カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

アメリカのベスト15テックスメックスチェーンレストラン(スライドショー)

アメリカのベスト15テックスメックスチェーンレストラン(スライドショー)


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

タコス、ブリトー、エンチラーダが豊富

15)パパシトのカンティーナ

PappasレストランのTex-Mexの前哨基地として、Pappasito’sはこの料理の正義を行っています。彼らのウェブサイトによると、毎年350万ポンド以上のトルティーヤチップスがチェーンの場所で提供されています。聖なるワカモレ!ワカモレと言えば、Pappasito’sはテーブルサイドで新鮮​​なアボカド、トマト、玉ねぎ、ハラペーニョ、ライムジュースを使って調理されています。 1976年に家族経営のレストラン事業として始まったものは、ギリシャ料理、ステーキ、シーフードなどの他の料理を含むように成長しました。 Pappasito’sはそのルーツに忠実であり、その場所の大部分はテキサスにあります。

14)タコカバーナ

タコカバーナは、1978年にテキサス州アラモ市で始まって以来、テキサス州とその周辺に160を超える場所で長い道のりを歩んできました。レストランはもともと、たむろするカジュアルな場所を意図していた。それが拡大した今、Tex-Mex料理はヒットしています。タコカバーナのパティオに座って友達に追いつくのに勝るものはありません。カバナサンプラーを注文してください。これには、チーズエンチラーダ、クリスピータコス、チキンフラウタ、ワカモレ、ライス、豆、小麦粉のトルティーヤなどが含まれます。友達との会話は決して終わりません。

13)エルトリート

カリフォルニアを拠点とするフランチャイズは1954年に最初にオープンし、現代風にアレンジしたメキシコの味を提供し続けています。ストリートタコトリオは、アドボチキンブレスト、アドボステーキ、またはグリルしたオヒョウのオプションがあり、豆とご飯と一緒に出されるお気に入りの1つです。または、より大胆な味わいのために、火で焼いたパシーヤチリレジェノは、パシーヤチリペッパーであなたの口を燃やします。

12)チリズ

Chili’sは今日、焼けるように暑いファヒータ、プレミアムハンバーガー、ベイビーバックリブで知られていますが、レストランは最初にチリの料理コンテストに触発されました。創設者のラリーラヴィーンはテキサス州ターリングアでの料理コンテストに参加し、1975年にダラスにハンバーガー、タコス、チリを提供するレストランを開くことを決定しました。 1,200以上の場所を経て、Chili’sは24か国に拡大し、フィリーチーズステーキサンドイッチやチキンクリスパーなどのアメリカの人気料理を含むようにメニューを拡大しました。

11)デルタコ

このタコスジョイントが1964年にカリフォルニア州ヤーモにオープンしたとき、ハンバーガーは0.24ドル、タコス、トスターダ、フライドポテトは0.19ドルで提供されていました。今日に早送りすると、価格は異なりますが、これらのアイテムやその他のアイテムにより、顧客は戻ってきます。ビールでボロボロになった魚のタコスのようなアメリカンスタイルのタコスや、カルネアサーダまたはチキン、コリアンダー、コーントルティーヤの玉ねぎを添えたタコスアルカーボンのようなより伝統的な選択肢があります。 Tex-Mexが一日の早い段階で渇望するのを満足させるために、朝食ブリトーのような朝食オプションもあります。

10)チュイズ

チュイズが最初に生まれたのは、1982年にマイクヤングとジョンザップが廃墟となった建物をテキサス州オースティンのレストランに変えたいと考えたときです。開店したとき、レストランは色とりどりのタイル、土の駐車場、屋外のトイレがあり、壁の装飾品はスティービーワンダーとエルビスプレスリーのベルベットの絵だけでした。装飾は変わりましたが、ここ数年ずっと一貫しているのは、サウステキサス、ニューメキシコ、そして地域のメキシコ料理です。チュイズの人気商品には、チリレジェノがあります。チリレジェノは、アナハイムペッパーにチーズ、サーロインステーキ、チキンとチーズ、またはエビとチーズを詰めたものです。エルビスグリーンチリフライドチキンもあります。これは、レイのポテトチップスでパンを作り、グリーンチリソースとチェダーチーズを添えています。

9)シェビーフレッシュメックス

カリフォルニアで2番目に大きいTex-Mexフランチャイズとして、Chevysはすべての料理が一から作られていることを約束します。 1986年にカリフォルニア州アラメダで設立されたこのレストランチェーンでの食事は、メキシコのカンティーナや国境の町のカフェでの食事の経験に似せて設計されています。最高の料理の1つは、チキン、ステーキ、エビ、ポートベローマッシュルーム、またはポークカルニタスを添えた焼けるように暑いファヒータです。しかし、ダイニング体験の最高の部分は、エルマチーノと呼ばれるシェビーの社内トルティーヤメーカーです。あなたのトルティーヤがこの機械で作られているのを見てください。それはシェビーの新鮮さと楽しさを増すだけです。

8)ワフーのフィッシュタコス

3人の兄弟が、世界中のさまざまな文化からインスピレーションを得て、1988年にこのチェーンを設立しました。 Wing、Ed、Mingoは、サーフィンへの愛情とメキシコ、ブラジル、ハワイ、アジアのフレーバーを組み合わせてメニューを作成しました。サーフィン会社は、カリフォルニア州オレンジカウンティにオープンした最初の前哨基地にステッカーや装飾品を寄付しました。現在50以上の場所があり、最も人気のあるメニュー項目は魚を使ったシトラススロータコスです(もちろん)。

7)エルポヨロコ

典型的なTex-Mexレストランとは異なり、El Pollo Locoは、1975年に道端のチキンスタンドとしてメキシコのグアサベで始まりました。最初のアメリカンレストランは1980年にロサンゼルスにオープンしました。英語で「エルポヨロコ」とは、このチェーンが得意とする「クレイジーチキン」を意味します。チキンはハーブ、柑橘類のジュース、スパイスでマリネされ、火で焼かれます。ブリトー、サラダで提供され、メインディッシュとして、エルポヨロコのチキンは何度も何度も戻ってくる顧客を持っています。

6)タコベル

これは、すべてのTex-Mexチェーンレストランの中で最大かつ最も知られています。グレンベルという元海兵隊員は、カリフォルニア州サンバーナーディーノでホットドッグスタンドを開いたときにタコベルのコンセプトを作成しましたが、本当の関心は代替メニューアイテムであるタコスにあることに気づきました。今日、世界中に4,600を超えるタコベルフランチャイズがあります。 Crunchwrap SupremesからChalupasまで、TacoBellはいくつかの革新的なTex-Mexを作成しました。しかし、世界を席巻したのはドリトスロコスタコスで、10億ドル以上のこれらの宝石が販売されています。天才タコスは、ドリトスで味付けしたサクサクのタコスの殻に牛ひき肉、レタス、チーズを詰めたものです。

