カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

モールオブアメリカでオープンしたばかりのシェイクシャックノックオフ

モールオブアメリカでオープンしたばかりのシェイクシャックノックオフ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

モールオブアメリカにオープンしたばかりのバーガーバーガーの場所で、シェイクシャックとほぼ同じデザインとロゴがあります

シェイクシャックはおそらくこれについてあまり満足しないでしょう…

我が国最大の屋内ショッピングセンターであるツインシティーズにある有名な洞窟のモールオブアメリカに旅行する予定がある場合は、モール内の真新しいシェイクシャックのように見えるものをスパイするかもしれませんが、残念ながら、あなたはひどく誤解されます。マンハッタンの金融街にある小さなハンバーガー店であるバーガーバーガーは、モールオブアメリカに前哨基地を開設しました。

しかし、Burger Burgerのブランディングには何か問題があります。つまり、ロゴのフォント、配色、デザインがShakeShackの記章と非常に似ているということです。緑と黒の曲線的なデザインとシンプルなハンバーガーの輪郭は、より人気のあるハンバーガージョイントのものとほとんど同じです。バーガーバーガーは、挽きたての牛肉、地元の食材、社内シェイクも強調しています。彼らのスローガンでさえ「シェイク・イット・オフ!」です。 (あるスウィフトさんはそれによってもっと動揺するだろうと想像しますが。)

「私たちはシェイクシャックとはまったく異なるロゴとコンセプトを持っています」とKaskaidの共同所有者であるKamTalebiは、 ロゴをデザインした会社はCityPagesに語った。 「[シェイクシャックのアプローチ]は明らかに私たちが行きたかった方向ではありません。」彼はまた、シェイクシャックがロゴに使用した色さえ思い出せず、新鮮さを強調するために緑を選んだと述べました。

不思議なことに、ニューヨーク市のバーガーバーガーの元の場所は、まったく異なるフォントとデザインの赤い配色を採用しています。

デイリーミールはシェイクシャックにコメントを求めています。


新しいテナントがマンハッタン通りを持ち上げる

182 East 86th Streetにある沈没した広場は、近所の人をお化けし始めていたので、長い間見捨てられていました。

主にお買い得品を販売する店で占められていたとしても、目的地はそれほど多くありませんでした。 「そこには良いものはありませんでした」と、近くの90番街に住むジェニファーレバインは言いました。 「それはいつも薄汚くて老朽化していて、ほとんど目障りでした。通り過ぎるのは特にいいことではありませんでした。」

現在、新しいコンドミニアムタワーであるルシダの隣にあるプラザは、マンハッタンで3番目のシェイクシャックバーガースタンドの本拠地になります。このスタンドは、プラザに緑をもたらし、公園のような雰囲気を作り出すことを約束します。ニューヨークのレストラン経営者であるダニーマイヤーによって2004年に作成された人気のホットドッグ、ハンバーガー、フローズンカスタードスタンドは、最初の場所であるマディソンスクエアパークの雰囲気を改善した要素の1つでした。

East 86th Streetの住民の中には、それが彼らのためにそれ以上のことをすることを期待しているようです。

「あなたがそこにいて、一口食べたいのなら、ほとんどありません」と地元の居住者で住宅不動産ブローカーのハリエット・カウフマンは言いました。 「シェイクシャックが成功しないとは想像できません。」

かつてドイツ系アメリカ人の飛び地とギンベルのデパートがあったこの地区は、はるか昔にその輝きを失い、魅力のない小売店やわかりにくい建物のコレクションになりました。しかし、ルシダのような新しい住宅開発の到来は、いくつかの全国的な小売業者をその店先に引き付けました。

地元の支持者によると、これらの小売業者は規模は大きいものの、コミュニティへの取り組みは制限される可能性があります。商人は、近所に投資する、より小さく、より高級な小売業者やレストランを引き付けるキャンペーンを開始しました。

East 86th Street Associationと呼ばれる商人と住民の協会は、通りに沿ってランプポストを設置し、次に造園を追加することを計画しています。

「私たちが抱えている問題の1つは、高級小売店やレストランをどのように呼び込み、コミュニティに参加させるかということです。」非営利団体の会長であるエレイン・M・ウォルシュは言った。

ウォルシュさんは、86番街の空いている店先がいっぱいになるのを見たいと言いましたが、シェイクシャックについてはさまざまな感情を抱いています。レストランは評判が良く、マイヤー氏にはマンハッタンの高級レストランがたくさんありますが、ウォルシュ氏はイースト86thストリートに別のハンバーガースタンドが必要かどうかわからないと言いました。ハンバーガーを販売するいくつかのダイナーやコーヒーショップのほかに、バーガーキングとパパイヤキングがあります。

「シェイクシャックに入るのを待つ長い列が欲しいのか、それとも高品質の着席ディナーで常連客を収容できるレストランが欲しいのか?」ウォルシュさんは尋ねました。

シェイクシャックは、パークレーンタワーとして知られる円形のバルコニーを備えた440ユニットのアパートのベースにあるレキシントンとサードアベニューの間にある182イースト86thストリートで15年間の賃貸契約を締結しました。家主も借主も交渉価格を明らかにしませんでした。同社の所有者は、2,750平方フィートの沈没広場を経由して到達する3,200平方フィートの小売スペースに1年以内にオープンする予定です。

Charles H. Greenthal ManagementCorporationを含む182East 86th Streetの家主は、過去2年間、内部と外部をゆっくりとアップグレードし、花崗岩で覆い、障害者用アクセスランプとスチールゲートを追加するために200万ドルを費やしました。 。

シェイクシャックの最高執行責任者であるランディガルッティ氏は、ある冬の日の散歩中にそのスペースを見つけたと語った。ゲートが大きく、そのランプはかつて自転車やローラースケートショップによく行くスケートボーダーによって使用されていました。また、織物店、ギフトショップ、真空小売店の場所でもありました。

他のレストランからもこのスペースに興味がありましたが、オーナーはこのスペースでシェイクシャックにサインして喜んでいたと言います。

Greenthalの副社長であるHaroldA。Bornsteinは、次のように述べています。 「プラザを利用できる人が欲しかったのです。」

ガルッティ氏は、シェイクシャックは広場を常連客がピクニックをする場所にすることを意図していると述べました。彼らはシェイクシャックスタンドで注文することができます。中には座席もあると彼は言った。広場は85丁目まで続いていますが、86丁目側のみの営業となります。

パークレーンタワーの向かいの広場、86丁目とレキシントンの角にある22階建てのルシダには、書店のバーンズ&ノーブル、衣料品店のH&amp M、化粧品チェーンのセフォラがあります。

85番街とサードアベニューの角を東に1ブロック、別の新しい22階建ての建物であるブロンプトンはEquinoxフィットネスセンターを収容し、4,000平方フィート(十分な地下スペース)があり、86番街に沿って72フィートの店舗間口があります。まだリース可能です。

