カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

ホワイトハウスの休日の伝統

ホワイトハウスの休日の伝統


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

外はクリスマスのように感じ始めたばかりですが、ホワイトハウスではホリデースピリットが本格化しています。何ヶ月にもわたる秘密の計画と、数千フィートのガーランド、数百フィートの樹木、数百ポンドのクッキー生地とジンジャーブレッドを吊るすのに3,500時間以上の作業が必要だったとのことです。 ABCニュース、ファーストレディのミシェルオバマは11月30日に今年のテーマ「シャイン、ギブ、シェア」を発表しました。その日のハイライトは?リサイクルされたビニール袋で作られたBosから、ボタン、甘草、マシュマロまで、建物全体に最初の犬Boが存在します。トピアリーの形でも、1つです。

ホワイトハウスの休日の伝統のスライドショーについては、ここをクリックしてください.

テーマ別のホリデーデコレーションは、ホワイトハウスの長年のホリデーの伝統の1つにすぎません。ファーストレディのジャッキーケネディは、1961年に「くるみ割り人形スイート」をテーマに伝統を始めました。それ以来、各ファーストレディは、選択したテーマを通じて独自のタッチを追加しています。

クリスマスツリーは、1889年以来、すべての大統領家族のホワイトハウスの中心となっています。感謝祭の翌日、最初の女性が馬と馬車で届けられた今年の木を受け取りました。高さ約20フィートのこの木も小さくはありません。昨年、97人のデコレータが18フィートの高さのダグラスファーを立てるのを手伝ってくれました。はしごと足場の助けを借りて、彼らは4日でそれを行うことができ、以下のタイムラプスビデオでプロセス全体をキャプチャしました。

装飾はさておき、ホワイトハウスでのホリデーの本当の偉業は、ホリデースイーツの毎日の需要に追いつくことです。今年のホワイトチョコレートで覆われたジンジャーブレッドマンスは、350ポンド(電気配線付き)以上で、100,000ポンドになります。 12月にやってくる奇妙なゲスト。 CBSニュースによると、「ホワイトハウスでのクリスマスは、あなたができる唯一の精神的および肉体的に挑戦的なことです」と、元ホワイトハウスのシェフ、ウォルター・シャイブは言いました。 2006年には、それはクッキーの飾りとピーカンナッツの砂でできた木を意味しました。現在のシェフ、ビルヨセスは、レセプションでゲストが持つことができるお菓子の数に制限を設けています。たった4つです。

今日のホワイトハウスでの休日を中心に展開する十分なお祝いを考えると、ある時点で、電気の前に、大統領の冬の伝統が私事であったとは信じがたいです。 20世紀以前は、公式のイベントでさえありませんでした。最初の木は1889年にベンジャミンハリソン大統領とその家族のために立ち上がって、家族の居間として使用されていた2階の楕円形の部屋に置かれました。電気クリスマスライトは、ホワイトハウスが電化されてから3年後の1894年まで導入されず、クリーブランド大統領の若い娘たちを喜ばせました。それ以来、各家族が休日に独自のスピンをかけるにつれて、お祝いは進化してきました。 1903年、テディルーズベルト大統領は、常緑樹を呼吸し、完全に良い生活を送ることを承認しなかったため、ホワイトハウスでそれらを禁止しました。大統領に知られていないことを除いて、彼の息子は1つを密輸し、2階の縫製クローゼットに隠して、他のすべての仲間と同じようにできるようにしました。

ホワイトハウスのホリデートラディションのスライドショーを見るには、ここをクリックしてください。


この夜が他のすべての夜と違うのはなぜですか?過越の祭りのレシピ

今夜と明日の夜、米国および世界中のユダヤ人の家族や友人が集まり、セダーズがエジプトからの脱出と、不公正と抑圧に対する希望と忍耐の勝利を記念します。ほとんどのユダヤ人の家族にとって、過ぎ越しの食事は、マーロールや、エジプトでの奴隷制の苦味を象徴する苦いハーブや、イスラエル人がエジプトを去った急いでいた種入れぬパンを象徴する苦いハーブなど、世代を超えて受け継がれてきた完全な伝統です。彼らに彼らのパンが上がるのを許す時間を与えません。

町で最もふわふわのマッツォボールの秘密を保持している家族もいれば、家族や友人と共有するための新しい伝統を生み出した家族もいます。

ここ今夜のホワイトハウスで、オバマ大統領夫妻は、友人や家族から提供されたレシピを備えた小さなセダーを再び主催します。これは、2008年にペンシルベニア州で始まった伝統であり、キャンペーントレイルで長い一日を過ごした後、オバマ上院議員がユダヤ人と非ユダヤ人を問わず、即席のセダーのためにスタッフのグループを集めました。それ以来毎年、同じグループが数人の親しい友人や家族と一緒に集まり、ホワイトハウスで伝統を引き継いでいます。今年のメニューの家族のレシピの中には、マッツォボール、ブレイズドビーフブリスケット、ポテトクーゲル、ニンジンスッフル&イーキュート、マッツォチョコレートケーキを使った伝統的なチキンスープがあります。

今夜、過越の祭りの8日間が始まると、私たちは全国の8人のユダヤ人シェフに連絡を取り、健康的で満足のいくセダーのための独自の考え、メニュー、レシピを共有しました。これらのレシピがあなた自身の過越の祭りの伝統のためのいくつかの新しいアイデアをあなたに与えることを願っています。

これらの参加シェフに感謝します。

  • ジョーンネイサン、料理本の著者、ワシントンDC-モロッコのハローセトトリュフ(pdf)
  • Todd Aarons、カリフォルニア州オックスナードのHerzog WineCellarsのTierraSurのエグゼクティブシェフ-ペルシャ風チキンスープ(pdf)
  • ミシェル・バーンスタイン、Michy&rsquos andSraのシェフ兼オーナー。フロリダ州マイアミのマルティネス-モロッコ風スパイスコーニッシュ鶏(pdf)
  • イリノイ州シカゴ、トゥルーのパティシエ、ゲイル・ガント-過越の祭りレモンスポンジケーキとイチゴ(pdf)
  • カリフォルニア州サンフランシスコのPerbaccoレストランでのPassoverSederの料理本の著者兼ゲストシェフ、Joyce Goldstein-松の実とレーズンを添えたほうれん草(pdf)
  • ピーターホフマン、ニューヨーク州ニューヨークのサボイレストランのシェフ-タハリールスクエアサラダ(pdf)
  • マサチューセッツ州ニュートン、ルミエールのシェフ、マイケル・レヴィトン-メープル-マスタード釉薬をかけた燻製クロテン(pdf)
  • Michael Solomonov、ペンシルベニア州フィラデルフィアのZahavのシェフ-松の実のニンジンとリンゴのサラダ(pdf)