5)国境で

このレストランは、1986年にダラスで始まったその名前と始まりでTex-Mexの文化を象徴しています。すべての料理は、チキンフラウタ、アキオテチキンタコス、自家製ワカモレ、手でプレスしたトルティーヤなど、メキシコとテキサス南部の味に触発されています。もともと焼けるように暑いファヒータとマルガリータに基づいていたチェーンは、現在160以上の場所を持ち、多種多様な本物のテックスメックス料理を提供しています。

4)モーズサウスウェストグリル

クレイジーなメニュー名と高品質の食材で知られるMoe’sは、あらゆる場所で素晴らしい料理を提供しています。彼らは、ケージフリーの鶏肉、ステロイドフリーで穀物で育てられた豚肉、草で育てられたステーキ、そして有機豆腐を約束します。また、マイクロ波、トランス脂肪、MSGは見つかりませんでした。ご飯、豆、チーズ、ピコデガロ、レタス、サワークリーム、ワカモレ、お好みの肉を添えて、ホームレッカーのブリトーを一口食べると嬉しいです。または、ファンクマイスタータコスをお試しください。ブリトーとほぼ同じ材料ですが、小麦粉またはクリスピーコーントルティーヤで提供されます。 Moe’sは、2000年にアトランタに最初の場所がオープンして以来存在しています。現在、世界中に460以上の場所があり、萌の奇抜さとおいしい料理は共有され続けています。

3)キュードバメキシカングリル

このメキシコのグリルは、1995年にデンバーに別の名前でオープンしました。キュードバはかつてズマと呼ばれ、その後Z-TECAメキシカングリルと呼ばれていました。しかし、これらの名前は他のレストランとあまりにも似ていたため、創設者のアンソニーミラーとパートナーのロバートハウザーはキュードバという名前に決めました。今日600以上の場所があり、チェーンはサンフランシスコのコンセプトであるミッションスタイルのブリトーで最もよく知られています。これらはカスタマイズ可能なブリトーで、ローストチリコーン、シュレッドビーフ、ファジタ野菜、アンチョチリバーベキューソース、3チーズケソなどのオプションがあります。おもしろい事実:キュードバ47で、3つのチーズのケソの完璧なブレンドを作成する試みが人々を引き継ぎました。

2)バハフレッシュ

このカリフォルニアを拠点とするチェーンは1990年にオープンし、その名前が示すように、新鮮な食材を強調しています。すべて手作りで未加工です。バハフレッシュの200以上の場所では、缶切り、電子レンジ、ラード、MSG、冷凍庫を目にすることはありません。ご飯、豆、ロースト野菜、玉ねぎ、シラントロ、サルサヴェルデ、チキン、ポークカルニタス、ステーキ、ラインキャッチオノフィッシュ、グリルシュリンプのいずれかを詰めたバハボウルをお試しください。または、プレミアムブリトーの1つを試してみてください。

1)チポトレ

創設者のスティーブエルズは、1993年にデンバーに最初のチポトレをオープンしたとき、手頃な価格の新鮮な食材を使ったレストランを作りたいと思っていました。 。 90年代後半から2000年代初頭にかけて、エルズは会社に革命をもたらした大きな変化を遂げました。彼は、使用するすべての豚肉と鶏肉が自然に育てられるようにしました。最終的に、これはメニューにトランス脂肪がないこと、自然に育てられた牛肉の使用などにつながりました。今日、エルズは責任を持って育てられる肉と農産物を推進するための多大な努力をリードしています。それでも足りないのなら、チポトレは美味しいです。ブリトー、ブリトーボウル、ワカモレで有名です。食べ物は新鮮でおいしいですが、最高の部分はあなたがあなたの食事のためのすべての成分がどこから来たのかを知っているということです。


2021年の18のベストメキシカンレストランフランチャイズ(更新されたランキング)

メキシコ料理は非常に人気があり、特に米国ではイタリア料理に次いで2番目に高い評価を得ている国際的なスタイルです。また、ハンバーガーに次いで2番目に一般的なメニュータイプであり、55,755のレストランを擁する全国のレストラン業界の8%を占めています。

したがって、米国のメキシコ料理レストラン業界は、過去10年間のほとんどで良好な成長を遂げ、2019年には約650億ドルの市場規模に達しました。これは、幅広い消費財およびサービスセクターよりも急速に成長しました。この市場ではフランチャイズが支配的であり、タコベルには2018年に最も近い非フランチャイズの競合他社の2.5倍のレストランがあり、キュードバとモーは最も広範なチェーンのリストで3位と4位になっています。

メキシコのビジネスにはかなりのお金があります。メキシコ料理店の半数以上の平均年間売上高は50万ドルから100万ドルです。ファーストフード業界での彼らの位置は、これがしばしば低いマージンと高い売上によって達成されることを意味します。

メキシコ料理は、伝統的なものからフュージョン料理、ニューメキシコ料理まで、道端のタコスタンドからシットインレストランまで、ますます幅広いレストランをカバーしています。ほとんどの場合、アメリカ南部の定番料理と組み合わされてテックスメックスを形成しますが、メキシコ料理は他の料理とますます混ざり合い、カリフォルニア-メキシコやメキシコ-韓国などの大胆な新しい味を生み出しています。

これは、フランチャイズ可能なダイニングモデルによく合う料理のスタイルです。 2017年にフルサービスのレストランであったメキシコ料理店の58%のうち、97%はカジュアルまたはファミリースタイルのレストランでした。限られたサービスを提供した42%のうち、52%はレストランチェーンの一部でした。これは、リラックスしてアクセスしやすく、よく知られている幅広いブランドに関連付けられているダイニングスタイルであり、フランチャイズに最適です。

メキシコ料理の魅力の一部は、幅広く多様なメニューです。ブリトーやタコスなどの特定の料理で知られているレストランもありますが、ほとんどのレストランではさまざまなスタイルや具材を提供しています。肉の代わりにスパイシーな野菜を詰めたベジタリアンオプションを提供し、乳製品を省くことでこのビーガンを作るのは簡単です。サルサ、ソース、そして余分な唐辛子のスパイス料理は、さまざまな味でたくさんの選択肢を作り出します。あらゆる種類の味覚や食事の要件に適合し、現代の市場に容易に適応できるダイニング体験です。

メキシコ料理のもう1つの重要な利点は、比較的安価なことです。これは、その人気を高め、リピートビジネスを提供するのに役立ちました。また、人々が安価な快適食品を求める経済的に困難な時期に対するある程度の保護も提供します。

