カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

これが怖い理由の飛行機が彼らの光を暗くする

これが怖い理由の飛行機が彼らの光を暗くする


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

まだ慌てる必要はありません。それはあなたの安全のためです

怖いですが、その理由は最終的にあなたの命を救うことができる賢い安全予防策です。

TSAのセキュリティを通過しました、あなたのゲートに到着し、飛行機に乗り込みました。機体に問題はありませんが、 誰も護衛されていません、そしてそれは始める時間です。一部の人にとっては、これは 昼寝をするのに最適な時間 —しかし、代わりに空中に出るまで警戒を怠らないことをお勧めします。

飛行機が離着陸時にライトを暗くするのには、非常に正当で恐ろしい理由があります。調光ライトの背後にある考え方は、乗客が外の照明に目を合わせる時間を与えることです。しかし、なぜそれが必要なのでしょうか?

緊急事態が発生した場合、目は外の暗闇に順応するのに時間がかかりますが、明かりが暗くなると、周囲を見てそれに応じて対応するように調整されます。逃げる必要がある場合、目を再調整するときにつまずく時間を無駄にする必要がなければ、どこに向かっているのかがわかりやすく、すばやくそこにたどり着くことができます。ライトを暗くするという安全上の注意がなければ、混沌とした状況ははるかに無秩序で非効率的になる可能性があります。


飛行機での失神はかなり一般的です。この酔っぱらいで起こったことはそうではありませんでした

6時間以上の長距離フライトでは、少なくとも1人の乗客が意識を失うことは珍しくありません。

客室乗務員としての30年間のキャリアの中で、私が勤務中に300人以上の乗客が亡くなりました。 (これは、過去30年間、月に約1人の失神した犠牲者に基づく控えめな見積もりです。)

WebMD.comによると、人々は脱水症、不整脈、低血糖、過呼吸、突然の血圧低下、立ち上がる、そしてもちろんアルコールを飲むなど、さまざまな理由で失神します。空気の循環が悪いことで有名な飛行機では、機内の圧力が高いために脳への酸素が不足していると、問題が悪化する可能性があります。暖かい客室の空気は事態を悪化させる可能性があります。そのため、飛行機の客室の温度は不快なほど低いレベルに設定されることがよくあります。

この話の2つの側面:航空会社の乗客は、シャツを着替えさせたために客室乗務員を解雇したかったのですが、そうでなければ解雇された可能性があります。

私の失神​​した乗客の誰も深刻な医学的合併症に苦しんでいませんでした。ほとんどは崩壊後数秒以内に目覚め、オレンジジュースや水を飲んだ後は正常に戻りました。同僚や私が投与した酸素が必要な人もいました。

失神した乗客は皆、何十人もの人々の前で公にそうしました。その人は通常、自分の席から立ち上がったり、通路につまずいたり、ぐらついた足で隔壁に寄りかかったりしました。そして…バム!その人は、乗組員に警告した仲間の乗客からのあえぎの中で床にくしゃくしゃになりました。

しかし、乗客が意識を失い、誰もその出来事を目撃しなかった場合はどうなるでしょうか。マイアミからブラジルのサンパウロへの最近のフライトで知りました。

事件は午前4時ごろ、8時間の飛行の途中で起こった。飛行機のキャビンは暗かった、いくつかのちらつきのあるシートバックモニターと乗客の読書灯を除いて。 304人の乗客のほとんどは彼らの席で居眠りしました。

しばらくの間、私は一流のキャビンに出席した唯一の乗組員でした。私たちのボーイング777-300は、わずか8席のファーストクラスの構成でした。他の12人の客室乗務員は、ビジネスクラス、メインキャビンでフライス盤を使用するか、契約上の休憩中に乗務員の寝台で寝ました。

小説に没頭している補助座席に座っていると、大きなドキドキが聞こえた。私は立ち上がって一流のキャビンをスキャンしました。 8つの助手席はすべて平らに横たわっていました。座席1Aの男性を除いて、誰もが安らかに眠っているように見えた。少し前に、彼はトイレを使うために席を離れていました。

どきどきが続き、乗客が入ったのと同じ洗面所から音が聞こえた。

数年前、別の長距離飛行で、トイレからの大きな音が聞こえました。乗客の健康を心配して、私はドアを叩き、「大丈夫ですか?」と叫びました。数秒後、ドアが開きました。 2人の赤い顔の恋人が出て行った。

しかし、私のサンパウロ便の乗客は、トイレに足を踏み入れたとき一人でした。

私はドアに近づき、そっとノックした。 "大丈夫ですか?"私は尋ねた。

トイレのドアをノックすることは、客室乗務員にとって複雑な提案です。おそらく、居住者はプライバシーを合理的に期待しており、一人にされたいと思っているため、応答を拒否しています。おそらく彼または彼女はヘッドホンをつけていて、ノックが聞こえません。あるいは、居住者は、せっかちな人が自然の呼びかけを急ぐように彼らに圧力をかけていると思い込んでいるのかもしれません。

しかし、この場合、乗員は危険にさらされていると確信していました。ゴツゴツした音は、重い物が洗面所の壁に投げつけられたかのように聞こえました。

私は別の客室乗務員のパウロを召喚し、彼の助けを求めた。

洗面所の外で一緒に立って、私たち二人はドアをノックしました。

洗面所の外にあるドアロックオーバーライドスイッチを使って、ドアを開けました。パウロと私は中を見て、「ああ、良さ」(またはその近似)を一斉に言いました。

乗客の体は便座と洗面台の間に挟まれていた。目を閉じて、口を開けて、彼は意識を失っているように見えた。

電子機内マニュアルに詳述されている航空会社の手順に従って、私たちは彼の肩を横に振って、彼が大丈夫かどうか尋ねました。彼は応答しませんでした。次に、彼が呼吸しているかどうかを確認しました。彼がいた。私たちは彼を再び揺さぶった。 "大丈夫ですか?大丈夫ですか?"

