調べた専門家は、削減はアメリカ人がファーマーズマーケットに群がってファーストフードを放棄していることを意味しないと言います。果物や野菜の消費量は依然として少なく、デザートの消費量は依然として高いままです。代わりに、人々はすべてのものを少し少なく食べているように見えます。ほぼすべてのカテゴリーでの消費は「いくらか削減された」が、ポプキン氏は「私たちの食事の食物部分は恐ろしく、恐ろしいままである」と述べた。

カロリーの減少は、ほぼすべての人口統計グループで見られますが、等しくはありません。白人の家族は、黒人やヒスパニック系の家族よりもカロリー消費量を減らしています。最も驚くべきことに、子供がいる家族は、大人が一人で住んでいる世帯よりも削減している、と専門家は言う、小児肥満に重点を置いた公衆衛生が変化を推進している。

Lopes-Filho氏は、息子の食事に対する懸念が自分の食生活を微妙に変えているのを見たと述べました。 「私はまだ彼の後ろに物を忍び込んでいると思いますが、私は変えようとしました」と彼女は言いました。 「私はしばらくの間、ソーダを飲んだり、甘い飲み物をたくさん飲んだりしていませんが、それはすべて彼のおかげです。私がそれを持っていれば、彼はそれを欲しがるだろうと知っているからです。そして、「いいえ、これはママの飲み物です」と言う公正な方法は本当にありません。」

おそらく、この傾向に対する最大の注意点は、それが非常に重いアメリカ人にまで及んでいないように見えることです。最も太りすぎの人々の間で、体重と胴囲はすべて近年増加し続けています。

最近のカロリー削減は朗報のようですが、それだけでは肥満の蔓延を逆転させるのに十分ではありません。国立衛生研究所の研究者であるケビン・ホールの論文によると、アメリカ人が2020年までに1978年の体重に戻るには、平均的な成人が1日あたり220カロリーのカロリー消費を減らす必要があると推定されています。最近の削減は、その変更のほんの一部にすぎません。

「これは、ブレーキなしで下り坂を行く貨物列車のようなものでした」と、デューク大学のサンフォード公共政策大学院の学部長であるケリー・ブラウネルは言いました。 「それを遅くするものは何でも良いです。」

調査したデータソース、およびそれらのさまざまな長所と短所に関する詳細情報、 ここで見つけることができます.


薬用ソフトドリンクとコカコーラフィーンド:ソーダポップの有毒な歴史

ソーダの評判は最近少し横ばいになっています。最近、多くのソフトドリンクレシピで使用されている「キャラメルカラーリング」と呼ばれる発がん性物質の可能性についてFDAが調査したため、全米飲料が話題になりました。このちょっとしたドラマは、ニューヨークの超大型飲料の禁止の試み、多くの公立学校からのソーダマシンの追放、新しいソーダ税の提案の相次ぐなど、ソーダ業界の魅力的な絵を描く他の最近の話に続いています。これらの規制はすべて、過去数年間にタバコに制限が課されたのと同じように、小児肥満の増加など、ビッグソーダの不健康な影響を軽減するように設計されています。

&#8220この飲み物はアメリカの象徴となり、ある意味では自由さえも象徴するようになりました。コカ・コーラは単なる炭酸飲料以上のものになりました。&#8221

このような悪い報道に直面して、&#8220evil&#8221ソフトドリンクが実際に健康製品として始まり、その多くの有益な効果で宣伝されたとは信じられません。実際、ソーダはヨーロッパで始まりました。ヨーロッパでは、天然ミネラルウォーターの治癒力が何百年もの間処方されてきました。これらの天然温泉で水を浴びたり飲んだりすると、さまざまな病気が治ると考えられていました。トリスタン・ドノヴァン、 フィズ:ソーダが世界を揺るがした方法は、泡立つ湧き水で治療された病気は、胆石から壊血病まで、「ばかばかしいほど大きなリスト」を構成したと言います。 (実際には、飲料は胃のむかつきを和らげるだけで、有害な副作用はありませんでした。)

