カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

レストランは18歳以下の子供を禁止します

レストランは18歳以下の子供を禁止します



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

バージニア州のレストランは、赤ちゃんからティーンエイジャーまで、すべての子供を禁止することを決定しました

数年前、赤ちゃんを持たない顧客からの騒音苦情を理由に、6歳未満の子供を禁止することでいくつかのレストランが話題になりましたが、今年は別のレストランがさらに一歩進んでいます。

バージニア州アレクサンドリアにある寿司レストランTheSushiBarは、 18歳以下の子供を公式に禁止、大人専用の寿司バーになります(注:大人専用の装飾などについては言及されていません)。代わりに、オーナーのマイク・アンダーソンは両親に休憩を与えたかっただけです。

「私たちは、 『これらの貧しい両親は、ヘリコプターの両親であり、神は彼らを愛しています。彼らはいつも子供たちと一緒にこれをやっていて、休憩が必要だと思いました。』子供たちからの休憩はそれほど多くないが、隣接する子供たち」とアンダーソン氏はTODAY.comに語った。

もちろん、他のレストランは過去に子供を禁止しましたが、通常、禁止は幼児と赤ちゃんに向けられています。代わりに、アンダーソンは18歳以下のすべての子供を禁止しているので、カップルは、無愛想な10代の若者やうるさい赤ちゃんに対処することなく、再接続する機会を得ることができます。 「若い親が降りてきて再会できる場所があればいいのではないかと思った」とアンダーソン氏は語った。レストランは正式にオープンし、子供を持たないという方針はすでにオンラインで多くの騒ぎを引き起こしていますが、ビジネスはそのコースを維持する予定です。

土曜日のソフトローンチの後、アンダーソン氏はフィードバックは90%肯定的だと述べています。 「カップルはそれを愛してきました—私たちは正しい方向に進んでいると思います。」


ジャンクフードを禁止すべき5つの理由

ファーストフードがあなたにとって悪いことは秘密ではありません。それを書いてあなたの心を吹き飛ばしただけではないと思います。しかし、私は人々がファーストフードを適度に食べることに何も悪いことはないと信じていると思います。それは本当に無知が至福であることに帰着します。

私たちの体が乗り物のようなものであるというアナロジーが大好きです。あなたはあなたの車に最高の燃料を望んでいますが、あなたはいつもあなたの体に適切な燃料を提供していますか?ファーストフード業界は人々にそのオプションを提供し、ガスガズラーがプレミアムを必要とするときに定期的に提供します。

ファーストフードが避けるべき食品であるべき主な理由は明らかです:それは次のような多くの健康問題につながる可能性があります 肥満、心臓病、糖尿病。ファーストフードの消費は、おそらく誰も話していない最も一般的な中毒の1つです。中毒は病気につながります。

人々はアルコールや喫煙依存症の深刻さについて話しますが、ファストフード依存症のヘルプセンターはいくつありますか?人々は食事をしなければならないので、それは大きな懸念ではないようです。そして、ファーストフードの消費をどのように制限すべきかについての公共サービスの発表があった場合、大企業はどのように行動すると思いますか?すぐには起こらないとだけ言っておきましょう。

解決策は、情報に基づいたより健康的な選択を行うことです。多くの人がビッグマックが健康上の問題を引き起こしていることに気づいていますが、彼らはその食欲をそそる食事をなぜ彼らが世界に怒っているのか、離婚しているのかと関係がありますか?ファーストフードがあなたの健康と社会に果たす役割に気づいたら、お気に入りのハンバーガーやピザの店への毎日または毎週の旅行を中止することができます。


アーカンソー州が子供たちの性別適合手術を禁止する最初の州になる

アーカンソー州は、議員がアーカンソー州知事のアサハッチンソンの拒否権に従って措置を制定した後、18歳未満の子供に対する性別適合手術とホルモン治療を非合法化した最初の州になりました。

共和党主導の下院と上院は両方とも4月6日に拒否権を無効にすることを投票した。

House Bill 1570(またはアーカンソーSAFE(実験から青年を救う)法)として知られる法案は、アーカンソー州議会が4月30日に休会した90日後に法律になります。

医師や医療専門家が18歳未満の人々に性転換手順を提供したり、未成年者を他の医療専門家に紹介したりすることは禁止されます。法律に違反する医療提供者は、適切なライセンス機関または懲戒審査委員会からの懲戒処分に直面する可能性があります。

「医学界が、生物学的性別を特定するのに苦痛を経験している個人が、不足しているにもかかわらず、不可逆的で劇的な非性器性別適合手術および不可逆的で恒久的に滅菌する性器性別適合手術の対象となることを許可していることは、総会にとって重大な懸念です。法案の本文によると、そのような極端な介入の利益がリスクを上回ることを示す研究の数。

今週、彼が法案に拒否権を行使したとき、共和党のハッチンソン氏は、法案に署名することは「政府の行き過ぎ」であると主張し、「議員に医療を妨害させ、医療を無効にする法律の基準を設定し始める」と述べた。 。&#8221

2020年4月8日、アーカンソー州リトルロックの州議会議事堂の上院室にいるアーカンソー州知事アサハッチンソン。(TommyMetthe / Arkansas Democrat-Gazette via AP)

「これが性別適合手術を禁止するだけなら、私はそれを支持しますが、治療を受けている人は既得権を持っていません。これは彼らを置く正しい道ではありません」とハッチンソンは付け加えました。彼は、200人未満の子供たちがアーカンソーで治療を使用していると言いました。

