プリニーのスプリッツ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ワインの樹脂化を提唱したローマの長老にちなんで名付けられました

古代ローマでは、松の樹脂を使用してワインを空気から遮断し、独特の風味を残しました。間もなくオープンするマンハッタンのミッドタウンレストラン、ウーシアは、レスティナを使用してプリニーズスプリッツを作っています。

材料

  • 1.5オンスエルゴベルナドールピスコ
  • .75オンスLejayCreme de Cassis
  • 2オンスガイアリチニティスノビリスレッツィーナ
  • .75オンスレモンジュース

月:2020年7月

今日は、レシピプロジェクトの長年の貢献者であり親愛なる友人であるジェニファーシャーマンロバーツの作品を訪ねたいと思いました。 Jenは、&#8220The CIA&#8217s Secret Weapon:D​​orothy Pompeo&#8217s Christmas Fudge Recipe&#8220&#8220Mucus Cure Alls:Snail Waters and Spa Treatments&#8220&#8220Ofなどのトピックをカバーするブログに12以上のすばらしい投稿を書いています。 Hedgehogs、Whale Vomite、Fire-Breathing Peacocks&#8221、A Stitch in Thyme?:レシピブックに編み物のパターンが少ないのはなぜですか?。ご覧のとおり、Jenの投稿を1つだけ選んで再公開するのに苦労しました。しかし、今、私たちの多くがガーデニングに挑戦しているので、以下のロサソリスに関する投稿は適切に読めるかもしれないと思いました。楽しみ!エレーヌ・レオン

ジェンの文章を十分に得ることができませんか?これは、RPに関するすべてのJenの投稿の便利なリストです。

ジェニファー・シャーマン・ロバーツ

可愛い言葉が好きです。古くてかわいい言葉。

古くてかわいらしい言葉の問題は、それらがひどく欺くことができるということです。

1606年のCorlyon夫人のレシピ本(ウェルカムMS。213)を(電子的に)めくっているときに、咳、痛み、にきびなど、鈍い音の医学的問題のさまざまな治療法に出くわしました。何かが鈍いように聞こえるからといって、それがそうであるとは限らないことを知っているのは歴史家としては十分ですが、それでも私はひっくり返り続け、想像力をかき立てるレシピを探しました。

そして、私はそれを見て、完璧な注目を集めました。「ローザソリスのメイキング」。

Rosa solis:なんて素敵なんだ!おそらく、&#8220rose of the sun&#8221のラテン語訳の可能性を考えると、それは錬金術でさえあるかもしれません!私の心臓は速く鼓動しました…

トウカイコモウセンゴケ。デニス・バーテル(ウィキメディア・コモンズ)による写真

少し調べてみました。写真を一目見ただけで、この植物の輝かしい美しさに感動しました。

植物自体が美しいだけでなく、Corlyon夫人のrosasolis珊瑚水に関する本のレシピは神聖に聞こえます。

6月の終わりか7月の初めにソンがアリセをする前に集められたローザソリスベインジと呼ばれるハーブのペックを半分取ってください。それらを選び、Bordの上に置いて一日中乾かします。次に、取り出したソン・ザ・ストーンズ・ベインジのレゾンのポンドの4分の1を取ります:12フィッジとしての6つの日付。これらすべてをやや男性的なものにまとめて、口の大きいグラスに入れました。次に、Cynamoneの所有者のそれぞれのLycoresseとAnnisseedesを、Coryanderシードの3つのNutmeggsとキャラウェイシードのecheの半分の所有者であるクローブのスプーン一杯を取ります。これらすべてを傷つけ、ガラスに入れ、そこにあなたのハーブと2ポンドの最高の砂糖を細かく殴り、そして良いアクアビットのポテルを加えます。次に、それらを一緒によくかき混ぜます。これができたら、グラスを非常に近くで止めてから、7〜8週間、ソンにセットします。多くの場合、ソンでグラスを回転させますが、雨が降る可能性のある場所に置きます。そこに来て、頻繁に一緒に振らないでください。それが長すぎる場合は、それを濾して、水を二重ガラスに入れて、使用できるように保管してください。そして、あなたがそれを緊張させたときにあなたが喜ぶならば、あなたはそれにゴールデの葉とムスケの一粒か二粒を置くかもしれません。

レーズン、ナツメヤシ、イチジク。甘草、アニス、シナモン、クローブ、ナツメグ、コリアンダー、キャラウェイ。砂糖と酒。好きではないものは何ですか?

ローザソリスの植物は美しく、心のこもったおいしいだけでなく、その効果も印象的です。ウェルカムコレクションライブラリのサートーマスオズボーンレシピコレクションに記録されているのは、次の推奨事項です。

なぜなら、自然や強さを欲しがっている、あるいは消費に陥っている最も弱い人や体は世界に存在しないが、それは彼を再び回復させ、彼を強くし、光沢を与え、そして良いストマックを持たせるからである。この3回一緒に素晴らしい治療法と快適さを見つけるでしょう。

ああ、興味深くて美しい薬だと思いました!

ただし、これが重要です。古くてかわいい言葉は、致命的な真実をカバーすることができます。

昆虫の捕獲に反応したアフリカナガバノキの葉&#8220bending&#8221。
写真:ノア・エルハート(ウィキメディア・コモンズ)

Rosa solisは、サンデューまたはドロセラとも呼ばれ、実際には非常に危険で致命的です。 。 。特にあなたがバグなら。サンデュー植物は食虫植物です。それは、湿った湿地のような状態、つまり可溶性窒素が不足している場所で成長します。不足分を補うために、モウセンゴケは新鮮な露の恵みのように見える昆虫を引き付けますが、実際には葉に昆虫を閉じ込める一連の粘液腺です。

昆虫は、倦怠感(逃げようとすることによる)または粘液からの窒息のいずれかによって死にます。その後、モウセンゴケは昆虫の体を溶かす酵素を排出します。

ほとんどそれはこのように起こります:

(はい、それはあなたのために分類された今夜の悪夢です。)

これらのビデオは両方ともタイムラプスであり、昆虫を完全に消化するのに、最大で1日もかかる可能性があります。

これは、近世のハーバリストがサンデューの肉食的な方法を知っていたかどうかという疑問を提起します。実際のプロセスは遅すぎて肉眼で気付くことができませんでしたか?

rosa solis cordialの近世のレシピは、植物が6月から7月上旬に収穫されることを明確にしています。 (ジェニファー・マンローは、ロサ・ソリスの収穫のための詳細な指示の魅力的な意味について議論しました。)しかし、植物を収穫する女性と男性は、その独特の摂食パターンを知っていましたか?

rosa solisで出会ったレシピでは、昆虫や植物の餌付けについては触れていません。では、ローザソリスの肉食的な方法の知識は、薬草師、賢明な女性、アマチュアやプロの医師がそれをどのように使用するかを変えたのだろうか?署名の教義は医薬品の使用法を変えたでしょうか?

サンデューの粘液に捕らえられた不幸な虫の運命を知っているので、トマス・オズボーン卿のコレクションのレシピライターは、「強くて光沢のある」成長を助けるために心のこもったものをまだ勧めましたか?

