カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

新しいビデオ:空腹の少ない世界のために女性農民に資金を提供する

新しいビデオ:空腹の少ない世界のために女性農民に資金を提供する


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

  1. 料理

2014年8月18日

フードタンク

女性農民へのより多くの投資は、飢餓と貧困を緩和するのに役立ち、少女と女性のためのより多くの社会正義とエンパワーメントにつながるでしょう。 Global Forum on Agricultural Research(GFAR)とFoodTankがリリースした新しいビデオをご覧ください。


どうすれば農業の女性に飢餓を終わらせる力を与えることができるでしょうか?

第一次世界大戦と第二次世界大戦の間、英国は農場を乗っ取り、国に食糧を供給し続けるために女性の陸軍を設立しました。

第一次世界大戦と第二次世界大戦の間、英国は農場を乗っ取り、国に食糧を供給し続けるために女性の陸軍を設立しました。

最終更新日:2020年10月15日木曜日14.34 BST

私たちが一生のうちに飢餓を終わらせるつもりなら、私たちは女性に力を与える必要があります。統計はよく知られています。多くの開発途上国では、女性が農業労働力の半分を占めていますが、土地の所有権と権利だけでなく、信用、投入、普及サービスに対する障壁が女性の生産を制限しています。

女性が生産的な資源に平等にアクセスできれば、女性は収穫量を増やし、世界中のより多くの飢えた人々を養うことができることを私たちはすでに知っています。また、女性は、教育、栄養、健康を改善するために、収入を家族に再投資する可能性が高くなります。女性が繁栄すると、家族や地域社会も繁栄します。

あまり知られていないのは、開発コミュニティが、女性が農業で直面する制約や障壁を効果的に克服し、農業の成長から完全に恩恵を受けることができるようにする方法です。本質的に、飢餓を終わらせるためには女性に力を与える必要があることを私たちは知っていますが、それを行う最善の方法を常に知っているわけではありません。

女性のエンパワーメントへの世界的な取り組みが強力であるため、開発におけるより良いデータ、監視、評価が求められているのは時宜を得たものです。米国国際開発庁(USAid)、国際食糧政策研究所、オックスフォード貧困人間開発イニシアチブによって開発された女性のエンパワーメント農業指数(WEAI)などのツールは、何が機能するかに関する証拠基盤の構築に役立っています。エンパワーメントを具体的で測定可能な概念にするために取り組むことができます。

Feed the Futureでは、男性と女性のさまざまなニーズ、懸念、関心、役割を、活動のすべての段階で戦略と介入に取り入れています。新しいプロジェクトを開始する前に、特に農業に関して、女性と男性の役割、リソース、意思決定力を理解するために性別分析を実施します。これは、性別のギャップと制約、およびそれらのギャップを減らすための可能な方法を特定するのに役立ちます。早期に実施される優れたジェンダー分析は、女性が望んで参加できるプロジェクトを設計および実施するための鍵です。

WEAIは、特に家庭内の男性と比較して、農業部門における女性のエンパワーメント、エージェンシー、インクルージョンを測定します。これにより、世帯やコミュニティ内のジェンダーのダイナミクスをより確実に理解できます。また、さまざまな地域の男性と女性が力を失っている分野を理解するのに役立ち、そこでの政策とプログラミングをターゲットにすることができます。

各国の結果をドリルダウンすると、文化や状況によって制約が異なることがわかります。 WEAIの調査結果は、バングラデシュでは、グループメンバーシップへのアクセスと人前での発言の欠如が女性のエンパワーメントを妨げており、バングラデシュの女性は収入の使用に対する管理に制約があることを示しています。ホンジュラスでは世界中で、収入の管理も女性の無力化の主な要因ですが、ホンジュラスの女性にとって最大の制約は、クレジットなどの生産的なリソースへのアクセスの欠如です。ケニアでは、女性は同じようにローンへのアクセスの欠如に苦しんでいますが、非常に重い仕事量と収入の管理によっても妨げられています。

多くの点で、ベースライン調査はほんの始まりにすぎません。農業における女性のエンパワーメントに関する証拠は不十分であるため、私たちの仕事の影響を厳密かつ頻繁に測定することで、私たちのプログラムが意図した効果を発揮しているかどうかを知ることができます。女性の生活のある領域でエンパワーメントに取り組むことは、他の領域でのエンパワーメントを悪化させる可能性があることを私たちは知っていますが、私たちが正しい方向に進んでいるとしても、私たちは新しい課題を発見しています。それらをカタログ化し、それらに基づいて意味のあるガイダンスを作成し、それらの教訓を世界と共有することは、女性の可能性を認識するすべての組織がすべきことです。しかし、それ自体が課題である最初の手を知っています。

Feed the Futureを最初に開始し、最初の数年間の実装からのデータがロールインされたとき、私たちのプログラムが私たちが望むほど多くの女性に届いていないことに気づきました。より多くの女性にリーチしているプログラムの女性でさえ、別の課題を発見しました。農業の指導的地位に参加し、加工やマーケティングなどのバリューチェーンの上位にいる女性はほとんどいません。私たちは、私たちの仮定を再検討し、女性に手を差し伸べて力を与えるために一致団結して努力し、パートナーにも同じことをするように勧める必要がありました。

ジェンダー平等の推進と女性のエンパワーメントに関しては、世界にはまだ未完成のビジネスがあります。しかし、ミレニアム開発目標の多くを達成するためには、そしてまもなく持続可能な開発目標を達成するためには、ジェンダー平等への取り組みから行動へと移行し続ける必要があります。これを行う方法についての確固たる証拠が不足しているため、機能しているものだけでなく、機能していないものも共有する必要があります。どちらも、女性に効果的に力を与えるための私たちの取り組みに追加する価値のあるものがあります。それ以下のことは、私たち全員が到達しようとしている農民やビジネスウーマン、つまり世界的な飢餓を終わらせることができる人々を失敗させることになるでしょう。

Tjada McKennaは、USAid食料安全保障局の管理者のアシスタントであり、Feed theFutureの開発の副コーディネーターです。 Twitterで@Tjadaをフォローしてください。

Food for Thoughtは、民間、公共、慈善部門のリーダーからの飢餓ゼロという目標を達成するためのアイデアをまとめた月刊シリーズです。

グローバルな開発の専門家や専門家のコミュニティに参加してください。 GDPNメンバーになる このようなストーリーを受信トレイに直接送信します。


どうすれば農業の女性に飢餓を終わらせる力を与えることができるでしょうか?