しかし、アーカンソーに本拠を置くグループの家族評議会は、州議会の動きは「正しい決定」であると述べました。

「これは本当に良いニュースです。性別適合手術は、子供たちを一生殺菌し、傷つけたままにする可能性があります。医学研究者は、これらの手順や治療法が子供に与える可能性のある長期的な影響を知りません。そのため、多くの人が子供たちを実験することと同一視しています」とグループは書いています。 &#8220この優れた法律は、アーカンソー州の子供たちを性別適合手術から保護します。私たちは彼らのリーダーシップ、彼らの道徳的勇気、そして正しいことをするという彼らの決意に感謝します。これは歴史的な法律です。アーカンソー州は、SAFE法を法制化することにより、正しいことを行ったリーダーを誇りに思うべきです。」

アーカンソーを拠点とするグループinTRANSitiveなどのトランスジェンダーを支持する組織は、ハッチンソンに法案を拒否するよう圧力をかけるキャンペーンを開始しました。一部の進歩的なグループも法案の可決に反対している。

アメリカ自由人権協会(ACLU)は、法の執行を阻止するために訴訟を起こすと述べた。

アーカンソー州のホリー・ディクソン事務局長のACLUは声明の中で、「この戦いは終わっていない」と述べ、「この法律に異議を申し立てるために訴訟を起こす予定だ」と付け加えた。


子供たちに夏の食事を提供するUMassフードトラック

マサチューセッツ大学アマースト校のベイビーバークフードトラックは、今月から子供向けの夏の食事の提供を開始すると、マスライブは報じています。

18歳以下の子供は、6月25日から8月10日まで、毎週月曜日、水曜日、金曜日に無料の食事を受け取ることができます。大学は、USDAおよびマサチューセッツ州の初等中等教育局と協力して、資金提供、開発、規制、監視を行っています。プログラム。

大学は、プロジェクトへの資金提供を支援するために、食事ごとに少額の払い戻しを受け、トラックから1日平均560人の子供にサービスを提供することを目指しています。

マサチューセッツ大学アマースト校の写真提供


フェニックスの子供たちとの関係

フェニックスの子供たちと一緒にやる楽しいことのかなりの部分をまとめることで、この夏あなたがそれをするのを手伝いたかったのです。これらのほとんどは、大金を費やすことなく、長く暑い夏を過ごすための素晴らしい方法です。

車と自動車ショー

フェニックス周辺の無料の自動車ショーの進行中のリストをチェックしてください&#8211あなたの子供が車を愛しているなら(クラシックカーも!)これはドライバーに会う機会を持って車を鑑賞するために彼らを連れ出すための素晴らしい方法です(場合によっては)車に座って写真を撮るチャンスがあります!

無料ホッケー

リトルハウラーズホッケーは、アリゾナコヨーテスホッケー開発プログラム、アリゾナアマチュアホッケー協会、ワンゴール、地元のホッケーリンクと協力して開催されるアイスホッケープログラムです。このプログラムは、4〜8歳の子供にホッケーのスポーツをリスクなしで紹介するように設計された4つの1時間のセッションで構成されています。

各子供は受け取ります 自由 4週間のクリニックで使用するOneGoalレンタル機器のセット 自由 リンクが提供するレンタルスケートのペア。最初の氷上クリニックの前に、すべての親と子供が子供に服を着せる適切な方法を認識していることを確認するための機器フィッティングセッションがあります。アイスタイムは地元のホッケーリンクごとに寄付されるため、プログラムに関連する費用は少額の保証金のみです(すべての機器が返却された場合、4週間の終わりに返却されます)。

バスプロ

火曜日に子供向けの楽しいことが計画されています!毎週火曜日はキッズナイトイベントに参加し、工芸品、ゲーム、アーチェリー、そしてみんなのための食べ物を用意します!イベントは午後5時から午後8時まで実行されます。

あなたが望むようにあなたの地元をチェックしてください&#8211彼らはしばしば無料のスタジオ料金で日があります&#8211またはあなたははるかに安い価格で家族のスタジオメンバーシップを購入して子供たちと楽しむことができます!

公園の映画&#8211テンペ

金曜日の夜の映画を公園でお楽しみください&#8211午後7時頃(夕暮れ)から、ベースラインロードのキワニスパークの北サッカー場で5月中毎週金曜日に別の映画を見ることができます。とアッシュアベニュー。

PlayGroundsファンゾーン

グレンデールのユニオンヒルズに位置するPlayGroundsFun Zoneは、子供向けの3,500平方フィートの屋内公園で、午後8時から午後5時まで営業しています。月曜日から金曜日、および午後8時と午後2時毎週土曜日に。子供が1人いる場合は素晴らしいです(入場料は期間限定で子供1人あたり6ドルなので、複数の子供がいる場合はすぐに加算されます!)

