カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

ドラフトカクテルはバー、パトロンに追いつきます

ドラフトカクテルはバー、パトロンに追いつきます


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

クラフトカクテルのフレーバーとフレアを渇望しているお客様は、一部のバーやレストランで魅力的な新しいサービスオプションを利用できます。ドラフトで事前にバッチ処理された特製ドリンクを使用すると、通常の混乱、揺れ、攪拌を待つ必要がなくなります。

ドラフトでのクラフトカクテルはバーシーンでは新しい現象ですが、もちろんバルク飲料はそうではありません。ビールとソーダは何年もの間蛇口を通って流れてきました。過去数年間で、簡単なタップサービスのためにプレミアムワインを樽に詰めるワイナリーが増えています。同様に、いくつかの水飲み場は、蛇口からアイリッシュウイスキー、バーボン、リキュールのショットを分配します。ターンキーカクテルも夜明けするのも不思議ではありません。顧客は、バーテンダーの手首をフリックするだけで提供されるミックスドリンクの目新しさ、そしておそらく迅速な満足感にも魅了されているようです。

サンフランシスコの新しいキンプトンレストランであるジャスパーズコーナータップ&キッチンでは、ドラフトのネグローニカクテルがカルトアイテムになっているとバーマネージャーのケビンディードリッヒは報告しています。

フォーミュラは、プリマスジン、カンパリ、ハウスベルモットの等量で、後者はパントメスとチンザノのブレンドで、ハウス内のソフトドリンク樽に混ぜられています。バーで樽ワインを注ぐドラフトシステムから岩の上で提供されます。

「アイデアはきちんとしていて、ちょっとオタクですが、楽しいものでもあります」とディードリッヒは言いました。地域のレストランの従業員はJasper’sでの飲み物の最初のファンでしたが、すぐに一般のゲストに人気がありました。実際、最初の樽は1日半で売り切れました。 「消費者はトレンドやちょっと変わったものが大好きです」とディードリッヒは言いました。

ドラフトネグローニを提供するのにわずか5秒かかるという事実は、せっかちな常連客は言うまでもなく、忙しい夜に300件の注文を処理するジャスパーのバーテンダーにとってボーナスです。

「それをジガーしたり、ミキシンググラスでかき混ぜたりする必要はありません」とディードリッヒは言いました。 「それはあなたを雑草からかなり早く追い出します。」


11のTelltaleが素晴らしいクラフトビールバーであなたにサインします

クラフトビールバーは最近どこにでもあります。良いものもあれば悪いものもあります。次に、素晴らしいものがあります。

私たちのほとんどが醸造所から10マイル以内に住んでいることを考えると、ビールに焦点を当てた施設の豊富さは、米国では自然な進歩です。しかし、すべてのビールバーが同じように作られているわけではありません。

いくつかは過去に立ち往生していて、時代遅れのブランドを運び、彼らの都市での地元のビールのルネッサンスを無視しています。製品やその提供方法を​​実際に知らなくても、クラフトビールのトレンドに飛びつく人もいます。また、善意があるかもしれませんが、何百ものブランドのボトルやドラフトのセレクションを誇るものもあります。これは、新鮮ではないIPAを注文するまでは印象的な偉業です。

すべてのビール愛好家はこのホップアロマポスターを必要としています

私たちは国や世界中の何百ものビールバーを訪れました。戻る価値のあるものを見つけることは、何を探すべきかを知ったら簡単に見つけることができるいくつかの品質に帰着します。ここにあなたが素晴らしいクラフトビールバーにいる11の明白な兆候があります。

笛のようにきれいです。少なくとも、その一部はそうです。

すべての素晴らしいビールバーが輝いているわけではありませんが、汚れたビールバーでさえ、ガラス製品、ドラフトライン、バスルームなど、いくつかの重要なものを清潔に保つことに関心があります。クリーンなドラフトラインの重要性について詳しくは、こちらをご覧ください。

適切なガラス製品が揃っています。

Tekusだけで醸造を提供するバーは、ビールとそのイメージに大きな関心を持っています。それは素晴らしいことです!すべてのビールをステムウェアで提供する必要はないと思いますが、ラガーの指ぬきや13%のアルコール度数のペストリースタウトでいっぱいのマグカップは誰も望んでいません。素晴らしいビールバーは、スタイルに適したガラス製品でビールを提供します。スニフターの酸っぱいエール、その名を冠した船のヘフェヴァイツェン、または基本的にチューリップグラスの何でも公正なゲームです。パイントグラスのピルスナーとIPAは わかった。、しかしあなたはビールがあなたの手で温まる前にすぐに飲む方が良いです。 (そして、アロマを手に入れて頑張ってください!)

ビールは冷たく、凍っていません。

ビールが入っているグラスを冷やす必要があるのは、冷たい水のしぶきだけです。 (理想的には、これはスターシンクとしても知られる非常に気の利いたガラスリンサーを介して行われます。)バーテンダーが冷凍庫から出てきたガラスでIPAを提供する場合、あなたは素晴らしいクラフトビールバーにはいません。あなたは、悲しいことに、誤った情報を与えられているスポーツバーにいます。

原則として、ビールの風味を味わうことができるように、室温でグラスが必要です。しかし、Goldilocksは、バーテンダーが暖かすぎるビールを提供する場合は、問題について言及することを恐れないでください。暑さの中で長時間座っていた樽を軽くたたいたか(その場合、ビールも非常に泡立ちます)、またはクーラーに何か問題があります。

メニューは決して正確ではありません。

これは直感に反しているように思われるかもしれませんし、最初はイライラするかもしれませんが、乱雑なメニューはしばしば良い兆候です。これは、バーに回転するドラフトメニューがあり、ビールをすばやく販売していることを意味します。 1つのビールがキックされるとすぐに、新しいビールが上がり、サーバーは新しいメニューを印刷したり、カウンターを上って黒板を更新する機会を十分に得ることができません。素晴らしいビールバーメニューは、アイテムが走り書きされたビールで汚れた一枚の紙かもしれません。または、バーがその日の早い時間に遅かったので、それは美しく色分けされた黒板メニューです。 (公平を期すために、それは火曜日でした。)

サーバーは、ラガーを注文したかどうかを判断しません。

クラフト中心のビールバーでバドライトがタップされる可能性は低いですが、それがあなたのことなら、恐れずに言ってください! (いいですね。)質の高い施設は、スタッフのトレーニングと優れたサービスの提供に投資しています。この場合、サーバーはBud Lightリクエストを聞いて、あなたが好きだと思う同様のビールを案内します。ナイトシフトナイトライト、おそらく、またはファイアストンラガー。そして、彼らのシフトの後、あなたは彼らが通りの向こう側のダイビングでハイライフを飲んでいるのを捕まえるかもしれません。

タップリストはローカルに焦点を合わせています。

確かに、これは素晴らしいクラフトビールバーの比較的新しい兆候です。 (10年前、ほとんどの都市には地元の醸造所があまりありませんでした。暗い時期でした。)現代のクラフトビールバーでは、メニューはほとんどの場合、地元のオプションと積み重ねられます。いくつかの地域または輸入されたお気に入りも非常に高く評価されています。

ビールは多くの味覚にアピールします。

クラフトビールは威圧的である可能性があり、メニューにケトルサワーとダブルIPAしか含まれていないと、さらに恐ろしいものになります。特定の種類のビールを紹介する特別なイベントがない限り、素晴らしいバーはさまざまなスタイル、フレーバープロファイル、アルコールレベルを含むメニューを厳選しています。超酸性のフルーツサワーは、農家のエール、スタウト、ラガー、そしておそらくいくつかのIPAによって補完されます。

それはその友人からの少しの助けでうまくいきます。

ビールバーには、ほとんどの場合、文字通りであろうとなかろうと、コミュニティに参加しているという何らかの兆候があります。おそらく地元の写真家のアートワークが壁にあります(あなたの言うことを見てください-彼女はここでは常連です)。来週、病院の請求書を返済する常連客のために資金を調達するイベントがあるかもしれません。または、本当に運が良ければ、毎年ペットコスチュームコンテストがあります。いずれにせよ、暖かくてファジーなものがたくさんあります。