私たちが彼の体を洗面所から引きずり出し、床に伸ばして船長に警告する前に、乗客は目を覚ました。恥ずかしそうに、彼は「アルコールが多すぎる」と主張したものを飲んだことを謝罪した。

しばらくすると、その男は落ち着きを取り戻した。パウロと私は彼を彼の席に連れて行き、そこで彼は残りの飛行の間ぐっすり眠った。

Journal of the American Medical Assnによると、飛行中のすべての医療緊急事態の約3分の1は、意識の喪失または失神を伴います。その他の一般的な緊急事態は、胃腸(14%)、呼吸器(10%)、および心血管(7%)に分類されます。

最も一般的な緊急事態が意識の喪失である場合、乗客が意識を失う最も一般的な理由は、過度のアルコールを飲むことです。過剰なアルコールは脱水症状を引き起こします。脱水症は、脳への酸素の流れを制限する可能性があります。酸素不足と飛行機の客室の圧力が相まって、一部の乗客は8,000フィートの崖の上に座っているように感じ、機内で失神する可能性があります。

乗客と乗務員にとっては恐ろしい状況です。たぶん、乗客が常に注文すべき飲み物は水であり、追跡者としてではありません。乾杯。

毎週発行されるEscapesニュースレターで、カリフォルニア、西部、そしてその先を探索してください。

ロサンゼルスタイムズからプロモーションコンテンツを受け取る場合があります。


飛行機での失神はかなり一般的です。この酔っぱらいで起こったことはそうではありませんでした

6時間以上の長距離フライトでは、少なくとも1人の乗客が意識を失うことは珍しくありません。

客室乗務員としての30年間のキャリアの中で、私が勤務中に300人以上の乗客が亡くなりました。 (これは、過去30年間、月に約1人の失神した犠牲者に基づく控えめな見積もりです。)

WebMD.comによると、人々は脱水症、不整脈、低血糖、過呼吸、突然の血圧低下、立ち上がる、そしてもちろんアルコールを飲むなど、さまざまな理由で失神します。空気の循環が悪いことで有名な飛行機では、機内の圧力が高いために脳への酸素が不足していると、問題が悪化する可能性があります。暖かい客室の空気は事態を悪化させる可能性があります。そのため、飛行機の客室の温度は不快なほど低いレベルに設定されることがよくあります。

この話の2つの側面:航空会社の乗客は、シャツを着替えさせたために客室乗務員を解雇したかったのですが、そうでなければ解雇された可能性があります。

私の失神​​した乗客の誰も深刻な医学的合併症に苦しんでいませんでした。ほとんどは崩壊後数秒以内に目覚め、オレンジジュースや水を飲んだ後は正常に戻りました。同僚や私が投与した酸素が必要な人もいました。

失神した乗客は皆、何十人もの人々の前で公にそうしました。その人は通常、自分の席から立ち上がったり、通路につまずいたり、ぐらついた足で隔壁に寄りかかったりしました。そして…バム!その人は、乗組員に警告した仲間の乗客からのあえぎの中で床にくしゃくしゃになりました。

しかし、乗客が意識を失い、誰もその出来事を目撃しなかった場合はどうなるでしょうか。マイアミからブラジルのサンパウロへの最近のフライトで知りました。

事件は午前4時ごろ、8時間の飛行の途中で起こった。飛行機のキャビンは暗かった、いくつかのちらつきのあるシートバックモニターと乗客の読書灯を除いて。 304人の乗客のほとんどは彼らの席で居眠りしました。

しばらくの間、私は一流のキャビンに出席した唯一の乗組員でした。私たちのボーイング777-300は、わずか8席のファーストクラスの構成でした。他の12人の客室乗務員は、ビジネスクラス、メインキャビンでフライス盤を使用するか、契約上の休憩中に乗務員の寝台で寝ました。

小説に没頭している補助座席に座っていると、大きなドキドキが聞こえた。私は立ち上がって一流のキャビンをスキャンしました。 8つの助手席はすべて平らに横たわっていました。座席1Aの男性を除いて、誰もが安らかに眠っているように見えた。少し前に、彼はトイレを使うために席を離れていました。

どきどきが続き、乗客が入ったのと同じ洗面所から音が聞こえた。

数年前、別の長距離飛行で、トイレからの大きな音が聞こえました。乗客の健康を心配して、私はドアを叩き、「大丈夫ですか?」と叫びました。数秒後、ドアが開きました。 2人の赤い顔の恋人が出て行った。

しかし、私のサンパウロ便の乗客は、トイレに足を踏み入れたとき一人でした。

私はドアに近づき、そっとノックした。 "大丈夫ですか?"私は尋ねた。

トイレのドアをノックすることは、客室乗務員にとって複雑な提案です。おそらく、居住者はプライバシーを合理的に期待しており、一人にされたいと思っているため、応答を拒否しています。おそらく彼または彼女はヘッドホンをつけていて、ノックが聞こえません。あるいは、居住者は、せっかちな人が自然の呼びかけを急ぐように彼らに圧力をかけていると思い込んでいるのかもしれません。

しかし、この場合、乗員は危険にさらされていると確信していました。ゴツゴツした音は、重い物が洗面所の壁に投げつけられたかのように聞こえました。

私は別の客室乗務員のパウロを召喚し、彼の助けを求めた。

洗面所の外で一緒に立って、私たち二人はドアをノックしました。

洗面所の外にあるドアロックオーバーライドスイッチを使って、ドアを開けました。パウロと私は中を見て、「ああ、良さ」(またはその近似)を一斉に言いました。

乗客の体は便座と洗面台の間に挟まれていた。目を閉じて、口を開けて、彼は意識を失っているように見えた。

電子機内マニュアルに詳述されている航空会社の手順に従って、私たちは彼の肩を横に振って、彼が大丈夫かどうか尋ねました。彼は応答しませんでした。次に、彼が呼吸しているかどうかを確認しました。彼がいた。私たちは彼を再び揺さぶった。 "大丈夫ですか?大丈夫ですか?"

私たちが彼の体を洗面所から引きずり出し、床に伸ばして船長に警告する前に、乗客は目を覚ました。恥ずかしそうに、彼は「アルコールが多すぎる」と主張したものを飲んだことを謝罪した。

しばらくすると、その男は落ち着きを取り戻した。パウロと私は彼を彼の席に連れて行き、そこで彼は残りの飛行の間ぐっすり眠った。

Journal of the American Medical Assnによると、飛行中のすべての医療緊急事態の約3分の1は、意識の喪失または失神を伴います。その他の一般的な緊急事態は、胃腸(14%)、呼吸器(10%)、および心血管(7%)に分類されます。

最も一般的な緊急事態が意識の喪失である場合、乗客が意識を失う最も一般的な理由は、過度のアルコールを飲むことです。過剰なアルコールは脱水症状を引き起こします。脱水症は、脳への酸素の流れを制限する可能性があります。酸素不足と飛行機の客室の圧力が相まって、一部の乗客は8,000フィートの崖の上に座っているように感じ、機内で失神する可能性があります。

乗客と乗務員にとっては恐ろしい状況です。たぶん、乗客が常に注文すべき飲み物は水であり、追跡者としてではありません。乾杯。

毎週発行されるEscapesニュースレターで、カリフォルニア、西部、そしてその先を探索してください。

ロサンゼルスタイムズからプロモーションコンテンツを受け取る場合があります。


飛行機での失神はかなり一般的です。この酔っぱらいで起こったことはそうではありませんでした

6時間以上の長距離フライトでは、少なくとも1人の乗客が意識を失うことは珍しくありません。

客室乗務員としての30年間のキャリアの中で、私が勤務中に300人以上の乗客が亡くなりました。 (これは、過去30年間、月に約1人の失神した犠牲者に基づく控えめな見積もりです。)