追記:「リトルショップオブホラーズ」のサウンドトラックを頭の中で聞かなければ、このブログを書くことはできませんでした。それから、楽しみのために、私は「ホラーのルネサンスリトルショップ」をグーグルで検索しました。これは私がメンタルフロスの好意で見つけたものです:

ギャラリー1988の「クレイジー4カルト5」のためにアリソンソマーズによって描かれました。アーティストの許可を得て使用した画像。

これにより、インターネット上で何でも見つけることができることを証明します。


月:2020年7月

今日は、レシピプロジェクトの長年の貢献者であり親愛なる友人であるジェニファーシャーマンロバーツの作品を訪ねたいと思いました。 Jenは、&#8220The CIA&#8217s Secret Weapon:D​​orothy Pompeo&#8217s Christmas Fudge Recipe&#8220&#8220Mucus Cure Alls:Snail Waters and Spa Treatments&#8220&#8220Ofなどのトピックをカバーするブログに12以上のすばらしい投稿を書いています。 Hedgehogs、Whale Vomite、Fire-Breathing Peacocks&#8221、A Stitch in Thyme?:レシピブックに編み物のパターンが少ないのはなぜですか?。ご覧のとおり、Jenの投稿を1つだけ選んで再公開するのに苦労しました。しかし、今、私たちの多くがガーデニングに挑戦しているので、以下のロサソリスに関する投稿は適切な読み物になるのではないかと思いました。楽しみ!エレーヌ・レオン

ジェンの文章を十分に得ることができませんか?これは、RPに関するすべてのJenの投稿の便利なリストです。

ジェニファー・シャーマン・ロバーツ

可愛い言葉が好きです。古くてかわいい言葉。

古くてかわいらしい言葉の問題は、それらがひどく欺くことができるということです。

1606年のCorlyon夫人のレシピ本(ウェルカムMS。213)を(電子的に)めくっているときに、咳、痛み、にきびなどの鈍い音の医学的問題のさまざまな治療法に出くわしました。何かが鈍いように聞こえるからといって、それがそうであるとは限らないことを知っているのは歴史家としては十分ですが、それでも私はひっくり返り続け、想像力をかき立てるレシピを探しました。

そして、私はそれを見て、完璧な注目を集めました。「ローザソリスのメイキング」。

Rosa solis:なんて素敵なんだ!おそらく、&#8220rose of the sun&#8221のラテン語訳の可能性を考えると、それは錬金術でさえあるかもしれません!私の心臓は速く鼓動しました…

トウカイコモウセンゴケ。デニス・バーテル(ウィキメディア・コモンズ)による写真

少し調べてみました。写真を一目見ただけで、この植物の輝かしい美しさに感動しました。

植物自体が美しいだけでなく、Corlyon夫人のrosasolis珊瑚水に関する本のレシピは神聖に聞こえます。

6月の終わりか7月の初めにソンがアリセをする前に集められたローザソリスベインジと呼ばれるハーブのペックを半分取ってください。それらを選び、Bordの上に置いて一日中乾かします。次に、取り出したソン・ザ・ストーンズ・ベインジのレゾンのポンドの4分の1を取ります:12フィッジとしての6つの日付。これらすべてをやや男性的なものにまとめて、口の大きいグラスに入れました。次に、Cynamoneのそれぞれの所有者のLycoresseとAnnisseedesを、半分の所有者のクローブのスプーン一杯のCoryanderシードとキャラウェイシードの3つのNutmeggsを取ります。これらすべてを傷つけ、ガラスに入れ、そこにあなたのハーブと2ポンドの最高の砂糖を細かく殴り、そして良いアクアビットのポテルを加えます。次に、それらを一緒によくかき混ぜます。これができたら、グラスを非常に近くで止めてから、7〜8週間、ソンにセットします。多くの場合、ソンでグラスを回転させますが、雨が降る可能性のある場所に置きます。そこに来て、頻繁に一緒に振らないでください。それが長すぎる場合は、それを濾して、水を二重ガラスに入れて、使用できるように保管してください。そして、あなたがそれを緊張させたときにあなたが喜ぶならば、あなたはそれにゴールデの葉とムスケの一粒か二粒を置くかもしれません。

レーズン、ナツメヤシ、イチジク。甘草、アニス、シナモン、クローブ、ナツメグ、コリアンダー、キャラウェイ。砂糖と酒。好きではないものは何ですか?

ローザソリスの植物は美しく、心のこもったおいしいだけでなく、その効果も印象的です。ウェルカムコレクションライブラリのサートーマスオズボーンレシピコレクションに記録されているのは、次の推奨事項です。

なぜなら、自然や強さを欲しがっている、あるいは消費に陥っている最も弱い人や体は世界に存在しないが、それは彼を再び回復させ、彼を強くし、光沢を与え、そして良いストマックを持たせるからである。この3回一緒に素晴らしい治療法と快適さを見つけるでしょう。

ああ、興味深くて美しい薬だと思いました!

ただし、これが重要です。古くてかわいい言葉は、致命的な真実をカバーすることができます。

昆虫の捕獲に反応したアフリカナガバノキの葉&#8220bending&#8221。
写真:ノア・エルハート(ウィキメディア・コモンズ)

Rosa solisは、サンデューまたはドロセラとも呼ばれ、実際には非常に危険で致命的です。 。 。特にあなたがバグなら。サンデュー植物は食虫植物です。それは、湿った湿地のような状態、つまり可溶性窒素が不足している場所で成長します。不足分を補うために、モウセンゴケは新鮮な露の恵みのように見える昆虫を引き付けますが、実際には葉に昆虫を閉じ込める一連の粘液腺です。

昆虫は、倦怠感(逃げようとすることによる)または粘液からの窒息のいずれかによって死にます。その後、モウセンゴケは昆虫の体を溶かす酵素を排出します。

ほとんどそれはこのように起こります:

(はい、それはあなたのために分類された今夜の悪夢です。)

これらのビデオは両方ともタイムラプスであり、昆虫を完全に消化するのに、最大で1日もかかる可能性があります。

これは、近世のハーバリストがサンデューの肉食的な方法を知っていたかどうかという疑問を提起します。実際のプロセスは遅すぎて肉眼で気付くことができませんでしたか?

rosa solis cordialの近世のレシピは、植物が6月から7月上旬に収穫されることを明確にしています。 (ジェニファー・マンローは、ロサ・ソリスの収穫のための詳細な指示の魅力的な意味について議論しました。)しかし、植物を収穫する女性と男性は、その独特の摂食パターンを知っていましたか?

rosa solisで出会ったレシピでは、昆虫や植物の餌付けについては触れていません。では、ローザソリスの肉食的な方法の知識は、薬草師、賢明な女性、アマチュアやプロの医師がそれをどのように使用するかを変えたのだろうか?署名の教義は医薬品の使用法を変えたでしょうか?

サンデューの粘液に捕らえられた不幸な虫の運命を知っているので、トマス・オズボーン卿のコレクションのレシピライターは、「強くて光沢のある」成長を助けるために心のこもったものをまだ勧めましたか?

追記:「リトルショップオブホラーズ」のサウンドトラックを頭の中で聞かなければ、このブログを書くことはできませんでした。それから、楽しみのために、私は「ホラーのルネサンスリトルショップ」をグーグルで検索しました。これは私がメンタルフロスの好意で見つけたものです:

ギャラリー1988の「クレイジー4カルト5」のためにアリソンソマーズによって描かれました。アーティストの許可を得て使用した画像。

これにより、インターネット上で何でも見つけることができることを証明します。


月:2020年7月

今日は、レシピプロジェクトの長年の貢献者であり親愛なる友人であるジェニファーシャーマンロバーツの作品を訪ねたいと思いました。 Jenは、&#8220The CIA&#8217s Secret Weapon:D​​orothy Pompeo&#8217s Christmas Fudge Recipe&#8220&#8220Mucus Cure Alls:Snail Waters and Spa Treatments&#8220&#8220Ofなどのトピックをカバーするブログに12以上のすばらしい投稿を書いています。 Hedgehogs、Whale Vomite、Fire-Breathing Peacocks&#8221、A Stitch in Thyme?:レシピブックに編み物のパターンが少ないのはなぜですか?。ご覧のとおり、Jenの投稿を1つだけ選んで再公開するのに苦労しました。しかし、今、私たちの多くがガーデニングに挑戦しているので、以下のロサソリスに関する投稿は適切な読み物になるのではないかと思いました。楽しみ!エレーヌ・レオン

ジェンの文章を十分に得ることができませんか?これは、RPに関するすべてのJenの投稿の便利なリストです。

ジェニファー・シャーマン・ロバーツ

可愛い言葉が好きです。古くてかわいい言葉。

古くてかわいらしい言葉の問題は、それらがひどく欺くことができるということです。

1606年のCorlyon夫人のレシピ本(ウェルカムMS。213)を(電子的に)めくっているときに、咳、痛み、にきびなど、鈍い音の医学的問題のさまざまな治療法に出くわしました。何かが鈍いように聞こえるからといって、それがそうであるとは限らないことを知っているのは歴史家としては十分ですが、それでも私はひっくり返り続け、想像力をかき立てるレシピを探しました。