&#8216レギュラーがあります。&#8217

これは確かにクラフトビールバーに固有のものではありませんが、なじみのある顔は、人々が戻ってくるのが好きな場所にいることを示しています。バーテンダーがバー全体の人々と友好的である場合、彼らは仲間、業界の人々(これも良い兆候)であるか、ここで本当にそれを愛しています。

袖にビールを着ています。

私たちが大好きないくつかのビールバーは、Tシャツからステッカー、トートバッグまで、独自のブランド商品を販売しています(著者は現在そのようなトートを使用しています)。これはあなたが素晴らしいビールバーで探す必要があるものではありません。ビール愛好家でいっぱいの場所にいることをより正確に示すのは、少なくとも1人が醸造所のティー、キャップ、またはパーカーを着ているということです。繰り返しますが、あなたの言うことに注意してください—それはそれを着ている醸造者かもしれません。

フレンドリーで誰にでも開かれています。

Untappdアカウントにこだわるオタクが少なくないことを約束することはできませんが、ビールのスノブのステレオタイプはほとんど神話です。才能のあるサービスの専門家は、それを維持するために最善を尽くしています。素晴らしいビールバーの常連客は、友達と遊んだり、少し笑ったり、おいしいビールを飲んだりするためにそこにいます。彼らのホストはすべてのビールを飲む人を含み、クィアフレンドリー、女性フレンドリー、犬フレンドリー(多分)、そして子供フレンドリー(うめき声)です。結局のところ、私たちは皆、ビールを飲むのに良い場所を探しています。


11のTelltaleが素晴らしいクラフトビールバーであなたにサインします

クラフトビールバーは最近どこにでもあります。良いものもあれば悪いものもあります。次に、素晴らしいものがあります。

私たちのほとんどが醸造所から10マイル以内に住んでいることを考えると、ビールに焦点を当てた施設の豊富さは、米国では自然な進歩です。しかし、すべてのビールバーが同じように作られているわけではありません。

いくつかは過去に立ち往生していて、時代遅れのブランドを運び、彼らの都市での地元のビールのルネッサンスを無視しています。製品やその提供方法を​​実際に知らなくても、クラフトビールのトレンドに飛びつく人もいます。また、善意があるかもしれませんが、何百ものブランドのボトルやドラフトのセレクションを誇るものもあります。これは、新鮮ではないIPAを注文するまでは印象的な偉業です。

すべてのビール愛好家はこのホップアロマポスターを必要としています

私たちは国や世界中の何百ものビールバーを訪れました。戻る価値のあるものを見つけることは、何を探すべきかを知ったら簡単に見つけることができるいくつかの品質に帰着します。ここにあなたが素晴らしいクラフトビールバーにいる11の明白な兆候があります。

笛のようにきれいです。少なくとも、その一部はそうです。

すべての素晴らしいビールバーが輝いているわけではありませんが、汚れたビールバーでさえ、ガラス製品、ドラフトライン、バスルームなど、いくつかの重要なものを清潔に保つことに関心があります。クリーンなドラフトラインの重要性について詳しくは、こちらをご覧ください。

適切なガラス製品が揃っています。

Tekusだけで醸造を提供するバーは、ビールとそのイメージに大きな関心を持っています。それは素晴らしいことです!すべてのビールをステムウェアで提供する必要はないと思いますが、ラガーの指ぬきや13%のアルコール度数のペストリースタウトでいっぱいのマグカップは誰も望んでいません。素晴らしいビールバーは、スタイルに適したガラス製品でビールを提供します。スニフターの酸っぱいエール、その名を冠した船のヘフェヴァイツェン、または基本的にチューリップグラスの何でも公正なゲームです。パイントグラスのピルスナーとIPAは わかった。、しかしあなたはビールがあなたの手で温まる前にすぐに飲む方が良いです。 (そして、アロマを手に入れて頑張ってください!)

ビールは冷たく、凍っていません。

ビールが入っているグラスを冷やす必要があるのは、冷たい水のしぶきだけです。 (理想的には、これはスターシンクとしても知られる非常に気の利いたガラスリンサーを介して行われます。)バーテンダーが冷凍庫から出てきたガラスでIPAを提供する場合、あなたは素晴らしいクラフトビールバーにはいません。あなたは、悲しいことに、誤った情報を与えられているスポーツバーにいます。

原則として、ビールの風味を味わうことができるように、室温でグラスが必要です。しかし、Goldilocksは、バーテンダーが暖かすぎるビールを提供する場合は、問題について言及することを恐れないでください。暑さの中で長時間座っていた樽を軽くたたいたか(その場合、ビールも非常に泡立ちます)、またはクーラーに何か問題があります。

メニューは決して正確ではありません。

これは直感に反しているように思われるかもしれませんし、最初はイライラするかもしれませんが、乱雑なメニューはしばしば良い兆候です。これは、バーに回転するドラフトメニューがあり、ビールをすばやく販売していることを意味します。 1つのビールがキックされるとすぐに、新しいビールが上がり、サーバーは新しいメニューを印刷したり、カウンターを上って黒板を更新する機会を十分に得ることができません。素晴らしいビールバーメニューは、アイテムが走り書きされたビールで汚れた一枚の紙かもしれません。または、バーがその日の早い時間に遅かったので、それは美しく色分けされた黒板メニューです。 (公平を期すために、それは火曜日でした。)

サーバーは、ラガーを注文したかどうかを判断しません。

クラフト中心のビールバーでバドライトがタップされる可能性は低いですが、それがあなたのことなら、恐れずに言ってください! (いいですね。)質の高い施設は、スタッフのトレーニングと優れたサービスの提供に投資しています。この場合、サーバーはBud Lightリクエストを聞いて、あなたが好きだと思う同様のビールを案内します。ナイトシフトナイトライト、おそらく、またはファイアストンラガー。そして、彼らのシフトの後、あなたは彼らが通りの向こう側のダイビングでハイライフを飲んでいるのを捕まえるかもしれません。

タップリストはローカルに焦点を合わせています。

確かに、これは素晴らしいクラフトビールバーの比較的新しい兆候です。 (10年前、ほとんどの都市には地元の醸造所があまりありませんでした。暗い時期でした。)現代のクラフトビールバーでは、メニューはほとんどの場合、地元のオプションと積み重ねられます。いくつかの地域または輸入されたお気に入りも非常に高く評価されています。

ビールは多くの味覚にアピールします。

クラフトビールは威圧的である可能性があり、メニューにケトルサワーとダブルIPAしか含まれていないと、さらに恐ろしいものになります。特定の種類のビールを紹介する特別なイベントがない限り、素晴らしいバーはさまざまなスタイル、フレーバープロファイル、アルコールレベルを含むメニューを厳選しています。超酸性のフルーツサワーは、農家のエール、スタウト、ラガー、そしておそらくいくつかのIPAによって補完されます。

それはその友人からの少しの助けでうまくいきます。

ビールバーには、ほとんどの場合、文字通りであろうとなかろうと、コミュニティに参加しているという何らかの兆候があります。おそらく地元の写真家のアートワークが壁にあります(あなたの言うことを見てください-彼女はここでは常連です)。来週、病院の請求書を返済する常連客のために資金を調達するイベントがあるかもしれません。または、本当に運が良ければ、毎年ペットコスチュームコンテストがあります。いずれにせよ、暖かくてファジーなものがたくさんあります。

&#8216レギュラーがあります。&#8217

これは確かにクラフトビールバーに固有のものではありませんが、なじみのある顔は、人々が戻ってくるのが好きな場所にいることを示しています。バーテンダーがバー全体の人々と友好的である場合、彼らは仲間、業界の人々(これも良い兆候)であるか、ここで本当にそれを愛しています。

袖にビールを着ています。

私たちが大好きないくつかのビールバーは、Tシャツからステッカー、トートバッグまで、独自のブランド商品を販売しています(著者は現在そのようなトートを使用しています)。これはあなたが素晴らしいビールバーで探す必要があるものではありません。ビール愛好家でいっぱいの場所にいることをより正確に示すのは、少なくとも1人が醸造所のティー、キャップ、またはパーカーを着ているということです。繰り返しますが、あなたの言うことに注意してください—それはそれを着ている醸造者かもしれません。

