カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

ワインで作った3つの素晴らしいビール

ワインで作った3つの素晴らしいビール



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

「良いワインを作るには、たくさんの良いビールが必要です」というフレーズを聞いたことがあるでしょう。これは、ワインメーカーの昔ながらの仕事帰りのリフレッシュメントへの言及です。最近、古いワインメーカーのやり方(つまり、木材の熟成、野生酵母、コルクとワイヤーの閉鎖)を採用している現代のクラフトビール醸造所のおかげで、ビールとワインの境界線はおいしくぼやけています。これらの結果として得られる醸造の最高のものは?より乾燥し、より複雑で、時には魅力的に酸性で、バランスの取れた甘さ…そして全体的に、より深い味わい。

それだけでも歓迎すべき角度です。しかし現在、世界中の少数のクラフトビール醸造所が実際のワイングレープジュースをビールに使用しています。そして、なぜですか?古代のお酒は、他の発酵性の天然フルーツシュガーやスパイスの中でも、ブドウと穀物をブレンドすることがよくありました。現代版で最も人気のあるもののいくつかは、ベルギーのカンティヨンで醸造され、ブリュッセルのMoeder Lambicのような有名なビールバーのセラーに貯蔵され、米国の秘密の水飲み場が点在している珍しいものです。しかし、ジャンルを超えた最高のビールを試すために海外に飛ぶ必要はありません。 750mlで約15ドルから20ドルの範囲の、私たちのお気に入りのビールとワインのハイブリッドの3つを読んでください。

貴腐
Dogfish Head Craft Brewed Ales / Rehoboth、Del。

淡いが十分に強い(9%ABV)スパイシーなセゾンスタイルのビールに、高糖度のピノグリのジュースと、ボトリチス(別名「貴腐」)と呼ばれる慈悲深い真菌の影響を受けたヴィオニエをブレンドしました。ソーテルヌのようなデザートワイン用ブドウで高く評価されているこの貴腐は、ブドウを強め、脱水し、豊かな風味をもたらします。 ((ハナミズキの頭)

つる2011
カスケードバレルハウス/オレゴン州ポートランド。

この酸っぱい9.2%のABVエールは、フレンチオークとアメリカンオークで1年間熟成させたゴールデンエールをブレンドし、さらに3か月間、白ワイン用ブドウのジュースで発酵させて、タルト熟成ビールをまろやかに仕上げます。品種?厳重に守られた秘密。 ((カスケードバレルハウス)

グーズビグネロンヌ
ブラッセリーカンティヨン/ベルギー、ブリュッセル

カンティヨンの愛想の良い家長ジャンピエールヴァンロイは、1973年にクラシックなタルトのベルギーランビックスタイルのビールと白ワイングレープジュースのブレンドを開始しました。今日、彼の息子でヘッドブレンダーのジャンがトーチを運んでいます。毎年秋にこのビールを作るために、家族は1,000キロの甘いイタリアのマスカットブドウを輸入して、ブルゴーニュの樽で2年熟成させた有機ランビックビールとブレンドします。 ((シェルトンブラザーズ)

The Daily Sipの詳細については、ここをクリックしてください。


コンコードグレープワインのレシピ

コンコードブドウは、最も人気のあるネイティブアメリカンのブドウです。コンコードブドウは、ワイン、ゼリー、ジャム、タルトの製造に使用されます。いろいろな Vitis Labrusca、コンコードブドウはヨーロッパのブドウを破壊する多くの病気に耐性があります、 ヴィティスヴィニフェラ 彼らは最初に ビニフェラ 挿し木は昆虫や病気と戦うために接ぎ木され、ハイブリッドを生産するためにヨーロッパの株との交雑に成功した最初のものでした。これらの雑種の中で最も注目に値するのはフランス系アメリカ人ですが、ドイツ、スペイン、ポルトガル、低地、バルト海のブドウでも交配が行われました。得られたブドウの木は丈夫で、良い収穫量を生み出します。

しかし、コンコードは、そのハイブリッドでさえ、純粋な天然糖を大量に含むことはめったにありません。 ヴィニフェラ 品種が含まれています。それらはまたより多くのペクチンと酸を含み、それらのワインは一部の人にとって不快な麝香の香りをしみ出させるかもしれません。これらの理由から、ジュースは常に砂糖を加えて強化され、ほとんどの場合、酸のバランスをとるために水で希釈され、ペクチン酵素で処理されて透明になります。また、自然のムスキネスに対抗するために、特定の芳香性ハーブまたはスパイスでわずかに風味付けされる場合があります。

以下の3つのレシピが含まれています。最初のものは辛口のワインを生産するので、辛口のワインに偏っていない場合は、瓶詰めする前に少し甘くすることをお勧めします。 2つ目はわずかに希釈されており、生産するにはさらに多くのブドウが必要ですが、コクのある甘いデザートワインになります。両方のワインは、最終的な甘味と瓶詰めの前に、市販の安定剤(ソルビトールなど)または1ガロンあたり小さじ1/2杯のソルビン酸カリウムと砕いたキャンプデンタブレットのいずれかで安定させる必要があります。最終甘味料は いつも 2部の砂糖を1部の沸騰したお湯に溶かし、放冷することで達成されます。このシロップは透明でなければならないので、砂糖のすべての顆粒が溶解するまでかき混ぜます。 3番目のレシピは、最初のバッチのワインのブドウ果肉を使用して作られた「セカンドワイン」です。ブドウの濃縮物は、ボディとワインの品質を提供するために追加されます。

