カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

最愛のカリフォルニアのワインメーカー、ピーター・フィッゲ、46歳、彼のブドウ園で死んでいるのを発見

最愛のカリフォルニアのワインメーカー、ピーター・フィッゲ、46歳、彼のブドウ園で死んでいるのを発見


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

カリフォルニア州モントレーの絶妙なピノノワールで最もよく知られているワインメーカー、ピーター・フィゲは46歳で亡くなりました。

人気のあるワインメーカーへの賛辞が注がれています。

Peter Figge — Figge Cellarsの人気のある所有者であり、で最も有名なピノノワールのいくつかのプロデューサー カリフォルニア州モントレーバレー —46歳で亡くなりました。彼の死は現在警察によって調査されています。

「ピーターは彼を知っているすべての人に愛されており、深く惜しまれるでしょう」との発表は モントレー郡ワイン醸造業者協会 言った。 「私たちはこのニュースに心を痛めています。そして、彼の家族を私たちの考えと祈りに抱きしめてください。」

Figge Cellarsは毎年2,400ケースのピノノワールとシャルドネを生産しており、Figgeは自身のブランドSwingをカーメルバレーランチで販売しました。 カーメルバイザシー、彼はワイン界の主要なプレーヤーとしてかなりの足場を築いていたが、 食用モントレーベイによると。彼はちょうどテイスティングルームを開いたところだった カーメルバレー 今年の初め、彼は以前、そこでワインを閲覧する群衆の「深刻な」性質を賞賛していました。

「これはとても痛いです」とタルボットヴィンヤーズの地元のワインメーカー、デビッドコベントリーは食用モントレーベイに語った。 「彼は多くの点で私たちの中で最高の一人でした。」

と一緒に、敬意を表してフィゲセラーズへの訪問を計画する カリフォルニアの25の最高のワイナリー。

卓越したワインを作った地味な男、ピーター・フィッゲに敬意を表してグラスを上げる#figgewines #RIP #wine

— Living Life Forte(@livinglifeforte)2017年6月7日

ピーターフィッゲは彼のマリーナワイナリーで死んでいるのを発見しました。家族への愛と癒し。そして、モントレー郡の中心部にある穴。 https://t.co/COkHMH7S1A pic.twitter.com/sQ8gUBE6cE

—マークC.アンダーソン(@MontereyMCA)2017年6月6日


サンタローザは荒廃の規模に同意します:3,000の建物が失われ、多くが火事で亡くなりました

火事が猛威を振るった後、ソノマ郡保安官ロブジョルダーノは、サンタローザのラークフィールドウィイアップ地区の残骸を通り抜けました。

古い新聞のようにくしゃくしゃにされたねじれた梁とガレージのドアは、整頓された家の通りの後に通りを置き換えました。焦げた車のホイールキャップが溶けて、雨樋に溜まったキラリと光るアルミニウムの小川になりました。

ジョルダーノは金曜日にタイムズ紙に、「被害額がどうなるかさえ理解していないと思うし、ほとんどの場合よりもうまく対処している」と語った。 「サンタローザは別の惑星になります。再構築することがたくさんあります。それは絶対にコミュニティを変えるでしょう。」

他の何千人ものサンタローザの住民も金曜日に、日曜日の夜からカリフォルニアのワインカントリーを通り抜け、少なくとも34人の死者を出し、何千もの建物に損害を与えた、州で最も壊滅的な火災による損失の大きさを把握するのに苦労しました。 。

確認された死亡者の半数以上がソノマ郡で発生しました。郡最大の都市で175,000人が住むサンタローザは、ピーナッツの漫画家である故チャールズシュルツの丘の上の家を含め、約3,000棟の建物を失いました。

おそらく街の主要なランドマークであるチャールズM.シュルツ博物館は今も残っていますが、2つのホテル(124室の豪華なファウンテングローブインと13エーカーの250室のヒルトンソノマワインカントリー)が破壊されました。サンタローザ市長のクリス・コーシーは金曜日に、市は12億ドルの被害を被り、住宅ストックの5%が全滅したと述べた。

サンタローザは金曜日の初めに生き返り始め、一部の住民は土曜日または日曜日に家に帰ることを許可されるかもしれないと当局者は言った。

しかし、制御されていない火の複合体からの新たな被害の脅威は、依然としてこの地域にかかっていました。消防士は金曜日にスクランブルをかけ、火の線とブルドーザーの破片を掘り、炎を煽る突風が尾根に沿ってその日の後半に最高時速40マイルの予想速度に達する前に炎よりも有利になりました。

ソノマ郡保安官事務所は金曜日に、間欠泉からチョークヒル道路へのハイウェイ128の北で強制避難を発表しました。当局は金曜日、移民当局は北カリフォルニアの火災地域でのほとんどの執行を停止し、ジェリー・ブラウン知事はホワイトハウスが災害の影響を受けた人々に直接援助を送ることに同意したと発表した。

サンタローザの住民の感情の渦潮に加えて、より一般的にはオークのブラシの尾根と谷を燃やす山火事が、何マイルも離れたきれいな郊外の地域に押し寄せたという彼らのショックがありました。

少なくとも2人が亡く​​なった、かつては穏やかだったコフィーパーク地区は、プールのターコイズブルーの広場で区切られた、灰と倒れた木材の地獄のような風景に変わりました。