フレンドリーで誰にでも開かれています。

Untappdアカウントにこだわるオタクが少なくないことを約束することはできませんが、ビールのスノブのステレオタイプはほとんど神話です。才能のあるサービスの専門家は、それを維持するために最善を尽くしています。素晴らしいビールバーの常連客は、友達と遊んだり、少し笑ったり、おいしいビールを飲んだりするためにそこにいます。彼らのホストはすべてのビールを飲む人を含み、クィアフレンドリー、女性フレンドリー、犬フレンドリー(多分)、そして子供フレンドリー(うめき声)です。結局のところ、私たちは皆、ビールを飲むのに良い場所を探しています。


11のTelltaleが素晴らしいクラフトビールバーであなたにサインします

クラフトビールバーは最近どこにでもあります。良いものもあれば悪いものもあります。次に、素晴らしいものがあります。

私たちのほとんどが醸造所から10マイル以内に住んでいることを考えると、ビールに焦点を当てた施設の豊富さは、米国では自然な進歩です。しかし、すべてのビールバーが同じように作られているわけではありません。

いくつかは過去に立ち往生していて、時代遅れのブランドを運び、彼らの都市での地元のビールのルネッサンスを無視しています。製品やその提供方法を​​実際に知らなくても、クラフトビールのトレンドに飛びつく人もいます。また、善意があるかもしれませんが、何百ものブランドのボトルやドラフトのセレクションを誇るものもあります。これは、新鮮ではないIPAを注文するまでは印象的な偉業です。

すべてのビール愛好家はこのホップアロマポスターを必要としています

私たちは国や世界中の何百ものビールバーを訪れました。戻る価値のあるものを見つけることは、何を探すべきかを知ったら簡単に見つけることができるいくつかの品質に帰着します。ここにあなたが素晴らしいクラフトビールバーにいる11の明白な兆候があります。

笛のようにきれいです。少なくとも、その一部はそうです。

すべての素晴らしいビールバーが輝いているわけではありませんが、汚れたビールバーでさえ、ガラス製品、ドラフトライン、バスルームなど、いくつかの重要なものを清潔に保つことに関心があります。クリーンなドラフトラインの重要性について詳しくは、こちらをご覧ください。

適切なガラス製品が揃っています。

Tekusだけで醸造を提供するバーは、ビールとそのイメージに大きな関心を持っています。それは素晴らしいことです!すべてのビールをステムウェアで提供する必要はないと思いますが、ラガーの指ぬきや13%のアルコール度数のペストリースタウトでいっぱいのマグカップは誰も望んでいません。素晴らしいビールバーは、スタイルに適したガラス製品でビールを提供します。スニフターの酸っぱいエール、その名を冠した船のヘフェヴァイツェン、または基本的にチューリップグラスの何でも公正なゲームです。パイントグラスのピルスナーとIPAは わかった。、しかしあなたはビールがあなたの手で温まる前にすぐに飲む方が良いです。 (そして、アロマを手に入れて頑張ってください!)

ビールは冷たく、凍っていません。

ビールが入っているグラスを冷やす必要があるのは、冷たい水のしぶきだけです。 (理想的には、これはスターシンクとしても知られる非常に気の利いたガラスリンサーを介して行われます。)バーテンダーが冷凍庫から出てきたガラスでIPAを提供する場合、あなたは素晴らしいクラフトビールバーにはいません。あなたは、悲しいことに、誤った情報を与えられているスポーツバーにいます。

原則として、ビールの風味を味わうことができるように、室温でグラスが必要です。しかし、Goldilocksは、バーテンダーが暖かすぎるビールを提供する場合は、問題について言及することを恐れないでください。暑さの中で長時間座っていた樽を軽くたたいたか(その場合、ビールも非常に泡立ちます)、またはクーラーに何か問題があります。

メニューは決して正確ではありません。

これは直感に反しているように思われるかもしれませんし、最初はイライラするかもしれませんが、乱雑なメニューはしばしば良い兆候です。これは、バーに回転するドラフトメニューがあり、ビールをすばやく販売していることを意味します。 1つのビールがキックされるとすぐに、新しいビールが上がり、サーバーは新しいメニューを印刷したり、カウンターを上って黒板を更新する機会を十分に得ることができません。素晴らしいビールバーメニューは、アイテムが走り書きされたビールで汚れた一枚の紙かもしれません。または、バーがその日の早い時間に遅かったので、それは美しく色分けされた黒板メニューです。 (公平を期すために、それは火曜日でした。)

サーバーは、ラガーを注文したかどうかを判断しません。

クラフト中心のビールバーでバドライトがタップされる可能性は低いですが、それがあなたのことなら、恐れずに言ってください! (いいですね。)質の高い施設は、スタッフのトレーニングと優れたサービスの提供に投資しています。この場合、サーバーはBud Lightリクエストを聞いて、あなたが好きだと思う同様のビールを案内します。ナイトシフトナイトライト、おそらく、またはファイアストンラガー。そして、彼らのシフトの後、あなたは彼らが通りの向こう側のダイビングでハイライフを飲んでいるのを捕まえるかもしれません。

タップリストはローカルに焦点を合わせています。

確かに、これは素晴らしいクラフトビールバーの比較的新しい兆候です。 (10年前、ほとんどの都市には地元の醸造所があまりありませんでした。暗い時期でした。)現代のクラフトビールバーでは、メニューはほとんどの場合、地元のオプションと積み重ねられます。いくつかの地域または輸入されたお気に入りも非常に高く評価されています。

ビールは多くの味覚にアピールします。

クラフトビールは威圧的である可能性があり、メニューにケトルサワーとダブルIPAしか含まれていないと、さらに恐ろしいものになります。特定の種類のビールを紹介する特別なイベントがない限り、素晴らしいバーはさまざまなスタイル、フレーバープロファイル、アルコールレベルを含むメニューを厳選しています。超酸性のフルーツサワーは、農家のエール、スタウト、ラガー、そしておそらくいくつかのIPAによって補完されます。

それはその友人からの少しの助けでうまくいきます。

ビールバーには、ほとんどの場合、文字通りであろうとなかろうと、コミュニティに参加しているという何らかの兆候があります。おそらく地元の写真家のアートワークが壁にあります(あなたの言うことを見てください-彼女はここでは常連です)。来週、病院の請求書を返済する常連客のために資金を調達するイベントがあるかもしれません。または、本当に運が良ければ、毎年ペットコスチュームコンテストがあります。いずれにせよ、暖かくてファジーなものがたくさんあります。

&#8216レギュラーがあります。&#8217

これは確かにクラフトビールバーに固有のものではありませんが、なじみのある顔は、人々が戻ってくるのが好きな場所にいることを示しています。バーテンダーがバー全体の人々と友好的である場合、彼らは仲間、業界の人々(これも良い兆候)であるか、ここで本当にそれを愛しています。

袖にビールを着ています。

私たちが大好きないくつかのビールバーは、Tシャツからステッカー、トートバッグまで、独自のブランド商品を販売しています(著者は現在そのようなトートを使用しています)。これはあなたが素晴らしいビールバーで探す必要があるものではありません。ビール愛好家でいっぱいの場所にいることをより正確に示すのは、少なくとも1人が醸造所のティー、キャップ、またはパーカーを着ているということです。繰り返しますが、あなたの言うことに注意してください—それはそれを着ている醸造者かもしれません。

フレンドリーで誰にでも開かれています。

Untappdアカウントにこだわるオタクが少なくないことを約束することはできませんが、ビールのスノブのステレオタイプはほとんど神話です。才能のあるサービスの専門家は、それを維持するために最善を尽くしています。素晴らしいビールバーの常連客は、友達と遊んだり、少し笑ったり、おいしいビールを飲んだりするためにそこにいます。彼らのホストはすべてのビールを飲む人を含み、クィアフレンドリー、女性フレンドリー、犬フレンドリー(多分)、そして子供フレンドリー(うめき声)です。結局のところ、私たちは皆、ビールを飲むのに良い場所を探しています。


