カクテルレシピ、スピリッツ、地元のバー

最も観光客が多い10のレストラン(そして代わりに行く場所)

最も観光客が多い10のレストラン(そして代わりに行く場所)


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

観光レストランは観光の一部ですが、その罠に陥る必要はありません。角を曲がったところに本物の体験がたくさんある場合は確かです。世界で最も観光客が多いレストランを10軒集めました。代わりに、より本格的な地元の体験をするためにどこに行けばよいかについて、いくつかの提案があります。

最も観光客が多いレストラン10店(スライドショー)

観光客の罠はさまざまな方法で見つけることができますが、最大の危険信号はメニューです。いくつの異なる言語がありますか?たった1つ、最大で2つにする必要があります。あなたが言うことができるもう一つの方法は価格です。おそらく家で手に入る平均的な食べ物に、疑わしいほど多額のお金を払うべきではありません。

このリストにあるレストランを見つけるために、私たちは世界で最も訪問された都市のいくつかを調査しました。 世界観光ランキング、そしてそれらの都市のどのレストランが地元のブログでツーリストトラップと呼ばれているのかを見つけました。トリップアドバイザーやYelpなどのサイトのユーザーが特定の場所について何を言わなければならないかを見つけるために、「観光客」と「観光客の罠」という用語を有名なレストランの名前と相互参照しました。また、パリのCafédes2 Moulinsなど、有名な映画や本で目立つレストランを探しました。 アメリ 有名になったので、彼らのインテリアは、待つ価値のあるダイニング施設ではなく、映画への厄介な賛辞に変わりました。最後に、Eat / DineおよびTravelアーカイブを参照して、代替案を提案しました。

ニューオーリンズのカフェデュモンドは、象徴的なベニエとカフェオレに代わるものが見つからなかったため、このリストには含めませんでした。私たちは間違いなくオリジナルの代替品を見つけることができました スターバックス しかし、シアトルのパイクプレイスで。

したがって、これらの人気のある目的地にいる場合は、評判とイメージが料理への配慮を上回っている象徴的なレストランや有名なレストランに注意してください。また、見逃した場合は、@ thedailymealにツイートしてお知らせください。

ボティン(マドリード)

ボティン1725年に設立された、世界最古のレストランと言われています。アーネストヘミングウェイの 日はまた昇る、キャラクターは子豚の丸焼きとソパデアホ(シェリーとニンニクを混ぜ、ポーチドエッグを添えたチキンブロス)を楽しんでいます。レストランはこれをよく知っています。壁には小説からの引用があり(英語の翻訳付き)、価格は法外です。 1人のブロガー レポート 近隣のレストランの中には、「ヘミングウェイはここでは食べない」と書かれた看板をドアに貼っているところもあります。トリップアドバイザーのレビューによると、食べ物は平凡で、外に並ぶことが多い観光客のためのスペースを確保するためにサービスが急いでいます。ヘミングウェイがこれ以上嫌っていたであろうことは考えられません。おいしい伝統料理を提供する名高いレストランをお探しの場合は、 カサルシオ、1933年にオープンした通りのすぐ下。 マリオバターリは言う それは彼がしばしばマドリードへの彼の訪問を始めるところです。

Cafédes2Moulins(パリ)

このモンマルトルカフェは、2001年の有名な映画の有名なキャラクターであるアメリプーランの職場として国際的に有名になりました。 アメリ。かつては地元の人が不機嫌そうに煙を出したり、生活に不満を言ったり、ちょっとした親切に感動したりできる静かな場所だったかもしれませんが、今では アメリ キッチュで、映画版とはほとんど似ていません。熱心なファンはおそらくここでクレームブリュレと赤ワインのグラスの経験を楽しむでしょうが、そうでなければ、列をスキップして近くに行きます Le Fourmi (「アリ」)、その風変わりな名前はtrèsAmélieです。


ルイビルの料理シーンを味わう

ルイビルでの料理の冒険は、バーボンカントリーのライフスタイルの中心にあなたを深く連れて行きます。当然のことながら、それは、バーボンをレシピに追加することに関して、私たちのシェフが絶対に恐れを知らないことを期待できることを意味します。そして、ルイビルのシェフに特定の料理と何を組み合わせるかを尋ねても、「ハッピーアワー」という答えが返ってきても驚かないでください。

メニューの主役はバーボンだけではありません。私たちのシェフは、伝統的な地域の南部料理を取り入れ、独自のひねりを加えて、ルイビルを「新しい南部料理」の中心にしています。そしてもちろん、ベネディクト、ブルゴー、モジェスカス、ホットブラウンなどの地元の食べ物の言葉を学ぶ必要があります。質問することを恐れないでください!

しかし、私たちの言葉をそのまま受け入れるのではなく…

ボナペティマガジン ルイビルを「アメリカで最高の食通の小さな町の1つ」と呼んでいます。 ザガット 「ルイビルは、アメリカで注目を集めている7つの食通の町の1つです。」と言います。によると サザンリビング、ルイビルは、「最もおいしい町のトップ10の1つ」です。と フード&ワインマガジン ルイビルのイーストマーケットストリートを「アメリカで10のベストフーディーストリートの1つ」と呼んでいます。


エジソンフード+ドリンクラボ

Edison Food + Drink Labは、4X JamesBeardのベストシェフセミファイナリストであるシェフJeanniePierolaの人気の作品です。この場所はタンパの他の場所とは異なり、料理から装飾まで控えめな表現であり、産業科学のテーマがレストランのあらゆる側面に浸透しています。常連客は、ハラペーニョクラッカージャックやキムチを添えたカキとベーコンのポーボーイのフライなど、「遺伝子組み換え」食品の「実験」の絶え間なく変化するメニューを楽しんでいます。このメニューのフレーバーの組み合わせに驚かれることを期待してください。装飾も楽しいです。入り口は波形の金属製の柵で覆われ、内部は磨かれたコンクリートの床が特徴です。産業的な外観は、カラフルでグラフィックなワードアートとテーブルのポップな色によって巧みに分割されています。

に推奨 最高のレストラン なぜなら:エジソンは、楽しく独創的で美味しい料理を提供する有名なタンパシェフ、ジーニーピエロラが所有しています。

スコットの専門家のヒント:職人のカクテルを試すことを忘れないでください、それは独創的な食べ物だけではありません!バーボンとベーコンが好きなら、卑劣な泥炭をチェックしてください。


テーマパーク以外にオーランドでやるべき17の楽しいこと

テーマパークに行かなくてもオーランドで素晴らしい時間を過ごすことができると誰が言いますか?世界的に有名なディズニーとユニバーサルのテーマパークの他に、オーランドエリアには、多くの美しい公園、興味深い美術館、素晴らしい地元のレストランやショップ、いくつかのウォーターフロントのアトラクション、面白いショーなどがあります。

オーランドの訪問者は、テーマパーク以外のものを探索するために時間をかけずに行き来することがよくあります。オーランドにはまだまだ探検すべきことがたくさんあるので、これは残念です。テーマパークは一見の価値がありますが、オーランドメトロエリア全体で見られる他のアクティビティのいくつかを調べないことで見逃してしまうでしょう。

オーランドメトロエリアの17のテーマパーク以外のアトラクションとアクティビティで構成されるリストを以下でご覧ください。また、あなた自身のいくつかのアイデアを自由に共有してください!