注:これらの解説、メニュー、レシピは、シェフ自身の製品です。

ダニエル・ボリンは、ホワイトハウスの渉外政府間問題局の副所長であり、ユダヤ人コミュニティとの連絡係です。


ホワイトハウスホリデーフォトライン:厄介さの伝統

ワシントン—オバマ大統領が今月の大統領執務室でのテロに関する演説について国民の批判に直面したとき、ある議員はホワイトハウスでのホリデーパーティー中に最高司令官を安心させるためにプライベートな瞬間を過ごしました。

テネシー州民主党のスティーブ・コーエン下院議員は、オバマ氏が最後にブラックタイの議会ボールで写真を撮るのをやめたとき、「昨夜あなたが言った良いスピーチでした」と語った。週。 「国で大人になるのは難しいです。」

それは、大統領とファーストレディのミシェルオバマが毎年12月に彼らの生活を混雑させる20のホリデーレセプションのいくつかでゲストと行っている数百秒の長さの相互作用の1つでした。熱心に予想され、時には政治的に混乱し、しばしば苦痛に満ちた大統領との写真の冗談は、ワシントンでのホリデーシーズンの定番になりました。そこでは、ユレタイドの儀式がプロの日和見主義と出会います。

「イランの核施設を爆撃する必要があります」とミネソタ共和国のミケーレ・バックマン議員は昨年、議会を去る前に大統領との最後の休暇会を利用して、そのような短い交換の1つでオバマ氏に語った。彼女がワシントンフリービーコンに与えた説明によると、大統領は彼女にそれはそれほど単純ではないと言った。

ジョークが伝えられ、インタビューが要求され、握手、ハイタッチ、そして頻繁ではないヘッドライトの鹿が言葉のないゲストから見つめるとともに、一方的なアドバイスが大統領に与えられます。家族が紹介されます—そしてしばしばスターに打たれます。

オバマ氏のホワイトハウスの元最高報道官であるビル・バートンは、次のように述べています。

画像

大統領の伝統であるシュムーズをほとんど容認しないオバマ氏は、前任者よりもはるかに少ない受信回線を実行します。ジョージW.ブッシュと彼の妻、ローラブッシュは、彼が昨年就任した2008年に主催した25のホリデーパーティーのそれぞれで写真のラインを担当しましたが、オバマホワイトハウスはほんの一握りを除いてすべてを排除しました。議会とニュースメディアは、大統領の握りしめにまだ並んでいるグループの中にあります。

オバマ大統領は、要求が厳しく時間のかかる儀式を削減しました。各行は2時間半も続きます。また、できるだけ多くの人々にホワイトハウスを訪れる機会を与えたかったためです。

オバマ氏の参謀長であるティナ・チェン氏はインタビューで、「長くて疲れて、乗り越えるのはかなり難しい」と語った。 「また、スタッフの観点から、写真のラインと何人の人が入ることができるかというバランスを取る必要がありました。」

ホワイトハウスは、受信回線をなくすことで、2倍のゲストをパーティーに招待できると述べた。しかし、一部の地域では個人的な反発が激しくなっています。

その瞬間は、写真以上のものになる可能性があります。先週のホワイトハウスでの議会党は、オバマ氏が11月に就任して以来、ウィスコンシン州の共和党員であるポールD.ライアン議長との最初の対面の出会いでした。政府の閉鎖を防ぐために必要な年末の予算合意について二人が話し合ったとしても、どちらの側もそうは言わないだろう。

フォトラインでもドラマが繰り広げられます。ビル・クリントン大統領に対する弾劾訴訟を管理してから1年後の1999年、カリフォルニア州共和党のジェームズE.ローガン議員は、大統領とヒラリー・クリントンと一緒に写真を撮るために妻と並んでいました。

ローガンの番が来て発表されたとき、ローガン氏はインタビューで、クリントン氏は「ちょっと私を面白く見て、それから彼はこの大きなため息を吐き、私に大きな笑顔を与えて言った。ジム、来てくれてありがとう。あなたがここにいてくれて本当にうれしいです。メリークリスマス。' "

「彼と私はそれを修正したように感じました」とローガン氏は言いました。しかし、前のゲストに別れを告げながら気を取られたクリントン夫人は、それほど友好的ではありませんでした。彼女がついにローガン氏に気づいたとき、彼女の目は驚いて広がった、と彼は言った、そして彼女は彼の手を緊張して握った。 「そこには氷があり、少ししかめっ面がありました」と彼は言いました。

出会いは明らかにホワイトハウスで神経質に触れた。その後すぐに、ローガンとクリントンの写真が、広く読まれているワシントンの新聞のコラムに、ローガン氏が資金集めの訴えでクリントンとのライバル関係を促進し、彼らと一緒に写真を撮ったことで偽善的であったことを示唆する項目と一緒に現れました。ホワイトハウスで。

民主党の戦略家であり、何十年にもわたってホワイトハウスでホリデーパーティーに出席してきたホワイトハウスと密接な関係を持つロビイストであるスティーブエルメンドルフは、次のように述べています。彼らは彼を弾劾するために床に行ったか、床に行って彼を戦争犯罪者と呼んだが、彼らはクリスマスパーティーに配偶者と子供たちを引き連れて現れ、何も起こらなかったように写真のポーズをとった。

フォトラインの遭遇のクラッシュでオバマのためのいくつかの休憩があります。補佐官は、大統領とファーストレディが水を飲んだりトイレを使用したりするための短い時間を確保し、外交レセプションルームのカーペットの下に余分なパッドを置いて快適さを高めます。ゲストには色分けされた時間指定のチケットが渡され、キューに参加するタイミングが示されます。軍の社会的補佐官が手元にあり、スピーディーに移動し、名前を付けて、肖像画の番になるとゲストにアナウンスします。ホワイトハウスの写真家。