「私たちは常に地震について考えてきました、そして私たちは地震の準備ができています」と月曜日の早朝に家が破壊された10年のコフィーパーク居住者であるルイス・エルナンデスは言いました。 「しかし、私たちは火事について考えたことはありませんでした。これは私たちを非常に不意を突かれた。」

サンタローザのほぼ全員が家を失ったか、家を失った人を知っています。サンタローザシナゴーグの460家族のうち30家族が家屋を破壊し、シナゴーグの元大統領が亡くなったとラビは語った。

避難者が避難していたダウンタウンのモーテルで、デビッド・ジョスリンは猫を運ぶスウェットパンツを着た若い女性に出くわしました。

「私の家は全焼したので、ちょっと悲しいです」と彼女は言いました。

「うん」と彼女は顔を痛めながら言った。

市の北端にあるマークウェストスプリングスロードの尾根にあるジョスリン自身の家、「私たちの贅沢」はなくなったと彼は言った。特殊教育の教師であるジョスリンと彼の妻である心理学者のサラは、360度の樹木と、2人の息子が宿題をして遊んだオープンなリビングエリアの360度の景色を望む、プライベートで離れた家の雰囲気を愛していました。ジョスリンがオフィスで料理をしたり「お父さんのこと」をしたりしている間。


サンタローザは荒廃の規模に同意します:3,000の建物が失われ、多くが火事で亡くなりました

火事が猛威を振るった後、ソノマ郡保安官ロブジョルダーノは、サンタローザのラークフィールドウィイアップ地区の残骸を通り抜けました。

古い新聞のようにくしゃくしゃにされたねじれた梁とガレージのドアは、整頓された家の通りの後に通りを置き換えました。焦げた車のホイールキャップが溶けて、雨樋に溜まったキラリと光るアルミニウムの小川になりました。

ジョルダーノは金曜日にタイムズ紙に、「被害額がどうなるかさえ理解していないと思うし、ほとんどの場合よりもうまく対処している」と語った。 「サンタローザは別の惑星になります。再構築することがたくさんあります。それは絶対にコミュニティを変えるでしょう。」

他の何千人ものサンタローザの住民も金曜日に、日曜日の夜からカリフォルニアのワインカントリーを通り抜け、少なくとも34人の死者を出し、何千もの建物に損害を与えた、州で最も壊滅的な火災による損失の大きさを把握するのに苦労しました。 。

確認された死亡者の半数以上がソノマ郡で発生しました。郡最大の都市で175,000人が住むサンタローザは、ピーナッツの漫画家である故チャールズシュルツの丘の上の家を含め、約3,000棟の建物を失いました。

おそらく街の主要なランドマークであるチャールズM.シュルツ博物館は今も残っていますが、2つのホテル(124室の豪華なファウンテングローブインと13エーカーの250室のヒルトンソノマワインカントリー)が破壊されました。サンタローザ市長のクリス・コーシーは金曜日に、市は12億ドルの被害を被り、住宅ストックの5%が全滅したと述べた。

サンタローザは金曜日の初めに生き返り始め、一部の住民は土曜日または日曜日に家に帰ることを許可されるかもしれないと当局者は言った。

しかし、制御されていない火の複合体からの新たな被害の脅威は、依然としてこの地域にかかっていました。消防士は金曜日にスクランブルをかけ、火の線を掘り、残骸をブルドーズして、炎を煽る突風が尾根に沿ってその日の後半に最高時速40マイルの予想速度に達する前に炎よりも有利になりました。

ソノマ郡保安官事務所は金曜日に、間欠泉からチョークヒル道路へのハイウェイ128の北で強制避難を発表しました。当局は金曜日、移民当局は北カリフォルニアの火災地域でのほとんどの執行を停止し、ジェリー・ブラウン知事はホワイトハウスが災害の影響を受けた人々に直接援助を送ることに同意したと発表した。

サンタローザの住民の感情の渦潮に加えて、より一般的にはオークのブラシの尾根と谷を燃やす山火事が、何マイルも離れたきれいな郊外の地域に押し寄せたという彼らのショックがありました。

少なくとも2人が亡く​​なった、かつては穏やかだったコフィーパーク地区は、プールのターコイズブルーの広場で区切られた、灰と倒れた木材の地獄のような風景に変わりました。

「私たちは常に地震について考えてきました、そして私たちは地震の準備ができています」と月曜日の早朝に家が破壊された10年のコフィーパーク居住者であるルイス・エルナンデスは言いました。 「しかし、私たちは火事について考えたことはありませんでした。これは私たちを非常に不意を突かれた。」

サンタローザのほぼ全員が家を失ったか、家を失った人を知っています。サンタローザシナゴーグの460家族のうち30家族が家屋を破壊し、シナゴーグの元大統領が亡くなったとラビは語った。

避難者が避難していたダウンタウンのモーテルで、デビッド・ジョスリンは猫を運ぶスウェットパンツを着た若い女性に出くわしました。

「私の家は全焼したので、ちょっと悲しいです」と彼女は言いました。

「うん」と彼女は顔を痛めながら言った。

市の北端にあるマークウェストスプリングスロードの尾根にあるジョスリン自身の家、「私たちの贅沢」はなくなったと彼は言った。特殊教育の教師であるジョスリンと彼の妻である心理学者のサラは、360度の樹木と、2人の息子が宿題をして遊んだオープンなリビングエリアの360度の景色を望む、プライベートで離れた家の雰囲気を愛していました。ジョスリンがオフィスで料理をしたり「お父さんのこと」をしたりしている間。


