カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

注意:オールヌテラレストランがブルックリンにオープンします

注意:オールヌテラレストランがブルックリンにオープンします

メニューのすべてにヌテラが含まれていますか?よだれを拭き取っている間、すみません。

オールヌテラのレストランは、チョコレートの夢が叶ったように聞こえます! ヌテレリア、 ブルックリンのパークスロープ地区に、朝食やデザート料理など、有名なチョコレートヘーゼルナッツスプレッドを含むレストランが間もなくオープンします。クリームチーズ、フルーツ、ヌテッラを使った朝食ピザのような、真剣に食欲をそそる調合を期待してください。ヌテッラベーコンバナナワッフルサンドイッチ。そしてもちろん、ヌテッラクレープ。

しかし、ここに問題があります。Nutellaレストランはチョコレートスプレッドのファンによって運営されており、実際にはNutellaの親会社であるFerreroとは関係がないため、レストランは実際には違法である可能性があります。

フェレロにコメントを求めましたが、返答はありません。 Nutellaは登録商標であり、Ferreroはレストランに料理やスムージーの名前を変更させているため、弁護士はすぐにNutelleriaのドアをノックするようです。 過去に。 EatalyのNutellaバーは例外です。彼らはNutellaの人々と50人で直接協力していたからです。NS 記念日のお祭り。

しかし、Nutelleriaの人々は、Facebook、Twitter、Instagramでバイラルソーシャルメディアキャンペーンを開始しているので、それほど心配していないようです。

ですから、大きな問題は、この美しい楽園がいつ開くのかということです。暗号的には、Nutelleriaは「非常に、非常にすぐに」と言っています。それに瓶を上げます。

飲食業界の最新の出来事については、 フードニュース ページ。

Joanna Fantozziは、The DailyMealのアソシエイトエディターです。 Twitter @JoannaFantozziで彼女をフォローしてください


あるレストランの新しいデジタルライフ

パンデミックにより、中小企業は新しいデジタル習慣を採用することを余儀なくされ、多くの企業が今ここにとどまっています。

パンデミック後のレストランはどのように見えますか?ブルックリンの地中海料理レストランGlasserieでは、売り上げは素晴らしく、スタッフは細く伸びており、オーナーはテクノロジーに興奮していますが、それは彼女の条件だけです。

昨年、私はGlasserieについて、そしてテクノロジーがパンデミックへの適応をどのように助け、傷つけているかについて書きました。今週、GlasserieのオーナーであるSara Conklinに確認し、米国でのコロナウイルス回復の初期段階でレストランがどのように進んでいるか(指を交差させているか)を調べました。

Glasserieの経験は、危機の際に私たちに強いられたデジタルの習慣が、企業のハイテク巨人だけでなく中小企業にとっても明るい未来を築くのに役立つかもしれないという希望の兆候です。

コンクリンは、パンデミックにより、長期的にはレストランに役立つと彼女が信じている方法で、彼女はより技術に精通するようになったと私に語った。彼女はレストランに対応するいくつかのテクノロジー、特に食品配達アプリに不満を抱いていますが、顧客が電話で請求書を支払うために使用する予定のスマートフォンソフトウェアなど、他のテクノロジーに興奮しています。

これらは、コンクリンがGlasserieをより効率的かつ収益性の高いものにするだろうと述べた種類のデジタルサービスです。 「これらは、パンデミックがあったかどうかにかかわらず、私が維持したいものです」と彼女は言いました。 「私たちは前進し続けたいと思っています。」

しかし、昨年のほとんどは、混乱することでした。 Glasserieのダイニングルームが閉鎖されているか、収容人数が大幅に制限されていました。ワインのボトルやトイレットペーパーなどの商品を販売するオンラインミニマートを開くことで、失われたビジネスを埋め合わせようとしました。新しいテイクアウトウィンドウからアルコール飲料やスナックの販売を開始し、スタッフは自宅で食べるために作成された食事で食事を誘惑するためにメールを作成しました。

これらのパンデミックへの適応はすべて終わりました。他のレストランが報告しているように、人々は再び外食することを熱望しており、Glasserieは喜んでそれらを提供します。 「私たちは、ほぼ10年の歴史の中で、これまで以上に忙しくなりました」とコンクリンは私に言いました。これは、ニューヨークの屋内ダイニングの定員に制限がある場合でも同様です。

コンクリン氏はまた、パンデミックにより、彼女はグラスリーのテクノロジーに対する懐疑論者から転向したと語った。 「私は常に抵抗力がありました」と彼女は言いました。必ずしもすべてのテクノロジーに抵抗するのではなく、邪魔になったり雰囲気を台無しにしたと彼女が信じていたテクノロジーに対してもそうです。 「それは私には正しく感じられませんでした。」しかし今、彼女はテクノロジーに興奮しています—少なくともその一部。

2020年、Glasserieは、Seamless、Grubhub、DoorDashなどの配信アプリとテイクアウトアプリの使用を開始するしかありませんでした。他のレストランのオーナーのように、コンクリンは彼女が混乱した条件と高いコストであると感じたことについて不平を言いました。

最近、Glasserieは、デジタルレジやその他のテクノロジーをレストランに販売するSquareの機能を使用して、レストランのウェブサイトで直接配達注文を受け付けています。 Conklinはこの機能を使用して、PostmatesまたはDoorDashで働く宅配便業者に追加料金でこれらの注文を渡します。

彼女は、これはGlasserieが配達を提供する方法でしたが、レストラン独自のWebサイトで、より詳細に管理できると述べました。キッチンがバタンと閉まると、Glasserieは配達オプションを一時的に一時停止できます。

コンクリンはまだ配達の費用が好きではありません。彼女は、Glasserieが配信プロバイダーに何を支払ったのか本当にわからないと述べ、アプリ会社の料金がいかに複雑であったかを示しました。 「私がそれを見つけるには、1、2時間、そして実際の数学が必要だとわかりました」と彼女は言いました。

また、Glasserieには配達注文を監視する方法がなく、問題を解決するには手遅れになるまで配達の遅れや食事の失敗について知らないことがよくあります。

しかし、コンクリンの最大の頭痛の種はテクノロジーではありません。十分な数の労働者を見つけています。 Glasserieは、Craigslistやレストランの求人掲示板のスタッフを宣伝し、元従業員と連絡を取り合っています。ゆっくりと進んでいます。