ハバードスイムスクールでのオープンスイムデイ 頻繁なオープンスイムデー、スイマーあたり5ドル(3歳以下は無料)、家族あたり最大15ドルについては、サイトを確認してください。 スケートランド

無料のスケートの機会については、夏のスケジュールに従ってください。場所はそれぞれ異なりますが、スケートランドメサのスケジュールはこちらで確認できます。 POGOパスでは、月に2回の無料スケートランド訪問も獲得できることを忘れないでください。

IKEAテンピーレストランでのストーリータイムとクラフトアワー

Tempe Library Youth Librationは、毎月第1土曜日と第3日曜日に、すべての年齢の子供たちに朗読します。

WiggleWorm Adventures、ギルバート

マックイーンパークアクティビティセンターにあり、金曜日の午前9時から午前11時まで、5歳以下(最大4人)の子供を遊びに連れて行ってください。費用はギルバート居住者が$ 1.50、非ギルバート居住者が$ 2です。

割引水泳レッスン

お子様を水泳レッスンに登録してください。ここにアクセスして、バレー全体で割引される機会のリストを見つけてください。

バスプロショップス&#8211マスに餌をやる

毎週&#8211午後1時30分子供たちを連れてマスに餌をやる。外にいるのが残酷すぎる暑い日には最適です!

無料の水泳赤ちゃんウォータークラス

SwimKids USAに向かい、参加時間/日付で無料のSwim BabiesWaterクラスに参加してください。登録が必要です。

Michael&#8217s Passport to Imagination

6月から、子供たちをMichael&#8217sに連れて行って、毎週のアクティビティや工芸品を&#8211 1回のセッションでわずか5ドル、または3回のセッションで$ 12.00にします。チラシはすでにお近くの店舗に出ています。

無料のベビースイムクラス

リバービューのハバードスイムスクールに行って、生後8週間から5か月のウォーターベイビースイムクラスを無料で紹介します。先に進む前に事前登録してください。

家族で泳ぐのはたったの1ドル以下

チャンドラーのデザートオアシスアクアティックセンターでは、午前10時から午後5時まで1ドルのファミリースイムがあります。夏の間毎週(5月から)&#8211子供は$ .25、大人は$ .75&#8211詳細はこちらをご覧ください。

テンペのエスカランテプールとマクリントックプールでも水泳の機会を見つけることができます。お住まいの地域での水泳の機会については、市のWebサイトを確認してください。

シュネプフファーム

はるか南東の谷にあるシュネプフファームは、子供たちを連れて行くのに本当にいい場所です。電車の乗り物、ふれあい動物園、遊び場、そして鹿を見るために干し草の乗り物があります。

農場は、US60からエルズワースを南に向かって進み、線路のリッテンハウスを左に曲がり、右側の線路の2番目のセットの直前でさらに約5マイル進みます。

地元の図書館にアクセスする

地元の図書館で夏の読書プログラムに子供を登録することを確認する必要があります。多くの図書館には、物語の時間など、子供を連れて行くことができるイベントがあります。詳細については、地元の図書館の支店のカレンダーを確認してください。

ゴールドフィールドゴーストタウン

ロストダッチマン州立公園からすぐのイーストバレーにあるゴールドフィールドゴーストタウンへの旅に出かけましょう。1日で数ドルの入場料がかかります。

ゴーストタウンはすべての年齢の子供を連れて行くのに最適な場所です&#8211週末はかなり忙しくなりますが、週末に訪れると、午前10時から午後3時まで1時間ごとに銃撃戦を見ることができます。

フリーストーンパーク

ギルバートにあり、 フリーストーンパークは子供のための88純粋な楽しみのエーカーです &#8211バレーボール、テニス、ソフトボール、さらには釣りなど、いくつかの遊び場があります。彼らは小さな遊園地(それは比較的安価です)、そして多目的トレイルさえ持っています。午後を過ごすのに最適な方法です。ピクニックをしたり、子供たちが遊んだり、家に帰るときにスヌーズしたりできます。 こちらからサインアップ 節約を受信トレイに届けるために。

夏の映画プログラム

今年の夏は子供たちを無料の映画に連れて行ってください。アリゾナ州と米国にはたくさんの夏の映画プログラムがあります。最寄りのすべての劇場の日時については、こちらのリストをご覧ください。

セレッタキャンディーカンパニーツアー&#8211グレンデール

Candy Companyは、午前10時と午後1時に、1日2回の無料ツアーを提供しています。月曜日から金曜日まで。参加を予定している場合は、事前に電話で連絡する必要があります。

ピーターパイパーピザ

6月から午前10時から午後12時までキッズイベントが開催されます。各子供は5.49ドルです–それは2個のピザ、12オンスをカバーします。ソーダ、5トークン、メイク&テイククラフト。 Facebookでそれらをご覧ください&#8211スケジュールは6月1日より前に掲載されます。

ウィリアムズゲートウェイ空港

あなたの子供が飛行機、軍隊、またはその両方を愛しているなら、あなたはパワー&レイのウィリアムズゲートウェイ空港ビューイングエリア&#8211に向かうことができます。パワーを南に向かってレイ&#8211に向かい、左にぶら下がってください。あなたはソッサマンに巻きつきます。タホを過ぎたところに、左側に表示エリアがあります。

ボウリング

18歳以下の子供は、この夏に3つの無料ボウリングゲームを獲得できます。 ブランズウィック 9月まで。靴のレンタルは含まれていません。こちらから登録するだけで、クーポンがメールで届きます。

キッズボウルはこの夏無料 AMF、毎日2回の無料ボウリングゲームがあります。こちらにアクセスしてAMFプロモーションをご覧ください–靴のレンタルは含まれていません。