11のTelltaleが素晴らしいクラフトビールバーであなたにサインします

クラフトビールバーは最近どこにでもあります。良いものもあれば悪いものもあります。次に、素晴らしいものがあります。

私たちのほとんどが醸造所から10マイル以内に住んでいることを考えると、ビールに焦点を当てた施設の豊富さは、米国では自然な進歩です。しかし、すべてのビールバーが同じように作られているわけではありません。

いくつかは過去に立ち往生していて、時代遅れのブランドを運び、彼らの都市での地元のビールのルネッサンスを無視しています。製品やその提供方法を​​実際に知らなくても、クラフトビールのトレンドに飛びつく人もいます。また、善意があるかもしれませんが、何百ものブランドのボトルやドラフトのセレクションを誇るものもあります。これは、新鮮ではないIPAを注文するまでは印象的な偉業です。

すべてのビール愛好家はこのホップアロマポスターを必要としています

私たちは国や世界中の何百ものビールバーを訪れました。戻る価値のあるものを見つけることは、何を探すべきかを知ったら簡単に見つけることができるいくつかの品質に帰着します。ここにあなたが素晴らしいクラフトビールバーにいる11の明白な兆候があります。

笛のようにきれいです。少なくとも、その一部はそうです。

すべての素晴らしいビールバーが輝いているわけではありませんが、汚れたビールバーでさえ、ガラス製品、ドラフトライン、バスルームなど、いくつかの重要なものを清潔に保つことに関心があります。クリーンなドラフトラインの重要性について詳しくは、こちらをご覧ください。

適切なガラス製品が揃っています。

Tekusだけで醸造を提供するバーは、ビールとそのイメージに大きな関心を持っています。それは素晴らしいことです!すべてのビールをステムウェアで提供する必要はないと思いますが、ラガーの指ぬきや13%のアルコール度数のペストリースタウトでいっぱいのマグカップは誰も望んでいません。素晴らしいビールバーは、スタイルに適したガラス製品でビールを提供します。スニフターの酸っぱいエール、その名を冠した船のヘフェヴァイツェン、または基本的にチューリップグラスの何でも公正なゲームです。パイントグラスのピルスナーとIPAは わかった。、しかしあなたはビールがあなたの手で温まる前にすぐに飲む方が良いです。 (そして、アロマを手に入れて頑張ってください!)

ビールは冷たく、凍っていません。

ビールが入っているグラスを冷やす必要があるのは、冷たい水のしぶきだけです。 (理想的には、これはスターシンクとしても知られる非常に気の利いたガラスリンサーを介して行われます。)バーテンダーが冷凍庫から出てきたガラスでIPAを提供する場合、あなたは素晴らしいクラフトビールバーにはいません。あなたは、悲しいことに、誤った情報を与えられているスポーツバーにいます。

原則として、ビールの風味を味わうことができるように、室温でグラスが必要です。しかし、Goldilocksは、バーテンダーが暖かすぎるビールを提供する場合は、問題について言及することを恐れないでください。暑さの中で長時間座っていた樽を軽くたたいたか(その場合、ビールも非常に泡立ちます)、またはクーラーに何か問題があります。

メニューは決して正確ではありません。

これは直感に反しているように思われるかもしれませんし、最初はイライラするかもしれませんが、乱雑なメニューはしばしば良い兆候です。これは、バーに回転するドラフトメニューがあり、ビールをすばやく販売していることを意味します。 1つのビールがキックされるとすぐに、新しいビールが上がり、サーバーは新しいメニューを印刷したり、カウンターを上って黒板を更新する機会を十分に得ることができません。素晴らしいビールバーメニューは、アイテムが走り書きされたビールで汚れた一枚の紙かもしれません。または、バーがその日の早い時間に遅かったので、それは美しく色分けされた黒板メニューです。 (公平を期すために、それは火曜日でした。)

サーバーは、ラガーを注文したかどうかを判断しません。

クラフト中心のビールバーでバドライトがタップされる可能性は低いですが、それがあなたのことなら、恐れずに言ってください! (いいですね。)質の高い施設は、スタッフのトレーニングと優れたサービスの提供に投資しています。この場合、サーバーはBud Lightリクエストを聞いて、あなたが好きだと思う同様のビールを案内します。ナイトシフトナイトライト、おそらく、またはファイアストンラガー。そして、彼らのシフトの後、あなたは彼らが通りの向こう側のダイビングでハイライフを飲んでいるのを捕まえるかもしれません。

タップリストはローカルに焦点を合わせています。

確かに、これは素晴らしいクラフトビールバーの比較的新しい兆候です。 (10年前、ほとんどの都市には地元の醸造所があまりありませんでした。暗い時期でした。)現代のクラフトビールバーでは、メニューはほとんどの場合、地元のオプションと積み重ねられます。いくつかの地域または輸入されたお気に入りも非常に高く評価されています。

ビールは多くの味覚にアピールします。

クラフトビールは威圧的である可能性があり、メニューにケトルサワーとダブルIPAしか含まれていないと、さらに恐ろしいものになります。特定の種類のビールを紹介する特別なイベントがない限り、素晴らしいバーはさまざまなスタイル、フレーバープロファイル、アルコールレベルを含むメニューを厳選しています。超酸性のフルーツサワーは、農家のエール、スタウト、ラガー、そしておそらくいくつかのIPAによって補完されます。

それはその友人からの少しの助けでうまくいきます。

ビールバーには、ほとんどの場合、文字通りであろうとなかろうと、コミュニティに参加しているという何らかの兆候があります。おそらく地元の写真家のアートワークが壁にあります(あなたの言うことを見てください-彼女はここでは常連です)。来週、病院の請求書を返済する常連客のために資金を調達するイベントがあるかもしれません。または、本当に運が良ければ、毎年ペットコスチュームコンテストがあります。いずれにせよ、暖かくてファジーなものがたくさんあります。

&#8216レギュラーがあります。&#8217

これは確かにクラフトビールバーに固有のものではありませんが、なじみのある顔は、人々が戻ってくるのが好きな場所にいることを示しています。バーテンダーがバー全体の人々と友好的である場合、彼らは仲間、業界の人々(これも良い兆候)であるか、ここで本当にそれを愛しています。

袖にビールを着ています。

私たちが大好きないくつかのビールバーは、Tシャツからステッカー、トートバッグまで、独自のブランド商品を販売しています(著者は現在そのようなトートを使用しています)。これはあなたが素晴らしいビールバーで探す必要があるものではありません。ビール愛好家でいっぱいの場所にいることをより正確に示すのは、少なくとも1人が醸造所のティー、キャップ、またはパーカーを着ているということです。繰り返しますが、あなたの言うことに注意してください—それはそれを着ている醸造者かもしれません。

フレンドリーで誰にでも開かれています。

Untappdアカウントにこだわるオタクが少なくないことを約束することはできませんが、ビールのスノブのステレオタイプはほとんど神話です。才能のあるサービスの専門家は、それを維持するために最善を尽くしています。素晴らしいビールバーの常連客は、友達と遊んだり、少し笑ったり、おいしいビールを飲んだりするためにそこにいます。彼らのホストはすべてのビールを飲む人を含み、クィアフレンドリー、女性フレンドリー、犬フレンドリー(多分)、そして子供フレンドリー(うめき声)です。結局のところ、私たちは皆、ビールを飲むのに良い場所を探しています。


11のTelltaleが素晴らしいクラフトビールバーであなたにサインします

クラフトビールバーは最近どこにでもあります。良いものもあれば悪いものもあります。次に、素晴らしいものがあります。

私たちのほとんどが醸造所から10マイル以内に住んでいることを考えると、ビールに焦点を当てた施設の豊富さは、米国では自然な進歩です。しかし、すべてのビールバーが同じように作られているわけではありません。

いくつかは過去に立ち往生していて、時代遅れのブランドを運び、彼らの都市での地元のビールのルネッサンスを無視しています。製品やその提供方法を​​実際に知らなくても、クラフトビールのトレンドに飛びつく人もいます。また、善意があるかもしれませんが、何百ものブランドのボトルやドラフトのセレクションを誇るものもあります。これは、新鮮ではないIPAを注文するまでは印象的な偉業です。

すべてのビール愛好家はこのホップアロマポスターを必要としています

私たちは国や世界中の何百ものビールバーを訪れました。戻る価値のあるものを見つけることは、何を探すべきかを知ったら簡単に見つけることができるいくつかの品質に帰着します。ここにあなたが素晴らしいクラフトビールバーにいる11の明白な兆候があります。