そして、私はそれを見て、完璧な注目を集めました。「ローザソリスのメイキング」。

Rosa solis:なんて素敵なんだ!おそらく、&#8220rose of the sun&#8221のラテン語訳の可能性を考えると、それは錬金術でさえあるかもしれません!私の心臓は速く鼓動しました…

トウカイコモウセンゴケ。デニス・バーテル(ウィキメディア・コモンズ)による写真

少し調べてみました。写真を一目見ただけで、この植物の輝かしい美しさに感動しました。

植物自体が美しいだけでなく、Corlyon夫人のrosasolis珊瑚水に関する本のレシピは神聖に聞こえます。

6月の終わりか7月の初めにソンがアリセをする前に集められたローザソリスベインジと呼ばれるハーブのペックを半分取ってください。それらを選び、Bordの上に置いて一日中乾かします。次に、取り出したソン・ザ・ストーンズ・ベインジのレゾンのポンドの4分の1を取ります:12フィッジとしての6つの日付。これらすべてをやや男性的なものにまとめて、口の大きいグラスに入れました。次に、Cynamoneの所有者のそれぞれのLycoresseとAnnisseedesを、Coryanderシードの3つのNutmeggsとキャラウェイシードのecheの半分の所有者であるクローブのスプーン一杯を取ります。これらすべてを傷つけ、ガラスに入れ、そこにあなたのハーブと2ポンドの最高の砂糖を細かく殴り、そして良いアクアビットのポテルを加えます。次に、それらを一緒によくかき混ぜます。これができたら、グラスを非常に近くで止めてから、7〜8週間、ソンにセットします。多くの場合、ソンでグラスを回転させますが、雨が降る可能性のある場所に置きます。そこに来て、頻繁に一緒に振らないでください。それが長すぎる場合は、それを濾して、水を二重ガラスに入れて、使用できるように保管してください。そして、あなたがそれを緊張させたときにあなたが喜ぶならば、あなたはそれにゴールデの葉とムスケの一粒か二粒を置くかもしれません。

レーズン、ナツメヤシ、イチジク。甘草、アニス、シナモン、クローブ、ナツメグ、コリアンダー、キャラウェイ。砂糖と酒。好きではないものは何ですか?

ローザソリスの植物は美しく、心のこもったおいしいだけでなく、その効果も印象的です。ウェルカムコレクションライブラリのサートーマスオズボーンレシピコレクションに記録されているのは、次の推奨事項です。

なぜなら、自然や強さを欲しがっている、あるいは消費に陥っている最も弱い人や体は世界に存在しないが、それは彼を再び回復させ、彼を強くし、光沢を与え、そして良いストマックを持たせるからである。この3回一緒に素晴らしい治療法と快適さを見つけるでしょう。

ああ、興味深くて美しい薬だと思いました!

ただし、これが重要です。古くてかわいい言葉は、致命的な真実をカバーすることができます。

昆虫の捕獲に反応したアフリカナガバノキの葉&#8220bending&#8221。
写真:ノア・エルハート(ウィキメディア・コモンズ)

Rosa solisは、サンデューまたはドロセラとも呼ばれ、実際には非常に危険で致命的です。 。 。特にあなたがバグなら。サンデュー植物は食虫植物です。それは、湿った湿地のような状態、つまり可溶性窒素が不足している場所で成長します。不足分を補うために、モウセンゴケは新鮮な露の恵みのように見える昆虫を引き付けますが、実際には葉に昆虫を閉じ込める一連の粘液腺です。

昆虫は、倦怠感(逃げようとすることによる)または粘液からの窒息のいずれかによって死にます。その後、モウセンゴケは昆虫の体を溶かす酵素を排出します。

ほとんどそれはこのように起こります:

(はい、それはあなたのために分類された今夜の悪夢です。)

これらのビデオはどちらもタイムラプスであり、昆虫を完全に消化するのに1日もかかる可能性があります。

これは、近世のハーバリストがサンデューの肉食的な方法を知っていたかどうかという疑問を提起します。実際のプロセスは遅すぎて肉眼で気付くことができませんでしたか?

rosa solis cordialの近世のレシピは、植物が6月から7月上旬に収穫されることを明確にしています。 (ジェニファー・マンローは、ロサ・ソリスの収穫のための詳細な指示の魅力的な意味について議論しました。)しかし、植物を収穫する女性と男性は、その独特の摂食パターンを知っていましたか?

rosa solisで出会ったレシピでは、昆虫や植物の餌付けについては触れていません。では、ローザソリスの肉食的な方法の知識は、薬草師、賢明な女性、アマチュアやプロの医師がそれをどのように使用するかを変えたのだろうか?署名の教義は医薬品の使用法を変えたでしょうか?

サンデューの粘液に捕らえられた不幸な虫の運命を知っているので、トマス・オズボーン卿のコレクションのレシピライターは、「強くて光沢のある」成長を助けるために心のこもったものをまだ勧めましたか?

追記:「リトルショップオブホラーズ」のサウンドトラックを頭の中で聞かなければ、このブログを書くことはできませんでした。それから、楽しみのために、私は「ホラーのルネサンスリトルショップ」をグーグルで検索しました。これは私がメンタルフロスの好意で見つけたものです:

ギャラリー1988の「クレイジー4カルト5」のためにアリソンソマーズによって描かれました。アーティストの許可を得て使用した画像。

これにより、インターネット上で何でも見つけることができることを証明します。


月:2020年7月

今日は、レシピプロジェクトの長年の貢献者であり親愛なる友人であるジェニファーシャーマンロバーツの作品を訪ねたいと思いました。 Jenは、&#8220The CIA&#8217s Secret Weapon:D​​orothy Pompeo&#8217s Christmas Fudge Recipe&#8220&#8220Mucus Cure Alls:Snail Waters and Spa Treatments&#8220&#8220Ofなどのトピックをカバーするブログに12以上のすばらしい投稿を書いています。 Hedgehogs、Whale Vomite、Fire-Breathing Peacocks&#8221、A Stitch in Thyme?:レシピブックに編み物のパターンが少ないのはなぜですか?。ご覧のとおり、Jenの投稿を1つだけ選んで再公開するのに苦労しました。しかし、今、私たちの多くがガーデニングに挑戦しているので、以下のロサソリスに関する投稿は適切な読み物になるのではないかと思いました。楽しみ!エレーヌ・レオン

ジェンの文章を十分に得ることができませんか?これは、RPに関するすべてのJenの投稿の便利なリストです。

ジェニファー・シャーマン・ロバーツ

可愛い言葉が好きです。古くてかわいい言葉。

古くてかわいらしい言葉の問題は、それらがひどく欺くことができるということです。

1606年のCorlyon夫人のレシピ本(ウェルカムMS。213)を(電子的に)めくっているときに、咳、痛み、にきびなど、鈍い音の医学的問題のさまざまな治療法に出くわしました。何かが鈍いように聞こえるからといって、それがそうであるとは限らないことを知っているのは歴史家としては十分ですが、それでも私はひっくり返り続け、想像力をかき立てるレシピを探しました。

そして、私はそれを見て、完璧な注目を集めました。「ローザソリスのメイキング」。

Rosa solis:なんて素敵なんだ!おそらく、&#8220rose of the sun&#8221のラテン語訳の可能性を考えると、それは錬金術でさえあるかもしれません!私の心臓は速く鼓動しました…

トウカイコモウセンゴケ。デニス・バーテル(ウィキメディア・コモンズ)による写真

少し調べてみました。写真を一目見ただけで、この植物の輝かしい美しさに感動しました。

植物自体が美しいだけでなく、Corlyon夫人のrosasolis珊瑚水に関する本のレシピは神聖に聞こえます。

6月の終わりか7月の初めにソンがアリセをする前に集められたローザソリスベインジと呼ばれるハーブのペックを半分取ってください。それらを選び、Bordの上に置いて一日中乾かします。次に、取り出したソン・ザ・ストーンズ・ベインジのレゾンのポンドの4分の1を取ります:12フィッジとしての6つの日付。これらすべてをやや男性的なものにまとめて、口の大きいグラスに入れました。次に、Cynamoneの所有者のそれぞれのLycoresseとAnnisseedesを、Coryanderシードの3つのNutmeggsとキャラウェイシードのecheの半分の所有者であるクローブのスプーン一杯を取ります。これらすべてを傷つけ、ガラスに入れ、そこにあなたのハーブと2ポンドの最高の砂糖を細かく殴り、そして良いアクアビットのポテルを加えます。次に、それらを一緒によくかき混ぜます。これができたら、グラスを非常に近くで止めてから、7〜8週間、ソンにセットします。多くの場合、ソンでグラスを回転させますが、雨が降る可能性のある場所に置きます。そこに来て、頻繁に一緒に振らないでください。それが長すぎる場合は、それを濾して、水を二重ガラスに入れて、使用できるように保管してください。そして、あなたがそれを緊張させたときにあなたが喜ぶならば、あなたはそれにゴールデの葉とムスケの一粒か二粒を置くかもしれません。

レーズン、ナツメヤシ、イチジク。甘草、アニス、シナモン、クローブ、ナツメグ、コリアンダー、キャラウェイ。砂糖と酒。好きではないものは何ですか?