彼女とGlasserieが緊急モードを過ぎてこの新しいフェーズに移行した今の気分をコンクリンに尋ねました。彼女は楽観的で不確実だと感じたが、ほとんどは良い意味であると述べた。 「私たちがゼロからレストランを開いているような気がします」と彼女は言いました。


ガンボブラザーズは、ケイジャン料理とクレオール料理を慰めることで、ナッシュビルにニューオーリンズへの脱出をもたらします

ブルックリンを拠点とするケイジャン/クレオール料理店で賑わうGumboBrosは、3月3日水曜日にナッシュビル(具体的にはガルチ)に2番目の場所をオープンします。そうですが、ブルックリンはGumbo Brosの最初の場所だったかもしれません—これらの人がケイジャンの国から来ているという事実からあなたをそらさせないでください。

シェフ/共同創設者/モバイル、アラバマ出身のアダム・レイサンと共同創設者のクレイ・ボールウェアは、ルームメイトであったLSUで会いました。レイサンは幼少期の多くをガルフコーストに沿ってニューオーリンズに旅行して家族を訪問し、もちろん、NOLA文化に浸りながら街の素晴らしい料理をすべて食べました。

大学卒業後、彼らはニューヨークに移り、良いザリガニ、ガンボ、ポーボーイの選択肢がないことに気づきました。 2016年にポップアップ、フェスティバル、ケータリングで始まったものがデュオの最初のレストランにスピンインし、ナッシュビルが最初の拡張に選ばれました。具体的には、ガルチのかつてのバーオタクスペースです。

「私たちは、この場所が、私たち全員がこの1年で経験した絶対的なBSからの脱出であることを望んでいます。 TGBは、「ランチにビールを飲む、ここでは関係ありません」という設定で、高級でクラシックなケイジャン/バー料理を提供する場所にしたいと考えています。現在、フレンチメンストリートにいないかもしれませんが、これは次のとおりです。近づきます」とレイサンは言います。

ガンボブラザーズのポーボーイは、ニューオーリンズ独自のライデンハイマーベーカリーのフレンチパンから始まり、レタス、トマト、デュークのマヨネーズ、ピクルスを身に着けています。エビフライ、カキ、ミシシッピナマズ、デブリグレイビーソースのローストビーフ、グリーントマトとレムラードソースなどの定番料理からお選びいただけます。 「ファンシーパンツ」のポーボーイオプションは、サーフ&ターフ(エビフライ、ローストビーフ、デブリグレイビー)から「ピースメーカー」(エビフライ、カキフライ、ペッパージャックチーズ)まで多岐にわたります。ガンボブラザーズは定期的に湾から直接各レストランにシーフードを飛ばしています。

レイサンのメニューには、曽祖母のナニーから直接学んだ適切なレシピに基づいた3つのガンボがあります。自家製ガンボを14時間調理するというまさにその技術は、今日までガンボブラザーズのキッチンで使用されており、メニューの3つのガンボすべての基礎として機能します:ケイジャンチキンとソーセージガンボ(スモーキーでダークルーのケイジャンスタイルのガンボ)アンドゥイユソーセージ、ケイジャンスパイスチキン、チキンボーンストック)、ナニーのシーフードガンボ(フィレパウダー、新鮮なエビ、カニストックにブルークラブミートを入れた沿岸スタイルのガンボ)、ガンボゼルベ(ビーガンとグルテンフリー)クラシックなニューオーリンズスタイルのガンボ、ケール、カラー、パセリ、マスタードグリーン、フィレガンボ、ローストベジストック)。ガンボゼルベのレシピは、もともと聖金曜日に関連付けられていました。聖金曜日には、宗教的な観察者が肉、鶏肉、魚を食べることができませんでした。

メニューには、スモークブーダンボール(ペグレッグポーカーポークで作ったもの)、クリプシーフライのルイジアナアリゲーターナゲット、ケイジャンワッフルフライ、ルイジアナ製のザップチップス、バナナフォスタープディングもあります。

アルコール飲料に関しては、ガンボブラザーズはニューオーリンズのテーマに賛同し続けており、ハウスハリケーンと多数のダイキリ、タバスコマルガリータがタップされています。地元のナッシュビルビールとニューオーリンズビールのローテーションセレクションもあります。

待望のニューオーリンズスタイルのファストカジュアルスポットが、かつてのバーオタクの場所である505 12アベニューサウスに滑り込みました。もちろん、スペースはまったく新しい外観で、ニューオーリンズの雰囲気を念頭に置いています。請負業者で保護主義者であるレイサンの父親は、ニューオーリンズ港から回収された木材を回収し、ペリカンで手で飾られた白い地球儀のライトペンダントが頭上にぶら下がっています。壁画には、リアチェイス、テネシーウィリアムズ、ジェイムズブッカーなどのニューオーリンズの偉人の絵画に加えて、アラバマ州のかつての繊維工場から(同じくレイサンの父を介して)150年前に改装されたカエデの板で作られたテーブルトップがさらに興味深いものになっています。

前述のように、これは2016年にオープンしたニューヨークのブルックリンの本拠地に続くThe Gumbo Brosの2回目の反復です(そして全国的に多くの注目を集めています)。レイサンは、パンデミックの最中にレストランを開き、別の都市で別のレストランを運営しているプロセスについて説明しています。「飛行中に飛行機に燃料を補給するようなものです。何かがわかったと思うたびに、私たちはカーブボールを投げられます。ブルックリンでのパンデミックの最中にすべてをその場で学ばなければならなかったので、奇妙なことに、私たちはより良いオペレーターになり、スタッフ、顧客、そしてビジネスの安全のためにより良い選択をする準備ができたと感じています。 」レイサンは、南に戻りたいと思っていて、繁栄している都市とそのホスピタリティ産業を愛しているので、2番目の場所としてのナッシュビルは自然に合っていたと言います。 「レストランコミュニティは非常に緊密であり、他のオペレーター、シェフ、ベンダー、そして家主でさえ、Covidから回復するためにどこかに賭けるつもりなら、すべてを着手するという契約を本当に封印しました。ナッシュビル。」

ナッシュビリアンはルイジアナの精神を存分に味わうことができます。ガンボブラザーズは、試合の日にLSUと聖人のファンが集まる場所、ハリケーンとダイキリのタップ、カキのハッピーアワー、ザリガニのボイルとジャズブランチの計画を提供しています。バネ。


「レシピクラブ」のすべてのレシピ

シェフのデイブ・チャンとマジョルドモ・メディアの心から、 レシピクラブ 人気の料理を調理するための最良の方法を探ります。毎週、デイブとクリスインは、料理の専門家の交代キャストが加わり、同じ料理の3つの異なるレシピを準備、食事、判断します。

今、あなたはあなた自身の家の快適さから私たちと一緒にすぐに料理することができます。以下に、番組で調理するすべてのレシピとともに、各エピソードを示します。キッチンでお会いしましょう!