笛のようにきれいです。少なくとも、その一部はそうです。

すべての素晴らしいビールバーが輝いているわけではありませんが、汚れたビールバーでさえ、ガラス製品、ドラフトライン、バスルームなど、いくつかの重要なものを清潔に保つことに関心があります。クリーンなドラフトラインの重要性について詳しくは、こちらをご覧ください。

適切なガラス製品が揃っています。

Tekusだけで醸造を提供するバーは、ビールとそのイメージに大きな関心を持っています。それは素晴らしいことです!すべてのビールをステムウェアで提供する必要はないと思いますが、ラガーの指ぬきや13%のアルコール度数のペストリースタウトでいっぱいのマグカップは誰も望んでいません。素晴らしいビールバーは、スタイルに適したガラス製品でビールを提供します。スニフターの酸っぱいエール、その名を冠した船のヘフェヴァイツェン、または基本的にチューリップグラスの何でも公正なゲームです。パイントグラスのピルスナーとIPAは わかった。、しかしあなたはビールがあなたの手で温まる前にすぐに飲む方が良いです。 (そして、アロマを手に入れて頑張ってください!)

ビールは冷たく、凍っていません。

ビールが入っているグラスを冷やす必要があるのは、冷たい水のしぶきだけです。 (理想的には、これはスターシンクとしても知られる非常に気の利いたガラスリンサーを介して行われます。)バーテンダーが冷凍庫から出てきたガラスでIPAを提供する場合、あなたは素晴らしいクラフトビールバーにはいません。あなたは、悲しいことに、誤った情報を与えられているスポーツバーにいます。

原則として、ビールの風味を味わうことができるように、室温でグラスが必要です。しかし、Goldilocksは、バーテンダーが暖かすぎるビールを提供する場合は、問題について言及することを恐れないでください。暑さの中で長時間座っていた樽を軽くたたいたか(その場合、ビールも非常に泡立ちます)、またはクーラーに何か問題があります。

メニューは決して正確ではありません。

これは直感に反しているように思われるかもしれませんし、最初はイライラするかもしれませんが、乱雑なメニューはしばしば良い兆候です。これは、バーに回転するドラフトメニューがあり、ビールをすばやく販売していることを意味します。 1つのビールがキックされるとすぐに、新しいビールが上がり、サーバーは新しいメニューを印刷したり、カウンターを上って黒板を更新する機会を十分に得ることができません。素晴らしいビールバーメニューは、アイテムが走り書きされたビールで汚れた一枚の紙かもしれません。または、バーがその日の早い時間に遅かったので、それは美しく色分けされた黒板メニューです。 (公平を期すために、それは火曜日でした。)

Servers don’t judge you for ordering a lager.

Although it’s unlikely Bud Light will be on tap at a craft-centric beer bar, if that’s your thing, don’t be afraid to say it! (Nicely.) Any quality establishment invests in training its staff and offering excellent service. In this case, the server will hear your Bud Light request and point you toward a similar beer they think you might like. A Night Shift Nite Lite, perhaps, or a Firestone Lager. And, after their shift, you might catch them drinking a High Life at the dive across the street.

The tap list is locally focused.

Granted, this is a relatively new sign of a great craft beer bar. (Ten years ago, most cities simply didn’t have a lot of local breweries. It was a dark time.) At a contemporary craft beer bar, the menu will almost always be stacked with local options. A few regional or imported favorites are much appreciated, too.

Beers appeal to many palates.

Craft beers can be intimidating, and they would be even scarier if their menus had nothing but kettle sours and double IPAs. Unless there’s a special event showcasing a specific type of beer, a great bar curates its menu to include a variety of styles, flavor profiles, and alcohol levels. A super-acidic fruited sour will be complemented by a farmhouse ale, stout, lager, and, probably, several IPAs.

It gets by with a little help from its friends.

Beer bars almost always have some sort of sign, literally or otherwise, that they are involved in their community. Perhaps a local photographer’s artwork is on the walls (watch what you say — she’s a regular here). There might be an event next week raising money for a patron who’s paying off hospital bills. Or, if you’re really lucky, there’s an annual pet costume contest. Whatever the case, warm and fuzzies abound.

There are ‘regulars.’

This one is certainly not unique to craft beer bars, but familiar faces signal you’re in a place people like coming back to. If the bartender is friendly with people across the bar, they’re either buddies, folks in the industry (also a good sign), or they just really love it here.

It wears beer on its sleeve.

Several beer bars we love sell their own branded merchandise, from T-shirts to stickers to tote bags (the author is currently using such a tote). This is not something you need to look for in a great beer bar. What will more accurately signal you’re in a place full of beer lovers is that at least one person is wearing a brewery tee, cap, or hoodie. Again, be careful what you say — it might be the brewer wearing it.

It’s friendly and open to all.

We can’t promise there won’t be a few geeks glued to their Untappd accounts, but the beer snob stereotype is mostly myth — and talented service professionals do their best to keep it that way. Patrons at great beer bars are there to hang out with friends, have a few laughs, and drink tasty brews. Their hosts are inclusive of all beer drinkers and are queer-friendly, women-friendly, dog-friendly (maybe), and kid-friendly (groan). At the end of the day, we’re all just looking for a good place to get a beer.


11 Telltale Signs You’re in a Great Craft Beer Bar

Craft beer bars are everywhere these days. There are good ones, and there are bad ones. Then, there are great ones.

The abundance of beer-focused establishments is a natural progression in the U.S., considering most of us live within 10 miles of a brewery. But not all beer bars are created equally.

Some are stuck in the past, carrying outdated brands and ignoring the local beer renaissance in their cities. Some jump on the craft beer trend without really knowing the product or how to serve it. And some, though they may have good intentions, boast bottle or draft selections hundreds of brands long, which is an impressive feat until you order an IPA that’s not fresh.

Every Beer Lover Needs This Hop Aroma Poster

We’ve visited hundreds of beer bars around the country and world. Finding the ones worth going back to comes down to a handful of qualities that are easy to spot once you know what to look for. Here are 11 telltale signs you’re in a great craft beer bar.

It’s clean as a whistle. At least, parts of it are.

Not every great beer bar is sparkling, but even the grungy ones care about keeping a few key things clean, such as glassware, draft lines, and bathroom(s). Learn more about the importance of clean draft lines here.

It’s stocked with proper glassware.

A bar that serves its brews exclusively in Tekus cares a lot about its beer — and its image. That’s great! We don’t think all beer needs to be served in stemware, but no one wants a thimble of lager or a mug full of 13-percent-ABV pastry stout. A great beer bar will serve beer in style-appropriate glassware. Sour ales in snifters, hefeweizens in their eponymous vessels, or basically anything in a tulip glass is fair game. Pilsners and IPAs in pint glasses are O.K., but you better drink quickly before the beer warms in your hand. (And good luck getting any aroma!)

The beer is cold, not freezing.

The only thing that should cool down a glass that’s about to have beer in it is a splash of cool water. (Ideally, this occurs via a very nifty glass rinser, also known as a star sink.) If your bartender serves your IPA in a glass that came out of a freezer, you are not in a great craft beer bar. You’re in a sports bar that is, sadly, misinformed.

As a general rule, you want your glass at room temperature so you can appreciate the beer’s flavors. But, Goldilocks, if a bartender serves you beer that’s too warm, don’t be afraid to mention the problem. Either they tapped a keg that was sitting in the heat too long (if that’s the case, the beer will also be super foamy), or there’s something up with the cooler.

The menu is never accurate.

This may seem counterintuitive, and it can be irritating at first, but a messy menu is often a good sign. It means the bar has a rotating draft menu and is selling beer quickly. As soon as one beer kicks, a new one goes up, and the servers don’t get the chance to print a new menu or climb up up the counter to update the chalkboard fast enough. A great beer bar menu might be a beer-stained piece of paper with items scribbled out. Or, it’s a beautifully color-coded chalkboard menu, because the bar was slow earlier that day. (To be fair, it was Tuesday.)

Servers don’t judge you for ordering a lager.