ミネラルウォーターの幅広い魅力にもかかわらず、この発泡性液体の包装と輸送は困難であることが判明したため、化学者は自分たちで作ることに着手しました。 「酸素を最初に特定した英国の化学者であるジョセフ・プリーストリーが二酸化炭素を水に入れる方法を考え出したとき、本当のブレークスルーが起こるのに1767年までかかりました」とドノバンは言います。プリーストリーのプロセスでは、発酵酵母マッシュを使用して水にガスを注入し、炭酸飲料を弱くしました。シャンパンの健康的な特性の支持者は興奮していました。

上:1907年のコークス広告。上:初期のソーダマシンでは、1870年代のこれらのデバイスのように、手動で水を炭酸化するために特大のクランクが必要でした。

1783年、スイスの科学者ヨハンヤコブシュウェップスは、手回し式の圧縮ポンプを使用して水を炭酸化する装置を使用してプリーストリーのプロセスを改善し、現在有名なシュウェップスの会社を立ち上げました。それでも、コルク栓をした石器のボトルに入った飲み物はすぐに平らになる傾向があり、ガラスのボトルは広く入手できなかったため、炭酸水をフィズを失うことなく市場に出すことは事実上不可能でした。 Charles Plinthは、1813年にソーダサイフォンで問題の一部を解決しました。これにより、残りの混合物の炭酸化を損なうことなく気泡水を分配できましたが、実際に炭酸液を生成する施設でサイフォンを補充する必要がありました。

最後に、1832年に、英国生まれのアメリカ人発明者ジョン・マシューズは、硫酸と粉末大理石(炭酸カルシウムとしても知られています)を混合して二酸化炭素を生成する鉛で裏打ちされたチャンバーを開発しました。次に、ガスを精製し、安定して攪拌しながら手動で冷水に混合し、炭酸水を作成しました。マシューズのデザインは、瓶詰めユニットまたはソーダファウンテンのいずれかとして機能しました。これは、1日中顧客を維持するのに十分な炭酸水を生成したためです。しかし、アメリカの弱いガラス産業はまだ大規模な瓶詰め工場をサポートできなかったため、ソーダ水を販売する最も簡単な方法は公共の噴水でした。

左、ミネラルウォーター会社が設立されてから150年以上経った1937年のシュウェップスの広告。確かに、初期の炭酸水は丸みを帯びた&#8220torpedo&#8221ボトルで販売されることがあり、液体の内容物がコルクを湿らせて収縮を防ぐために、それらを平らに置くことを余儀なくされました。

「もし私が炭酸飲料産業を創り出すものとして一人を選び出すつもりなら、ベンジャミン・シリマンが最終的に財政的に失敗したとしても、私は彼の功績を認めるでしょう」と著者のアン・ファンダーバーグは言います。 サンデーベスト:ソーダファウンテンの歴史.

1830年代頃、カウンターの下にソーダサイフォンと炭酸化装置を備えたフランスのソーダ水装置のイラスト。

「シリマンはイェール大学の化学教授でした。彼は人類のために利他的なことをしながら、彼の小さな給料を補うことを望みました。シリマンは炭酸水が薬として使用できると信じていたので、コネチカット州ニューヘブンにボトル入り炭酸水を販売する事業を立ち上げました。」シリマンは地元の薬剤師で飲み物を売ることにほとんど成功しませんでしたが、彼はビジネスを拡大し、より大容量の炭酸化装置を設計し、ニューヨーク市に2つのポンプ室を開くための投資を確保することにしました。

1809年、シリマンは、エリート顧客を対象としたエレガントな施設であるトンチンコーヒーハウスとシティホテルでソーダ水を販売し始めました(トンチンはニューヨーク証券取引所と同じ建物にありました)。おそらく有益な製品に加えて、これらの初期のソーダファウンテンは、大理石のカウンターと華やかな真鍮のソーダディスペンサーで飾られた高揚する環境を作り出すように設計されました。しかし、シリマンは引き続きソーダ水の医学的利点に焦点を当て、競合他社は飲用の社会的側面が潜在的により魅力的であることを認識していました。

彼らの全盛期には、ソーダファウンテンは若返りのために精巧に設計された場所でした。左、1905年頃、イリノイ州スプリングフィールドのクラークソン&ミッチェルドラッグストアのカウンター。アブラハムリンカーン大統領図書館および博物館経由。右、チャールズ・リッピンコット&アンプ社が制作した華やかな噴水の1894年の広告。