WebMD.comによると、人々は脱水症、不整脈、低血糖、過呼吸、突然の血圧低下、立ち上がる、そしてもちろんアルコールを飲むなど、さまざまな理由で失神します。空気の循環が悪いことで有名な飛行機では、機内の圧力が高いために脳への酸素が不足していると、問題が悪化する可能性があります。暖かい客室の空気は事態を悪化させる可能性があります。そのため、飛行機の客室の温度は不快なほど低いレベルに設定されることがよくあります。

この話の2つの側面:航空会社の乗客は、シャツを着替えさせたために客室乗務員を解雇したかったのですが、そうでなければ解雇された可能性があります。

私の失神​​した乗客の誰も深刻な医学的合併症に苦しんでいませんでした。ほとんどは崩壊後数秒以内に目覚め、オレンジジュースや水を飲んだ後は正常に戻りました。同僚や私が投与した酸素が必要な人もいました。

失神した乗客は皆、何十人もの人々の前で公にそうしました。その人は通常、自分の席から立ち上がったり、通路につまずいたり、ぐらついた足で隔壁に寄りかかったりしました。そして…バム!その人は、乗組員に警告した仲間の乗客からのあえぎの中で床にくしゃくしゃになりました。

しかし、乗客が意識を失い、誰もその出来事を目撃しなかった場合はどうなるでしょうか。マイアミからブラジルのサンパウロへの最近のフライトで知りました。

事件は午前4時ごろ、8時間の飛行の途中で起こった。飛行機のキャビンは暗かった、いくつかのちらつきのあるシートバックモニターと乗客の読書灯を除いて。 304人の乗客のほとんどは彼らの席で居眠りしました。

しばらくの間、私は一流のキャビンに出席した唯一の乗組員でした。私たちのボーイング777-300は、わずか8席のファーストクラスの構成でした。他の12人の客室乗務員は、ビジネスクラス、メインキャビンでフライス盤を使用するか、契約上の休憩中に乗務員の寝台で寝ました。

小説に没頭している補助座席に座っていると、大きなドキドキが聞こえた。私は立ち上がって一流のキャビンをスキャンしました。 8つの助手席はすべて平らに横たわっていました。座席1Aの男性を除いて、誰もが安らかに眠っているように見えた。少し前に、彼はトイレを使うために席を離れていました。

どきどきが続き、乗客が入ったのと同じ洗面所から音が聞こえた。

数年前、別の長距離飛行で、トイレからの大きな音が聞こえました。乗客の健康を心配して、ドアを叩いて「大丈夫ですか?」と叫びました。数秒後、ドアが開きました。 2人の赤い顔の恋人が出て行った。

しかし、私のサンパウロ便の乗客は、トイレに足を踏み入れたとき一人でした。

私はドアに近づき、そっとノックした。 "大丈夫ですか?"私は尋ねた。

トイレのドアをノックすることは、客室乗務員にとって複雑な提案です。おそらく、居住者はプライバシーを合理的に期待しており、一人にされたいと思っているため、応答を拒否しています。おそらく彼または彼女はヘッドホンをつけていて、ノックが聞こえません。あるいは、居住者は、せっかちな人が自然の呼びかけを急ぐように彼らに圧力をかけていると思い込んでいるのかもしれません。

しかし、この場合、乗員は危険にさらされていると確信していました。ゴツゴツした音は、重い物が洗面所の壁に投げつけられたかのように聞こえました。

私は別の客室乗務員のパウロを召喚し、彼の助けを求めた。

洗面所の外で一緒に立って、私たち二人はドアをノックしました。

洗面所の外にあるドアロックオーバーライドスイッチを使って、ドアを開けました。パウロと私は中を見て、「ああ、良さ」(またはその近似)を一斉に言いました。

乗客の体は便座と洗面台の間に挟まれていた。目を閉じて、口を開けて、彼は意識を失っているように見えた。

電子機内マニュアルに詳述されている航空会社の手順に従って、私たちは彼の肩を横に振って、彼が大丈夫かどうか尋ねました。彼は応答しませんでした。次に、彼が呼吸しているかどうかを確認しました。彼がいた。私たちは彼を再び揺さぶった。 "大丈夫ですか?大丈夫ですか?"

私たちが彼の体を洗面所から引きずり出し、床に伸ばして船長に警告する前に、乗客は目を覚ました。恥ずかしそうに、彼は「アルコールが多すぎる」と主張したものを飲んだことを謝罪した。

しばらくすると、その男は落ち着きを取り戻した。パウロと私は彼を彼の席に連れて行き、そこで彼は残りの飛行の間ぐっすり眠った。

Journal of the American Medical Assnによると、飛行中のすべての医療緊急事態の約3分の1は、意識の喪失または失神を伴います。その他の一般的な緊急事態は、胃腸(14%)、呼吸器(10%)、および心血管(7%)に分類されます。

最も一般的な緊急事態が意識の喪失である場合、乗客が意識を失う最も一般的な理由は、過度のアルコールを飲むことです。過剰なアルコールは脱水症状を引き起こします。脱水症は、脳への酸素の流れを制限する可能性があります。酸素不足と飛行機の客室の圧力が相まって、一部の乗客は8,000フィートの崖の上に座っているように感じ、機内で失神する可能性があります。

乗客と乗務員にとっては恐ろしい状況です。たぶん、乗客が常に注文すべき飲み物は水であり、追跡者としてではありません。乾杯。

毎週発行されるEscapesニュースレターで、カリフォルニア、西部、そしてその先を探索してください。

ロサンゼルスタイムズからプロモーションコンテンツを受け取る場合があります。


飛行機での失神はかなり一般的です。この酔っぱらいで起こったことはそうではありませんでした

6時間以上の長距離フライトでは、少なくとも1人の乗客が意識を失うことは珍しくありません。

客室乗務員としての30年間のキャリアの中で、私が勤務中に300人以上の乗客が亡くなりました。 (これは、過去30年間、月に約1人の失神した犠牲者に基づく控えめな見積もりです。)

WebMD.comによると、人々は脱水症、不整脈、低血糖、過呼吸、突然の血圧低下、立ち上がる、そしてもちろんアルコールを飲むなど、さまざまな理由で失神します。空気の循環が悪いことで有名な飛行機では、機内の圧力が高いために脳への酸素が不足していると、問題が悪化する可能性があります。暖かい客室の空気は事態を悪化させる可能性があります。そのため、飛行機の客室の温度は不快なほど低いレベルに設定されることがよくあります。

この話の2つの側面:航空会社の乗客は、シャツを着替えさせたために客室乗務員を解雇したかったのですが、そうでなければ解雇された可能性があります。

私の失神​​した乗客の誰も深刻な医学的合併症に苦しんでいませんでした。ほとんどが崩壊後数秒以内に目覚め、オレンジジュースや水を飲んだ後は正常に戻りました。同僚や私が投与した酸素が必要な人もいました。

失神した乗客は皆、何十人もの人々の前で公にそうしました。その人は通常、自分の席から立ち上がったり、通路につまずいたり、ぐらついた足で隔壁に寄りかかったりしました。そして…バム!その人は、乗組員に警告した仲間の乗客からのあえぎの中で床にくしゃくしゃになりました。