ブッシュ夫人の社会秘書を務めたエイミー・ザンツィンガーは、次のように述べています。 「いつも私を驚かせたのは、先に進まない人、1つまたは複数の話をしなければならず、ただ動揺しない人でした。」

軍の社会的助手はまた、便利さのために、そして大統領とのサインや自撮りの要求を思いとどまらせるために、女性の財布を持っています。

ABCニュースでホワイトハウスを40年間カバーしたアン・コンプトンは、ほとんどの場合、写真を重要なものとして扱ったと述べました。例外は、ジョージ・ブッシュ大統領の1992年の最初のホリデーパーティーでした。彼は再選キャンペーンで負けたばかりで、ホワイトハウスを去る準備をしていたため、憂鬱な出来事でした。

コンプトンさんは、彼女と彼女の夫は写真のラインに参加しないことを選択したが、最後のゲストとポーズをとっているときにブッシュに遭遇したと述べた。

「バーバラ・ブッシュは私を見て、 『あなたは列に並んでいませんでした』と言いました」とコンプトンさんは思い出しました。ブッシュ、それはあなたへの私たちのクリスマスプレゼントでした。」


ミシェルオバマは、装飾からマライアキャリーまで、ホワイトハウスの休日の伝統を共有しています

ホワイトハウスでのクリスマスの様子を覗いてみませんか?ヒントは次のとおりです。マライアキャリーの話を聞く必要があります。

ファーストレディのミシェルオバマは、レディスホームジャーナルの12月/ 1月号で家族の休日の伝統について語り、世界で最も有名な家に住んでいるにもかかわらず、この時期の彼らの活動はそれほど変わっていないと述べました。

ペンシルバニア通り1600番地の邸宅が装飾されると、ミシェル、バラク、サーシャ、マリアオバマは多くの時間を娯楽に費やします。

「12月21日まで、ほぼ1日2回、毎日レセプションがあります」とファーストレディは言いました。 「それは、通過するすべてのゲストのためのオードブルとエッグノッグとクッキーを意味します。家は丸一ヶ月の間信じられないほどのにおいがします。」

しかし、彼女は、ホリデースナックは最初のカップルの有名ななめらかな体格にそれほどダメージを与えていないと述べました。 「私たちは受信ラインまたは写真ラインにいて、人々に挨拶しているので、幸いなことに私たちが食べる時間はほとんどありません」と彼女は言いました。

休暇中、家はあらゆる形、大きさ、意味の樹木でいっぱいになり、ミシェルは男性と女性に奉仕するために特別な敬意を払うのが好きだと述べました。

「私たちはいつも、家の中で最大の木があるブルールームのクリスマスツリーを軍の家族に捧げてきました。今年は軍の帰郷の写真で飾るつもりです。また、軍の家族にも彼らの伝統を共有するよう求めています。それらは装飾品にも反映されます。」

彼女はまた、女の子が飾るために少なくとも1本の木を確保するようにしていると言いました。「通常、それはイエローオーバルルームの木です。ホットチョコレートを用意し、天候に関係なく火を灯し、装飾のバスケットを取り出してから、今シーズンの最初のホリデーミュージックを演奏します。」

当然のことながら、彼女のプレイリストは私たちのプレイリストとそれほど変わりません。 「もちろん、 『チャーリー・ブラウン・クリスマス』、ジェームス・テイラー、マライア・キャリー、ボーイズIIメン、ナット・キング・コールを含む驚異的なプレイリストがあります」と彼女は明かしました。プレイリストを抜くクリスマス。」

ミシェルは、謙虚な育ちを忘れないように心がけており、特にシカゴのささやかな子供時代の家から現在に至るまで、1つの伝統を取り入れています。 「私たちの拡大家族はとても大きかったので、人々は本当にみんなへの贈り物を買う余裕がありませんでした」と彼女は思い出しました。彼らはそれらをバスケットに入れ、あなたが実行しなければならなかった贈り物を得るために。小さいものから高いものまで、最も古いものから最も若いものまで、誰もが何かを実行しなければなりませんでした。冗談を言ったり、詩を読んだり、バク転したりすることができます。何でも数えられます。」

彼女は過去にボー(オバマのポルトガルの水犬)とトリックをしたことがあり、女の子は演劇をし、大統領は1、2曲歌うことで知られていると言います。

女の子への贈り物に関しては、サーシャとマリアは「必要なものはすべてすでに持っていることを理解している」ので、ミシェルはそれを制限していると言います。代わりに、家族は他の人に与えることに焦点を当て、Toys forTotsをサポートしています。 10代の若者は電子学習ゲームが大好きで、服を着ても間違いはありません。」

伝統となっているように、オバマ大統領は今年のクリスマスを大統領の故郷であるハワイで過ごし、家族や友人との時間を楽しむだけの「平和な日」を過ごします。


ホワイトハウスのクリスマスの伝統

パット・ニクソンほど熱狂的かつ創造的にクリスマスを楽しんだファーストレディはほとんどいませんでした。彼女がホワイトハウスで過ごした5つのホリデーシーズン中に、ニクソン夫人は今日まで続く伝統を紹介しました。彼女は、すべてのファーストレディがそれ以来尊敬し、築き上げてきた休暇中にエグゼクティブマンションを祝うための基準を設定しました。

19世紀のほとんどの間、ほとんどのアメリカ人がそうであったように、最初の家族は個人的にそして控えめにクリスマスを祝いました。エグゼクティブマンションに最初に記録されたクリスマスツリーは、1889年に、ベンジャミンハリソン大統領夫妻が、孫たちを喜ばせるために常緑樹を家族の住居に置いたときでした。 1912年12月のホワイトハウスでのタフト大統領夫妻の最後のクリスマスの間に、州の床に木が置かれるまでにさらに23年かかりました。

ホワイトハウスでの最初のクリスマスの間に、大統領とニクソン夫人は娘のトリシアと一緒に。公式のクリスマスツリーは1969年にエントランスホールに置かれましたが、翌年とその後毎年、ブルールームの通常の場所に戻されました。

リチャードニクソン財団

ホワイトハウスでのクリスマスのお祝いは、個人的な好みや居住者の好みに基づいて、その後何年にもわたって徐々に成長しました。マミー・アイゼンハワーは、家の各階に26本の木を設置し、長年にわたって記録を保持してきました。 1961年、ジャクリーン・ケネディはブルールームツリーのテーマを選択する伝統を始めました。