1.ティベットバトラー自然保護区の周りをリラックスして散歩する

オーランドの小さな440エーカーの自然保護区では、訪問者はフロリダの自然の風景を垣間見ることができます。この機会を利用して、群衆と午後の太陽の強烈な暑さから逃れ、この静かな保護区をリラックスして日陰で散歩してください。ティベットバトラー湖の静かな景色と美しい平原と湿地は、風光明媚な散歩に最適な環境を提供します。

1/2マイルから数マイルまでの長さの6つの短いトレイルは、素早い自然の脱出を望む人から半日の自然の外出を探している人まで、誰もが利用できます。野生動物が目撃される可能性があるので、目を離さないでください。ゴーファーカメ、ボブキャット、ハクトウワシが時々見られます。

2.楽しいテーマのレストランで夕食をとる

ダウンタウンディズニーとユニバーサルシティウォークの両方に、いくつかの素晴らしいテーマレストランがあります。これらの楽しいレストランの1つを選択することで、テーマパークに行かなくても興奮の一部であるように感じることができます。ダウンタウンディズニーの楽しい選択肢には、プラネットハリウッド、ハウスオブブルース、レインフォレストカフェ、ラグランロードアイリッシュパブなどがあります。

ユニバーサルシティウォークには、ジミーバフェットのマルガリータビル、ハードロックカフェ、ババガンプシュリンプカンパニー、NBAシティなどのオプションがあります。どんな選択を選んでも、楽しい料理、サービス、音楽でいっぱいの楽しい夜につながるはずです。

3.チャールズホーマーモースアメリカンアート美術館で、世界最大のティファニーグラスのコレクションをご覧ください

このウィンターパーク博物館には、ランプ、陶器、絵画、ジュエリーの印象的なコレクションで有名な19世紀後半のデザイナーであるルイスティファニーの作品の最大のコレクションがあります。すべての作品は絶対にゴージャスです。小さな入場料で誰もがこの印象的なコレクションを見ることができます。暑さから少し休憩して、この地元の宝石を訪れてください。失望することはありません!学生の入場料はたったの$ 1で、11月から4月までの金曜日の夜は(誰でも)無料です。

4.魅力的なウィンターパークで風光明媚なボートツアーに参加する

オーランドからわずか20分の趣のある町ウィンターパークは、アメリカで最も風光明媚な小さな町の1つです。町で最も人気のあるアトラクションの1つは、ウィンターパークの湖の連鎖を巡る1時間のナレーション付きツアーであるシーニックボートツアーです。こののんびりとした乗り物では、贅沢なウォーターフロントの邸宅、豊かな緑、そしてたくさんの野生生物の景色など、いくつかの壮大な地元の風景を眺めることができます。

5.ユニバーサルシティウォークで楽しい夜をお楽しみください

ユニバーサルシティウォークは、オーランドで最高のエンターテインメントの目的地です。ユニバーサルスタジオで1日を過ごすかどうかに関係なく、訪れるのに最適な場所です。ここでは、公園に足を踏み入れることなく、何時間も楽しむことができます。テーマレストランには、ハードロックカフェ、ジミーバフェットのマルガルタビル、ババガンプシュリンプカンパニーなどがあります。食事のほかに、エンターテインメントオプションには、ブルーマングループの鑑賞、豪華なIMAXシアターでの映画鑑賞、ミニゴルフ、ライブと一緒に歌うユニークなカラオケバーであるCity Walk&#8217s RisingStarなどのバーやナイトクラブがあります。バンド。

6.レイクエオラパークでパドルボートを借りる

オーランドのダウンタウンにあるレイクエオラパークは、忙しいテーマパークの混雑から逃れるのに最適です。手入れの行き届いた敷地を1/2マイル歩くと、心も体も若返ります。たくさんの植物や鳥がこの散歩を楽しい自然体験にしています。オーランドのスカイラインの素晴らしい景色も!パドルボートにのんびりと乗るのは、あなたの周りの美しい景色を楽しむ楽しい方法です。

7. Pirate&#8217sCoveでミニゴルフのラウンドをお楽しみください

オーランドの最高のミニゴルフコースは、これまでにない最高のコースです。日陰の海賊をテーマにした冒険を通る2つの風光明媚な18ホールのコースは、午後の暑さからの完璧な一時的な脱出を提供します。

面白いコースには、海賊船、滝、そしてたくさんの熱帯の造園があります。忙しいインターナショナルドライブに位置しているにもかかわらず、コースは驚くほど静かです。料金も手頃です(大人1人あたり12.50ドル、子供1人あたり11.50ドルのみ)。ホテルのロビーで1ドル割引クーポンを確認してください。

8.コーヒーショップで地元のシーンをお楽しみください

オーランドとウィンターパークの両方に、素晴らしい地元の喫茶店がたくさんあります。ウィンターパークのスリーピングムーンカフェのような折衷的な地元の選択肢を支持して、一般的なコーヒーチェーンをスキップしてください。この魅力的な地元の宝石は、素晴らしいサービス、素晴らしいアートワーク、ライブイベント、そして居心地の良い環境を備えています。このような場所で、本当にリラックスしてしばらく静かに楽しむことができます!

9.レイクボールドウィントレイルに沿って自転車に乗る

ボールドウィンパークは、オーランドのダウンタウンからわずか数マイルの新しい高級エリアです。ここには、美しい家や造園、たくさんの店やレストラン、そしていくつかの素敵な公園があります。レイクボールドウィンパークには、湖の周りに2.5マイルのトレイルがあり、暑くなる前の早朝のサイクリングやウォーキングに最適です。

このエリアは、フラットで静かなフィットネスマニアに最適で、混雑することはありません。オーランドに交通や人ごみから離れてリラックスした散歩をするのに最適な場所があるのは素晴らしいことです。数回サイクリングしたい場合でも、単に散歩したい場合でも、充電された状態で気分が良くなります。

10.チョコレートエンポリアムであなたの甘い歯を甘やかしてください

Toothsome Chocolate Emporiumのデザートは、甘い歯を持っている人にとって究極のご馳走です。ユニバーサルシティウォークシーンへのこの比較的新しい追加は、すでに観光客に非常に人気があります。長い一日を過ごした後、公園を何マイルも歩き回ってから、巨大なデザートを食べてリラックスするのに、これ以上の方法はありませんか?

さあ、あなた自身を治療してください&#8211あなたはおそらくデザートがカロリーで価値があるよりずっと多く歩いたでしょう!クリエイティブなミルクセーキ、サンデー、デザートが12種類以上ラインナップされています。そして、はい、彼らはあなたのパーティーの間で共有するのに十分な大きさです!

これらの退廃的なミルクセーキは、そこにいる最も健康的なダイナーでさえ誘惑します!どうぞ&#8211あなたは休暇中です!

11.ディズニースプリングスを探索して1日を過ごします

ディズニースプリングスは、ユニバーサルシティウォークに似た食事、ショッピング、エンターテイメントの目的地ですが、美しい海の景色が追加されています。いくつかの人気のあるテーマレストラン(レインフォレストカフェ、プラネットハリウッド、ハウスオブブルース)がここにあります。さらに、豪華なボーリング場、土産物店、豪華な映画館、シルク・ドゥ・ソレイユのショーを旅程に追加することができます。ディズニースプリングスの400フィート上を移動する熱気球の乗り物であるCharactersin Flightは、考慮すべきもう1つのユニークなアクティビティです。

12.東海岸で最大の観覧車に乗る

東海岸で最大の高さ400フィートの観覧車は、オーランドのエンターテインメントラインナップに新しく追加された最高の観覧車の1つです。囲まれたゴンドラの1つに乗ると、美しい街の景色、テーマパーク、フロリダの自然の風景など、オーランドの多様な風景を楽しむことができます。オーランド(そして一般的にフロリダ)は驚くほど多様な地域で、やることがたくさんありますが、テーマパークを楽しむのに忙しいので忘れることがあります!景色を楽しみ、オーランドの豪華な公園や保護区を訪れる1日を計画してください。

13.エアボートツアーでワニを見に行く

ナレーション付きのエアボートに乗ってワニを見ているのは、ビーチやテーマパークの後にフロリダでやるべきことの1つです。自然の生息地でワニを見るのは本当にユニークな体験であり、実際にはほんの一握りの州でしかできない体験です。ワニは攻撃することが知られているので、ボートの安全からワニを見ることができるのは素晴らしいことです!オーランドエリアには数多くのエアボート会社があります。オーランドに近く、トホペカリガ湖の美しい環境にあり、手頃な料金(グルーポンで頻繁に取引される場合は1人あたりわずか38ドル)があるため、ワイルドウィリーは素晴らしい選択です。 )。

フロリダの他の都市を探索する予定がある場合は、サラソタ近くのマイオークカ州立公園をチェックすることを強くお勧めします。彼らは、わずか14ドルの超低料金で、ゲイターギャル&#8220世界最大の屋根付きエアボート&#8221の素晴らしいツアーを提供しています。ここにはたくさんのワニがいます。スタッフはとてもフレンドリーです。さらに、この公園は一般的に、州全体で最も豪華な公園の1つであると私は考えています。さらに、レイクランドのサークルB.バー保護区(オーランドから1時間)は、ワニを見るのに最適な場所です。ワニが並ぶアリゲーターアレイと呼ばれるハイキングコースもあります。本当に怖いですが、同時に、本当に魅力的です!