第一次世界大戦と第二次世界大戦の間、英国は農場を乗っ取り、国に食糧を供給し続けるために女性の陸軍を設立しました。

第一次世界大戦と第二次世界大戦の間、英国は農場を乗っ取り、国に食糧を供給し続けるために女性の陸軍を設立しました。

最終更新日:2020年10月15日木曜日14.34 BST

私たちが一生のうちに飢餓を終わらせるつもりなら、私たちは女性に力を与える必要があります。統計はよく知られています。多くの開発途上国では、女性が農業労働力の半分を占めていますが、土地の所有権と権利だけでなく、信用、投入、普及サービスに対する障壁が女性の生産を制限しています。

女性が生産的な資源に平等にアクセスできれば、女性は収穫量を増やし、世界中のより多くの飢えた人々を養うことができることを私たちはすでに知っています。また、女性は、教育、栄養、健康を改善するために、収入を家族に再投資する可能性が高くなります。女性が繁栄すると、家族や地域社会も繁栄します。

あまり知られていないのは、開発コミュニティが、女性が農業で直面する制約や障壁を効果的に克服し、農業の成長から完全に恩恵を受けることができるようにする方法です。本質的に、飢餓を終わらせるためには女性に力を与える必要があることを私たちは知っていますが、それを行う最善の方法を常に知っているわけではありません。

女性のエンパワーメントへの世界的な取り組みが強力であるため、開発におけるより良いデータ、監視、評価が求められているのは時宜を得たものです。米国国際開発庁(USAid)、国際食糧政策研究所、オックスフォード貧困人間開発イニシアチブによって開発された女性のエンパワーメント農業指数(WEAI)などのツールは、何が機能するかに関する証拠基盤の構築に役立っています。エンパワーメントを具体的で測定可能な概念にするために取り組むことができます。

Feed the Futureでは、男性と女性のさまざまなニーズ、懸念、関心、役割を、活動のすべての段階で戦略と介入に取り入れています。新しいプロジェクトを開始する前に、特に農業に関して、女性と男性の役割、リソース、意思決定力を理解するために性別分析を実施します。これは、性別のギャップと制約、およびそれらのギャップを減らすための可能な方法を特定するのに役立ちます。早期に実施される優れたジェンダー分析は、女性が望んで参加できるプロジェクトを設計および実施するための鍵です。

WEAIは、特に家庭内の男性と比較して、農業部門における女性のエンパワーメント、エージェンシー、インクルージョンを測定します。これにより、世帯やコミュニティ内のジェンダーのダイナミクスをより確実に理解できます。また、さまざまな地域の男性と女性が力を失っている分野を理解するのに役立ち、そこでの政策とプログラミングをターゲットにすることができます。

各国の結果をドリルダウンすると、文化や状況によって制約が異なることがわかります。 WEAIの調査結果は、バングラデシュでは、グループメンバーシップへのアクセスと人前での発言の欠如が女性のエンパワーメントを妨げており、バングラデシュの女性は収入の使用に対する管理に制約があることを示しています。ホンジュラスでは世界中で、収入の管理も女性の無力化の主な要因ですが、ホンジュラスの女性にとって最大の制約は、クレジットなどの生産的なリソースへのアクセスの欠如です。ケニアでは、女性は同じようにローンへのアクセスの欠如に苦しんでいますが、非常に重い仕事量と収入の管理によっても妨げられています。

多くの点で、ベースライン調査はほんの始まりにすぎません。農業における女性のエンパワーメントに関する証拠は不十分であるため、私たちの仕事の影響を厳密かつ頻繁に測定することで、私たちのプログラムが意図した効果を発揮しているかどうかを知ることができます。女性の生活のある領域でエンパワーメントに取り組むことは、他の領域でのエンパワーメントを悪化させる可能性があることを私たちは知っていますが、私たちが正しい方向に進んでいるとしても、私たちは新しい課題を発見しています。それらをカタログ化し、それらに基づいて意味のあるガイダンスを作成し、それらの教訓を世界と共有することは、女性の可能性を認識するすべての組織がすべきことです。しかし、それ自体が課題である最初の手を知っています。

Feed the Futureを最初に開始し、最初の数年間の実装からのデータがロールインされたとき、私たちのプログラムが私たちが望むほど多くの女性に届いていないことに気づきました。より多くの女性にリーチしているプログラムの女性でさえ、別の課題を発見しました。農業の指導的地位に参加し、加工やマーケティングなどのバリューチェーンの上位にいる女性はほとんどいません。私たちは、私たちの仮定を再検討し、女性に手を差し伸べて力を与えるために一致団結して努力し、パートナーにも同じことをするように勧める必要がありました。

ジェンダー平等の推進と女性のエンパワーメントに関しては、世界にはまだ未完成のビジネスがあります。しかし、ミレニアム開発目標の多くを達成するためには、そしてまもなく持続可能な開発目標を達成するためには、ジェンダー平等への取り組みから行動へと移行し続ける必要があります。これを行う方法についての確固たる証拠が不足しているため、機能しているものだけでなく、機能していないものも共有する必要があります。どちらも、女性に効果的に力を与えるための私たちの取り組みに追加する価値のあるものがあります。それ以下のことは、私たち全員が到達しようとしている農民やビジネスウーマン、つまり世界的な飢餓を終わらせることができる人々を失敗させることになるでしょう。

Tjada McKennaは、USAid食料安全保障局の管理者のアシスタントであり、Feed theFutureの開発の副コーディネーターです。 Twitterで@Tjadaをフォローしてください。

Food for Thoughtは、民間、公共、慈善部門のリーダーからの飢餓ゼロという目標を達成するためのアイデアをまとめた月刊シリーズです。

グローバルな開発の専門家や専門家のコミュニティに参加してください。 GDPNメンバーになる このようなストーリーを受信トレイに直接送信します。


どうすれば農業の女性に飢餓を終わらせる力を与えることができるでしょうか?