パークレーンタワーのある居住者は、新しいシェイクシャックのにおいが心配だと言いました。名前を明かさなかった住人にはバルコニーがあります。 「私は10階に住んでいますが、匂いがしますか?」

チャールズ・H・グリーンタルのウィリアム・ウェスト会長は、隣人を臭いや迷惑から守るためにシェイク・シャックとの賃貸交渉に多大な労力を費やしたと述べた。

この地域の他の居住者、つまりパークレーンタワーに住んでいない人々は、シェイクシャックは若い家族にアピールする傾向のある近所で歓迎されると信じていると述べました。

「私の夫はとても興奮しています」と2人の娘を持つレバインさんは言いました。 「確かに大歓迎だと思います。チェーンのようなものではなく、別のバーガーキングやピッツェリアウノでもありません。 86番街はミニモールのように商業化されていると思うので、もっと隣にあるものがあるのはいいことです。」


新しいテナントがマンハッタン通りを持ち上げる

182 East 86th Streetにある沈没した広場は、近所の人をお化けし始めていたので、長い間見捨てられていました。

主にお買い得品を販売する店で占められていたとしても、目的地はそれほど多くありませんでした。 「そこには良いものはありませんでした」と、近くの90番街に住むジェニファーレバインは言いました。 「それはいつも薄汚くて老朽化していて、ほとんど目障りでした。通り過ぎるのは特にいいことではありませんでした。」

現在、新しいコンドミニアムタワーであるルシダの隣にあるプラザは、マンハッタンで3番目のシェイクシャックバーガースタンドの本拠地になります。このスタンドは、プラザに緑をもたらし、公園のような雰囲気を作り出すことを約束します。ニューヨークのレストラン経営者であるダニーマイヤーによって2004年に作成された人気のホットドッグ、ハンバーガー、フローズンカスタードスタンドは、最初の場所であるマディソンスクエアパークの雰囲気を改善した要素の1つでした。

East 86th Streetの住民の中には、それが彼らのためにそれ以上のことをすることを期待しているようです。

「あなたがそこにいて、一口食べたいのなら、ほとんどありません」と地元の居住者で住宅不動産ブローカーのハリエット・カウフマンは言いました。 「シェイクシャックが成功しないとは想像できません。」

かつてドイツ系アメリカ人の飛び地とギンベルのデパートがあったこの地区は、はるか昔にその輝きを失い、魅力のない小売店やわかりにくい建物のコレクションになりました。しかし、ルシダのような新しい住宅開発の到来は、いくつかの全国的な小売業者をその店先に引き付けました。

地元の支持者によると、これらの小売業者は規模は大きいものの、コミュニティへの取り組みは制限される可能性があります。商人は、近所に投資する、より小さく、より高級な小売業者やレストランを引き付けるキャンペーンを開始しました。

East 86th Street Associationと呼ばれる商人と住民の協会は、通りに沿ってランプポストを設置し、次に造園を追加することを計画しています。

「私たちが抱えている問題の1つは、高級小売店やレストランをどのように呼び込み、コミュニティに参加させるかということです。」非営利団体の会長であるエレイン・M・ウォルシュは言った。

ウォルシュさんは、86番街の空いている店先がいっぱいになるのを見たいと言いましたが、シェイクシャックについてはさまざまな感情を抱いています。レストランは評判が良く、マイヤー氏にはマンハッタンの高級レストランがたくさんありますが、ウォルシュ氏はイースト86thストリートに別のハンバーガースタンドが必要かどうかわからないと言いました。ハンバーガーを販売するいくつかのダイナーやコーヒーショップのほかに、バーガーキングとパパイヤキングがあります。

「シェイクシャックに入るのを待つ長い列が欲しいのか、それとも高品質の着席ディナーで常連客を収容できるレストランが欲しいのか?」ウォルシュさんは尋ねました。

シェイクシャックは、パークレーンタワーとして知られる円形のバルコニーを備えた440ユニットのアパートのベースにあるレキシントンとサードアベニューの間にある182イースト86thストリートで15年間の賃貸契約を締結しました。家主も借主も交渉価格を明らかにしませんでした。同社の所有者は、2,750平方フィートの沈没広場を経由して到達する3,200平方フィートの小売スペースに1年以内にオープンする予定です。

Charles H. Greenthal ManagementCorporationを含む182East 86th Streetの家主は、過去2年間、内部と外部をゆっくりとアップグレードし、花崗岩で覆い、障害者用アクセスランプとスチールゲートを追加するために200万ドルを費やしました。 。

シェイクシャックの最高執行責任者であるランディガルッティ氏は、ある冬の日の散歩中にそのスペースを見つけたと語った。ゲートが大きく、そのランプはかつて自転車やローラースケートショップによく行くスケートボーダーによって使用されていました。また、織物店、ギフトショップ、真空小売店の場所でもありました。

他のレストランからもこのスペースに興味がありましたが、オーナーはこのスペースでシェイクシャックにサインして喜んでいたと言います。

Greenthalの副社長であるHaroldA。Bornsteinは、次のように述べています。 「プラザを利用できる人が欲しかったのです。」

ガルッティ氏は、シェイクシャックは広場を常連客がピクニックをする場所にすることを意図していると述べました。彼らはシェイクシャックスタンドで注文することができます。中には座席もあると彼は言った。広場は85丁目まで続いていますが、86丁目側のみの営業となります。

パークレーンタワーの向かいの広場、86丁目とレキシントンの角にある22階建てのルシダには、書店のバーンズ&ノーブル、衣料品店のH&amp M、化粧品チェーンのセフォラがあります。

85番街とサードアベニューの角を東に1ブロック、別の新しい22階建ての建物であるブロンプトンはEquinoxフィットネスセンターを収容し、4,000平方フィート(十分な地下スペース)があり、86番街に沿って72フィートの店舗間口があります。まだリース可能です。

パークレーンタワーのある居住者は、新しいシェイクシャックのにおいが心配だと言いました。名前を明かさなかった住人にはバルコニーがあります。 「私は10階に住んでいますが、匂いがしますか?」

チャールズ・H・グリーンタルのウィリアム・ウェスト会長は、隣人を臭いや迷惑から守るためにシェイク・シャックとの賃貸交渉に多大な労力を費やしたと述べた。

この地域の他の居住者、つまりパークレーンタワーに住んでいない人々は、シェイクシャックは若い家族にアピールする傾向のある近所で歓迎されると信じていると述べました。

「私の夫はとても興奮しています」と2人の娘を持つレバインさんは言いました。 「確かに大歓迎だと思います。チェーンのようなものではなく、別のバーガーキングやピッツェリアウノでもありません。 86番街はミニモールのように商業化されていると思うので、もっと隣にあるものがあるのはいいことです。」


