カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

香港でのハンバーガー啓発週間に気づいていますか?

香港でのハンバーガー啓発週間に気づいていますか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

フード&ワインマンスだけでは十分ではなかったからです。

香港で開催されるハンバーガー啓発週間です。ぜひご活用ください。

今から土曜日まで、ハンバーガー愛好家のグループが向きを変えようとしています 香港 バーガー意識週間の間に「東のハンバーガーの首都」に。イベントのウェブサイトには、市内で最高のおいしいハンバーガー店の17の検索可能な地図が掲載されています。 (はい、ミルクセーキはアクセサリーとして数えられます。)

いくつかのパートナーもこの機会に敬意を表してスペシャルを提供しています。ブッチャーズクラブバーガーは、昔ながらのパティーメルトをスイートオニオンのグリルで溶かし、溶かしたチェダーチーズを垂らして「トラックストップ」を作りました。喉が渇いた? Soi 7に向かい、タイ風のハンバーガーと一緒に無料のドラフトビールを楽しんだり、BurgerJoysでジムビームを24時間年中無休でお楽しみください。上環のスピークイージーであるパウンド夫人は、午後5時から8時まで無料のハンバーガーを提供しています。毎晩-ハッピーアワーと呼んでください ハンバーガー.

それらすべてを試すのが待ちきれませんか?バーガーアウェアネスウィークのメインイベントは、今週水曜日にワンチャイで開催されるバーガーツアーです。 250ドルで、たった1泊で4つの特製ハンバーガーを味わうことができます。つまり、あと13つです。幸運を!


フィリピン人を人身売買業者の手に誘い込むために使用されたアメリカンドリームの約束、香港の労働者代表は言う

フィリピン領事館の労働者によると、フィリピン人のアメリカンドリームの追求は、人身売買業者によって悪用され、ロシアやトルコなどの他の国に誘い込まれ、希望が打ち砕かれました。

「人身売買業者は米国を利用して被害者を誘惑しています。彼らは、彼らが最初にロシアで働くならば、米国へのビザを取得する方が簡単だと彼らに言います」と、約19万人のフィリピン人家事手伝いに仕えるフィリピン労働雇用局の最高代表であるジャリロデラトーレは言いました。

「私たちは長い間米国の下にいたので、フィリピン人は米国を仕事と生活の魅力的な目的地と見なしています」と彼は言いました。

しかし、家事労働者がロシアに上陸したとき、仕事はなく、米国はさらに遠くに見えます。 「彼らがロシアに着くとき、彼らはしばしば彼ら自身で仕事を見つけなければなりません。彼らはここ香港のリクルーターから、到着時に彼らを待っている仕事があると約束されていますが、それも嘘であることがわかりました」とデラ・トーレは言いました。

香港の代理店を含むさまざまな場所のパートナーが関与する人身売買ネットワークがありますが、デラ・トーレ氏は、「一匹狼」がロシアから都市に飛んでいるケースもあったと述べました。 」。

労働者は、40,000香港ドル(市内の外国人家事手伝いの最低賃金のほぼ8倍)4,410香港ドルもの高額の手数料を支払わなければならない場合があります。

デラ・トーレ氏によると、モスクワに到着し、他の選択肢がないまま放置されると、多くの人が自分で仕事を見つけようとしますが、通常は6か月から1年かかります。ロシアには約5,000人のフィリピン人がいます。

労働者代表は、香港に住むフィリピン人労働者をトルコのような他の目的地に引き付けるために同様の戦略が使用されたと述べた。

彼のコメントは次のようになりました 今週のアジア 米国でフィリピンからの労働者の搾取に関する話を発表しました。この特集では、夢の目的地でさえ、フィリピン人移民がさまざまな形態の虐待にどのように耐えてきたかを詳しく説明しています。

デラ・トーレは、この問題に関するコメントを米国の同僚に延期しました。

中国本土でフィリピン人ヘルパーが死亡した後の人身売買の恐れ

ロサンゼルスのフィリピン領事館のスポークスマンは、人身売買されたフィリピン人に近づいたり紹介されたりしたが、数字を提供できなかったフィリピン人に「可能な限りの法的および領事館の支援」を提供したと述べた。

「私たちはこれらの事件を極秘に扱います」と彼は言いました。

同じスポークスマンは、フィリピン政府は「フィリピン国民を人身売買から保護することを約束している」と述べた。

米国の外交官や国際機関の職員によって搾取されたフィリピンや他の国々の家事労働者の事例に言及して、領事館はコメントできないと述べた。 「上記のビザの乱用は、米国の法執行機関および入国管理局の場合です。」

香港は人身売買との戦いに負けている、と米国の報告書は発見

ワシントンDCのフィリピン大使館のスポークスマンも、米国でのフィリピン人の搾取について具体的なコメントを提供しなかった。しかし、彼は、フィリピンが「人身売買と闘うための国家政策、法律、メカニズムを強化し、改善すること」を続けてきたと述べた。

フィリピンは、人身売買に関する2017年の米国国務省のレポートで、東南アジアで最高ランクのTier1にランク付けされた唯一の国でした。

米国では、テキサス州ヒューストンやカリフォルニア州ロサンゼルスなどのいくつかの都市が、人身売買と闘うためのタスクフォースを立ち上げました。いくつかの言語での啓発キャンペーンは、近年実施されている戦略の1つです。

香港を拠点とするLibertyAsiaの法務部長である反人身売買非営利団体のArchanaKotechaは、「人々がある場所から別の場所に移動することを可能にするシステムの多くの欠陥を指摘しました。このような問題は、送信国と受信国の両方で対処する必要があります。」

彼女は、フィリピンは、目的地の国、労働者の権利、そして彼らがどのように援助にアクセスできるかについての教育を含む、強化された出発前のオリエンテーションを提供すべきであると述べた。

さらに、政府は過大請求するエージェントに対して体系的な行動を取る必要があります。

「これらの機関と彼らが請求するものに対してもっと取り締まる必要がある」とコテカは言った。借金による束縛の問題は、しばしば米国などの目的国に持ち込まれます。

「これらの労働者を送り、送金する州、そして彼らを受け入れ、搾取で知られる産業で働くこれらの個人にビザを与える国には、計り知れない責任があります」と彼女は言いました。

Kotechaは、データ共有や資産追跡など、両国間のより大きな協力が必要であると述べました。

香港は人身売買を禁止する法律を必要としない、と政府は言います:犠牲者は日常的に犯罪とされています、と弁護士会は言います

彼女は、特に「視界が悪く脆弱性が高い」産業では、米国は労働監督の実施にもっと積極的に取り組むべきだと述べた。そして、労働条件を監視し、外交官や国際機関の役員の世帯で働くために米国に連れてこられた家事労働者との定期的な連絡を維持するために、より大きな努力を払うべきである。