エピソード26:ピルズバリーチューブ生地

エピソード25:ユカ

クリス・イン、ブライアン・フォード、プリヤ・クリシュナが、世界中の文化の主食を表すために選んだ3つのレシピ、ユカについて話し合います。

第24話:マグロの缶詰

デイブチャンとクリスインがレイチェルコンに再び加わり、アメリカ全土の家庭で必ず見つかるパントリーアイテムを表すために彼らが選んだ3つのレシピ、缶詰のマグロについて話し合います。

エピソード23:ディップ

別の「ウェッジ」エピソードでは、ノエル「スナックマスター」コルネリオがクリスインとプリヤクリシュナに加わり、ディップの広い世界を表すために彼らが選んだ3つのレシピについて話し合います。

22話:スパゲッティ

デイブチャンとクリスインがプリヤクリシュナに再び加わり、これまでで最もユビキタスなパントリーアイテムの1つであるスパゲッティを表すために彼らが選んだ3つのレシピについて話し合います。

エピソード21:ひよこ豆

回復中のバーテンダー、料理本の著者、飲料起業家のジョン・デバリーがデイブ・チャンとクリス・インに加わり、真に変革をもたらす食材であるひよこ豆を表すために彼らが選んだ3つのレシピについて話し合います。

エピソード20:フラットブレッド

マスターベイカーのブライアンフォードがデイブチャンとクリスインに加わり、世界中から無限に繰り返されるフラットブレッドという、世界中で愛されている料理を表現するために彼らが選んだ3つのレシピについて話し合います。

エピソード19:オクラ

デイブ・チャンは、スターの材料に嫌悪感を抱いているため、今週は席を外しているので、クリス・インはレイチェル・コンとプリヤ・クリシュナと一緒に、3つのオクラレシピについて丁重に話し合います。

エピソード18:マティーニ

デイブ・チャンとクリス・インが再び文学的な外交団長レイチェル・コンと一緒になって、3つのマティーニレシピについて丁重に話し合います。

エピソード17:ビスクイック

デイブ・チャンとクリス・インがブライアン・フォードに再び加わり、国内で最もふわふわのパンケーキを作ることで知られる、子供時代に人気の箱入りミックスを使用した3つのレシピについて話し合います。ビスクィック。

エピソード16:ナス

デイブとクリスはプリヤクリシュナによって再び参加し、特に分極化した野菜を表すために彼らが選んだ3つのレシピについて丁重に話し合います。 レシピクラブ 円卓会議:ナス。

エピソード15:ポレンタ/コーンミール

デイブとクリスは再び参加します レシピクラブ doyenne Rachel Khongが、ポレンタ、コーンミール、グリッツなど、多くの名前で呼ばれる材料を表すために選んだ3つのレシピについて丁重に話し合います。これは、イタリア人やアメリカ南部の人々に愛されている健康的なマッシュです。

第14話:ライス

デイブとクリスは、ジェームズビアード財団の本賞を受賞したシェフのJJジョンソンと一緒に、彼ら自身の食との個人的な関係と世界中の食文化のバックボーンである米の両方に不可欠な食材について話し合います。

レシピ番号1:ごまアボカド玄米
レシピ番号2:ワーキー(ガーナ米と豆)
レシピ番号3:トックク(餅汁)

エピソード13:グラハムクラッカー

これらのおいしい小さなビスケットには、Google検索よりも多くのものがありますか?デイブとクリスは、マスターベイカーのブライアンフォードと一緒に調べます。

エピソード12:オヒョウ

デイブとクリスは、勝利を収めたばかりのプリヤクリシュナに再び加わり、このポッドキャストで非常に悪意のある食材を表すために選択した3つのレシピについて丁重に話し合います。オヒョウを食べない3人が実際に楽しむには何が必要かを調べてください。

エピソード11:豚ひき肉

レイチェル・コンがデイブとクリスと一緒に戻ってきて、今週の選択した材料であるひき肉を表すために彼らが選んだ3つのレシピについて丁重に話し合います。

エピソード10:ボボリ

ブライアンフォードはデイブとクリスに再び加わり、3つのレシピについて丁重に話し合います。今週は、ボボリの常温保存食品のピザ生地に関するものです。このポッドキャストは、ボボリ組織外の誰もが通路の終わりの食料品店の定番について行った最長の会話で構成されている可能性があります。

エピソード9:キャセロール

プリヤクリシュナがデイブとクリスに加わり、恐ろしいキャセロールのエピソードのために彼らが選んだ3つのレシピについて丁重に話し合います。これはチキンベーコンランチヘッド用です。

エピソード8:バナナ

デイブとクリスは、謙虚で遍在するバナナの探検でレイチェル・コンに再び加わりました。彼らがテーブルに持ってきた3つのレシピについての敬意を表する議論の中で、レシピクラブは家庭料理が何ができるか、そしてあるべきかという私たちの概念の新しい理想を発見します。これはクールウィップ愛好家のためのものです。

エピソード7:卵

ブライアンフォードは、この特別なエピソードのためにデイブとクリスに参加します レシピクラブ。これはマイクロ波ヘッド用です。

第6話:行座

Dave、Chris Ying、Priya Krishnaが、彼らが選んだギョーザのレシピと、完璧な餃子を構成するものについて話し合います。

エピソード5:ローストポーク

デイブとクリスは、文学的な外交団長レイチェル・コンと一緒に、3つのローストポークレシピについて丁重に話し合います。

エピソード4:ブラウニー

レシピクラブ 初めての料理本の著者であり、マスターベイカーのブライアンフォードがデイブとクリスに加わり、彼らが選んだ3つのブラウニーレシピについて話し合います。もう言う必要があるかどうかにかかわらず、マイクロ波は深く関わっていました。

エピソード3:マッシュポテト

炭水化物と乳製品のピークシーズンです。プリヤクリシュナが戻ってきて、マッシュポテトのレシピについて話し合います。高級レストランでポムピューレがどのように作られているのか疑問に思ったことがあるなら、これはあなたのためのポッドキャストです。