しかし、乗客が意識を失い、誰もその出来事を目撃しなかった場合はどうなるでしょうか。マイアミからブラジルのサンパウロへの最近のフライトで知りました。

事件は午前4時ごろ、8時間の飛行の途中で起こった。飛行機のキャビンは暗かった、いくつかのちらつきのあるシートバックモニターと乗客の読書灯を除いて。 304人の乗客のほとんどは彼らの席で居眠りしました。

しばらくの間、私は一流のキャビンに出席した唯一の乗組員でした。私たちのボーイング777-300は、わずか8席のファーストクラスの構成でした。他の12人の客室乗務員は、ビジネスクラス、メインキャビンでフライス盤を使用するか、契約上の休憩中に乗務員の寝台で寝ました。

小説に没頭している補助座席に座っていると、大きなドキドキが聞こえた。私は立ち上がって一流のキャビンをスキャンしました。 8つの助手席はすべて平らに横たわっていました。座席1Aの男性を除いて、誰もが安らかに眠っているように見えた。少し前に、彼はトイレを使うために席を離れていました。

どきどきが続き、乗客が入ったのと同じ洗面所から音が聞こえた。

数年前、別の長距離飛行で、トイレからの大きな音が聞こえました。乗客の健康を心配して、私はドアを叩き、「大丈夫ですか?」と叫びました。数秒後、ドアが開きました。 2人の赤い顔の恋人が出て行った。

しかし、私のサンパウロ便の乗客は、トイレに足を踏み入れたとき一人でした。

私はドアに近づき、そっとノックした。 "大丈夫ですか?"私は尋ねた。

トイレのドアをノックすることは、客室乗務員にとって複雑な提案です。おそらく、居住者はプライバシーを合理的に期待しており、一人にされたいと思っているため、応答を拒否しています。おそらく彼または彼女はヘッドホンをつけていて、ノックが聞こえません。あるいは、居住者は、せっかちな人が自然の呼びかけを急ぐように彼らに圧力をかけていると思い込んでいるのかもしれません。

しかし、この場合、乗員は危険にさらされていると確信していました。ゴツゴツした音は、重い物が洗面所の壁に投げつけられたかのように聞こえました。

私は別の客室乗務員のパウロを召喚し、彼の助けを求めた。

洗面所の外で一緒に立って、私たち二人はドアをノックしました。

洗面所の外にあるドアロックオーバーライドスイッチを使って、ドアを開けました。パウロと私は中を見て、「ああ、良さ」(またはその近似)を一斉に言いました。

乗客の体は便座と洗面台の間に挟まれていた。目を閉じて、口を開けて、彼は意識を失っているように見えた。

電子機内マニュアルに詳述されている航空会社の手順に従って、私たちは彼の肩を横に振って、彼が大丈夫かどうか尋ねました。彼は応答しませんでした。次に、彼が呼吸しているかどうかを確認しました。彼がいた。私たちは彼を再び揺さぶった。 "大丈夫ですか?大丈夫ですか?"

私たちが彼の体を洗面所から引きずり出し、床に伸ばして船長に警告する前に、乗客は目を覚ました。恥ずかしそうに、彼は「アルコールが多すぎる」と主張したものを飲んだことを謝罪した。

しばらくすると、その男は落ち着きを取り戻した。パウロと私は彼を彼の席に連れて行き、そこで彼は残りの飛行の間ぐっすり眠った。

Journal of the American Medical Assnによると、飛行中のすべての医療緊急事態の約3分の1は、意識の喪失または失神を伴います。その他の一般的な緊急事態は、胃腸(14%)、呼吸器(10%)、および心血管(7%)に分類されます。

最も一般的な緊急事態が意識の喪失である場合、乗客が意識を失う最も一般的な理由は、過度のアルコールを飲むことです。過剰なアルコールは脱水症状を引き起こします。脱水症は、脳への酸素の流れを制限する可能性があります。酸素不足と飛行機の客室の圧力が相まって、一部の乗客は8,000フィートの崖の上に座っているように感じ、機内で失神する可能性があります。

乗客と乗務員にとっては恐ろしい状況です。たぶん、乗客が常に注文すべき飲み物は水であり、追跡者としてではありません。乾杯。

毎週発行されるEscapesニュースレターで、カリフォルニア、西部、そしてその先を探索してください。

ロサンゼルスタイムズからプロモーションコンテンツを受け取る場合があります。


飛行機での失神はかなり一般的です。この酔っぱらいで起こったことはそうではありませんでした

6時間以上の長距離フライトでは、少なくとも1人の乗客が意識を失うことは珍しくありません。

客室乗務員としての30年間のキャリアの中で、私が勤務中に300人以上の乗客が亡くなりました。 (これは、過去30年間、月に約1人の失神した犠牲者に基づく控えめな見積もりです。)

WebMD.comによると、人々は脱水症、不整脈、低血糖、過呼吸、突然の血圧低下、立ち上がる、そしてもちろんアルコールを飲むなど、さまざまな理由で失神します。空気の循環が悪いことで有名な飛行機では、機内の圧力が高いために脳への酸素が不足していると、問題が悪化する可能性があります。暖かい客室の空気は事態を悪化させる可能性があります。そのため、飛行機の客室の温度は不快なほど低いレベルに設定されることがよくあります。

この話の2つの側面:航空会社の乗客は、シャツを着替えさせたために客室乗務員を解雇したかったのですが、そうでなければ解雇された可能性があります。

私の失神​​した乗客の誰も深刻な医学的合併症に苦しんでいませんでした。ほとんどは崩壊後数秒以内に目覚め、オレンジジュースや水を飲んだ後は正常に戻りました。同僚や私が投与した酸素が必要な人もいました。

失神した乗客は皆、何十人もの人々の前で公にそうしました。その人は通常、自分の席から立ち上がったり、通路につまずいたり、ぐらついた足で隔壁に寄りかかったりしました。そして…バム!その人は、乗組員に警告した仲間の乗客からのあえぎの中で床にくしゃくしゃになりました。

しかし、乗客が意識を失い、誰もその出来事を目撃しなかった場合はどうなるでしょうか。マイアミからブラジルのサンパウロへの最近のフライトで知りました。

事件は午前4時ごろ、8時間の飛行の途中で起こった。飛行機のキャビンは暗かった、いくつかのちらつきのあるシートバックモニターと乗客の読書灯を除いて。 304人の乗客のほとんどは彼らの席で居眠りしました。

しばらくの間、私は一流のキャビンに出席した唯一の乗組員でした。私たちのボーイング777-300は、わずか8席のファーストクラスの構成でした。他の12人の客室乗務員は、ビジネスクラス、メインキャビンでフライス盤を使用するか、契約上の休憩中に乗務員の寝台で寝ました。