14.ウィンターパークのダウンタウンを探索する

オーランドへの次の外出では、ウィンターパークの数多くの素晴らしいダイニングジェムの1つでユニークな地元の御馳走を支持して、その地域で過密になっている一般的なチェーンをスキップしてください。ウィンターパークのレストランは、この地域の豊富なチェーン店からのさわやかな変化を提供します。ダウンタウンエリアには、想像できるあらゆる種類の料理を提供する印象的なレストランが数多くあります(Prato、Ethos Vegas Kitchen、Keke&#8217s Breakfast Cafeをチェックしてください)。食物アレルギーのある人は、多くのレストランが特別な食物アレルギーメニューを提供していること、および/またはあなたの食事の好みに合わせて料理をカスタマイズすることをいとわないことを知って喜ぶでしょう。

15. Splitsville LuxuryLanesで1ゲームまたは2ゲームをボウリングします

Splitsvilleは、ディズニーのダウンタウンにある豪華なボウリング場です。この地域にある楽しいテーマレストランの1つで、食事の前後に楽しむのに最適なアクティビティです。ユニークな装飾、高級フードメニュー、ライブエンターテイメントが、スプリットビルを理想的な場所にしています。週末のボウリングスペシャルは、1時間のボウリングで1人あたり20ドルです。さらに、午後12時30分からの無制限のボウリングで構成される素晴らしいアーリーバードスペシャルは、午後の早い時間に訪れる人のために、大人1人あたりわずか14ドルで利用できます。

16.地元の庭を散歩する

この地域には混雑、交通、人工の娯楽が豊富にありますが、オーランドメトロエリアは依然としてさまざまな趣のある公園を提供して、すべてから逃れることができます。ハリーP.ルーガーデンでは、熱帯植物​​でいっぱいの美しく手入れされた庭園を散歩する機会があります。

ウィンターパークには、クラフトアゼーリアガーデンやミードボタニカルガーデンなど、魅力的な公園がたくさんあります。これらの美しい公園はどちらも、この地域で見られる自然の動植物を垣間見ることができます。クラフトでは、素晴らしい湖の景色を楽しんだり、バードウォッチングの機会を十分に活用したり、ゴージャスなスペイン苔の木に囲まれたりすることができます。ミードの静かな自然遊歩道では、本当に減圧することができます。

17.ショーを見る

テーマパーク以外のオーランドのアトラクションの終わりのないリストにショーを追加することを検討してください。海賊をテーマにしたディナーアドベンチャーから、シルクドゥソレイユ、折衷的なブルーマングループまで、あらゆる個性と予算に合うショーがあります。いくつかの人気のあるオプションには、ワンダーワークスでのアウタコントロールマジックディナーショー、メディーバルタイムズディナー&アンプトーナメント、ブルーマングループ、スルースミステリーディナーシアターなどがあります!

それでも不十分な場合は、リストに追加するものがいくつかあります。

アイスバー &#821170トン以上の氷が特徴のオーランドのユニークなアイスバーへの旅で暑さを逃れましょう。冷たい氷の彫刻と氷で作られたドリンクグラスが特徴の肌寒い22度の氷の部屋に向かう前に、パーカーと手袋が渡されます。

デイブ&バスター&#8217s &#8211この大規模なエンターテインメント施設では、数十の伝統的なアーケードゲーム、チケット引き換えゲーム、スポーツバー、フルサービスのレストランを提供しています。ここでは、公園で1日過ごすのとほぼ同じくらいの費用をかけずに、何時間も楽しむことができます(D&ampBメールクラブにサインアップして、特別なクーポンを受け取ります)。オーランドの場所は常に混雑する傾向があるので、バレーパーキングの料金を支払うか、スポットを探すために一晩中過ごす準備をしてください。

ディズニー荒野保護区 &#8211キシミーにある、この11,0​​00エーカーの自然のオアシスで、ハイキング、カヤック、サイクリングの冒険に出かけましょう。

スパ &#8211町にはすべての高級リゾートがあり、オーランドに素晴らしいスパがたくさんあるのは当然のことです。あなたがあなたの休暇を盛り上げるためにあなたの標準的な治療法またはユニークな経験を探しているかどうかにかかわらず、オーランドスパはあなたをカバーします。ザリッツカールトンスパとウォルドーフアストリアスパは、町で高く評価されている2つの贅沢な選択肢です。

本当にユニークな体験のために、ソルトルームでのマッサージを調べてください。ソルトルームは、アレルギー、副鼻腔感染症、喘息の多くの人々を助けると報告されているソルトルームでの治療セッションとともに、リラックスできる伝統的なマッサージ療法を提供する総合的な選択肢です。マッサージの後、無重力の椅子でリラックスしながら、ソルトルームで45分間のセッションを行い、ハロセラピーの呼吸効果をお楽しみいただけます。

いくつかの価値のある日帰り旅行の目的地(オーランドから2時間以内)

上記の素晴らしいアトラクションに加えて、オーランドから車で1時間または2時間以内に楽しい日帰り旅行の目的地がたくさんあります。以下は、オーランドへの旅行で訪れるべきいくつかの素晴らしいサイドトリップの目的地です。

タンパベイエリアのビーチ

フロリダのガルフコーストのビーチは、多くの場合、世界で最高のビーチにランクされています。ビーチを訪れることは、特に混雑した日陰のないテーマパークを歩き回るのが非常に暑くて湿度の高い日に、テーマパークの素晴らしい代替手段です。

タンパ大都市圏には数十のビーチがあり、特にクリアウォーターは柔らかくて粉っぽい白い砂で知られています。より平和で静かで、観光客の雰囲気を抑えたい場合は、インディアンロックビーチまたはフレッドハワードパークをチェックしてください。これらの静かなオプションはどちらも、よりリラックスした環境で美しい景色を眺めることができます。同じ滑らかな砂は得られませんが、交通騒音が少なくなり、チェーンや店舗がその地域を汚染することがなくなり、貝殻を見つける機会が増えます。

おおよその運転時間: 2時間

シルバースプリングス州立公園でのグラスボトムボートの乗り物

オカラのシルバースプリングス州立公園は、フロリダで最も古い観光名所の1つであるグラスボトムボートで有名です。ここでは、世界最大の自噴泉を横断するエキサイティングなナレーション付きの乗り物に乗る機会があります。ボートの底が透明なので、さまざまな種類の魚や植物を見ることができます。銀行で時折見られるゲーターに注意してください。

湖を囲む美しいスペイン苔の木は、信じられないほど美しい乗り物になります。カメラを持参してください&#8211この美しい州立公園には素晴らしい写真撮影の機会がたくさんあります。

おおよその運転時間: 1時間15分。

シルバームーンドライブイン

オーランドから車でわずか1時間のレイクランドには、この地域で最後に残っているドライブインシアターの1つがあります。このドライブインは、最もクリーンで手頃な価格の1つです。二本立て興行は1人5ドルで、週末には3つの機能を1つの低価格で見ることができる場合もあります。昔ながらの楽しみを楽しんでください。一年中楽しむのに最適なクラシックなアクティビティです。

おおよその運転時間: 45分-1時間

サークルBバー保護区

セントラルフロリダは、州で最も自然で森林に覆われた地域の1つです。多くの公園や保護区、ハイキングコースがあります。いたるところにたくさんの野生生物が見られます。残念ながら、ほとんどの観光客は、クレイジーなオーランドエリアの外に出かけることは決してないので、これを知りません。わずか30分先には、自然の生息地でワニを見るのに最適な場所の1つであるサークルBバー保護区があります。

1回の訪問で、少なくとも1ダースのゲーターが見られる可能性が高くなります(天候や時間帯によって異なります)。白頭ワシ、カメ、および多くの異なる鳥種も一般​​的に見られます。数マイルの風光明媚なハイキングコースでは、フロリダの自然の植物や野生生物の種を垣間見ることができます。ここでガイド付きトラムに乗ってスポットを予約してください。公園のボランティアが公園を案内します。

次のアトラクションに行ったことはありますか?オーランドエリアでどのテーマ以外の公園のアトラクションをお勧めしますか?