エピソード2:スタッフィング

感謝祭を祝うために、デイブとクリスはレイチェル・コンと一緒に、セミホームメイドから完全にゼロまでさまざまな、彼らが選んだ3つのスタッフィングレシピについて話し合います。

エピソード1:トルコ

就任エピソードでは、プリヤクリシュナが参加します レシピクラブ 3つの非常に異なる感謝祭の七面鳥または七面鳥に隣接するレシピの長所と短所を丁重に話し合う。

より多くのレシピのために毎週戻ってきてください。また、Instagram(@recipeclub)、Twitter(@majordomomedia)でフォローし、Recipe Club PodcastFacebookグループに参加することを忘れないでください。購読してSpotifyをフォローしてください。


ブルックリンバーベキューは独自のものを保持しています

日曜日の朝、ニュースWebサイトを閲覧しているときに、コンピューターの画面に見出しが表示されました。

確かに、ViceMediaのフードブログである「Munchies」ウェブサイトに注目してクリックすることを意図した挑発的な発言。

この記事は、世界中で開かれているアメリカンスタイルのバーベキュージョイントの現在のブームは、ニューヨーク州ブルックリンのFetteSauと呼ばれるバーベキュージョイントに触発されたと主張しました。

繰り返しますが、挑発的な議論です。しかし、不正確でもあります。

作者は中南米に2店舗、スペインに1店舗のバーベキュースタイルのレストランを例に挙げていますが、テキサスのバーベキューの伝統と技術のディアスポラを研究して世界中を旅した私自身の経験では、ブルックリンバーベキューについての言及はありません。

実際、パリのビーストやロンドンのテキサスジョーズなどのバーベキュー店では、テキサスのアイコンであるフランクリンバーベキューやルイミューラーバーベキューがインスピレーションとして広く言及されています。

アメリカンスタイルのバーベキューを記録するための私の海外旅行では、「私たちはフェットサウに触発された」と言う人を聞いたことがありません。

記事には、やや卑劣なバーベキュートレイの写真が添えられていました。記事をさらに調べたところ、2014年に最初に公開されたことがわかりました。

私はこの作品を「クリックベイト」として書き留めました。これは、ウェブサイトへのトラフィックと広告費を増やすことを目的とした、疑わしい議論を伴う挑発的な記事です。

しかし、それは「バイラル」になりました。 TwitterとFacebookのユーザー(テキサスやノースカロライナを含むバーベキュー拠点の多く)が記事をあざけり始めました。私たち自身のテキサス上院議員であるジョン・コーニンとテッド・クルーズは、ブルックリンのバーベキューが世界を支配するというアイデアについてのジョークをツイートしました。

残念ながら、ソーシャルメディアの暴徒の怒りの多くは記事ではなくブルックリンバーベキュー自体に向けられていました。彼らは、記事のバーベキューの悲しい絵をブルックリンのバーベキューのすべてと関連付けました。 MunchiesのWebサイトの場合、この記事は悪魔との契約のようなものになりました。広告主は多くのクリックを獲得しましたが、ブルックリンのバーベキューはその評判に大きな打撃を与えました。

そして、はい、ブルックリンバーベキューはバーベキューファンの間で他の点では優れた評判を持っています。昨年3月の「NYCa 'キューキャピタル?今のところ、fuhgeddaboudit」というタイトルのコラムで、ブルックリンには確かに素晴らしいバーベキュージョイントがあると主張しましたが、ブルックリンをトップの真の候補にするのに十分ではありません。バーベキュー市。

ツイッターの暴徒が一週間を通して無邪気に吐き出したので、私の心は沈んだ。友人のHometownBar-B-QueのBillyDurneyとIzzy'sSmokehouseのIzzyEidelman(ブルックリンで最高のバーベキュージョイントの2つ)が同じものを読んでいると想像しました。ビリーとイジーは私が知っている中で最もタフな2人ですが、彼らは彼らの最愛の自治区とそこで作るバーベキューについての否定的な報道に苛立っていなければなりませんでした。

家の近くで、私はここヒューストンにあるEl Burro&amp theBullバーベキューレストランのピットマスターJohnAvilaに電話をかけました。オースティンのフランクリンバーベキューのベテランであるアビラは、2013年にブルックリンに引っ越し、同じ年にモーガンのブルックリンバーベキューを開くのを手伝いました。彼はブルックリンバーベキューの初期の最前列の席を持っていました。

私はアビラに、批判を乗り切るためにブルックリンの元同僚にどのようなアドバイスをするか尋ねました。

「ただ研ぎ続けなさい」とアビラは言った。 「モーガンズのマークローパーやフレッチャーズのマットフィッシャーのような男はテキサスバーベキューを知っています。彼らは伝統を尊重しています。あなたがしていることを続けてください。」

2014年にブルックリンのバーベキューを探検し始めたとき、ブルックリンに合法的なバーベキューがあることをテキサス人に伝えるのは孤独な仕事でした。しかし、私はダーニーやアイデルマンなどのピットマスターと十分な時間を過ごし、彼らがテキサスバーベキューの素晴らしい伝統を尊重し祝うことを知っています。

ブルックリンのピットマスターが彼のバーベキューがテキサスよりも影響力があると主張する可能性は低いです。そうではありません。しかし、それは素晴らしいバーベキューです。そして私は、ニューヨークを訪れるテキサンがイーストリバーを渡って旅行し、それをチェックすることを遠慮なくお勧めすることができます。

ブルックリンバーベキューは世界を席巻していないかもしれませんが、それは合法的なバーベキューです。そして、それはビッグアップルを訪れるどんなホームシックなテキサンズにも家の味を提供します。


メニューから

イーストビレッジにあるフランスのビストロ、カシミールを所有するマリオカルタは、パートナーのパトリックローランと一緒にアップタウンバージョンをオープンします。彼らは、特にカリフォルニア州サンタモニカのメインのチノワで、その後ニューヨークのローズカフェとカフェルクセンブルグなどで、ウルフギャングパックで最初に注目を集めたリチャードクラウスを雇いました。彼の料理は、エスカルゴ、フライドポテトのステーキ、鴨のコンフィなど、ここでフランスのアクセントを維持しています。 「リチャードがキッチンにいると、彼のサヴォアフェアが開催されます」とカルタ氏は言いました。 「私の考えは、ダウンタウンのメニューと価格をアッパーイーストサイドに持ち込むことです。ステーキは22ドル、アーティチョークのビネグレットソースは8ドルです。」レストランの1階にはワインバー、2階にはダイニングルーム、十分な屋外席があります。 (水曜日にオープン): 1022レキシントンアベニュー(73rdストリート)、(212)879-6190、casimirnyc.com

グリーンウィッチプロジェクト プロジェクトグループの3番目のレストランは、2階建ての洗練された白で、折衷的な味とかなり深いポケットを持つ人のためのメニューがあります(メインディッシュは31ドルから)。オプションには、カタツムリのスイートブレッド、ロブスターグリッツ、マンダリンオレンジのスープを添えたオヒョウが含まれます。 47 West Eighth Street(Fifth Avenue)、(212)253-9333.