小説に没頭している補助座席に座っていると、大きなドキドキが聞こえた。私は立ち上がって一流のキャビンをスキャンしました。 8つの助手席はすべて平らに横たわっていました。座席1Aの男性を除いて、誰もが安らかに眠っているように見えた。少し前に、彼はトイレを使うために席を離れていました。

どきどきが続き、乗客が入ったのと同じ洗面所から音が聞こえた。

数年前、別の長距離飛行で、トイレからの大きな音が聞こえました。乗客の健康を心配して、ドアを叩いて「大丈夫ですか?」と叫びました。数秒後、ドアが開きました。 2人の赤い顔の恋人が出て行った。

しかし、私のサンパウロ便の乗客は、トイレに足を踏み入れたとき一人でした。

私はドアに近づき、そっとノックした。 "大丈夫ですか?"私は尋ねた。

トイレのドアをノックすることは、客室乗務員にとって複雑な提案です。おそらく、居住者はプライバシーを合理的に期待しており、一人にされたいと思っているため、応答を拒否しています。おそらく彼または彼女はヘッドホンをつけていて、ノックが聞こえません。あるいは、居住者は、せっかちな人が自然の呼びかけを急ぐように彼らに圧力をかけていると思い込んでいるのかもしれません。

しかし、この場合、乗員は危険にさらされていると確信していました。ゴツゴツした音は、重い物が洗面所の壁に投げつけられたかのように聞こえました。

私は別の客室乗務員のパウロを召喚し、彼の助けを求めた。

洗面所の外で一緒に立って、私たち二人はドアをノックしました。

洗面所の外にあるドアロックオーバーライドスイッチを使って、ドアを開けました。パウロと私は中を見て、「ああ、良さ」(またはその近似)を一斉に言いました。

乗客の体は便座と洗面台の間に挟まれていた。目を閉じて、口を開けて、彼は意識を失っているように見えた。

電子機内マニュアルに詳述されている航空会社の手順に従って、私たちは彼の肩を横に振って、彼が大丈夫かどうか尋ねました。彼は応答しませんでした。次に、彼が呼吸しているかどうかを確認しました。彼がいた。私たちは彼を再び揺さぶった。 "大丈夫ですか?大丈夫ですか?"

私たちが彼の体を洗面所から引きずり出し、床に伸ばして船長に警告する前に、乗客は目を覚ました。恥ずかしそうに、彼は「アルコールが多すぎる」と主張したものを飲んだことを謝罪した。

しばらくすると、その男は落ち着きを取り戻した。パウロと私は彼を彼の席に連れて行き、そこで彼は残りの飛行の間ぐっすり眠った。

Journal of the American Medical Assnによると、飛行中のすべての医療緊急事態の約3分の1は、意識の喪失または失神を伴います。その他の一般的な緊急事態は、胃腸(14%)、呼吸器(10%)、および心血管(7%)に分類されます。

最も一般的な緊急事態が意識の喪失である場合、乗客が意識を失う最も一般的な理由は、過度のアルコールを飲むことです。過剰なアルコールは脱水症状を引き起こします。脱水症は、脳への酸素の流れを制限する可能性があります。酸素不足と飛行機の客室の圧力が相まって、一部の乗客は8,000フィートの崖の上に座っているように感じ、機内で失神する可能性があります。

乗客と乗務員にとっては恐ろしい状況です。たぶん、乗客が常に注文すべき飲み物は水であり、追跡者としてではありません。乾杯。

毎週発行されるEscapesニュースレターで、カリフォルニア、西部、そしてその先を探索してください。

ロサンゼルスタイムズからプロモーションコンテンツを受け取る場合があります。


飛行機での失神はかなり一般的です。この酔っぱらいで起こったことはそうではありませんでした

6時間以上の長距離フライトでは、少なくとも1人の乗客が意識を失うことは珍しくありません。

客室乗務員としての30年間のキャリアの中で、私が勤務中に300人以上の乗客が亡くなりました。 (これは、過去30年間、月に約1人の失神した犠牲者に基づく控えめな見積もりです。)

WebMD.comによると、人々は脱水症、不整脈、低血糖、過呼吸、突然の血圧低下、立ち上がる、そしてもちろんアルコールを飲むなど、さまざまな理由で失神します。空気の循環が悪いことで有名な飛行機では、機内の圧力が高いために脳への酸素が不足していると、問題が悪化する可能性があります。暖かい客室の空気は事態を悪化させる可能性があります。そのため、飛行機の客室の温度は不快なほど低いレベルに設定されることがよくあります。

この話の2つの側面:航空会社の乗客は、シャツを着替えさせたために客室乗務員を解雇したかったのですが、そうでなければ解雇された可能性があります。

私の失神​​した乗客の誰も深刻な医学的合併症に苦しんでいませんでした。ほとんどが崩壊後数秒以内に目覚め、オレンジジュースや水を飲んだ後は正常に戻りました。同僚や私が投与した酸素が必要な人もいました。

失神した乗客は皆、何十人もの人々の前で公にそうしました。その人は通常、自分の席から立ち上がったり、通路につまずいたり、ぐらついた足で隔壁に寄りかかったりしました。そして…バム!その人は、乗組員に警告した仲間の乗客からのあえぎの中で床にくしゃくしゃになりました。

しかし、乗客が意識を失い、誰もその出来事を目撃しなかった場合はどうなるでしょうか。マイアミからブラジルのサンパウロへの最近のフライトで知りました。

事件は午前4時ごろ、8時間の飛行の途中で起こった。 The airplane cabin was dark, save a few flickering seatback monitors and passenger reading lights. Most of the 304 passengers dozed in their seats.

For a few moments, I was the only crew member attending the first-class cabin. Our Boeing 777-300 had a first-class configuration of only eight seats. The 12 other flight attendants milled about in business class, the main cabin or slept in the crew bunks during a contractual break.

While sitting on my jump seat, immersed in a novel, I heard a loud thumping. I stood up to scan the first-class cabin. All eight passenger seats were lying flat. Everyone appeared to be sleeping peacefully except the man in seat 1A. Moments earlier, he had left his seat to use the lavatory.

The thumping persisted and the sounds were coming from the same lavatory the passenger had entered.

Years earlier, on a different long-haul flight, I heard thumping noises originating from a lavatory. Concerned about the passenger’s well-being, I banged on the door and shouted, “Are you OK?” After several seconds, the door opened. Two red-faced lovers stepped out.

But the passenger on my Saõ Paulo flight was alone when he stepped into the lavatory.

I approached and knocked softly on the door. “Are you OK?” I asked.

Knocking on a lavatory door is a complicated proposition for a flight attendant. Perhaps the occupant is refusing to respond because he or she has a reasonable expectation of privacy and wants to be left alone. Perhaps he or she is wearing headphones and can’t hear the knock. Or maybe the occupant assumes an impatient person is pressuring them to hurry nature’s call.

In this case, however, I was sure the occupant was in peril. The thumps sounded as though a heavy object had been thrown against the lavatory wall.

I summoned Paulo, another flight attendant, and asked for his help.

Standing together outside the lavatory, both of us knocked on the door.