多くの飲食店と同様に、メキシコのレストランはCOVID-19の影響を受けました。米国の市場規模は2020年に推定12.3%減少して546億ドルになり、2015年以来の最低点となりました。これにより、ルビオのチェーンの破産やチェーンの閉鎖など、アメリカおよびそれ以降の業界に重大な損失が発生しました。英国のワハカストアの3分の1。別々の要素は食べる直前に組み立てられることが多いため、メキシコ料理は伝統的にピザなどの競合他社ほどテイクアウトを重視していませんでした。これにより、封鎖された世界の課題に対してより脆弱になりました。

幸いなことに、新しい状況への調整により、レストランは適応することができました。配達とテイクアウトへの関心の高まりにより、レストランは座ったままの顧客がいなくてもビジネスを続けることができ、それらの顧客に切望されていた正常感を提供しました。 2021年にワクチンが発売されると、通常どおりのビジネスが再開され、パンデミックの経済的影響が長く感じられる可能性がありますが、メキシコ料理の価格が比較的低いため、これらのレストランは他の多くのレストランよりも優れているはずです。不況の間。

レストラン部門の回復パターンは、フランチャイズにとって特に良いニュースを示しています。大規模なチェーン店は、独立した飲食店よりも回復しているようです。ブランド認知度、顧客ロイヤルティ、または利用可能なサポート構造のいずれであっても、認知度の高いブランドの一部であることは、COVIDの嵐を乗り切る上での利点です。経済が回復し、人々がもっと外食するお金を持っているので、フランチャイズも他のビジネスが閉じたギャップを埋めるのに良い位置にあります。

長期的な傾向はまた、メキシコのレストランフランチャイズに燃料を与えるでしょう。移民の人口は、メキシコ料理の普及と米国での強固な顧客基盤の提供に大きな役割を果たしてきました。最近の移民制限措置にもかかわらず、移民の数は2020年に増加すると予想され、業界に機会を生み出しています。アメリカの人口が増え、多様性が増すにつれて、メキシコのレストラン業界も増えていきます。


2021年の18のベストメキシカンレストランフランチャイズ(更新されたランキング)

メキシコ料理は非常に人気があり、特に米国ではイタリア料理に次いで2番目に高い評価を得ている国際的なスタイルです。また、ハンバーガーに次いで2番目に一般的なメニュータイプであり、55,755のレストランを擁する全国のレストラン業界の8%を占めています。

したがって、米国のメキシコ料理レストラン業界は、過去10年間のほとんどで良好な成長を遂げ、2019年には約650億ドルの市場規模に達しました。これは、幅広い消費財およびサービスセクターよりも急速に成長しました。この市場ではフランチャイズが支配的であり、タコベルには2018年に最も近い非フランチャイズの競合他社の2.5倍のレストランがあり、キュードバとモーは最も広範なチェーンのリストで3位と4位になっています。

メキシコのビジネスにはかなりのお金があります。メキシコ料理店の半数以上の平均年間売上高は50万ドルから100万ドルです。ファーストフード業界での彼らの位置は、これがしばしば低いマージンと高い売上によって達成されることを意味します。

メキシコ料理は、伝統的なものからフュージョン料理、ニューメキシコ料理まで、道端のタコスタンドからシットインレストランまで、ますます幅広いレストランをカバーしています。ほとんどの場合、アメリカ南部の定番料理と組み合わされてテックスメックスを形成しますが、メキシコ料理は他の料理とますます混ざり合い、カリフォルニア-メキシコやメキシコ-韓国などの大胆な新しい味を生み出しています。

これは、フランチャイズ可能なダイニングモデルによく合う料理のスタイルです。 2017年にフルサービスのレストランであったメキシコ料理店の58%のうち、97%はカジュアルまたはファミリースタイルのレストランでした。限られたサービスを提供した42%のうち、52%はレストランチェーンの一部でした。これは、リラックスしてアクセスしやすく、よく知られている幅広いブランドに関連付けられているダイニングスタイルであり、フランチャイズに最適です。

メキシコ料理の魅力の一部は、幅広く多様なメニューです。ブリトーやタコスなどの特定の料理で知られているレストランもありますが、ほとんどのレストランではさまざまなスタイルや具材を提供しています。肉の代わりにスパイシーな野菜を詰めたベジタリアンオプションを提供し、乳製品を省くことでこのビーガンを作るのは簡単です。サルサ、ソース、そして余分な唐辛子のスパイス料理は、さまざまな味でたくさんの選択肢を作り出します。あらゆる種類の味覚や食事の要件に適合し、現代の市場に容易に適応できるダイニング体験です。

メキシコ料理のもう1つの重要な利点は、比較的安価なことです。これは、その人気を高め、リピートビジネスを提供するのに役立ちました。また、人々が安価な快適食品を求める経済的に困難な時期に対するある程度の保護も提供します。

多くの飲食店と同様に、メキシコのレストランはCOVID-19の影響を受けました。米国の市場規模は2020年に推定12.3%減少して546億ドルになり、2015年以来の最低点となりました。これにより、ルビオのチェーンの破産やチェーンの閉鎖など、アメリカおよびそれ以降の業界に重大な損失が発生しました。英国のワハカストアの3分の1。別々の要素は食べる直前に組み立てられることが多いため、メキシコ料理は伝統的にピザなどの競合他社ほどテイクアウトを重視していませんでした。これにより、封鎖された世界の課題に対してより脆弱になりました。

幸いなことに、新しい状況への調整により、レストランは適応することができました。配達とテイクアウトへの関心の高まりにより、レストランは座ったままの顧客がいなくてもビジネスを続けることができ、それらの顧客に切望されていた正常感を提供しました。 2021年にワクチンが発売されると、通常どおりのビジネスが再開され、パンデミックの経済的影響が長く感じられる可能性がありますが、メキシコ料理の価格が比較的低いため、これらのレストランは他の多くのレストランよりも優れているはずです。不況の間。

レストラン部門の回復パターンは、フランチャイズにとって特に良いニュースを示しています。大規模なチェーン店は、独立した飲食店よりも回復しているようです。ブランド認知度、顧客ロイヤルティ、または利用可能なサポート構造のいずれであっても、認知度の高いブランドの一部であることは、COVIDの嵐を乗り切る上での利点です。経済が回復し、人々がもっと外食するお金を持っているので、フランチャイズも他のビジネスが閉じたギャップを埋めるのに良い位置にあります。