第一次世界大戦と第二次世界大戦の間、英国は農場を乗っ取り、国に食糧を供給し続けるために女性の陸軍を設立しました。

第一次世界大戦と第二次世界大戦の間、英国は農場を乗っ取り、国に食糧を供給し続けるために女性の陸軍を設立しました。

最終更新日:2020年10月15日木曜日14.34 BST

私たちが一生のうちに飢餓を終わらせるつもりなら、私たちは女性に力を与える必要があります。統計はよく知られています。多くの開発途上国では、女性が農業労働力の半分を占めていますが、土地の所有権と権利だけでなく、信用、投入、普及サービスに対する障壁が女性の生産を制限しています。

女性が生産的な資源に平等にアクセスできれば、女性は収穫量を増やし、世界中のより多くの飢えた人々を養うことができることを私たちはすでに知っています。また、女性は、教育、栄養、健康を改善するために、収入を家族に再投資する可能性が高くなります。女性が繁栄すると、家族や地域社会も繁栄します。

あまり知られていないのは、開発コミュニティが、女性が農業で直面する制約や障壁を効果的に克服し、農業の成長から完全に恩恵を受けることができるようにする方法です。本質的に、飢餓を終わらせるためには女性に力を与える必要があることを私たちは知っていますが、それを行う最善の方法を常に知っているわけではありません。

女性のエンパワーメントへの世界的な取り組みが強力であるため、開発におけるより良いデータ、監視、評価が求められているのは時宜を得たものです。米国国際開発庁(USAid)、国際食糧政策研究所、オックスフォード貧困人間開発イニシアチブによって開発された女性のエンパワーメント農業指数(WEAI)などのツールは、何が機能するかに関する証拠基盤の構築に役立っています。エンパワーメントを具体的で測定可能な概念にするために取り組むことができます。

Feed the Futureでは、男性と女性のさまざまなニーズ、懸念、関心、役割を、活動のすべての段階で戦略と介入に取り入れています。新しいプロジェクトを開始する前に、特に農業に関して、女性と男性の役割、リソース、意思決定力を理解するために性別分析を実施します。これは、性別のギャップと制約、およびそれらのギャップを減らすための可能な方法を特定するのに役立ちます。早期に実施される優れたジェンダー分析は、女性が望んで参加できるプロジェクトを設計および実施するための鍵です。

WEAIは、特に家庭内の男性と比較して、農業部門における女性のエンパワーメント、エージェンシー、インクルージョンを測定します。これにより、世帯やコミュニティ内のジェンダーのダイナミクスをより確実に理解できます。また、さまざまな地域の男性と女性が力を失っている分野を理解するのに役立ち、そこでの政策とプログラミングをターゲットにすることができます。

各国の結果をドリルダウンすると、文化や状況によって制約が異なることがわかります。 WEAIの調査結果は、バングラデシュでは、グループメンバーシップへのアクセスと人前での発言の欠如が女性のエンパワーメントを妨げており、バングラデシュの女性は収入の使用に対する管理に制約があることを示しています。ホンジュラスでは世界中で、収入の管理も女性の無力化の主な要因ですが、ホンジュラスの女性にとって最大の制約は、クレジットなどの生産的なリソースへのアクセスの欠如です。ケニアでは、女性は同じようにローンへのアクセスの欠如に苦しんでいますが、非常に重い仕事量と収入の管理によっても妨げられています。

多くの点で、ベースライン調査はほんの始まりにすぎません。農業における女性のエンパワーメントに関する証拠は不十分であるため、私たちの仕事の影響を厳密かつ頻繁に測定することで、私たちのプログラムが意図した効果を発揮しているかどうかを知ることができます。女性の生活のある領域でエンパワーメントに取り組むことは、他の領域でのエンパワーメントを悪化させる可能性があることを私たちは知っていますが、私たちが正しい方向に進んでいるとしても、私たちは新しい課題を発見しています。それらをカタログ化し、それらに基づいて意味のあるガイダンスを作成し、それらの教訓を世界と共有することは、女性の可能性を認識するすべての組織がすべきことです。しかし、それ自体が課題である最初の手を知っています。

Feed the Futureを最初に開始し、最初の数年間の実装からのデータがロールインされたとき、私たちのプログラムが私たちが望むほど多くの女性に届いていないことに気づきました。より多くの女性にリーチしているプログラムの女性でさえ、別の課題を発見しました。農業の指導的地位に参加し、加工やマーケティングなどのバリューチェーンの上位にいる女性はほとんどいません。私たちは、私たちの仮定を再検討し、女性に手を差し伸べて力を与えるために一致団結して努力し、パートナーにも同じことをするように勧める必要がありました。

ジェンダー平等の推進と女性のエンパワーメントに関しては、世界にはまだ未完成のビジネスがあります。しかし、ミレニアム開発目標の多くを達成するためには、そしてまもなく持続可能な開発目標を達成するためには、ジェンダー平等への取り組みから行動へと移行し続ける必要があります。これを行う方法についての確固たる証拠が不足しているため、機能しているものだけでなく、機能していないものも共有する必要があります。どちらも、女性に効果的に力を与えるための私たちの取り組みに追加する価値のあるものがあります。それ以下のことは、私たち全員が到達しようとしている農民やビジネスウーマン、つまり世界的な飢餓を終わらせることができる人々を失敗させることになるでしょう。

Tjada McKennaは、USAid食料安全保障局の管理者のアシスタントであり、Feed theFutureの開発の副コーディネーターです。 Twitterで@Tjadaをフォローしてください。

Food for Thoughtは、民間、公共、慈善部門のリーダーからの飢餓ゼロという目標を達成するためのアイデアをまとめた月刊シリーズです。

グローバルな開発の専門家や専門家のコミュニティに参加してください。 GDPNメンバーになる このようなストーリーを受信トレイに直接送信します。


どうすれば農業の女性に飢餓を終わらせる力を与えることができるでしょうか?

第一次世界大戦と第二次世界大戦の間、英国は農場を乗っ取り、国に食糧を供給し続けるために女性の陸軍を設立しました。

第一次世界大戦と第二次世界大戦の間、英国は農場を乗っ取り、国に食糧を供給し続けるために女性の陸軍を設立しました。

最終更新日:2020年10月15日木曜日14.34 BST

私たちが一生のうちに飢餓を終わらせるつもりなら、私たちは女性に力を与える必要があります。統計はよく知られています。多くの開発途上国では、女性が農業労働力の半分を占めていますが、土地の所有権と権利だけでなく、信用、投入、普及サービスに対する障壁が女性の生産を制限しています。

女性が生産的な資源に平等にアクセスできれば、女性は収穫量を増やし、世界中のより多くの飢えた人々を養うことができることを私たちはすでに知っています。また、女性は、教育、栄養、健康を改善するために、収入を家族に再投資する可能性が高くなります。女性が繁栄すると、家族や地域社会も繁栄します。

あまり知られていないのは、開発コミュニティが、女性が農業で直面する制約や障壁を効果的に克服し、農業の成長から完全に恩恵を受けることができるようにする方法です。本質的に、飢餓を終わらせるためには女性に力を与える必要があることを私たちは知っていますが、それを行う最善の方法を常に知っているわけではありません。