今週、香港は市内の人身売買と闘うための行動計画を発表しました。 「この行動計画が完全に実施されることを楽しみにしています」とデラ・トーレは言いました。 「私たちはそれに満足しています。それは正しい方向への一歩ですが、もちろん理想的な状況は香港が独自の反人身売買条例を持っていることです。」

米国国務省のレポートのTier2ウォッチリストに2年連続で掲載されたこの都市は、人身売買の目的地および通過点として説明されています。支持者たちは長い間、反人身売買法を求めてきたが、政府はこの問題は「香港では蔓延していない」と繰り返し述べている。

サウスチャイナモーニングポストからの最新ニュースについては、モバイルアプリをダウンロードしてください。 Copyright2018。


フィリピン人を人身売買業者の手に誘い込むために使用されたアメリカンドリームの約束、香港の労働者代表は言う

フィリピン領事館の労働者によると、フィリピン人のアメリカンドリームの追求は、人身売買業者によって悪用され、ロシアやトルコなどの他の国に誘い込まれ、希望が打ち砕かれました。

「人身売買業者は米国を利用して被害者を誘惑しています。彼らは、彼らが最初にロシアで働くならば、米国へのビザを取得する方が簡単だと彼らに言います」と、約19万人のフィリピン人家事手伝いに仕えるフィリピン労働雇用局の最高代表であるジャリロデラトーレは言いました。

「私たちは長い間米国の下にいたので、フィリピン人は米国を仕事と生活の魅力的な目的地と見なしています」と彼は言いました。

しかし、家事労働者がロシアに上陸したとき、仕事はなく、米国はさらに遠くに見えます。 「彼らがロシアに着くとき、彼らはしばしば彼ら自身で仕事を見つけなければなりません。彼らはここ香港のリクルーターから、到着時に彼らを待っている仕事があると約束されていますが、それも嘘であることがわかりました」とデラ・トーレは言いました。

香港の代理店を含むさまざまな場所のパートナーが関与する人身売買ネットワークがありますが、デラ・トーレ氏は、「一匹狼」がロシアから都市に飛んでいるケースもあったと述べました。 」。

労働者は、40,000香港ドル(市内の外国人家事手伝いの最低賃金のほぼ8倍)4,410香港ドルもの高額の手数料を支払わなければならない場合があります。

デラ・トーレ氏によると、モスクワに到着し、他の選択肢がないまま放置されると、多くの人が自分で仕事を見つけようとしますが、通常は6か月から1年かかります。ロシアには約5,000人のフィリピン人がいます。

労働者代表は、香港に住むフィリピン人労働者をトルコのような他の目的地に引き付けるために同様の戦略が使用されたと述べた。

彼のコメントは次のようになりました 今週のアジア 米国でフィリピンからの労働者の搾取に関する話を発表しました。この特集では、夢の目的地でさえ、フィリピン人移民がさまざまな形態の虐待にどのように耐えてきたかを詳しく説明しています。

デラ・トーレは、この問題に関するコメントを米国の同僚に延期しました。

中国本土でフィリピン人ヘルパーが死亡した後の人身売買の恐れ

ロサンゼルスのフィリピン領事館のスポークスマンは、人身売買されたフィリピン人に近づいたり紹介されたりしたが、数字を提供できなかったフィリピン人に「可能な限りの法的および領事館の支援」を提供したと述べた。

「私たちはこれらの事件を極秘に扱います」と彼は言いました。

同じスポークスマンは、フィリピン政府は「フィリピン国民を人身売買から保護することを約束している」と述べた。

米国の外交官や国際機関の職員によって搾取されたフィリピンや他の国々の家事労働者の事例に言及して、領事館はコメントできないと述べた。 「上記のビザの乱用は、米国の法執行機関および入国管理局の場合です。」

香港は人身売買との戦いに負けている、と米国の報告書は発見

ワシントンDCのフィリピン大使館のスポークスマンも、米国でのフィリピン人の搾取について具体的なコメントを提供しなかった。しかし、彼は、フィリピンが「人身売買と闘うための国家政策、法律、メカニズムを強化し、改善すること」を続けてきたと述べた。

フィリピンは、人身売買に関する2017年の米国国務省のレポートで、東南アジアで最高ランクのTier1にランク付けされた唯一の国でした。

米国では、テキサス州ヒューストンやカリフォルニア州ロサンゼルスなどのいくつかの都市が、人身売買と闘うためのタスクフォースを立ち上げました。いくつかの言語での啓発キャンペーンは、近年実施されている戦略の1つです。

香港を拠点とするLibertyAsiaの法務部長である反人身売買非営利団体のArchanaKotechaは、「人々がある場所から別の場所に移動することを可能にするシステムの多くの欠陥を指摘しました。このような問題は、送信国と受信国の両方で対処する必要があります。」

彼女は、フィリピンは、目的地の国、労働者の権利、そして彼らがどのように援助にアクセスできるかについての教育を含む、強化された出発前のオリエンテーションを提供すべきであると述べた。

さらに、政府は過大請求するエージェントに対して体系的な行動を取る必要があります。

「これらの機関と彼らが請求するものに対してもっと取り締まる必要がある」とコテカは言った。借金による束縛の問題は、しばしば米国などの目的国に持ち込まれます。

「これらの労働者を送り、送金を受け取る州、そして彼らを受け入れ、搾取で知られる産業で働く予定のこれらの個人にビザを与える国には、計り知れない責任があります」と彼女は言いました。

Kotechaは、データ共有や資産追跡など、両国間のより大きな協力が必要であると述べました。

香港は人身売買を禁止する法律を必要としない、と政府は言います:犠牲者は日常的に犯罪とされています、と弁護士会は言います

彼女は、特に「視界が悪く脆弱性が高い」産業では、米国は労働監督の実施にもっと積極的に取り組むべきだと述べた。そして、労働条件を監視し、外交官や国際機関の役員の世帯で働くために米国に連れてこられた家事労働者との定期的な連絡を維持するために、より大きな努力を払うべきである。

今週、香港は市内の人身売買と闘うための行動計画を発表しました。 「この行動計画が完全に実施されることを楽しみにしています」とデラ・トーレは言いました。 「私たちはそれに満足しています。それは正しい方向への一歩ですが、もちろん理想的な状況は香港が独自の反人身売買条例を持っていることです。」

米国国務省のレポートのTier2ウォッチリストに2年連続で掲載されたこの都市は、人身売買の目的地および通過点として説明されています。支持者たちは長い間、反人身売買法を求めてきたが、政府はこの問題は「香港では蔓延していない」と繰り返し述べている。

サウスチャイナモーニングポストからの最新ニュースについては、モバイルアプリをダウンロードしてください。 Copyright2018。


フィリピン人を人身売買業者の手に誘い込むために使用されたアメリカンドリームの約束、香港の労働者代表は言う

フィリピン領事館の労働者によると、フィリピン人のアメリカンドリームの追求は、人身売買業者によって悪用され、ロシアやトルコなどの他の国に誘い込まれ、希望が打ち砕かれました。