「シリマンよりもビジネス感覚のある人は、スパのようにポンプ室を設置しました。あなたは炭酸水を飲むようになりましたが、無料の本を読んだり、炭酸水を飲むためにそこにいた他の知的な人々と会話したりしました。」ファンダーバーグは言います。 「彼らは、シリマンがソーダを薬としてもっと扱った、それから本当のビジネスを作ることができることを理解しました。」 Tontineのサーバーは、顧客がミキサーとしてソーダ水を好むことを認識していましたが、売り手は依然として遅く、最終的にSillimanは業界から追い出されました。シリマンの会社が失敗したときでさえ、ソーダの傾向はキャッチしていました、そして成功した噴水はすぐにフィラデルフィアとボルチモアのような他の都市に現れました。

炭酸水は今でも健康飲料と見なされていたため、最初のソーダショップはドラッグストアにあり、薬局と密接に関連していました。 「彼らがとても絡み合った理由の一部は、水を炭酸化してシロップや香料を作るプロセスが、薬剤師がすでに行うスキルを持っていたということです」とドノバンは説明します。 「彼らはこれを引き受ける明らかな人々であり、彼らは健康を提供すると思う成分を追加し始めました。サルサパリラは梅毒の治療に関連していた。リン酸は、高血圧やその他の問題を助ける可能性のあるものと見なされていました。」ジンジャーエールやルートビアなどの長年のお気に入りも、当初はその薬効が高く評価されていました。

の著者であるダルシーオニールによると ポンプを修理する、薬剤師は当初、キニーネや鉄などの苦い薬の味を隠すために甘い味のソーダフレーバーを使用していました。この時代にはほとんどの薬が液体の形で服用されていたためです。さらに、多くの医薬品チンキ剤や強壮剤はすでにアルコールと混合されており、最も刺激的な薬用フレーバーでさえ魅力的なものになっています。 「秘薬や強壮剤の多くには、ウイスキーのショットと同じくらい多くのアルコールが含まれていました」とオニールは書いています。 “This was popular with both the imbiber and pharmacy. The imbiber could get an alcoholic drink at a fraction of the bar’s price because there were no taxes on alcohol-based ‘medicine.’”

Acid phosphates like Horsford’s, seen in these advertisements from the 1870s, gave many soda fountain drinks a distinctively tart flavor.

Besides booze, sodas of the 19th century also incorporated drugs with much stronger side effects, including ingredients now known as narcotics. Prior to the Pure Food & Drug Act of 1906, there were few legal restrictions on what could be put into soda-fountain beverages. Many customers came to soda fountains early in the morning to get a refreshing and “healthy” beverage to start their day off right: Terms like “bracer” and “pick-me-up” referred to the physical and mental stimulation sodas could provide, whether from caffeine or other addictive substances.

Pharmacists were soon making soda mixtures with stronger drugs known as “nervines,” a category that included strychnine, cannabis, morphine, opium, heroin, and a new miracle compound called cocaine, which was first isolated in 1855. “Cocaine was a wonder drug at the time when it was first discovered,” Donovan explains. “It was seen as this marvelous medicine that could do you no harm. Ingredients like cocaine or kola nuts or phosphoric acid were all viewed as something that really gave you an edge.

“Cocaine was a wonder drug at the time when it was first discovered. It was seen as this marvelous medicine that could do you no harm.”

“Recipes I’ve seen suggest it was about 0.01 grams of cocaine used in fountain sodas. That’s about a tenth of a line of coke,” he says. “It’s hard to be sure, but I don’t think it would’ve given people a massive high. It would definitely be enough to have some kind of effect, probably stronger than coffee.” While the dosages were small, they were certainly habit-forming, and soda fountains stood to profit from such consistent customers.

Throughout the mid-19th century, soda fountains spread clear across the U.S., and a niche health drink became a beloved American refreshment, capable of competing with the best cocktails in the world. Soda throwers or soda jerks, as they were later called (after the jerking arm movement required to operate the taps), had to be just as skilled as bartenders at mixing drinks in fact, many bartenders started working at soda fountains once the industry was booming.