女性のエンパワーメントへの世界的な取り組みが強力であるため、開発におけるより良いデータ、監視、評価が求められているのは時宜を得たものです。米国国際開発庁(USAid)、国際食糧政策研究所、オックスフォード貧困人間開発イニシアチブによって開発された女性のエンパワーメント農業指数(WEAI)などのツールは、何が機能するかに関する証拠基盤の構築に役立っています。エンパワーメントを具体的で測定可能な概念にするために取り組むことができます。

Feed the Futureでは、男性と女性のさまざまなニーズ、懸念、関心、役割を、活動のすべての段階で戦略と介入に取り入れています。新しいプロジェクトを開始する前に、特に農業に関して、女性と男性の役割、リソース、意思決定力を理解するために性別分析を実施します。これは、性別のギャップと制約、およびそれらのギャップを減らすための可能な方法を特定するのに役立ちます。早期に実施される優れたジェンダー分析は、女性が望んで参加できるプロジェクトを設計および実施するための鍵です。

WEAIは、特に家庭内の男性と比較して、農業部門における女性のエンパワーメント、エージェンシー、インクルージョンを測定します。これにより、世帯やコミュニティ内のジェンダーのダイナミクスをより確実に理解できます。また、さまざまな地域の男性と女性が力を失っている分野を理解するのに役立ち、そこでの政策とプログラミングをターゲットにすることができます。

各国の結果をドリルダウンすると、文化や状況によって制約が異なることがわかります。 WEAIの調査結果は、バングラデシュでは、グループメンバーシップへのアクセスと人前での発言の欠如が女性のエンパワーメントを妨げており、バングラデシュの女性は収入の使用に対する管理に制約があることを示しています。ホンジュラスでは世界中で、収入の管理も女性の無力化の主な要因ですが、ホンジュラスの女性にとって最大の制約は、クレジットなどの生産的なリソースへのアクセスの欠如です。ケニアでは、女性は同じようにローンへのアクセスの欠如に苦しんでいますが、非常に重い仕事量と収入の管理によっても妨げられています。

多くの点で、ベースライン調査はほんの始まりにすぎません。農業における女性のエンパワーメントに関する証拠は不十分であるため、私たちの仕事の影響を厳密かつ頻繁に測定することで、私たちのプログラムが意図した効果を発揮しているかどうかを知ることができます。女性の生活のある領域でエンパワーメントに取り組むことは、他の領域でのエンパワーメントを悪化させる可能性があることを私たちは知っていますが、私たちが正しい方向に進んでいるとしても、私たちは新しい課題を発見しています。それらをカタログ化し、それらに基づいて意味のあるガイダンスを作成し、それらの教訓を世界と共有することは、女性の可能性を認識するすべての組織がすべきことです。しかし、それ自体が課題である最初の手を知っています。

Feed the Futureを最初に開始し、最初の数年間の実装からのデータがロールインされたとき、私たちのプログラムが私たちが望むほど多くの女性に届いていないことに気づきました。より多くの女性にリーチしているプログラムの女性でさえ、別の課題を発見しました。農業の指導的地位に参加し、加工やマーケティングなどのバリューチェーンの上位にいる女性はほとんどいません。私たちは、私たちの仮定を再検討し、女性に手を差し伸べて力を与えるために一致団結して努力し、パートナーにも同じことをするように勧める必要がありました。

ジェンダー平等の推進と女性のエンパワーメントに関しては、世界にはまだ未完成のビジネスがあります。しかし、ミレニアム開発目標の多くを達成するためには、そしてまもなく持続可能な開発目標を達成するためには、ジェンダー平等への取り組みから行動へと移行し続ける必要があります。これを行う方法についての確固たる証拠が不足しているため、機能しているものだけでなく、機能していないものも共有する必要があります。どちらも、女性に効果的に力を与えるための私たちの取り組みに追加する価値のあるものがあります。それ以下のことは、私たち全員が到達しようとしている農民やビジネスウーマン、つまり世界的な飢餓を終わらせることができる人々を失敗させることになるでしょう。

Tjada McKennaは、USAid食料安全保障局の管理者のアシスタントであり、Feed theFutureの開発の副コーディネーターです。 Twitterで@Tjadaをフォローしてください。

Food for Thoughtは、民間、公共、慈善部門のリーダーからの飢餓ゼロという目標を達成するためのアイデアをまとめた月刊シリーズです。

グローバルな開発の専門家や専門家のコミュニティに参加してください。 GDPNメンバーになる このようなストーリーを受信トレイに直接送信します。


どうすれば農業の女性に飢餓を終わらせる力を与えることができるでしょうか?

第一次世界大戦と第二次世界大戦の間、英国は農場を乗っ取り、国に食糧を供給し続けるために女性の陸軍を設立しました。

第一次世界大戦と第二次世界大戦の間、英国は農場を乗っ取り、国に食糧を供給し続けるために女性の陸軍を設立しました。

最終更新日:2020年10月15日木曜日14.34 BST

私たちが一生のうちに飢餓を終わらせるつもりなら、私たちは女性に力を与える必要があります。統計はよく知られています。多くの開発途上国では、女性が農業労働力の半分を占めていますが、土地の所有権と権利だけでなく、信用、投入、普及サービスに対する障壁が女性の生産を制限しています。

女性が生産的な資源に平等にアクセスできれば、女性は収穫量を増やし、世界中のより多くの飢えた人々を養うことができることを私たちはすでに知っています。また、女性は、教育、栄養、健康を改善するために、収入を家族に再投資する可能性が高くなります。女性が繁栄すると、家族や地域社会も繁栄します。

あまり知られていないのは、開発コミュニティが、女性が農業で直面する制約や障壁を効果的に克服し、農業の成長から完全に恩恵を受けることができるようにする方法です。本質的に、飢餓を終わらせるためには女性に力を与える必要があることを私たちは知っていますが、それを行う最善の方法を常に知っているわけではありません。

女性のエンパワーメントへの世界的な取り組みが強力であるため、開発におけるより良いデータ、監視、評価が求められているのは時宜を得たものです。米国国際開発庁(USAid)、国際食糧政策研究所、オックスフォード貧困人間開発イニシアチブによって開発された女性のエンパワーメント農業指数(WEAI)などのツールは、何が機能するかに関する証拠基盤の構築に役立っています。エンパワーメントを具体的で測定可能な概念にするために取り組むことができます。