「人身売買業者は米国を利用して被害者を誘惑しています。彼らは、彼らが最初にロシアで働くならば、米国へのビザを取得する方が簡単だと彼らに言います」と、約19万人のフィリピン人家事手伝いに仕えるフィリピン労働雇用局の最高代表であるジャリロデラトーレは言いました。

「私たちは長い間米国の下にいたので、フィリピン人は米国を仕事と生活の魅力的な目的地と見なしています」と彼は言いました。

しかし、家事労働者がロシアに上陸したとき、仕事はなく、米国はさらに遠くに見えます。 「彼らがロシアに着くとき、彼らはしばしば彼ら自身で仕事を見つけなければなりません。彼らはここ香港のリクルーターから、到着時に彼らを待っている仕事があると約束されていますが、それも嘘であることがわかりました」とデラ・トーレは言いました。

香港の代理店を含むさまざまな場所のパートナーが関与する人身売買ネットワークがありますが、デラ・トーレ氏は、「一匹狼」がロシアから都市に飛んでいるケースもあったと述べました。 」。

労働者は、40,000香港ドル(市内の外国人家事手伝いの最低賃金のほぼ8倍)4,410香港ドルもの高額の手数料を支払わなければならない場合があります。

デラ・トーレ氏によると、モスクワに到着し、他の選択肢がないまま放置されると、多くの人が自分で仕事を見つけようとしますが、通常は6か月から1年かかります。ロシアには約5,000人のフィリピン人がいます。

労働者代表は、香港に住むフィリピン人労働者をトルコのような他の目的地に引き付けるために同様の戦略が使用されたと述べた。

彼のコメントは次のようになりました 今週のアジア 米国でフィリピンからの労働者の搾取に関する話を発表しました。この特集では、夢の目的地でさえ、フィリピン人移民がさまざまな形態の虐待にどのように耐えてきたかを詳しく説明しています。

デラ・トーレは、この問題に関するコメントを米国の同僚に延期しました。

中国本土でフィリピン人ヘルパーが死亡した後の人身売買の恐れ

ロサンゼルスのフィリピン領事館のスポークスマンは、人身売買されたフィリピン人に近づいたり紹介されたりしたが、数字を提供できなかったフィリピン人に「可能な限りの法的および領事館の支援」を提供したと述べた。

「私たちはこれらの事件を極秘に扱います」と彼は言いました。

同じスポークスマンは、フィリピン政府は「フィリピン国民を人身売買から保護することを約束している」と述べた。

米国の外交官や国際機関の職員によって搾取されたフィリピンや他の国々の家事労働者の事例に言及して、領事館はコメントできないと述べた。 「上記のビザの乱用は、米国の法執行機関および入国管理局の場合です。」

香港は人身売買との戦いに負けている、と米国の報告書は発見

ワシントンDCのフィリピン大使館のスポークスマンも、米国でのフィリピン人の搾取について具体的なコメントを提供しなかった。しかし、彼は、フィリピンが「人身売買と闘うための国家政策、法律、メカニズムを強化し、改善すること」を続けてきたと述べた。

フィリピンは、人身売買に関する2017年の米国国務省のレポートで、東南アジアで最高ランクのTier1にランク付けされた唯一の国でした。

米国では、テキサス州ヒューストンやカリフォルニア州ロサンゼルスなどのいくつかの都市が、人身売買と闘うためのタスクフォースを立ち上げました。いくつかの言語での啓発キャンペーンは、近年実施されている戦略の1つです。

香港を拠点とするLibertyAsiaの法務部長である反人身売買非営利団体のArchanaKotechaは、「人々がある場所から別の場所に移動することを可能にするシステムの多くの欠陥を指摘しました。このような問題は、送信国と受信国の両方で対処する必要があります。」

彼女は、フィリピンは、目的地の国、労働者の権利、そして彼らがどのように援助にアクセスできるかについての教育を含む、強化された出発前のオリエンテーションを提供すべきであると述べた。

さらに、政府は過大請求するエージェントに対して体系的な行動を取る必要があります。

「これらの機関と彼らが請求するものに対してもっと取り締まる必要がある」とコテカは言った。借金による束縛の問題は、しばしば米国などの目的国に持ち込まれます。

「これらの労働者を送り、送金を受け取る州、そして彼らを受け入れ、搾取で知られる産業で働く予定のこれらの個人にビザを与える国には、計り知れない責任があります」と彼女は言いました。

Kotechaは、データ共有や資産追跡など、両国間のより大きな協力が必要であると述べました。

香港は人身売買を禁止する法律を必要としない、と政府は言います:犠牲者は日常的に犯罪とされています、と弁護士会は言います

彼女は、特に「視界が悪く脆弱性が高い」産業では、米国は労働監督の実施にもっと積極的に取り組むべきだと述べた。そして、労働条件を監視し、外交官や国際機関の役員の世帯で働くために米国に連れてこられた家事労働者との定期的な連絡を維持するために、より大きな努力を払うべきである。

今週、香港は市内の人身売買と闘うための行動計画を発表しました。 「この行動計画が完全に実施されることを楽しみにしています」とデラ・トーレは言いました。 「私たちはそれに満足しています。それは正しい方向への一歩ですが、もちろん理想的な状況は香港が独自の反人身売買条例を持っていることです。」

米国国務省のレポートのTier2ウォッチリストに2年連続で掲載されたこの都市は、人身売買の目的地および通過点として説明されています。支持者たちは長い間、反人身売買法を求めてきたが、政府はこの問題は「香港では蔓延していない」と繰り返し述べている。

サウスチャイナモーニングポストからの最新ニュースについては、モバイルアプリをダウンロードしてください。 Copyright2018。


フィリピン人を人身売買業者の手に誘い込むために使用されたアメリカンドリームの約束、香港の労働者代表は言う

フィリピン領事館の労働者によると、フィリピン人のアメリカンドリームの追求は、人身売買業者によって悪用され、ロシアやトルコなどの他の国に誘い込まれ、希望が打ち砕かれました。

「人身売買業者は米国を利用して被害者を誘惑しています。彼らは、彼らが最初にロシアで働くならば、米国へのビザを取得する方が簡単だと彼らに言います」と、約19万人のフィリピン人家事手伝いに仕えるフィリピン労働雇用局の最高代表であるジャリロデラトーレは言いました。

「私たちは長い間米国の下にいたので、フィリピン人は米国を仕事と生活の魅力的な目的地と見なしています」と彼は言いました。

しかし、家事労働者がロシアに上陸したとき、仕事はなく、米国はさらに遠くに見えます。 「彼らがロシアに着くとき、彼らはしばしば彼ら自身で仕事を見つけなければなりません。彼らはここ香港のリクルーターから、到着時に彼らを待っている仕事があると約束されていますが、それも嘘であることがわかりました」とデラ・トーレは言いました。