サンタローザは荒廃の規模に同意します:3,000の建物が失われ、多くが火事で亡くなりました

火事が猛威を振るった後、ソノマ郡保安官ロブジョルダーノは、サンタローザのラークフィールドウィイアップ地区の残骸を通り抜けました。

古い新聞のようにくしゃくしゃにされたねじれた梁とガレージのドアは、整頓された家の通りの後に通りを置き換えました。焦げた車のホイールキャップが溶けて、雨樋に溜まったキラリと光るアルミニウムの小川になりました。

ジョルダーノは金曜日にタイムズ紙に、「被害額がどうなるかさえ理解していないと思うし、ほとんどの場合よりもうまく対処している」と語った。 「サンタローザは別の惑星になります。再構築することがたくさんあります。それは絶対にコミュニティを変えるでしょう。」

他の何千人ものサンタローザの住民も金曜日に、日曜日の夜からカリフォルニアのワインカントリーを通り抜け、少なくとも34人の死者を出し、何千もの建物に損害を与えた、州で最も壊滅的な火災による損失の大きさを把握するのに苦労しました。 。

確認された死亡者の半数以上がソノマ郡で発生しました。郡最大の都市で175,000人が住むサンタローザは、ピーナッツの漫画家である故チャールズシュルツの丘の上の家を含め、約3,000棟の建物を失いました。

おそらく街の主要なランドマークであるチャールズM.シュルツ博物館は今も残っていますが、2つのホテル(124室の豪華なファウンテングローブインと13エーカーの250室のヒルトンソノマワインカントリー)が破壊されました。サンタローザ市長のクリス・コーシーは金曜日に、市は12億ドルの被害を被り、住宅ストックの5%が全滅したと述べた。

サンタローザは金曜日の初めに生き返り始め、一部の住民は土曜日または日曜日に家に帰ることを許可されるかもしれないと当局者は言った。

しかし、制御されていない火の複合体からの新たな被害の脅威は、依然としてこの地域にかかっていました。消防士は金曜日にスクランブルをかけ、火の線を掘り、残骸をブルドーズして、炎を煽る突風が尾根に沿ってその日の後半に最高時速40マイルの予想速度に達する前に炎よりも有利になりました。

ソノマ郡保安官事務所は金曜日に、間欠泉からチョークヒル道路へのハイウェイ128の北で強制避難を発表しました。当局は金曜日、移民当局は北カリフォルニアの火災地域でのほとんどの執行を停止し、ジェリー・ブラウン知事はホワイトハウスが災害の影響を受けた人々に直接援助を送ることに同意したと発表した。

サンタローザの住民の感情の渦潮に加えて、より一般的にはオークのブラシの尾根と谷を燃やす山火事が、何マイルも離れたきれいな郊外の地域に押し寄せたという彼らのショックがありました。

少なくとも2人が亡く​​なった、かつては穏やかだったコフィーパーク地区は、プールのターコイズブルーの広場で区切られた、灰と倒れた木材の地獄のような風景に変わりました。

「私たちは常に地震について考えてきました、そして私たちは地震の準備ができています」と月曜日の早朝に家が破壊された10年のコフィーパーク居住者であるルイス・エルナンデスは言いました。 「しかし、私たちは火事について考えたことはありませんでした。これは私たちを非常に不意を突かれた。」

サンタローザのほぼ全員が家を失ったか、家を失った人を知っています。サンタローザシナゴーグの460家族のうち30家族が家屋を破壊し、シナゴーグの元大統領が亡くなったとラビは語った。

避難者が避難していたダウンタウンのモーテルで、デビッド・ジョスリンは猫を運ぶスウェットパンツを着た若い女性に出くわしました。

「私の家は全焼したので、ちょっと悲しいです」と彼女は言いました。

「うん」と彼女は顔を痛めながら言った。

市の北端にあるマークウェストスプリングスロードの尾根にあるジョスリン自身の家、「私たちの贅沢」はなくなったと彼は言った。特殊教育の教師であるジョスリンと彼の妻である心理学者のサラは、360度の樹木と、2人の息子が宿題をして遊んだオープンなリビングエリアの360度の景色を望む、プライベートで離れた家の雰囲気を愛していました。ジョスリンがオフィスで料理をしたり「お父さんのこと」をしたりしている間。


サンタローザは荒廃の規模に同意します:3,000の建物が失われ、多くが火事で亡くなりました

火事が猛威を振るった後、ソノマ郡保安官ロブジョルダーノは、サンタローザのラークフィールドウィイアップ地区の残骸を通り抜けました。

古い新聞のようにくしゃくしゃにされたねじれた梁とガレージのドアは、整頓された家の通りの後に通りを置き換えました。焦げた車のホイールキャップが溶けて、雨樋に溜まったキラリと光るアルミニウムの小川になりました。

ジョルダーノは金曜日にタイムズ紙に、「被害額がどうなるかさえ理解していないと思うし、ほとんどの場合よりもうまく対処している」と語った。 「サンタローザは別の惑星になります。再構築することがたくさんあります。それは絶対にコミュニティを変えるでしょう。」

他の何千人ものサンタローザの住民も金曜日に、日曜日の夜からカリフォルニアのワインカントリーを通り抜け、少なくとも34人の死者を出し、何千もの建物に損害を与えた、州で最も壊滅的な火災による損失の大きさを把握するのに苦労しました。 。