釣り

今年の夏に釣りに行く予定はありますか?あなたの州の無料釣り日がいつであるかをチェックするためにここに向かいなさい!アリゾナの全国釣りの日は6月です。無料の釣りの日は、ボートや釣りのアクティビティを含むイベントをスケジュールしたり、参加したりするのに理想的な時間です。一般的に、無料の釣りの日は、一般の人々が免許なしで釣りをすることを許可します。必ず州の規制を確認してください。

(ギルバートまたはクイーンクリーク)のUSAユースフィットネスセンター

週の間に親と一緒に無料のベビーダンスクラスと無料のベビータンブリングクラス&#8211ここに向かい、左下隅を参照してください。

博物館訪問&#8211ブルースター博物館(軍事)

あなたが軍隊であるならば、あなたは今年参加しているブルースター博物館への無料入場を獲得することができます。 2010年の夏に最初に立ち上げられたBlueStar Museumsは、メモリアルデーからレイバーデーまで、軍人とその家族に無料で入場できるようになりました。アリゾナに参加している美術館のリストを見るには、こちらを散歩してください。

スタフィントンベアファクトリーツアー

フェニックスの子供たちは、月曜日から金曜日まで、クマの工場を見学することができます。彼らはさまざまな時間にツアーを実行します-あなたはここで彼らのサイトに向かうことによってもっと見ることができます。入場料は13ドルで、そこにいる間もクマを作ることができます。

ホームデポ

毎月指定された土曜日に、子供たちをホームデポワークショップ&#8211に連れて行きます。イベントは5歳以上を対象としています。

Lowe&#8217s Build&amp Grow

あなたの子供は土曜日の朝に毎月のLowe&#8217s Build&Growワークショップ&#8211で忙しくすることができます。ワークショップは5歳以上を対象としており、&ampは完全に無料です。登録が必要です。

イーストバレースプラッシュパッド

あなたはイーストバレーのお母さんですか、それともお父さんですか?もしそうなら、イーストバレーママガイドに行ってください(あなたがそこにいる間彼らのページに従ってください)&#8211彼らはイーストバレースプラッシュパッドの包括的なリストを持っています&#8211すべて無料です。

私たちのお気に入りのスプラッシュパッドの1つは、イーストバレーのイーストマークコミュニティにあります。 &#8230ここのサイトごとに、午前7時から午後10時まで開いています。毎日。キワニスパークにも6/15に新しいスプラッシュパッドがオープンしました。

チャレンジャースペースセンター

ピオリアにあるチャレンジャースペースセンターは、家族全員が楽しむのに最適な方法です。シミュレーターやゲーム、そして一年中利用できる特別なプログラムがあります。

スーパースティションファーム

あなたはイーストバレーにいますか?スーパースティションファームはイーストバレーで実際に働いている農場です。ふれあい動物園があるだけでなく、ワゴンに乗ることもできます。それはあなたの子供を連れてくるのに楽しい場所です。

ローハイド

フェニックスのすぐ南、1-10とワイルドホースパスのすぐそばにあるローハイドは、キャンディストア、ステーキハウス、ギフトショップを備えた旧西部の町です。彼らはまた、ジップライン、ふれあい動物園&#8211、鍛冶屋を持っています。

毎日営業していませんが、週に3日しか営業していません。

駐車場は5ドル(現金)です。 ..いくつかの活動は費用がかかります。

AZ楽器博物館

毎週..アリゾナ楽器博物館で青少年のためのさまざまなイベントを訪れることができます。大家族を連れてくるのはおそらく費用効果があまり高くありませんが、子供が1〜2人いる場合は、間違いなく安価です。彼らのイベントページを見る ここ あなたの子供を連れて行く今後の機会のために。

緑の牧草地生乳

生乳はそのような栄養豊富な食品です。ここバレーでは、カサグランデのすぐ外にあるグリーンパスチュア生乳乳製品をチェックして、美しい牧草飼育のブラウンスイス牛を搾乳し、子牛を見る時間を設定できます。牛乳が牛からチラータンクに移動し、わずか数分で華氏35度まで冷えるのを見てください。

彼らがどのように彼らのミルクを瓶詰めし、あなたがそこにいる間にあなたと一緒に家に持ち帰るために1ガロンの新鮮なミルクを拾うかを調べてください!

レイクショアラーニング

フェニックスには2つの場所があり、それぞれ土曜日に3歳以上の子供向けのイベントがあります。イベントは午前11時から午後3時まで実行されます。

デザートリッジでの夏のスプラッシュデー

これらの日は6月上旬から7月中旬まで続きます&#8211ここに向かうことで彼らのイベントスケジュールをつかみます。

子供博物館

Bank of Americaの顧客/カード所有者の場合、毎月最初の完全な週末に無料入場を獲得してください。あなたはもっと読むことができます ここ.

