カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

コカ・コーラが星がちりばめられた缶で愛国的な時流に乗る

コカ・コーラが星がちりばめられた缶で愛国的な時流に乗る


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

コカ・コーラは、新しい愛国的なキャンペーンで、アメリカの国旗のエンブレムに包まれた愛国的なソーダ缶を展開しました

コカコーラのようなブランドほどアメリカ人はいない。

コカ・コーラは、コーラ缶の新しい赤、白、青のラベルで愛国的なブランドワゴンに飛び乗っています。バドワイザーは先月、特別な夏を発表したときに同様の動きをしました 「アメリカ」ビールに社名変更。

戦没者追悼記念日に発表されたコーラ缶には、アメリカの国旗と「アメリカ人であることを誇りに思います」というフレーズが飾られています。彼らは、コカ・コーラと軍隊とのパートナーシップの75年を祝います。新しい缶のデザインは、7月4日まで利用可能になり、16オンスの缶と、20パック、24パック、35パックの12オンスの缶で見ることができます。 フォックスニュースによると。

このキャンペーンは、軍事サービスをテーマにした「キャンペーン・トゥ・コネクト」のコーラのパートナーであるUSOによって後援されています。バドワイザーが「アメリカ」のリブランドを選挙シーズンに継続し、11月の選挙日に終了すると発表したため、多くの人が限定版の缶の再設計の延長を求めています。


愛国的なブランディングの時流に乗る前に考慮すべきこと

7月4日は、愛国的なブランディングの毎年の最高点をマークします。 LaCroixからPUMAまで、アメリカ全土の企業が赤白と青のパッケージ、製品、コンテンツを展開して、国のお祝いのムードを捉えています。

夏に至るまでの数か月間、私たちは通常、愛国心をテーマにしたクリエイティブプロジェクトで著しい上昇が見られます。ただし、2016年にトランプ大統領が就任して以来、明らかに愛国的なブランディングおよびデザインプロジェクトの全体的な量は約26%減少していることは注目に値します。

これはアメリカーナを取り入れたマーケティングからのシフトは本当の傾向を意味するのでしょうか、それとも単なる偶然でしょうか?決定はあなたに任せます。

いずれにせよ、この実証済みのブランディングの時流に乗る前に、ブランドが減速していくつかの質問をすることが重要です。

愛国的なメッセージはあなたの聴衆にとって意味がありますか?何が実際に機能し、7月4日のノイズで何が失われるのでしょうか。来年の7月4日と年間を通して計画を立てているマーケター向けのヒントを次に示します。

  • 顧客基盤を考慮せずに、やみくもにトレンドに飛び乗ってはいけません。 たとえば、調査によると、ミレニアル世代とGenZの消費者は、他のどの世代よりも文化的に多様で、教育を受け、社会的に進歩しているため、両親よりも愛国心が大幅に低くなっています。コンテキストがすべてなので、提案された画像やメッセージが心地よいというよりは二極化されていると解釈される可能性があるかどうかを検討してください。
  • あなたのブランドは本物のアメリカ人ですか、それとも一般的にアメリカ独特と見なされている製品やサービスを提供していますか? そうでない場合は、より懐疑的な顧客をオフにするリスクがあります。たとえば、ブルーベルアイスクリームの赤、白、青のフレーバー、コカコーラとトゥーシーロールの旗をテーマにしたパッケージは、これらの製品の&ldquoAll American&rdquoイメージを考えると理にかなっています。ただし、より普遍的な製品を使用する国際的なブランド(たとえば、イタリアのパスタブランド、ヨーロッパを拠点とするファッションブランドなど)の場合は、不誠実に見える可能性のあるものを避けるのがおそらく最善です。
  • クリエイティブを決まり文句にしないでください。アメリカには旗や花火よりも多くのものがあります。 たとえば、設計の専門家は、トランプによる空軍1の再設計は、それを&ldquomore American&rdquoに見せることを目的としており、現在の飛行機の歴史的に重要なアメリカの設計のルーツを実際に完全に消し去っていると指摘しています。アメリカには創造的な仕事に影響を与える可能性のある歴史と物語が豊富にあるので、ユニークなお祝いのインスピレーションを見つけるために箱の外で考えてください。
  • アメリカの価値観を反映した意味のある長期的な原因を取り入れてください。 近年、愛国的なブランディングに対してより洗練された意味のあるアプローチを取っているブランドの素晴らしい例がいくつかあります。たとえば、昨年、バドワイザーは以前の&ldquoAmerica&rdquoビール缶を一歩超えて、ジョージワシントンの軍事ジャーナルにあるレシピに触発された特別版のフリーダムリザーブレッドラガーを​​発売しました。醸造所にはベテランがいて、その署名がボトルに記載されてビールを作り、収益の一部は軍の家族を支援する非営利団体であるFolds ofHonorに寄付されました。キャンペーンを基本的な社会的価値観に訴える原因に結び付けることにより、望ましい気持ちの良い反応を生み出す可能性が高まり、その過程である程度の効果があります。

大統領が黙示録の開始を確実に合図した理由を注入したさらに別の記事を思い付くのではなく、おそらくこのコラム自体が、ミレニアル世代とGenZ世代が長老よりも愛国心が弱い理由の1つの根本的な原因を特定しています。
「7月4日」(ここでは3回使用)と「独立」(名前に「自由」が含まれるGeo。W​​ashingtonのビールレシピブランドに言及するために与えられた1/2ポイント)の言及はゼロになっているようです-「12月25日」-意味のない仕事の別の日。
おそらく、それらの世代が代わりに「独立記念日」とその理由について教えられた場合、月曜日または金曜日にそれが観察されない理由はそれほど混乱しないので、誰もがさらに3日間の週末を過ごすことができます。 (それについて考えてください-「4日」を別の日に移動します!)
50歳以上の私たちにとって、今日の若い人々が5月4日または5月5日から、「7月4日」または「7月4日」よりも多くの意味を引き出すのは残念です。

私は、あなたが時間をかけて記事が有効である理由の完璧な例を投稿したという事実に感謝します。あるグループが特定の休日が別のグループによって「適切に」評価されていないと主張し始めるときはいつでも、その休日は本質的に採用されています。

だから、7月4日の「あなたの」を楽しんでください。

チャック:申し訳ありませんが、私は「グループ」の一員ではありません。また、WHの「髪の毛」のおもちゃでもありません。非常に退屈なので、すべてが政治的に傾く必要があります(DT 2の参照は著者のものであり、私のものではありません)
「(The)7月4日は。」で始まる記事の前提に戻ります。
-物の正しい名前を言うのは本当に多すぎますか?つまり、私たちが誰からその独立を勝ち取ったかを彼らが知っていると期待しているわけではありません。