確認された死亡者の半数以上がソノマ郡で発生しました。郡最大の都市で175,000人が住むサンタローザは、ピーナッツの漫画家である故チャールズシュルツの丘の上の家を含め、約3,000棟の建物を失いました。

おそらく街の主要なランドマークであるチャールズM.シュルツ博物館は今も残っていますが、2つのホテル(124室の豪華なファウンテングローブインと13エーカーの250室のヒルトンソノマワインカントリー)が破壊されました。サンタローザ市長のクリス・コーシーは金曜日に、市は12億ドルの被害を被り、住宅ストックの5%が全滅したと述べた。

サンタローザは金曜日の初めに生き返り始め、一部の住民は土曜日または日曜日に家に帰ることを許可されるかもしれないと当局者は言った。

しかし、制御されていない火の複合体からの新たな被害の脅威は、依然としてこの地域にかかっていました。消防士は金曜日にスクランブルをかけ、火の線を掘り、残骸をブルドーズして、炎を煽る突風が尾根に沿ってその日の後半に最高時速40マイルの予想速度に達する前に炎よりも有利になりました。

ソノマ郡保安官事務所は金曜日に、間欠泉からチョークヒル道路へのハイウェイ128の北で強制避難を発表しました。当局は金曜日、移民当局は北カリフォルニアの火災地域でのほとんどの執行を停止し、ジェリー・ブラウン知事はホワイトハウスが災害の影響を受けた人々に直接援助を送ることに同意したと発表した。

サンタローザの住民の感情の渦潮に加えて、より一般的にはオークのブラシの尾根と谷を燃やす山火事が、何マイルも離れたきれいな郊外の地域に押し寄せたという彼らのショックがありました。

少なくとも2人が亡く​​なった、かつては穏やかだったコフィーパーク地区は、プールのターコイズブルーの広場で区切られた、灰と倒れた木材の地獄のような風景に変わりました。

「私たちは常に地震について考えてきました、そして私たちは地震の準備ができています」と月曜日の早朝に家が破壊された10年のコフィーパーク居住者であるルイス・エルナンデスは言いました。 「しかし、私たちは火事について考えたことはありませんでした。これは私たちを非常に不意を突かれた。」

サンタローザのほぼ全員が家を失ったか、家を失った人を知っています。サンタローザシナゴーグの460家族のうち30家族が家屋を破壊し、シナゴーグの元大統領が亡くなったとラビは語った。

避難者が避難していたダウンタウンのモーテルで、デビッド・ジョスリンは猫を運ぶスウェットパンツを着た若い女性に出くわしました。

「私の家は全焼したので、ちょっと悲しいです」と彼女は言いました。

「うん」と彼女は顔を痛めながら言った。

市の北端にあるマークウェストスプリングスロードの尾根にあるジョスリン自身の家、「私たちの贅沢」はなくなったと彼は言った。特殊教育の教師であるジョスリンと彼の妻である心理学者のサラは、360度の樹木と、2人の息子が宿題をして遊んだオープンなリビングエリアの360度の景色を望む、プライベートで離れた家の雰囲気を愛していました。ジョスリンがオフィスで料理をしたり「お父さんのこと」をしたりしている間。


サンタローザは荒廃の規模に同意します:3,000の建物が失われ、多くが火事で亡くなりました

火事が猛威を振るった後、ソノマ郡保安官ロブジョルダーノは、サンタローザのラークフィールドウィイアップ地区の残骸を通り抜けました。

古い新聞のようにくしゃくしゃにされたねじれた梁とガレージのドアは、整頓された家の通りの後に通りを置き換えました。焦げた車のホイールキャップが溶けて、雨樋に溜まったキラリと光るアルミニウムの小川になりました。

ジョルダーノは金曜日にタイムズ紙に、「被害額がどうなるかさえ理解していないと思うし、ほとんどの場合よりもうまく対処している」と語った。 「サンタローザは別の惑星になります。再構築することがたくさんあります。それは絶対にコミュニティを変えるでしょう。」

他の何千人ものサンタローザの住民も金曜日に、日曜日の夜からカリフォルニアのワインカントリーを通り抜け、少なくとも34人の死者を出し、何千もの建物に損害を与えた、州で最も壊滅的な火災による損失の大きさを把握するのに苦労しました。 。

確認された死亡者の半数以上がソノマ郡で発生しました。郡最大の都市で175,000人が住むサンタローザは、ピーナッツの漫画家である故チャールズシュルツの丘の上の家を含め、約3,000棟の建物を失いました。

おそらく街の主要なランドマークであるチャールズM.シュルツ博物館は今も残っていますが、2つのホテル(124室の豪華なファウンテングローブインと13エーカーの250室のヒルトンソノマワインカントリー)が破壊されました。サンタローザ市長のクリス・コーシーは金曜日に、市は12億ドルの被害を被り、住宅ストックの5%が全滅したと述べた。

サンタローザは金曜日の初めに生き返り始め、一部の住民は土曜日または日曜日に家に帰ることを許可されるかもしれないと当局者は言った。

しかし、制御されていない火の複合体からの新たな被害の脅威は、依然としてこの地域にかかっていました。消防士は金曜日にスクランブルをかけ、火の線を掘り、残骸をブルドーズして、炎を煽る突風が尾根に沿ってその日の後半に最高時速40マイルの予想速度に達する前に炎よりも有利になりました。