ローザソリスの植物は美しく、心のこもったおいしいだけでなく、その効果も印象的です。ウェルカムコレクションライブラリのサートーマスオズボーンレシピコレクションに記録されているのは、次の推奨事項です。

なぜなら、自然や強さを欲しがっている、あるいは消費に陥っている最も弱い人や体は世界に存在しないが、それは彼を再び回復させ、彼を強くし、光沢を与え、そして良いストマックを持たせるからである。この3回一緒に素晴らしい治療法と快適さを見つけるでしょう。

ああ、興味深くて美しい薬だと思いました!

ただし、これが重要です。古くてかわいい言葉は、致命的な真実をカバーすることができます。

昆虫の捕獲に反応したアフリカナガバノキの葉&#8220bending&#8221。
写真:ノア・エルハート(ウィキメディア・コモンズ)

Rosa solisは、サンデューまたはドロセラとも呼ばれ、実際には非常に危険で致命的です。 。 。特にあなたがバグなら。サンデュー植物は食虫植物です。それは、湿った湿地のような状態、つまり可溶性窒素が不足している場所で成長します。不足分を補うために、モウセンゴケは新鮮な露の恵みのように見える昆虫を引き付けますが、実際には葉に昆虫を閉じ込める一連の粘液腺です。

昆虫は、倦怠感(逃げようとすることによる)または粘液からの窒息のいずれかによって死にます。その後、モウセンゴケは昆虫の体を溶かす酵素を排出します。

ほとんどそれはこのように起こります:

(はい、それはあなたのために分類された今夜の悪夢です。)

これらのビデオは両方ともタイムラプスであり、昆虫を完全に消化するのに、最大で1日もかかる可能性があります。

これは、近世のハーバリストがサンデューの肉食的な方法を知っていたかどうかという疑問を提起します。実際のプロセスは遅すぎて肉眼で気付くことができませんでしたか?

rosa solis cordialの近世のレシピは、植物が6月から7月上旬に収穫されることを明確にしています。 (ジェニファー・マンローは、ロサ・ソリスの収穫のための詳細な指示の魅力的な意味について議論しました。)しかし、植物を収穫する女性と男性は、その独特の摂食パターンを知っていましたか?

rosa solisで出会ったレシピでは、昆虫や植物の餌付けについては触れていません。では、ローザソリスの肉食的な方法の知識は、薬草師、賢明な女性、アマチュアやプロの医師がそれをどのように使用するかを変えたのだろうか?署名の教義は医薬品の使用法を変えたでしょうか?

サンデューの粘液に捕らえられた不幸な虫の運命を知っているので、トマス・オズボーン卿のコレクションのレシピライターは、「強くて光沢のある」成長を助けるために心のこもったものをまだ勧めましたか?

追記:「リトルショップオブホラーズ」のサウンドトラックを頭の中で聞かなければ、このブログを書くことはできませんでした。それから、楽しみのために、私は「ホラーのルネサンスリトルショップ」をグーグルで検索しました。これは私がメンタルフロスの好意で見つけたものです:

ギャラリー1988の「クレイジー4カルト5」のためにアリソンソマーズによって描かれました。アーティストの許可を得て使用した画像。

これにより、インターネット上で何でも見つけることができることを証明します。


月:2020年7月

今日は、レシピプロジェクトの長年の貢献者であり親愛なる友人であるジェニファーシャーマンロバーツの作品を訪ねたいと思いました。 Jenは、&#8220The CIA&#8217s Secret Weapon:D​​orothy Pompeo&#8217s Christmas Fudge Recipe&#8220&#8220Mucus Cure Alls:Snail Waters and Spa Treatments&#8220&#8220Ofなどのトピックをカバーするブログに12以上のすばらしい投稿を書いています。 Hedgehogs、Whale Vomite、Fire-Breathing Peacocks&#8221、A Stitch in Thyme?:レシピブックに編み物のパターンが少ないのはなぜですか?。ご覧のとおり、Jenの投稿を1つだけ選んで再公開するのに苦労しました。しかし、今、私たちの多くがガーデニングに挑戦しているので、以下のロサソリスに関する投稿は適切な読み物になるのではないかと思いました。楽しみ!エレーヌ・レオン

ジェンの文章を十分に得ることができませんか?これは、RPに関するすべてのJenの投稿の便利なリストです。

ジェニファー・シャーマン・ロバーツ

可愛い言葉が好きです。古くてかわいい言葉。

古くてかわいらしい言葉の問題は、それらがひどく欺くことができるということです。

1606年のCorlyon夫人のレシピ本(ウェルカムMS。213)を(電子的に)めくっているときに、咳、痛み、にきびなど、鈍い音の医学的問題のさまざまな治療法に出くわしました。何かが鈍いように聞こえるからといって、それがそうであるとは限らないことを知っているのは歴史家としては十分ですが、それでも私はひっくり返り続け、想像力をかき立てるレシピを探しました。

そして、私はそれを見て、完璧な注目を集めました。「ローザソリスのメイキング」。

Rosa solis:なんて素敵なんだ!おそらく、&#8220rose of the sun&#8221のラテン語訳の可能性を考えると、それは錬金術でさえあるかもしれません!私の心臓は速く鼓動しました…

トウカイコモウセンゴケ。デニス・バーテル(ウィキメディア・コモンズ)による写真

少し調べてみました。写真を一目見ただけで、この植物の輝かしい美しさに感動しました。

植物自体が美しいだけでなく、Corlyon夫人のrosasolis珊瑚水に関する本のレシピは神聖に聞こえます。

6月の終わりか7月の初めにソンがアリセをする前に集められたローザソリスベインジと呼ばれるハーブのペックを半分取ってください。それらを選び、Bordの上に置いて一日中乾かします。次に、取り出したソン・ザ・ストーンズ・ベインジのレゾンのポンドの4分の1を取ります:12フィッジとしての6つの日付。これらすべてをやや男性的なものにまとめて、口の大きいグラスに入れました。次に、Cynamoneのそれぞれの所有者のLycoresseとAnnisseedesを、半分の所有者のクローブのスプーン一杯のCoryanderシードとキャラウェイシードの3つのNutmeggsを取ります。これらすべてを傷つけ、ガラスに入れ、そこにあなたのハーブと2ポンドの最高の砂糖を細かく殴り、そして良いアクアビットのポテルを加えます。次に、それらを一緒によくかき混ぜます。これができたら、グラスを非常に近くで止めてから、7〜8週間、ソンにセットします。多くの場合、ソンでグラスを回転させますが、雨が降る可能性のある場所に置きます。そこに来て、頻繁に一緒に振らないでください。それが長すぎる場合は、それを濾して、水を二重ガラスに入れて、使用できるように保管してください。そして、あなたがそれを緊張させたときにあなたが喜ぶならば、あなたはそれにゴールデの葉とムスケの一粒か二粒を置くかもしれません。

レーズン、ナツメヤシ、イチジク。甘草、アニス、シナモン、クローブ、ナツメグ、コリアンダー、キャラウェイ。砂糖と酒。好きではないものは何ですか?