あなたは、次のように主張したときに、自分がグループの一員であることを確認しました。 「ミレニアル世代とGenZ世代は、年長者よりも愛国心が弱い」

そして、さらに水を濁らせるために、ジョン・アダムズがその休日について妻のアビゲイルに書いたものは次のとおりです。

"NS 1776年7月2日、アメリカの歴史の中で最も記憶に残る時代になります。後世に大いなる記念祭として祝われると信じがちです。全能の神への厳粛な献身の行為によって、それは救出の日として記念されるべきです。ショー、ゲーム、スポーツ、銃、鐘、焚き火、イルミネーションなど、この大陸の一方の端からもう一方の端まで、この時からずっとずっと、華やかでパレードで厳粛にされるべきです。」 -ジョン・アダムズ


愛国的なブランディングの時流に乗る前に考慮すべきこと

7月4日は、愛国的なブランディングの毎年の最高点をマークします。 LaCroixからPUMAまで、アメリカ全土の企業が赤白と青のパッケージ、製品、コンテンツを展開して、国のお祝いのムードを捉えています。

夏に至るまでの数か月間、私たちは通常、愛国心をテーマにしたクリエイティブプロジェクトで著しい上昇が見られます。ただし、2016年にトランプ大統領が就任して以来、明らかに愛国的なブランディングおよびデザインプロジェクトの全体的な量は約26%減少していることは注目に値します。

これはアメリカーナを取り入れたマーケティングからのシフトは本当の傾向を意味するのでしょうか、それとも単なる偶然でしょうか?決定はあなたに任せます。

いずれにせよ、この実証済みのブランディングの時流に乗る前に、ブランドが減速していくつかの質問をすることが重要です。

愛国的なメッセージはあなたの聴衆にとって意味がありますか?何が実際に機能し、7月4日のノイズで何が失われるのでしょうか。来年の7月4日と年間を通して計画を立てているマーケター向けのヒントを次に示します。

  • 顧客基盤を考慮せずに、やみくもにトレンドに飛び乗ってはいけません。 たとえば、調査によると、ミレニアル世代とGenZの消費者は、他のどの世代よりも文化的に多様で、教育を受け、社会的に進歩しているため、両親よりも愛国心が大幅に低くなっています。コンテキストがすべてなので、提案された画像やメッセージが心地よいというよりは二極化されていると解釈される可能性があるかどうかを検討してください。
  • あなたのブランドは本物のアメリカ人ですか、それとも一般的にアメリカ独特と見なされている製品やサービスを提供していますか? そうでない場合は、より懐疑的な顧客をオフにするリスクがあります。たとえば、ブルーベルアイスクリームの赤、白、青のフレーバー、コカコーラとトゥーシーロールの旗をテーマにしたパッケージは、これらの製品の&ldquoAll American&rdquoイメージを考えると理にかなっています。ただし、より普遍的な製品を使用する国際的なブランド(たとえば、イタリアのパスタブランド、ヨーロッパを拠点とするファッションブランドなど)の場合は、不誠実に見える可能性のあるものを避けるのがおそらく最善です。
  • クリエイティブを決まり文句にしないでください。アメリカには旗や花火よりも多くのものがあります。 たとえば、設計の専門家は、トランプによる空軍1の再設計は、それを&ldquomore American&rdquoに見せることを目的としており、現在の飛行機の歴史的に重要なアメリカの設計のルーツを実際に完全に消し去っていると指摘しています。アメリカには創造的な仕事に影響を与える可能性のある歴史と物語が豊富にあるので、ユニークなお祝いのインスピレーションを見つけるために箱の外で考えてください。
  • アメリカの価値観を反映した意味のある長期的な原因を取り入れてください。 近年、愛国的なブランディングに対してより洗練された意味のあるアプローチを取っているブランドの素晴らしい例がいくつかあります。たとえば、昨年、バドワイザーは以前の&ldquoAmerica&rdquoビール缶を一歩超えて、ジョージワシントンの軍事ジャーナルにあるレシピに触発された特別版のフリーダムリザーブレッドラガーを​​発売しました。醸造所にはベテランがいて、その署名がボトルに記載されてビールを作り、収益の一部は軍の家族を支援する非営利団体であるFolds ofHonorに寄付されました。キャンペーンを基本的な社会的価値観に訴える原因に結び付けることにより、望ましい気持ちの良い反応を生み出す可能性が高まり、その過程である程度の効果があります。

大統領が黙示録の開始を確実に合図した理由を注入したさらに別の記事を思い付くのではなく、おそらくこのコラム自体が、ミレニアル世代とGenZ世代が長老よりも愛国心が弱い理由の1つの根本的な原因を特定しています。
「7月4日」(ここでは3回使用)と「独立」(名前に「自由」が含まれるGeo。W​​ashingtonのビールレシピブランドに言及するために与えられた1/2ポイント)の言及はゼロになっているようです-「12月25日」-意味のない仕事の別の日。
おそらく、それらの世代が代わりに「独立記念日」とその理由について教えられた場合、月曜日または金曜日にそれが観察されない理由はそれほど混乱しないので、誰もがさらに3日間の週末を過ごすことができます。 (それについて考えてください-「4日」を別の日に移動します!)
50歳以上の私たちにとって、今日の若い人々が5月4日または5月5日から、「7月4日」または「7月4日」よりも多くの意味を引き出すのは残念です。

私は、あなたが時間をかけて記事が有効である理由の完璧な例を投稿したという事実に感謝します。あるグループが特定の休日が別のグループによって「適切に」評価されていないと主張し始めるときはいつでも、その休日は本質的に採用されています。

だから、7月4日の「あなたの」を楽しんでください。

チャック:申し訳ありませんが、私は「グループ」の一員ではありません。また、WHの「髪の毛」のおもちゃでもありません。非常に退屈なので、すべてが政治的に傾く必要があります(DT 2の参照は著者のものであり、私のものではありません)
「(The)7月4日は。」で始まる記事の前提に戻ります。
-物の正しい名前を言うのは本当に多すぎますか?つまり、私たちが誰からその独立を勝ち取ったかを彼らが知っていると期待しているわけではありません。

あなたは、次のように主張したときに、自分がグループの一員であることを確認しました。 「ミレニアル世代とGenZ世代は、年長者よりも愛国心が弱い」

そして、さらに水を濁らせるために、ジョン・アダムズがその休日について妻のアビゲイルに書いたものは次のとおりです。

"NS 1776年7月2日、アメリカの歴史の中で最も記憶に残る時代になります。後世に大いなる記念祭として祝われると信じがちです。全能の神への厳粛な献身の行為によって、それは救出の日として記念されるべきです。ショー、ゲーム、スポーツ、銃、鐘、焚き火、イルミネーションなど、この大陸の一方の端からもう一方の端まで、この時からずっとずっと、華やかでパレードで厳粛にされるべきです。」 -ジョン・アダムズ


愛国的なブランディングの時流に乗る前に考慮すべきこと

7月4日は、愛国的なブランディングの毎年の最高点をマークします。 LaCroixからPUMAまで、アメリカ全土の企業が赤白と青のパッケージ、製品、コンテンツを展開して、国のお祝いのムードを捉えています。