新しいテナントがマンハッタン通りを持ち上げる

182 East 86th Streetにある沈没した広場は、近所の人をお化けし始めていたので、長い間見捨てられていました。

主にお買い得品を販売する店で占められていたとしても、目的地はそれほど多くありませんでした。 「そこには良いものはありませんでした」と、近くの90番街に住むジェニファーレバインは言いました。 「それはいつも薄汚くて老朽化していて、ほとんど目障りでした。通り過ぎるのは特にいいことではありませんでした。」

現在、新しいコンドミニアムタワーであるルシダの隣にあるプラザは、マンハッタンで3番目のシェイクシャックバーガースタンドの本拠地になります。このスタンドは、プラザに緑をもたらし、公園のような雰囲気を作り出すことを約束します。ニューヨークのレストラン経営者であるダニーマイヤーによって2004年に作成された人気のホットドッグ、ハンバーガー、フローズンカスタードスタンドは、最初の場所であるマディソンスクエアパークの雰囲気を改善した要素の1つでした。

East 86th Streetの住民の中には、それが彼らのためにそれ以上のことをすることを期待しているようです。

「あなたがそこにいて、一口食べたいのなら、ほとんどありません」と地元の居住者で住宅不動産ブローカーのハリエット・カウフマンは言いました。 「シェイクシャックが成功しないとは想像できません。」

かつてドイツ系アメリカ人の飛び地とギンベルのデパートがあったこの地区は、はるか昔にその輝きを失い、魅力のない小売店やわかりにくい建物のコレクションになりました。しかし、ルシダのような新しい住宅開発の到来は、いくつかの全国的な小売業者をその店先に引き付けました。

地元の支持者によると、これらの小売業者は規模は大きいものの、コミュニティへの取り組みは制限される可能性があります。商人は、近所に投資する、より小さく、より高級な小売業者やレストランを引き付けるキャンペーンを開始しました。

East 86th Street Associationと呼ばれる商人と住民の協会は、通りに沿ってランプポストを設置し、次に造園を追加することを計画しています。

「私たちが抱えている問題の1つは、高級小売店やレストランをどのように呼び込み、コミュニティに参加させるかということです。」非営利団体の会長であるエレイン・M・ウォルシュは言った。

ウォルシュさんは、86番街の空いている店先がいっぱいになるのを見たいと言いましたが、シェイクシャックについてはさまざまな感情を抱いています。レストランは評判が良く、マイヤー氏にはマンハッタンの高級レストランがたくさんありますが、ウォルシュ氏はイースト86thストリートに別のハンバーガースタンドが必要かどうかわからないと言いました。ハンバーガーを販売するいくつかのダイナーやコーヒーショップのほかに、バーガーキングとパパイヤキングがあります。

「シェイクシャックに入るのを待つ長い列が欲しいのか、それとも高品質の着席ディナーで常連客を収容できるレストランが欲しいのか?」ウォルシュさんは尋ねました。

シェイクシャックは、パークレーンタワーとして知られる円形のバルコニーを備えた440ユニットのアパートのベースにあるレキシントンとサードアベニューの間にある182イースト86thストリートで15年間の賃貸契約を締結しました。家主も借主も交渉価格を明らかにしませんでした。同社の所有者は、2,750平方フィートの沈没広場を経由して到達する3,200平方フィートの小売スペースに1年以内にオープンする予定です。

Charles H. Greenthal ManagementCorporationを含む182East 86th Streetの家主は、過去2年間、内部と外部をゆっくりとアップグレードし、花崗岩で覆い、障害者用アクセスランプとスチールゲートを追加するために200万ドルを費やしました。 。

シェイクシャックの最高執行責任者であるランディガルッティ氏は、ある冬の日の散歩中にそのスペースを見つけたと語った。ゲートが大きく、そのランプはかつて自転車やローラースケートショップによく行くスケートボーダーによって使用されていました。また、織物店、ギフトショップ、真空小売店の場所でもありました。

他のレストランからもこのスペースに興味がありましたが、オーナーはこのスペースでシェイクシャックにサインして喜んでいたと言います。

Greenthalの副社長であるHaroldA。Bornsteinは、次のように述べています。 「プラザを利用できる人が欲しかったのです。」

ガルッティ氏は、シェイクシャックは広場を常連客がピクニックをする場所にすることを意図していると述べました。彼らはシェイクシャックスタンドで注文することができます。中には座席もあると彼は言った。広場は85丁目まで続いていますが、86丁目側のみの営業となります。

パークレーンタワーの向かいの広場、86丁目とレキシントンの角にある22階建てのルシダには、書店のバーンズ&ノーブル、衣料品店のH&amp M、化粧品チェーンのセフォラがあります。

85番街とサードアベニューの角を東に1ブロック、別の新しい22階建ての建物であるブロンプトンはEquinoxフィットネスセンターを収容し、4,000平方フィート(十分な地下スペース)があり、86番街に沿って72フィートの店舗間口があります。まだリース可能です。

パークレーンタワーのある居住者は、新しいシェイクシャックのにおいが心配だと言いました。名前を明かさなかった住人にはバルコニーがあります。 「私は10階に住んでいますが、匂いがしますか?」

チャールズ・H・グリーンタルのウィリアム・ウェスト会長は、隣人を臭いや迷惑から守るためにシェイク・シャックとの賃貸交渉に多大な労力を費やしたと述べた。

この地域の他の居住者、つまりパークレーンタワーに住んでいない人々は、シェイクシャックは若い家族にアピールする傾向のある近所で歓迎されると信じていると述べました。

「私の夫はとても興奮しています」と2人の娘を持つレバインさんは言いました。 「確かに大歓迎だと思います。チェーンのようなものではなく、別のバーガーキングやピッツェリアウノでもありません。 86番街はミニモールのように商業化されていると思うので、もっと隣にあるものがあるのはいいことです。」


新しいテナントがマンハッタン通りを持ち上げる

182 East 86th Streetにある沈没した広場は、近所の人をお化けし始めていたので、長い間見捨てられていました。

主にお買い得品を販売する店で占められていたとしても、目的地はそれほど多くありませんでした。 「そこには良いものはありませんでした」と、近くの90番街に住むジェニファーレバインは言いました。 「それはいつも薄汚くて老朽化していて、ほとんど目障りでした。通り過ぎるのは特にいいことではありませんでした。」

現在、新しいコンドミニアムタワーであるルシダの隣にあるプラザは、マンハッタンで3番目のシェイクシャックバーガースタンドの本拠地になります。このスタンドは、プラザに緑をもたらし、公園のような雰囲気を作り出すことを約束します。ニューヨークのレストラン経営者であるダニーマイヤーによって2004年に作成された人気のホットドッグ、ハンバーガー、フローズンカスタードスタンドは、最初の場所であるマディソンスクエアパークの雰囲気を改善した要素の1つでした。

East 86th Streetの住民の中には、それが彼らのためにそれ以上のことをすることを期待しているようです。

「あなたがそこにいて、一口食べたいのなら、ほとんどありません」と地元の居住者で住宅不動産ブローカーのハリエット・カウフマンは言いました。 「シェイクシャックが成功しないとは想像できません。」