“Around that time, it became obvious to the medical profession that there weren’t any health benefits to carbonated water on its own, so people started selling it as a treat,” says Funderburg. “It’s hard to put our heads around how much of a treat cold fizzy water was back then. People didn’t have mechanical refrigeration, so to have a cold drink was a big deal. They flavored them with chocolate or fruit syrups, and citrus fruits like lime and lemon became favorites.”

By the early 20th century, soda fountains were an integral part of neighborhood drugstores, such as this counter in the People’s Drug Store, in Washington, D.C. pharmacy, circa 1920. Via Shorpy.

Presumably, as soon as carbonated water was commercially available, people were adding their own flavorings to spice things up. “The earliest advertisement I’ve managed to find for something we would call soda was from 1807, and that was a sparkling lemonade being sold in York,” says Donovan. “It could have been a fairly new idea, but people had flavored still water for years beforehand.”

Lemon drinks made up the first of many flavor fads to hit the soda industry, likely because un-carbonated lemonade was a familiar refreshment. According to O’Neil, lemon syrups were already used as a base flavor for many medicines, so concocting a tasty drink with these was natural. Beyond lemon, all manner of citrus-flavored sodas were enjoyed in the mid-1800s, in part because their essential oils were easy to extract and preserve. Other fountain staples included orange, vanilla, cherry, and wintergreen, although shops were always testing new recipes looking for the latest hip drink. Most soda mixtures were made using a sugary simple syrup, but popular flavors were often far more tart than today’s sodas.

One of the most complete records of these innovative cocktails is DeForest Saxe’s 1894 book entitled Saxe’s New Guide, or, Hints to Soda Water Dispensers。 In its pages, Saxe illuminates his own experience working a soda fountain, detailing tips for pouring sodas, keeping them cold, and making an extensive list of drink recipes. From a “Tulip Peach” to a “Swizzle Fizz,” or an “Opera Bouquet” to an “Almond Sponge,” Saxe covered the wildest new flavor sensations in addition to the classic egg creams and flavored phosphates. But despite their fantastic names, Saxe’s recipes notably avoid the medicinal ingredients many soda fountains relied upon to give their drinks a kick.

An illustration of proper mixing form as published in Saxe’s 1894 book.

By the turn of the 20th century, many Americans had begun to recognize the dangers of serving unregulated medications in such a casual manner. In 1902, the ロサンゼルスタイムズ published an article titled “They Thirst for Cocaine: Soda Fountain Fiends Multiplying,” which focused on the questionable ingredients in popular drinks like Coca-Cola. However, Donovan says that judging from the small quantities of cocaine in actual recipes, it’s doubtful that there were many soda-addicted fiends.

In the 1890s, Coke was directly marketed as a medicinal drink.

In fact, Coke was developed while looking for an antidote to the common morphine addictions that followed the Civil War: Veteran and pharmacist John Stith Pemberton concocted the original Coca-Cola mixture while experimenting with opiate-free painkillers to soothe his own war wounds. The company’s first advertisement ran on the patent-medicine page of the Atlanta Journal in 1886, and made it clear that Coca-Cola was viewed as a health drink, “containing the properties of the wonderful Coca plant and the famous Cola nuts.”

Of course, these were also the properties of your basic uppers: Cocaine is a coca leaf extract, and the African kola nut is known for its high caffeine content. Once the Pure Food and Drug Act of 1906 required narcotics to be clearly labelled, the majority of Coca-Cola’s cocaine was removed, though it took until 1929 for the company to develop a method that could eliminate all traces of the drug.

However, at the turn of the 20th century, the harshest public criticism was reserved for a different devilish drink—alcohol. As temperance groups rallied against booze, they helped propel teetotaling customers into American soda fountains. In 1919, the year before Prohibition took effect, there were already 126,000 soda fountains in the United States, far exceeding the number of bars and nightclubs today. “Soda had always played up the temperance link,” says Donovan. “Even before Prohibition, sodas like Hires Root Beer were presented as non-alcoholic drinks and marketed that way. Lots of fizzy-drink companies encouraged the temperance movement, and they were generally quite pleased from a business perspective when Prohibition came in. Their sales rose. People couldn’t go to bars anymore so they turned to soda fountains instead.”