ローザソリスの植物は美しく、心のこもったおいしいだけでなく、その効果も印象的です。ウェルカムコレクションライブラリのサートーマスオズボーンレシピコレクションに記録されているのは、次の推奨事項です。

なぜなら、自然や強さを欲しがっている、あるいは消費に陥っている最も弱い人や体は世界に存在しないが、それは彼を再び回復させ、彼を強くし、光沢を与え、そして良いストマックを持たせるからである。この3回一緒に素晴らしい治療法と快適さを見つけるでしょう。

ああ、興味深くて美しい薬だと思いました!

ただし、これが重要です。古くてかわいい言葉は、致命的な真実をカバーすることができます。

昆虫の捕獲に反応したアフリカナガバノキの葉&#8220bending&#8221。
写真:ノア・エルハート(ウィキメディア・コモンズ)

Rosa solisは、サンデューまたはドロセラとも呼ばれ、実際には非常に危険で致命的です。 。 。特にあなたがバグなら。サンデュー植物は食虫植物です。それは、湿った湿地のような状態、つまり可溶性窒素が不足している場所で成長します。不足分を補うために、サンデューは新鮮な露の恵みのように見える昆虫を引き付けますが、実際には葉に昆虫を閉じ込める一連の粘液腺です。

昆虫は、倦怠感(逃げようとすることによる)または粘液からの窒息のいずれかによって死にます。その後、モウセンゴケは昆虫の体を溶かす酵素を排出します。

ほとんどそれはこのように起こります:

(はい、それはあなたのために分類された今夜の悪夢です。)

These videos are both time-lapse it can take a sundew hours, even up to a day, to completely digest an insect.

This raises the question of whether early modern herbalists knew about the sundew’s carnivorous ways. Was the actual process too slow to notice with the naked eye?

Early modern recipes for rosa solis cordial make clear that the plant is to be harvested during June and early July. (Jennifer Munroe has discussed the fascinating implications of the detailed intructions for the harvesting of rosa solis.) But did the women and men harvesting the plant know of its unique pattern of feeding?

In the recipes I’ve encountered for rosa solis, I’ve seen no mention of insects or of how the plant feeds. I wonder, then: would the knowledge of rosa solis’s carnivorous ways have changed how herbalists, wise women, and amateur and professional physicians used it? Would the doctrine of signatures have changed pharmaceutical usage?

Knowing that fate of the hapless bug trapped by the mucus of the sundew, would the recipe writer in Sir Thomas Osborne’s collection still have recommended the cordial for aid in growing “Strong and lustie”?

Postscript: Please understand that I could not write this blog without hearing the soundtrack to “Little Shop of Horrors” in my head. Then, for fun, I Googled “Renaissance Little Shop of Horrors.” This is what I found courtesy of Mental Floss:

Painted by Alison Sommers for Gallery 1988’s “Crazy 4 Cult 5.” Image used with permission of the artist.

Thereby proving that one can find ANYTHING on the internet.


Month: July 2020

Today, I wanted to visit the work of a long-time contributor and dear friend of the Recipes Project – Jennifer Sherman Roberts. Jen has authored more than a dozen wonderful posts on the blog covering topics such as “The CIA’s Secret Weapon: Dorothy Pompeo’s Christmas Fudge Recipe“ “Mucus Cure Alls: Snail Waters and Spa Treatments“ “Of Hedgehogs, Whale Vomite and Fire-Breathing Peacocks” and A Stitch in Thyme?: Why Are There So Few Knitting Patterns in Recipe Books?。 As you can see, I had a hard time picking just one post of Jen’s to republish. But, as so many of us are trying our hand at gardening right now, I thought that the post below about rosa solis might be make an appropriate read.楽しみ! Elaine Leong

Can’t get enough of Jen’s writing? Here is a handy list of all Jen’s posts on the RP.

By Jennifer Sherman Roberts

I like pretty words. Old, pretty words.

The problem with old, pretty words is that they can be awfully deceptive.

While (electronically) flipping through the recipe book of a Mrs. Corlyon from 1606 (Wellcome MS. 213), I came across sundry cures for dull-sounding medical issues: coughs, agues, and pimples. I’m enough of a historian to know that just because something sounds dull doesn’t mean it is, but nevertheless I kept flipping, looking for a recipe to spark my imagination.

And then I saw it, the perfect attention-grabber: “The making of a Rosa Solis.”

Rosa solis: How lovely! Perhaps, given the possible Latin translation of “rose of the sun,” it could even be alchemical! My heart beat fast…

Drosera tokaiensis. Photo by Denis Barthel (Wikimedia Commons)

I did a little searching. One look at the picture, and I was struck by this plant’s luminous beauty.

Not only is the plant itself lovely, the recipe from Mrs. Corlyon’s book for rosa solis corial water sounds divine:

Take halfe a peck of the herbe called Rosa Solis beynge gathered before the Sonn do aryse in the latter end of June or the beginning of Julye. Pick them and lay them upon a Bord to drye all a day. Then take a quarter of a Pounde of Reisons of the Sonn the Stones beynge taken out: Six Date as 12 Figges. Shridd all these together somewhat smale, and putt them into a great mouthed Glasse. Then take of Lycoresse and Annisseedes of each an ownze of Cynamone half an ownze a spoonefull of Cloves three Nutmegges of Coryander seeds and of caraway seedes eche half an ownze. Bruise all these, and putt them into the glasse, add thereunto your Hearbes and two pounds of the best Sugar finely beaten and a pottell of good Aquavite. Then stir them well together, and when you have this doen, stoppe the glasse, very close, then sett it in the Sonn for the space of 7 or 8 weekes often turning the glasse about in the Sonn but Lett it stand where the raine may not come unto it and shake it oftentimes together and when it hath so long so stade, straine it and putt the water upp into a doble glasse and keep it for your use. And if you please when you have strained it you may put thereto a leafe of Golde, and a grain or two of Muske.

Raisins, dates, and figs. Licorice, anise, cinnamon, cloves, nutmeg, coriander, and caraway. Sugar and booze. What’s not to love?

Not only is the rosa solis plant beautiful and its cordial yummy, its effects are impressive. Recorded in the Sir Thomas Osborne recipe collection at the Wellcome Collection Library is the following recommendation:

For There is not the Weakest Man nor body in the world that wantest Nature or Strength or that is falne into a Consumption but it will Restore him againe & cause him to bee Stronge and lustie and to have a good Stomacke & Shortly, hee that useth this three time together shall find great remedie & Comforte.

Ahh, I thought, an intriguing and beautiful medicinal!

Here’s the thing, though: old, pretty words can cover deadly truths.

The leaf of a Drosera capensis “bending” in response to the trapping of an insect.
Photo by: Noah Elhardt (Wikimedia Commons)

Rosa solis is also known as sundew, or drosera, and it is actually quite treacherous and deadly . 。 。 especially if you’re a bug. The sundew plant is carnivorous. It grows in boggy, wet, marsh-like conditions—places in which soluble nitrogen is in short supply. To make up for the deficit, the sundew attracts insects with what looks like a fresh bounty of dewdrops, but is in reality a series of mucus glands that trap the insect on the leaf.

The insect dies either from exhaustion (from trying to escape) or from asphyxiation from the mucus. The sundew then excretes enzymes that dissolve the body of the insect.

Pretty much it happens like this:

(Yes, that’s tonight’s nightmare sorted for you.)

These videos are both time-lapse it can take a sundew hours, even up to a day, to completely digest an insect.

This raises the question of whether early modern herbalists knew about the sundew’s carnivorous ways. Was the actual process too slow to notice with the naked eye?

Early modern recipes for rosa solis cordial make clear that the plant is to be harvested during June and early July. (Jennifer Munroe has discussed the fascinating implications of the detailed intructions for the harvesting of rosa solis.) But did the women and men harvesting the plant know of its unique pattern of feeding?

In the recipes I’ve encountered for rosa solis, I’ve seen no mention of insects or of how the plant feeds. I wonder, then: would the knowledge of rosa solis’s carnivorous ways have changed how herbalists, wise women, and amateur and professional physicians used it? Would the doctrine of signatures have changed pharmaceutical usage?