ワインに芳香剤を加えたい場合は、アニス、ビターアーモンド、カモミール、カルダモン、シナモン、クローブ、コリアンダー、ジュニパーベリー、ナツメグ全体、フレッシュローズマリー、サフラン、セージ、サマーセイボリー、タイム、トンカ豆、ウッドラフ、またはバニラ豆。行う いいえ 挽いたスパイスを使用しますが、葉、種子、またはシナモンの場合は樹皮を使用します。細かいメッシュのゼリーバッグに一定量(ほとんどの場合、ガロンあたり大さじ1杯、またはナツメグ、トンカ豆、バニラ豆2杯)を入れ、結んで、一次発酵中のみマストに入れます。廃棄する前に静かに絞ってください。

砂糖を加えて比重を上げる場合、大さじ8オンス未満の場合、1ガロンの比重は0.010になります。ブドウワインの場合、12.7%のアルコール含有量を達成するには、最初の比重が常に少なくとも1.095である必要がありますが、ワインを保存するには12%が必要です。ただし、これは、ラッキング中に失われる液体がほとんどないことを前提としています。これは悪い仮定です。したがって、1.105の開始比重から始めるのが賢明です。これは、理想的な状況下では、14.1体積%のアルコールを生成します。ラッキング中に液体が失われるため、完成した数値は12.7%に近くなります。

コンコードグレープワインは、飲む準備ができていると見なされる前に、ボトルで2年熟成する必要があります。ワインが年齢とともにどれほど大きく向上するかは、初心者を常に驚かせます。 1年後にひどいワインは1年後には楽しく、3年目には素晴らしいワインになります。したがって、従うべき最善の計画は、毎年一定量(3〜5ガロン)を作り、ボトルを冷暗所のクローゼットに横に置き、3年目のワイン造りを始めるまで飲むことを忘れることです。それでも、あなたはそれらをさらに老化させたいかもしれません。 1つだけ覚えておいてください。1ガロンのワインを保管するには750mlのワインボトルが5本必要です。5ガロンを保管するには25本のボトルが必要です。


コンコードグレープワインのレシピ

コンコードブドウは、最も人気のあるネイティブアメリカンのブドウです。コンコードブドウは、ワイン、ゼリー、ジャム、タルトの製造に使用されます。いろいろな Vitis Labrusca、コンコードブドウはヨーロッパのブドウを破壊する多くの病気に耐性があります、 ヴィティスヴィニフェラ 彼らは最初に ヴィニフェラ 挿し木は昆虫や病気と戦うために接ぎ木され、ハイブリッドを生産するためにヨーロッパの株との交雑に成功した最初のものでした。これらの雑種の中で最も注目に値するのはフランス系アメリカ人ですが、ドイツ、スペイン、ポルトガル、低地、バルト海のブドウでも交配が行われました。得られたブドウの木は丈夫で、良い収穫量を生み出します。

しかし、コンコードは、そのハイブリッドでさえ、純粋な天然糖を大量に含むことはめったにありません。 ヴィニフェラ 品種が含まれています。それらはまたより多くのペクチンと酸を含み、それらのワインは一部の人にとって不快な麝香の香りをしみ出させるかもしれません。これらの理由から、ジュースは常に砂糖を加えて強化され、ほとんどの場合、酸のバランスをとるために水で希釈され、ペクチン酵素で処理されて透明になります。また、自然のムスキネスに対抗するために、特定の芳香性ハーブまたはスパイスでわずかに風味付けされる場合があります。

以下の3つのレシピが含まれています。最初のものは辛口のワインを生産するので、辛口のワインに偏っていない場合は、瓶詰めする前に少し甘くすることをお勧めします。 2つ目はわずかに希釈されており、生産するにはさらに多くのブドウが必要ですが、コクのある甘いデザートワインになります。両方のワインは、最終的な甘味と瓶詰めの前に、市販の安定剤(ソルビトールなど)または1ガロンあたり小さじ1/2杯のソルビン酸カリウムと砕いたキャンプデンタブレットのいずれかで安定させる必要があります。最終甘味料は いつも 2部の砂糖を1部の沸騰したお湯に溶かし、放冷することで達成されます。このシロップは透明でなければならないので、砂糖のすべての顆粒が溶解するまでかき混ぜます。 3番目のレシピは、最初のバッチのワインのブドウ果肉を使用して作られた「セカンドワイン」です。ブドウの濃縮物は、ボディとワインの品質を提供するために追加されます。

ワインに芳香剤を加えたい場合は、アニス、ビターアーモンド、カモミール、カルダモン、シナモン、クローブ、コリアンダー、ジュニパーベリー、ナツメグ全体、フレッシュローズマリー、サフラン、セージ、サマーセイボリー、タイム、トンカ豆、ウッドラフ、またはバニラ豆。行う いいえ 挽いたスパイスを使用しますが、葉、種子、またはシナモンの場合は樹皮を使用します。細かいメッシュのゼリーバッグに一定量(ほとんどの場合、ガロンあたり大さじ1杯、またはナツメグ、トンカ豆、バニラ豆2杯)を入れ、結んで、一次発酵中のみマストに入れます。廃棄する前に静かに絞ってください。

砂糖を加えて比重を上げる場合、大さじ8オンス未満の場合、1ガロンの比重は0.010になります。ブドウワインの場合、12.7%のアルコール含有量を達成するには、最初の比重が常に少なくとも1.095である必要がありますが、ワインを保存するには12%が必要です。ただし、これは、ラッキング中に失われる液体がほとんどないことを前提としています。これは悪い仮定です。したがって、1.105の開始比重から始めるのが賢明です。これは、理想的な状況下では、14.1体積%のアルコールを生成します。ラッキング中に液体が失われるため、完成した数値は12.7%に近くなります。