8年後、パットニクソンは、ニクソンズの5回の大統領クリスマスの最初の議長を務めました。ホワイトハウスでの休暇の記録者であるメアリーエバンスシーリーは、次のように述べています。 1ニクソンホワイトハウスでのクリスマスは、ホワイトハウスをこれまで以上に多くの人々が利用できるようにするというニクソン夫人のコミットメントを反映しています。

ファーストレディは、1973年のクリスマスの1週間前に、サンタクロースをホワイトハウスの住人のためのパーティーに迎えました。

リチャードニクソン財団&ampnbsp

1971年、ファーストレディとしての3回目のクリスマスの間に、ニクソン夫人は休暇への彼女のアプローチを次のように説明しました。 家と庭 雑誌:「私たちがホワイトハウスに来る前、私たちの友人たちはいつも私たちを見て、私たちの装飾、「オープンハウス」パーティーで、クリスマスに彼らにどんな驚きを与えるのかを見ていました。私たちはいつもクリスマスを特別で違うものにしようと努めてきました。ホワイトハウスでは、サプライズを提供することも楽しんでいます。」 2それらの「驚き」の多くは永続的な伝統になりました。

ニクソン夫人が始めた最も記憶に残る伝統の1つは、毎年恒例の一般向けキャンドルライトツアーでした。ツアーの発表で、ニクソン夫人は、人々、特に日中は家を見学できないワシントンで働く人々に、邸宅が「クリスマスの魔法と精神で輝く」のを見てほしいと言いました。 3ツアーはすぐに人気があり、毎晩何千人もの人々が集まりました。

ニクソン夫人は、1972年のキャンドルライトツアー中に北ポルティコの階段で訪問者を迎えます。

リチャードニクソン財団

ジュリーニクソンアイゼンハワーは、「赤、緑、青の部屋で火が燃え、シャンデリアと壁取り付け用燭台が非常に低くなり、ろうそくのように見えた」と回想しました。 [軍隊バンド]の回転するアンサンブルは、グランドホワイエでクリスマスキャロルを演奏しました。雰囲気は魔法のようでした。」 4パブリックキャンドルライトツアーは、30年以上にわたってホワイトハウスで毎年愛されている伝統となっています。

ニクソン夫人が始めたもう一つの永続的なクリスマスの伝統は、ホワイトハウスのジンジャーブレッドハウスです。以前のファーストレディの中には、クリスマスの飾りの一部としてジンジャーブレッドハウスを含めていた人もいましたが、ニクソン夫人はそれを毎年恒例の伝統とし、それ以来途切れることなく続いています。

1969年、ニクソン夫人の要請により、ホワイトハウスのスーシェフであるハンスラファートは、比較的シンプルで完全に食べられるAフレームのジンジャーブレッドハウスを作りました。ステートダイニングルームのサイドテーブルに置かれた魅力的な菓子の重さは約40ポンドでした。

ニクソン夫人と娘のジュリーニクソンアイゼンハワーは、1971年のホワイトハウスのジンジャーブレッドハウスの詳細に感謝しています。

リチャードニクソン財団

歴代のホワイトハウスのペストリーチームが前年の作品のトップを目指したため、長年にわたってホワイトハウスのジンジャーブレッドハウスはますます精巧になりました。今年のジンジャーブレッドハウスには、ラシュモア山、自由の女神、アラモなどのアメリカのランドマークのタブローがあり、重さは約400ポンドです。

トリシアニクソンコックスは最近、母親のクリスマスへのアプローチに影響を与えたものについて考えました。 「私の母にとって、クリスマスは受け取る以上のものを与えることを意味しました。ホワイトハウスには、クリスマスの時期に全国に還元する特別な環境があります。彼女の革新–キャンドルライトツアー、ジンジャーブレッドハウス–は、私たちの国の歴史の中でよりシンプルな時間を呼び起こしました。」

ワシントンで外交団のメンバーの子供たちのためにパーティーが開催されていた日の1973年12月の降雪は、ニクソン夫人に別の、より永続的ではない伝統を始めるよう促しました。彼女の提案で、彼女のスタッフのメンバーは、ブルールームから見える外交レセプションルームの入り口のすぐ外にあるサウスローンに雪だるまを作りました。

サウスローンの大統領夫妻は、1973年12月17日にニクソン夫人のスタッフによって作成された雪だるまを楽しんでいます。

リチャードニクソン財団

ファーストレディのアポイントメントオフィスで働いていたジョニスティーブンスは、最近その日を思い出しました。 「雪は細かくて乾燥していて、雪だるまを作るのには適していませんでした。そこで、南の私道を耕しているグラウンドキーパーに、ゴミ箱に雪を入れるように頼みました。その雪に水を加えて、収納できるようにしました。」陽気な雪だるまは、その日遅くにパーティーに参加したすべての子供たちを喜ばせました。

ニクソン夫人はまた、25年間存在しなかった、エグゼクティブマンションの北側ファサードのすべての窓に花輪を捧げるという以前の伝統を更新する責任がありました。 5しかし、以前とは異なり、ホワイトハウスの外観を歴史上初めて毎晩照らすというニクソン夫人の成功したプロジェクトのおかげで、リボンの花輪は昼夜を問わず目に見えました。

ニクソン家は、ブルールームにある1971年の公式クリスマスツリーの前で肖像画のポーズをとっています。この写真は、ホワイトハウス時代の家族のお気に入りの家族の肖像画の1つです。

リチャードニクソン財団

著者のアルビン・ローゼンバウムによれば、「夫人。ニクソンは、クリスマスの装飾、レセプション、エンターテインメントで前任者を上回りました。」 6しかし、1970年から1974年までニクソン夫人の事務所で働いていたシンディヴァンデンヒューベルタグは、最近、ホワイトハウスでのクリスマスを本当に特別なものにするためのニクソン夫人の努力の動機ではないことに気づきました。 "夫人。ニクソンは、クリスマスのホワイトハウスを温かく居心地の良い場所にしたいと考えていました。お祭りで、フレンドリーで、家庭的な雰囲気です。彼女はみんなに素晴らしい経験をしてもらいたかったのです。」

ニクソン夫人が最初にホワイトハウスでクリスマスを祝ってから50年間、彼女の後継者たちはそれぞれ、ホワイトハウスへの休日の訪問者が忘れられない経験を楽しめるように刺激を受けてきました。パットニクソンのユールタイドの遺産は、このお祭りの時期に邸宅を訪れるすべての人々を喜ばせ続けています。