香港の代理店を含むさまざまな場所のパートナーが関与する人身売買ネットワークがありますが、デラ・トーレ氏は、「一匹狼」がロシアから都市に飛んでいるケースもあったと述べました。 」。

労働者は、40,000香港ドル(市内の外国人家事手伝いの最低賃金のほぼ8倍)4,410香港ドルもの高額の手数料を支払わなければならない場合があります。

デラ・トーレ氏によると、モスクワに到着し、他の選択肢がないまま放置されると、多くの人が自分で仕事を見つけようとしますが、通常は6か月から1年かかります。ロシアには約5,000人のフィリピン人がいます。

労働者代表は、香港に住むフィリピン人労働者をトルコのような他の目的地に引き付けるために同様の戦略が使用されたと述べた。

彼のコメントは次のようになりました 今週のアジア 米国でフィリピンからの労働者の搾取に関する話を発表しました。この特集では、夢の目的地でさえ、フィリピン人移民がさまざまな形態の虐待にどのように耐えてきたかを詳しく説明しています。

デラ・トーレは、この問題に関するコメントを米国の同僚に延期しました。

中国本土でフィリピン人ヘルパーが死亡した後の人身売買の恐れ

ロサンゼルスのフィリピン領事館のスポークスマンは、人身売買されたフィリピン人に近づいたり紹介されたりしたが、数字を提供できなかったフィリピン人に「可能な限りの法的および領事館の支援」を提供したと述べた。

「私たちはこれらの事件を極秘に扱います」と彼は言いました。

同じスポークスマンは、フィリピン政府は「フィリピン国民を人身売買から保護することを約束している」と述べた。

米国の外交官や国際機関の職員によって搾取されたフィリピンや他の国々の家事労働者の事例に言及して、領事館はコメントできないと述べた。 「上記のビザの乱用は、米国の法執行機関および入国管理局の場合です。」

香港は人身売買との戦いに負けている、と米国の報告書は発見

ワシントンDCのフィリピン大使館のスポークスマンも、米国でのフィリピン人の搾取について具体的なコメントを提供しなかった。しかし、彼は、フィリピンが「人身売買と闘うための国家政策、法律、メカニズムを強化し、改善すること」を続けてきたと述べた。

フィリピンは、人身売買に関する2017年の米国国務省のレポートで、東南アジアで最高ランクのTier1にランク付けされた唯一の国でした。

米国では、テキサス州ヒューストンやカリフォルニア州ロサンゼルスなどのいくつかの都市が、人身売買と闘うためのタスクフォースを立ち上げました。いくつかの言語での啓発キャンペーンは、近年実施されている戦略の1つです。

香港を拠点とするLibertyAsiaの法務部長である反人身売買非営利団体のArchanaKotechaは、「人々がある場所から別の場所に移動することを可能にするシステムの多くの欠陥を指摘しました。このような問題は、送信国と受信国の両方で対処する必要があります。」

彼女は、フィリピンは、目的地の国、労働者の権利、そして彼らがどのように援助にアクセスできるかについての教育を含む、強化された出発前のオリエンテーションを提供すべきであると述べた。

さらに、政府は過大請求するエージェントに対して体系的な行動を取る必要があります。

「これらの機関と彼らが請求するものに対してもっと取り締まる必要がある」とコテカは言った。借金による束縛の問題は、米国などの目的国に持ち込まれることがよくあります。

「これらの労働者を送り、送金する州、そして彼らを受け入れ、搾取で知られる産業で働くこれらの個人にビザを与える国には、計り知れない責任があります」と彼女は言いました。

Kotechaは、データ共有や資産追跡など、両国間のより大きな協力が必要であると述べました。

香港は人身売買を禁止する法律を必要としない、と政府は言います:犠牲者は日常的に犯罪とされています、と弁護士会は言います

彼女は、特に「視界が悪く脆弱性が高い」産業では、米国は労働監督の実施にもっと積極的に取り組むべきだと述べた。そして、労働条件を監視し、外交官や国際機関の役員の世帯で働くために米国に連れてこられた家事労働者との定期的な連絡を維持するために、より大きな努力を払うべきである。

今週、香港は市内の人身売買と闘うための行動計画を発表しました。 「この行動計画が完全に実施されることを楽しみにしています」とデラ・トーレは言いました。 「私たちはそれに満足しています。それは正しい方向への一歩ですが、もちろん理想的な状況は香港が独自の反人身売買条例を持っていることです。」

米国国務省のレポートのTier2ウォッチリストに2年連続で掲載されたこの都市は、人身売買の目的地および通過点として説明されています。支持者たちは長い間、反人身売買法を求めてきたが、政府はこの問題は「香港では蔓延していない」と繰り返し述べている。

サウスチャイナモーニングポストからの最新ニュースについては、モバイルアプリをダウンロードしてください。 Copyright2018。


フィリピン人を人身売買業者の手に誘い込むために使用されたアメリカンドリームの約束、香港の労働者代表は言う

フィリピン領事館の労働者によると、フィリピン人のアメリカンドリームの追求は、人身売買業者によって悪用され、ロシアやトルコなどの他の国に誘い込まれ、希望が打ち砕かれました。

「人身売買業者は米国を利用して被害者を誘惑しています。彼らは、彼らが最初にロシアで働くならば、米国へのビザを取得する方が簡単だと彼らに言います」と、約19万人のフィリピン人家事手伝いに仕えるフィリピン労働雇用局の最高代表であるジャリロデラトーレは言いました。

「私たちは長い間米国の下にいたので、フィリピン人は米国を仕事と生活の魅力的な目的地と見なしています」と彼は言いました。

しかし、家事労働者がロシアに上陸したとき、仕事はなく、米国はさらに遠くに見えます。 「彼らがロシアに着くとき、彼らはしばしば彼ら自身で仕事を見つけなければなりません。彼らはここ香港のリクルーターから、到着時に彼らを待っている仕事があると約束されていますが、それも嘘であることがわかりました」とデラ・トーレは言いました。

香港の代理店を含むさまざまな場所のパートナーが関与する人身売買ネットワークがありますが、デラ・トーレ氏は、「一匹狼」がロシアから都市に飛んでいるケースもあったと述べました。 」。

労働者は、40,000香港ドル(市内の外国人家事手伝いの最低賃金のほぼ8倍)4,410香港ドルもの高額の手数料を支払わなければならない場合があります。

デラ・トーレ氏によると、モスクワに到着し、他の選択肢がないまま放置されると、多くの人が自分で仕事を見つけようとしますが、通常は6か月から1年かかります。ロシアには約5,000人のフィリピン人がいます。

労働者代表は、香港に住むフィリピン人労働者をトルコのような他の目的地に引き付けるために同様の戦略が使用されたと述べた。

彼のコメントは次のようになりました 今週のアジア 米国でフィリピンからの労働者の搾取に関する物語を発表しました。この特集では、夢の目的地でさえ、フィリピン人移民がさまざまな形態の虐待にどのように耐えてきたかを詳しく説明しています。