Using the door lock override switch outside the lavatory, I opened the door. Paulo and I looked inside and said, “Oh, goodness” (or an approximation of that) in unison.

The passenger’s body was wedged between the toilet seat and wash basin. Eyes closed, mouth agape, he appeared to be unconscious.

Following airline procedures detailed in our electronic in-flight manual, we shook him by the shoulders and asked whether he was OK. He did not respond. We then checked to see whether he was breathing.彼がいた。 We shook him again. “Are you OK? Are you OK?”

Before we could drag his body from the lavatory, stretch him on the floor and alert the captain, the passenger woke up. Embarrassed, he apologized for drinking what he claimed to be “too much alcohol.”

After a few moments, the man regained his composure. Paulo and I escorted him to his seat where he slept soundly for the rest of the flight.

About a third of all in-flight medical emergencies involve loss of consciousness, or syncope, according to the Journal of the American Medical Assn. Other common emergencies are classified as gastrointestinal (14%), respiratory (10%) and cardiovascular (7%).

If the most common emergency is loss of consciousness, the most common reason passengers lose consciousness is drinking too much alcohol. Excess alcohol causes dehydration. Dehydration can limit the flow of oxygen to the brain. A lack of oxygen, combined with airplane cabin pressure, can make some passengers feel as though they’re sitting on a cliff at 8,000 feet and can lead to an in-flight fainting spell.

It’s a scary situation for passengers and crew. Maybe the drink passengers should always order is water — and not as a chaser. Cheers.

毎週発行されるEscapesニュースレターで、カリフォルニア、西部、そしてその先を探索してください。

ロサンゼルスタイムズからプロモーションコンテンツを受け取る場合があります。


Passing out on a plane is pretty common. What happened with this drunk was not

On long-haul flights of six hours or more, it’s not unusual for at least one passenger to lose consciousness.

During my 30-year career as a flight attendant, no fewer than 300 passengers have passed out while I was on duty. (This is a conservative estimate based on about one fainting victim a month for the last three decades.)

People faint for a variety of reasons, including dehydration, irregular heart beat, low blood sugar, hyperventilation, a sudden drop in blood pressure, standing up and, of course, drinking alcohol, according to WebMD.com. On an airplane, where air circulation is notoriously poor, the lack of oxygen to the brain because of high cabin pressure can exacerbate the problem. Warm cabin air can make matters worse, which is partly why the temperature in an airplane cabin is often set to an uncomfortably cold level.

Two sides to this story: Airline passenger wanted flight attendant fired for making her change her shirt, but he could have been fired if he hadn’t.

None of my fainting passengers suffered serious medical complications. Most woke within seconds after collapsing and were back to normal after drinking orange juice or water. Some required oxygen that my colleagues or I administered.

Every fainting passenger did so publicly, in front of dozens of people. The person typically rose from his or her seat, stumbled down the aisle or leaned, on wobbly legs, against a bulkhead. And then … bam! The person crumpled to the floor amid gasps from fellow passengers, who alerted the crew.

But what happens when a passenger loses consciousness and no one witnesses the event? I found out on a recent flight from Miami to Saõ Paulo, Brazil.

The incident occurred about 4 a.m., halfway through the eight-hour flight. The airplane cabin was dark, save a few flickering seatback monitors and passenger reading lights. Most of the 304 passengers dozed in their seats.

For a few moments, I was the only crew member attending the first-class cabin. Our Boeing 777-300 had a first-class configuration of only eight seats. The 12 other flight attendants milled about in business class, the main cabin or slept in the crew bunks during a contractual break.

While sitting on my jump seat, immersed in a novel, I heard a loud thumping. I stood up to scan the first-class cabin. All eight passenger seats were lying flat. Everyone appeared to be sleeping peacefully except the man in seat 1A. Moments earlier, he had left his seat to use the lavatory.

The thumping persisted and the sounds were coming from the same lavatory the passenger had entered.

Years earlier, on a different long-haul flight, I heard thumping noises originating from a lavatory. Concerned about the passenger’s well-being, I banged on the door and shouted, “Are you OK?” After several seconds, the door opened. Two red-faced lovers stepped out.

But the passenger on my Saõ Paulo flight was alone when he stepped into the lavatory.

I approached and knocked softly on the door. “Are you OK?” I asked.

Knocking on a lavatory door is a complicated proposition for a flight attendant. Perhaps the occupant is refusing to respond because he or she has a reasonable expectation of privacy and wants to be left alone. Perhaps he or she is wearing headphones and can’t hear the knock. Or maybe the occupant assumes an impatient person is pressuring them to hurry nature’s call.

In this case, however, I was sure the occupant was in peril. The thumps sounded as though a heavy object had been thrown against the lavatory wall.

I summoned Paulo, another flight attendant, and asked for his help.

Standing together outside the lavatory, both of us knocked on the door.

Using the door lock override switch outside the lavatory, I opened the door. Paulo and I looked inside and said, “Oh, goodness” (or an approximation of that) in unison.

The passenger’s body was wedged between the toilet seat and wash basin. Eyes closed, mouth agape, he appeared to be unconscious.

Following airline procedures detailed in our electronic in-flight manual, we shook him by the shoulders and asked whether he was OK. He did not respond. We then checked to see whether he was breathing.彼がいた。 We shook him again. “Are you OK? Are you OK?”

Before we could drag his body from the lavatory, stretch him on the floor and alert the captain, the passenger woke up. Embarrassed, he apologized for drinking what he claimed to be “too much alcohol.”

After a few moments, the man regained his composure. Paulo and I escorted him to his seat where he slept soundly for the rest of the flight.

About a third of all in-flight medical emergencies involve loss of consciousness, or syncope, according to the Journal of the American Medical Assn. Other common emergencies are classified as gastrointestinal (14%), respiratory (10%) and cardiovascular (7%).

If the most common emergency is loss of consciousness, the most common reason passengers lose consciousness is drinking too much alcohol. Excess alcohol causes dehydration. Dehydration can limit the flow of oxygen to the brain. A lack of oxygen, combined with airplane cabin pressure, can make some passengers feel as though they’re sitting on a cliff at 8,000 feet and can lead to an in-flight fainting spell.

It’s a scary situation for passengers and crew. Maybe the drink passengers should always order is water — and not as a chaser. Cheers.

毎週発行されるEscapesニュースレターで、カリフォルニア、西部、そしてその先を探索してください。

ロサンゼルスタイムズからプロモーションコンテンツを受け取る場合があります。


Passing out on a plane is pretty common. What happened with this drunk was not

On long-haul flights of six hours or more, it’s not unusual for at least one passenger to lose consciousness.

During my 30-year career as a flight attendant, no fewer than 300 passengers have passed out while I was on duty. (This is a conservative estimate based on about one fainting victim a month for the last three decades.)