長期的な傾向はまた、メキシコのレストランフランチャイズに燃料を与えるでしょう。移民の人口は、メキシコ料理の普及と米国での強固な顧客基盤の提供に大きな役割を果たしてきました。最近の移民制限措置にもかかわらず、移民の数は2020年に増加すると予想され、業界に機会を生み出しています。アメリカの人口が増え、多様性が増すにつれて、メキシコのレストラン業界も増えていきます。


2021年の18のベストメキシカンレストランフランチャイズ(更新されたランキング)

メキシコ料理は非常に人気があり、特に米国ではイタリア料理に次いで2番目に高い評価を得ている国際的なスタイルです。また、ハンバーガーに次いで2番目に一般的なメニュータイプであり、55,755のレストランを擁する全国のレストラン業界の8%を占めています。

したがって、米国のメキシコ料理レストラン業界は、過去10年間のほとんどで良好な成長を遂げ、2019年には約650億ドルの市場規模に達しました。これは、幅広い消費財およびサービスセクターよりも急速に成長しました。この市場ではフランチャイズが支配的であり、タコベルには2018年に最も近い非フランチャイズの競合他社の2.5倍のレストランがあり、キュードバとモーは最も広範なチェーンのリストで3位と4位になっています。

メキシコのビジネスにはかなりのお金があります。メキシコ料理店の半数以上の平均年間売上高は50万ドルから100万ドルです。ファーストフード業界での彼らの位置は、これがしばしば低いマージンと高い売上によって達成されることを意味します。

メキシコ料理は、伝統的なものからフュージョン料理、ニューメキシコ料理まで、道端のタコスタンドからシットインレストランまで、ますます幅広いレストランをカバーしています。ほとんどの場合、アメリカ南部の定番料理と組み合わされてテックスメックスを形成しますが、メキシコ料理は他の料理とますます混ざり合い、カリフォルニア-メキシコやメキシコ-韓国などの大胆な新しい味を生み出しています。

これは、フランチャイズ可能なダイニングモデルによく合う料理のスタイルです。 2017年にフルサービスのレストランであったメキシコ料理店の58%のうち、97%はカジュアルまたはファミリースタイルのレストランでした。限られたサービスを提供した42%のうち、52%はレストランチェーンの一部でした。これは、リラックスしてアクセスしやすく、よく知られている幅広いブランドに関連付けられているダイニングスタイルであり、フランチャイズに最適です。

メキシコ料理の魅力の一部は、幅広く多様なメニューです。ブリトーやタコスなどの特定の料理で知られているレストランもありますが、ほとんどのレストランではさまざまなスタイルや具材を提供しています。肉の代わりにスパイシーな野菜を詰めたベジタリアンオプションを提供し、乳製品を省くことでこのビーガンを作るのは簡単です。サルサ、ソース、そして余分な唐辛子のスパイス料理は、さまざまな味でたくさんの選択肢を作り出します。あらゆる種類の味覚や食事の要件に適合し、現代の市場に容易に適応できるダイニング体験です。

メキシコ料理のもう1つの重要な利点は、比較的安価なことです。これは、その人気を高め、リピートビジネスを提供するのに役立ちました。また、人々が安価な快適食品を求める経済的に困難な時期に対するある程度の保護も提供します。

多くの飲食店と同様に、メキシコのレストランはCOVID-19の影響を受けました。米国の市場規模は2020年に推定12.3%減少して546億ドルになり、2015年以来の最低点となりました。これにより、ルビオのチェーンの破産やチェーンの閉鎖など、アメリカおよびそれ以降の業界に重大な損失が発生しました。英国のワハカストアの3分の1。別々の要素は食べる直前に組み立てられることが多いため、メキシコ料理は伝統的にピザなどの競合他社ほどテイクアウトを重視していませんでした。これにより、封鎖された世界の課題に対してより脆弱になりました。

幸いなことに、新しい状況への調整により、レストランは適応することができました。配達とテイクアウトへの関心の高まりにより、レストランは座ったままの顧客がいなくてもビジネスを続けることができ、それらの顧客に切望されていた正常感を提供しました。 2021年にワクチンが発売されると、通常どおりのビジネスが再開され、パンデミックの経済的影響が長く感じられる可能性がありますが、メキシコ料理の価格が比較的低いため、これらのレストランは他の多くのレストランよりも優れているはずです。不況の間。

レストラン部門の回復パターンは、フランチャイズにとって特に良いニュースを示しています。大規模なチェーン店は、独立した飲食店よりも回復しているようです。ブランド認知度、顧客ロイヤルティ、または利用可能なサポート構造のいずれであっても、認知度の高いブランドの一部であることは、COVIDの嵐を乗り切る上での利点です。経済が回復し、人々がもっと外食するお金を持っているので、フランチャイズも他のビジネスが閉じたギャップを埋めるのに良い位置にあります。

長期的な傾向はまた、メキシコのレストランフランチャイズに燃料を与えるでしょう。移民の人口は、メキシコ料理の普及と米国での強固な顧客基盤の提供に大きな役割を果たしてきました。最近の移民制限措置にもかかわらず、移民の数は2020年に増加すると予想され、業界に機会を生み出しています。アメリカの人口が増え、多様性が増すにつれて、メキシコのレストラン業界も増えていきます。


2021年の18のベストメキシカンレストランフランチャイズ(更新されたランキング)

メキシコ料理は非常に人気があり、特に米国ではイタリア料理に次いで2番目に高い評価を得ている国際的なスタイルです。また、ハンバーガーに次いで2番目に一般的なメニュータイプであり、55,755のレストランを擁する全国のレストラン業界の8%を占めています。

したがって、米国のメキシコ料理レストラン業界は、過去10年間のほとんどで良好な成長を遂げ、2019年には約650億ドルの市場規模に達しました。これは、幅広い消費財およびサービスセクターよりも急速に成長しました。この市場ではフランチャイズが支配的であり、タコベルには2018年に最も近い非フランチャイズの競合他社の2.5倍のレストランがあり、キュードバとモーは最も広範なチェーンのリストで3位と4位になっています。

メキシコのビジネスにはかなりのお金があります。メキシコ料理店の半数以上の平均年間売上高は50万ドルから100万ドルです。ファーストフード業界での彼らの位置は、これがしばしば低いマージンと高い売上によって達成されることを意味します。

メキシコ料理は、伝統的なものからフュージョン料理、ニューメキシコ料理まで、道端のタコスタンドからシットインレストランまで、ますます幅広いレストランをカバーしています。ほとんどの場合、アメリカ南部の定番料理と組み合わされてテックスメックスを形成しますが、メキシコ料理は他の料理とますます混ざり合い、カリフォルニア-メキシコやメキシコ-韓国などの大胆な新しい味を生み出しています。