人気のホワイトハウスの休日の伝統

最初のホワイトハウスパーティー

1800年、ジョン・アダムズ大統領とアビゲイル・アダムズ女史は、4歳の孫娘、スザンナにバッシュを投げかけることを決定し、今日まで続くホワイトハウスのクリスマスパーティーの習慣を始めました。

最初の「はしゃぐ」

ホリデーシーズンの前後には、子供向けのさまざまな活動がホワイトハウスで行われるのが一般的です。これらのタイプのイベントのインスピレーションは、アンドリュージャクソン大統領が子供たちのために彼の「はしゃぐ」を組織した1835年に来ました。これはゲームと豊富な食事を伴う大規模な事件であり、特別に作られた綿のボールを使用した屋内の「雪合戦」のグランドフィナーレで締めくくられました。

最初のホワイトハウスツリー

1889年、ベンジャミンハリソン大統領は、最初のクリスマスツリーをホワイトハウスに紹介し、おもちゃ、キャンディー、装飾品で精巧に装飾しました。これは最初のホワイトハウスの木でしたが、休暇を過ごす場所や子供がいるかどうかによっては、すべての大統領が伝統に固執しているわけではありません。

「グリーン」クリスマス

セオドア・ルーズベルト大統領は、自然への愛情と自然保護に対する断固たる姿勢でよく知られています。このため、彼はクリスマスの飾りとして使用するために木を切り倒すことを信じていませんでしたが、おそらくこの認識された休日の歓声の欠如を補うために、他の地域にすべて出かけました。彼は500人以上の子供たちのために、食事、ダンス、パーティーの記念品、そして完全にアイスクリームで作られた手の込んだサンタクロースでさえも巨大なパーティーを開きました。伝説によると、しかし、彼の息子、アーチーはまだ休暇のために小さな木に忍び込むことを選びました。いずれにせよ、ルーズベルトは、新しい木を切り倒すのではなく、ホワイトハウスの敷地内で生きているモミの木を飾るという伝統を始めたと信じられています。

「ブルー」クリスマス

1909年、ウィリアム・タフト大統領とその子供たちはブルールームで木を飾りました。ホワイトハウスの公共エリアに木が飾られたのはこれが初めてでした。この伝統は今日も続いています。

国立クリスマスツリー

カルビン・クーリッジ大統領は、1923年に、ホワイトハウスの外の公共の観覧エリアにある「国立クリスマスツリー」の洗礼式で、公共の木のアイデアを別のレベルに引き上げました。それ以来毎年、この巨大な常緑樹は照明され、装飾され、国の木として指定されています。これは、他の多くの活動を含むように長年にわたって進化してきた伝統です。第二次世界大戦の終結と朝鮮戦争は「平和のページェント」で記念されました。この慣習は続いており、木の照明によって始まる堅実な月の祝祭が含まれています。 「平和への道」とは、国立クリスマスツリーを囲む歩道のことで、各州と準州から56本の木があり、すべてユニークな装飾が施され、一般の人が見ることができます。

くるみ割り人形のクリスマス

最初のテーマのホワイトハウスツリーは、くるみ割り人形をモチーフにしたファーストレディジャクリーンケネディによって1961年に作成されました。それ以来、テーマの選択は標準的な慣習となっています。

幸せハヌカ

ジミー・カーター大統領は、1979年の平和のページェントの間にメノラーに火をつけたとき、このユダヤ教の祝日を認めた最初の大統領になりました。これは、毎年のホワイトハウスの休日スケジュールの一部として続いています。

ダースの木

1959年、アイゼンハワー大統領は、ホワイトハウスの各フロアに26本以上の木を設置することで、クリスマススピリットの基準を設定しました。しかし、この記録は後に、サンタのワークショップをテーマにした1997年のクリントン政権のなんと36本の木によって打ち砕かれました。 NORADのサンタトラッカー(北米航空宇宙防衛司令部)が発足したのもアイゼンハワーの在任中だった。

休日の精神を感じていますか?これらの他をチェックしてください 休日の記事 Sporcleブログから。


今年あなたの家族から始める30のユニークなクリスマスの伝統

ホリデーシーズンがこんなに暖かくてぼんやりとした気持ちを呼び起こす傾向があるのには理由があります。それは、私たちが住んでいる常にオンの世界の喧騒に一時停止を押し、祝う人々が愛する人と集まる年の数少ない時間の1つです。昔ながらのクリスマスの伝統に参加するもの。ホールマークの映画を見ることを含むクリスマスの必見の活動もあれば、お祝いの曲を演奏しながら家族のレシピや冬のデザートを焼く人もいます。しかし、旅程に追加する新しい習慣を探しているなら、今年初めて採用する新旧両方のアイデアが無数にあります。フランス、ドイツ、イギリスなどの国々で世界中から集められた最も古いクリスマスの伝統の多くは今日でも普及していますが(キャロルや市場など)、楽しいモダンなオプションも豊富にあります(おそろいのパジャマを着たり、クッキーをしたりするなど)。仲間と交換してください)。そして、2020年の休日は少し違って見えるかもしれませんが、ここにリストされているすべての伝統は、社会的距離にやさしいものにすることができます。

赤ちゃんから始める伝統を探している場合でも、今年の季節を特別な気分にさせたい場合でも、子供、カップル、そしてあらゆる種類の選ばれた家族のための30のオプションがあります。どのように祝うことを選んだとしても、これらの小さな儀式は、12月24日と12月25日、そしてそれまでの数週間を多くの人にとって魔法のようにするものの一部である親密さの要素を追加します。これらの甘くてユニークなアイデアは、きっとあなたに素敵な思い出を残すでしょう。


簡単なクリスマスクッキーのレシピ

あなたの休日のクッキーを焼くために土壇場まで待っていましたか?心配しないでください!これらのお祝いの御馳走は作るのが簡単です—そしてたくさんのYuletideの歓声を広めます。

関連:

写真提供者:Renee Comet&copy©2016、Television Food Network、G.P。全著作権所有

写真提供者:Matt Armendariz&copy2014、Television Food Network、G.P。全著作権所有

写真提供者:Renee Comet&copy©2016、Television Food Network、G.P。全著作権所有

写真提供者:Matt Armendariz&copy2014、Television Food Network、G.P。全著作権所有

写真提供者:Tara Donne&copyTara Donne

写真提供:Jon Paterson / Studio D

エッグノッグブロッサム

これらのクッキーをクリスマスの完璧な一口と考えてください。すべてが1つのおいしいおやつに包まれています。

エッグノッグメルタウェイクッキー

これらの粉状の雪玉の形をしたおやつは、口の中でとろけて、ナツメグ、ラム酒、バーボンの甘いマッシュアップを作ります。ヤム!