かつてドイツ系アメリカ人の飛び地とギンベルのデパートがあったこの地区は、はるか昔にその輝きを失い、魅力のない小売店やわかりにくい建物のコレクションになりました。しかし、ルシダのような新しい住宅開発の到来は、いくつかの全国的な小売業者をその店先に引き付けました。

地元の支持者によると、これらの小売業者は規模は大きいものの、コミュニティへの取り組みは制限される可能性があります。商人は、近所に投資する、より小さく、より高級な小売業者やレストランを引き付けるキャンペーンを開始しました。

East 86th Street Associationと呼ばれる商人と住民の協会は、通りに沿ってランプポストを設置し、次に造園を追加することを計画しています。

「私たちが抱えている問題の1つは、高級小売店やレストランをどのように呼び込み、コミュニティに参加させるかということです。」非営利団体の会長であるエレイン・M・ウォルシュは言った。

ウォルシュさんは、86番街の空いている店先がいっぱいになるのを見たいと言いましたが、シェイクシャックについてはさまざまな感情を抱いています。レストランは評判が良く、マイヤー氏にはマンハッタンの高級レストランがたくさんありますが、ウォルシュ氏はイースト86thストリートに別のハンバーガースタンドが必要かどうかわからないと言いました。ハンバーガーを販売するいくつかのダイナーやコーヒーショップのほかに、バーガーキングとパパイヤキングがあります。

「シェイクシャックに入るのを待つ長い列が欲しいのか、それとも高品質の着席ディナーで常連客を収容できるレストランが欲しいのか?」ウォルシュさんは尋ねました。

シェイクシャックは、パークレーンタワーとして知られる円形のバルコニーを備えた440ユニットのアパートのベースにあるレキシントンとサードアベニューの間にある182イースト86thストリートで15年間の賃貸契約を締結しました。家主も借主も交渉価格を明らかにしませんでした。同社の所有者は、2,750平方フィートの沈没広場を経由して到達する3,200平方フィートの小売スペースに1年以内にオープンする予定です。

Charles H. Greenthal ManagementCorporationを含む182East 86th Streetの家主は、過去2年間、内部と外部をゆっくりとアップグレードし、花崗岩で覆い、障害者用アクセスランプとスチールゲートを追加するために200万ドルを費やしました。 。

シェイクシャックの最高執行責任者であるランディガルッティ氏は、ある冬の日の散歩中にそのスペースを見つけたと語った。ゲートが大きく、そのランプはかつて自転車やローラースケートショップによく行くスケートボーダーによって使用されていました。また、織物店、ギフトショップ、真空小売店の場所でもありました。

他のレストランからもこのスペースに興味がありましたが、オーナーはこのスペースでシェイクシャックにサインして喜んでいたと言います。

Greenthalの副社長であるHaroldA。Bornsteinは、次のように述べています。 「プラザを利用できる人が欲しかったのです。」

ガルッティ氏は、シェイクシャックは広場を常連客がピクニックをする場所にすることを意図していると述べました。彼らはシェイクシャックスタンドで注文することができます。中には座席もあると彼は言った。広場は85丁目まで続いていますが、86丁目側のみの営業となります。

パークレーンタワーの向かいの広場、86丁目とレキシントンの角にある22階建てのルシダには、書店のバーンズ&ノーブル、衣料品店のH&amp M、化粧品チェーンのセフォラがあります。

85番街とサードアベニューの角を東に1ブロック、別の新しい22階建ての建物であるブロンプトンはEquinoxフィットネスセンターを収容し、4,000平方フィート(十分な地下スペース)があり、86番街に沿って72フィートの店舗間口があります。まだリース可能です。

パークレーンタワーのある居住者は、新しいシェイクシャックのにおいが心配だと言いました。名前を明かさなかった住人にはバルコニーがあります。 「私は10階に住んでいますが、匂いがしますか?」

チャールズ・H・グリーンタルのウィリアム・ウェスト会長は、隣人を臭いや迷惑から守るためにシェイク・シャックとの賃貸交渉に多大な労力を費やしたと述べた。

この地域の他の居住者、つまりパークレーンタワーに住んでいない人々は、シェイクシャックは若い家族にアピールする傾向のある近所で歓迎されると信じていると述べました。

「私の夫はとても興奮しています」と2人の娘を持つレバインさんは言いました。 「確かに大歓迎だと思います。チェーンのようなものではなく、別のバーガーキングやピッツェリアウノでもありません。 86番街はミニモールのように商業化されていると思うので、もっと隣にあるものがあるのはいいことです。」


新しいテナントがマンハッタン通りを持ち上げる

182 East 86th Streetにある沈没した広場は、近所の人をお化けし始めていたので、長い間見捨てられていました。

主にお買い得品を販売する店で占められていたとしても、目的地はそれほど多くありませんでした。 「そこには良いものはありませんでした」と、近くの90番街に住むジェニファーレバインは言いました。 「それはいつも薄汚くて老朽化していて、ほとんど目障りでした。通り過ぎるのは特にいいことではありませんでした。」

現在、新しいコンドミニアムタワーであるルシダの隣にあるプラザは、マンハッタンで3番目のシェイクシャックバーガースタンドの本拠地になります。このスタンドは、プラザに緑をもたらし、公園のような雰囲気を作り出すことを約束します。ニューヨークのレストラン経営者であるダニーマイヤーによって2004年に作成された人気のホットドッグ、ハンバーガー、フローズンカスタードスタンドは、最初の場所であるマディソンスクエアパークの雰囲気を改善した要素の1つでした。

East 86th Streetの住民の中には、それが彼らのためにそれ以上のことをすることを期待しているようです。

「あなたがそこにいて、一口食べたいのなら、ほとんどありません」と地元の居住者で住宅不動産ブローカーのハリエット・カウフマンは言いました。 「シェイクシャックが成功しないとは想像できません。」

かつてドイツ系アメリカ人の飛び地とギンベルのデパートがあったこの地区は、はるか昔にその輝きを失い、魅力のない小売店やわかりにくい建物のコレクションになりました。しかし、ルシダのような新しい住宅開発の到来は、いくつかの全国的な小売業者をその店先に引き付けました。

地元の支持者によると、これらの小売業者は規模は大きいものの、コミュニティへの取り組みは制限される可能性があります。商人は、近所に投資する、より小さく、より高級な小売業者やレストランを引き付けるキャンペーンを開始しました。

East 86th Street Associationと呼ばれる商人と住民の協会は、通りに沿ってランプポストを設置し、次に造園を追加することを計画しています。

「私たちが抱えている問題の1つは、高級小売店やレストランをどのように呼び込み、コミュニティに参加させるかということです。」非営利団体の会長であるエレイン・M・ウォルシュは言った。