オンザロードイーツ:ニューオーリンズシティガイド

高級レストランとカジュアルなカフェが豊富に混在するニューオーリンズには、料理愛好家を毎年バイユーに呼び戻す独特のクレオール料理とケイジャン料理(ポーボーイ、ガンボ、マファレッタなど)があります。実証済みのBigEasyクラシックや、この地域の伝統的な料理の革新的なリフを探すのに最適な場所にスクープがあります。良い時—そして良い食事—を転がしてみましょう。

ブレナンズレストラン

カクテルで一日を始めることは、ニューオーリンズで行うのが正しいことのように思えます。そしてBrennan’s Restaurantでは、朝のニップが実質的に前提条件です。ニューオーリンズのダイニングシーンのこの壮大なダムは、50年代初頭から、地元の人々や観光客を魅了して、おいしい朝食を提供してきました。お気に入りのメニューの1つは、すりおろしたてのナツメグを上に乗せたニューオーリンズのブラン​​チの定番、ブランデーミルクパンチです。ほうれん草のクリームに包まれたスパイスの効いたバーベキューロブスターや退廃的なエッグサルドゥとカクテルを組み合わせてください。ブレナンズはバナナズフォスターの発祥の地であるため、デザートでさえも元気いっぱいです。準備には、燃えるようなラム酒の劇的なフィナーレが含まれ、ダフゴールドマンはシュガーハイのデザートに立ち寄ったときに魅了されました。

カフェベイグネット

ニューオーリンズにいるとき、アルトンブラウンは目を覚まし、ロイヤルストリートのカフェベニエに散歩します。ここのシェフは、ニューオーリンズのドーナツの完璧な演出を準備します。生地は毎日作りたてで、標準より3時間長い立ち上がり時間があり、軽くて風通しの良い食感のカギです。天ぷら鍋と粉砂糖の吹雪に浸った後、それはむさぼり食われる準備ができています。私が今まで食べた中で最高のものについて、アルトンはペストリーとチコリコーヒーのカップを組み合わせるよう提案しました。これは甘いベニエに対抗するのにちょうどいい量の苦味があります。ベニエをコーヒーに浸し、味わって繰り返します。

ジャンクション

町で最高のハンバーガーを味わうには、このビールバーに行ってください。ここでは、飼い主のロイドミラーの近くの牧場から牧草で育てられた肉を調達しています。 MillerとシェフのAbeLemoineは、基本的なハンバーガーの6種類以上のバリエーションを夢見てきました。これらはすべて、バーが線路に近いことに触発された鉄道をテーマにしています。 MichaelSymonとScottConantは、Burgers、Brew&amp’Queに立ち寄ったときに、HawaiiConsolidatedに引き継がれました。ハワイのサトウキビ運搬鉄道に敬意を表して、ハンバーガーは州の特徴的な味のいくつかをリフします。パティはブラウンシュガーレースのドライラブで味付けされ、モントレージャックチーズのマウンドでコーティングされ、カナダのベーコン、パイナップルジュースをスパイクした照り焼きソース、自家製パイナップルジャムがトッピングされています。

ガラトワールのレストラン

このニューオーリンズの強豪は、バーボンストリートの熱狂的なパーティーシーンから洗練された恩赦を提供します。ダイニングルームはエレガントで、シャンデリアとマホガニーがあり、ウェイターはタキシードを着ており、メニューにはフレンチクレオール料理が含まれています。見逃せないメニューの定番の1つは、「今まで食べた中で最高のもの」で紹介されたスフレポテトです。それらは薄くスライスされたラセットポテトから始まり、風通しの良い一口サイズの枕に膨らむまで、3つの異なる温度で揚げられます。塩をまぶして、クリーミーなベアルネーズソースを添えます。エビのレムラードとバナナのブレッドプディングを注文して、食事を完成させます。

コチョン

改装された倉庫内にあるCochonは、Giada DeLaurentiisが「本物のコンフォートフード」と呼ぶケイジャンフレーバーを専門としています。ここで提供されるボリュームたっぷりの料理の多くは、チリガーリックマヨネーズを添えたワニの揚げ物など、地元のゲームを取り入れています。 「正直なところ、ワニだと言われなかったら、鶏肉だと思います」と、GiadaはGiadaのWeekendGetawaysで告白しました。もう1つの傑出した料理は、うさぎと餃子です。これは、香ばしいハーブを混ぜ合わせた温かいシチューで、鋳鉄製のフライパンで提供されます。

ウォーカーズバーベキュー

エビとカキはポーボーイの詰め物として大きな注目を集めていますが、ウォーカーのバーベキューではシーフードをフレンチルイジアナの子豚の丸焼きに交換しています。オーナーのワンダウォーカーは、豚肩肉を主成分として使用し、完璧に味付けし、白いヒッコリーの上で燻製し、トロイ・ジョンソンがクレイブで味わったパリッとした黒い樹皮を作ります。サンドイッチを作るために、伝統的なポーボーイのバゲットを半分にスライスし、スパイシーなケイジャンソースでなめらかにし、スモーキーなプルドポークとクリーミーなコールスローを詰めます。 2000年にニューオーリンズジャズアンドヘリテージフェスティバルで群衆のお気に入りとして始まったものは、今では地元の人や観光客をこの小さなスモークハウスに一年中惹きつけています。

アントワーヌのレストラン

歴史はこのフレンチクレオールレストランの中心であり、メニューは100年以上ほとんど変わっていません。オイスターロックフェラーが1889年に作成されたのはこのキッチンで、同じ厳重に守られたレシピが今日でも使用されています。濃厚なバターソース(少なくとも4種類のグリーンを含む)をハーフシェルのカキにパイプでつなぎ、特別に設計されたオーブンで上が焦げ目がつくまで焼きます。ボビー・フレイは、フードネットワークマガジンのトップ10レストランで出来上がった料理を「料理の傑作」と宣言しました。贅沢なメニューアイテム(エッグサルドゥ、ベイクドアラスカ、カフェブルロットとして知られるブランデースパイクコーヒーなど)、非の打ちどころのないサービス、豪華な環境の組み合わせは、ほぼ2世紀にわたってアントワーヌに食事を引き付け続けてきました。

ブラウンバターサザンキッチン&バー

ミッドシティのストリップモールにひっそりと佇むこのカジュアルなレストランは、予想されるビッグイージーの定番を超えたクリエイティブな南部風のメニューを提供しています。ブラウンバターという名前だけでも、マイケルサイモンがハンバーガー、ブリュー&クエ…に立ち寄ったときに大きな期待を寄せました。ブラウンバターブランチバーガーは失望しませんでした。この贅沢なハンバーガーは、ブリーチーズで覆われ、ベーコンオニオンジャムで覆われたショートリブとブリスケットのパテが特徴です。マイケルはその「スモーキーさ、甘さ、酸味」を称賛しました。パティはニンニクのアイオリソースでなめらかにしたパンに囲まれ、次に日当たりの良いサイドアップの卵をトッピングして豊かさを増します。きゅうりのピクルスと合わせて、ピリッとした味わいをお楽しみください。

ブラウンバターサザンキッチン&バー:ブラウンバターサザンキッチン&バー

中央食料品

この小さなイタリアの市場でのマファレッタサンドイッチはなんと3ポンドで出勤し、それを食べることはニューオーリンズの通過儀礼です。輸入されたすべてのコールドカットに耐えるには頑丈なパンが必要です。そのため、Central Groceryは、大量の肉の詰め物をサポートするために特別に作られた地元のパン屋からパンを調達しています。アレックス・グアルナスケリが町に到着したときの最初の食事であるマファレッタを作るために、ゴマをちりばめたパンを半分にスライスし、オリーブオイルでブラッシングした後、スイスチーズ、プロヴォローネを重ね、モルタデッラ、カピコラ、ジェノアのスライスの上にスライスしますサラミとより多くのコールドカット。自家製オリーブサラダで仕上げ、サンドイッチをつなぐ塩水風味を作り出しています。 「これはすべてのシリンダーで発火しています」とAlexはGuiltyPleasuresで宣言しました。

ドラゴのシーフードレストラン

クロアチアの移民であるDragoCvitanovichが1969年に最初のDrago’s Seafood Restaurantをオープンしたとき、地元のクロアチアの漁業コミュニティとの親族関係は、彼がこの地域で最も新鮮な牡蠣を確保するのに役立ちました。数十年後、Drago’sは3つの場所に成長し、流通業者ではなく地元の漁師から調達を続けることで、最高の貝類の評判を確固たるものにしました。メニューにはいくつかの牡蠣の準備がありますが、炭火焼きのオプションは誰もが認める群衆を喜ばせるものです。 「彼らはスモーキーで、ニンニクで、安っぽく、クリーミーで、ただ美しいです」と、アダム・ジェルトレルは私が今まで食べた中で最高のものについて熱狂しました。 Freshly shucked oysters are doused with a garlic-butter mixture and sprinkled with parsley, Parmesan and Romano cheese while being grilled over an open flame. Drago’s son Tommy invented this dish in 1993 and it has been drawing the crowds ever since, with as many as 900 Charbroiled Oysters served daily.