これは、フランチャイズ可能なダイニングモデルによく合う料理のスタイルです。 2017年にフルサービスのレストランであったメキシコ料理店の58%のうち、97%はカジュアルまたはファミリースタイルのレストランでした。限られたサービスを提供した42%のうち、52%はレストランチェーンの一部でした。これは、リラックスしてアクセスしやすく、よく知られている幅広いブランドに関連付けられているダイニングスタイルであり、フランチャイズに最適です。

メキシコ料理の魅力の一部は、幅広く多様なメニューです。ブリトーやタコスなどの特定の料理で知られているレストランもありますが、ほとんどのレストランではさまざまなスタイルや具材を提供しています。肉の代わりにスパイシーな野菜を詰めたベジタリアンオプションを提供し、乳製品を省くことでこのビーガンを作るのは簡単です。サルサ、ソース、そして余分な唐辛子のスパイス料理は、さまざまな味でたくさんの選択肢を作り出します。あらゆる種類の味覚や食事の要件に適合し、現代の市場に容易に適応できるダイニング体験です。

メキシコ料理のもう1つの重要な利点は、比較的安価なことです。これは、その人気を高め、リピートビジネスを提供するのに役立ちました。それはまた、人々が安価な快適食品を求める経済的に困難な時代に対するある程度の保護を提供します。

多くの飲食店と同様に、メキシコのレストランはCOVID-19の影響を受けました。米国の市場規模は2020年に推定12.3%減少して546億ドルになり、2015年以来の最低点となりました。これにより、ルビオのチェーンの破産やチェーンの閉鎖など、アメリカおよびそれ以降の業界に重大な損失が発生しました。英国のワハカストアの3分の1。別々の要素は食べる直前に組み立てられることが多いため、メキシコ料理は伝統的にピザなどの競合他社ほどテイクアウトを重視していませんでした。これにより、封鎖された世界の課題に対してより脆弱になりました。

幸いなことに、新しい状況への調整により、レストランは適応することができました。配達とテイクアウトへの関心の高まりにより、レストランは座ったままの顧客がいなくてもビジネスを続けることができ、それらの顧客に切望されていた正常感を提供しました。 2021年にワクチンが発売されると、通常どおりのビジネスが再開され、パンデミックの経済的影響が長く感じられる可能性がありますが、メキシコ料理の価格が比較的低いため、これらのレストランは他の多くのレストランよりも優れているはずです。不況の間。

レストラン部門の回復パターンは、フランチャイズにとって特に良いニュースを示しています。大規模なチェーン店は、独立した飲食店よりも回復しているようです。ブランド認知度、顧客ロイヤルティ、または利用可能なサポート構造のいずれであっても、認知度の高いブランドの一部であることは、COVIDの嵐を乗り切る上での利点です。経済が回復し、人々がもっと外食するお金を持っているので、フランチャイズも他のビジネスが閉じたギャップを埋めるのに良い位置にあります。

長期的な傾向はまた、メキシコのレストランフランチャイズに燃料を与えるでしょう。移民の人口は、メキシコ料理の普及と米国での強固な顧客基盤の提供に大きな役割を果たしてきました。最近の移民制限措置にもかかわらず、移民の数は2020年に増加すると予想され、業界に機会を生み出しています。アメリカの人口が増え、多様性が増すにつれて、メキシコのレストラン業界も増えていきます。


2021年の18のベストメキシカンレストランフランチャイズ(更新されたランキング)

メキシコ料理は非常に人気があり、特に米国ではイタリア料理に次いで2番目に高い評価を得ている国際的なスタイルです。また、ハンバーガーに次いで2番目に一般的なメニュータイプであり、55,755のレストランを擁する全国のレストラン業界の8%を占めています。

したがって、米国のメキシコ料理レストラン業界は、過去10年間のほとんどで良好な成長を遂げ、2019年には約650億ドルの市場規模に達しました。これは、幅広い消費財およびサービスセクターよりも急速に成長しました。この市場ではフランチャイズが支配的であり、タコベルには2018年に最も近い非フランチャイズの競合他社の2.5倍のレストランがあり、キュードバとモーは最も広範なチェーンのリストで3位と4位になっています。

メキシコのビジネスにはかなりのお金があります。メキシコ料理店の半数以上の平均年間売上高は50万ドルから100万ドルです。ファーストフード業界での彼らの位置は、これがしばしば低いマージンと高い売上によって達成されることを意味します。

メキシコ料理は、伝統的なものからフュージョン料理、ニューメキシコ料理まで、道端のタコスタンドからシットインレストランまで、ますます幅広いレストランをカバーしています。ほとんどの場合、アメリカ南部の定番料理と組み合わされてテックスメックスを形成しますが、メキシコ料理は他の料理とますます混ざり合い、カリフォルニア-メキシコやメキシコ-韓国などの大胆な新しい味を生み出しています。

これは、フランチャイズ可能なダイニングモデルによく合う料理のスタイルです。 2017年にフルサービスのレストランであったメキシコ料理店の58%のうち、97%はカジュアルまたはファミリースタイルのレストランでした。限られたサービスを提供した42%のうち、52%はレストランチェーンの一部でした。これは、リラックスしてアクセスしやすく、よく知られている幅広いブランドに関連付けられているダイニングスタイルであり、フランチャイズに最適です。

メキシコ料理の魅力の一部は、幅広く多様なメニューです。ブリトーやタコスなどの特定の料理で知られているレストランもありますが、ほとんどのレストランではさまざまなスタイルや具材を提供しています。肉の代わりにスパイシーな野菜を詰めたベジタリアンオプションを提供し、乳製品を省くことでこのビーガンを作るのは簡単です。サルサ、ソース、そして余分な唐辛子のスパイス料理は、さまざまな味でたくさんの選択肢を作り出します。あらゆる種類の味覚や食事の要件に適合し、現代の市場に容易に適応できるダイニング体験です。

メキシコ料理のもう1つの重要な利点は、比較的安価なことです。 This has helped to drive its popularity and provide repeat business. It also provides some protection against economically challenging times, when people seek inexpensive comfort food.

Like many eateries, Mexican restaurants suffered from the impact of COVID-19. The US market size fell by an estimated 12.3% in 2020, to $54.6 billion, its lowest point since 2015. This has led to significant losses for the industry in America and beyond, including the bankruptcy of the Rubio’s chain and the closure of one-third of the Wahaca stores in the UK. Because the separate elements are often assembled immediately before eating, Mexican food hasn’t traditionally been as oriented toward takeaway as competitors such as pizza, and this made it more vulnerable to the challenges of a lockdown world.