コンコードグレープワインは、飲む準備ができていると見なされる前に、ボトルで2年熟成する必要があります。ワインが年齢とともにどれほど大きく向上するかは、初心者を常に驚かせます。 1年後にひどいワインは1年後には楽しく、3年目には素晴らしいワインになります。したがって、従うべき最善の計画は、毎年一定量(3〜5ガロン)を作り、ボトルを冷暗所のクローゼットに横に置き、3年目のワイン造りを始めるまで飲むことを忘れることです。それでも、あなたはそれらをさらに老化させたいかもしれません。 1つだけ覚えておいてください。1ガロンのワインを保管するには750mlのワインボトルが5本必要です。5ガロンを保管するには25本のボトルが必要です。


コンコードグレープワインのレシピ

コンコードブドウは、最も人気のあるネイティブアメリカンのブドウです。コンコードブドウは、ワイン、ゼリー、ジャム、タルトの製造に使用されます。いろいろな Vitis Labrusca、コンコードブドウはヨーロッパのブドウを破壊する多くの病気に耐性があります、 ヴィティスヴィニフェラ 彼らは最初に ヴィニフェラ 挿し木は昆虫や病気と戦うために接ぎ木され、ハイブリッドを生産するためにヨーロッパの株との交雑に成功した最初のものでした。これらの雑種の中で最も注目に値するのはフランス系アメリカ人ですが、ドイツ、スペイン、ポルトガル、低地、バルト海のブドウでも交配が行われました。得られたブドウの木は丈夫で、良い収穫量を生み出します。

しかし、コンコードは、そのハイブリッドでさえ、純粋な天然糖を大量に含むことはめったにありません。 ビニフェラ 品種が含まれています。それらはまたより多くのペクチンと酸を含み、それらのワインは一部の人にとって不快な麝香の香りをしみ出させるかもしれません。これらの理由から、ジュースは常に砂糖を加えて強化され、ほとんどの場合、酸のバランスをとるために水で希釈され、ペクチン酵素で処理されて透明になります。また、自然のムスキネスに対抗するために、特定の芳香性ハーブまたはスパイスでわずかに風味付けされる場合があります。

以下の3つのレシピが含まれています。最初のものは辛口のワインを生産するので、辛口のワインに偏っていない場合は、瓶詰めする前に少し甘くすることをお勧めします。 2つ目はわずかに希釈されており、生産するにはさらに多くのブドウが必要ですが、コクのある甘いデザートワインになります。両方のワインは、最終的な甘味と瓶詰めの前に、市販の安定剤(ソルビトールなど)または1ガロンあたり小さじ1/2杯のソルビン酸カリウムと砕いたキャンプデンタブレットのいずれかで安定させる必要があります。最終甘味料は いつも 2部の砂糖を1部の沸騰したお湯に溶かし、放冷することで達成されます。このシロップは透明でなければならないので、砂糖のすべての顆粒が溶解するまでかき混ぜます。 3番目のレシピは、最初のバッチのワインのブドウ果肉を使用して作られた「セカンドワイン」です。ブドウの濃縮物は、ボディとワインの品質を提供するために追加されます。

ワインに芳香剤を加えたい場合は、アニス、ビターアーモンド、カモミール、カルダモン、シナモン、クローブ、コリアンダー、ジュニパーベリー、ナツメグ全体、フレッシュローズマリー、サフラン、セージ、サマーセイボリー、タイム、トンカ豆、ウッドラフ、またはバニラ豆。行う いいえ 挽いたスパイスを使用しますが、葉、種子、またはシナモンの場合は樹皮を使用します。細かいメッシュのゼリーバッグに一定量(ほとんどの場合、ガロンあたり大さじ1杯、またはナツメグ、トンカ豆、バニラ豆2杯)を入れ、結んで、一次発酵中のみマストに入れます。廃棄する前に静かに絞ってください。

砂糖を加えて比重を上げる場合、大さじ8オンス未満の場合、1ガロンの比重は0.010になります。ブドウワインの場合、12.7%のアルコール含有量を達成するには、最初の比重が常に少なくとも1.095である必要がありますが、ワインを保存するには12%が必要です。ただし、これは、ラッキング中に失われる液体がほとんどないことを前提としています。これは悪い仮定です。したがって、1.105の開始比重から始めるのが賢明です。これは、理想的な状況下では、14.1体積%のアルコールを生成します。ラッキング中に液体が失われるため、完成した数値は12.7%に近くなります。

コンコードグレープワインは、飲む準備ができていると見なされる前に、ボトルで2年熟成する必要があります。ワインが年齢とともにどれほど大きく向上するかは、初心者を常に驚かせます。 1年後にひどいワインは1年後には楽しく、3年目には素晴らしいワインになります。したがって、従うべき最善の計画は、毎年一定量(3〜5ガロン)を作り、ボトルを冷暗所のクローゼットに横に置き、3年目のワイン造りを始めるまで飲むことを忘れることです。それでも、あなたはそれらをさらに老化させたいかもしれません。 1つだけ覚えておいてください。1ガロンのワインを保管するには750mlのワインボトルが5本必要です。5ガロンを保管するには25本のボトルが必要です。