People faint for a variety of reasons, including dehydration, irregular heart beat, low blood sugar, hyperventilation, a sudden drop in blood pressure, standing up and, of course, drinking alcohol, according to WebMD.com. On an airplane, where air circulation is notoriously poor, the lack of oxygen to the brain because of high cabin pressure can exacerbate the problem. Warm cabin air can make matters worse, which is partly why the temperature in an airplane cabin is often set to an uncomfortably cold level.

Two sides to this story: Airline passenger wanted flight attendant fired for making her change her shirt, but he could have been fired if he hadn’t.

None of my fainting passengers suffered serious medical complications. Most woke within seconds after collapsing and were back to normal after drinking orange juice or water. Some required oxygen that my colleagues or I administered.

Every fainting passenger did so publicly, in front of dozens of people. The person typically rose from his or her seat, stumbled down the aisle or leaned, on wobbly legs, against a bulkhead. And then … bam! The person crumpled to the floor amid gasps from fellow passengers, who alerted the crew.

But what happens when a passenger loses consciousness and no one witnesses the event? I found out on a recent flight from Miami to Saõ Paulo, Brazil.

The incident occurred about 4 a.m., halfway through the eight-hour flight. The airplane cabin was dark, save a few flickering seatback monitors and passenger reading lights. Most of the 304 passengers dozed in their seats.

For a few moments, I was the only crew member attending the first-class cabin. Our Boeing 777-300 had a first-class configuration of only eight seats. The 12 other flight attendants milled about in business class, the main cabin or slept in the crew bunks during a contractual break.

While sitting on my jump seat, immersed in a novel, I heard a loud thumping. I stood up to scan the first-class cabin. All eight passenger seats were lying flat. Everyone appeared to be sleeping peacefully except the man in seat 1A. Moments earlier, he had left his seat to use the lavatory.

The thumping persisted and the sounds were coming from the same lavatory the passenger had entered.

Years earlier, on a different long-haul flight, I heard thumping noises originating from a lavatory. Concerned about the passenger’s well-being, I banged on the door and shouted, “Are you OK?” After several seconds, the door opened. Two red-faced lovers stepped out.

But the passenger on my Saõ Paulo flight was alone when he stepped into the lavatory.

I approached and knocked softly on the door. “Are you OK?” I asked.

Knocking on a lavatory door is a complicated proposition for a flight attendant. Perhaps the occupant is refusing to respond because he or she has a reasonable expectation of privacy and wants to be left alone. Perhaps he or she is wearing headphones and can’t hear the knock. Or maybe the occupant assumes an impatient person is pressuring them to hurry nature’s call.

In this case, however, I was sure the occupant was in peril. The thumps sounded as though a heavy object had been thrown against the lavatory wall.

I summoned Paulo, another flight attendant, and asked for his help.

Standing together outside the lavatory, both of us knocked on the door.

Using the door lock override switch outside the lavatory, I opened the door. Paulo and I looked inside and said, “Oh, goodness” (or an approximation of that) in unison.

The passenger’s body was wedged between the toilet seat and wash basin. Eyes closed, mouth agape, he appeared to be unconscious.

Following airline procedures detailed in our electronic in-flight manual, we shook him by the shoulders and asked whether he was OK. He did not respond. We then checked to see whether he was breathing.彼がいた。 We shook him again. “Are you OK? Are you OK?”

Before we could drag his body from the lavatory, stretch him on the floor and alert the captain, the passenger woke up. Embarrassed, he apologized for drinking what he claimed to be “too much alcohol.”

After a few moments, the man regained his composure. Paulo and I escorted him to his seat where he slept soundly for the rest of the flight.

About a third of all in-flight medical emergencies involve loss of consciousness, or syncope, according to the Journal of the American Medical Assn. Other common emergencies are classified as gastrointestinal (14%), respiratory (10%) and cardiovascular (7%).

If the most common emergency is loss of consciousness, the most common reason passengers lose consciousness is drinking too much alcohol. Excess alcohol causes dehydration. Dehydration can limit the flow of oxygen to the brain. A lack of oxygen, combined with airplane cabin pressure, can make some passengers feel as though they’re sitting on a cliff at 8,000 feet and can lead to an in-flight fainting spell.

It’s a scary situation for passengers and crew. Maybe the drink passengers should always order is water — and not as a chaser. Cheers.

毎週発行されるEscapesニュースレターで、カリフォルニア、西部、そしてその先を探索してください。

ロサンゼルスタイムズからプロモーションコンテンツを受け取る場合があります。


Passing out on a plane is pretty common. What happened with this drunk was not

On long-haul flights of six hours or more, it’s not unusual for at least one passenger to lose consciousness.

During my 30-year career as a flight attendant, no fewer than 300 passengers have passed out while I was on duty. (This is a conservative estimate based on about one fainting victim a month for the last three decades.)

People faint for a variety of reasons, including dehydration, irregular heart beat, low blood sugar, hyperventilation, a sudden drop in blood pressure, standing up and, of course, drinking alcohol, according to WebMD.com. On an airplane, where air circulation is notoriously poor, the lack of oxygen to the brain because of high cabin pressure can exacerbate the problem. Warm cabin air can make matters worse, which is partly why the temperature in an airplane cabin is often set to an uncomfortably cold level.

Two sides to this story: Airline passenger wanted flight attendant fired for making her change her shirt, but he could have been fired if he hadn’t.

None of my fainting passengers suffered serious medical complications. Most woke within seconds after collapsing and were back to normal after drinking orange juice or water. Some required oxygen that my colleagues or I administered.

Every fainting passenger did so publicly, in front of dozens of people. The person typically rose from his or her seat, stumbled down the aisle or leaned, on wobbly legs, against a bulkhead. And then … bam! The person crumpled to the floor amid gasps from fellow passengers, who alerted the crew.

But what happens when a passenger loses consciousness and no one witnesses the event? I found out on a recent flight from Miami to Saõ Paulo, Brazil.

The incident occurred about 4 a.m., halfway through the eight-hour flight. The airplane cabin was dark, save a few flickering seatback monitors and passenger reading lights. Most of the 304 passengers dozed in their seats.

For a few moments, I was the only crew member attending the first-class cabin. Our Boeing 777-300 had a first-class configuration of only eight seats. The 12 other flight attendants milled about in business class, the main cabin or slept in the crew bunks during a contractual break.

While sitting on my jump seat, immersed in a novel, I heard a loud thumping. I stood up to scan the first-class cabin. All eight passenger seats were lying flat. Everyone appeared to be sleeping peacefully except the man in seat 1A. Moments earlier, he had left his seat to use the lavatory.

The thumping persisted and the sounds were coming from the same lavatory the passenger had entered.

Years earlier, on a different long-haul flight, I heard thumping noises originating from a lavatory. Concerned about the passenger’s well-being, I banged on the door and shouted, “Are you OK?” After several seconds, the door opened. Two red-faced lovers stepped out.

But the passenger on my Saõ Paulo flight was alone when he stepped into the lavatory.

I approached and knocked softly on the door. “Are you OK?” I asked.