La Petite Grocery

James Beard Foundation Award finalist Justin Devillier’s clever takes on traditional local flavors have garnered him a loyal following of fans, as Michael Symon found out when he visited the restaurant on Burgers, Brew & ’Que. Michael couldn’t pass up the signature Blue Crab Beignet. Chef Devillier transforms this fried-dough staple (which is traditionally served alongside coffee as a sweet morning snack) by incorporating blue crabs. To make the bite-sized beignets, Devillier combines the crab with chive-and-shallot-laced mascarpone, then rolls the mixture into balls and coats them in beer batter to create a crunchy, golden outside that gives way to a creamy, crab-studded filling. “This is like the world’s greatest crab cake,” Michael declared. He’s also a fan of the LPG Cheeseburger, which features a coarsely ground beef patty topped with onion marmalade, melty Gruyère cheese and house-brined pickles.

Arnaud's

Soft candlelight and great cocktails make this New Orleans fixture a favorite with couples: There’s even a mezzanine in the main dining room called Lovers’ Lookout. A popular date-night dessert is the Bananas Foster, a local invention with a dramatic tableside presentation. Perfect for two, the dish consists of halved bananas that are sauteed in a caramel sauce made from brown sugar and creme de banane liqueur, then doused with a healthy pour of Jamaican rum for a tableside flambe presentation. A spark-inducing dash of cinnamon adds to the theatrics, as the bananas are torched until a delicate, crisp shell caramelizes around the fruit. They’re served over a scoop of vanilla ice cream, resulting in a dessert that had Geoffrey Zakarian singing its praises on Top 5 Restaurants. He called the dish a “silky, sugary and spirited treat with a temperature combination that will make your toes curl.”

K-Paul's Louisiana Kitchen

Aarón Sánchez started his career in the late Chef Paul Prudhomme’s kitchen, and he still raves about the blackened redfish (aka Blackened Louisiana Drum) that this restaurant helped popularize as a quintessential New Orleans dish. The redfish is seasoned with a proprietary blend of black, white and red peppers, then blackened in a cast-iron skillet to form a spiced coating. The contrast of the flaky fish and its seasoned crust will make you feel like you’re “levitating,” Aarón said on The Best Thing I Ever Ate. Crowds flock to K-Paul’s Louisiana Kitchen for the Cajun and Creole cooking that put the restaurant on the map, so reservations are nearly mandatory.

Cane & Table

Set near one of the oldest ports in the nation, this restaurant — housed in a Creole-style cottage — draws upon New Orleans’ culinary heritage for its menu. As Michael Symon said, they’re “creating local cuisine through a scope of Caribbean flavors.” The tropics shine through in dishes like the Crispy Rum Ribs, which are seasoned and grilled, then braised in a mixture of three-year-aged Guyanese rum, poblano peppers, onions, ginger and garlic. After a three-hour turn in the oven, the tender meat is dipped in buttermilk and a house-blend flour to ensure an extra-crunchy crust once fried. Sweet papaya chutney and spicy chile-packed sambal add even more flavor. “It's not traditional barbecue, but I will eat this all day long,” Michael declared on Burgers, Brew & ’Que.

Jacques-Imo's

This lively restaurant is as over-the-top as the City of New Orleans itself, with its kitsch-filled dining room, charismatic owner and decadent menu stuffed with inventive Creole updates. On The Best Thing I Ever Ate, Adam Gertler described a well-known menu item here as “one of the most shocking, weird-sounding, bucket o’ crazy appetizers” he’s ever come across. A savory spin on traditional cheesecake, the recipe “makes a left turn at salty-ville,” explained Adam, as onions, peppers, smoked Gouda, Gulf shrimp and alligator andouille sausage join the standard cream cheese mixture. The mixture is spooned onto a crust of panko breadcrumbs, Parmesan and Romano cheese, then baked until the dish reaches a quiche-like consistency. It’s served with a spicy tomato Creole sauce for kick.

Elizabeth's

New Orleans can offer quite the late-night celebration. When it’s time to recover, Rahm Fama recommends a hearty country breakfast at this down-home Southern restaurant that’s a favorite with locals. The meaty centerpiece of this order is a succulent pork loin that is smoked on-site. Chef Bryon Peck uses heritage-breed Berkshire pork, which has rich marbling to ensure maximum flavor, as Rahm discovered on Meat & Potatoes. The meat is hit with a spice-laden dry rub, then smoked over pecan wood until a thick, zesty bark — or crisp crust — forms. Finished with a sausage-studded gravy and served with praline bacon, sunny-side-up eggs and cheese grits, this plate is the perfect remedy for a night of excess.

Katie's Restaurant

Open since 1984, this Mid-City neighborhood fixture was nearly wiped out by Hurricane Katrina, when 7 feet of water wiped out most of the inside. Hard work and dedication got the restaurant back and better than ever, and it reopened in 2010 with a marker out front showing the high-water mark. Inside, Creole-Italian dishes like a gooey three-cheese crawfish beignet keep the locals returning. There’s also an outsize take on the traditional po’ boy so large it had Guy Fieri exclaiming, “What human eats that?” Named the Barge, the two-to-four-person sandwich packs fried oysters, shrimp and catfish onto an entire loaf of French bread. Those with even more room should opt for the Brooklyn-style Atchafalaya pizza, topped with shrimp, oysters, crawfish and crab cake.

Bon Ton Cafe

Between the graciously unhurried vibe, the old-school decor and the menu of local classics, the Bon Ton Cafe feels like a throwback to another era. The unpretentious look belies its stellar reputation for serving some of the city’s best authentic Cajun cuisine since opening in the ’50s. Locals can’t get enough of the Crabmeat Au Gratin, which was featured on The Best Thing I Ever Ate. The combination of delicately flavored Louisiana blue crab and creamy cheese makes for an exquisitely rich dish. Team it with gumbo, crawfish bisque and bread pudding with the house whiskey sauce.

Dong Phuong Bakery and Restaurant

There are po’ boys aplenty to choose from in New Orleans, but few places offer Dong Phuong’s take: a Vietnamese riff on the Big Easy classic. Locals and tourists alike venture to eastern New Orleans for a Vietnamese Po’ Boy (aka banh mi sandwich). Choose from more than 15 variations or go for the owner’s favorite, Vietnamese Sausage. “It’s a great variation of a po’ boy if I’ve ever seen it,” declared Rahm Fama on Meat & Potatoes. This sandwich brings together housemade garlicky pork sausage in fresh-baked French bread, slicked with mayonnaise and a mixture of hoisin sauce, pate and peanut butter. The sandwich is finished with a mound of toppings, which include jalapeno peppers, pickled carrots and daikons, fresh cilantro and a cucumber spear.

Evangeline

The focus is local at this cozy spot owned by husband-and-wife duo Tony and Rhonda Miller. The Millers not only source fresh ingredients from nearby markets, but also offer more than a dozen craft beers made by regional breweries. Even the name of the restaurant has a Louisiana connection: Evangeline is a Cajun folk hero. It doesn’t get more local than Chef Jim O’Shea’s updated take on a traditional grits dish, which features the state’s official crustacean: crawfish. Cheesy, tomato-laced grits form the base of this indulgent dish, which comes loaded with succulent crawfish and a creamy yet spicy sauce that Michael says will “wake you up in the morning and put you to bed at night.”

Mother's Restaurant

This Big Easy fixture is known for its top-notch comfort food, classic po' boys and available-all-day breakfast favorites. There's often a line out the door, but the bread pudding alone is worth the wait, as Sunny Anderson explained on The Best Thing I Ever Ate. The kitchen riffs on the classic bread pudding recipe by adding fruit cocktail (yes, the same syrupy concoction that comes in a can at the supermarket), so that you get a taste of peach, cherry or pear in every spoonful. “It’s just moist on top of flavor, on top of decadence,” Sunny said. Omelets filled with crawfish etouffee or Creole shrimp add local appeal for those seeking something savory.

Joey K's Restaurant & Bar

Housed in a charming century-old building, this family-owned restaurant offers home-style dishes bursting with Big Easy flavors, such as jambalaya and oyster po’ boys. The Shrimp Magazine is one crowd favorite that earned rave reviews from Guy Fieri, who was ready to list “the 90 reasons” he is a fan of the dish on Diners, Drive-Ins and Dives. The shrimp are coated in seasoned flour, then sauteed with artichoke hearts and diced ham in “a hot tub of butter,” Guy joked. Basil, green onions and garlic kick up the flavor for the mix, which is served over angel hair pasta. “Every ingredient that went in there, I dig,” Guy enthused.