キワニスレックセンター

テンペにあるキワニスレックセンターは、子供たちを午後に連れて行くのに最適な場所です。午後はウェーブプールに行き、午後半ばに参加して、よりお得な料金でお楽しみください。テーマの日数もあり、場合によっては入場料がさらに低くなります。

マコーミックスティルマン鉄道公園

スコッツデールにあるこの公園は、年間363日間営業しており、子供向けのチケットを購入できる乗り物があります。 3歳以下の子供は、料金を支払った大人と一緒に無料で乗車できます。ここは午後のピクニックにも最適な場所です。私の子供たちはたむろして鉄道展示をチェックするのが大好きです。こちらのサイトで詳細をご覧ください。

バーンズ&ノーブル

毎週のストーリータイムと特別な子供向けイベントについては、お近くの店舗で確認してください。カフェでも一口食べられます。詳細については、定期的なスケジュールを参照してください。

日本の友情の庭

彼らの最初の金曜日のイベントに参加してください 庭が開いている毎月第1金曜日は、午後4時から午後6時まで(春と夏は午後7時まで)実行されます。日本友好庭園では、生演奏やパフォーマンスなどをお楽しみいただけます。

グルーポンをチェック

グルーポンは、割引された子供向けのアクティビティを見つけるのに最適な場所になることがあります。映画からダンスクラス、科学博物館の会員資格など、あらゆるもののお得な情報を見つけることができる場合があります。

フェニックスの砂漠植物園

毎月第2火曜日の無料入場–家族(子供だけでも!)を連れて行くのに最適です

エンチャントアイランドアミューズメントパーク

1〜10歳の子供がいる場合は、エンチャントアイランドが最適です。彼らはボート、アーケードゲームなどを持っています..あなたの子供は電車で旅行をしたり、スプラッシュゾーン、赤い男爵やバンパーボートに向かうことができます。カルーセルがあるので、小さな子供にも最適です。乗り放題のリストバンドは子供が8.50ドルです。または..POGOパスをお持ちの場合は、4回無料でアクセスできます .

カルチャーパスを取得する

カルチャーパスは、図書館の顧客に、参加している芸術および文化機関の2人が無料で入場できるようにします。パスは先着順でご利用いただけます。更新することはできず、保留にすることもできません。

顧客は、家族ごとに一度に1パス、月に最大2パスに制限されています。参加機関を確認できます(17)ここに…次のものが含まれます。

メサキッズクラブのスーパースティションモール

これは毎週木曜日の午前10時です。お子様が参加すると、ピクチャーショーで無料で映画を見ることができます。このプログラムは夏の間は実行されないので、シーズンの最終日(5月のいつか)を確認してください。

ホール・イン・ザ・ロック、パパゴパーク

ホールインザロックは、砂漠植物園のすぐ南にあるパパゴパーク内にあります。 5分間のハイキングでは、周辺地域の美しさを見ることができます。

このエリアには、625 N.ガルビンパークウェイに向かって…フェニックス動物園のすぐ隣に…無料であるのは言うまでもなく、アクセスできます。子供連れの家族に最適です..そして子供との素晴らしい(短い)ハイキング。

リパリアンプリザーブ、ギルバート

私の子供たちは、グリーンフィールドのすぐ東にあるグアダルーペのイーストバレーにある保護区を訪れるのが大好きです。丘を上り下りするエリアがたくさんあり、保護区を歩き回ってアヒルやその他の野生生物を見ることができます。公立図書館(南東支部!)のすぐ隣にあるので、訪れるのに最適な場所です。あなたはピクニックを詰めることによってそれを本当にすてきな経験にすることができます。

ここフェニックスに子供がいる家族の場合は、POGOパスに投資することをお勧めします。コードを使用すると、12か月間20以上の会場に無料で入場できます。 CENTSABLE.


私たちの見解:コロナウイルス、「ジェパディ!」の勝者、死にゆく父親のための感動的なジェスチャーに応えて、地元の努力に賛成

いいぞ: 州、国、世界に広がるコロナウイルスのパンデミックは、社会計画を覆す以上のことを行っています。死亡、大量解雇、タンキング経済などにつながり、今後数週間でさえ停止の兆しは見られません。このコロナウイルスによって引き起こされる病気であるCOVID-19としても知られる危機は、おそらくこれまでに与えた中で最も簡単な「親指を立てる」ことに値するものです。ただし、地域レベルでの一部の回答は心強いものでした。そのため、現在キャロル郡で活動している人々に「親指を立てる」ことで、現在困難な時期を経験している多くの人々の状況を少しでも改善しています。

キャロル病院は、コロナウイルスのドライブアップテストを提供した州で最初の病院のようです。病院は、駐車場の3階に検体採取テントを設置し、コロナウイルスの疑いがあるがまだ症状が出ていない人を迅速に検査できるようにしています。収集されたこれらの標本は、分析のためにLabCorpに送信され、結果には3〜4日かかります。テストは、医師によってスクリーニングおよび紹介された個人のみが対象であることに注意してください。テントの営業時間は午前8時から午前10時まで、正午から午後6時までです。

学校は州全体で閉鎖されていますが、キャロル郡公立学校は18歳以下の子供に食事を提供しています。最良の部分は、CCPSに登録されているかどうかに関係なく、すべての人に食事を提供していることです。緊急食事配布プログラムは現在、朝食、昼食、夕食を提供しています。月曜日から金曜日まで営業しており、食事を受け取るには子供が立ち会う必要があります。

また、地元の飲食店は、持ち帰りや配達のオプションを追加または拡張することで、コロナウイルスのパンデミックの厳しい現実に適応しています。酒類販売免許保持者は先週そのアプローチに参加しました。酒類委員会の主任検査官であるキース・ベンファーは、キャロルの住民が「非常に不確実な未来」に直面しているため、地元企業から購入することを奨励しています。彼は私たちに次のように促していると言いました。地元企業を支援してください。」私たちは、彼が推奨するようにできるすべての地元住民に勧めます。これらの企業は私たちのサポートを必要としており、可能な限り最善の方法で安全を維持しながら、業務を継続するように適応しています。