ソノマ郡保安官事務所は金曜日に、間欠泉からチョークヒル道路へのハイウェイ128の北で強制避難を発表しました。当局は金曜日、移民当局は北カリフォルニアの火災地域でのほとんどの執行を停止し、ジェリー・ブラウン知事はホワイトハウスが災害の影響を受けた人々に直接援助を送ることに同意したと発表した。

サンタローザの住民の感情の渦潮に加えて、より一般的にはオークのブラシの尾根と谷を燃やす山火事が、何マイルも離れたきれいな郊外の地域に押し寄せたという彼らのショックがありました。

少なくとも2人が亡く​​なった、かつては穏やかだったコフィーパーク地区は、プールのターコイズブルーの広場で区切られた、灰と倒れた木材の地獄のような風景に変わりました。

「私たちは常に地震について考えてきました、そして私たちは地震の準備ができています」と月曜日の早朝に家が破壊された10年のコフィーパーク居住者であるルイス・エルナンデスは言いました。 「しかし、私たちは火事について考えたことはありませんでした。これは私たちを非常に不意を突かれた。」

サンタローザのほぼ全員が家を失ったか、家を失った人を知っています。サンタローザシナゴーグの460家族のうち30家族が家屋を破壊し、シナゴーグの元大統領が亡くなったとラビは語った。

避難者が避難していたダウンタウンのモーテルで、デビッド・ジョスリンは猫を運ぶスウェットパンツを着た若い女性に出くわしました。

「私の家は全焼したので、ちょっと悲しいです」と彼女は言いました。

「うん」と彼女は顔を痛めながら言った。

市の北端にあるマークウェストスプリングスロードの尾根にあるジョスリン自身の家、「私たちの贅沢」はなくなったと彼は言った。特殊教育の教師であるジョスリンと彼の妻である心理学者のサラは、360度の樹木と、2人の息子が宿題をして遊んだオープンなリビングエリアの360度の景色を望む、プライベートで離れた家の雰囲気を愛していました。ジョスリンがオフィスで料理をしたり「お父さんのこと」をしたりしている間。


サンタローザは荒廃の規模に同意します:3,000の建物が失われ、多くが火事で亡くなりました

火事が猛威を振るった後、ソノマ郡保安官ロブジョルダーノは、サンタローザのラークフィールドウィイアップ地区の残骸を通り抜けました。

古い新聞のようにくしゃくしゃにされたねじれた梁とガレージのドアは、整頓された家の通りの後に通りを置き換えました。焦げた車のホイールキャップが溶けて、雨樋に溜まったキラリと光るアルミニウムの小川になりました。

ジョルダーノは金曜日にタイムズ紙に、「被害額がどうなるかさえ理解していないと思うし、ほとんどの場合よりもうまく対処している」と語った。 「サンタローザは別の惑星になります。再構築することがたくさんあります。それは絶対にコミュニティを変えるでしょう。」

他の何千人ものサンタローザの住民も金曜日に、日曜日の夜からカリフォルニアのワインカントリーを通り抜け、少なくとも34人の死者を出し、何千もの建物に損害を与えた、州で最も壊滅的な火災による損失の大きさを把握するのに苦労しました。 。

確認された死亡者の半数以上がソノマ郡で発生しました。郡最大の都市で175,000人が住むサンタローザは、ピーナッツの漫画家である故チャールズシュルツの丘の上の家を含め、約3,000棟の建物を失いました。

おそらく街の主要なランドマークであるチャールズM.シュルツ博物館は今も残っていますが、2つのホテル(124室の豪華なファウンテングローブインと13エーカーの250室のヒルトンソノマワインカントリー)が破壊されました。サンタローザ市長のクリス・コーシーは金曜日に、市は12億ドルの被害を被り、住宅ストックの5%が全滅したと述べた。

サンタローザは金曜日の初めに生き返り始め、一部の住民は土曜日または日曜日に家に帰ることを許可されるかもしれないと当局者は言った。

しかし、制御されていない火の複合体からの新たな被害の脅威は、依然としてこの地域にかかっていました。消防士は金曜日にスクランブルをかけ、火の線とブルドーザーの破片を掘り、炎を煽る突風が尾根に沿ってその日の後半に最高時速40マイルの予想速度に達する前に炎よりも有利になりました。

ソノマ郡保安官事務所は金曜日に、間欠泉からチョークヒル道路へのハイウェイ128の北で強制避難を発表しました。当局は金曜日、移民当局は北カリフォルニアの火災地域でのほとんどの執行を停止し、ジェリー・ブラウン知事はホワイトハウスが災害の影響を受けた人々に直接援助を送ることに同意したと発表した。

サンタローザの住民の感情の渦潮に加えて、より一般的にはオークのブラシの尾根と谷を燃やす山火事が、何マイルも離れたきれいな郊外の地域に押し寄せたという彼らのショックがありました。

少なくとも2人が亡く​​なった、かつては穏やかだったコフィーパーク地区は、プールのターコイズブルーの広場で区切られた、灰と倒れた木材の地獄のような風景に変わりました。

「私たちは常に地震について考えてきました、そして私たちは地震の準備ができています」と月曜日の早朝に家が破壊された10年のコフィーパーク居住者であるルイス・エルナンデスは言いました。 「しかし、私たちは火事について考えたことはありませんでした。これは私たちを非常に不意を突かれた。」