ウォルシュさんは、86番街の空いている店先がいっぱいになるのを見たいと言いましたが、シェイクシャックについてはさまざまな感情を抱いています。レストランは評判が良く、マイヤー氏にはマンハッタンの高級レストランがたくさんありますが、ウォルシュ氏はイースト86thストリートに別のハンバーガースタンドが必要かどうかわからないと言いました。ハンバーガーを販売するいくつかのダイナーやコーヒーショップのほかに、バーガーキングとパパイヤキングがあります。

「シェイクシャックに入るのを待つ長い列が欲しいのか、それとも高品質の着席ディナーで常連客を収容できるレストランが欲しいのか?」ウォルシュさんは尋ねました。

シェイクシャックは、パークレーンタワーとして知られる円形のバルコニーを備えた440ユニットのアパートの建物のふもとにあるレキシントンとサードアベニューの間にある182イースト86thストリートで15年間の賃貸契約を締結しました。家主も借主も交渉価格を明らかにしませんでした。同社の所有者は、2,750平方フィートの沈没広場を経由して到達する3,200平方フィートの小売スペースに1年以内にオープンする予定です。

Charles H. Greenthal ManagementCorporationを含む182East 86th Streetの家主は、過去2年間、内部と外部をゆっくりとアップグレードし、花崗岩で覆い、障害者用アクセスランプとスチールゲートを追加するために200万ドルを費やしました。 。

シェイクシャックの最高執行責任者であるランディガルッティ氏は、ある冬の日の散歩中にそのスペースを見つけたと語った。ゲートが大きく、そのランプはかつて自転車やローラースケートショップによく行くスケートボーダーによって使用されていました。また、織物店、ギフトショップ、真空小売店の場所でもありました。

他のレストランからもこのスペースに興味がありましたが、オーナーはこのスペースでシェイクシャックにサインして喜んでいたと言います。

Greenthalの副社長であるHaroldA。Bornsteinは、次のように述べています。 「プラザを利用できる人が欲しかったのです。」

ガルッティ氏は、シェイクシャックは広場を常連客がピクニックをする場所にすることを意図していると述べました。彼らはシェイクシャックスタンドで注文することができます。中には座席もあると彼は言った。広場は85丁目まで続いていますが、86丁目側のみの営業となります。

パークレーンタワーの向かいの広場、86丁目とレキシントンの角にある22階建てのルシダには、書店のバーンズ&ノーブル、衣料品店のH&amp M、化粧品チェーンのセフォラがあります。

85番街とサードアベニューの角を東に1ブロック、別の新しい22階建ての建物であるブロンプトンはEquinoxフィットネスセンターを収容し、4,000平方フィート(十分な地下スペース)があり、86番街に沿って72フィートの店舗間口があります。まだリース可能です。

パークレーンタワーのある居住者は、新しいシェイクシャックのにおいが心配だと言いました。名前を明かさなかった住人にはバルコニーがあります。 「私は10階に住んでいますが、匂いがしますか?」

チャールズ・H・グリーンタルのウィリアム・ウェスト会長は、隣人を臭いや迷惑から守るためにシェイク・シャックとの賃貸交渉に多大な労力を費やしたと述べた。

この地域の他の居住者、つまりパークレーンタワーに住んでいない人々は、シェイクシャックは若い家族にアピールする傾向のある近所で歓迎されると信じていると述べました。

「私の夫はとても興奮しています」と2人の娘を持つレバインさんは言いました。 「確かに大歓迎だと思います。チェーンのようなものではなく、別のバーガーキングやピッツェリアウノでもありません。 86番街はミニモールのように商業化されていると思うので、もっと隣にあるものがあるのはいいことです。」


新しいテナントがマンハッタン通りを持ち上げる

182 East 86th Streetにある沈没した広場は、近所の人をお化けし始めていたので、長い間見捨てられていました。

主にお買い得品を販売する店で占められていたとしても、目的地はそれほど多くありませんでした。 “There was never anything good there,” said Jennifer Levine, who lives nearby on 90th Street. “It was always dingy and dilapidated, and it was almost an eyesore. It wasn’t particularly nice to walk by.”

Now, the plaza, next to the Lucida, a new condominium tower, will become the home of Manhattan’s third Shake Shack burger stand, which promises to bring greenery into the plaza to create a parklike atmosphere. The popular hot dog, burger and frozen custard stand, created in 2004 by Danny Meyer, the New York restaurateur, was one element that improved the atmosphere in Madison Square Park, its first location.

Some residents of East 86th Street seem to expect it to do no less for them.

“If you’re around there and want to have a bite to eat, there’s very little,” said Harriet Kaufman, a local resident and residential real estate broker. “I can’t imagine that Shake Shack won’t succeed.”

The neighborhood, once home to a German-American enclave and a Gimbel’s department store, long ago lost its luster to become a collection of unglamorous retailers and nondescript buildings. But the arrival of new residential development, like the Lucida, has attracted some national retailers to its storefronts.

While those retailers are larger, their commitment to the community can be limited, say local advocates. Merchants have started a campaign to attract smaller, more upscale retailers and restaurants that will make an investment in the neighborhood.

An association of merchants and residents, called the East 86th Street Association, has installed lamp posts along the street and plans to add landscaping next.

“One of the issues we have is, how do we bring in some upscale retailers and restaurants and get them to participate in the community?” said Elaine M. Walsh, the president of the nonprofit association.

Ms. Walsh said she would like to see 86th Street’s vacant storefronts filled, but she has mixed feelings about the Shake Shack. While the restaurant has a good reputation, and Mr. Meyer has many upscale Manhattan restaurants, Ms. Walsh said she didn’t know if East 86th Street needed another burger stand. Besides several diners and coffee shops selling burgers, there are Burger King and Papaya King.

“Do we want long lines waiting to go into Shake Shack, or do we want restaurants that can accommodate patrons with a sit-down dinner of high quality?” Ms. Walsh asked.

Shake Shack has signed a 15-year lease at 182 East 86th Street, which is between Lexington and Third Avenues at the base of the 440-unit apartment building with circular balconies known as Park Lane Tower. Neither the landlord nor the lessee would reveal the negotiated price. The company’s owners expect to open within the year in the 3,200-square-foot retail space, which is reached via the 2,750-square-foot sunken plaza.

The landlords for 182 East 86th Street, which include the Charles H. Greenthal Management Corporation, have been slowly upgrading the interiors and exteriors over the last two years, spending $2 million to sheathe it in granite, and add a handicapped access ramp and steel gate.

Shake Shack’s chief operating officer, Randy Garutti, said he spotted the space one winter’s day while out for a stroll. Heavily gated, its ramps were once used by skateboarders who frequented a bike and roller skating shop. It was also the location of a fabric store, a gift shop and a vacuum retailer.

There was interest in the space from other restaurants, but the owners say they were happy to sign Shake Shack in the space.

“We’ve just been waiting for the right deal, and we got it,” said Harold A. Bornstein, a Greenthal vice president. “We wanted someone that could use the plaza.”