Feed the Futureでは、男性と女性のさまざまなニーズ、懸念、関心、役割を、活動のすべての段階で戦略と介入に取り入れています。新しいプロジェクトを開始する前に、特に農業に関して、女性と男性の役割、リソース、意思決定力を理解するために性別分析を実施します。これは、性別のギャップと制約、およびそれらのギャップを減らすための可能な方法を特定するのに役立ちます。早期に実施される優れたジェンダー分析は、女性が望んで参加できるプロジェクトを設計および実施するための鍵です。

WEAIは、特に家庭内の男性と比較して、農業部門における女性のエンパワーメント、エージェンシー、インクルージョンを測定します。これにより、世帯やコミュニティ内のジェンダーのダイナミクスをより確実に理解できます。また、さまざまな地域の男性と女性が力を失っている分野を理解するのに役立ち、そこでの政策とプログラミングをターゲットにすることができます。

各国の結果をドリルダウンすると、文化や状況によって制約が異なることがわかります。 WEAIの調査結果は、バングラデシュでは、グループメンバーシップへのアクセスと人前での発言の欠如が女性のエンパワーメントを妨げており、バングラデシュの女性は収入の使用に対する管理に制約があることを示しています。ホンジュラスでは世界中で、収入の管理も女性の無力化の主な要因ですが、ホンジュラスの女性にとって最大の制約は、クレジットなどの生産的なリソースへのアクセスの欠如です。ケニアでは、女性は同じようにローンへのアクセスの欠如に苦しんでいますが、非常に重い仕事量と収入の管理によっても妨げられています。

多くの点で、ベースライン調査はほんの始まりにすぎません。農業における女性のエンパワーメントに関する証拠は不十分であるため、私たちの仕事の影響を厳密かつ頻繁に測定することで、私たちのプログラムが意図した効果を発揮しているかどうかを知ることができます。女性の生活のある領域でエンパワーメントに取り組むことは、他の領域でのエンパワーメントを悪化させる可能性があることを私たちは知っていますが、私たちが正しい方向に進んでいるとしても、私たちは新しい課題を発見しています。それらをカタログ化し、それらに基づいて意味のあるガイダンスを作成し、それらの教訓を世界と共有することは、女性の可能性を認識するすべての組織がすべきことです。しかし、それ自体が課題である最初の手を知っています。

Feed the Futureを最初に開始し、最初の数年間の実装からのデータがロールインされたとき、私たちのプログラムが私たちが望むほど多くの女性に届いていないことに気づきました。より多くの女性にリーチしているプログラムの女性でさえ、別の課題を発見しました。農業の指導的地位に参加し、加工やマーケティングなどのバリューチェーンの上位にいる女性はほとんどいません。私たちは、私たちの仮定を再検討し、女性に手を差し伸べて力を与えるために一致団結して努力し、パートナーにも同じことをするように勧める必要がありました。

ジェンダー平等の推進と女性のエンパワーメントに関しては、世界にはまだ未完成のビジネスがあります。しかし、ミレニアム開発目標の多くを達成するためには、そしてまもなく持続可能な開発目標を達成するためには、ジェンダー平等への取り組みから行動へと移行し続ける必要があります。これを行う方法についての確固たる証拠が不足しているため、機能しているものだけでなく、機能していないものも共有する必要があります。どちらも、女性に効果的に力を与えるための私たちの取り組みに追加する価値のあるものがあります。それ以下のことは、私たち全員が到達しようとしている農民やビジネスウーマン、つまり世界的な飢餓を終わらせることができる人々を失敗させることになるでしょう。

Tjada McKennaは、USAid食料安全保障局の管理者のアシスタントであり、Feed theFutureの開発の副コーディネーターです。 Twitterで@Tjadaをフォローしてください。

Food for Thoughtは、民間、公共、慈善部門のリーダーからの飢餓ゼロという目標を達成するためのアイデアをまとめた月刊シリーズです。

グローバルな開発の専門家や専門家のコミュニティに参加してください。 GDPNメンバーになる このようなストーリーを受信トレイに直接送信します。


どうすれば農業の女性に飢餓を終わらせる力を与えることができるでしょうか?

第一次世界大戦と第二次世界大戦の間、英国は農場を乗っ取り、国に食糧を供給し続けるために女性の陸軍を設立しました。

第一次世界大戦と第二次世界大戦の間、英国は農場を乗っ取り、国に食糧を供給し続けるために女性の陸軍を設立しました。

最終更新日:2020年10月15日木曜日14.34 BST

私たちが一生のうちに飢餓を終わらせるつもりなら、私たちは女性に力を与える必要があります。統計はよく知られています。多くの開発途上国では、女性が農業労働力の半分を占めていますが、土地の所有権と権利だけでなく、信用、投入、普及サービスに対する障壁が女性の生産を制限しています。

女性が生産的な資源に平等にアクセスできれば、女性は収穫量を増やし、世界中のより多くの飢えた人々を養うことができることを私たちはすでに知っています。また、女性は、教育、栄養、健康を改善するために、収入を家族に再投資する可能性が高くなります。女性が繁栄すると、家族や地域社会も繁栄します。

What’s not as well-known is how the development community can effectively help women overcome the constraints and barriers they face in agriculture so they can fully benefit from agricultural growth. In essence, we know we need to empower women if we are to end hunger, but we don’t always know how best to do that.

It’s timely then that as the global commitment to women’s empowerment is strong, so is the call for better data, monitoring and evaluation in development. Tools such as the Women’s Empowerment in Agriculture Index, (WEAI) developed by the US Agency for International Development (USAid), International Food Policy Research Institute, and Oxford Poverty and Human Development Initiative , are helping to build the evidence base around what works, making empowerment a tangible, measurable concept we can work towards.

At Feed the Future we are incorporating the different needs, concerns, interests and roles of men and women into strategies and interventions at all stages of our activities. Prior to starting any new project, we conduct a gender analysis to understand women and men’s roles, resources and decision-making power, particularly in regards to agriculture. This helps us identify gender gaps and constraints, along with possible ways for reducing those gaps. A good gender analysis, carried out early, is key to designing and implementing projects that women want to and can participate in.

The WEAI measures the empowerment, agency and inclusion of women in the agriculture sector, particularly relative to men in their households. This provides a more robust understanding of gender dynamics within households and communities. It is also helping us understand areas in which men and women in different regions are disempowered so we can target policy and programming there.