Fortunately, adjustments to the new situation have allowed restaurants to adapt. An increased focus on delivery and take away food has let restaurants stay in business while they couldn’t have sit-down customers, and provided those customers with a much-needed sense of normality. As vaccines are rolled out in 2021, business as usual should start to return, and while the economic impacts of the pandemic are likely to be felt for a long time, Mexican food’s relatively low price point should mean that these restaurants do better than many others during a recession.

The pattern of recovery in the restaurant sector shows particularly good news for franchises. Large chains seem to be recovering better than independent eateries. Whether it’s brand recognition, customer loyalty, or the support structures available, being part of a recognized brand is an advantage in weathering the COVID storm. As the economy recovers and people have the money to eat out more, franchises will also be in a good position to fill the gaps where other businesses have closed.

Longer term trends will also give fuel to Mexican restaurant franchises. Immigrant populations have played a large part in popularizing Mexican food and providing the industry with a solid customer base in the US. Despite recent anti-immigrant measures, the number of immigrants is expected to increase in 2020, creating opportunities for the industry. As the American population grows in size and diversity, so will the Mexican restaurant industry.


The 18 Best Mexican Restaurant Franchises of 2021 (Updated Rankings)

Mexican food is hugely popular, especially in the US, where it’s the second most highly rated international style, after Italian. It’s also the second most common menu type, after burgers, and represents 8% of the national restaurant industry, with 55,755 restaurants.

The US Mexican restaurant industry has therefore seen good growth over most of the past decade, reaching a market size of around $65 billion in 2019. It grew faster than the wider consumer goods and services sector. Franchises dominate in this market, with Taco Bell having two and a half times as many restaurants as its nearest non-franchised competitor in 2018, and Qdoba and Moe’s taking third and fourth place in the list of most extensive chains.

There’s good money in the Mexican business. More than half of Mexican restaurants have average annual sales of $500,000 to $1 million. Their place in the fast food industry means that this is often achieved through low margins and high sales.

Mexican food covers an increasingly wide range of restaurants, from traditional to fusion to New Mexican cuisine, from roadside taco stands to sit-in restaurants. Though most often combined with staples of the American south to form Tex-Mex, Mexican food is increasingly mingling with other cuisines to create bold new flavors, such as California-Mexican and Mexican-Korean.

This is a style of food that goes well with a franchisable dining model. Of the 58% of Mexican eateries that were full service restaurants in 2017, 97% were casual or family style restaurants. Of the 42% that offered limited service, 52% were part of a restaurant chain. This is a dining style that’s relaxed, accessible, and often associated with a familiar, widespread brand – perfect for a franchise.

Part of the appeal of Mexican food is the broad and varied menu. While some restaurants are known for a particular dish, such as burritos or tacos, most serve a variety of styles and fillings. It’s easy to provide a vegetarian option with a spicy vegetable filling instead of meat, and to make this vegan by leaving out the dairy. Salsas, sauces, and extra chilis spice dishes up and create a lot of choice with a range of flavors. It’s a dining experience that can fit all sorts of palates and dietary requirements, making it readily adaptable to the modern market.

The other key advantage of Mexican food is that it’s relatively inexpensive. This has helped to drive its popularity and provide repeat business. It also provides some protection against economically challenging times, when people seek inexpensive comfort food.

Like many eateries, Mexican restaurants suffered from the impact of COVID-19. The US market size fell by an estimated 12.3% in 2020, to $54.6 billion, its lowest point since 2015. This has led to significant losses for the industry in America and beyond, including the bankruptcy of the Rubio’s chain and the closure of one-third of the Wahaca stores in the UK. Because the separate elements are often assembled immediately before eating, Mexican food hasn’t traditionally been as oriented toward takeaway as competitors such as pizza, and this made it more vulnerable to the challenges of a lockdown world.

Fortunately, adjustments to the new situation have allowed restaurants to adapt. An increased focus on delivery and take away food has let restaurants stay in business while they couldn’t have sit-down customers, and provided those customers with a much-needed sense of normality. As vaccines are rolled out in 2021, business as usual should start to return, and while the economic impacts of the pandemic are likely to be felt for a long time, Mexican food’s relatively low price point should mean that these restaurants do better than many others during a recession.

The pattern of recovery in the restaurant sector shows particularly good news for franchises. Large chains seem to be recovering better than independent eateries. Whether it’s brand recognition, customer loyalty, or the support structures available, being part of a recognized brand is an advantage in weathering the COVID storm. As the economy recovers and people have the money to eat out more, franchises will also be in a good position to fill the gaps where other businesses have closed.

Longer term trends will also give fuel to Mexican restaurant franchises. Immigrant populations have played a large part in popularizing Mexican food and providing the industry with a solid customer base in the US. Despite recent anti-immigrant measures, the number of immigrants is expected to increase in 2020, creating opportunities for the industry. As the American population grows in size and diversity, so will the Mexican restaurant industry.


The 18 Best Mexican Restaurant Franchises of 2021 (Updated Rankings)

Mexican food is hugely popular, especially in the US, where it’s the second most highly rated international style, after Italian. It’s also the second most common menu type, after burgers, and represents 8% of the national restaurant industry, with 55,755 restaurants.

The US Mexican restaurant industry has therefore seen good growth over most of the past decade, reaching a market size of around $65 billion in 2019. It grew faster than the wider consumer goods and services sector. Franchises dominate in this market, with Taco Bell having two and a half times as many restaurants as its nearest non-franchised competitor in 2018, and Qdoba and Moe’s taking third and fourth place in the list of most extensive chains.

There’s good money in the Mexican business. More than half of Mexican restaurants have average annual sales of $500,000 to $1 million. Their place in the fast food industry means that this is often achieved through low margins and high sales.

Mexican food covers an increasingly wide range of restaurants, from traditional to fusion to New Mexican cuisine, from roadside taco stands to sit-in restaurants. Though most often combined with staples of the American south to form Tex-Mex, Mexican food is increasingly mingling with other cuisines to create bold new flavors, such as California-Mexican and Mexican-Korean.

This is a style of food that goes well with a franchisable dining model. Of the 58% of Mexican eateries that were full service restaurants in 2017, 97% were casual or family style restaurants. Of the 42% that offered limited service, 52% were part of a restaurant chain. This is a dining style that’s relaxed, accessible, and often associated with a familiar, widespread brand – perfect for a franchise.

Part of the appeal of Mexican food is the broad and varied menu. While some restaurants are known for a particular dish, such as burritos or tacos, most serve a variety of styles and fillings. It’s easy to provide a vegetarian option with a spicy vegetable filling instead of meat, and to make this vegan by leaving out the dairy. Salsas, sauces, and extra chilis spice dishes up and create a lot of choice with a range of flavors. It’s a dining experience that can fit all sorts of palates and dietary requirements, making it readily adaptable to the modern market.