夏に至るまでの数か月間、私たちは通常、愛国心をテーマにしたクリエイティブプロジェクトで著しい上昇が見られます。ただし、2016年にトランプ大統領が就任して以来、明らかに愛国的なブランディングおよびデザインプロジェクトの全体的な量は約26%減少していることは注目に値します。

これはアメリカーナを取り入れたマーケティングからのシフトは本当の傾向を意味するのでしょうか、それとも単なる偶然でしょうか?決定はあなたに任せます。

いずれにせよ、この実証済みのブランディングの時流に乗る前に、ブランドが減速していくつかの質問をすることが重要です。

愛国的なメッセージはあなたの聴衆にとって意味がありますか?何が実際に機能し、7月4日のノイズで何が失われるのでしょうか。来年の7月4日と年間を通して計画を立てているマーケター向けのヒントを次に示します。

  • 顧客基盤を考慮せずに、やみくもにトレンドに飛び乗ってはいけません。 たとえば、調査によると、ミレニアル世代とGenZの消費者は、他のどの世代よりも文化的に多様で、教育を受け、社会的に進歩しているため、両親よりも愛国心が大幅に低くなっています。コンテキストがすべてなので、提案された画像やメッセージが心地よいというよりは二極化されていると解釈される可能性があるかどうかを検討してください。
  • あなたのブランドは本物のアメリカ人ですか、それとも一般的にアメリカ独特と見なされている製品やサービスを提供していますか? そうでない場合は、より懐疑的な顧客をオフにするリスクがあります。たとえば、ブルーベルアイスクリームの赤、白、青のフレーバー、コカコーラとトゥーシーロールの旗をテーマにしたパッケージは、これらの製品の&ldquoAll American&rdquoイメージを考えると理にかなっています。ただし、より普遍的な製品を使用する国際的なブランド(たとえば、イタリアのパスタブランド、ヨーロッパを拠点とするファッションブランドなど)の場合は、不誠実に見える可能性のあるものを避けるのがおそらく最善です。
  • クリエイティブを決まり文句にしないでください。アメリカには旗や花火よりも多くのものがあります。 たとえば、設計の専門家は、トランプによる空軍1の再設計は、それを&ldquomore American&rdquoに見せることを目的としており、現在の飛行機の歴史的に重要なアメリカの設計のルーツを実際に完全に消し去っていると指摘しています。アメリカには創造的な仕事に影響を与える可能性のある歴史と物語が豊富にあるので、ユニークなお祝いのインスピレーションを見つけるために箱の外で考えてください。
  • アメリカの価値観を反映した意味のある長期的な原因を取り入れてください。 近年、愛国的なブランディングに対してより洗練された意味のあるアプローチを取っているブランドの素晴らしい例がいくつかあります。たとえば、昨年、バドワイザーは以前の&ldquoAmerica&rdquoビール缶を一歩超えて、ジョージワシントンの軍事ジャーナルにあるレシピに触発された特別版のフリーダムリザーブレッドラガーを​​発売しました。醸造所にはベテランがいて、その署名がボトルに記載されていてビールを作り、収益の一部は軍の家族を支援する非営利団体であるFolds ofHonorに寄付されました。キャンペーンを基本的な社会的価値観に訴える原因に結び付けることにより、望ましい気持ちの良い反応を生み出す可能性が高まり、その過程である程度の効果があります。

大統領が黙示録の開始を確実に合図した理由を注入したさらに別の記事を思い付くのではなく、おそらくこのコラム自体が、ミレニアル世代とGenZ世代が長老よりも愛国心が弱い理由の1つの根本的な原因を特定しています。
「7月4日」(ここでは3回使用)と「独立」(名前に「自由」が含まれるGeo。W​​ashingtonのビールレシピブランドに言及するために与えられた1/2ポイント)の言及はゼロになっているようです-「12月25日」-意味のない仕事の別の日。
おそらく、それらの世代が代わりに「独立記念日」とその理由について教えられた場合、月曜日または金曜日にそれが観察されない理由はそれほど混乱しないので、誰もがさらに3日間の週末を過ごすことができます。 (それについて考えてください-「4日」を別の日に移動します!)
50歳以上の私たちにとって、今日の若い人々が5月4日または5月5日から、「7月4日」または「7月4日」よりも多くの意味を引き出すのは残念です。

私は、あなたが時間をかけて記事が有効である理由の完璧な例を投稿したという事実に感謝します。あるグループが特定の休日が別のグループによって「適切に」評価されていないと主張し始めるときはいつでも、その休日は本質的に採用されています。

だから、7月4日の「あなたの」を楽しんでください。

チャック:申し訳ありませんが、私は「グループ」の一員ではありません。また、WHの「髪の毛」のおもちゃでもありません。非常に退屈なので、すべてが政治的に傾く必要があります(DT 2の参照は著者のものであり、私のものではありません)
「(The)7月4日は。」で始まる記事の前提に戻ります。
-物の正しい名前を言うのは本当に多すぎますか?つまり、私たちが誰からその独立を勝ち取ったかを彼らが知っていると期待しているわけではありません。

あなたは、次のように主張したときに、自分がグループの一員であることを確認しました。 「ミレニアル世代とGenZ世代は、年長者よりも愛国心が弱い」

そして、さらに水を濁らせるために、ジョン・アダムズがその休日について妻のアビゲイルに書いたものは次のとおりです。

"NS 1776年7月2日、アメリカの歴史の中で最も記憶に残る時代になります。後世に大いなる記念祭として祝われると信じがちです。全能の神への厳粛な献身の行為によって、それは救出の日として記念されるべきです。ショー、ゲーム、スポーツ、銃、鐘、焚き火、イルミネーションなど、この大陸の一方の端からもう一方の端まで、この時からずっとずっと、華やかでパレードで厳粛にされるべきです。」 -ジョン・アダムズ


愛国的なブランディングの時流に乗る前に考慮すべきこと

7月4日は、愛国的なブランディングの毎年の最高点をマークします。 LaCroixからPUMAまで、アメリカ全土の企業が赤白と青のパッケージ、製品、コンテンツを展開して、国のお祝いのムードを捉えています。

夏に至るまでの数か月間、私たちは通常、愛国心をテーマにしたクリエイティブプロジェクトで著しい上昇が見られます。ただし、2016年にトランプ大統領が就任して以来、明らかに愛国的なブランディングおよびデザインプロジェクトの全体的な量は約26%減少していることは注目に値します。

これはアメリカーナを取り入れたマーケティングからのシフトは本当の傾向を意味するのでしょうか、それとも単なる偶然でしょうか?決定はあなたに任せます。

いずれにせよ、この実証済みのブランディングの時流に乗る前に、ブランドが減速していくつかの質問をすることが重要です。

愛国的なメッセージはあなたの聴衆にとって意味がありますか?何が実際に機能し、7月4日のノイズで何が失われるのでしょうか。来年の7月4日と年間を通して計画を立てているマーケター向けのヒントを次に示します。