Mr. Garutti said the Shake Shack intended to make the plaza a place for patrons to have picnics. They will be able to place orders at the Shake Shack stand. There will also be seating inside, he said. Though the plaza extends through to 85th Street, it will be open only on the 86th Street side.

Across the plaza from Park Lane Tower, the 22-story Lucida on the corner of 86th Street and Lexington has the bookstore Barnes & Noble, the clothing store H & M and Sephora, the cosmetics chain.

A block east on the corner of 85th Street and Third Avenue, another new 22-story building, the Brompton, accommodates an Equinox fitness center and has 4,000 square feet — and ample basement space — with 72 feet of store frontage along 86th Street that is still available for lease.

One resident of the Park Lane Tower said she worried about smells from the new Shake Shack. The resident, who declined to give her name, has a balcony. “I live on the 10th floor — will it smell up there?”

The answer should be no, said William West, the chairman of Charles H. Greenthal, who said he went to great lengths in negotiating the lease with Shake Shack to protect neighbors from odors or nuisance.

Other residents of the area — those who do not live in Park Lane Tower — said they believed Shake Shack would be welcomed in a neighborhood that tends to appeal to young families.

“My husband is so excited,” said Ms. Levine, who has two daughters. “I think it’s certainly welcome. It’s not like a chain it’s not another Burger King or Pizzeria Uno. I think 86th Street has become so commercialized, like a mini-mall, so it’s nice to have something more neighborly.”


New Tenant Lifts a Manhattan Street

The sunken plaza at 182 East 86th Street had been abandoned for so long it had begun to spook neighbors.

Even when it was occupied, mostly by stores that sold bargain merchandise, it wasn’t much of a destination. “There was never anything good there,” said Jennifer Levine, who lives nearby on 90th Street. “It was always dingy and dilapidated, and it was almost an eyesore. It wasn’t particularly nice to walk by.”

Now, the plaza, next to the Lucida, a new condominium tower, will become the home of Manhattan’s third Shake Shack burger stand, which promises to bring greenery into the plaza to create a parklike atmosphere. The popular hot dog, burger and frozen custard stand, created in 2004 by Danny Meyer, the New York restaurateur, was one element that improved the atmosphere in Madison Square Park, its first location.

Some residents of East 86th Street seem to expect it to do no less for them.

“If you’re around there and want to have a bite to eat, there’s very little,” said Harriet Kaufman, a local resident and residential real estate broker. “I can’t imagine that Shake Shack won’t succeed.”

The neighborhood, once home to a German-American enclave and a Gimbel’s department store, long ago lost its luster to become a collection of unglamorous retailers and nondescript buildings. But the arrival of new residential development, like the Lucida, has attracted some national retailers to its storefronts.

While those retailers are larger, their commitment to the community can be limited, say local advocates. Merchants have started a campaign to attract smaller, more upscale retailers and restaurants that will make an investment in the neighborhood.

An association of merchants and residents, called the East 86th Street Association, has installed lamp posts along the street and plans to add landscaping next.

“One of the issues we have is, how do we bring in some upscale retailers and restaurants and get them to participate in the community?” said Elaine M. Walsh, the president of the nonprofit association.

Ms. Walsh said she would like to see 86th Street’s vacant storefronts filled, but she has mixed feelings about the Shake Shack. While the restaurant has a good reputation, and Mr. Meyer has many upscale Manhattan restaurants, Ms. Walsh said she didn’t know if East 86th Street needed another burger stand. Besides several diners and coffee shops selling burgers, there are Burger King and Papaya King.

“Do we want long lines waiting to go into Shake Shack, or do we want restaurants that can accommodate patrons with a sit-down dinner of high quality?” Ms. Walsh asked.

Shake Shack has signed a 15-year lease at 182 East 86th Street, which is between Lexington and Third Avenues at the base of the 440-unit apartment building with circular balconies known as Park Lane Tower. Neither the landlord nor the lessee would reveal the negotiated price. The company’s owners expect to open within the year in the 3,200-square-foot retail space, which is reached via the 2,750-square-foot sunken plaza.

The landlords for 182 East 86th Street, which include the Charles H. Greenthal Management Corporation, have been slowly upgrading the interiors and exteriors over the last two years, spending $2 million to sheathe it in granite, and add a handicapped access ramp and steel gate.

Shake Shack’s chief operating officer, Randy Garutti, said he spotted the space one winter’s day while out for a stroll. Heavily gated, its ramps were once used by skateboarders who frequented a bike and roller skating shop. It was also the location of a fabric store, a gift shop and a vacuum retailer.

There was interest in the space from other restaurants, but the owners say they were happy to sign Shake Shack in the space.

“We’ve just been waiting for the right deal, and we got it,” said Harold A. Bornstein, a Greenthal vice president. “We wanted someone that could use the plaza.”

Mr. Garutti said the Shake Shack intended to make the plaza a place for patrons to have picnics. They will be able to place orders at the Shake Shack stand. There will also be seating inside, he said. Though the plaza extends through to 85th Street, it will be open only on the 86th Street side.

Across the plaza from Park Lane Tower, the 22-story Lucida on the corner of 86th Street and Lexington has the bookstore Barnes & Noble, the clothing store H & M and Sephora, the cosmetics chain.

A block east on the corner of 85th Street and Third Avenue, another new 22-story building, the Brompton, accommodates an Equinox fitness center and has 4,000 square feet — and ample basement space — with 72 feet of store frontage along 86th Street that is still available for lease.

One resident of the Park Lane Tower said she worried about smells from the new Shake Shack. The resident, who declined to give her name, has a balcony. “I live on the 10th floor — will it smell up there?”

The answer should be no, said William West, the chairman of Charles H. Greenthal, who said he went to great lengths in negotiating the lease with Shake Shack to protect neighbors from odors or nuisance.

Other residents of the area — those who do not live in Park Lane Tower — said they believed Shake Shack would be welcomed in a neighborhood that tends to appeal to young families.

“My husband is so excited,” said Ms. Levine, who has two daughters. “I think it’s certainly welcome. It’s not like a chain it’s not another Burger King or Pizzeria Uno. I think 86th Street has become so commercialized, like a mini-mall, so it’s nice to have something more neighborly.”


New Tenant Lifts a Manhattan Street

The sunken plaza at 182 East 86th Street had been abandoned for so long it had begun to spook neighbors.

Even when it was occupied, mostly by stores that sold bargain merchandise, it wasn’t much of a destination. “There was never anything good there,” said Jennifer Levine, who lives nearby on 90th Street. “It was always dingy and dilapidated, and it was almost an eyesore. It wasn’t particularly nice to walk by.”

Now, the plaza, next to the Lucida, a new condominium tower, will become the home of Manhattan’s third Shake Shack burger stand, which promises to bring greenery into the plaza to create a parklike atmosphere. The popular hot dog, burger and frozen custard stand, created in 2004 by Danny Meyer, the New York restaurateur, was one element that improved the atmosphere in Madison Square Park, its first location.