デラ・トーレは、この問題に関するコメントを米国の同僚に延期しました。

中国本土でフィリピン人ヘルパーが死亡した後の人身売買の恐れ

ロサンゼルスのフィリピン領事館のスポークスマンは、人身売買されたフィリピン人に近づいたり紹介されたりしたが、数字を提供できなかったフィリピン人に「可能な限りの法的および領事館の支援」を提供したと述べた。

「私たちはこれらの事件を極秘に扱います」と彼は言いました。

同じスポークスマンは、フィリピン政府は「フィリピン国民を人身売買から保護することを約束している」と述べた。

米国の外交官や国際機関の職員によって搾取されたフィリピンや他の国々の家事労働者の事例に言及して、領事館はコメントできないと述べた。 「上記のビザの乱用は、米国の法執行機関および入国管理局の場合です。」

香港は人身売買との戦いに負けている、と米国の報告書は発見

ワシントンDCのフィリピン大使館のスポークスマンも、米国でのフィリピン人の搾取について具体的なコメントを提供しなかった。しかし、彼は、フィリピンが「人身売買と闘うための国家政策、法律、メカニズムを強化し、改善すること」を続けてきたと述べた。

フィリピンは、人身売買に関する2017年の米国国務省のレポートで、東南アジアで最高ランクのTier1にランク付けされた唯一の国でした。

米国では、テキサス州ヒューストンやカリフォルニア州ロサンゼルスなどのいくつかの都市が、人身売買と闘うためのタスクフォースを立ち上げました。いくつかの言語での啓発キャンペーンは、近年実施されている戦略の1つです。

香港を拠点とするLibertyAsiaの法務部長である反人身売買非営利団体のArchanaKotechaは、「人々がある場所から別の場所に移動することを可能にするシステムの多くの欠陥を指摘しました。このような問題は、送信国と受信国の両方で対処する必要があります。」

She said the Philippines should provide enhanced pre-departure orientation, including education about the country of destination, the workers’ rights and how they can access help.

In addition, the government needs to take systematic action against agents that overcharge.

“There needs to be more of a crackdown on these agencies and on what they charge,” Kotecha said. Debt bondage problems are often carried to countries of destination such as the US.

“There is an immense responsibility on the states sending these workers – and taking their remittances – and in the countries accepting them and granting visas to these individuals who are going to work in industries known for exploitation,” she said.

Kotecha said greater collaboration between both countries, including in data sharing and assets tracing, was needed.

Hong Kong does not need laws against human trafficking, says government: victims are routinely criminalised, says Bar Association

She said that the US should be more proactive in carrying out labour inspections, particularly in “low visibility and high vulnerability” industries. And that it should take greater efforts to monitor working conditions and maintain regular contact with domestic workers brought to the US to work on households of diplomats and international organisation officers.

This week, Hong Kong announced an action plan to combat human trafficking in the city. “We look forward for this action plan to be fully implemented,” Dela Torre said. “We are happy with it, it’s a step in the right direction, but of course the ideal situation would be for Hong Kong to have its own anti-human trafficking ordinance.”

The city, which was placed for two consecutive years in the Tier Two watch list of the US State Department report, has been described as a destination and transit point for human trafficking. Advocates have long called for anti-human traffickings laws, but the government has repeatedly said the problem “is not prevalent in Hong Kong”.

For the latest news from the South China Morning Post download our mobile app. Copyright 2018.


Promise of American dream used to lure Filipinos into hands of human traffickers, Hong Kong labour representative says

Filipinos’ pursuit of the American dream has been exploited by human traffickers to lure them to other countries like Russia and Turkey where they are left abandoned with their hopes quashed, according to the labour attaché at the Philippine consulate in Hong Kong.

“Traffickers use the US to lure the victims. They tell them that it’s easier to get a visa to the US if they work in Russia first,” said Jalilo Dela Torre, the Philippine Department of Labour and Employment’s top representative in the city, who serves some 190,000 Filipino domestic helpers.

“Filipinos look at the US as an attractive destination to work and live, because we were under the US for a long time,” he said.

But when domestic workers land in Russia, there are no jobs, and the US seems even further away. “When they get to Russia, they often have to find jobs on their own. They are promised by recruiters here in Hong Kong that there are jobs waiting for them upon their arrival but it turns out to be lies too,” Dela Torre said.

Although there are trafficking networks that involve partners in different locations, including agencies in Hong Kong, Dela Torre said there had also been cases of “lone wolves” flying from Russia to the city “just to recruit, accept payments and accompany the victims to Russia”.

Workers may have to pay fees as high as HK$40,000 – nearly eight times the minimum wage of foreign domestic helpers in the city – HK$4,410.

Once in Moscow, and left with no other options, many try to find jobs by themselves, which usually takes six months to a year, Dela Torre said. There are some 5,000 Filipinos in Russia.

The labour representative said that a similar strategy has been used to attract Filipino workers living in Hong Kong to other destinations, like Turkey.

His comments came as This Week in Asia published a story on the exploitation of workers from the Philippines in the US. The feature details how, even in their dream destination, Filipino migrants have endured different forms of abuse.

Dela Torre deferred comments about the issue to his colleagues in the US.

Human-trafficking fears after Filipino helper dies in mainland China

A spokesman for the Philippine consulate in Los Angeles said it had extended “all possible legal and consular assistance” to trafficked Filipinos who approached or were referred to them, but could not provide figures.

“We treat these cases with the utmost confidentiality,” he said.

The same spokesman noted that the Philippine government remained “committed to the protection of Filipino nationals from trafficking”.

Referring to the cases of domestic workers from the Philippines – and other nations – who have been exploited by diplomats and officials of international organisations in the US, he said the consulate could not comment. “Any abuse of said visa is a case for US law enforcement and immigration authorities.”

Hong Kong losing the fight against human trafficking, US report finds

A spokesman for the Philippine embassy in Washington DC also did not provide specific comments on the exploitation of Filipinos in the US. However, he said the Philippines had continued “to enhance and improve national policies, legislation and mechanisms to combat trafficking in persons”.

The Philippines was the only country in Southeast Asia placed on Tier 1 – the highest ranking – in the 2017 US State Department report on human trafficking.

In the US, several cities such as Houston, Texas, and Los Angeles, California have launched task forces to combat human trafficking. Public awareness campaigns in several languages are among the strategies that have been implemented in recent years.

Archana Kotecha, the Hong Kong-based head of the Legal Department at Liberty Asia, an anti-human trafficking non-profit group, pointed to “many deficiencies in the system that allow people to move from one place to another. Such issues should be addressed in both sending and receiving countries.”

She said the Philippines should provide enhanced pre-departure orientation, including education about the country of destination, the workers’ rights and how they can access help.

In addition, the government needs to take systematic action against agents that overcharge.