  • 顧客基盤を考慮せずに、やみくもにトレンドに飛び乗ってはいけません。 たとえば、調査によると、ミレニアル世代とGenZの消費者は、他のどの世代よりも文化的に多様で、教育を受け、社会的に進歩しているため、両親よりも愛国心が大幅に低くなっています。コンテキストがすべてなので、提案された画像やメッセージが心地よいというよりは二極化されていると解釈される可能性があるかどうかを検討してください。
  • あなたのブランドは本物のアメリカ人ですか、それとも一般的にアメリカ独特と見なされている製品やサービスを提供していますか? そうでない場合は、より懐疑的な顧客をオフにするリスクがあります。たとえば、ブルーベルアイスクリームの赤、白、青のフレーバー、コカコーラとトゥーシーロールの旗をテーマにしたパッケージは、これらの製品の&ldquoAll American&rdquoイメージを考えると理にかなっています。ただし、より普遍的な製品を使用する国際的なブランド(たとえば、イタリアのパスタブランド、ヨーロッパを拠点とするファッションブランドなど)の場合は、不誠実に見える可能性のあるものを避けるのがおそらく最善です。
  • クリエイティブを決まり文句にしないでください。アメリカには旗や花火よりも多くのものがあります。 たとえば、設計の専門家は、トランプによる空軍1の再設計は、それを&ldquomore American&rdquoに見せることを目的としており、現在の飛行機の歴史的に重要なアメリカの設計のルーツを実際に完全に消し去っていると指摘しています。アメリカには創造的な仕事に影響を与える可能性のある歴史と物語が豊富にあるので、ユニークなお祝いのインスピレーションを見つけるために箱の外で考えてください。
  • アメリカの価値観を反映した意味のある長期的な原因を取り入れてください。 近年、愛国的なブランディングに対してより洗練された意味のあるアプローチを取っているブランドの素晴らしい例がいくつかあります。たとえば、昨年、バドワイザーは以前の&ldquoAmerica&rdquoビール缶を一歩超えて、ジョージワシントンの軍事ジャーナルにあるレシピに触発された特別版のフリーダムリザーブレッドラガーを​​発売しました。醸造所にはベテランがいて、その署名がボトルに記載されていてビールを作り、収益の一部は軍の家族を支援する非営利団体であるFolds ofHonorに寄付されました。キャンペーンを基本的な社会的価値観に訴える原因に結び付けることにより、望ましい気持ちの良い反応を生み出す可能性が高まり、その過程である程度の効果があります。

大統領が黙示録の開始を確実に合図した理由を注入したさらに別の記事を思い付くのではなく、おそらくこのコラム自体が、ミレニアル世代とGenZ世代が長老よりも愛国心が弱い理由の1つの根本的な原因を特定しています。
「7月4日」(ここでは3回使用)と「独立」(名前に「自由」が含まれるGeo。W​​ashingtonのビールレシピブランドに言及するために与えられた1/2ポイント)の言及はゼロになっているようです-「12月25日」-意味のない仕事の別の日。
おそらく、それらの世代が代わりに「独立記念日」とその理由について教えられた場合、月曜日または金曜日にそれが観察されない理由はそれほど混乱しないので、誰もがさらに3日間の週末を過ごすことができます。 (それについて考えてください-「4日」を別の日に移動します!)
50歳以上の私たちにとって、今日の若い人々が5月4日または5月5日から、「7月4日」または「7月4日」よりも多くの意味を引き出すのは残念です。

私は、あなたが時間をかけて記事が有効である理由の完璧な例を投稿したという事実に感謝します。あるグループが特定の休日が別のグループによって「適切に」評価されていないと主張し始めるときはいつでも、その休日は本質的に採用されています。

だから、7月4日の「あなたの」を楽しんでください。

チャック:申し訳ありませんが、私は「グループ」の一員ではありません。また、WHの「髪の毛」のおもちゃでもありません。非常に退屈なので、すべてが政治的に傾く必要があります(DT 2の参照は著者のものであり、私のものではありません)
「(The)7月4日は。」で始まる記事の前提に戻ります。
-物の正しい名前を言うのは本当に多すぎますか?つまり、私たちが誰からその独立を勝ち取ったかを彼らが知っていると期待しているわけではありません。

あなたは、次のように主張したときに、自分がグループの一員であることを確認しました。 「ミレニアル世代とGenZ世代は、年長者よりも愛国心が弱い」

そして、さらに水を濁らせるために、ジョン・アダムズがその休日について妻のアビゲイルに書いたものは次のとおりです。

"NS 1776年7月2日、アメリカの歴史の中で最も記憶に残る時代になります。後世に大いなる記念祭として祝われると信じがちです。全能の神への厳粛な献身の行為によって、それは救出の日として記念されるべきです。ショー、ゲーム、スポーツ、銃、鐘、焚き火、イルミネーションなど、この大陸の一方の端からもう一方の端まで、この時からずっとずっと、華やかでパレードで厳粛にされるべきです。」 -ジョン・アダムズ


愛国的なブランディングの時流に乗る前に考慮すべきこと

7月4日は、愛国的なブランディングの毎年の最高点をマークします。 LaCroixからPUMAまで、アメリカ全土の企業が赤白と青のパッケージ、製品、コンテンツを展開して、国のお祝いのムードを捉えています。

夏に至るまでの数か月間、私たちは通常、愛国心をテーマにしたクリエイティブプロジェクトで著しい上昇が見られます。ただし、2016年にトランプ大統領が就任して以来、明らかに愛国的なブランディングおよびデザインプロジェクトの全体的な量は約26%減少していることは注目に値します。

これはアメリカーナを取り入れたマーケティングからのシフトは本当の傾向を意味するのでしょうか、それとも単なる偶然でしょうか?決定はあなたに任せます。

いずれにせよ、この実証済みのブランディングの時流に乗る前に、ブランドが減速していくつかの質問をすることが重要です。

愛国的なメッセージはあなたの聴衆にとって意味がありますか?何が実際に機能し、7月4日のノイズで何が失われるのでしょうか。来年の7月4日と年間を通して計画を立てているマーケター向けのヒントを次に示します。