When we drill down on individual country results, we see that constraints vary across cultures and contexts. WEAI findings show that in Bangladesh, a lack of access to group membership and speaking in public hamper women’s empowerment and that Bangladeshi women are constrained in their control over use of income. Across the world in Honduras, control over income is also a major contributor to women’s disempowerment, but the greatest constraint for Honduran women is lack of access to productive resources such as credit. In Kenya, women suffer from the same lack of access to loans, but are also hindered by a very heavy workload and control over income.

In many ways, the baseline studies are just the start. There is an insufficient evidence base on women’s empowerment in agriculture so measuring the impact of our work, rigorously and often, enables us to know if our programmes are having the intended effect. We know that addressing empowerment in one area of a woman’s life could exacerbate disempowerment in other areas but even as we course correct, we’re uncovering new challenges. Cataloging those, developing meaningful guidance based on them, and sharing those lessons with the world is what all organisations who recognise the potential of women should be doing. However, we know firs hand that is a challenge in and of itself.

When we first started Feed the Future, and data from our first years of implementation rolled in, we realised our programmes weren’t reaching as many women as we wanted. Even those in the programmes that were reaching more women, we discovered another challenge: few women participate in leadership positions in agriculture and higher up in value chains, such as in processing and marketing. We had to revisit our assumptions and make a concerted effort to reach and empower women, and encourage our partners to do the sameWe also had to think through how to empower women to better participate in markets and promote women’s leadership in agriculture.

The world still has unfinished business when it comes to promoting gender equality and empowering women. Yet if we are to reach many of the millennium development goals - and soon, the sustainable development goals - we must continue to move from a commitment to gender equality to action. There is a lack of robust evidence on how to do this, so we must share what’s working, but also what isn’t. Both have something valuable to add to our efforts to effectively empower women. Anything less would be failing the farmers and businesswomen we’re all working to reach, the very people who can end global hunger.

Tjada McKenna is assistant to the administrator for the USAid Bureau for Food Security and deputy coordinator for development for Feed the Future. Follow @Tjada on Twitter.

Food for Thought is a monthly series curating ideas on achieving the goal of zero hunger from leaders across the private, public and charity sectors.

Join the community of global development professionals and experts. Become a GDPN member to get more stories like this direct to your inbox.


How can we empower women in agriculture to end hunger?

During the first and second world wars, Britain set up Women’s Land Armies to take over farms and keep the country fed.

During the first and second world wars, Britain set up Women’s Land Armies to take over farms and keep the country fed.

Last modified on Thu 15 Oct 2020 14.34 BST

If we’re going to end hunger in our lifetimes, we need to empower women. The statistics are well-known. Women make up to half of the agricultural labour force in many developing countries, but barriers to credit, inputs and extension services, as well as land ownership and rights, limit their production.

We already know that if women had equal access to productive resources, they could increase their yields and feed more hungry people in the world. And women are more likely to reinvest their income back into their families to improve education, nutrition and health. When women flourish, families and communities do too.

What’s not as well-known is how the development community can effectively help women overcome the constraints and barriers they face in agriculture so they can fully benefit from agricultural growth. In essence, we know we need to empower women if we are to end hunger, but we don’t always know how best to do that.

It’s timely then that as the global commitment to women’s empowerment is strong, so is the call for better data, monitoring and evaluation in development. Tools such as the Women’s Empowerment in Agriculture Index, (WEAI) developed by the US Agency for International Development (USAid), International Food Policy Research Institute, and Oxford Poverty and Human Development Initiative , are helping to build the evidence base around what works, making empowerment a tangible, measurable concept we can work towards.

At Feed the Future we are incorporating the different needs, concerns, interests and roles of men and women into strategies and interventions at all stages of our activities. Prior to starting any new project, we conduct a gender analysis to understand women and men’s roles, resources and decision-making power, particularly in regards to agriculture. This helps us identify gender gaps and constraints, along with possible ways for reducing those gaps. A good gender analysis, carried out early, is key to designing and implementing projects that women want to and can participate in.

The WEAI measures the empowerment, agency and inclusion of women in the agriculture sector, particularly relative to men in their households. This provides a more robust understanding of gender dynamics within households and communities. It is also helping us understand areas in which men and women in different regions are disempowered so we can target policy and programming there.

When we drill down on individual country results, we see that constraints vary across cultures and contexts. WEAI findings show that in Bangladesh, a lack of access to group membership and speaking in public hamper women’s empowerment and that Bangladeshi women are constrained in their control over use of income. Across the world in Honduras, control over income is also a major contributor to women’s disempowerment, but the greatest constraint for Honduran women is lack of access to productive resources such as credit. In Kenya, women suffer from the same lack of access to loans, but are also hindered by a very heavy workload and control over income.

In many ways, the baseline studies are just the start. There is an insufficient evidence base on women’s empowerment in agriculture so measuring the impact of our work, rigorously and often, enables us to know if our programmes are having the intended effect. We know that addressing empowerment in one area of a woman’s life could exacerbate disempowerment in other areas but even as we course correct, we’re uncovering new challenges. Cataloging those, developing meaningful guidance based on them, and sharing those lessons with the world is what all organisations who recognise the potential of women should be doing. However, we know firs hand that is a challenge in and of itself.

When we first started Feed the Future, and data from our first years of implementation rolled in, we realised our programmes weren’t reaching as many women as we wanted. Even those in the programmes that were reaching more women, we discovered another challenge: few women participate in leadership positions in agriculture and higher up in value chains, such as in processing and marketing. We had to revisit our assumptions and make a concerted effort to reach and empower women, and encourage our partners to do the sameWe also had to think through how to empower women to better participate in markets and promote women’s leadership in agriculture.

The world still has unfinished business when it comes to promoting gender equality and empowering women. Yet if we are to reach many of the millennium development goals - and soon, the sustainable development goals - we must continue to move from a commitment to gender equality to action. There is a lack of robust evidence on how to do this, so we must share what’s working, but also what isn’t. Both have something valuable to add to our efforts to effectively empower women. Anything less would be failing the farmers and businesswomen we’re all working to reach, the very people who can end global hunger.

Tjada McKenna is assistant to the administrator for the USAid Bureau for Food Security and deputy coordinator for development for Feed the Future. Follow @Tjada on Twitter.

Food for Thought is a monthly series curating ideas on achieving the goal of zero hunger from leaders across the private, public and charity sectors.

Join the community of global development professionals and experts. Become a GDPN member to get more stories like this direct to your inbox.


How can we empower women in agriculture to end hunger?

During the first and second world wars, Britain set up Women’s Land Armies to take over farms and keep the country fed.