ホリデースワールシュガークッキー

標準のシュガークッキーに活気に満ちたひねりを加えました。エレガントなアイシングの渦巻きと滑らかで光沢のある仕上げは、ペパーミントのキャンディケインを思い出させます。

チョコレートクリンクルクッキー

このチョコレートをもっと良くする唯一の方法は?エスプレッソと雪に覆われた粉砂糖の香り!

歯ごたえのあるシュガークッキー

バターと砂糖を非常に軽くてふわふわになるまでクリーム状にして、これらのすばやく調理するシュガークッキーの一貫性を高めます。

サンドラリーのマカダミア-ココナッツクッキー

サンドラは、すべてのホリデークッキーが、これらのトロピカル風のスイーツ(店で購入したシュガークッキー生地から始まる)と同じくらい簡単に作れることを望んでいます。 「最も難しい部分は、1つだけ食べることです!」とサンドラは言います。

ココナッツマカロン

シンプルで退廃的で、わずか35分で作られるイナのココナッツマカロンは、持ち運びに最適です。

ホワイトチョコレート紙吹雪クリスマスクッキー

Bring the holiday cheer with these festive cookies. They're exploding with sprinkles and yummy drizzled white chocolate.

Ultimate Ginger Cookie

Ina's cookies are filled with spices: cinnamon, cloves, nutmeg and ginger, plus chopped crystallized ginger. A coating of sugar before baking gives them a crinkly crust.

Chocolate Coconut Balls

Anne's Pignoli Cookies

Pignoli cookies may be standard at any Italian bakery but they're actually simple to make at home. Mix them in one bowl they're ready in less than an hour. Anne Burrell's special touch? A bit of honey.

Snickerdoodles

Who wouldn't love a cookie that's set with a good dose of cinnamon-sugar but still nice and soft in the center?

Cornmeal Wreaths

These golden wreaths give the perfect amount of holiday spirit with their sweet taste and playful appearance.

Sunny's German Chocolate Cake Cookies

Butterscotch-Walnut Cookies

Crispy cookies with butterscotch and walnut fillings are the best way to treat yourself on a cold winter day!

Throwdown Chocolate Chip Cookies

White Chocolate Cranberry Cookies

Peanut Butter Cookies

These peanut butter-filled cookies are creamed together all in one bowl. What could be easier than that?

Macadamia-Almond Christmas Cookies

Feeling a little nutty this Christmas? Add that into your baked goods for some crunchy yumminess with a macadamia and almond combo!

Holiday Haystacks

Get festive with this cute and creative treat! Gather your traditional dessert ingredients and experiment with chow mein noodles for the layered structure. Pouring the melted chocolate and the holiday sprinkles over the cookie is what really seals the deal.

Super Yummy Chocolate Chunk Oatmeal Cookies

Anne is a dark-chocolate fan so she chops it up with walnuts to make these oatmeal cookies nice and chunky. Top them with a sprinkle of sea salt to give them a little something special.

Cinnamon-Spiced Hot Chocolate Cookies

The best alternative to your favorite winter drink? Hot Cocoa Cookies, of course! They've got cinnamon spice wrapped in a chocolatey cookie (perfected with a bonus of tasty almonds and dulce de leche).

Blondie with Dark Roots

Guy folds hazelnuts, coconut and chocolate chips into his blondie batter for an easy, but delicious, treat. Simply spread the batter into a pan, bake for 40 minutes and cool before slicing into individual squares.


Traditional English RecipesTasty English Food For You to Cook

Most traditional English recipes have a long and eventful history. Some were passed down through generations of cooks, others were chance inventions that were so well liked that many cooks took them up and made them classics. This section of the site is my collection of things I've found and tried and loved.

There are recipes for an English breakfast, which is much more than bacon and eggs or toast on the run.

Soups are true soul food. They can be uplifting or soothing, calming or invigorating. They are easy to make and can feed a crowd, while Salads can turn a summer afternoon picnic into a stylish eating experience.

サンドイッチ are a great English invention that's sadly been overtaken by the supermarkets. But make your own and you will really know the wonders of a good sandwich, whether you eat it at your desk or outside on the lawn as part of a picnic.

Tasty, warming, comforting . a good dinner should be all of these and we have a vast number of traditional English recipes that fit the bill perfectly.

Puddings are an English love affair. Summer desserts are light, fruity and just right for being eaten outside in the sunshine. And come winter, we look for more warming, comforting fare, to steamed puddings, baked puddings, warming crumbles and apple pie.

Drinking tea is an institution in England. And for most people, just a cuppa just won't do. There has to be something alongside it: a biscuit, a slice of cake, a bun or a scone. And just like baking, jam making, pickling and preserving are real kitchen pleasures, because the results of your labours are around for weeks if not months to be enjoyed.

While everyone can name at least three English drinks, what about all the others? The old-fashioned tried and tested ones? What about mulled wine, shandy gaff, claret cup, sloe gin, mead, a bowl of punch or a glass of cherry brandy?

Christmas without its myriad of traditional recipes just wouldn't be Christmas. Check out all the traditional favourites like mince pies, christmas pudding, mulled wine, chestnut soup and more in my Christmas food セクション。

And finally, there are sections for apple recipes, mincemeat recipes, asparagus dishes and recipes for the most maligned of all vegetables: Brussels Sprouts. Over time, I'm sure there'll be more. I love researching recipes - unusual ones, traditional ones and local ones - and I'm frequently adding new recipes to this list. Click on the images to move right to the section you're interested in . or browse at leisure through this tasty selection of traditional English recipes.


The best and worst White House Christmas displays

There is nothing like Christmas at the White House. Each winter, America's first family looks to both pay tribute to decades of presidential tradition while also staking out a display all their own — sometimes to varying success.

This is how 14 first ladies prepared for the most wonderful time of the year.