Some residents of East 86th Street seem to expect it to do no less for them.

“If you’re around there and want to have a bite to eat, there’s very little,” said Harriet Kaufman, a local resident and residential real estate broker. “I can’t imagine that Shake Shack won’t succeed.”

The neighborhood, once home to a German-American enclave and a Gimbel’s department store, long ago lost its luster to become a collection of unglamorous retailers and nondescript buildings. But the arrival of new residential development, like the Lucida, has attracted some national retailers to its storefronts.

While those retailers are larger, their commitment to the community can be limited, say local advocates. Merchants have started a campaign to attract smaller, more upscale retailers and restaurants that will make an investment in the neighborhood.

An association of merchants and residents, called the East 86th Street Association, has installed lamp posts along the street and plans to add landscaping next.

“One of the issues we have is, how do we bring in some upscale retailers and restaurants and get them to participate in the community?” said Elaine M. Walsh, the president of the nonprofit association.

Ms. Walsh said she would like to see 86th Street’s vacant storefronts filled, but she has mixed feelings about the Shake Shack. While the restaurant has a good reputation, and Mr. Meyer has many upscale Manhattan restaurants, Ms. Walsh said she didn’t know if East 86th Street needed another burger stand. Besides several diners and coffee shops selling burgers, there are Burger King and Papaya King.

“Do we want long lines waiting to go into Shake Shack, or do we want restaurants that can accommodate patrons with a sit-down dinner of high quality?” Ms. Walsh asked.

Shake Shack has signed a 15-year lease at 182 East 86th Street, which is between Lexington and Third Avenues at the base of the 440-unit apartment building with circular balconies known as Park Lane Tower. Neither the landlord nor the lessee would reveal the negotiated price. The company’s owners expect to open within the year in the 3,200-square-foot retail space, which is reached via the 2,750-square-foot sunken plaza.

The landlords for 182 East 86th Street, which include the Charles H. Greenthal Management Corporation, have been slowly upgrading the interiors and exteriors over the last two years, spending $2 million to sheathe it in granite, and add a handicapped access ramp and steel gate.

Shake Shack’s chief operating officer, Randy Garutti, said he spotted the space one winter’s day while out for a stroll. Heavily gated, its ramps were once used by skateboarders who frequented a bike and roller skating shop. It was also the location of a fabric store, a gift shop and a vacuum retailer.

There was interest in the space from other restaurants, but the owners say they were happy to sign Shake Shack in the space.

“We’ve just been waiting for the right deal, and we got it,” said Harold A. Bornstein, a Greenthal vice president. “We wanted someone that could use the plaza.”

Mr. Garutti said the Shake Shack intended to make the plaza a place for patrons to have picnics. They will be able to place orders at the Shake Shack stand. There will also be seating inside, he said. Though the plaza extends through to 85th Street, it will be open only on the 86th Street side.

Across the plaza from Park Lane Tower, the 22-story Lucida on the corner of 86th Street and Lexington has the bookstore Barnes & Noble, the clothing store H & M and Sephora, the cosmetics chain.

A block east on the corner of 85th Street and Third Avenue, another new 22-story building, the Brompton, accommodates an Equinox fitness center and has 4,000 square feet — and ample basement space — with 72 feet of store frontage along 86th Street that is still available for lease.

One resident of the Park Lane Tower said she worried about smells from the new Shake Shack. The resident, who declined to give her name, has a balcony. “I live on the 10th floor — will it smell up there?”

The answer should be no, said William West, the chairman of Charles H. Greenthal, who said he went to great lengths in negotiating the lease with Shake Shack to protect neighbors from odors or nuisance.

Other residents of the area — those who do not live in Park Lane Tower — said they believed Shake Shack would be welcomed in a neighborhood that tends to appeal to young families.

“My husband is so excited,” said Ms. Levine, who has two daughters. “I think it’s certainly welcome. It’s not like a chain it’s not another Burger King or Pizzeria Uno. I think 86th Street has become so commercialized, like a mini-mall, so it’s nice to have something more neighborly.”


New Tenant Lifts a Manhattan Street

The sunken plaza at 182 East 86th Street had been abandoned for so long it had begun to spook neighbors.

Even when it was occupied, mostly by stores that sold bargain merchandise, it wasn’t much of a destination. “There was never anything good there,” said Jennifer Levine, who lives nearby on 90th Street. “It was always dingy and dilapidated, and it was almost an eyesore. It wasn’t particularly nice to walk by.”

Now, the plaza, next to the Lucida, a new condominium tower, will become the home of Manhattan’s third Shake Shack burger stand, which promises to bring greenery into the plaza to create a parklike atmosphere. The popular hot dog, burger and frozen custard stand, created in 2004 by Danny Meyer, the New York restaurateur, was one element that improved the atmosphere in Madison Square Park, its first location.

Some residents of East 86th Street seem to expect it to do no less for them.

“If you’re around there and want to have a bite to eat, there’s very little,” said Harriet Kaufman, a local resident and residential real estate broker. “I can’t imagine that Shake Shack won’t succeed.”

The neighborhood, once home to a German-American enclave and a Gimbel’s department store, long ago lost its luster to become a collection of unglamorous retailers and nondescript buildings. But the arrival of new residential development, like the Lucida, has attracted some national retailers to its storefronts.

While those retailers are larger, their commitment to the community can be limited, say local advocates. Merchants have started a campaign to attract smaller, more upscale retailers and restaurants that will make an investment in the neighborhood.

An association of merchants and residents, called the East 86th Street Association, has installed lamp posts along the street and plans to add landscaping next.

“One of the issues we have is, how do we bring in some upscale retailers and restaurants and get them to participate in the community?” said Elaine M. Walsh, the president of the nonprofit association.

Ms. Walsh said she would like to see 86th Street’s vacant storefronts filled, but she has mixed feelings about the Shake Shack. While the restaurant has a good reputation, and Mr. Meyer has many upscale Manhattan restaurants, Ms. Walsh said she didn’t know if East 86th Street needed another burger stand. Besides several diners and coffee shops selling burgers, there are Burger King and Papaya King.

“Do we want long lines waiting to go into Shake Shack, or do we want restaurants that can accommodate patrons with a sit-down dinner of high quality?” Ms. Walsh asked.

Shake Shack has signed a 15-year lease at 182 East 86th Street, which is between Lexington and Third Avenues at the base of the 440-unit apartment building with circular balconies known as Park Lane Tower. Neither the landlord nor the lessee would reveal the negotiated price. The company’s owners expect to open within the year in the 3,200-square-foot retail space, which is reached via the 2,750-square-foot sunken plaza.

The landlords for 182 East 86th Street, which include the Charles H. Greenthal Management Corporation, have been slowly upgrading the interiors and exteriors over the last two years, spending $2 million to sheathe it in granite, and add a handicapped access ramp and steel gate.