Although it’s unlikely Bud Light will be on tap at a craft-centric beer bar, if that’s your thing, don’t be afraid to say it! (Nicely.) Any quality establishment invests in training its staff and offering excellent service. In this case, the server will hear your Bud Light request and point you toward a similar beer they think you might like. A Night Shift Nite Lite, perhaps, or a Firestone Lager. And, after their shift, you might catch them drinking a High Life at the dive across the street.

The tap list is locally focused.

Granted, this is a relatively new sign of a great craft beer bar. (Ten years ago, most cities simply didn’t have a lot of local breweries. It was a dark time.) At a contemporary craft beer bar, the menu will almost always be stacked with local options. A few regional or imported favorites are much appreciated, too.

Beers appeal to many palates.

Craft beers can be intimidating, and they would be even scarier if their menus had nothing but kettle sours and double IPAs. Unless there’s a special event showcasing a specific type of beer, a great bar curates its menu to include a variety of styles, flavor profiles, and alcohol levels. A super-acidic fruited sour will be complemented by a farmhouse ale, stout, lager, and, probably, several IPAs.

It gets by with a little help from its friends.

Beer bars almost always have some sort of sign, literally or otherwise, that they are involved in their community. Perhaps a local photographer’s artwork is on the walls (watch what you say — she’s a regular here). There might be an event next week raising money for a patron who’s paying off hospital bills. Or, if you’re really lucky, there’s an annual pet costume contest. Whatever the case, warm and fuzzies abound.

There are ‘regulars.’

This one is certainly not unique to craft beer bars, but familiar faces signal you’re in a place people like coming back to. If the bartender is friendly with people across the bar, they’re either buddies, folks in the industry (also a good sign), or they just really love it here.

It wears beer on its sleeve.

Several beer bars we love sell their own branded merchandise, from T-shirts to stickers to tote bags (the author is currently using such a tote). This is not something you need to look for in a great beer bar. What will more accurately signal you’re in a place full of beer lovers is that at least one person is wearing a brewery tee, cap, or hoodie. Again, be careful what you say — it might be the brewer wearing it.

It’s friendly and open to all.

We can’t promise there won’t be a few geeks glued to their Untappd accounts, but the beer snob stereotype is mostly myth — and talented service professionals do their best to keep it that way. Patrons at great beer bars are there to hang out with friends, have a few laughs, and drink tasty brews. Their hosts are inclusive of all beer drinkers and are queer-friendly, women-friendly, dog-friendly (maybe), and kid-friendly (groan). At the end of the day, we’re all just looking for a good place to get a beer.


11 Telltale Signs You’re in a Great Craft Beer Bar

Craft beer bars are everywhere these days. There are good ones, and there are bad ones. Then, there are great ones.

The abundance of beer-focused establishments is a natural progression in the U.S., considering most of us live within 10 miles of a brewery. But not all beer bars are created equally.

Some are stuck in the past, carrying outdated brands and ignoring the local beer renaissance in their cities. Some jump on the craft beer trend without really knowing the product or how to serve it. And some, though they may have good intentions, boast bottle or draft selections hundreds of brands long, which is an impressive feat until you order an IPA that’s not fresh.

Every Beer Lover Needs This Hop Aroma Poster

We’ve visited hundreds of beer bars around the country and world. Finding the ones worth going back to comes down to a handful of qualities that are easy to spot once you know what to look for. Here are 11 telltale signs you’re in a great craft beer bar.

It’s clean as a whistle. At least, parts of it are.

Not every great beer bar is sparkling, but even the grungy ones care about keeping a few key things clean, such as glassware, draft lines, and bathroom(s). Learn more about the importance of clean draft lines here.

It’s stocked with proper glassware.

A bar that serves its brews exclusively in Tekus cares a lot about its beer — and its image. That’s great! We don’t think all beer needs to be served in stemware, but no one wants a thimble of lager or a mug full of 13-percent-ABV pastry stout. A great beer bar will serve beer in style-appropriate glassware. Sour ales in snifters, hefeweizens in their eponymous vessels, or basically anything in a tulip glass is fair game. Pilsners and IPAs in pint glasses are O.K., but you better drink quickly before the beer warms in your hand. (And good luck getting any aroma!)

The beer is cold, not freezing.

The only thing that should cool down a glass that’s about to have beer in it is a splash of cool water. (Ideally, this occurs via a very nifty glass rinser, also known as a star sink.) If your bartender serves your IPA in a glass that came out of a freezer, you are not in a great craft beer bar. You’re in a sports bar that is, sadly, misinformed.

As a general rule, you want your glass at room temperature so you can appreciate the beer’s flavors. But, Goldilocks, if a bartender serves you beer that’s too warm, don’t be afraid to mention the problem. Either they tapped a keg that was sitting in the heat too long (if that’s the case, the beer will also be super foamy), or there’s something up with the cooler.

The menu is never accurate.

This may seem counterintuitive, and it can be irritating at first, but a messy menu is often a good sign. It means the bar has a rotating draft menu and is selling beer quickly. As soon as one beer kicks, a new one goes up, and the servers don’t get the chance to print a new menu or climb up up the counter to update the chalkboard fast enough. A great beer bar menu might be a beer-stained piece of paper with items scribbled out. Or, it’s a beautifully color-coded chalkboard menu, because the bar was slow earlier that day. (To be fair, it was Tuesday.)

Servers don’t judge you for ordering a lager.

Although it’s unlikely Bud Light will be on tap at a craft-centric beer bar, if that’s your thing, don’t be afraid to say it! (Nicely.) Any quality establishment invests in training its staff and offering excellent service. In this case, the server will hear your Bud Light request and point you toward a similar beer they think you might like. A Night Shift Nite Lite, perhaps, or a Firestone Lager. And, after their shift, you might catch them drinking a High Life at the dive across the street.

The tap list is locally focused.

Granted, this is a relatively new sign of a great craft beer bar. (Ten years ago, most cities simply didn’t have a lot of local breweries. It was a dark time.) At a contemporary craft beer bar, the menu will almost always be stacked with local options. A few regional or imported favorites are much appreciated, too.

Beers appeal to many palates.

Craft beers can be intimidating, and they would be even scarier if their menus had nothing but kettle sours and double IPAs. Unless there’s a special event showcasing a specific type of beer, a great bar curates its menu to include a variety of styles, flavor profiles, and alcohol levels. A super-acidic fruited sour will be complemented by a farmhouse ale, stout, lager, and, probably, several IPAs.

It gets by with a little help from its friends.

Beer bars almost always have some sort of sign, literally or otherwise, that they are involved in their community. Perhaps a local photographer’s artwork is on the walls (watch what you say — she’s a regular here). There might be an event next week raising money for a patron who’s paying off hospital bills. Or, if you’re really lucky, there’s an annual pet costume contest. Whatever the case, warm and fuzzies abound.

There are ‘regulars.’

This one is certainly not unique to craft beer bars, but familiar faces signal you’re in a place people like coming back to. If the bartender is friendly with people across the bar, they’re either buddies, folks in the industry (also a good sign), or they just really love it here.

It wears beer on its sleeve.

Several beer bars we love sell their own branded merchandise, from T-shirts to stickers to tote bags (the author is currently using such a tote). This is not something you need to look for in a great beer bar. What will more accurately signal you’re in a place full of beer lovers is that at least one person is wearing a brewery tee, cap, or hoodie. Again, be careful what you say — it might be the brewer wearing it.

It’s friendly and open to all.

We can’t promise there won’t be a few geeks glued to their Untappd accounts, but the beer snob stereotype is mostly myth — and talented service professionals do their best to keep it that way. Patrons at great beer bars are there to hang out with friends, have a few laughs, and drink tasty brews. Their hosts are inclusive of all beer drinkers and are queer-friendly, women-friendly, dog-friendly (maybe), and kid-friendly (groan). At the end of the day, we’re all just looking for a good place to get a beer.


11 Telltale Signs You’re in a Great Craft Beer Bar

Craft beer bars are everywhere these days. There are good ones, and there are bad ones. Then, there are great ones.

The abundance of beer-focused establishments is a natural progression in the U.S., considering most of us live within 10 miles of a brewery. But not all beer bars are created equally.