  • 顧客基盤を考慮せずに、やみくもにトレンドに飛び乗ってはいけません。 たとえば、調査によると、ミレニアル世代とGenZの消費者は、他のどの世代よりも文化的に多様で、教育を受け、社会的に進歩しているため、両親よりも愛国心が大幅に低くなっています。コンテキストがすべてなので、提案された画像やメッセージが心地よいというよりは二極化されていると解釈される可能性があるかどうかを検討してください。
  • あなたのブランドは本物のアメリカ人ですか、それとも一般的にアメリカ独特と見なされている製品やサービスを提供していますか? そうでない場合は、より懐疑的な顧客をオフにするリスクがあります。たとえば、ブルーベルアイスクリームの赤、白、青のフレーバー、コカコーラとトゥーシーロールの旗をテーマにしたパッケージは、これらの製品の&ldquoAll American&rdquoイメージを考えると理にかなっています。ただし、より普遍的な製品を使用する国際的なブランド(たとえば、イタリアのパスタブランド、ヨーロッパを拠点とするファッションブランドなど)の場合は、不誠実に見える可能性のあるものを避けるのがおそらく最善です。
  • クリエイティブを決まり文句にしないでください。アメリカには旗や花火よりも多くのものがあります。 たとえば、設計の専門家は、トランプによる空軍1の再設計は、それを&ldquomore American&rdquoに見せることを目的としており、現在の飛行機の歴史的に重要なアメリカの設計のルーツを実際に完全に消し去っていると指摘しています。アメリカには創造的な仕事に影響を与える可能性のある歴史と物語が豊富にあるので、ユニークなお祝いのインスピレーションを見つけるために箱の外で考えてください。
  • アメリカの価値観を反映した意味のある長期的な原因を取り入れてください。 近年、愛国的なブランディングに対してより洗練された意味のあるアプローチを取っているブランドの素晴らしい例がいくつかあります。たとえば、昨年、バドワイザーは以前の&ldquoAmerica&rdquoビール缶を一歩超えて、ジョージワシントンの軍事ジャーナルにあるレシピに触発された特別版のフリーダムリザーブレッドラガーを​​発売しました。醸造所にはベテランがいて、その署名がボトルに記載されていてビールを作り、収益の一部は軍の家族を支援する非営利団体であるFolds ofHonorに寄付されました。キャンペーンを基本的な社会的価値観に訴える原因に結び付けることにより、望ましい気持ちの良い反応を生み出す可能性が高まり、その過程である程度の効果があります。

大統領が黙示録の開始を確実に合図した理由を注入したさらに別の記事を思い付くのではなく、おそらくこのコラム自体が、ミレニアル世代とGenZ世代が長老よりも愛国心が弱い理由の1つの根本的な原因を特定しています。
「7月4日」(ここでは3回使用)と「独立」(名前に「自由」が含まれるGeo。W​​ashingtonのビールレシピブランドに言及するために与えられた1/2ポイント)の言及はゼロになっているようです-「12月25日」-意味のない仕事の別の日。
おそらく、それらの世代が代わりに「独立記念日」とその理由について教えられた場合、月曜日または金曜日にそれが観察されない理由はそれほど混乱しないので、誰もがさらに3日間の週末を過ごすことができます。 (それについて考えてください-「4日」を別の日に移動します!)
50歳以上の私たちにとって、今日の若い人々が5月4日または5月5日から、「7月4日」または「7月4日」よりも多くの意味を引き出すのは残念です。

私は、あなたが時間をかけて記事が有効である理由の完璧な例を投稿したという事実に感謝します。あるグループが特定の休日が別のグループによって「適切に」評価されていないと主張し始めるときはいつでも、その休日は本質的に採用されています。

だから、7月4日の「あなたの」を楽しんでください。

チャック:申し訳ありませんが、私は「グループ」の一員ではありません。また、WHの「髪の毛」のおもちゃでもありません。非常に退屈なので、すべてが政治的に傾く必要があります(DT 2の参照は著者のものであり、私のものではありません)
「(The)7月4日は。」で始まる記事の前提に戻ります。
-物の正しい名前を言うのは本当に多すぎますか?つまり、私たちが誰からその独立を勝ち取ったかを彼らが知っていると期待しているわけではありません。

あなたは、次のように主張したときに、自分がグループの一員であることを確認しました。 「ミレニアル世代とGenZ世代は、年長者よりも愛国心が弱い」

そして、さらに水を濁らせるために、ジョン・アダムズがその休日について妻のアビゲイルに書いたものは次のとおりです。

"NS 1776年7月2日、アメリカの歴史の中で最も記憶に残る時代になります。後世に大いなる記念祭として祝われると信じがちです。 It ought to be commemorated as the day of deliverance, by solemn acts of devotion to God Almighty. It ought to be solemnized with pomp and parade, with shows, games, sports, guns, bells, bonfires, and illuminations, from one end of this continent to the other, from this time forward forever more." - John Adams


What To Consider Before Jumping On Patriotic Branding Bandwagon

Fourth of July marks the annual high point of patriotic branding. It&rsquos the time of year companies across America -- from LaCroix to PUMA -- roll out red-white-and-blue packaging, products and content to capture the nation&rsquos celebratory mood.

In the months leading up to summer, we typically sees a marked uptick in patriotic-themed creative projects. However, it&rsquos worth noting that since President Trump took office in 2016, the overall volume of overtly patriotic branding and design projects has declined around 26%.

Does this shift away from Americana-infused marketing a signify a real trend or is it just coincidence? We&rsquoll leave it for you to decide.

Either way, it&rsquos important for brands to slow down and ask themselves a few questions before jumping on this tried-and-true branding bandwagon.

Does patriotic messaging make sense for your audience? What really works, and what will just get lost in the 4th of July noise? Here are some tips for marketers planning ahead for next year&rsquos July 4 and for throughout the year:

  • Don&rsquot blindly jump on the trend without considering your customer base. For example, studies show that millennial and GenZ consumers are significantly less patriotic than their parents they are more culturally diverse, educated and socially progressive than any other generation. Context is everything, so take a moment to consider if your proposed imagery or messaging might be interpreted as polarizing rather than feel-good.
  • Is your brand authentically American, or do you provide a product or service that&rsquos generally considered to be uniquely American? If not, you risk turning off more skeptical customers. For example, Blue Bell ice cream&rsquos red, white and blue flavors, Coca-Cola and Tootsie Rolls&rsquo flag-themed packaging makes sense given the &ldquoAll American&rdquo image of these products. But if you&rsquore an international brand with a more universal product, (e.g., an Italian pasta brand, a Europe-based fashion brand, etc.), it&rsquos probably best to avoid something that could look disingenuous.
  • Don&rsquot let your creative be clichéd: there&rsquos more to America than flags and fireworks. For example, design experts have pointed out that the redesign of Air Force One by Trump intended to make it look &ldquomore American&rdquo actually completely obliterates the historically significant American design roots of the current plane. America has a wealth of history and stories that can influence creative work, so think outside the box to find inspiration for a unique celebration.
  • Do incorporate a meaningful, long-term cause that reflects American values. There have been some wonderful examples of brands taking a more sophisticated and meaningful approach to patriotic branding in recent years. For example, last year Budweiser went a step beyond its previous &ldquoAmerica&rdquo beer cans to the launch of a special edition Freedom Reserve Red Lager, inspired by a recipe found in George Washington&rsquos military journal. The brewer had veterans &mdash whose signatures were featured on the bottles &mdash make the beer, and a portion of the proceeds were then donated to Folds of Honor, a nonprofit supporting military families. By tying a campaign to a cause that appeals to fundamental social values, the likelihood of creating the desired feel-good reaction increases, and does some good along the way.

Rather than coming up with yet another article infused with why the President has surely signaled the start of The Apocalypse, perhaps this column itself identifies one root cause as to why Millennials and GenZ-ers are so less patriotic than their elders.
"4th of July" (used 3 times here) and zero mentions of "Independence" (1/2-point given for mentioning Geo. Washington's beer recipe brand with "Freedom" in the name) has apparently become "December 25" -- another day off of work devoid of meaning.
Perhaps if those generations were instead taught about "Independence Day" and the reasons for it, they wouldn't be so confused why it isn't observed on a Monday or a Friday so everyone could have another three-day weekend. (Think about that--moving the "4th" to another day!)
To those of us north of 50, it's a pity today's younger folks derive more meaning from May 4th or the 5th of May than they do, sigh, "July 4th" or "the 4th of July."