サンタローザのほぼ全員が家を失ったか、家を失った人を知っています。サンタローザシナゴーグの460家族のうち30家族が家屋を破壊し、シナゴーグの元大統領が亡くなったとラビは語った。

避難者が避難していたダウンタウンのモーテルで、デビッド・ジョスリンは猫を運ぶスウェットパンツを着た若い女性に出くわしました。

「私の家は全焼したので、ちょっと悲しいです」と彼女は言いました。

「うん」と彼女は顔を痛めながら言った。

市の北端にあるマークウェストスプリングスロードの尾根にあるジョスリン自身の家、「私たちの贅沢」はなくなったと彼は言った。特殊教育の教師であるジョスリンと彼の妻である心理学者のサラは、360度の樹木と、2人の息子が宿題をして遊んだオープンなリビングエリアの360度の景色を望む、プライベートで離れた家の雰囲気を愛していました。ジョスリンがオフィスで料理をしたり「お父さんのこと」をしたりしている間。


サンタローザは荒廃の規模に同意します:3,000の建物が失われ、多くが火事で亡くなりました

火事が猛威を振るった後、ソノマ郡保安官ロブジョルダーノは、サンタローザのラークフィールドウィイアップ地区の残骸を通り抜けました。

古い新聞のようにくしゃくしゃにされたねじれた梁とガレージのドアは、整頓された家の通りの後に通りを置き換えました。焦げた車のホイールキャップが溶けて、雨樋に溜まったキラリと光るアルミニウムの小川になりました。

ジョルダーノは金曜日にタイムズ紙に、「被害額がどうなるかさえ理解していないと思うし、ほとんどの場合よりもうまく対処している」と語った。 「サンタローザは別の惑星になります。再構築することがたくさんあります。それは絶対にコミュニティを変えるでしょう。」

他の何千人ものサンタローザの住民も金曜日に、日曜日の夜からカリフォルニアのワインカントリーを通り抜け、少なくとも34人の死者を出し、何千もの建物に損害を与えた、州で最も壊滅的な火災による損失の大きさを把握するのに苦労しました。 。

確認された死亡者の半数以上がソノマ郡で発生しました。郡最大の都市で175,000人が住むサンタローザは、ピーナッツの漫画家である故チャールズシュルツの丘の上の家を含め、約3,000棟の建物を失いました。

おそらく街の主要なランドマークであるチャールズM.シュルツ博物館は今も残っていますが、2つのホテル(124室の豪華なファウンテングローブインと13エーカーの250室のヒルトンソノマワインカントリー)が破壊されました。サンタローザ市長のクリス・コーシーは金曜日に、市は12億ドルの被害を被り、住宅ストックの5%が全滅したと述べた。

サンタローザは金曜日の初めに生き返り始め、一部の住民は土曜日または日曜日に家に帰ることを許可されるかもしれないと当局者は言った。

しかし、制御されていない火の複合体からの新たな被害の脅威は、依然としてこの地域にかかっていました。消防士は金曜日にスクランブルをかけ、火の線を掘り、残骸をブルドーズして、炎を煽る突風が尾根に沿ってその日の後半に最高時速40マイルの予想速度に達する前に炎よりも有利になりました。

ソノマ郡保安官事務所は金曜日に、間欠泉からチョークヒル道路へのハイウェイ128の北で強制避難を発表しました。当局は金曜日、移民当局は北カリフォルニアの火災地域でのほとんどの執行を停止し、ジェリー・ブラウン知事はホワイトハウスが災害の影響を受けた人々に直接援助を送ることに同意したと発表した。

サンタローザの住民の感情の渦潮に加えて、より一般的にはオークのブラシの尾根と谷を燃やす山火事が、何マイルも離れたきれいな郊外の地域に押し寄せたという彼らのショックがありました。

少なくとも2人が亡く​​なった、かつては穏やかだったコフィーパーク地区は、プールのターコイズブルーの広場で区切られた、灰と倒れた木材の地獄のような風景に変わりました。

「私たちは常に地震について考えてきました、そして私たちは地震の準備ができています」と月曜日の早朝に家が破壊された10年のコフィーパーク居住者であるルイス・エルナンデスは言いました。 「しかし、私たちは火事について考えたことはありませんでした。これは私たちを非常に不意を突かれた。」

サンタローザのほぼ全員が家を失ったか、家を失った人を知っています。サンタローザシナゴーグの460家族のうち30家族が家屋を破壊し、シナゴーグの元大統領が亡くなったとラビは語った。

避難者が避難していたダウンタウンのモーテルで、デビッド・ジョスリンは猫を運ぶスウェットパンツを着た若い女性に出くわしました。

「私の家は全焼したので、ちょっと悲しいです」と彼女は言いました。

「うん」と彼女は顔を痛めながら言った。

市の北端にあるマークウェストスプリングスロードの尾根にあるジョスリン自身の家、「私たちの贅沢」はなくなったと彼は言った。特殊教育の教師であるジョスリンと彼の妻である心理学者のサラは、360度の樹木と、2人の息子が宿題をして遊んだオープンなリビングエリアの360度の景色を望む、プライベートで離れた家の雰囲気を愛していました。ジョスリンがオフィスで料理をしたり「お父さんのこと」をしたりしている間。


サンタローザは荒廃の規模に同意します:3,000の建物が失われ、多くが火事で亡くなりました

火事が猛威を振るった後、ソノマ郡保安官ロブジョルダーノは、サンタローザのラークフィールドウィイアップ地区の残骸を通り抜けました。

古い新聞のようにくしゃくしゃにされたねじれた梁とガレージのドアは、整頓された家の通りの後に通りを置き換えました。焦げた車のホイールキャップが溶けて、雨樋に溜まったキラリと光るアルミニウムの小川になりました。

“I don’t even think I understand what the damage toll is going to be, and I have a better handle on it than most,” Giordano told The Times on Friday. “Santa Rosa will be a different planet. There is so much to rebuild. It will absolutely change the community.”