Liuzza's by the Track

In a city known for its fiery Cajun and Creole cuisines, tongue-tingling dishes abound, but the gumbo at this neighborhood stalwart really stands out by combining the two culinary traditions. The resulting dish is “the absolute hottest and most-delicious gumbo out there,” Geoffrey Zakarian declared on Top 5 Restaurants. For this distinctive stew, a spice-laden savory stock is combined with a robust Cajun-style roux, okra, chicken thighs and andouille sausage. Tangy crushed tomatoes and steamed shrimp add Creole flavor to the dish, which comes served over a mound of rice. The gumbo is worth a journey, but locals pack in regularly for the po’ boys as well.

High Hat Cafe

Though it only opened in 2010, High Hat Cafe has already woven itself into the fabric of the neighborhood, with its menu of Louisiana staples that give it the feel of a longtime fixture. On Burgers, Brew & ’Que, Michael described the Fried Oyster Remoulade Po’ Boy as the “most crispy, savory and preeminent po’ boy in the entire city.” Gulf oysters are coated in a cornmeal dredge, deep-fried, then tossed in a housemade remoulade that forgoes the traditional mayonnaise base in favor of vinaigrette for a tangier taste. The oysters come nestled on a classic po’ boy loaf (airy on the inside and crunchy on the outside) that’s slicked with mayonnaise and topped with lettuce and tomato. “If you’re going po’ boy, you better go po’ boy here,” Michael advised.

Bayona

Pass this restaurant while wandering the French Quarter and you may think you’ve happened upon a cheery fairy-tale cottage. Behind these walls, however, you’ll find a trio of cozy dining rooms and a bustling kitchen helmed by James Beard Foundation Award-winning chef Susan Spicer, who has been drawing crowds with her New American fare since 1990. The menu rotates daily, but keep an eye out for the Cream of Garlic Soup, which Simon Majumdar raved about on The Best Thing I Ever Ate. “You’re getting so many flavors, and I think that’s what makes it one of the great soups — probably in the world — that I’ve ever tasted,” Simon declared. Spicer caramelizes fresh cloves of garlic, then slow-cooks them with sliced onions for optimal flavor. Follow the soup with fried oysters or a smoked-quail salad with bourbon-molasses dressing, ideally eaten on the beautiful patio.

Restaurant August

This elegant restaurant offers contemporary French cuisine in a grand 19th-century space with massive crystal chandeliers, mahogany panels, antique mirrors and polished wood floors. Many of the dishes incorporate local ingredients for a decidedly New Orleanian twist, including handmade potato gnocchi tossed with blue crab. This dish is a favorite of Aarón Sánchez, who raved about it on The Best Thing I Ever Ate. Served in a rich, vermouth-spiked sauce, the dish is studded with Pontchartrain blue crabs and truffles, which add earthy, briny flavors to every bite. Crawfish tartlets, an elevated shrimp etouffee and best-in-class banana pudding help round out the Southern appeal.

Upperline Restaurant

This artsy restaurant — housed in a 19th-century townhouse — is a short streetcar ride from the bustling French Quarter, but it feels a world away from those tourist-thronged streets. Here you’ll find a homey spin on Creole fine dining, complete with a menu of dishes that Simon Majumdar describes as made “with a lot of love.” On The Best Thing I Ever Ate, Simon raved about the half duckling, which is seasoned with garlic, mustard and soy, then slow-roasted. A quick turn under the broiler ensures a perfectly crisp skin ideal for dipping into the accompanying garlic-port or ginger-peach sauce.

Casamento's Restaurant

At this classic NOLA establishment, the raw oysters are a tradition, as Guy Fieri found out on Diners, Drive-Ins and Dives. In 1919, original owner Joe Casamento shucked the first oyster at his then newly opened restaurant. Nearly a century later, diners are crowding in for the raw oysters offered by third-generation owner CJ Gerdes. With as many as 3,000 oysters served here in a day, they’re shucked at a startlingly quick pace (as quickly as one every six seconds) to keep up with the demand. The oysters are accompanied by an array of condiments like ketchup, horseradish and hot sauce, but any way you eat them you’re sure to taste the “fresh, vibrant flavor” that had Guy hooked. Casamento's Restaurant is also known for its fried-oyster sandwiches (think mounds of fried oysters on a slab of buttery bread), fried shrimp and soft-shell crab.

Johnny's Po-Boys

As the name suggests, traditional Louisiana sandwiches are this old-school restaurant&rsquos main draw. A family-owned New Orleans fixture, Johnny&rsquos Po-Boys has been slinging hearty Southern sandwiches since 1950. Its namesake po&rsquo boys can be customized with a dizzying array of fillings. Opt for golden-brown morsels of fried shrimp nestled into the house baguette-style slab of French bread. Order it "dressed, baby" for an extra charge and the kitchen will add lettuce, tomatoes and pickles. The muffuletta is another fixture, and one Scott Conant called "perfect" on The Best Thing I Ever Ate. For this sandwich, a 12-inch, seed-studded Italian bun is piled high with ham, mozzarella cheese and salami, then topped with a bright mix of olives and pickled vegetables.

Big Fisherman Seafood

Crawfish is a local delicacy so beloved in Louisiana that it was named the official state crustacean in 1983. Restaurants throughout New Orleans tout their crawfish boils, but this no-fuss seafood market is a go-to spot for locals, as Alton Brown and his crew found out on Feasting on Asphalt Waves. To keep up with demand, sacks upon sacks of the crustaceans are delivered fresh daily by local fishermen. A whopping 150 pounds of crawfish at a time are then boiled in a vat of broth seasoned with red pepper, garlic and other Big Easy flavors. The market is a bit off the beaten path and does not offer seating, so plan to take your haul to go.


4. Vegan Buffalo Cauliflower Dip

I have made this buffalo cauliflower dip recipe from Rainbow Plant Life for many Super Bowls, and even my omnivore friends have enjoyed it. It gets its cheesy flavor from nutritional yeast and the kick of buffalo sauce makes everyone forget that they’re not eating meat. Plus, as opposed to cooking and steaming all the ingredients separately before blending them, I like that I can just dump it all in there and use an immersion blender for the perfect consistency.


The 31 best restaurants in Los Angeles you need to try

Despite the ups and downs of our city&rsquos dining regulations, L.A. is still home to one of the most exciting restaurant scenes in the country: a collection of restaurants and pop-ups and vendors with a reputation built on incredible food trucks and off-the-beaten-path tacos just as much as tasting menus and farmers&rsquo market produce.

At its core, L.A. thrives on its diverse blend of genre-bending formats and cuisines, which creates some of the world&rsquos best omakase restaurants, fine-dining institutions and French-bistro gems tucked into strip malls.

Our experts scour the city for great eats and great insider info. We value fun, flavor, freshness&mdashand value at every price point. We update the EAT List regularly, and if it&rsquos on the list, we think it&rsquos awesome&mdashand we bet you will, too.

April 2021: With the return of indoor dining and an increase in restaurant capacity, you&rsquoll find more of our favorite spots returning to dine-in。 We&rsquove also been able to add back Providence as the fish palace is once again open. Hayato is still on our list but taking a break for the first week of the month. And then there are two former EAT List fixtures that we wanted to call out: Nightshade is still temporarily shuttered in the Arts District, but chef Mei Lin has opened Szechuan hot chicken spot Daybird in Silver Lake and Broken Spanish, which closed in DTLA last year, has extended its pop-up in Hollywood.

Eaten somewhere on this list and loved it? Share it with the hashtag #TimeOutEatList. Plus, find out more about how we decide what makes the list.


Wada / Vada Pav

The Wada-Pav also spelled Vada-Pav is a fast-food snack…The Indian Burger! It consists of a spicy, deep fried potato based patty (called the "Wada") sandwiched between a thick square of bread that is similar to a burger bun (called the "Pav"). Thus the name Wada-Pav. This dish is usually served with sweet & sour sauces called "chutney" and fried salted green chilies.

Wada pav is popular only in the state of Maharashtra, and not so well known in the rest of India. It is the preferred noon-time snack for the masses and is sometimes had even for a main meal. Its popularity stems from the fact that it is very economical, filling and easily available. In a city like Pune or Mumbai there are numerous wada-pav stalls and no matter where you may be in the city, you can always find one just around the corner.


List Of Top 10 Best Restaurants In Spain

Spain is famous for its classic cuisine and remarkable food. In almost every part of the country you will find good restaurants or motels. A good restaurant should have a matchless team of chefs and a prime location. Although some of them are not as good as others but still they are well established. Here is the list of List Of Top 10 Best Restaurants In Spain.

10. Sant Pau

This restaurant is run by Chef Carme Ruscalleda who has the honor to be the only women chef of Spain to receive three Michelin stars. The restaurant is situated in Barcelona and some typical dishes include stuffed calamari and Iberian pork shoulder.