“There needs to be more of a crackdown on these agencies and on what they charge,” Kotecha said. Debt bondage problems are often carried to countries of destination such as the US.

“There is an immense responsibility on the states sending these workers – and taking their remittances – and in the countries accepting them and granting visas to these individuals who are going to work in industries known for exploitation,” she said.

Kotecha said greater collaboration between both countries, including in data sharing and assets tracing, was needed.

Hong Kong does not need laws against human trafficking, says government: victims are routinely criminalised, says Bar Association

She said that the US should be more proactive in carrying out labour inspections, particularly in “low visibility and high vulnerability” industries. And that it should take greater efforts to monitor working conditions and maintain regular contact with domestic workers brought to the US to work on households of diplomats and international organisation officers.

This week, Hong Kong announced an action plan to combat human trafficking in the city. “We look forward for this action plan to be fully implemented,” Dela Torre said. “We are happy with it, it’s a step in the right direction, but of course the ideal situation would be for Hong Kong to have its own anti-human trafficking ordinance.”

The city, which was placed for two consecutive years in the Tier Two watch list of the US State Department report, has been described as a destination and transit point for human trafficking. Advocates have long called for anti-human traffickings laws, but the government has repeatedly said the problem “is not prevalent in Hong Kong”.

For the latest news from the South China Morning Post download our mobile app. Copyright 2018.


Promise of American dream used to lure Filipinos into hands of human traffickers, Hong Kong labour representative says

Filipinos’ pursuit of the American dream has been exploited by human traffickers to lure them to other countries like Russia and Turkey where they are left abandoned with their hopes quashed, according to the labour attaché at the Philippine consulate in Hong Kong.

“Traffickers use the US to lure the victims. They tell them that it’s easier to get a visa to the US if they work in Russia first,” said Jalilo Dela Torre, the Philippine Department of Labour and Employment’s top representative in the city, who serves some 190,000 Filipino domestic helpers.

“Filipinos look at the US as an attractive destination to work and live, because we were under the US for a long time,” he said.

But when domestic workers land in Russia, there are no jobs, and the US seems even further away. “When they get to Russia, they often have to find jobs on their own. They are promised by recruiters here in Hong Kong that there are jobs waiting for them upon their arrival but it turns out to be lies too,” Dela Torre said.

Although there are trafficking networks that involve partners in different locations, including agencies in Hong Kong, Dela Torre said there had also been cases of “lone wolves” flying from Russia to the city “just to recruit, accept payments and accompany the victims to Russia”.

Workers may have to pay fees as high as HK$40,000 – nearly eight times the minimum wage of foreign domestic helpers in the city – HK$4,410.

Once in Moscow, and left with no other options, many try to find jobs by themselves, which usually takes six months to a year, Dela Torre said. There are some 5,000 Filipinos in Russia.

The labour representative said that a similar strategy has been used to attract Filipino workers living in Hong Kong to other destinations, like Turkey.

His comments came as This Week in Asia published a story on the exploitation of workers from the Philippines in the US. The feature details how, even in their dream destination, Filipino migrants have endured different forms of abuse.

Dela Torre deferred comments about the issue to his colleagues in the US.

Human-trafficking fears after Filipino helper dies in mainland China

A spokesman for the Philippine consulate in Los Angeles said it had extended “all possible legal and consular assistance” to trafficked Filipinos who approached or were referred to them, but could not provide figures.

“We treat these cases with the utmost confidentiality,” he said.

The same spokesman noted that the Philippine government remained “committed to the protection of Filipino nationals from trafficking”.

Referring to the cases of domestic workers from the Philippines – and other nations – who have been exploited by diplomats and officials of international organisations in the US, he said the consulate could not comment. “Any abuse of said visa is a case for US law enforcement and immigration authorities.”

Hong Kong losing the fight against human trafficking, US report finds

A spokesman for the Philippine embassy in Washington DC also did not provide specific comments on the exploitation of Filipinos in the US. However, he said the Philippines had continued “to enhance and improve national policies, legislation and mechanisms to combat trafficking in persons”.

The Philippines was the only country in Southeast Asia placed on Tier 1 – the highest ranking – in the 2017 US State Department report on human trafficking.

In the US, several cities such as Houston, Texas, and Los Angeles, California have launched task forces to combat human trafficking. Public awareness campaigns in several languages are among the strategies that have been implemented in recent years.

Archana Kotecha, the Hong Kong-based head of the Legal Department at Liberty Asia, an anti-human trafficking non-profit group, pointed to “many deficiencies in the system that allow people to move from one place to another. Such issues should be addressed in both sending and receiving countries.”

She said the Philippines should provide enhanced pre-departure orientation, including education about the country of destination, the workers’ rights and how they can access help.

In addition, the government needs to take systematic action against agents that overcharge.

“There needs to be more of a crackdown on these agencies and on what they charge,” Kotecha said. Debt bondage problems are often carried to countries of destination such as the US.

“There is an immense responsibility on the states sending these workers – and taking their remittances – and in the countries accepting them and granting visas to these individuals who are going to work in industries known for exploitation,” she said.

Kotecha said greater collaboration between both countries, including in data sharing and assets tracing, was needed.

Hong Kong does not need laws against human trafficking, says government: victims are routinely criminalised, says Bar Association

She said that the US should be more proactive in carrying out labour inspections, particularly in “low visibility and high vulnerability” industries. And that it should take greater efforts to monitor working conditions and maintain regular contact with domestic workers brought to the US to work on households of diplomats and international organisation officers.

This week, Hong Kong announced an action plan to combat human trafficking in the city. “We look forward for this action plan to be fully implemented,” Dela Torre said. “We are happy with it, it’s a step in the right direction, but of course the ideal situation would be for Hong Kong to have its own anti-human trafficking ordinance.”

The city, which was placed for two consecutive years in the Tier Two watch list of the US State Department report, has been described as a destination and transit point for human trafficking. Advocates have long called for anti-human traffickings laws, but the government has repeatedly said the problem “is not prevalent in Hong Kong”.

For the latest news from the South China Morning Post download our mobile app. Copyright 2018.


Promise of American dream used to lure Filipinos into hands of human traffickers, Hong Kong labour representative says

Filipinos’ pursuit of the American dream has been exploited by human traffickers to lure them to other countries like Russia and Turkey where they are left abandoned with their hopes quashed, according to the labour attaché at the Philippine consulate in Hong Kong.

“Traffickers use the US to lure the victims. They tell them that it’s easier to get a visa to the US if they work in Russia first,” said Jalilo Dela Torre, the Philippine Department of Labour and Employment’s top representative in the city, who serves some 190,000 Filipino domestic helpers.

“Filipinos look at the US as an attractive destination to work and live, because we were under the US for a long time,” he said.

But when domestic workers land in Russia, there are no jobs, and the US seems even further away. “When they get to Russia, they often have to find jobs on their own. They are promised by recruiters here in Hong Kong that there are jobs waiting for them upon their arrival but it turns out to be lies too,” Dela Torre said.