Thousands of other Santa Rosa residents also struggled Friday to come to grips with the magnitude of their losses from a firestorm — among the state’s most devastating — that has coursed through California wine country since Sunday night, causing at least 34 deaths and damaging thousands of buildings.

More than half of the confirmed fatalities came in Sonoma County. Santa Rosa, the county’s largest city and home to 175,000 people, lost almost 3,000 buildings, including the hilltop house of the late Charles Schulz, the Peanuts cartoon creator.

The Charles M. Schulz Museum, perhaps the city’s leading landmark, still stood, but two hotels — the 124-room luxury Fountaingrove Inn and the 250-room Hilton Sonoma Wine Country on 13 acres — were destroyed. Santa Rosa Mayor Chris Coursey on Friday said that the city had sustained $1.2 billion in damage and that 5% of the housing stock was wiped out.

Santa Rosa started to come back to life early Friday, and some residents may be allowed to return home Saturday or Sunday, officials said.

But the threat of new damage from the far-from-controlled fire complex still hung over the region. Firefighters scrambled Friday to dig fire lines and bulldoze debris to gain an advantage over the blazes before the gusts that fanned the flames reached expected speeds of up to 40 mph later in the day along the ridges.

The Sonoma County Sheriff’s Office on Friday issued a mandatory evacuation north of Highway 128 from Geysers to Chalk Hill roads. Immigration officials suspended most enforcement in the Northern California fire areas, authorities said Friday, and Gov. Jerry Brown announced that the White House had agreed to send direct aid to those affected by the disaster.

Adding to Santa Rosa residents’ maelstrom of emotions was their shock that wildfire, which more commonly burns through ridges and valleys of oak brush, had swept into the neat suburban tracts miles away.

The once-placid Coffey Park neighborhood, where at least two people died, turned into a hellscape of ash and fallen timber, punctuated by the turquoise square of a swimming pool.

“We have always thought about earthquakes, and we are prepared for an earthquake,” said Luis Hernandez, a 10-year Coffey Park resident whose house was destroyed in the early morning hours Monday. “But we never thought about a fire. This caught us very off guard.”

Nearly everyone in Santa Rosa lost a home or knows someone who did — or worse. Thirty of one Santa Rosa synagogue’s 460 families found their houses destroyed, and a former president of the synagogue died, the rabbi said.

At a downtown motel where evacuees had taken refuge, David Joslyn ran into a young woman in sweatpants carrying a cat.

“My house burned down, so it’s kind of sad,” she said.

“Yeah,” she said, with a pained look on her face.

Joslyn’s own house on a ridge on Mark West Springs Road at the northern end of the city — “our extravagance” — is presumed gone, he said. Joslyn, a special-education teacher, and his wife, Sara, a psychologist, loved the private, remote feel of the house, with its 360-degree views of trees and its open living area, where their two sons did their homework and played while Joslyn cooked or did “dad stuff” in the office.


Santa Rosa comes to terms with the scale of devastation: 3,000 buildings lost, many dead in fire

After the fires had roared through, Sonoma County Sheriff Rob Giordano drove through the wreckage of Santa Rosa’s Larkfield-Wikiup neighborhood.

Twisted beams and garage doors crumpled like old newspapers had replaced street after street of tidy homes. The hubcaps from charred cars had melted into rivulets of gleaming aluminum that pooled in the gutters.

“I don’t even think I understand what the damage toll is going to be, and I have a better handle on it than most,” Giordano told The Times on Friday. “Santa Rosa will be a different planet. There is so much to rebuild. It will absolutely change the community.”

Thousands of other Santa Rosa residents also struggled Friday to come to grips with the magnitude of their losses from a firestorm — among the state’s most devastating — that has coursed through California wine country since Sunday night, causing at least 34 deaths and damaging thousands of buildings.

More than half of the confirmed fatalities came in Sonoma County. Santa Rosa, the county’s largest city and home to 175,000 people, lost almost 3,000 buildings, including the hilltop house of the late Charles Schulz, the Peanuts cartoon creator.

The Charles M. Schulz Museum, perhaps the city’s leading landmark, still stood, but two hotels — the 124-room luxury Fountaingrove Inn and the 250-room Hilton Sonoma Wine Country on 13 acres — were destroyed. Santa Rosa Mayor Chris Coursey on Friday said that the city had sustained $1.2 billion in damage and that 5% of the housing stock was wiped out.

Santa Rosa started to come back to life early Friday, and some residents may be allowed to return home Saturday or Sunday, officials said.

But the threat of new damage from the far-from-controlled fire complex still hung over the region. Firefighters scrambled Friday to dig fire lines and bulldoze debris to gain an advantage over the blazes before the gusts that fanned the flames reached expected speeds of up to 40 mph later in the day along the ridges.