コンコードグレープワインのレシピ

コンコードブドウは、最も人気のあるネイティブアメリカンのブドウです。コンコードブドウは、ワイン、ゼリー、ジャム、タルトの製造に使用されます。いろいろな Vitis Labrusca、コンコードブドウはヨーロッパのブドウを破壊する多くの病気に耐性があります、 ヴィティスヴィニフェラ 彼らは最初に ヴィニフェラ 挿し木は昆虫や病気と戦うために接ぎ木され、ハイブリッドを生産するためにヨーロッパの株との交雑に成功した最初のものでした。これらの雑種の中で最も注目に値するのはフランス系アメリカ人ですが、ドイツ、スペイン、ポルトガル、低地、バルト海のブドウでも交配が行われました。得られたブドウの木は丈夫で、良い収穫量を生み出します。

しかし、コンコードは、そのハイブリッドでさえ、純粋な天然糖を大量に含むことはめったにありません。 ビニフェラ 品種が含まれています。それらはまたより多くのペクチンと酸を含み、それらのワインは一部の人にとって不快な麝香の香りをしみ出させるかもしれません。これらの理由から、ジュースは常に砂糖を加えて強化され、ほとんどの場合、酸のバランスをとるために水で希釈され、ペクチン酵素で処理されて透明になります。また、自然のムスキネスに対抗するために、特定の芳香性ハーブまたはスパイスでわずかに風味付けされる場合があります。

以下の3つのレシピが含まれています。最初のものは辛口のワインを生産するので、辛口のワインに偏っていない場合は、瓶詰めする前に少し甘くすることをお勧めします。 2つ目はわずかに希釈されており、生産するにはさらに多くのブドウが必要ですが、コクのある甘いデザートワインになります。両方のワインは、最終的な甘味と瓶詰めの前に、市販の安定剤(ソルビトールなど)または1ガロンあたり小さじ1/2杯のソルビン酸カリウムと砕いたキャンプデンタブレットのいずれかで安定させる必要があります。最終甘味料は いつも 2部の砂糖を1部の沸騰したお湯に溶かし、放冷することで達成されます。このシロップは透明でなければならないので、砂糖のすべての顆粒が溶解するまでかき混ぜます。 3番目のレシピは、最初のバッチのワインのブドウ果肉を使用して作られた「セカンドワイン」です。ブドウの濃縮物は、ボディとワインの品質を提供するために追加されます。

ワインに芳香剤を加えたい場合は、アニス、ビターアーモンド、カモミール、カルダモン、シナモン、クローブ、コリアンダー、ジュニパーベリー、ナツメグ全体、フレッシュローズマリー、サフラン、セージ、サマーセイボリー、タイム、トンカ豆、ウッドラフ、またはバニラ豆。行う いいえ 挽いたスパイスを使用しますが、葉、種子、またはシナモンの場合は樹皮を使用します。細かいメッシュのゼリーバッグに一定量(ほとんどの場合、ガロンあたり大さじ1杯、またはナツメグ、トンカ豆、バニラ豆2杯)を入れ、結んで、一次発酵中のみマストに入れます。廃棄する前に静かに絞ってください。

砂糖を加えて比重を上げる場合、大さじ8オンス未満の場合、1ガロンの比重は0.010になります。ブドウワインの場合、12.7%のアルコール含有量を達成するには、最初の比重が常に少なくとも1.095である必要がありますが、ワインを保存するには12%が必要です。ただし、これは、ラッキング中に失われる液体がほとんどないことを前提としています。これは悪い仮定です。したがって、1.105の開始比重から始めるのが賢明です。これは、理想的な状況下では、14.1体積%のアルコールを生成します。ラッキング中に液体が失われるため、完成した数値は12.7%に近くなります。

コンコードグレープワインは、飲む準備ができていると見なされる前に、ボトルで2年熟成する必要があります。ワインが年齢とともにどれほど大きく向上するかは、初心者を常に驚かせます。 1年後にひどいワインは1年後には楽しく、3年目には素晴らしいワインになります。したがって、従うべき最善の計画は、毎年一定量(3〜5ガロン)を作り、ボトルを冷暗所のクローゼットに横に置き、3年目のワイン造りを始めるまで飲むことを忘れることです。それでも、あなたはそれらをさらに老化させたいかもしれません。 1つだけ覚えておいてください。1ガロンのワインを保管するには750mlのワインボトルが5本必要です。5ガロンを保管するには25本のボトルが必要です。


コンコードグレープワインのレシピ

コンコードブドウは、最も人気のあるネイティブアメリカンのブドウです。コンコードブドウは、ワイン、ゼリー、ジャム、タルトの製造に使用されます。いろいろな Vitis Labrusca、コンコードブドウはヨーロッパのブドウを破壊する多くの病気に耐性があります、 ヴィティスヴィニフェラ 彼らは最初に ビニフェラ 挿し木は昆虫や病気と戦うために接ぎ木され、ハイブリッドを生産するためにヨーロッパの株との交雑に成功した最初のものでした。これらの雑種の中で最も注目に値するのはフランス系アメリカ人ですが、ドイツ、スペイン、ポルトガル、低地、バルト海のブドウでも交配が行われました。得られたブドウの木は丈夫で、良い収穫量を生み出します。

しかし、コンコードは、そのハイブリッドでさえ、純粋な天然糖を大量に含むことはめったにありません。 ビニフェラ 品種が含まれています。それらはまたより多くのペクチンと酸を含み、それらのワインは一部の人にとって不快な麝香の香りをしみ出させるかもしれません。これらの理由から、ジュースは常に砂糖を加えて強化され、ほとんどの場合、酸のバランスをとるために水で希釈され、ペクチン酵素で処理されて透明になります。また、自然のムスキネスに対抗するために、特定の芳香性ハーブまたはスパイスでわずかに風味付けされる場合があります。