Although there are trafficking networks that involve partners in different locations, including agencies in Hong Kong, Dela Torre said there had also been cases of “lone wolves” flying from Russia to the city “just to recruit, accept payments and accompany the victims to Russia”.

Workers may have to pay fees as high as HK$40,000 – nearly eight times the minimum wage of foreign domestic helpers in the city – HK$4,410.

Once in Moscow, and left with no other options, many try to find jobs by themselves, which usually takes six months to a year, Dela Torre said. There are some 5,000 Filipinos in Russia.

The labour representative said that a similar strategy has been used to attract Filipino workers living in Hong Kong to other destinations, like Turkey.

His comments came as This Week in Asia published a story on the exploitation of workers from the Philippines in the US. The feature details how, even in their dream destination, Filipino migrants have endured different forms of abuse.

Dela Torre deferred comments about the issue to his colleagues in the US.

Human-trafficking fears after Filipino helper dies in mainland China

A spokesman for the Philippine consulate in Los Angeles said it had extended “all possible legal and consular assistance” to trafficked Filipinos who approached or were referred to them, but could not provide figures.

“We treat these cases with the utmost confidentiality,” he said.

The same spokesman noted that the Philippine government remained “committed to the protection of Filipino nationals from trafficking”.

Referring to the cases of domestic workers from the Philippines – and other nations – who have been exploited by diplomats and officials of international organisations in the US, he said the consulate could not comment. “Any abuse of said visa is a case for US law enforcement and immigration authorities.”

Hong Kong losing the fight against human trafficking, US report finds

A spokesman for the Philippine embassy in Washington DC also did not provide specific comments on the exploitation of Filipinos in the US. However, he said the Philippines had continued “to enhance and improve national policies, legislation and mechanisms to combat trafficking in persons”.

The Philippines was the only country in Southeast Asia placed on Tier 1 – the highest ranking – in the 2017 US State Department report on human trafficking.

In the US, several cities such as Houston, Texas, and Los Angeles, California have launched task forces to combat human trafficking. Public awareness campaigns in several languages are among the strategies that have been implemented in recent years.

Archana Kotecha, the Hong Kong-based head of the Legal Department at Liberty Asia, an anti-human trafficking non-profit group, pointed to “many deficiencies in the system that allow people to move from one place to another. Such issues should be addressed in both sending and receiving countries.”

She said the Philippines should provide enhanced pre-departure orientation, including education about the country of destination, the workers’ rights and how they can access help.

In addition, the government needs to take systematic action against agents that overcharge.

“There needs to be more of a crackdown on these agencies and on what they charge,” Kotecha said. Debt bondage problems are often carried to countries of destination such as the US.

“There is an immense responsibility on the states sending these workers – and taking their remittances – and in the countries accepting them and granting visas to these individuals who are going to work in industries known for exploitation,” she said.

Kotecha said greater collaboration between both countries, including in data sharing and assets tracing, was needed.

Hong Kong does not need laws against human trafficking, says government: victims are routinely criminalised, says Bar Association

She said that the US should be more proactive in carrying out labour inspections, particularly in “low visibility and high vulnerability” industries. And that it should take greater efforts to monitor working conditions and maintain regular contact with domestic workers brought to the US to work on households of diplomats and international organisation officers.

This week, Hong Kong announced an action plan to combat human trafficking in the city. “We look forward for this action plan to be fully implemented,” Dela Torre said. “We are happy with it, it’s a step in the right direction, but of course the ideal situation would be for Hong Kong to have its own anti-human trafficking ordinance.”

The city, which was placed for two consecutive years in the Tier Two watch list of the US State Department report, has been described as a destination and transit point for human trafficking. Advocates have long called for anti-human traffickings laws, but the government has repeatedly said the problem “is not prevalent in Hong Kong”.

For the latest news from the South China Morning Post download our mobile app. Copyright 2018.


Promise of American dream used to lure Filipinos into hands of human traffickers, Hong Kong labour representative says

Filipinos’ pursuit of the American dream has been exploited by human traffickers to lure them to other countries like Russia and Turkey where they are left abandoned with their hopes quashed, according to the labour attaché at the Philippine consulate in Hong Kong.

“Traffickers use the US to lure the victims. They tell them that it’s easier to get a visa to the US if they work in Russia first,” said Jalilo Dela Torre, the Philippine Department of Labour and Employment’s top representative in the city, who serves some 190,000 Filipino domestic helpers.

“Filipinos look at the US as an attractive destination to work and live, because we were under the US for a long time,” he said.

But when domestic workers land in Russia, there are no jobs, and the US seems even further away. “When they get to Russia, they often have to find jobs on their own. They are promised by recruiters here in Hong Kong that there are jobs waiting for them upon their arrival but it turns out to be lies too,” Dela Torre said.

Although there are trafficking networks that involve partners in different locations, including agencies in Hong Kong, Dela Torre said there had also been cases of “lone wolves” flying from Russia to the city “just to recruit, accept payments and accompany the victims to Russia”.

Workers may have to pay fees as high as HK$40,000 – nearly eight times the minimum wage of foreign domestic helpers in the city – HK$4,410.

Once in Moscow, and left with no other options, many try to find jobs by themselves, which usually takes six months to a year, Dela Torre said. There are some 5,000 Filipinos in Russia.

The labour representative said that a similar strategy has been used to attract Filipino workers living in Hong Kong to other destinations, like Turkey.

His comments came as This Week in Asia published a story on the exploitation of workers from the Philippines in the US. The feature details how, even in their dream destination, Filipino migrants have endured different forms of abuse.

Dela Torre deferred comments about the issue to his colleagues in the US.

Human-trafficking fears after Filipino helper dies in mainland China

A spokesman for the Philippine consulate in Los Angeles said it had extended “all possible legal and consular assistance” to trafficked Filipinos who approached or were referred to them, but could not provide figures.

“We treat these cases with the utmost confidentiality,” he said.

The same spokesman noted that the Philippine government remained “committed to the protection of Filipino nationals from trafficking”.

Referring to the cases of domestic workers from the Philippines – and other nations – who have been exploited by diplomats and officials of international organisations in the US, he said the consulate could not comment. “Any abuse of said visa is a case for US law enforcement and immigration authorities.”

Hong Kong losing the fight against human trafficking, US report finds

A spokesman for the Philippine embassy in Washington DC also did not provide specific comments on the exploitation of Filipinos in the US. However, he said the Philippines had continued “to enhance and improve national policies, legislation and mechanisms to combat trafficking in persons”.

The Philippines was the only country in Southeast Asia placed on Tier 1 – the highest ranking – in the 2017 US State Department report on human trafficking.

In the US, several cities such as Houston, Texas, and Los Angeles, California have launched task forces to combat human trafficking. Public awareness campaigns in several languages are among the strategies that have been implemented in recent years.