Hires’ Root Beer was originally sold as a temperance drink, seen in this ad from 1893.

Bottled soda sales were also booming as companies increasingly marketed their drinks for home consumption. The crown cork, a predecessor to today’s familiar bottle cap, was invented by William Painter in 1892, finally improving sanitation and solving leakage issues with earlier corked bottles. “The bottle cap really sealed the deal, because before that the process was quite difficult and the stoppers weren’t particularly secure,” Donovan says. “Even though they could produce and fill bottles en masse, keeping them clean and the seals strong proved quite tricky. Essentially, the bottle cap was the invention that allowed bottles to get past their reputation of being faulty containers that exploded or had insects and dirt slipping into them at the factory.”

Though Coke had established a major soda-fountain presence by the late 1890s, the company’s long-term success depended on getting their drink into bottles. “At the time, Coca-Cola didn’t really like the idea of bottled drinks,” explains Donovan. “They thought bottles were dirty, and setting up bottling plants and distribution networks was very expensive, so they were better off just shipping their syrup around.” But in 1899, two entrepreneurs named Joseph Whitehead and Benjamin Thomas convinced Coca-Cola co-founder Asa Griggs Candler to give them the exclusive rights to bottle his product. Coke would soon become the greatest success of the bottling movement.

Instead of building their own bottling facilities, Whitehead and Thomas came up with a more clever solution—selling franchises to regional bottlers all over the country. “They divided the U.S. up into small territories and sold Coca-Cola bottling licenses to all these local businessmen. This meant that the company didn’t have to put any money into this huge expansion. Their biggest competitor at the time, Moxie, refused to do this and, ultimately, got left behind,” says Donovan. Additionally, Moxie’s flavor was much more tart than Coke’s, making it an outlier as mainstream sodas came to depend on more sugary recipes.

Left, early Coca-Cola ads, like this one from 1905, emphasized its energizing medicinal effects on the mind. Right, in 1921, the company promoted its soda fountain drinks with ads that outlined the best way to hand-craft a Coke.

By the end of the 1920s, more Coca-Cola was sold in bottles than served at fountains. And over the next decade, the repeal of Prohibition combined with America’s growing car culture to hasten the demise of the ubiquitous pharmacy soda fountain. “When roadside stands like Dairy Queen started opening up after World War II, they were taking customers away from soda fountains,” says Funderburg. “Americans were spending a lot of time in their cars and moving to the suburbs, so most of the drugstores on Main Street were in decline. Soda fountains were also labor intensive, while retail was moving to a self-serve model.”

The final step in Coke’s global expansion occurred during World War II, when the company declared that all American troops should have access to a bottle of Coke for 5 cents. By aggressively expanding abroad and using creative methods to deliver their products, like pop-up soda fountains, the company made good on its promise. “Obviously, that made the U.S. troops very loyal to them, but it also made Coca-Cola iconic around the world,” says Donovan. “At the end of the war, in the bombed-out cities of Europe where food was in short supply, one of the things first you might see was U.S. troops—these well-fed heroes who helped liberate you—carrying bottles of Coca-Cola. The drink became symbolic of America—and even freedom in a way. It made Coca-Cola more than just another fizzy drink.”

During the 1940s, Coca-Cola built soda fountains in far-flung locations in order to serve its drinks directly to American troops, like at this fountain in the Philippines.

Our thirst for carbonated drinks clearly didn’t evaporate along with soda shops: Instead, consumers turned to the convenience of bottled beverages, as Big Soda took over from locally crafted drinks. Following the war, many Americans purchased their first home refrigerators, further bolstering the market for bottled sodas. After being forced to remove their narcotic ingredients, sodas increasingly relied on sugar to hook their customers. And as the soda giants continued to grow, these companies tweaked their recipes to lower overall costs, turning to cheaper ingredients like corn syrup and caramel coloring.

“Coca-Cola, Dr. Pepper, Pepsi, and Moxie all started out as soft drinks that were supposed to have some medical benefit,” says Funderburg. “Nobody worried about sugar in the late 19th century. That was an era when people wanted to be plump women were supposed to be full-figured back then. Certainly, no one worried about their weight the way we do today.”