MULBERRY&amp VINE 朝食、ランチ、ディナーのセルフサービスのカフェ料理では、アフリカのトマトスープのカレー、ガラムマサラを添えた七面鳥のミートボール、カリフラワー、マンゴー、カシューナッツを添えたカレーフリーカをご用意しています。 73 Warren Street(West Broadway)、(212)791-6300、mulberryandvine.com.

オマーS Omar Hernandezが所有するこのレストランとプライベートクラブは、かつてのHotelGriffouスペースにあります。 La Ranitaと呼ばれるレストランでは、エグゼクティブシェフのケニークオモによるアメリカ地中海料理のメニューを提供しており、「自発的なテイスティングメニュー」を注文することもできます。クラブは、プライベートダイニングルーム、コンシェルジュサービス、ワインロッカーを年間1,000ドルで提供しています。 21 West Ninth Street、(212)677-5242、omar-nyc.com。

ワントゥエンティツーファーストアベニュー サウスブルックリンピザの後ろに隠れているのは、小皿料理や独創的なピザのこの驚くべきスポットです。そのバーエリアは通りに開いています: 122ファーストアベニュー(セントマークスプレイス)、(212)533-2809、122firstavenue.com。

画像

SUPREME BURGER Rhong TiamExpressのオーナーであるAndyYangは、ハンバーガーに特化したフードトラックを展開しています。彼は、プライムアンガスビーフパティに韓国、中国、タイ、日本、さらにはギリシャの個性を与えるために、さまざまなトッピングを提供しています。 (水曜日): フラットアイアン地区、電話なし、rhong-tiam.com。

ハンプトンズでのオープニング

CAPRIでのBLTSTEAK ノブが去年の夏に店を構えた場所は、ステーキハウスの支店を開くESquaredHospitalityの手に委ねられます。 (5月23日): 281 County Road 39A、Route 27、Southampton、N.Y。、(631)259-2641、e2hospitality.com。

DELMONICO’S OF SOUTHAMPTON 由緒ある金融街のレストランの支店が、かつてのサバンナのスペースにコンチネンタル料理とともにオープンします。 (5月22日): 268 Elm Street、Southampton、N.Y。、(631)283-0202、delmonicosofsouthampton.com。

新鮮な ニューヨーク州ウェストハンプトンビーチとロングビーチのレストランでシェフを務めていたトッドジェイコブスが、ブルースブッシェルのサウスフォークキッチンを引き継ぎました。やや明るい雰囲気の中で旬のメニューをご用意しております。 (5月15日): 203 Bridgehampton-Sag Harbour Turnpike、Bridgehampton、N.Y。、(631)537-4700.

5つの平日の料理

エミリーウェインスタインはその週のメニューの提案をしています。 New York Times Cookingであなたを待っている料理については、何千ものアイデアがあります。

    • イエワンデコモラフのこのココナッツフィッシュとトマトベイクは、ゴージャスでシルキーなジンジャーココナッツソースを生み出します。
    • Lidey Heuckによるシートパンチキンとポテトのおいしいレシピは、うるさくなくて本当にいいです。
    • ブロッコリーレーブを使ったこのベジタリアン焼きアルフレドパスタは、パスタアルフレドに触発されていますが、緑の野菜が追加されています。
    • ケイチュンは、このビーガンテイクのクラシックな料理で、春野菜のチャプチェにアスパラガスとスナップエンドウを追加します。
    • メリッサクラークのこの夏らしい焼き鮭のサラダでは、鶏肉や他の種類の魚を代用することができます。

    マディソン&メイン 以前のニューパラダイスカフェは現在、地元のレストラン経営者であるMichael Gluckmanと、イーストハンプトンでFood&ampCo。を所有するケータリング兼シェフのEricMillerが所有しています。彼らはスペースをテラス付きのシーフードレストランに変えました: 126 Main Street(Madison Street)、Sag Harbour、N.Y。、(631)725-6246、madisonandmainrestaurant.com。

    レッドフックロブスターポンド このブルックリンの施設では、レモネード会社のSweet’taukがオープンする新しいショップで、ロブスターロールやその他のシーフードアイテムのメニューを提供します。 (5月中旬): 34サウスエトナアベニュー、モントーク、(631)668-5683、redhooklobsterpound.com。

    SIENNA RESTAURANT TBAR アッパーイーストサイドにTBarSteak&ampLoungeを所有するTonyFortunaがこの場所を運営し、マンハッタンで提供しているものに近いメニューを提供します。ナイトクラブは午後11時以降に始まります。スペースの一部で週末に。 (5月15日): 44スリーマイルハーバーロード(オークビューハイウェイ)、ニューヨーク州イーストハンプトン、(631)604-6060、siennahamptons.com。

    スウェーデンの料理の夏 記念日から労働者の日まで、イーストハンプトンにはスウェーデンからのシェフが集まり、ミシュランのスターがいるシェフが、メードストーンホテルのリビングルームレストランでシェフのマティアスドロギーと特別なディナーを作ります。彼らはまた、クラスを提供し、チャリティーディナーに参加します。 (5月25日〜9月2日): swedishculinarysummer.com。

    移動中のシェフ

    エリザベスフォークナー、 ブルックリンのボアラムヒルにクレッシェンドをオープンするために昨年サンフランシスコからニューヨークに引っ越した彼はレストランを去り、ホーランドアメリカラインの料理評議会で働くことになります。

    ミッシーロビンス マディソンスクエアパークのAVoceレストランとタイムワーナーセンターのエグゼクティブシェフを辞任しました。彼女は次に何をするかを決めておらず、後任者も指名されていません。

    ロクサーン・スプルーアンス、 WD-50のワイリーデュフレーヌ、ストーンバーンズのブルーヒル、そして簡単に言えばアッパーウエストサイドのカフェタルーラで働いていたのは、アリソンエイティーンの新しいシェフで、メニューをフランスの方向に傾けます。