I, for one, appreciate the fact that you took the time to post a perfect example of why the article is valid. Whenever one group begins claiming that certain holidays are not being appreciated "properly" by another group, that holiday has essentially been co-opted.

So, enjoy "your" 4th of july.

Chuck: Sorry, I'm not part of a "group," nor am I a toady of "the Hair" in the WH. Just so bored that ev-er-y-thing has to political slant.( The DT 2 references were the author's, not mine)
Getting back to the premise of the article, which starts out "(The) Fourth of July is . "
-- Is it really too much to mention the proper name of the thing? I mean, it's not like we're expecting them to know from whom we won that Independence.

You identified yourself as part of a group when you made the claim that "Millennials and GenZ-ers are so less patriotic than their elders."

And to muddy the waters even more, here's what John Adams wrote to his wife Abigail about that holiday:

"The second day of July, 1776, will be the most memorable epoch in the history of America. I am apt to believe that it will be celebrated by succeeding generations as the great anniversary festival. It ought to be commemorated as the day of deliverance, by solemn acts of devotion to God Almighty. It ought to be solemnized with pomp and parade, with shows, games, sports, guns, bells, bonfires, and illuminations, from one end of this continent to the other, from this time forward forever more." - John Adams


What To Consider Before Jumping On Patriotic Branding Bandwagon

Fourth of July marks the annual high point of patriotic branding. It&rsquos the time of year companies across America -- from LaCroix to PUMA -- roll out red-white-and-blue packaging, products and content to capture the nation&rsquos celebratory mood.

In the months leading up to summer, we typically sees a marked uptick in patriotic-themed creative projects. However, it&rsquos worth noting that since President Trump took office in 2016, the overall volume of overtly patriotic branding and design projects has declined around 26%.

Does this shift away from Americana-infused marketing a signify a real trend or is it just coincidence? We&rsquoll leave it for you to decide.

Either way, it&rsquos important for brands to slow down and ask themselves a few questions before jumping on this tried-and-true branding bandwagon.

Does patriotic messaging make sense for your audience? What really works, and what will just get lost in the 4th of July noise? Here are some tips for marketers planning ahead for next year&rsquos July 4 and for throughout the year:

  • Don&rsquot blindly jump on the trend without considering your customer base. For example, studies show that millennial and GenZ consumers are significantly less patriotic than their parents they are more culturally diverse, educated and socially progressive than any other generation. Context is everything, so take a moment to consider if your proposed imagery or messaging might be interpreted as polarizing rather than feel-good.
  • Is your brand authentically American, or do you provide a product or service that&rsquos generally considered to be uniquely American? If not, you risk turning off more skeptical customers. For example, Blue Bell ice cream&rsquos red, white and blue flavors, Coca-Cola and Tootsie Rolls&rsquo flag-themed packaging makes sense given the &ldquoAll American&rdquo image of these products. But if you&rsquore an international brand with a more universal product, (e.g., an Italian pasta brand, a Europe-based fashion brand, etc.), it&rsquos probably best to avoid something that could look disingenuous.
  • Don&rsquot let your creative be clichéd: there&rsquos more to America than flags and fireworks. For example, design experts have pointed out that the redesign of Air Force One by Trump intended to make it look &ldquomore American&rdquo actually completely obliterates the historically significant American design roots of the current plane. America has a wealth of history and stories that can influence creative work, so think outside the box to find inspiration for a unique celebration.
  • Do incorporate a meaningful, long-term cause that reflects American values. There have been some wonderful examples of brands taking a more sophisticated and meaningful approach to patriotic branding in recent years. For example, last year Budweiser went a step beyond its previous &ldquoAmerica&rdquo beer cans to the launch of a special edition Freedom Reserve Red Lager, inspired by a recipe found in George Washington&rsquos military journal. The brewer had veterans &mdash whose signatures were featured on the bottles &mdash make the beer, and a portion of the proceeds were then donated to Folds of Honor, a nonprofit supporting military families. By tying a campaign to a cause that appeals to fundamental social values, the likelihood of creating the desired feel-good reaction increases, and does some good along the way.

Rather than coming up with yet another article infused with why the President has surely signaled the start of The Apocalypse, perhaps this column itself identifies one root cause as to why Millennials and GenZ-ers are so less patriotic than their elders.
"4th of July" (used 3 times here) and zero mentions of "Independence" (1/2-point given for mentioning Geo. Washington's beer recipe brand with "Freedom" in the name) has apparently become "December 25" -- another day off of work devoid of meaning.
Perhaps if those generations were instead taught about "Independence Day" and the reasons for it, they wouldn't be so confused why it isn't observed on a Monday or a Friday so everyone could have another three-day weekend. (Think about that--moving the "4th" to another day!)
To those of us north of 50, it's a pity today's younger folks derive more meaning from May 4th or the 5th of May than they do, sigh, "July 4th" or "the 4th of July."

I, for one, appreciate the fact that you took the time to post a perfect example of why the article is valid. Whenever one group begins claiming that certain holidays are not being appreciated "properly" by another group, that holiday has essentially been co-opted.

So, enjoy "your" 4th of july.

Chuck: Sorry, I'm not part of a "group," nor am I a toady of "the Hair" in the WH. Just so bored that ev-er-y-thing has to political slant.( The DT 2 references were the author's, not mine)
Getting back to the premise of the article, which starts out "(The) Fourth of July is . "
-- Is it really too much to mention the proper name of the thing? I mean, it's not like we're expecting them to know from whom we won that Independence.

You identified yourself as part of a group when you made the claim that "Millennials and GenZ-ers are so less patriotic than their elders."

And to muddy the waters even more, here's what John Adams wrote to his wife Abigail about that holiday:

"The second day of July, 1776, will be the most memorable epoch in the history of America. I am apt to believe that it will be celebrated by succeeding generations as the great anniversary festival. It ought to be commemorated as the day of deliverance, by solemn acts of devotion to God Almighty. It ought to be solemnized with pomp and parade, with shows, games, sports, guns, bells, bonfires, and illuminations, from one end of this continent to the other, from this time forward forever more." - John Adams


What To Consider Before Jumping On Patriotic Branding Bandwagon

Fourth of July marks the annual high point of patriotic branding. It&rsquos the time of year companies across America -- from LaCroix to PUMA -- roll out red-white-and-blue packaging, products and content to capture the nation&rsquos celebratory mood.

In the months leading up to summer, we typically sees a marked uptick in patriotic-themed creative projects. However, it&rsquos worth noting that since President Trump took office in 2016, the overall volume of overtly patriotic branding and design projects has declined around 26%.