Along with new policies that restrict where sodas are sold, our growing awareness of soda’s unhealthy impact is hurting soda sales. Although the carbonated soft drink remains a remarkably American beverage (we consume around 13 billion gallons a year, or a full third of global sales), statistics show a decline in American soda purchases over the last few years. At the same time, bottled artisanal sodas have made a comeback everywhere from Whole Foods to corner bodegas. Even a few authentic soda fountains have opened in recent years to re-create the complicated drinks of yore, like Blueplate in Portland, Oregon, Ice Cream Bar in San Francisco, or Franklin Fountain in Philadelphia.

Through 1950, the ingredients for 7UP included lithium citrate, a mood-enhancer—this ad is from the 1930s.

“There’s definitely a soda movement that seems to be echoing the shift toward craft beer,” says Donovan. “People are trying to use more local, natural ingredients in contrast to the big, monolithic brands. There’s a push to make soda more real again, rather than this overprocessed, industrial thing.” Only recently have studies begun to show that sugars can be just as addictive as drugs like morphine and cocaine, making sweeteners one of the industry’s greatest challenges.

“Sugar or any kind of sweetener is quite crucial to the flavor of these drinks. Artificial sweeteners got tainted, possibly wrongfully, by their link to carcinogens. So soda has been struggling with the fact that people are distrustful of artificial sweeteners, and—let’s be frank—they don’t taste as good as sugar. The soda industry’s approach is putting a lot of faith into finding natural sweeteners that taste just as good as sugar and have no calories in them. It could be quite a game changer if they do.”

Regardless of whatever “healthy” new recipes these companies come up with, if history is any measure, they’ll probably turn out to be terrible for you.

The Franklin Fountain in Philadelphia replicates the classic soda-fountain atmosphere and vintage recipes like juleps, phosphates, and egg creams. Via thefranklinfountain on flickr.


French Sodas Taste Like Liquid Creamsicles, and We Are Here for It

We all want to live life like we’re on vacation in France, and though that is sadly not possible, we’ve found a way you can be one step closer: French sodas. The combination of fizzy water, flavored simple syrup, and a splash of half-and-half over ice is exactly what you want in between your morning cold brew and your it’s-finally-late-enough-to-start-drinking rosé sangria.

At Bellecour in Wayzata, MN, they started serving French sodas last year as a summertime treat. “They’re increasingly popular,” says general manager Jeanie Janas. “People are asking about them, learning what they are. And now that summer has arrived we’re excited to try new combinations.” On the menu right now they have rosemary-berry, cocoa nib-coriander, lavender-vanilla, and—while it’s in season—a rhubarb-orange zest, using syrup from roasted rhubarb they use in another dessert.

A pro pouring half-and-half from up high at Bellecour.

The execution is easy and the possibilities are pretty much endless, which is what makes us excited to play around with them at home. You start by choosing a flavor base, which can be as simple as fruits like nectarines, peaches, or plums. Then add other ingredients like citrus zest, or spices like cinnamon or cardamom. Take inspiration from pie fillings if you’re feeling overwhelmed.

You then take your chosen flavors and bring them to a boil in a pot along with water and sugar, just like you would a normal simple syrup. In this case, though, Janas recommends changing up the normal 1:1 ratio since whatever fruit you’re using will bring its own sweetness. “About 60 percent water to 40 percent sugar is what you want,” she says. Once the sugar has dissolved, you let everything steep and cool, and then strain through a fine-mesh sieve.

Now, time to make a drink. Grab a glass and fill it with ice. Pour in 1 oz. of half-and-half, and ½ oz. of the cooled syrup, then top it off with about 6 oz. of fizzy water. For those who can’t have dairy, milk substitutes work just fine (they offer almond and macadamia milk at the restaurant).

“The best thing about these is that they are refreshing but satisfying at the same,” Janas explains. “You have the fizzy water which lightens the drink up, and then the cream which makes it richer and gives it a nice mouthfeel. Basically, it’s not heavy even though it has depth to it. It’s like a creamsicle.” And you don’t even have to chase down the ice cream truck to get one.


How Much Water Should You Drink Every Day?