Shake Shack’s chief operating officer, Randy Garutti, said he spotted the space one winter’s day while out for a stroll. Heavily gated, its ramps were once used by skateboarders who frequented a bike and roller skating shop. It was also the location of a fabric store, a gift shop and a vacuum retailer.

There was interest in the space from other restaurants, but the owners say they were happy to sign Shake Shack in the space.

“We’ve just been waiting for the right deal, and we got it,” said Harold A. Bornstein, a Greenthal vice president. “We wanted someone that could use the plaza.”

Mr. Garutti said the Shake Shack intended to make the plaza a place for patrons to have picnics. They will be able to place orders at the Shake Shack stand. There will also be seating inside, he said. Though the plaza extends through to 85th Street, it will be open only on the 86th Street side.

Across the plaza from Park Lane Tower, the 22-story Lucida on the corner of 86th Street and Lexington has the bookstore Barnes & Noble, the clothing store H & M and Sephora, the cosmetics chain.

A block east on the corner of 85th Street and Third Avenue, another new 22-story building, the Brompton, accommodates an Equinox fitness center and has 4,000 square feet — and ample basement space — with 72 feet of store frontage along 86th Street that is still available for lease.

One resident of the Park Lane Tower said she worried about smells from the new Shake Shack. The resident, who declined to give her name, has a balcony. “I live on the 10th floor — will it smell up there?”

The answer should be no, said William West, the chairman of Charles H. Greenthal, who said he went to great lengths in negotiating the lease with Shake Shack to protect neighbors from odors or nuisance.

Other residents of the area — those who do not live in Park Lane Tower — said they believed Shake Shack would be welcomed in a neighborhood that tends to appeal to young families.

“My husband is so excited,” said Ms. Levine, who has two daughters. “I think it’s certainly welcome. It’s not like a chain it’s not another Burger King or Pizzeria Uno. I think 86th Street has become so commercialized, like a mini-mall, so it’s nice to have something more neighborly.”


New Tenant Lifts a Manhattan Street

The sunken plaza at 182 East 86th Street had been abandoned for so long it had begun to spook neighbors.

Even when it was occupied, mostly by stores that sold bargain merchandise, it wasn’t much of a destination. “There was never anything good there,” said Jennifer Levine, who lives nearby on 90th Street. “It was always dingy and dilapidated, and it was almost an eyesore. It wasn’t particularly nice to walk by.”

Now, the plaza, next to the Lucida, a new condominium tower, will become the home of Manhattan’s third Shake Shack burger stand, which promises to bring greenery into the plaza to create a parklike atmosphere. The popular hot dog, burger and frozen custard stand, created in 2004 by Danny Meyer, the New York restaurateur, was one element that improved the atmosphere in Madison Square Park, its first location.

Some residents of East 86th Street seem to expect it to do no less for them.

“If you’re around there and want to have a bite to eat, there’s very little,” said Harriet Kaufman, a local resident and residential real estate broker. “I can’t imagine that Shake Shack won’t succeed.”

The neighborhood, once home to a German-American enclave and a Gimbel’s department store, long ago lost its luster to become a collection of unglamorous retailers and nondescript buildings. But the arrival of new residential development, like the Lucida, has attracted some national retailers to its storefronts.

While those retailers are larger, their commitment to the community can be limited, say local advocates. Merchants have started a campaign to attract smaller, more upscale retailers and restaurants that will make an investment in the neighborhood.

An association of merchants and residents, called the East 86th Street Association, has installed lamp posts along the street and plans to add landscaping next.

“One of the issues we have is, how do we bring in some upscale retailers and restaurants and get them to participate in the community?” said Elaine M. Walsh, the president of the nonprofit association.

Ms. Walsh said she would like to see 86th Street’s vacant storefronts filled, but she has mixed feelings about the Shake Shack. While the restaurant has a good reputation, and Mr. Meyer has many upscale Manhattan restaurants, Ms. Walsh said she didn’t know if East 86th Street needed another burger stand. Besides several diners and coffee shops selling burgers, there are Burger King and Papaya King.

“Do we want long lines waiting to go into Shake Shack, or do we want restaurants that can accommodate patrons with a sit-down dinner of high quality?” Ms. Walsh asked.

Shake Shack has signed a 15-year lease at 182 East 86th Street, which is between Lexington and Third Avenues at the base of the 440-unit apartment building with circular balconies known as Park Lane Tower. Neither the landlord nor the lessee would reveal the negotiated price. The company’s owners expect to open within the year in the 3,200-square-foot retail space, which is reached via the 2,750-square-foot sunken plaza.

The landlords for 182 East 86th Street, which include the Charles H. Greenthal Management Corporation, have been slowly upgrading the interiors and exteriors over the last two years, spending $2 million to sheathe it in granite, and add a handicapped access ramp and steel gate.

Shake Shack’s chief operating officer, Randy Garutti, said he spotted the space one winter’s day while out for a stroll. Heavily gated, its ramps were once used by skateboarders who frequented a bike and roller skating shop. It was also the location of a fabric store, a gift shop and a vacuum retailer.

There was interest in the space from other restaurants, but the owners say they were happy to sign Shake Shack in the space.

“We’ve just been waiting for the right deal, and we got it,” said Harold A. Bornstein, a Greenthal vice president. “We wanted someone that could use the plaza.”

Mr. Garutti said the Shake Shack intended to make the plaza a place for patrons to have picnics. They will be able to place orders at the Shake Shack stand. There will also be seating inside, he said. Though the plaza extends through to 85th Street, it will be open only on the 86th Street side.

Across the plaza from Park Lane Tower, the 22-story Lucida on the corner of 86th Street and Lexington has the bookstore Barnes & Noble, the clothing store H & M and Sephora, the cosmetics chain.

A block east on the corner of 85th Street and Third Avenue, another new 22-story building, the Brompton, accommodates an Equinox fitness center and has 4,000 square feet — and ample basement space — with 72 feet of store frontage along 86th Street that is still available for lease.

One resident of the Park Lane Tower said she worried about smells from the new Shake Shack. The resident, who declined to give her name, has a balcony. “I live on the 10th floor — will it smell up there?”

The answer should be no, said William West, the chairman of Charles H. Greenthal, who said he went to great lengths in negotiating the lease with Shake Shack to protect neighbors from odors or nuisance.

Other residents of the area — those who do not live in Park Lane Tower — said they believed Shake Shack would be welcomed in a neighborhood that tends to appeal to young families.

“My husband is so excited,” said Ms. Levine, who has two daughters. “I think it’s certainly welcome. It’s not like a chain it’s not another Burger King or Pizzeria Uno. I think 86th Street has become so commercialized, like a mini-mall, so it’s nice to have something more neighborly.”



コメント:

  1. Crosleah

    わかりました、私はそれが好きでした!



メッセージを書く