Knowing that fate of the hapless bug trapped by the mucus of the sundew, would the recipe writer in Sir Thomas Osborne’s collection still have recommended the cordial for aid in growing “Strong and lustie”?

Postscript: Please understand that I could not write this blog without hearing the soundtrack to “Little Shop of Horrors” in my head. Then, for fun, I Googled “Renaissance Little Shop of Horrors.” This is what I found courtesy of Mental Floss:

Painted by Alison Sommers for Gallery 1988’s “Crazy 4 Cult 5.” Image used with permission of the artist.

Thereby proving that one can find ANYTHING on the internet.


Month: July 2020

Today, I wanted to visit the work of a long-time contributor and dear friend of the Recipes Project – Jennifer Sherman Roberts. Jen has authored more than a dozen wonderful posts on the blog covering topics such as “The CIA’s Secret Weapon: Dorothy Pompeo’s Christmas Fudge Recipe“ “Mucus Cure Alls: Snail Waters and Spa Treatments“ “Of Hedgehogs, Whale Vomite and Fire-Breathing Peacocks” and A Stitch in Thyme?: Why Are There So Few Knitting Patterns in Recipe Books?。 As you can see, I had a hard time picking just one post of Jen’s to republish. But, as so many of us are trying our hand at gardening right now, I thought that the post below about rosa solis might be make an appropriate read.楽しみ! Elaine Leong

Can’t get enough of Jen’s writing? Here is a handy list of all Jen’s posts on the RP.

By Jennifer Sherman Roberts

I like pretty words. Old, pretty words.

The problem with old, pretty words is that they can be awfully deceptive.

While (electronically) flipping through the recipe book of a Mrs. Corlyon from 1606 (Wellcome MS. 213), I came across sundry cures for dull-sounding medical issues: coughs, agues, and pimples. I’m enough of a historian to know that just because something sounds dull doesn’t mean it is, but nevertheless I kept flipping, looking for a recipe to spark my imagination.

And then I saw it, the perfect attention-grabber: “The making of a Rosa Solis.”

Rosa solis: How lovely! Perhaps, given the possible Latin translation of “rose of the sun,” it could even be alchemical! My heart beat fast…

Drosera tokaiensis. Photo by Denis Barthel (Wikimedia Commons)

I did a little searching. One look at the picture, and I was struck by this plant’s luminous beauty.

Not only is the plant itself lovely, the recipe from Mrs. Corlyon’s book for rosa solis corial water sounds divine:

Take halfe a peck of the herbe called Rosa Solis beynge gathered before the Sonn do aryse in the latter end of June or the beginning of Julye. Pick them and lay them upon a Bord to drye all a day. Then take a quarter of a Pounde of Reisons of the Sonn the Stones beynge taken out: Six Date as 12 Figges. Shridd all these together somewhat smale, and putt them into a great mouthed Glasse. Then take of Lycoresse and Annisseedes of each an ownze of Cynamone half an ownze a spoonefull of Cloves three Nutmegges of Coryander seeds and of caraway seedes eche half an ownze. Bruise all these, and putt them into the glasse, add thereunto your Hearbes and two pounds of the best Sugar finely beaten and a pottell of good Aquavite. Then stir them well together, and when you have this doen, stoppe the glasse, very close, then sett it in the Sonn for the space of 7 or 8 weekes often turning the glasse about in the Sonn but Lett it stand where the raine may not come unto it and shake it oftentimes together and when it hath so long so stade, straine it and putt the water upp into a doble glasse and keep it for your use. And if you please when you have strained it you may put thereto a leafe of Golde, and a grain or two of Muske.

Raisins, dates, and figs. Licorice, anise, cinnamon, cloves, nutmeg, coriander, and caraway. Sugar and booze. What’s not to love?

Not only is the rosa solis plant beautiful and its cordial yummy, its effects are impressive. Recorded in the Sir Thomas Osborne recipe collection at the Wellcome Collection Library is the following recommendation:

For There is not the Weakest Man nor body in the world that wantest Nature or Strength or that is falne into a Consumption but it will Restore him againe & cause him to bee Stronge and lustie and to have a good Stomacke & Shortly, hee that useth this three time together shall find great remedie & Comforte.

Ahh, I thought, an intriguing and beautiful medicinal!

Here’s the thing, though: old, pretty words can cover deadly truths.

The leaf of a Drosera capensis “bending” in response to the trapping of an insect.
Photo by: Noah Elhardt (Wikimedia Commons)

Rosa solis is also known as sundew, or drosera, and it is actually quite treacherous and deadly . 。 。 especially if you’re a bug. The sundew plant is carnivorous. It grows in boggy, wet, marsh-like conditions—places in which soluble nitrogen is in short supply. To make up for the deficit, the sundew attracts insects with what looks like a fresh bounty of dewdrops, but is in reality a series of mucus glands that trap the insect on the leaf.

The insect dies either from exhaustion (from trying to escape) or from asphyxiation from the mucus. The sundew then excretes enzymes that dissolve the body of the insect.

Pretty much it happens like this:

(Yes, that’s tonight’s nightmare sorted for you.)

These videos are both time-lapse it can take a sundew hours, even up to a day, to completely digest an insect.

This raises the question of whether early modern herbalists knew about the sundew’s carnivorous ways. Was the actual process too slow to notice with the naked eye?

Early modern recipes for rosa solis cordial make clear that the plant is to be harvested during June and early July. (Jennifer Munroe has discussed the fascinating implications of the detailed intructions for the harvesting of rosa solis.) But did the women and men harvesting the plant know of its unique pattern of feeding?

In the recipes I’ve encountered for rosa solis, I’ve seen no mention of insects or of how the plant feeds. I wonder, then: would the knowledge of rosa solis’s carnivorous ways have changed how herbalists, wise women, and amateur and professional physicians used it? Would the doctrine of signatures have changed pharmaceutical usage?

Knowing that fate of the hapless bug trapped by the mucus of the sundew, would the recipe writer in Sir Thomas Osborne’s collection still have recommended the cordial for aid in growing “Strong and lustie”?

Postscript: Please understand that I could not write this blog without hearing the soundtrack to “Little Shop of Horrors” in my head. Then, for fun, I Googled “Renaissance Little Shop of Horrors.” This is what I found courtesy of Mental Floss:

Painted by Alison Sommers for Gallery 1988’s “Crazy 4 Cult 5.” Image used with permission of the artist.

Thereby proving that one can find ANYTHING on the internet.


Month: July 2020

Today, I wanted to visit the work of a long-time contributor and dear friend of the Recipes Project – Jennifer Sherman Roberts. Jen has authored more than a dozen wonderful posts on the blog covering topics such as “The CIA’s Secret Weapon: Dorothy Pompeo’s Christmas Fudge Recipe“ “Mucus Cure Alls: Snail Waters and Spa Treatments“ “Of Hedgehogs, Whale Vomite and Fire-Breathing Peacocks” and A Stitch in Thyme?: Why Are There So Few Knitting Patterns in Recipe Books?。 As you can see, I had a hard time picking just one post of Jen’s to republish. But, as so many of us are trying our hand at gardening right now, I thought that the post below about rosa solis might be make an appropriate read.楽しみ! Elaine Leong

Can’t get enough of Jen’s writing? Here is a handy list of all Jen’s posts on the RP.

By Jennifer Sherman Roberts

I like pretty words. Old, pretty words.

The problem with old, pretty words is that they can be awfully deceptive.

While (electronically) flipping through the recipe book of a Mrs. Corlyon from 1606 (Wellcome MS. 213), I came across sundry cures for dull-sounding medical issues: coughs, agues, and pimples. I’m enough of a historian to know that just because something sounds dull doesn’t mean it is, but nevertheless I kept flipping, looking for a recipe to spark my imagination.

And then I saw it, the perfect attention-grabber: “The making of a Rosa Solis.”

Rosa solis: How lovely! Perhaps, given the possible Latin translation of “rose of the sun,” it could even be alchemical! My heart beat fast…

Drosera tokaiensis. Photo by Denis Barthel (Wikimedia Commons)

I did a little searching. One look at the picture, and I was struck by this plant’s luminous beauty.