    BANKS WHITE、 カリフォルニア州バークレーのファイブでエグゼクティブシェフを務めていた彼は、秋に再開するリチャードパーソンズが所有するハーレムレストラン兼ジャズクラブであるミントンズの料理長としてニューヨークにやって来ます。アレクサンダースモールズはエグゼクティブシェフです。


    ルバリコウ

    どこ: ウィリアムズバーグ

    近くのメゾンプレミアの背後にあるチームは、エスカルゴ、コッコーヴァン、その他のフランスのビストロクラシックを提供するこのパリスタイルのブラッスリーを運営しています。素朴な木製のテーブルに食事をし、壁にはヴィンテージのフランスの新聞がコラージュされています。完璧な卵を探しているならブランチに来てくださいベネディクト:ここのバージョンはオランデーズソースがちりばめられており、サラダとホームフライが付いています(ブランチには予約がないので、早めに来るか、待つことを期待してください)。

    あなたの旅行を計画してください: Fodorのブルックリン旅行ガイドにアクセス


    何百万もの動物種が地球を歩き回っています。しかし、動物園のポスターに掲載されたり、環境団体から郵送されたカレンダーに掲載されたりするのは、ほんの数十に過ぎません。印象的に大きくなる傾向があるこれらの動物はすべて、象、キリン、ゴリラ、大型猫など、特定の星の品質を持っています。動物学者や保護活動家が使用するフレーズでは、それらはカリスマ的なメガファウナです。資金集めのピッチでのライオンの誇りは、ジリスとライラックニシブッポウソウを救うために使用できるお金をもたらすために頼ることができます。

    レストランのエコシステムが正常に機能していた頃は、カリスマ的なメガファウナもありました。これらは世界中の人々が聞いたことがある場所であり、最高の食品都市が議論のために登場するたびにその名前が言及され、観光客のクラス全体が国際的な食品サファリを計画する場所です。

    しかし、ジャイアントパンダが必ずしも生息地の健康にとって最も重要な種であるとは限らないのと同様に、都市で最も有名なレストランが常に最も重要であるとは限りません。この区別がまだ明らかでない場合は、過去1年間で明らかになっています。グリル、アトミックス、ペルセ、バルタザール、ルクークーなど、ニューヨークで最も熱心にフォローされているキッチンのいくつかは、パンデミックのほとんどまたはすべてで暗くなっています。予測可能な、それでも非常に奇妙な影響の1つは、これらのレストランは、かつては常に注目を集めていたものでしたが、今ではほとんど話題になっておらず、まるで存在しなかったかのようです。

    ニューヨーカーのパンデミック生活で重要な役割を果たしてきた場所のほとんど、つまり逃げた人ではなく、滞在したニューヨーカーは、ロサンゼルスとロンドンでは事実上知られていません。資格を得るには、レストランは今夜の夕食に必要なものを正確に調理する必要があります。それがあなたの家の徒歩圏内にあるなら、さらに良いです。

    パークスロープの勝者は、私が自分のブルックリンの近所から遠すぎて、空腹で往復することができません。しかし、他のほとんどすべての点で、それは私の理想的なパンデミックレストランであり、スモークハニーでブラッシングし、1ポンドほどのローストポテト、いくつかのブレイズドケール、そして著しく新鮮なサワードウバゲットで締めくくったロティサリーチキンは私の理想的なパンデミックミールです。

    オーナー兼シェフのダニエル・エディは、昨年3月に、ウィナーズオペレーションの最初の部分であるコーナーベーカリー&カフェをオープンしました。隣接するワインバーがまだ開いておらず、まだ開いていない前に、4日間実行されました。それ以来、勝者の料理は厳しく持ち帰られています。そのほとんどは他の場所で食べる運命にありますが、天気の良い日には、セブンスアベニューのすぐそばにある11番街の小さなテーブルの1つで荷物を開梱することができます。

    I’ve been a semiregular customer over the past few months. In the morning I’ve swung by for a macchiato and one of the remarkable sourdough croissants, tangy and a little salty, that the pastry chef, Ali Spahr, makes. I’ve picked up dinner on several evenings, too. Each time, I’ve been impressed by Winner’s ability to pack so many of the things I miss about restaurants into a simple exchange transacted through a window.

    One way the restaurant achieves this is by refusing to do delivery. You can order breakfast and lunch at the window dinner has to be arranged in advance, by email. Either way, your first encounter is with one of Winner’s employees or Mr. Eddy himself, not a third-party app. Apps may be convenient, but I’ve never used an app that remembered that a member of my household has a life-threatening food allergy, as a Winner employee did the second time I placed a dinner order. Nor have I had one offer to set aside a few loaves of bread, which typically sell out by late afternoon.

    Those breads are worth the trouble. Kevin Bruce, whose last job was kneading Danish rugbrod and grantoftegaard at Great Northern Food Hall, bakes six kinds of loaves a day in a two-rack oven on a tight schedule. It starts at 7:30 a.m., when hefty little bricks of dark rye shot through with sunflower seeds are ready. A sourdough boule whose composition changes day to day comes out at 11 a.m. the buckwheat version sold on Tuesdays and Saturdays is something of a miracle, at once suave and earthy. The baking day ends at 2 p.m., when the baguettes go on sale.

    A baguette plus a rotisserie chicken nearly always equals a satisfying dinner. They add up to considerably more than that at Winner, where the bread is just a few hours old and the roast was finished within half an hour or so of your pickup appointment. While you wouldn’t call Winner a French restaurant, the extraordinary attention it pays to ordinary staples may remind you of the neighborhood shops in Paris, where Mr. Eddy lived while he was cooking under Daniel Rose at Spring. (More recently, he was the opening chef at Rebelle, a French restaurant on the Bowery that is now closed.)

    The pandemic has brought the city a flurry of new pop-ups. Winner hosts one every week, with a guest chef who cooks a “friends and family meal.” A few weeks ago, the program introduced me to the rich delights of collards in shrimp sauce as prepared by Telly Justice, a trans woman who is planning to open “a restaurant by queer people for all people” in Brooklyn, to be called Hags.

    I don’t exactly remember which wine Lisandra Bernadet, the sommelier, recommended with Telly Justice’s cooking, but I believe it came from Slovenia, glowed with a pale-gold skin contact tint, had been made about eight years ago and, like almost all the bottles at Winner, cost well under $40. A conversation through an open window about Slovenian orange wines is another thing I’ve never gotten from GrubHub.