The other key advantage of Mexican food is that it’s relatively inexpensive. This has helped to drive its popularity and provide repeat business. It also provides some protection against economically challenging times, when people seek inexpensive comfort food.

Like many eateries, Mexican restaurants suffered from the impact of COVID-19. The US market size fell by an estimated 12.3% in 2020, to $54.6 billion, its lowest point since 2015. This has led to significant losses for the industry in America and beyond, including the bankruptcy of the Rubio’s chain and the closure of one-third of the Wahaca stores in the UK. Because the separate elements are often assembled immediately before eating, Mexican food hasn’t traditionally been as oriented toward takeaway as competitors such as pizza, and this made it more vulnerable to the challenges of a lockdown world.

Fortunately, adjustments to the new situation have allowed restaurants to adapt. An increased focus on delivery and take away food has let restaurants stay in business while they couldn’t have sit-down customers, and provided those customers with a much-needed sense of normality. As vaccines are rolled out in 2021, business as usual should start to return, and while the economic impacts of the pandemic are likely to be felt for a long time, Mexican food’s relatively low price point should mean that these restaurants do better than many others during a recession.

The pattern of recovery in the restaurant sector shows particularly good news for franchises. Large chains seem to be recovering better than independent eateries. Whether it’s brand recognition, customer loyalty, or the support structures available, being part of a recognized brand is an advantage in weathering the COVID storm. As the economy recovers and people have the money to eat out more, franchises will also be in a good position to fill the gaps where other businesses have closed.

Longer term trends will also give fuel to Mexican restaurant franchises. Immigrant populations have played a large part in popularizing Mexican food and providing the industry with a solid customer base in the US. Despite recent anti-immigrant measures, the number of immigrants is expected to increase in 2020, creating opportunities for the industry. As the American population grows in size and diversity, so will the Mexican restaurant industry.


The 18 Best Mexican Restaurant Franchises of 2021 (Updated Rankings)

Mexican food is hugely popular, especially in the US, where it’s the second most highly rated international style, after Italian. It’s also the second most common menu type, after burgers, and represents 8% of the national restaurant industry, with 55,755 restaurants.

The US Mexican restaurant industry has therefore seen good growth over most of the past decade, reaching a market size of around $65 billion in 2019. It grew faster than the wider consumer goods and services sector. Franchises dominate in this market, with Taco Bell having two and a half times as many restaurants as its nearest non-franchised competitor in 2018, and Qdoba and Moe’s taking third and fourth place in the list of most extensive chains.

There’s good money in the Mexican business. More than half of Mexican restaurants have average annual sales of $500,000 to $1 million. Their place in the fast food industry means that this is often achieved through low margins and high sales.

Mexican food covers an increasingly wide range of restaurants, from traditional to fusion to New Mexican cuisine, from roadside taco stands to sit-in restaurants. Though most often combined with staples of the American south to form Tex-Mex, Mexican food is increasingly mingling with other cuisines to create bold new flavors, such as California-Mexican and Mexican-Korean.

This is a style of food that goes well with a franchisable dining model. Of the 58% of Mexican eateries that were full service restaurants in 2017, 97% were casual or family style restaurants. Of the 42% that offered limited service, 52% were part of a restaurant chain. This is a dining style that’s relaxed, accessible, and often associated with a familiar, widespread brand – perfect for a franchise.

Part of the appeal of Mexican food is the broad and varied menu. While some restaurants are known for a particular dish, such as burritos or tacos, most serve a variety of styles and fillings. It’s easy to provide a vegetarian option with a spicy vegetable filling instead of meat, and to make this vegan by leaving out the dairy. Salsas, sauces, and extra chilis spice dishes up and create a lot of choice with a range of flavors. It’s a dining experience that can fit all sorts of palates and dietary requirements, making it readily adaptable to the modern market.

The other key advantage of Mexican food is that it’s relatively inexpensive. This has helped to drive its popularity and provide repeat business. It also provides some protection against economically challenging times, when people seek inexpensive comfort food.

Like many eateries, Mexican restaurants suffered from the impact of COVID-19. The US market size fell by an estimated 12.3% in 2020, to $54.6 billion, its lowest point since 2015. This has led to significant losses for the industry in America and beyond, including the bankruptcy of the Rubio’s chain and the closure of one-third of the Wahaca stores in the UK. Because the separate elements are often assembled immediately before eating, Mexican food hasn’t traditionally been as oriented toward takeaway as competitors such as pizza, and this made it more vulnerable to the challenges of a lockdown world.

Fortunately, adjustments to the new situation have allowed restaurants to adapt. An increased focus on delivery and take away food has let restaurants stay in business while they couldn’t have sit-down customers, and provided those customers with a much-needed sense of normality. As vaccines are rolled out in 2021, business as usual should start to return, and while the economic impacts of the pandemic are likely to be felt for a long time, Mexican food’s relatively low price point should mean that these restaurants do better than many others during a recession.

The pattern of recovery in the restaurant sector shows particularly good news for franchises. Large chains seem to be recovering better than independent eateries. Whether it’s brand recognition, customer loyalty, or the support structures available, being part of a recognized brand is an advantage in weathering the COVID storm. As the economy recovers and people have the money to eat out more, franchises will also be in a good position to fill the gaps where other businesses have closed.

Longer term trends will also give fuel to Mexican restaurant franchises. Immigrant populations have played a large part in popularizing Mexican food and providing the industry with a solid customer base in the US. Despite recent anti-immigrant measures, the number of immigrants is expected to increase in 2020, creating opportunities for the industry. As the American population grows in size and diversity, so will the Mexican restaurant industry.


The 18 Best Mexican Restaurant Franchises of 2021 (Updated Rankings)

Mexican food is hugely popular, especially in the US, where it’s the second most highly rated international style, after Italian. It’s also the second most common menu type, after burgers, and represents 8% of the national restaurant industry, with 55,755 restaurants.

The US Mexican restaurant industry has therefore seen good growth over most of the past decade, reaching a market size of around $65 billion in 2019. It grew faster than the wider consumer goods and services sector. Franchises dominate in this market, with Taco Bell having two and a half times as many restaurants as its nearest non-franchised competitor in 2018, and Qdoba and Moe’s taking third and fourth place in the list of most extensive chains.

There’s good money in the Mexican business. More than half of Mexican restaurants have average annual sales of $500,000 to $1 million. Their place in the fast food industry means that this is often achieved through low margins and high sales.

Mexican food covers an increasingly wide range of restaurants, from traditional to fusion to New Mexican cuisine, from roadside taco stands to sit-in restaurants. Though most often combined with staples of the American south to form Tex-Mex, Mexican food is increasingly mingling with other cuisines to create bold new flavors, such as California-Mexican and Mexican-Korean.