Does this shift away from Americana-infused marketing a signify a real trend or is it just coincidence? We&rsquoll leave it for you to decide.

Either way, it&rsquos important for brands to slow down and ask themselves a few questions before jumping on this tried-and-true branding bandwagon.

Does patriotic messaging make sense for your audience? What really works, and what will just get lost in the 4th of July noise? Here are some tips for marketers planning ahead for next year&rsquos July 4 and for throughout the year:

  • Don&rsquot blindly jump on the trend without considering your customer base. For example, studies show that millennial and GenZ consumers are significantly less patriotic than their parents they are more culturally diverse, educated and socially progressive than any other generation. Context is everything, so take a moment to consider if your proposed imagery or messaging might be interpreted as polarizing rather than feel-good.
  • Is your brand authentically American, or do you provide a product or service that&rsquos generally considered to be uniquely American? If not, you risk turning off more skeptical customers. For example, Blue Bell ice cream&rsquos red, white and blue flavors, Coca-Cola and Tootsie Rolls&rsquo flag-themed packaging makes sense given the &ldquoAll American&rdquo image of these products. But if you&rsquore an international brand with a more universal product, (e.g., an Italian pasta brand, a Europe-based fashion brand, etc.), it&rsquos probably best to avoid something that could look disingenuous.
  • Don&rsquot let your creative be clichéd: there&rsquos more to America than flags and fireworks. For example, design experts have pointed out that the redesign of Air Force One by Trump intended to make it look &ldquomore American&rdquo actually completely obliterates the historically significant American design roots of the current plane. America has a wealth of history and stories that can influence creative work, so think outside the box to find inspiration for a unique celebration.
  • Do incorporate a meaningful, long-term cause that reflects American values. There have been some wonderful examples of brands taking a more sophisticated and meaningful approach to patriotic branding in recent years. For example, last year Budweiser went a step beyond its previous &ldquoAmerica&rdquo beer cans to the launch of a special edition Freedom Reserve Red Lager, inspired by a recipe found in George Washington&rsquos military journal. The brewer had veterans &mdash whose signatures were featured on the bottles &mdash make the beer, and a portion of the proceeds were then donated to Folds of Honor, a nonprofit supporting military families. By tying a campaign to a cause that appeals to fundamental social values, the likelihood of creating the desired feel-good reaction increases, and does some good along the way.

Rather than coming up with yet another article infused with why the President has surely signaled the start of The Apocalypse, perhaps this column itself identifies one root cause as to why Millennials and GenZ-ers are so less patriotic than their elders.
"4th of July" (used 3 times here) and zero mentions of "Independence" (1/2-point given for mentioning Geo. Washington's beer recipe brand with "Freedom" in the name) has apparently become "December 25" -- another day off of work devoid of meaning.
Perhaps if those generations were instead taught about "Independence Day" and the reasons for it, they wouldn't be so confused why it isn't observed on a Monday or a Friday so everyone could have another three-day weekend. (Think about that--moving the "4th" to another day!)
To those of us north of 50, it's a pity today's younger folks derive more meaning from May 4th or the 5th of May than they do, sigh, "July 4th" or "the 4th of July."

I, for one, appreciate the fact that you took the time to post a perfect example of why the article is valid. Whenever one group begins claiming that certain holidays are not being appreciated "properly" by another group, that holiday has essentially been co-opted.

So, enjoy "your" 4th of july.

Chuck: Sorry, I'm not part of a "group," nor am I a toady of "the Hair" in the WH. Just so bored that ev-er-y-thing has to political slant.( The DT 2 references were the author's, not mine)
Getting back to the premise of the article, which starts out "(The) Fourth of July is . "
-- Is it really too much to mention the proper name of the thing? I mean, it's not like we're expecting them to know from whom we won that Independence.

You identified yourself as part of a group when you made the claim that "Millennials and GenZ-ers are so less patriotic than their elders."

And to muddy the waters even more, here's what John Adams wrote to his wife Abigail about that holiday:

"The second day of July, 1776, will be the most memorable epoch in the history of America. I am apt to believe that it will be celebrated by succeeding generations as the great anniversary festival. It ought to be commemorated as the day of deliverance, by solemn acts of devotion to God Almighty. It ought to be solemnized with pomp and parade, with shows, games, sports, guns, bells, bonfires, and illuminations, from one end of this continent to the other, from this time forward forever more." - John Adams


What To Consider Before Jumping On Patriotic Branding Bandwagon

Fourth of July marks the annual high point of patriotic branding. It&rsquos the time of year companies across America -- from LaCroix to PUMA -- roll out red-white-and-blue packaging, products and content to capture the nation&rsquos celebratory mood.

In the months leading up to summer, we typically sees a marked uptick in patriotic-themed creative projects. However, it&rsquos worth noting that since President Trump took office in 2016, the overall volume of overtly patriotic branding and design projects has declined around 26%.

Does this shift away from Americana-infused marketing a signify a real trend or is it just coincidence? We&rsquoll leave it for you to decide.

Either way, it&rsquos important for brands to slow down and ask themselves a few questions before jumping on this tried-and-true branding bandwagon.

Does patriotic messaging make sense for your audience? What really works, and what will just get lost in the 4th of July noise? Here are some tips for marketers planning ahead for next year&rsquos July 4 and for throughout the year:

  • Don&rsquot blindly jump on the trend without considering your customer base. For example, studies show that millennial and GenZ consumers are significantly less patriotic than their parents they are more culturally diverse, educated and socially progressive than any other generation. Context is everything, so take a moment to consider if your proposed imagery or messaging might be interpreted as polarizing rather than feel-good.
  • Is your brand authentically American, or do you provide a product or service that&rsquos generally considered to be uniquely American? If not, you risk turning off more skeptical customers. For example, Blue Bell ice cream&rsquos red, white and blue flavors, Coca-Cola and Tootsie Rolls&rsquo flag-themed packaging makes sense given the &ldquoAll American&rdquo image of these products. But if you&rsquore an international brand with a more universal product, (e.g., an Italian pasta brand, a Europe-based fashion brand, etc.), it&rsquos probably best to avoid something that could look disingenuous.
  • Don&rsquot let your creative be clichéd: there&rsquos more to America than flags and fireworks. For example, design experts have pointed out that the redesign of Air Force One by Trump intended to make it look &ldquomore American&rdquo actually completely obliterates the historically significant American design roots of the current plane. America has a wealth of history and stories that can influence creative work, so think outside the box to find inspiration for a unique celebration.
  • Do incorporate a meaningful, long-term cause that reflects American values. There have been some wonderful examples of brands taking a more sophisticated and meaningful approach to patriotic branding in recent years. For example, last year Budweiser went a step beyond its previous &ldquoAmerica&rdquo beer cans to the launch of a special edition Freedom Reserve Red Lager, inspired by a recipe found in George Washington&rsquos military journal. The brewer had veterans &mdash whose signatures were featured on the bottles &mdash make the beer, and a portion of the proceeds were then donated to Folds of Honor, a nonprofit supporting military families. By tying a campaign to a cause that appeals to fundamental social values, the likelihood of creating the desired feel-good reaction increases, and does some good along the way.