以下の3つのレシピが含まれています。最初のものは辛口のワインを生産するので、辛口のワインに偏っていない場合は、瓶詰めする前に少し甘くすることをお勧めします。 2つ目はわずかに希釈されており、生産するにはさらに多くのブドウが必要ですが、コクのある甘いデザートワインになります。両方のワインは、最終的な甘味と瓶詰めの前に、市販の安定剤(ソルビトールなど)または1ガロンあたり小さじ1/2杯のソルビン酸カリウムと砕いたキャンプデンタブレットのいずれかで安定させる必要があります。最終甘味料は いつも 2部の砂糖を1部の沸騰したお湯に溶かし、放冷することで達成されます。このシロップは透明でなければならないので、砂糖のすべての顆粒が溶解するまでかき混ぜます。 3番目のレシピは、最初のバッチのワインのブドウ果肉を使用して作られた「セカンドワイン」です。ブドウの濃縮物は、ボディとワインの品質を提供するために追加されます。

ワインに芳香剤を加えたい場合は、アニス、ビターアーモンド、カモミール、カルダモン、シナモン、クローブ、コリアンダー、ジュニパーベリー、ナツメグ全体、フレッシュローズマリー、サフラン、セージ、サマーセイボリー、タイム、トンカ豆、ウッドラフ、またはバニラ豆。行う いいえ 挽いたスパイスを使用しますが、葉、種子、またはシナモンの場合は樹皮を使用します。細かいメッシュのゼリーバッグに一定量(ほとんどの場合、ガロンあたり大さじ1杯、またはナツメグ、トンカ豆、バニラ豆2杯)を入れ、結んで、一次発酵中のみマストに入れます。廃棄する前に静かに絞ってください。

砂糖を加えて比重を上げる場合、大さじ8オンス未満の場合、1ガロンの比重は0.010になります。ブドウワインの場合、12.7%のアルコール含有量を達成するには、最初の比重が常に少なくとも1.095である必要がありますが、ワインを保存するには12%が必要です。ただし、これは、ラッキング中に失われる液体がほとんどないことを前提としています。これは悪い仮定です。したがって、1.105の開始比重から始めるのが賢明です。これは、理想的な状況下では、14.1体積%のアルコールを生成します。ラッキング中に液体が失われるため、完成した数値は12.7%に近くなります。

コンコードグレープワインは、飲む準備ができていると見なされる前に、ボトルで2年熟成する必要があります。ワインが年齢とともにどれほど大きく向上するかは、初心者を常に驚かせます。 1年後にひどいワインは1年後には楽しく、3年目には素晴らしいワインになります。したがって、従うべき最善の計画は、毎年一定量(3〜5ガロン)を作り、ボトルを冷暗所のクローゼットに横に置き、3年目のワイン造りを始めるまで飲むことを忘れることです。それでも、あなたはそれらをさらに老化させたいかもしれません。 1つだけ覚えておいてください。1ガロンのワインを保管するには750mlのワインボトルが5本必要です。5ガロンを保管するには25本のボトルが必要です。


コンコードグレープワインのレシピ

コンコードブドウは、最も人気のあるネイティブアメリカンのブドウです。コンコードブドウは、ワイン、ゼリー、ジャム、タルトの製造に使用されます。いろいろな Vitis Labrusca、コンコードブドウはヨーロッパのブドウを破壊する多くの病気に耐性があります、 ヴィティスヴィニフェラ 彼らは最初に ビニフェラ 挿し木は昆虫や病気と戦うために接ぎ木され、ハイブリッドを生産するためにヨーロッパの株との交雑に成功した最初のものでした。これらの雑種の中で最も注目に値するのはフランス系アメリカ人ですが、ドイツ、スペイン、ポルトガル、低地、バルト海のブドウでも交配が行われました。得られたブドウの木は丈夫で、良い収穫量を生み出します。

しかし、コンコードは、そのハイブリッドでさえ、純粋な天然糖を大量に含むことはめったにありません。 ヴィニフェラ 品種が含まれています。それらはまたより多くのペクチンと酸を含み、それらのワインは一部の人にとって不快な麝香の香りをしみ出させるかもしれません。これらの理由から、ジュースは常に砂糖を加えて強化され、ほとんどの場合、酸のバランスをとるために水で希釈され、ペクチン酵素で処理されて透明になります。また、自然のムスキネスに対抗するために、特定の芳香性ハーブまたはスパイスでわずかに風味付けされる場合があります。

以下の3つのレシピが含まれています。最初のものは辛口のワインを生産するので、辛口のワインに偏っていない場合は、瓶詰めする前に少し甘くすることをお勧めします。 2つ目はわずかに希釈されており、生産するにはさらに多くのブドウが必要ですが、コクのある甘いデザートワインになります。両方のワインは、最終的な甘味と瓶詰めの前に、市販の安定剤(ソルビトールなど)または1ガロンあたり小さじ1/2杯のソルビン酸カリウムと砕いたキャンプデンタブレットのいずれかで安定させる必要があります。最終甘味料は いつも 2部の砂糖を1部の沸騰したお湯に溶かし、放冷することで達成されます。このシロップは透明でなければならないので、砂糖のすべての顆粒が溶解するまでかき混ぜます。 3番目のレシピは、最初のバッチのワインのブドウ果肉を使用して作られた「セカンドワイン」です。ブドウの濃縮物は、ボディとワインの品質を提供するために追加されます。