During the first and second world wars, Britain set up Women’s Land Armies to take over farms and keep the country fed.

Last modified on Thu 15 Oct 2020 14.34 BST

If we’re going to end hunger in our lifetimes, we need to empower women. The statistics are well-known. Women make up to half of the agricultural labour force in many developing countries, but barriers to credit, inputs and extension services, as well as land ownership and rights, limit their production.

We already know that if women had equal access to productive resources, they could increase their yields and feed more hungry people in the world. And women are more likely to reinvest their income back into their families to improve education, nutrition and health. When women flourish, families and communities do too.

What’s not as well-known is how the development community can effectively help women overcome the constraints and barriers they face in agriculture so they can fully benefit from agricultural growth. In essence, we know we need to empower women if we are to end hunger, but we don’t always know how best to do that.

It’s timely then that as the global commitment to women’s empowerment is strong, so is the call for better data, monitoring and evaluation in development. Tools such as the Women’s Empowerment in Agriculture Index, (WEAI) developed by the US Agency for International Development (USAid), International Food Policy Research Institute, and Oxford Poverty and Human Development Initiative , are helping to build the evidence base around what works, making empowerment a tangible, measurable concept we can work towards.

At Feed the Future we are incorporating the different needs, concerns, interests and roles of men and women into strategies and interventions at all stages of our activities. Prior to starting any new project, we conduct a gender analysis to understand women and men’s roles, resources and decision-making power, particularly in regards to agriculture. This helps us identify gender gaps and constraints, along with possible ways for reducing those gaps. A good gender analysis, carried out early, is key to designing and implementing projects that women want to and can participate in.

The WEAI measures the empowerment, agency and inclusion of women in the agriculture sector, particularly relative to men in their households. This provides a more robust understanding of gender dynamics within households and communities. It is also helping us understand areas in which men and women in different regions are disempowered so we can target policy and programming there.

When we drill down on individual country results, we see that constraints vary across cultures and contexts. WEAI findings show that in Bangladesh, a lack of access to group membership and speaking in public hamper women’s empowerment and that Bangladeshi women are constrained in their control over use of income. Across the world in Honduras, control over income is also a major contributor to women’s disempowerment, but the greatest constraint for Honduran women is lack of access to productive resources such as credit. In Kenya, women suffer from the same lack of access to loans, but are also hindered by a very heavy workload and control over income.

In many ways, the baseline studies are just the start. There is an insufficient evidence base on women’s empowerment in agriculture so measuring the impact of our work, rigorously and often, enables us to know if our programmes are having the intended effect. We know that addressing empowerment in one area of a woman’s life could exacerbate disempowerment in other areas but even as we course correct, we’re uncovering new challenges. Cataloging those, developing meaningful guidance based on them, and sharing those lessons with the world is what all organisations who recognise the potential of women should be doing. However, we know firs hand that is a challenge in and of itself.

When we first started Feed the Future, and data from our first years of implementation rolled in, we realised our programmes weren’t reaching as many women as we wanted. Even those in the programmes that were reaching more women, we discovered another challenge: few women participate in leadership positions in agriculture and higher up in value chains, such as in processing and marketing. We had to revisit our assumptions and make a concerted effort to reach and empower women, and encourage our partners to do the sameWe also had to think through how to empower women to better participate in markets and promote women’s leadership in agriculture.

The world still has unfinished business when it comes to promoting gender equality and empowering women. Yet if we are to reach many of the millennium development goals - and soon, the sustainable development goals - we must continue to move from a commitment to gender equality to action. There is a lack of robust evidence on how to do this, so we must share what’s working, but also what isn’t. Both have something valuable to add to our efforts to effectively empower women. Anything less would be failing the farmers and businesswomen we’re all working to reach, the very people who can end global hunger.

Tjada McKenna is assistant to the administrator for the USAid Bureau for Food Security and deputy coordinator for development for Feed the Future. Follow @Tjada on Twitter.

Food for Thought is a monthly series curating ideas on achieving the goal of zero hunger from leaders across the private, public and charity sectors.

Join the community of global development professionals and experts. Become a GDPN member to get more stories like this direct to your inbox.


How can we empower women in agriculture to end hunger?

During the first and second world wars, Britain set up Women’s Land Armies to take over farms and keep the country fed.

During the first and second world wars, Britain set up Women’s Land Armies to take over farms and keep the country fed.

Last modified on Thu 15 Oct 2020 14.34 BST

If we’re going to end hunger in our lifetimes, we need to empower women. The statistics are well-known. Women make up to half of the agricultural labour force in many developing countries, but barriers to credit, inputs and extension services, as well as land ownership and rights, limit their production.

We already know that if women had equal access to productive resources, they could increase their yields and feed more hungry people in the world. And women are more likely to reinvest their income back into their families to improve education, nutrition and health. When women flourish, families and communities do too.

What’s not as well-known is how the development community can effectively help women overcome the constraints and barriers they face in agriculture so they can fully benefit from agricultural growth. In essence, we know we need to empower women if we are to end hunger, but we don’t always know how best to do that.

It’s timely then that as the global commitment to women’s empowerment is strong, so is the call for better data, monitoring and evaluation in development. Tools such as the Women’s Empowerment in Agriculture Index, (WEAI) developed by the US Agency for International Development (USAid), International Food Policy Research Institute, and Oxford Poverty and Human Development Initiative , are helping to build the evidence base around what works, making empowerment a tangible, measurable concept we can work towards.

At Feed the Future we are incorporating the different needs, concerns, interests and roles of men and women into strategies and interventions at all stages of our activities. Prior to starting any new project, we conduct a gender analysis to understand women and men’s roles, resources and decision-making power, particularly in regards to agriculture. This helps us identify gender gaps and constraints, along with possible ways for reducing those gaps. A good gender analysis, carried out early, is key to designing and implementing projects that women want to and can participate in.

The WEAI measures the empowerment, agency and inclusion of women in the agriculture sector, particularly relative to men in their households. This provides a more robust understanding of gender dynamics within households and communities. It is also helping us understand areas in which men and women in different regions are disempowered so we can target policy and programming there.

When we drill down on individual country results, we see that constraints vary across cultures and contexts. WEAI findings show that in Bangladesh, a lack of access to group membership and speaking in public hamper women’s empowerment and that Bangladeshi women are constrained in their control over use of income. Across the world in Honduras, control over income is also a major contributor to women’s disempowerment, but the greatest constraint for Honduran women is lack of access to productive resources such as credit. In Kenya, women suffer from the same lack of access to loans, but are also hindered by a very heavy workload and control over income.