Not only is the plant itself lovely, the recipe from Mrs. Corlyon’s book for rosa solis corial water sounds divine:

Take halfe a peck of the herbe called Rosa Solis beynge gathered before the Sonn do aryse in the latter end of June or the beginning of Julye. Pick them and lay them upon a Bord to drye all a day. Then take a quarter of a Pounde of Reisons of the Sonn the Stones beynge taken out: Six Date as 12 Figges. Shridd all these together somewhat smale, and putt them into a great mouthed Glasse. Then take of Lycoresse and Annisseedes of each an ownze of Cynamone half an ownze a spoonefull of Cloves three Nutmegges of Coryander seeds and of caraway seedes eche half an ownze. Bruise all these, and putt them into the glasse, add thereunto your Hearbes and two pounds of the best Sugar finely beaten and a pottell of good Aquavite. Then stir them well together, and when you have this doen, stoppe the glasse, very close, then sett it in the Sonn for the space of 7 or 8 weekes often turning the glasse about in the Sonn but Lett it stand where the raine may not come unto it and shake it oftentimes together and when it hath so long so stade, straine it and putt the water upp into a doble glasse and keep it for your use. And if you please when you have strained it you may put thereto a leafe of Golde, and a grain or two of Muske.

Raisins, dates, and figs. Licorice, anise, cinnamon, cloves, nutmeg, coriander, and caraway. Sugar and booze. What’s not to love?

Not only is the rosa solis plant beautiful and its cordial yummy, its effects are impressive. Recorded in the Sir Thomas Osborne recipe collection at the Wellcome Collection Library is the following recommendation:

For There is not the Weakest Man nor body in the world that wantest Nature or Strength or that is falne into a Consumption but it will Restore him againe & cause him to bee Stronge and lustie and to have a good Stomacke & Shortly, hee that useth this three time together shall find great remedie & Comforte.

Ahh, I thought, an intriguing and beautiful medicinal!

Here’s the thing, though: old, pretty words can cover deadly truths.

The leaf of a Drosera capensis “bending” in response to the trapping of an insect.
Photo by: Noah Elhardt (Wikimedia Commons)

Rosa solis is also known as sundew, or drosera, and it is actually quite treacherous and deadly . 。 。 especially if you’re a bug. The sundew plant is carnivorous. It grows in boggy, wet, marsh-like conditions—places in which soluble nitrogen is in short supply. To make up for the deficit, the sundew attracts insects with what looks like a fresh bounty of dewdrops, but is in reality a series of mucus glands that trap the insect on the leaf.

The insect dies either from exhaustion (from trying to escape) or from asphyxiation from the mucus. The sundew then excretes enzymes that dissolve the body of the insect.

Pretty much it happens like this:

(Yes, that’s tonight’s nightmare sorted for you.)

These videos are both time-lapse it can take a sundew hours, even up to a day, to completely digest an insect.

This raises the question of whether early modern herbalists knew about the sundew’s carnivorous ways. Was the actual process too slow to notice with the naked eye?

Early modern recipes for rosa solis cordial make clear that the plant is to be harvested during June and early July. (Jennifer Munroe has discussed the fascinating implications of the detailed intructions for the harvesting of rosa solis.) But did the women and men harvesting the plant know of its unique pattern of feeding?

In the recipes I’ve encountered for rosa solis, I’ve seen no mention of insects or of how the plant feeds. I wonder, then: would the knowledge of rosa solis’s carnivorous ways have changed how herbalists, wise women, and amateur and professional physicians used it? Would the doctrine of signatures have changed pharmaceutical usage?

Knowing that fate of the hapless bug trapped by the mucus of the sundew, would the recipe writer in Sir Thomas Osborne’s collection still have recommended the cordial for aid in growing “Strong and lustie”?

Postscript: Please understand that I could not write this blog without hearing the soundtrack to “Little Shop of Horrors” in my head. Then, for fun, I Googled “Renaissance Little Shop of Horrors.” This is what I found courtesy of Mental Floss:

Painted by Alison Sommers for Gallery 1988’s “Crazy 4 Cult 5.” Image used with permission of the artist.

Thereby proving that one can find ANYTHING on the internet.


Month: July 2020

Today, I wanted to visit the work of a long-time contributor and dear friend of the Recipes Project – Jennifer Sherman Roberts. Jen has authored more than a dozen wonderful posts on the blog covering topics such as “The CIA’s Secret Weapon: Dorothy Pompeo’s Christmas Fudge Recipe“ “Mucus Cure Alls: Snail Waters and Spa Treatments“ “Of Hedgehogs, Whale Vomite and Fire-Breathing Peacocks” and A Stitch in Thyme?: Why Are There So Few Knitting Patterns in Recipe Books?。 As you can see, I had a hard time picking just one post of Jen’s to republish. But, as so many of us are trying our hand at gardening right now, I thought that the post below about rosa solis might be make an appropriate read.楽しみ! Elaine Leong

Can’t get enough of Jen’s writing? Here is a handy list of all Jen’s posts on the RP.

By Jennifer Sherman Roberts

I like pretty words. Old, pretty words.

The problem with old, pretty words is that they can be awfully deceptive.

While (electronically) flipping through the recipe book of a Mrs. Corlyon from 1606 (Wellcome MS. 213), I came across sundry cures for dull-sounding medical issues: coughs, agues, and pimples. I’m enough of a historian to know that just because something sounds dull doesn’t mean it is, but nevertheless I kept flipping, looking for a recipe to spark my imagination.

And then I saw it, the perfect attention-grabber: “The making of a Rosa Solis.”

Rosa solis: How lovely! Perhaps, given the possible Latin translation of “rose of the sun,” it could even be alchemical! My heart beat fast…

Drosera tokaiensis. Photo by Denis Barthel (Wikimedia Commons)

I did a little searching. One look at the picture, and I was struck by this plant’s luminous beauty.

Not only is the plant itself lovely, the recipe from Mrs. Corlyon’s book for rosa solis corial water sounds divine:

Take halfe a peck of the herbe called Rosa Solis beynge gathered before the Sonn do aryse in the latter end of June or the beginning of Julye. Pick them and lay them upon a Bord to drye all a day. Then take a quarter of a Pounde of Reisons of the Sonn the Stones beynge taken out: Six Date as 12 Figges. Shridd all these together somewhat smale, and putt them into a great mouthed Glasse. Then take of Lycoresse and Annisseedes of each an ownze of Cynamone half an ownze a spoonefull of Cloves three Nutmegges of Coryander seeds and of caraway seedes eche half an ownze. Bruise all these, and putt them into the glasse, add thereunto your Hearbes and two pounds of the best Sugar finely beaten and a pottell of good Aquavite. Then stir them well together, and when you have this doen, stoppe the glasse, very close, then sett it in the Sonn for the space of 7 or 8 weekes often turning the glasse about in the Sonn but Lett it stand where the raine may not come unto it and shake it oftentimes together and when it hath so long so stade, straine it and putt the water upp into a doble glasse and keep it for your use. And if you please when you have strained it you may put thereto a leafe of Golde, and a grain or two of Muske.

Raisins, dates, and figs. Licorice, anise, cinnamon, cloves, nutmeg, coriander, and caraway. Sugar and booze. What’s not to love?

Not only is the rosa solis plant beautiful and its cordial yummy, its effects are impressive. Recorded in the Sir Thomas Osborne recipe collection at the Wellcome Collection Library is the following recommendation:

For There is not the Weakest Man nor body in the world that wantest Nature or Strength or that is falne into a Consumption but it will Restore him againe & cause him to bee Stronge and lustie and to have a good Stomacke & Shortly, hee that useth this three time together shall find great remedie & Comforte.

Ahh, I thought, an intriguing and beautiful medicinal!

Here’s the thing, though: old, pretty words can cover deadly truths.

The leaf of a Drosera capensis “bending” in response to the trapping of an insect.
Photo by: Noah Elhardt (Wikimedia Commons)

Rosa solis is also known as sundew, or drosera, and it is actually quite treacherous and deadly . 。 。 especially if you’re a bug. The sundew plant is carnivorous. It grows in boggy, wet, marsh-like conditions—places in which soluble nitrogen is in short supply. To make up for the deficit, the sundew attracts insects with what looks like a fresh bounty of dewdrops, but is in reality a series of mucus glands that trap the insect on the leaf.