Rather than coming up with yet another article infused with why the President has surely signaled the start of The Apocalypse, perhaps this column itself identifies one root cause as to why Millennials and GenZ-ers are so less patriotic than their elders.
"4th of July" (used 3 times here) and zero mentions of "Independence" (1/2-point given for mentioning Geo. Washington's beer recipe brand with "Freedom" in the name) has apparently become "December 25" -- another day off of work devoid of meaning.
Perhaps if those generations were instead taught about "Independence Day" and the reasons for it, they wouldn't be so confused why it isn't observed on a Monday or a Friday so everyone could have another three-day weekend. (Think about that--moving the "4th" to another day!)
To those of us north of 50, it's a pity today's younger folks derive more meaning from May 4th or the 5th of May than they do, sigh, "July 4th" or "the 4th of July."

I, for one, appreciate the fact that you took the time to post a perfect example of why the article is valid. Whenever one group begins claiming that certain holidays are not being appreciated "properly" by another group, that holiday has essentially been co-opted.

So, enjoy "your" 4th of july.

Chuck: Sorry, I'm not part of a "group," nor am I a toady of "the Hair" in the WH. Just so bored that ev-er-y-thing has to political slant.( The DT 2 references were the author's, not mine)
Getting back to the premise of the article, which starts out "(The) Fourth of July is . "
-- Is it really too much to mention the proper name of the thing? I mean, it's not like we're expecting them to know from whom we won that Independence.

You identified yourself as part of a group when you made the claim that "Millennials and GenZ-ers are so less patriotic than their elders."

And to muddy the waters even more, here's what John Adams wrote to his wife Abigail about that holiday:

"The second day of July, 1776, will be the most memorable epoch in the history of America. I am apt to believe that it will be celebrated by succeeding generations as the great anniversary festival. It ought to be commemorated as the day of deliverance, by solemn acts of devotion to God Almighty. It ought to be solemnized with pomp and parade, with shows, games, sports, guns, bells, bonfires, and illuminations, from one end of this continent to the other, from this time forward forever more." - John Adams


What To Consider Before Jumping On Patriotic Branding Bandwagon

Fourth of July marks the annual high point of patriotic branding. It&rsquos the time of year companies across America -- from LaCroix to PUMA -- roll out red-white-and-blue packaging, products and content to capture the nation&rsquos celebratory mood.

In the months leading up to summer, we typically sees a marked uptick in patriotic-themed creative projects. However, it&rsquos worth noting that since President Trump took office in 2016, the overall volume of overtly patriotic branding and design projects has declined around 26%.

Does this shift away from Americana-infused marketing a signify a real trend or is it just coincidence? We&rsquoll leave it for you to decide.

Either way, it&rsquos important for brands to slow down and ask themselves a few questions before jumping on this tried-and-true branding bandwagon.

Does patriotic messaging make sense for your audience? What really works, and what will just get lost in the 4th of July noise? Here are some tips for marketers planning ahead for next year&rsquos July 4 and for throughout the year:

  • Don&rsquot blindly jump on the trend without considering your customer base. For example, studies show that millennial and GenZ consumers are significantly less patriotic than their parents they are more culturally diverse, educated and socially progressive than any other generation. Context is everything, so take a moment to consider if your proposed imagery or messaging might be interpreted as polarizing rather than feel-good.
  • Is your brand authentically American, or do you provide a product or service that&rsquos generally considered to be uniquely American? If not, you risk turning off more skeptical customers. For example, Blue Bell ice cream&rsquos red, white and blue flavors, Coca-Cola and Tootsie Rolls&rsquo flag-themed packaging makes sense given the &ldquoAll American&rdquo image of these products. But if you&rsquore an international brand with a more universal product, (e.g., an Italian pasta brand, a Europe-based fashion brand, etc.), it&rsquos probably best to avoid something that could look disingenuous.
  • Don&rsquot let your creative be clichéd: there&rsquos more to America than flags and fireworks. For example, design experts have pointed out that the redesign of Air Force One by Trump intended to make it look &ldquomore American&rdquo actually completely obliterates the historically significant American design roots of the current plane. America has a wealth of history and stories that can influence creative work, so think outside the box to find inspiration for a unique celebration.
  • Do incorporate a meaningful, long-term cause that reflects American values. There have been some wonderful examples of brands taking a more sophisticated and meaningful approach to patriotic branding in recent years. For example, last year Budweiser went a step beyond its previous &ldquoAmerica&rdquo beer cans to the launch of a special edition Freedom Reserve Red Lager, inspired by a recipe found in George Washington&rsquos military journal. The brewer had veterans &mdash whose signatures were featured on the bottles &mdash make the beer, and a portion of the proceeds were then donated to Folds of Honor, a nonprofit supporting military families. By tying a campaign to a cause that appeals to fundamental social values, the likelihood of creating the desired feel-good reaction increases, and does some good along the way.

Rather than coming up with yet another article infused with why the President has surely signaled the start of The Apocalypse, perhaps this column itself identifies one root cause as to why Millennials and GenZ-ers are so less patriotic than their elders.
"4th of July" (used 3 times here) and zero mentions of "Independence" (1/2-point given for mentioning Geo. Washington's beer recipe brand with "Freedom" in the name) has apparently become "December 25" -- another day off of work devoid of meaning.
Perhaps if those generations were instead taught about "Independence Day" and the reasons for it, they wouldn't be so confused why it isn't observed on a Monday or a Friday so everyone could have another three-day weekend. (Think about that--moving the "4th" to another day!)
To those of us north of 50, it's a pity today's younger folks derive more meaning from May 4th or the 5th of May than they do, sigh, "July 4th" or "the 4th of July."

I, for one, appreciate the fact that you took the time to post a perfect example of why the article is valid. Whenever one group begins claiming that certain holidays are not being appreciated "properly" by another group, that holiday has essentially been co-opted.

So, enjoy "your" 4th of july.

Chuck: Sorry, I'm not part of a "group," nor am I a toady of "the Hair" in the WH. Just so bored that ev-er-y-thing has to political slant.( The DT 2 references were the author's, not mine)
Getting back to the premise of the article, which starts out "(The) Fourth of July is . "
-- Is it really too much to mention the proper name of the thing? I mean, it's not like we're expecting them to know from whom we won that Independence.

You identified yourself as part of a group when you made the claim that "Millennials and GenZ-ers are so less patriotic than their elders."

And to muddy the waters even more, here's what John Adams wrote to his wife Abigail about that holiday:

"The second day of July, 1776, will be the most memorable epoch in the history of America. I am apt to believe that it will be celebrated by succeeding generations as the great anniversary festival. It ought to be commemorated as the day of deliverance, by solemn acts of devotion to God Almighty. It ought to be solemnized with pomp and parade, with shows, games, sports, guns, bells, bonfires, and illuminations, from one end of this continent to the other, from this time forward forever more." - John Adams


ビデオを見る: 斜めに立つコーラ (かもしれません 2022).