    Winner’s wine bar is in a former carriage house, where there is just enough room for the rotisserie oven, a few standing customers and a single table. Will strangers ever rub elbows there? Will travelers with freshly scanned passports give Winner’s address to their drivers at the airport? They should. There isn’t anything mega about the place, but it’s loaded with charisma.

    What the Stars Mean Because of the pandemic, restaurants are not being given star ratings.


    The Diner That’s Serving Queer Hospitality, One Patty Melt at a Time

    It wasn’t the bubbling mozzarella on chicken cutlets or the everything-bagel babka I spotted on Instagram that lured me into MeMe’s Diner. These were just a bonus. I had to check out MeMe’s because this restaurant is, well, super gay.

    MeMe’s Diner, a new Brooklyn restaurant specializing in comfort foods like meatloaf, patty melts, and Velveeta mac and cheese stands in contrast with nearly every other buzzy opening. Expensive handmade ceramic plates are nowhere in sight, and the kitchen isn’t shy about using Heinz and Hellmann’s in lieu of artisanal substitutes. These are the foods we want to eat—let’s face it, all the time—but especially on long, lazy weekend afternoons at tables crowded with your friends.

    MeMe’s was born out of a pair of friends’ love for entertaining and hospitality. After working together at Ovenly, a Brooklyn bakery known for its vegan chocolate chip cookies and blackout cake, Bill Clark left with the dream of opening a Brooklyn bar, while Libby Willis started a catering company. The duo began hosting dinner parties in Brooklyn, which eventually became the model for MeMe’s, their first restaurant together. Beyond serving playful dishes like brunch-time migas served in a sliced-open Fritos bag, the diner was created as a beacon of queer hospitality. Guests would be treated like friends or acquaintances dining in the founders’ homes, and staff would be treated with the same respect Willis, Clark, and countless other out LGBTQ+ restaurant workers deserve.

    “The hospitality industry is hard, but it doesn’t necessarily have to be. We want to come to work and be happy,” Clark says. He and Willis, a third-generation restaurateur (all her relatives told her not to do it), opened the door to MeMe’s in late 2017 with no advertising or formal PR—just the “gay whisper network.” Tables and barstools remain packed throughout dinner each night and especially during brunch on weekends. MeMe’s has already lapped up acclaim and media attention that countless larger, more established and hyped-up New York restaurants only hope for. In an era of dwindling LGBTQ+ spaces, MeMe’s champions queerness in an inclusive, progressive, practical way, infusing equality in every aspect of the restaurant’s operations.

    In some ways, the strategy is formulaic. MeMe’s menu offers tasteful, unpretentious food in a gentrifying neighborhood (Prospect Heights). The dining room, with its tufted brown-leather banquettes (crafted by Willis’ Hudson Valley–dwelling brother), artsy oil portraits of strangers (painted by Willis’ grandfather and rescued from his barn), and unfinished-wood shelves displaying フランス料理の芸術をマスターする, evokes the seemingly effortless blend of “chill” that every restaurant is chasing in 2018. At its core, MeMe’s, named after Clark’s grandmother, is what a restaurant opening in today’s Brooklyn looks like, but at its heart, it’s a proudly queer space. “We’re not just a queer space [or] an exclusively gay space—we’re a space for everybody, [run] by gays,” Clark says.

    Queerness is organically infused into every element of MeMe’s hospitality, from the gender-neutral greeting (think: “Welcome, folks” rather than “Hey, ladies”) when diners walk in, to not questioning someone’s gender identity when it comes to a credit card or ID that may not match their appearance, to Willis’ zero tolerance policy for deprecating language in the kitchen. On a recent evening, the restaurant quickly filled up with LGBTQ+ couples and families, along with a handful of straight-presenting couples several groups of friends crowded in the doorway in hopes of getting a seat. In the small bubble of NYC’s queer social circle, it felt to me that there was a high likelihood someone you knew would walk in the door at any time.

    “When we talk about queer hospitality, this is less about making a traditional gay bar or a space for gay people,” Clark says, “but we’re creating a very welcoming, easy, and desirable place for queer people to work in. When your staff is comfortable and not worried about not being able to be themselves or express who they are as people, that translates directly to your hospitality.”

    The peanut butter pie at Meme’s.

    Willis and Clark operate off an inherent sense of how they’d want to be treated at work, knowing that tolerance for inappropriate behavior often trickles from the top down. “As a femme-presenting female, male coworkers and owners saw me as a sexual object first,” Willis says of her prior experience. “And then when they found out I was queer, they would suggest I just hadn’t met the right man yet and that if they had it their way I would absolutely be straight. Working in an environment where you have to constantly out yourself and shut down sexual harassment is exhausting.”

    Meanwhile Clark felt the “culture of competitive masculinity” ingrained in professional kitchens and feared appearing “soft or weak at work,” especially since he focused on pastry rather than on the more-masculine-deemed grill station. All potential MeMe’s employees are informed that the company culture is rooted in queer inclusion and compassion. “If people seem to not get it right away and don’t understand why it is so important in the interview process, they are probably not right for this restaurant,” Willis says.

    Willis doesn’t prioritize hiring women or LGBTQ+ people, necessarily, though her original team was built through a network of friends and supplemented by workers from GOSO (Getting Out and Staying Out), a program that helps formerly incarcerated men transition back into life in New York.

    The goal is that the restaurant becomes a neighborhood staple, “where you can pop in a couple nights a week, get a plate of meatloaf and some greens or a big supper salad,” Clark says. And so far, it is. “It’s really shocking how quickly we had regulars.” The storefront that houses MeMe’s stood empty for more than two decades, and the fact that a proudly LGBTQ+ partnership and business model infused a new, nonstop energy into the space shouldn’t be overlooked. The restaurant business is undeniably tough, and New York restaurants, as most businesses do, rely on straight people to stay in business. Despite the massive progress LGBTQ+ people have achieved in recent years, latent and blatant discrimination is still prevalent. MeMe’s has to face all of that as well as the lingering stigma that a gay space is for gay people only.

    To bring the LGBTQ+ food community closer together, the second Monday of every month MeMe’s hosts a “Family Meal” (only drinks and the bar’s signature complimentary cheese puffs are served) to which LGBTQ+ people working in the food and restaurant industry are invited to network and mingle in the otherwise closed restaurant until 2 a.m. Ideally, the values that launched MeMe’s business will trickle out to restaurant workers across the city.