One of the more common New Year&aposs resolutions I&aposve heard my friends bandy about this year is to drink more water. And as far as resolutions go, staying hydrated is one of the more reasonable ones. (I might refer you to my own resolutions, which include running a half-marathon even though I can barely run three miles, but that&aposs a whole other story.) But setting this resolution begs the question: how much water したほうがいい you drink every day? Now, we can all agree that being dehydrated sucks. According to the Mayo Clinic, the symptoms of dehydration include fatigue, dizziness, and confusion. Being dehydrated is totally preventable, though, as long as you drink enough water. The trick, of course, is figuring out how much water you need to drink to stay hydrated.

This is a topic about which I&aposm asked regularly, ever since an article I wrote about how I drank 96 ounces of water every day to cure my acne went viral. I think people think that I&aposm some sort of internet evangelist for drinking more water, and to this day, I get tweets and emails and Facebook messages from complete strangers about my experiment in hydration and healthy living. They wonder if I&aposm still drinking the daily recommended amount of water and if it&aposs really fixed my skincare woes. The answer to both of those questions is no. I don&apost still drink 96 ounces of water every single day, and I still break out, especially when I&aposm dehydrated and overtired.

It&aposs not that I&aposm いいえ interested in staying hydrated, but I&aposve long thrown the whole goal of drinking 96 ounces of water a day out the window. Part of the reason is because I literally couldn&apost keep up with it. 96 ounces of water is a 多く of water—though, in defense of the Institute of Medicine, whose guidelines for daily water consumption informed my initial weeklong experiment, women need to consume only 91 ounces of water every day to adequately hydrated, not 96 ounces.

91 ounces is still about eight full glasses, which is the amount of water you should drink according to conventional wisdom. Men, meanwhile, need to consume 125ounces of water every single day, which 絶対に seems like an absurd amount of water. Forcing myself to drink that much water every single day was enough to drive me insane𠅊nd straight to the bathroom every hour to pee. I felt like it was a chore, another thing to check off my to-do list, and after a while, it felt like I was experiencing diminishing returns. Drinking three full Nalgene bottles of water didn&apost make me feel significantly better than if I only drank two, though I did feel very, very guilty about it.

Forcing myself to drink 96 ounces of water every single day was enough to drive me insane&mdashand straight to the bathroom every hour to pee.

Turns out, I shouldn&apost feel guilty about dropping the daily water goal, because there is no such a thing as the "right" amount of water. As Dr. Natasha Sandy, celebrity dermatologist and wellness expert explained in an email, that whole "eight glasses of water" thing isn&apost supported by much research. "In reality it varies based on general health and activity," she explained. "What we know for sure is a well hydrated body functions better 70% of the body is water." But that amount of water is different for every body and depends heavily on environmental factors.

Kimberly Gomer, MS, RD, LDN, and the director of nutrition at Pritikin Longevity Center + Spa in Miami, Florida, seconded that point, and even recommended against forcing yourself to drink a certain amount of water daily. "We should drink according to thirst—when we exercise, when it’s hot, etc.," she explained in an email. "There is no need to keep water by your desk and try to force yourself to drink more. It is like going to the bathroom," she continued. "Do you need to give yourself encouragement to do that? No, you just go when you have the urge or need to. It is the same with drinking water, drink when you’re thirsty."


Drink a Seltzer

It’s good to know you’re not alone, right? If you’re reading this article you probably love soda water, and you may even be drinking one right now. You and tens of millions of other Americans.

So if the seltzer bug has really got you, I’ve got you covered. If you want to dig deeper into this subject, check out this amazing video on seltzer by Quartz:

By the way, I’m totally drinking a soda water right now. Can you guess what flavor? Comment below with your answer or with your favorite type or brand of soda water.



コメント:

  1. Rexley

    私の意見では、あなたは間違っています。私は確信しています。私は自分の立場を守ることができます。午後に私にメールしてください。

  2. Dojin

    比類のない主題、私を喜ばせる:)

  3. David

    興味のあるテーマに関する膨大な情報が掲載されているサイトにアクセスすることをお勧めします。

  4. Dairr

    Who knows it.

  5. Aethretun

    私はこの質問を理解しています。助ける準備ができています。



メッセージを書く