In many ways, the baseline studies are just the start. There is an insufficient evidence base on women’s empowerment in agriculture so measuring the impact of our work, rigorously and often, enables us to know if our programmes are having the intended effect. We know that addressing empowerment in one area of a woman’s life could exacerbate disempowerment in other areas but even as we course correct, we’re uncovering new challenges. Cataloging those, developing meaningful guidance based on them, and sharing those lessons with the world is what all organisations who recognise the potential of women should be doing. However, we know firs hand that is a challenge in and of itself.

When we first started Feed the Future, and data from our first years of implementation rolled in, we realised our programmes weren’t reaching as many women as we wanted. Even those in the programmes that were reaching more women, we discovered another challenge: few women participate in leadership positions in agriculture and higher up in value chains, such as in processing and marketing. We had to revisit our assumptions and make a concerted effort to reach and empower women, and encourage our partners to do the sameWe also had to think through how to empower women to better participate in markets and promote women’s leadership in agriculture.

The world still has unfinished business when it comes to promoting gender equality and empowering women. Yet if we are to reach many of the millennium development goals - and soon, the sustainable development goals - we must continue to move from a commitment to gender equality to action. There is a lack of robust evidence on how to do this, so we must share what’s working, but also what isn’t. Both have something valuable to add to our efforts to effectively empower women. Anything less would be failing the farmers and businesswomen we’re all working to reach, the very people who can end global hunger.

Tjada McKenna is assistant to the administrator for the USAid Bureau for Food Security and deputy coordinator for development for Feed the Future. Follow @Tjada on Twitter.

Food for Thought is a monthly series curating ideas on achieving the goal of zero hunger from leaders across the private, public and charity sectors.

Join the community of global development professionals and experts. Become a GDPN member to get more stories like this direct to your inbox.


How can we empower women in agriculture to end hunger?

During the first and second world wars, Britain set up Women’s Land Armies to take over farms and keep the country fed.

During the first and second world wars, Britain set up Women’s Land Armies to take over farms and keep the country fed.

Last modified on Thu 15 Oct 2020 14.34 BST

If we’re going to end hunger in our lifetimes, we need to empower women. The statistics are well-known. Women make up to half of the agricultural labour force in many developing countries, but barriers to credit, inputs and extension services, as well as land ownership and rights, limit their production.

We already know that if women had equal access to productive resources, they could increase their yields and feed more hungry people in the world. And women are more likely to reinvest their income back into their families to improve education, nutrition and health. When women flourish, families and communities do too.

What’s not as well-known is how the development community can effectively help women overcome the constraints and barriers they face in agriculture so they can fully benefit from agricultural growth. In essence, we know we need to empower women if we are to end hunger, but we don’t always know how best to do that.

It’s timely then that as the global commitment to women’s empowerment is strong, so is the call for better data, monitoring and evaluation in development. Tools such as the Women’s Empowerment in Agriculture Index, (WEAI) developed by the US Agency for International Development (USAid), International Food Policy Research Institute, and Oxford Poverty and Human Development Initiative , are helping to build the evidence base around what works, making empowerment a tangible, measurable concept we can work towards.

At Feed the Future we are incorporating the different needs, concerns, interests and roles of men and women into strategies and interventions at all stages of our activities. Prior to starting any new project, we conduct a gender analysis to understand women and men’s roles, resources and decision-making power, particularly in regards to agriculture. This helps us identify gender gaps and constraints, along with possible ways for reducing those gaps. A good gender analysis, carried out early, is key to designing and implementing projects that women want to and can participate in.

The WEAI measures the empowerment, agency and inclusion of women in the agriculture sector, particularly relative to men in their households. This provides a more robust understanding of gender dynamics within households and communities. It is also helping us understand areas in which men and women in different regions are disempowered so we can target policy and programming there.

When we drill down on individual country results, we see that constraints vary across cultures and contexts. WEAI findings show that in Bangladesh, a lack of access to group membership and speaking in public hamper women’s empowerment and that Bangladeshi women are constrained in their control over use of income. Across the world in Honduras, control over income is also a major contributor to women’s disempowerment, but the greatest constraint for Honduran women is lack of access to productive resources such as credit. In Kenya, women suffer from the same lack of access to loans, but are also hindered by a very heavy workload and control over income.

In many ways, the baseline studies are just the start. There is an insufficient evidence base on women’s empowerment in agriculture so measuring the impact of our work, rigorously and often, enables us to know if our programmes are having the intended effect. We know that addressing empowerment in one area of a woman’s life could exacerbate disempowerment in other areas but even as we course correct, we’re uncovering new challenges. Cataloging those, developing meaningful guidance based on them, and sharing those lessons with the world is what all organisations who recognise the potential of women should be doing. However, we know firs hand that is a challenge in and of itself.

When we first started Feed the Future, and data from our first years of implementation rolled in, we realised our programmes weren’t reaching as many women as we wanted. Even those in the programmes that were reaching more women, we discovered another challenge: few women participate in leadership positions in agriculture and higher up in value chains, such as in processing and marketing. We had to revisit our assumptions and make a concerted effort to reach and empower women, and encourage our partners to do the sameWe also had to think through how to empower women to better participate in markets and promote women’s leadership in agriculture.

The world still has unfinished business when it comes to promoting gender equality and empowering women. Yet if we are to reach many of the millennium development goals - and soon, the sustainable development goals - we must continue to move from a commitment to gender equality to action. There is a lack of robust evidence on how to do this, so we must share what’s working, but also what isn’t. Both have something valuable to add to our efforts to effectively empower women. Anything less would be failing the farmers and businesswomen we’re all working to reach, the very people who can end global hunger.

Tjada McKenna is assistant to the administrator for the USAid Bureau for Food Security and deputy coordinator for development for Feed the Future. Follow @Tjada on Twitter.

Food for Thought is a monthly series curating ideas on achieving the goal of zero hunger from leaders across the private, public and charity sectors.

Join the community of global development professionals and experts. Become a GDPN member to get more stories like this direct to your inbox.



コメント:

  1. Fahey

    とてもよく、私も考えました。

  2. Jarlath

    I do not know that here and say this you can

  3. Sagami

    あなたは正しくありません。話し合うことをお勧めします。 PMで私に手紙を書いてください、私たちは話します。

  4. Melkree

    質問に興味のあるサイトを見つけました。

  5. Neb-Er-Tcher

    これには何かがあります。すべてが判明しました、この質問について助けてくれてありがとう。



メッセージを書く