14. Betty Ford, 1975

(Library of Congress)

You can't fault a woman for the decade she has to decorate in. First lady Betty Ford, who lived in the White House through the heart of the 1970s, wasn't exactly fortunate when it came to holiday trends: Think tinsel. Lots and lots of tinsel. Still, despite the unfortunate tackiness of the era, Ford could have avoided some missteps in her "Children's Christmas"-themed White House in 1975 — just look at that sad, skinny Santa Claus! And put some lights or ornaments on that Christmas tree — anything!

13. Eleanor Roosevelt, 1939

(AP写真)

President Franklin Roosevelt spent some 10 Christmases in the White House, which would admittedly be an exhausting amount of Christmases to have to decorate the mansion for (the president's final two holidays of his 12 years in office were held at the family's home in Hyde Park). Seeing as it was the end of the Great Depression, it is understandable that Eleanor Roosevelt did not go overboard with extravagance in 1939, although that does nothing to forgive the abominable lametta on her tree.

12. Melania Trump, 2018

The People’s House @WhiteHouse is ready to celebrate Christmas and the holiday season! pic.twitter.com/oejKW3mC15

— Melania Trump (@FLOTUS) November 26, 2018

First lady Melania Trump has not found tremendous success decorating the White House just yet (remember her ominous grove of dead trees from last year?). This year's arboreal blunder comes in the form of red evergreen trees, which are unnervingly evocative of the bloodthirsty red weed from War of the Worlds。 While she gets points for being bold and thinking outside the box, you never want a Christmas display in which the Twin Peaks brain tree would fit right in.

11. Michelle Obama, 2016

Michelle Obama's last Christmas in the White House was a mishmash of themes, colors, and Portuguese water dogs. While the enormous replicas of Bo and Sunny are cute, they aren't exactly Christmasy。 Obama also went overboard with American flag references, which felt out of place beside the wintery displays. Save red, white, and blue for July.

10. Frances Folsom Cleveland Preston, 1898

(The White House Historical Association)

The Cleveland family Christmas tree was the first to have electric light bulbs, although they did nothing to take away from the nostalgic feel of Frances Cleveland's Oval Room display. With the window wreathes and a gorgeous old nativity set adding cheery touches, the whole picture comes together looking downright Dickensian. Still, those dolls are creepy.

9. Claudia "Lady Bird" Johnson, 1967

(AP写真)

Lady Bird Johnson might not have had the flashiest White House holiday decor, but she did have the coziest. Her display looks so welcoming and natural that you half expect there to be a present for あなた waiting under the tree. While that's all well and good for any other home in America, this the White House, and the Johnsons are docked for their overall lack of pomp. Good dog, though.

8. Mamie Eisenhower, 1958

(AP Photo/Bill Allen, File)

Mamie "Mrs. Christmas" Eisenhower was an enthusiastic decorator, and in 1958 she erected 27 trees throughout the White House, not a one of them fake. Unfortunately, FirstLadies.org reports that she was also an enthusiastic dispenser of tinsel and white spray paint (alas, there are reportedly no color photographs of the whole affair). Perhaps Eisenhower's greatest fault of all, though, was piping Christmas carols into every room of the White House。 Yes, yes, we get you love Christmas, but make it stop!

7. Hillary Clinton, 2000

Hillary Clinton's Christmas decor was 多くの, but that wasn't necessarily a bad thing. Favoring a green-and-gold color scheme, Clinton's decor in 2000 had a grandmothery feel about it, which was both comforting and festive. Fittingly, her theme was "Holiday Reflections," and her displays contained elements of "the seven [previous] Christmas themes of the Clinton administration." Although the resulting stocking bonanza might be too much for some people, what can I say — I'm a maximalist.

6. Jacqueline Kennedy Onassis, 1961

(AP Photo/Henry Burroughs)

Jackie Kennedy was the picture of elegance, and her White House at Christmastime came to match. Her tasteful Nutcracker-themed Blue Room tree launched the tradition of themed Christmases in the White House, and what a note to start on — strung with light blue ribbon and dangling figurines, the Balsam fir evoked Peter Tchaikovsky's ballet. Notably, Kennedy dispensed with Eisenhower's enthusiastic use of tinsel.

5. Pat Nixon, 1969

Pat Nixon strived for "elegance, beauty, and grace" in her White House decorations, and she didn't fall short. Her refined decorating proved that a little could go a long way — say, a green bow on an Irish setter or simple red pillars. She also launched one of the most beloved White House holiday traditions: the enormous gingerbread house.

4. Barbara Bush, 1990

Barbara Bush loved a good poinsettia, and extended the rich red theme to every room in the 1990 White House. But perhaps the best part about her display was her enthusiasm over every little detail — as she led the press tour, she repeatedly implored the photographers to get close and 本当 look at the handicraft of her staff. Even the presidential plumber contributed a white castle made of pipes. Not a detail was overlooked even Millie got a red bow on her collar.

3. Rosalynn Carter, 1978

Rosalynn Carter had a mildly terrifying tree of dolls in the 1978 White House, but if you can put aside that creepiness, you might appreciate the old-timey look of her Christmas display (even the Carters' Christmas card was a throwback to the days of yore). Of all the nostalgic decorations employed by first ladies over the years, Carter's is the most impressive, with a marigold sting of pompoms nicely tying together with the window drapes, and generally making the whole room feel warm. Additionally, like many other White House families, Carter made the reason for the season a prominent part of her decor: just look at that fabulous, towering nativity.

2. Laura Bush, 2007

You've got to hand it to the Bush family they sure know how to decorate for Christmas. Laura Bush took a page out of first lady Hillary Clinton's playbook with the gold and green palette in 2007, but made it all her own. While the natural-looking theme was a risk — Bush chose to represent "Holiday in the National Parks" that year — the understated beauty works, with the fluffy piles of "snow" on the bows of the trees and wreathes making it feel like you were outdoors. The Christmas cookies, of course, were in the shape of animals you could find in the parks.