ワインに芳香剤を加えたい場合は、アニス、ビターアーモンド、カモミール、カルダモン、シナモン、クローブ、コリアンダー、ジュニパーベリー、ナツメグ全体、フレッシュローズマリー、サフラン、セージ、サマーセイボリー、タイム、トンカ豆、ウッドラフ、またはバニラ豆。行う いいえ 挽いたスパイスを使用しますが、葉、種子、またはシナモンの場合は樹皮を使用します。細かいメッシュのゼリーバッグに一定量(ほとんどの場合、ガロンあたり大さじ1杯、またはナツメグ、トンカ豆、バニラ豆2杯)を入れ、結んで、一次発酵中のみマストに入れます。廃棄する前に静かに絞ってください。

砂糖を加えて比重を上げる場合、大さじ8オンス未満の場合、1ガロンの比重は0.010になります。ブドウワインの場合、12.7%のアルコール含有量を達成するには、最初の比重が常に少なくとも1.095である必要がありますが、ワインを保存するには12%が必要です。ただし、これは、ラッキング中に失われる液体がほとんどないことを前提としています。これは悪い仮定です。したがって、1.105の開始比重から始めるのが賢明です。これは、理想的な状況下では、14.1体積%のアルコールを生成します。ラッキング中に液体が失われるため、完成した数値は12.7%に近くなります。

コンコードグレープワインは、飲む準備ができていると見なされる前に、ボトルで2年熟成する必要があります。ワインが年齢とともにどれほど大きく向上するかは、初心者を常に驚かせます。 1年後にひどいワインは1年後には楽しく、3年目には素晴らしいワインになります。したがって、従うべき最善の計画は、毎年一定量(3〜5ガロン)を作り、ボトルを冷暗所のクローゼットに横に置き、3年目のワイン造りを始めるまで飲むことを忘れることです。それでも、あなたはそれらをさらに老化させたいかもしれません。 1つだけ覚えておいてください。1ガロンのワインを保管するには750mlのワインボトルが5本必要です。5ガロンを保管するには25本のボトルが必要です。


コンコードグレープワインのレシピ

コンコードブドウは、最も人気のあるネイティブアメリカンのブドウです。コンコードブドウは、ワイン、ゼリー、ジャム、タルトの製造に使用されます。いろいろな Vitis Labrusca、コンコードブドウはヨーロッパのブドウを破壊する多くの病気に耐性があります、 ヴィティスヴィニフェラ 彼らは最初に ヴィニフェラ 挿し木は昆虫や病気と戦うために接ぎ木され、ハイブリッドを生産するためにヨーロッパの株との交雑に成功した最初のものでした。これらの雑種の中で最も注目に値するのはフランス系アメリカ人ですが、ドイツ、スペイン、ポルトガル、低地、バルト海のブドウでも交配が行われました。得られたブドウの木は丈夫で、良い収穫量を生み出します。

しかし、コンコードは、そのハイブリッドでさえ、純粋な天然糖を大量に含むことはめったにありません。 ヴィニフェラ 品種が含まれています。それらはまたより多くのペクチンと酸を含み、それらのワインは一部の人にとって不快な麝香の香りをしみ出させるかもしれません。これらの理由から、ジュースは常に砂糖を加えて強化され、ほとんどの場合、酸のバランスをとるために水で希釈され、ペクチン酵素で処理されて透明になります。また、自然のムスキネスに対抗するために、特定の芳香性ハーブまたはスパイスでわずかに風味付けされる場合があります。

以下の3つのレシピが含まれています。最初のものは辛口のワインを生産するので、辛口のワインに偏っていない場合は、瓶詰めする前に少し甘くすることをお勧めします。 2つ目はわずかに希釈されており、生産するにはさらに多くのブドウが必要ですが、コクのある甘いデザートワインになります。両方のワインは、最終的な甘味と瓶詰めの前に、市販の安定剤(ソルビトールなど)または1ガロンあたり小さじ1/2杯のソルビン酸カリウムと砕いたキャンプデンタブレットのいずれかで安定させる必要があります。最終甘味料は いつも 2部の砂糖を1部の沸騰したお湯に溶かし、放冷することで達成されます。このシロップは透明でなければならないので、砂糖のすべての顆粒が溶解するまでかき混ぜます。 3番目のレシピは、最初のバッチのワインのブドウ果肉を使用して作られた「セカンドワイン」です。ブドウの濃縮物は、ボディとワインの品質を提供するために追加されます。

ワインに芳香剤を加えたい場合は、アニス、ビターアーモンド、カモミール、カルダモン、シナモン、クローブ、コリアンダー、ジュニパーベリー、ナツメグ全体、フレッシュローズマリー、サフラン、セージ、サマーセイボリー、タイム、トンカ豆、ウッドラフ、またはバニラ豆。行う いいえ 挽いたスパイスを使用しますが、葉、種子、またはシナモンの場合は樹皮を使用します。細かいメッシュのゼリーバッグに一定量(ほとんどの場合、ガロンあたり大さじ1杯、またはナツメグ、トンカ豆、バニラ豆2杯)を入れ、結んで、一次発酵中のみマストに入れます。廃棄する前に静かに絞ってください。

砂糖を加えて比重を上げる場合、大さじ8オンス未満の場合、1ガロンの比重は0.010になります。ブドウワインの場合、12.7%のアルコール含有量を達成するには、最初の比重は常に少なくとも1.095でなければなりませんが、ワインを保存するには12%が必要です。ただし、これは、ラッキング中に失われる液体がほとんどないことを前提としています。これは悪い仮定です。したがって、1.105の開始比重から始めるのが賢明です。これは、理想的な状況下では、14.1体積%のアルコールを生成します。ラッキング中に液体が失われるため、完成した数値は12.7%に近くなります。