Some are stuck in the past, carrying outdated brands and ignoring the local beer renaissance in their cities. Some jump on the craft beer trend without really knowing the product or how to serve it. And some, though they may have good intentions, boast bottle or draft selections hundreds of brands long, which is an impressive feat until you order an IPA that’s not fresh.

Every Beer Lover Needs This Hop Aroma Poster

We’ve visited hundreds of beer bars around the country and world. Finding the ones worth going back to comes down to a handful of qualities that are easy to spot once you know what to look for. Here are 11 telltale signs you’re in a great craft beer bar.

It’s clean as a whistle. At least, parts of it are.

Not every great beer bar is sparkling, but even the grungy ones care about keeping a few key things clean, such as glassware, draft lines, and bathroom(s). Learn more about the importance of clean draft lines here.

It’s stocked with proper glassware.

A bar that serves its brews exclusively in Tekus cares a lot about its beer — and its image. That’s great! We don’t think all beer needs to be served in stemware, but no one wants a thimble of lager or a mug full of 13-percent-ABV pastry stout. A great beer bar will serve beer in style-appropriate glassware. Sour ales in snifters, hefeweizens in their eponymous vessels, or basically anything in a tulip glass is fair game. Pilsners and IPAs in pint glasses are O.K., but you better drink quickly before the beer warms in your hand. (And good luck getting any aroma!)

The beer is cold, not freezing.

The only thing that should cool down a glass that’s about to have beer in it is a splash of cool water. (Ideally, this occurs via a very nifty glass rinser, also known as a star sink.) If your bartender serves your IPA in a glass that came out of a freezer, you are not in a great craft beer bar. You’re in a sports bar that is, sadly, misinformed.

As a general rule, you want your glass at room temperature so you can appreciate the beer’s flavors. But, Goldilocks, if a bartender serves you beer that’s too warm, don’t be afraid to mention the problem. Either they tapped a keg that was sitting in the heat too long (if that’s the case, the beer will also be super foamy), or there’s something up with the cooler.

The menu is never accurate.

This may seem counterintuitive, and it can be irritating at first, but a messy menu is often a good sign. It means the bar has a rotating draft menu and is selling beer quickly. As soon as one beer kicks, a new one goes up, and the servers don’t get the chance to print a new menu or climb up up the counter to update the chalkboard fast enough. A great beer bar menu might be a beer-stained piece of paper with items scribbled out. Or, it’s a beautifully color-coded chalkboard menu, because the bar was slow earlier that day. (To be fair, it was Tuesday.)

Servers don’t judge you for ordering a lager.

Although it’s unlikely Bud Light will be on tap at a craft-centric beer bar, if that’s your thing, don’t be afraid to say it! (Nicely.) Any quality establishment invests in training its staff and offering excellent service. In this case, the server will hear your Bud Light request and point you toward a similar beer they think you might like. A Night Shift Nite Lite, perhaps, or a Firestone Lager. And, after their shift, you might catch them drinking a High Life at the dive across the street.

The tap list is locally focused.

Granted, this is a relatively new sign of a great craft beer bar. (Ten years ago, most cities simply didn’t have a lot of local breweries. It was a dark time.) At a contemporary craft beer bar, the menu will almost always be stacked with local options. A few regional or imported favorites are much appreciated, too.

Beers appeal to many palates.

Craft beers can be intimidating, and they would be even scarier if their menus had nothing but kettle sours and double IPAs. Unless there’s a special event showcasing a specific type of beer, a great bar curates its menu to include a variety of styles, flavor profiles, and alcohol levels. A super-acidic fruited sour will be complemented by a farmhouse ale, stout, lager, and, probably, several IPAs.

It gets by with a little help from its friends.

Beer bars almost always have some sort of sign, literally or otherwise, that they are involved in their community. Perhaps a local photographer’s artwork is on the walls (watch what you say — she’s a regular here). There might be an event next week raising money for a patron who’s paying off hospital bills. Or, if you’re really lucky, there’s an annual pet costume contest. Whatever the case, warm and fuzzies abound.

There are ‘regulars.’

This one is certainly not unique to craft beer bars, but familiar faces signal you’re in a place people like coming back to. If the bartender is friendly with people across the bar, they’re either buddies, folks in the industry (also a good sign), or they just really love it here.

It wears beer on its sleeve.

Several beer bars we love sell their own branded merchandise, from T-shirts to stickers to tote bags (the author is currently using such a tote). This is not something you need to look for in a great beer bar. What will more accurately signal you’re in a place full of beer lovers is that at least one person is wearing a brewery tee, cap, or hoodie. Again, be careful what you say — it might be the brewer wearing it.

It’s friendly and open to all.

We can’t promise there won’t be a few geeks glued to their Untappd accounts, but the beer snob stereotype is mostly myth — and talented service professionals do their best to keep it that way. Patrons at great beer bars are there to hang out with friends, have a few laughs, and drink tasty brews. Their hosts are inclusive of all beer drinkers and are queer-friendly, women-friendly, dog-friendly (maybe), and kid-friendly (groan). At the end of the day, we’re all just looking for a good place to get a beer.


11 Telltale Signs You’re in a Great Craft Beer Bar

Craft beer bars are everywhere these days. There are good ones, and there are bad ones. Then, there are great ones.

The abundance of beer-focused establishments is a natural progression in the U.S., considering most of us live within 10 miles of a brewery. But not all beer bars are created equally.

Some are stuck in the past, carrying outdated brands and ignoring the local beer renaissance in their cities. Some jump on the craft beer trend without really knowing the product or how to serve it. And some, though they may have good intentions, boast bottle or draft selections hundreds of brands long, which is an impressive feat until you order an IPA that’s not fresh.

Every Beer Lover Needs This Hop Aroma Poster

We’ve visited hundreds of beer bars around the country and world. Finding the ones worth going back to comes down to a handful of qualities that are easy to spot once you know what to look for. Here are 11 telltale signs you’re in a great craft beer bar.

It’s clean as a whistle. At least, parts of it are.

Not every great beer bar is sparkling, but even the grungy ones care about keeping a few key things clean, such as glassware, draft lines, and bathroom(s). Learn more about the importance of clean draft lines here.

It’s stocked with proper glassware.

A bar that serves its brews exclusively in Tekus cares a lot about its beer — and its image. That’s great! We don’t think all beer needs to be served in stemware, but no one wants a thimble of lager or a mug full of 13-percent-ABV pastry stout. A great beer bar will serve beer in style-appropriate glassware. Sour ales in snifters, hefeweizens in their eponymous vessels, or basically anything in a tulip glass is fair game. Pilsners and IPAs in pint glasses are O.K., but you better drink quickly before the beer warms in your hand. (And good luck getting any aroma!)

The beer is cold, not freezing.

The only thing that should cool down a glass that’s about to have beer in it is a splash of cool water. (Ideally, this occurs via a very nifty glass rinser, also known as a star sink.) If your bartender serves your IPA in a glass that came out of a freezer, you are not in a great craft beer bar. You’re in a sports bar that is, sadly, misinformed.

As a general rule, you want your glass at room temperature so you can appreciate the beer’s flavors. But, Goldilocks, if a bartender serves you beer that’s too warm, don’t be afraid to mention the problem. Either they tapped a keg that was sitting in the heat too long (if that’s the case, the beer will also be super foamy), or there’s something up with the cooler.

The menu is never accurate.

This may seem counterintuitive, and it can be irritating at first, but a messy menu is often a good sign. It means the bar has a rotating draft menu and is selling beer quickly. As soon as one beer kicks, a new one goes up, and the servers don’t get the chance to print a new menu or climb up up the counter to update the chalkboard fast enough. A great beer bar menu might be a beer-stained piece of paper with items scribbled out. Or, it’s a beautifully color-coded chalkboard menu, because the bar was slow earlier that day. (To be fair, it was Tuesday.)

Servers don’t judge you for ordering a lager.

Although it’s unlikely Bud Light will be on tap at a craft-centric beer bar, if that’s your thing, don’t be afraid to say it! (Nicely.) Any quality establishment invests in training its staff and offering excellent service. In this case, the server will hear your Bud Light request and point you toward a similar beer they think you might like. A Night Shift Nite Lite, perhaps, or a Firestone Lager. And, after their shift, you might catch them drinking a High Life at the dive across the street.