Archana Kotecha, the Hong Kong-based head of the Legal Department at Liberty Asia, an anti-human trafficking non-profit group, pointed to “many deficiencies in the system that allow people to move from one place to another. Such issues should be addressed in both sending and receiving countries.”

She said the Philippines should provide enhanced pre-departure orientation, including education about the country of destination, the workers’ rights and how they can access help.

In addition, the government needs to take systematic action against agents that overcharge.

“There needs to be more of a crackdown on these agencies and on what they charge,” Kotecha said. Debt bondage problems are often carried to countries of destination such as the US.

“There is an immense responsibility on the states sending these workers – and taking their remittances – and in the countries accepting them and granting visas to these individuals who are going to work in industries known for exploitation,” she said.

Kotecha said greater collaboration between both countries, including in data sharing and assets tracing, was needed.

Hong Kong does not need laws against human trafficking, says government: victims are routinely criminalised, says Bar Association

She said that the US should be more proactive in carrying out labour inspections, particularly in “low visibility and high vulnerability” industries. And that it should take greater efforts to monitor working conditions and maintain regular contact with domestic workers brought to the US to work on households of diplomats and international organisation officers.

This week, Hong Kong announced an action plan to combat human trafficking in the city. “We look forward for this action plan to be fully implemented,” Dela Torre said. “We are happy with it, it’s a step in the right direction, but of course the ideal situation would be for Hong Kong to have its own anti-human trafficking ordinance.”

The city, which was placed for two consecutive years in the Tier Two watch list of the US State Department report, has been described as a destination and transit point for human trafficking. Advocates have long called for anti-human traffickings laws, but the government has repeatedly said the problem “is not prevalent in Hong Kong”.

For the latest news from the South China Morning Post download our mobile app. Copyright 2018.


Promise of American dream used to lure Filipinos into hands of human traffickers, Hong Kong labour representative says

Filipinos’ pursuit of the American dream has been exploited by human traffickers to lure them to other countries like Russia and Turkey where they are left abandoned with their hopes quashed, according to the labour attaché at the Philippine consulate in Hong Kong.

“Traffickers use the US to lure the victims. They tell them that it’s easier to get a visa to the US if they work in Russia first,” said Jalilo Dela Torre, the Philippine Department of Labour and Employment’s top representative in the city, who serves some 190,000 Filipino domestic helpers.

“Filipinos look at the US as an attractive destination to work and live, because we were under the US for a long time,” he said.

But when domestic workers land in Russia, there are no jobs, and the US seems even further away. “When they get to Russia, they often have to find jobs on their own. They are promised by recruiters here in Hong Kong that there are jobs waiting for them upon their arrival but it turns out to be lies too,” Dela Torre said.

Although there are trafficking networks that involve partners in different locations, including agencies in Hong Kong, Dela Torre said there had also been cases of “lone wolves” flying from Russia to the city “just to recruit, accept payments and accompany the victims to Russia”.

Workers may have to pay fees as high as HK$40,000 – nearly eight times the minimum wage of foreign domestic helpers in the city – HK$4,410.

Once in Moscow, and left with no other options, many try to find jobs by themselves, which usually takes six months to a year, Dela Torre said. There are some 5,000 Filipinos in Russia.

The labour representative said that a similar strategy has been used to attract Filipino workers living in Hong Kong to other destinations, like Turkey.

His comments came as This Week in Asia published a story on the exploitation of workers from the Philippines in the US. The feature details how, even in their dream destination, Filipino migrants have endured different forms of abuse.

Dela Torre deferred comments about the issue to his colleagues in the US.

Human-trafficking fears after Filipino helper dies in mainland China

A spokesman for the Philippine consulate in Los Angeles said it had extended “all possible legal and consular assistance” to trafficked Filipinos who approached or were referred to them, but could not provide figures.

“We treat these cases with the utmost confidentiality,” he said.

The same spokesman noted that the Philippine government remained “committed to the protection of Filipino nationals from trafficking”.

Referring to the cases of domestic workers from the Philippines – and other nations – who have been exploited by diplomats and officials of international organisations in the US, he said the consulate could not comment. “Any abuse of said visa is a case for US law enforcement and immigration authorities.”

Hong Kong losing the fight against human trafficking, US report finds

A spokesman for the Philippine embassy in Washington DC also did not provide specific comments on the exploitation of Filipinos in the US. However, he said the Philippines had continued “to enhance and improve national policies, legislation and mechanisms to combat trafficking in persons”.

The Philippines was the only country in Southeast Asia placed on Tier 1 – the highest ranking – in the 2017 US State Department report on human trafficking.

In the US, several cities such as Houston, Texas, and Los Angeles, California have launched task forces to combat human trafficking. Public awareness campaigns in several languages are among the strategies that have been implemented in recent years.

Archana Kotecha, the Hong Kong-based head of the Legal Department at Liberty Asia, an anti-human trafficking non-profit group, pointed to “many deficiencies in the system that allow people to move from one place to another. Such issues should be addressed in both sending and receiving countries.”

She said the Philippines should provide enhanced pre-departure orientation, including education about the country of destination, the workers’ rights and how they can access help.

In addition, the government needs to take systematic action against agents that overcharge.

“There needs to be more of a crackdown on these agencies and on what they charge,” Kotecha said. Debt bondage problems are often carried to countries of destination such as the US.

“There is an immense responsibility on the states sending these workers – and taking their remittances – and in the countries accepting them and granting visas to these individuals who are going to work in industries known for exploitation,” she said.

Kotecha said greater collaboration between both countries, including in data sharing and assets tracing, was needed.

Hong Kong does not need laws against human trafficking, says government: victims are routinely criminalised, says Bar Association

She said that the US should be more proactive in carrying out labour inspections, particularly in “low visibility and high vulnerability” industries. And that it should take greater efforts to monitor working conditions and maintain regular contact with domestic workers brought to the US to work on households of diplomats and international organisation officers.

This week, Hong Kong announced an action plan to combat human trafficking in the city. “We look forward for this action plan to be fully implemented,” Dela Torre said. “We are happy with it, it’s a step in the right direction, but of course the ideal situation would be for Hong Kong to have its own anti-human trafficking ordinance.”

The city, which was placed for two consecutive years in the Tier Two watch list of the US State Department report, has been described as a destination and transit point for human trafficking. Advocates have long called for anti-human traffickings laws, but the government has repeatedly said the problem “is not prevalent in Hong Kong”.

For the latest news from the South China Morning Post download our mobile app. Copyright 2018.


ビデオを見る: פרק 248- המבורגר שחום ועסיסי (七月 2022).


コメント:

  1. Gram

    それは単に比類のないテーマです:)

  2. Oenomaus

    私の意見では、あなたは間違っています。入力してください。 PMで私に書いてください。

  3. Colvyr

    おめでとう、明るいアイデア



メッセージを書く