9. Can Fabes

Can Fabes is located near Barcelona, Spain and is ranked as one of the best in Spain. It is a Michelin three star restaurant administered by Chef Santi Santamaria. Some of its famous dishes include tender pigeon and mackerel. Lovely place with tasty dishes is known as Cana Fabes (Spain).

8. Quique Dacosta

This restaurant is situated in Denia, a beautiful city of Spain located on Costa Blanca. Run by a famous Spanish chef, Quique Dacosta, this eponymous restaurant encompasses a variety of different cuisines and dishes. The speciality of this restaurant is that all the ingredients used are local and taken from within 75 km of the restaurant. Another special quality of the chef, which is why this restaurant is the 41 st best restaurant in the world, is that he only uses two or three ingredients in his recipes, hence restoring the original flavor of the constituents.

7. Martin Berasategui

Fresh, light, imaginative, prepared with precision, deep in its environment and an immediate cuisine served in a captivating environment. This is what Martin Berasategui’s eponymous restaurant is all about. Situated in the attractive valley of Lasarta Oria, they claim to have only the most perfect and brilliant recipes on their menu list. Furthermore, Martin Berasategui is the only seven star chefs in Spain and under his command this restaurant is ranked as world’s 35 th best restaurant.

6. Asador Etxebarri

Nested deep in the Atxondo valley, far away from the hustle and bustle of city, this restaurant preserves every early technique of grill cooking. From dishes of main course to desserts, everything is cooked on over a grill, hence having a diverse taste of firewood in it. The chief chef is Victor Arguinzoniz who is best known due to his experience and versatility.

5. Azurmendi

With great and diverse building design, which joins together the mechanical feel with the more conventional style, Azurmendi is surely one of the best places to visit. It is an haute restaurant situated in the wonderful valley of Larrabetzu, Spain with an outstanding glass building which provides panoramic view of the valley. Eneko Atxa is the chief chef of Azurmendi Restaurant. Azurmendi restaurant have the honour to win the third Michelin Star in November 2012.

Azrak was built in 1897 by Jose Arzak in a house a like building in San Sebastian, Basque country. It is now run by the grandson of the founder. Arzak is number eight on the list of top best restaurants in the world. Moreover, in 2008 it was awarded Universal Basque award. Their Basque cuisine, which is another specialty of Azrak, is loved by people. Pine nuts, smoked tuna and fresh figs are some renowned dishes.

Mugaritz is situated in the valley of Renteria in Basque country, Spain which is near to the Oiartzun River. It was opened in 1998 under supervision of Chef Andoni Luis Aduriz. It is a highly rated restaurant and is recognized worldwide because of its delicious cuisines. It has received a lot of awards and has received two Michelin awards in 2000 and 2005. Likewise, it is also ranked as the number 4 th best restaurant in the world. At Mugaritz you can find a perfect blend of all the flavours and ingredients. The aesthetic design and environment adds to the visit and make it a memorable one. Monkfish cheek and ceramic potatoes are a few well-known dishes.

El Bulli is one of the best restaurants in the world. It was named world’s best restaurant a record of 5 times by Restaurant magazine. This Michelin 3 star restaurant is located on the north-east side of Spain on the bay of Cala Montjoi. It is run by Chef Ferran Adria who is very famous for his trout tempura which is available in El Bulli. This small restaurant was closed in 2011 as there are only limited seasons in which it operates but it will reopen in 2020.

1. El Celler de Can Roca

The Best Restaurants In Spain – El Celler de Can Roca

Also known as Celler Can Roca, it is not only the best restaurant in Spain but also in the world. It was ranked as “The Best Restaurant” in whole world by Restaurant magazine after remaining second for two years, that is, 2011 and 2012. It was built in 1986 by Roca Brothers (Joan, Josep and Jordi) near their family restaurant. It was shifted to a newly built wooden building in 2007. It has received three Michelin stars and is famous among folks due to its traditional Catalan cuisine. Besides this, it is also famous for its remarkable presentation. Sometimes they use chilled and then baked liquid nitrogen in calamari as a cracker to amaze the folks or at times they use bonsai tree to serve the appetizers.

Furthermore, they have also introduced some desserts and dishes which are based on branded perfume which also seems very interesting. Tahitian ice cream and baby squids along with rock shaped onion are their typical dishes.


List of Top Bangladeshi Food

Here is a list of the top Bangladeshi food someone must try while visiting Bangladesh for an authentic Bangladesh experience. Most of these foods are available to taste in traditional Bangladeshi restaurants, but some of them are homemade food and not available in the restaurants. The only chance to taste them is if you get invited by a Bangladeshi family. Try these famous Bangladeshi food and let us know in the comments how much you like them.

Paratha – Popular Bangladeshi Food for Breakfast. ©Photo Credit: Wikipedia

Bangladeshi Breakfast

Paratha

Paratha is an unleavened flatbread in Bangladesh made by baking flour dough on a frying pan and finishing off with shallow frying. It is layered by coating with oil and folding repeatedly using a laminated dough technique. It is the most popular Bangladeshi food for breakfast in the restaurants, which is normally eaten with Bhaji (mixed vegetable) or lentil or a mixture of these two together, and with fried eggs.

If you are visiting Bangladesh, the most authentic local way of starting your day would be having breakfast with paratha, Bhaji, and egg fry, followed by tea. You can also have Nehari with paratha, which is slow-cooked beef shank with lots of gravy – a very popular breakfast with the locals.

Kachchi Biryani – A special Bangladeshi food. ©Photo Credit: nannabiryani.com

Bangladeshi Main Dishes

Kachchi Biryani – Special Bangladeshi Food

Kachchi biryani is usually a featured dish for weddings and social gatherings and celebrations. Layers of meat, rice, and potatoes are infused with warm and delectable blends of aromatic spices to prepare Kachchi biryani.

The term “Kachchi” means raw referring to the biryani ingredients being combined raw in layers instead of first cooking the meat or rice separately. Traditionally, Kachchi biryani is cooked in a clay oven and the cooking pot is usually sealed with flour dough to allow the biryani to cook in its own steam. The sealed pot is not opened until the biryani is ready to be served.

A simple salad is sufficient as a side for Kachchi biryani but traditionally Shami Kabab and chutney are served alongside. Also very popular is to have Borhani with Kachchi biryani, which is a traditional yogurt drink. Kachchi Biryani is the most popular formal Bangladeshi food that you must try at least once while visiting Bangladesh.

Bhuna Khichuri – A special Bangladeshi food. ©Photo Credit: bdfoodnavi.com

Bhuna Khichuri

The Bengali word “Bhuna Khichuri” means browning, mixing, or deep frying spices with rice and lentil. It is the richer version of the plain old Khichuri. Bhuna means braised, so this dish is kind of slow-cooked to infuse the flavors and the spices as opposed to the simple process of cooking everything together during the other times. You cannot ignore the beautiful aroma while it is braising and cooking!

Bhuna Khichuri could be cooked with different types of meat – beef, mutton (goat), and chicken. Also, it can have eggs or prawn added to it. It is a very popular dish for lunch in traditional Bangladeshi restaurants. Bhuna Khichuri would be the number three authentic Bangladeshi food you must try while visiting Bangladesh.

Patla Khichuri – A romantic Bangladeshi food. ©Photo Credit: Raw Hasan

Patla Khichuri – Romantic Bangladeshi Food

Patla Khichuri is the actual traditional Khichuri of Bangladesh cooked plainly with rice and lentil. It is semi-liquid. Usually different seasonal vegetables, spinach, and potatoes are added with it. It is eaten with any meat curry – beef, mutton, or chicken. Also eaten with a fried egg or Begun Bhaja (fried eggplants). Just a teaspoon of ghee brings out the actual essence of this yummy dish.

Patla Khichuri is a romantic food in Bangladesh. During the heavy rain of a monsoon day, a hot plate of Patla Khichuri with meat is what any traditional Bengali people want! Patla Khichuri is cooked in every village house during the two Eid festivals, the biggest festivals in Bangladesh. When people go to visit other people’s houses in any village during Eid, Patla Khichuri is a much thing to serve with meat curry, along with the special Eid dessert called Semai.

Patla Khichuri is a traditional homemade food and not served in restaurants. Only the Bhuna Khichuri is served in the restaurants. The only chance of tasting Patla Khichuri is if you are invited to a locals house during a rainy day of monsoon, or in a village house during Eid.