The tap list is locally focused.

Granted, this is a relatively new sign of a great craft beer bar. (Ten years ago, most cities simply didn’t have a lot of local breweries. It was a dark time.) At a contemporary craft beer bar, the menu will almost always be stacked with local options. A few regional or imported favorites are much appreciated, too.

Beers appeal to many palates.

Craft beers can be intimidating, and they would be even scarier if their menus had nothing but kettle sours and double IPAs. Unless there’s a special event showcasing a specific type of beer, a great bar curates its menu to include a variety of styles, flavor profiles, and alcohol levels. A super-acidic fruited sour will be complemented by a farmhouse ale, stout, lager, and, probably, several IPAs.

It gets by with a little help from its friends.

Beer bars almost always have some sort of sign, literally or otherwise, that they are involved in their community. Perhaps a local photographer’s artwork is on the walls (watch what you say — she’s a regular here). There might be an event next week raising money for a patron who’s paying off hospital bills. Or, if you’re really lucky, there’s an annual pet costume contest. Whatever the case, warm and fuzzies abound.

There are ‘regulars.’

This one is certainly not unique to craft beer bars, but familiar faces signal you’re in a place people like coming back to. If the bartender is friendly with people across the bar, they’re either buddies, folks in the industry (also a good sign), or they just really love it here.

It wears beer on its sleeve.

Several beer bars we love sell their own branded merchandise, from T-shirts to stickers to tote bags (the author is currently using such a tote). This is not something you need to look for in a great beer bar. What will more accurately signal you’re in a place full of beer lovers is that at least one person is wearing a brewery tee, cap, or hoodie. Again, be careful what you say — it might be the brewer wearing it.

It’s friendly and open to all.

We can’t promise there won’t be a few geeks glued to their Untappd accounts, but the beer snob stereotype is mostly myth — and talented service professionals do their best to keep it that way. Patrons at great beer bars are there to hang out with friends, have a few laughs, and drink tasty brews. Their hosts are inclusive of all beer drinkers and are queer-friendly, women-friendly, dog-friendly (maybe), and kid-friendly (groan). At the end of the day, we’re all just looking for a good place to get a beer.


11 Telltale Signs You’re in a Great Craft Beer Bar

Craft beer bars are everywhere these days. There are good ones, and there are bad ones. Then, there are great ones.

The abundance of beer-focused establishments is a natural progression in the U.S., considering most of us live within 10 miles of a brewery. But not all beer bars are created equally.

Some are stuck in the past, carrying outdated brands and ignoring the local beer renaissance in their cities. Some jump on the craft beer trend without really knowing the product or how to serve it. And some, though they may have good intentions, boast bottle or draft selections hundreds of brands long, which is an impressive feat until you order an IPA that’s not fresh.

Every Beer Lover Needs This Hop Aroma Poster

We’ve visited hundreds of beer bars around the country and world. Finding the ones worth going back to comes down to a handful of qualities that are easy to spot once you know what to look for. Here are 11 telltale signs you’re in a great craft beer bar.

It’s clean as a whistle. At least, parts of it are.

Not every great beer bar is sparkling, but even the grungy ones care about keeping a few key things clean, such as glassware, draft lines, and bathroom(s). Learn more about the importance of clean draft lines here.

It’s stocked with proper glassware.

A bar that serves its brews exclusively in Tekus cares a lot about its beer — and its image. That’s great! We don’t think all beer needs to be served in stemware, but no one wants a thimble of lager or a mug full of 13-percent-ABV pastry stout. A great beer bar will serve beer in style-appropriate glassware. Sour ales in snifters, hefeweizens in their eponymous vessels, or basically anything in a tulip glass is fair game. Pilsners and IPAs in pint glasses are O.K., but you better drink quickly before the beer warms in your hand. (And good luck getting any aroma!)

The beer is cold, not freezing.

The only thing that should cool down a glass that’s about to have beer in it is a splash of cool water. (Ideally, this occurs via a very nifty glass rinser, also known as a star sink.) If your bartender serves your IPA in a glass that came out of a freezer, you are not in a great craft beer bar. You’re in a sports bar that is, sadly, misinformed.

As a general rule, you want your glass at room temperature so you can appreciate the beer’s flavors. But, Goldilocks, if a bartender serves you beer that’s too warm, don’t be afraid to mention the problem. Either they tapped a keg that was sitting in the heat too long (if that’s the case, the beer will also be super foamy), or there’s something up with the cooler.

The menu is never accurate.

This may seem counterintuitive, and it can be irritating at first, but a messy menu is often a good sign. It means the bar has a rotating draft menu and is selling beer quickly. As soon as one beer kicks, a new one goes up, and the servers don’t get the chance to print a new menu or climb up up the counter to update the chalkboard fast enough. A great beer bar menu might be a beer-stained piece of paper with items scribbled out. Or, it’s a beautifully color-coded chalkboard menu, because the bar was slow earlier that day. (To be fair, it was Tuesday.)

Servers don’t judge you for ordering a lager.

Although it’s unlikely Bud Light will be on tap at a craft-centric beer bar, if that’s your thing, don’t be afraid to say it! (Nicely.) Any quality establishment invests in training its staff and offering excellent service. In this case, the server will hear your Bud Light request and point you toward a similar beer they think you might like. A Night Shift Nite Lite, perhaps, or a Firestone Lager. And, after their shift, you might catch them drinking a High Life at the dive across the street.

The tap list is locally focused.

Granted, this is a relatively new sign of a great craft beer bar. (Ten years ago, most cities simply didn’t have a lot of local breweries. It was a dark time.) At a contemporary craft beer bar, the menu will almost always be stacked with local options. A few regional or imported favorites are much appreciated, too.

Beers appeal to many palates.

Craft beers can be intimidating, and they would be even scarier if their menus had nothing but kettle sours and double IPAs. Unless there’s a special event showcasing a specific type of beer, a great bar curates its menu to include a variety of styles, flavor profiles, and alcohol levels. A super-acidic fruited sour will be complemented by a farmhouse ale, stout, lager, and, probably, several IPAs.

It gets by with a little help from its friends.

Beer bars almost always have some sort of sign, literally or otherwise, that they are involved in their community. Perhaps a local photographer’s artwork is on the walls (watch what you say — she’s a regular here). There might be an event next week raising money for a patron who’s paying off hospital bills. Or, if you’re really lucky, there’s an annual pet costume contest. Whatever the case, warm and fuzzies abound.

There are ‘regulars.’

This one is certainly not unique to craft beer bars, but familiar faces signal you’re in a place people like coming back to. If the bartender is friendly with people across the bar, they’re either buddies, folks in the industry (also a good sign), or they just really love it here.

It wears beer on its sleeve.

Several beer bars we love sell their own branded merchandise, from T-shirts to stickers to tote bags (the author is currently using such a tote). This is not something you need to look for in a great beer bar. What will more accurately signal you’re in a place full of beer lovers is that at least one person is wearing a brewery tee, cap, or hoodie. Again, be careful what you say — it might be the brewer wearing it.

It’s friendly and open to all.

We can’t promise there won’t be a few geeks glued to their Untappd accounts, but the beer snob stereotype is mostly myth — and talented service professionals do their best to keep it that way. Patrons at great beer bars are there to hang out with friends, have a few laughs, and drink tasty brews. Their hosts are inclusive of all beer drinkers and are queer-friendly, women-friendly, dog-friendly (maybe), and kid-friendly (groan). At the end of the day, we’re all just looking for a good place to get a beer.


ビデオを見る: #17- Friendsu0026 Secret bars! (六月 2022).


コメント:

  1. Nauplius

    ここでよく組織されているのは犯罪です。イノセンスは、深い満足感と両立しない状態です。火星に生命はありますか、火星には命がありますが、私が理解しているチョコレートの厚くて厚い層があります。 ...「他は良くない」 - 鏡の碑文。壊れた骨は浮かんでいません!愛は火のようなものです、あなたは棒を投げません、それは外に出ます。

  2. Iorwerth

    ここは本当にフェアグラウンドシアターです

  3. Fenrigore

    有用な質問

  4. Gugrel

    Probably not



メッセージを書く