コンコードグレープワインは、飲む準備ができていると見なされる前に、ボトルで2年熟成する必要があります。ワインが年齢とともにどれほど大きく向上するかは、初心者を常に驚かせます。 1年後にひどいワインは1年後には楽しく、3年目には素晴らしいワインになります。したがって、従うべき最善の計画は、毎年一定量(3〜5ガロン)を作り、ボトルを冷暗所のクローゼットに横に置き、3年目のワイン造りを始めるまで飲むことを忘れることです。それでも、あなたはそれらをさらに老化させたいかもしれません。 1つだけ覚えておいてください。1ガロンのワインを保管するには750mlのワインボトルが5本必要です。5ガロンを保管するには25本のボトルが必要です。


コンコードグレープワインのレシピ

コンコードブドウは、最も人気のあるネイティブアメリカンのブドウです。コンコードブドウは、ワイン、ゼリー、ジャム、タルトの製造に使用されます。いろいろな Vitis Labrusca、コンコードブドウはヨーロッパのブドウを破壊する多くの病気に耐性があります、 ヴィティスヴィニフェラ 彼らは最初に ヴィニフェラ 挿し木は昆虫や病気と戦うために接ぎ木され、ハイブリッドを生産するためにヨーロッパの株との交雑に成功した最初のものでした。これらの雑種の中で最も注目に値するのはフランス系アメリカ人ですが、ドイツ、スペイン、ポルトガル、低地、バルト海のブドウでも交配が行われました。得られたブドウの木は丈夫で、良い収穫量を生み出します。

しかし、コンコードは、そのハイブリッドでさえ、純粋な天然糖を大量に含むことはめったにありません。 ヴィニフェラ 品種が含まれています。それらはまたより多くのペクチンと酸を含み、それらのワインは一部の人にとって不快な麝香の香りをしみ出させるかもしれません。 For these reasons their juice is always reinforced with added sugar, almost always diluted with water to balance the acid, treated with pectic enzyme to ensure that it clears, and may be flavored slightly with certain aromatic herbs or spices to counter the natural muskiness.

We have included three recipes below. The first produces a dry wine, so you may want to sweeten it slightly before bottling if you're not partial to dry wine. The second is diluted only slightly and requires a good many more grapes to produce, but results in a full-bodied, sweet dessert wine. Both wines should be stabilized before final sweetening and bottling, either with a commercial stabilizer (such as Sorbitol) or one crushed Campden tablet and 1/2 teaspoon of potassium sorbate per gallon. Final sweetening is いつも accomplished using two parts sugar dissolved in one part boiling water and allowed to cool. This syrup must be clear, so stir until every granule of sugar has dissolved. The third recipe is a "second wine," made by using the grape pulp from the first batch of wine. Grape concentrate is added to provide body and vinous quality.

If you wish to add an aromatic agent to your wine, any of the following will work: anise, bitter almond, camomile, cardamom, cinnamon, clove, corriander, juniper berries, whole nutmeg, fresh rosemary, saffron, sage, summer savory, thyme, tonka bean, woodruff, or vanilla bean.行う いいえ use ground spices, but rather the leaf, seed, or -- in the case of cinnamon -- bark. Place an amount (one tablespoon per gallon for most, or two nutmegs, tonka beans or vanilla beans) in a finely meshed jelly bag, tied, and place it in the must during the primary fermentation only. Squeeze gently before discarding.

When adding sugar to raise specific gravity a tablespoon less than 8 ounces will raise the specific gravity of one gallon of must 0.010. For grape wines, the beginning specific gravity must always be at least 1.095 to achieve an alcohol content of 12.7%, while 12% is required to preserve the wine. This, however, presumes very little liquid will be lost during racking, which is a bad assumption. It is therefore wiser to begin with a starting specific gravity of 1.105, which under ideal circumstances will produce 14.1% alcohol by volume. Because you will lose liquid during racking, the finished figure will be closer to 12.7%.

Concord Grape wine must age two years in the bottle before being considered ready to drink. It always astounds the novice how greatly wine improves with age. A wine that is terrible after one year will be delightful one year later and wonderful in the third year. Therefore, the best plan for one to follow is to make a set amount (3-5 gallons) every year, set the bottles on their side in a cool, dark closet, and forget about drinking any until you begin the third year's winemaking. Even then, you may want to age them further. Just remember one thing: it takes five 750 ml wine bottles to store one gallon of wine 25 bottles to store 5 gallons.


Concord Grape Wine Recipes

Concord grapes are the most popularly planted native American grapes. Concord grapes are used to make wines, jellies, jams, and tarts. A variety of Vitis Labrusca, the Concord Grape is resistant to many of the diseases which destroy the European grape, Vitis Vinifera they were the first onto which Vinifera cuttings were grafted to combat insects and disease and the first to be successfully cross-pollenated with European stock to produce hybrids. Most notable of these hybrids are French-American, but crossings were also made with German, Spanish, Portugese, Lowlands, and Baltic grapes. The resulting vines are hardy and produce good yields.

The Concord, however -- even its hybrids -- rarely contain the high amount of natural sugar that pure Vinifera varieties contain. They also contain more pectin and acid, and their wines may exude a musky aroma disagreeable to some. For these reasons their juice is always reinforced with added sugar, almost always diluted with water to balance the acid, treated with pectic enzyme to ensure that it clears, and may be flavored slightly with certain aromatic herbs or spices to counter the natural muskiness.