The Sonoma County Sheriff’s Office on Friday issued a mandatory evacuation north of Highway 128 from Geysers to Chalk Hill roads. Immigration officials suspended most enforcement in the Northern California fire areas, authorities said Friday, and Gov. Jerry Brown announced that the White House had agreed to send direct aid to those affected by the disaster.

Adding to Santa Rosa residents’ maelstrom of emotions was their shock that wildfire, which more commonly burns through ridges and valleys of oak brush, had swept into the neat suburban tracts miles away.

The once-placid Coffey Park neighborhood, where at least two people died, turned into a hellscape of ash and fallen timber, punctuated by the turquoise square of a swimming pool.

“We have always thought about earthquakes, and we are prepared for an earthquake,” said Luis Hernandez, a 10-year Coffey Park resident whose house was destroyed in the early morning hours Monday. “But we never thought about a fire. This caught us very off guard.”

Nearly everyone in Santa Rosa lost a home or knows someone who did — or worse. Thirty of one Santa Rosa synagogue’s 460 families found their houses destroyed, and a former president of the synagogue died, the rabbi said.

At a downtown motel where evacuees had taken refuge, David Joslyn ran into a young woman in sweatpants carrying a cat.

“My house burned down, so it’s kind of sad,” she said.

“Yeah,” she said, with a pained look on her face.

Joslyn’s own house on a ridge on Mark West Springs Road at the northern end of the city — “our extravagance” — is presumed gone, he said. Joslyn, a special-education teacher, and his wife, Sara, a psychologist, loved the private, remote feel of the house, with its 360-degree views of trees and its open living area, where their two sons did their homework and played while Joslyn cooked or did “dad stuff” in the office.


Santa Rosa comes to terms with the scale of devastation: 3,000 buildings lost, many dead in fire

After the fires had roared through, Sonoma County Sheriff Rob Giordano drove through the wreckage of Santa Rosa’s Larkfield-Wikiup neighborhood.

Twisted beams and garage doors crumpled like old newspapers had replaced street after street of tidy homes. The hubcaps from charred cars had melted into rivulets of gleaming aluminum that pooled in the gutters.

“I don’t even think I understand what the damage toll is going to be, and I have a better handle on it than most,” Giordano told The Times on Friday. “Santa Rosa will be a different planet. There is so much to rebuild. It will absolutely change the community.”

Thousands of other Santa Rosa residents also struggled Friday to come to grips with the magnitude of their losses from a firestorm — among the state’s most devastating — that has coursed through California wine country since Sunday night, causing at least 34 deaths and damaging thousands of buildings.

More than half of the confirmed fatalities came in Sonoma County. Santa Rosa, the county’s largest city and home to 175,000 people, lost almost 3,000 buildings, including the hilltop house of the late Charles Schulz, the Peanuts cartoon creator.

The Charles M. Schulz Museum, perhaps the city’s leading landmark, still stood, but two hotels — the 124-room luxury Fountaingrove Inn and the 250-room Hilton Sonoma Wine Country on 13 acres — were destroyed. Santa Rosa Mayor Chris Coursey on Friday said that the city had sustained $1.2 billion in damage and that 5% of the housing stock was wiped out.

Santa Rosa started to come back to life early Friday, and some residents may be allowed to return home Saturday or Sunday, officials said.

But the threat of new damage from the far-from-controlled fire complex still hung over the region. Firefighters scrambled Friday to dig fire lines and bulldoze debris to gain an advantage over the blazes before the gusts that fanned the flames reached expected speeds of up to 40 mph later in the day along the ridges.

The Sonoma County Sheriff’s Office on Friday issued a mandatory evacuation north of Highway 128 from Geysers to Chalk Hill roads. Immigration officials suspended most enforcement in the Northern California fire areas, authorities said Friday, and Gov. Jerry Brown announced that the White House had agreed to send direct aid to those affected by the disaster.

Adding to Santa Rosa residents’ maelstrom of emotions was their shock that wildfire, which more commonly burns through ridges and valleys of oak brush, had swept into the neat suburban tracts miles away.

The once-placid Coffey Park neighborhood, where at least two people died, turned into a hellscape of ash and fallen timber, punctuated by the turquoise square of a swimming pool.

“We have always thought about earthquakes, and we are prepared for an earthquake,” said Luis Hernandez, a 10-year Coffey Park resident whose house was destroyed in the early morning hours Monday. “But we never thought about a fire. This caught us very off guard.”

Nearly everyone in Santa Rosa lost a home or knows someone who did — or worse. Thirty of one Santa Rosa synagogue’s 460 families found their houses destroyed, and a former president of the synagogue died, the rabbi said.

At a downtown motel where evacuees had taken refuge, David Joslyn ran into a young woman in sweatpants carrying a cat.

“My house burned down, so it’s kind of sad,” she said.

“Yeah,” she said, with a pained look on her face.

Joslyn’s own house on a ridge on Mark West Springs Road at the northern end of the city — “our extravagance” — is presumed gone, he said. Joslyn, a special-education teacher, and his wife, Sara, a psychologist, loved the private, remote feel of the house, with its 360-degree views of trees and its open living area, where their two sons did their homework and played while Joslyn cooked or did “dad stuff” in the office.


ビデオを見る: 神戸ワイン ブドウの収穫とこだわりのワインづくり (かもしれません 2022).