1. Nancy Reagan, 1987

(AP Photo/Barry Thumma)

No one did Christmas quite like Nancy Reagan. From hanging out with ALF to throwing fake snowballs with Dom DeLuise to sitting on the lap of Mr. T, Reagan embraced her role as the conductor of the White House Christmas. The first lady's childlike excitement about the holidays got at the heart of what Christmas is all about in fact, you could frequently find Nancy sprawled out among the children, enjoying the entertainment. In her 1987 display, she had a music-themed Blue Room tree, although perhaps the best room was one in which eight towering evergreens were adorned with silver lights and surrounded by soft drifts of fake snow. "The room is warm, but it feels like it's snowing," DeLuise told the press in awe. Now that's Christmas magic.


コンテンツ

A Passover Seder is a ritual meal held by Jews on the first two nights of the Passover holiday (first night only in Israel). The Seder is traditionally conducted in the home by the family and their invited guests, although it may also be held by any group of Jews, such as members of a synagogue, condominium complex, student group, army base, etc. At the Seder, participants read the Haggadah, a ritual text recounting the liberation of the Israelites from slavery in ancient Egypt. The reading is accompanied by visual aids in the form of the symbolic foods on the Passover Seder Plate. A festive meal is part of the ritual. [1] [2] While religious Jewish law places certain restrictions on a non-Jew eating at a Seder, [3] non-traditional Jews often invite non-Jews to their Seders, and non-Jews also conduct Seders of their own, [4] although the latter practice is highly controversial. [5] [6] [7]

The White House Passover Seder had its origins in an informal Passover Seder conducted on April 19, 2008, by three junior staff members of then-presidential candidate Barack Obama's campaign. At the time, Obama and his campaign team were in Harrisburg, Pennsylvania, in advance of the Pennsylvania primary, and the Jewish staffers realized they would not be able to go home to be with their families on Seder night. The three staffers – Eric Lesser, Herbie Ziskend, and Arun Chaudhary – obtained a "Passover kit" with wine, matzo, macaroons, and Haggadahs from the Hillel House at the University of Pennsylvania and were conducting a late-night Seder in a meeting room of the Sheraton Hotel in Harrisburg when Obama walked in. "Hey, is this the Seder?" Obama asked. He and a group of aides, all non-Jews, joined in to recite the Haggadah. Obama was familiar with the ritual, having attended Passover Seders for the previous nine years. At the end of the Seder, when the assembled said the traditional wish, "Next year in Jerusalem", Obama added, "Next year in the White House". [8] [9]

The following year, with Obama elected president and his junior staffers working in the White House, Obama encouraged the group to hold the Seder again. [8] The 2009 event was the first time that a sitting U.S. president conducted a Passover Seder in the White House. [8] [10] [11] The White House switchboard was reportedly swamped with callers seeking a dinner invitation. [12] The White House Seder was scheduled for the second night of Passover to allow Jewish staffers to spend the first Seder on the first night of Passover with their families. [11] About 20 guests sat around a table in the Old Family Dining Room reading the Haggadah and sampling the traditional Seder foods. Malia and Sasha Obama, being the youngest in attendance, recited the Four Questions [13] and engaged in the search for the afikoman. [9]

Obama hosted the White House Passover Seder for all eight years of his administration. [14] Among the annual traditions for the White House Seder were Obama's imitation of Pharaoh, Chaudhary's speech on the Hillel sandwich, and the hiding of the afikoman under the watchful eye of a Secret Service member. [8] [13] The Seder convened in the Old Family Dining Room and lasted for two hours. [15] During Obama's last year in office in 2016, the Seder was held on April 26, [14] the sixth day of Passover, due to Obama's previously scheduled visit to Saudi Arabia on the first and second nights of Passover. [16]

During a visit to Israel in 2013, Obama stated that he brought the Passover Seder to the White House to acquaint his daughters with the story of the Exodus, whose themes resonated with his personal beliefs. [17] [10] He said:

To African Americans, the story of the Exodus was perhaps the central story, the most powerful image about emerging from the grip of bondage to reach for liberty and human dignity – a tale that was carried from slavery through the Civil Rights Movement into today. For me, personally, growing up in far-flung parts of the world and without firm roots, the story spoke to a yearning within every human being for a home. [10]

The White House Seder participants, many of them African Americans, were cognizant of the similarities between the story of the Israelites' Exodus from Egypt and the American civil rights movement. The themes of social justice, struggle, and freedom were often evoked during discussion at the meal. [8] At the point in the ritual when the prophet Elijah is welcomed to the meal, the guests recited the Emancipation Proclamation. [8]

The choice of serving pieces was also symbolic. In 2009, the group used silverware from the Truman administration, remembering Truman as the first President to recognize Israel. [8] In 2013, Israel First Lady Sara Netanyahu gave as a gift a Seder Plate, which was used each year at the dinner. [8] [17] Those in attendance read from the Maxwell House Haggadah, which is widely used in Jewish homes. [17] [13]

The menu at the White House Passover Seder featured traditional American Jewish Passover cuisine such as gefilte fish, charoset, chicken soup with matzah balls, brisket, potato kugel, and macaroons. [13] [18] Salads and vegetable side dishes completed the menu. [18] Lesser brought handmade shmurah matzah from the Chabad-Lubavitch center in Springfield, Massachusetts. [19] Family recipes were emphasized: in 2015, these recipes included matzo ball soup from Ziskend's grandmother, carrot soufflé from Lesser's mother, and Raspberry Ganache Marjolaine from Chaudhary's mother. [18] Recipes covered foods from both the Ashkenazic and Sephardic traditions. [18] The food was not strictly kosher, but kosher style. [20] In 2014, the White House Passover Seder began inviting a guest chef to coordinate the menu with the White House executive chef. [18]

Unlike the White House Hanukkah Party, Obama's White House Passover Seder was not a political event. The guest list did not include rabbinical figures, Jewish lobbyists, members of Congress, or Israeli representatives. [8] [17] The guest list of approximately 20 remained basically the same each year. [13] Attendees included the president and his family, members of the president's and first lady's staff and their families, and friends of the Obamas, with a mix of Jews and non-Jews. [17]

In April 1993 staffers of President Clinton conducted a Passover Seder in the Indian Treaty Room of the Eisenhower Executive Office Building, in the absence of the President. [11] [21]

On April 10, 2017, the first night of Passover, several Trump Administration staffers conducted a Seder in the Eisenhower Executive Office Building, but unlike during the Obama Administration, neither President Trump nor his family members attended the ritual. [22] [23]


ビデオを見る: חדשות - מלניה טראמפ קמפיין Be Best הבית הלבן דונלד טראמפ (かもしれません 2022).