The insect dies either from exhaustion (from trying to escape) or from asphyxiation from the mucus. The sundew then excretes enzymes that dissolve the body of the insect.

Pretty much it happens like this:

(Yes, that’s tonight’s nightmare sorted for you.)

These videos are both time-lapse it can take a sundew hours, even up to a day, to completely digest an insect.

This raises the question of whether early modern herbalists knew about the sundew’s carnivorous ways. Was the actual process too slow to notice with the naked eye?

Early modern recipes for rosa solis cordial make clear that the plant is to be harvested during June and early July. (Jennifer Munroe has discussed the fascinating implications of the detailed intructions for the harvesting of rosa solis.) But did the women and men harvesting the plant know of its unique pattern of feeding?

In the recipes I’ve encountered for rosa solis, I’ve seen no mention of insects or of how the plant feeds. I wonder, then: would the knowledge of rosa solis’s carnivorous ways have changed how herbalists, wise women, and amateur and professional physicians used it? Would the doctrine of signatures have changed pharmaceutical usage?

Knowing that fate of the hapless bug trapped by the mucus of the sundew, would the recipe writer in Sir Thomas Osborne’s collection still have recommended the cordial for aid in growing “Strong and lustie”?

Postscript: Please understand that I could not write this blog without hearing the soundtrack to “Little Shop of Horrors” in my head. Then, for fun, I Googled “Renaissance Little Shop of Horrors.” This is what I found courtesy of Mental Floss:

Painted by Alison Sommers for Gallery 1988’s “Crazy 4 Cult 5.” Image used with permission of the artist.

Thereby proving that one can find ANYTHING on the internet.


Month: July 2020

Today, I wanted to visit the work of a long-time contributor and dear friend of the Recipes Project – Jennifer Sherman Roberts. Jen has authored more than a dozen wonderful posts on the blog covering topics such as “The CIA’s Secret Weapon: Dorothy Pompeo’s Christmas Fudge Recipe“ “Mucus Cure Alls: Snail Waters and Spa Treatments“ “Of Hedgehogs, Whale Vomite and Fire-Breathing Peacocks” and A Stitch in Thyme?: Why Are There So Few Knitting Patterns in Recipe Books?。 As you can see, I had a hard time picking just one post of Jen’s to republish. But, as so many of us are trying our hand at gardening right now, I thought that the post below about rosa solis might be make an appropriate read.楽しみ! Elaine Leong

Can’t get enough of Jen’s writing? Here is a handy list of all Jen’s posts on the RP.

By Jennifer Sherman Roberts

I like pretty words. Old, pretty words.

The problem with old, pretty words is that they can be awfully deceptive.

While (electronically) flipping through the recipe book of a Mrs. Corlyon from 1606 (Wellcome MS. 213), I came across sundry cures for dull-sounding medical issues: coughs, agues, and pimples. I’m enough of a historian to know that just because something sounds dull doesn’t mean it is, but nevertheless I kept flipping, looking for a recipe to spark my imagination.

And then I saw it, the perfect attention-grabber: “The making of a Rosa Solis.”

Rosa solis: How lovely! Perhaps, given the possible Latin translation of “rose of the sun,” it could even be alchemical! My heart beat fast…

Drosera tokaiensis. Photo by Denis Barthel (Wikimedia Commons)

I did a little searching. One look at the picture, and I was struck by this plant’s luminous beauty.

Not only is the plant itself lovely, the recipe from Mrs. Corlyon’s book for rosa solis corial water sounds divine:

Take halfe a peck of the herbe called Rosa Solis beynge gathered before the Sonn do aryse in the latter end of June or the beginning of Julye. Pick them and lay them upon a Bord to drye all a day. Then take a quarter of a Pounde of Reisons of the Sonn the Stones beynge taken out: Six Date as 12 Figges. Shridd all these together somewhat smale, and putt them into a great mouthed Glasse. Then take of Lycoresse and Annisseedes of each an ownze of Cynamone half an ownze a spoonefull of Cloves three Nutmegges of Coryander seeds and of caraway seedes eche half an ownze. Bruise all these, and putt them into the glasse, add thereunto your Hearbes and two pounds of the best Sugar finely beaten and a pottell of good Aquavite. Then stir them well together, and when you have this doen, stoppe the glasse, very close, then sett it in the Sonn for the space of 7 or 8 weekes often turning the glasse about in the Sonn but Lett it stand where the raine may not come unto it and shake it oftentimes together and when it hath so long so stade, straine it and putt the water upp into a doble glasse and keep it for your use. And if you please when you have strained it you may put thereto a leafe of Golde, and a grain or two of Muske.

Raisins, dates, and figs. Licorice, anise, cinnamon, cloves, nutmeg, coriander, and caraway. Sugar and booze. What’s not to love?

Not only is the rosa solis plant beautiful and its cordial yummy, its effects are impressive. Recorded in the Sir Thomas Osborne recipe collection at the Wellcome Collection Library is the following recommendation:

For There is not the Weakest Man nor body in the world that wantest Nature or Strength or that is falne into a Consumption but it will Restore him againe & cause him to bee Stronge and lustie and to have a good Stomacke & Shortly, hee that useth this three time together shall find great remedie & Comforte.

Ahh, I thought, an intriguing and beautiful medicinal!

Here’s the thing, though: old, pretty words can cover deadly truths.

The leaf of a Drosera capensis “bending” in response to the trapping of an insect.
Photo by: Noah Elhardt (Wikimedia Commons)

Rosa solis is also known as sundew, or drosera, and it is actually quite treacherous and deadly . 。 。 especially if you’re a bug. The sundew plant is carnivorous. It grows in boggy, wet, marsh-like conditions—places in which soluble nitrogen is in short supply. To make up for the deficit, the sundew attracts insects with what looks like a fresh bounty of dewdrops, but is in reality a series of mucus glands that trap the insect on the leaf.

The insect dies either from exhaustion (from trying to escape) or from asphyxiation from the mucus. The sundew then excretes enzymes that dissolve the body of the insect.

Pretty much it happens like this:

(Yes, that’s tonight’s nightmare sorted for you.)

These videos are both time-lapse it can take a sundew hours, even up to a day, to completely digest an insect.

This raises the question of whether early modern herbalists knew about the sundew’s carnivorous ways. Was the actual process too slow to notice with the naked eye?

Early modern recipes for rosa solis cordial make clear that the plant is to be harvested during June and early July. (Jennifer Munroe has discussed the fascinating implications of the detailed intructions for the harvesting of rosa solis.) But did the women and men harvesting the plant know of its unique pattern of feeding?

In the recipes I’ve encountered for rosa solis, I’ve seen no mention of insects or of how the plant feeds. I wonder, then: would the knowledge of rosa solis’s carnivorous ways have changed how herbalists, wise women, and amateur and professional physicians used it? Would the doctrine of signatures have changed pharmaceutical usage?

Knowing that fate of the hapless bug trapped by the mucus of the sundew, would the recipe writer in Sir Thomas Osborne’s collection still have recommended the cordial for aid in growing “Strong and lustie”?

Postscript: Please understand that I could not write this blog without hearing the soundtrack to “Little Shop of Horrors” in my head. Then, for fun, I Googled “Renaissance Little Shop of Horrors.” This is what I found courtesy of Mental Floss:

Painted by Alison Sommers for Gallery 1988’s “Crazy 4 Cult 5.” Image used with permission of the artist.

Thereby proving that one can find ANYTHING on the internet.


ビデオを見る: 星のカービィ スーパーデラックス全ボス戦集. Kirbys Dream Land (六月 2022).


コメント:

  1. Deems

    明確に、優れた答え

  2. Tojakora

    面白い状況

  3. Jaira

    この問題は議論されていません。

  4. Kelwyn

    よくやった、このアイデアはちょうどそのことです

  5. Shae

    いくつかの言葉を言いたいです。

  6. Beckham

    とても良い投稿!あなたがした仕事をありがとう!



メッセージを書く