いいぞ: ウェストミンスター高校の校長ジョン・ボーガーとアン・アランデル医療センターのスタッフは、先週の悲劇的な状況を最大限に活用するのを手伝いました。 Andrew Pawlack Jr.は、9人の子供の末っ子が高校を卒業するのを見たいと必死に思っていました。3月10日、ウェストミンスターのシニアSebastian Pawlackは、ボーガーの助けを借りて、ICUでの卒業を祝いました。医師は、アンドリュー・ポーラックに残り時間がほとんどないことを家族に明らかにしたので、セバスチャンの母親とアンドリューの元妻であるティナ・キング・ミリックは、午後6時頃にボーガーに電話をかけました。彼は8歳までに病院に行き、卒業証書と卒業証書を学校から持っていました。アンドリューは、校長が「威風堂々」と認めたセバスチャンの卒業式が姉妹の携帯電話で演奏されているのを見ることができました。アンドリューは、短い即興の式典の間中、身振りで示して微笑み、卒業式の贈り物として息子にトラックの鍵を渡しました。ボーガーはそれを「感動」と呼んだ。キング・ミリックは、ボーガーについて、「彼は悲しみを感じ、環境全体を変え、その瞬間のお祝いにした」と語った。彼女はまた、病院のスタッフの「素晴らしい」宿泊施設に感謝しました。アンドリューは2日後に亡くなりました。ポーラックの子供たちの医療費と葬儀費をgf.me/u/xqth38で支援するために、gofundmeアカウントが開設されました。

いいぞ: リバティ高校で得た知識を使って「ジェパディ!」で優勝したエルダーズバーグ出身の人を挙げてください。もちろん、質問の形で。答えはアンドレア・ドラガンです。彼は象徴的なクイズ番組のエピソードで19,000ドル以上の賞金を獲得し、かなり印象的なタイトルを獲得しました。 「そうです、私は現役の「ジェパディ!」チャンピオンです。これはおそらく、私が想像した中で最もクールなタイトルの1つです」と彼女は木曜日の朝のインタビューで語った。彼女は木曜日の放送で2位に終わったので、治世は短いものでしたが、記憶に残るものでした。 「最高のパフォーマンスを出したかったのですが、確かにそう感じました。」ドラガンは、ショーでの彼女の走りのハイライトは、進行中の癌との戦いの詳細を公に共有しているホストのアレックス・トレベックに会ったことだと語った。彼は「絶対に素晴らしく、本物の人で、非常に面白い」と語った。ドラガンは、彼女の勝利をブザーでの洞察力とリバティハイでの歴史の授業に帰した。長年の「ジェパディ!」ファンは夫と一緒に旅行して祝う予定ですが、COVID-19の世界的大流行による制限が解除されるまで待たなければなりません。


SNAの立法行動会議からの3つのポイント

学校栄養協会のメンバーは、事実上先週、SNAの立法行動会議に集まりました。参加者はUSDAの代表者から話を聞き、COVID-19のベストプラクティスと来年に見たい立法措置について仲間と話しました。イベントからの3つのポイントは次のとおりです。

1.USDAは学校給食の免除を延長しています

会議の早い段階で、米国農務省が夏の食事の免除を9月末まで延長し、学校が18歳以下の子供に無料で食事を提供し続けることができるようにすることが正式に発表されました。

最近確認された農務長官のトム・ビルサックは出席者に話し、USDAは現在次の学年度まで免除を延長することを検討していると述べた。 「私たちは、4月のいつかそれについていくつかの決定を下せるようになることを望んでいます」と彼は言います。 「この問題を詳細に検討し、より多くの情報を提供します。

2.P-EBTは拡大しています

USDAの児童栄養プログラムの副管理者代理サラ・スミス・ホームズは、パンデミック-EBT給付金107億ドルが、昨年春から2020年9月末まで低所得世帯に分配されたと発表しました。学校で無料または割引価格の食事を受け取る、この9月末に期限切れになるように設定されました。

木曜日にバイデン大統領が法に署名した最新のCOVID-19救済法案は、学校へのアクセスを引き起こす公衆衛生上の緊急事態が発生した学年中に子供にP-EBTを提供するプログラムを維持および拡大するために、50億ドルの資金を提供します。妥協する食事。

3.コミュニティのパートナーシップは、新しい通常の状態に移行します

COVIDで学んだ教訓に関するセッション中に、学校の栄養専門家は、過去1年間に直面した課題とベストプラクティスを共有しました。ミネソタ州レッドウィングにあるレッドウィング公立学校の学生栄養サービスのディレクターであるブレントンレックスボルドは、地元のフードパントリーと提携して、困っているコミュニティのメンバーに食糧を提供する方法と、パートナーシップがパンデミックを超えて続くと考える方法を共有しました。

「最終的には、将来的に彼らとのパートナーシップが見込まれます。学校の栄養プログラムを地元のフードパントリーと結び付けて、家族が見ている食糧不安を実際に開発しようと試みることができれば幸いです」と彼は言います。

カリフォルニア州サンファンカピストラーノのカピストラーノ統一公立学区のフードサービスディレクターであるクリスティンヒルマンは、地元の図書館などのコミュニティパートナーと協力して、学生や家族向けのブックドライブを開催したと述べ、コメントを繰り返しました。


時々、10代の若者は単にどこか楽しい場所に座って食べたいと思っています!ここに私たちのお気に入りのティーン向けのナッシュビルの飲食店のいくつかがあります:

  • ハッティBのホットチキン &#8211 10代の若者が鶏肉を熱くしないことを好む場合は、スパイスを使わずに単にフライドチキンであるサザンを注文してください。
  • ラブレスカフェ &#8211早く到着し、すべてのビスケットとジャムを食べます。
  • ビスケットラブ &#8211常に線がありますが、動きが速いです!
  • 薬局バーガー &#8211自家製クリームソーダもお試しください。
  • ヒューベイビー &#8211ナッシュビルで私のお気に入りのフライドポテト。
  • Mas Tacos Por Favor &#8211すべての10代がメキシコ人を愛しているからですよね?
  • ファイブポイントピザ &#8211そしてピザ!
  • Martin’s Bar-B-Que &#8211ナッシュビルの名作。
  • ファイブドーターズベーカリー &#8211朝、昼、夜の素晴らしいお菓子に!

子供をCOVID-19パンデミックの隠れた犠牲者にさせないでください

ニューヨーク、2020年4月9日– 「現在、世界は目に見えない敵との共通の闘いで団結しています。しかし、私たちの目はCOVID-19を回避または治療する方法にしっかりと焦点を合わせていますが、現在のパンデミックをはるかに超えて私たちに挑戦する深刻な結果、つまり隠れた影響はまだ頭に浮かびません。これは変更する必要があります。

“Not only are children and young people contracting COVID-19, they are also among its most severely impacted victims. Unless we act now to address the pandemic’s impacts on children, the echoes of COVID-19 will permanently damage our shared future.

“According to our analysis, 99 per cent of children and young people under 18 worldwide (2.34 billion) live in one of the 186 countries with some form of movement restrictions in place due to COVID-19. Sixty per cent of all children live in one of the 82 countries with a full (7%) or partial (53%) lockdown – accounting for 1.4 billion young lives.

“We know that, in any crisis, the young and the most vulnerable suffer disproportionately. This pandemic is no different. It is our responsibility to prevent suffering, save lives and protect the health of every child. We must also ensure that risk-informed decisions on COVID-19 control measures are made based on the best available evidence in order to minimize and prevent any collateral damage, and to provide mitigation measures so the damage is not lasting.

“This starts with resisting the temptation, in times of potential global recession, to deprioritize investment in our future. Increased investments now in education, child protection, health and nutrition, and water and sanitation will help the world reduce the damage caused by this crisis and avoid future crises. The world will open up again, and when that happens, the resilience of the weakest health systems will be the gauge of how well we will do against future threats.

“Countries and communities around the world must work together to address this crisis. As we have learned painfully in the past two months, until there is a vaccine, coronavirus anywhere is a threat to people everywhere. We need to act now to strengthen health systems, as well as other child-focused social services, to keep track with global development priorities, in every country around the world.

“This week, UNICEF is launching our global agenda for action to protect the most vulnerable children from harm. The agenda has six pillars: 1) Keep children healthy and safe 2) Reach vulnerable children with water, sanitation and hygiene 3) Keep children learning 4) Support families to cover their needs and care for their children 5) Protect children from violence, exploitation and abuse and 6) Protect refugee and migrant children, and those affected by conflict.

"Without urgent action, this health crisis risks becoming a child rights crisis. Only by working together, can we keep millions of girls and boys healthy, safe and learning.

“In 健康, COVID-19 has the potential to overwhelm fragile health systems in low- and middle-income countries and undermine many of the gains made in child survival, health, nutrition and development over the last several decades. But too many national healthcare systems were already struggling. Prior to the COVID-19 crisis, 32 per cent of children worldwide with pneumonia symptoms were not being taken to a health provider. What will happen when COVID-19 hits in full force? We’re already seeing disruptions in immunization services, threatening outbreaks of diseases for which there already exists a vaccine, such as polio, measles and cholera. Many more newborns, children, young people and pregnant mothers could be lost to non-coronavirus related causes if national healthcare systems, already under great strain, become completely overwhelmed. Likewise, many 栄養 programmes are disrupted or suspended, as are community programmes for the early detection and treatment of undernourished children. We need to act now to preserve and strengthen health and food systems in every country around the world.

“Likewise, protecting ourselves and others through proper handwashing and hygiene practices has never been more important. But for many children, basic water, sanitation and hygiene facilities remain out of reach. Globally, 40 per cent of the population, 3 billion people, still lack a basic handwashing facility with soap and water available at home – and this is as high as nearly three quarters of the population of the least developed countries. Let us ensure that every household, school, and health care facility has the means to a hygienic and healthy environment.

“In education, an entire generation of children have seen their education interrupted. Nationwide school closures have disrupted the education of more than 1.57 billion students – 91 per cent – worldwide. We know from previous shutdowns that schoolchildren, and especially girls, who are out of school for extended periods of time are much less likely to return when classrooms reopen. The closure of schools also eliminates access to school-based nutrition programmes, driving malnutrition rates upwards. An entire generation of students could suffer damage to their learning and potential. Redoubling our commitments to education, and our investments in it, has never been more urgent.

“The socio-economic impact of COVID-19 will be felt hardest by the world’s most vulnerable children. Many already live in poverty, and the consequences of COVID-19 response measures risk plunging them further into hardship. As millions of parents struggle to maintain their livelihoods and income, governments must scale up social protection measures – providing social safety nets and cash transfers, protecting jobs, working with employers to support working parents, and prioritizing policies that connect families to life-saving health care, nutrition and education.