We have included three recipes below. The first produces a dry wine, so you may want to sweeten it slightly before bottling if you're not partial to dry wine. The second is diluted only slightly and requires a good many more grapes to produce, but results in a full-bodied, sweet dessert wine. Both wines should be stabilized before final sweetening and bottling, either with a commercial stabilizer (such as Sorbitol) or one crushed Campden tablet and 1/2 teaspoon of potassium sorbate per gallon. Final sweetening is いつも accomplished using two parts sugar dissolved in one part boiling water and allowed to cool. This syrup must be clear, so stir until every granule of sugar has dissolved. The third recipe is a "second wine," made by using the grape pulp from the first batch of wine. Grape concentrate is added to provide body and vinous quality.

If you wish to add an aromatic agent to your wine, any of the following will work: anise, bitter almond, camomile, cardamom, cinnamon, clove, corriander, juniper berries, whole nutmeg, fresh rosemary, saffron, sage, summer savory, thyme, tonka bean, woodruff, or vanilla bean.行う いいえ use ground spices, but rather the leaf, seed, or -- in the case of cinnamon -- bark. Place an amount (one tablespoon per gallon for most, or two nutmegs, tonka beans or vanilla beans) in a finely meshed jelly bag, tied, and place it in the must during the primary fermentation only. Squeeze gently before discarding.

When adding sugar to raise specific gravity a tablespoon less than 8 ounces will raise the specific gravity of one gallon of must 0.010. For grape wines, the beginning specific gravity must always be at least 1.095 to achieve an alcohol content of 12.7%, while 12% is required to preserve the wine. This, however, presumes very little liquid will be lost during racking, which is a bad assumption. It is therefore wiser to begin with a starting specific gravity of 1.105, which under ideal circumstances will produce 14.1% alcohol by volume. Because you will lose liquid during racking, the finished figure will be closer to 12.7%.

Concord Grape wine must age two years in the bottle before being considered ready to drink. It always astounds the novice how greatly wine improves with age. A wine that is terrible after one year will be delightful one year later and wonderful in the third year. Therefore, the best plan for one to follow is to make a set amount (3-5 gallons) every year, set the bottles on their side in a cool, dark closet, and forget about drinking any until you begin the third year's winemaking. Even then, you may want to age them further. Just remember one thing: it takes five 750 ml wine bottles to store one gallon of wine 25 bottles to store 5 gallons.


Concord Grape Wine Recipes

Concord grapes are the most popularly planted native American grapes. Concord grapes are used to make wines, jellies, jams, and tarts. A variety of Vitis Labrusca, the Concord Grape is resistant to many of the diseases which destroy the European grape, Vitis Vinifera they were the first onto which Vinifera cuttings were grafted to combat insects and disease and the first to be successfully cross-pollenated with European stock to produce hybrids. Most notable of these hybrids are French-American, but crossings were also made with German, Spanish, Portugese, Lowlands, and Baltic grapes. The resulting vines are hardy and produce good yields.

The Concord, however -- even its hybrids -- rarely contain the high amount of natural sugar that pure Vinifera varieties contain. They also contain more pectin and acid, and their wines may exude a musky aroma disagreeable to some. For these reasons their juice is always reinforced with added sugar, almost always diluted with water to balance the acid, treated with pectic enzyme to ensure that it clears, and may be flavored slightly with certain aromatic herbs or spices to counter the natural muskiness.

We have included three recipes below. The first produces a dry wine, so you may want to sweeten it slightly before bottling if you're not partial to dry wine. The second is diluted only slightly and requires a good many more grapes to produce, but results in a full-bodied, sweet dessert wine. Both wines should be stabilized before final sweetening and bottling, either with a commercial stabilizer (such as Sorbitol) or one crushed Campden tablet and 1/2 teaspoon of potassium sorbate per gallon. Final sweetening is いつも accomplished using two parts sugar dissolved in one part boiling water and allowed to cool. This syrup must be clear, so stir until every granule of sugar has dissolved. The third recipe is a "second wine," made by using the grape pulp from the first batch of wine. Grape concentrate is added to provide body and vinous quality.

If you wish to add an aromatic agent to your wine, any of the following will work: anise, bitter almond, camomile, cardamom, cinnamon, clove, corriander, juniper berries, whole nutmeg, fresh rosemary, saffron, sage, summer savory, thyme, tonka bean, woodruff, or vanilla bean.行う いいえ use ground spices, but rather the leaf, seed, or -- in the case of cinnamon -- bark. Place an amount (one tablespoon per gallon for most, or two nutmegs, tonka beans or vanilla beans) in a finely meshed jelly bag, tied, and place it in the must during the primary fermentation only. Squeeze gently before discarding.

When adding sugar to raise specific gravity a tablespoon less than 8 ounces will raise the specific gravity of one gallon of must 0.010. For grape wines, the beginning specific gravity must always be at least 1.095 to achieve an alcohol content of 12.7%, while 12% is required to preserve the wine. This, however, presumes very little liquid will be lost during racking, which is a bad assumption. It is therefore wiser to begin with a starting specific gravity of 1.105, which under ideal circumstances will produce 14.1% alcohol by volume. Because you will lose liquid during racking, the finished figure will be closer to 12.7%.

Concord Grape wine must age two years in the bottle before being considered ready to drink. It always astounds the novice how greatly wine improves with age. A wine that is terrible after one year will be delightful one year later and wonderful in the third year. Therefore, the best plan for one to follow is to make a set amount (3-5 gallons) every year, set the bottles on their side in a cool, dark closet, and forget about drinking any until you begin the third year's winemaking. Even then, you may want to age them further. Just remember one thing: it takes five 750 ml wine bottles to store one gallon of wine 25 bottles to store 5 gallons.


ビデオを見る: ビールを毎日飲むとどうなるか (八月 2022).