Knocking on a lavatory door is a complicated proposition for a flight attendant. Perhaps the occupant is refusing to respond because he or she has a reasonable expectation of privacy and wants to be left alone. Perhaps he or she is wearing headphones and can’t hear the knock. Or maybe the occupant assumes an impatient person is pressuring them to hurry nature’s call.

In this case, however, I was sure the occupant was in peril. The thumps sounded as though a heavy object had been thrown against the lavatory wall.

I summoned Paulo, another flight attendant, and asked for his help.

Standing together outside the lavatory, both of us knocked on the door.

Using the door lock override switch outside the lavatory, I opened the door. Paulo and I looked inside and said, “Oh, goodness” (or an approximation of that) in unison.

The passenger’s body was wedged between the toilet seat and wash basin. Eyes closed, mouth agape, he appeared to be unconscious.

Following airline procedures detailed in our electronic in-flight manual, we shook him by the shoulders and asked whether he was OK. He did not respond. We then checked to see whether he was breathing.彼がいた。 We shook him again. “Are you OK? Are you OK?”

Before we could drag his body from the lavatory, stretch him on the floor and alert the captain, the passenger woke up. Embarrassed, he apologized for drinking what he claimed to be “too much alcohol.”

After a few moments, the man regained his composure. Paulo and I escorted him to his seat where he slept soundly for the rest of the flight.

About a third of all in-flight medical emergencies involve loss of consciousness, or syncope, according to the Journal of the American Medical Assn. Other common emergencies are classified as gastrointestinal (14%), respiratory (10%) and cardiovascular (7%).

If the most common emergency is loss of consciousness, the most common reason passengers lose consciousness is drinking too much alcohol. Excess alcohol causes dehydration. Dehydration can limit the flow of oxygen to the brain. A lack of oxygen, combined with airplane cabin pressure, can make some passengers feel as though they’re sitting on a cliff at 8,000 feet and can lead to an in-flight fainting spell.

It’s a scary situation for passengers and crew. Maybe the drink passengers should always order is water — and not as a chaser. Cheers.

毎週発行されるEscapesニュースレターで、カリフォルニア、西部、そしてその先を探索してください。

ロサンゼルスタイムズからプロモーションコンテンツを受け取る場合があります。


Passing out on a plane is pretty common. What happened with this drunk was not

On long-haul flights of six hours or more, it’s not unusual for at least one passenger to lose consciousness.

During my 30-year career as a flight attendant, no fewer than 300 passengers have passed out while I was on duty. (This is a conservative estimate based on about one fainting victim a month for the last three decades.)

People faint for a variety of reasons, including dehydration, irregular heart beat, low blood sugar, hyperventilation, a sudden drop in blood pressure, standing up and, of course, drinking alcohol, according to WebMD.com. On an airplane, where air circulation is notoriously poor, the lack of oxygen to the brain because of high cabin pressure can exacerbate the problem. Warm cabin air can make matters worse, which is partly why the temperature in an airplane cabin is often set to an uncomfortably cold level.

Two sides to this story: Airline passenger wanted flight attendant fired for making her change her shirt, but he could have been fired if he hadn’t.

None of my fainting passengers suffered serious medical complications. Most woke within seconds after collapsing and were back to normal after drinking orange juice or water. Some required oxygen that my colleagues or I administered.

Every fainting passenger did so publicly, in front of dozens of people. The person typically rose from his or her seat, stumbled down the aisle or leaned, on wobbly legs, against a bulkhead. And then … bam! The person crumpled to the floor amid gasps from fellow passengers, who alerted the crew.

But what happens when a passenger loses consciousness and no one witnesses the event? I found out on a recent flight from Miami to Saõ Paulo, Brazil.

The incident occurred about 4 a.m., halfway through the eight-hour flight. The airplane cabin was dark, save a few flickering seatback monitors and passenger reading lights. Most of the 304 passengers dozed in their seats.

For a few moments, I was the only crew member attending the first-class cabin. Our Boeing 777-300 had a first-class configuration of only eight seats. The 12 other flight attendants milled about in business class, the main cabin or slept in the crew bunks during a contractual break.

While sitting on my jump seat, immersed in a novel, I heard a loud thumping. I stood up to scan the first-class cabin. All eight passenger seats were lying flat. Everyone appeared to be sleeping peacefully except the man in seat 1A. Moments earlier, he had left his seat to use the lavatory.

The thumping persisted and the sounds were coming from the same lavatory the passenger had entered.

Years earlier, on a different long-haul flight, I heard thumping noises originating from a lavatory. Concerned about the passenger’s well-being, I banged on the door and shouted, “Are you OK?” After several seconds, the door opened. Two red-faced lovers stepped out.

But the passenger on my Saõ Paulo flight was alone when he stepped into the lavatory.

I approached and knocked softly on the door. “Are you OK?” I asked.

Knocking on a lavatory door is a complicated proposition for a flight attendant. Perhaps the occupant is refusing to respond because he or she has a reasonable expectation of privacy and wants to be left alone. Perhaps he or she is wearing headphones and can’t hear the knock. Or maybe the occupant assumes an impatient person is pressuring them to hurry nature’s call.

In this case, however, I was sure the occupant was in peril. The thumps sounded as though a heavy object had been thrown against the lavatory wall.

I summoned Paulo, another flight attendant, and asked for his help.

Standing together outside the lavatory, both of us knocked on the door.

Using the door lock override switch outside the lavatory, I opened the door. Paulo and I looked inside and said, “Oh, goodness” (or an approximation of that) in unison.

The passenger’s body was wedged between the toilet seat and wash basin. Eyes closed, mouth agape, he appeared to be unconscious.

Following airline procedures detailed in our electronic in-flight manual, we shook him by the shoulders and asked whether he was OK. He did not respond. We then checked to see whether he was breathing.彼がいた。 We shook him again. “Are you OK? Are you OK?”

Before we could drag his body from the lavatory, stretch him on the floor and alert the captain, the passenger woke up. Embarrassed, he apologized for drinking what he claimed to be “too much alcohol.”

After a few moments, the man regained his composure. Paulo and I escorted him to his seat where he slept soundly for the rest of the flight.

About a third of all in-flight medical emergencies involve loss of consciousness, or syncope, according to the Journal of the American Medical Assn. Other common emergencies are classified as gastrointestinal (14%), respiratory (10%) and cardiovascular (7%).

If the most common emergency is loss of consciousness, the most common reason passengers lose consciousness is drinking too much alcohol. Excess alcohol causes dehydration. Dehydration can limit the flow of oxygen to the brain. A lack of oxygen, combined with airplane cabin pressure, can make some passengers feel as though they’re sitting on a cliff at 8,000 feet and can lead to an in-flight fainting spell.

It’s a scary situation for passengers and crew. Maybe the drink passengers should always order is water — and not as a chaser. Cheers.

毎週発行されるEscapesニュースレターで、カリフォルニア、西部、そしてその先を探索してください。

ロサンゼルスタイムズからプロモーションコンテンツを受け取る場合があります。