    “It’s a space for everyone who understands what you’re going through, like-minded people,” Willis says. “The best way to change is through community. Maybe someone will pay attention and go back to where they’re working and say, ‘Hey, I know that other people do this differently. Can we try to be different?’ The best way to do that is to be an example, so that’s what we’re trying to be.”


    A Restaurant Dedicated To Pickles Is Opening Soon In NYC

    They’re tangy, salty, crunchy and delicious. What’s not to love about pickles?

    That question has inspired a new fried pickle restaurant that will open this spring in New York City on the Lower East Side, according to Eater New York. The shop is the brainchild of the team behind The Pickle Guys, a popular kosher pickle retail store with nearly 40 types of pickled produce.

    Though the new restaurant doesn’t have a name yet, its menu will feature fried okra, fried mushrooms, fried tomatoes and other goodies (in addition to pickles, natch).

    Basically, if you can pickle it, you’ll find it on the menu at the new restaurant.

    “We pickle many, many things throughout the year,” manager William Soo told Eater. “We’ll try to bring that stuff to the eatery.”

    In addition, the restaurant will whip up traditional diner fare, including burgers, chicken sliders and beef sliders. Pickled items will be the main attraction, however.

    “That will be our main thing, what we’ll be best at,” Soo said.

    Like the gourmet pickle shop, the eatery will be kosher, a decision that represents owner Alan Kaufman’s dedication to the neighborhood’s Jewish history. There won’t be much room for customers to stay and eat, as the casual restaurant is designed for to-go orders.

    The Pickle Guys launched 14 years ago and claim to have the best pickles in New York. They’ll pickle anything and everything—from celery to mangoes to pineapples to string beans, according to their website.

    Their kosher pickles are so popular that they recently launched a delivery service in Brooklyn.

    “The Pickle Guys makes pickles from an old Eastern European recipe ‘just the way mom used to make them,’” according to the company’s website. “The pickles are made by letting them sit in salt brine with garlic, spices and no preservatives. Storing them in barrels, from a day up to six months, the pickles cure as they sit.”

    Can’t make it to the new restaurant? You can always make your own pickles at home with this easy overnight pickle recipe from Snappy Gourmet or this “killer” spicy garlic pickle recipe from Foodie Crush. And if you’re 本当 a pickle fan, make sure you try this pickle soup recipe, which calls for sour cream, potatoes and carrots in addition to dill pickles.


    Meet the New Wave of America’s Great Pasta Chefs

    Illustration by Ross MacDonald

    Illustration by Ross MacDonald

    Americans are living in the golden age of pasta, one not just of Italian interpretations, but original American expressions. Here are the macaroni-making chefs paving the way for our collective carby future.

    Josh McFadden, Ava Gene’s, Portland, Oregon

    Josh McFadden attended culinary school and cooked in Michelin-starred palazzos in Rome, but “somewhere along the line,” he says, “I realized I wanted to be more in touch with seasonal ingredients in a simpler way.” That led McFadden to cook in neighborhoody spots like recently shuttered Franny’s in Brooklyn and, later, Lupa, under Mark Ladner. “He is a genius,” McFadden says. “That’s where I really learned about pasta.” Today in Portland, McFadden follows the seasons and sticks to tradition. “Americans, without a long history—we feel we can put our own stamp on certain dishes,” he says, “and that can often go horribly wrong.” So he keeps it simple—pasta pomodoro, cacio e pepe, linguine with clams—and stays in sync with the seasons.

    Bruce Logue, BoccaLupo, Atlanta, Georgia

    Italian cooking is “not in my soul,” says Bruce Logue. Which means he’s worked harder to master it: He ended up in Mario Batali’s Babbo in 2005 and studied Waverley Root’s The Food of Italy on the subway home. Next came an Italian apprenticeship in Le Marche, and in 2013 he opened his BoccaLupo. He’s cooked pasta there each night they’ve been open since. Logue relies more on inspiration than tradition, and his menu is unmistakably from the South. Collards and smoked brisket make appearances the amatriciana is made with bacon rather than guanciale. To Logue, this is true to the spirit of Italian originals, if not the letter. “Southern cooking has always been about using the stuff that’s grown around you,” he says. “It’s the same with Italian food—it’s a very country cuisine at its core.”

    Missy Robbins, Lilia, Brooklyn, New York

    “I didn’t set out to open a pasta restaurant,” says Missy Robbins, chef-owner of Lilia in Williamsburg, “but it’s blown up—that’s what we’re known for.” The restaurant was always intended to be rooted in Italian cooking, but it focused first on roasted meats, fish, and vegetables. These were the foods she was excited about after a five-year stint at A Voce in Manhattan. But there it was, in the first sentence of Pete Wells’ three-star rave in the Times: “Missy Robbins is cooking pasta again.” Growing up, Robbins took frequent trips to Italy, but it was at home, at Leon’s in New Haven, “an old-school red-sauce joint in a not so favorable part of town,” where her love for Italian food was sparked. Now, at Lilia, she rolls out hundreds of servings from scratch, daily. “Pasta is a craft,” Robbins says. “It’s something you really have to do with your hands—there’s something about repetition and perfecting that craft that has always been exciting to me.”

    Thomas McNaughton, Flour + Water, San Francisco, California

    Thomas McNaughton spent his early years working in refined restaurants—Michelin-starred kitchens here and abroad that ran on exacting French technique. He plated quenelles and labored over stocks. But it was working in Italy, in Bologna, where he “became obsessed with how much food was intertwined in people’s day-to-day lives. That’s where I felt like I was actually cooking for the first time,” he says. He’s merged both threads of his culinary education at Flour + Water, where he can serve traditional Italian dishes with fine-dining attention to detail. In the room entirely devoted to pasta production, he’s particularly exacting about texture. “Pasta deals with texture before it deals with flavor,” McNaughton says. “And texture allows you to experience flavor in different ways.” So you’ll find simple egg yolk–based pastas alongside others with stinging nettle purée and minced olives in the dough. That’s what drives his five-course pasta tasting, not sauces or flavors: “The five different textures I want to deliver are what writes that menu.”

    Signs We’re Living in the Golden Age of Pasta in America


    ビデオを見る: ASMR MAGNUM CHOCOLATE ICE CREAM PARTY NUTELLA TWIX DESSERT MUKBANG 먹방 チョコレートアイスクリーム 咀嚼音EATING SOUNDS (1月 2022).