“We know from previous health emergencies that children are at heightened risk of exploitation, violenceabuse when schools are closed, social services are interrupted, and movement is restricted. For example, school closures during the Ebola outbreak in West Africa from 2014 to 2016 resulted in spikes in child labor, neglect, sexual abuse and teenage pregnancies. And the most common form of violence children face takes place in the home. In a majority of countries, more than 2 in 3 children are subjected to violent discipline by caregivers. What happens when those children can’t leave home, cut off from teachers, friends, or protection services? And as millions of children turn to digital technology for a path to the outside world, how do we keep them safe from the risks and potential harmful consequences online? A social movement to stamp out violence and abuse of children, mirroring the movement to stamp out the violence experienced by women, is essential. The sooner it gets underway, the better our world will be.

“Children already living through humanitarian crises must also not be forgotten during the COVID-19 response. 2020 was already set to be a year with more people than ever before in need of humanitarian assistance, and the vulnerabilities of children in crisis-affected countries will persist and likely be further compounded by the consequences of this pandemic, exposing them to a double jeopardy. The Secretary-General has launched a Global Humanitarian Response Plan for COVID-19. It is up to the global community to come together in support of the most vulnerable children – those torn from their families and homes – to uphold their rights and protect them from the spread of the virus.

“Finally, defending children in the midst of this crisis means ensuring the availability and accessibility of life-saving supplies such as medicines, vaccines, sanitation and education supplies. The current COVID-19 outbreak is applying pressure on global manufacturer production and on logistics, and we are working with businesses on the production and procurement of essential commodities with fair distribution in mind. We want to support countries – particularly those with health systems under strain – to have equal access to supplies to fight COVID-19. We also need to make sure that travel restrictions, export bans and the current pressure on production capacity does not prevent us from sourcing and shipping essential supplies to support our interventions in health, education, and water and sanitation programmes, and in support of our humanitarian response.

“While we are currently focused during this lockdown period on the immediate concern of keeping ourselves and our loved ones healthy, we must also remember the millions of children who risk becoming the forgotten victims of this pandemic. What their world looks like tomorrow, and what their futures ultimately look like, is also our responsibility today.

Notes to editors:

UNICEF spokespeople are available for interviews related to aspects of the agenda:


'It takes a huge amount of stress off': Vancouver restaurant owner reacts to employee vaccine eligibility

The news that Vancouver Coastal Health had extended COVID-19 vaccine eligibility to all hospitality and restaurant workers across the health authority came as a welcome announcement for Justin Tisdall.

The co-owner and operator of Juke Fried Chicken, Chickadee and Beetbox received the news in his email inbox on Thursday.

"I think the minute I got that email I forwarded everything to our staff contact list," he says. "[Being immunized isn't] mandatory for our team, but we're definitely telling people, 'We strongly suggest that you get the vaccine.'"

VCH announced May 6 that it would be expanding its vaccine rollout for priority front-line workers aged 18 or older through the Provincial Vaccination Program. Among those now designated as front-line and essential workers are "employees at identified at-risk businesses," educational staff working with students in Kindergarten through to Grade 12, first responders, child-care providers and grocery store workers, including those working in the restaurant industry.

Now, Tisdall says the majority of his approximately 35 employees across the trio of businesses have booked an appointment to receive their shots this week.

The team behind Juke Fried Chicken, Chickadee and Beetbox is largely comprised of 20- to 35-year-olds, Tisdall explains, meaning the employees who choose to receive a vaccine will be administered the shots weeks earlier than their non-front-line-worker counterparts. Currently, VCH's age-group-based vaccine rollout is inviting members of the general public aged 46 and up to book appointments.

The reaction from staff "was overwhelmingly positive," says Tisdall. "Everyone I spoke to personally seemed very into it."

It's a sentiment that Tisdall shares himself. "Mentally it takes a huge amount of stress off us, that's been wearing on us constantly for the past year and a half," he said. "It doesn't mean we take our foot off the gas at all&mdash we still practise all our safety measures&mdash but I just think it gives us another layer of protection that we haven't necessarily had in a high-contact industry."

He adds, "If restaurant workers are vaccinated and they open up dining rooms again, it just means that we can get a little bit closer to where normal was."

The partial protection that accompanies the vaccine's first dose is serving as a light at the end of the tunnel for B.C.'s restaurant industry, after enduring a series of pandemic-related challenges since last spring, from bans on indoor dining to being tasked with enforcing customers' mask-wearing.

While Juke, Chickadee and Beetbox have successfully evaded any major outbreaks, they did have one staff member test positive for COVID-19 last year, while on days off. Though health officials told the restaurants there was no need to shut down following the single case, "we decided to close for public safety, so we could make sure everyone on our staff was healthy, that we weren't transmitting anything. We thought it was the best decision for basically everybody," Tisdall recalls.

That said, one of the restaurateur and his business partners' main challenges throughout the last 14 months was ensuring their staff's safety "at all costs," says Tisdall. "That's our number one priority. Without staff, we can't service people."

Additionally, "Many of our staff live with their parents&mdashyou know, people have family members who are immunocompromised, so our big thing was just making sure we can make them as safe as possible."

With his own vaccine appointment just days away, he added, "I've got two kids under two-and-a-half at home, and being in close proximity with people on a daily basis, it just makes me feel more at ease."