Morog Polao – A special Bangladeshi food. ©Photo Credit: helloworldmagazine.com

Morog Polao (Chicken Pilaf)

Morag Polao is a very rich flavorful full dish where chicken and rice are cooked with spices, yogurt, and clarified butter (ghee). Nowadays to make it a little less rich, oil and ghee are used together.

Morag Polao is a very traditional rich item in Bengali cuisine. It is not spicy, and the chicken has a light and yummy taste. It is a treat for meat lovers because chicken is used in large portions here. It is usually served on special occasions together with the traditional yogurt-drink known as Borhani. Morag Polao would be the number four Bangladeshi food you must try while visiting Bangladesh.

Rice with Curry, Vorta, Vaji, and Daal. ©Photo Credit: ntvbd.com

Rice with Curry, Vorta, Vaji, and Daal – Everyday Bangladeshi food

Plain rice is the main food in Bangladesh. It is served with different fish and meat curry, Bhorta (mash) of different vegetables and fish, bhaji (fried) of different vegetables, and Patla Daal (lentil soup). There is a proverb in Bangladesh – “rice and fish makes the Bengali people”. From this, you can understand that fish and rice is the most popular food in Bangladesh.

While visiting Bangladesh, go to any traditional restaurant anywhere in the country, and order rice with different curries, Bhortas, bhajis, and daal. This will be the most traditional way of having lunch or dinner. You should try this Bangladeshi food for lunch at least once while visiting Bangladesh.

Bangladesh Tour Packages

Check out the 8-28 days Bangladesh tour packages of Nijhoom Tours, a multi-award-winning local tour operator directly from Bangladesh.

We run regularly scheduled tours in Bangladesh throughout the year with a tiny group of 2-5 people only, which are good value for money compared to any foreign operator.

Grilled Chicken. ©Photo Credit: chowstatic.com

Bangladeshi Evening Snacks

Grilled Chicken with Naan Roti

Grilled Chicken has become very popular in Bangladesh recently. You can find mouth-watering grilled chicken on almost every street. Chicken is marinated with spices and later grilled on the griller. The chicken is super moist inside but crunchy bits of chars outside make them taste heavenly. Grilled chickens are normally served with Naan Rooti (an oven-baked flatbread), mayonnaise, and simple salads. This is an evening snack, mostly available after 5.00 pm at the restaurants.

Haleem. ©Photo Credit: thedailystar.net

Haleem

Haleem is basically spicy lentil soup very popular in Bangladesh. Haleem is made of wheat, barley, meat (usually minced meat of beef or mutton), different types of lentils, spices, and sometimes rice is also used. This dish is slow-cooked for seven to eight hours, which results in a paste-like consistency, blending the flavors of spices, meat, barley, and wheat.

Haleem is served with coriander leaves, lemon wedges, chopped ginger, green chili, and fried onion. Sometimes it is served with naan or any kind of bread in Bangladesh. This is another evening snack available in almost every restaurant in Bangladesh. Haleem is a special Bangladeshi food you must not miss while visiting Bangladesh. You’ll miss a lot if you do so!

Sheek kabab with Paratha. ©Photo Credit: 4.bp.blogspot.com

Sheek Kabab

Sheek Kabab is beef or mutton cut in cubic pieces, marinated for a long time with spices, put together on a skewer, and Bar-b-Qed. The main trick of melt-in-mouth kabab is how to marinate and for how long to marinate it. They are marinated for three hours to two days.

Sheek Kabab is served with Naan Roti and a simple salad. It is another evening snack, available mostly after 5.00 pm at the restaurants. While visiting Bangladesh, try Sheek Kabab at least once in the evening. You will not regret it!

Fuchka. ©Photo Credit: thedailystar.net

Bangladeshi Street Food

Fuchka

Fuchka is the most popular street food in Bangladesh, served mainly in the evening. It has a unique spicy, sour, crispy taste. It consists of a round, hollow puri, fried crisp, and filled with a mixture of flavored water, tamarind chutney, chili, chaat masala, potato, onion, and chickpeas. Fuchka uses a mixture of boiled mashed potatoes as the filling and is tangy rather than sweetish while the water is sour and spicy.

Bangladesh Tour Packages

Check out the 8-28 days Bangladesh tour packages of Nijhoom Tours, a multi-award-winning local tour operator directly from Bangladesh.

We run regularly scheduled tours in Bangladesh throughout the year with a tiny group of 2-5 people only, which are good value for money compared to any foreign operator.

Misti Doi / Sweet Yogurt. ©Photo Credit: Wikipedia

Bangladeshi Desserts

Misti Doi (Sweet Yogurt)

Sweet Yogurt is a traditional Bengali dessert item that is locally known as Mishti Doi. It is a healthy low-fat dessert. No Bengali occasion is complete without Sweet Yogurt and Sweets. It is not your regular yogurt. Also, it is not at all runny as curd. It is thick, dense, and more like creamy cheesecake.

Misti Doi is made with milk and sugar or jaggery. It differs from plain yogurt because of the technique of preparation. It is prepared by boiling milk until it is slightly thickened, sweetening it with sugar or jaggery, and allowing the milk to ferment overnight. Earthenware is always used as the container for making Misti Doi because the gradual evaporation of water through its porous walls not only further thickens the yogurt, but also produces the right temperature for the growth of the culture.

Bangladeshi people are very fond of desserts, and sweet yogurt is a popular one after lunch or dinner. Sweet Yogurt is mostly sold in the sweet shops, but also available in restaurants. In the restaurants, they normally serve it in small cups made of pottery. Sweet Yogurt of Bogra is the most famous in Bangladesh. In Dhaka, Ali-Baba Sweets makes one of the best Sweet Yogurts in Bangladesh.

Doi Chira. ©Photo Credit: i.ytimg.com

Doi Chira

Doi Chira is authentic Bangladeshi food. In this recipe flat rice or Chira is soaked for several hours in water then mixed with sweet yogurt, sugar, banana, or some other sweet fruits. This recipe is comfort food that will calm anyone down. Doi Chira is a Bangladeshi food that is easy to prepare and involves no cooking. You should try this Bangladeshi food at least once during your visit.

Falooda. ©Photo Credit: jamunanews24.com

Falooda

Falooda is a cold dessert very popular in Bangladesh. Traditionally it is made from mixing rose syrup, vermicelli, sweet basil (sabza/takmaria) seeds, and pieces of jelly with milk often topped off with a scoop of ice cream, lastly garnished with chopped fruits. The vermicelli used for preparing Falooda is made from wheat, arrowroot, cornstarch, or sago pearls.

Rasmalai. ©Photo Credit: thesaffronplatter.com

Rasmalai

Rasmalai is a unique Bangladeshi delicacy. This Bangladeshi dessert is a flattened cheese ball soaked in malai (clotted cream) flavored with cardamom. Malai or clotted cream itself has a unique texture.

Malai is made by heating non-homogenized whole milk to about 80 °C for about one hour and then allowing it to cool down. A thick yellowish layer of fat and coagulated proteins forms on the surface, which is skimmed off. The process is usually repeated to remove most of the fat.

Rasmalai is available at every sweet shop in Bangladesh. Raasmalai of a sweet shop in Comilla named “Matri Bhandar” is the most famous in Bangladesh. “Alibaba Sweets” in Dhaka also makes good quality Rasmalai. If you are visiting Bangladesh, good quality Rasmalai is a must to taste.

Borhani. ©Photo Credit: somoynews.tv

Bangladeshi Drinks

Borhani

This is a spicy yogurt drink served at weddings or big parties with Biryani, Tahari, Bhuna Khichuri, or Morog Polao. It is a traditional drink and is very easy to make. Borhani balances the spiciness of the main food and it has ingredients like mint, cumin, and yogurt. It also helps digestion.

Bottled Borhani is available in the restaurants, but it is the home-made one on the wedding feasts which you need to taste for the actual taste of Borhani.

Sweet Lacci. ©Photo Credit: i.ytimg.com

Sweet Lassi

Lassi is a popular traditional yogurt-based drink from Bangladesh. Lassi is a blend of yogurt, water, spices, and sometimes fruit. Lassis are enjoyed chilled as a hot-weather refreshment, mostly taken with lunch. It is a very popular drink in Bangladesh which you must try at least once while visiting Bangladesh.

Have you ever visited Bangladesh? What is your most favorite authentic Bangladeshi food that you’ve tasted here? Have I missed something that should be on this list? Share with us in the comments!

Join "Let's Go To Bangladesh" Group!

Stay updated about Bangladesh, see stunning photos of Bangladesh, meet numerous travelers from around the world who have already visited Bangladesh, and ask Bangladesh travel questions.