This is a style of food that goes well with a franchisable dining model. Of the 58% of Mexican eateries that were full service restaurants in 2017, 97% were casual or family style restaurants. Of the 42% that offered limited service, 52% were part of a restaurant chain. This is a dining style that’s relaxed, accessible, and often associated with a familiar, widespread brand – perfect for a franchise.

Part of the appeal of Mexican food is the broad and varied menu. While some restaurants are known for a particular dish, such as burritos or tacos, most serve a variety of styles and fillings. It’s easy to provide a vegetarian option with a spicy vegetable filling instead of meat, and to make this vegan by leaving out the dairy. Salsas, sauces, and extra chilis spice dishes up and create a lot of choice with a range of flavors. It’s a dining experience that can fit all sorts of palates and dietary requirements, making it readily adaptable to the modern market.

The other key advantage of Mexican food is that it’s relatively inexpensive. This has helped to drive its popularity and provide repeat business. It also provides some protection against economically challenging times, when people seek inexpensive comfort food.

Like many eateries, Mexican restaurants suffered from the impact of COVID-19. The US market size fell by an estimated 12.3% in 2020, to $54.6 billion, its lowest point since 2015. This has led to significant losses for the industry in America and beyond, including the bankruptcy of the Rubio’s chain and the closure of one-third of the Wahaca stores in the UK. Because the separate elements are often assembled immediately before eating, Mexican food hasn’t traditionally been as oriented toward takeaway as competitors such as pizza, and this made it more vulnerable to the challenges of a lockdown world.

Fortunately, adjustments to the new situation have allowed restaurants to adapt. An increased focus on delivery and take away food has let restaurants stay in business while they couldn’t have sit-down customers, and provided those customers with a much-needed sense of normality. As vaccines are rolled out in 2021, business as usual should start to return, and while the economic impacts of the pandemic are likely to be felt for a long time, Mexican food’s relatively low price point should mean that these restaurants do better than many others during a recession.

The pattern of recovery in the restaurant sector shows particularly good news for franchises. Large chains seem to be recovering better than independent eateries. Whether it’s brand recognition, customer loyalty, or the support structures available, being part of a recognized brand is an advantage in weathering the COVID storm. As the economy recovers and people have the money to eat out more, franchises will also be in a good position to fill the gaps where other businesses have closed.

Longer term trends will also give fuel to Mexican restaurant franchises. Immigrant populations have played a large part in popularizing Mexican food and providing the industry with a solid customer base in the US. Despite recent anti-immigrant measures, the number of immigrants is expected to increase in 2020, creating opportunities for the industry. As the American population grows in size and diversity, so will the Mexican restaurant industry.


The 18 Best Mexican Restaurant Franchises of 2021 (Updated Rankings)

Mexican food is hugely popular, especially in the US, where it’s the second most highly rated international style, after Italian. It’s also the second most common menu type, after burgers, and represents 8% of the national restaurant industry, with 55,755 restaurants.

The US Mexican restaurant industry has therefore seen good growth over most of the past decade, reaching a market size of around $65 billion in 2019. It grew faster than the wider consumer goods and services sector. Franchises dominate in this market, with Taco Bell having two and a half times as many restaurants as its nearest non-franchised competitor in 2018, and Qdoba and Moe’s taking third and fourth place in the list of most extensive chains.

There’s good money in the Mexican business. More than half of Mexican restaurants have average annual sales of $500,000 to $1 million. Their place in the fast food industry means that this is often achieved through low margins and high sales.

Mexican food covers an increasingly wide range of restaurants, from traditional to fusion to New Mexican cuisine, from roadside taco stands to sit-in restaurants. Though most often combined with staples of the American south to form Tex-Mex, Mexican food is increasingly mingling with other cuisines to create bold new flavors, such as California-Mexican and Mexican-Korean.

This is a style of food that goes well with a franchisable dining model. Of the 58% of Mexican eateries that were full service restaurants in 2017, 97% were casual or family style restaurants. Of the 42% that offered limited service, 52% were part of a restaurant chain. This is a dining style that’s relaxed, accessible, and often associated with a familiar, widespread brand – perfect for a franchise.

Part of the appeal of Mexican food is the broad and varied menu. While some restaurants are known for a particular dish, such as burritos or tacos, most serve a variety of styles and fillings. It’s easy to provide a vegetarian option with a spicy vegetable filling instead of meat, and to make this vegan by leaving out the dairy. Salsas, sauces, and extra chilis spice dishes up and create a lot of choice with a range of flavors. It’s a dining experience that can fit all sorts of palates and dietary requirements, making it readily adaptable to the modern market.

The other key advantage of Mexican food is that it’s relatively inexpensive. This has helped to drive its popularity and provide repeat business. It also provides some protection against economically challenging times, when people seek inexpensive comfort food.

Like many eateries, Mexican restaurants suffered from the impact of COVID-19. The US market size fell by an estimated 12.3% in 2020, to $54.6 billion, its lowest point since 2015. This has led to significant losses for the industry in America and beyond, including the bankruptcy of the Rubio’s chain and the closure of one-third of the Wahaca stores in the UK. Because the separate elements are often assembled immediately before eating, Mexican food hasn’t traditionally been as oriented toward takeaway as competitors such as pizza, and this made it more vulnerable to the challenges of a lockdown world.

Fortunately, adjustments to the new situation have allowed restaurants to adapt. An increased focus on delivery and take away food has let restaurants stay in business while they couldn’t have sit-down customers, and provided those customers with a much-needed sense of normality. As vaccines are rolled out in 2021, business as usual should start to return, and while the economic impacts of the pandemic are likely to be felt for a long time, Mexican food’s relatively low price point should mean that these restaurants do better than many others during a recession.

The pattern of recovery in the restaurant sector shows particularly good news for franchises. Large chains seem to be recovering better than independent eateries. Whether it’s brand recognition, customer loyalty, or the support structures available, being part of a recognized brand is an advantage in weathering the COVID storm. As the economy recovers and people have the money to eat out more, franchises will also be in a good position to fill the gaps where other businesses have closed.

Longer term trends will also give fuel to Mexican restaurant franchises. Immigrant populations have played a large part in popularizing Mexican food and providing the industry with a solid customer base in the US. Despite recent anti-immigrant measures, the number of immigrants is expected to increase in 2020, creating opportunities for the industry. As the American population grows in size and diversity, so will the Mexican restaurant industry.


ビデオを見る: 海外の反応アメリカ人世界でアメリカ料理が一番美味しいはずだと思っていたのにまさかあんなに嫌いだった日本食がこんなに初めて食べた日本食に衝撃 (かもしれません 2022).